図面 (/)

この項目の情報は公開日時点(2015年1月5日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (1)

課題

適度な体温上昇効果を有する新規体温上昇剤を提供すること。

解決手段

ラクトバチラスブレビス(Lactobacillus brevis)に属するSBC8803(受託番号:FERM BP−10632)菌株菌体又はその処理物を有効成分として含有する体温上昇剤。

概要

背景

近年、低体温の子供や高齢者が増加していることが注目されている。また、体温は正常であっても、末端冷え症等の冷えに悩む人も多い。低体温や冷えは、様々な不快症状をもたらし、また、様々な病気のもとになるとも考えられている。したがって、体温を上昇させることのできる体温上昇剤は健康上有用である。例えば、特許文献1には乳酸菌ラクトバチルスパラカゼイST11株が体温上昇効果を有することが記載されている。

概要

適度な体温上昇効果を有する新規の体温上昇剤を提供すること。ラクトバチラスブレビス(Lactobacillus brevis)に属するSBC8803(受託番号:FERM BP−10632)菌株菌体又はその処理物を有効成分として含有する体温上昇剤。なし

目的

本発明は、適度な体温上昇効果を有する新規の体温上昇剤を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

ラクトバチラスブレビス(Lactobacillusbrevis)に属するSBC8803(受託番号:FERMBP−10632)菌株菌体又はその処理物を有効成分として含有する体温上昇剤

請求項2

冷え改善剤である、請求項1に記載の体温上昇剤。

請求項3

体温低下抑制剤である、請求項1に記載の体温上昇剤。

請求項4

請求項1に記載の体温上昇剤を含有する医薬品。

請求項5

請求項1に記載の体温上昇剤を含有する飲食品

請求項6

請求項1に記載の体温上昇剤を含有する飲食品添加物

技術分野

0001

本発明は、体温上昇剤に関する。

背景技術

0002

近年、低体温の子供や高齢者が増加していることが注目されている。また、体温は正常であっても、末端冷え症等の冷えに悩む人も多い。低体温や冷えは、様々な不快症状をもたらし、また、様々な病気のもとになるとも考えられている。したがって、体温を上昇させることのできる体温上昇剤は健康上有用である。例えば、特許文献1には乳酸菌ラクトバチルスパラカゼイST11株が体温上昇効果を有することが記載されている。

先行技術

0003

特表2011−523407号公報

発明が解決しようとする課題

0004

特許文献1に記載されている菌株は、菌株を摂取後わずか60分程度という短時間に体温が1.5℃程度上昇することが記載されている。このような体温上昇の程度では、平熱の人が上記菌株を摂取した場合、発熱状態にまで体温が上昇してしまうことになり、体温上昇剤としては適切ではない。

0005

また、ストレス性睡眠障害等のストレス下生活習慣乱れ過度冷房等によって、体温の低下が認められることがあるが、このような体温低下を抑制することができる乳酸菌の菌株はこれまでに知られていない。

0006

そこで、本発明は、適度な体温上昇効果を有する新規の体温上昇剤を提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0007

本発明者らは、乳酸菌であるラクトバチラスブレビス(Lactobacillus brevis)SBC8803の菌株又はその処理物そのものに、体温を適度に上昇させる作用があることを見出した。本発明はこの新規な知見に基づくものである。

0008

すなわち、本発明は、ラクトバチラス・ブレビスに属するSBC8803菌株の菌体又はその処理物を有効成分として含有する体温上昇剤を提供する。

0009

上記体温上昇剤によれば、体温を適度に上昇させることができる。したがって、例えば、低体温である人の体温を適切な体温にまで上昇させるために有効である。

0010

なお、ラクトバチラス・ブレビスSBC8803菌株は、2006年6月28日に独立行政法人産業技術総合研究所特許生物寄託センター(日本国県つくば市東1丁目1番地1 中央第6(郵便番号305−8566))に寄託された、受託番号がFERM BP−10632の菌株である。本明細書において、この菌株を「SBL88株」とも称する。

