図面 (/)

技術 遊技設備機器、遊技設備機器の初期化方法および遊技設備機器の初期化プログラム

出願人 富士電機株式会社
発明者 長島隆一棚沢孝志
出願日 2013年8月19日 (6年10ヶ月経過) 出願番号 2013-169919
公開日 2015年2月26日 (5年4ヶ月経過) 公開番号 2015-037503
状態 特許登録済
技術分野 弾球遊技機(パチンコ等)
主要キーワード C言語 データ初期化 消灯処理 電源オフ信号 通過検出センサ 電源オン信号 電源オン処理 高水準言語
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2015年2月26日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (7)

課題

基本ソフトウェア連携して動作するアプリケーションを用いる場合であっても、電源の入切動作が行われたときになるべく早期に利用可能な状態に到達させる。

解決手段

基本ソフトウェアと連携して動作するアプリケーションを用いて一部の機能に関する処理を制御する機能制御部と、外部から供給される電源のオンおよびオフをそれぞれ指示する信号の入力を受け付ける電源スイッチと、を備え、機能制御部は、電源スイッチが所定の時間範囲内に電源のオフを指示する信号の入力を受け付けた累積回数に応じて、一部の機能に関連するデータの初期化、データの初期化を含むアプリケーションの初期化、ならびにデータおよびアプリケーションの初期化を含む基本ソフトウェアの初期化、のいずれかを実行する初期化部を有し、初期化部は、累積回数が1だけ小さい値を有する場合に実行した初期化と比較して処理負荷が同等または大きい初期化を実行する。

概要

背景

従来、遊技設備において、パチンコ台パチスロマシン等の遊技台周辺に設けられる遊技設備機器は、その機器の種類に応じたセンサ機能モータ駆動機能、操作機能表示機能通信機能などを有している。このような遊技設備機器として、例えばパチンコ玉の数を計数する玉計数機メダルの数を計数するメダル計数機金銭両替を行う両替機、パチンコ玉の玉貸しを行う玉貸機、パチンコ玉やメダルを購入するためのプリペイドカード販売するカード券売機などが知られている(例えば、非特許文献1を参照)。

遊技設備機器に搭載されるアプリケーションソフトウェア(以下、単にアプリケーションという)は、C言語等の高水準言語によって記述されたプログラムにしたがって、OS(Operating System)と連携することなくハードウェアを制御するのが一般的である。

概要

基本ソフトウェアと連携して動作するアプリケーションを用いる場合であっても、電源の入切動作が行われたときになるべく早期に利用可能な状態に到達させる。基本ソフトウェアと連携して動作するアプリケーションを用いて一部の機能に関する処理を制御する機能制御部と、外部から供給される電源のオンおよびオフをそれぞれ指示する信号の入力を受け付ける電源スイッチと、を備え、機能制御部は、電源スイッチが所定の時間範囲内に電源のオフを指示する信号の入力を受け付けた累積回数に応じて、一部の機能に関連するデータの初期化、データの初期化を含むアプリケーションの初期化、ならびにデータおよびアプリケーションの初期化を含む基本ソフトウェアの初期化、のいずれかを実行する初期化部を有し、初期化部は、累積回数が1だけ小さい値を有する場合に実行した初期化と比較して処理負荷が同等または大きい初期化を実行する。

目的

本発明は、上記に鑑みてなされたものであって、基本ソフトウェアと連携して動作するアプリケーションを用いる場合であっても、電源の入切動作が行われたときになるべく早期に利用可能な状態に到達させることができる遊技設備機器、遊技設備機器の初期化方法および遊技設備機器の初期化プログラムを提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

遊技設備に設けられる遊技設備機器であって、基本ソフトウェア連携して動作するアプリケーションを用いて当該遊技設備機器が有する機能のうち一部の機能に関する処理を制御する機能制御部と、外部から供給される電源オンおよびオフをそれぞれ指示する信号の入力を受け付ける電源スイッチと、を備え、前記機能制御部は、前記電源スイッチが所定の時間範囲内に前記電源のオフを指示する信号の入力を受け付けた累積回数に応じて、前記一部の機能に関連するデータの初期化、前記データの初期化を含む前記アプリケーションの初期化、ならびに前記データおよび前記アプリケーションの初期化を含む前記基本ソフトウェアの初期化、のいずれかを実行する初期化部を有し、前記初期化部は、前記累積回数が1だけ小さい値を有する場合に実行した初期化と比較して処理負荷が同等または大きい初期化を実行することを特徴とする遊技設備機器。

請求項2

外部から情報の入力を受け付ける入力部と、画像を含む情報を表示可能な表示部と、をさらに備え、前記一部の機能は、前記入力部および前記表示部がそれぞれ有する機能を含むことを特徴とする請求項1に記載の遊技設備機器。

