図面 (/)

技術 色安定性が改良されたフェノール系酸化防止剤含有鉱物油

出願人 エスアイ・グループ・インコーポレイテッド
発明者 リウ,ボーガツトー,ビンセント・ジエイジヤオ,ガンカイ
出願日 2012年1月6日 (8年10ヶ月経過) 出願番号 2013-548569
公開日 2014年3月13日 (6年8ヶ月経過) 公開番号 2014-506285
状態 特許登録済
技術分野 潤滑剤
主要キーワード 濃縮物組成物 規格試験 酸素加圧 酸化防止剤組成物 加熱老化 ガードナー色数 耐摩耗性添加剤 ペルオキシラジカル
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2014年3月13日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (0)

図面はありません

課題・解決手段

本発明は、色安定性が改良されたヒンダードフェノール系酸化防止剤含有鉱物油に関する。より詳細には、脱酸素剤、すなわち、ジベンジルヒドロキシルアミン(DBHA)を含有する非着色ヒンダードフェノールブレンド、ならびにかかるブレンドを含有する鉱物油に関する。

概要

背景

ヒンダードフェノール系化合物は、潤滑油および燃料用途において効果的な酸化防止剤として用いられてきた。フェノール系化合物は、酸化連鎖反応において存在するペルオキシラジカルと反応して、安定な酸化防止剤ラジカルを形成するため、さらなる分解が防止される。しかし、鉱物油およびヒンダードフェノール系化合物は、日光酸素および/または加熱への暴露から変色する傾向を有する。鉱物油およびヒンダードフェノール系化合物の酸化は、着色された共役種を結果として生ずる。さらなる変色に起因して、黄色または色から暗赤色までの範囲の色が経時的に生じ得る。酸化に起因した変色の結果としての鉱物油の色の変化は、かかる油の商業的価値下げる。鉱物油の使用者は、汚染尺度として色を用いることが多く、高度な着色は、使用が許容されない汚染された油であることを示唆している。したがって、耐酸化性かつ色安定性である鉱物油製剤を提供することが商業的に有利である。

概要

本発明は、色安定性が改良されたヒンダードフェノール系酸化防止剤含有鉱物油に関する。より詳細には、脱酸素剤、すなわち、ジベンジルヒドロキシルアミン(DBHA)を含有する非着色ヒンダードフェノールブレンド、ならびにかかるブレンドを含有する鉱物油に関する。なし

目的

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

鉱物油酸化を防止するのに好適な酸化防止剤濃縮物組成物であって、ジベンジルヒドロキシルアミンと:オルト−tert−ブチルフェノール、2,6−ジ−tert−ブチルフェノール、3,5−ジ−tert−ブチル−4−ヒドロキシフェニルヒドロ桂皮酸、C7〜C9分枝状アルキルエステル、4,4’−メチレンビス(2,6−ジ−tert−ブチルフェノール)、およびこれらの混合物からなる群から選択される少なくとも1種のヒンダードフェノールとを含む酸化防止剤濃縮物組成物。

請求項2

前記酸化防止剤濃縮物組成物が、酸化防止剤濃縮物組成物の全重量を基準にして、全ての重量%で:約0.1〜約5重量%のジベンジルヒドロキシルアミン、約0.1〜約99.9重量%のオルト−tert−ブチルフェノール、および0〜約99.8重量%の2,6−ジ−tert−ブチルフェノールを含む、請求項1に記載の組成物

請求項3

酸化防止剤濃縮物組成物が、酸化防止剤濃縮物組成物の全重量を基準にして、全ての重量%で:約5〜約20重量%のジベンジルヒドロキシルアミン、および約80〜約95重量%のオルト−tert−ブチルフェノールを含む、請求項1に記載の組成物。

請求項4

酸化防止剤濃縮物組成物が、酸化防止剤濃縮物組成物の全重量を基準にして、全ての重量%で:約0.1〜約5重量%のジベンジルヒドロキシルアミン、約30〜約95重量%の3,5−ジ−tert−ブチル−4−ヒドロキシフェニルヒドロ桂皮酸、C7〜C9分枝状アルキルエステル、および0〜約70重量%の2,6−ジ−tert−ブチルフェノールを含む、請求項1に記載の組成物。

請求項5

酸化防止剤濃縮物組成物が、酸化防止剤濃縮物組成物の全重量を基準にして、全ての重量%で:約0.1〜約5重量%のジベンジルヒドロキシルアミン、および約95〜約99.9重量%の4,4’−メチレンビス(2,6−ジ−tert−ブチルフェノール)を含む、請求項1に記載の組成物。

