図面 (/)

技術 基板用端子

出願人 住友電装株式会社
発明者 野呂豊
出願日 2013年9月3日 (7年2ヶ月経過) 出願番号 2013-182329
公開日 2015年3月16日 (5年8ヶ月経過) 公開番号 2015-050117
状態 特許登録済
技術分野 雄雌型接触部材 嵌合装置及び印刷回路との接合
主要キーワード 引っ掛かり位置 連鎖状態 外部異物 キャリア部分 先端幅 突出端面 稜線部分 相手ハウジング
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2015年3月16日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (8)

課題

回路基板への挿入動作を円滑に進めることが可能な基板用端子を提供する。

解決手段

基板用端子10は、回路基板90の接続孔91に挿入されて、回路基板90に形成された導電部電気的に接続される。基板用端子10の接続孔91への挿入方向の先端部の外周面には、先端側へ向けて窄まるように傾斜する斜面17と、その斜面17の先端に切欠状段差なく連続してさらに先方へ突出する突出面21とが設けられ、接続孔91への挿入方向の最先端部が、突出面21で構成された突部19である。

概要

背景

特許文献1には、回路基板接続孔に挿入されて回路基板の導電部導電路)に半田付けにより接続される基板用端子が開示されている。この基板用端子の外周面には、接続孔への挿入方向の先端部に、先端へ向けて次第に窄まるテーパ面が設けられている。このため、基板用端子は、テーパ面によって回路基板の接続孔に円滑に挿入されるようになっている。

概要

回路基板への挿入動作を円滑に進めることが可能な基板用端子を提供する。基板用端子10は、回路基板90の接続孔91に挿入されて、回路基板90に形成された導電部と電気的に接続される。基板用端子10の接続孔91への挿入方向の先端部の外周面には、先端側へ向けて窄まるように傾斜する斜面17と、その斜面17の先端に切欠状段差なく連続してさらに先方へ突出する突出面21とが設けられ、接続孔91への挿入方向の最先端部が、突出面21で構成された突部19である。

目的

本発明は上記のような事情に基づいて完成されたものであって、回路基板の接続孔への挿入動作を円滑に進めることが可能な基板用端子を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

回路基板接続孔に挿入されて、前記回路基板に形成された導電部電気的に接続される基板用端子であって、前記接続孔への挿入方向の先端部の外周面には、先端側へ向けて窄まるように傾斜する斜面と、その斜面の先端に切欠状段差なく連続してさらに先方へ突出する突出面とが設けられ、前記接続孔への挿入方向の最先端部が、前記突出面を有する突部で構成されていることを特徴とする基板用端子。

請求項2

前記突出面が、前記接続孔への挿入方向に沿った平面とされていることを特徴とする請求項1記載の基板用端子。

請求項3

前記接続孔への挿入方向の先端部の、前記挿入方向と直交する断面が、四角形をなし、前記突部が、角柱状をなしていることを特徴とする請求項1又は2記載の基板用端子。

技術分野

0001

本発明は、回路基板に用いられる基板用端子に関する。

背景技術

0002

特許文献1には、回路基板の接続孔に挿入されて回路基板の導電部導電路)に半田付けにより接続される基板用端子が開示されている。この基板用端子の外周面には、接続孔への挿入方向の先端部に、先端へ向けて次第に窄まるテーパ面が設けられている。このため、基板用端子は、テーパ面によって回路基板の接続孔に円滑に挿入されるようになっている。

先行技術

0003

特開2009−230941号公報

発明が解決しようとする課題

0004

上記従来の基板用端子の場合、テーパ面が異物との干渉によって傷付くことがあった。仮に、テーパ面が傷付いて切欠状段差が生じると、基板用端子が回路基板の接続孔に挿入される際に、テーパ面の段差が回路基板に引っ掛かり、基板用端子の接続孔への挿入動作が円滑に進まないおそれがあった。

0005

本発明は上記のような事情に基づいて完成されたものであって、回路基板の接続孔への挿入動作を円滑に進めることが可能な基板用端子を提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0006

本発明は、回路基板の接続孔に挿入されて、前記回路基板に形成された導電部と電気的に接続される基板用端子であって、前記接続孔への挿入方向の先端部の外周面には、先端側へ向けて窄まるように傾斜する斜面と、その斜面の先端に切欠状の段差なく連続してさらに先方へ突出する突出面とが設けられ、前記接続孔への挿入方向の最先端部が、前記突出面を有する突部で構成されているところに特徴を有する。

