図面 (/)

技術 ホモジナイズ袋

出願人 大日本印刷株式会社
発明者 風間圭佑
出願日 2013年6月27日 (7年6ヶ月経過) 出願番号 2013-135545
公開日 2015年1月19日 (5年11ヶ月経過) 公開番号 2015-008662
状態 未査定
技術分野 サンプリング、試料調製 微生物・酵素関連装置
主要キーワード 粒状部材 ステンレス鋼粒子 曲線輪郭 円形シール 略二等分 収容形態 中央領 構造形状
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2015年1月19日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (10)

課題

生体組織片固形食品等のうち例えば繊維質検体食肉等のようなホモジナイズ処理しにくい検体試料であっても、より効果的なホモジナイズ処理を行うことができる新しいホモジナイズ袋を提供する。

解決手段

開口部52又は開封部を備えた袋50と、粒状部材1と、粒状部材1を袋50の内壁51との間に収容する収容部材2とを有するホモジナイズ袋100により上記課題を解決する。収容部材2が複数の収容部に区分けされ、粒状部材1がその複数の収容部に収容されていてもよいし、その複数の収容部が、それぞれ同じ又は異なる平均粒径の粒状部材1を収容していてもよい。開封部は、仮封止手段又は易開封手段として設けられている。このホモジナイズ袋100には、袋50に入れる検体試料及びホモジナイズ処理した後の検体試料を通過させないためのフィルタを設けてもよいし、予め溶液が収容されてもよい。

概要

背景

生体組織片固形食品等(以下、「食品等」ともいう。)は、細菌等の微生物を含むことがあり、そうした微生物は、検査微生物検査)によってその存在や種類が調べられている。微生物の検査は、通常、検査対象になる食品等の検体試料から溶液(例えば希釈水)中に微生物を抽出し、抽出した微生物をその溶液中で均質化する処理(以下「ホモジナイズ処理」という。)を行っている。このホモジナイズ処理は、微生物検査の前段階の処理であり、微生物の検査を精度よく行うために行われる。微生物の抽出は、検体試料と溶液(例えば希釈水)を入れた袋(この袋を「ホモジナイズ袋」という。)を押しつぶしたり揉みつぶしたりして行われる。抽出された微生物は、溶液中で均質化し、その溶液を取り出して検査装置で微生物が検査される。

ホモジナイズ袋は、種々のものが提案されている。例えば、特許文献1では、内部空間に小空間部が設けられ、該小空間部を任意の高さ位置において該小空間部の全幅に亘って液密シールすることにより該小空間部の該液密シールの上方部分に液溜部を形成したホモジナイズ袋が提案されている。このホモジナイズ袋は、短いピペットであっても開口部から垂直に差し込むことにより懸濁液を容易に吸入することができるとされている。

また、特許文献2では、フィルタ付きホモジナイズ袋において、前記フィルタは、その長手方向に延長する一方の側縁袋体幅方向略中央において袋体の一方の内側面に接着されるとともに、他方の長手方向側縁が袋体の長手方向に延長する両側縁のうちの一方の側縁部分に挟み込まれた状態で一体的に接着されているホモジナイズ袋が提案されている。このホモジナイズ袋は、試料収容部に十分な容量を確保するとともに、食品試料注入ピペッティング等の作業を円滑に行うことができるとされている。

特許文献3の技術は、特許文献1,2のホモジナイズ袋とは異なるが、タンパク質核酸等を抽出する用途に使用する破砕用キットに関するものである。この破砕用キットは、開口を有し試料を収容するための袋と、袋を試料に押しつけて試料を破砕するために袋に設けられた複数の硬質粒状部材と、前記開口を開閉するための開閉部材とを備えたものであり、構造や操作が簡単で、迅速に効率よく組織片を破砕すること等ができるとされている。

概要

生体の組織片や固形の食品等のうち例えば繊維質検体食肉等のようなホモジナイズ処理しにくい検体試料であっても、より効果的なホモジナイズ処理を行うことができる新しいホモジナイズ袋を提供する。開口部52又は開封部を備えた袋50と、粒状部材1と、粒状部材1を袋50の内壁51との間に収容する収容部材2とを有するホモジナイズ袋100により上記課題を解決する。収容部材2が複数の収容部に区分けされ、粒状部材1がその複数の収容部に収容されていてもよいし、その複数の収容部が、それぞれ同じ又は異なる平均粒径の粒状部材1を収容していてもよい。開封部は、仮封止手段又は易開封手段として設けられている。このホモジナイズ袋100には、袋50に入れる検体試料及びホモジナイズ処理した後の検体試料を通過させないためのフィルタを設けてもよいし、予め溶液が収容されてもよい。

目的

本発明は、上記課題を解決するためなされたものであって、その目的は、生体の組織片や固形の食品等のうち例えば繊維質の検体や弾力性のある検体等のようなホモジナイズ処理しにくい検体試料であっても、より効果的なホモジナイズ処理を行うことができる新しいホモジナイズ袋を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

