図面 (/)

技術 アロエ抽出組成物

出願人 村井宏行
発明者 村井宏行
出願日 2013年5月8日 (7年1ヶ月経過) 出願番号 2013-110339
公開日 2014年11月20日 (5年7ヶ月経過) 公開番号 2014-218489
状態 未査定
技術分野 化粧料
主要キーワード スベスベ感 溶出効果 緑茶成分 アロエ抽出液 搾り出し あせも 抽出組成物 二日酔い
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2014年11月20日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (0)

図面はありません

課題

スキンケアにより効果的なアロエ抽出液含有組成物を提供する。

解決手段

アロエ抽出液からシュウ酸成分、とりわけシュウ酸カルシウムを除去する処理を行ったアロエ抽出液に塩化ナトリウム緑茶成分を含有させる。

概要

背景

アロエは「医者いらず」の格言が示すとおり、古来より外用薬としての効用、例えば火傷、虫刺され、切り傷打ち身、ニキビ湿疹あせも抜け毛、肌の老化等に対する効用や内服薬としての効用、例えば胃炎胃潰瘍十二指腸潰瘍糖尿病高血圧低血圧肝臓病二日酔い便秘冷え性等に対する効用を有することが知られている。

従来より、アロエ、特にキダチアロエを使用して薬効を有する各種製剤を製造することが行われている。その製造方法としては、例えばアロエの生葉洗浄し、両側のトゲを取った後、おろし金ですりおろし、あるいはミキサー等の破砕機により破砕し、これを布で絞ったり、遠心分離機等により液汁アロエエキス)を得る方法、あるいはアロエの生葉を薄く切って、それを倍量の水で煮沸し、その後布で絞ってアロエエキスを含んだアロエ液を得る方法等がある。

特許文献1には、有効成分が含まれている生葉の残滓を使用し、キダチアロエの生葉に含有されている有効成分を全て活用したアロエ青汁の製造方法が開示されている。これによれば、原料となるアロエの生葉を所望の幅にスライスする工程と、スライスした所定量の生葉に所定量の水を加えて、該生葉と水とを加圧下にて煮沸して、アロエエキスを含んだアロエ溶液を生成する工程と、該アロエ溶液から煮沸した生葉を取出し、これを微細に破砕して湿潤性をもった粉砕生葉を得る工程と、粉砕生葉に前記アロエエキスを含んだアロエ溶液を加えるとともに所定量の水を加え、これらを銅製投入攪拌しながら所定時間煮沸する工程とを具備したアロエ青汁の製造方法が開示されている。

特許文献2には、アロエエキスの溶出効果が高く、しかも、アロエ溶液中に生葉の残滓の極めて少なく、透明感があり、しかも保存性に優れたアロエ溶液の製造方法として、アロエの生葉のトゲを切除する工程と、トゲを切除した生葉を所望の幅にスライスする工程と、スライスした所定量の生葉に所定量の水を加えて、該生葉と水とを加圧下にて煮沸してアロエエキスを溶出して、アロエエキスを含んだアロエ溶液を生成する工程と、生成されたアロエ溶液を濾過して、濾過後のアロエ溶液を低温に維持しながらアロエ溶液中の不純物沈殿させる工程と、沈殿した不純物を除去したのち、再びアロエ溶液を煮沸し濾過する工程とを具備したアロエ溶液の製造方法が開示されている。

アロエ抽出液調製法として、摩り下ろしたアロエを煮沸することにより、アクが除去され針状結晶シュウ酸カルシウムによる肌のかぶれが起こりにくくなることが知られている(非特許文献1)

概要

スキンケアにより効果的なアロエ抽出液含有組成物を提供する。アロエ抽出液からシュウ酸成分、とりわけシュウ酸カルシウムを除去する処理を行ったアロエ抽出液に塩化ナトリウム緑茶成分を含有させる。

目的

アロエ抽出液の調製法として、摩り下ろしたアロエを煮沸することにより、アクが除去され針状結晶やシュウ酸カルシウムによる肌のかぶれが起こりにくくなることが知られている(非特許文献1)



