図面 (/)

技術 被記録媒体カセット、記録装置

出願人 セイコーエプソン株式会社
発明者 千野宏樹
出願日 2014年11月14日 (5年7ヶ月経過) 出願番号 2014-231365
公開日 2015年3月19日 (5年3ヶ月経過) 公開番号 2015-051878
状態 特許登録済
技術分野 シート、マガジン及び分離
主要キーワード 滑り上がり 複数段式 前方側内壁 リブ状体 湾曲姿勢 トレイ構造 用紙セット状態 高摩擦材
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2015年3月19日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (7)

課題

複数段式トレイ構造を備えた用紙カセットにおいて、上段側トレイに用紙が適切な状態で収容されるよう構成することで、上段側トレイから用紙を送り出す際の重送を防止する。

解決手段

用紙カセット100は下段側トレイ50と、下段側トレイ50に対してスライド可能な上段側トレイ60と、を備えて構成される。下段側トレイ50の前方側内壁を構成する櫛歯状部55と分離材保持部56、及び上段側トレイ60の前方側内壁を構成する第1櫛歯状部65と第2櫛歯状部66は、上段側トレイ60を突き当て位置位置決めした際に互い違いに入り込むよう構成されている。上段側トレイ60の第2櫛歯状部66には凹凸形状により構成されたストッパー部64が設けられ、このストッパー部64により上段側トレイ60に収容される用紙の送り出し方向への移動が阻止される。

概要

背景

装置本体に対して着脱可能な用紙カセットは従来から広く用いられており、またその中でも特許文献1や特許文献2に示されるように、一つの着脱自在な用紙カセット(トレイ)において下段上段に用紙収容部を備えた2段式構造のものが知られている。尚、記録装置において用紙を収容する用紙収容部の呼称としては「カセット」、「トレイ」など種々のものがあるが、本明細書では装置本体に対して着脱可能な一つのユニット体全体を「カセット」と言い、このカセット内に設けられた複数の用紙収容部を「トレイ」と言うこととする。

下段と上段のそれぞれのトレイは、用紙収容時に用紙先端の位置を規制する前方側内壁規制面)を備えている。この前方側内壁は、例えば特許文献2の図11に示されるように第1給紙トレイ下段トレイ)について傾斜状に形成されており、この傾斜状に形成された前方側内壁が用紙給送時の重送を防止するために分離手段として機能するよう構成されている。尚、特許文献2においては、第2給紙トレイ(上段トレイ)の前方側内壁について特段の言及は無い。

概要

複数段式トレイ構造を備えた用紙カセットにおいて、上段側トレイに用紙が適切な状態で収容されるよう構成することで、上段側トレイから用紙を送り出す際の重送を防止する。用紙カセット100は下段側トレイ50と、下段側トレイ50に対してスライド可能な上段側トレイ60と、を備えて構成される。下段側トレイ50の前方側内壁を構成する櫛歯状部55と分離材保持部56、及び上段側トレイ60の前方側内壁を構成する第1櫛歯状部65と第2櫛歯状部66は、上段側トレイ60を突き当て位置位置決めした際に互い違いに入り込むよう構成されている。上段側トレイ60の第2櫛歯状部66には凹凸形状により構成されたストッパー部64が設けられ、このストッパー部64により上段側トレイ60に収容される用紙の送り出し方向への移動が阻止される。

目的

本発明はこのような状況に鑑みなされたものであり、その目的は、複数段式トレイ構造を備えた用紙カセットにおいて、上段側トレイに用紙が適切な状態で収容されるよう構成することで、ひいては上段側トレイから用紙を送り出す際の重送を防止することにある

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

被記録媒体を収容する下段側トレイと、前記下段側トレイに対して被記録媒体の送り出し方向に沿ってスライド可能に設けられた、被記録媒体を収容する上段側トレイと、を備えた被記録媒体カセットであって、前記上段側トレイが前記送り出し方向に向けて最もスライドした突き当て位置にあるときに、前記上段側トレイに収容された被記録媒体の先端と係合しない状態に置かれ、前記上段側トレイに収容された被記録媒体の前記送り出し方向への移動を許容し、前記上段側トレイが前記突き当て位置から外れた位置にあるときに、前記上段側トレイに収容された被記録媒体の先端と係合可能な状態に置かれ、前記上段側トレイに収容された被記録媒体の前記送り出し方向への移動を阻止すべく機能するストッパー部を備えている、ことを特徴とする被記録媒体カセット。

