図面 (/)

この項目の情報は公開日時点(2014年2月20日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (20)

課題・解決手段

本開示は、1つ以上のコンピュータデバイスにわたる、1人以上のユーザによって使用される複数の同種または異種アプリケーションにわたるCADモデル整合性を維持するためのシステムおよび方法を特徴とする。本開示は、コンピュータ支援設計オブジェクトまたはモデルの同時設計を維持するためのシステムおよび方法を特徴とする。本開示は、コンピュータ支援設計オブジェクトまたはモデルの同時設計を管理するためのシステムおよび方法を対象とする。

概要

背景

工業製品設計から3Dアニメーションまで多くの業界で、コンピュータ支援設計CADアプリケーションコンピュータ支援エンジニアリングCAE)アプリケーション、コンピュータ支援製造(CAM)アプリケーション、またはその他が、オブジェクトの2次元または3次元モデルを作成、操作、表示、または分析するために使用される。概してCADアプリケーションと呼ばれる、これらのアプリケーションは、ユーザが、オブジェクトの形態で特定の構造に対する設計を入力して視認することを可能にする。ユーザはしばしば、オブジェクトの表示を任意の角度まで回転させ、また、異なる表示および視点のためにズームインまたはズームアウトすることもできる。強調表示陰影付けクロスハッチング、着色、テクスチャリング、およびその他等の追加の視覚的特徴は、ユーザがコンピュータデバイスを用いてオブジェクトを設計することを可能にする。パラメトリックまたは履歴ベースのCADとして知られている、CADアプリケーションのいくつかのバージョンでは、アプリケーションはまた、設計従属性に加えて、オブジェクトへの設計変更を追跡して監視することもできる。したがって、ユーザがオブジェクト内の要素を追加または変更する時に、その変更に従属する他の値が、設計のエンジニアリングコンセプトおよびルールに従って自動的に更新され得る。例えば、第1のオブジェクトの長さが、変数として第2のオブジェクトの長さを含む式によって、定義され得る。したがって、第2のオブジェクトの長さを修正することは、CADアプリケーションに第1のオブジェクトの長さを再計算させ、モデル再生させ得る。

多くの異なるアプリケーションが、頻繁に、製造または設計グループの異なるユーザによって、異なる機能に使用される。例えば、製品設計者は、モデルを作成または編集するためにパラメトリックモデリングCADアプリケーションを使用し得、標準認証エンジニアは、モデルから構築された製品が、重量または強度等の工学要件に従うかどうかを決定するために、工学分析アプリケーションを使用し得、販売員は、顧客に対する製品オプションを特定するために、構成構築アプリケーションを使用し得、プロジェクトマネージャは、モデルを視認して注釈を付けるために、可視化アプリケーションを使用し得る。しかしながら、これらのアプリケーションは、典型的には、異なるデータモデルを有し、モデルがユーザからユーザへ伝えられるにつれて、時間がかかるインポートおよびエクスポートを必要とする。加えて、1つのデータモデルから別のデータモデルへの変換中に、情報が失われる場合がある。

概要

本開示は、1つ以上のコンピュータデバイスにわたる、1人以上のユーザによって使用される複数の同種または異種アプリケーションにわたるCADモデル整合性を維持するためのシステムおよび方法を特徴とする。本開示は、コンピュータ支援設計オブジェクトまたはモデルの同時設計を維持するためのシステムおよび方法を特徴とする。本開示は、コンピュータ支援設計オブジェクトまたはモデルの同時設計を管理するためのシステムおよび方法を対象とする。

目的

いくつかの実施形態では、ローカルマシン102は、サーバによって提供されるリソースへのアクセスを求めるクライアントノード、および他のクライアント102a−102nのためのホスト型リソースへのアクセスを提供する

効果

実績

技術文献被引用数
1件
牽制数
1件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

オブジェクトライフサイクルにおける複数の状態のうちの1つにおいて、コンピュータ支援設計CADデータモデルの複数の情報項目同期化を管理する方法であって、前記情報項目は、少なくとも幾何学形状と、グラフィックスとを含み、前記方法は、第1のコンピュータデバイスプロセッサによって実行される第1のアプリケーションの第1のユーザによって、共有CADデータモデルの第1の情報項目を第1の状態から第2の状態に更新することであって、前記第1の状態は、オブジェクトライフサイクルにおける第1の状態に対応する、ことと、前記第1のユーザによって、前記第1の情報項目を前記第2の状態から第3の状態に更新することであって、前記第3の状態は、前記オブジェクトライフサイクルにおける第2の状態に対応する、ことと、第2のコンピュータデバイスのプロセッサによって実行される第2のアプリケーションの第2のユーザによって、前記共有CADデータモデルの第2の情報項目を、前記第1の状態に対応する第4の状態から、前記第3の状態に対応する第5の状態に更新することとを含む、方法。

請求項2

前記共有CADデータモデルの第1の情報項目を第1の状態から第2の状態に更新することは、前記ユーザによって、前記第1のアプリケーションを使用して前記第1の情報項目を修正することを含む、請求項1に記載の方法。

請求項3

前記オブジェクトライフサイクルにおける前記第1の状態および前記オブジェクトライフサイクルにおける前記第2の状態の各々は、所定の状態に対応し、前記所定の状態は、設計、プロトタイピング、製造、または試験のうちの少なくとも1つを含む、請求項1に記載の方法。

請求項4

前記第1のユーザから前記第2のユーザによって、前記第1の情報項目を前記第1の状態から前記第2の状態に更新することに応答して生成される第1の変更命令を受信することをさらに含み、前記第1の変更命令は、前記更新を表す命令を備え、前記変更命令は、前記共有CADデータモデルの非整合状態に更新することを示すための第1の所定の値に設定されたフラグを含む、請求項1に記載の方法。

請求項5

前記第1の所定の値に設定された前記フラグを有する前記第1の変更命令を受信することに応答して、前記第2のユーザによって、前記第2の情報項目を更新しないことをさらに含む、請求項4に記載の方法。

請求項6

前記第1のユーザから前記第2のユーザによって、前記第1の情報項目を前記第2の状態から前記第3の状態に更新することに応答して生成される第2の変更命令を受信することをさらに含み、前記第2の変更命令は、前記更新を表す命令を備え、前記第2の変更命令は、前記共有CADデータモデルの整合状態に更新することを示すための第2の所定の値に設定されたフラグを含む、請求項1に記載の方法。

請求項7

前記第2のユーザによって、前記第2の情報項目を更新することは、前記第2の所定の値に設定された前記フラグを有する前記第2の変更命令を受信することに応答して、前記第2の情報項目を更新することを含む、請求項6に記載の方法。

請求項8

オブジェクトライフサイクルにおける複数の状態のうちの1つにおいて、コンピュータ支援設計(CAD)データモデルの複数の情報項目の同期化を管理するシステムであって、前記情報項目は、少なくとも幾何学形状と、グラフィックスとを含み、前記システムは、第1のプロセッサを備えている第1のコンピュータデバイスであって、前記第1のプロセッサは、第1のユーザによって、共有CADデータモデルの第1の情報項目を、第1の状態から第2の状態に更新することであって、前記第1の状態は、オブジェクトライフサイクルにおける第1の状態に対応する、ことと、前記第1のユーザによって、前記第1の情報項目を前記第2の状態から第3の状態に更新することであって、前記第3の状態は、前記オブジェクトライフサイクルにおける第2の状態に対応する、こととのために第1のアプリケーションを実行するように構成されている、第1のコンピュータデバイスと、第2のプロセッサを備えている第2のコンピュータデバイスであって、前記第2のプロセッサは、第2のユーザによって、前記共有CADモデルの第2の情報項目を、前記第1の状態に対応する第4の状態から、前記第3の状態に対応する第5の状態に更新するために第2のアプリケーションを実行するように構成されている、第2のコンピュータデバイスとを備えている、システム。

請求項9

前記第1のアプリケーションは、前記ユーザによって、前記第1のアプリケーションを使用して前記第1の情報項目を修正するために構成されている、請求項8に記載のシステム。

請求項10

前記オブジェクトライフサイクルにおける前記第1の状態および前記オブジェクトライフサイクルにおける前記第2の状態の各々は、所定の状態に対応し、前記所定の状態は、設計、プロトタイピング、製造、または試験のうちの少なくとも1つを含む、請求項8に記載のシステム。

請求項11

前記第2のアプリケーションは、前記第1のアプリケーションから、前記第1の情報項目を前記第1の状態から前記第2の状態に更新することに応答して生成される第1の変更命令を受信するために構成され、前記第1の変更命令は、前記更新を表す命令を備え、前記第1の変更命令は、前記共有CADデータモデルの非整合状態に更新することを示すための第1の所定の値に設定されたフラグを含む、請求項8に記載のシステム。

請求項12

前記第2のアプリケーションは、前記第1の所定の値に設定された前記フラグを有する前記第1の変更命令を受信することに応答して、前記第2の情報項目を更新しないように構成されている、請求項11に記載のシステム。

請求項13

前記第2のアプリケーションは、前記第1のアプリケーションから、前記第1の情報項目を前記第2の状態から前記第3の状態に更新することに応答して生成される第2の変更命令を受信するために構成され、前記第2の変更命令は、前記更新を表す命令を備え、前記第2の変更命令は、前記共有CADデータモデルの整合状態に更新することを示すための第2の所定の値に設定されたフラグを含む、請求項8に記載のシステム。

請求項14

前記第2のアプリケーションは、前記第2の所定の値に設定された前記フラグを有する前記第2の変更命令を受信することに応答して、前記第2の情報項目を更新するために構成されている、請求項13に記載のシステム。

請求項15

ユーザによって、コンピュータ支援設計(CAD)オブジェクトまたはモデルの複数の設計ステップを管理する方法であって、第1のコンピュータデバイスのプロセッサによって実行されるCADアプリケーションのユーザによって、CADモデルの複数の相関CADオブジェクトのうちの第1のCADオブジェクトを修正することと、前記CADアプリケーションによって、前記修正に応答して、前記修正前の前記CADモデルの前記複数の相関CADオブジェクトの第1の状態、および、前記第1のCADオブジェクトに対する前記修正を表す第1の変更命令を記憶することとを含む、方法。

請求項16

前記CADアプリケーションによって、前記第1のCADオブジェクトに対する前記修正に応答して、前記複数の相関CADオブジェクトのうちの第2のCADオブジェクトのデータを再生することをさらに含み、前記第2のCADオブジェクトは、前記第1のCADオブジェクトに従属している、請求項15に記載の方法。

請求項17

前記第1の変更命令は、前記CADアプリケーションによって、前記記憶された第1の状態における前記第1のCADオブジェクトに対する前記ユーザの修正を行うための命令を備えている、請求項15に記載の方法。

請求項18

前記ユーザによって、前記CADモデルの前記複数の相関CADオブジェクトのうちの第2のCADオブジェクトを修正することと、前記CADアプリケーションによって、前記第2のCADオブジェクトに対する前記修正に応答して、前記第2のCADオブジェクトに対する前記修正を表す第2の変更命令を記憶することとをさらに含む、請求項15に記載の方法。

請求項19

前記第2の変更命令は、前記CADアプリケーションによって、前記第1のCADオブジェクトの前記修正後の前記CADモデルの状態から前記第2のCADオブジェクトに対する前記ユーザの修正を行うための命令を備えている、請求項18に記載の方法。

請求項20

前記CADアプリケーションによって、前記第2のCADオブジェクトに対する前記修正に応答して、前記第2のCADオブジェクトに従属している、前記複数の相関CADオブジェクトのうちの第3のCADオブジェクトのデータを再生することをさらに含む、請求項18に記載の方法。

請求項21

前記ユーザによって、前記CADモデルを、前記第1のCADオブジェクトの前記修正後、かつ、前記第2のCADオブジェクトの前記修正前の前記CADモデルの状態に戻すように要求することと、前記CADアプリケーションによって、前記CADモデルの前記複数の相関CADオブジェクトの前記記憶された第1の状態に対して前記第1の変更命令を実行することとをさらに含む、請求項18に記載の方法。

請求項22

前記CADアプリケーションによって、前記第1のCADオブジェクトの前記修正に応答して、前記第1のCADオブジェクトに従属している、前記複数の相関CADオブジェクトのうちの第2のCADオブジェクトのデータを再生することをさらに含む、請求項21に記載の方法。

請求項23

前記ユーザによって、前記CADモデルに対する少なくとも1つの修正を仕上げるように要求することと、前記CADアプリケーションによって、対応する少なくとも1つの変更命令を少なくとも1つの追加のCADアプリケーションに伝送することと、前記少なくとも1つの追加のCADアプリケーションは、前記第1のコンピュータデバイスの前記プロセッサまたは第2のコンピュータデバイスのプロセッサのうちの1つによって実行される、こととをさらに含む、請求項15に記載の方法。

請求項24

ユーザによって、コンピュータ支援設計(CAD)オブジェクトまたはモデルの複数の設計ステップを管理するためのシステムであって、CADアプリケーションを実行するように構成される第1のプロセッサを備えている第1のコンピュータデバイスを備え、前記CADアプリケーションは、前記第1のコンピュータデバイスのユーザからの要求に応答して、CADモデルの複数の相関CADオブジェクトのうちの第1のCADオブジェクトを修正することと、前記修正に応答して、前記修正前の前記CADモデルの前記複数の相関CADオブジェクトの第1の状態、および、前記第1のCADオブジェクトに対する前記修正を表す第1の変更命令を記憶することとを行うように構成されている、システム。

請求項25

前記CADアプリケーションは、前記第1のCADオブジェクトに対する前記修正に応答して、前記複数の相関CADオブジェクトのうちの第2のCADオブジェクトのデータを再生するようにさらに構成され、前記第2のCADオブジェクトは、前記第1のCADオブジェクトに従属している、請求項24に記載のシステム。

請求項26

前記第1の変更命令は、前記CADアプリケーションによって、前記記憶された第1の状態における前記第1のCADオブジェクトに対する前記ユーザの修正を行うための命令を備えている、請求項24に記載のシステム。

請求項27

前記CADアプリケーションは、前記ユーザによる要求に応答して、前記CADモデルの前記複数の相関CADオブジェクトのうちの第2のCADオブジェクトを修正することと、前記第2のCADオブジェクトに対する前記修正に応答して、前記第2のCADオブジェクトに対する前記修正を表す第2の変更命令を記憶することとを行うようにさらに構成されている、請求項24に記載のシステム。

請求項28

前記第2の変更命令は、前記CADアプリケーションによって、前記第1のCADオブジェクトの前記修正後の前記CADモデルの状態から前記第2のCADオブジェクトに対する前記ユーザの修正を行うための命令を備えている、請求項27に記載のシステム。

請求項29

前記CADアプリケーションは、前記第2のCADオブジェクトの前記修正に応答して、前記第2のCADオブジェクトに従属している、前記複数の相関CADオブジェクトのうちの第3のCADオブジェクトのデータを再生するようにさらに構成されている、請求項27に記載のシステム。

請求項30

前記CADアプリケーションは、前記CADモデルを前記第1のCADオブジェクトの前記修正後、かつ、前記第2のCADオブジェクトの前記修正前の前記CADモデルの状態に戻すための前記ユーザによる要求に応答して、前記CADモデルの前記複数の相関CADオブジェクトの前記記憶された第1の状態に対して前記第1の変更命令を実行するようにさらに構成されている、請求項27に記載のシステム。

請求項31

前記CADアプリケーションは、前記第1のCADオブジェクトの前記修正に応答して、前記第1のCADオブジェクトに従属している、前記複数の相関CADオブジェクトのうちの第2のCADオブジェクトのデータを再生するようにさらに構成されている、請求項30に記載のシステム。

請求項32

前記CADアプリケーションは、前記CADモデルに対する少なくとも1つの修正を仕上げるための前記ユーザによる要求に応答して、対応する少なくとも1つの変更命令を少なくとも1つの追加のCADアプリケーションに伝送するようにさらに構成され、前記少なくとも1つの追加のCADアプリケーションは、前記第1のコンピュータデバイスの前記プロセッサまたは第2のコンピュータデバイスのプロセッサのうちの1つによって実行される、請求項24に記載のシステム。

請求項33

対応する複数のコンピュータデバイス上の複数のユーザによるコンピュータ支援設計(CAD)オブジェクトまたはモデルの同時設計を管理する方法であって、第1のコンピュータデバイスのプロセッサ上で実行する第1のCADアプリケーションの第1のユーザによって、共有CADオブジェクトの第1の部分を修正することと、第2のコンピュータデバイスのプロセッサ上で実行する第2のCADアプリケーションの第2のユーザによって、前記共有CADオブジェクトの第2の部分を修正することと、前記第1のコンピュータデバイスから前記第2のコンピュータデバイスによって、前記共有CADオブジェクトの前記第1の部分に対する前記修正を表す変更命令を受信することとを含む、方法。

請求項34

前記第1の部分に対する前記修正が前記第2の部分に影響を及ぼさないという前記第2のCADアプリケーションによる決定に応答して、前記第2のコンピュータデバイスによって、前記第2のユーザに表示された前記共有CADオブジェクトを修正することなく前記変更命令を記憶することをさらに含む、請求項33に記載の方法。

請求項35

前記共有CADオブジェクトは、複数の相関モデルを備えている、請求項33に記載の方法。

請求項36

前記共有CADオブジェクトの前記第1の部分を修正することは、前記共有CADオブジェクトの第1の組の1つ以上のモデルを修正することを含む、請求項33に記載の方法。

請求項37

前記共有オブジェクトの前記第2の部分を修正することは、前記共有オブジェクトの第2の組の1つ以上のモデルを修正することを含み、前記第2の組の1つ以上のモデルは、前記第1の組の1つ以上のモデルと一致していない、請求項36に記載の方法。

請求項38

前記変更命令を受信することは、前記第1のコンピュータデバイスおよび第2のコンピュータデバイスが前記変更命令を伝送するために同時にオンラインになる必要がないように、媒介物役割を果たす第3のコンピュータデバイスを介して、前記第1のコンピュータデバイスから前記第2のコンピュータデバイスによって前記変更命令を受信することを含む、請求項33に記載の方法。

請求項39

前記第1のCADアプリケーションによって、前記共有CADオブジェクトの前記第1の部分の前記第1のユーザによる前記修正に応答して、前記変更命令を媒介物の役割を果たす前記第3のコンピュータデバイスに伝送することと、前記第3のコンピュータデバイスのプロセッサ上で実行する通知サービスから前記第2のコンピュータデバイスによって、新しい変更命令の通知を受信することであって、前記通知は、前記第1のコンピュータデバイスから前記伝送された変更命令を受信することに応答して伝送される、ことと、前記通知を受信することに応答して、前記第3のコンピュータデバイスから前記第2のCADアプリケーションによって、前記変更命令を要求することとをさらに含む、請求項38に記載の方法。

請求項40

前記第2のCADアプリケーションによって、前記第2のユーザによる要求に応答して、前記共有CADオブジェクトの前記第1の部分を修正するために前記変更命令を実行することをさらに含む、請求項33に記載の方法。

請求項41

前記第2のCADアプリケーションによって、前記変更命令において表される前記共有CADオブジェクトの前記第1の部分に対する前記修正を、前記共有CADオブジェクトの前記第2の部分に対する前記修正と組み合わせることをさらに含む、請求項40に記載の方法。

請求項42

前記第2のユーザによって、前記変更命令における第1の1つ以上の命令を無効にすることをさらに含み、前記共有CADオブジェクトの前記第1の部分を修正するために前記変更命令を実行することは、前記変更命令における第2の1つ以上の無効にされていない命令を実行することを含む、請求項40に記載の方法。

請求項43

対応する複数のコンピュータデバイス上の複数のユーザによるコンピュータ支援設計(CAD)オブジェクトまたはモデルの同時設計を管理するためのシステムであって、第1のCADアプリケーションを実行するプロセッサを備えている第1のコンピュータデバイスであって、前記第1のCADアプリケーションは、第1のユーザによって、共有CADオブジェクトの第1の部分を修正するために構成されている、第1のコンピュータデバイスと、第2のCADアプリケーションを実行するプロセッサを備えている第2のコンピュータデバイスであって、前記第2のCADアプリケーションは、第2のユーザによって、前記共有CADオブジェクトの第2の部分を修正することと、前記第1のコンピュータデバイスから、前記共有CADオブジェクトの前記第1の部分に対する前記修正を表す変更命令を受信することとを行うために構成されている、第2のコンピュータデバイスとを備えている、システム。