請求項6

鉱物油を含む鉱物油組成物であって、ジベンジルヒドロキシルアミンと:オルト−tert−ブチルフェノール、2,6−ジ−tert−ブチルフェノール、3,5−ジ−tert−ブチル−4−ヒドロキシフェニルヒドロ桂皮酸、C7〜C9分枝状アルキルエステル、4,4’−メチレンビス(2,6−ジ−tert−ブチルフェノール)、およびこれらの混合物からなる群から選択される少なくとも1種のヒンダードフェノールとを含む鉱物油組成物。

請求項7

鉱物油が、約0〜約30重量%の芳香族炭化水素、約5〜約70重量%のナフテン系炭化水素、および約10〜約90重量%のパラフィン系炭化水素を含む、請求項6に記載の組成物。

請求項8

鉱物油が、鉱物油組成物の全重量を基準にして、全ての重量%で、約96〜99.95重量%の鉱物油、約1ppm〜約1000ppmのジベンジルヒドロキシルアミン、約0.010〜約2重量%のオルト−tert−ブチルフェノール、および0〜約2重量%の2,6−ジ−tert−ブチルフェノールを含む、請求項6に記載の組成物。

請求項9

鉱物油が、鉱物油組成物の全重量を基準にして、全ての重量%で、約98〜99.75重量%の鉱物油、約15ppm〜約1800ppmのジベンジルヒドロキシルアミン、および約0.25〜約1.5重量%のオルト−tert−ブチルフェノールを含む、請求項6に記載の組成物。

請求項10

鉱物油が、鉱物油組成物の全重量を基準にして、全ての重量%で、約96〜99.75重量%の鉱物油、約1ppm〜約1000ppmのジベンジルヒドロキシルアミン、約0.25〜約2重量%の3,5−ジ−tert−ブチル−4−ヒドロキシフェニルヒドロ桂皮酸、C7〜C9分枝状アルキルエステル、および0〜約2重量%の2,6−ジ−tert−ブチルフェノールを含む、請求項6に記載の組成物。

請求項11

鉱物油が、鉱物油組成物の全重量を基準にして、全ての重量%で、約98〜99.85重量%の鉱物油、約1ppm〜約1000ppmのジベンジルヒドロキシルアミン、および0.1〜約2重量%の4,4’−メチレンビス(2,6−ジ−tert−ブチルフェノール)を含む、請求項6に記載の組成物。

請求項12

鉱物油の色を低減させる方法であって:ジベンジルヒドロキシルアミンを鉱物油と接触させて、鉱物油組成物を形成する工程と;鉱物油組成物を約室温〜約120℃の温度で加熱する工程とを含む方法。

請求項13

鉱物油組成物の温度が、約30℃〜約120℃である、請求項12に記載の方法。

請求項14

鉱物油組成物の温度が、約50℃〜約100℃である、請求項12に記載の方法。

請求項15

鉱物油組成物を約0.25〜約20時間加熱する工程をさらに含む、請求項12に記載の方法。

請求項16

鉱物油が標準色ではない、請求項12に記載の方法。

技術分野

0001

本発明は、色安定性が改良されたヒンダードフェノール系酸化防止剤含有鉱物油に関する。より詳細には、脱酸素剤、すなわち、ジベンジルヒドロキシルアミン(DBHA)を含有する色安定性ヒンダードフェノール濃縮物または鉱物油ブレンドに関する。

背景技術

0002

ヒンダードフェノール系化合物は、潤滑油および燃料用途において効果的な酸化防止剤として用いられてきた。フェノール系化合物は、酸化連鎖反応において存在するペルオキシラジカルと反応して、安定な酸化防止剤ラジカルを形成するため、さらなる分解が防止される。しかし、鉱物油およびヒンダードフェノール系化合物は、日光酸素および/または加熱への暴露から変色する傾向を有する。鉱物油およびヒンダードフェノール系化合物の酸化は、着色された共役種を結果として生ずる。さらなる変色に起因して、黄色または色から暗赤色までの範囲の色が経時的に生じ得る。酸化に起因した変色の結果としての鉱物油の色の変化は、かかる油の商業的価値下げる。鉱物油の使用者は、汚染尺度として色を用いることが多く、高度な着色は、使用が許容されない汚染された油であることを示唆している。したがって、耐酸化性かつ色安定性である鉱物油製剤を提供することが商業的に有利である。

