図面 (/)

技術 スイッチ装置用のロックアウトデバイス

出願人 トーマス・アンド・ベッツ・インターナショナル・エルエルシー
発明者 ジェフリー・エス・ガイガーチャールズ・ビンディクス
出願日 2014年6月16日 (6年8ヶ月経過) 出願番号 2014-123160
公開日 2015年1月5日 (6年1ヶ月経過) 公開番号 2015-001983
状態 特許登録済
技術分野 機械式制御装置
主要キーワード 単一ポール モーター回路 モーターボックス 電気的モータ コンポーネント部品 開ポジション 電気的遮断 ブロックアーム
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2015年1月5日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (5)

課題

スイッチ装置への電力を隔離するためにセイフティロックアウトとして機能できスイッチ装置用のデバイスを提供すると共に、遠隔位置からスイッチ装置の給電および動作を機械的に阻止するための手段を提供する。

解決手段

スイッチ装置用のセイフティロックアウトデバイスは、モーターへの電力を電気的に遮断するための手段と、モーターを動作しないように機械的にブロックするための手段とを含む。このセイフティロックアウトは、さらに、電気的遮断手段および機械的ブロック手段を作動させるために、ホットスティックによって操作可能な可動部材を含む。

概要

背景

スイッチ装置メンテナンスおよび/または修理の間、デバイスへの電力遮断されることを保証することが重要である。電力が局所的にシャットオフされていても、多くのスイッチ装置アプリケーション遠隔操作を可能とする。したがって、スイッチ装置に関して、作業するオペレータの安全を保証するために、スイッチ装置モーター電気的に隔離し、スイッチ装置の状態の視覚的指標を提供し、そしてまたスイッチ装置が遠隔位置から操作されないことを機械的に保証するための手段を提供するデバイスを提供することが有益であろう。

概要

スイッチ装置への電力を隔離するためにセイフティロックアウトとして機能できスイッチ装置用のデバイスを提供すると共に、遠隔位置からスイッチ装置の給電および動作を機械的に阻止するための手段を提供する。スイッチ装置用のセイフティロックアウトデバイスは、モーターへの電力を電気的に遮断するための手段と、モーターを動作しないように機械的にブロックするための手段とを含む。このセイフティロックアウトは、さらに、電気的遮断手段および機械的ブロック手段を作動させるために、ホットスティックによって操作可能な可動部材を含む。

目的

したがって、スイッチ装置に関して、作業するオペレータの安全を保証するために、スイッチ装置モーターを電気的に隔離し、スイッチ装置の状態の視覚的指標を提供し、そしてまたスイッチ装置が遠隔位置から操作されないことを機械的に保証するための手段を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

スイッチ装置用のセイフティロックアウトデバイスであって、第1のポジションから第2のポジションへと動作させられるよう構成された可動部材と、前記スイッチ装置内のモーター電気的に隔離するよう構成されたスイッチと、前記モーターのシャフトに対して結合されたブロックアームと、を備え、前記第1のポジションにおいては、前記可動部材は、電気的モータ回路を閉じるように前記スイッチと係合しかつ前記ブロックアームは前記モーターシャフトと共に自由に回転することができ、かつ、前記第2のポジションにおいては、前記可動部材は前記スイッチから離れるように移動し、これによって、前記スイッチは前記モーターへの電力遮断する開回路状態となり、かつ、前記ブロックアームが前記モーターシャフトの回転および前記スイッチ装置の状態の変更を阻止するために前記可動部材と係合するポジションへと前記可動部材の一部が移動させられることを特徴とするセイフティロックアウトデバイス。

請求項2

前記可動部材は、軸方向にスライド可能なバーであることを特徴とする請求項1に記載のセイフティロックアウトデバイス。

請求項3

前記可動部材は、ホットスティックループ含むことを特徴とする請求項1に記載のセイフティロックアウトデバイス。

請求項4

前記スイッチは、ボール押圧された際にスイッチが閉じられかつ前記ボールが押圧されていないときに前記スイッチは前記モーターへの電力を遮断する開回路となるボールリミットスイッチであることを特徴とする請求項1に記載のセイフティロックアウトデバイス。