開口部又は開封部を備えた袋と、粒状部材と、前記粒状部材を前記袋の内壁との間に収容する収容部材とを、有することを特徴とするホモジナイズ袋。

請求項2

前記収容部材が複数の収容部に区分けされ、前記粒状部材が前記複数の収容部に収容されている、請求項1に記載のホモジナイズ袋。

請求項3

前記複数の収容部が、それぞれ同じ又は異なる平均粒径の粒状部材を収容している、請求項2に記載のホモジナイズ袋。

請求項4

前記袋に入れる検体試料及びホモジナイズ処理した後の検体試料を通過させないためのフィルタを有している、請求項1〜3のいずれか1項に記載のホモジナイズ袋。

請求項5

予め溶液を収容している、請求項1〜4のいずれか1項に記載のホモジナイズ袋。

請求項6

仮封止手段及び易開封手段の一方又は両方を有している、請求項1〜5のいずれか1項に記載のホモジナイズ袋。

技術分野

0001

本発明は、検体試料から微生物等を溶液中に抽出し、抽出した微生物等をその溶液中で均質化する処理(ホモジナイズ処理)に用いる袋(ホモジナイズ袋)に関する。

背景技術

0002

生体組織片固形食品等(以下、「食品等」ともいう。)は、細菌等の微生物を含むことがあり、そうした微生物は、検査微生物検査)によってその存在や種類が調べられている。微生物の検査は、通常、検査対象になる食品等の検体試料から溶液(例えば希釈水)中に微生物を抽出し、抽出した微生物をその溶液中で均質化する処理(以下「ホモジナイズ処理」という。)を行っている。このホモジナイズ処理は、微生物検査の前段階の処理であり、微生物の検査を精度よく行うために行われる。微生物の抽出は、検体試料と溶液(例えば希釈水)を入れた袋(この袋を「ホモジナイズ袋」という。)を押しつぶしたり揉みつぶしたりして行われる。抽出された微生物は、溶液中で均質化し、その溶液を取り出して検査装置で微生物が検査される。

0003

ホモジナイズ袋は、種々のものが提案されている。例えば、特許文献1では、内部空間に小空間部が設けられ、該小空間部を任意の高さ位置において該小空間部の全幅に亘って液密シールすることにより該小空間部の該液密シールの上方部分に液溜部を形成したホモジナイズ袋が提案されている。このホモジナイズ袋は、短いピペットであっても開口部から垂直に差し込むことにより懸濁液を容易に吸入することができるとされている。

0004

また、特許文献2では、フィルタ付きホモジナイズ袋において、前記フィルタは、その長手方向に延長する一方の側縁袋体幅方向略中央において袋体の一方の内側面に接着されるとともに、他方の長手方向側縁が袋体の長手方向に延長する両側縁のうちの一方の側縁部分に挟み込まれた状態で一体的に接着されているホモジナイズ袋が提案されている。このホモジナイズ袋は、試料収容部に十分な容量を確保するとともに、食品試料注入ピペッティング等の作業を円滑に行うことができるとされている。

0005

特許文献3の技術は、特許文献1,2のホモジナイズ袋とは異なるが、タンパク質核酸等を抽出する用途に使用する破砕用キットに関するものである。この破砕用キットは、開口を有し試料を収容するための袋と、袋を試料に押しつけて試料を破砕するために袋に設けられた複数の硬質粒状部材と、前記開口を開閉するための開閉部材とを備えたものであり、構造や操作が簡単で、迅速に効率よく組織片を破砕すること等ができるとされている。

先行技術

0006

特開2001−346571号公報
特開2002−82108号公報
特開2006−230279号公報

発明が解決しようとする課題

0007

生体の組織片や固形の食品等のうち、繊維質検体や、食肉イカタコ等の弾力性のある検体等は、特許文献1,2で提案されたホモジナイズ袋を用いてホモジナイズ処理をしても、それら検体を十分に押しつぶしたり細かく破砕したりすることができず、微生物を十分に抽出できないことがある。そのため、長時間のホモジナイズ処理が必要になることがある。

0008

また、特許文献3で提案されている破砕用キットは、硬質の粒状部材が袋に固定されたものである。そのため、破砕用キットは、ホモジナイズ処理に適用された場合に食品等を一定程度破砕することができるものと考えられるが、袋に固定された粒状部材は、流動性がなく、より効果的なホモジナイズ処理を行うことができない。

0009

本発明は、上記課題を解決するためなされたものであって、その目的は、生体の組織片や固形の食品等のうち例えば繊維質の検体や弾力性のある検体等のようなホモジナイズ処理しにくい検体試料であっても、より効果的なホモジナイズ処理を行うことができる新しいホモジナイズ袋を提供することにある。

課題を解決するための手段

0010

上記課題を解決するための本発明に係るホモジナイズ袋は、開口部又は開封部を備えた袋と、粒状部材と、前記粒状部材を前記袋の内壁との間に収容する収容部材とを、有することを特徴とする。

0011

本発明に係るホモジナイズ袋において、前記収容部材が複数の収容部に区分けされ、前記粒状部材が前記複数の収容部に収容されていてもよい。

0012

本発明に係るホモジナイズ袋において、前記複数の収容部が、それぞれ同じ又は異なる平均粒径の粒状部材を収容していてもよい。

0013

本発明に係るホモジナイズ袋において、前記袋に入れる検体試料及びホモジナイズ処理した後の検体試料を通過させないためのフィルタを有していてもよい。

0014

本発明に係るホモジナイズ袋において、予め溶液を収容していてもよい。

0015

本発明に係るホモジナイズ袋において、仮封止手段及び易開封手段の一方又は両方を有していてもよい。

発明の効果

0016

本発明に係るホモジナイズ袋によれば、生体の組織片や固形の食品等のうち例えば繊維質の検体や弾力性のある検体等のようなホモジナイズ処理しにくい検体試料であっても、より効果的なホモジナイズ処理を行うことができる。