請求項44

前記第2のCADアプリケーションは、前記第1の部分に対する前記修正が前記第2の部分に影響を及ぼさないという前記第2のCADアプリケーションによる決定に応答して、前記第2のユーザに表示された前記共有CADオブジェクトを修正することなく前記変更命令を記憶するためにさらに構成されている、請求項43に記載のシステム。

請求項45

前記共有CADオブジェクトは、複数の相関モデルを備えている、請求項43に記載のシステム。

請求項46

前記共有CADオブジェクトの前記第1の部分を修正することは、前記共有CADオブジェクトの第1の組の1つ以上のモデルを修正することを含む、請求項43に記載のシステム。

請求項47

前記共有オブジェクトの前記第2の部分を修正することは、前記共有オブジェクトの第2の組の1つ以上のモデルを修正することを含み、前記第2の組の1つ以上のモデルは、前記第1の組の1つ以上のモデルと一致していない、請求項46に記載のシステム。

請求項48

前記第1のコンピュータデバイスと前記第2のコンピュータデバイスとの間の媒介物の役割を果たす第3のコンピュータデバイスをさらに備え、前記第3のコンピュータデバイスは、前記第1のコンピュータデバイスおよび第2のコンピュータデバイスが前記変更命令を伝送するために同時にオンラインになる必要がないように、前記第1のコンピュータデバイスから前記変更命令を受信し、前記第2のコンピュータデバイスに前記変更命令を伝送する、請求項43に記載のシステム。

請求項49

前記第1のCADアプリケーションは、前記共有CADオブジェクトの前記第1の部分の前記第1のユーザによる前記修正に応答して、前記変更命令を、前記媒介物の役割を果たす前記第3のコンピュータデバイスに伝送するためにさらに構成され、前記第3のコンピュータデバイスは、通知サービスを実行するプロセッサをさらに備え、前記第2のCADアプリケーションは、前記通知サービスから、新しい変更命令の通知を受信することであって、前記通知は、前記第1のコンピュータデバイスから前記伝送された変更命令を受信することに応答して伝送される、ことと、前記通知を受信することに応答して、前記第3のコンピュータデバイスから、前記変更命令を要求することとを行うために構成されている、請求項48に記載のシステム。

請求項50

前記第2のCADアプリケーションは、前記第2のユーザによる要求に応答して、前記共有CADオブジェクトの前記第1の部分を修正するための前記変更命令を実行するためにさらに構成されている、請求項43に記載のシステム。

請求項51

前記第2のCADアプリケーションは、前記変更命令において表される前記共有CADオブジェクトの前記第1の部分に対する前記修正を、前記共有CADオブジェクトの前記第2の部分に対する前記修正と組み合わせるためにさらに構成されている、請求項50に記載のシステム。

請求項52

前記第2のCADアプリケーションは、前記第2のユーザによる要求に応答して、前記変更命令における第1の1つ以上の命令のためにさらに構成され、前記共有CADオブジェクトの前記第1の部分を修正するために前記変更命令を実行することは、前記変更命令における第2の1つ以上の無効にされていない命令を実行することを含む、請求項50に記載のシステム。

請求項53

コンピュータ支援設計(CAD)オブジェクトまたはモデルの同時設計を管理する方法であって、コンピュータデバイスのプロセッサによって実行される第1のCADアプリケーションによって、CADモデルの開始状態を記憶することと、前記第1のCADアプリケーションのユーザによって、前記CADモデルを修正することと、前記第1のCADアプリケーションによって、前記修正に応答して、前記CADモデルに対する前記ユーザの修正を表す第1の1つ以上の変更命令を作成することと、前記コンピュータデバイスの前記プロセッサによって実行される第2のCADアプリケーションによって、前記CADモデルの前記記憶された開始状態および前記第1の1つ以上の変更命令をロードすることと、前記第2のCADアプリケーションによって、前記CADモデルに対する前記ユーザの修正を再現するために、前記第1の1つ以上の変更命令を実行することとを含む、方法。

請求項54

前記CADモデルの前記開始状態を記憶することは、前記第1のCADアプリケーションによって前記CADモデルをロードすることに応答して、前記CADモデルの前記開始状態を記憶することを含む、請求項53に記載の方法。

請求項55

前記CADモデルを修正することは、前記ユーザによって、前記CADモデルの第1の1つ以上のオブジェクトを修正することと、前記第1のCADアプリケーションによって、前記第1の1つ以上のオブジェクトに従属している、前記CADモデルの第2の1つ以上のオブジェクトを再生することとを含む、請求項53に記載の方法。

請求項56

前記第1の1つ以上の変更命令を作成することは、1つ以上の変更命令の実行が、CADアプリケーションに、前記第1の1つ以上のオブジェクトに従属している前記第2の1つ以上のオブジェクトを再生させるように、前記第1の1つ以上のオブジェクトに対する前記ユーザの修正を表す第1の1つ以上の変更命令を作成することを含む、請求項55に記載の方法。

請求項57

前記第2のCADアプリケーションによって、前記記憶された開始状態および前記第1の1つ以上の変更命令をロードすることは、前記ユーザが前記第2のCADアプリケーションをアクティブにすることに応答して、前記記憶された開始状態および前記第1の1つ以上の変更命令をロードすることを含む、請求項53に記載の方法。

請求項58

前記第1の1つ以上の変更命令を実行することは、前記ユーザが前記第2のCADアプリケーションをアクティブにすることに応答して、前記第1の1つ以上の変更命令を実行することを含む、請求項57に記載の方法。

請求項59

前記第2のCADアプリケーションを介して、前記ユーザによって、前記CADモデルを修正することと、前記第2のCADアプリケーションによって、前記修正に応答して、前記CADモデルに対する前記ユーザの修正を表す第2の1つ以上の変更命令を作成することと、前記第1のCADアプリケーションによって、前記第2の1つ以上の変更命令をロードすることと、前記第1のCADアプリケーションによって、前記CADモデルに対する前記ユーザの修正を再現するために、前記第2の1つ以上の変更命令を実行することとをさらに含む、請求項53に記載の方法。

請求項60

前記第2の1つ以上の変更命令は、前記第1の1つ以上の変更命令の実行後の前記第2のCADアプリケーションにおける前記CADモデルに対する前記ユーザの修正を表す、請求項59に記載の方法。

請求項61

前記第1のCADアプリケーションを介して、前記ユーザによって、前記第1の1つ以上の変更命令を取り消すように要求することと、前記第1のCADアプリケーションによって、前記CADモデルの前記開始状態をロードすることとをさらに含む、請求項59に記載の方法。

請求項62

前記第1のCADアプリケーションによって、前記第2の1つ以上の変更命令を実行することをさらに含み、前記第2の1つ以上の変更命令は、前記第1の1つ以上の変更命令によって修正されるチャプタとは無関係の前記CADモデルのチャプタを修正する、請求項61に記載の方法。

請求項63

コンピュータ支援設計(CAD)オブジェクトまたはモデルの同時設計を管理するためのシステムであって、前記システムは、プロセッサを備えているコンピュータデバイスを備え、前記プロセッサは、CADモデルの開始状態を記憶することと、前記第1のCADアプリケーションのユーザによる要求に応答して、前記CADモデルを修正することと、前記修正に応答して、前記CADモデルに対する前記ユーザの修正を表す第1の1つ以上の変更命令を作成することとを行うように構成されている、第1のCADアプリケーションと、前記CADモデルの前記記憶された開始状態および前記第1の1つ以上の変更命令をロードすることと、前記CADモデルに対する前記ユーザの修正を再現するために、前記第1の1つ以上の変更命令を実行することとを行うように構成されている、第2のCADアプリケーションとを実行する、システム。

請求項64

前記第1のCADアプリケーションは、前記第1のCADアプリケーションによって前記CADモデルをロードすることに応答して、前記CADモデルの前記開始状態を記憶するように構成されている、請求項63に記載のシステム。

請求項65

前記第1のCADアプリケーションは、前記ユーザによる要求に応答して、前記CADモデルの第1の1つ以上のオブジェクトを修正することと、前記第1の1つ以上のオブジェクトに従属している、前記CADモデルの第2の1つ以上のオブジェクトを再生することとを行うように構成されている、請求項63に記載のシステム。

請求項66

前記第1のCADアプリケーションは、1つ以上の変更命令の実行が、CADアプリケーションに、前記第1の1つ以上のオブジェクトに従属している前記第2の1つ以上のオブジェクトを再生させるように、前記第1の1つ以上のオブジェクトに対する前記ユーザの修正を表す第1の1つ以上の変更命令を作成するように構成されている、請求項65に記載のシステム。

請求項67

前記第2のCADアプリケーションは、前記ユーザが前記第2のCADアプリケーションをアクティブにすることに応答して、前記記憶された開始状態および前記第1の1つ以上の変更命令をロードするように構成されている、請求項63に記載のシステム。

請求項68

前記第2のCADアプリケーションは、前記ユーザが前記第2のCADアプリケーションをアクティブにすることに応答して、前記第1の1つ以上の変更命令を実行するように構成されている、請求項67に記載のシステム。

請求項69

前記第2のCADアプリケーションは、前記ユーザからの要求に応答して、前記CADモデルを修正することと、前記修正に応答して、前記CADモデルに対する前記ユーザの修正を表す第2の1つ以上の変更命令を作成することとを行うように構成され、前記第1のCADアプリケーションは、前記第2の1つ以上の変更命令をロードすることと、前記CADモデルに対する前記ユーザの修正を再現するために、前記第2の1つ以上の変更命令を実行することとを行うように構成されている、請求項63に記載のシステム。

請求項70

前記第2の1つ以上の変更命令は、前記第1の1つ以上の変更命令の実行後の前記第2のCADアプリケーションにおける前記CADモデルに対する前記ユーザの修正を表す、請求項69に記載のシステム。

請求項71

前記第1の1つ以上の変更命令を取り消すための前記ユーザによる要求に応答して、前記第1のCADアプリケーションは、前記CADモデルの前記開始状態をロードするように構成されている、請求項69に記載のシステム。

請求項72

前記第1のCADアプリケーションは、前記第2の1つ以上の変更命令を実行するように構成され、前記第2の1つ以上の変更命令は、前記第1の1つ以上の変更命令によって修正されるチャプタとは無関係の前記CADモデルのチャプタを修正する、請求項71に記載のシステム。

請求項73

コンピュータ支援設計(CAD)モデルの同時設計を管理するためのシステムであって、前記システムは、プロセッサを備えているコンピュータデバイスを備え、前記プロセッサは、ユーザからの第1の要求に応答して、共有CADモデルに対する第1の修正を行うための第1のCADアプリケーションと、前記第1のCADアプリケーションが前記第1の修正を行うことに応答して、前記第1の修正を前記共有CADモデルに表示するための第2の同時実行CADアプリケーションとを実行する、システム。

請求項74

前記第2の同時実行CADアプリケーションは、前記ユーザからの後続の要求なしで、前記共有CADモデルに対する前記第1の修正を表示するように構成されている、請求項73に記載のシステム。

請求項75

前記第2の同時実行CADアプリケーションは、前記ユーザが前記第1の修正を保存することを要求することなく、前記共有CADモデルに対する前記第1の修正を表示するように構成されている、請求項73に記載のシステム。

請求項76

前記第2の同時実行CADアプリケーションは、前記ユーザからの第2の要求に応答して、前記第1のCADアプリケーションによって行われる、前記共有CADモデルに対する前記第1の修正を取り消すように構成されている、請求項73に記載のシステム。

請求項77

前記第2の同時実行CADアプリケーションは、前記ユーザからの第2の要求に応答して、前記第1のCADアプリケーションによって行われる、前記共有CADモデルに対する前記第1の修正を保存するように構成されている、請求項73に記載のシステム。

技術分野

0001

(関連出願)
本願は、米国出願第12/914,004号(2010年10月28日出願、名称「Methodsand Systems for Managing Synchronization of a Plurality of Information Items of a Computer−Aided Design Data Model」)に基づく優先権を主張する。該出願は、その全体が参照により援用される。

0002

本願は、米国出願第12/914,005号(2010年10月28日出願、名称「Methodsand Systems for Managing Concurrent Design of Computer−Aided Design Objects」)に基づく優先権を主張する。該出願は、その全体が参照により援用される。

0003

本願は、米国出願第12/914,011号(2010年10月28日出願、名称「Methodsand Systems for Consistent Concurrent Operation of a Plurality of Computer−Aided Design Applications」)に基づく優先権を主張する。該出願は、その全体が参照により援用される。

0004

(技術分野)
本開示は、コンピュータ支援設計CAD)のための方法およびシステムに関する。

背景技術

0005

工業製品設計から3Dアニメーションまで多くの業界で、コンピュータ支援設計(CAD)アプリケーションコンピュータ支援エンジニアリングCAE)アプリケーション、コンピュータ支援製造(CAM)アプリケーション、またはその他が、オブジェクトの2次元または3次元モデルを作成、操作、表示、または分析するために使用される。概してCADアプリケーションと呼ばれる、これらのアプリケーションは、ユーザが、オブジェクトの形態で特定の構造に対する設計を入力して視認することを可能にする。ユーザはしばしば、オブジェクトの表示を任意の角度まで回転させ、また、異なる表示および視点のためにズームインまたはズームアウトすることもできる。強調表示陰影付けクロスハッチング、着色、テクスチャリング、およびその他等の追加の視覚的特徴は、ユーザがコンピュータデバイスを用いてオブジェクトを設計することを可能にする。パラメトリックまたは履歴ベースのCADとして知られている、CADアプリケーションのいくつかのバージョンでは、アプリケーションはまた、設計従属性に加えて、オブジェクトへの設計変更を追跡して監視することもできる。したがって、ユーザがオブジェクト内の要素を追加または変更する時に、その変更に従属する他の値が、設計のエンジニアリングコンセプトおよびルールに従って自動的に更新され得る。例えば、第1のオブジェクトの長さが、変数として第2のオブジェクトの長さを含む式によって、定義され得る。したがって、第2のオブジェクトの長さを修正することは、CADアプリケーションに第1のオブジェクトの長さを再計算させ、モデル再生させ得る。

0006

多くの異なるアプリケーションが、頻繁に、製造または設計グループの異なるユーザによって、異なる機能に使用される。例えば、製品設計者は、モデルを作成または編集するためにパラメトリックモデリングCADアプリケーションを使用し得、標準認証エンジニアは、モデルから構築された製品が、重量または強度等の工学要件に従うかどうかを決定するために、工学分析アプリケーションを使用し得、販売員は、顧客に対する製品オプションを特定するために、構成構築アプリケーションを使用し得、プロジェクトマネージャは、モデルを視認して注釈を付けるために、可視化アプリケーションを使用し得る。しかしながら、これらのアプリケーションは、典型的には、異なるデータモデルを有し、モデルがユーザからユーザへ伝えられるにつれて、時間がかかるインポートおよびエクスポートを必要とする。加えて、1つのデータモデルから別のデータモデルへの変換中に、情報が失われる場合がある。

課題を解決するための手段

0007

一側面では、本開示は、1つ以上のコンピュータデバイスにわたる、1人以上のユーザによって使用される複数の同種または異種アプリケーションにわたるCADモデル整合性を維持するためのシステムおよび方法を対象とする。システムは、CADモデルの種々の側面を表す異なる情報項目チャプタを備えている、共通データモデルと、ユーザによってCADモデルのチャプタに行われる修正を表す、軽量変更命令とを含む。共通データモデルおよび差異ベースの変更命令を利用することによって、複数のユーザが、同時にCADモデルの設計を共同で行ってもよく、または単一のユーザが、効率的に、かつ強化されたユーザ体験とともに、CADアプリケーション一式の複数のアプリケーションを利用し得る。

0008

一側面では、本開示は、オブジェクトライフサイクルにおける複数の状態のうちの1つにおいて、コンピュータ支援設計(CAD)データモデルの複数の情報項目の同期化を管理する方法を対象とし、情報項目は、少なくとも幾何学形状と、グラフィックスとを含む。方法は、第1のコンピュータデバイスのプロセッサによって実行される第1のアプリケーションの第1のユーザによって、共有CADデータモデルの第1の情報項目を第1の状態から第2の状態に更新することを含み、第1の状態は、オブジェクトライフサイクルにおける第1の状態に対応する。方法はまた、第1のユーザによって、第1の情報項目を第2の状態から第3の状態に更新することも含み、第3の状態は、オブジェクトライフサイクルにおける第2の状態に対応する。方法はさらに、第2のコンピュータデバイスのプロセッサによって実行される第2のアプリケーションの第2のユーザによって、共有CADデータモデルの第2の情報項目を、第1の状態に対応する第4の状態から、第3の状態に対応する第5の状態に更新することを含む。

0009

方法の一実施形態では、共有CADデータモデルの第1の情報項目を第1の状態から第2の状態に更新することは、ユーザによって、第1のアプリケーションを使用して第1の情報項目を修正することを含む。方法の別の実施形態では、オブジェクトライフサイクルにおける第1の状態およびオブジェクトライフサイクルにおける第2の状態の各々は、所定の状態に対応し、所定の状態は、設計、プロトタイピング、製造、または試験のうちの少なくとも1つを含む。

0010

いくつかの実施形態では、方法は、第1のユーザから第2のユーザによって、第1の情報項目を第1の状態から第2の状態に更新することに応答して生成される第1の変更命令を受信することを含み、第1の変更命令は、更新を表す命令を備え、変更命令が共有CADデータモデルの非整合状態に更新することを示すように、第1の所定の値に設定されたフラグを含む。さらなる実施形態では、方法は、第1の所定の値に設定されたフラグを有する第1の変更命令を受信することに応答して、第2のユーザによって、第2の情報項目を更新しないことを含む。

0011

他の実施形態では、方法は、第1のユーザから第2のユーザによって、第1の情報項目を第2の状態から第3の状態に更新することに応答して生成される第2の変更命令を受信することを含み、第2の変更命令は、更新を表す命令を備え、変更命令が共有CADデータモデルの整合状態に更新することを示すように、第2の所定の値に設定されたフラグを含む。さらなる実施形態では、第2のユーザによって、第2の情報項目を更新することは、第2の所定の値に設定されたフラグを有する第2の変更命令を受信することに応答して、第2の情報項目を更新することを含む。

0012

別の側面では、本開示は、オブジェクトライフサイクルにおける複数の状態のうちの1つにおいて、コンピュータ支援設計(CAD)データモデルの複数の情報項目の同期化を管理するシステムを対象とし、情報項目は、少なくとも幾何学形状と、グラフィックスとを含む。システムは、第1のプロセッサを備えている第1のコンピュータデバイスを含み、第1のプロセッサは、第1のユーザによって、共有CADデータモデルの第1の情報項目を、第1の状態であって、オブジェクトライフサイクルにおける第1の状態に対応する第1の状態から第2の状態に更新し、第1のユーザによって、第1の情報項目を第2の状態から第3の状態であって、オブジェクトライフサイクルにおける第2の状態に対応する第3の状態に更新するための第1のアプリケーションを実行するように構成される。システムはまた、第2のプロセッサを備えている、第2のコンピュータデバイスも含み、第2のプロセッサは、第2のユーザによって、共有CADモデルの第2の情報項目を、第1の状態に対応する第4の状態から、第3の状態に対応する第5の状態に更新するための第2のアプリケーションを実行するように構成される。

0013

一実施形態では、第1のアプリケーションは、ユーザによって、第1のアプリケーションを使用して第1の情報項目を修正するために構成される。別の実施形態では、オブジェクトライフサイクルにおける第1の状態およびオブジェクトライフサイクルにおける第2の状態の各々は、所定の状態に対応し、所定の状態は、設計、プロトタイピング、製造、または試験のうちの少なくとも1つを含む。さらに別の実施形態では、第2のアプリケーションは、第1のアプリケーションから、第1の情報項目を第1の状態から第2の状態に更新することに応答して生成される第1の変更命令を受信するために構成され、第1の変更命令は、更新を表す命令を備え、変更命令が共有CADデータモデルの非整合状態に更新することを示すように、第1の所定の値に設定されたフラグを含む。さらなる実施形態では、第2のアプリケーションは、第1の所定の値に設定されたフラグを有する第1の変更命令を受信することに応答して、第2の情報項目を更新しないように構成される。

0014

いくつかの実施形態では、第2のアプリケーションは、第1のアプリケーションから、第1の情報項目を第2の状態から第3の状態に更新することに応答して生成される第2の変更命令を受信するために構成され、第2の変更命令は、更新を表す命令を備え、変更命令が共有CADデータモデルの整合状態に更新することを示すように、第2の所定の値に設定されたフラグを含む。さらなる実施形態では、第2のアプリケーションは、第2の所定の値に設定されたフラグを有する第2の変更命令を受信することに応答して、第2の情報項目を更新するために構成される。