請求項2

請求項1に記載の被記録媒体カセットにおいて、前記下段側トレイの前記送り出し方向に位置する前方側内壁、及び前記上段側トレイの前記送り出し方向に位置する前方側内壁は、それぞれ被記録媒体の積重方向に対して開き角を形成する傾斜形状を成すとともに、前記上段側トレイが前記突き当て位置にあるときに互い違いに入り込むよう、それぞれ櫛歯状の形態を成しており、前記下段側トレイの前方側内壁において前記送り出し方向と直交する方向の少なくとも一部に、被記録媒体の分離を行う分離斜面が設けられ、前記上段側トレイが前記突き当て位置にあるときに、前記分離斜面が、前記上段側トレイの前方側内壁よりも当該上段側トレイに収容された被記録媒体先端の側に突出する構成を備えている、ことを特徴とする被記録媒体カセット。

請求項3

請求項2に記載の被記録媒体カセットにおいて、前記ストッパー部が、前記上段側トレイの前方側内壁において前記送り出し方向と直交する方向の少なくとも一部に設けられ、前記上段側トレイが前記突き当て位置にあるときに、前記分離斜面よりも前記上段側トレイに収容された被記録媒体先端から離れて位置する、ことを特徴とする被記録媒体カセット。

請求項4

請求項2または3に記載の被記録媒体カセットにおいて、前記上段側トレイの前方側内壁の傾斜が、前記下段側トレイの前方側内壁の傾斜に沿っている、ことを特徴とする被記録媒体カセット。

請求項5

請求項2から4のいずれか1項に記載の被記録媒体カセットにおいて、前記ストッパー部が、前記上段側トレイの前方側内壁の傾斜に沿って形成された凹凸形状により構成されている、ことを特徴とする被記録媒体カセット。

請求項6

請求項5に記載の被記録媒体カセットにおいて、前記凹凸形状が、被記録媒体の積重方向に平行な面を備えた階段形状であることを特徴とする被記録媒体カセット。

請求項7

被記録媒体に記録を行う記録手段を備えた記録装置であって、請求項1から6のいずれか1項に記載の被記録媒体カセットを着脱自在に備えている、ことを特徴とする記録装置。

技術分野

0001

本発明は、複数段式トレイ構造を備えた被記録媒体カセット、およびこれを備えたファクシミリプリンタ等に代表される記録装置に関する。

背景技術

0002

装置本体に対して着脱可能な用紙カセットは従来から広く用いられており、またその中でも特許文献1や特許文献2に示されるように、一つの着脱自在な用紙カセット(トレイ)において下段上段に用紙収容部を備えた2段式構造のものが知られている。尚、記録装置において用紙を収容する用紙収容部の呼称としては「カセット」、「トレイ」など種々のものがあるが、本明細書では装置本体に対して着脱可能な一つのユニット体全体を「カセット」と言い、このカセット内に設けられた複数の用紙収容部を「トレイ」と言うこととする。

0003

下段と上段のそれぞれのトレイは、用紙収容時に用紙先端の位置を規制する前方側内壁規制面)を備えている。この前方側内壁は、例えば特許文献2の図11に示されるように第1給紙トレイ下段トレイ)について傾斜状に形成されており、この傾斜状に形成された前方側内壁が用紙給送時の重送を防止するために分離手段として機能するよう構成されている。尚、特許文献2においては、第2給紙トレイ(上段トレイ)の前方側内壁について特段の言及は無い。

先行技術

0004

特開平2−231331号公報
特開2007−223758号公報

発明が解決しようとする課題

0005

下段トレイの前方側内壁については、上段トレイを収容する関係上、用紙収容枚数に対して高さ方向(用紙積重方向)に余裕があり、従って下段トレイに最大枚数の用紙を収容する場合でも、用紙収容時に用紙が送り出し方向に容易に飛び出すようなことがない。

