図面 (/)

技術 カジノ環境においてシステムベースのボーナス特典を付与するシステムおよび方法

出願人 コナミゲーミングインコーポレーテッド
発明者 マイケルラトナースティーヴンヴァルター
出願日 2014年9月18日 (6年5ヶ月経過) 出願番号 2014-190220
公開日 2015年3月30日 (5年10ヶ月経過) 公開番号 2015-058366
状態 特許登録済
技術分野 電子ゲーム機
主要キーワード 操作ステータス ユーザ選択入力 事前コード化 トラッキングモジュール ベッティング 迷路ゲーム タッチ画面ディスプレイ ゲーミング装置
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2015年3月30日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (11)

課題

より長くプレイさせ、収益性を高めるために、プレイヤーの関心に訴え興奮を高めることができるゲーミングシステムを提供する。

解決手段

システムコントローラは、1組のゲーミングマシンボーナスゲームを開始させる。このゲーミングマシンの組に含まれるゲーミングマシンの各々は、1人の適格のプレイヤーを伴う。システムコントローラは、所定のボーナスゲームシンボルセットから各適格のプレイヤーについて1つのボーナスゲームシンボルを選択するとともに、各選択したボーナスゲームシンボルを対応する適格のプレイヤーと関連付けする。システムコントローラはさらに、所定のボーナスゲームシンボルセットから入賞ボーナスゲームシンボルをランダムに選択し、その入賞ボーナスゲームシンボルに関連付けられた入賞適格のプレイヤーの数を決定し、且つ入賞適格のプレイヤーの各々にボーナス特典を付与する。

概要

背景

概要

より長くプレイさせ、収益性を高めるために、プレイヤーの関心に訴え興奮を高めることができるゲーミングシステムを提供する。システムコントローラは、1組のゲーミングマシンボーナスゲームを開始させる。このゲーミングマシンの組に含まれるゲーミングマシンの各々は、1人の適格のプレイヤーを伴う。システムコントローラは、所定のボーナスゲームシンボルセットから各適格のプレイヤーについて1つのボーナスゲームシンボルを選択するとともに、各選択したボーナスゲームシンボルを対応する適格のプレイヤーと関連付けする。システムコントローラはさらに、所定のボーナスゲームシンボルセットから入賞ボーナスゲームシンボルをランダムに選択し、その入賞ボーナスゲームシンボルに関連付けられた入賞適格のプレイヤーの数を決定し、且つ入賞適格のプレイヤーの各々にボーナス特典を付与する。

目的

プレイヤーのゲームプレイ履歴を管理するとともにプレイヤーによる継続したゲームプレイに応じて追加的なボーナスインセンティブを提供する

効果

実績

技術文献被引用数
1件
牽制数
1件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

複数のプレイヤー特典を付与するためのシステムであって、それぞれがディスプレイ装置を含む複数のゲーミング機器と、前記ゲーミング機器のそれぞれに接続されたシステムコントローラとを備え、前記システムコントローラは、ボーナスゲームを開始するとともに1組のゲーミング機器に前記ボーナスゲームを表示し、前記1組のゲーミング機器に含まれるゲーミング機器のそれぞれは1人の適格プレイヤーを伴い、前記ボーナスゲームは所定のボーナスゲームシンボルセットを含み、前記所定のボーナスゲームシンボルセットからそれぞれの適格プレイヤーについて1つのボーナスゲームシンボルを選択するとともに、選択したそれぞれのボーナスゲームシンボルを前記対応する適格プレイヤーと関連付け、前記所定のボーナスゲームシンボルセットから入賞ボーナスゲームシンボルをランダムに選択し、前記入賞ボーナスゲームシンボルに関連付けられた入賞適格プレイヤーの数を決定し、前記入賞適格プレイヤーのそれぞれにボーナス特典を付与するシステム。

請求項2

前記システムコントローラは、前記適格プレイヤーのそれぞれに前記所定のボーナスゲームシンボルセットから前記関連付けられたボーナスゲームシンボルを選択させる請求項1に記載のシステム。

請求項3

前記システムコントローラは、前記所定のボーナスゲームシンボルセットから残留ボーナスゲームシンボルのグループをランダムに選択する予選ラウンドを前記ボーナスゲームに伴い実行し、前記残留ボーナスゲームシンボルのグループは前記所定のボーナスゲームシンボルセットに含まれるシンボルの数よりも少ない数のシンボルを含み、前記残留ボーナスゲームシンボルのグループから前記入賞ボーナスゲームシンボルをランダムに選択することを含む最終ラウンドを実行する請求項1に記載のシステム。

請求項4

前記システムコントローラは、前記残留ボーナスゲームシンボルのグループに含まれるボーナスゲームシンボルのそれぞれにかかる被選択確率を調整し、調整した被選択確率に応じて前記入賞ボーナスゲームシンボルをランダムに選択する請求項3に記載のシステム。

請求項5

前記システムコントローラは、複数の予選ラウンドを実行するとともに、それぞれの予選ラウンドにおいて、前回の予選ラウンドにかかる前回の残留ボーナスゲームシンボルのグループから、当該前回のグループよりも少ない数のシンボルを含む今回の残留ボーナスゲームシンボルのグループを選択する請求項3に記載のシステム。

請求項6

前記システムコントローラは、前記ボーナスゲームに伴って実行される予選ラウンドの数をランダムに選択する請求項5に記載のシステム。

請求項7

前記システムコントローラは、システムユーザに前記ボーナスゲームに含まれる予選ラウンドの数および前記所定のボーナスゲームシンボルセットに含まれる前記ボーナスゲームシンボルの数を選択させる請求項5に記載のシステム。

請求項8

複数のプレイヤーアカウントを含み、それぞれのプレイヤーアカウントは対応するプレイヤーと関連付けられるとともにプレイヤー判定基準を含むデータベースをさらに備えており、前記システムコントローラは、前記適格プレイヤーを示す資格付与基準セットを含むボーナスゲームを生成し、プレイヤーから対応するゲーミング機器を介して前記ボーナスゲームへ参加するためのユニークなプレイヤー識別子を含む要求を受け付け、前記受け付けたユニークなプレイヤー識別子に基づいて前記プレイヤーに関連付けられたプレイヤーアカウントを決定し、前記関連付けられたプレイヤーアカウントに含まれるプレイヤー判定基準が前記資格付与基準を満たす場合に前記プレイヤーを適格プレイヤーであると決定するとともに、前記ボーナスゲームを前記対応するゲーミング機器に応答的に表示する請求項1に記載のシステム。

請求項9

複数のプレイヤーに特典を付与する方法であって、システムコントローラにより複数のゲーミング機器に表示されるボーナスゲームを開始し、複数のゲーミング機器のそれぞれは適格プレイヤーを伴い、前記ボーナスゲームは所定のボーナスゲームシンボルセットを含むステップと、前記所定のボーナスゲームシンボルセットからそれぞれの適格プレイヤーについて1つのボーナスゲームシンボルを選択するとともに、選択したそれぞれのボーナスゲームシンボルを前記対応する適格プレイヤーと関連付けるステップと、前記所定のボーナスゲームシンボルセットから入賞ボーナスゲームシンボルをランダムに選択するステップと、前記入賞ボーナスゲームシンボルに関連付けられた入賞適格プレイヤーの数を決定するステップと、前記入賞適格プレイヤーのそれぞれにボーナス特典を付与するステップとを備える方法。

請求項10

前記適格プレイヤーのそれぞれに前記所定のボーナスゲームシンボルセットから前記関連付けられたボーナスゲームシンボルを選択させるステップを備える請求項9に記載の方法。

請求項11

前記所定のボーナスゲームシンボルセットから残留ボーナスゲームシンボルのグループをランダムに選択する予選ラウンドを前記ボーナスゲームに伴い実行し、前記残留ボーナスゲームシンボルのグループは前記所定のボーナスゲームシンボルセットに含まれるシンボルの数と比べてより少ない数のシンボルを含むステップと、前記残留ボーナスゲームシンボルのグループから前記入賞ボーナスゲームシンボルをランダムに選択することを含む最終ラウンドを実行するステップとを備える請求項9に記載の方法。

請求項12

前記残留ボーナスゲームシンボルのグループに含まれるボーナスゲームシンボルのそれぞれにかかる被選択確率を調整するステップと、調整した被選択確率に応じて前記入賞ボーナスゲームシンボルをランダムに選択するステップとを備える請求項11に記載の方法。

請求項13

複数の予選ラウンドを実行するとともに、それぞれの予選ラウンドにおいて、前回の予選ラウンドにかかる前回の残存ボーナスゲームシンボルのグループから、当該前回のグループよりも少ない数のシンボルを含む今回の残留ボーナスゲームシンボルのグループを選択するステップを備える請求項11に記載の方法。

請求項14

前記ボーナスゲームを伴って実行されている予選ラウンドの数をランダムに選択するステップを備える請求項13に記載の方法。

請求項15

システムユーザが前記ボーナスゲームに含まれる予選ラウンドの数および前記所定のボーナスゲームシンボルセットに含まれるボーナスゲームシンボルの数を選択することを許容するステップを備える請求項13に記載の方法。

請求項16

前記適格プレイヤーを示す資格付与基準セットを含むボーナスゲームを生成するステップと、プレイヤーから対応するゲーミング機器を介して前記ボーナスゲームへ参加するためのユニークなプレイヤー識別子を含む要求を受け付けるステップと、前記受け付けたユニークな識別子に基づいて前記プレイヤーに関連付けられたプレイヤーアカウントを決定するステップと、前記関連付けられたプレイヤーアカウントに含まれるプレイヤー判定基準が前記資格付与基準を満たす場合に前記プレイヤーを適格プレイヤーであると決定するステップとを備える請求項9に記載の方法。

請求項17

コンピュータに搭載されコンピュータで実行可能な命令を有する1以上の非一時的なコンピュータ読取り能記媒体であって、少なくとも1つのプロセッサによって実行したときに前記コンピュータで実行可能な命令は、前記プロセッサに対して、ボーナスゲームを開始させるとともに1組のゲーミング機器に前記ボーナスゲームを表示させ、前記1組のゲーミング機器に含まれるゲーミング機器のそれぞれは1人の適格プレイヤーを伴い、前記ボーナスゲームは所定のボーナスゲームシンボルセットを含み、前記所定のボーナスゲームシンボルセットからそれぞれの適格プレイヤーについて1つのボーナスゲームシンボルを選択させるとともに、選択したそれぞれのボーナスゲームシンボルを前記対応する適格プレイヤーに関連付けし、所定のボーナスゲームシンボルセットから入賞ボーナスゲームシンボルをランダムに選択させ、前記入賞ボーナスゲームシンボルに関連付けられた入賞適格プレイヤーの数を決定させ、前記入賞適格プレイヤーのそれぞれにボーナス特典を付与させる1以上の非一時的なコンピュータ読取り可能記憶媒体。

請求項18

前記コンピュータで実行可能な命令は、前記プロセッサに対して、前記所定のボーナスゲームシンボルセットから残留ボーナスゲームシンボルをランダムに選択する予選ラウンドをボーナスゲームに伴い実行させ、前記残留ボーナスゲームシンボルのグループは前記所定のボーナスゲームシンボルセットに含まれるシンボルの数よりも少ない数のシンボルを含み、前記残留ボーナスゲームシンボルのグループから前記入賞ボーナスゲームシンボルをランダムに選択することを含む最終ラウンドを実行させる請求項17に記載の1以上の非一時的なコンピュータ読取り可能記憶媒体。

請求項19

前記コンピュータで実行可能な命令は、前記プロセッサに対して、複数の予選ラウンドを実行させるとともに、それぞれの予選ラウンドにおいて、前回の予選ラウンドにかかる前回の残存ボーナスゲームシンボルのグループから、当該前回のグループよりも少ない数のシンボルを含む今回の残存ボーナスゲームシンボルのグループを選択させる請求項18に記載の1以上の非一時的なコンピュータ読取り可能記憶媒体。

請求項20

前記コンピュータで実行可能な命令は、前記プロセッサに対して、前記適格プレイヤーを示す資格付与基準セットを含むボーナスゲームを生成させ、プレイヤーから対応するゲーミング機器を介して前記ボーナスゲームへ参加するためのユニークなプレイヤー識別子を含む要求を受け付けさせ、前記受け付けたユニークなプレイヤー識別子に基づいて前記プレイヤーに関連付けられたプレイヤーアカウントを決定させ、前記関連付けられたプレイヤーアカウントに含まれるプレイヤー判定基準が前記資格付与基準を満たす場合に前記プレイヤーを適格プレイヤーであると決定させる請求項17に記載の1以上の非一時的なコンピュータ読取り可能記憶媒体。

関連出願の相互参照

0001

[001]本出願は、2013年9月20日に出願された米国仮出願第61/880,734号の優先権を主張し、参照によりその開示の全体を本明細書に組み込む。

著作権に関する告知

0002

[002]ここに開示された一部は、著作権保護の対象である素材を含む。著作権所有者は米国特許商標局掲載された本特許文献、特許ファイルまたは記録の何人による複写にも異議はないが、本明細書に示された主題に関するあらゆる著作権は全て留保する。

技術分野

0003

[003]本発明は、概して、カジノ環境においてシステムベースボーナス特典を付与するためのシステムおよび方法に関する。

発明の背景

0004

[004]スロットマシンなどのゲーミングマシンは、ゲーミング産業の重要な基盤である。プレイヤーゲームプレイ履歴を管理するとともにプレイヤーによる継続したゲームプレイに応じて追加的なボーナスインセンティブを提供するために、多くのゲーミングマシンはシステムベースのプレイヤートラッキングシステムを通じて接続されている。こうしたシステムベースのプレイヤートラッキングシステムを通じて、ゲーミング施設は、プレイヤーに利用可能なすべてのゲームに追加的なインセンティブを提供することができる。

0005

[005]少なくとも幾つかの従来のゲーミングシステムは、プレイヤーのゲームプレイに基づいてプレイヤーにボーナス特典を付与する。ボーナス特典には、追加的なゲームクレジットおよび/または無料食べ物食事などの非ゲーミングサービスを含んでいてもよい。しかしながら、こうした従来のシステムは、個別のゲームプレイに基づいて各プレイヤーにボーナス特典を付与している。プレイを重ねるにつれて、プレイヤーは、特典を受け取るために必要なゲームプレイ回数があることに関して、従来のゲーミングシステムに不満抱くおそれがある。したがって、より長くプレイさせ、収益性を高めるために、プレイヤーの関心に訴え興奮を高める、新しい特徴が必要である。本発明は、上記の問題点のうちの1つまたは幾つかを目的としている。

