図面 (/)

技術 ヘルメット

出願人 株式会社マモリス
発明者 川井貴幸
出願日 2013年9月3日 (6年10ヶ月経過) 出願番号 2013-182630
公開日 2015年3月16日 (5年3ヶ月経過) 公開番号 2015-048560
状態 特許登録済
技術分野 ヘルメット、外
主要キーワード 上方斜視図 防災頭巾 保護能力 落下物 前傾姿勢 ヘルメット 背もたれ 着用者
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2015年3月16日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (8)

課題

ヘルメット保護範囲をより広くすると共に、非常時にすぐさま使用できるように保管する。

解決手段

頭部だけでなく首から背中にかけての部位も保護するため後部を延長したヘルメット1を、平常時には椅子背もたれとして使用可能にするため、支持軸4及び留め具5によって、着脱自在に座面3に固定する。

概要

背景

従来のヘルメットは、頭部への落下物による衝撃を軽減することなどを目的に開発されている。その多くは半球状の樹脂製であり、多くの場合はなどに保管されている。

従来の防災頭巾も、ヘルメットと同様の機能であるが、多くは布製であり、衝撃からの保護能力ではヘルメットに劣る。多くの場合は椅子などの背もたれに装着して保管されている。

概要

ヘルメットの保護範囲をより広くすると共に、非常時にすぐさま使用できるように保管する。頭部だけでなく首から背中にかけての部位も保護するため後部を延長したヘルメット1を、平常時には椅子の背もたれとして使用可能にするため、支持軸4及び留め具5によって、着脱自在に座面3に固定する。

目的

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

頭部だけでなく首から背中にかけての部位も保護ができ、保管時には椅子背もたれとして使用できることを特徴としたヘルメット

技術分野

0001

本発明はヘルメット保護範囲をより広くすると共に、非常時にすぐさま使用できるように保管するためのものである。

背景技術

0002

従来のヘルメットは、頭部への落下物による衝撃を軽減することなどを目的に開発されている。その多くは半球状の樹脂製であり、多くの場合はなどに保管されている。

0003

従来の防災頭巾も、ヘルメットと同様の機能であるが、多くは布製であり、衝撃からの保護能力ではヘルメットに劣る。多くの場合は椅子などの背もたれに装着して保管されている。

発明が解決しようとする課題

0004

従来のヘルメットは保護範囲が小さく、特に前傾姿勢になった時などに、頭部以外への衝撃を防ぐことができなかった。また、その大きさや形状から、非常時にすぐさま使用できる場所に保管することは難しかった。

0005

一方で、椅子などの背もたれに装着して保管する防災頭巾は、非常時にすぐさま使用できるが、その多くは布製であり、落下物などに対して十分な保護能力を確保することが難しかった。

課題を解決するための手段

0006

本発明は、頭部だけでなく首から背中にかけての部位も保護するため後部を延長し、かつ、非常時にすぐに使用できるように、保管時には椅子の背もたれとして使用できることを主要な特徴とする。

発明の効果

0007

本発明のヘルメットは後部が延長されているため、前傾姿勢で避難しても頭部だけでなく首から背中にかけての部位も保護できる。また、本発明のヘルメットは平常時は椅子の背もたれとして使用可能であるため、非常時にすぐさま使用できる状態で保管できる。

発明を実施するための最良の形態

0008

頭部だけでなく首から背中にかけての部位も保護する機能を持ち、平常時は椅子の背もたれとして使用可能なヘルメットを実現するため、後部を延長したヘルメットと、そのヘルメットを着脱自在に固定する機構を備えた座面とで構成し、平常時は椅子として利用できるようにした。

図面の簡単な説明

0009

本発明の側面図であり、平常時に椅子として使用している状態を示すものである。
本発明の正面図であり、平常時に椅子として使用している状態を示すものである。
本発明の平面図であり、平常時に椅子として使用している状態を示すものである。
本発明の上方斜視図であり、平常時に椅子として使用している状態を示すものである。
本発明の下方斜視図であり、平常時に椅子として使用している状態を示すものである。
本発明の側面図であり、非常時にヘルメットを取り外している途中の状態を示すものである。
本発明の側面図であり、非常時にヘルメットを着用した状態を示すものである。

0010

1ヘルメット
2平常時には椅子の背もたれとして使用可能な、ヘルメットの延長された後部
3 座面
4 ヘルメットを座面に着脱自在に固定する、支持軸
5 ヘルメットを座面に着脱自在に固定する、留め具
6 脚
7 ヘルメットの着用者

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • ミドリ安全株式会社の「 保護帽」が 公開されました。( 2020/04/30)

    【課題】外部からの衝撃に対する応力集中を緩和する保護帽を提供する。【解決手段】 本発明の保護帽1は、着用者の頭部を覆う帽体2と、帽体2の内側に着脱可能に装着された合成樹脂製の防護パッド3と、防護パッ... 詳細

  • 加賀産業株式会社の「 ヘルメット」が 公開されました。( 2020/04/23)

    【課題】従来のヘルメットは、例えば、帽体と、ハンモックブラケットによって帽体内に取り付けられたハンモックと、耳紐ブラケットによってハンモックブラケットに取り付けられた耳紐とを有しており、部品点数が多か... 詳細

  • 株式会社クラフトの「 柔らかい外殻に覆われたヘルメット」が 公開されました。( 2020/04/23)

    【課題】硬質素材のシェル層外面に、柔軟素材のダイラタント特性保護部位シェルとダイラタント特性保護シートシェルを設けることで、最初の衝撃を吸収出来、衝撃全体が著しく軽減する事で、脳震盪を減らすと共に、衝... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