0011

また、上記体温上昇剤は、上述のような効果を奏するため、例えば、冷え改善剤としても使用することができる。

0012

本発明者らはまた、SBL88株の菌株又はその処理物そのものに、ストレス性睡眠障害等のストレス下、生活習慣の乱れ、過度の冷房等による体温障害時における体温低下を抑制する作用があることも見出した。したがって、上記体温上昇剤は、体温低下抑制剤としても使用することができる。

0013

ラクトバチラス・ブレビスは、古くから発酵食品に利用されている乳酸菌の一種であり、生体への安全性が確立されている。したがって、本発明の体温上昇剤は、生体への安全性が高く、長期間継続的に摂取可能である。そのため、医薬品成分飲食品成分、飲食品添加物等として使用することができる。

発明の効果

0014

本発明によれば、適度な体温上昇効果を有する新規の体温上昇剤が提供される。また、上記体温上昇剤を含有する医薬品、飲食品、飲食添加物等が提供される。

図面の簡単な説明

0015

ストレス飼育期間及びストレス飼育期間におけるSBL88群と対照群マウス平均体温の推移を示すグラフである。

0016

以下、本発明の好適な実施形態について詳細に説明する。

0017

本発明の体温上昇剤は、ラクトバチラス・ブレビスに属するSBC8803菌株の菌体又はその処理物を有効成分として含有する。

0018

本発明の体温上昇剤には、上記菌体及び上記菌体の処理物を1種単独で用いてもよく、2種以上を組み合わせて用いてもよい。

0019

上記菌体は、生菌体及び死菌体のいずれであってもよい。菌体は、生菌を培養することにより大量に生産することができる。培地は、液体培地及び固体培地のいずれでもよいが、窒素源及び炭素源を含有するものが好ましい。窒素源としては、肉エキスペプトングルテンカゼイン酵母エキスアミノ酸等を、また、炭素源としては、グルコースキシロースフルクトースイノシトールマルトース、水アメ、麹デンプンバガスフスマ糖蜜グリセリン等を用いることができる。また、無機質として、硫酸アンモニウムリン酸カリウム塩化マグネシウム食塩、鉄、マンガンモリブデン等を添加することができ、更にビタミン等を添加することができる。好適な培地としては、MRS培地、LBS培地、Rogosa培地、WYP培地、GYP培地等が挙げられる。

0020

上記菌株の培養は、ラクトバチラス・ブレビスに属する菌株の培養に常用されている培養方法に従って行うことができる。例えば、培養温度は通常20〜50℃、好ましくは25〜40℃、より好ましくは30℃である。培養時間は通常6〜62時間であり、好ましくは12〜48時間であり、より好ましくは15〜30時間である。培地のpHは通常3〜8、好ましくは4〜7であり、より好ましくは6〜7である。培養はインキュベーター中で行ってもよく、また、培養の際は通気振とうしてもよい。

0021

菌体の処理物としては、上記菌体(生菌体又は死菌体)に、加熱、加圧、乾燥、粉砕破砕破壊又は自己溶解等の処理を行って得られる処理物が挙げられる。これらの処理は2種以上を組み合わせてもよい。菌体の処理物としては、例えば、菌体を100℃以上で数分以上加熱して得られる処理物(例えば、菌体に、105〜125℃の温度で10分以上、オートクレーブ処理を施して得られる処理物)、菌体に対して凍結乾燥噴霧乾燥等を行って得られる処理物、菌体を有機溶媒アセトンエタノール等)に接触させて得られる処理物、菌体を酸若しくはアルカリ溶液に接触させて得られる処理物、菌体を酵素的に破砕して得られる処理物、又は菌体を超音波フレンチプレス等で物理的に破壊して得られる処理物が挙げられる。このような菌体処理物は、未処理菌体(特に生菌体)と比較して、取り扱いが容易な点で好適である。

0022

本発明の体温上昇剤は、固体(例えば、凍結乾燥させて得られる粉末)、液体水溶性又は脂溶性溶液又は懸濁液)、ペースト等のいずれの形状であってもよく、また、散剤丸剤顆粒剤錠剤シロップ剤トローチ剤カプセル剤等のいずれの剤形であってもよい。

