図面 (/)

技術 ドライバー用ネジ保持具

出願人 戸松真也
発明者 戸松真也
出願日 2013年6月4日 (7年5ヶ月経過) 出願番号 2013-117560
公開日 2014年12月15日 (5年11ヶ月経過) 公開番号 2014-233810
状態 特許登録済
技術分野 スパナ,レンチ,ドライバーの細部,付属具
主要キーワード ネジサイズ 内面輪郭 六角ネジ ネジ締 自動ネジ ネジ形状 皿ネジ 形成形態
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2014年12月15日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (7)

目的

ネジとネジを締め付ける部材との間に筒状体ネジ保持具の端部が挟まることがなく、電動ドライバーを使用した場合、最後まで一気に締め付けることを可能とするドライバー用ネジ保持具を提供する。

構成

ドライバーの先端部に嵌着可能な軟質の筒状体からなり、該筒状体の内部にドライバーを用いて締め付けるネジを挿入、保持させて、締め付け作業時にネジがドライバーから外れないようにするために用いるネジ保持具において、前記筒状体のネジが挿入される部位がドライバーの回転で朝顔形に拡開可能となるよう該部位に縦方向スリットを形成したことを特徴とする。

概要

背景

ステンレス鋼製のネジ、銅やアルミニウム製のネジなど、マグネットの効かないネジをドライバーを用いて締め付ける場合、締め付け時に、ネジがドライバーから外れたり、落下したりするのを防止するために、ドライバーの先端部に嵌着可能なゴム軟質プラスチック製の筒状体からなり、該筒状体の内部にネジを挿入、保持させるようにしたネジ保持具が提案されている。

しかしながら、前記提案のネジ保持具においては、ドライバーによる部材へのネジ締め込みの最終段階において、ネジと部材との間、特にネジ頭と部材との間に筒状体ネジ保持具の端部が挟まり易いという問題点がある。自動ネジ締めを行う電動ドライバーの場合には、筒状体ネジ保持具の端部がネジと部材との間に挟まると、最後まで一気に締め付けができないという難点がある。

概要

ネジとネジを締め付ける部材との間に筒状体ネジ保持具の端部が挟まることがなく、電動ドライバーを使用した場合、最後まで一気に締め付けることを可能とするドライバー用ネジ保持具を提供する。ドライバーの先端部に嵌着可能な軟質の筒状体からなり、該筒状体の内部にドライバーを用いて締め付けるネジを挿入、保持させて、締め付け作業時にネジがドライバーから外れないようにするために用いるネジ保持具において、前記筒状体のネジが挿入される部位がドライバーの回転で朝顔形に拡開可能となるよう該部位に縦方向スリットを形成したことを特徴とする。

目的

本発明は、前記提案のドライバー用ネジ保持具において、ドライバーによる部材へのネジ締め込みの最終段階において、ネジと部材との間に筒状体ネジ保持具の端部が挟まるという問題を解消するためになされたものであり、その目的は、ネジと部材との間に筒状体ネジ保持具の端部が挟まることがなく、電動ドライバーを使用した場合には、最後まで一気に締め付けることを可能とするドライバー用ネジ保持具を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

ドライバーの先端部に嵌着可能な軟質筒状体からなり、該筒状体の内部にドライバーを用いて締め付けるネジなど(以下、単にネジという)を挿入、保持させて、締め付け作業時にネジがドライバーから外れないようにするために用いるネジ保持具において、前記筒状体のネジが挿入される部位が朝顔形に拡開可能となるよう該部位に縦方向スリットを形成したことを特徴とするドライバー用ネジ保持具。

請求項2

前記筒状体のネジが挿入される部位に、少なくとも3個所にスリットを形成したことを特徴とする請求項1記載のドライバー用ネジ保持具。

請求項3

前記ドライバーが自動ネジ締めを行う電動ドライバーであることを特徴とする請求項1または2記載のドライバー用ネジ保持具。

技術分野

0001

本発明は、ドライバーネジ保持具、詳しくは、ドライバー特に電動ドライバーの先端部に嵌着可能な軟質筒状体からなり、該筒状体の内部にドライバーを用いて締め付けるネジなど(以下、単にネジという)を挿入、保持させて、締め付け作業時、特に締め付け作業開始までの間にネジがドライバーから外れないようにするために用いるネジ保持具に関する。

背景技術

0002

ステンレス鋼製のネジ、銅やアルミニウム製のネジなど、マグネットの効かないネジをドライバーを用いて締め付ける場合、締め付け時に、ネジがドライバーから外れたり、落下したりするのを防止するために、ドライバーの先端部に嵌着可能なゴムや軟質のプラスチック製の筒状体からなり、該筒状体の内部にネジを挿入、保持させるようにしたネジ保持具が提案されている。

0003

しかしながら、前記提案のネジ保持具においては、ドライバーによる部材へのネジ締め込みの最終段階において、ネジと部材との間、特にネジ頭と部材との間に筒状体ネジ保持具の端部が挟まり易いという問題点がある。自動ネジ締めを行う電動ドライバーの場合には、筒状体ネジ保持具の端部がネジと部材との間に挟まると、最後まで一気に締め付けができないという難点がある。