0006

しかしながら上段トレイの前方側内壁については、用紙収容枚数に対して高さ方向(用紙積重方向)に余裕が無く、従って上段トレイに最大枚数の用紙を収容する場合には特に用紙が送り出し方向に飛び出し易く、用紙のセット状態乱れることから、上段トレイから用紙を送り出す際には重送が発生しやすい傾向があった。

0007

また、上段トレイが前方側内壁に分離斜面を持たず、下段トレイの分離斜面を利用する構成では、上段トレイの前方側内壁は滑り易く、上記飛び出しがより一層発生し易い。またエッジガイド用紙後端に突き当てた際に、用紙先端が前方側内壁を容易に滑り上がり、これにより用紙のセット状態が乱れ、重送が発生しやすい状態となる虞がある。

0008

そこで本発明はこのような状況に鑑みなされたものであり、その目的は、複数段式トレイ構造を備えた用紙カセットにおいて、上段側トレイに用紙が適切な状態で収容されるよう構成することで、ひいては上段側トレイから用紙を送り出す際の重送を防止することにある。

課題を解決するための手段

0009

上記課題を解決するために、本発明の第1の態様に係る被記録媒体カセットは、被記録媒体を収容する下段側トレイと、前記下段側トレイに対して被記録媒体の送り出し方向に沿ってスライド可能に設けられた、被記録媒体を収容する上段側トレイと、を備えた被記録媒体カセットであって、前記上段側トレイが前記送り出し方向に向けて最もスライドした突き当て位置にあるときに、前記上段側トレイに収容された被記録媒体の先端と係合しない状態に置かれ、前記上段側トレイに収容された被記録媒体の前記送り出し方向への移動を許容し、前記上段側トレイが前記突き当て位置から外れた位置にあるときに、前記上段側トレイに収容された被記録媒体の先端と係合可能な状態に置かれ、前記上段側トレイに収容された被記録媒体の前記送り出し方向への移動を阻止すべく機能するストッパー部を備えていることを特徴とする。

0010

本態様によれば、上段側トレイが送り出し方向に最もスライドした突き当て位置(即ち、上段側トレイの使用位置)から外れた場所にあるときに、上段側トレイに収容された被記録媒体の送り出し方向への移動を阻止すべく機能するストッパー部が設けられているので、被記録媒体の積重方向に前方側内壁の寸法的な余裕を確保し難い上段側トレイであっても、被記録媒体を収容する際に被記録媒体が容易に飛び出すことなく適切な状態で収容することができる。

0011

またエッジガイドを被記録媒体後端に突き当てた際においても、上記ストッパー部により、被記録媒体先端が上段側トレイの前方側内壁を容易に滑り上がることがなく、収容された被記録媒体を適切な位置に位置決めすることができる。

0012

本発明の第2の態様に係る被記録媒体カセットは、第1の態様において、前記下段側トレイの前記送り出し方向に位置する前方側内壁、及び前記上段側トレイの前記送り出し方向に位置する前方側内壁は、それぞれ被記録媒体の積重方向に対して開き角を形成する傾斜形状を成すとともに、前記上段側トレイが前記突き当て位置にあるときに互い違いに入り込むよう、それぞれ櫛歯状の形態を成しており、前記下段側トレイの前方側内壁において前記送り出し方向と直交する方向の少なくとも一部に、被記録媒体の分離を行う分離斜面が設けられ、前記上段側トレイが前記突き当て位置にあるときに、前記分離斜面が、前記上段側トレイの前方側内壁よりも当該上段側トレイに収容された被記録媒体先端の側に突出する構成を備えていることを特徴とする。

0013

本態様によれば、下段側トレイに設けられた分離斜面を、下段側トレイ及び上段側トレイの共通の分離手段として用いることができ、装置の低コスト化に資すことができる。また上段側トレイが前方側内壁に分離斜面を持たない構成においては、上述の通り上段側トレイにおいて被記録媒体のセット状態が乱れ易いが、上記第1の態様により、その様なセット状態の乱れを防止することができる。