特開2002−047198号公報特開平11−335291号公報


http://aloe100.jp/riyouljyusu.htm




アロエ抽出液の効果を基本にスキンケアにより効果的な組成物を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

アロエ抽出液を含有する組成物であって、シュウ酸成分の除去処理したアロエ抽出液と焼塩緑茶葉の熱抽出成分共存させることを特徴とする抽出組成物

請求項2

塩化ナトリウムを0.1〜1(重量/容量)%含む請求項1に記載の組成物。

技術分野

0001

本発明は、アロエ抽出液を含有する組成物に関するものであり、とくにキダチアロエ生葉からアロエエキスを抽出したアロエ溶液からシュウ酸カルシウム針状結晶)を除去する処理を施したアロエ抽出液と焼塩緑茶葉の熱抽出物を含有する組成物に関する。

背景技術

0002

アロエは「医者いらず」の格言が示すとおり、古来より外用薬としての効用、例えば火傷、虫刺され、切り傷打ち身、ニキビ湿疹あせも抜け毛、肌の老化等に対する効用や内服薬としての効用、例えば胃炎胃潰瘍十二指腸潰瘍糖尿病高血圧低血圧肝臓病二日酔い便秘冷え性等に対する効用を有することが知られている。

0003

従来より、アロエ、特にキダチアロエを使用して薬効を有する各種製剤を製造することが行われている。その製造方法としては、例えばアロエの生葉を洗浄し、両側のトゲを取った後、おろし金ですりおろし、あるいはミキサー等の破砕機により破砕し、これを布で絞ったり、遠心分離機等により液汁(アロエエキス)を得る方法、あるいはアロエの生葉を薄く切って、それを倍量の水で煮沸し、その後布で絞ってアロエエキスを含んだアロエ液を得る方法等がある。

0004

特許文献1には、有効成分が含まれている生葉の残滓を使用し、キダチアロエの生葉に含有されている有効成分を全て活用したアロエ青汁の製造方法が開示されている。これによれば、原料となるアロエの生葉を所望の幅にスライスする工程と、スライスした所定量の生葉に所定量の水を加えて、該生葉と水とを加圧下にて煮沸して、アロエエキスを含んだアロエ溶液を生成する工程と、該アロエ溶液から煮沸した生葉を取出し、これを微細に破砕して湿潤性をもった粉砕生葉を得る工程と、粉砕生葉に前記アロエエキスを含んだアロエ溶液を加えるとともに所定量の水を加え、これらを銅製投入攪拌しながら所定時間煮沸する工程とを具備したアロエ青汁の製造方法が開示されている。

0005

特許文献2には、アロエエキスの溶出効果が高く、しかも、アロエ溶液中に生葉の残滓の極めて少なく、透明感があり、しかも保存性に優れたアロエ溶液の製造方法として、アロエの生葉のトゲを切除する工程と、トゲを切除した生葉を所望の幅にスライスする工程と、スライスした所定量の生葉に所定量の水を加えて、該生葉と水とを加圧下にて煮沸してアロエエキスを溶出して、アロエエキスを含んだアロエ溶液を生成する工程と、生成されたアロエ溶液を濾過して、濾過後のアロエ溶液を低温に維持しながらアロエ溶液中の不純物沈殿させる工程と、沈殿した不純物を除去したのち、再びアロエ溶液を煮沸し濾過する工程とを具備したアロエ溶液の製造方法が開示されている。

0006

アロエ抽出液の調製法として、摩り下ろしたアロエを煮沸することにより、アクが除去され針状結晶やシュウ酸カルシウムによる肌のかぶれが起こりにくくなることが知られている(非特許文献1)

