図面 (/)

技術 ゲル状パック化粧料

出願人 ポーラ化成工業株式会社
発明者 中谷明弘
出願日 2013年6月6日 (7年5ヶ月経過) 出願番号 2013-119952
公開日 2014年12月18日 (5年11ヶ月経過) 公開番号 2014-237601
状態 特許登録済
技術分野 化粧料
主要キーワード 珪酸塩類 珪酸アルミニウムマグネシウム シェル型共重合体 高融点ワックス 架橋型ポリ アクリル酸アルキル共重合体エマルション ゲル状組成物 界面活性作用
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2014年12月18日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (0)

図面はありません

課題

ゲルパック化粧料を提供することを課題とする。

解決手段

ベントナイトカオリンタルク珪酸アルミニウムマグネシウム等の珪酸塩と、酸化チタン及び/又は酸化亜鉛とを含有するゲル状パック化粧料において、アクリル樹脂ポリマーを、さらに部分的に変性されていてもよい架橋型メチルポリシロキサンを含有するゲル状パック化粧料を提供する。本発明によれば、洗い流し後の肌のあかぬけ感及び肌の引き上げ感に優れている、ゲル状パック化粧料を提供することができる。

概要

背景

パック化粧料は、皮膚の毛穴を塞ぐ塵埃メークアップ化粧料等の外因性汚れ皮脂角層老廃物等の内因性の汚れを効果的に除去し、それに含有する有効成分をパック基材等で閉塞し、その吸収を高める等の効果を有する化粧料の形態であり、閉塞する手段として、高分子被膜形成剤を利用したもの、高融点ワックスエマルションを利用したもの、珪酸塩類と水の作るゲル状組成物を利用したもの、高分子を含有する泡を利用したもの等が知られている。特に珪酸塩類は、粉体特性界面活性作用を生かして毛穴の角栓等の汚れを効果的に吸着して除去する作用を有し、さらに金属酸化物を含有させて、肌のあかぬけ感を高める効果を有するゲル状のパック化粧料が知られている(例えば、特許文献1、特許文献2、特許文献3、特許文献4、特許文献5、特許文献6を参照)。

一方、これらゲル状パック化粧料においては、カルボマー等の高分子化合物も含有されているものの、洗い流した後の肌の引き上げ感向上については検討されておらず、十分な効果も得られていないという課題が存した。

特開昭60−115507号公報
特開2006−28034号公報
特開2006−69991号公報
特開2012−136490号公報
特開平10−203924号公報
特開2006−206448号公報

概要

ゲル状パック化粧料を提供することを課題とする。ベントナイトカオリンタルク珪酸アルミニウムマグネシウム等の珪酸塩と、酸化チタン及び/又は酸化亜鉛とを含有するゲル状パック化粧料において、アクリル樹脂ポリマーを、さらに部分的に変性されていてもよい架橋型メチルポリシロキサンを含有するゲル状パック化粧料を提供する。本発明によれば、洗い流し後の肌のあかぬけ感及び肌の引き上げ感に優れている、ゲル状パック化粧料を提供することができる。なし

目的

本発明は、この様な状況下為されたものであり、珪酸塩と、酸化チタン及び/又は酸化亜鉛とを含有するゲル状パック化粧料において、アクリル樹脂ポリマーを含有するゲル状パック化粧料を提供することを課題とする。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

珪酸塩と、酸化チタン及び/又は酸化亜鉛とを含有するゲルパック化粧料において、アクリル樹脂ポリマーを含有することを特徴とする、ゲル状パック化粧料。

請求項2

前記アクリル樹脂ポリマーが、アクリル酸アルキル共重合体エマルション及び/又はアクリル酸アルキルメタクリル酸アルキルメチルスチレン共重合体エマルションであることを特徴とする、請求項1に記載のゲル状パック化粧料。

