図面 (/)

技術 カプセル剤

出願人 三生医薬株式会社
発明者 近藤隆
出願日 2013年7月29日 (7年4ヶ月経過) 出願番号 2013-156611
公開日 2015年2月5日 (5年9ヶ月経過) 公開番号 2015-024979
状態 特許登録済
技術分野 化粧料 医薬品製剤 食品の着色及び栄養改善
主要キーワード 立体成型 皮膜シート 空カプセル ロータリーダイ 芳香剤中 難溶性成分 室温保管 人工繊維
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2015年2月5日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (0)

図面はありません

課題

薬剤水溶性基剤に分散させたものは水溶性カプセル皮膜を溶解してしまうので、製剤化できたものは殆ど無い。

解決手段

ポリデキストロースキシロオリゴ糖およびL−カルニチンを水で溶解させたものを親水性基剤とした内容液封入したソフトカプセル及び液体充填ハードカプセル。内容液には目的成分として油性成分や難溶性成分も含ませることができる。

概要

背景

ソフトカプセル及び液体充填ハードカプセルは、通常、水溶性カプセル皮膜内に内容液注入充填)したものであり、水に接触させるとカプセル皮膜が溶解して内容液を放出することを利用して、上記製品の分野で製剤化されており、胃腸等の消化器官入浴時の湯、芳香剤中の水等がカプセル皮膜の溶解用の水や水溶液として利用されている。
上記したソフトカプセル及び液体充填ハードカプセルは、内容液に水、水溶液を含むと、カプセル皮膜が溶け易く、外部の温度、湿度包装形態にもよるが、通常の室温保管では、注入後の製造工程、流通段階保管中に内容液を漏出し、製品として機能しなくなるので、内容液の基剤は大半が油液になっている。
そして、この例外としてポリエチレングリコール(PEG)400〜1000水溶液をカプセル内容液の基剤としたものが、医薬品分野でニフェジピンなどの舌下吸収即効性ソフトカプセル製剤として細々と市販されている。
しかしPEG400〜1000は我国では食品として使用することはできず、又、合成品であることから、食品として使用できる国においても実際にはほとんど使用されていない。

概要

薬剤水溶性基剤に分散させたものは水溶性のカプセル皮膜を溶解してしまうので、製剤化できたものは殆ど無い。ポリデキストロースキシロオリゴ糖およびL−カルニチンを水で溶解させたものを親水性基剤とした内容液を封入したソフトカプセル及び液体充填ハードカプセル。内容液には目的成分として油性成分や難溶性成分も含ませることができる。 なし

目的

本発明は、上記の課題を解決する、食品用にもできる親水性基剤を内容液とする新規なソフトカプセル及び液体充填ハードカプセルを提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

請求項2

請求項1に記載したカプセル剤において、目的成分として油溶性成分及び/または難溶性成分を親水性基剤に含ませたことを特徴とするカプセル剤。

請求項3

請求項1または2に記載したカプセル剤において、体内吸収を向上させたことを特徴とするカプセル剤。

技術分野

0001

本発明は、健康食品化粧品入浴剤医薬品、芳香剤等に用いられる、ソフトカプセルまたは液体充填ハードカプセルに製剤化したカプセル剤に関するものである。

背景技術

0002

ソフトカプセル及び液体充填ハードカプセルは、通常、水溶性カプセル皮膜内に内容液注入充填)したものであり、水に接触させるとカプセル皮膜が溶解して内容液を放出することを利用して、上記製品の分野で製剤化されており、胃腸等の消化器官入浴時の湯、芳香剤中の水等がカプセル皮膜の溶解用の水や水溶液として利用されている。
上記したソフトカプセル及び液体充填ハードカプセルは、内容液に水、水溶液を含むと、カプセル皮膜が溶け易く、外部の温度、湿度包装形態にもよるが、通常の室温保管では、注入後の製造工程、流通段階保管中に内容液を漏出し、製品として機能しなくなるので、内容液の基剤は大半が油液になっている。
そして、この例外としてポリエチレングリコール(PEG)400〜1000水溶液をカプセル内容液の基剤としたものが、医薬品分野でニフェジピンなどの舌下吸収即効性ソフトカプセル製剤として細々と市販されている。
しかしPEG400〜1000は我国では食品として使用することはできず、又、合成品であることから、食品として使用できる国においても実際にはほとんど使用されていない。

発明が解決しようとする課題

0003

内容液の基剤が油液だと、唾液胃液腸液あるいは入浴時の湯、芳香剤の水等には溶解、拡散し難い場合があり、PEG400〜1000に代わって食品用にもなる基剤が求められている。それ故、本発明は、上記の課題を解決する、食品用にもできる親水性基剤を内容液とする新規なソフトカプセル及び液体充填ハードカプセルを提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0004