請求項5

前記スライド可能なバーは、それ自体に孔を有する一対の離間したブラケットを用いてスイッチ装置モーターボックスに対して搭載されており、前記スライド可能なバーは前記ブラケットの孔内で軸方向に移動するようになっていることを特徴とする請求項2に記載のセイフティロックアウトデバイス。

請求項6

スイッチ装置用のセイフティロックアウトデバイスであって、前記スイッチ装置を動作させるための電気モーターであって、モーターハウジングの外部に延在する部分を有するモーターシャフトを含んでいる電気モーターと、前記モーターへの電力を電気的に遮断するための手段と、前記モーターを動作しないように機械的にブロックするための手段と、前記電気的に遮断するための手段および前記機械的にブロックするための手段を作動させるためにホットスティックによって操作可能な可動部材と、を具備することを特徴とするセイフティロックアウトデバイス。

請求項7

前記電気的に遮断するための手段はボールリミットスイッチを備えることを特徴とする請求項6に記載のセイフティロックアウトデバイス。

請求項8

前記可動部材は、前記ボールリミットスイッチが前記スイッチを閉じるように押圧される第1のポジションへと移動することができ、かつ、前記可動部材は、前記スイッチを開くために前記ボールリミットスイッチが押圧されていない第2のポジションへと移動することができることを特徴とする請求項7に記載のセイフティロックアウトデバイス。

請求項9

前記機械的にブロックするための手段は、前記モーターハウジングの外部に突出する部分において前記モーターシャフトに対して結合されたブロックアームを備え、かつ、前記可動部材は、前記ブロックアームが前記モーターシャフトと共に自由に回転できる第1のポジションへと移動させることが可能であり、かつ、前記可動アームは、前記ブロックアームが前記モーターシャフトの回転および前記スイッチ装置の状態の変更を阻止するために、前記可動部材と係合する第2のポジションへと移動させることができることを特徴とする請求項6に記載のセイフティロックアウトデバイス。

請求項10

前記可動部材は、第1のポジションから第2のポジションへと移動させられるよう構成された直線的にスライド可能なバーであり、前記第1のポジションにおいては、前記電気的に切断するための手段は前記モーターに電力を供給するための閉回路であり、かつ、前記機械的にブロックするための手段は前記モーターシャフトと共に自由に回転することができ、かつ、前記第2のポジションにおいては、前記電気的に切断するための手段は前記モーターへの電力を遮断する開回路であり、かつ、前記可動部材の端部は前記モーターシャフトの回転および前記スイッチ装置の状態の変更を阻止するために、前記ブロックアームと係合することを特徴とする請求項6に記載のセイフティロックアウトデバイス。

請求項11

前記可動部材はホットスティックループ含むことを特徴とする請求項6に記載のセイフティロックアウトデバイス。

請求項12

スイッチ装置用のセイフティロックアウトデバイスであって、前記スイッチ装置に対して搭載された電気的に作動させられるモーターを含むモーターボックスと、前記モーターボックスに対して搭載されかつ前記モーターに対して電気的に接続された単一ポールスイッチであって、開ポジションおよび閉ポジションを有する単一ポールスイッチと、第1のポジションと第2のポジションとの間で動作するよう構成された可動部材と、前記モーターボックスの外部に突出する前記モーターのシャフトに結合されたブロックアームと、を具備し、前記第1のポジションにおいては、前記可動部材は前記電気モーター回路を閉じるために前記スイッチと係合しかつ前記ブロックアームは前記モーターシャフトと共に自由に回転することができ、かつ、前記第2のポジションにおいては、前記可動部材の一端は前記スイッチと係合せず、かつ、前記スイッチは前記モーターへの電力を遮断する開ポジションであり、かつ、前記可動部材の他端は前記モーターボックスハウジングを越えて突出し、これによって、前記モーターの作動時、前記ブロックアームは前記モーターシャフトの回転および前記スイッチ装置の状態の変更を阻止するために、前記可動部材と係合することを特徴とするセイフティロックアウトデバイス。

