図面 (/)

技術 表示制御装置、表示制御方法及び表示制御プログラム

出願人 富士通フロンテック株式会社
発明者 渋谷亘
出願日 2013年4月25日 (6年7ヶ月経過) 出願番号 2013-091963
公開日 2014年11月17日 (5年0ヶ月経過) 公開番号 2014-215790
状態 特許登録済
技術分野 特定用途計算機 計算機間の情報転送
主要キーワード 表示切替情報 画像切替装置 レース場 割り当て表 競技結果 払い戻し金額 イベント判定 表示パターン情報
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2014年11月17日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (13)

課題

投票所内における公営競技に関する競技を表示する複数の表示装置の配置と、当該複数の表示装置が表示する競技の開催場とを投票者に案内する。

解決手段

公営競技の投票所内に配置された、競技に関する情報を表示している複数の表示装置4a〜4cの配置を表示装置6に表示するものである。また、表示制御装置5は、競技に関するイベント対応付けられ、複数の表示装置4a〜4cに対して割り当てられた複数の表示装置4a〜4cが表示する競技が開催される開催場に関する情報を保持する割り当て情報保持部5bを備える。表示制御装置5では、割り当て表示処理部5eが、開催場で開催されている競技でイベントが発生すると、割り当て情報保持部5bを参照して、発生したイベントに対応付けられた開催場と、複数の表示装置4a〜4cの配置とを表示装置6に表示させる。

概要

背景

競馬、競艇、競輪及びオートレース等の公営競技ホストコンピュータは、各開催場(レース場)における全レースの出走内容(競馬であれば、騎手、レーススタイル等)、発走時刻競技結果オッズ配当金等の管理、算出等を行う(例えば、特許文献1参照)。

また、投票者投票を行う投票所には、当該ホストコンピュータから送信される各開催場で開催される競技に関する情報(出走内容、単勝、三連単等の投票方法の種類(式別)等)を表示する複数の表示装置が設置されている。投票者は、当該表示装置の表示内容を参照して、所望のレースにおいて、購入金額支払い、投票を行うことができる。

概要

投票所内における公営競技に関する競技を表示する複数の表示装置の配置と、当該複数の表示装置が表示する競技の開催場とを投票者に案内する。公営競技の投票所内に配置された、競技に関する情報を表示している複数の表示装置4a〜4cの配置を表示装置6に表示するものである。また、表示制御装置5は、競技に関するイベント対応付けられ、複数の表示装置4a〜4cに対して割り当てられた複数の表示装置4a〜4cが表示する競技が開催される開催場に関する情報を保持する割り当て情報保持部5bを備える。表示制御装置5では、割り当て表示処理部5eが、開催場で開催されている競技でイベントが発生すると、割り当て情報保持部5bを参照して、発生したイベントに対応付けられた開催場と、複数の表示装置4a〜4cの配置とを表示装置6に表示させる。

目的

本発明は、このような点に鑑みてなされたものであり、投票所内における公営競技に関する競技を表示する複数の表示装置の配置と共に、当該複数の表示装置が表示する競技の開催場を表示する表示制御装置、表示制御方法及び表示制御プログラムを提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

公営競技投票所内に配置された、競技に関する情報を表示している複数の第1表示装置の配置を第2表示装置に表示する表示制御装置であって、前記競技に関するイベント対応付けられ、前記複数の第1表示装置に対して割り当てられた前記複数の第1表示装置が表示する前記競技が開催される開催場に関する情報を保持する割り当て情報保持部と、前記開催場で開催されている前記競技で前記イベントが発生すると、前記割り当て情報保持部を参照して、発生した前記イベントに対応付けられた前記開催場と、前記複数の第1表示装置の配置とを前記第2表示装置に表示させる割り当て表示処理部と、を有することを特徴とする表示制御装置。

請求項2

前記競技に関するイベントが対応付けられ、前記複数の第1表示装置に表示させる表示チャンネルに関する情報を保持する表示切替情報保持部と、前記開催場で開催されている前記競技で前記イベントが発生すると、前記表示切替情報保持部を参照して、前記複数の第1表示装置に、発生した前記イベントに対応付けられた前記表示チャンネルを表示させる切替表示処理部と、を更に有することを特徴とする請求項1記載の表示制御装置。

請求項3

前記割り当て表示処理部は、前記複数の第1表示装置のうち、表示する前記競技が開催される前記開催場が共通するものごとに前記複数の第1表示装置を区分けして前記第2表示装置に表示する、ことを特徴とする請求項1または2に記載の表示制御装置。