0003

本発明は、鉱物油の酸化を防止するのに好適な酸化防止剤組成物であって、ジベンジルヒドロキシルアミンと、(i)オルト−tert−ブチルフェノール、(ii)2,6−ジ−tert−ブチルフェノール、(iii)3,5−ジ−tert−ブチル−4−ヒドロキシフェニルヒドロ桂皮酸、C7〜C9分枝状アルキルエステル、(iv)4,4’−メチレンビス(2,6−ジ−tert−ブチルフェノール)、およびこれらの混合物からなる群から選択される少なくとも1種のヒンダードフェノールとを含む酸化防止剤組成物に関する。

0004

ジベンジルヒドロキシルアミン(DBHA)とヒンダードフェノール系酸化防止剤との組み合わせが、鉱物油中の酸化防止剤として効果的な非着色ヒンダードフェノール系酸化防止剤系を生成することを発見した。また、ある一定のジベンジルヒドロキシルアミンと1種以上のヒンダードフェノール系酸化防止剤との組み合わせが、室温で完全に液状であって、ナフテン系および/またはパラフィン系鉱物油に添加されたときに酸化防止剤として効果的である非着色ヒンダードフェノール系酸化防止剤系濃縮物を生成する際に効果的であることも発見した。本発明はまた、標準色でない鉱物油の色を低減する方法であって:(i)ジベンジルヒドロキシルアミンを鉱物油と接触させて、鉱物油組成物を形成する工程と;(ii)鉱物油組成物を約室温〜約120℃の温度で加熱する工程とを含む方法にも関する。

実施例

0005

本発明は、鉱物油の酸化を防止するのに好適な酸化防止剤濃縮物組成物であって、ジベンジルヒドロキシルアミン(DBHA)と、(i)オルト−tert−ブチルフェノール、(ii)2,6−ジ−tert−ブチルフェノール、(iii)3,5−ジ−tert−ブチル−4−ヒドロキシフェニルヒドロ桂皮酸、C7〜C9分枝状アルキルエステル、(iv)4,4’−メチレンビス(2,6−ジ−tert−ブチルフェノール)、およびこれらの混合物からなる群から選択される少なくとも1種のヒンダードフェノールとを含む酸化防止剤濃縮物組成物に関する。

0006

一実施形態において、酸化防止剤濃縮物組成物は、酸化防止剤濃縮物組成物の全重量を基準にして、全て重量%で、約0.1〜約5重量%のジベンジルヒドロキシルアミン、約0.1〜約99.9重量%のオルト−tert−ブチルフェノール、および0〜約99.8重量%の2,6−ジ−tert−ブチルフェノールを含む。

0007

別の実施形態において、酸化防止剤濃縮物組成物は、酸化防止剤濃縮物組成物の全重量を基準にして、全て重量%で、約5〜約20重量%のジベンジルヒドロキシルアミン、および約80〜約95重量%のオルト−tert−ブチルフェノールを含む。

0008

別の実施形態において、酸化防止剤濃縮物組成物は、酸化防止剤濃縮物組成物の全重量を基準にして、全て重量%で、約0.1〜約5重量%のジベンジルヒドロキシルアミン、約30〜約95重量%の3,5−ジ−tert−ブチル−4−ヒドロキシフェニルヒドロ桂皮酸、C7〜C9分枝状アルキルエステル、および0〜約70重量%の2,6−ジ−tert−ブチルフェノールを含む。

0009

別の実施形態において、酸化防止剤濃縮物組成物は、酸化防止剤濃縮物組成物の全重量を基準にして、全て重量%で、約0.1〜約5重量%のジベンジルヒドロキシルアミン、および約95〜約99.9重量%の4,4’−メチレンビス(2,6−ジ−tert−ブチルフェノール)を含む。

0010

概して、酸化防止剤濃縮物組成物は、酸化防止剤濃縮物組成物の全重量を基準にして、全て重量%で、約0.1〜約15重量%のジベンジルヒドロキシルアミン、約0.1〜約10重量%のジベンジルヒドロキシルアミン、約0.1〜約5重量%のジベンジルヒドロキシルアミン、約0.1〜約2重量%のジベンジルヒドロキシルアミン、または約0.1〜約1重量%のジベンジルヒドロキシルアミンを含む。同様に、酸化防止剤濃縮物組成物はまた、酸化防止剤濃縮物組成物の全重量を基準にして、全て重量%で、約85〜約99.9重量%の少なくとも1種のヒンダードフェノール、約90〜約99.9重量%の少なくとも1種のヒンダードフェノール、約95〜約99.9重量%の少なくとも1種のヒンダードフェノール、約98〜約99.9重量%の少なくとも1種のヒンダードフェノール、または約99〜約99.9重量%の少なくとも1種のヒンダードフェノールを含むこともできる。