図面の簡単な説明

0017

本発明に係るホモジナイズ袋の一例を示す正面図(A)、及び、そのホモジナイズ袋に検体試料と溶液とを入れた例を示す正面図(B)である。
ホモジナイズ袋の内壁に設けられた収容部材の設置形態(片壁設置)を説明する正面図(A)、B−B断面図(B)、及びC−C断面図(C)である。
ホモジナイズ袋の内壁に設けられた収容部材の他の設置形態(両壁設置)を説明する正面図(A)、B−B断面図(B)、及びC−C断面図(C)である。
ホモジナイズ袋の内壁に設けられた収容部材の他の設置形態(区分け設置、各収容部に同粒径の粒状部材)を説明する正面図(A)、B−B断面図(B)、及びC−C断面図(C)である。
ホモジナイズ袋の内壁に設けられた収容部材の他の設置形態(区分け設置、各収容部材には位置によって異粒径の粒状部材)を説明する正面図(A)、B−B断面図(B)、及びC−C断面図(C)である。
ホモジナイズ袋にフィルタを設けた一例を示す正面図(A)及びB−B断面図(B)である。
ホモジナイズ袋にフィルタを設けた他の一例を示す正面図(A)及びB−B断面図(B)である。
仮封止手段を設けた一例を示す部分正面図(A)、仮封止手段を設けた他の一例を示す部分正面図(B)、及び仮封止手段と易開封手段を設けた一例を示す部分正面図(C)である。
方シールされたホモジナイズ袋に易開封手段を設けた一例を示す部分正面図(A)、及び全方シールされたホモジナイズ袋に易開封手段と仮封止手段を設けた一例を示す部分正面図(B)である。

実施例

0018

本発明に係るホモジナイズ袋について、図面を参照しつつ詳しく説明する。なお、本発明は以下の実施形態に限定されるものではなく、その要旨の範囲内で種々変形して実施することができる。

0019

[ホモジナイズ袋]
本発明に係るホモジナイズ袋100(100a〜100k)は、図1図9に示すように、開口部52又は開封部53を備えた袋50と、粒状部材1と、その粒状部材1を袋50の内壁51との間に収容する収容部材2とを有している。

0020

こうしたホモジナイズ袋100は、収容部材2と袋50の内壁51との間に粒状部材1が収容されているので、検体試料5と溶液4が入ったホモジナイズ袋100に外部から力を加えたとき、収容された粒状部材1が検体試料5を押しつぶしたり揉みつぶしたり細かく破砕したりして、検体試料5が含む微生物を効果的に抽出することができる。さらに、収容された粒状部材1は、内壁に固定されずに移動可能であるので、溶液の対流等が促され、抽出した微生物を溶液中で効果的に均質化することができる。その結果、ホモジナイズ処理しにくい検体試料5であっても、より効果的なホモジナイズ処理を行うことができる。

0021

[各構成要素]
以下、ホモジナイズ袋100の各構成を詳しく説明する。

0022

(袋)
袋50は、ホモジナイズ処理前に検体試料5と溶液4が投入されて、それらを収容する。袋50は、開口部52又は開封部53を備えている。開口部52は、図1等に示すように、袋50に予め設けられていてもよいし、図9に示すように、開封部53を開封することによって設けられてもよい。ホモジナイズ処理された後は、その開口部52から溶液等の内容物が取り出される。

0023

開口部52は、図1等に示すように、例えば三方シールされた袋50に予め設けられていてもよいし、図9に示すように、全方が封止された袋の一部に開封部53が設けられ、その開封部53を開封して設けてもよい。開口部52又は開封部53は、袋50のどの位置に設けられていてもよいが、通常はホモジナイズ処理時に上になる方に設けられている。開口部52や開封部53の数は、通常は一つであるが、二以上設けられていてもよい。

0024

開口部52又は開封部53の大きさは特に限定されず、図1図9に示すように四角形状の袋50の場合は、上辺の全てが開口部52又は開封部53であってもよいし、上辺の一部が開口部52又は開封部53であってもよい。また、開口部52又は開封部53の形状も特に限定されず、図1等に示すような直線形状であってもよいし、曲線形状であってもよい。また、開口部52又は開封部53の位置も特に限定されず、図1等に示すように上辺に設けられていてもよいし、横側の辺に設けられていてもよいし、袋50の前後の面の一方又は両方に設けられていてもよい。

0025

開封部53を備えた袋50は、図9に示すように、袋50の内部を密封したまま保持することができる。そのため、開封部53が開封されるまで、袋50内への汚染物質混入を防ぐことができ、微生物検査等の検査精度を向上させることができる。

0026

なお、開封部53は、易開封手段9(9a,9b)が設けられており、この易開封手段9によって容易に開封することができる。易開封手段9の詳細は後述する。また、袋50は、図8に示すような仮封止手段8が設けられていてもよい。この仮封止手段8は、検体試料5や溶液4を収容した後に、その検体試料5や溶液4が漏れ出さないように密閉することができるものである。仮封止手段8の詳細も後述する。

0027

開口部52以外の部分は、封止された封止部3で構成されている。封止部3は、ホモジナイズ処理時に剥離しない程度の気密性及び強度を有していればよい。封止部3は、所定の大きさに切断されたフィルム又はシートを各種の封止手段で設けることができる。そうした封止手段としては、熱溶着ヒートシール)法又は熱ラミネート法であってもよいし、フィルム又はシートの折り曲げ手段と熱溶着法又は熱ラミネート法とを併用した手段であってもよい。封止部3は、投入された検体試料5及び溶液4がホモジナイズ処理された後に取り出されるまで漏れ出ないように設けられている。