請求項4

公営競技の投票所内に配置された、競技に関する情報を表示している複数の第1表示装置の配置を第2表示装置に表示する表示制御方法であって、開催場で開催されている前記競技で前記イベントが発生すると、前記競技に関するイベントが対応付けられ、前記複数の第1表示装置に対して割り当てられた前記複数の第1表示装置が表示する前記競技が開催される開催場に関する情報を保持する割り当て情報保持部を参照して、発生した前記イベントに対応付けられた前記開催場と、前記複数の第1表示装置の配置とを前記第2表示装置に表示させる、ことを特徴とする表示制御方法。

請求項5

公営競技の投票所内に配置された、競技に関する情報を表示している複数の第1表示装置の配置を第2表示装置に表示する表示制御プログラムであって、コンピュータに、開催場で開催されている前記競技で前記イベントが発生すると、前記競技に関するイベントが対応付けられ、前記複数の第1表示装置に対して割り当てられた前記複数の第1表示装置が表示する前記競技が開催される開催場に関する情報を保持する割り当て情報保持部を参照して、発生した前記イベントに対応付けられた前記開催場と、前記複数の第1表示装置の配置とを前記第2表示装置に表示させる、処理を実行させることを特徴とする表示制御プログラム。

技術分野

0001

本発明は、公営競技に関する情報を表示する複数の表示装置の配置を表示させる表示制御装置表示制御方法及び表示制御プログラムに関する。

背景技術

0002

競馬、競艇、競輪及びオートレース等の公営競技のホストコンピュータは、各開催場(レース場)における全レースの出走内容(競馬であれば、騎手、レーススタイル等)、発走時刻競技結果オッズ配当金等の管理、算出等を行う(例えば、特許文献1参照)。

0003

また、投票者投票を行う投票所には、当該ホストコンピュータから送信される各開催場で開催される競技に関する情報(出走内容、単勝、三連単等の投票方法の種類(式別)等)を表示する複数の表示装置が設置されている。投票者は、当該表示装置の表示内容を参照して、所望のレースにおいて、購入金額支払い、投票を行うことができる。

先行技術

0004

特開2006−099520号公報

発明が解決しようとする課題

0005

このような投票所の複数の表示装置は、それぞれ表示する画像の例えば左上に開催場を小さく表示するだけであった。このため、投票者は表示装置に近づかなければ、当該表示装置がどの開催場を表示しているのかを確認することができなかった。

0006

そこで、各表示装置に、それらがそれぞれ表示する開催場の場名が大きく記載された名札別途取り付けることで投票者に表示装置が表示する開催場を容易に把握させることができる。しかし、この場合は、係員が表示装置の表示内容を確認して、確認した表示内容から当該表示装置が表示する開催場の場名を記載した名札を表示装置に取り付けるといった煩雑な作業が発生してしまう。また、このような作業は人手で行われるために、場名が記載された名札の取り付け先を間違えてしまうおそれがある。

0007

本発明は、このような点に鑑みてなされたものであり、投票所内における公営競技に関する競技を表示する複数の表示装置の配置と共に、当該複数の表示装置が表示する競技の開催場を表示する表示制御装置、表示制御方法及び表示制御プログラムを提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0008

上記目的を達成するために、公営競技の投票所内に配置された、競技に関する情報を表示している複数の第1表示装置の配置を第2表示装置に表示する表示制御装置であって、前記競技に関するイベント対応付けられ、前記複数の第1表示装置に対して割り当てられた前記複数の第1表示装置が表示する前記競技が開催される開催場に関する情報を保持する割り当て情報保持部と、前記開催場で開催されている前記競技で前記イベントが発生すると、前記割り当て情報保持部を参照して、発生した前記イベントに対応付けられた前記開催場と、前記複数の第1表示装置の配置とを前記第2表示装置に表示させる割り当て表示処理部と、を有する表示制御装置が提供される。

0009

また、上記目的を達成するために、上記の表示制御装置で実行される表示制御方法及び表示制御プログラムが提供される。

発明の効果

0010

上記の表示制御装置、表示制御方法及び表示制御プログラムによれば、投票者が投票したい競技を表示する表示装置に投票者を誘導させることができ、当該投票者による投票の機会を増やすことができるようになる。

図面の簡単な説明

0011

第1の実施の形態に係る表示制御装置の概念図である。
第1の実施の形態に係る表示制御装置により表示される表示例を示す図である。
第2の実施の形態に係る表示システムの一例を示す図である。
第2の実施の形態に係る表示制御装置が備えるハードウェア構成例を示す図である。
第2の実施の形態に係る表示制御装置が備える機能を示す機能ブロック図である。
第2の実施の形態に係る表示制御装置が備えるイベント情報保持部が保持するイベント情報の一例を示す図である。
第2の実施の形態に係る表示制御装置が備える表示パターン情報保持部が保持する表示パターン情報の一例を示す図である。
第2の実施の形態における表示制御装置で実行される表示制御処理を示すフローチャートである。
第2の実施の形態に係る表示制御装置が備える開催場情報保持部が保持する開催場情報の一例を示す図である。
第2の実施の形態に係る表示制御装置が生成する表示切替情報保持部が保持する表示切替情報の一例を示す図である。
第2の実施の形態に係る表示制御装置が表示させる割り当て情報保持部が保持する割り当て情報の一例を示す図である。
第2の実施の形態における表示制御装置が表示させる開催場案内モニタの表示例を示す図である。

