図面 (/)

技術 改装用建具

出願人 YKKAP株式会社
発明者 荒川哲也川妻洋介佐藤圭亮
出願日 2013年8月7日 (5年5ヶ月経過) 出願番号 2013-164430
公開日 2015年2月19日 (3年10ヶ月経過) 公開番号 2015-034380
状態 特許登録済
技術分野 開口に固定される戸、窓等の枠
主要キーワード 固定ネジ部材 固定用支持部材 外周側端縁 額縁部材 玄関床 ヒレ状 外壁部材 各枠部材
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2015年2月19日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (9)

課題

改装作業を煩雑化することなく、既設開口枠が取り付けられた枠用開口部の任意の位置に新たな開口枠を取り付ける。

解決手段

見込み面に既設戸当たり部101aが突出する既設開口枠100と既設額縁部材120とが取り付けられた枠用開口部1に新設開口枠10を取り付けることにより構成される改装用建具であって、新設開口枠10の新設枠部材11は既設額縁部材120の外表面に配設した固定用支持部材30を介して躯体の枠用開口部1に取り付けられており、固定用支持部材30の固定側縁部31は既設開口枠100の既設戸当たり部101aよりも室内側に配置され、枠支持側縁部32は枠用開口部1の見付け方向において既設開口枠100の既設戸当たり部101aよりも内方側を通過して室外側に配置されており、既設額縁部材120を通過して躯体に達する固定ネジ部材41により既設額縁部材120に固定され、かつ枠支持側縁部32に新設開口枠10の新設枠部材11が取り付けられる。

概要

背景

躯体の枠用開口部に設けられた建具改装する場合には、工期の短縮化施工コストを低減する目的で、開口枠額縁部材を取り付けたままの状態で新たな開口枠を取り付けるようにした工法が多く用いられている。例えば、既設開口枠の見込み面に新たな開口枠を配設し、新たな開口枠の見込み面から躯体に達する固定ネジ部材螺合させれば、既設開口枠を取り外すことなく躯体の枠用開口部に新たな開口枠を取り付けることが可能となる(例えば、特許文献1参照)。

概要

改装作業を煩雑化することなく、既設開口枠が取り付けられた枠用開口部の任意の位置に新たな開口枠を取り付ける。見込み面に既設戸当たり部101aが突出する既設開口枠100と既設額縁部材120とが取り付けられた枠用開口部1に新設開口枠10を取り付けることにより構成される改装用建具であって、新設開口枠10の新設枠部材11は既設額縁部材120の外表面に配設した固定用支持部材30を介して躯体の枠用開口部1に取り付けられており、固定用支持部材30の固定側縁部31は既設開口枠100の既設戸当たり部101aよりも室内側に配置され、枠支持側縁部32は枠用開口部1の見付け方向において既設開口枠100の既設戸当たり部101aよりも内方側を通過して室外側に配置されており、既設額縁部材120を通過して躯体に達する固定ネジ部材41により既設額縁部材120に固定され、かつ枠支持側縁部32に新設開口枠10の新設枠部材11が取り付けられる。

目的

本発明は、上記実情に鑑みて、改装作業を煩雑化することなく、既設開口枠が取り付けられた枠用開口部に対して任意の位置に新たな開口枠を取り付けることのできる改装用建具を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

見込み面戸当たり部を有する既設開口枠が取り付けられた躯体の枠用開口部に対して新たな開口枠を取り付けることにより構成される改装建具であって、新たな開口枠は少なくとも上枠部材及び左右の縦枠部材を備え、これらの枠部材固定用支持部材を介して前記躯体の枠用開口部に取り付けられており、前記固定用支持部材は、固定側縁部と枠支持側縁部とを有し、前記固定側縁部は既設開口枠の戸当たり部よりも室内側に配置され、前記枠支持側縁部は枠用開口部の見付け方向において前記既設開口枠の戸当たり部よりも内方側を通過して室外側に配置されており、前記固定側縁部を介して固定ネジ部材により前記躯体に固定され、かつ前記枠支持側縁部に新たな開口枠の枠部材が取り付けられることを特徴とする改装用建具。

請求項2

新たな開口枠の各枠部材は、室内側に位置する内方枠部分と、室外側に位置する外方枠部分とを備え、前記内方枠部分及び前記外方枠部分のそれぞれを枠ネジ部材によって前記固定用支持部材の枠支持側縁部に取り付けたことを特徴とする請求項1に記載の改装用建具。