請求項3

前記機能制御部は、当該遊技設備機器の異常の有無を定期的に診断する診断部をさらに有し、前記初期化部は、前記診断部による最新の診断結果をさらに参照することによって、前記データの初期化、前記データの初期化を含む前記アプリケーションの初期化、ならびに前記データおよび前記アプリケーションの初期化を含む前記基本ソフトウェアの初期化、のいずれかを実行することを特徴とする請求項1または2に記載の遊技設備機器。

請求項4

前記診断部は、前記異常の程度を複数の段階に分けて診断可能であり、前記初期化部は、前記累積回数と前記診断部の診断結果との組合せに基づいて、前記データの初期化、前記データの初期化を含む前記アプリケーションの初期化、ならびに前記データおよび前記アプリケーションの初期化を含む前記基本ソフトウェアの初期化、のいずれかを実行することを特徴とする請求項3に記載の遊技設備機器。

請求項5

前記初期化部は、少なくとも前記累積回数が1であり、かつ最も程度が低い異常がある場合、処理負荷が最小の初期化を実行し、少なくとも前記累積回数が所定値に達している場合、または最も程度が高い異常がある場合、処理負荷が最大の初期化を実行することを特徴とする請求項4に記載の遊技設備機器。

請求項6

基本ソフトウェアと連携せずに動作するアプリケーションを用いて当該遊技設備機器が有する機能のうち前記一部の機能と異なる機能に関する処理を制御し、前記機能制御部と通信可能に接続される別機能制御部と、前記機能制御部の制御のもとで前記異なる機能に関連する情報を表示可能な表示部と、をさらに備えたことを特徴とする請求項1〜5のいずれか一項に記載の遊技設備機器。

請求項7

遊技設備に設けられ、基本ソフトウェアと連携して動作するアプリケーションを用いて一部の機能に関する処理を制御する遊技設備機器が、電源のオフを指示する信号の入力を受け付けた場合に行う遊技設備機器の初期化方法であって、所定の時間範囲内に前記電源のオフを指示する信号の入力を受け付けた累積回数を記憶する記憶部から該累積回数を読み出し、該累積回数に応じて、前記一部の機能に関連するデータの初期化、前記データの初期化を含む前記アプリケーションの初期化、ならびに前記データおよび前記アプリケーションの初期化を含む前記基本ソフトウェアの初期化、のいずれかを実行する初期化ステップ、を有し、前記初期化ステップは、前記累積回数が1だけ小さい値を有する場合に実行した初期化と比較して処理負荷が同等または大きい初期化を実行することを特徴とする遊技設備機器の初期化方法。

請求項8

遊技設備に設けられ、基本ソフトウェアと連携して動作するアプリケーションを用いて一部の機能に関する処理を制御する遊技設備機器に、電源のオフを指示する信号の入力を受け付けた場合、所定の時間範囲内に前記電源のオフを指示する信号の入力を受け付けた累積回数を記憶する記憶部から該累積回数を読み出し、該累積回数に応じて、前記一部の機能に関連するデータの初期化、前記データの初期化を含む前記アプリケーションの初期化、ならびに前記データおよび前記アプリケーションの初期化を含む前記基本ソフトウェアの初期化、のいずれかを実行する初期化ステップ、を実行させ、前記初期化ステップは、前記累積回数が1だけ小さい値を有する場合に実行した初期化と比較して処理負荷が同等または大きい初期化を実行することを特徴とする遊技設備機器の初期化プログラム

技術分野

0001

本発明は、遊技設備に設けられる遊技設備機器、遊技設備機器の初期化方法および遊技設備機器の初期化プログラムに関する。

背景技術

0002

従来、遊技設備において、パチンコ台パチスロマシン等の遊技台周辺に設けられる遊技設備機器は、その機器の種類に応じたセンサ機能モータ駆動機能、操作機能表示機能通信機能などを有している。このような遊技設備機器として、例えばパチンコ玉の数を計数する玉計数機メダルの数を計数するメダル計数機金銭両替を行う両替機、パチンコ玉の玉貸しを行う玉貸機、パチンコ玉やメダルを購入するためのプリペイドカード販売するカード券売機などが知られている(例えば、非特許文献1を参照)。

0003

遊技設備機器に搭載されるアプリケーションソフトウェア(以下、単にアプリケーションという)は、C言語等の高水準言語によって記述されたプログラムにしたがって、OS(Operating System)と連携することなくハードウェアを制御するのが一般的である。

先行技術

0004

小林進,外2名,「遊技店舗におけるバリューフローと管理」,富士時報,平成14年7月10日,第75巻,第7号,p.413−416

発明が解決しようとする課題

0005

ところで近年、遊技設備側からの要望として、その設備に応じた動画再生や、通信ネットワークを介した画像配信等の機能を遊技設備機器に持たせたいという要望が増えてきつつある。従来の遊技設備機器においてそのような要望に応えるためには、プログラムを作成し直さなければならず、対応が困難であった。