0006

[006]本発明の一態様では、全フロア範囲ボーナスゲーム(または、FBG)を提供する。これをFBGと呼ぶことにする。ボーナスゲームは、カジノ運営システムまたはプレイヤートラッキングシステムによって提供または配信されてもよい。概して、この全フロア範囲ボーナスゲームは、適格のプレイヤーだけに提供されてもよい。

0007

[007]本発明の別の態様ではFBGは、適格のプレイヤーが唯一勝ち残りを目標キャラクタまたはオブジェクトを選ぶものとする多重ラウンド予選型式に基づいている。適格のプレイヤーは、キャラクタまたはオブジェクトの選択を行うように促され、またFBGは実際の予選イベントを示している動画を利用する一連の予選ラウンドを再生するものとする。ゲームが様々なラウンドを通じて進行するに連れて、あるプレイヤーは予選落ちとなり、また別のプレイヤーは次のラウンドへ進む。運営者は、そのゲームの最終的な結果が単一の勝ち残りとなるように2〜4回の間で予選ラウンドを選択することが可能である。勝ち残ったキャラクタまたはオブジェクトを選択したすべてのプレイヤーが規定のプールされた特典を分け合うことになる。特典は、換金不能なボーナスプレイキャッシュとしてプレイヤーに対して分配される。

0008

[008]本発明の一態様では、複数のプレイヤーに対して特典を付与するためのシステムを提供する。本システムは、複数のゲーミング機器と、このゲーミング機器の各々に接続されたシステムコントローラと、を含む。ゲーミング機器の各々はディスプレイ装置を含む。システムコントローラは、ボーナスゲームを開始するとともに1組のゲーミング機器上にこのボーナスゲームを表示するように構成されている。1組のゲーミング機器に含まれるゲーミング機器のそれぞれは、1人の適格のプレイヤーを伴っている。ボーナスゲームは、所定のボーナスゲームシンボルセットを含む。システムコントローラは、所定のボーナスゲームシンボルセットから適格のプレイヤーのそれぞれについてのボーナスゲームシンボルを選択するとともに、選択したボーナスゲームシンボルのそれぞれを対応する適格のプレイヤーと関連付ける。さらに、システムコントローラは、所定のボーナスゲームシンボルセットから入賞ボーナスゲームシンボルをランダムに選択し、その入賞ボーナスゲームシンボルに関連付けられた入賞適格のプレイヤーの数を決定し、且つ入賞適格のプレイヤーの各々にボーナス特典を付与する。

0009

[009]本発明の別の態様では、複数のプレイヤーに特典を付与する方法を提供する。本方法は、複数のゲーミング機器に表示させてボーナスゲームを開始するステップを含む。複数のゲーミング機器の各々は、1人の適格のプレイヤーを伴っている。ボーナスゲームは、所定のボーナスゲームシンボルセットを含む。本方法は、所定のボーナスゲームシンボルセットから各適格のプレイヤーについて1つのボーナスゲームシンボルを選択するステップと、各選択したボーナスゲームシンボルを対応する適格のプレイヤーと関連付けるステップと、を含む。本方法はさらに、所定のボーナスゲームシンボルセットから入賞ボーナスゲームシンボルをランダムに選択するステップと、その入賞ボーナスゲームシンボルに関連付けられた入賞適格のプレイヤーの数を決定するステップと、入賞適格のプレイヤーの各々にボーナス特典を付与するステップと、を含む。

0010

[0010]本発明のさらに別の態様では、埋め込んだコンピュータで実行可能な命令を有する1つまたは複数の非一時的コンピュータ読取り能記媒体を提供する。このコンピュータで実行可能な命令はプロセッサに対してボーナスゲームを開始させるとともに、このボーナスゲームを1組のゲーミング機器に表示させる。1組のゲーミング機器内に含まれる各ゲーミング機器は、1人の適格のプレイヤーを伴っている。ボーナスゲームは、所定のボーナスゲームシンボルセットを含む。プロセッサは、所定のボーナスゲームシンボルセットから各適格のプレイヤーについて1つのボーナスゲームシンボルを選択するとともに、各選択したボーナスゲームシンボルを対応する適格のプレイヤーと関連付ける。プロセッサはさらに、所定のボーナスゲームシンボルセットから入賞ボーナスゲームシンボルをランダムに選択し、その入賞ボーナスゲームシンボルに関連付けられた入賞適格のプレイヤーの数を決定し、且つ入賞適格のプレイヤーの各々にボーナス特典を付与する。

0011

[0011]本発明のその他の利点については、添付の図面を考察しつつ後述の詳細な説明を参照して本発明に関する理解を一層深めることにより、容易に認識することができるであろう。

図面の簡単な説明

0012

本発明の一実施形態に従ったプレイヤーにボーナス特典を付与する際に使用するためのシステムの図である。
図1に示したシステムとともに使用し得る例示的なゲーミング機器の斜視図である。
本発明の一実施形態に従った図1に示したゲーミング機器とともに使用し得るゲーミングコントローラ概要図である。
図2に示したゲーミングマシンに表示し得るスロット型ゲームを含むゲームプレイ画面に関する例示的なエンタテイニンググラフィック表示である。
本発明の一実施形態に従った図1に示したシステムのブロック図である。
本発明の一実施形態に従った図1に示したシステムとともに使用し得る例示的なプレイヤートラッキングモジュールの一部分のブロック図である。
本発明の一実施形態に従った図1に示したシステムとともに使用し得るシステムコントローラの概要図である。
本発明の一実施形態に従った複数のプレイヤーに特典を付与するために使用し得る方法のフローチャートである。
本発明の一実施形態に従った図8に示した方法の中で図1に示したシステムが表示させ得るボーナスフィーチャーゲームを含んだゲーム画面の例示的なエンタテイニンググラフィック表示である。
本発明の一実施形態に従った図8に示した方法の中で図1に示したシステムが表示させ得るボーナスフィーチャーゲームを含んだゲーム画面の例示的なエンタテイニンググラフィック表示である。

実施例

0013

[0021]図面全体を通じて、対応する参照符号は対応する部分を示す。

0014

[0022]図面および動作において示されるように、本発明は、全フロア範囲ボーナスゲームとして、複数のプレイヤーにプレイヤートラッキング特典を付与するようなシステムを提供することによって、周知のゲーミングシステムの欠点のうちの少なくとも幾つかを克服している。さらにゲーミングシステムは、複数のプレイヤーに対してボーナスゲームシンボルの選択を可能にするボーナスゲームフィーチャを開始し、選択したボーナスゲームシンボルを用いて1または複数の予選ラウンドを実施して入賞シンボルを決定し、入賞シンボルを選択したプレイヤーのそれぞれに特典を付与する。さらにこのシステムは、資格付与基準セットを含んだボーナスフィーチャーゲームを提供するとともに、関連付けられた資格付与基準のセットに基づいて参加プレイヤーのそれぞれに資格を付与する。複数のプレイヤーに特典を付与するとともにゲームへの参加を適格のプレイヤーに制限するシステムを提供することによって、適格のプレイヤーがボーナス特典を受け取る確率、ボーナス特典が得られることに対するプレイヤーの期待、および適格プレイヤーの資格の取得することに対するプレイヤーのインセンティブが増大する。したがって、顧客がゲーミング施設のゲームをプレイする時間が増大する。

0015

[0023]ここで、本発明の選択した実施形態について、図面を参照しながら説明する。当業者においては本開示から、本発明の実施形態に関する以下の記載が例証のみを目的として提供されており、添付の特許請求の範囲およびその等価物によって規定される発明の限定を目的として提供されていないことは明らかであろう。

0016

システム全般
[0024]図1は、例示的なエンタテインメントおよび監視システム2の概略図である。図示された実施形態において、エンタテインメントおよび監視システム2は、システムコントローラ200と、プレイヤートラッキングシステム10と、1つまたは複数のゲーミング機器12と、を含む。システムコントローラ200、プレイヤートラッキングシステム10およびゲーミング機器12はそれぞれ、システムコントローラ200、プレイヤートラッキングシステム10およびゲーミング機器12の間における通信のために、ネットワーク14を介して連絡するように接続されている。図示された実施形態においては、システムコントローラ200は、プレイヤートラッキングシステム10およびゲーミング機器12による様々なサービスの実行および提供、並びにプレイヤートラッキングシステム10およびゲーミング機器12の様々な動作の制御において使用するために様々なプログラムを含む。

0017

[0025]一実施形態においては、ゲーミング機器12のうちの少なくとも1つのビデオゲーミングマシンである。別の実施形態においては、この少なくとも1つのゲーミング機器12は、パーソナルコンピュータラップトップ携帯電話スマートフォンタブレットコンピュータ携帯情報端末および/またはプレイヤーに対してネットワーク14への接続を可能にさせる適当な任意のコンピューティングデバイスを含むことができる。

0018

[0026]図示された実施形態においては、ネットワーク14は、ローカルエリアネットワーク(LAN)を備える。代替的に、ネットワーク14はまた、別の様式の通信、例えばインターネットリンクイントラネットWANダイアルイン接続、ケーブルモデムワイヤレスモデムおよび/またはISDNラインを備えてもよい。一実施形態においては、ゲーミング機器10は、カジノに据え付けられたゲーミングマシンを含むことができる。システム2は、一実施形態においては、バンク形での配列(すなわち、互いに隣り合わせた配列(図示せず))としてカジノに据え付けられた複数のゲーミングマシンを含むことができる。しかしながら、システム2は、円の形にまたは湾曲した弧に沿うなど任意の方式で配列され、カジノフロアの別の区域内および/または異なるカジノなど別のゲーミング施設内に設置し得る任意の数のゲーミングマシンを含むことがあることに留意すべきである。さらに、ゲーミングマシンの追加的なグループがネットワーク14に接続されることができる。一実施形態においては、システム2は、複数の賭けゲーミングマシンおよび複数の賭けに関しないゲーミングマシンを含むことができる。

0019

[0027]プレイヤートラッキングシステム10は、ゲーミング機器12で実施された複数のプレイヤーまたは顧客に関連するやり取りを追跡し保存する。プレイヤートラッキングシステム10は、1人または複数人のプレイヤーに対してインセンティブ特典を生成または付与するために、追跡したやり取りを1組の所定の基準と比較する。概して、ゲーミング機器のうちの1つまたは幾つかはプレイヤーに対してゲームのプレイを可能にさせる。このゲームは、1つまたは複数のゲーム用マシン資源を利用する。プレイヤートラッキングシステム10内のプレイヤーに対するプレイヤートラッキング特典がトリガーされると、プレイヤートラッキングシステム10はそのプレイヤーまたは顧客が現在使用しているゲーミング機器12に対して、そのゲーミング機器に保存されたゲーム内資源のうちの少なくとも1つを用いてインセンティブ特典を提供または明示するようにそのゲーミング機器に指令するための信号を送ることができる。

0020

[0028]特に図5を参照すると、図示された実施形態においては、プレイヤートラッキングシステム10は、プレイヤートラッキングアカウントデータベース205内におけるやり取りとの関連に従って、プレイヤートラッキングシステム内部の所定の基準の間の比較に基づいてトリガー発動イベントが発生したかどうかを決定する。プレイヤートラッキングアカウントデータベース205は、ゲーミング機器12およびプレイヤートラッキング(または、ホスト)ワークステーション207からの入力を通じて収集される。ゲーミング機器12は、賭けゲーミングマシン12A...12Hおよび賭けに関しないゲーミングマシン12I、12Jを含むことができる。賭けに関しないマシン12I、12Jは、換金キオスク12Jや販売時点情報管理キオスク12Kなどのシステム内へのプレイヤーメトリックスの作成を可能にする任意の端末またはネットワークデバイスを含むことが可能である。プレイヤートラッキングワークステーション207は、プレイヤートラッキングアカウントデータベース205内の今回のメトリックスを修正するためにシステム管理者によって使用される任意のタイプのデバイスを含む。

0021

[0029]一実施形態においては、エンタテインメントおよび監視システム2は、リアルタイムマルチサイトスロット会計処理、プレイヤートラッキング、金銭クレジット出納および管理処理スポーツブックデータ収集、販売時点情報POS)会計処理、キノ会計処理、ビンゴ会計処理、テーブルゲーム会計処理、広域プログレッシブジャックポット電子資金決済(EFT)などの追加的な機能を含むことができる。本発明で使用し得る例示的なエンタテインメントおよび監視システムおよび/またはプレイヤートラッキングシステムの追加的な詳細については、いずれも参照により本明細書に組み入れた、本願の所有者所有する、2013年3月14日に出願された米国特許出願第13/826,991号、米国特許出願公開第2006/0058099(A1)号、および米国特許出願公開第2003/0069071(A1)号に開示されている。

0022

[0030]図示したように、システム2は複数のゲーミング機器12を含む。ゲーミング機器12は、ゲーミングマシン、電子ゲーミングマシン(ビデオスロット、ビデオポーカーマシンまたはビデオアーケードゲームなど)、電気ゲーミングマシン、仮想ゲーミングマシン(例えば、オンラインゲーム向け)、テーブルゲーム用のテーブル運営システム(図示せず)へのインタフェース、あるいは顧客またはプレイヤー224がユーザまたはプレイヤーアカウント対話またはアクセスし得る箇所となる適当なその他の装置(ただし、これらに限らない)を含むことができる。本発明は、ゲーミング機器12について何らかの数や種別に限定されるものでないことに留意すべきである。一実施形態においては、ゲーミング機器12は、複数のゲーミングマシン12を各々に含んだバンク(図示せず)の形に整列されたゲーミングマシンを含むことができる。ゲーミングマシン12およびその動作について、以下でさらに詳細に議論する。

0023

[0031]ゲーミング機器12は、ネットワーク14を介してプレイヤートラッキングシステム10に接続されている。プレイヤートラッキングシステム10は、1つまたは複数のプレイヤートラッキングサーバ201を含むことができる。サーバ201のそれぞれは、概して、1つまたは複数のリモート位置または中央位置に配置されている。プレイヤートラッキングシステム10は、1つまたは複数のプレイヤートラッキングアカウントデータベース205をメンテナンスするコンピュータプログラムアプリケーション204を含む。

0024

[0032]コンピュータプログラムアプリケーション204およびプレイヤートラッキングアカウントデータベース205は、ゲーミング機器12およびゲーミング機器12のプレイヤーに関する会計情報の記録、追跡および報告のために使用することができる。さらにコンピュータプログラムアプリケーション204およびプレイヤートラッキングアカウントデータベース205は、プレイヤーまたはプレイヤートラッキングアカウント209に関係する情報を保持するために使用することができる。