発明の効果

0007

基板用端子は斜面に案内されて回路基板の接続孔に挿入される。この場合に、基板用端子の最先端部が突部で構成され、突部が斜面の先端から先方に突出する位置に配置されているため、斜面が突部で保護された状態となり傷付くのが防止される。とくに、突部の突出面が斜面の先端に切欠状の段差なく連続してさらに先方へ突出する形態とされるため、斜面ばかりでなく斜面と突出面との間にも切欠状の段差が生じることがなく、基板用端子が回路基板の接続孔に挿入される際に、回路基板に基板用端子が引っ掛かるのが確実に防止される。その結果、回路基板の接続孔に対する基板用端子の挿入動作を円滑に進めることができる。

図面の簡単な説明

0008

本発明の実施例1の基板用端子の部分拡大斜視図である。
回路基板の上方に配置された基板用コネクタの側面図である。
回路基板に取り付けられた基板用コネクタの側面図である。
基板用コネクタの正面図である。
連鎖状態にある基板用端子の展開図である。
比較例における他の基板用端子の部分拡大斜視図である。
回路基板の接続孔への挿入動作が規制される他の基板用端子の部分拡大側面図である。

実施例

0009

本発明の好ましい形態を以下に示す。
前記突出面が、前記接続孔への挿入方向に沿った平面とされている。これにより、基板用端子が回路基板の接続孔に挿入される際に、突部の突出面が回路基板と干渉するのが回避され、基板用端子の挿入動作の円滑性担保される。また、突部による斜面の保護機能も支障なく発揮される。

0010

前記接続孔への挿入方向の先端部の、前記挿入方向と直交する断面が、四角形をなし、前記突部が、角柱状をなしている。基板用端子の先端部の断面が四角形をなすため、基板用端子が平板から容易に製造される。一方、基板用端子の先端部の断面が四角形をなす場合には、四つの斜面間を仕切稜線部分が異物との干渉によって損傷し易いという事情がある。しかし、突部が角柱状をなすため、前記稜線部分も突部によって良好に保護され、斜面に加えて稜線部分も傷付くのが防止される。

0011

<実施例1>
本発明の実施例1を図1図5によって説明する。実施例1の基板用端子10は、基板用コネクタ60のコネクタハウジング61に装着された状態で、回路基板90の接続されるものであって、全体として細長い角柱状をなしている。なお、以下の説明において、上下方向については、図2図4の各図を基準とし、回路基板90の図示上面を表面とする。

0012

コネクタハウジング61は合成樹脂製であって、図3及び図4に示すように、前方に開口する角筒状のフード部62を備えている。フード部62の下面の後端部には、幅方向に一対の座部63が設けられている。コネクタハウジング61は、両座部63が回路基板90の表面に載せられた状態で、所定の固定手段を介して、回路基板90に取り付け固定される。

0013

基板用端子10は、導電性金属板図5に示す形状に打ち抜いた後、キャリア部分70から切り離され、曲げ加工等して一体に成形される。図2及び図3に示すように、基板用端子10は、前後方向に沿って延出する水平部11と、上下方向に沿って延出して水平部11の後端に連なる垂直部12とからなり、全体としてL字形屈曲する形態とされている。水平部11の延出方向の途中部分には、フード部62の奥壁を貫通してこの奥壁に装着されるハウジング装着部13が設けられている(図5を参照)。ハウジング装着部13の両側縁には、奥壁内に食い込むように張り出す係止突起14が設けられている。

0014

基板用端子10の水平部11のうち、ハウジング装着部13よりも前方の部分は、図4に示すように、フード部62内に突出して配置され、この部分に、図示しない相手端子金具接続可能な端子接続部15が設けられている。なお、相手端子金具は図示しない相手ハウジングに装着され、相手ハウジングがフード部62内に嵌合されるに伴い、相手端子金具が端子接続部15に接続されるようになっている。また、実施例1の場合、フード部62に装着される基板用端子10は、長さを異にする複数種で構成され、長さの短いものを内側にして、奥壁に上下に分かれて配置される。

0015

基板用端子10の垂直部12の下部には、図3に示すように、回路基板90の接続孔91に挿入されて、接続孔91の内周等に形成された導電部に半田付けにより接続される基板接続部16が設けられている。基板用端子10の垂直部12のうち、基板接続部16よりも下方となる下端部(先端部)には、その外周面に、先端へ向けて次第に窄むテーパ状の斜面17が設けられている。図1に示すように、斜面17は、基板用端子10の垂直部12の断面(接続孔91への挿入方向(上下方向)と直交する断面)が全体として四角形に形成されることに起因し、下端へ向けて次第に幅寸法を小さくする四面で構成され、隣接する面同士が稜線18を挟んで互いに直交して配置されている。