請求項3

新たな開口枠の各枠部材は、室内側に位置する内方枠部分と、室外側に位置する外方枠部分と、これら内方枠部分及び外方枠部分の間に介在させた断熱材から成る断熱部材とを備え、前記内方枠部分及び前記外方枠部分のそれぞれを枠ネジ部材によって前記固定用支持部材の枠支持側縁部に取り付けたことを特徴とする請求項1に記載の改装用建具。

請求項4

前記固定用支持部材の枠支持側縁部は、室内側に位置する内方支持部と室外側に位置する外方支持部とを有し、前記内方支持部は既設開口枠の見込み方向に沿って延在し、前記外方支持部は前記内方支持部の室外側縁部から既設開口枠に近接する方向に屈曲して延在しており、新たな開口枠の各枠部材は、前記内方枠部分が前記固定用支持部材の内方支持部に取り付けられ、かつ前記外方枠部分が前記固定用支持部材の外方支持部に取り付けられることを特徴とする請求項2または請求項3に記載の改装用建具。

請求項5

新たな開口枠の各枠部材は、前記内方枠部分に戸当たり部を有しており、前記各枠部材の内方枠部分は、個々の見込み面から枠ネジ部材を螺合させることによって前記固定用支持部材の枠支持側縁部に取り付けたことを特徴とする請求項2または請求項3に記載の改装用建具。

請求項6

前記固定用支持部材の固定側縁部を覆うように前記躯体の枠用開口部に新たな額縁部材を設けたことを特徴とする請求項1に記載の改装用建具。

請求項7

前記躯体の枠用開口部は、前記既設開口枠よりも室内側に位置する部分に既設額縁部材が設けられたものであり、前記固定用支持部材の固定側縁部は、前記既設額縁部材を介して前記躯体に固定されることを特徴とする請求項1の改装用建具。

請求項8

前記固定用支持部材の固定側縁部と前記既設額縁部材との間にスペーサ部材を介在させたことを特徴とする請求項7に記載の改装用建具。

技術分野

0001

本発明は、玄関ドア開き窓等のように、開口枠見込み面戸当たり部を有した建具改装対象とした改装用建具に関するものである。

背景技術

0002

躯体の枠用開口部に設けられた建具を改装する場合には、工期の短縮化施工コストを低減する目的で、開口枠や額縁部材を取り付けたままの状態で新たな開口枠を取り付けるようにした工法が多く用いられている。例えば、既設開口枠の見込み面に新たな開口枠を配設し、新たな開口枠の見込み面から躯体に達する固定ネジ部材螺合させれば、既設開口枠を取り外すことなく躯体の枠用開口部に新たな開口枠を取り付けることが可能となる(例えば、特許文献1参照)。

先行技術

0003

特開2005−76393号公報

発明が解決しようとする課題

0004

ところで、建具の中には、玄関ドアや開き窓等のように、開口枠の見込み面に戸当たり部が設けられたものがある。戸当たり部は、面材であるドアパネル障子が当接する部分であるため、開口枠の見込み面から突出して設けられている。このため、戸当たり部を有する開口枠が設けられた躯体の枠用開口部に対しては、戸当たり部を避けた位置に新たな開口枠を設けなければならず、建具の改装に制限が加えられることになる。もちろん、既設開口枠の戸当たり部を切断する等して除去すれば、任意の位置に新たな開口枠を設けることが可能となる。しかしながら、開口枠の戸当たり部は、開口枠を構成するそれぞれの枠部材全長に渡って設けられたものであり、すべてを除去する作業は容易ではない。

0005

本発明は、上記実情に鑑みて、改装作業を煩雑化することなく、既設開口枠が取り付けられた枠用開口部に対して任意の位置に新たな開口枠を取り付けることのできる改装用建具を提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0006