0015

別の側面では、本開示は、ユーザによって、コンピュータ支援設計(CAD)オブジェクトまたはモデルの複数の設計ステップを管理する方法を対象とする。方法は、第1のコンピュータデバイスのプロセッサによって実行されるCADアプリケーションのユーザによって、CADモデルの複数の相関CADオブジェクトのうちの第1のCADオブジェクトを修正することを含む。方法はまた、CADアプリケーションによって、修正に応答して、修正前のCADモデルの複数の相関CADオブジェクトの第1の状態、および第1のCADオブジェクトに対する修正を表す第1の変更命令を記憶することも含む。

0016

一実施形態では、方法は、CADアプリケーションによって、第1のCADオブジェクトに対する修正に応答して、複数の相関CADオブジェクトのうちの第2のCADオブジェクトのデータを再生することを含み、第2のCADオブジェクトは、第1のCADオブジェクトに従属している。別の実施形態では、方法は、CADアプリケーションによって、記憶された第1の状態における第1のCADオブジェクトに対するユーザの修正を行うための命令を備えている、第1の変更命令を含む。さらに別の実施形態では、方法は、ユーザによって、CADモデルの複数の相関CADオブジェクトのうちの第2のCADオブジェクトを修正することと、CADアプリケーションによって、第2のCADオブジェクトに対する修正に応答して、第2のCADオブジェクトに対する修正を表す第2の変更命令を記憶することとを含む。さらなる実施形態では、第2の変更命令は、CADアプリケーションによって、第1のCADオブジェクトの修正後のCADモデルの状態から第2のCADオブジェクトに対するユーザの修正を行うための命令を備えている。

0017

いくつかの実施形態では、方法は、CADアプリケーションによって、第2のCADオブジェクトに対する修正に応答して、第2のCADオブジェクトに従属している、複数の相関CADオブジェクトのうちの第3のCADオブジェクトのデータを再生することを含む。他の実施形態では、方法は、ユーザによって、CADモデルを、第1のCADオブジェクトの修正後かつ第2のCADオブジェクトの修正前のCADモデルの状態に戻すように要求することと、CADアプリケーションによって、CADモデルの複数の相関CADオブジェクトの記憶された第1の状態についての第1の変更命令を実行することとを含む。さらなる実施形態では、方法は、CADアプリケーションによって、第1のCADオブジェクトの修正に応答して、第1のCADオブジェクトに従属している、複数の相関CADオブジェクトのうちの第2のCADオブジェクトのデータを再生することを含む。

0018

一実施形態では、方法は、ユーザによって、CADモデルに対する少なくとも1つの修正を仕上げるように要求することと、CADアプリケーションによって、対応する少なくとも1つの変更命令を少なくとも1つの追加のCADアプリケーションに伝送することとを含み、少なくとも1つの追加のCADアプリケーションは、第1のコンピュータデバイスのプロセッサまたは第2のコンピュータデバイスのプロセッサのうちの1つによって実行される。

0019

さらに別の側面では、本開示は、ユーザによって、コンピュータ支援設計(CAD)オブジェクトまたはモデルの複数の設計ステップを管理するためのシステムを対象とする。システムは、CADアプリケーションを実行するように構成される第1のプロセッサを備えている第1のコンピュータデバイスを含み、CADアプリケーションは、第1のコンピュータデバイスのユーザからの要求に応答して、CADモデルの複数の相関CADオブジェクトのうちの第1のCADオブジェクトを修正し、修正に応答して、修正前のCADモデルの複数の相関CADオブジェクトの第1の状態、および第1のCADオブジェクトに対する修正を表す第1の変更命令を記憶するように構成される。

0020

システムの一実施形態では、CADアプリケーションはさらに、第1のCADオブジェクトに対する修正に応答して、複数の相関CADオブジェクトのうちの第2のCADオブジェクトのデータを再生するように構成され、第2のCADオブジェクトは、第1のCADオブジェクトに従属している。システムの別の実施形態では、第1の変更命令は、CADアプリケーションによって、記憶された第1の状態における第1のCADオブジェクトに対するユーザの修正を行うための命令を備えている。システムのなおも別の実施形態では、CADアプリケーションはさらに、ユーザによる要求に応答して、CADモデルの複数の相関CADオブジェクトのうちの第2のCADオブジェクトを修正し、第2のCADオブジェクトに対する修正に応答して、第2のCADオブジェクトに対する修正を表す第2の変更命令を記憶するように構成される。さらなる実施形態では、第2の変更命令は、CADアプリケーションによって、第1のCADオブジェクトの修正後のCADモデルの状態から第2のCADオブジェクトに対するユーザの修正を行うための命令を備えている。別のさらなる実施形態では、CADアプリケーションはさらに、第2のCADオブジェクトの修正に応答して、第2のCADオブジェクトに従属している、複数の相関CADオブジェクトのうちの第3のCADオブジェクトのデータを再生するように構成される。なおも別のさらなる実施形態では、CADアプリケーションはさらに、CADモデルを第1のCADオブジェクトの修正後かつ第2のCADオブジェクトの修正前のCADモデルの状態に戻すためのユーザによる要求に応答して、CADモデルの複数の相関CADオブジェクトの記憶された第1の状態についての第1の変更命令を実行するように構成される。なおもさらなる実施形態では、CADアプリケーションはさらに、第1のCADオブジェクトの修正に応答して、第1のCADオブジェクトに従属している、複数の相関CADオブジェクトのうちの第2のCADオブジェクトのデータを再生するように構成される。

0021

システムのいくつかの実施形態では、CADアプリケーションはさらに、CADモデルに対する少なくとも1つの修正を仕上げるためのユーザによる要求に応答して、対応する少なくとも1つの変更命令を少なくとも1つの追加のCADアプリケーションに伝送するように構成され、少なくとも1つの追加のCADアプリケーションは、第1のコンピュータデバイスのプロセッサまたは第2のコンピュータデバイスのプロセッサのうちの1つによって実行される。

0022

本開示は、コンピュータ支援設計(CAD)オブジェクトまたはモデルの同時設計を管理するためのシステムおよび方法を対象とする。システムは、CADモデルの種々の側面を表す異なる情報項目のチャプタを備えている、共通データモデルと、ユーザによってCADモデルのチャプタに行われる修正を表す、軽量変更命令とを含む。共通データモデルおよび差異ベースの変更命令を利用することによって、複数のユーザが、同時にCADモデルの設計を共同で行い得るか、または単一のユーザが、効率的に、かつ強化されたユーザ体験とともに、CADアプリケーション一式の複数のアプリケーションを利用し得る。

0023

一側面では、本開示は、対応する複数のコンピュータデバイス上の複数のユーザによるコンピュータ支援設計(CAD)オブジェクトまたはモデルの同時設計を管理する方法を対象とする。方法は、第1のコンピュータデバイスのプロセッサ上で実行する第1のCADアプリケーションの第1のユーザによって、共有CADオブジェクトの第1の部分を修正することを含む。方法はまた、第2のコンピュータデバイスのプロセッサ上で実行する第2のCADアプリケーションの第2のユーザによって、共有CADオブジェクトの第2の部分を修正することも含む。方法はさらに、第1のコンピュータデバイスから第2のコンピュータデバイスによって、共有CADオブジェクトの第1の部分に対する修正を表す変更命令を受信することを含む。

0024

一実施形態では、方法は、第1の部分に対する修正が第2の部分に影響を及ぼさないという第2のCADアプリケーションによる決定に応答して、第2のコンピュータデバイスによって、第2のユーザに表示された共有CADオブジェクトを修正することなく変更命令を記憶することを含む。別の実施形態では、共有CADオブジェクトは、複数の相関モデルを備えている。

0025

いくつかの実施形態では、方法は、共有CADオブジェクトの第1の組の1つ以上のモデルを修正することを含む。さらなる実施形態では、方法は、共有オブジェクトの第2の組の1つ以上のモデルを修正することを含み、第2の組の1つ以上のモデルは、第1の組の1つ以上のモデルと一致していない。

0026

一実施形態では、方法は、第1のコンピュータデバイスおよび第2のコンピュータデバイスが変更命令を伝送するために同時にオンラインになる必要がないように、媒介物役割を果たす第3のコンピュータデバイスを介して、第1のコンピュータデバイスから第2のコンピュータデバイスによって変更命令を受信することを含む。さらなる実施形態では、方法は、第1のCADアプリケーションによって、共有CADオブジェクトの第1の部分の第1のユーザによる修正に応答して、変更命令を媒介物の役割を果たす第3のコンピュータデバイスに伝送することを含む。方法はまた、第3のコンピュータデバイスのプロセッサ上で実行する通知サービスから第2のコンピュータデバイスによって、新しい変更命令の通知を受信することも含み、通知は、第1のコンピュータデバイスから伝送された変更命令を受信することに応答して伝送される。方法はまた、通知を受信することに応答して、第3のコンピュータデバイスから第2のCADアプリケーションによって、変更命令を要求することも含む。

0027

別の実施形態では、方法は、第2のCADアプリケーションによって、第2のユーザによる要求に応答して、共有CADオブジェクトの第1の部分を修正するために変更命令を実行することを含む。さらなる実施形態では、方法は、第2のCADアプリケーションによって、変更命令において表される共有CADオブジェクトの第1の部分に対する修正を、共有CADオブジェクトの第2の部分に対する修正と組み合わせることを含む。別のさらなる実施形態では、方法は、第2のユーザによって、変更命令における第1の1つ以上の命令を無効にすることを含み、共有CADオブジェクトの第1の部分を修正するために変更命令を実行することは、変更命令における第2の1つ以上の無効にされていない命令を実行することを含む。

0028

別の側面では、本開示は、対応する複数のコンピュータデバイス上の複数のユーザによるコンピュータ支援設計(CAD)オブジェクトまたはモデルの同時設計を管理するためのシステムを対象とする。システムは、第1のユーザによって、共有CADオブジェクトの第1の部分を修正するために構成される第1のCADアプリケーションを実行するプロセッサを備えている、第1のコンピュータデバイスを含む。システムはまた、第2のユーザによって、共有CADオブジェクトの第2の部分を修正するため、および第1のコンピュータデバイスから、共有CADオブジェクトの第1の部分に対する修正を表す変更命令を受信するために構成されている、第2のCADアプリケーションを実行するプロセッサを備えている、第2のコンピュータデバイスも含む。

0029

システムの一実施形態では、第2のCADアプリケーションはさらに、第1の部分に対する修正が第2の部分に影響を及ぼさないという第2のCADアプリケーションによる決定に応答して、第2のユーザに表示された共有CADオブジェクトを修正することなく変更命令を記憶するために構成される。システムの別の実施形態では、共有CADオブジェクトは、複数の相関モデルを備えている。

0030

いくつかの実施形態では、共有CADオブジェクトの第1の部分を修正することは、共有CADオブジェクトの第1の組の1つ以上のモデルを修正することを含む。さらなる実施形態では、共有オブジェクトの第2の部分を修正することは、共有オブジェクトの第2の組の1つ以上のモデルを修正することを含み、第2の組の1つ以上のモデルは、第1の組の1つ以上のモデルと一致していない。

0031

一実施形態では、システムは、第1のコンピュータデバイスと第2のコンピュータデバイスとの間の媒介物の役割を果たす第3のコンピュータデバイスを含み、第3のコンピュータデバイスは、第1のコンピュータデバイスおよび第2のコンピュータデバイスが変更命令を伝送するために同時にオンラインになる必要がないように、第1のコンピュータデバイスから変更命令を受信し、第2のコンピュータデバイスに変更命令を伝送する。さらなる実施形態では、第1のCADアプリケーションはさらに、共有CADオブジェクトの第1の部分の第1のユーザによる修正に応答して、変更命令を、媒介物の役割を果たす第3のコンピュータデバイスに伝送するために構成され、第3のコンピュータデバイスはさらに、通知サービスを実行するプロセッサを備え、第2のCADアプリケーションは、通知サービスから、新しい変更命令の通知を受信することであって、通知は、第1のコンピュータデバイスから伝送された変更命令を受信することに応答して伝送される、ことと、通知を受信することに応答して、第3のコンピュータデバイスから変更命令を要求することとを行うために構成される。

0032

いくつかの実施形態では、第2のCADアプリケーションはさらに、第2のユーザによる要求に応答して、共有CADオブジェクトの第1の部分を修正するための変更命令を実行するために構成される。さらなる実施形態では、第2のCADアプリケーションはさらに、変更命令において表される共有CADオブジェクトの第1の部分に対する修正を、共有CADオブジェクトの第2の部分に対する修正と組み合わせるために構成される。別のさらなる実施形態では、第2のCADアプリケーションはさらに、第2のユーザによる要求に応答して、変更命令における第1の1つ以上の命令のために構成され、共有CADオブジェクトの第1の部分を修正するために変更命令を実行することは、変更命令における第2の1つ以上の無効にされていない命令を実行することを含む。

0033

本開示は、コンピュータ支援設計オブジェクトまたはモデルの同時設計を管理するためのシステムおよび方法を対象とする。システムは、CADモデルの種々の側面を表す異なる情報項目のチャプタを備えている、共通データモデルと、ユーザによってCADモデルのチャプタに行われる修正を表す、軽量変更命令とを含む。共通データモデルおよび差異ベースの変更命令を利用することによって、複数のユーザが、同時にCADモデルの設計を共同で行ってもよく、または単一のユーザが、効率的に、かつ強化されたユーザ体験とともに、CADアプリケーション一式の複数のアプリケーションを利用し得る。さらに、システムは、ユーザが複数のアプリケーションのシームレスな動作を体験するように、同じ共有CADモデル上で同時に動作する複数のアプリケーションにわたって取り消しスタックを管理し得る。

0034

一側面では、本開示は、コンピュータ支援設計(CAD)オブジェクトまたはモデルの同時設計を管理する方法を対象とする。方法は、コンピュータデバイスのプロセッサによって実行される第1のCADアプリケーションによって、CADモデルの開始状態を記憶することを含む。方法はまた、第1のCADアプリケーションのユーザによって、CADモデルを修正することも含む。方法はさらに、第1のCADアプリケーションによって、修正に応答して、CADモデルへのユーザの修正を表す第1の1つ以上の変更命令を作成することを含む。方法はまた、コンピュータデバイスのプロセッサによって実行される第2のCADアプリケーションによって、CADモデルの記憶された開始状態および第1の1つ以上の変更命令をロードすることも含む。方法はまた、第2のCADアプリケーションによって、CADモデルへのユーザの修正を再現するように、第1の1つ以上の変更命令を実行することも含む。

0035

一実施形態では、方法は、第1のCADアプリケーションによってCADモデルをロードすることに応答して、CADモデルの開始状態を記憶することを含む。別の実施形態では、方法は、ユーザによって、CADモデルの第1の1つ以上のオブジェクトを修正することと、第1のCADアプリケーションによって、第1の1つ以上のオブジェクトに従属している、CADモデルの第2の1つ以上のオブジェクトを再生することとを含む。さらなる実施形態では、方法は、1つ以上の変更命令の実行が、CADアプリケーションに、第1の1つ以上のオブジェクトに従属している第2の1つ以上のオブジェクトを再生させるように、第1の1つ以上のオブジェクトに対するユーザの修正を表す第1の1つ以上の変更命令を作成することを含む。

0036

いくつかの実施形態では、方法は、ユーザが第2のCADアプリケーションをアクティブにすることに応答して、記憶された開始状態および第1の1つ以上の変更命令をロードすることを含む。さらなる実施形態では、方法は、ユーザが第2のCADアプリケーションをアクティブにすることに応答して、第1の1つ以上の変更命令を実行することを含む。

0037

他の実施形態では、方法は、第2のCADアプリケーションを介して、ユーザによって、CADモデルを修正することを含む。方法はまた、第2のCADアプリケーションによって、修正に応答して、CADモデルへのユーザの修正を表す第2の1つ以上の変更命令を作成することも含む。方法はさらに、第1のCADアプリケーションによって、第2の1つ以上の変更命令をロードすることを含む。方法はまた、第1のCADアプリケーションによって、CADモデルへのユーザの修正を再現するように、第2の1つ以上の変更命令を実行することも含む。さらなる実施形態では、第2の1つ以上の変更命令は、第1の1つ以上の変更命令の実行後に、第2のCADアプリケーションにおいてCADモデルへのユーザの修正を表す。別のさらなる実施形態では、方法は、第1のCADアプリケーションを介して、ユーザによって、第1の1つ以上の変更命令を取り消すように要求することと、第1のCADアプリケーションによって、CADモデルの開始状態をロードすることとを含む。なおもさらなる実施形態では、方法は、第1のCADアプリケーションによって、第2の1つ以上の変更命令を実行することを含み、第2の1つ以上の変更命令は、第1の1つ以上の変更命令によって修正されるチャプタとは無関係のCADモデルのチャプタを修正する。

0038

別の側面では、本開示は、コンピュータ支援設計(CAD)オブジェクトまたはモデルの同時設計を管理するためのシステムを特徴とする。システムは、第1のCADアプリケーションおよび第2のCADアプリケーションを実行するプロセッサを備えている、コンピュータデバイスを含む。第1のCADアプリケーションは、CADモデルの開始状態を記憶し、第1のCADアプリケーションのユーザによる要求に応答して、CADモデルを修正し、修正に応答して、CADモデルへのユーザの修正を表す第1の1つ以上の変更命令を作成するように構成される。第2のCADアプリケーションは、CADモデルの記憶された開始状態および第1の1つ以上の変更命令をロードし、CADモデルへのユーザの修正を再現するよう第1の1つ以上の変更命令を実行するように構成される。

0039

一実施形態では、第1のCADアプリケーションは、第1のCADアプリケーションによってCADモデルをロードすることに応答して、CADモデルの開始状態を記憶するように構成される。別の実施形態では、第1のCADアプリケーションは、ユーザによる要求に応答して、CADモデルの第1の1つ以上のオブジェクトを修正し、第1の1つ以上のオブジェクトに従属している、CADモデルの第2の1つ以上のオブジェクトを再生するように構成される。さらなる実施形態では、第1のCADアプリケーションは、1つ以上の変更命令の実行が、CADアプリケーションに、第1の1つ以上のオブジェクトに従属している第2の1つ以上のオブジェクトを再生させるように、第1の1つ以上のオブジェクトに対するユーザの修正を表す第1の1つ以上の変更命令を作成するように構成される。

0040

いくつかの実施形態では、第2のCADアプリケーションは、ユーザが第2のCADアプリケーションをアクティブにすることに応答して、記憶された開始状態および第1の1つ以上の変更命令をロードするように構成される。さらなる実施形態では、第2のCADアプリケーションは、ユーザが第2のCADアプリケーションをアクティブにすることに応答して、第1の1つ以上の変更命令を実行するように構成される。

0041

一実施形態では、第2のCADアプリケーションは、ユーザからの要求に応答して、CADモデルを修正し、修正に応答して、CADモデルへのユーザの修正を表す第2の1つ以上の変更命令を作成するように構成され、第1のCADアプリケーションは、第2の1つ以上の変更命令をロードし、CADモデルへのユーザの修正を再現するよう第2の1つ以上の変更命令を実行するように構成される。さらなる実施形態では、第2の1つ以上の変更命令は、第1の1つ以上の変更命令の実行後の第2のCADアプリケーションにおけるCADモデルに対するユーザの修正を表す。別のさらなる実施形態では、第1の1つ以上の変更命令を取り消すためのユーザによる要求に応答して、第1のCADアプリケーションは、CADモデルの開始状態をロードするように構成される。なおも別のさらなる実施形態では、第1のCADアプリケーションは、第2の1つ以上の変更命令を実行するように構成され、第2の1つ以上の変更命令は、第1の1つ以上の変更命令によって修正されるチャプタとは無関係のCADモデルのチャプタを修正する。

0042

別の側面では、本開示は、コンピュータ支援設計(CAD)モデルの同時設計を管理するためのシステムを対象とする。システムは、プロセッサを備えている、コンピュータデバイスを含む。プロセッサは、ユーザからの第1の要求に応答して、共有CADモデルに対する第1の修正を行うための第1のCADアプリケーションと、第1の修正を行う第1のCADアプリケーションに応答して、第1の修正を共有CADモデルに表示するための第2の同時実行CADアプリケーションとを実行するように構成される。