0006

この問題を解決するために、遊技設備機器においても一般のパーソナルコンピュータ携帯端末等と同様に、所定の基本ソフトウェア(OS:Operating System)と連携して動作するアプリケーションを適用することが考えられる。

0007

しかしながら、基本ソフトウェアと連携して動作するアプリケーションを適用すると、電源オフしてからオンする入切動作を行った場合、基本ソフトウェアと連携しないアプリケーションを適用する場合と比較して、利用可能な状態に到達するまでに多くの時間を費やさざるを得ない。このため、例えば遊技設備の営業時間内に従業員がそのような電源の入切動作を行うと、顧客を長時間待たせてしまうおそれがあった。

0008

本発明は、上記に鑑みてなされたものであって、基本ソフトウェアと連携して動作するアプリケーションを用いる場合であっても、電源の入切動作が行われたときになるべく早期に利用可能な状態に到達させることができる遊技設備機器、遊技設備機器の初期化方法および遊技設備機器の初期化プログラムを提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0009

上述した課題を解決し、目的を達成するために、本発明に係る遊技設備機器は、遊技設備に設けられる遊技設備機器であって、基本ソフトウェアと連携して動作するアプリケーションを用いて当該遊技設備機器が有する機能のうち一部の機能に関する処理を制御する機能制御部と、外部から供給される電源のオンおよびオフをそれぞれ指示する信号の入力を受け付ける電源スイッチと、を備え、前記機能制御部は、前記電源スイッチが所定の時間範囲内に前記電源のオフを指示する信号の入力を受け付けた累積回数に応じて、前記一部の機能に関連するデータの初期化、前記データの初期化を含む前記アプリケーションの初期化、ならびに前記データおよび前記アプリケーションの初期化を含む前記基本ソフトウェアの初期化、のいずれかを実行する初期化部を有し、前記初期化部は、前記累積回数が1だけ小さい値を有する場合に実行した初期化と比較して処理負荷が同等または大きい初期化を実行することを特徴とする。

0010

本発明に係る遊技設備機器は、上記発明において、外部から情報の入力を受け付ける入力部と、画像を含む情報を表示可能な表示部と、をさらに備え、前記一部の機能は、前記入力部および前記表示部がそれぞれ有する機能を含むことを特徴とする。

0011

本発明に係る遊技設備機器は、上記発明において、前記機能制御部は、当該遊技設備機器の異常の有無を定期的に診断する診断部をさらに有し、前記初期化部は、前記診断部による最新の診断結果をさらに参照することによって、前記データの初期化、前記データの初期化を含む前記アプリケーションの初期化、ならびに前記データおよび前記アプリケーションの初期化を含む前記基本ソフトウェアの初期化、のいずれかを実行することを特徴とする。

0012

本発明に係る遊技設備機器は、上記発明において、前記診断部は、前記異常の程度を複数の段階に分けて診断可能であり、前記初期化部は、前記累積回数と前記診断部の診断結果との組合せに基づいて、前記データの初期化、前記データの初期化を含む前記アプリケーションの初期化、ならびに前記データおよび前記アプリケーションの初期化を含む前記基本ソフトウェアの初期化、のいずれかを実行することを特徴とする。

0013

本発明に係る遊技設備機器は、上記発明において、前記初期化部は、少なくとも前記累積回数が1であり、かつ最も程度が低い異常がある場合、処理負荷が最小の初期化を実行し、少なくとも前記累積回数が所定値に達している場合、または最も程度が高い異常がある場合、処理負荷が最大の初期化を実行することを特徴とする。

0014

本発明に係る遊技設備機器は、上記発明において、基本ソフトウェアと連携せずに動作するアプリケーションを用いて当該遊技設備機器が有する機能のうち前記一部の機能と異なる機能に関する処理を制御し、前記機能制御部と通信可能に接続される別機能制御部と、前記機能制御部の制御のもとで前記異なる機能に関連する情報を表示可能な表示部と、をさらに備えたことを特徴とする。

0015

本発明に係る遊技設備機器の初期化方法は、遊技設備に設けられ、基本ソフトウェアと連携して動作するアプリケーションを用いて一部の機能に関する処理を制御する遊技設備機器が、電源のオフを指示する信号の入力を受け付けた場合に行う遊技設備機器の初期化方法であって、所定の時間範囲内に前記電源のオフを指示する信号の入力を受け付けた累積回数を記憶する記憶部から該累積回数を読み出し、該累積回数に応じて、前記一部の機能に関連するデータの初期化、前記データの初期化を含む前記アプリケーションの初期化、ならびに前記データおよび前記アプリケーションの初期化を含む前記基本ソフトウェアの初期化、のいずれかを実行する初期化ステップ、を有し、前記初期化ステップは、前記累積回数が1だけ小さい値を有する場合に実行した初期化と比較して処理負荷が同等または大きい初期化を実行することを特徴とする。