請求項3

前記アクリル樹脂ポリマーを、化粧料全量に対して、0.1質量%〜10質量%含有することを特徴とする、請求項1又は2に記載のゲル状パック化粧料。

請求項4

さらに、部分架橋メチルポリシロキサンを含有することを特徴とする、請求項1〜3の何れか一項に記載のゲル状パック化粧料。

請求項5

前記部分架橋型メチルポリシロキサンを、化粧料全量に対して、0.1質量%〜10質量%含有することを特徴とする、請求項1〜4の何れか一項に記載のゲル状パック化粧料。

技術分野

0001

本発明は、ゲルパック化粧料に関し、さらに詳細には洗い流し後の肌のあかぬけ感及び肌の引き上げ感に優れたゲル状パック化粧料に関する。

背景技術

0002

パック化粧料は、皮膚の毛穴を塞ぐ塵埃メークアップ化粧料等の外因性汚れ皮脂角層老廃物等の内因性の汚れを効果的に除去し、それに含有する有効成分をパック基材等で閉塞し、その吸収を高める等の効果を有する化粧料の形態であり、閉塞する手段として、高分子被膜形成剤を利用したもの、高融点ワックスエマルションを利用したもの、珪酸塩類と水の作るゲル状組成物を利用したもの、高分子を含有する泡を利用したもの等が知られている。特に珪酸塩類は、粉体特性界面活性作用を生かして毛穴の角栓等の汚れを効果的に吸着して除去する作用を有し、さらに金属酸化物を含有させて、肌のあかぬけ感を高める効果を有するゲル状のパック化粧料が知られている(例えば、特許文献1、特許文献2、特許文献3、特許文献4、特許文献5、特許文献6を参照)。

0003

一方、これらゲル状パック化粧料においては、カルボマー等の高分子化合物も含有されているものの、洗い流した後の肌の引き上げ感向上については検討されておらず、十分な効果も得られていないという課題が存した。

0004

特開昭60−115507号公報
特開2006−28034号公報
特開2006−69991号公報
特開2012−136490号公報
特開平10−203924号公報
特開2006−206448号公報

発明が解決しようとする課題

0005

本発明は、この様な状況下為されたものであり、珪酸塩と、酸化チタン及び/又は酸化亜鉛とを含有するゲル状パック化粧料において、アクリル樹脂ポリマーを含有するゲル状パック化粧料を提供することを課題とする。

課題を解決するための手段

0006

このような状況に鑑みて、本発明者らは、ゲル状パック化粧料を求めて、鋭意努力を重ねた結果、珪酸塩と、酸化チタン及び/又は酸化亜鉛とを含有するゲル状パック化粧料において、アクリル樹脂ポリマーを含有するゲル状パック化粧料が、洗い流した後の肌のあかぬけ感及び肌の引き上げ感に優れた効果を有することを見出し、発明を完成させるに至った。即ち、本発明は以下に示すとおりである。
<1>珪酸塩と、酸化チタン及び/又は酸化亜鉛とを含有するゲル状パック化粧料において、アクリル樹脂ポリマーを含有することを特徴とする、ゲル状パック化粧料。
<2>前記アクリル樹脂ポリマーが、アクリル酸アルキル共重合体エマルション及び/又はアクリル酸アルキルメタクリル酸アルキルメチルスチレン共重合体エマルションであることを特徴とする、<1>に記載のゲル状パック化粧料。
<3>前記アクリル樹脂ポリマーを、化粧料全量に対して、0.1質量%〜10質量%含有することを特徴とする、<1>又は<2>に記載のゲル状パック化粧料。
<4>さらに、部分的に変性されていてもよい架橋型メチルポリシロキサンを含有することを特徴とする、<1>〜<3>の何れかに記載のゲル状パック化粧料。
<5>前記架橋型メチルポリシロキサンを、化粧料全量に対して、0.1質量%〜10質量%含有することを特徴とする、<1>〜<4>の何れかに記載のゲル状パック化粧料。