0025

[0033]概して、ゲーミング機器12は、ユーザまたはプレイヤーが自らのプレイヤートラッキングアカウント209にアクセスするために使用することができる。例えば賭けゲーミングマシン12のそれぞれは、プレイヤーによってプレイ可能である。プレイヤーは、ゲーミングマシン12の中からプレイするゲーミングマシンを選択し、コイン、クレジット、クーポンおよび/またはプレイヤートラッキングカード(図示せず)を、選択したゲーミングマシン12内に挿入することができる。概してゲーミングマシン12は、プレイするために必要な関連付けられた数のクレジットまたはコインを有する。ビデオスロットまたはポーカーゲームの場合では、ゲームがプレイされて、ゲーミングマシン12の配当表に基づいてクレジットの形態で特典を付与することができる。

0026

[0034]プレイヤーは、プレイヤー識別カードリーダーへのプレイヤートラッキングカードの入力および/またはテンキー上でのプレイヤー識別番号(PIN)の入力によって特定されることがある。

0027

ゲーミングマシン
[0035]図2は、ゲーミングマシンなどの例示的なゲーミング機器12の斜視図である。図3は、ゲーミング機器12とともに使用し得るゲーミングコントローラ16の概要図である。ゲーミング機器12の好適な一実施形態は、カジノに設置されることが好適なビデオゲーミングマシンである。図示された実施形態においては、ゲーミングマシン12は、複数のゲームを表示するためのディスプレイ装置13と、プレイヤーによるゲーミングマシン12とのインタフェースを可能にするためのユーザ入力装置14と、ディスプレイ装置13に表示されたゲームのプレイヤーによるプレイを可能にするためにディスプレイ装置13およびユーザ入力装置14と動作可能に接続されたゲーミングコントローラ16と、を含む。ゲーミングマシン12はさらに、ディスプレイ装置13、ユーザ入力装置14および/またはゲーミングコントローラ16をゲーミングスタンド20および/または支持面22から支持するように構成されたキャビネット機構18を含む。

0028

[0036]ディスプレイ装置13およびユーザ入力装置14は、キャビネット機構18に結合されており、且つプレイヤーによってアクセス可能である。一実施形態においては、ゲーミングコントローラ16は、キャビネット機構18の内部に位置決めされている。代替的に、ゲーミングコントローラ16は、キャビネット機構18から分離させるとともに、例えばローカルエリアネットワーク(LAN)、ワイドエリアネットワーク(WAN)、ダイアルイン接続、ケーブルモデム、ワイヤレスモデムおよび/または特殊な高速統合サービスディジタルネットワーク(ISDN)ラインなどのネットワークを通じてゲーミングマシン12の構成要素と接続さてもよい。

0029

[0037]一実施形態においては、ユーザ入力装置14は、複数の入力ボタン24、コインスロット26および/または紙幣アクセプタ28を含む。コインスロット26は、プレイヤーがゲーミングマシン12内に投入するコインおよび/またはトークンを受け取るように構成された開口部を含む。ゲーミングマシン12はこのコインおよび/またはトークンの値を、プレイヤーがゲーミングマシン12でプレイするゲームで賭けるために対応する量のゲームクレジットに変換する。

0030

[0038]紙幣アクセプタ28は、紙幣、チケットおよび/またはキャッシュカード金額値に関連付けられた量のゲームクレジットがゲーミングマシン12にクレジットできるようにするために紙幣、チケットおよび/またはキャッシュカードを紙幣アクセプタ28に受け入れるように構成された入力および出力デバイスを含む。さらにゲーミングマシン12はまた、チケットインチケットアウト(TITO)システム(図示せず)などのキャッシュレス賭けシステム(図示せず)を利用することができる。一実施形態においては、紙幣アクセプタ28はまた、ゲーム進行の間にゲーミングマシン12によってプレイヤーに払い出されたクレジットおよび/または金銭の量を示す情報を含んだ印字済みバウチャーチケットを配給するように構成されたプリンタ(図示せず)を含む。バウチャーチケットはカジノキャッシュレスシステム(図示せず)の一部として、その他のゲーミングマシンにおいて(または、キャッシュへの償還)および/またはその他のアイテムにおいて使用することができる。

0031

[0039]キャビネット機構18にはコイントレイ30が結合されており、これがゲーミングマシン12から配給された複数のコインを受け取るように構成されている。キャビネット機構18の内部には、ゲームプレイに関連付けられた音声アナウンスおよび/または音響効果を発生させるために1つまたは複数のスピーカ32が据え付けられている。ゲーミングマシン12はさらに、プレイヤーの視覚的なゲームエクスペリエンスを高めるための照明効果を生成するように輝度および色相を指定のパターン明滅および/または変化させるように構成された1つまたは複数の照明装置34を含む。

0032

[0040]一実施形態においては、入力ボタン24は、ゲームへの賭けに供するものを入力するための複数のBETスイッチ36と、ベッティングラインおよび/またはカードを選択するための複数の選択スイッチ38と、賭けに供するものの最大量を入力するためのMAXBETスイッチ40と、ゲーム進行を終了させ且つ蓄積したゲームクレジットをプレイヤーに配給するためのPAYOUTスイッチ42と、開始スイッチ(すなわち、ゲームの出力を開始させるためのSPIN/DEALボタン44)と、を含む。

0033

[0041]図示された実施形態においては、BETスイッチ36は、プレイヤーが最小ベットから最小ベットの最大5倍までの間で賭けることを可能にするために1BETから5BETまでの5つのスイッチを含む。各選択スイッチ38は、プレイヤーによる1つまたは複数のベッティングラインと賭けに供するものの量との関連付けを可能にするための、例えばリールゲームにおけるペイラインおよび/若しくはシンボルなどのベッティングライン、カードゲームにおける1枚若しくは複数枚のカード、および/またはルーレットゲームにおけるシンボルに対応する。MAXBETスイッチ40はプレイヤーに対して、プレイヤーがゲーム1回に費やすことが可能な最大ベットの入力を可能にする。PAYOUTスイッチ42はプレイヤーに対して、ゲーム進行中にゲーミングマシン12上にクレジットしてあったプレイヤーに付与された当該量の金銭および/またはクレジットの受け取りを可能にする。

0034

[0042]ゲーミングマシン12は、プレイヤーおよび/またはプレイヤー224に関連付けられたプレイヤートラッキングアカウント209を特定するためにゲーミングコントローラ16に接続させたプレイヤートラッキング装置46をも含むことができる。プレイヤートラッキングアカウント209は、プレイヤーがゲーミングマシン12をプレイする際に使用可能なゲームクレジット(ただし、これに限らない)を含むことができる。プレイヤートラッキング装置46は、プレイヤートラッキングサーバ201とゲーミングマシン12の間でプレイヤーアカウント情報を伝達するように構成されている。例えばプレイヤートラッキング装置46は、ゲーム進行中にプレイヤーに付与されたボーナスポイントおよび/若しくはクレジットの追跡のため、並びに/またはプレイヤートラッキングシステムからゲーミングマシン12にダウンロードされたボーナスおよび/若しくはクレジットの追跡のために用いることができる。

0035

[0043]プレイヤートラッキング装置46は、ゲーミングキャビネット機構18に結合され、プレイヤー識別カードリーダー48、データディスプレイ50およびキーパッド52を備えている。プレイヤー識別カードリーダー48は、プレイヤーによって挿入されるプレイヤートラッキングカード(図示せず)を受け入れ、プレイヤートラッキングカードに含まれた情報を読み取って、プレイヤーアカウント情報を特定する。プレイヤー識別カードリーダー48は、バーコードリーダ磁気カードリーダーおよび/または無線周波数識別RFID)カードリーダー(ただし、これらに限らない)を含むことができる。キーパッド52は、例えばユニークなプレイヤー個人識別番号(PIN)などのユーザ選択入力を受け入れるように構成され、ゲーミングマシン12がプレイヤーを識別してその識別したプレイヤーに関連付けられたプレイヤーアカウント情報にアクセスしてデータディスプレイ50に表示することを容易にする。一実施形態においては、データディスプレイ50は、キーパッド52を含んだタッチ画面パネルを含む。代替的に、データディスプレイ50およびキーパッド52は、ディスプレイ装置13に含まれてもよい。

0036

[0044]一実施形態においては、ディスプレイ装置13は、第1のディスプレイ54および第2のディスプレイ56を含む。第1のディスプレイ54は、例えばカードゲームによって使用されるカード、ルーレットゲームで使用されるルーレット盤やシンボル、リールゲームで使用されるリールなどゲームで使用するための印および/またはシンボルを含んだゲーム画面58(図4参照)を表示するように構成されている。ゲーム画面58は、任意のタイプのゲームを含むことができ、それらのゲームには、ビデオスロットゲーム、キノゲーム、ブラックジャックゲーム、ビデオポーカーゲーム、または、プレイヤーが賭けてゲームをプレイして、ゲームの結果および配当表に基づいてプレイヤーに特典を提供することができる任意のタイプのゲームが含まれるが、これらに限定されない。第2のディスプレイ56は、ゲームをおこなうためのゲームプレイの説明を表示するように構成され、ゲームプレイの説明には、プレイ説明、配当表、ペイライン、ベットライン、および/またはゲーミングマシン12が本明細書に説明されるように機能することを可能にする任意の他の情報が含まれるが、これらに限定されない。さらにディスプレイ54、56のそれぞれは、ゲーム画面58および/またはゲームプレイの説明の少なくとも一部分を表示するように構成されていてもよい。一実施形態においては、第1のディスプレイ54および第1のディスプレイ56のそれぞれは、陰極線管ディスプレイ(CRT)、液晶ディスプレイ(LCD)、発光ダイオードディスプレイLED)、プラズマディスプレイ並びに/またはユーザに対するグラフィックデータおよび/若しくはテキストの表示が可能な任意の適切な視覚情報出力装置などの平面パネルディスプレイを含む。代替的に、タッチ画面のような単一の構成要素が、ディスプレイ装置13とユーザ入力装置14との両方として機能してもよい。別の一実施形態においては、第1のディスプレイ54および/または第2のディスプレイ56は、複数のゲームシンボルを表示する複数の機械式リールを含む。

0037

[0045]図3を参照すると、一実施形態においては、ゲーミングコントローラ16は、プロセッサ(すなわち、中央処理ユニット(CPU))60と、クレジットコントローラ62と、コンソールユニット64と、ペイアウトコントローラ66と、乱数発生器(RNG)68と、照明コントローラ70と、サウンドコントローラ72と、ディスプレイコントローラ74と、メモリ装置76と、データベース78と、を備えている。メモリ装置76は、限定されるものではないが、ランダムアクセスメモリ(RAM)、読出し専用メモリ(ROM)、消去可プログラマブル読出し専用メモリ(EPROM)、フラッシュメモリハードディスクドライブ半導体ドライブディスケットフラッシュドライブコンパクトディスクディジタルビデオディスク、並びに/または、CPU60による命令および/若しくはデータの記憶、取り出しおよび/若しくは実行を可能にさせる任意の適切なデバイスなどのコンピュータ読取り可能な媒体を含む。

0038

[0046]CPU60は、様々なプログラムを実行しており、またこれによりユーザ入力装置14が受け入れたプレイヤー指令およびデータに従ってゲーミングコントローラ16の他の構成要素を制御する。CPU60は、特に、ゲームプログラムを実行し、それにより本明細書に記載した実施形態に係るゲームを実施する。メモリ装置76は、CPU60によって用いられるプログラムおよびデータベースを記憶している。さらにメモリ装置76は、ゲームタイプ、ゲームに関連付けられたリールの数、各リールに関連付けられたリールストリップの数、各リールストリップに表示されているシンボル位置の数、各シンボル位置に表示されているシンボルのタイプ、通常シンボルからなる所定のセット、特別シンボルからなる所定のセット、ディスプレイ装置13上にゲーム画像および/または画面を生成するための画像データ、を含むデータベース78に情報を記憶しその情報を取り出し、また、CPU60によって使用される変数およびパラメータなどを一時的に記憶する。
加えて、加えて、メモリ装置76は、印、シンボル重み、配当表、および/または、乱数の組み合わせと特典の種類との関係を表す入賞組み合わせ表を記憶する。一実施形態においては、メモリ装置76は、RAMを利用して、ゲームの進行に必要なプログラムおよびデータを一時的に記憶し、EPROMを利用して、ゲーミングマシン12のブート動作などの基本動作を制御するためのプログラムおよびデータを予め記憶する。

0039

[0047]クレジットコントローラ62は、紙幣アクセプタ28によってカウントされ検証されたコインおよび紙幣の額と等価なプレイヤーのクレジットの額を管理する。コンソールユニット64は、ユーザ入力装置14に結合され、入力ボタン24を介して受け付けられるプレイヤーの選択をモニタリングし、プレイヤーが入力ボタン24によって入力する様々な命令およびデータを受け付ける。ペイアウトコントローラ66は、コイントレイ30を使用することによって、および/または紙幣アクセプタ28を介してクレジットバウチャーを提供する際に使用するために、プレイヤーのクレジットをコイン、紙幣、または他の金銭的データに変換する。

0040

[0048]照明コントローラ70は、ゲームプレイに伴う照明効果を作り出すために、特定のパターンで点滅並びに/または輝度および色調の変更をするように1または複数の照明装置34を制御する。サウンドコントローラ72は、ゲームプレイ中に音声告知および音響効果を出力するようにスピーカ32を制御する。ディスプレイコントローラ74は、メモリ装置76に記憶されたコンピュータグラフィックスおよび画像データを好ましくは使用することによって、画面に様々な画像を表示するようにディスプレイ装置13を制御する。より詳細には、ディスプレイコントローラ74は、コンピュータグラフィックスおよび画像データを使用することによって、第1のディスプレイ54および/または第2のディスプレイ56に表示されるゲーム画面内のビデオリールを制御する。

0041

[0049]RNG68は、好ましくはゲームの各ラウンドの開始時に、乱数を生成しCPU60に出力する。CPU60は、乱数を使用してゲームの結果を決定する。例えば、ゲームがビデオスロットゲームの場合、CPU60がRNG68を使用して、ビデオリールに表示されるシンボルの配列をランダムに選択する。さらに、CPU60は、概して、RNG68によって生成された乱数を用いて、ゲームを実行し、またプレイヤーに特典を提供するか否かを判断する。また、CPU60は、乱数の組み合わせを含むゲーム結果を生成するとともに、生成した組み合わせを入賞組み合わせ表に格納された入賞組み合わせと比較して、生成した結果が特典の一種に関連付けられた入賞結果であるか否かを判定する。