0006

特開2002−047198号公報特開平11−335291号公報

先行技術

0007

http://aloe100.jp/riyouljyusu.htm

発明が解決しようとする課題

0007

アロエ抽出液の効果を基本にスキンケアにより効果的な組成物を提供する。

課題を解決するための手段

0008

本発明者は、摩り下ろしたアロエを煮沸してシュウ酸成分を除去する際に、緑茶葉と焼塩を共存させることによって、より効果的なスキンケア用の組成物ができることをを見出し、本発明を完成させた。

0009

本発明は、以下の構成からなる。
(1)アロエ抽出液を含有する組成物であって、シュウ酸成分の除去処理したアロエ抽出液と緑茶葉の熱抽出成分を共存させることを特徴とするアロエ抽出組成物
(2)塩化ナトリウムを0.1〜1(重量/容量)%含む(1)に記載の組成物。

発明の効果

0010

本発明は、アロエ抽出物の効果に加えて、緑茶葉の熱抽出物及び焼塩を含ませることによって、より効果的なスキンケア製品を提供できる。

0011

アロエとりわけキダチアロエが好適に用いられ、アロエの生葉を摩り下ろしたり、ミキサー等にかけてペースト状にしたものをガーゼ等で搾り調製したアロエ抽出液に、塩化ナトリウムを0.1−1(重量/容量)%、好適には0.3−0.6(重量/容量)%加えて、煮沸して調製される。塩化ナトリウムは市販の食塩、焼塩等が用いられる。本発明は、アロエ抽出液に塩化ナトリウムと共に、緑茶葉を加えて煮沸して、緑茶成分を共存させることも含まれる。

0012

実施例1キダチアロエの生葉を摩り下ろし、ガーゼに包みアロエ液を搾り出した。
そのアロエ液20mLに対し、1gの焼塩(塩化ナトリウム約79%、マグネシウム約0.8%、カルシウム約3%、カリウム約1%含有)と緑茶の葉1g(カテキンビタミンA、B1、B2、C、E含有)を一緒に煮沸した。煮沸することによって、シュウ酸成分(シュウ酸カルシウム等)がアクとなって除去されたアロエ抽出組成物を調製した。

実施例

0013

実施例2 実施例1で調製したアロエ抽出組成物と実施例1において緑茶葉と焼塩を無添加で処理したアロエ抽出物を左右の腕の内側に塗布して本発明の効果を確かめた。5人で確かめたところ、実施例1のアロエ抽出組成物を塗った手は、緑茶葉と焼塩を無添加で抽出したものに比べて5人ともスベスベ感としっとり感が強いことを認めた。又、あかぎれやバットスイングゴルフのスイングでむけたマメに塗った手はただのアロエ抽出液を塗った手より痛みが早く激減する事を認めた。体のや顔に塗ってもしっとり感があり、皮膚から皮脂老廃物が排出され肌がスベスベになり若返る。

0014

本発明は、化粧水全身ケア液等に利用できる。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社ミルボンの「 毛髪処理方法、毛髪用第1組成物及び毛髪用第2組成物」が 公開されました。( 2020/04/30)

    【課題】柔らかさ、滑らかさといった手触りに優れる毛髪処理方法、並びに、この方法で使用される毛髪用第1組成物及び毛髪用第2組成物の提供。【解決手段】毛髪処理方法は、酸及び/又はその塩が配合された酸性の毛... 詳細

  • 三菱ケミカル株式会社の「 ポリビニルアルコール系樹脂粉末」が 公開されました。( 2020/04/30)

    【課題】不純物の分布が均一であるポリビニルアルコール系樹脂粉末。【解決手段】粒径500〜1000μmのポリビニルアルコール系樹脂の酢酸ナトリウムの含有量(重量%)/粒径100〜300μmのポリビニルア... 詳細

  • サンスター株式会社の「 口腔用組成物」が 公開されました。( 2020/04/30)

    【課題】炭化水素油を含みながらも経時安定性に優れた口腔用組成物を提供すること。【解決手段】炭化水素油、多価アルコール、及び界面活性剤を含有する口腔用組成物であって、(i)グリセリン、並びにポリグリセリ... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い法人

関連性が強い法人一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