0043

一実施形態では、システムは、ユーザからの後続の要求なしで、共有CADモデルに対する第1の修正を表示するように構成されている、第2の同時実行CADアプリケーションを含む。別の実施形態では、システムは、ユーザが第1の修正を保存するように要求することなく、共有CADモデルに対する第1の修正を表示するように構成されている、第2の同時実行CADアプリケーションを含む。

0044

いくつかの実施形態では、システムは、ユーザからの第2の要求に応答して、第1のCADアプリケーションによって行われる、共有CADモデルに対する第1の修正を取り消すように構成されている、第2の同時実行CADアプリケーションを含む。他の実施形態では、システムは、ユーザからの第2の要求に応答して、第1のCADアプリケーションによって行われる、共有CADモデルに対する第1の修正を保存するように構成されている、第2の同時実行CADアプリケーションを含む。

0045

本開示の種々の実施形態の詳細は、添付図面および以下の説明で記載される。

図面の簡単な説明

0046

本開示の先述および他の目的、側面、特徴、および利点は、添付図面と併せて解釈される以下の説明を参照することによって、より明白となり、より理解されるであろう。
図1Aは、遠隔マシン通信しているローカルマシンを備えている、ネットワーク環境の実施形態を描写するブロック図である。
図1B−1Eは、本明細書で説明される方法およびシステムと関連して有用なコンピュータの実施形態を描写するブロック図である。
図1B−1Eは、本明細書で説明される方法およびシステムと関連して有用なコンピュータの実施形態を描写するブロック図である。
図1B−1Eは、本明細書で説明される方法およびシステムと関連して有用なコンピュータの実施形態を描写するブロック図である。
図1B−1Eは、本明細書で説明される方法およびシステムと関連して有用なコンピュータの実施形態を描写するブロック図である。
図2Aは、2つの概念エンドポイント間設計フローの実施形態のブロック図である。
図2Bは、共通データモデルのサブパーツへの設計変更の実施形態のブロック図である。
図2Cは、共通データモデルに対する変更を識別することの実施形態のブロック図である。
図2Dは、共通データモデルを使用した、アプリケーション一式の実施形態のブロック図である。
図2Eは、共通データモデルの中の複数の情報項目の同期化を管理することの実施形態のシーケンス図である。
図2Fは、共通データモデルにおける複数の情報項目の同期化を管理することの実施形態の実施例のシーケンス図である。
図2Gは、共通データモデルの使用および同期化を管理するためのフレームワークのブロック図である。
図3Aは、複数のアプリケーションによる共通データモデルの異なるチャプタの利用の比較図である。
図3B−3Eは、複数のアプリケーションによる共通データモデルの異なるチャプタとの相互作用の実施例の実施形態のコンテキスト図である。
図3B−3Eは、複数のアプリケーションによる共通データモデルの異なるチャプタとの相互作用の実施例の実施形態のコンテキスト図である。
図3B−3Eは、複数のアプリケーションによる共通データモデルの異なるチャプタとの相互作用の実施例の実施形態のコンテキスト図である。
図3B−3Eは、複数のアプリケーションによる共通データモデルの異なるチャプタとの相互作用の実施例の実施形態のコンテキスト図である。
図4は、共通データモデルに対する変更命令のブロック図である。
図5Aは、オブジェクトライフサイクルにおける複数の所定の状態のうちの1つで、コンピュータ支援設計データモデルの複数の情報項目の同期化を管理する方法の実施形態のフローチャートである。
図5Bは、ユーザによってコンピュータ支援設計オブジェクトまたはモデルの複数の設計ステップを管理する方法の実施形態のフローチャートである。
図5Cは、対応する複数のコンピュータデバイス上の複数のユーザによるコンピュータ支援設計オブジェクトまたはモデルの同時設計を管理する方法の実施形態のフローチャートである。
図6Aは、共通データモデルを使用して、複数のアプリケーションによって使用されるモデルの整合性を管理する方法の実施形態のフローチャートである。
図6Bは、共通データモデルを使用して、複数のアクティブなアプリケーションにわたってモデルの整合性を管理する方法の実施形態の別のフローチャートである。
図6Cは、共通データモデルを使用して、複数のアプリケーションにわたって取り消しスタックを管理する方法の実施形態の活動チャートである。
図7Aは、複数のアプリケーションとともに共通データモデルを使用する第1の例示的実施形態のフローチャートである。
図7Bは、複数のアプリケーションとともに共通データモデルを使用する第2の例示的実施形態のフローチャートである。
図8A−8Cは、複数のアプリケーションとともに共通データモデルを使用するためのシステムの実施形態のスクリーンショットである。
図8A−8Cは、複数のアプリケーションとともに共通データモデルを使用するためのシステムの実施形態のスクリーンショットである。
図8A−8Cは、複数のアプリケーションとともに共通データモデルを使用するためのシステムの実施形態のスクリーンショットである。

実施例

0047

本開示の特徴および利点は、類似参照記号が全体を通して対応する要素を識別する、図面と併せて解釈された時に、以下に記載される発明を実施するための形態から、より明白となるであろう。図面では、類似参照数字は、概して、同一の、機能的に同様の、および/または構造的に同様の要素を示す。

0048

本開示は、とりわけ、コンピュータ支援設計データモデルの複数の情報項目の同期化を管理するため、コンピュータ支援設計オブジェクトの同時設計を管理するため、および複数のコンピュータ支援設計アプリケーションの整合した同時動作のための方法およびシステムを対象とする。

0049

以下の種々の実施形態の説明を読む目的で、本明細書の項およびそれぞれの内容の以下の説明が役立ち得る。
−A項は、本明細書で説明される実施形態を実践するために有用であり得る、ネットワーク環境およびコンピュータ環境を説明する。
−B項は、複数の製品設計アプリケーションとともに共通データモデルを使用し、管理するためのシステムおよび方法の実施形態を説明する。

0050

(A.ネットワークおよびコンピュータ環境)
コンピュータ支援設計の方法およびシステムの実施形態の詳細を論議する前に、本明細書を実践するために有用であり得る、ネットワーク環境およびコンピュータ環境を簡潔に説明することが有用であり得る。ここで図1Aを参照すると、ネットワーク環境の実施形態が描写されている。概観すると、ネットワーク環境は、1つ以上のネットワーク104を介して1つ以上の遠隔マシン106a−106n(概して、サーバ106または遠隔マシン106とも呼ばれる)と通信している、1つ以上のローカルマシン102a−102n(ローカルマシン102、クライアント102、クライアントノード102、クライアントマシン102、クライアントコンピュータ102、クライアントデバイス102、エンドポイント102、またはエンドポイントノード102とも呼ばれる)とを備えている。いくつかの実施形態では、ローカルマシン102は、サーバによって提供されるリソースへのアクセスを求めるクライアントノード、および他のクライアント102a−102nのためのホスト型リソースへのアクセスを提供するサーバの両方として機能する能力を有する。

0051

図1Aは、ローカルマシン102と遠隔マシン106との間のネットワーク104を示すが、ローカルマシン102および遠隔マシン106は、同じネットワーク104上にあり得る。ネットワーク104は、企業イントラネットメトロポリタンエリアネットワークMAN)等のローカルエリアネットワーク(LAN)、またはインターネットあるいはワールドワイドウェブ等の広域ネットワークWAN)であり得る。いくつかの実施形態では、ローカルマシン102と遠隔マシン106との間に複数のネットワーク104がある。これらの実施形態のうちの1つでは、ネットワーク104’(図示せず)は、私的ネットワークであり得、ネットワーク104は、公衆ネットワークであり得る。これらの実施形態のうちの別の1つでは、ネットワーク104は、私的ネットワークであり得、ネットワーク104’は、公衆ネットワークであり得る。なおも別の実施形態では、ネットワーク104および104’は、私的ネットワークであり得る。さらに別の実施形態では、ネットワーク104および104’は、公衆ネットワークであり得る。

0052

ネットワーク104は、任意の種類および/または形態のネットワークであり得、2点間ネットワーク、放送ネットワーク、広域ネットワーク、ローカルエリアネットワーク、電気通信ネットワークデータ通信ネットワークコンピュータネットワークATM非同期転送モード)ネットワーク、SONET(同期光ネットワーク)ネットワーク、SDH(同期デジタル階層)ネットワーク、無線ネットワーク、および有線ネットワークのうちのいずれかであり得る。いくつかの実施形態では、ネットワーク104は、赤外線チャネルまたは衛星帯等の無線リンクを備え得る。ネットワーク104のトポロジーは、バススター、またはリングネットワークトポロジーであり得る。ネットワーク104は、本明細書で説明される動作をサポートすることが可能である、当業者に公知であるもの等の任意のネットワークトポロジーであり得る。ネットワークは、AMPSTDMA、CDMA、GSM登録商標)、GPRS、またはUMTSを含む、モバイルデバイス間で通信するために使用される任意の1つまたは複数のプロトコルを利用する、携帯電話ネットワークを備え得る。いくつかの実施形態では、異なる種類のデータが、異なるプロトコルを介して伝送され得る。他の実施形態では、同じ種類のデータが、異なるプロトコルを介して伝送され得る。

0053

いくつかの実施形態では、システムは、複数の論理的にグループ化された遠隔マシン106を含み得る。これらの実施形態のうちの1つでは、遠隔マシンの論理グループは、サーバファーム38と呼ばれ得る。これらの実施形態のうちの別の1つでは、遠隔マシン106は、地理的に分散され得る。他の実施形態では、サーバファーム38は、単一のエンティティとして運営され得る。なおも他の実施形態では、サーバファーム38は、複数のサーバファーム38を備えている。各サーバファーム38内の遠隔マシン106は、異種であり得、遠隔マシン106のうちの1つ以上は、一種類のオペレーティングシステムプラットフォーム(例えば、WINDOWS(登録商標)NT、WINDOWS(登録商標) 2003、WINDOWS(登録商標) 2008、WINDOWS(登録商標) 7、およびWINDOWS(登録商標) Server 2008 R2、その全ては、Microsoft Corp.(Redmond,Washington)によって製造されている)に従って動作することができる一方で、他の遠隔マシン106のうちの1つ以上は、別の種類のオペレーティングシステムプラットフォーム(例えば、Unix(登録商標)またはLinux(登録商標))に従って動作することができる。

0054

各サーバファーム38の遠隔マシン106は、同じサーバファーム38の中の別の遠隔マシン106に物理的に近接する必要はない。したがって、サーバファーム38として論理的にグループ化された遠隔マシン106のグループは、広域ネットワーク(WAN)接続またはメトロポリタンエリアネットワーク(MAN)接続を使用して、相互接続され得る。例えば、サーバファーム38は、異なる大陸、または大陸、国、州、都市キャンパス、あるいは部屋の異なる領域の中に物理的に位置する、遠隔マシン106を含み得る。サーバファーム38の中の遠隔マシン106の間のデータ伝送速度は、ローカルネットワーク(LAN)接続または何らかの形態の直接接続を使用して遠隔マシン106が接続された場合に、増加させることができる。

0055

遠隔マシン106は、ファイルサーバアプリケーションサーバウェブサーバプロキシサーバアプライアンスネットワークアプライアンスゲートウェイ、アプリケーションゲートウェイ、ゲートウェイサーバ仮想化サーバ展開サーバSSVPNサーバ、またはファイアウォールであり得る。いくつかの実施形態では、遠隔マシン106は、遠隔認証ダイヤルインユーザサービスを提供し、RADIUSサーバと呼ばれる。他の実施形態では、遠隔マシン106は、アプリケーションサーバとして、またはマスタアプリケーションサーバとして機能する能力を有し得る。なおも他の実施形態では、遠隔マシン106は、ブレードサーバである。さらに他の実施形態では、遠隔マシン106は、ユーザまたはクライアントコンピュータ102にコンピュータ環境へのアクセスを提供する、仮想マシンを実行する。

0056

一実施形態では、遠隔マシン106は、アクティブディレクトリを含み得る。遠隔マシン106は、アプリケーション加速アプライアンスであり得る。遠隔マシン106がアプリケーション加速アプライアンスである実施形態について、遠隔マシン106は、ファイアウォール機能性、アプリケーションファイアウォール機能性、またはロードバランシング機能性を含む、機能性を提供し得る。いくつかの実施形態では、遠隔マシン106は、Citrix Application Networking Group(San Jose,CA)、またはSilver Peak Systems,Inc.(Mountain View,CA)、またはRiverbed Technology,Inc.(San Francisco,CA)、またはF5 Networks,Inc.(Seattle,WA)、またはJuniper Networks,Inc.(Sunnyvale,CA)によって製造される、一連のアプライアンスのうちの1つ等のアプライアンスを備えている。

0057

いくつかの実施形態では、遠隔マシン106は、ローカルマシン102のユーザの代わりにアプリケーションを実行する。他の実施形態では、遠隔マシン106は、その内側でローカルマシン102のユーザの代わりにアプリケーションが実行される、実行セッションを提供する、仮想マシンを実行する。これらの実施形態のうちの1つでは、実行セッションは、ホスト型デスクトップセッションである。これらの実施形態のうちの別の1つでは、実行セッションは、アプリケーション、複数のアプリケーション、デスクトップアプリケーション、および1つ以上のアプリケーションが実行され得るデスクトップセッションのうちの1つ以上を含み得る、コンピュータ環境へのアクセスを提供する。

0058

いくつかの実施形態では、ローカルマシン102は、遠隔マシン106と通信する。一実施形態では、ローカルマシン102は、サーバファーム38の中の遠隔マシン106のうちの1つと直接通信する。別の実施形態では、ローカルマシン102は、サーバファーム38の中の遠隔マシン106と通信するように、プログラム隣接アプリケーションを実行する。なおも別の実施形態では、遠隔マシン106は、マスタノードの機能性を提供する。いくつかの実施形態では、ローカルマシン102は、ネットワーク104を通して、サーバファーム38の中の遠隔マシン106と通信する。ネットワーク104上で、ローカルマシン102は、例えば、サーバファーム38の中の遠隔マシン106a−106nによってホストされる種々のアプリケーションの実行を要求し、表示するためのアプリケーション実行の結果の出力を受信することができる。いくつかの実施形態では、マスタノードのみが、要求されたアプリケーションをホストする遠隔マシン106bに関連付けられるアドレス情報を識別して提供するために必要とされる、機能性を提供する。

0059

一実施形態では、遠隔マシン106は、ウェブサーバの機能性を提供する。別の実施形態では、遠隔マシン106aは、ローカルマシン102から要求を受信し、要求を第2の遠隔マシン106bに転送し、遠隔マシン106bからの要求への応答とともに、ローカルマシン102による要求に応答する。なおも別の実施形態では、遠隔マシン106aは、ローカルマシン102に利用可能なアプリケーションの列挙、およびアプリケーションの列挙によって識別されるアプリケーションをホストする遠隔マシン106bに関連付けられるアドレス情報を取得する。さらに別の実施形態では、遠隔マシン106は、ウェブインターフェースを使用して、ローカルマシン102への要求への応答を提示する。一実施形態では、ローカルマシン102は、識別されたアプリケーションにアクセスするように、遠隔マシン106と直接通信する。別の実施形態では、ローカルマシン102は、遠隔マシン106上の識別されたアプリケーションの実行によって生成される、表示データ等の出力データを受信する。

0060

いくつかの実施形態では、遠隔マシン106またはサーバファーム38は、シンクライアントコンピューティングを提供するアプリケーション、または遠隔ディスプレイプレゼンテーションアプリケーション等の1つ以上のアプリケーションを実行し得る。一実施形態では、遠隔マシン106またはサーバファーム38は、METAフレームまたはCIRIX PRESENTATION SERVER製品等のCitrix Systems,Inc.によるCITRIXACCESS SUITEの任意の部分、CITRIX XENAPP、CITRIX XENDESKTOP、CITRIX ACCESS GATEWAYといったCitrix Systems,Inc.によって製造される製品のうちのいずれか、および/またはMicrosoft Corporationによって製造されるMICROSOFT WINDOWS(登録商標)ターミナルサービスのうちのいずれかを、アプリケーションとして実行する。別の実施形態では、アプリケーションは、Citrix Systems,Inc.(Fort Lauderdale,Florida)によって開発されたICAクライアントである。なおも別の実施形態では、遠隔マシン106は、例えば、Microsoft Corporation(Redmond,Washington)によって製造されているMICROSOFT EXCHANGE等のEメールサービスを提供するアプリケーションサーバ、ウェブまたはインターネットサーバ、あるいはデスクトップ共有サーバ、あるいは協調サーバであり得る、アプリケーションを実行し得る。さらに別の実施形態では、アプリケーションのうちのいずれかは、Citrix Online Division,Inc.(Santa Barbara,California)によって提供されるGOTMEETING、WebEx,Inc.(Santa Clara,California)によって提供されるWEBEX、またはMicrosoft Corporation(Redmond,Washington)によって提供されるMicrosoft Office LIVEMEETING等の任意の種類のホスト型サービスまたは製品を備え得る。

0061

ローカルマシン102は、任意の種類および/または形態のウェブブラウザウェブベースのクライアント、クライアント・サーバアプリケーション、シンクライアントコンピューティングクライアント、ActiveXコントロール、またはJava(登録商標)アプレット等の任意の種類および/または形態のソフトウェア、プログラム、または実行可能命令、あるいはローカルマシン102上で実行することが可能な任意の種類および/または形態の実行可能命令であり得る、アプリケーションを実行し、操作し、または別様に提供し得る。いくつかの実施形態では、アプリケーションは、遠隔マシン106上のローカルマシン102の代わりに実行される、サーバベースまたは遠隔ベースのアプリケーションであり得る。他の実施形態では、遠隔マシン106は、Citrix Systems,Inc.(Ft.Lauderdale,Florida)によって製造されるIndependent Computing Architecture (ICA)プロトコル、Microsoft Corporation(Redmond,Washington)によって製造されるRemote Desktop Protocol(RDP)、X11プロトコル、AT&T Bell Labsによって製造されるVirtual Network Computing(VNC)プロトコル、Qumranet,Inc.(Sunnyvale,CA,USAおよびRaanana,Israel)によって製造されるSPICEプロトコル、VESA(Milpitas,CA)によって製造されるNet2Displayプロトコル、Teradici Corporation(Burnaby,B.C.)によって製造されるPC−over−IPプロトコル、Wyse Technology,Inc.(San Jose,CA)によって製造されるTCXプロトコル、City of New YorkのColumbia University(New York,NY)によって開発されたTHINCプロトコル、またはDesktone,Inc.(Chelmsford,MA)によって製造されるVirtual−Dプロトコル等の、任意のシンクライアントプロトコルプレゼンテーション層プロトコル、または遠隔表示プロトコルを使用して、ローカルマシン102への出力を表示し得る。アプリケーションは、任意の種類のプロトコルを使用することができ、それは、例えば、HTTPクライアントFTPクライアント、Oscarクライアント、またはTelnetクライアントであり得る。なおも他の実施形態では、アプリケーションは、ソフトIP電話等のボイスオーバーインターネットプロトコル(VoIP)通信に関係する任意の種類のソフトウェアを備えている。さらなる実施形態では、アプリケーションは、ビデオおよび/またはオーディオストリーミング配信するためのアプリケーション等のリアルタイムデータ通信に関係する任意のアプリケーションを備えている。他の実施形態では、アプリケーションは、コンピュータ支援設計(CAD)、コンピュータ支援製造(CAM)、コンピュータ支援エンジニアリング(CAE)、製品ライフサイクル管理(PLM)、プロジェクト管理リソース管理顧客関係管理(CRM)、あるいはデータの生成、修正、モデリング、および/または分析のための任意の他のアプリケーションに関係する任意のアプリケーションを備えている。

0062

ローカルマシン102および遠隔マシン106は、任意の種類および形態のネットワーク上で通信し、本明細書で説明される動作を行うことが可能なコンピュータ、ネットワークデバイス、またはアプライアンス等の任意の種類および形態のコンピュータデバイスとして展開され、および/またはその上で実行され得る。図1Bおよび1Cは、ローカルマシン102または遠隔マシン106の実施形態を実践するために有用なコンピュータデバイス100のブロック図を描写する。図1Bおよび1Cに示されるように、各コンピュータデバイス100は、中央処理ユニット121と、主要メモリユニット122とを含む。図1Bに示されるように、コンピュータデバイス100は、記憶デバイス128と、インストールデバイス116と、ネットワークインターフェース118と、I/Oコントローラ123と、表示デバイス124a−nと、キーボード126と、マウス等のポインティングデバイス127とを含み得る。記憶デバイス128は、限定するものではないが、オペレーティングシステムと、ソフトウェアと、クライアントエージェント120とを含み得る。図1Cに示されるように、各コンピュータデバイス100はまた、メモリポート103、ブリッジ170、1つ以上の入力/出力デバイス130a−130n(概して、参照数字130を使用して参照される)、および中央処理ユニット121と通信しているキャッシュメモリ140等の追加のオプションの要素を含み得る。