0014

本発明の第3の態様に係る被記録媒体カセットは、第2の態様において、前記ストッパー部が、前記上段側トレイの前方側内壁において前記送り出し方向と直交する方向の少なくとも一部に設けられ、前記上段側トレイが前記突き当て位置にあるときに、前記分離斜面よりも前記上段側トレイに収容された被記録媒体先端から離れて位置することを特徴とする。

0015

本態様によれば、下段側トレイに設けられた分離斜面を、下段側トレイ及び上段側トレイの共通の分離手段として用いる構成において、上段側トレイに設けられたストッパー部が、上段側トレイが前記突き当て位置にあるときに、分離斜面よりも上段側トレイに収容された被記録媒体先端から離れて位置するので、上段側トレイからの被記録媒体の送り出しを阻害することがなく、また分離斜面による分離を阻害することもない。

0016

本発明の第4の態様に係る被記録媒体カセットは、第2または第3の態様において、前記上段側トレイの前方側内壁の傾斜が、前記下段側トレイの前方側内壁の傾斜に沿っていることを特徴とする。

0017

本態様によれば、上段側トレイの前方側内壁の傾斜が、下段側トレイの前方側内壁の傾斜に沿っているので、上段側トレイを突き当て位置に位置決めした際に、下段側トレイの分離斜面により形成される上段側トレイの被記録媒体収容部長さが、上段側トレイの上層部側と下層部側とで大きく異なることがなく、上段側トレイ内の被記録媒体に無理な湾曲姿勢などが形成されることを防止できる。

0018

本発明の第5の態様に係る被記録媒体カセットは、第2から第4の態様のいずれかにおいて、前記ストッパー部が、前記上段側トレイの前方側内壁の傾斜に沿って形成された凹凸形状により構成されていることを特徴とする。

0019

本態様によれば、ストッパー部が、上段側トレイの前方側内壁の傾斜に沿って形成された凹凸形状により構成されているので、前記ストッパー部を、構造簡単にして低コストに構成することができる。特に凹凸形状は樹脂成形により形成することができるので、より一層低コスト化に資すことができる。

0020

本発明の第6の態様に係る被記録媒体カセットは、第5の態様において、前記凹凸形状が、被記録媒体の積重方向に平行な面を備えた階段形状であることを特徴とする。
本態様によれば、前記凹凸形状が、被記録媒体の積重方向に平行な面を備えた階段形状であるので、被記録媒体の積重方向に平行な面により被記録媒体の送り出し方向への移動をより確実に防止できる。

0021

本発明の第7の態様に係る記録装置は、被記録媒体に記録を行う記録手段を備えた記録装置であって、第1から第6の態様のいずれかに係る被記録媒体カセットを着脱自在に備えていることを特徴とする。本態様によれば、記録装置において、上記第1から第6の態様のいずれかと同様な作用効果を得ることができる。

図面の簡単な説明

0022

本発明の一実施形態に係るプリンタの用紙搬送経路を示す側断面図。
本発明に係る用紙カセットの全体を示す斜視図。
本発明に係る用紙カセットの部分拡大図図2のa部拡大図)。
上段側トレイを用紙送り出し方向に最もスライドさせた突き当て位置からやや後退させた状態の斜視図。
(A)、(B)は本発明に係る用紙カセットの送り出し方向側の側断面図。
(A)は図5(A)のb部拡大図、(B)は図6(A)のc部拡大図、(C)、(D)は凹凸形状の他の実施形態を示す図。

実施例

0023

以下、図1乃至図6を参照しつつ本発明の一実施形態について説明する。図1は「記録装置」の一実施形態であるインクジェットプリンタ(以下「プリンタ」と言う)1の用紙搬送経路を示す側断面図、図2は本発明に係る用紙カセット100全体を示す斜視図、図3は用紙カセット100の部分拡大斜視図(図2のa部拡大図)、図4は上段側トレイ60を用紙送り出し方向に最もスライドさせた突き当て位置からやや後退させた状態の斜視図である。

0024

また図5は用紙カセット100の送り出し方向側の側断面図であり、(A)は上段側トレイ60を用紙送り出し方向に向けてスライドさせる途中の様子を、(B)は上段側トレイ60を用紙送り出し方向に最もスライドさせた突き当て位置にあるときの様子を示すものである。更に図6(A)は図5(A)のb部拡大図、図6(B)は図6(A)のc部拡大図、図6(C)、(D)はストッパー部64の他の実施形態を示す図である。