0042

[0050]図4は、図2に示したゲーミング機器12によって表示させるゲームの例示的なグラフィック表示である。図示された実施形態においては、ゲーミングコントローラ16は、ゲームをディスプレイ装置13に表示するように構成されている。一実施形態においては、このゲームは、ビデオスロットゲームなどのメインゲーム80である。しかしながら、メインゲーム80は、これらに限定されないが、キノゲーム、ブラックジャックゲーム、ビデオポーカーゲーム、またはゲーミングマシン12が本明細書に説明されるように機能することを可能にする任意のタイプの、プレイヤーが賭けることができるゲームを含むことに留意されたい。図示された実施形態においては、メインゲーム80は、第1のディスプレイ54に表示される。代替的に、メインゲーム80は、第1のディスプレイ54および/または第2のディスプレイ56に表示されてもよい。

0043

[0051]多くの場合、メインゲーム80のプレイ中、ゲーミングコントローラ16は、メインゲーム80の結果84をランダムに生成し、生成したゲーム結果84を表示領域86に表示する。ゲーミングコントローラ16は、選択し得るゲームシンボルの所定のセットから複数のゲームシンボル88をランダムに選択し、生成したゲーム結果84に関連付けられた選択したゲームシンボル88をゲーム表示領域86に表示させる。

0044

[0052]図示された実施形態においては、複数のゲームシンボル88は、複数の横列94および複数の縦列96に沿って配列された複数のセル92を有するグリッド90に表示される。各セル92は、ゲーム結果84に関連付けられた1つまたは複数のゲームシンボル88を表示する。図示された実施形態においては、ゲーミングコントローラ16は、複数のリール100、102、104、106、108にゲームシンボル88を表示する。各リール100、102、104、106、108は対応する縦列96に関連付けられている。一実施形態において、メインゲーム80は、表示領域86にリール98ごとに3つのセル92が表示される、5つのリール98(「3×5」配列)を含んでいる。代替的に、例えば、リールごとにそれぞれ4、5、5、5、および4のセル(「4−5−5−5−4」配列)、3−4−3−4−3、または4−5−4−5−4配列、若しくは3×3、3×4、4×5、または5×5構成のような列ごとに同じ数のセルを有する配列など、他のリール構成が用いられてもよい。メインゲーム80は、ゲームシンボル88の組み合わせをプレイヤーに示すための、1または複数のセル92にわたって延びる複数のペイライン100をも含んでいる。一実施形態においては、ゲーミングマシン12は、各リールの外周面に表示された複数のシンボルを含む複数の機械的リール(図示せず)によってメインゲーム80を表示する。

0045

[0053]各スロットゲームは概して従来の手法でプレイがなされる。プレイヤーは所定の単位および選択された数のペイラインに基づくであろう賭けを行い、ゲーミングコントローラ16はゲームの結果をランダムに発生させ、リールをスピンさせ、またリールを選択的に停止して、表示セル92のそれぞれにゲームシンボル88を表示させる。所定のパターンのシンボル88が、プレイされたペイライン100に関連付けられた各セル92に対してランダムに選ばれた場合、プレイヤーは、ペイライン、賭けに供するもの、および所定の配当表に基づいて払出しを受けることができる。さらに言えば、選択されたペイラインに関連付けられたシンボルの組み合わせが入賞組み合わせである場合に、プレイヤーは払出しを受けることができる。さらに、プレイヤーは、選択されたペイラインにおけるシンボルの組み合わせ、および/またはゲーム結果84における1または複数の所定のシンボルの出現に基づいて、ボーナスフィーチャーおよび/またはボーナスゲームを受け取ることができる。上述の一般的なスロットゲームのプレイの多数の変形が本発明の範囲に含まれる。そのようなスロットゲームは当技術分野で周知であるので、これ以上論じない。

0046

[0054]図示された実施形態においては、ゲーミングマシン12は、賭けに供するものの量を含むゲーム進行の開始のためのプレイヤーの選択、並びに表示されたグリッド90内の所定のセル92のセットに関連付けられた1つまたは複数のペイライン98の選択を示す信号をユーザ入力装置14から受け付ける。図示された実施形態においては、ゲーミングマシン12はマルチラインゲームであり、すなわちペイラインが水平のペイラインおよび/または斜めのペイラインおよび/またはジグザグのペイラインを含む。さらに、ユーザ入力装置14は、プレイヤーが、ペイライン当たりのベットの1回のクレジットを(最大ベットまで)増大するように切り替えることを可能にする。ゲーミングコントローラ16は、メインゲーム80の結果をランダムに生成し、生成した結果をディスプレイ装置13に表示する。一実施形態においては、ゲーミングコントローラ16は、各リール100、102、104、106、108を回転および/またはスピンさせてゲームプレイを開始し、また各リール100、102、104、106、108を停止してランダムに生成した結果にかかる複数のシンボル88を表示するように構成されている。さらに、ゲーミングコントローラ16は、生成した結果が入賞結果であるかどうかを、表示したゲームシンボル88、配当表、賭けに供するもの、および選択した1または複数のペイライン98に応じて判断する。より詳しくは、ゲーミング装置12は、選択したペイライン98に沿って配列されたシンボル88の組合せが入賞組合せであるかどうかを判断する。ゲーミングコントローラ16は、メインゲーム80の結果に応じて特典を付与することがある。概して「特典」という用語は、クレジットまたは金銭の形での払い出しとすることがある。ゲームコントローラ16は、メインゲーム80の結果に応じて特典を提供することができる。一般的には、用語「特典」は、クレジットまたは金銭に関する払出しとすることができる。したがって、ゲームコントローラ16は、メインゲーム80の結果に応じて通常の払出しを付与することができる。しかしながら、特典という用語は、例えば、食事、ショーのチケットなどの景品、並びに、フリーゲーム、若しくは各ゲームの1または複数のワイルドシンボルまたはワイルドスタックシンボルのプレイヤーへの付与のようなゲーム内の特典を含む、他のタイプの特典を指すこともできることに留意されたい。

0047

[0055]図示された実施形態においては、ゲーミングマシン上のメインゲームに加えて、ボーナスフィーチャーまたはセカンダリゲームも含むことができる。ボーナスフィーチャーまたはセカンダリゲームは、任意のゲーム用マシン内資源を使用するメインゲームへのアドオンである(以下でより詳細に議論する)。ボーナスフィーチャーまたはセカンダリゲームは、ゲームプレイ中に発生するメインゲームへのアドオンと考えられる。ボーナスフィーチャーまたはセカンダリゲームは、メインゲームに関する特典を表示するために使用される任意のゲーム用マシン資源を使用することができる。こうした特典は、フリースピン、クレジット、クレジットマルチプライヤ、またはメインゲームとは関係しない追加的な疑似ゲームプレイを含む。ボーナスフィーチャーまたはセカンダリゲームは、前述(スロット、ビデオポーカーなど)のようないずれかの賭け形式または賭けに関しない形式とすることができる。ボーナスフィーチャーまたはセカンダリゲームは、メインゲームと同様とすることもでき、ランダム化された賭けベースのゲームプレイを続行するために追加的な乱数が用いられる。ボーナスフィーチャーまたはセカンダリゲームは、任意の追加のゲームプレイを含み、ゲーミングマシンのメインゲームに組み込まれた任意の特定のトリガーに基づいて特典を付与することができる。ゲームがメインゲーム80のみを含むことが可能であることに留意されたい。代替的に、ゲームは、メインゲーム80、および、1または複数のボーナスフィーチャー、および/または、1または複数のセカンダリゲームを含むことができる。本発明は、特定のボーナスフィーチャーまたはセカンダリゲーム(若しくはそれらのタイプ)に限定されないことに留意されたい。例示のボーナスフィーチャーまたはセカンダリゲームは、参照によりそのすべてが本明細書に組み込まれた、米国特許第7824260号、米国特許第8052515号、米国特許第8096869号、米国特許第8303397号、および米国特許出願公開第2011/0223985号に開示されている。

0048

[0056]ゲーム用マシン内資源は、ゲームプレイ中にメインゲームまたはボーナスフィーチャーのうちのいずれかを実装するためにゲーミングマシンによって使用される事前コード化または作成されたゲーム要素であると定義される。こうした資源には、テキスト、グラフィックスアニメーションオーディオビデオ要素、ゲームプレイ方法(すなわち、賭けゲームまたは賭けに関しないゲームに関するゲーム規則または構成)を含む。この資源は、ゲーミングマシン12の中に事前にコード化されるか、またはゲームプレイ中にマシンによって生成され得る。こうした資源は、メインゲーム中にゲーミングマシン12が用いることもでき、ゲーミングマシンがボーナスフィーチャーのみを表現するときだけのために取っておくこともできる。

0049

プレイヤートラッキングシステムおよび方法
[0057]一実施形態においては、プレイヤートラッキングシステム10および方法は、図1にブロック図の形式で示されたエンタテインメントおよび監視システムを介して具現化または実現可能である。プレイヤートラッキングシステムは、リアルタイムマルチサイト、スロット会計処理、プレイヤートラッキング、金銭クレジット出納および管理処理、スポーツブックデータ収集、販売時点情報管理(POS)会計、キノ会計処理、ビンゴ会計処理、テーブルゲーム会計処理、ワイドエリアプログレッシブジャックポット、電子資金決済(EFT)などの追加的な機能を含むことがある。

0050

[0058]図示したようにシステム10は、複数のゲーミング装置12に関連付けられることおよび/または複数のゲーミング装置12を含むことができる。ゲーミング装置12は、ゲーミングマシン、電子ゲーミングマシン(ビデオスロット、ビデオポーカーマシンまたはビデオアーケードゲームなど)、電気ゲーミングマシン、仮想ゲーミングマシン(例えば、オンラインゲーム向け)、テーブルゲーム用のテーブル運営システム(図示せず)へのインタフェース、キオスク12K、販売時点情報管理または換金端末12Jあるいは顧客がユーザまたはプレイヤーアカウントと対話またはアクセスし得る箇所となる適切なその他のデバイスを含むことができるが、これらに限らない。しかしながら、本発明は、ゲーミング装置12について何らかの数や種別に限定されるものでないことに留意すべきである。一実施形態においては、ゲーミング装置12は、複数のゲーミング装置12を各々に含んだバンク(図示せず)の形に編成されている。

0051

[0059]含まれ得るその他のタイプのゲーミングマシン(上記参照)については参照番号12Iによって示している。

0052

[0060]ゲーミング装置12はネットワーク14を介して、遠隔地または中央部に多くの場合配置されている1つまたは複数のホストコンピュータまたはサーバ201に接続されている。コンピュータ201は、1つまたは複数のプレイヤートラッキングアカウントデータベース209をメンテナンスするコンピュータプログラムアプリケーション204を含む。

0053

[0061]コンピュータプログラムアプリケーション201およびデータベース205は、ゲーミング機器12およびゲーミング機器12のプレイヤー224に関する会計情報の記録、追跡および報告のために使用されることがある。さらにコンピュータプログラムアプリケーション204およびデータベース(複数可)205は、プレイヤーまたはプレイヤートラッキングアカウントに関係する情報(以下参照)をメンテナンスするために使用されることがある。

0054

[0062]一般に、マシン12は、ユーザまたはプレイヤーによって、すなわち自身のプレイヤーアカウントにアクセスするために使用されることがある。例えばゲーミング機器12はプレイヤー224によってプレイ可能である。プレイヤー224は、ゲーミング機器12の中からプレイするゲーミング機器を選択し、コイン、クレジット、クーポンおよび/またはプレイヤートラッキングカード(図示せず)を選択したゲーミング機器12内に挿入することができる。概して、ゲーミング機器12は、プレイするために必要な関連付けられた数のクレジットまたはコインを有する。ビデオスロットまたはポーカーゲームの場合では、ゲームがプレイされて、ゲーミング機器12の配当表に基づいてクレジットの形態で特典が付与され得る。

0055

[0063]ゲーミング機器12に対する入力は、機械式のスイッチやボタンを介して、またはタッチ画面インタフェースを介して、行うことができる(上記で議論したとおり)。

0056

[0064]プレイヤー224は、各ゲーミング機器12でプレイヤートラッキング装置46に入力されたプレイヤートラッキングカードおよび/またはプレイヤー識別番号を介して識別される(上記参照)。プレイヤートラッキングアカウントは、概して、ビデオスロットやポーカーマシンの場合ではゲーミング機器12の配当表によって指定された特典に加えて、プレイヤーに対してボーナスまたはプレイヤートラッキング特典を付与するために用いることができる。これらのボーナスは、a)ゲーミング機器12でのプレイヤーのプレイ、b)プレイヤーの全プレイ、c)所定の期間中のプレイ、およびd)プレイヤーの誕生日または記念日、あるいはe)その他の任意の定義可能な基準(ただし、これらに限らない)を含む基準のセットに基づいてプレイヤー224に付与され得る。さらにボーナスはランダム方式で、すなわちランダムに選択したプレイヤーまたはランダムに選択したメインゲーム80に対して付与されることがある。ボーナスは、自由裁量方式で(discretionary manner)、あるいはギフトショップやその他の提携場所における買物など別の基準に基づいても、付与され得る。

0057

[0065]一実施形態においては、プレイヤートラッキング装置46は、プロセッサ47と、プレイヤー識別カードリーダー48および/またはテンキー52と、ディスプレイ50とを含んでいる。一実施形態においては、ディスプレイ50はタッチ画面パネルであり、テンキー52はその上に実装されている。

0058

[0066]プレイヤー224は、プレイヤー識別カードリーダー48へのプレイヤートラッキングカードの挿入および/またはテンキー52に対するプレイヤー識別番号(PIN)の入力によって特定されることがある。プレイヤートラッキング装置46はまた、コンピュータ201と対応するゲーミング機器12との間で情報を伝達するために使用されることがある。プレイヤートラッキング装置46はまた、コンピュータ201からダウンロードしたボーナスポイント(すなわち、インセンティブポイントやクレジット)を追跡するために使用されることがある。

0059

[0067]本発明の一態様では、各プレイヤートラッキング装置46は、1つの電子ゲーミング機器12に関連付けられている。プレイヤートラッキング装置46は、電子ゲーミング機器12上でプレイヤーが行った賭けを追跡するためにシステム2と対話している顧客を識別するとともに、プレイヤーによってなされた賭けに供するものの量のそれぞれおよび対応する電子ゲーミング機器12に関連付けられた賭けデータを記録する。一実施形態においては、その賭けデータは、対応するゲーミングマシンに関連付けられた装置種別、電子ゲーミングマシン識別子、対応するゲーミングマシンに関連付けられた理論上のホールド率、および対応する賭けに供するものの量を含む。賭けデータは、プレイヤーIDおよび日付/時刻スタンプをも含み得る。