0011

本発明は、鉱物油と、ジベンジルヒドロキシルアミンと、(i)オルト−tert−ブチルフェノール、(ii)2,6−ジ−tert−ブチルフェノール、(iii)3,5−ジ−tert−ブチル−4−ヒドロキシフェニルヒドロ桂皮酸、C7〜C9分枝状アルキルエステル、(iv)4,4’−メチレンビス(2,6−ジ−tert−ブチルフェノール)、およびこれらの混合物からなる群から選択される少なくとも1種のヒンダードフェノールとを含む鉱物油組成物にも関する。

0012

一実施形態において、鉱物油は、鉱物油の全重量を基準にして、全ての重量%で、約0〜約30重量%の芳香族炭化水素、約5〜約70重量%のナフテン系炭化水素、および約5〜約90重量%のパラフィン系炭化水素を含む。

0013

一実施形態において、鉱物油は、鉱物油の全重量を基準にして、全ての重量%で、約0.5〜約30重量%の芳香族炭化水素、約5〜約70重量%のナフテン系炭化水素、および約10〜約90重量%のパラフィン系炭化水素を含む。

0014

別の実施形態において、鉱物油は、鉱物油組成物の全重量を基準にして、全ての重量%で、約96〜99.95重量%の鉱物油、約1ppm〜約1000ppmのジベンジルヒドロキシルアミン、約0.010〜約2重量%のオルト−tert−ブチルフェノール、
および0〜約2重量%の2,6−ジ−tert−ブチルフェノールを含む。

0015

別の実施形態において、鉱物油は、鉱物油組成物の全重量を基準にして、全ての重量%で、約98〜99.75重量%の鉱物油、約15ppm〜約1800ppmのジベンジルヒドロキシルアミン、および約0.25〜約1.5重量%のオルト−tert−ブチルフェノールを含む。

0016

別の実施形態において、鉱物油は、鉱物油組成物の全重量を基準にして、全ての重量%で、約96〜99.75重量%の鉱物油、約1ppm〜約1000ppmのジベンジルヒドロキシルアミン、約0.25〜約2重量%の3,5−ジ−tert−ブチル−4−ヒドロキシフェニルヒドロ桂皮酸、C7〜C9分枝状アルキルエステル、および0〜約2重量%の2,6−ジ−tert−ブチルフェノールを含む。

0017

別の実施形態において、鉱物油は、鉱物油組成物の全重量を基準にして、全ての重量%で、約98〜99.85重量%の鉱物油、約1ppm〜約1000ppmのジベンジルヒドロキシルアミン、および0.1〜約2重量%の4,4’−メチレンビス(2,6−ジ−tert−ブチルフェノール)を含む。

0018

概して、鉱物油組成物はまた、鉱物油組成物の全重量を基準にして、全ての重量%で:約1ppm〜約10,000ppm(すなわち、1重量%)のジベンジルヒドロキシルアミン、約1ppm〜約5000ppmのジベンジルヒドロキシルアミン、約1ppm〜約1000ppmのジベンジルヒドロキシルアミン、約1ppm〜約500ppmのジベンジルヒドロキシルアミン、約1ppm〜約250ppmのジベンジルヒドロキシルアミン、または約1ppm〜約100ppmのジベンジルヒドロキシルアミンを含むこともできる。

0019

同様に、鉱物油組成物はまた、鉱物油組成物の全重量を基準にして、全ての重量%で、約.001〜約5重量%の少なくとも1種のヒンダードフェノール、約0.01〜約4重量%の少なくとも1種のヒンダードフェノール、約0.025〜約3重量%の少なくとも1種のヒンダードフェノール、約0.025〜約2重量%の少なくとも1種のヒンダードフェノール、または約0.025〜約1重量%の少なくとも1種のヒンダードフェノールを含むこともできる。

0020

加えて、鉱物油組成物はまた、鉱物油組成物の全重量を基準にして、全ての重量%で、約95〜約99.99重量%の鉱物油、約96〜約99.95重量%の鉱物油、約97〜約99.85重量%の鉱物油、約98〜約99.75重量%の鉱物油、または約98.5〜約99.5重量%の鉱物油を含むこともできる。