請求項13

前記可動部材は、軸方向にスライド可能なバーであることを特徴とする請求項12に記載のセイフティロックアウトデバイス。

請求項14

前記可動部材は、ホットスティックループ含むことを特徴とする請求項12に記載のセイフティロックアウトデバイス。

請求項15

前記スイッチは、ボールが押圧された際にスイッチが閉じられかつ前記ボールが押圧されていないときに前記スイッチは前記モーターへの電力を遮断する開回路となるボールリミットスイッチであることを特徴とする請求項12に記載のセイフティロックアウトデバイス。

請求項16

前記スライド可能なバーは、それ自体に孔を有する一対の離間したブラケットを用いてスイッチ装置モーターボックスに対して搭載されており、前記スライド可能なバーは前記ブラケットの孔内で軸方向に移動するようになっていることを特徴とする請求項13に記載のセイフティロックアウトデバイス。

技術分野

0001

本発明は、スイッチ装置用のセイフティロックアウトデバイスに、さらに詳しくは、スイッチ装置のモーター電気的に隔離しかつモーターをスイッチを閉じないように機械的にブロックするデバイスに関する。

背景技術

0002

スイッチ装置のメンテナンスおよび/または修理の間、デバイスへの電力遮断されることを保証することが重要である。電力が局所的にシャットオフされていても、多くのスイッチ装置アプリケーション遠隔操作を可能とする。したがって、スイッチ装置に関して、作業するオペレータの安全を保証するために、スイッチ装置モーターを電気的に隔離し、スイッチ装置の状態の視覚的指標を提供し、そしてまたスイッチ装置が遠隔位置から操作されないことを機械的に保証するための手段を提供するデバイスを提供することが有益であろう。

発明が解決しようとする課題

0003

したがって、本発明の目的は、スイッチ装置への電力を隔離するためにセイフティロックアウトとして機能できるスイッチ装置用のデバイスを提供し、そしてまた遠隔位置からスイッチ装置の給電および動作を機械的に阻止するための手段を提供することである。

0004

本発明のさらなる目的は、ホットスティックを用いて作動させることができるスイッチ装置用のセイフティロックアウトデバイスを提供することである。

課題を解決するための手段

0005

本発明の上記およびその他の目的は、ロックアウトスイッチであって、モーターへの電力を電気的に遮断するための手段と、モーターが動作しないように機械的にブロックするための手段と、電気的遮断手段および機械的ブロック手段を作動させるためにホットスティックによって操作可能な可動部材とを備えたロックアウトスイッチを提供することによって達成される。電気的遮断手段は、好ましくは、プッシュタンの形態のリミットスイッチ、さらに好ましくは、押圧されていないときにモーターへの電圧を遮断するボールリミットスイッチである。モーターを動作しないように機械的にブロックするための手段は、好ましくは、モーターが作動しようとしたとき可動部材と係合するモーターシャフトに結合されたブロックアームである。

0006

好ましい実施形態では、セイフティロックアウトデバイスは、バーがボールリミットスイッチと係合しかつそれを押圧する第1のポジションへと置かれるのに十分な長さを有する軸方向にスライド可能なバーを含む。こうして、電力はモーターに供給される。この第1のポジションでは、ブロックアームは、モーターシャフトと共に自由に回転できかつ通常通り動作できる。第2のポジションへとスライド可能なバーをスライドさせた際、バーの一端は、ボールを露出させる(すなわち押圧されない)ために、ボールリミットスイッチから離れるように移動させられ、そしてモーターへの電圧が遮断される。また、スライド可能なバーの他端は、それがブロックアームを係合するための物理的障害物を提供するようにモーターハウジングを越えて突出し、かつ、スイッチ装置モーターの動作を妨げるように配置される。スライド可能なバーは、好ましくは、開口を備えた外向きに突出するアイ、すなわちホットスティックループを含み、この結果、セイフティロックアウトデバイスは、ホットスティックを用いることで、安全な距離から操作することができる。

