図面 (/)

この項目の情報は公開日時点(2015年3月16日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (7)

課題

累積灯油使用量と一日の灯油使用量を表示することができる温風暖房機を提供する。

解決手段

累積灯油使用量と一日の灯油使用量を記憶する記憶部33と、一日の灯油使用量を積算する積算部34と、記憶部33の累積灯油使用量に一日の灯油使用量を加算して新たな累積灯油使用量を算出する演算部35と、時刻を計時する計時部36と、機器本体1の制御を行う制御装置32とを備え、毎時間所定の時刻になると記憶部33の一日の灯油使用量のデータを書き換えると共に、毎日所定の時刻になると記憶部33の累積灯油使用量のデータを書き換えるので、使用者がなんら操作することなく自動的に一日の灯油使用量と累積灯油使用量のデータが更新されるものである。

概要

背景

従来、この種のものにおいては、電磁ポンプによって燃焼部へ供給された灯油の量の積算値を記憶し、その積算値を表示させることができるようにしたものがあった。(例えば特許文献1参照)

概要

累積灯油使用量と一日の灯油使用量を表示することができる温風暖房機を提供する。 累積灯油使用量と一日の灯油使用量を記憶する記憶部33と、一日の灯油使用量を積算する積算部34と、記憶部33の累積灯油使用量に一日の灯油使用量を加算して新たな累積灯油使用量を算出する演算部35と、時刻を計時する計時部36と、機器本体1の制御を行う制御装置32とを備え、毎時間所定の時刻になると記憶部33の一日の灯油使用量のデータを書き換えると共に、毎日所定の時刻になると記憶部33の累積灯油使用量のデータを書き換えるので、使用者がなんら操作することなく自動的に一日の灯油使用量と累積灯油使用量のデータが更新されるものである。

目的

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

燃焼を行うバーナ部と、このバーナ部に燃料を送油する電磁ポンプと、累積灯油使用量と一日の灯油使用量を記憶する記憶部と、一日の灯油使用量を積算する積算部と、前記記憶部の累積灯油使用量に一日の灯油使用量を加算して新たな累積灯油使用量を算出する演算部と、時刻を計時する計時部と、累積灯油使用量、一日の灯油使用量を表示する数字表示部と、累積灯油使用量、一日の灯油使用量を表示させる使用量表示スイッチと、機器本体の制御を行う制御装置とを備えた温風暖房機に於いて、前記制御装置は、毎時間所定の時刻になると記憶部の一日の灯油使用量のデータを書き換えると共に、毎日所定の時刻になると記憶部の累積灯油使用量のデータを書き換えることを特徴とする温風暖房機。

請求項2

前記制御装置は、機器本体への通電状態ON状態からOFFに状態になった時、記憶部の累積灯油使用量と一日の灯油使用量のデータの更新及びリセットと、積算部で積算されている一日の灯油使用量のリセットを行うことを特徴とする請求項1記載の温風暖房機。

技術分野

0001

この発明は、温風を吹き出して室内を暖房する温風暖房機に関するものである。

背景技術

0002

従来、この種のものにおいては、電磁ポンプによって燃焼部へ供給された灯油の量の積算値を記憶し、その積算値を表示させることができるようにしたものがあった。(例えば特許文献1参照)

先行技術

0003

特開2005−140468号公報

発明が解決しようとする課題

0004

ところで、この従来のものでは、表示する灯油使用量が累積使用量のみで、例えば累積使用量と一日の使用量のようにいくつかの灯油使用量を表示することが出来なかった。

0005

又、この従来のものでは、使用者スイッチ操作によって初期化できる灯油使用量の積算値と使用者のスイッチ操作では初期化できない灯油使用量の積算値とを記憶し、EEPROM等の不揮発性メモリーにも記憶することによって、電源が断たれても積算値が保持されるようにしたものであるが、使用者によって記憶する全ての灯油使用量を初期化して使用者の希望するタイミングから灯油使用量を積算して記憶することが出来なかった。

課題を解決するための手段

0006

上記課題を解決するために、本発明の請求項1では、燃焼を行うバーナ部と、このバーナ部に燃料を送油する電磁ポンプと、累積灯油使用量と一日の灯油使用量を記憶する記憶部と、一日の灯油使用量を積算する積算部と、前記記憶部の累積灯油使用量に一日の灯油使用量を加算して新たな累積灯油使用量を算出する演算部と、時刻を計時する計時部と、累積灯油使用量、一日の灯油使用量を表示する数字表示部と、累積灯油使用量、一日の灯油使用量を表示させる使用量表示スイッチと、機器本体の制御を行う制御装置とを備えた温風暖房機に於いて、前記制御装置は、毎時間所定の時刻になると記憶部の一日の灯油使用量のデータを書き換えると共に、毎日所定の時刻になると記憶部の累積灯油使用量のデータを書き換えるものである。