0025

尚、図1はプリンタ1の用紙搬送経路上に配置されるローラを図示する為に、ほぼ全てのローラを同一面上に描いているが、その奥行き方向(図1紙面表裏方向)の位置は必ずしも一致しているとは限らない(一致している場合もある)。

0026

以下、図1を参照しつつプリンタ1の全体構成について概説する。プリンタ1は、装置底部に給送装置2を備え、当該給送装置2から、「被記録媒体」の一例としての用紙(主として単票紙:以下「用紙P」と言う)を1枚ずつ給送し、記録手段4において記録(インクジェット記録)を行い、装置前方側(図1において右側)に設けられた図示しない排紙スタッカへ向けて排出される構成を備えている。

0027

以下、用紙搬送経路上の構成要素について更に詳説する。
給送装置2は、用紙カセット100と、ピックアップローラ16と、ガイドローラ20と、分離手段21と、を備えている。
複数枚の用紙Pを積層状態でセット可能な用紙カセット100は、給送装置2の装置本体に対し、装置前方側から装着及び取り外し可能であり、下部に位置する下段側トレイ50と、その上部に位置する上段側トレイ60と、の2つの用紙収容部を備えている。

0028

尚、図1においては、下段側トレイ50に収容される用紙を符号P1で、上段側トレイ60に収容される用紙を符号P2で、それぞれ示している(以下特に区別する必要がない場合は「用紙P」と言う)。これら下段側トレイ50及び上段側トレイ60の詳細については、後に説明する。

0029

図示しないモータによって回転駆動されるピックアップローラ16は、揺動軸18を中心に揺動する揺動部材17に設けられており、上段側トレイ60が最も後方図1において右方向)にスライドした状態では、下段側トレイ50に収容された用紙P1の最上位のものと接して回転することにより、当該最上位の用紙P1を下段側トレイ50から送り出す。

0030

また上段側トレイ60が最も前方(用紙送り出し方向:図1において左方向)にスライドした突き当て位置では、上段側トレイ60に収容された用紙P2の最上位のものと接して回転することにより、当該最上位の用紙P2を上段側トレイ60から送り出す。

0031

用紙送り出し時、下段側トレイ50にセットされた用紙P1の先端と対向する位置、或いは上段側トレイ60にセットされた用紙P2の先端と対向する位置には、摩擦分離材54が用紙積重方向に対し開き角を形成する(上方に拡開するように傾斜する)よう配置されており、ピックアップローラ16の回転により繰り出された用紙Pの先端が摩擦分離材54に摺接しつつ下流側に進むことで、次位以降の用紙Pとの予備的な分離が行われる。

0032

摩擦分離材54の下流側には自由回転可能なガイドローラ20が設けられ、このガイドローラ20の下流側には、分離ローラ22と駆動ローラ23とを備えて構成された分離手段21が設けられている。分離ローラ22は、外周面弾性材によって形成されるとともに駆動ローラ23と圧接可能に設けられ、且つ、トルクリミッタ機構により、所定の回転抵抗が与えられた状態に設けられている。従って重送されようとする次位以降の用紙Pが、当該分離ローラ22と駆動ローラ23との間で止められ、即ち重送が防止される様になっている。尚、駆動ローラ23は図示しないモータにより用紙Pを下流側へ送る方向に回転駆動される。

0033

分離手段21の近傍には、図示を省略する駆動手段により揺動軸13aを中心に揺動動作を行う戻しレバー13が配置されている。給送されるべき用紙Pの先端が分離ローラ22と駆動ローラ23との間を通過した後、この戻しレバー13が実線から破線(符号13’)で示すように揺動することにより、分離ローラ22と駆動ローラ23との間で滞留する次位以降の用紙Pが、用紙カセット100の側に戻される。

0034

分離手段21の下流側には、図示しないモータにより回転駆動される駆動ローラ26と、駆動ローラ26との間で用紙Pをニップして従動回転するアシストローラ27と、を備えて構成された第1中間送り部25が設けられており、この第1中間送り部25により、用紙Pが更に下流側へと送られる。