0028

袋50は、柔軟性を有するとともに、検体試料5と溶液4とがホモジナイズ処理される間にそれらが漏れ出さない程度の気密性と強度を有している。そうした袋50としては、樹脂製のフィルム又はシートが好ましく使用される。樹脂製のフィルム又はシートの材質としては、例えば、ポリスチレンポリエチレンポリプロピレンナイロンポリエステルポリカーボネート及び合成ゴム等から選ばれる1種又は2種以上を使用することができる。樹脂製のフィルム又はシートは、単層構造でもよいし、同じ又は異なる材質のものを重ねた積層構造でもよい。また、樹脂製のフィルム又はシートは、一軸延伸させたものであってもよいし、二軸延伸させたものであってもよい。一軸延伸させたフィルム又はシートは、後述する易開封手段9によって容易に開封することができるので便利である。袋50の厚さは特に限定されないが、通常、60μm以上、80μm以下の範囲内の厚さのものが用いられる。

0029

袋50の形状は、ホモジナイズ処理する態様により適宜選択することができる。例えば図1等に示すような四角形状であってもよいし、三角形状等の多角形状やコーナー部を減らした曲線輪郭を持つ形状であってもよい。具体的には、例えば、ボトムシール袋、サイドシール袋、ピロー袋ガゼット袋スタンディングパウチ円形シール袋等を挙げることができる。袋50の容量も特に限定されないが、通常、50mL以上5000mL以下程度である。

0030

(収容部材)
収容部材2は、粒状部材1を収容するものである。具体的には、図2図5に示すように、収容部材2は、袋50の内壁51に設けられており、その内壁51との間に粒状部材1を収容している。粒状部材1が収容されている部分を「収容部21」といい、ホモジナイズ処理後であっても、少なくとも粒状部材1は収容部21に収容されている。

0031

収容部材2の材質は特に限定されず、各種のものを使用できる。収容部材2の材質としては、例えば、ポリエチレン、ポリプロピレン、エチレン酢酸ビニル共重合体、ナイロン等の材質から選ばれる1種又は2種以上の樹脂材料を挙げることができる。収容部材2の厚さも特に限定されないが、通常、60μm以上、80μm以下の範囲内の厚さのものを使用することができる。

0032

収容部材2の構造形状も特に限定されず、検体試料5の種類や粒状部材1の種類等に応じて、各種の構造形状のものを使用できる。例えば、上記した材質で成形されたフィルム、シート、不織布又は繊維製品等を挙げることができる。なかでも、不織布、繊維製品(織物編物等)、多孔質フィルム等は、溶液4を通過させることができると共に、その目の細かさによっては、粒状部材1を収容部材2内に保持したまま、その粒状部材1よりも小さい検体試料5を通過させたり、粒状部材1よりも大きい検体試料5をその粒状部材1とともに保持したりすることができるので好ましい。

0033

収容部材2の袋50への取り付けは、収容部材2の周囲の縁(周縁又は外縁ともいう。)を袋50の内壁51に貼り合わせて行うことができる。収容部材2の貼り合わせ手段は特に限定されず、ヒートシール法又は熱ラミネート法等の公知の手段を適用できる。

0034

収容部21は、収容部材2と袋50の内壁51との間に粒状部材1を収容している部分である。収容部21の形態は特に限定されず、例えば図2図5に示すような形態を挙げることができる。

0035

図2に示す収容部21は、図2(B)(C)に示すように、袋50の一方の内壁51に収容部材2を設けて構成されたものであり、収容部材2と内壁51との間には一つの空間が設けられている。

0036

この形態(第1収容形態)は、その空間内に多数の粒状部材1を収容した形態である。この第1収容形態によれば、検体試料5と溶液4が入ったホモジナイズ袋100に外部から力を加えたとき、その収容部21内の粒状部材1が検体試料5を押しつぶしたり揉みつぶしたり細かく破砕したりすることができる。その結果、検体試料5に含まれる微生物を効果的に抽出することができる。

0037

収容部21内への粒状部材1の収容形態は、収容部材2の取り付け方によって任意に調整される。収容部材1をあまり撓まないように内壁51に取り付けた場合は、収容部材1と内壁51との間が狭くなる。そのため、収容部21に収容された粒状部材1は、図2に示すように、収容部材2と内壁51に沿ってほぼ一列になるように均一に収容される。一方、収容部材1を少し撓むように内壁51に取り付けた場合は、収容部材1と内壁51との間にやや余裕ができて広くなる。そのため、収容部21に収容された粒状部材1は、図2の態様とは若干異なり、下方に2列以上に重なり合うような態様で収容されることがある。

0038

収容部21は、図2の例では、袋50の底部から約中間部までが一つの収容部になるように設けられている。収容部21を設ける位置は、図2の例に特定されず、袋の底部から上部近くまでが一つの収容部になるように設けられていてもよいし、底部側だけに設けられていてもよい。また、収容部21の幅も、図2に示すように両辺(右辺から左辺)に渡って設けられていてもよいし、それより短い幅で設けられていてもよい。短い幅とは、一方の辺から中央部まで設けられていてもよいし、両辺から少し離れた中央領域に設けられていてもよい。