0016

本発明に係る遊技設備機器の初期化プログラムは、遊技設備に設けられ、基本ソフトウェアと連携して動作するアプリケーションを用いて一部の機能に関する処理を制御する遊技設備機器に、電源のオフを指示する信号の入力を受け付けた場合、所定の時間範囲内に前記電源のオフを指示する信号の入力を受け付けた累積回数を記憶する記憶部から該累積回数を読み出し、該累積回数に応じて、前記一部の機能に関連するデータの初期化、前記データの初期化を含む前記アプリケーションの初期化、ならびに前記データおよび前記アプリケーションの初期化を含む前記基本ソフトウェアの初期化、のいずれかを実行する初期化ステップ、を実行させ、前記初期化ステップは、前記累積回数が1だけ小さい値を有する場合に実行した初期化と比較して処理負荷が同等または大きい初期化を実行することを特徴とする。

発明の効果

0017

本発明によれば、電源スイッチが所定の時間範囲内に電源のオフを指示する信号の入力を受け付けた累積回数に応じて、その累積回数が1つ小さい値を有する場合に実行した初期化と比較して処理負荷が同等または大きい初期化を実行するため、基本ソフトウェアと連携して動作するアプリケーションを用いる場合であっても、電源の入切動作が行われたときになるべく早期に利用可能な状態に到達させることができる。

図面の簡単な説明

0018

図1は、本発明の実施の形態1に係る遊技設備機器の構成を示すブロック図である。
図2は、本発明の実施の形態1に係る遊技設備機器が実行する初期化処理概要を示すフローチャートである。
図3は、本発明の実施の形態1に係る遊技設備機器が実行する累積回数判定処理の概要を示すフローチャートである。
図4は、本発明の実施の形態2に係る遊技設備機器の構成を示すブロック図である。
図5は、本発明の実施の形態2に係る遊技設備機器が記憶する初期化タイプを模式的に示す図である。
図6は、本発明の実施の形態2に係る遊技設備機器が実行する初期化処理の概要を示すフローチャートである。

実施例

0019

以下、添付図面を参照して、本発明を実施するための形態(以下、「実施の形態」という)を説明する。

0020

(実施の形態1)
図1は、本発明の実施の形態1に係る遊技設備機器の構成を示すブロック図である。同図に示す遊技設備機器1は、遊技設備においてパチンコ台やスロットマシン等の遊技台の周辺に設けられる機器である。遊技設備機器1は、第1制御部2、センサ部3、アクチュエータ部4、駆動部5、第1記憶部6、第2制御部7、入力部8、表示部9、第2記憶部10、電源スイッチ11、電源制御部12、および補助電源部13を備える。

0021

第1制御部2は、遊技設備機器1が有する機能のうち一部の機能(以下、第1機能という)に関する処理を、基本ソフトウェア(以下、OSという)と連携せずに動作するアプリケーションを用いることによって制御する。第1制御部2は、電源スイッチ11が電源のオフを指示する信号(電源オフ信号)の入力を受け付けた場合にそのアプリケーションを起動(初期化)するアプリケーション起動部21を有する。第1制御部2は、CPU(Central Processing Unit)を用いて構成される。このような第1制御部2は、本発明における別機能制御部に対応している。

0022

センサ部3は、第1機能に関連する量を検出し、その検出データを第1制御部2へ出力する。
アクチュエータ部4は、第1機能に関連する動作を行う。
駆動部5は、第1制御部2の制御のもとでアクチュエータ部4を駆動する。

0023

第1記憶部6は、センサ部3の検出データを記憶する検出データ記憶部61と、第1機能に関する処理を制御する際に用いるアプリケーションを記憶する第1アプリケーション記憶部62とを有する。第1アプリケーション記憶部62が記憶するアプリケーションのプログラムは、C言語等の高水準言語によって記述されている。このようなアプリケーションは、通信ネットワークを介してダウンロードすることによって取得することも可能である。ここでいう通信ネットワークは、例えば既存の公衆回線網、LAN、WANなどによって実現されるものであり、有線無線を問わない。

0024

第1記憶部6は、RAM(Random Access Memory)やROM(Read Only Memory)を用いて構成される。RAMは、検出データ記憶部61に対応する記憶領域を有する。ROMは、第1アプリケーション記憶部62に対応する記憶領域を有する。第1記憶部6は、例えば第1制御部2と同じ基板上に実装される。

0025

第2制御部7は、所定のOSと連携して動作するアプリケーションを用いることによって、遊技設備機器1が有する機能のうち第1機能と異なる機能(以下、第2機能という)に関する処理を制御する。ここで、第2機能として、例えば第1機能に関する情報の表示や各種情報の入力を受け付ける入出力機能を挙げることができる。また、本実施の形態1で適用するOSとして、例えばLinux(登録商標)、T−Kernel、Windows(登録商標) Embeddedなどを挙げることができる。これらのOSは、本発明の他の実施の形態にも適用可能である。