上記目的を達成するため、本発明に係る改装用建具は、見込み面に戸当たり部を有する既設開口枠が取り付けられた躯体の枠用開口部に対して新たな開口枠を取り付けることにより構成される改装用建具であって、新たな開口枠は少なくとも上枠部材及び左右の縦枠部材を備え、これらの枠部材は固定用支持部材を介して前記躯体の枠用開口部に取り付けられており、前記固定用支持部材は、固定側縁部と枠支持側縁部とを有し、前記固定側縁部は既設開口枠の戸当たり部よりも室内側に配置され、前記枠支持側縁部は枠用開口部の見付け方向において前記既設開口枠の戸当たり部よりも内方側を通過して室外側に配置されており、前記固定側縁部を介して固定ネジ部材により前記躯体に固定され、かつ前記枠支持側縁部に新たな開口枠の枠部材が取り付けられることを特徴とする。

0007

この発明によれば、新たな開口枠が取り付けられる固定用支持部材の枠支持側端部が、枠用開口部の見付け方向において既設開口枠の戸当たり部よりも内方側を通過して室外側に設けられるため、戸当たり部を除去することなく枠支持側縁部を介して任意の位置に新たな開口枠を取り付けることができる。

0008

また、本発明は、上述した改装用建具において、新たな開口枠の各枠部材は、室内側に位置する内方枠部分と、室外側に位置する外方枠部分とを備え、前記内方枠部分及び前記外方枠部分のそれぞれを枠ネジ部材によって前記固定用支持部材の枠支持側縁部に取り付けたことを特徴とする。

0009

また、本発明は、上述した改装用建具において、新たな開口枠の各枠部材は、室内側に位置する内方枠部分と、室外側に位置する外方枠部分と、これら内方枠部分及び外方枠部分の間に介在させた断熱材から成る断熱部材とを備え、前記内方枠部分及び前記外方枠部分のそれぞれを枠ネジ部材によって前記固定用支持部材の枠支持側縁部に取り付けたことを特徴とする。

0010

これらの発明によれば、外方枠部分及び内方枠部分を備えた開口枠を枠支持側縁部に取り付けることができる。

0011

また、本発明は、上述した改装用建具において、前記固定用支持部材の枠支持側縁部は、室内側に位置する内方支持部と室外側に位置する外方支持部とを有し、前記内方支持部は既設開口枠の見込み方向に沿って延在し、前記外方支持部は前記内方支持部の室外側縁部から既設開口枠に近接する方向に屈曲して延在しており、新たな開口枠の各枠部材は、前記内方枠部分が前記固定用支持部材の内方支持部に取り付けられ、かつ前記外方枠部分が前記固定用支持部材の外方支持部に取り付けられることを特徴とする。

0012

この発明によれば、枠部材の内方枠部分及び外方枠部分をそれぞれ固定用支持部材に取り付けているため、仮に断熱部材が焼失したとしても、内方枠部分及び外方枠部分が脱落する事態を防止することができる。

0013

また、本発明は、上述した改装用建具において、新たな開口枠の各枠部材は、前記内方枠部分に戸当たり部を有しており、前記各枠部材の内方枠部分は、個々の見込み面から枠ネジ部材を螺合させることによって前記固定用支持部材の枠支持側縁部に取り付けたことを特徴とする。

0014

この発明によれば、戸当たり部を有した枠部材の内方枠部分を枠ネジ部材によって固定用支持部材の枠支持側縁部に取り付けることができる。

0015

また、本発明は、上述した改装用建具において、前記固定用支持部材の固定側縁部を覆うように前記躯体の枠用開口部に新たな額縁部材を設けたことを特徴とする請求項1に記載の改装用建具。

0016

この発明によれば、固定用支持部材の固定側縁部が外部に露出しないため、改装用建具の外観品質を損なう恐れがない。

0017

また、本発明は、上述した改装用建具において、前記躯体の枠用開口部は、前記既設開口枠よりも室内側に位置する部分に既設額縁部材が設けられたものであり、前記固定用支持部材の固定側縁部は、前記既設額縁部材を介して前記躯体に固定されることを特徴とする。

0018

この発明によれば、既設額縁部材が設けられた枠用開口部に対して新たな開口枠を取り付けることが可能となる。

0019

また、本発明は、上述した改装用建具において、前記固定用支持部材の固定側縁部と前記既設額縁部材との間にスペーサ部材を介在させたことを特徴とする。

0020

この発明によれば、スペーサ部材の寸法を調整することにより、戸当たり部の突出長さが異なる既設開口枠に対しても同一の固定用支持部材を用いて建具の改装を行うことができる。