0021

鉱物油組成物はまた、組成物を種々の用途における使用に許容可能にするように追加の添加剤を含有していてもよい。これらの添加剤として、分散剤洗剤粘度指数改良剤流動点降下剤耐摩耗性添加剤極圧添加剤摩擦調整剤防錆剤防食剤乳化剤抗乳化剤消泡剤着色剤シール膨潤剤、および追加の酸化防止剤が挙げられる。

0022

本発明はまた、DBHAを標準色でない鉱物油に添加して加熱することによって、酸化したまたは標準色でない鉱物油の色を低減するための方法にも関する。具体的には、鉱物油の色を低減させる方法であって:(i)ジベンジルヒドロキシルアミンを鉱物油と接触させて、鉱物油組成物を形成する工程と;(ii)鉱物油組成物を約室温〜約120℃の温度で加熱する工程とを含む方法である。

0023

組成物が穏やかに加熱されるとき、DBHAが鉱物油に漂白効果を与えることを発見し
た。酸化、熱的または他の影響によって色が増大した鉱物油などの任意の標準色でない鉱物油は、これをDBHAと合わせて穏やかに加熱することによって、その色が低減され得る。標準色でない鉱物油の例は、約400超、約350超、約300超、約250超、約200超、約150超、または約100超のAPHA色(ASTMD1209によって決定される)を有するものである。

0024

穏やかな加熱は、約室温超〜約120℃、約30℃〜約120℃または約50℃〜約100℃の範囲であり得る。時間量は、約0.25〜約20時間、約0.5〜約10時間または約0.5〜約5時間の範囲であり得る。
実施例

0025

以下の実施例は本発明を説明する。しかし、本発明は、本明細書に完全に記載され、特許請求の範囲に列挙されている通りであり、以下の実施例の詳細によって限定されることを意図していないことが理解されよう。
実施例1〜7
老化鉱物油製剤の色変化

0026

以下の実施例は、いくつかの酸化防止鉱物油製剤および40℃で18日にわたって老化させたガードナー色数の変化を比較する。約1重量%の芳香族炭化水素、約40重量%のナフテン系炭化水素、および約59重量%のパラフィン系炭化水素を含有する鉱物油を2,6−ジ−tert−ブチルフェノール(Albemarle Corporation製Ethanox4701(E−4701))とブレンドした。ジベンジルヒドロキシルアミン(DBHA)またはジエチルヒドロキシアミン(DEHA)のいずれかを添加して色を安定させた。加えて、いくつかの実施例では、老化を加速する酸化触媒として作用する添加された銅(Cu)と、N,N’−ジサリチリデン−1,2−プロパンジアミン金属不活性化剤(Ethanox4705)とを有した。

0027

色を、ASTMD1544、「Test Method Color of Transparent Liquids(Gardner Color Scale)」に従って、ASTM D6166、「Color of Naval Stores and Related Products (Instrumental Determination of Gardner Color)」において変更されているように測定した。ガードナー色数は、0から18に及び、0が最も明るい色であり、18が最も暗い色であった。結果を以下の表1に示す。

0028

結果は、DBHAを用いCuで触媒した実施例5が、DBHAを用いずCuで触媒した実施例C−2およびDEHAを用いCuで触媒した実施例C−6と比較して、鉱物油製剤の色安定性を有意に改良することを示している。
実施例8〜12
鉱物油製剤のRPVOT

0029

回転加圧容器酸化試験(「RPVOT」)値は、多くの工業潤滑油用途において重要な規格試験であり、該油が酸化環境に耐える能力を測定する。この試験法は、酸素加圧容器を利用して、新しい、使用中の完全に配合された潤滑油、および他の最終的な潤滑剤の酸化安定性を水および銅触媒コイルの存在下に150℃で評価する。圧力を25psiに降下させる期間は、試験サンプルの酸化安定性の尺度であり:時間が長いほど、材料の酸化安定性が良好である。RPVOT値をASTMD2272によって測定する。以下の実施例は、いくつかの酸化防止鉱物油製剤を比較する。

0030

約1重量%の芳香族炭化水素、約40重量%のナフテン系炭化水素、および約59重量%のパラフィン系炭化水素を含有する鉱物油を、DBHAまたはブチル化ヒドロキシトルエン(BHT)を用いてまたは用いずに、2,6−ジ−tert−ブチルフェノール(Albemarle Corporation製Ethanox4701(E−4701))とブレンドした。結果を以下の表2に示す。