0023

上述の各種製剤は、有効成分である上記菌体又はその処理物のみからなるものであってもよく、例えば、当該菌体又はその処理物を上記剤形に成形することによって調製することができる。上述の各種製剤はまた、上記有効成分と、薬学的に許容される添加剤賦形剤結合剤滑沢剤崩壊剤乳化剤界面活性剤基剤溶解補助剤懸濁化剤等)とを混和し、成形することによって調製することもできる。この場合の上記有効成分の含有量は、製剤全量を基準として、例えば、0.5〜50質量%である。

0024

例えば、賦形剤としては、ラクトーススクロース、デンプン、デキストリン等が挙げられる。結合剤としては、ポリビニルアルコールアラビアゴムトラガントゼラチンヒドロキシプロピルメチルセルロースヒドロキシプロピルセルロースカルボキシメチルセルロースナトリウムポリビニルピロリドン等が挙げられる。滑沢剤としては、ステアリン酸マグネシウムステアリン酸カルシウムタルク等が挙げられる。崩壊剤としては、結晶セルロース寒天、ゼラチン、炭酸カルシウム炭酸水素ナトリウム、デキストリン等が挙げられる。乳化剤又は界面活性剤としては、Tween60、Tween80、Span80、モノステアリン酸グリセリン等が挙げられる。基剤としては、セトステアリルアルコールラノリンポリエチレングリコール米糠油魚油(DHA、EPA等)、オリーブ油等が挙げられる。溶解補助剤としては、ポリエチレングリコール、プロピレングリコール炭酸ナトリウムクエン酸ナトリウム、Tween80等が挙げられる。懸濁化剤としては、Tween60、Tween80、Span80、モノステアリン酸グリセリン、ポリビニルアルコール、ポリビニルピロリドン、メチルセルロースヒドロキシメチルセルロースアルギン酸ナトリウム等が挙げられる。

0025

本発明の体温上昇剤は、ヒトに投与しても、非ヒト哺乳動物に投与してもよい。投与量及び投与方法は、投与される個体の状態、年齢等に応じて適宜決定することができる。好適な投与方法としては、例えば、経口投与が挙げられる。投与量及び投与方法の一例として、体温上昇剤を有効成分量が0.5mg〜500mgとなる量を1日1回経口で投与する方法を挙げることができる。

0026

本発明の体温上昇剤は、医薬品成分、飲食品成分、飲食品添加物、飼料成分飼料添加物等として使用することができる。

0027

例えば、本発明の体温上昇剤は、水、清涼飲料水果汁飲料乳飲料アルコール飲料パン類麺類米類豆腐乳製品醗酵食品発酵乳醤油味噌菓子類等の飲食品への添加物として使用することができる。これらの飲食品は、当分野で通常使用される他の添加物を更に含有してもよく、そのような添加物としては、例えば、苦味料香料リンゴファイバー大豆ファイバー、肉エキス、黒酢エキス、ゼラチン、コーンスターチ蜂蜜動植物油脂;グルコース、フルクトース等の単糖類;スクロース等の二糖類デキストロース、デンプン等の多糖類エリスリトールキシリトールソルビトールマンニトール等の糖アルコール類ビタミンC等のビタミン類、が挙げられる。本発明の体温上昇剤はまた、特定保健用食品、特別用途食品栄養補助食品、健康食品、機能性食品、病者用食品等の成分として使用することもできる。上記飲食品は、本発明の体温上昇剤を添加する工程を含む製造方法によって得ることができる。本発明の体温上昇剤を含有する飲食品は、上記菌株で牛乳脱脂乳豆乳野菜果汁穀物、及びそれらの加工品等を発酵させて得られる発酵物であってもよい。

0028

本発明の体温上昇剤は、適度に体温を上昇させる効果を奏する。すなわち、本発明の体温上昇剤によれば、例えば、0.05〜0.50℃上昇させることができる。したがって、平熱の人が摂取しても発熱状態にまで体温が上昇しないため、例えば、冷え等の症状を改善するための冷え改善剤として用いることができる。

0029

また、本発明の体温上昇剤は、ストレス性睡眠障害等のストレス下、生活習慣の乱れ、過度の冷房等による体温障害時における体温低下を抑制する効果を奏する。これらの体温障害時には正常時に比べて体温が低下する傾向があるが、本発明の体温上昇剤を摂取することにより、体温の低下を抑制し、より正常時に近い体温を維持することができる。したがって、本発明の体温上昇剤は、体温低下抑制剤として用いることができる。