発明の効果

0021

本発明によれば、新たな開口枠が取り付けられる固定用支持部材の枠支持側端部が、枠用開口部の見付け方向において既設開口枠の戸当たり部よりも内方側を通過して室外側に設けられるため、戸当たり部を除去することなく枠支持側縁部を介して任意の位置に新たな開口枠を取り付けることができ、建具の改装作業が煩雑化する事態を招来することがない。

図面の簡単な説明

0022

図1は、本発明の実施の形態である改装用建具を躯体の枠用開口部に取り付けた状態の縦断面図である。
図2は、図1に示した改装用建具の横断面図である。
図3は、図1に示した改装用建具を室外側から見た図である。
図4は、図1に示した改装用建具を取り付ける躯体の枠用開口部を示す縦断面図である。
図5は、図1に示した改装用建具の枠部材を示す断面図である。
図6−1は、図5に示した枠部材を枠用開口部に取り付ける状態の要部縦断面図である。
図6−2は、図5に示した枠部材を枠用開口部にネジ止めした状態の要部縦断面図である。
図6−3は、図5に示した枠部材を枠用開口部にネジ止めした後、枠部材と外壁部材との間に化粧枠を取り付け、さらに枠部材に額縁保持部材を取り付けた状態の要部縦断面図である。

実施例

0023

以下、添付図面を参照しながら本発明に係る改装用建具の好適な実施の形態について詳細に説明する。

0024

図1及び図2は、本発明の実施の形態である改装用建具を躯体の枠用開口部に取り付けた状態を示すもので、特に、玄関ドアを改装する場合に用いる改装用建具を例示している。図には明示していないが、玄関ドアが設けられる枠用開口部1は、玄関床Fから立設した左右の柱(躯体)1aの上端部間にまぐさ(躯体)1bを設けることによって構成されたものである。

0025

改装対象となる既設の玄関ドアは、図1図2図4に示すように、開口枠100、ドアパネル110及び額縁部材120を備えている。尚、以下においては改装用の新たな建具と区別するため、改装対象となる既設の玄関ドアの各構成要素に「既設」という接頭語を付してそれぞれを説明する。

0026

既設開口枠100は、既設上枠部材101、既設下枠部材102及び左右の既設縦枠部材103を四周枠組みすることによって構成されたものである。既設上枠部材101、既設下枠部材102及び既設縦枠部材103は、アルミニウムもしくはアルミニウム合金によって成形した押し出し型材であり、それぞれが全長に渡ってほぼ一様な断面形状を有するように構成されている。それぞれの既設枠部材101,102,103は、枠用開口部1の見込み面において室外側に位置する部分に取り付けられている。具体的には既設上枠部材101がまぐさ1bに取り付けられ、既設縦枠部材103が柱1aに取り付けられている。既設下枠部材102については、玄関床Fに打設したモルタルに直接埋め込む形で取り付けられている。

0027

既設ドアパネル110は、図には明示していないが、互いに左右の幅が異なる2枚のパネルを室外側に向けて観音開きとなるように、既設開口枠100の内部に並設した状態で支持されている。図2及び図4からも明らかなように、各既設枠部材101,102,103の見込み面には、既設戸当たり部101a,102a,103aが設けられている。既設戸当たり部101a,102a,103aは、既設開口枠100に対して既設ドアパネル110を閉じた場合に既設ドアパネル110に当接するヒレ状部分である。それぞれの既設戸当たり部101a,102a,103aは、既設枠部材101,102,103の見込み面において室内側に位置する縁部から枠内方に向けて突出している。尚、図には明示していないが、既設戸当たり部101a,102a,103aにおいて既設ドアパネル110に当接する部分には、既設ドアパネル110に当接することによって既設ドアパネル110との間に水密性を確保するためのパッキン材が設けられている。

0028

既設額縁部材120は、木質材によって成形した平板状部材であり、枠用開口部1の見込み面において既設上枠部材101及び既設縦枠部材103よりも室内側に位置する部分を覆うように設けられている。

0029

一方、枠用開口部1に取り付けられる改装用建具は、図1図3に示すように、開口枠10の内部に大小2つのドアパネル20a,20bを左右に並設し、かつ室外側に向けて観音開きとなるように支持させたものである。尚、以下においては既設玄関ドアの構成要素と区別するため、改装用建具の各構成要素に「新設」という接頭語を付してそれぞれを説明する。