0060

[0068]コンピュータまたはサーバ201は、顧客およびそれぞれのゲーミング装置12に関連付けられた賭けデータをプレイヤートラッキング装置46から受け取り、この賭けデータをデータベース205に記憶するため、並びにゲーム外の端末106の顧客の使用に関連付けられたトランザクションと関連付けられたトランザクションデータを受け取り、このトランザクションデータをデータベースに記憶するために、プレイヤートラッキング装置46およびゲーム外端末12I、12J、12Kと連絡している。コンピュータ201はまた、各プレイヤーに関連付けられたプレイヤーレーティングを、賭けデータおよびトランザクションデータに応じて確立することもできる。

0061

[0069]本発明の一態様においては、ボーナスがボーナスポイントとして付与される。一実施形態においては、そのボーナスポイントはインセンティブポイントである。別の実施形態においては、そのボーナスポイントはクレジットである。

0062

[0070]インセンティブポイントは所定の比率を用いてクレジットに変換され得る。所定の比率は1または任意の他の所望の比率であってもよい。所定の比率は、決定された基準(例えば、プレイしているゲーミング機器12、プレイヤーまたは1日の中の時刻)に基づいて変更も可能である。インセンティブポイントは換金可能または換金不能として指定することも可能である。以下で説明するように、プレイヤーアカウントのインセンティブポイントはゲーミング機器12のうちのプレイする1つにダウンロードすることも可能である。

0063

[0071]プレイヤーアカウントに保存されたインセンティブポイントは、換金可能または換金不能として指定することもできる。一実施形態においては、プレイヤーアカウントは、換金可能なインセンティブポイントのみを含むことができる。別の実施形態においては、プレイヤーアカウントは換金不能なインセンティブポイントのみを含むことができる。第3の実施形態においては、プレイヤーアカウントは、換金可能なインセンティブポイントと換金不能なインセンティブポイントとの両方を含むことができる。さらに別の実施形態においては、プレイヤーアカウントは、換金可能および/または換金不能なインセンティブポイントと、換金可能および/または換金不能なクレジットとを含むことができる。換金可能なクレジットまたはクレジットに変換されたインセンティブポイントは、ゲーミング機器12にダウンロードすることができる。プレイヤーがゲーミング機器12のプレイを完了すると、残っているクレジットは払い出され、すなわち、コインとして取り出されるか、別のゲーミング機器12での換金またはプレイのために印字されたチケットまたはプレイヤートラッキングカードに収められる。

0064

[0072]換金不能なクレジットはプレイに供されなければならない。プレイヤーがゲーミングマシン12Cでのプレイを停止すると、ゲーミングマシン12Cにダウンロードされて残っている換金不能なクレジットは、失われるか、プレイヤーアカウントに戻すようにアップロードされるかのいずれかとなる(以下を参照)。

0065

[0073]データベース205は、プレイヤートラッキングシステム内のプレイヤーごとにプレイヤーアカウントを追跡する。図示された例では以下のもの、すなわちアカウント番号、インセンティブポイント、氏名、換金可能なクレジットおよび換金不能なクレジットがプレイヤーごとに追跡を受ける。したがってこの例では、インセンティブポイント、換金可能なクレジットおよび換金不能なクレジットの形態でのボーナスポイントを付与することができる。

0066

[0074]本発明の一態様では、ボーナスポイントは、電子バウチャー、すなわち、データベース205内の記録によって付与される。バウチャーは、ボーナスポイントが付与されるごとに作成される。各バウチャーは、バウチャー番号および量(この場合では、ドルまたはクレジット量)を有する。各バウチャーは、プレイヤーアカウントに割り当てられ、割り当てられた先のプレイヤーアカウント番号を含む。各バウチャーは、システム2の要求に基づいて追加的なパラメータまたはフィールドを含むことができる。例えば、それぞれのバウチャーの有効期限満了する日付を示す有効期限を含めることができる。バウチャーは、ボーナスポイントを換金可能または換金不能と指定することもできる。

0067

[0075]本発明の一態様においては、コンピュータ201は、第1のバウチャーを作成し、この第1のバウチャーに第1の数のボーナスポイントを割り当てることができる。コンピュータ201は、第2のバウチャーを作成し、第2のバウチャーに第2の数のボーナスポイントを割り当てることができる。第1および第2のバウチャーは、プレイヤーアカウントに割り当て可能である。各バウチャーはパラメータを有する。第1のバウチャーのパラメータは第1の値を有し、また第2のバウチャーのパラメータは第2の値を有する。

0068

[0076]一実施形態においては、ボーナスポイントは、クレジットに変換してゲーミング機器12にダウンロードすることが可能なインセンティブポイントである。別の実施形態においてボーナスポイントは、ゲーミング機器12にダウンロードすることが可能なクレジットである。

0069

[0077]一実施形態においては、ゲーミング機器12はプレイヤー224に対して、そのプレイヤーアカウントに割り当てられているバウチャーのリストを表示することができる。プレイヤー224は、次いで、ダウンロードすべき少なくとも1つのバウチャーを指示することができる。リストは、例えばプレイヤー224がシステム2に識別された場合、プレイヤーが(メニューシステムを通じて)リストを要求した場合、新たなバウチャーが作成された場合、またはその他の任意の適切な時点で、適宜表示可能である。一実施形態において、そのリストは、ディスプレイ13に表示可能である。別の実施形態においては、リストはプレイヤートラッキング装置のディスプレイ50に表示可能である。

0070

[0078]第1および第2のバウチャーのパラメータの第1および第2の値は等しくても異なっていてもよい。例えば、一実施形態においては、そのパラメータは、対応するバウチャーの有効期限に関する。この有効期限は、バウチャーが作成された日付に応じたものとすることができる。したがって、第1および第2のバウチャーの有効期限は、バウチャーが異なる日に作成されていれば異なり、同じ日に作成されていれば同じものとすることができる。

0071

[0079]別の実施形態においては、パラメータは、換金可能と換金不能のうちの一方である。コンピュータ201は、バウチャーを換金可能と指定することも換金不能と指定することもできる。これはバウチャーがどのように作成されたのかに基づいて所定の基準によって規定されるのが一般的である。指定のバウチャーに関するボーナスポイントがインセンティブポイントである場合、インセンティブポイントは、ゲーミング機器12へのダウンロード前にクレジットへ変換することができる。前述したように、これは1または何らかの別の比率とすることもできる所定の比率を用いて実施される。

0072

[0080]一実施形態においては、ゲーミング機器12は、プレイヤーアカウントに第1のバウチャーまたは第2のバウチャーが割り当てられたときにプレイヤー224へ指示を与えることができる。例えばこの指示は、音声信号および/または視覚的信号とすることができる。

0073

[0081]一実施形態においては、パラメータはそれぞれのバウチャーの有効期限とすることができる。各バウチャーは、それぞれのボーナスポイントを換金可能であるまたは換金不能であるとして指定する第2のパラメータを含むこともできる。

0074

[0082]一実施形態においては、コンピュータ201は、第1の数のボーナスポイントを第1の数のクレジットに変換し、第1の数のクレジットをプレイヤートラッキング装置38にダウンロードすることができる。

0075

[0083]別の実施形態においては、ゲーミング機器12は、プレイヤー224によるゲーミング機器のプレイに使用可能なクレジットを追跡するためのクレジットメータを有する。コンピュータ201は、第1の数のボーナスポイントを第1の数のクレジットに変換し、第1の数のクレジットをクレジットメータにダウンロードすることができる。

0076

[0084]一実施形態においては、そのパラメータは、プレイに関する一括合算支払(one lump−sum and pay)とすることができる。コンピュータ201は、第1の数のボーナスポイントをクレジットに変換し、第1のバウチャーが一括との指定である場合にこのクレジットをクレジットメータにダウンロードすることができる。

0077

[0085]本発明の一実施形態においては、ゲーミング機器12は、賭けに供するものの可変な量を受け入れることが可能である。この賭けに供するものの可変な量は賭けに供するものの最大量(すなわち、MAX BET)を有する。一実施形態においては、その賭けに供するものの最大量は、ゲーミング機器12の構成によって規定された値、インセンティブ設定によって規定された値、またはボーナスポイントの残高のうちの少ない方に等しい。コンピュータ201は、第1のバウチャーに関連付けられた第1の数のボーナスポイントを第1の数のクレジットに変換し、第1の数のボーナスポイントをクレジットとしてプレイヤートラッキング装置46にダウンロードする。ゲーミング機器12は、プレイヤー224が、賭けに供するものの量を投入してゲーミング機器12をプレイすることを可能にしている。ゲーミング機器12は、クレジットメータからその賭けに供するものの量を減分し、プレイヤートラッキング装置46から賭けに供するものの最大量を減分し、賭けに供するものの最大量をゲーミング機器12をプレイしているプレイヤー224に応じてクレジットメータにクレジットする。

0078

[0086]本発明の別の実施形態においては、プレイヤーアカウントには第1の数のボーナスポイントがクレジットされる。ボーナスポイントはプレイヤートラッキング装置38に対してクレジットとしてダウンロードされる。プレイヤー224は賭けに供するものの量を投入し、ゲーミング機器12がプレイされる。プレイヤーの賭けに供するものの量の(1つまたは複数のゲーム全体にわたる)総量が所定の値(すなわち、所定のマッチプレイ額)以上である場合、このマッチプレイ額はプレイヤートラッキング装置46から減分され、マッチプレイ額がクレジットメータにクレジットされる。そうでない場合には、プレイヤー224は別途の賭けに供するものの量を投入することになろう。

0079

[0087]本発明の一態様において、プレイヤートラッキング装置46は、プレイヤー224、若しくはスロット従業員またはスロット技術者などのその他のユーザ(図示せず)とホストコンピュータ201(すなわち、プレイヤートラッキングシステム)との間で対話処理を行うためにインタフェースを提供する。前述のように、一実施形態において、ディスプレイ50はタッチ画面ディスプレイであり、これは、プレイヤー224またはユーザに対して情報を表示することを可能にするとともに、入力を受け取るためのインタラクティブボタンまたはメニューを提供する。さらに、キーパッド52をディスプレイ50上に実装し、適宜または必要に応じてディスプレイ50に表示することができる。

0080

[0088]さらに前述のように、プレイヤートラッキング装置38は、プレイヤー24に割り当てられたバウチャーのリストを表示することができる。プレイヤー24はダウンロードするバウチャー、または使用可能なボーナスポイント若しくはクレジットを選択することができる。プレイヤーがバウチャーまたはダウンロードするクレジットまたはポイントの数を選択すると、クレジットをゲーミング機器12のクレジットメータにダウンロードされて、使用できるようになる。

0081

インセンティブ特典システムおよび方法
[0089]本発明の一側面において、プレイヤートラッキング装置46を用いたクレジットのダウンロードをプレイヤー224に求めることなく、あるプレイヤートラッキング特典を1つのゲーミングマシン12によって直接付与することができる。これは自動的に生じさせることができ、プレイヤーに能動的にクレジットメータに特典を適用するよう要求することはない。一側面において、プレイヤートラッキング特典は、プレイヤーにとってシームレスまたはほぼシームレスに付与され得る。例えば高度なインセンティブ特典が、フィーチャーまたはセカンダリゲームを通じて付与され得る。ボーナスフィーチャーまたはセカンダリゲームは、(1)メインゲームに伴う1つのフィーチャーまたはセカンダリゲーム、(2)修正されたボーナスフィーチャーまたはセカンダリゲーム、および(3)プレイヤートラッキング特典付与のための専用のボーナスフィーチャーまたはセカンダリゲーム、とすることができる。多くの場合、インセンティブ特典を付与するために用いられるボーナスフィーチャーまたはセカンダリゲームは、メインゲームのテーマに関係し、少なくとも1つのゲーム用マシン内資源を用いる。

0082

[0090]概して、メインゲームのテーマはキャラクタ、モチーフまたはゲーム内のブランドに関連する。これらのテーマは、任意の数のゲーム用マシン内資源を通じて伝えられる。ゲーム用マシン内資源は、ゲームテーマを表すためにゲーミング機器によって事前コード化または生成されたグラフィックス、オーディオ/ビデオあるいはゲーム方法を含み得る。

0083

[0091]本発明の態様において、プレイヤートラッキングシステム10は、指定のプレイヤー224がプレイヤートラッキングボーナスまたはインセンティブ特典を受ける権利があることを識別する。一実施形態において、特定の特典またはボーナスは、ゲーミング機器12を介して付与可能なボーナスまたは特典として指定される。概して、システム2と協働するように設計された特定のゲーミングマシンのみが、ボーナスまたはインセンティブ特典を付与するために使用することができる。プレイヤートラッキングシステム10が、プレイヤー224がボーナスまたはインセンティブ特典を受ける権利があることを識別すると、そのプレイヤーがプレイしているゲーミングマシン12が識別されなければならない。一実施形態において、プレイヤートラッキングシステム10は、プレイヤートラッキングモジュール46を介して、プレイヤーがゲーミングマシン12にログオンすることを待つ。プレイヤーがログオンしたゲーミングマシン12がプレイヤートラッキングインセンティブまたはボーナス特典を直接付与することができるゲーミングマシン12である場合、プレイヤートラッキングシステム10はゲーミングマシン12にインセンティブ特典信号を送信する。ゲーミングマシン12は、インセンティブ特典信号を受信したことに応じて、ゲーミングマシン12に記憶されている1つのゲーム資源を用いてプレイヤーにインセンティブ特典を付与する。この方式では、プレイヤー224は、ボーナス特典を付与されるかまたは使用するために、プレイヤートラッキングシステム10と対話処理を行う必要はない。ゲーミングマシン12に記憶された1つまたは複数のゲーム資源を用いることによって、ボーナス特典の付与をプレイヤーに対してシームレスに行うことができる。

0084

[0092]ゲーミングマシン12は、本セクションの始めで言及した方法のうちのいずれかによってインセンティブフィーチャを生成することが可能である。第1に、ボーナスフィーチャーまたはセカンダリゲームは、メインゲームと関連付けられたものでよいが、システムが生成したインセンティブ特典を与えるためにシステム2によって利用され得るものとする。この実施形態は、インセンティブ特典システムとは別に、メインゲームおよびボーナスフィーチャーまたはセカンダリゲームの両方を包含するように事前コード化されてゲーミングマシン内に存在しており、ゲーミングマシンが受け取った追加的なインセンティブ特典を与えるためにボーナスフィーチャーまたはセカンダリゲームを利用可能なものである。こうしたゲーミングマシンは、インセンティブ特典システムにシームレスに統合させ、プレイヤーに対して異なるゲーミングエクスペリエンスを生じさせることなく追加的な特典を付与する。