実施例

0012

以下、図面を参照して実施の形態について説明する。
[第1の実施の形態]
表示制御装置は、公営競技の投票所内に配置された、競技に関する情報を表示している複数の第1表示装置の配置を第2表示装置に表示するものである。表示制御装置は、さらに、当該競技で発生した競技に関するイベントに応じて、当該複数の第1表示装置が表示する競技が開催されている開催場を第2表示装置に表示することで、複数の第1表示装置が表示する競技が開催される開催場を投票者に案内するものである。

0013

このような表示制御装置について図1を参照して説明する。
図1は、第1の実施の形態に係る表示制御装置の概念図である。
表示システム1は、公営競技ホストコンピュータ2と、画像制御装置3、表示制御装置5を備える。また、画像制御装置3には、公営競技の投票所内に配置された、競技に関する情報(出走内容、単勝、三連単等の投票方法の種類(式別)等)を表示する複数の表示装置(図1では、例えば、3つの表示装置4a〜4c)が接続されている。投票者は、表示装置4a〜4cの表示内容を参考にして所望の競技に対する投票を行うことができる。表示制御装置5には、同様に投票所内の入り口等に配置されている、このような複数の表示装置4a〜4cの配置を表示する表示装置6が接続されている。投票者は、表示装置6の表示内容を視認して投票所内の表示装置4a〜4cの配置場所を把握することができる。

0014

公営競技ホストコンピュータ2は、公営競技に関する競技の全開催場、全競技の出走内容(競馬であれば、騎手、馬、レーススタイル等)、発走時刻、競技結果、オッズ、配当金等の管理、算出等を行う。また、公営競技ホストコンピュータ2は、競技に関する情報(出走内容、単勝、三連単等の投票方法の種類(式別)等)を画像制御装置3に通知し、競技に関するイベント(後述)が発生すると、当該イベントを表示制御装置5に通知する。

0015

画像制御装置3は、公営競技ホストコンピュータ2とネットワーク(図示を省略)を介して通信可能に接続されていると共に、複数の表示装置4a〜4cが接続されている。画像制御装置3は、公営競技ホストコンピュータ2から受信した競技に関する情報に基づき、開催場ごとに競技に関する情報の画像を生成して、生成した画像を表示装置4a〜4cに表示させる。

0016

表示制御装置5は、公営競技ホストコンピュータ2とネットワーク(図示を省略)を介して通信可能に接続されていると共に、画像制御装置3並びに表示装置6と接続されている。このような表示制御装置5は、表示切替情報保持部5aと、割り当て情報保持部5b、イベント取得部5c、切替表示処理部5d、割り当て表示処理部5eを備える。

0017

表示切替情報保持部5aは、イベント(例えば、イベントA〜C)ごとに対応付けられた、複数の表示装置4a〜4cに表示させるチャンネル(例えば、CH1〜3)に関する情報を保持する。イベントとは、例えば、投票所の営業開始に伴う表示システム1の起動、各レースの開始・終了、最終レースに対する払い戻し金額確定等といった表示システム1並びに競技に関して発生する事象である。例えば、図1では、イベントAは、表示システム1の起動、イベントBは、開催場(Y場)での最終レースの払い戻し金額の確定、イベントCは、開催場(Y場及びZ場)での最終レースの払い戻し金額の確定をそれぞれ表す。また、チャンネルは、各開催場での競技に関する情報を表示する表示チャンネルである。例えば、図1では、X〜Z場で開催される競技に関する情報は表示チャンネルのCH1〜3でそれぞれ表示される。

0018

割り当て情報保持部5bは、競技に関するイベントが対応付けられ、表示装置4a,4b,4cに対して割り当てられた表示装置4a,4b,4cが表示する競技が開催される開催場に関する情報を保持する。例えば、図1に示す割り当て情報保持部5bが含む割り当て情報は、イベントAが発生した場合には、表示装置4a,4b,4cに開催場であるX,Y,Z場を割り当て、イベントBが発生した場合には、表示装置4a,4b,4cに開催場であるX,X,Z場をそれぞれ割り当てることが分かる。なお、このような割り当ては一例であって、表示装置4a,4b,4cに開催場であるY,Y,Z場等を割り当てることも可能である。

0019

なお、表示切替情報保持部5a及び割り当て情報保持部5bが保持する情報は、予め設定されて保持されるものである。
イベント取得部5cは、公営競技ホストコンピュータ2から通知された各開催場で開催されている競技で発生したイベントを取得する。