0030

以下、実施例等に基づいて本発明をより具体的に説明する。ただし、本発明は以下の実施例に限定されるものではない。

0031

〔実施例1〕
試験方法
<菌体処理物の調製>
SBL88株を培地(組成:マルトース2質量%、酵母エキス1.4質量%、酢酸ナトリウム0.5質量%、硫酸マンガン0.005質量%、pH6.5〜7.0)に植菌し、30℃で1日間静置培養した。得られた培養液(約8×108cfu/ml)を8,000rpmで10分間遠心分離し、菌体を回収した。回収した菌体を蒸留水再懸濁し、8,000rpmで10分遠心分離し、菌体を回収した。この操作を2度繰り返した。回収した菌体を蒸留水に懸濁し、105℃で10分間加熱処理した後、凍結乾燥して加熱処理菌体粉末(菌体処理物)を得た。

0032

マウス飼料の調製>
粉末飼料AIN−93M(オリエンタ酵母工業株式会社製)にSBL88株の菌体処理物を0.5質量%添加した後、ペレット化して菌体処理物を含むマウス飼料(SBL88含有AIN−93M飼料)を調製した。対照として、粉末飼料AIN−93Mをペレット化して菌体処理物を含まないマウス飼料(AIN93M飼料)を調製した。

0033

<マウスの飼育
全期間を通して、マウスを回転かご(SW−15S、有限会社メルクエスト)内で飼育した。マウスの活動量は、クロバイオロジーキット(Stanford Software Systems,CA)を用いて測定した。

0034

C3H/HeN系統のマウス(6週齢雄性、13匹、日本エスエルシー株式会社)を10日間馴化飼育した。馴化飼育開始3日後、温度データロガーサーモクロンSL KNラボラトリー社製)をマウスの腹腔内に埋め込んだ。馴化飼育後、総活動量の順にマウスを2群に分け、対照群の6匹には食餌としてAIN−93M飼料を、被検群(SBL88群)の7匹には食餌としてSBL88含有AIN−93M飼料を与え、自由摂食させた。

0035

<平均体温の測定>
AIN−93M飼料又はSBL88含有AIN−93M飼料を与え始めて1日後から、データロガーを用いて体温の測定を開始した。測定は15分毎に行い、1日(24時間)の平均体温を求めた。各群の平均体温は、各群のマウスの体温の平均値として求めた。有意差の有無は、多重比較検定の後にTukeyの方法により群間比較を行った。

0036

<マウスへのストレス負荷
SBL88群及び対照群において、体温の測定開始日(0日目)から26日目までを非ストレス飼育期間とし、27日目からストレス飼育期間を開始した。ストレス負荷方法としては、物理的に遮蔽してマウスが回転輪から降りられないように制限することにより、ストレス性睡眠障害を2週間連続的に誘発した。

0037

<結果>
図1は、非ストレス飼育期間及びストレス飼育期間におけるSBL88群と対照群のマウスの平均体温の推移を示すグラフである。図1中、*を付したデータはp<0.05であり、**を付したデータはp<0.01であることを示す。非ストレス飼育期間(0〜26日目)では、SBL88群は対照群と比較して平均体温が統計的に有意差を持って高い値を示した。

実施例

0038

ストレス飼育期間(27〜41日目)においても、SBL88群は対照群に対して平均体温が統計的に有意差を持って高い値を示した。また、ストレス飼育期間では、非ストレス飼育期間と比較してSBL88群と対照群との平均体温の差がより顕著であった。対照群では、ストレスを負荷すると、非ストレス飼育期間と比較して平均体温が徐々に大きく低下していく傾向が観察された。一方、SBL88群では、ストレスを負荷された状態であっても、体温の低下を抑制し、より正常時に近い体温を維持していた。非ストレス下及びストレス下のいずれにおいても、SBL88群と対照群の平均体温の差は1℃以下であった。すなわち、SBL88の菌体処理物の投与により、体温を適度に上昇させることができた。また、ストレス負荷状態にあっては、SBL88の菌体処理物の投与により、体温の低下を抑制することができた。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