本発明者は、できるだけ天然物に近い食用可能な成分で、ソフトカプセル及び液体充填ハードカプセルの内容液として、唾液、胃液、腸液あるいは入浴時の湯、芳香剤の水等と自由に混合、溶解する基剤でありながら、水溶性のカプセル皮膜を溶解しない材料について鋭意検討した結果、健康食品の主成分、有効成分として一部に使われており、それ自体が健康食品としても有用な以下の成分が該当することを発見し、これらを内容液の親水性基剤として用いたソフトカプセル及び液体充填ハードカプセルを提案するに至った。
この新規の親水性基剤はポリデキストロースキシロオリゴ糖、またはL−カルニチンの水溶液である。

発明の効果

0005

本発明の基剤は、水溶性のカプセル皮膜を溶解させず、しかも、カプセル皮膜が溶解して放出されると、唾液、胃液、腸液あるいは入浴時の湯、芳香剤の水等と自由に混合、溶解する。しかも、食用にもなる。従って、この基剤を内容液としてソフトカプセル及び液体充填ハードカプセルに製剤化すれば、健康食品、化粧品、入浴剤、医薬品、芳香剤等として用いることができる。
以下、本発明のカプセル剤について詳細に説明する。

0006

(カプセル内容液)
基剤は、水溶性のポリデキストロース、キシロオリゴ糖、またはL−カルニチンを水で溶解させたものである。これらは単独で使用しても、併用してもよい。
これらは、特に共通の構造的特徴は無いが、膨大な候補を試験に供した上で見出したものである。

0007

ポリデキストロースは、水溶性の食物繊維一種であり、とうもろこし由来ブドウ糖ソルビトールクエン酸高圧下で重合してつくられた、水溶性の人工繊維である。
水溶性の食物繊維には、他にもあり、例えば、ジャガイモデンプンを処理して得られる難消化性デキストリン寒天が挙げられるが、カプセルへの製剤化や分散性の面から、ポリデキストロースが実用に耐え得ると確認されている。

0008

キシロオリゴ糖は、単糖グリコシル結合で複数個結合した短い糖鎖であるオリゴ糖の一種であり、コーンコブ綿実殻等から得られるホモ多糖キシランヘミセルロース)を原料とし、キシロースがβ-1,4結合で数個結合した水溶性の高分子である。食物繊維を特別な酵素で分解することによりつくられる。
オリゴ糖は、他にもあり、例えば、ガラクトオリゴ糖フラクトオリゴ糖が挙げられるが、カプセルへの製剤化や分散性の面から、キシロオリゴ糖が実用に耐え得ると確認されている。

0009

L−カルニチンは、必須アミノ酸であるL−リジン炭素骨格をもとに、トリメチル化剤として機能するもう一つの必須アミノ酸(L−メチオニン)を原料として主に動物界でつくられる水溶性の分子である。このL−カルニチンが実用に耐え得ると確認されている。なお、本発明では、アセチルL−カルニチン等の誘導体も含まれる。

0010

上記した3種のポリデキストロース、キシロオリゴ糖、L−カルニチンは、いずれも水で溶解して溶媒乃至分散媒にすることが想定されている。但し、水のみに限定されるわけではなく、例えば薬剤などの目的成分の溶解を促すために少量のエタノールを加えることも考えられる。

0011

基剤に含ませる目的成分は、油性物質でも、水溶性物質でも、難溶性物質でもよい。またはこれらは、併用してもよい。
目的成分の用途に関しては、所謂健康食品や入浴剤だけでなく、医薬品や医薬部外品も含まれる。具体的には、油性物質としてはビタミンAビタミンDコエンザイムQ10、ドコサヘキサエン酸(DHA)、エイコサペンタエン酸(EPA)等が挙げられ、水溶性物質としてはビタミンB群ビタミンCコラーゲン等や、生薬動植物発酵物等を水又は含水アルコール等で抽出した水性エキス等が挙げられ、難溶性物質としてはセサミンジンセノサイド等が挙げられる。

0012

目的成分が粉末状の難溶性物質である場合には、基剤への分散を助けるために、分散剤を配合してもよい。分散剤の例としては、レシチングリセリン脂肪酸エステルポリグリセリン脂肪酸エステル等の乳化剤や、グァーガムキサンタンガム等の増粘多糖類が挙げられる。
更に、防腐剤着色剤酸化チタン等の添加成分を加えることもできる。
但し、上記の薬剤は、いずれも、親水性基剤としての特性を損なわない範囲で加えられるべきものであり、合わせても精々10質量%程度に収めるのが好ましい。