0085

[0093]第2に、ボーナスフィーチャーまたはセカンダリゲームはゲームプレイ中にインセンティブ特典を与えるための修正がなされ得るものとする。この実施形態においては、ゲーミングマシン12は、ゲームプレイ中にプレイヤー向けに特定のボーナスフィーチャーまたはセカンダリゲームを生成するためにゲーム用マシン内資源(前記参照)に対して限定的なアクセスを与えることが可能なものである。こうした限定によって、システムにより伝えられたインセンティブ特典および任意の追加的な指令に基づいて特定のボーナスフィーチャーが生成される。

0086

[0094]第3に、ボーナスフィーチャーまたはセカンダリゲームは、インセンティブ特典のみを意図した専用のゲーム用マシン内資源に基づくものとする。この実施形態においては、ゲーミングマシンは、専らメインゲームとともに使用するためにメインゲームと関連付けられたすべてのゲーム用マシン内資源を保持するようにプログラムされている。追加的なゲーム用マシン内資源は、ゲーミングマシン12の内部に存在させるか、またはプレイヤーにインセンティブ特典を授与するためにインセンティブ特典とともにゲーミングマシンに送信される。

0087

[0095]図示された実施形態においては、ゲーミングコントローラ16は、ボーナスフィーチャーをディスプレイ13に表示するように構成されている。一実施形態においては、ボーナスフィーチャーは、ゲームの結果によらずインセンティブ特典を与えるシミュレーションのビデオスロットゲームである。しかしながら、ボーナスフィーチャーはゲームマシン12内で保存または生成されたゲーミング資源を利用するような、シミュレーションの賭けゲーム、スキルベースのゲーム、インセンティブ特典を示すオーディオ/ビデオ表現、または本明細書で説明したようにゲームマシン12を機能させられる任意のタイプのゲーム(ただし、それらに限らない)を含む任意のタイプのボーナスフィーチャーとし得ることに留意すべきである。図示された実施形態においては、ボーナスフィーチャーは、第1のディスプレイに表示される。代替的に、ボーナスフィーチャーは、第1のディスプレイおよび/または第2のディスプレイに表示されてもよい。

0088

[0096]この方法を通して本システムは、ゲーム用マシン内資源を用いてインセンティブ特典を授与すること、プレイヤーに対するシームレスなユーザエクスペリエンスを生成させることが可能である。

0089

ボーナスゲームの送達のための全フロア範囲システム
[0097]本発明の別の態様においては、プレイヤートラッキング特典、インセンティブ特典その他は、ボーナスゲームまたはインセンティブボーナスゲームを送達するための全フロア範囲システムを通じて付与することができる。

0090

[0098]図示された実施形態において、システムコントローラ200は、プレイヤートラッキング特典および/またはインセンティブ特典その他を複数のプレイヤーへ提供するのに使用するためにボーナスフィーチャーゲーム250を生成するように構成されている。一実施形態において、インセンティブ特典を2部制の特典とすることができる。最初の部分はインセンティブボーナスフィーチャーゲーム250へのエントリとすることができる。インセンティブ特典の第2の部分はインセンティブボーナスフィーチャーゲーム250の結果に基づいた特典とすることができる。

0091

[0099]インセンティブボーナスゲームにエントリするための資格に関しては、システム2を用いてカジノ運営者がそのイベントに関する資格認定のために所定の基準のセットを設定することができる。基準は、a)ゲーミング機器12でのプレイヤーのプレイ、b)プレイヤーのプレイ全般、c)所定の期間中のプレイ、およびd)プレイヤーの誕生日または記念日、あるいはe)その他の任意の定義可能な基準(ただし、これらに限らない)を含むことができる。

0092

[00100]一実施形態においては、プレイヤーインセンティブボーナスゲームへのエントリ資格を認定された後に、プレイヤーがそのイベントについて適格であることを知らせるためのメッセージが出される。

0093

[00101]一実施形態においては、インセンティブボーナスゲーム(および関連付けられた任意のメッセージ)は、プレイヤーが使用しているゲーミング機器12に伴われたプレイヤートラッキング装置46のディスプレイ50に表示される。本発明の別の実施形態においては、インセンティブボーナスゲーム(および関連付けられた任意のメッセージ)は、ゲーミング機器12のディスプレイ13、54、56のうちの1つに表示される。インセンティブボーナスゲームは、そのインセンティブボーナスゲームと関連付けられたテーマを主題に用いて提供されることや、上述したようにゲーミング機器12に係るゲーミング資源を用いて提供されることができる。

0094

[00102]一実施形態においては、上級ボーナスゲームは、多重ラウンドの予選型式に基づく。例示的な一実施形態においては、上級ボーナスゲームが開始された後に、適格のプレイヤーは提示されたキャラクタまたはオブジェクトの選択肢からあるキャラクタまたはオブジェクトを1つ選ぶように指示される。上級のボーナスゲームの目標は単一の勝ち残りとなることである。

0095

[00103]適格のプレイヤーは、キャラクタまたはオブジェクトの選択を行うように促され、またFBGは、実際の予選イベントを表した動画を利用して、一連の予選ラウンドを最初から最後まで行う。様々なラウンドを経てゲームが進行する過程で、あるプレイヤーは排除され、また別のプレイヤーは次のラウンドへと進む。

0096

[00104]運営者は、そのゲームの最終の結果が単一の勝ち残りとなるような予選ラウンドの数を(例えば、予選ラウンド2〜4回の間で)選択することが可能である。

0097

[00105]一実施形態においては、複数のプレイヤーが同じキャラクタまたはオブジェクトを選択することができる。したがって、複数のプレイヤーが選択したキャラクタまたはオブジェクトが唯一の勝ち残りである場合には、そのキャラクタを選択したすべてのプレイヤーに特典全体の一部であるような特典が付与されることになる。代替的に、入賞した各プレイヤーが、入賞者の数と無関係に所定の特典を得てもよい。

0098

[00106]概して、本発明の一態様においては、特典は換金不能なボーナスプレイキャッシュとしてプレイヤーに対して分配される。

0099

[00107]インセンティブボーナスゲームは、ゲーミング機器12のディスプレイのうちの1つまたは幾つか、プレイヤートラッキング装置46のディスプレイ、カジノ内部にあり第三者が見得るデジタル標識、および/またはその他の任意のディスプレイに表示することができる。

0100

[00108]適格のプレイヤーは、イベント時間の前にプレイヤーカードをいずれかのマシンに挿入することを要求される。システムによってそのプレイヤーがイベントについて適格であると識別された後、プレイヤーに8つの選択肢(オブジェクトまたはキャラクタ)からの選択が提示され、プレイヤーが自身の選択を行うと、すべてのプレイヤーが参加して自身の選択を行うまでプレイヤーはホールド状態におかれる。規定した時点でFBGは、何人かのプレイヤーが排除される第1の一連の予選動画を開始し表示する。第1の予選ラウンドを勝ち残ったすべてのプレイヤーは、より多くのプレイヤーが排除されるラウンド2へ進む。この過程は、一人の入賞者が現れることになる最終ラウンドまで反復されることになる。

0101

[00109]本発明の一態様においては、インセンティブボーナスゲームの各ラウンドの結果またはインセンティブボーナスゲームの結果は、プレイヤー特性(例えば、適格のその他のプレイヤーと比較したそのプレイヤーのランキング)によって事前に決めておくことができる。

0102

[00110]図7を参照すると、一実施形態においては、システムコントローラ200は、プロセッサ252、乱数発生器(RNG)254、表示モジュール256、ボーナスフィーチャーモジュール258、メモリ装置260およびデータベース262を含むことができる。メモリ装置260は、プロセッサ252による命令および/またはデータの保存、取り出しおよび/または実行を可能にさせるコンピュータ読取り可能な媒体を含む。プロセッサ252は、プレイヤートラッキングシステム10および/またはゲーミング機器12が受け取ったプレイヤー指令およびデータに従って、様々なプログラムを実行し、またこれによってシステムコントローラ200の他の構成要素を制御する。メモリ装置260は、データベース262について、ゲーム画像および/またはゲーム画面を作成し、変数、パラメータその他をプロセッサ252によって使用するためにデータベース262内に一時的に記憶し、ボーナスゲーム資格付与基準、ボーナスゲームトリガー発動条件、ボーナスゲーム種別、ボーナス特典、特典の種別、ボーナスゲームシンボルおよび/または画像データ(ただし、これらに限らない)を含む情報の記憶および取り出しを行う。

0103

[00111]表示モジュール256は、対応するディスプレイ装置50および13のそれぞれに様々な画像を表示するためにプレイヤートラッキング装置46とゲーミング機器12のそれぞれと接続されている。図示された実施形態においては、表示モジュール256は、対応するプレイヤーによるボーナスフィーチャーゲーム250のプレイおよび/または参加を可能にするために、ディスプレイ装置13および50のうちの1つまたは幾つかにボーナスフィーチャーゲーム250を表示するように構成されている。一実施形態においては、表示モジュール256は、ボーナスゲーム画面264(図9および図10参照)上にボーナスフィーチャーゲーム250を表示することができる。さらに、表示モジュール256は、対応するゲーミング機器12に表示されているメインゲーム80と同時にボーナスフィーチャーゲーム250を表示するように構成することができる。例えば、一実施形態においては、表示モジュール256は、ディスプレイコントローラ74が第1のディスプレイ54(図2参照)にメインゲーム80を表示している際に、第2のディスプレイ56にボーナスフィーチャーゲーム250を表示することができる。さらに、表示モジュール256は、ゲーミングマシンディスプレイ装置13および/またはプレイヤートラッキングディスプレイ装置50にボーナスフィーチャーゲーム250を表示することができる。

0104

[00112]RNG254は、ボーナスフィーチャーゲーム250で使用するための乱数を発生させ、プロセッサ252に対して出力する。例えば一実施形態においては、プロセッサ252は、それぞれの予選ラウンドの開始時点後続するラウンドにおいて選択されるゲームシンボルの決定に使用するためにRNG254から乱数を受け取ることができる。さらに、プロセッサ252は、ボーナスフィーチャーゲーム250の開始時にそれぞれの参加プレイヤーと関連付けられるボーナスゲームシンボルを選択するために、RNG254から受け取った乱数を使用することができる。

0105

[00113]ボーナスフィーチャーモジュール258は、ボーナスフィーチャーゲーム250を実行する際に使用するゲームプログラムを含む。図示された実施形態においては、ボーナスフィーチャーモジュール258は、キャラクタシンボルのうちの1つが入賞ボーナスゲームシンボル268であると決定されるまで、複数の予選ラウンドにおいて競い合う複数のボーナスゲームシンボル266を含んだボーナスフィーチャーゲーム250を表示する。ボーナスフィーチャーモジュール258は、プレイヤー資格付与ユニット270およびシンボル選択ユニット272を含んでいる。

0106

[00114]図示された実施形態においては、プレイヤー資格付与ユニット270は、ボーナスフィーチャーゲーム250にかかる資格付与基準のセットを決定する。資格付与基準のセットは、ボーナスフィーチャーゲーム250へ参加する資格がある適格のプレイヤーを示す基準を含む。さらにプレイヤー資格付与ユニット270は、ボーナスフィーチャーゲーム250への参加を要求するプレイヤーにかかる判定基準を取得し、資格付与基準のセットおよびプレイヤーにかかる判定基準に基づいてプレイヤーが適格のプレイヤーであるかどうかを決定する。

0107

[00115]例えば一実施形態においては、システムコントローラ200は、プレイヤーからボーナスフィーチャーゲーム250をプレイしたい旨の要求を受け付けることができる。この要求は、プレイヤーがプレイしている対応するゲーミング機器12および/またはプレイヤーによって操作されるプレイヤートラッキング装置46から受け取ることができる。この要求はまた、例えばプレイヤートラッキング装置46に挿入されたプレイヤーカードおよび/またはプレイヤーによって関連付けられたゲーミング機器12および/またはプレイヤートラッキング装置46に入力されたユニークな個人識別番号および/またはプレイヤーと関連付けることの可能な任意の識別子を含むことができる。ユニークなプレイヤー識別子を含んだプレイヤーからの要求を受け付けると、プレイヤー資格付与ユニット270はプレイヤートラッキングシステム10に対して、データベース205に記憶されたユニークなプレイヤー識別子と関連付けられているプレイヤートラッキングアカウント209を決定する要求を送信する。プレイヤー資格付与ユニット270は、対応するプレイヤートラッキングアカウント内に包含されたプレイヤー判定基準を取得し、資格付与基準および取得したプレイヤー判定基準に基づいて、かかるプレイヤーがボーナスフィーチャーゲーム250へ参加する資格がある適格のプレイヤーであるかどうかを決定する。例えば一実施形態においては、プレイヤー資格付与ユニット270は、関連付けられたプレイヤー判定基準が資格付与基準を満たす場合に、そのプレイヤーが適格のプレイヤーであると決定することができる。資格付与基準は、ゲームプレイ時間、プレイヤーレーティング、賭けに供するものの合計量、賭けに供するものの平均量、平均のゲームプレイ、平均ゲーム外購買額、1日の中の時刻、および/または1人または複数人のプレイヤーにかかる適切な任意の基準(ただし、これらに限らない)を含むことができる。

0108

[00116]一実施形態においては、ボーナスフィーチャーゲーム250は、所定の資格付与基準のセットを伴うものとすることができる。別の実施形態においては、ボーナスフィーチャーゲーム250を開始する前に、システムコントローラ200は、例えばカジノ運営者などのシステムユーザにボーナスフィーチャーゲーム250とともに使用することができる資格付与基準のセットを設定させるプレイヤー資格付与基準画面(図示せず)を表示することができる。別の実施形態においては、ボーナスフィーチャーゲーム250の開始にあたり、プレイヤー資格付与ユニット270は資格付与基準のセットを満たすプレイヤー判定基準を有するプレイヤーアカウントをそれぞれ決定し、それぞれのプレイヤーにボーナスフィーチャーゲーム250をプレイヤーに知らせる通知メッセージを送る。さらにプレイヤー資格付与ユニット270は、ボーナスフィーチャーゲーム250の開始時に適格のプレイヤーによって現在プレイ中および/または操作中のゲーミングマシン12および/またはプレイヤートラッキング装置46を特定し、対応するゲーミングマシン12および/またはプレイヤートラッキング装置46のそれぞれにボーナスフィーチャーゲーム250を自動的に表示することができる。