0030

新設開口枠10は、新設上枠部材11、左右の新設縦枠部材13及び新設下枠部材12を四周枠組みすることによって構成したものである。新設開口枠10の外形寸法は、既設開口枠100の内部に収容することができるように設定してある。

0031

本実施の形態では特に、新設上枠部材11及び新設縦枠部材13として、それぞれが内方枠部分11A,13A及び外方枠部分11B,13Bを備えて構成したものを適用している。内方枠部分11A,13A及び外方枠部分11B,13Bは、枠用開口部1に対して互いに見込み方向に沿って並設されるものである。内方枠部分11A,13A及び外方枠部分11B,13Bとしては、アルミニウムもしくはアルミニウム合金によって成形した押し出し型材を適用しており、それぞれが全長に渡ってほぼ一様な断面形状を有するように構成してある。

0032

内方枠部分11A,13Aは、図5及び図6−1に示すように、新設上枠部材11及び新設縦枠部材13において室内側に配置される部分である。それぞれの内方枠部分11A,13Aにおいて枠用開口部1の見込み面に対向する部分には、全長に渡って開口が設けてある。個々の内方枠部分11A,13Aには、内方嵌合溝11A1,13A1及び新設戸当たり部11A2,13A2が設けてある。内方嵌合溝11A1,13A1は、内方枠部分11A,13Aの室外側に位置する見付け面に設けた凹状部分であり、内方枠部分11A,13Aの長手方向に沿って形成してある。新設戸当たり部11A2,13A2は、既設戸当たり部101a,103aと同様、内方枠部分11A,13Aの見込み面から枠内方に向けて突出したヒレ状部分であり、内方枠部分11A,13Aの室外側に位置する縁部に設けてある。

0033

外方枠部分11B,13Bは、新設上枠部材11及び新設縦枠部材13において室外側に配置される部分であり、断面がほぼ台形角筒状に形成してある。図5及び図6−1からも明らかなように、外方枠部分11B,13Bは、見付け方向に沿った寸法及び見込み方向に沿った寸法が、それぞれ内方枠部分11A,13Aよりも大きく(本実施の形態では2倍以上と)なるように構成してある。個々の外方枠部分11B,13Bには、外方嵌合溝11B1,13B1が設けてある。外方嵌合溝11B1,13B1は、外方枠部分11B,13Bの室内側に位置する見付け面に設けた凹状部分であり、外方枠部分11B,13Bの長手方向に沿って形成してある。

0034

これら内方枠部分11A,13A及び外方枠部分11B,13Bは、内方嵌合溝11A1,13A1及び外方嵌合溝11B1,13B1に断熱部材11C,13Cを装着した状態で、それぞれネジ止めすることによって固定用支持部材30に連結してある。断熱部材11C,13Cは、合成樹脂材等のように、内方枠部分11A,13A及び外方枠部分11B,13Bに比べて熱伝導率の低い部材によって成形したもので、内方嵌合溝11A1,13A1及び外方嵌合溝11B1,13B1に嵌合保持させることにより、内方枠部分11A,13Aと外方枠部分11B,13Bとを互いに熱的に遮断した状態で相互に連結している。

0035

固定用支持部材30は、固定側縁部31及び枠支持側縁部32を金属板によって一体に構成したものである。固定側縁部31は、室内側に配置される部分であり、平板状に形成してある。枠支持側縁部32は、平板状を成す内方支持面部(内方支持部)32aの両側縁部に外方支持面部(外方支持部)32b及び立上り部32cを有したもので、立上り部32cの端縁を介して固定側縁部31に連続している。外方支持面部32bは、内方支持面部32aの室外側に位置する縁部から直角方向に屈曲して延在する平板状部分である。立上り部32cは、内方支持面部32aの室内側に位置する縁部から外方支持面部32bと同じ方向にほぼ平行となるように屈曲して延在する平板状部分である。図5からも明らかなように、立上り部32cの見付け方向に沿った寸法は、外方支持面部32bの見付け方向に沿った寸法よりも小さくなるように形成してある。