0039

なお、図2に示した第1収容形態で説明した事項のうち、図3図5に示す収容形態に適用できる事項については、図3図5に示す収容形態についても同様に適用できる。

0040

図3に示す収容部21は、図3(B)(C)に示すように、袋50の対向する二つの内壁51に収容部材2を設けて構成されたものであり、収容部材2と内壁51との間には一つの空間が設けられており、その空間が対向して二つ設けられている。

0041

この形態(第2収容形態)は、それぞれの空間内に多数の粒状部材1を収容した形態である。この第2収容形態によれば、検体試料5と溶液4が入ったホモジナイズ袋100に外部から力を加えたとき、その収容部21内の粒状部材1が検体試料5を袋50の両面から押しつぶしたり揉みつぶしたり細かく破砕したりすることができる。その結果、検体試料5に含まれる微生物を効果的に抽出することができる。

0042

収容部21内への粒状部材1の収容形態は、上記第1収容形態と同様であり、収容部材2の取り付け方によって任意に調整される。なお、図3の例では、各収容部21は向かい合っているが、向かい合わないように配置してもよい。

0043

収容部21は、図3の例でも、袋50の底部から約中間部までが一つの収容部になるように設けられているが、その他の態様であってもよい。収容部21を設ける位置の他の態様についても、上記第1収容形態と同様である。

0044

図4に示す収容部21(21a〜21e)は、図4(B)(C)に示すように、収容部材2が複数(二以上)に区分けされたものであり、その複数の収容部21a〜21eに粒状部材1が収容されている。図4の例では、複数の収容部21a〜21eは、対向する二つの内壁51それぞれに均等に設けられている。

0045

この形態(第3収容形態)は、内壁51に均等に配置された各収容部21a〜21e内に同じ平均粒径の粒状部材1を収容した形態である。こうした第3収容形態によれば、収容部21a〜21eを設けることにより、従来のように粒状部材1が下方に沈むように集まってしまうことがなく、また、1つの収容部21を備えた第1収容形態や第2収容形態の場合とは異なり、内壁面により均等に粒状部材1が配置されていることになる。そのため、検体試料5と溶液4が入ったホモジナイズ袋100に外部から力を加えたとき、内壁面に均等に対置された各収容部21a〜21e内の粒状部材1が検体試料5に均等に作用し、袋50の両面から押しつぶしたり揉みつぶしたり細かく破砕したりすることができる。その結果、検体試料5に含まれる微生物を効果的に抽出することができる。

0046

各収容部21a〜21e内への粒状部材1の収容形態は、上記第1又は第2収容形態と同様であり、収容部材2の取り付け方によって任意に調整される。なお、図4の例では、各収容部21は向かい合っているが、向かい合わないように配置してもよい。

0047

各収容部21a〜21eは、図4の例でも、袋50の底部から約中間部までの位置に設けられているが、その他の態様であってもよい。収容部21を設ける位置の他の態様についても、上記第1や第2収容形態と同様である。

0048

各収容部21a〜21eは、粒状部材1を収容した収容部を一つ一つ取り付けて設けてもよいし、複数の収容部を同時に取り付けて設けてもよい。区分けされた各収容部21a〜21eは、検体試料5の種類等に応じて、数、配置場所、大きさ、形状等を適宜調整してもよい。

0049

図5に示す収容部21は、図4に示す第3収容形態と同様、収容部材2が複数に区分けされたものであり、その複数の収容部21a〜21eに粒状部材1が収容されている。図5の例でも、複数の収容部21a〜21eは、対向する二つの内壁51それぞれに均等に設けられている。

0050

この形態(第4収容形態)は、内壁51に均等に配置された各収容部21a〜21e内に異なる平均粒径の粒状部材1を収容した形態である。詳しくは、図5(A)(B)に示すように、最上段の収容部21aから最下段の収容部21eに向かって、粒状部材1の平均粒径が順に大きくなっている。収容部21a〜21eを設けることにより、検体試料5が大きくて袋50の底に沈むような場合に、底に沈んだ大きな検体試料5に対しては大きな平均粒径の粒状部材1を作用させることができる。そのため、検体試料5と溶液4が入ったホモジナイズ袋100に外部から力を加えたとき、底部側の収容部21eに収容された大きな平均粒径の粒状部材1が、底に沈んだ検体試料5に作用し、そうした検体試料5を効果的に押しつぶしたり揉みつぶしたり細かく破砕したりすることができる。その結果、検体試料5に含まれる微生物を効果的に抽出することができる。

0051

各収容部21a〜21e内への粒状部材1の収容形態は、上記第3収容形態と同様であり、収容部材2の取り付け方によって任意に調整される。図5に示した以外の粒状部材1の収容形態としては、例えば、袋50の封止部3から中央領域に向かって、粒状部材1の平均粒径を大きくしたり又は小さくしたりすることもできる。なお、図5の例では、各収容部21は向かい合っているが、向かい合わないように配置してもよい。各収容部21a〜21eは、図5の例でも、袋50の底部から約中間部までの位置に設けられているが、その他の態様であってもよい。収容部21を設ける位置の他の態様についても、上記第3収容形態と同様である。

0052

各収容部21a〜21eは、粒状部材1を収容した収容部を一つ一つ取り付けて設けてもよいし、複数の収容部を同時に取り付けて設けてもよい。区分けされた各収容部21a〜21eは、検体試料5の種類等に応じて、数、配置場所、大きさ、形状等を適宜調整してもよい。