0007

また、請求項2では、前記制御装置は、機器本体への通電状態ON状態からOFFに状態になった時、記憶部の累積灯油使用量と一日の灯油使用量のデータの更新及びリセットと、積算部で積算されている一日の灯油使用量のリセットを行うものである。

発明の効果

0008

この発明の請求項1によれば、一日の灯油使用量と累積灯油使用量とを記憶部に記憶し、毎時間所定の時刻になると記憶部の一日の灯油使用量のデータを書き換えると共に、毎日所定の時刻になると記憶部の累積灯油使用量のデータを書き換えるので、使用者がなんら操作することなく自動的に一日の灯油使用量と累積灯油使用量のデータが更新されるものである。

0009

また、請求項2によれば、機器本体への通電状態がON状態からOFFに状態になった時、記憶部の累積灯油使用量と一日の灯油使用量のデータの更新及びリセットと、積算部で積算されている一日の灯油使用量のリセットを行うので、停電電源コンセントを抜いた時でも、それまでの積算部で積算されている一日の灯油使用量が記憶部の累積灯油使用量に加算され、その時点での累積灯油使用量を正確に記憶することができるものである。

0010

又、機器本体への通電状態がON状態からOFFに状態になった時、記憶部と積算部の一日の灯油使用量がリセットされることにより、一日の灯油使用量が重複して累積灯油使用量に加算されるのを防止できるものである。

図面の簡単な説明

0011

この発明の一実施形態の外観斜視図。
同断面図。
同燃焼系の構成図。
同操作部の正面図。
制御系の構成図。
データ更新時の作動を示すフローチャート図。

実施例

0012

次に、この発明の一実施形態における温風暖房機を図に基づいて説明する。
1は温風暖房機本体で、2は前面上部に備えられた操作部、3は温風を案内するルーバ4が取り付けられた温風吹出口、5は背面の温風取入口6にファンガード7を介して取り付けられた対流ファン、8は前記温風取入口6と温風吹出口3とを連通する送風ボックス、9は前記送風ボックス8内にバーナヘッド10を突出して設けられたバーナ部、11は前記バーナヘッド10を囲堯して燃焼空間を形成する燃焼筒、12は前記送風ボックス8内で前記燃焼筒11の真上に配設された遮熱板である。

0013

前記機器本体1の外装体は、前面を覆う前パネル13と、上面を覆う上面板14と、側面及び背面を覆う背面板15とを置き台16の上に固定して構成されている。

0014

17は灯油などの液体燃料を供給するカートリッジ式タンク、18はこのカートリッジ式タンク17からの燃料を一時的に溜め置く固定タンク、19は固定タンク18内の燃料量が所定量以下になるとオンするフロートスイッチ、20は固定タンク18内の燃料を送油管21及び送油ノズル22を介してバーナ部9へ圧送する電磁ポンプ、23は燃焼用空気送風管24を介して送風する燃焼ファンである。

0015

25は液体燃料を気化する気化器、26は前記気化器25を燃料が気化可能な温度まで加熱する気化ヒータ、27は前記気化器25の温度を検知する気化温度センサ、28はバーナヘッド8の外周に設けられた炎孔網、29は燃焼熱を気化器25へ回収する熱回収リング、30は気化ガススパーク放電して点火する点火器、31は炎の状態を監視するフレームロッドである。

0016

32はこの機器本体1の制御を行う制御装置であって、マイコン(図示せず)を中心に構成され、EEPROM等の不揮発性メモリーからなり、累積灯油使用量と一日の灯油使用量を記憶する記憶部33と、一日の灯油使用量を積算する積算部34と、前記記憶部33の累積灯油使用量に一日の灯油使用量を加算して新たな累積灯油使用量を算出する演算部35と、時刻を計時する計時部36と、停電時や機器本体1の電源がOFFされた時に前記記憶部33及び演算部35と計時部36とに電源を供給する蓄電部37とを備えたものである。