0031

結果は、鉱物油においてE−4701がBHTよりもかなり良好な酸化防止剤であること、およびDBHAがRPVOT値に有意に影響しないことを示している。
実施例12〜15
鉱物油製剤の光安定性

0032

約1重量%の芳香族炭化水素、約40重量%のナフテン系炭化水素、および約59重量%のパラフィン系炭化水素を含有する鉱物油を、DBHAまたはブチル化ヒドロキシトルエン(BHT)を用いてまたは用いずに、2,6−ジ−tert−ブチルフェノール(Albemarle Corporation製Ethanox4701(E−4701))とブレンドした。製剤を16日間日光に暴露させた。結果を以下の表3に示す。

0033

結果は、DBHAを含有する鉱物油が、DBHAを有さないものよりも光暴露に対して色安定性であることを示している。結果はまた、E−4701を用いた製剤、DBHAを用いない製剤が、BHTを用いた製剤よりもかなり色感受性であったことも示す。
実施例16〜21
標準色でない鉱物油の色の低減

0034

2,6−ジ−tert−ブチルフェノール(Albemarle Corporation製Ethanox4701(E−4701))を含有する、約5重量%の芳香族炭化水素、約5重量%のナフテン系炭化水素、および約90重量%のパラフィン系炭化水素を含有する標準色でない鉱物油(APHA色401)をDBHAとブレンドし、30℃、50℃および70℃の温度で0〜5時間穏やかに加熱した。色数(APHAスケール)をASTMD1209によって決定した。

0035

結果は、油含有DBHAを30℃以上で加熱したとき、鉱物油のAPHA色を低減させたことを示している。
実施例22〜24
4,4’−メチレンビス(2,6−ジ−tert−ブチルフェノール)を用いた老化した鉱物油製剤の色数変化

0036

約25重量%の芳香族炭化水素、約65重量%のナフテン系炭化水素、および約10重量%のパラフィン系炭化水素を含有する鉱物油を、DBHAを用いおよび用いずに4,4’−メチレンビス(2,6−ジ−tert−ブチルフェノール)(Albemarle Corporation製Ethanox4702(E−4702))とブレンドした。上記サンプルを200℃の従来のオーブンに2時間入れ、次いでサンプルの色数を測定した。オーブン温度を80℃に低下させ、該温度で長時間保持し、色数の測定値を1、4および24時間の間隔で採取した。データは、E−4702とDBHAとの混合物が、E−4702を含有する鉱物油の変色を低減させるだけでなく、加熱老化プロセスの間の鉱物油自体の変色も有意に低減させることを示している。

0037

本明細書またはその特許請求の範囲のあらゆる箇所における化学名または式によって称される構成要素は、単数であっても複数であっても、化学名または化学型によって称される別の物質(例えば、別の構成要素、溶媒など)と接触する前に存在しているものとして特定される。化学変化、変換および/または反応は、存在する場合、かかる変化、変換および/または反応が本開示に準じて示される条件下に特定の構成要素を一緒にした必然的な結果であるときには、得られる混合物または溶液中で起こることは重要ではない。したがって、これらの構成要素は、所望の操作を実施することに関連して、または所望の組成物を形成する際に、一緒にされるべき成分として識別される。また、以下の特許請求の範囲が物質、構成要素および/または成分を現在時制(「含む」、「である」など)で称していても、本開示に従って1種以上の他の物質、構成要素および/または成分と初めに接触、ブレンドまたは混合された直前のときに存在しているとして物質、構成要素または成分を称している。物質、構成要素または成分は、本開示に従って化学者によって行われると、接触、ブレンドまたは混合操作の間に化学反応または変換を通してその元来の同一性を失い得るという事実は、したがって実用上の関心事ではない。

0038

本明細書に記載され特許請求の範囲における発明は、本明細書に開示されている具体的な例および実施形態によって範囲が限定されるべきではない、なぜなら、これらの例および実施形態は、本発明のいくつかの態様の説明として意図されているからである。あらゆる等価の実施形態が、本発明の範囲内にあることが意図される。実際、以上の記載から、本明細書に示して記載されているものに加えて、本発明の種々の変形が当業者に明らかになろう。かかる変形もまた、添付の特許請求の範囲内にあると意図される。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