0109

[00117]図示された実施形態においては、シンボル選択ユニット272は、ボーナスゲームシンボル266の所定のセット274に含まれている複数のボーナスゲームシンボル266を含んだボーナスフィーチャーゲーム250を表示する。図示された実施形態においては、シンボル選択ユニット272は、適格のプレイヤーのそれぞれにボーナスゲームシンボル266を選択させ、選択されたボーナスゲームシンボル266を対応する適格のプレイヤーと関連付ける。一実施形態においては、シンボル選択ユニット272は、限られた数のボーナスゲームシンボル266を表示して、それぞれのボーナスゲームシンボル266を1人または複数人の適格のプレイヤーによって選択可能とする。さらに適格のプレイヤーのそれぞれが1つのボーナスゲームシンボル266だけを選択することもできる。別の実施形態においては、シンボル選択ユニット272は、ボーナスゲームシンボル266をランダムに選択し、ランダムに選択されたボーナスゲームシンボル266を1人または複数人の適格のプレイヤーと関連付けることができる。さらに、シンボル選択ユニット272は、関連付けられるボーナスゲームシンボル266をランダムに選択する要求を、適格のプレイヤーに認めることもできる。

0110

[00118]一実施形態においては、ボーナスフィーチャーゲーム250は、いくつかのボーナスゲームシンボルが選択されて後続する予選ラウンドに割り当てられる1つまたは複数の予選ラウンドを含むことができる。後続するそれぞれの予選ラウンドの間に、ボーナスフィーチャーゲーム250に残存しているボーナスゲームシンボル266の数は減少する。例えばボーナスフィーチャーゲーム250は、第1の数のボーナスゲームシンボル266で開始される。第1の予選ラウンドの間にシンボル選択ユニット272は、後続するラウンドで使用するために、第1のボーナスゲームシンボル266の数より減らしたボーナスゲームシンボル266の第2の数を選択する。さらに、最終のゲームラウンドの間においてシンボル選択ユニット272は、残留シンボルからなるグループから入賞ゲームシンボル268を選択し、入賞ゲームシンボル268と関連付けられた適格のプレイヤーのそれぞれに特典を付与する。

0111

[00119]図8は、複数のプレイヤーに特典を付与するためにシステム2とともに使用することができる方法300のフローチャートである。方法300は複数のステップを含む。それぞれの方法ステップは、独立に実行されることや、他の方法ステップと組み合わせて実行されることが可能である。方法300の各部分は、システムコントローラ201、1つまたは複数のゲーミング機器12および/または1つまたは複数のプレイヤートラッキング装置46を含むシステム2の構成要素のうちの任意の1つによって、またはこれらを任意に組み合わせたものによって実行されることが可能である。図9および図10は、システム2によって表示し得るボーナスフィーチャーゲーム250を含んだボーナスゲーム画面264の例示的なエンタテイニンググラフィック表示である。

0112

[00120]図示された実施形態においては、方法ステップ302においてシステムコントローラ200は、複数のゲーミング機器12にボーナスフィーチャーゲーム250を表示させる。一実施形態においては、システムコントローラ200は、複数のボーナスゲームシンボル266とこの複数のボーナスゲームシンボル266から選択される入賞ゲームシンボル268とを含んだ予選ゲームを含むボーナスフィーチャーゲーム250を表示する。しかしながら、ボーナスフィーチャーゲーム250は、スロットゲーム、迷路ゲーム抽選ゲーム、キノゲーム、ブラックジャックゲーム、ビデオポーカーゲームまたはシステムコントローラ200を本明細書に記載したように機能させ得る任意のタイプのゲーム(ただし、これらに限らない)を含むような、プレイヤーが特典の提供を受け得る任意のタイプのゲームとし得ることに留意すべきである。図示された実施形態においては、システムコントローラ200は、トリガー発動条件を検出し、トリガー発動条件が検出されたことに応じてボーナスフィーチャーゲーム250を開始する。トリガー発動条件は、所定の日付および/または時刻、ゲーミング機器のセットが受け付けた賭けに供するものの量、1人または複数人の顧客が行った購買額、1人または複数人のプレイヤーが1つまたは複数のゲーミング機器で費やした時間量、および/またはボーナスフィーチャーゲーム250の開始のために使用し得る適切な任意のトリガー発動条件(ただし、これらに限らない)を含むことができる。一実施形態においては、システムコントローラ200は、例えばカジノ従業員などのシステムユーザから受け付けた要求に応じてボーナスフィーチャーゲーム250を開始する。

0113

[00121]一実施形態においては、システムコントローラ200は、システム2に含まれるゲーミング機器12のそれぞれにボーナスフィーチャーゲーム250を表示することができる。別の実施形態においては、システムコントローラ200は、ゲーミング機器12のセットにボーナスフィーチャーゲーム250を表示することができる。ゲーミング機器12のセットには、例えばカジノフロアの所定の領域内に配置されたゲーミングマシンなど所定のゲーミング機器12からなるグループを包含することができる。さらにシステムコントローラ200は、それぞれが適格のプレイヤーを伴うゲーミング機器のセットにボーナスフィーチャーゲーム250を表示することができる。一実施形態においては、システムコントローラ200は、システムユーザにゲーミング機器12からなるグループを選択させ、選択されたグループのゲーミング機器12にボーナスフィーチャーゲーム250を表示させることもできる。

0114

[00122]方法ステップ304ではシステムコントローラ200は、ボーナスフィーチャーゲーム250をプレイしたいという要求を、対応するゲーミング機器12を介してプレイヤーから受け取る。一実施形態においては、システムコントローラ200は、ボーナスフィーチャーゲーム250が開始されておりボーナスフィーチャーゲーム250への参加をプレイヤーに要求していることをプレイヤーへ知らせる通知メッセージを1つまたは複数のゲーミング機器12に表示する。さらに、システムコントローラ200は、ゲーミング機器12に通知メッセージを表示させること、および/またはディスプレイ装置の所定のセットに通知メッセージを表示することができる。図示された実施形態においては、システムコントローラ200は、ボーナスフィーチャーゲーム250に参加したいという要求を、対応するゲーミング機器12を介して1人または複数人のプレイヤーから受け取る。さらに、システムコントローラ200は、プレイヤーの参加要求を対応するプレイヤーと関連付けられたユニークなプレイヤー識別子を含めて受け取ることができる。例えば一実施形態においては、プレイヤーは、ゲーミング機器12を介してユニークなプレイヤー識別子を送信し、ボーナスフィーチャーゲーム250への参加を要求することができる。

0115

[00123]方法ステップ306では、システムコントローラ200はプレイヤーがボーナスフィーチャーゲーム250に参加する資格がある適格のプレイヤーであるかどうかを決定する。システムコントローラ200によってプレイヤーが適格のプレイヤーであると決定された場合、システムコントローラ200は対応するゲーミング機器12にボーナスフィーチャーゲーム250を表示する。システムコントローラ200によってプレイヤーが適格のプレイヤーでないと決定された場合、システムコントローラ200はプレイヤーに対してボーナスフィーチャーゲーム250を表示せず、メインゲーム80の表示など以前の操作ステータスまでゲーミング機器12を戻す。図示された実施形態においては、システムコントローラ200は、適格のプレイヤーを指示する資格付与基準のセットを含むボーナスフィーチャーゲーム250を作成し、この資格付与基準のセットに基づいてプレイヤーが適格のプレイヤーであるかどうかを決定している。例えば、資格付与基準のセットは、ゲームプレイ時間、プレイヤーレーティング、賭けに供するものの合計量、賭けに供するものの平均量、平均のゲームプレイ、平均ゲーム外購買額、1日の中の時刻、および/または1人または複数人のプレイヤーと関連付けられた適切な任意の基準(ただし、これらに限らない)を含むことができる。

0116

[00124]一実施形態においては、システムコントローラ200は、システムユーザに対して、複数のボーナスフィーチャーゲーム250のそれぞれに資格付与基準のユニークなセットを設定させることができる。さらにシステムコントローラ200は、ボーナスフィーチャーゲーム250の開始に先立つ任意の時点で、資格付与基準の対応するセットの変更および/または修正をシステムユーザに認めることができる。システムコントローラ200は、対応するプレイヤーにかかるプレイヤー判定基準を決定し、関連付けられたプレイヤー判定基準および資格付与基準のセットに基づいて、プレイヤーが適格のプレイヤーであるかどうかを決定することができる。例えば、一実施形態においては、システムコントローラ200は、関連付けられたユニークなプレイヤー識別子を含んだボーナスフィーチャーゲーム250へ参加したいというプレイヤーの要求を受け付け、受け付けたユニークな識別子に応じてプレイヤーと関連付けられたプレイヤーアカウントを決定することができる。さらにシステムコントローラ200は、データベース205から関連付けられたプレイヤーアカウントを取得し、取得されたプレイヤーアカウントにかかるプレイヤー判定基準を決定し、関連付けられたプレイヤー判定基準に基づいてそのプレイヤーが適格のプレイヤーであるかどうかを決定することができる。さらにシステムコントローラ200は、対応するプレイヤーアカウントに含まれている関連付けられたプレイヤー判定基準がボーナスフィーチャーゲーム資格付与基準を満たした場合にそのプレイヤーが適格のプレイヤーであると決定し、対応するゲーミング機器にボーナスフィーチャーゲーム250を応答的に表示することができる。図示された実施形態においては、システムコントローラ200は、ボーナスフィーチャーゲーム250への参加を複数人の適格のプレイヤーに認めることができる。さらにシステムコントローラ200は、対応するゲーミング機器12を介して複数のプレイヤーから要求を受け付け、それぞれのプレイヤーが適格のプレイヤーであるかどうかを決定し、適格のプレイヤーのそれぞれに対してボーナスフィーチャーゲーム250をプレイさせることができる。

0117

[00125]一実施形態においては、システムコントローラ200は、所定の応答時限を含んだボーナスフィーチャーゲーム資格付与基準を設定し、所定の応答時限内にプレイヤーから応答を受け取った場合にプレイヤーを適格のプレイヤーであると決定することができる。さらに、システムコントローラ200は、所定の応答時限内に応答した適格のプレイヤーを含むボーナスフィーチャーゲーム250のラウンドを開始することができる。一実施形態においては、システムコントローラ200は、適格のプレイヤー数を含む資格付与基準を設定し、所定数の適格のプレイヤーが応答すると、ボーナスフィーチャーゲーム250のラウンドを開始することができる。

0118

[00126]方法ステップ308では、システムコントローラ200はボーナスゲームシンボル266からなる所定のセット274からボーナスゲームシンボル266を選択し、ボーナスフィーチャーゲーム250の間に使用するために、選択されたボーナスゲームシンボル266をそれぞれの適格のプレイヤーと関連付ける。図示された実施形態においては、システムコントローラ200は、適格のプレイヤーのそれぞれに1つのボーナスゲームシンボル266を選択し、選択されたボーナスゲームシンボル266を対応する適格のプレイヤーとそれぞれ関連付ける。一実施形態においては、システムコントローラ200は対応するゲーミング機器12のそれぞれにシンボル選択画面276を表示し、適格のプレイヤーのそれぞれに対してボーナスゲームシンボル266の所定のセットからボーナスゲームシンボル266を選択させることができる。別の実施形態においては、システムコントローラ200は、適格のプレイヤーのそれぞれに対してボーナスゲームシンボル266をランダムに選択することができる。さらに、システムコントローラ200は、1人または複数人の適格のプレイヤーに関連付けられるボーナスゲームシンボル266を選択させ、残りの適格のプレイヤーにはボーナスゲームシンボル266をランダムに選択することができる。例えば、一実施形態においては、システムコントローラ200はそれぞれの適格のプレイヤーに対して、関連付けられるボーナスゲームシンボル266を所定時限内に選択するように要求することができる。所定時限が満了すると、システムコントローラ200は関連付けられるボーナスゲームシンボル266を選択しなかった適格プレイヤーのそれぞれについて、残っているシンボルをランダムに選択することができる。別の実施形態においては、システムコントローラ200は、ゲーミング機器12の複数のグループを決定し、ゲーミング機器12のグループのそれぞれにボーナスゲームシンボル266をランダムに選択し、選択されたボーナスシンボル266をゲーミング機器12の対応するグループと関連付けられた適格のプレイヤーのそれぞれと関連付けることができる。

0119

[00127]一実施形態においては、システムコントローラ200はボーナスゲームシンボル266と関連付けられた被選択確率を決定するとともに、1人または複数人の適格のプレイヤーについてのボーナスゲームシンボル266を関連付けられた被選択確率に応じてランダムに選択することができる。さらに、システムコントローラ200は対応する被選択確率を、適格のプレイヤーと関連付けられたプレイヤーレーティングに応じて決定することができる。例えば、それぞれのボーナスゲームシンボル266と関連付けられた被選択確率は次の図表に示す通りである。次の図表は単に例示のために提供したものであり、本発明の趣旨を限定するものではない。

0120

[00128]第1の縦列は適格のプレイヤーと関連付けられたプレイヤーレーティングを示している。第2、第3、第4および第5の縦列は、例えばシンボル「A」、シンボル「B」、シンボル「C」およびシンボル「D」のそれぞれなど複数のボーナスゲームシンボル266と関連付けられた被選択確率を示している。一実施形態においては、システムコントローラ200は、適格のプレイヤーにかかるプレイヤーレーティングを決定し、ボーナスゲームシンボル266のそれぞれと関連付けられた被選択確率をプレイヤーレーティングに応じて決定し、適格のプレイヤーと関連付けられるボーナスゲームシンボル266を対応するプレイヤーレーティングおよび関連付けられた被選択確率に応じてランダムに選択することができる。