0026

第2制御部7は、電源スイッチ11から入力される電源オフ信号を所定の時間範囲内に受け付けた累積回数を判定する累積回数判定部71と、累積回数判定部71の判定結果に応じて第2機能に関連する初期化を行う初期化部72とを有する。第2制御部7は、第1制御部2と所定の通信プロトコルにしたがって通信可能に接続され、第1制御部2と異なるCPUを用いて構成される。このような第2制御部7は、本発明における機能制御部に対応している。

0027

入力部8は、外部からの情報の入力を受け付けて第2制御部7へ出力する。入力部8は、入力ボタン等を用いて構成されるほか、表示部9が有する表示パネルに積層して設けられ、外部からの接触位置に応じた信号の入力を受け付けるタッチパネルを用いて構成される。

0028

表示部9は、第2制御部7の制御のもとでセンサ部3が検出した検出データを含む情報や所定の画像情報表示出力する。表示部9が有する表示パネルは、液晶または有機EL(Electroluminescence)を用いて構成される。表示パネルには、上述した入力部8の一部をなすタッチパネルが積層される。

0029

第2記憶部10は、累積回数を記憶する累積回数記憶部101と、第2機能に関する処理を制御する際に用いるアプリケーションで使用する各種データを記憶するデータ記憶部102と、そのアプリケーションを記憶する第2アプリケーション記憶部103と、そのアプリケーションと連携するOSを記憶するOS記憶部104とを有する。第2記憶部10は、例えば第2制御部7と同じ基板上に実装される。

0030

第2記憶部10は、RAMやROMを用いて構成される。RAMは、累積回数記憶部101およびデータ記憶部102にそれぞれ対応する記憶領域を有する。ROMは、アプリケーション記憶部103およびOS記憶部104にそれぞれ対応する記憶領域を有する。また、ROMは、本実施の形態1に係る初期化プログラムを記憶する。

0031

電源スイッチ11は、電源のオンおよびオフをそれぞれ指示する信号の入力を受け付ける。なお、遊技設備機器1には、電源スイッチ11のチャタリングを防止する回路が適宜設けられているものとする。
電源制御部12は、電源スイッチ11が入力を受け付けた信号に基づいて外部電源のオン、オフを制御する。
補助電源部13は、電源制御部12の制御のもとで起動または停止し、外部電源切断時のバックアップ電源として機能する。

0032

以上の構成を有する遊技設備機器1において、第1制御部2のアプリケーション起動部21がアプリケーションを起動する際には、ROM内の第1アプリケーション記憶部62に格納されたプログラムをRAMにロードすることによってアプリケーションを起動する。

0033

また、遊技設備機器1において、初期化部72がアプリケーションを初期化する場合には、ROM内の第2アプリケーション記憶部103に格納されたプログラムをRAMにロードすることによって初期化を行う。また、初期化部72がOSを初期化する場合には、ROM内のOS記憶部104に格納されたOSをRAMにロードする。

0034

ここで、遊技設備機器1が、外部から投入されるパチンコ玉の数を計数する玉計数機である場合を説明する。この場合、第1機能は、パチンコ玉の計数機能およびアクチュエータ駆動機能を含む。センサ部3は、外部から投入されたパチンコ玉の通路に設けられてパチンコ玉の通過を検出する玉通過検出センサを有する。また、アクチュエータ部4は、玉通過検出センサが設けられた整列レーンへパチンコ玉を案内するための案内板回動させるソレノイドを有する。検出データ記憶部61は、センサ部3が検出したパチンコ玉の計数値のデータを記憶する。表示部9は、検出データ記憶部61が記憶するパチンコ玉の計数値を含む情報を表示出力する。なお、遊技設備機器1が玉計数機である場合には、遊技施設内の他の遊技設備機器や遊技台と通信可能に接続されることが好ましい。

0035

図2は、遊技設備機器1が有する第2機能に関連した初期化処理の概要を示すフローチャートである。電源スイッチ11から電源オフ信号が入力された場合(ステップS1:Yes)、電源制御部12は電源オフ処理を行い(ステップS2)、補助電源部13を起動させる(ステップS3)。ここで、電源オフ処理には、例えば第2制御部7を介した表示部9の表示パネルの消灯処理が含まれる。電源スイッチ11から電源オフ信号が入力されない場合(ステップS1:No)、遊技設備機器1はステップS1を繰り返す。

0036

ステップS3の後、初期化部72は、累積回数記憶部101を参照することによって電源オフ信号入力の累積回数Nを取得し、取得した累積回数Nの値を判定する(ステップS4)。