先行技術

0004

特開2007−276094号公報

発明が解決しようとする課題

0005

本発明は、前記提案のドライバー用ネジ保持具において、ドライバーによる部材へのネジ締め込みの最終段階において、ネジと部材との間に筒状体ネジ保持具の端部が挟まるという問題を解消するためになされたものであり、その目的は、ネジと部材との間に筒状体ネジ保持具の端部が挟まることがなく、電動ドライバーを使用した場合には、最後まで一気に締め付けることを可能とするドライバー用ネジ保持具を提供することにある。

課題を解決するための手段

0006

上記の目的を達成するための請求項1によるドライバー用ネジ保持具は、ドライバーの先端部に嵌着可能な軟質の筒状体からなり、該筒状体の内部にドライバーを用いて締め付けるネジを挿入、保持させて、締め付け作業時にネジがドライバーから外れないようにするために用いるネジ保持具において、前記筒状体のネジが挿入される部位が朝顔形に拡開可能となるよう該部位に縦方向スリットを形成したことを特徴とする。

0007

請求項2によるドライバー用ネジ保持具は、請求項1において、前記筒状体のネジが挿入される部位に、少なくとも3個所にスリットを形成したことを特徴とする。

0008

請求項3によるドライバー用ネジ保持具は、請求項1または2において、前記ドライバーが自動ネジ締めを行う電動ドライバーであることを特徴とする。

発明の効果

0009

本発明によれば、ドライバーによる部材へのネジ締め込みの最終段階において、ネジと部材との間に筒状体ネジ保持具の端部が挟まることがなく、電動ドライバーを使用した場合には、最後まで一気に締め付けることを可能とするドライバー用ネジ保持具が提供される。

図面の簡単な説明

0010

本発明のドライバー用ネジ保持具1の内面輪郭見えるように示した側面図である。
図1のドライバー用ネジ保持具1をドライバービット5の先端部に嵌着した図である。
図2の側面断面図である。
図3において、ネジ6を挿入、保持させた図である。
図4の状態からドライバービット5を回転させて、ネジ6を部材9に締め付けている図である。
ネジ6を部材9に最終段階まで締め付けた図である。

実施例

0011

本発明のドライバー用ネジ保持具は、シリコンゴムなどの軟質のゴム、軟質のプラスチックから筒状体に形成されており、手動ドライバー、電動ドライバーのいずれにも適用することができる。図1に示すように、ドライバー用ネジ保持具1には、ネジ6が挿入される部位2が朝顔形に拡開可能となるよう部位2に縦方向のスリット4が形成される。部位2には少なくとも3個所にスリット4を形成するのが望ましく、スリット4を略等間隔に形成するのが部位2を朝顔形に拡開する上でさらに好ましい。

0012

使用に際し、ドライバー用ネジ保持具1は、図2図3に示すように、ドライバービット5の先端に嵌着され、ネジ締めに際して、図4に示すように、ネジ6をドライバー用ネジ保持具1の部位2に挿入する。この時、図4に示すように、スリット4により分割されて多又形状となっている部位2はやや拡開され、ネジ6は、拡開された部位2が図3のように閉じようとする力と軟質材からなる保持具1の材質特性相互作用により部位2に保持される。この場合、ネジ保持具1の部位2の先端部に内側に折り曲げられた保持片3を設けておくことにより、ネジ6を安定して保持することができる。

0013

ついで、電動ドライバーを例として説明すると、図5に示すように、ドライバーを矢印のように回転させると、多又形状の部位2は遠心力により朝顔形に拡開してネジ6から離れ、ドライバーとネジとの関係はネジ保持具が無い場合と同じ状態となるが、ネジ6のネジ込み部8は部材9に到達して締め付けを開始しており、ドライバーが部材9に対してネジ6を押圧している状態となっているため、ネジ6が外れたり、落下したりすることはない。

0014

ネジ6を保持していた部位2がネジ6から離れるため、図6に示すように、最後まで一気に締め付けても、ネジ保持具1の先端がネジ6のネジ頭7と部材9との間に挟まることはない。ドライバーの回転が止まり締め付けが終了すると、多又形状の部位2は閉じ、ドライバーを部材9から引き抜いて締め付け作業は終了する。

0015

ネジ保持具1、特に多又形状の部位2については、保持力を維持しながら比較的低い回転数でも遠心力で拡開し易くなるようにするために、材質、スリット4の本数、スリット4の形成形態改変することができ、ドライバービット5に対するネジ保持具1の嵌着度合を高めるために、筒状体からなるネジ保持具1の形態を変更することができる。また、ネジ保持具1にネジ6をより保持し易くするために、部位2の内面凹凸突条を設けることもできる。

0016

本発明によるドライバー用ネジ保持具の特徴は、締め付けの全工程においてネジを強固に保持するのではなく、保持を必要とする間だけ保持し、保持の必要が無くなった時点で保持具はネジから離れ、保持具がネジと部材の間に挟まるなどのトラブルを生じることなく、最後まで一気に締め付けを行うことができる点にある。

0017

本発明によるドライバー用ネジ保持具は、軟質な材質で構成され、ネジを保持する部位がスリット4により分割されて多又形状となっているため、皿ネジなべネジ、六角ネジなどの異なるネジ形状のもの、異なるネジサイズ(M3mm〜M6mm程度)にも対応することができる。また、本発明のネジ保持具においては、ネジを緩めたり、取り外したりする作業も、ネジ保持具を付けたままで行うことが可能である。

0018

1ドライバー用ネジ保持具
2 ネジ保持具のネジが挿入される部位
3保持片
4スリット
5ドライバービット
6 ネジ
7ネジ頭
8 ねじ込み部
9 ネジを締め付ける部材

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