0035

プリンタ1は、図示するように用紙カセット100から繰り出した用紙Pをその進行方向が反対向きとなるように湾曲反転させる湾曲反転経路を備えており、第1中間送り部25の下流側には、用紙Pが湾曲反転経路を通過する際の(特に用紙後端が通過する際の)通紙負荷を軽減する従動ローラ29が設けられている。

0036

従動ローラ29の下流側には図示しないモータにより回転駆動される駆動ローラ32と、駆動ローラ32との間で用紙Pをニップして従動回転するアシストローラ33と、を備えて構成された第2中間送り部31が設けられており、この第2中間送り部31により、用紙Pが更に下流側へと送られる。

0037

第2中間送り部31の下流側には、記録手段4が配置されている。記録手段4は、搬送手段5と、記録ヘッド42と、紙案内前39と、排出手段6と、を備えている。尚、搬送手段5の上流側近傍には、用紙Pの通過を検出する用紙検出手段(図示せず)も設けられている。

0038

搬送手段5は、モータによって回転駆動される搬送駆動ローラ35と、該搬送駆動ローラ35に圧接して従動回転するよう紙案内上37に軸支される搬送従動ローラ36とを備えて構成されている。搬送手段5に到達した用紙Pは、搬送駆動ローラ35と搬送従動ローラ36とによってニップされた状態で搬送駆動ローラ35が回転することにより、下流側へと精密送りされる。

0039

続いて記録ヘッド42はキャリッジ40の底部に設けられ、当該キャリッジ40は主走査方向(図1の紙面表裏方向)に延びるキャリッジガイド軸41にガイドされながら、図示しない駆動モータによって主走査方向に往復動する様に駆動される。尚、キャリッジ40はインクカートリッジを搭載しない所謂オフキャリッジタイプであり、インクカートリッジ(図示せず)がキャリッジ40から独立して設けられ、インク供給チューブ(図示せず)を介してインクカートリッジから記録ヘッド42へとインクが供給されるように構成されている。

0040

記録ヘッド42と対向する位置には紙案内前39が設けられ、当該紙案内前39によって、用紙Pと記録ヘッド42との距離が規定されるようになっている。そして紙案内前39の下流側には、記録の行われた用紙Pを排出する排出手段6が設けられている。排出手段6は図示しないモータによって回転駆動される排出駆動ローラ44と、当該排出駆動ローラ44に接して従動回転する排出従動ローラ45とを備えて構成され、記録手段4によって記録の行われた用紙Pは、排出手段6により、装置前方側に設けられた図示を省略するスタッカへと排出される。

0041

以上がプリンタ1の概要であり、以下、図2図6及び適宜図1をも参照しながら用紙カセット100について詳説する。
下段側トレイ50は、その底面50aに、用紙送り方向(即ち、用紙長さ方向)にスライド可能なエッジガイド51(図1)を備えており、このエッジガイド51により後端エッジの位置が規制されるようになっている。尚、用紙送り方向と直交する方向(即ち、用紙幅方向)にスライド可能なエッジガイドも設けられており(図示せず)このエッジガイドにより、サイドエッジの位置が規制されるようになっている。

0042

また底面50aには、ピックアップローラ16と用紙P1との接触位置に対応する場所に高摩擦材53が配置されており(図4)、この高摩擦材53により、ピックアップローラ16による用紙送り出し時に用紙束ごと下流側に送られないよう、当該用紙束が保持される。

0043

下段側トレイ50において用紙送り出し方向の前方側内壁は、図3及び図4に示すように用紙幅方向(用紙送り方向と直交する方向)に沿って適宜の間隔で複数のリブ状体が配置されて成る櫛歯状部55と、用紙幅方向における位置がピックアップローラ16及び高摩擦材53の位置と一致する分離材保持部56と、により構成されている。

0044

櫛歯状部55は、用紙先端と対向する面55aが、底面50aから用紙積重方向に対して開き角を形成する様に斜め上方に延びる傾斜形状を成しているが、その途中で一旦用紙送り方向に略平行に延びた後、再び斜め上方に延びる段差形状を備えている。また分離材保持部56は、用紙先端と対向する面56aが、櫛歯状部55の傾斜形状と略同じ傾斜角を成す傾斜形状に形成されており、櫛歯状部55とは異なり段差形状は備えておらず、底面50aからほぼ真っ直ぐに斜め上方に延びている。