図面の簡単な説明

0007

モールド真空スイッチに対して取り付けられたモーターボックス上に搭載された本発明のスイッチ装置セイフティロックアウトデバイスを示す図である。
スイッチ装置モーターが動作不能とされた第1のポジションでの図1のセイフティロックアウトデバイスの拡大図である。
図1のセイフティロックアウトデバイスの正面図である。
スイッチ装置モーターが動作モードにある第2のポジションでの図1のセイフティロックアウトデバイスの拡大図である。

実施例

0008

スイッチ装置のメンテナンスおよび/または修理の間、スイッチ装置の作動を防止するために駆動モーターへの電力が遮断されることが重要である。本発明は、スイッチ装置の動作のためのモーターへの電力を遮断するセイフティロックアウトデバイスである。図1に示されるセイフティロックアウトデバイス2は、スイッチ装置上に、この例では、モールド真空スイッチ6に対して取り付けられたモーターボックス4の上に搭載される。モールド真空スイッチは、ホットスティックの使用を可能とするために、その端部に開口を有する操作ハンドル6の動作によって給電/断電されてもよい。図1に示すように、モールド真空スイッチは、開かれた、断電ポジションである。スイッチを給電状態とするために、操作ハンドルは、電気回路を閉じるように下方に動作させられる。給電状態では、モーターはスイッチ装置の状態を変更するために作動させることができる。

0009

図2および図3は、本発明のセイフティロックアウトデバイスの拡大図である。セイフティロックアウトデバイスは、モーターの電力を電気的に切り離すための手段を含む。図2および図3に示す好ましい実施形態では、ロックアウトデバイスは、モーターへの電力を遮断するためにボールリミットスイッチ10を使用する。さらに詳しく言うと、このボールリミットスイッチは、単一のポールスイッチであり、ボールが押圧されたとき、回路が閉じられ、電力はモーターコントローラーへと伝わる。図2および図3に示すように、リミットスイッチのボールが押圧されていないとき、モーターへの電力を遮断する開回路が形成される。当業者にとって、その他のタイプのスイッチをモーターへの電力を遮断するために使用でき、そしてそれが本発明の範囲に包含されることは明らかである。

0010

さらに図2および図3に示すように、セイフティロックアウトデバイスはまた、モーターが動作するのを機械的にブロックするための手段を含む。図2および図3の好ましい実施形態では、モーターは、モーターボックス4の外面の外側に突出するモーターシャフト14に対して設けられた機械的ブロックアーム12の組み合わせによって機械的にブロックされる。スライド可能なバー16の形態の可動部材はモーターボックス4の外面に搭載される。スライド可能なバーは、図4に示すような第1のポジションとなるように直線的に移動可能であり、このポジションでは、バーの一端は電気モーター回路を閉じるためにボールリミットスイッチ10を覆いかつそれを押圧し、かつ、バーの他端はブロックアーム12との可能な係合から離れるように移動させられる。したがって、第1のポジションでは、スイッチ装置は給電され、通常どおり作動することができる。

0011

図2および図3に示すように、スライド可能なバー16は第2のポジションへと移動させられることができ、このポジションでは、バーの一端は、ボールがもはや押圧されないように、ボールリミットスイッチ10を露出させるように移動させられる。第2のポジションでは、モーター回路への電力は遮断される。スライド可能なバー16の反対側端部はモーターボックスの側壁を通過して直線的に移動し、これによって、モーターが意図せずして給電された場合に、ブロックアーム12がモーターシャフトと共に回転してスライド可能なバーと係合し、これによってスイッチの状態が変化するのを阻止する。したがって、第2のポジションでは、メンテナンスおよび/または修理を行うオペレータを保護するために、モーターは電気的に隔離されかつスイッチ装置を作動させないようにモーターはまた機械的にブロックされる。