0063

中央処理ユニット121は、主要メモリユニット122から取り出された命令に応答し、それらを処理する、任意の論理回路である。多くの実施形態では、中央処理ユニット121は、Intel Corporation(Mountain View,California)によって製造されるもの、Motorola Corporation(Schaumburg,Illinois)によって製造されるもの、Transmeta Corporation(Santa Clara,California)によって製造されるもの、RS/6000プロセッサ、International Business Machines(White Plains,New York)によって製造されるもの、またはAdvanced Micro Devices(Sunnyvale,California)によって製造されるもの等のマイクロプロセッサユニットによって提供される。コンピュータデバイス100は、これらのプロセッサのうちのいずれか、または本明細書で説明されるように動作することが可能な任意の他のプロセッサに基づき得る。

0064

主要メモリユニット122は、スタティックランダムアクセスメモリ(SRAM)、バーストSRAMまたは同期バーストSRAM(BSRAM)、ダイナミックランダムアクセスメモリDRAM)、高速ページモードDRAM(FPMDRAM)、強化DRAM(EDRAM)、拡張データ出力RAM(EDORAM)、拡張データ出力DRAM(EDO DRAM)、バースト拡張データ出力DRAM(BEDO DRAM)、強化DRAM(EDRAM)、同期DRAM(SDRAM)、JEDECSRAM、PC100 SDRAM、ダブルデータレートSDRAM(DDR SDRAM)、強化SDRAM(ESDRAM)、SyncLink DRAM(SLDRAM)、Direct Rambus DRAM(DRDRAM)、または強誘電体RAM(FRAM(登録商標))等のデータを記憶することが可能であり、任意の記憶場所マイクロプロセッサ121によって直接アクセスすることを可能にする、1つ以上のメモリチップであり得る。主要メモリ122は、上記のメモリチップのうちのいずれか、または本明細書で説明されるように動作することが可能である任意の他の利用可能なメモリチップに基づき得る。図1Bに示される実施形態では、プロセッサ121は、システムバス150を介して主要メモリ122と通信する(以下でさらに詳細に説明される)。図1Cは、プロセッサがメモリポート103を介して主要メモリ122と直接通信する、コンピュータデバイス100の実施形態を描写する。例えば、図1Cでは、主要メモリ122は、DRDRAMであり得る。

0065

図1Cは、主要プロセッサ121が、バックサイドバスと呼ばれることもある二次バスを介して、キャッシュメモリ140と直接通信する、実施形態を描写する。他の実施形態では、主要プロセッサ121は、システムバス150を使用してキャッシュメモリ140と通信する。キャッシュメモリ140は、典型的には、主要メモリ122よりも速い応答時間を有し、典型的には、SRAM、BSRAM、またはEDRAMによって提供される。図1Bに示される実施形態では、プロセッサ121は、ローカルシステムバス150を介して種々のI/Oデバイス130と通信する。中央処理ユニット121をI/Oデバイス130のうちのいずれかに接続するために、VESA VLバスISAバスEISAバス、MicroChannel Architecture(MCA)バス、PCIバスPCI−Xバス、PCI−Expressバス、またはNuBusを含む、種々のバスが使用され得る。I/Oデバイスがビデオディスプレイ124である実施形態については、プロセッサ121は、ディスプレイ124と通信するためにAdvanced Graphics Port(AGP)を使用し得る。図1Cは、主要プロセッサ121が、HYPERTRANSPORT、RAPIDIO、またはINFINIBAND通信技術を介してI/Oデバイス130bと直接通信する、コンピュータ100の実施形態を描写する。図1Cはまた、ローカルバスおよび直接通信が混合される、実施形態も描写し、プロセッサ121は、I/Oデバイス130bと直接通信しながら、ローカル相互接続バスを使用してI/Oデバイス130aと通信する。

0066

多種多様のI/Oデバイス130a−130nが、コンピュータデバイス100の中に存在し得る。入力デバイスは、キーボード、マウス、トラックパッドトラックボールマイクロホン、およびドローイングタブレットを含む。出力デバイスは、ビデオディスプレイ、スピーカインクジェットプリンタレーザプリンタ、および昇華型プリンタを含む。図1Bに示されるようなI/Oコントローラ123は、I/Oデバイスを制御し得る。I/Oコントローラは、キーボード126およびポインティングデバイス127、例えば、マウスまたは光学ペン等の1つ以上のI/Oデバイスを制御し得る。さらに、I/Oデバイスは、コンピュータデバイス100用の記憶および/またはインストール媒体116を提供し得る。なおも他の実施形態では、コンピュータデバイス100は、Twintech Industry,Inc.(Los Alamitos,California)によって製造されるUSB Flash Drive系列のデバイス等の手持ち式USB記憶デバイスを受け取るために、USB接続(図示せず)を提供し得る。

0067

図1Bを再び参照すると、コンピュータデバイス100は、3.5インチ、5.25インチディスク、またはZIPディスク等のフロッピー(登録商標)ディスクを受け取るためのフロッピー(登録商標)ディスクドライブCD−ROMドライブ、CD−R/RWドライブ、DVD−ROMドライブ、種々の形式テープドライブUSBデバイスハードドライブ、またはソフトウェアおよびプログラムをインストールするために好適な任意の他のデバイス等の任意の好適なインストールデバイス116をサポートし得る。コンピュータデバイス100はさらに、オペレーティングシステムおよび他の関連ソフトウェアを記憶するため、およびクライアントエージェント120に関係する任意のプログラム等のアプリケーションソフトウェアプログラムを記憶するために、1つ以上のハードディスクドライブまたは独立ディスク冗長アレイ等の記憶デバイスを備え得る。随意で、インストールデバイス116のうちのいずれかはまた、記憶デバイスとして使用することもできる。加えて、オペレーティングシステムおよびソフトウェアは、ブート可能媒体、例えば、knoppix.netからのGNU/Linux(登録商標)配布として入手可能であるGNU/Linux(登録商標)用のブート可能CDである、KNOPPIX等のブート可能CDから実行することができる。

0068

さらに、コンピュータデバイス100は、標準電話回線、LANまたはWANリンク(例えば、802.11、T1、T3、56kb、X.25、SNA、DECNET)、ブロードバンド接続(例えば、ISDNフレームリレー、ATM、ギガビットイーサネット(登録商標)、イーサネット(登録商標)オーバーSONET)、無線接続、または上記のうちのいずれかまたは全ての何らかの組み合わせを含むが、それらに限定されない、種々の接続を通して、ネットワーク104にインターフェース接続するように、ネットワークインターフェース118を含み得る。接続は、種々の通信プロトコル(例えば、TCP/IP、IPX、SPX、NetBIOS、イーサネット(登録商標)、ARCNET、SONET、SDH、光ファイバ分散データインターフェース(FDDI)、RS232、IEEE 802.11、IEEE 802.11a、IEEE 802.11b、IEEE 802.11g、CDMA、GSM(登録商標)、WiMax、および直接非同期接続)を使用して、確立することができる。一実施形態では、コンピュータデバイス100は、Secure Socket Layer(SSL)またはTransport Layer Security(TLS)、あるいはCitrix Systems,Inc.(Ft.Lauderdale,Florida)によって製造されるCitrix Gateway Protocol等の任意の種類および/または形態のゲートウェイまたはトンネリングプロトコルを介して、他のコンピュータデバイス100’と通信する。ネットワークインターフェース118は、内蔵ネットワークアダプタネットワークインターフェースカードPCMCIAネットワークカードカードバスネットワークアダプタ、無線ネットワークアダプタ、USBネットワークアダプタ、モデム、または通信が可能であり、本明細書で説明される動作を行う、任意の種類のネットワークにコンピュータデバイス100をインターフェース接続するために好適な任意の他のデバイスを備え得る。

0069

いくつかの実施形態では、コンピュータデバイス100は、それぞれ、同じまたは異なる種類および/または形態であり得る、複数の表示デバイス124a−124nを備え得るか、またはそれらに接続され得る。そのようなものとして、I/Oデバイス130a−130nおよび/またはI/Oコントローラ123のうちのいずれかは、コンピュータデバイス100による複数の表示デバイス124a−124nの接続および使用をサポートし、有効にし、または提供するように、任意の種類および/または形態の好適なハードウェア、ソフトウェア、またはハードウェアおよびソフトウェアの組み合わせを備え得る。例えば、コンピュータデバイス100は、表示デバイス124a−124nをインターフェース接続し、通信し、接続し、または別様に使用するように、任意の種類および/または形態のビデオアダプタビデオカードドライバ、および/またはライブラリを含み得る。一実施形態では、ビデオアダプタは、複数の表示デバイス124a−124nにインターフェース接続するように、複数のコネクタを備え得る。他の実施形態では、コンピュータデバイス100は、複数のビデオアダプタを含み得、各ビデオアダプタは、表示デバイス124a−124nのうちの1つ以上に接続される。いくつかの実施形態では、コンピュータデバイス100のオペレーティングシステムの任意の部分が、複数の表示デバイス124a−124nを使用するために構成され得る。他の実施形態では、表示デバイス124a−124nのうちの1つ以上は、例えば、ネットワークを介して、コンピュータデバイス100に接続されるコンピュータデバイス100aおよび100b等の1つ以上の他のコンピュータデバイスによって提供され得る。これらの実施形態は、コンピュータデバイス100用の第2の表示デバイス124aとして別のコンピュータの表示デバイスを使用するように設計および構築される、任意の種類のソフトウェアを含み得る。当業者であれば、コンピュータデバイス100が複数の表示デバイス124a−124nを有するように構成され得る、種々の方法および実施形態を認識および理解するであろう。

0070

さらなる実施形態では、I/Oデバイス130は、USBバス、Apple Desktopバス、RS−232シリアル接続SCSIバス、FireWireバス、FireWire 800バス、イーサネット(登録商標)バス、AppleTalkバス、ギガビットイーサネット(登録商標)バス、非同期転送モードバス、HIPPIバス、スーパーHIPPIバス、SerialPlusバス、SCI/LAMPバス、FibreChannelバス、またはシリアルアタッチ小型コンピュータシステムインターフェースバス等の、システムバス150と外部通信バスとの間のブリッジであり得る。

0071

図1Bおよび1Cで描写される種類のコンピュータデバイス100は、典型的には、タスクスケジューリングおよびシステムリソースへのアクセスを制御する、オペレーティングシステムの制御下で動作する。コンピュータデバイス100は、MICROSOFT WINDOWS(登録商標)オペレーティングシステムのバージョンのうちのいずれか、Unix(登録商標)およびLinux(登録商標)オペレーティングシステムの異なるリリース、Macintoshコンピュータ用のMAC OSの任意のバージョン、任意の組み込みオペレーティングシステム、任意のリアルタイムオペレーティングシステム、任意のオープンソースオペレーティングシステム、任意の専有オペレーティングシステム、移動型コンピュータデバイス用の任意のオペレーティングシステム、またはコンピュータデバイス上で実行し、本明細書で説明される動作を行うことが可能な任意の他のオペレーティングシステム等の任意のオペレーティングシステムを実行することができる。典型的なオペレーティングシステムは、とりわけ、その全てがMicrosoft Corporation(Redmond,Washington)によって製造されている、WINDOWS(登録商標) 3.x、WINDOWS(登録商標) 95、WINDOWS(登録商標) 98、 WINDOWS(登録商標) 2000、WINDOWS(登録商標)NT3.51、WINDOWS(登録商標) NT 4.0、WINDOWS(登録商標) 7、WINDOWS(登録商標) CE、WINDOWS(登録商標) XP、およびWINDOWS(登録商標) VISTA、Apple Inc.(Cupertino,California)によって製造されるMAC OS、International Business Machines(Armonk,New York)によって製造されるOS/2、Caldera Corp.(Salt LakeCity,Utah)によって配布される自由に利用可能なオペレーティングシステムであるLinux(登録商標)、あるいは任意の種類および/または形態のUnix(登録商標)オペレーティングシステムを含むが、それらに限定されない。

0072

コンピュータデバイス100は、任意のワークステーションデスクトップコンピュータラップトップまたはノートブックコンピュータ、サーバ、手持ち式コンピュータ携帯電話または他の携帯用電気通信デバイスメディア再生デバイスゲームシステム、移動型コンピュータデバイス、あるいは通信が可能であり、本明細書で説明される動作を行うのに十分なプロセッサ能力およびメモリ容量を有する、任意の他の種類および/または形態のコンピュータ、電気通信、またはメディアデバイスであり得る。例えば、コンピュータデバイス100は、Apple Inc.(Cupertino,California)によって製造されるIPOD群のデバイス、Sony Corporation(Tokyo,Japan)によって製造されるPLAYSTATION 2、PLAYSTATION 3、またはPERSNALPLAYSTATION PORTABLE(PSP)デバイス、Nintendo Co.,Ltd.(Kyoto,Japan)によって製造されるNINTENDODS、NINTENDO GAMEBOY、NINTENDO GAMEBOY ADVANCED、またはNINTENDO REVOLUTIONデバイス、あるいはMicrosoft Corporation(Redmond,Washington)によって製造されるXBOXまたはXBOX 360デバイスを備え得る。

0073

いくつかの実施形態では、コンピュータデバイス100は、デバイスと整列する、異なるプロセッサ、オペレーティングシステム、および入力デバイスを有し得る。例えば、一実施形態では、コンピュータデバイス100は、Palm,Inc.によって製造されるTREO 180、270、600、650、680、700p、700w/wx、750、755p、800w、Centro、またはProスマートフォンである。これらの実施形態のうちのいくつかでは、TREOスマートフォンは、PalmOSオペレーティングシステムの制御下で操作され、スタイラス入力デバイスならびに方向ナビゲータデバイスを含む。

0074

他の実施形態では、コンピュータデバイス100は、その全てがMotorola Corp.(Schaumburg,Illinois)によって製造されている、i55sr、i58sr、i85s、i88s、i90c、i95cl、i335、i365、i570、I576、i580、i615、i760、i836、i850、i870、i880、i920、i930、ic502、ic602、ic902、i776、またはim1100、Kyocera(Kyoto,Japan)によって製造される6035または7135、あるいはSamsung Electronics Co.,Ltd.(Seoul,Korea)によって製造されるi300またはi330等の、JAVA(登録商標)使用可能携帯電話または携帯情報端末(PDA)等のモバイルデバイスである。いくつかの実施形態では、コンピュータデバイス100は、Nokia(Finland)によって、またはSony Ericsson Mobile Communications AB(Lund,Sweden)によって製造されるモバイルデバイスである。

0075

なおもさらなる実施形態では、コンピュータデバイス100は、Blackberry 7100系、8700系、7700系、7200系、Blackberry 7520、Blackberry PEARL8100、8700系、8800系、Blackberry Storm、Blackberry Bold、Blackberry Curve 8900、およびBlackberry Pearl Flipを含む、Research In Motion Limitedによって製造されるデバイス等のBlackberry手持ち式またはスマートフォンである。さらに他の実施形態では、コンピュータデバイス100は、Microsoft Windows(登録商標) Mobile Softwareをサポートする、スマートフォン、ポケットPC、ポケットPCフォン、または他の手持ち式モバイルデバイスである。また、コンピュータデバイス100は、任意のワークステーション、デスクトップコンピュータ、ラップトップまたはノートブックコンピュータ、サーバ、手持ち式コンピュータ、携帯電話、任意の他のコンピュータ、あるいは通信が可能であり、本明細書で説明される動作を行うのに十分なプロセッサ能力およびメモリ容量を有する、他の形態のコンピュータまたは電気通信デバイスであり得る。

0076

いくつかの実施形態では、コンピュータデバイス100は、デジタルオーディオプレーヤである。これらの実施形態のうちの1つでは、コンピュータデバイス100は、Apple Inc.(Cupertino,California)によって製造される、Apple IPOD、IPOD Touch、IPOD NANO、およびIPOD SHUFFLE系列のデバイス等のデジタルオーディオプレーヤである。これらの実施形態のうちの別の1つでは、デジタルオーディオプレーヤは、携帯用メディアプレーヤおよび大容量記憶デバイスの両方として機能し得る。他の実施形態では、コンピュータデバイス100は、Samsung Electronics America(Ridgefield Park,NJ)によって製造されるDigitalAudioPlayer Select MP3プレーヤ、あるいはMotorola Inc.(Schaumburg,IL)によって製造されるMotorola m500またはm25 Digital Audio Player等のデジタルオーディオプレーヤである。なおも他の実施形態では、コンピュータデバイス100は、Creative Technologies Ltd.によって製造されるZen Vision W、Zen Vision系、Zen Portable Media Centerデバイス、またはDigital MP3系列のMP3プレーヤ等の携帯用メディアプレーヤである。さらに他の実施形態では、コンピュータデバイス100は、MP3、WAV、M4A/AAC、WMA保護付きAAC、AIFF、Audibleオーディオブック、Apple Losslessオーディオファイル形式、ならびに.mov、.m4v、および.mp4MPEG−4(H.264/MPEG−4 AVCビデオファイル形式を含む、それらに限定されない、ファイル形式をサポートする携帯用メディアプレーヤまたはデジタルオーディオプレーヤである。

0077

いくつかの実施形態では、コンピュータデバイス100は、デジタルオーディオプレーヤまたは携帯用メディアプレーヤと組み合わせたスマートフォン等のデバイスの組み合わせを備えている。これらの実施形態のうちの1つでは、コンピュータデバイス100は、Motorola RAZRまたはMotorola ROKR系列の複合デジタルオーディオプレーヤおよびスマートフォンである。これらの実施形態のうちの別の1つでは、コンピュータデバイス100は、Apple Inc.(Cupertino,California)によって製造されるiPhone系列のスマートフォンの中のデバイスである。

0078

一実施形態では、コンピュータデバイス102aは、遠隔マシン106の機能性をクライアント102bに提供しながら、遠隔マシン106からリソースを要求し得る。そのような実施形態では、コンピュータデバイス102aは、(サーバと呼ばれ得る)遠隔マシン106から受信されたデータに対してクライアントと呼ばれ得、コンピュータデバイス102aは、第2のクライアント102bに対してサーバと呼ばれ得る。別の実施形態では、クライアント102は、クライアント102のユーザの代わりに遠隔マシン106からリソースを要求し得る。

0079

図1Dに示されるように、コンピュータデバイス100は、複数のプロセッサを備え得、命令の同時実行のため、または1つよりも多くのデータについての1つの命令の同時実行のための機能性を提供し得る。いくつかの実施形態では、コンピュータデバイス100は、1つ以上のコアを伴う並列プロセッサを備え得る。これらの実施形態のうちの1つでは、コンピュータデバイス100は、単一のグローバルアドレス空間としての全ての利用可能なメモリにアクセスする、複数のプロセッサおよび/またはプロセッサコアを伴う共有メモリ並列デバイスである。これらの実施形態のうちの別の1つでは、コンピュータデバイス100は、それぞれローカルメモリのみにアクセスする、複数のプロセッサを伴う分散型メモリ並列デバイスである。これらの実施形態のうちのなおも別の1つでは、コンピュータデバイス100は、共有されるいくらかのメモリ、および特定のプロセッサまたは一部のプロセッサのみによってアクセスすることができるいくらかのメモリの両方を有する。これらの実施形態のうちのなおもさらに別の1つでは、マルチコアマイクロプロセッサ等のコンピュータデバイス100は、2つ以上の独立プロセッサを、しばしば単一の集積回路(IC)である、単一のパッケージに組み込む。これらの実施形態のうちのさらに別の1つでは、コンピュータデバイス100は、CELLBROADBAND ENGINEアーキテクチャを有し、Powerプロセッサ要素と、複数の相乗処理要素とを含む、チップを含み、Powerプロセッサ要素および複数の相乗的処理要素は、要素相互接続バスと呼ばれ得る、内部高速バスによってともに連結される。

0080

いくつかの実施形態では、プロセッサは、複数のデータについての単一の命令を同時に実行するための機能性(SIMD)を提供する。他の実施形態では、プロセッサは、複数のデータについての複数の命令を同時に実行するための機能性(MIMD)を提供する。なおも他の実施形態では、プロセッサは、単一のデバイスでSIMDおよびMIMDコアの任意の組み合わせを使用し得る。