0045

分離材保持部56には、「分離斜面」を形成する摩擦分離材54が設けられており、用紙給送時に用紙先端が摩擦分離材54に摺接しながら下流側に進むことにより、次位以降の用紙との分離が行われるようになっている。

0046

一方、上段側トレイ60についても下段側トレイ50と同様に、その底面60aに、用紙長さ方向にスライド可能なエッジガイド61と、用紙幅方向にスライド可能なエッジガイド62と、を備えている。またピックアップローラ16と用紙P2との接触位置に対応する場所に高摩擦材63が配置されている。

0047

上段側トレイ60において用紙送り出し方向の前方側内壁は、用紙幅方向に沿って適宜の間隔で複数のリブ状体が配置されて成る第1櫛歯状部65及び第2櫛歯状部66により構成されている。

0048

第1櫛歯状部65及び第2櫛歯状部66は、上段側トレイ60が最も用紙送り出し方向にスライドした突き当て位置において、下段側トレイ50の櫛歯状部55及び分離材保持部56との間で互い違いに入り込む状態が形成されるよう、その用紙幅方向における位置が設定されている。特に第2櫛歯状部66は、図3に示すように分離材保持部56のちょうど両側に位置するように配置される。

0049

第1櫛歯状部65及び第2櫛歯状部66は、用紙先端と対向する面(それぞれ符号65a、64で示す)が、底面60aから用紙積重方向に対して開き角を形成する様に斜め上方に延びる傾斜形状を成しており、第1櫛歯状部65はその途中で傾斜角をやや急にして更に上方に延びるよう形成されている。

0050

以上のように構成された上段側トレイ60が突き当て位置に位置決めされた状態では、下段側トレイ50の摩擦分離材54が、図5(B)に示すように上段側トレイ60の前方側内壁(第1櫛歯状部65及び第2櫛歯状部66)よりも上段側トレイ60に収容された用紙先端側に突出し、これにより摩擦分離材54が上段側トレイ60から用紙が送り出される際の分離手段として利用されるようになっている。即ち、下段側トレイ50の摩擦分離材54が、下段側トレイ50と上段側トレイ60の共通の分離手段として利用される。

0051

ここで、上段側トレイ60の第1櫛歯状部65及び第2櫛歯状部66は、その傾斜形状が、下段側トレイ50の櫛歯状部55及び分離材保持部56の傾斜形状に沿うように設定されており、即ち傾斜角度がほぼ同じに設定されている。

0052

従ってこれにより、上段側トレイ60を突き当て位置に位置決めした際に、下段側トレイ50の摩擦分離材54により形成される上段側トレイ60の用紙収容長さ(図5(B)の左右方向)が、上段側トレイ60の上層部側と下層部側とで大きく異なることがなく、摩擦分離材54が上段側トレイ60内の用紙先端に強く突き当たって無理な湾曲姿勢などが形成されることを防止している。

0053

次に、上段側トレイ60の第2櫛歯状部66において、用紙先端と対向する面には、ストッパー部64が設けられている。このストッパー部64は、上段側トレイ60が突き当て位置から外れた場所に位置するときに、上段側トレイ60に収容される用紙の送り出し方向への移動を阻止するべく機能する。以下、このストッパー部64について詳説する。

0054

上段側トレイ60の前方側内壁(第1櫛歯状部65及び第2櫛歯状部66)は、下段側トレイ50の前方側内壁(櫛歯状部55及び分離材保持部56)に比して、用紙収容枚数に対して高さ方向(用紙積重方向)に余裕がない。従って仮にストッパー部64を備えない場合、上段側トレイ60に最大枚数の用紙を収容する場合には用紙が送り出し方向に飛び出し易く、これにより用紙セット状態が乱れ、その結果上段側トレイ60は下段側トレイ50に比して重送が発生し易い性質を有している。