0013

内容液を作製するに際して、水の適正量は、基剤の種類によっても変わるし、目的成分の性質、すなわち水溶性か油溶性難溶性かによっても変わるし、目的成分の配合量によっても変わるが、最終的にはカプセルに製剤化することから、内容液の粘度が指標となっており、粘度は10〜50,000cpsに収めることが好ましい。なお、粘度は回転粘度計(BROOKFIELD製VISCOMETER)による測定結果により規定したものである。

0014

(カプセル皮膜)
カプセル皮膜の素材はカプセルに成形でき、且つ水溶性であれば特に限定されず、動物系のゼラチンを基剤とし、グリセリン等の可塑剤を含むものが代表的であるが、これに限定されず、植物系プルラン、寒天、カラギーナン、デンプン、デンプン分解物アルギン酸やHPMC(ヒドロキシプロピルメチルセルロース)、ジェランガム等や、これらの酸化アルカリ化した増粘多糖類も使用できる。
ゼラチン系では、ゼラチンがアミノ基を有しているため内容液側に配合する成分の種類によっては不溶化するため、それを阻止するために分子量の小さいポリペプチドのような水溶性高分子物質を含ませる場合もあるが、その場合でも本発明では内容液側の基剤を上記したもので構成することで、皮膜の変形や溶解は阻止される。

0015

(製造方法)
カプセル剤は、常法により製造できる。例えば、ハードカプセル剤の場合には成型した空カプセルに内容液を充填して封止することで製造でき、ソフトカプセル剤の場合には金型回転式ロータリーダイを利用して、二枚の皮膜シートの間にその内容液をそのまま充填しながら立体成型することで製造できる。

0016

このポリデキストロース、キシロオリゴ糖、L−カルニチンを基剤とし、代表的な健康食品成分であるビタミンC、ウコン粉末、コエンザイムQ10、水性エキスである黒酢エキス梅エキスをそれぞれ目的成分として配合したものを内容液としたソフトカプセル剤と、対照として基剤に従来技術の代表的油液を用いたソフトカプセル剤を製造した。そして、それらの安定性および人工腸液への溶解性体内吸収パラメーター)を比較した。

0017

評価方法は、各検体ガラス瓶包装し、40℃、室温、冷蔵冷凍の各保管条件(30日間)で保存し、外観の安定性を比較した。

0018

各検体の体内吸収パラメーターとして、人工腸液内での溶解・拡散性(完全に拡散するまでの時間)を比較した。
本試験の処方および評価結果を以下の表1〜5に示す。

0019

0020

0021

0022

0023

0024

表1〜3の結果から、本発明品はカプセル内容液として、水と自由に混合、溶解する基剤でありながら、水溶性カプセル皮膜は溶解せずにカプセル化が可能となり、保管期間中、良好な外観を保ち、人工腸液との溶解性、分散性も優れており、体内吸収が高いことが確認された。

0025

表4〜5の結果から、水性エキスである黒酢エキス、梅エキスを従来技術の代表的案油液を用いたソフトカプセル剤と比較し、高配合することができ尚且つカプセル化の安定性も確認がとれ、体内吸収が高いことも確認された。

実施例

0026

ソフトカプセル剤は内容液が液体であり、一般的な錠剤等の固形剤り体内吸収、AUC(血中濃度時間曲線面積)が高いと言われており、水溶性のカプセル皮膜は水に溶解しても内容液が水に溶解しないという問題があったが、本発明の新規の親水性基剤を用いることにより、その有用性、利便性を高めることができることが確認された。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 日光ケミカルズ株式会社の「 毛髪化粧料」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】洗髪後の濡れた毛髪における過多のドライヤー使用による熱ダメージ、ドライヤー乾燥過程における長時間のコーミングによる摩擦ダメージなどを軽減するため、毛髪がすぐに乾く、撥水効果の高い毛髪化粧料の提... 詳細

  • 株式会社マンダムの「 口臭抑制剤」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】安全性が高く、経口摂取することが可能な口臭抑制剤を提供する。【解決手段】 ジュンサイ抽出物を含むことを特徴とする口臭抑制剤を提供する。前記の口臭抑制剤は、さらに、ルイボス抽出物及びリンゴンベ... 詳細

  • 阿万恵理の「 モリンガ発酵食品」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】モリンガを発酵させるのに最適な食品を選択し、モリンガの有効成分を強化させたモリンガ発酵食品を提供すること。【解決手段】モリンガに大豆乾燥粉砕物を混合し、当該モリンガを発酵させる。また、使用する... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い法人

関連性が強い法人一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