0053

(粒状部材)
粒状部材1は、図1図5に示すように、袋50の内壁51と収容部材2との間に収容されている。この粒状部材1は、ホモジナイズ処理時に、検体試料5を押しつぶしたり揉みつぶしたり細かく破砕したりするように作用する。また、粒状部材1は、収容部21内で流動して比較的自由に動くことができる。そのため、収容部21内での自由な粒状部材1の流動によって、液の流れが起こり、抽出された微生物等の検査対象を溶液4内で均質に分散させることができ、効果的なホモジナイズ処理を行うことができる。こうした点は、自由に流動できない従来例とは異なっている。

0054

粒状部材1は、ホモジナイズ処理時に上記作用を行うことができる程度の硬さを有する各種のものを使用することができ、その種類は特に限定されない。粒状部材1は、微生物、細かくなった検体試料、食品成分等を吸着しない材質であることが好ましく、検査精度の高い検査を行うことができる。粒状部材1の材質としては、例えば、酸化ケイ素粒子炭化ケイ素粒子酸化ジルコニウム粒子酸化チタン粒子酸化アルミニウム粒子ガラス粒子等の各種セラミック粒子や、鉄鋼粒子ステンレス鋼粒子等の金属粒子等を使用することができる。粒状部材1の表面は、各種の処理がされていてもよい。

0055

粒状部材1の形状は、特に限定されないが、袋50、収容部材2及び後述するその他の部材を傷つけないように、丸みを帯びた球状又は楕円形状等のものが好ましい。角をもった粒状部材1は、検体試料5を迅速に押しつぶしたり細かく破砕したりすることができるので、不具合が生じない程度の形状の粒状部材1であれば使用してもよい。

0056

粒状部材1の大きさは特に限定されないが、通常、平均粒径が1mm以上、5mm以下のものを好ましく使用することができる。なお、本発明でいう「平均粒径」とは、サンプル数100個の粒状部材1を光学顕微鏡で測定したとき、その測定された粒状部材1の粒径を平均した値である。

0057

粒状部材1は、検体試料の種類に応じて、その材質、形状、平均粒径を選択することができる。そのとき、収容部21に収容させる粒状部材1の数も適宜選定することができる。また、図5に示すように、検体試料5に合わせて、平均粒径の異なる粒状部材1を組み合わせて使用してもよいし、異なる材質からなる粒状部材1を組み合わせて使用してもよい。

0058

(その他の部材)
ホモジナイズ袋100は、上記した袋50、粒状部材1及び収容部材2の他に、必要に応じてその他の部材を設けることができる。その他の部材としては、例えば、図6及び図7に示すフィルタ7や、図8及び9に示す仮封止手段8及び易開封手段9を挙げることができる。

0059

フィルタ7は、検体試料5を通過させないために設けられる。そうした検体試料5は、ホモジナイズ処理前のものと、ホモジナイズ処理後のものの両方である。ホモジナイズ処理後の検体試料5は、押しつぶされたり揉みつぶされたり細かく破砕されたりしたものであり、フィルタ7は、そうした検体試料5の通過を防ぐことができる。フィルタ7は、例えば図6及び図7に示すように、種々の形態で設けられている。

0060

図6(A)(B)に示すフィルタ7は、袋50の内部を略二等分するように、対向する内壁51,51の間に設けられている。こうした構造は、フィルタ7の両端を袋50の左右の封止部3,3に接合することにより形成されている。フィルタ7によって略二等分された空間71,72のうち、収容部21が設けられている側の空間71内には、検体試料5が投入される。投入された検体試料5は、収容部21内の粒状部材1でホモジナイズ処理された後であっても、フィルタ7の存在によって空間72の側には通過しない。一方、収容部21が設けられていない側の空間72内には、検体試料5が投入されない。この空間72は、ホモジナイズ処理によって抽出された微生物等が均質に分散した溶液のみを存在させることができる。その結果、微生物等だけが均質に分散した溶液をピペット等により取り出して検査することができる。

0061

図7(A)(B)に示すフィルタ7は、袋50の内部を二分するように、封止部3の近辺に設けられている。こうした構造は、フィルタ7の両端を袋50の左側の封止部3に接合することにより、折り返し状のフィルタとして形成されている。フィルタ7によって分離された空間71,72のうち、収容部21が設けられている側の空間71内には、検体試料5が投入される。投入された検体試料5は、収容部21内の粒状部材1でホモジナイズ処理された後であっても、フィルタ7の存在によって空間72の側には通過しない。一方、収容部21が設けられていない側の空間72内には、検体試料5が投入されない。この空間72は、ホモジナイズ処理によって抽出された微生物等が均質に分散した溶液のみを存在させることができる。その結果、微生物等だけが均質に分散した溶液をピペット等により取り出して検査することができる。

0062

なお、図7に示すフィルタ7は、図3に示すような袋50の対向する二つの内壁51に収容部21が設けられたホモジナイズ袋100に対して設けたものであるが、図2図4及び図5等に示した収容部21の態様についても同様に設けることができる。

0063

フィルタ7は、特にホモジナイズ処理された後の検体試料5を通過させない程度の孔径を有していればよい。その孔径は、検体試料5の種類に応じて任意に選択され、例えば10μm以上、20μm以下の範囲内のものを挙げることができる。フィルタ7の材質も限定されず、例えば低密度ポリエチレン等のポリオレフィン等を挙げることができる。また、フィルタ7の構造形態も特に限定されず、例えば不織布状、網状、多孔質状等、各種の構造形態を挙げることができる。より具体的には、低密度ポリエチレン製微多孔フィルム等を使用することができる。