発明の効果

0007

本発明によれば、珪酸塩と、酸化チタン及び/又は酸化亜鉛とを含有するゲル状パック化粧料において、アクリル樹脂ポリマーを含有することを特徴とする、肌のあかぬけ感及び肌の引き上げ感に優れたゲル状パック化粧料を提供することができる。なお、ここでいう肌の引き上げ感とは、パックすることによって顔のタルミが上に引き上げられた、即ち顔のタルミが改善されたと実感できる効果のことを意味する。

発明を実施するための最良の形態

0008

<本発明の珪酸塩>
本発明のゲル状パック化粧料は、必須成分として珪酸塩を含有することを特徴とする。本発明のゲル状パック化粧料における好ましい含有量は、化粧料全量に対して、10質量%〜50質量%、より好ましくは、20質量%〜40質量%である。この量より少なくなると毛穴の角栓等の汚れを吸着して除去する作用が十分に発揮できなくなる場合があり、この量を超えて配合すると、製剤的に固くなりすぎるため、皮膚への密着性が低下して、やはり毛穴の角栓等の汚れを吸着して除去する作用が十分に発揮できなくなる場合があるからである。ここで、本発明で言う珪酸塩とは、水不溶性の珪酸塩であり、化粧品等の分野で使用されうるものを意味し、例えば、ベントナイトカオリンタルク雲母珪酸マグネシウム珪酸カルシウム無水珪酸珪酸アルミニウム珪酸アルミニウムマグネシウム等が例示でき、これらの中では、ベントナイト、カオリン、タルク、珪酸アルミニウムマグネシウムから選ばれる1種又は2種以上であることが好ましく、2種以上の場合にはベントナイトを含有していることがさらに好ましい。

0009

<本発明の酸化チタン及び/又は酸化亜鉛>
本発明のゲル状パック化粧料は、必須成分として酸化チタン及び/又は酸化亜鉛を含有することを特徴とする。これらの酸化チタン及び/又は酸化亜鉛は、その表面が、シリカアルミナ等の無機化合物或いは、脂肪酸金属石鹸シリコーン等の有機化合物により被覆されていてもよい。本発明のゲル状パック化粧料における好ましい含有量は、化粧料全量に対して、0.5質量%〜10質量%、より好ましくは、1質量%〜5質量%である。この範囲において、最も高い肌のあかぬけ感の実感効果を奏する。

0010

<本発明のアクリル樹脂ポリマー>
本発明のゲル状パック化粧料は、必須成分としてアクリル樹脂ポリマーを含有することを特徴とする。アクリル樹脂ポリマーとしては、通常化粧料で使用されるものであれば、特段の限定無く使用することができ、例えば、アクリル酸、アクリル酸アルキル、アクリル酸アルキルアミドメタクリル酸、メタクリル酸アルキル及びメタクリル酸アルキルアミドから選択される1種又は2種以上の重合物又は共重合物が好ましく例示できる。共重合体としては、通常のランダム共重合体であっても、グラフト共重合体であっても、ブロック共重合体であっても、コアシェル型共重合体であってもかまわない。特に好ましいものは、アクリル酸アルキル共重合体エマルション及び/又はアクリル酸アルキル・メタクリル酸アルキル・メチルスチレン共重合体エマルションである。これらは前記のモノマーを常法に従って重合又は共重合させて製造し、それを用いることもできるし、このようなポリマー類で既に市販されているものを利用することもできる。好ましい市販品としては、大成ファインケミカル株式会社製の「ポリジョイントJN」(アクリル酸アルキル共重合体エマルション)等が挙げられる。これらのアクリル樹脂ポリマーは唯一種を含有させることもできるし、二種以上を組み合わせて含有させることもできる。かかるアクリル樹脂ポリマーの好ましい含有量は、総量で、化粧料全量に対して、樹脂分に換算して0.1質量%〜10質量%が好ましく、さらに好ましくは、0.5質量%〜5質量%である。これは、少なすぎると洗い流し後の肌の引き上げ感が得られない場合があり、多すぎると使用感が悪くなる場合があるからである。
ある。