0016

また、図1に示すように、基板用端子10の垂直部12の最下部(最先端部)には、角柱状の突部19が突出して設けられている。突部19の突出量(上下寸法)は、斜面17の上下寸法よりも充分に小さくされている。そして、突部19は、斜面17の下端(窄まり端)と対応するよう、垂直部12の他の部分と相似断面四角形、詳細には断面正方形をなし、斜面17の下端と切欠状の段差なく連続する突出面21を有している。この場合に、突出面21は、接続孔91への挿入方向に延出する、斜面17の先端幅とほぼ同幅の平面とされ、上述の斜面17間を仕切る稜線18と連続する連続稜線22を有している。突出面21と斜面17とは互いに鈍角連なり、突部19の下端面突出端面)は、接続孔91への挿入方向と直交する方向に沿った平坦面23とされている。

0017

次に、回路基板90に対する基板用端子10の接続について説明する。
図2から図4にかけて示すように、回路基板90の表面に、基板用端子10を装着した状態のコネクタハウジング61が載せられる。この場合において、コネクタハウジング61が下降する過程では、まず基板用端子10の突部19が回路基板90の接続孔91に先行して挿入される。このとき、突部19が接続孔91の孔径よりも充分小さい径で構成されているため、回路基板90に突部19が引っ掛かるようなことはまずない。

0018

コネクタハウジング61がさらに下降すると、基板用端子10の突部19を最初として斜面17が回路基板90の接続孔91に挿入される。このとき、仮に、基板用端子10の垂直部12の軸心が接続孔91の中心から位置ずれしていても、回路基板90の表面における接続孔91の開口縁部に斜面17が摺動することで、接続孔91に垂直部12が円滑に挿入される。

0019

図3に示すように、コネクタハウジング61の両座部63が回路基板90の表面に当接する位置に至ると、突部19及び斜面17が回路基板90の裏面側に抜け出て、回路基板90の接続孔91に垂直部12の基板接続部16が挿入される。その状態で、半田付けがなされ、基板接続部16が回路基板90に固定されるとともに回路基板90の導電部に電気的に接続される。

0020

ところで、仮に、図6に示すように、突部19Aの突出面21Aと斜面17Aとの間に、切欠状の段差26が形成されている基板用端子10Aが用いられるとすると、図7に示すように、回路基板90の表面における接続孔91の開口縁部に段差26が引っ掛かり、その引っ掛かり位置で接続孔91に対する基板用端子10Aの挿入動作がいったん停止されるため、該挿入動作を円滑に進めることができない懸念がある。

0021

その点、実施例1の基板用端子10の場合、突部19の突出面21と斜面17とが切欠状の段差なく連続する形態になっているため、回路基板90の表面等に垂直部12の下端部が引っ掛かることがなく、基板用端子10の挿入動作を円滑に進めることができる。また、実施例1によれば、基板用端子10の最下端部に突部19が設けられ、この突部19が斜面17よりも下方に突出して配置されているため、斜面17が突部19によって外部異物から保護された状態に保たれる。よって、斜面17が外部異物との干渉に起因して傷付くのが防止される。その結果、斜面17の平面性が維持され、回路基板90の表面等に斜面17が引っ掛かることもない。

0022

さらに、突部19の突出面21が接続孔91への挿入方向に沿った平面とされるため、基板用端子10が回路基板90の接続孔91に挿入される際に、突部19の突出面21が回路基板90の表面等と干渉するおそれも少なく、基板用端子10の挿入動作の円滑性が担保される。また、突出面21が平面であれば、突部19による斜面17の保護機能も支障なく発揮される。

0023

さらにまた、基板用端子10の断面が四角形をなすため、基板用端子10が金属板から容易に製造される一方、四つの斜面17間を仕切る稜線18が異物との干渉によって損傷し易いという事情があるものの、実施例1によれば、稜線18と連続する連続稜線22を有する角柱状の突部19によって斜面17の稜線18が良好に保護された状態となり、斜面17に加えて稜線18の損傷も阻止される。

0024

<他の実施例>
本発明は上記記述及び図面によって説明した実施例1に限定されるものではなく、例えば次のような態様も本発明の技術的範囲に含まれる。
(1)基板用端子は、全体としてL字形に屈曲するのではなく一直線状に延びる形態であってもよい。
(2)斜面は、同一のテーパ角で傾斜する場合に限らず、曲面状に傾斜する形態であってもよい。

0025

10…基板用端子
11…水平部
12…垂直部
16…基板接続部
17…斜面
18…稜線
19…突部
21…突出面
22…連続稜線
60…基板用コネクタ
61…コネクタハウジング
90…回路基板
91…接続孔

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