0121

[00129]方法ステップ310では、システムコントローラ200はボーナスフィーチャーゲーム250にかかる1つまたは複数の予選ラウンドを実施する。さらにシステムコントローラ200は、それぞれの予選ラウンドの結果を表示する対応するゲーミング機器12のそれぞれに予選画面278を表示することができる。一実施形態においては、ボーナスフィーチャーゲーム250は、所定の数の予選ラウンドを含むことができる。別の実施形態においては、システムコントローラ200はボーナスフィーチャーゲーム250で実施される予選ラウンドの数をランダムに選択することができる。さらに、システムコントローラ200は、ボーナスフィーチャーゲーム250内に含める予選ラウンド数をシステムユーザに選択させることができる。それぞれの予選ラウンドの間に、システムコントローラ200は、参加しているボーナスゲームシンボル266のグループから1つまたは複数のボーナスゲームシンボル266をランダムに選択し、後続する予選ラウンドおよび/または最終ラウンドで使用するために、選択されたボーナスゲームシンボル266を残留ボーナスゲームシンボル266からなるグループに包含させる。さらに、システムコントローラ200は、参加している3つ以上のボーナスゲームシンボル266の間の競争に関するビデオ映像および/または画像を表示し、エンタテインメントディスプレイにおいてプレイヤーに対して予選ラウンドの結果を表示することができる。さらに、一実施形態においては、システムコントローラ200は所定のボーナスゲームシンボルセットから残留ボーナスゲームシンボル266からなるグループをランダムに選択することを含む予選ラウンドを実施することができ、ここで残留ボーナスゲームシンボル266からなるグループは所定のボーナスゲームシンボルセットに含まれるシンボルの数と比べてより少ない数のシンボルを含む。さらに一実施形態においては、システムコントローラ200は、複数の予選ラウンドを実施し、それぞれの予選ラウンドごとに前回の予選ラウンドにかかる前回のグループボーナスゲームシンボル266から、前回のグループと比べてより少ないシンボルを有する残留ボーナスゲームシンボル266からなる今回のグループを選択することができる。

0122

[00130]例えば、一実施形態においては、システムコントローラ200は、それぞれが1人または複数人の適格のプレイヤーと関連付けられたボーナスゲームシンボル266からなる参加グループ282を含む第1の予選ラウンド280を実施することができる。第1の予選ラウンド280において、システムコントローラ200は参加グループ282から、第2の予選ラウンド286に割り当てられるボーナスゲームシンボル266である残留グループ284に包含させる1つまたは複数のシンボルを選択する。それぞれの予選ラウンドにおいて、それぞれの残留シンボルグループ284に選択されるボーナスゲームシンボル266の数は前回のラウンドに参加したシンボルの数より少ない。一実施形態においては、システムコントローラ200は、例えば後続する予選ラウンドに選ばれることになるボーナスゲームシンボル266の数など、それぞれの予選ラウンドにかかる参加シンボルの数をランダムに選択することができる。別の実施形態においては、システムコントローラ200は、それぞれの予選ラウンドにかかる残留ボーナスゲームシンボル266の数をシステムユーザに選択させることができる。

0123

[00131]一実施形態においては、それぞれの予選ラウンドにおいて、システムコントローラ200は、参加しているそれぞれのボーナスゲームシンボル266と関連付けられた被選択確率を決定し、残留シンボルグループ284をそれぞれの対応する被選択確率に応じてランダムに選択することができる。一実施形態においては、それぞれのボーナスゲームシンボル266は、それぞれの予選ラウンドにおいて使用される所定の被選択確率を含むことができる。別の実施形態においては、それぞれのボーナスゲームシンボル266は、予選ラウンドのそれぞれにかかる被選択確率を含むことができる。例えば各ボーナスゲームシンボル266と関連付けられた被選択確率は、次のチャートに従って与えられることができる。次のチャートは単に例示のために提供したものであり、本発明の趣旨を限定するものではない。

0124

[00132]第1の縦列はボーナスフィーチャーゲーム250と関連付けられた予選ラウンドの番号を示している。第2、第3、第4および第5の縦列は、例えばシンボル「A」、シンボル「B」、シンボル「C」およびシンボル「D」のそれぞれなどボーナスゲームシンボル266のそれぞれと関連付けられた被選択確率を示している。それぞれの予選ラウンドにおいて、システムコントローラ200は、今回の予選ラウンドを決定し、予選ラウンドに参加しているボーナスゲームシンボル266をそれぞれ決定し、参加しているボーナスゲームシンボル266のそれぞれと関連付けられた被選択確率を決定している。例えばボーナスシンボル「A」は、第1の予選ラウンドにおいて10%の被選択確率を有し、第2の予選ラウンドにおいて15%の被選択確率を有し、最終予選ラウンドにおいて20%の被選択確率を有する。

0125

[00133]別の実施形態においては、システムコントローラ200は、今回の予選ラウンドに参加している残留ボーナスゲームシンボル266からなるグループに含まれるボーナスゲームシンボル266のそれぞれと関連付けられた被選択確率を今回の予選ラウンドに含まれるシンボルの数に基づいて調整し、調整された被選択確率に応じてボーナスゲームシンボル266をランダムに選択することができる。

0126

[00134]方法ステップ312では、システムコントローラ200は、ボーナスゲームシンボル266からなる残留グループ284から入賞ボーナスゲームシンボル268を選択することを含む最終予選ラウンド288を実施する。一実施形態においては、システムコントローラ200は、残留グループ284に含まれるボーナスゲームシンボル266のそれぞれと関連付けられた被選択確率を決定し、対応する被選択確率に応じて入賞ボーナスゲームシンボル268をランダムに選択することができる。さらに、システムコントローラ200は、ボーナスゲームシンボル266からなる残留グループ284に含まれるそれぞれのボーナスゲームシンボル266と関連付けられた被選択確率を調整し、調整された被選択確率に応じて入賞ボーナスゲームシンボル268をランダムに選択することができる。

0127

[00135]一実施形態においては、システムコントローラ200は、単一の予選ラウンドを含むボーナスフィーチャーゲーム250を開始し、ボーナスゲームシンボル266からなる所定のセットから入賞ボーナスゲームシンボル268をランダムに選択することを含む最終ラウンドを実施することができる。

0128

[00136]方法ステップ314では、システムコントローラ200は、入賞ボーナスゲームシンボル268と関連付けられた入賞適格のプレイヤーをそれぞれ特定し、入賞適格のプレイヤーの数を決定する。一実施形態においては、システムコントローラ200は、入賞ボーナスシンボル268を選択した適格のプレイヤーをそれぞれ決定する。別の実施形態においては、システムコントローラ200は、入賞ボーナスゲームシンボル268と関連付けられたゲーミング機器12にかかる適格のプレイヤーをそれぞれ決定する。

0129

[00137]方法ステップ316では、システムコントローラ200は、入賞適格のプレイヤーのそれぞれにボーナス特典を付与する。一実施形態においては、ボーナス特典は入賞適格のプレイヤーのそれぞれに提供される所定の特典を含むことができる。別の実施形態においては、システムコントローラ200は、入賞適格のプレイヤーの数を決定し、当該数の入賞適格のプレイヤーのそれぞれの間でボーナス特典を分割することができる。例えば、このボーナス特典は、ある量のインセンティブポイントを含むことができる。システムコントローラ200は、入賞適格のプレイヤーの数を決定し、入賞適格のプレイヤーの数に基づいて当該量のインセンティブポイントを分けることができる。別の実施形態においては、システムコントローラ200は、入賞適格のプレイヤーのそれぞれに対して所定の量のインセンティブポイントを提供することができる。さらに、システムコントローラ200は、入賞適格のプレイヤーのそれぞれに対して、関連付けられたプレイヤーレーティングに基づいた量のインセンティブポイントを付与することができる。例えば、レーティングが高いプレイヤーは、レーティングが低いプレイヤーよりも多くのインセンティブポイントを受け取ることができる。

0130

[00138]上記では、ゲーミング機器、ゲーミングシステムおよび複数のプレイヤーに特典を付与する方法の例示的な実施形態について詳細に記載している。ゲーミング機器、システムおよび方法は、本明細書に記載したこの特定の実施形態に限定されるものではなく、むしろゲーミング機器および/またはシステムおよび/または方法ステップの構成要素が本明細書に記載した別の構成要素および/またはステップと独立に単独で利用されることができる。例えばゲーミング機器はまた、別のゲーミングシステムおよび方法と組み合わせて用いられることがあるとともに、本明細書に記載したようなゲーミングマシンだけによる実施に限定するものではない。むしろ、例示的な実施形態をその他の任意のゲーミングシステム用途と連携して実装し利用することが可能である。

0131

[00139]本明細書に記載したような制御器コンピューティング装置またはコンピュータは、少なくとも1つまたは複数のプロセッサまたは処理ユニットおよびシステムメモリを含む。制御器は典型的にはさらに、少なくとも何らかの形態のコンピュータ読取り可能な媒体を含む。限定でなく例示としてコンピュータ読取り可能な媒体は、コンピュータ記憶媒体および通信媒体を含むことができる。コンピュータ記憶媒体は、コンピュータ読取り可能な命令、データ構造プログラムモジュールまたはその他のデータなどの情報の保存を可能にする任意の方法またはテクノロジーで実装された揮発性不揮発性取外し可能や取外し不可能な媒体を含むことができる。通信媒体は典型的には、コンピュータ読取り可能な命令、データ構造、プログラムモジュールまたはその他のデータを、搬送波やその他の伝送機構などの変調データ信号の形で具現化するとともに、任意の情報送達媒体を含む。当業者であれば信号内で情報がエンコードされるような方式で設定または変更を受ける1つまたは複数の特性を有する変調済みデータ信号について熟知されていよう。上述のもののいずれかの組合せもコンピュータ読取り可能な媒体の趣旨域内に含まれる。

0132

[00140]本明細書で図示し且つ記載した本発明の実施形態における動作の実行または実施の順序は、特に記載がない限り本質的なものではない。すなわち、本明細書に記載した動作は特に記載がない限り任意の順序で実行することができ、また本発明の実施形態は、本明細書に開示したものと比べて追加的な動作を含むことやより少ない動作を含むことができる。例えば、ある特定の動作が別の動作より前に、別の動作と同時に、または別の動作より後に実行または実施されることも、本発明の態様の趣旨域内にあることが企図される。

0133

[00141]幾つかの実施形態においては、本明細書に記載したようなプロセッサは、システムおよびマイクロコントローラ縮小命令セット回路RISC)、特定用途向け集積回路ASIC)、プログラマブル論理回路PLC)、および本明細書に記載した機能の実行が可能なその他の任意の回路またはプロセッサを含む任意のプログラマブルシステムを含む。上の例は単に例示であり、したがっていかなる意味においてもプロセッサという用語の定義および/または意味を限定しようとする意図ではない。

0134

[00142]幾つかの実施形態においては、本明細書に記載したようなデータベースは、階層型データベースリレーショナルデータベースフラットファイルデータベース、オブジェクトリレーショナルデータベース、オブジェクト指向データベース、およびコンピュータシステム内に保存される記録またはデータに関するその他の任意の構造化集積体を含む任意のデータ集積体を含む。上の例は単に例示であり、したがっていかなる意味においてもデータベースという用語の定義および/または意味を限定しようとする意図ではない。データベースの例には、Oracle(登録商標) Database、MySQL、IBM(登録商標) DB2、Microsoft(登録商標)SQL Server、Sybase(登録商標)およびPostgreSQL(ただし、これらに限らない)が含まれる。しかしながら、本明細書に記載したシステムおよび方法を可能にするような任意のデータベースを用いることができる。(OracleはOracle Corporation(Redwood Shores;California)の登録商標であり、IBMはInternational Business Machines Corporation(Armonk;New York)の登録商標であり、MicrosoftはMicrosoft Corporation(Redmond;Washington)の登録商標であり、またSybaseはSybase(Dublin;California)の登録商標である。)

0135

[00143]記載したこの説明では最適モードを含む発明を開示するため、さらにまた任意のデバイスやシステムの製作や使用ならびに組み入れた任意の方法の実行を含む当業者による本発明の実施を可能とさせるために例を使用している。本発明の特許性の範囲は特許請求の範囲によって規定しているとともに、当業者によりなされる別の例を含むことができる。本発明のその他の態様および特徴は、図面、本開示および添付の特許請求の範囲を検討することにより得ることが可能である。本発明は、添付の特許請求の範囲の趣旨域内にあるように具体的に記載されたものとは別の方式で実施されることができる。添付の特許請求の範囲内にリストしたステップおよび/または機能は、ステップおよび/または機能がリストされている順序に関わらず、何らかの具体的な動作順序に限定されるものではないことにも留意すべきである。

0136

[00144]本発明の様々な実施形態の具体的な特徴がある図面では示されており、また別の図面では示されていないことがあるが、これは単に便宜上なされたことに過ぎない。本発明の原理に従って、ある図面の任意の特徴がその他の任意の図面の任意の特徴と組み合わせて言及されることおよび/または主張されることがある。

0137

2…システム、10…プレイヤートラッキングシステム、12…ゲーミング機器、12A〜H…賭けゲーミングマシン、12I…賭けに関しないゲーミングマシン、12J…賭けに関しないゲーミングマシン,換金キオスク、12K…販売時点情報管理キオスク、13…ディスプレイ装置、14…ネットワーク、16…ゲーミングコントローラ、18…キャビネット機構、20…ゲーミングスタンド、22…支持面、24…入力ボタン、26…コインスロット、28…紙幣アクセプタ、30…コイントレイ、32…スピーカ、34…照明装置、36…BETスイッチ、40…MAXBETスイッチ、42…PAYOUTスイッチ、44…SPIN/DEALボタン46…プレイヤートラッキング装置、47…プロセッサ、48…プレイヤー識別カードリーダー、50…データディスプレイ、52…キーパッド、54…第1のディスプレイ、56…第2のディスプレイ、58…ゲーム画面、60…中央処理ユニット(CPU))、62…クレジットコントローラ、64…コンソールユニット、66…ペイアウトコントローラ、68…乱数発生器(RNG)、70…照明コントローラ、72…サウンドコントローラ、74…ディスプレイコントローラ、76…メモリ装置、78…データベース、80…メインゲーム、84…メインゲームの結果、86…表示領域、88…ゲームシンボル、90…セルグリッド、92…セル、94…横列、96…縦列、98…ペイライン、100…リール、102…リール、104…リール、106…リール、108…リール、200…システムコントローラ、201…コンピュータ、204…コンピュータプログラムアプリケーション、205…データベース、207…プレイヤートラッキング(または、ホスト)ワークステーション、209…プレイヤートラッキングアカウント、224…プレイヤー、250…ボーナスフィーチャーゲーム、252…プロセッサ、254…乱数発生器(RNG)、256…表示モジュール、258…ボーナスフィーチャーモジュール、260…メモリ装置、262…データベース、264…ボーナスゲーム画面、266…ボーナスゲームシンボル、268…入賞ボーナスゲームシンボル、270…プレイヤー資格付与ユニット、272…シンボル選択ユニット、274…所定のボーナスゲームシンボルセット、280…第1の予選ラウンド、282…参加グループ、284…残留グループ、286…第2の予選ラウンド、288…最終予選ラウンド、300…複数のプレイヤーに特典を付与するための方法、302…方法ステップ、304…方法ステップ、306…方法ステップ、308…方法ステップ、310…方法ステップ、312…方法ステップ、314…方法ステップ、316…方法ステップ。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