0037

累積回数Nが1の場合(ステップS4:N=1)、初期化部72は、データ記憶部102が記憶するデータを初期化する(ステップS5)。これにより、例えば表示部9が表示するセンサ部3の検出データ等の情報はいったんリセットされることになる。その後、第2制御部7が第1制御部2との通信によって検出データ記憶部61が記憶する正確な検出データを受信すると、データ記憶部102が記憶する検出データも更新され、表示部9は再び正確な情報を表示する。

0038

累積回数Nが2の場合(ステップS4:N=2)、初期化部72は、ROM内の第2アプリケーション記憶部103からプログラムをRAMにロードしてアプリケーションを初期化する(ステップS6)。この際、初期化部72は、データの初期化も行う。

0039

累積回数Nが3以上の場合(ステップS4:N=3)、初期化部72は、電源制御部12に対して補助電源部13のリセットを要求して補助電源をリセットさせる(ステップS7)。その後、初期化部72は、ROM内のOS記憶部104からOSに関する情報をRAMにロードしてOSを初期化する(ステップS8)。この際、初期化部72は、アプリケーションおよびデータの初期化も行う。

0040

ステップS5、S6またはS8に続いて、第2制御部7は、電源スイッチ11から電源オン信号が入力されているか否かを判定する(ステップS9)。判定の結果、電源オン信号が入力されている場合(ステップS9:Yes)、電源制御部12は電源オン処理を行う(ステップS10)。ここで、電源オン処理には、例えば第2制御部7を介した表示部9の点灯処理が含まれる。ステップS10の後、遊技設備機器1は一連の処理を終了する。なお、ステップS9の処理を、初期化処理の前または初期化処理の最中に行うことも可能である。

0041

ステップS9において、電源スイッチ11から電源オン信号が入力されていない場合(ステップS9:No)、遊技設備機器1はステップS9を繰り返す。

0042

以上の説明では、遊技設備機器1が有する第2機能の初期化について説明したが、電源スイッチ11が電源オフ信号の入力を受け付けて外部電源が切断された場合には、第1制御部2でもアプリケーション起動部21が第1アプリケーション記憶部62を参照してアプリケーションの起動(初期化)を行う。ただし、第1制御部2は、検出データ記憶部61が記憶している検出データの初期化を行わない。これにより、検出データは、外部電源が切断されて補助電源部13が起動した後も保存されることとなる。なお、第1制御部2は、入力部8が削除指示信号を受け付けた場合に、検出データ記憶部61が記憶する検出データを削除する。

0043

図3は、累積回数判定部71が行う累積回数判定処理の概要を示すフローチャートである。まず、累積回数判定部71は、累積回数の判定開始からの経過時間tを0に設定するとともに累積回数を示すカウンタNを0に設定する(ステップS21)。

0044

続いて、累積回数判定部71は、経過時間tが所定の時間範囲に相当するリセット時間T(例えば数十秒〜数分程度)に達しているか否かを判定する(ステップS22)。判定の結果、経過時間tがリセット時間Tに達していない場合、すなわち経過時間が所定の時間範囲内に含まれている場合(ステップS22:Yes)、累積回数判定部71はステップS23へ移行する。一方、経過時間tがリセット時間Tに達している場合(ステップS22:No)、累積回数判定部71はステップS21へ戻る。

0045

ステップS23において、累積回数判定部71は、電源スイッチ11から電源オフ信号が入力されたか否かを判定する(ステップS23)。電源スイッチ11から電源オフ信号が入力された場合(ステップS23:Yes)、累積回数判定部71は、カウンタNの値を1増加させ(ステップS24)、その増加させた値Nを累積回数記憶部101に書き込んで記憶させる(ステップS25)。この後、累積回数判定部71は、ステップS22へ戻る。

0046

ステップS23において、電源スイッチ11から電源オフ信号が入力されていない場合(ステップS23:No)、累積回数判定部71はステップS22へ戻る。

0047

このようにして、累積回数判定部71は、判定開始から所定時間内に入力された電源オフ信号の入力回数を判定して累積回数記憶部101に記憶させる。

0048

なお、累積回数判定部71の判定の仕方は上述したものに限られるわけではない。例えば、nを正の整数とするとき、n回目の電源オフ信号入力から(n+1)回目の電源オフ信号の入力までの時間tが、nに応じて定められる所定値tnよりも小さい場合に、累積回数を増加させるようにしてもよい。

0049

以上説明した本発明の実施の形態1によれば、電源スイッチが所定の時間範囲内に前記電源のオフを指示する信号の入力を受け付けた累積回数が大きくなるにつれて、データ初期化、アプリケーション初期化、OS初期化というように、徐々に処理負荷が大きくなる初期化を実行するため、累積回数が少ないうちは電源の入切動作が行われてもすぐに利用可能な状態に到達することができる。したがって、基本ソフトウェアと連携して動作するアプリケーションを用いる場合であっても、電源の入切動作が行われたときになるべく早期に利用可能な状態に到達させることができる。