0081

いくつかの実施形態では、コンピュータデバイス100は、グラフィックス処理ユニットを備え得る。図1Eで描写される、これらの実施形態のうちの1つでは、コンピュータデバイス100は、少なくとも1つの中央処理ユニット121と、少なくとも1つのグラフィックス処理ユニットとを含む。これらの実施形態のうちの別の1つでは、コンピュータデバイス100は、少なくとも1つの並列処理ユニットと、少なくとも1つのグラフィックス処理ユニットとを含む。これらの実施形態のうちのなおも別の1つでは、コンピュータデバイス100は、任意の種類の複数の処理ユニットを含み、複数の処理ユニットのうちの1つは、グラフィックス処理ユニットを備えている。

0082

一実施形態では、リソースは、プログラム、アプリケーション、ドキュメントファイル、複数のアプリケーション、複数のファイル、実行可能プログラムファイル、デスクトップ環境、コンピュータ環境、またはローカルコンピュータデバイス102のユーザに利用可能にされる他のリソースであり得る。リソースは、直接的にローカルコンピュータデバイス102上での従来のインストール、アプリケーションストリーミングのための方法を介したローカルコンピュータデバイス102への配信、第3のコンピュータデバイス106b上でのリソースの実行によって生成され、プレゼンテーション層プロトコルを介してローカルコンピュータデバイス102に伝達される出力データのローカルコンピュータデバイス102への配信、遠隔コンピュータデバイス106上で実行する仮想マシンを介したリソースの実行によって生成される、出力データのローカルコンピュータデバイス102への配信、あるいはUSBデバイス等のローカルコンピュータデバイス102に接続される可撤性記憶デバイスからの実行、またはローカルコンピュータデバイス102上で実行し、出力データを生成する仮想マシンを介した実行を含むが、それらに限定されない、複数のアクセス方法を介して、ローカルコンピュータデバイス102に配信され得る。いくつかの実施形態では、ローカルコンピュータデバイス102は、リソースの実行によって生成された出力データを別のクライアントコンピュータデバイス102bに伝送する。

0083

いくつかの実施形態では、ローカルコンピュータデバイス102のユーザは、遠隔コンピュータデバイス106に接続し、遠隔コンピュータデバイス106上で生成される、複数のデータオブジェクトを含む、遠隔デスクトップ環境のローカルバージョンの表示をローカルコンピュータデバイス102上で視認する。これらの実施形態のうちの1つでは、少なくとも1つのリソースは、遠隔コンピュータデバイス106によって(または第2の遠隔コンピュータデバイス106bによって)ユーザに提供され、遠隔デスクトップで表示される。しかしながら、選択によって、あるいは方針または技術的要件により、ユーザがローカルコンピュータデバイス102上で実行するリソースがあり得る。これらの実施形態のうちの別の1つでは、ローカルコンピュータデバイス102のユーザは、別個のマシンによって提供されるリソースの別個のデスクトップ環境の代わりに、ユーザに利用可能なリソースの全てへのアクセスを提供する、統合デスクトップ環境を好む。例えば、ユーザは、複数のグラフィック表示間をナビゲートすることが、紛らわしく、生産的に使用しにくいと感じる場合がある。または、ユーザは、異なるマシンによって提供される別のリソースと併せて、1つのマシンによって提供される1つのアプリケーションによって生成されるデータを使用することを希望し得る。これらの実施形態のうちのなおも別の1つでは、遠隔リソースおよびローカルリソースの表示を統合する遠隔デスクトップ環境と相互作用することによって、リソースの実行、ウィンドウウィング移動、アプリケーション最小化/最大化、ウィンドウのサイズ変更、リソース実行の終了に対する要求が制御され得る。これらの実施形態のうちのさらに別の1つでは、アプリケーション、またはローカルコンピュータデバイス102上で実行されるリソース、および遠隔コンピュータデバイス106上で実行されるリソースを含む、統合デスクトップ環境を介してアクセス可能である他のリソースが、単一のデスクトップ環境内に示される。

0084

一実施形態では、遠隔コンピュータデバイス106からのデータオブジェクトは、ローカルコンピュータデバイス102によって生成されるデスクトップ環境に組み込まれる。別の実施形態では、遠隔コンピュータデバイス106は、統合デスクトップを維持する。なおも別の実施形態では、ローカルコンピュータデバイス102は、統合デスクトップを維持する。

0085

いくつかの実施形態では、単一の遠隔デスクトップ環境204が表示される。これらの実施形態のうちの1つでは、遠隔デスクトップ環境204は、フルスクリーンデスクトップとして表示される。他の実施形態では、複数の遠隔デスクトップ環境204が表示される。これらの実施形態のうちの1つでは、遠隔デスクトップ環境のうちの1つ以上は、1つ以上の表示デバイス124上に非フルスクリーンモードで表示される。これらの実施形態のうちの別の1つでは、遠隔デスクトップ環境は、個々の表示デバイス上にフルスクリーンモードで表示される。これらの実施形態のうちのなおも別の1つでは、遠隔デスクトップ環境のうちの1つ以上は、1つ以上の表示デバイス124上にフルスクリーンモードで表示される。

0086

(B.複数の製品設計アプリケーションとともに共通データモデルを使用し、管理するためのシステムおよび方法)
製品設計は、典型的には、設計概念から完成した製品への開発の間に、多くの異なるアプリケーションを使用する、多くのユーザおよび設計者を伴う。図2Aを簡潔に参照すると、2つの概念エンドポイント間の設計フローの実施形態のブロック図が示されている。エンタープライズリソースプラニング(ERP)アプリケーション、製品ライフサイクル管理(PLM)アプリケーション、幾何学形状を編集する直接モデリングコンピュータ支援設計(CAD)アプリケーションまたはパラメトリックモデリングCADアプリケーション、あるいは製品アセンブリアプリケーション等の異なるアプリケーションが、設計から製品へと移動する際に種々の点で使用され得る。異なるアプリケーションは、所望の機能性に応じて使用され、使用しやすさ、能力、複雑性学習曲線、および種々の形式で情報を表示する能力においてトレードオフを有する。

0087

依然として図2Aを参照すると、種々のステップがアプリケーションのユーザによって講じられ得、修正されるにつれて、設計が種々のバージョン(a1−a3、p1−p3、e1−e3、g1−g3)を通過するように、修正が設計に行われ得る。設計の経過中に使用される設計および製品の2つの概念エンドポイント間の経路のセットは、製品またはモデルのデータのサブセットであり得る「情報項目」を表し得る。例えば、図2Bを簡潔に参照すると、パラメトリックモデリングCADアプリケーション202(以下でさらに詳細に論議される)のユーザは、1つ以上の変化例(g1−g3)を通過する、モデルの幾何学形状データを修正し得る。同様に、可視化アプリケーション216(同様に以下でさらに詳細に論議される)のユーザは、1つ以上の変化例(gr1−gr3)を通過する、モデルのグラフィックスデータを修正し得る。

0088

インポートされ、エクスポートされ、各アプリケーション間で変換される、別個のデータモデルおよびオブジェクトを使用する時に、設計履歴および意図に関する情報が失われる場合がある。加えて、複数のユーザがモデルに対して作業するにつれて、どのデータのサブセットのどのバージョンが最新であるか、または設計プロセスの中の同等の段階にあるかという指示を伴わずに、多くの異なるバージョンが作成され得る。例えば、設計者は、モデルの幾何学形状を生成し、分析のためにエンジニアに、および潜在顧客フィードバックを得るために販売員にモデルを伝えて、モデルの3つの異なるバージョンを作成し得る(CADモデラによって使用可能な形式の1つのバージョン、工学的分析プログラムによって使用可能な形式の1つのバージョン、ならびに可視化および注釈アプリケーションによって使用可能な形式の1つのバージョン)。販売員は、モデルに注釈を付けて、第4のバージョンを作成し、注釈付きのモデルを設計者によって使用可能な形式に再びエクスポートして、第5のバージョンを作成し得る。エンジニアは、工学的標準に従うようにモデルに種々の修正を行って、第6のバージョンを作成し得る。次いで、エンジニアが、この標準準拠バージョンを視認および注釈のために販売員によって使用可能な形式にエクスポートする場合、モデルの多くの異なるバージョンが迅速に存在することができ、取り組まれ、渡されているモデルが「最新」であることを確実にするために、組織の中で慎重管理作業を必要とする。

0089

整合性管理のための1つの解決策は、オブジェクトが変換される必要がないように、アプリケーション間で共通データモデルを使用することである。さらなる解決策は、幾何学形状データおよびグラフィックス等の製品モデルの種々の側面を対象とした複数のオブジェクトのサブパーツまたは「チャプタ」を含むことである。以下でさらに詳細に論議される、この解決策の実施形態では、アプリケーションが同じ製品モデルのサブパーツに対して作業することができるため、共通データモデルを使用する製品モデルは、複数のアプリケーションの間で渡され、同期化される必要がない。図2Cには、共通データモデルのサブパーツに対する変更を識別し、記憶することの実施形態のブロック図が示されている。概観すると、幾何学形状またはアセンブリ情報等の製品モデルの各情報項目または側面は、識別子またはIDのセットを含む。IDは、1つ以上のアプリケーションによって行われる情報項目に対する変更の経路またはセットを表す。いくつかの実施形態では、IDは、多くのアプリケーションによって共有または修正することができる。アプリケーションは、IDを挿入または削除することによって、情報項目を修正し得る。いくつかの実施形態では、各IDまたはIDのサブパーツは、情報項目のバージョンに対応し、完全なデータのセット、あるいは以前のバージョンからの差分または異なるセットを含み得る、バージョンを表すデータに対応し得、またはそれに関連付けられ得る。

0090

上述のように、図2Bを再び簡潔に参照すると、IDは、複数のアプリケーションによって共有され得る。例えば、一実施形態では、パラメトリックモデリングCADアプリケーション202は、可視化アプリケーション216とIDを共有し得る。これは、例えば、モデルのグラフィックスと幾何学形状データとの間の関係、または幾何学形状データへのグラフィックスデータの従属性により、行われ得る。

0091

図2Dは、共通データモデル220を使用した、アプリケーション一式の実施形態のブロック図である。概観すると、アプリケーション一式は、全て共通データモデル220を使用し得る、直接モデリングCADアプリケーション200、パラメトリックモデリングCADアプリケーション202、工学的分析アプリケーション204、構成構築アプリケーション206、構成モデリングアプリケーション208、アセンブリモデリングアプリケーション210、2次元または2D概念アプリケーション212、および可視化アプリケーション214のうちのいくつか、または全てを含み得る。

0092

依然として図2Dをさらに詳細に参照すると、いくつかの実施形態では、アプリケーション一式は、直接モデリングCADアプリケーション200を含み得る。一実施形態では、直接モデリングCADアプリケーション200は、モデルの幾何学的データ直接操作のためのプログラム、アプリケーション、サービス、または実行可能コードを備え得る。したがって、エンジニアは、設計意図および要素の連合を考慮する必要がない。これは、カスタムまたは1個限りの製品の急速開発サイクルおよび迅速な作成、ならびに非常に大型の高度に詳細なアセンブリの構築を可能にし得る。本明細書では直接モデリングと呼ばれているが、この技法は、明示的モデリングと呼ばれることもある。当業者であれば、使用される用語にかかわらず、直接または明示的モデリングは、設計意図、履歴、および連合関係にとらわれない、またはそれらを知らない、幾何学形状の直接操作のための幾何学形状ベースのパラダイムであると理解できるであろう。直接モデリングは、間接設計操作と呼ばれることもある、幾何学的形状を編集するためにダイアログボックスにデータを入力することとは対照的に、幾何学的形状を手動で押す、引く、または修正することを指す、直接設計操作と混同されるべきではない。したがって、直接設計操作および間接またはダイアログボックス設計操作が、ユーザインターフェースにデータを入力する方法を指す一方で、したがって、直接または明示的モデリングおよびパラメトリックモデリングは、モデリングパラダイムを指す。

0093

いくつかの実施形態では、アプリケーション一式は、パラメトリックモデリングCADアプリケーション202を含み得る。一実施形態では、直接モデリングCADアプリケーション200は、モデルの幾何学的データの特徴ベースの操作のためのプログラム、アプリケーション、サービス、または実行可能コードを備え得る。連合パラメトリックモデリング、特徴ベースのモデリング、または履歴ベースのモデリングと呼ばれることもある、パラメトリックモデリングでは、幾何学形状が、2ステッププロセスを通して作成される。ユーザは、押出し、穴、切断、隅肉面取り、丸、およびその他を含む、特徴構築の使用を通して、幾何学形状構築レシピを定義する。パラメトリック幾何学形状エンジンは、これらのレシピを解釈し、モデリングおよび/または表示エンジンによる表示のためにモデルの幾何学形状を作成する。これらのレシピは、時には特徴履歴と呼ばれ得、モデル化オブジェクトが設計されるにつれて、最終モデル化オブジェクトをモデル化する際に利用される特徴の一連の異なる組み合わせを備え得る。

0094

直接モデリングと違って、パラメトリックモデリングが動作の順序または履歴を記憶するため、特徴間の関係が定義され得る。したがって、レシピの中の特徴の順序を変更することは、要素作成の順序が無関係である直接モデリングと違って、モデルに劇的な影響を及ぼす場合がある。しかしながら、このアプローチは、ユーザが命令リストの中の初期の特徴を編集することを可能にし、幾何学形状エンジンは、モデルを通して影響を再計算する。例えば、パラメトリックCADモデラでは、ユーザが押出しプレートを作成し、プレートの軸の中間点上に中心を置くように穴を定義し、後にプレートの寸法を変更する場合、幾何学形状エンジンは、中間点上に中心を置いたままとなるように穴を移動させ得る。しかしながら、直接CADモデラでは、穴を配置した後にプレートの面を伸張することにより、穴を移動させず、中心から外れて位置させる場合がある。

0095

いくつかの実施形態では、アプリケーション一式は、工学的分析アプリケーション204を含み得る。一実施形態では、工学的分析アプリケーション200は、基礎的CAD幾何学形状にマップされた、線形静的、モード、座屈、接触、および定常状態熱分析を含む、分析をモデルに行うためのプログラム、アプリケーション、サービス、または実行可能コードを備え得る。例えば、一実施形態では、工学的分析アプリケーション200のユーザが、3次元モデルの質量または重心を決定し得る。

0096

いくつかの実施形態では、アプリケーション一式は、構成構築アプリケーション206を含み得る。一実施形態では、構成構築アプリケーション206は、プロジェクト提案、概念および市場要件、部品表(BOM)変更、設計フィードバック、カスタマイズオプション、バリアント選択、または他の製品構成情報を作成、解釈、および/または修正するためのプログラム、アプリケーション、サービス、または実行可能コードを備え得る。いくつかの実施形態では、構成構築アプリケーション206は、構成要素オブジェクトが、最終製品を生産するための単純または精巧な構造に組み込まれることを可能にし得る。一実施形態では、構成構築アプリケーション206は、製品開発システムPDS)の一部を備え得る。

0097

いくつかの実施形態では、アプリケーション一式は、構成モデリングアプリケーション208を含み得る。一実施形態では、構成モデリングアプリケーション208は、製品設計のカスタム構成の可視化およびモックアップを行うためのプログラム、アプリケーション、サービス、または実行可能コードを備え得る。いくつかの実施形態では、構成モデリングアプリケーション208は、部品表、費用提案、文書化、または製品の選択された構成に関する他の情報を出力するための機能性を備え得る。

0098

いくつかの実施形態では、アプリケーション一式は、アセンブリモデリングアプリケーション208を含み得る。一実施形態では、アセンブリモデリングアプリケーション208は、製品の複数のモデル化オブジェクトの仮想アセンブリを可視化し、分析するためのプログラム、アプリケーション、サービス、または実行可能コードを備え得る。例えば、一実施形態では、ユーザは、携帯電話の裏板面板キーパッド画面アンテナバッテリ、および内部回路基板等の製品の種々の部品が、どのようにして一緒に嵌め合うかを調査するために、アセンブリモデリングアプリケーション208を使用し得る。いくつかの実施形態では、ユーザは、製品内の個々の構成要素を表す複数のCADファイルとともに、アセンブリモデリングアプリケーションを使用し得る。一実施形態では、アセンブリモデリングアプリケーションは、モデルのシェルまたは外面等の処理の速度および効率のために、CADモデルの削減された一部のデータをユーザに提示し得る。いくつかの実施形態では、アセンブリモデリングアプリケーションは、製品モデルの部品の絶対または相対的位置付け情報を利用し得、あるいは制約に応答して構成要素を位置付け得る。例えば、1つのそのような実施形態では、面板上のネジ穴は、裏板上の対応するネジ穴に隣接し、かつそれと軸方向に整列させられるように制約され得る。

0099

いくつかの実施形態では、アプリケーション一式は、2次元(2−Dまたは2Dと様々に呼ばれる)概念アプリケーション212を含み得る。一実施形態では、2次元概念アプリケーション212は、2次元設計またはスケッチの作成、分析、および修正のためのプログラム、アプリケーション、サービス、または実行可能コードを備え得る。いくつかの実施形態では、ユーザは、製品の平面を設計するために、2次元概念アプリケーション212を使用し得る。次いで、結果として生じる2次元モデルは、直接モデリングCADアプリケーション200またはパラメトリックモデリングCADアプリケーション202等の3次元モデラに組み込まれ、3次元に押し出され、または引き出され得る。

0100

いくつかの実施形態では、アプリケーション一式は、可視化アプリケーション214を含み得る。一実施形態では、可視化アプリケーション214は、CADモデルを可視化し、注釈を付け、操作するためのプログラム、アプリケーション、サービス、または実行可能コードを備え得る。多くの実施形態では、可視化アプリケーション214は、マネージャが、電気CAD(ECAD)アプリケーションにおいて電気技師によって作成されるモデルの部品、および機械CAD(MCAD)アプリケーションにおいて機械技師によって作成されるものを、これらのアプリケーションの異なる能力にかかわらず、視認することを可能にし得る。可視化アプリケーションは、大型の複雑なアセンブリおよびモデルを視認するための機能性を提供し得る。可視化アプリケーションがパラメトリック再生を行っていないため、必要処理が削減され、したがって、より大型かつ複雑なモデルが表示され、操作され得る。多くの実施形態では、可視化アプリケーション214は、動的または動画モデルを表示するための機能性を備え得る。

0101

いくつかの実施形態では、アプリケーション一式の中の各アプリケーション200−214は、共通データモデル220を利用し得る。以下でさらに詳細に論議される、一実施形態では、共通データモデル220は、2Dおよび3D幾何学形状データ、分析データ、材料選択テクスチャ、および塗料オプションを含む外観データ、および構成要素配置データを含む、上記で論議されるような1つ以上の情報項目を含み得る。いくつかの実施形態では、これらの1つ以上の情報項目は、チャプタと呼ばれ得、チャプタ基準で異なるアプリケーションに提示され、または異なるアプリケーションによって修正され得る。

0102

異なるアプリケーションにおいて複数のユーザによって同時に修正されるにつれて、共通データモデルオブジェクトに対する修正を同期させることは、製品設計の開発を管理することにとって重要であり得る。上記で論議されるように、典型的には、ユーザが現在のモデルに対して作業することを確実にするために、詳細な管理作業が必要とされる。これは不十分であり、エラーがバージョンの見落としをもたらす場合がある。しかしながら、開発中に、製品設計が、概念的設計から最終製品までのいくつかの明確に異なる段階を通過することが観察され得る。これらの段階は、設計、プロトタイピング、分析、再設計、アルファまたはベータ試験、構成要素製造、および組立を含み得る。各段階中に、複数のユーザが、異なる変動をモデルに行い得る。しかしながら、典型的には、各段階は、次の段階が始まり得る前に完了しなければならない。例えば、少なくとも設計という第1の段階が完了するまで、プロトタイプを構築することはできない。したがって、各段階の開始時に、共通データモデルオブジェクトの異なるチャプタは、同期化されている、または同等であるといわれ得る。さらに、各段階とともに、異なる副段階が同じモデルで認識され得る。したがって、共通データモデルの異なるチャプタは、全ての変動が製品開発の同等段階にある場合に同期化されているといわれ得る。