0064

フィルタ7を設けたホモジナイズ袋100は、ホモジナイズ処理した後の溶液4を濾過する必要がなく、処理後の溶液4をそのまま培養等や微生物の検査等に利用することができる。また、このホモジナイズ袋100は、その後に濾過する場合に起こりやすい汚染物質の混入を減らすことができる。

0065

仮封止手段(仮封止部)8は、図8に示すように、開口部52を仮に封止する手段である。仮封止手段8は、例えば開口部52を有する袋50に設けることができる。また、仮封止手段8は、開口部52を予め封止することができるものであってもよいし、予め封止された開口部52の封止状態解除した後に再びその開口部52を封止することができるものであってもよい。

0066

仮封止手段8としては、例えば図8(A)に示すようなチャック8aや、図8(B)(C)に示すような粘着テープ8bであってもよい。これらの仮封止手段8は、単独で設けてもよいし、二以上組み合わせて設けてもよい。

0067

また、仮封止手段8は、図9(B)に示すように、開口部52を有さない袋50に設けられていてもよい。仮封止手段8をこの態様で設ける場合は、易開封手段9によって開封された後の開口部を再び仮封止することができるので便利である。

0068

易開封手段(易開封部)9は、図9に示すように、ホモジナイズ袋100を容易に開封することができる手段である。易開封手段9は、例えば図8(C)に示すように、ホモジナイズ袋100の開口部付近に仮封止手段8が設けられている場合には、その仮封止手段8ごと除去できるような位置に設けることができる。また、例えば図9(A)(B)に示すように、ホモジナイズ袋100の封止部3を除去して開口部52を設けることができる位置に設けることができる。

0069

易開封手段9としては、例えば図8(C)及び図9(A)(B)に示すような切込み部(又は「ノッチ」ともいう。)9aや、図8(B)及び図9(A)(B)に示すようなミシン目又はハーフカット9bであってもよい。これらの易開封手段9は、単独で設けてもよいし、二以上組み合わせて設けてもよい。

0070

仮封止手段8及び易開封手段9の一方又は両方を有する場合、(i)例えば仮封止手段8が開口部52に設けられている場合は、その仮封止状態を解除するまでホモジナイズ袋100内への汚染物質の混入を防いだり、その仮封止状態を解除して検体試料と溶液を入れた後に再度仮封止状態にすることにより、ホモジナイズ処理するまでの間に汚染物質が混入するのを防いだりすることができる。(ii)また、例えば易開封手段9が設けられている場合は、開口部52のない全方シールされたホモジナイズ袋100に開口部52を設けることができ、その開口部52から検体試料5と溶液4を入れることができる。(iii)また、仮封止手段8と易開封手段9が設けられている場合は、前記した態様の仮封止状態を解除した後の仮封止手段8を易開封手段9によって除去することができるとともに、開口部52のない全方シールされたホモジナイズ袋100に開口部52を設けた後に前記のような仮封止状態を解除するまでホモジナイズ袋100内への汚染物質の混入を防いだり、その仮封止状態を解除して検体試料5と溶液4を入れた後に再度仮封止状態にすることにより、ホモジナイズ処理するまでの間に汚染物質が混入するのを防いだりすることができる。

0071

また、本発明に係るホモジナイズ袋100は、予め、溶液4を収容した形態であってもよい。予め溶液4を収容しているホモジナイズ袋100は、ホモジナイズ処理する際に検体試料5だけを入れればよく、作業性を向上させることができる。また、溶液4を入れる際に起こりやすい汚染物質の混入を減らすことができる。

0072

[ホモジナイズ袋の製造方法]
本発明に係るホモジナイズ袋100は、各種の手段を適用して製造することができる。例えば図1図8に示すような三方袋を使用してホモジナイズ袋100を製造できる。なお、三方袋とは、四角形状の袋の三方(底辺と左右辺)が封止されている袋である。

0073

三方袋を使用したホモジナイズ袋100は、プラスチックフィルム上に、粒状部材1を収容した収容部21を形成する工程(収容部形成工程)と、収容部21を形成したプラスチックフィルムを他のプラスチックフィルムに重ね合わせて、その端部を貼り合わせる工程(貼り合わせ工程)とを有している。なお、必要に応じて、滅菌処理工程等の他の工程を備えていてもよい。

0074

(収容部形成工程)
収容部形成工程は、プラスチックフィルムの一方の面に粒状部材1を収容した収容部21を形成する工程である。この収容部形成工程は、特に限定されないが、例えば、(i)収容部材2上に粒状部材1を均等に載せ、その後、四角形状の不織布である収容部材2の幅と、同じく四角形状のプラスチックフィルムの幅とが合うように重ね合わせ、収容部材2の四方端部の全てをヒートシール法等の手段により、プラスチックフィルムに貼り合わせることができる。また、(ii)四角形状の不織布である収容部材2の幅と、同じく四角形状のプラスチックフィルムの幅とが揃うように重ね合わせ、収容部材2の四方端部のうち、三方の端部を貼り合わせてコの字型の封止部を形成し、そのコの字型の封止部を有するプラスチックフィルムと収容部材2との間に粒状部材1を充填し、最後に、四方のうち残る一方の端部を貼り合わせることができる。なお、これ以外の方法であってもよい。