0055

また上段側トレイ60の前方側内壁には分離手段が設けられていない為、仮にストッパー部64を備えない場合、これにより下段側トレイ50に比して上記飛び出しがより一層発生し易い。加えて用紙後端に対しエッジガイド51を突き当てた際にも、用紙先端が上段側トレイ60の前方側内壁を容易に滑り上がり易く、上段側トレイ60においては用紙セット位置にばらつきが生じ易い。

0056

しかしながら上段側トレイ60は、図6(A)、(B)に示すように上段側トレイ60の前方側内壁の傾斜に沿って形成された凹凸形状により構成されたストッパー部64を備えている。そして上段側トレイ60が突き当て位置から外れた場所にあるときは、図5(A)に示すように上段側トレイ60に収容された用紙先端と係合可能な場所に位置することとなる。

0057

従って上段側トレイ60への用紙収容の際に用紙が飛びだそうとしても、その先端がストッパー部64の上記凹凸形状と係合し、飛び出しが阻止される。またエッジガイド51を用紙後端に突き当てた際にも、ストッパー部64により、用紙先端が上段側トレイ60の前方側内壁を容易に滑り上がることがなく、適切なセット位置が維持される。以上により上段側トレイ60内に用紙を適切に収容することができ、ひいては重送を防止することができる。

0058

尚、ストッパー部64は、上段側トレイ60が用紙送り出し方向に最もスライドした突き当て位置にあるときは、図5(B)に示すように摩擦分離材64よりも上段側トレイ60に収容された用紙先端から離れて位置することとなる。従って上段側トレイ60からの用紙の送り出し時には、上段側トレイ60からの用紙の送り出しを許容し、また摩擦分離材54による用紙分離を阻害することもない。

0059

尚、ストッパー部64は、本実施形態においては図6(B)に示すように用紙積重方向(本実施形態では垂直方向)に平行な面を備えた階段形状により形成され、これにより用紙先端の前方側への移動を確実に防止するように構成されているが、ストッパー機能を発揮できる凹凸形状であればどのような形状であっても構わない。

0060

例えば図6(C)において符号64’で示すような凹凸形状であっても良いし、図6(D)において符号64’’で示すような凹凸形状であっても良い。また、凹凸形状にかえて、用紙先端との間で高い摩擦係数を発揮する高摩擦材を用いても良い。尚、図6(B)〜(C)に示すような凹凸形状を、第2櫛歯状部66と樹脂成形により一体的に形成することで、より一層の低コスト化を図ることができる。

0061

また、ストッパー部64が設けられる第2櫛歯状部66を上段側トレイ60において可動状態に設け、上段側トレイ60が上記突き当て位置にあるときに第2櫛歯状部66を上段側トレイ60に収容された用紙先端と係合しない場所に退避させ、また上段側トレイ60が上記突き当て位置から外れた位置にあるときに、上段側トレイ60に収容された用紙先端と係合可能な場所に配置するように構成することもできる。

0062

尚、本実施形態では、用紙カセット100を下段側トレイ50と上段側トレイ60とによる2段式構造としたが、これに限られるものではなく、上段側トレイ60の上部に更に上段トレイを設け、当該上段トレイに上記ストッパー部64と同等の機能をもつ手段を設けることも可能である。

0063

1インクジェットプリンタ、3給送装置、4 記録手段、5 搬送手段、6 排出手段、13 戻しレバー、16ピックアップローラ、17揺動部材、18揺動軸、20従動ローラ、21 分離手段、22分離ローラ、23駆動ローラ、25 第1中間送り部、26 駆動ローラ、27アシストローラ、29 従動ローラ、31 第2中間送り部、32 駆動ローラ、33 アシストローラ、35搬送駆動ローラ、36搬送従動ローラ、37紙案内上、39紙案内前、40キャリッジ、41キャリッジガイド軸、42記録ヘッド、44排出駆動ローラ、45排出従動ローラ、50下段側トレイ、50a 底面、51エッジガイド、53高摩擦材、54摩擦分離材、55櫛歯状部、56分離材保持部、60上段側トレイ、60a 底面、61、62 エッジガイド、63 高摩擦材、64ストッパー部、65 第1櫛歯状部、66 第2櫛歯状部、100 用紙カセット。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