0103

図2Eを参照すると、共通データモデルの中の複数の情報項目の同期化を管理することの実施形態のシーケンス図が示されている。概観すると、モデルは、複数の情報項目(AおよびB)を含み得る。モデルが設計から最終製品へと進むにつれて、種々のアプリケーションにおいて設計の中のチャプタおよび情報項目に対する修正が行われる。これらの修正におけるある段階で、情報項目Aは、iおよびj、kおよびl、ならびにmおよびn等、情報項目Bと整合し得る。これらは、情報項目バージョンの互換性のあるセットを表す、同等線と呼ばれ得る。

0104

ここで図2Fを参照すると、共通データモデルの中の複数の情報項目の同期化を管理することの実施形態の実施例のシーケンス図が示されている。示される実施例では、モデルは、最初に、第1の同等線上の幾何学形状iおよびグラフィックスjと整合状態にある。ユーザは、幾何学形状データに修正を行い、グラフィックスjともはや整合していない、または互換性がない、幾何学形状kへと移動する。ユーザは、幾何学形状データに別の修正を行い、幾何学形状lへと移動する。幾何学形状データに対する修正、または幾何学形状が第2の同等線に合致する所定の段階に達したというユーザからの指示のいずれか一方に応答して、システム、ユーザ、または別のユーザのいずれか一方が、幾何学形状lと整合した新しいグラフィックスデータmを更新または生成する。モデルは再度、第2の同等線上で整合状態にある。

0105

いくつかの実施形態では、アプリケーション一式の1つ以上のアプリケーションが、同等線を作成し得る。例えば、1つのそのような実施形態では、直接またはパラメトリックモデリングCADアプリケーションが、幾何学形状データを修正し、新しい同等線を作成し得る。新しい同等線に応答して、製品可視化アプリケーションまたは工学的分析アプリケーション等の他のアプリケーションが、モデルの中で整合状態に達するように、新しい同等線における幾何学形状データに従って、グラフィックスまたは分析データを更新または再生し得る。いくつかの実施形態では、ベータ試験またはプロトタイピング等の所定の状態にモデルが達することによって、あるいは共通データモデルオブジェクトのチャプタを同期化するコマンド等のユーザからのコマンドに応答して、同等線が作成され得る。他の実施形態では、周期的に、あるいはプログラムを保存または仕上げることに応答して、あるいはモデルへの実質的な変更に応答して、同等線が作成され得る。

0106

図2Gは、共通データモデルの使用および同期化を管理するためのフレームワークのブロック図である。概観すると、いくつかの実施形態では、フレームワークは、データサービス230、IDサービス232、辞書サービス234、同期化および通知サービス236、データチャプタ238、および辞書240のうちの1つ以上を備え、製品開発アプリケーション一式のうちの1つ以上の製品開発アプリケーション200−214と通信し得る。

0107

依然として図2Gをさらに詳細に参照すると、いくつかの実施形態では、データサービス230は、1つ以上のアプリケーションまたは他のサービスによって、共通データモデルオブジェクトの1つ以上のチャプタ238へのアクセスを変換および管理するためのライブラリ、アプリケーションプログラミングインターフェース(API)、サービス、論理、または実行可能コードを備え得る。いくつかの実施形態では、データサービスは、オブジェクトに関連付けられる共通データモデルのヘッダまたはデータを管理、作成、または修正し得る。一実施形態では、各チャプタは、チャプタおよびオブジェクトの整合性を維持するための関係型データベース、ファイル、XMLファイルレジストリ、ライブラリ、またはIDのリストを備え得る、ヘッダまたは「目次」を含み得る。別の実施形態では、各チャプタは、幾何学形状データまたはグラフィックスデータ等のオブジェクトのチャプタ特定のデータを有する本体を含み得る。

0108

いくつかの実施形態では、IDサービス232は、IDを作成および管理するためのライブラリ、API、サービス、論理、または実行可能コードを備え得る。上記で論議されるように、いくつかの実施形態では、アプリケーションは、オブジェクトのIDセットの中のIDを作成または修正することによって、チャプタまたはオブジェクトに対する修正について他のアプリケーションに知らせ得る。一実施形態では、IDサービス232は、これらのIDを作成および修正するためのAPIを備えている。

0109

いくつかの実施形態では、辞書サービス234は、辞書240、ならびに情報項目および同等線を管理するためのライブラリ、API、サービス、論理、または実行可能コードを備え得る。一実施形態では、辞書サービス234は、拡張可能共通辞書用のAPIを備え得、グラフィックスおよび幾何学形状等の情報項目の種類の定義、および同等線を作成するアプリケーションの定義を管理し得る。例えば、上記で論議されるように、パラメトリックCADモデリングアプリケーションは、オブジェクトの特徴を修正し、オブジェクトを新しい状態またはバージョンに変え得る。これは、新しい同等線を作成し得、他の情報項目に対して対応および整合するデータまたは同等のデータを生成するように、他のアプリケーションに命令または指図し得る。

0110

いくつかの実施形態では、チャプタ238および辞書240は、ラ集中共通記憶装置クラウドベース記憶装置、または他のネットワーク記憶装置等のコンピュータデバイス上にある、またはコンピュータデバイスによってアクセス可能な記憶デバイスの中に記憶されたイブラリ、データベースフラットファイル、レジストリ、あるいは任意の他の種類および形態のデータを備え得る。上記で論議されるように、1つ以上のチャプタ238が、オブジェクトを構成し得、それら自体が、識別子のヘッダまたは目次、および情報項目またはデータの本体を含み得る。辞書240は、拡張可能な共通辞書を備え得、グラフィックスおよび幾何学形状等の情報項目の種類の定義、および同等線を作成するアプリケーションの定義を備え得る。

0111

図3Aは、複数のアプリケーションによる共通データモデルの異なるチャプタの利用の比較図である。概観すると、一実施形態では、部品、アセンブリ、図面、2D概念図、および可視化モデル等の異なる共通データモデルオブジェクト300は、異なる共通データモデルチャプタ302を含み得る。当業者であれば、いくつかのオブジェクトが全てのチャプタ302を必要としないことを容易に理解し得る。例えば、単純な2次元スケッチとして、2D概念図は、幾何学形状データおよび注釈データの両方を利用し得るが、分析データは、平面よりもむしろ固体を表すための第3次元がないと無意味であり得る。

0112

図3Aに示される実施形態では、CDM部品オブジェクトは、幾何学形状、分析、外観、および注釈チャプタを含み得る。CDMアセンブリオブジェクトはさらに、構成要素配置チャプタを含み得る。5つだけの異なるチャプタ302が実施例で示されているが、多くの実施形態では、上記で論議される拡張可能な辞書の利点として、情報項目のさらなるチャプタが任意のオブジェクトに含まれ得る。

0113

示されるように、多くの実施形態では、異なるアプリケーション200−214は、異なるオブジェクト300の異なるチャプタ302を読み出し得る。例えば、上記で論議されるように、工学的分析アプリケーション204が2次元表面工学データを分析することは無意味であり得る。同様に、2D概念アプリケーション212は、3次元モデル、アセンブリ、図面、および部品と適正に相互作用するのに十分なツールを欠く場合がある。

0114

図3Aは、オブジェクトごとの基準で、代替的な図で表示され得る。例えば、図3B−3Eは、複数のアプリケーションによる共通データモデルの異なるチャプタとの相互作用の実施例の実施形態のコンテキスト図である。概観すると、図3B−3Eのうちのそれぞれは、同じCDMオブジェクト300に作用する、異なるアプリケーションを図示する。例えば、図3Bは、全て共通データモデルアセンブリオブジェクトと相互作用する、直接モデリングアプリケーション200、パラメトリックモデリングアプリケーション202、工学的分析アプリケーション204、構成構築アプリケーション206、構成モデリングアプリケーション208、アセンブリモデリングアプリケーション210、および製品可視化アプリケーション214を描写する。同様に、図3Cは、共通データモデル部品オブジェクトと相互作用するアプリケーションを描写し、図3Dは、共通データモデル図面オブジェクトと相互作用するアプリケーションを描写し、図3Eは、共通データモデル概念図オブジェクトと相互作用するアプリケーションを描写する。

0115

ここで図4を参照すると、本明細書では変更命令と呼ばれることもある、共通データモデルチャプタの情報項目に対する変更の経路またはセットを表す、IDの実施形態のブロック図が示されている。いくつかの実施形態では、変更命令は、コンテナ400、ネームスペース402、生産情報404、分岐406、製品項目バージョン408、トランザクション410、範囲412、および整合性フラグ414のうちの1つ以上の識別子を含み得る。上記で論議されるように、幾何学形状またはセンブリ情報等の製品モデルの各情報項目または側面は、識別子またはIDのセットを含み得る。IDは、1つ以上のアプリケーションによって行われる情報項目に対する変更の経路またはセットを表す。いくつかの実施形態では、変更命令またはIDは、多くのアプリケーションによって共有または修正することができる。アプリケーションは、IDを挿入または削除することによって情報項目を修正し得る。

0116

依然として図4をさらに詳細に参照すると、一実施形態では、変更命令は、コンテナID400を含み得る。コンテナID400は、フォルダまたは記憶場所等の情報項目の物理的コンテナを識別する、識別子、アドレスポインタ、または同様の表現を備え得る。

0117

いくつかの実施形態では、変更命令は、ネームスペース402を含み得る。ネームスペース402は、その下で情報項目が一意的と見なされる、ドメインの識別子、文字列、または他の同様の表現を備え得る。

0118

一実施形態では、変更命令は、製品情報(PI)404の識別子を含み得る。製品情報404は、商号または情報項目の意図の文字列、識別子、または他のデータ表現を備え得る。

0119

いくつかの実施形態では、変更命令は、分岐406の識別子を含み得る。分岐406は、文字列、識別子、インデックス、ポインタ、アドレス、親子関係識別子、または情報項目のバリアント記述子の他のデータ形式を備え得る。

0120

一実施形態では、変更命令は、製品項目バージョン(PIV)識別子408を備え得る。PIV識別子408は、上記で論議されるように、情報項目の特定のバージョンを識別する、文字列、識別子、または他のデータ表現を備え得る。

0121

一実施形態では、変更命令は、トランザクション識別子410を備え得る。トランザクション識別子410は、変更命令を作成させた1つ以上のアクションを識別し得る。いくつかの実施形態では、トランザクション識別子410は、文字列、インデックス、リスト、ベクトル、またはデータファイルを備え得、トランザクションが発生した時間、トランザクションを行った、または変更命令を作成したアプリケーション、およびトランザクションを行う際のユーザの設計意図のうちの1つ以上を含み得る。そのような設計意図は、ユーザによって明示的に設定され得、またはユーザによって作成される1つ以上の制約を参照する等して、暗示的に決定され得る。

0122

一実施形態では、変更命令は、範囲識別子412を備え得る。範囲識別子412は、変更命令が内部、共有、または外部であるかどうかを示すように、指標、文字列、フラグ、ビットマスク、または他のデータ表現を備え得る。一実施形態では、変更命令は、他のコンピュータデバイスおよび/または同じ他のコンピュータデバイス上の他のCADアプリケーションと共有され得る。例えば、媒介物、サーバ、または中央レポジトリとしての機能を果たす、別のコンピュータデバイスが、情報項目に対する変更を同期化するために使用され得る。変更命令の作成を通した変更の通知が、この媒介物に伝送され得、他のCADアプリケーションおよび/またはコンピュータデバイスが、変更に関する情報を要求し得る。一実施形態では、サーバ上で実行する通知サービスから他のCADアプリケーションに伝送される通知に応答して、そのような要求が行われ得る。

0123

別の実施形態では、範囲識別子412は、元の設計を回復する能力を保持しながら、ユーザが異なる設計変更を試すことを可能にするように内部に設定され得る。例えば、一実施形態では、1つのCADオブジェクトに行われた修正が、システムに他の従属オブジェクトを再生または再計算させるように、ユーザは、モデルの中の複数の相関CADオブジェクトの1つまたは多くのCADオブジェクトを修正させ得る。従来の取り消しサポートは、典型的には、再生または再計算により、そのような実施形態では利用可能ではなく、取り消しは、再生をトリガした初期修正よりもむしろ、そのような再生の最後のステップのみを取り消し得る。本明細書では相関CADオブジェクトと呼ばれるが、多くの実施形態では、これらのオブジェクトは、1つのCADオブジェクトに行われた修正が、システムに他の従属オブジェクトを再生または再計算させることを示すように、限定するものではないが、相互従属、連合、再生的連合、関係、従属、または種々の他の用語で呼ばれ得る。

0124

結果として、一実施形態では、モデルに対する修正を他のCADアプリケーションに通知するための同じシステムが、アプリケーションの中で内部に変更の履歴を保持するために使用され得る。各修正とともに、CADアプリケーションは、修正を表す内部変更命令を記録し得る。加えて、一実施形態では、CADアプリケーションは、最初に、モデルの開始状態の一時的コピーを作り得る。したがって、各内部変更命令は、以前の修正からの差分または差異を表し得、内部変更命令の全ての合計は、第1の同等線上のモデルの第1の整合状態(例えば、一時的コピー)から第2の同等線上のモデルの第2の状態への修正を表し得る。変更命令が内部である間に、ユーザは、それらを前後に進めて、設計の任意の中間であるが整合した状態に戻すように中間修正のうちの1つ以上を非適用または適用し得る。いったんユーザが設計変更を最終として容認すると、一実施形態では、CADアプリケーションは、変更命令を単一の共有または外部変更命令に合併し得る。他の実施形態では、CADアプリケーションは、共有または外部変更命令になるように単に変更命令を修正し得る。次いで、CADアプリケーションは、変更命令を中央サーバまたは媒介物、あるいは他のコンピュータデバイスおよび/またはCADアプリケーションに伝送し得る。一実施形態では、CADアプリケーションは、モデルの開始状態の一時的コピーを破棄し得る。

0125

いくつかの実施形態では、変更命令は、整合性フラグ414を備え得る。整合性フラグ414は、チャプタまたはオブジェクトの共有IDが整合状態または非整合状態にあるかどうかを示すことを表す、フラグ、文字列、ビットマスク、値、所定のビット、または他のデータを備え得る。例えば、一実施形態では、アプリケーションは、新しい同等線が作成されたことを示すように変更命令を作成し得、変更命令は、オブジェクトまたはモデルが非整合状態にあることを示すフラグを含み得る。いったん全ての他の情報項目が整合状態に更新されると、いくつかの実施形態では、フラグは、オブジェクトまたはモデルが整合状態にあることを示すように設定され得る。なおも他の実施形態では、図2Fを簡潔に再び参照すると、アプリケーションは、幾何学形状項目k等の同等線上にない非整合状態を示すように設定された整合性フラグを伴って変更命令を作成し得る。他のアプリケーションは、この変更命令に応答して、他の情報項目を更新または再生する必要がない。アプリケーションが、幾何学形状項目m等の整合状態を示すように設定された整合性フラグを伴って別の変更命令を作成する時に、次いで、他のアプリケーションは、新しい同等線に達するように、グラフィックス項目n等の他の情報項目を再生し得る。

0126

ここで図5Aを参照すると、オブジェクトライフサイクルの中の複数の所定の状態のうちの1つで、コンピュータ支援設計データモデルの複数の情報項目の同期化を管理する方法の実施形態のフローチャートが示されている。概観すると、ステップ500で、ユーザが、第1の情報項目を第1の状態から第2の状態に更新し得る。ステップ502で、ユーザが、第1の情報項目を第2の状態から第3の状態に更新し得る。ステップ504で、第2のユーザが、第2の情報項目を、第1の状態に対応する、または同等である第4の状態から、第3の状態に対応する、または同等である第5の状態に更新し得る。

0127

依然として図5Aを詳細に参照すると、一実施形態では、ステップ500で、第1のコンピュータデバイスのプロセッサによって実行される第1のアプリケーションの第1のユーザが、共有CADデータモデルの第1の情報項目を第1の状態から第2の状態に更新し得る。一実施形態では、第1の状態は、オブジェクトライフサイクルにおける第1の状態に対応し得る。例えば、1つのそのような実施形態では、第1の状態は、設計、プロトタイピング、試験、または製造という初期段階、あるいは製品開発の任意の他の段階に対応し得、あるいはこれらの段階のうちの1つの一部、または製品開発の任意の他の段階に対応し得る。いくつかの実施形態では、情報項目を更新することは、共有CADデータモデルの幾何学形状データまたはグラフィックスデータを修正すること等の情報項目の側面を修正することを含み得る。他の実施形態では、情報項目を更新することは、モデルの新しい部分を作成することを含み得る。一実施形態では、第1の情報項目を更新することは、上記で論議されるように、変更命令またはIDの作成を開始する。該変更命令は、CADアプリケーションまたは他のアプリケーションが、情報項目を更新された第1の情報項目に対する同等または対応状態に更新することを可能にする命令を含み得る。いくつかの実施形態では、変更命令が、第2のCADアプリケーションを伴う第2のユーザによって使用される第2のコンピュータデバイス等の別のコンピュータデバイスに伝送され得る一方で、他の実施形態では、変更命令は、概して媒介物と呼ばれる、サーバ、媒介物、または中央レポジトリに伝送され得る。該媒介物は、第1のユーザのアクションが変更命令を作成したことを1つ以上の他のコンピュータデバイスの1人以上の他のユーザに伝えるための通知サービスを含み得る。さらなる実施形態では、該通知の受信時に、第2のユーザまたは第2のコンピュータデバイスは、媒介物から変更命令を要求し得る。一実施形態では、変更命令は、上記で論議されるように、情報項目が現在非整合状態にある、または同等線に対応しない状態にあることを示すように、所定の値に設定されたフラグを備え得る。さらなる実施形態では、情報項目が非整合状態にあることを示すように設定されたフラグを伴う変更命令の受信は、他のコンピュータデバイスまたはユーザに他の情報項目を更新させなくてもよい。

0128

ステップ502で、いくつかの実施形態では、第1のユーザが、第1の情報項目を第2の状態から第3の状態に更新し得る。一実施形態では、第3の状態は、設計、プロトタイピング、試験、または製造という初期段階、あるいは製品開発の任意の他の段階等のオブジェクトライフサイクルにおける第2の状態に対応し得、あるいはこれらの段階のうちの1つの一部、または製品開発の任意の他の段階に対応し得る。いくつかの実施形態では、第1の情報項目を第3の状態に更新することは、上記で論議されるように、第2の変更命令またはIDの作成を開始する。上記で論議されるように、いくつかの実施形態では、第2の変更命令は、コンピュータデバイスに、または変更命令について他のコンピュータデバイスに通知し、第2の変更命令を該他のコンピュータデバイスに提供し得る媒介物に伝送され得る。一実施形態では、第2の変更命令は、上記で論議されるように、情報項目が現在整合状態にある、または新しい同等線に対応する状態にあることを示すように、第2の所定の値に設定されたフラグを備え得る。さらなる実施形態では、情報項目が整合状態にあることを示すように設定されたフラグを伴う第2の変更命令の受信は、他のコンピュータデバイスまたはユーザに他の情報項目を更新させ得る。

0129

ステップ504で、いくつかの実施形態では、第2のコンピュータデバイスの第2のCADアプリケーションの第2のユーザが、共有CADデータモデルの第2の情報項目を、第1の状態に対応する第4の状態から、第3の状態に対応する第5の状態に更新し得る。一実施形態では、このようにして第2の情報項目を更新することは、第2の情報項目が、第2の状態に対応する状態を迂回することを可能にし得る。いくつかの実施形態では、第2のユーザは、上記で論議されるように、第1の情報項目が整合状態にあることを示すにように設定されたフラグを伴う変更命令の受信に応答して、および変更命令の中の命令に応答して、第2の情報項目を更新し得る。

0130

ここで図5Bを参照すると、ユーザによってコンピュータ支援設計オブジェクトまたはモデルの複数の設計ステップを管理する方法の実施形態のフローチャートが示されている。一実施形態では、この方法は、ユーザが、特徴の従属再生を含むCADモデルに対する変更を追跡し、CADアプリケーションによって再生される従属特徴の数にかかわらず複数のユーザコマンドを通して取り消すことを可能にし得る。これはまた、ユーザが「仮定の」シナリオ試行することを可能にし得、モデルに異なる修正を試し、各修正前にモデルのコピーを保存する必要なく、該修正における任意のステップに戻ることができる。上述のように、ユーザからの単一のコマンドに応じて、CADアプリケーションが数十もの従属特徴を再生または再計算し得るため、変更を取り消す通常の方法が機能しない場合がある。単一の取り消しは、最後の再計算を取り消すことのみ可能であり得る。複数の取り消しを記憶するシステムでさえも、CADアプリケーションによる再計算された修正よりもむしろ、ユーザが行った修正に達するように何度も取り消さなければならないことがユーザには不明確であり得る。