0075

なお、図4に示すように、区分けされた複数の収容部21a〜21eのそれぞれに粒状部材1を収容する場合は、(i)又は(ii)の手段の後に、各収容部21a〜21eを形成できるように不織布である収容部材2とプラスチックフィルムとを型枠等に合わせて貼り合わせてもよいし、予め各収容部21a〜21eの大きさに加工した収容部材2を一つずつプラスチックフィルムに貼り合わせてもよい。また、図5に示すように、各収容部21a〜21eに平均粒径が異なる粒状部材1を収容する場合は、(ii)の手段を利用できる。例えば、収容部材2をコの字型に貼り合わせた後に、粒状部材1を多段階に分けて充填し、一段階ずつ粒状部材1を充填するたびに、プラスチックフィルムと収容部材2とを貼り合わせて収容部21a〜21eを形成すればよい。

0076

(貼り合わせ工程)
貼り合わせ工程は、収容部21を設けたプラスチックフィルムと、もう1枚の同じ大きさのプラスチックフィルムとを重ね合わせ、四つある端部のうち三つの端部を貼り合わせて袋状にする工程である。この貼り合わせ工程は、例えば、二枚のプラスチックフィルムを、収容部21が設けられた面が他のプラスチックフィルムの面に向かい合うように重ね合わせ、重ね合わせた二枚のプラスチックフィルムの一つの底部と、二つの側面部との合計三つの端部を貼り合わせて、袋状に形成することができる。なお、ここでいう「底部」とは、重ね合わせた二枚のプラスチックフィルムが有する四つの端部のうち、長さが短い二つの端部のうちの一方である。また、ここでいう「側面部」とは、重ね合わせた二枚のプラスチックフィルムが有する四つの端部のうち、長さが長い二つの端部のうちの一方である。「二つの側面部」とは、重ね合わせた二枚のプラスチックフィルムが有する四つの端部のうち、長さが長い二つの端部の二つともである。

0077

二枚のプラスチックフィルムを貼り合わせる手段は、貼り合わせたプラスチックフィルムがホモジナイズ処理時に剥離しない程度の気密性及び強度を有していればよく、その手段は特に限定されず、各種の方法を適用できる。例えば、熱ラミネート法又はヒートシール法等を好ましく適用することができる。

0078

(その他の工程)
その他の工程として、滅菌工程を挙げることができる。滅菌工程は、貼り合わされた二枚のプラスチックフィルムを滅菌処理する工程であり、この工程により、ホモジナイズ袋100の内部空間は無菌状態になる。滅菌処理は、通常、ガンマ線照射又はエチレンオキサイドガスの使用等により行われる。なお、この滅菌工程は、プラスチックフィルム、粒状部材1及び収容部材2等の全ての部材が、各々ガンマ線等で滅菌処理されていれば、省略することができる。

0079

なお、フィルタ7は、袋50を形成するときと同時に設けてもよいし、袋50を形成した後に設けてもよい。貼り合わせる手段は、収容部材2を貼り合わせるときと同様に、ヒートシール法又は熱ラミネート法等の公知の手段で設けることができる。また、開封部8は、袋50を形成する前に設けてもよいし、袋50の形成と同時に設けてもよい。

0080

[ホモジナイズ袋の使用方法
本発明に係るホモジナイズ袋100は、通常、検体試料5及び溶液4を開口部52から投入した後のホモジナイズ処理に用いられる。投入される検体試料5と溶液4の種類と割合は、任意に選択され、決定される。

0081

溶液4は、検体試料5と、測定する微生物検査の微生物の種類とに応じて適宜設定され、例えば生理食塩水又はリン酸緩衝液等の緩衝液等を希釈液として使用することができる。溶液4は、通常、滅菌処理されており、ホモジナイズ処理するときに検体試料5と一緒にホモジナイズ袋100の開口部52から投入される。また、溶液4は、予めホモジナイズ袋100に投入された状態で封止されていてもよい。なお、溶液4は、検体試料5を2倍以上100倍以下、一例としては10倍程度に希釈できるように投入される。

0082

検体試料5は、微生物の検査等される対象物であり、ホモジナイズ袋100の開口部52から投入される。検体試料5としては、例えば、動物組織植物組織海産物、食品等を挙げることができるが、これに限定されない。特に、本発明に係るホモジナイズ袋100は、上記した検体試料5の中でも、繊維質の検体や、食肉、イカ、タコ等の弾力性のある検体等のように、押しつぶしにくかったり破砕しにくかったりする検体試料5に対して好適に使用することができる。

0083

検体試料5及び溶液4が投入されたホモジナイズ袋100は、市販されているホモジナイザー(又は「ストマッカー」ともいう。)に装着してホモジナイズ処理することができる。また、本発明に係るホモジナイズ袋100は、手の押圧力を利用してホモジナイズ処理することもできる。

0084

以上説明したとおり、本発明に係るホモジナイズ袋100は、検体試料5と溶液4が入ったホモジナイズ袋100に外部から力を加えたとき、収容された粒状部材1が検体試料5を押しつぶしたり揉みつぶしたり細かく破砕したりして、検体試料5が含む微生物を効果的に抽出することができる。さらに、収容された粒状部材1は、内壁に固定されずに移動可能であるので、溶液の対流等が促され、抽出した微生物を溶液中で効果的に均質化することができる。その結果、ホモジナイズ処理しにくい検体試料5であっても、より効果的なホモジナイズ処理を行うことができる。

0085

1粒状部材
2収容部材
3封止部
4溶液
5検体試料
6 溶液の液面
7フィルタ
8,8a,8b仮封止手段(仮封止部)
9,9a,9b 易開封手段(易開封部)
21,21a〜21e 収容部
50 袋
51内壁
52 開口部
53 開封部
71,72 空間
100,100a〜100kホモジナイズ袋

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