0017

38は前記操作部2に設けられた操作部基盤で、操作部2に設けられた各種スイッチや表示ランプがこの操作部基盤38を介して前記制御装置32に接続されており、前記操作部2には機器の自動運転/停止を指示する運転スイッチ39と、運転開始からの時間をカウントして所定時間(3時間)経過すると自動消火させる消し忘れタイマー手段(図示せず)のカウント時間をリセットして再度所定時間(3時間)のカウントを開始させる延長スイッチ40と、運転スイッチ39に近接して設けられた自動運転ランプ41と、室温や設定温度、時刻、累積灯油使用量、一日の灯油使用量を表示する数字表示部42と、給油、累積灯油使用量、一日の灯油使用量という文字を表示する給油文字表示部43と、累積灯油使用量、一日の灯油使用量を表示させる使用量表示スイッチ44と、各スイッチの操作時や何等かの警告時に音を発するブザー45とが設けられており、前記数字表示部42と給油文字表示部43は液晶表示器46に設けられているものである。

0018

前記使用量表示スイッチ44は、ON操作する毎に給油文字表示部43に累積灯油使用量と一日の灯油使用量を交互に表示させると共に、ON操作した際、そのまま所定時間長押しすると、その時累積灯油使用量が表示されていれば記憶部33の累積灯油使用量のデータをリセットしてゼロにし、又、長押しした時、一日の灯油使用量が表示されていれば、記憶部33と積算部34との一日の灯油使用量のデータをリセットしてゼロにすることが出来るものである。

0019

47は操作部2と温風吹出口3との間の中央部に設けられたカラー表示器で、発光部基盤48に赤色LED49と緑色LED50を3個ずつ環状交互に配置して赤色及び緑色の二色に発光する発光部51と、この発光部51の光を周囲に拡散する拡散レンズ52とにより構成されており、運転中は視覚的に後退作用のある後退色の緑色に点灯し、且つ自動消火の一定時間前より緑色で点滅することにより消火予告し、また残り燃料量が所定量以下となり消火する際には視覚的に進出作用のある進出色である赤色に点灯・点滅することで、より目に付きやすい色にて使用者に給油を促すものである。

0020

次に、本実施例の作動について説明する。
まず、運転スイッチ39がON操作されると、制御装置32は気化器25の気化ヒータ26に通電を開始し、気化温度センサ27が気化器25の温度が燃料が気化可能な温度まで上昇したのを検知すると、制御装置32は電磁ポンプ20を駆動して気化器25に燃料を供給すると共に、燃焼ファン23を駆動して気化器25に燃焼用空気を送風するものである。

0021

この時、制御装置32から電磁ポンプ20に駆動パルス電流が出力され、電磁ポンプ20内に設けたフロートが駆動パルス電流の1パルス毎に一回上下動し、それにより駆動パルスの1パルス毎に所定量の燃料が気化器25に供給されるものである。
又、制御装置32はし、電磁ポンプ20に出力する駆動パルス電流のパルス数を検知することで灯油の使用量を算出することができるものである。

0022

そして気化器25内で気化した燃料と燃焼用空気が混合して気化ガスが生成され、この気化ガスを点火器30にて着火することにより燃焼が開始されるものである。
そしてこの燃焼ガスに対流ファン5からの空気が混合されて温風吹出口3から温風として吹き出すことにより暖房運転が行われるものである。

0023

次に、本実施例の灯油使用量の演算、記憶、表示制御について図6のフローチャートに基づいて説明する。
まず、制御装置32は、計時部36の計時する時刻が累積灯油使用量の積算値データ更新時刻の午前12時であるかを確認する。(S1)

0024

そして(S1)で計時部36の計時する時刻が累積灯油使用量の積算値データ更新時刻の午前12時である時、制御装置32は累積灯油使用量の積算値のデータ更新を開始する。(S2)

0025

まず、制御装置32は、記憶部33に記憶されている累積灯油使用量の積算値のデータを読み出して演算部35に入力し(S3)、次に積算部34で積算されている一日の灯油使用量の積算値のデータを読み出して演算部35に入力し、該演算部35は入力された累積灯油使用量の積算値に入力された一日の灯油使用量の積算値を加算して、更新された累積灯油使用量の積算値を算出する。(S4)

0026

そして次に制御装置32は、記憶部33に記憶されている累積灯油使用量の積算値のデータを、更新された累積灯油使用量の積算値のデータに書き換え(S5)、更に、記憶部33に記憶されている一日の灯油使用量の積算値のデータをゼロに書き換えるものである。(S6)

0027

更に制御装置32は、積算部34で積算されている一日の灯油使用量の積算値のデータをゼロに書き換え(S7)、これにより累積灯油使用量の積算値のデータ更新を終了するものである。(S8)