0036

この固定用支持部材30には、枠支持側縁部32に対して内方支持面部32aに内方枠部分11A,13Aがネジ止めしてあるとともに、外方支持面部32bに外方枠部分11B,13Bがネジ止めしてある。具体的には、内方枠部分11A,13Aの見込み面から固定用支持部材30の内方支持面部32aに枠ネジ部材33を螺合させ、かつ固定用支持部材30の外方支持面部32bから外方枠部分11B,13Bに枠ネジ部材34を螺合させることによって枠支持側縁部32に内方枠部分11A,13A及び外方枠部分11B,13Bが取り付けてある。図5からも明らかなように、固定用支持部材30の内方支持面部32aに内方枠部分11A,13Aをネジ止めした状態においては、内方枠部分11A,13Aの見込み面と外方枠部分11B,13Bの見込み面とがほぼ同一の平面上に位置し、かつ、外方支持面部32bの外周側端縁と外方枠部分11B,13Bにおいて枠用開口部1の見込み面に対向する外周側面とが互いにほぼ同一平面上に位置している。

0037

新設下枠部材12については、図1に示すように、既設下枠部材102と同様、アルミニウムもしくはアルミニウム合金によって成形した単一の押し出し型材であり、それぞれが全長に渡ってほぼ一様な断面形状を有するように構成したものを適用している。本実施の形態では、見込み方向に沿った寸法が既設下枠部材102よりも十分に大きく形成された新設下枠部材12を適用している。新設下枠部材12において室内側に位置する部分には、新設戸当たり部12A2が設けてある。

0038

上記のように構成された新設開口枠10を枠用開口部1に取り付ける場合には、まず、図4に示すように、既設開口枠100から既設ドアパネル110を取り外した状態とする。その後、新設下枠部材12にあっては、図1に示すように、既設下枠部材102よりも室外側となる部分にスペーサSを介して取付台Bを設け、この取付台Bと既設下枠部材102との間に架設するように取り付ける。具体的には、新設下枠部材12の室内側に位置する部分から既設下枠部材102の見込み面にネジ部材Nを螺合させるとともに、新設下枠部材12の室外側に位置する部分を取付台Bに係合させることによって枠用開口部1に新設下枠部材12を取り付ける。新設下枠部材12と玄関の床面FMとの間に段差が生じた場合には、玄関の床面FMに段差緩和部材Dを配設することによってこれを緩和することが好ましい。

0039

一方、新設上枠部材11及び新設縦枠部材13については、図6−1及び図6−2に示すように、既設額縁部材120において最も室外側となる部分にスペーサ部材40を配設し、さらにスペーサ部材40の見込み面に固定用支持部材30の固定側縁部31を重ね合わせた状態で固定ネジ部材41を螺合させる。スペーサ部材40としては、既設額縁部材120から突出する既設戸当たり部101a,103aの突出量よりも大きな板厚を有したものを適用する。また、既設枠部材101,103の見込み面には、新設枠部材11,13の外方枠部分11B,13Bとの隙間を埋めるための補助スペーサ部材42を配設することが好ましい。固定ネジ部材41としては、スペーサ部材40及び既設額縁部材120を通過して、躯体であるまぐさ1bもしくは柱1aに達する長さを有したものを適用する。

0040

その後、図6−3に示すように、新設上枠部材11及び新設縦枠部材13の外方枠部分11B,13Bと外壁部材50との間に化粧枠60を取り付け、さらに、図1及び図2に示すように、額縁保持部材70を介して内方枠部分11A,13Aに新設額縁部材71,72を設け、固定用支持部材30の固定側縁部31を新設額縁部材71,72によって覆うようにすれば、躯体の枠用開口部1に新たな開口枠10が取り付けられることになる。

0041

上記のようにして新設上枠部材11及び新設縦枠部材13を取り付けた場合には、図1及び図2に示すように、固定用支持部材30の枠支持側縁部32が、枠用開口部1の見付け方向において既設開口枠100の戸当たり部101a,103aよりも内方側を通過して室外側に設けられるため、既設戸当たり部101a,103aを除去することなく固定用支持部材30の枠支持側縁部32を介して任意の位置に新設上枠部材11及び新設縦枠部材13を取り付けることができるようになり、建具の改装作業が煩雑化する事態を招来することがない。

0042

尚、上述した実施の形態では、玄関ドアを改装する場合に適用する改装用建具を例示しているが、必ずしも玄関ドアに限らず、開き窓等、見込み面に戸当たり部が突出する既設開口枠を備えた既設建具を改装するものにも適用することが可能である。また、玄関ドアの改装に適用する場合に上述した実施の形態では、2枚のドアパネルを備えたものを例示しているが、これに限定されない。さらに、既設額縁部材120が取り付けられた枠用開口部1に対して新たな開口枠10を設けるようにしているが、改装対象となる枠用開口部1は必ずしも既設額縁部材120が取り付けられている必要はない。既設額縁部材120が取り付けられていない枠用開口部1に対しては、例えば直接固定ネジ部材によって固定用支持部材をまぐさや柱に固定すれば良い。