0050

また、本実施の形態1によれば、第2機能として入出力機能を含むため、遊技設備に応じた画像配信等を容易に実現することが可能となる。

0051

なお、本実施の形態1において、初期化部72が電源オフ信号入力の累積回数に応じて実行する初期化処理は、上述したものに限られるわけではない。例えば、本実施の形態1において、累積回数が1〜2回目の場合にデータを初期化し、累積回数が3〜4回目の場合にアプリケーションを初期化し、累積回数が5回目以上の場合にOSを初期化するようにしてもよい。
また、本実施の形態1において、累積回数が小さいうちはアプリケーション初期化を行い、所定回数に達した場合にOSの初期化を行うようにしてもよい。
さらに、本実施の形態1において、累積回数が小さいうちはデータの初期化を行い、所定回数に達した場合にOSの初期化を行うようにしてもよい。

0052

より一般に、本実施の形態1において、初期化部72が、累積回数が1だけ小さい値を有する場合に実行した初期化と比較して処理負荷が同等または大きい初期化を実行するようにすることが可能である。この場合に上記同様の効果を得ることができることはいうまでもない。なお、ここでいう同等な処理負荷を有する初期化とは、換言すれば同じ種類の初期化のことである。例えば、累積回数が1だけ小さい値を有する場合に実行した初期化がデータ(のみ)の初期化である場合、次に実施する初期化がデータ(のみ)の初期化であれば、これら2つの初期化は同等な処理負荷を有するということができる。

0053

(実施の形態2)
図4は、本発明の実施の形態2に係る遊技設備機器の構成を示すブロック図である。同図に示す遊技設備機器201は、第2制御部202と第2記憶部203の構成が、上述した遊技設備機器1と異なる。このため、図4において、遊技設備機器1と同じ構成要素には、図1に示す遊技設備機器1の構成要素と同じ符号を付してある。

0054

第2制御部202は、累積回数判定部71と、初期化部72と、電源スイッチ11から電源オフ信号が入力された場合に遊技設備機器201の異常の有無を定期的に診断する診断部221と、を有する。

0055

診断部221は、遊技設備機器201の異常の有無を診断するだけでなく、異常の程度を3段階(異常I、異常II、異常III)に分けて診断する。ここで、異常の程度は異常IIIが最も大きく(深刻)、異常Iが最も小さい(軽微)とする。診断部221が異常と診断するケースとして、例えば第1制御部2との間の定期的な通信ができなくなるケースや、第1制御部2から送信されてくるデータが所定の通信プロトコルで規定されたものと異なっているケースなどを挙げることができる。診断部221が診断する周期は例えば数秒程度が想定されるが、この周期を入力部8によって指示信号の入力を受け付けて任意に設定できるようにしてもよい。

0056

第2記憶部203は、累積回数記憶部101と、データ記憶部102と、第2アプリケーション記憶部103と、OS記憶部104と、累積回数判定部71が判定した累積回数Nと診断部221による診断結果の組合せごとに定められ、初期化部72が実行すべき初期化を判定する際に参照する初期化タイプを記憶する初期化タイプ記憶部231と、診断部221による診断結果を記憶する診断結果記憶部232と、を有する。

0057

図5は、初期化タイプ記憶部231が記憶する初期化タイプを模式的に示す図である。同図に示すテーブルTbは、累積回数判定部71が判定した累積回数と診断部221が得た診断結果との組合せに応じて3種類の初期化タイプA、B、Cのいずれかが付与されている。以下、累積回数と診断結果の組合せを(累積回数、診断結果)で表すこととする。

0058

初期化タイプAに対応する組合せは、(1、異常I)の1通りである。初期化タイプAは、累積回数が最小(N=1)であり、かつ異常の程度が最小の段階(異常I)である場合に対応している。この場合、初期化部72は、処理負荷が最も小さいデータの初期化を行う。

0059

初期化タイプBに対応する組合せは、(1、異常II)、(2、正常)、(2、異常I)、(2、異常II)の4通りである。初期化タイプBは、累積回数が中程度(N=2)であるか、または異常の程度が中程度の段階(異常II)である場合に対応している。この場合、初期化部72は、処理負荷が中程度であるアプリケーションの初期化を行う。

0060

初期化タイプCに対応する組合せは、(1、異常III)、(2、異常III)、(3以上、正常)、(3以上、異常I)、(3以上、異常II)、(3以上、異常III)の6通りである。初期化タイプCは、累積回数が最大(N≧3)であるか、または異常の程度が最大の段階(異常III)である場合に対応している。この場合、初期化部72は、処理負荷が最大であるOSの初期化を行う。

0061

図6は、遊技設備機器201が実行する初期化処理の概要を示すフローチャートである。ステップS31〜ステップS33の処理は、図2におけるステップS1〜ステップS3の処理に順次対応している。