0011

<本発明の架橋型メチルポリシロキサン>
本発明のゲル状パック化粧料は、前記必須成分に加えて、さらに部分的に変性されていてもよい架橋型メチルポリシロキサンを含有することを特徴とする。ここで、架橋型とは、シリコーン鎖とシリコーン鎖とを炭素−炭素結合つなぐような橋かけ構造を意味し、具体的にはジメチルジメトキシシランジメチルジクロロシラン等を重合させてシリコーン鎖を構築する際に、ジメチルメトキシビニルシランクロロジメチルビニルシラン等を共存させて共重合を行い、しかる後にビニル基同志を重合させて架橋構造を構築させて製造されたもの等が好適に例示できる。又、変性基による変性は、ジメチルジメトキシシランやジメチルジクロロシラン等のメトキシ基乃至はメチル基の1つをポリオキシエチレン基フェニル基アミノ基等の変性基で置換したものを重合の際に共存させ、共重合することにより導入できる。この様な部分的に変性されていてもよい架橋型メチルポリシロキサンの具体例としては、例えば、架橋型メチルポリシロキサン((ジメチコンビニルジメチコン)クロスポリマー)、架橋型メチルフェニルポリシロキサン((フェニルメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー)、架橋型ポリエーテル変性メチルポリシロキサン((ポリエーテル変性メチコン/ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー)等が例示できる。これらは何れも化粧料原料であり、既に市販されているものも存する。かかる市販品を購入して利用することもできる。好ましい市販品としては、信越シリコーン株式会社製の「シリコーンKSG−16」(架橋型メチルポリシロキサンの20%ジメチコン溶液)と「シリコーンKSG−21」(架橋型ポリエーテル変性メチルポリシロキサン)とが例示できる。本発明のゲル状パック化粧料において、かかる成分は、酸化チタン及び/又は酸化亜鉛の有する肌のあかぬけ感の実感効果をさらに高める作用を奏する。このような作用を発現するためには、前記部分的に変性されていてもよい架橋型メチルポリシロキサンは唯一種を含有することもできるし、二種以上を組み合わせて含有することもできる。その含有量としては、化粧料全量に対して、0.1質量%〜10質量%が好ましく、0.5質量%〜5質量%が特に好ましい。