0043

また、上述した実施の形態では、スペーサ部材40を介して固定用支持部材30を取り付けるようにしているため、スペーサ部材40の寸法を調整することにより、既設戸当たり部101a,103aの突出長さが異なる既設開口枠100に対しても同一の固定用支持部材30を用いて建具の改装を行うことができるが、必ずしもスペーサ部材を設ける必要はなく、直接固定用支持部材を取り付けるようにしても良い。さらに、固定用支持部材の形状は、実施のものに限らず、枠支持側縁部が、枠用開口部1の見付け方向において既設開口枠100の戸当たり部101a,103aよりも内方側を通過して室外側に配置されるものであれば、その他の形状であってももちろん良い。特に実施の形態のごとく、スペーサ部材を介して固定用支持部材を取り付けた場合には、固定用支持部材が必ずしも立上り部を有している必要もない。

0044

また、上述した実施の形態では、新設上枠部材11及び新設縦枠部材13として、内方枠部分11A,13Aと外方枠部分11B,13Bとを断熱部材11C,13Cによって連結したものを適用しているが、新設枠部材としては、必ずしも内方枠部分と外方枠部分との間に連結部材を備えている必要はない。さらに、新設枠部材は、内方枠部分及び外方枠部分を備えたものに限らず、内方枠部分及び外方枠部分が一体となったものを適用しても構わない。尚、内方枠部分11A,13Aと外方枠部分11B,13Bとを断熱部材11C,13Cによって連結させた新設上枠部材11及び新設縦枠部材13を適用する場合に上述した実施の形態では、固定用支持部材30に対して内方枠部分11A,13A及び外方枠部分11B,13Bのそれぞれを枠ネジ部材33,34によって取り付けるようにしているため、仮に火災時に断熱部材が焼失した場合にも内方枠部分11A,13A及び外方枠部分11B,13Bが脱落する事態を防止することが可能である。しかしながら、内方枠部分11A,13A及び外方枠部分11B,13Bのいずれか一方のみを固定用支持部材30に取り付けるようにしても構わない。

0045

1 枠用開口部
1a 柱
1bまぐさ
10新設開口枠
11 新設上枠部材
11A,13A内方枠部分
11B,13B 外方枠部分
11C,13C断熱部材
13 新設縦枠部材
20a,20bドアパネル
30固定用支持部材
31 固定側縁部
32 枠支持側縁部
33 枠ネジ部材
34 枠ネジ部材
40スペーサ部材
41固定ネジ部材
71 新設額縁部材
100既設開口枠
101既設上枠部材
101a,103a 既設戸当たり部
103既設縦枠部材
110既設ドアパネル
120 既設額縁部材

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

新着 最近 公開された関連が強い 技術

  • 三協立山株式会社の「 パネル体の取付方法」が 公開されました。( 2018/11/15)

    【課題】パネル体周囲の水密性能を安定的に確保できるパネル体の取付方法を提供する。【解決手段】本発明にかかるパネル体の取付方法は、次の工程を有する。1.枠組みされた複数のパネル体5の上枠13及び下枠15... 詳細

  • 日本総合住生活株式会社の「 沓摺り用カバーおよびこれを用いた既設沓摺りの改修方法」が 公開されました。( 2018/11/15)

    【課題】 各種既設沓摺りの寸法に合わせて複数種用意する必要がなく、且つ既設沓摺りの改修作業を簡易化することができる。【解決手段】 室内側から室外側に向かって順に、室内見付け面2a、主沓摺り面2b、... 詳細

  • YKKAP株式会社の「 枠アタッチメントの取付構造」が 公開されました。( 2018/11/15)

    【課題】枠アタッチメントの取付作業性および取付位置精度を向上できる枠アタッチメントの取付構造を提供すること。【解決手段】取付構造10は、引き違い窓1の下枠4の下面41に沿って配置される枠アタッチメント... 詳細

この 技術と関連性が強い 技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する挑戦したい社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