0131

概観すると、ステップ510で、ユーザが、CADアプリケーションを使用して、CADオブジェクトを修正し得る。これが、以前の終了以降のCADオブジェクトに対する第1の修正である場合、ステップ512で、CADアプリケーションが、CADオブジェクトまたはモデルの開始状態を記憶し得る。ステップ514で、CADアプリケーションが、修正を表す変更命令を作成し、記憶し得る。ステップ510−514は、反復して繰り返され得る。一実施形態では、ステップ516で、ユーザが、CADモデルの中間状態に戻るようにCADアプリケーションに要求し得る。そのような要求に応答して、ステップ518で、CADアプリケーションが、記憶された開始状態をロードし、CADモデルを要求された中間状態にするように1つ以上の変更命令を実行し得る。次いで、ステップ510−518は、CADモデルに対する修正の異なる分岐を探索するように繰り返され得る。いくつかの実施形態では、ステップ520で、ユーザが、CADオブジェクトの現在の状態を保ち、修正を仕上げるようにCADアプリケーションに要求を発行することを決定し得る。要求に応答して、CADアプリケーションが、ステップ522で、変更命令を他のシステムに通信し得、ステップ524で、CADアプリケーションが、CADモデルの記憶された開始状態を破棄し得る。

0132

依然として図5Bをさらに詳細に参照すると、ステップ510で、第1のコンピュータデバイス上で実行するCADアプリケーションのユーザは、CADモデルの複数の相関CADオブジェクトのうちの第1のCADオブジェクトを修正し得る。一実施形態では、CADモデルのCADオブジェクトは、1つのオブジェクトに対する修正が、CADアプリケーションにCADモデルの中の1つ以上の他のCADオブジェクトを再計算または再生させる場合に相関している。1つのそのような実施形態では、ユーザが第1のCADオブジェクトを修正することに応答して、CADアプリケーションは、複数の相関オブジェクトの第2のCADオブジェクトのデータを再生し得、第2のCADオブジェクトは、第1のCADオブジェクトに従属している。いくつかの実施形態では、ユーザは、幾何学形状データ、注釈データ、アセンブリデータ概念データ材料データ、分析データ、外観データ、あるいはCADオブジェクトまたはモデルの任意の他の種類および形態のデータを含む、CADオブジェクトの1つ以上の情報項目を修正し得る。

0133

ステップ510での修正が、CADオブジェクトに対する第1の修正、または修正の以前の終了以降の第1の修正である場合には、ステップ512で、CADアプリケーションがモデルの開始状態または第1の状態を記憶し得る。モデルの開始状態は、ユーザによる修正前のCADモデルの複数の相関CADオブジェクトのデータを備え得る。開始状態または第1の状態と呼ばれるが、当業者であれば、開始状態または第1の状態が、単純に、モデルへの1つ以上の修正を実行する前の状態を指し得ることを理解し得る。

0134

ステップ514で、CADアプリケーションが、ユーザによる第1のCADオブジェクトに対する修正を表す変更命令を記憶し得る。一実施形態では、変更命令は、第1のCADオブジェクトに従属し、CADアプリケーションによって再生または再計算される他のオブジェクトの数にかかわらず、ユーザによる第1のCADオブジェクトに対する修正のみを表し得る。これは、追加の情報が必要とされないことがあるので、行われ得、CADアプリケーションは、変更命令を実行する場合、他の従属オブジェクトのデータを自動的に再生または再計算し得る。したがって、第1のオブジェクトを変更する命令は、モデルをユーザの修正後の再生状態に修正するために必要な全ての状態を含む。一実施形態では、変更命令は、変更命令が内部変更命令であることを示すように設定されたフラグ、文字列、またはビットマスクを含み得る。さらなる実施形態では、変更命令が内部変更命令として識別されることに応答して、CADアプリケーションは、変更命令を中間または別のコンピュータデバイスまたはCADアプリケーションに通信しないことがある。これは、修正のための他のCADアプリケーションによる不必要な再計算および再生、ならびにユーザが破棄することを決定する「仮定の」分岐を防止し得る。

0135

ステップ510−514は、1回以上繰り返され得、追加の変更命令を生成し、同じCADオブジェクトまたは異なるCADオブジェクトを修正する。いくつかの実施形態では、各変更命令は、CADモデルまたはオブジェクトの以前の状態からの差異または差分を表す。例えば、第1の変更命令は、ユーザによって行われる面の押出しを表し得る。次いで、第2の変更命令は、押出し面の面取りを表し得る。第3の変更命令は、押出し面の面取り表面への切り欠きまたは切り込みを表し得る。したがって、各命令は、以前の変更命令の結果に基づき得る。当業者であれば、CADモデルを開始状態から現在の状態にするようにユーザによって行われるステップ後に、順序通りの各変更命令の実行がどのようにして生じ得るかを容易に理解し得る。ステップ516で、いくつかの実施形態では、ユーザが、CADモデルの中間状態に戻るように要求し得る。これは、例えば、ユーザがCADオブジェクトに対する1つ以上の最近の修正を保存しないことを決定するため、行われ得る。一実施形態では、ユーザは、ユーザインターフェースを通して、中間状態に戻ることを選択し得る。さらなる実施形態では、ユーザインターフェースは、種々の変更命令の連鎖、ツリー、または分岐連鎖、または他の描写を表し得、ユーザが戻るCADモデルの任意の中間状態を選択することを可能にする。

0136

ステップ518で、中間状態に戻るユーザからの要求に応答して、CADアプリケーションは、記憶された開始状態をロードし、連鎖またはツリーの中の開始状態から要求された中間状態に至る、1つ以上の変更命令を実行し得る。各変更命令を実行することは、CADアプリケーションによって、ユーザによってCADオブジェクトに対して行われる修正を行い、モデルの複数の相関CADオブジェクトの従属CADオブジェクトを再生または再計算することを含み得る。

0137

ステップ510−518は、多くの実施形態では、反復して繰り返され得る。ステップ514またはステップ518のいずれか一方の後に、いくつかの実施形態では、ユーザは、ステップ520で、CADモデルに対する修正を仕上げるように要求し得る。本明細書で使用されるように、仕上げと呼ばれるが、この用語は、開始状態を記憶して以降、モデルに行われる修正を仕上げることを意味し得る。当業者であれば、ユーザがモデルに戻って将来にさらなる修正を行ってもよく、その時点で新しい「開始状態」が記憶され得ることを理解し得る。

0138

要求に応答して、ステップ522で、CADアプリケーションが、連鎖またはツリーの中の開始状態からCADモデルの現在の状態に至る、1つ以上の変更命令を、1つ以上の他のCADアプリケーション、コンピュータデバイス、またはサーバ、媒介物、または変更命令の中央レポジトリに伝送し得る。一実施形態では、1つ以上の変更命令を通信することは、変更命令を共有または外部として識別するように、変更命令を内部変更命令として識別する、各変更命令のフラグ、ビットマスク、または文字列を修正することを含み得る。上記で論議されるように、いくつかの実施形態では、1つ以上の通信された変更命令を受信することに応答して、1つ以上の他のCADアプリケーションまたはコンピュータデバイスは、変更命令を実行し、共有CADモデルの情報項目を整合状態に修正するようにデータを再生または再計算し得る。例えば、共有CADモデルの幾何学形状に複数の修正を行った後、第1のユーザが修正を仕上げ得る。変更命令は、変更命令を実行し、質量中心の場所等のモデルの工学データを再計算し得る、工学的分析アプリケーション等の別のアプリケーションに通信され得る。上記で論議されるように、いくつかの実施形態では、変更命令を通信することは、新しい変更命令が存在するという通知を他のシステムに送信し、他のシステムによる要求に応じて変更命令を提供または伝送することを含み得る。そのような通知および伝送は、上記で論議されるように、中間または中央レポジトリによって行われ得る。

0139

ステップ524で、いくつかの実施形態では、CADアプリケーションが、モデルの記憶された開始状態を破棄し得る。別の実施形態では、CADアプリケーションは、最終中間状態を過ぎた代替的分岐または設計状態の変更命令等の1つ以上の変更命令を破棄し得る。

0140

変更命令はまた、連携を可能にするために、同時にモデルに対して作業する複数のユーザの間で使用され得る。さらに、いくつかの実施形態では、それらは、モデルの設計中に必要とされる再生の量を削減するために使用され得る。例えば、1つのそのような実施形態では、第1のユーザは、トラック用のエンジンモデル等の設計の第1の部分に対して作業し得る。第2のユーザは、客室レイアウト等の設計の第2の部分に対して作業し得る。一定の同期化を必要とするシステムでは、ユーザが現在の更新に関連しない場合があるという事実にもかかわらず、2人のユーザのCADアプリケーションの間に多くの更新が送信される。そのような実施形態では、上記で説明される軽量通知サービス、およびCADモデルの開始整合状態からの変更命令をいつでも要求して実行する能力により、ユーザは、モデルを新しい整合状態に更新する準備ができるまで、変更命令を無視し得る。

0141

ここで図5Cを参照すると、対応する複数のコンピュータデバイス上で、複数のユーザによってコンピュータ支援設計オブジェクトまたはモデルの同時設計を管理する方法の実施形態のフローチャートが示されている。概観すると、ステップ530で、第1のコンピュータデバイスのプロセッサによって実行される第1のCADアプリケーションの第1のユーザが、共有CADオブジェクトの第1の部分を修正し得る。ステップ532で、そのコンピュータデバイスがアプリケーションサーバである実施形態における同じコンピュータデバイスによって実行されるか、または第2のコンピュータデバイスのプロセッサによって実行される、第2のCADアプリケーションの第2のユーザが、共有CADオブジェクトの第2の部分を修正し得る。ステップ534で、第2のユーザが、共有CADオブジェクトの第1の部分に対する第1のユーザの修正を表す、変更命令または変更命令の通知を受信し得る。一実施形態では、ステップ536で、第2のユーザが、変更命令を実行することなく、あるいは第2のユーザが作業している共有CADオブジェクトのローカルコピーまたは一部分を修正することなく、変更命令または通知を記憶し得る。別の実施形態では、ステップ538で、第2のユーザが、第2のユーザが作業している共有CADオブジェクトのローカルコピーまたは一部分を修正するように、変更命令を実行し得る。

0142

依然として図5Cをさらに詳細に参照すると、ステップ530で、第1のユーザが、共有CADオブジェクトの第1の部分を修正し得る。いくつかの実施形態では、第1の部分は、上記で論議される客室の幾何学形状データ等のCADオブジェクトの第1のセクションまたは第1のエンティティあるいは複数のエンティティを指し得る。他の実施形態では、第1の部分は、幾何学形状データまたはアセンブリデータ等のCADオブジェクトのチャプタまたは情報項目を指し得る。いくつかの実施形態では、共有CADオブジェクトは、上記で論議されるように、複数の相関モデルを備え得る。別の実施形態では、共有CADオブジェクトの第1の部分を修正することは、共有CADオブジェクトの第1のセットの1つ以上のモデルを修正することを含み得る。別の実施形態では、共有CADオブジェクトは、複数のチャプタまたは情報項目を備え得る。さらなる実施形態では、共有CADオブジェクトの第1の部分を修正することは、複数のチャプタまたは情報項目のうちの第1のチャプタまたは情報項目を修正することを含み得る。

0143

ステップ532で、第2のユーザが、共有CADオブジェクトの第2の部分を修正し得る。ステップ530と同様に、いくつかの実施形態では、第2の部分は、第1のユーザが修正したのと同じCADオブジェクトの情報項目の異なるセクションを指し得る一方で、他の実施形態では、第2の部分は、CADオブジェクトの第2のチャプタまたは情報項目を指し得る。別の実施形態では、共有CADオブジェクトの第2の部分を修正することは、共有CADオブジェクトの第2のセットの1つ以上のモデルを修正することを含み得る。別の実施形態では、共有CADオブジェクトの第2の部分を修正することは、共有CADオブジェクトの複数のチャプタまたは情報項のうちの第2のチャプタまたは情報項目を修正することを含み得る。

0144

ステップ534で、第2のユーザが、第1のユーザの修正を表す、変更命令または変更命令の通知を受信し得る。上記で論議されるように、通知サービスを使用する実施形態では、第2のユーザは、変更命令の通知を受信し得、変更命令が第2のユーザによって使用される第2のCADアプリケーションに伝送されることを要求し得る。媒介物またはサーバが通知を提供し、変更命令を記憶する、いくつかの実施形態では、第1のコンピュータデバイスおよび第2のコンピュータデバイスは、第1のコンピュータデバイスから第2のコンピュータデバイスへ変更命令を通信するために同時にオンラインになる必要がある。むしろ、第1のコンピュータデバイスは、変更命令をサーバに送信し得、サーバは、変更命令を通知し、要求に応じて、変更命令を第2のコンピュータデバイスに提供し得る。

0145

一実施形態では、ステップ536では、第2のユーザが、第2のユーザに表示される、共有CADオブジェクト、共有CADオブジェクトの第2の情報項目またはチャプタ、あるいは共有CADオブジェクトのローカルコピーを修正することなく、変更命令を記憶し得る。これは、いくつかの実施形態では、CADオブジェクトの第1の部分に対する修正がCADオブジェクトの第2の部分に影響を及ぼさないという第2のCADアプリケーションによる決定に応答して、行われ得る。例えば、1つのそのような実施形態では、CADオブジェクトの第2の部分は、CADオブジェクトの第1の部分への従属性がないことがある。別の実施形態では、第2のユーザは、後に実行するために変更命令を記憶し得る。これは、例えば、第2のユーザが設計修正を行っている場合、または図5Bに関して上記で論議されるような「仮定の」分岐を試行している場合に行われ得る。

0146

別の実施形態では、ステップ538で、第2のユーザが、第2のユーザに表示される、共有CADオブジェクト、共有CADオブジェクトの第2のチャプタまたは情報項目、あるいは共有CADオブジェクトのローカルコピーを修正するように、変更命令を実行し得る。さらなる実施形態では、第2のユーザは、変更命令において表される共有CADオブジェクトの第1の部分に対する修正を、共有CADオブジェクトの第2の部分に対する修正と組み合わせ得る。別のさらなる実施形態では、第2のユーザは、変更命令における第1の1つ以上の命令を無効にし、または拒絶して、変更命令の中の残りの無効にされていない命令を実行し得る。これは、第2のユーザによる、第1のユーザの作業の精査プロセス可能にするように行われ得る。

0147

異なる修正を試行し、「仮定の」設計を探索するために、単一のアプリケーションの中で内部的に変更命令を使用するとともに、変更命令はまた、設計の異なる修正を試行し、探索するために、複数のアプリケーションにわたる単一のユーザによって、または同時に作業する複数のユーザによって使用され得る。例えば、ユーザは、CADモデリングプログラムにおいてモデルに対して作業し、工学的分析プログラムに切り替えて測定を行い、次いで、これらの測定の結果に基づいて、CADアセンブリプログラムにおいて修正を行い得る。典型的には、これらのシステムのユーザは、各ステップでモデルを保存し、モデルをそれぞれの新しいアプリケーションのための異なる形式にエクスポートまたはインポートする必要がある。ユーザが決して考えを変えない、またはより前の状態に戻る必要がない場合、これは、その非効率にもかかわらず機能することができる。したがって、本開示の一側面は、複数の実行アプリケーションにおける共通データモデルオブジェクトの同時使用を管理する方法およびシステムを含む。ユーザが情報項目に対する修正および編集を行うにつれて、変更命令を他のコンピュータデバイスに伝える方法と同様に、変更命令は、同じコンピュータデバイス上の非アクティブアプリケーションに伝えられる。一実施形態では、非アクティブアプリケーションは、バックグラウンドで変更命令を自動的に実行する。別の実施形態では、非アクティブアプリケーションは、アクティブになると、1つ以上の以前にアクティブなアプリケーションによって生成された1つ以上の変更命令を実行する。例えば、ユーザは、第1のアプリケーションにおいて修正を行い、変更命令は、バッファまたは記憶装置の中に配置され得る。ユーザは、第2のアプリケーションがアクティブなアプリケーションであるように、第2のアプリケーションに切り替え得る。次いで、第2のアクティブなアプリケーションは、それがアクティブであった最後の時以降、バッファの中に配置された変更命令を実行し得る。ユーザは、モデルにさらなる修正を行って、追加の変更命令を生成するために、第2のアクティブなアプリケーションを使用し得る。次いで、ユーザは、第3のアプリケーションがアクティブなアプリケーションであるように、第3のアプリケーションに切り替え得る。次いで、第3のアクティブなアプリケーションは、第1のアプリケーションからの変更命令および第2のアプリケーションからの変更命令の両方、ならびに第3のアプリケーションがアクティブなアプリケーションであった最後の時以降、モデルに対して生成された任意の他の変更命令を実行し得る。これは、アプリケーションが任意の時点で非整合または旧式モデルを使用していたことをユーザが認識しないように、アプリケーションの起動時に行われ得る。

0148

ここで図6Aを参照すると、共通データモデルを使用して、複数のアプリケーションによって使用されるモデルの整合性を管理する方法の実施形態のフローチャートが図示されている。概観すると、ステップ600で、ユーザが、第1のCADアプリケーションを立ち上げ、モデルを開き得る。ステップ602で、第1のCADアプリケーションが、図5Bに関連して上記で論議されるように、モデルの開始状態を記憶し得る。ステップ604で、ユーザが、モデルを修正し、第1のCADアプリケーションに第1の1つ以上の変更命令を作成させ得る。ステップ606で、ユーザが、第2のCADアプリケーションを立ち上げ、モデルを開き得る。ステップ608で、第2のCADアプリケーションが、モデルの記憶された開始状態および第1の1つ以上の変更命令をロードし、第1の1つ以上の変更命令を実行し得る。ステップ610で、ユーザが、モデルを修正し、第2のCADアプリケーションに第2の1つ以上の変更命令を作成させ得る。ステップ612で、ユーザが、第3のCADアプリケーションを立ち上げ、モデルを開き得る。ステップ614で、第3のCADアプリケーションが、モデルの記憶された開始状態、第1の1つ以上の変更命令、第2の1つ以上の変更命令をロードし、第1の1つ以上の変更命令および第2の1つ以上の変更命令を実行し得る。

0149

依然として図6Aをさらに詳細に参照すると、ステップ600で、ユーザが、第1のCADアプリケーションを立ち上げ、モデルを開き得る。いくつかの実施形態では、第1のCADアプリケーションを立ち上げることは、デスクトップ、スタートメニュー、または他のユーザインターフェースからCADアプリケーションを立ち上げることを含み得る一方で、他の実施形態では、第1のCADアプリケーションを立ち上げることは、第1のCADアプリケーションに対するファイル種類連合(FTA)を有するCADモデルを開くことを含み得る。なおも他の実施形態では、第1のCADアプリケーションを立ち上げることは、図8A−8Cに関連して以下でさらに詳細に論議される、アプリケーションランチャを立ち上げることを含み得る。1つのそのような実施形態では、CADモデルは、オペレーティングシステムにアプリケーションランチャを立ち上げさせる、ファイル種類連合を含み得る。

0150

ステップ602で、いくつかの実施形態では、第1のCADアプリケーションが、モデルの開始状態を記憶し得る。第1のCADアプリケーションを立ち上げる前にアプリケーションランチャが立ち上げられている、一実施形態では、アプリケーションランチャは、モデルの開始状態を記憶し得る。一実施形態では、モデルの記憶された開始状態は、タイムスタンプまたは他の識別子、あるいはモデルの同等線または整合状態の指示を含み得る。

0151

ステップ604で、いくつかの実施形態では、ユーザがモデルを修正し得る。一実施形態では、ユーザは、モデルの1つ以上のチャプタまたは情報項目を修正し得る。いくつかの実施形態では、モデル、チャプタ、または情報項目を修正することは、第1のCADアプリケーションに、修正または動作を表す第1の1つ以上の変更命令を作成させ得る。一実施形態では、第1のCADアプリケーションは、1つ以上の変更命令を、モデルに関連付けられる一次フォルダの中に、中央記憶レポジトリの中に、モデルの一部として、モデルの記憶された開始状態の一部として、またはモデルを開く第2のCADアプリケーションが、モデル、記憶された開始状態、および1つ以上の変更命令の両方の場所を特定することが可能であり得るように、任意の他の形式あるいは場所で記憶し得る。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