0062

ステップS34において、初期化部72は、累積回数記憶部101および診断結果記憶部232を参照して累積回数および診断結果を取得し、取得した累積回数と診断結果の組合せが(1、正常)であるか否かを判定する(ステップS34)。判定の結果、累積回数と診断結果の組合せが(1、正常)である場合(ステップS34:Yes)、遊技設備機器201はステップS35へ移行する。これに対して、累積回数と診断結果の組合せが(1、正常)でない場合(ステップS34:No)、遊技設備機器201はステップS37へ移行する。

0063

ステップS35〜S36の処理は、図2におけるステップS9〜S10の処理に順次対応している。ステップS36の後、遊技設備機器201は一連の処理を終了する。

0064

ステップS37において、初期化部72は、初期化タイプ記憶部231を参照して、累積回数と診断結果の初期化タイプを判定する(ステップS37)。
初期化タイプがAである場合(ステップS37:A)、初期化部72は、データ記憶部102が記憶するデータを初期化する(ステップS38)。
初期化タイプがBである場合(ステップS37:B)、初期化部72は、アプリケーションを初期化する(ステップS39)。
初期化タイプがCである場合(ステップS37:C)、初期化部72は、電源制御部12に対して補助電源部13のリセットを要求して補助電源をリセットさせる(ステップS40)。その後、初期化部72は、OS記憶部104からOSに関する情報をロードしてOSを初期化する(ステップS41)。
なお、ステップS38、S39およびS41における初期化処理は、図2のステップS5、S6およびS8における初期化処理とそれぞれ同様である。

0065

ステップS38、S39またはS41の後、遊技設備機器201はステップS35へ移行する。

0066

以上説明した本発明の実施の形態2によれば、上述した実施の形態1と同様、基本ソフトウェアと連携して動作するアプリケーションを用いる場合であっても、電源の入切動作が行われたときになるべく早期に利用可能な状態に到達させることができる。

0067

また、本実施の形態2によれば、当該遊技設備機器の異常の有無を定期的に診断し、その診断結果も参照して初期化を実行するため、異常の程度に応じて適切な初期化処理を実行することができる。

0068

なお、本実施の形態2において、上述した初期化タイプの数や、初期化タイプと累積回数および診断結果の組合せとの対応付けは一例に過ぎず、適宜設定を変更することが可能である。一般に、少なくとも累積回数が最小であり、かつ異常の程度が最小の段階である場合にデータの初期化を指定する一方、少なくとも累積回数が所定回数に達している場合または異常の程度が最大の段階である場合にOSの初期化を指定するように設定すれば好ましい。

0069

ここまで、本発明を実施するための形態を説明してきたが、本発明は上述した2つの実施の形態によってのみ限定されるべきものではない。例えば、本発明に係る遊技設備機器は、実施の形態1で例示した玉計数機以外の機器であってもよく、メダル計数機、両替機、玉貸機、カード券売機等であってもよい。

0070

また、本発明に係る初期化プログラムをハードディスクフラッシュメモリCD−ROM、DVD−ROM、フレキシブルディスク等のコンピュータ読み取り可能な記録媒体に記録して、広く流通させることも可能である。

0071

このように、本発明は、ここでは記載していない様々な実施の形態等を含みうるものである。

0072

1、201遊技設備機器
2 第1制御部(別機能制御部)
3センサ部
4アクチュエータ部
5 駆動部
6 第1記憶部
7、202 第2制御部(機能制御部)
8 入力部
9 表示部
10、203 第2記憶部
11電源スイッチ
12電源制御部
13補助電源部
21アプリケーション起動部
61 検出データ記憶部
62 第1アプリケーション記憶部
71累積回数判定部
72初期化部
101 累積回数記憶部
102データ記憶部
103 第2アプリケーション記憶部
104 OS記憶部
221診断部
231 初期化タイプ記憶部
232 診断結果記憶部
Tb テーブル

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社三共の「 遊技機」が 公開されました。( 2020/04/30)

    【課題】不適切な駆動制御が行われてしまうことを防ぐこと。【解決手段】クロック信号と複数の異なる制御信号との入力にもとづいて実行可能な駆動制御手段、可動体の動作を伴う可動体演出の制御を行う演出制御手段、... 詳細

  • 株式会社三共の「 遊技機」が 公開されました。( 2020/04/30)

    【課題】不適切な駆動制御が行われてしまうことを防ぐこと。【解決手段】遊技機において動作可能に設けられた可動体を動作させるための駆動手段と、駆動手段の駆動制御を、クロック信号と複数の異なる制御信号との入... 詳細

  • 株式会社三共の「 遊技機」が 公開されました。( 2020/04/30)

    【課題】設定値を変更可能な遊技機に関する演出の興趣を向上させる遊技機を提供する。【解決手段】変動パターンが非リーチまたはノーマルリーチである場合には、成立役が「ベル」となるミニスロット図柄の組合せをミ... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