0012

スライド可能なバー16は、好ましくは、一対の離間したブラケット18,20を用いてモーターボックスに対して搭載される。各ブラケットは、スライド可能なバー16をスライド可能に受けるための孔を含む。スライド可能なバー16はまた、モーターボックスから外部に突出するホットスティックループ22を含み、この結果、スライド可能なバー16は、ホットスティックを用いて、安全な距離から、第1のポジションから第2のポジションへと移動させることができる。図2および図3に示すように、スライド可能なバー16は、好ましくは、ブロックアーム12との係合面に切欠き24を含む。同様に、ブロックアーム12は、メンテナンスあるいは修理の間、モーターの意図しない給電の際に、スライド可能なバーとの係合のための切欠き26を含む。さらに、本発明のセイフティロックアウトデバイスはまた、水に浸かった際に作動するように構成される。

0013

本発明のセイフティロックアウトデバイスはまた、スイッチ装置の内部にアクセスするのが安全である否かを判定するために、スイッチ装置の状態の視覚的指標をオペレータに提供する。たとえば、オペレータは、図2および図3に示されるように、第2のポジションにおいては、リミットスイッチ10は露出させられ、かつ、スライド可能なバー16は、モーターがスイッチ装置の状態の変化を阻止するために作動させられる場合にブロックアームと係合することを明確に認識できる。したがって、モーターを電気的に隔離しかつメンテナンスおよび修理の間にモーターの意図しない動作を阻止するために機械的ブロック手段を提供するという目的は、本明細書で説明しかつ図面に示したセイフティロックアウトデバイスによって達成される。

0014

当業者であれば、本発明の目的はさまざまなコンポーネント部品を用いて達成可能であることは明らかである。例えば、スライド可能なバー16は、ボールリミットスイッチ10を作動させかつ第2のポジションにおいてブロックアーム12と係合するための回転および/または旋回部材で置き換えることが可能である。本発明の範囲に包含されるその他の変更は、さまざまな電気的スイッチおよび/または改変されたブロックアームを含む。

0015

本発明のさまざまな実施形態について図示・説明してきたが、さまざまな変形および変更は当業者には自明である。特許請求の範囲においては、本発明の範囲および趣旨に包含される全てのそうした変形および変更を保護することが意図されている。

0016

2セイフティロックアウトデバイス
4モーターボックス
6モールド真空スイッチ
10リミットスイッチ
12ブロックアーム
14モーターシャフト
16 バー
18,20ブラケット
22ホットスティックループ

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 朝日電装株式会社の「 クラッチレバー装置」が 公開されました。( 2021/01/07)

    【課題】操作ワイヤによりクラッチ装置を操作するときの操作感を再現することができ、操作時の違和感を抑制して操作性を向上させることができるクラッチレバー装置を提供する。【解決手段】揺動軸Laを中心に揺動操... 詳細

  • 株式会社パイオラックスの「 ディテント装置」が 公開されました。( 2021/01/07)

    【課題】揺動部材操作時における荷重を高めるディテント装置を提供する。【解決手段】このディテント装置10は、ベース部材20とトーションバネ40と揺動部材50とを有し、ベース部材20は、複数の突部26〜3... 詳細

  • 株式会社ネイブヒートの「 自動車用アクセル誤操作防止装置」が 公開されました。( 2021/01/07)

    【課題】 ブレーキ操作とアクセル操作とを足を踏み替えずに同一の踏板上で容易に行うことができ、且つ構造がシンプルでブレーキを踏んだ際のアクセル駆動解除が素早く行われる自動車用アクセル誤操作防止装置を提... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