0028

そして次に制御装置32は、機器本体1への通電状態がON状態からOFFに状態になったかを判断し(S9)、機器本体1への通電状態がON状態からOFFに状態になった場合は(S2)に戻り、機器本体1への通電状態がON状態からOFFに状態にならなかった場合は次に機器本体1が運転中かを判断し(S10)、運転中でない場合は(S1)に戻り、運転中の場合は積算部34の一日の灯油使用量の積算を継続して(S11)、(S1)に戻るものである。

0029

又、(S1)で計時部36の計時する時刻が累積灯油使用量の積算値データ更新時刻の午前12時ではない時、次に制御装置32は計時部36の計時する時刻が一日の灯油使用量の積算値データ更新時刻の毎時0分であるかを確認する。(S12)

0030

そして(S12)で計時部36の計時する時刻が一日の灯油使用量の積算値データ更新時刻の毎時0分ではない時、(S9)に戻り、又、(S12)で計時部36の計時する時刻が一日の灯油使用量の積算値データ更新時刻の毎時0分である時、制御装置32は一日の灯油使用量の積算値のデータ更新を開始する。(S13)

0031

まず、制御装置32は、積算部34で積算されている一日の灯油使用量の積算値のデータを読み出して、次に記憶部33に記憶されている一日の灯油使用量の積算値のデータを、その読み出した一日の灯油使用量の積算値のデータに書き換え(S14)、それにより一日の灯油使用量の積算値のデータ更新を終了して(S15)、(S9)に戻るものである。

0032

尚、本実施例では(S9)で機器本体1への通電状態がON状態からOFFに状態になった時、記憶部33の累積灯油使用量と一日の灯油使用量のデータの更新及びリセットと、及び積算部34で積算されている一日の灯油使用量のリセットを行うがこれに限定されず、機器本体1への通電状態がON状態からOFFに状態になって更に再度ON状態になった時に記憶部33の累積灯油使用量と一日の灯油使用量のデータの更新及びリセットと、及び積算部34で積算されている一日の灯油使用量のリセットを行ってもよいものである。

0033

以上のように、一日の灯油使用量と累積灯油使用量とを記憶部33に記憶し、毎時間所定の時刻になると記憶部33の一日の灯油使用量のデータを書き換えると共に、毎日所定の時刻になると記憶部33の累積灯油使用量のデータを書き換えるので、使用者がなんら操作することなく自動的に一日の灯油使用量と累積灯油使用量のデータが更新されるものである。

0034

又、機器本体1への通電状態がON状態からOFFに状態になった時、記憶部33の累積灯油使用量と一日の灯油使用量のデータの更新及びリセットと、積算部34で積算されている一日の灯油使用量のリセットを行うので、停電や電源コンセントを抜いた時でも、それまでの積算部34で積算されている一日の灯油使用量が記憶部33の累積灯油使用量に加算され、その時点での累積灯油使用量を正確に記憶することができるものである。

0035

又、機器本体1への通電状態がON状態からOFFに状態になった時、記憶部33と積算部34の一日の灯油使用量がリセットされることにより、一日の灯油使用量が重複して累積灯油使用量に加算されるのを防止できるものである。

0036

1機器本体
9バーナ部
20電磁ポンプ
32制御装置
33 記憶部
34 積算部
35演算部
36 計時部
42数字表示部
44使用量表示スイッチ

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • ダイハツディーゼル株式会社の「 エンジン用燃料供給装置」が 公開されました。( 2019/05/16)

    【課題】排ガス中の未燃ガス成分を低減できると共に、メタンリッチガスで運転する場合に比べて、より低負荷域でエンジンを運転でき、エンジンの運転可能負荷範囲を広げることができるエンジン用燃料供給装置を提供す... 詳細

  • アズビル株式会社の「 燃焼システム」が 公開されました。( 2019/05/09)

    【課題】電力モニタ用の機器やガス流量モニタ用の機器などを設置することなく、簡単にエネルギーの使用量を把握する。【解決手段】燃焼シーケンス時間帯特定部2−3によって各燃焼シーケンスの時間帯を特定する。単... 詳細

  • 三菱日立パワーシステムズ株式会社の「 ガス供給システム及びガス遮断方法」が 公開されました。( 2019/05/09)

    【課題】水封弁によるガスの供給停止によって、ガスの供給先において不具合が発生することを防止し、安全性を確保することを目的とする。【解決手段】ガス供給システムは、回転軸24周りに回動して管路の開口部4c... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