0012

本発明のゲル状パック化粧料は、化粧料で通常使用されている任意成分を本発明の効果を損なわない範囲において、含有することができる。

0013

このような任意成分としては、例えば、マカデミアナッツ油アボカド油トウモロコシ油オリーブ油ナタネ油ゴマ油ヒマシ油サフラワー油綿実油ホホバ油ヤシ油パーム油、液状ラノリン硬化ヤシ油、硬化油モクロウ硬化ヒマシ油ミツロウキャンデリラロウカルナウバロウイボタロウ、ラノリン、還元ラノリン硬質ラノリン、ホホバロウ等のオイルワックス類流動パラフィンスクワランプリスタンオゾケライトパラフィンセレシンワセリンマイクロクリスタリンワックス等の炭化水素類オレイン酸イソステアリン酸ラウリン酸ミリスチン酸パルミチン酸ステアリン酸ベヘン酸ウンデシレン酸等の高級脂肪酸類、セチルアルコールステアリルアルコールイソステアリルアルコールベヘニルアルコールオクチルドデカノールミリスチルアルコールセトステアリルアルコール等の高級アルコール等、ジメチルポリシロキサン、メチルフェニルポリシロキサン、ジフェニルポリシロキサン等の鎖状ポリシロキサンオクタメチルシクロテトラシロキサンデカメチルシクロペンタシロキサンドデカメチルシクロヘキサンシロキサン等の環状ポリシロキサン、アミノ変性ポリシロキサンポリエーテル変性ポリシロキサンアルキル変性ポリシロキサン、フッ素変性ポリシロキサン等の変性ポリシロキサン等のシリコーン油等の油剤類、脂肪酸セッケンラウリン酸ナトリウム、パルミチン酸ナトリウム等)、ラウリル硫酸カリウムアルキル硫酸トリエタノールアミンエーテル等のアニオン界面活性剤類、塩化ステアリルトリメチルアンモニウム塩化ベンザルコニウムラウリルアミンオキサイド等のカチオン界面活性剤類、イミダゾリン系両性界面活性剤(2−ココイル−2−イミダゾリニウムヒドロキサイド−1−カルボキシチロキシ2ナトリウム塩等)、ベタイン系界面活性剤アルキルベタインアミドベタインスルホベタイン等)、アシメチルタウリン等の両性界面活性剤類、ソルビタン脂肪酸エステル類ソルビタンモノステアレートセスキオレイン酸ソルビタン等)、グリセリン脂肪酸類モノステアリン酸グリセリン等)、プロピレングリコール脂肪酸エステル類(モノステアリン酸プロピレングリコール等)、硬化ヒマシ油誘導体グリセリンアルキルエーテルPOEソルビタン脂肪酸エステル類(POEソルビタンモノオレエート、モノステアリン酸ポリオエチレンソルビタン等)、POEソルビット脂肪酸エステル類(POE−ソルビットモノラウレート等)、POEグリセリン脂肪酸エステル類(POE−グリセリンモノイソステアレート等)、POE脂肪酸エステル類(ポリエチレングリコールモノオレート、POEジステアレート等)、POEアルキルエーテル類(POE2−オクチルドデシルエーテル等)、POEアルキルフェニルエーテル類(POEノニルフェニルエーテル等)、プルロニック型類、POE・POPアルキルエーテル類(POE・POP2−デシルテトラデシルエーテル等)、テトロニック類、POEヒマシ油・硬化ヒマシ油誘導体(POEヒマシ油、POE硬化ヒマシ油等)、ショ糖脂肪酸エステルアルキルグルコシド等の非イオン界面活性剤類、ポリエチレングリコール、グリセリン、1,3−ブチレングリコールエリスリトールソルビトールキシリトールマルチトール、プロピレングリコール、ジプロピレングリコールジグリセリンイソプレングリコール、1,2−ペンタンジオール、2,4−ヘキサンジオール、1,2−ヘキサンジオール、1,2−オクタンジオール等の多価アルコール類ピロリドンカルボン酸ナトリウム乳酸乳酸ナトリウム等の保湿分類グアガムクインスシード、カラギーナンガラクタンアラビアガムペクチンマンナンデンプンキサンタンガムカードランメチルセルロースヒドロキシエチルセルロースカルボキシメチルセルロースメチルヒドロキシプロピルセルロースコンドロイチン硫酸デルマタン硫酸グリコーゲンヘパラン硫酸ヒアルロン酸ヒアルロン酸ナトリウムトラガントガムケラタン硫酸コンドロイチンムコイチン硫酸ヒドロキシエチルグアガム、カルボキシメチルグアガムデキストランケラト硫酸ローカストビーンガムサクシノグルカンカロニン酸、キチンキトサンカルボキシメチルキチン、寒天ポリビニルアルコールポリビニルピロリドンカルボキシビニルポリマーポリアクリル酸ナトリウム、ポリエチレングリコール等の増粘剤、表面を処理されていてもよい、マイカ、シリカ、炭酸カルシウム炭酸マグネシウム酸化アルミニウム硫酸バリウム等の粉体類、表面を処理されていてもよい、ベンガラ黄酸化鉄黒酸化鉄酸化コバルト群青紺青等の無機顔料類、表面を処理されていてもよい、雲母チタン魚燐箔、オキシ塩化ビスマス等のパール剤類、レーキ化されていてもよい赤色202号、赤色228号、赤色226号、黄色4号、青色404号、黄色5号、赤色505号、赤色230号、赤色223号、橙色201号、赤色213号、黄色204号、黄色203号、青色1号、緑色201号、紫色201号、赤色204号等の有機色素類、ポリエチレン末、ポリメタクリル酸メチルナイロン粉末オルガノポリシロキサンエラストマー等の有機粉体類、パラアミノ安息香酸紫外線吸収剤アントラニル酸系紫外線吸収剤、サリチル酸系紫外線吸収剤、桂皮酸系紫外線吸収剤ベンゾフェノン系紫外線吸収剤、糖系紫外線吸収剤、2−(2'−ヒドロキシ−5'−t−オクチルフェニル)ベンゾトリアゾール、4−メトキシ−4'−t−ブチルジベンゾイルメタン等の紫外線吸収剤類、ビタミンA又はその誘導体ビタミンB6塩酸塩ビタミンB6トリパルミテート、ビタミンB6ジオクタノエート、ビタミンB2又はその誘導体、ビタミンB12、ビタミンB15又はその誘導体等のビタミンB類、α−トコフェロールβ−トコフェロールγ−トコフェロールビタミンEアセテート等のビタミンE類ビタミンD類ビタミンHパントテン酸パンテチンピロロキノリンキノン等のビタミン類等、フェノキシエタノール等の抗菌剤等が好ましく例示できる。

0014

以下に、実施例を挙げて、本発明について更に詳細に説明を加えるが、本発明が、かかる実施例にのみ限定されないことはいうまでもない。

0015

<実施例1〜7>
下記に示す表1の処方に従って、本発明のゲル状パック化粧料を作製した。即ち、表1の(A)を混合し75℃に加温、これに(B)を添加・撹拌、さらに混合後75℃に加温した(C)、75℃に加温した(D)を添加・撹拌した。撹拌しながら冷却し、(E)をさらに添加・撹拌し、本発明の実施例であるゲル状パック化粧料1〜7を得た。同様に操作して、比較例1も作製した。

0016

0017

試験例>
上記で得られた各実施例及び比較例のゲル状パック化粧料について、洗い流し後の肌のあかぬけ感、肌の引き上げ感及び使用感について評価した。評価の基準は、◎:非常によい、○:良い、△:普通、×:良くない、の4段階評価とした。結果を表1下段に示す。

0018

評価結果より、本発明のゲル状パック化粧料は、洗い流し後の肌のあかぬけ感及び肌の引き上げ感において優れていることが判る。また実施例5〜7の結果より、架橋型メチルポリシロキサンを加えると、洗い流し後の肌のあかぬけ感がさらに優れることも判る。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 日光ケミカルズ株式会社の「 毛髪化粧料」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】洗髪後の濡れた毛髪における過多のドライヤー使用による熱ダメージ、ドライヤー乾燥過程における長時間のコーミングによる摩擦ダメージなどを軽減するため、毛髪がすぐに乾く、撥水効果の高い毛髪化粧料の提... 詳細

  • 株式会社マンダムの「 口臭抑制剤」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】安全性が高く、経口摂取することが可能な口臭抑制剤を提供する。【解決手段】 ジュンサイ抽出物を含むことを特徴とする口臭抑制剤を提供する。前記の口臭抑制剤は、さらに、ルイボス抽出物及びリンゴンベ... 詳細

  • サラヤ株式会社の「 羅漢果抽出物」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】水不溶物が抑制された羅漢果抽出物を提供する。【解決手段】(1)モグロシドVを0.01質量%〜70質量%;及び(2)水不溶性成分5質量%以下を含有し、水不溶性成分含有量/ポリフェノール含有量が、... 詳細

この 技術と関連性が強い法人

関連性が強い法人一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