0020

切替表示処理部5dは、開催場で開催されている競技でイベントが発生すると、表示切替情報保持部5aを参照して、イベント取得部5cが取得したイベントに基づき表示装置4a〜4cに対応付けたチャンネルの表示要求を画像制御装置3に通知する。画像制御装置3は、切替表示処理部5dから表示要求されたチャンネルを表示装置4a〜4cに表示させる。例えば、イベントBが発生した場合には、切替表示処理部5dは、表示装置4a,4b,4cに対して表示チャンネルのCH1,1,3を表示させるような表示要求を画像制御装置3に送信する。

0021

割り当て表示処理部5eは、開催場で開催されている競技でイベントが発生した後、さらに、切替表示処理部5dの処理後、割り当て情報保持部5bを参照して、発生したイベントに対応付けられた開催場と、表示装置4a〜4cの配置とを表示装置6に表示させる。

0022

なお、表示制御装置5の少なくともイベント取得部5cと、切替表示処理部5d、割り当て表示処理部5eは、表示制御装置5が備える図示しないCPU(Central Processing Unit)によって表示制御プログラムが実行されることにより、その処理機能が実現される。

0023

このような表示システム1の表示制御装置5により実行される表示制御方法について説明する。また、このような表示制御方法により表示装置6が表示する表示例について図2を用いて説明する。

0024

図2は、第1の実施の形態に係る表示制御装置により表示される表示例を示す図である。なお、図2(A)〜(C)はイベントA〜Cがそれぞれ発生した際に表示装置6が表示する、投票所内の表示装置4a〜4c,6の配置(レイアウト)と表示装置4a〜4cが表示する競技が開催される開催場との表示例を模式的に示している。また、図2中の表示例では、符号の記載を省略しており、図2中の投票所内の4つの表示装置は左から順に表示装置4a〜4c,6に対応している。

0025

まず、投票所の営業開始に伴い表示システム1が起動すると、公営競技ホストコンピュータ2は、表示システム1の起動を表すイベントAを表示制御装置5に通知する。
表示制御装置5では、イベント取得部5cが公営競技ホストコンピュータ2から通知されたイベントAを取得する。切替表示処理部5dは、表示切替情報保持部5aを参照して、取得したイベントAに基づき、表示装置4a,4b,4cに表示させる表示チャンネルのCH1,2,3の表示要求を画像制御装置3に出力する。

0026

画像制御装置3は、公営競技ホストコンピュータ2から通知された情報に基づき表示チャンネルのCH1,2,3の画像を生成し、切替表示処理部5dからの表示要求に基づき、表示装置4a,4b,4cに表示チャンネルのCH1,2,3の画像を表示させる。

0027

続けて、割り当て表示処理部5eは、割り当て情報保持部5bを参照して、イベント取得部5cが取得したイベントAに対応付けられたX,Y,Z場と、表示装置4a,4b,4cの配置とを表示装置6に表示させる。

0028

この場合、表示装置6は、図2(A)に示されるように、投票所に配置された3つの「表示装置(表示装置4a,4b,4c)」の配置と共に、表示装置4a,4b,4cが表示する競技が開催されるX,Y,Z場とを表示する。

0029

次いで、開催場であるY場での最終レースの払い戻し金額が確定すると、公営競技ホストコンピュータ2は、Y場での最終レースの払い戻し金額の確定を表すイベントBを表示制御装置5に通知する。

0030

表示制御装置5では、イベント取得部5cが公営競技ホストコンピュータ2から通知されたイベントBを取得する。切替表示処理部5dは、表示切替情報保持部5aを参照して、取得したイベントBに基づき、表示装置4a,4b,4cに表示させる表示チャンネルのCH1,1,3の表示要求を画像制御装置3に出力する。

0031

画像制御装置3は、公営競技ホストコンピュータ2から通知された情報に基づき表示チャンネルのCH1,1,3の画像を生成し、切替表示処理部5dからの表示要求に基づき、表示装置4a,4b,4cに表示チャンネルのCH1,1,3の画像を表示させる。

0032

続けて、割り当て表示処理部5eは、割り当て情報保持部5bを参照して、イベント取得部5cが取得したイベントBに対応付けられたX,X,Z場と、表示装置4a,4b,4cの配置とを表示装置6に表示させる。

0033

この場合、表示装置6は、図2(B)に示されるように、投票所に配置された3つの「表示装置(表示装置4a,4b,4c)」の配置と共に、表示装置4a,4b,4cが表示する競技が開催されるX,X,Z場とを表示する。

0034

なお、イベントBが発生した場合は、Y場で開催されるレースが全て終了したことになり、Y場で開催される競技に関して表示していた表示装置4bにX場で開催される競技に関して表示するようにしたものである。この場合において、設定に応じて、Y場で開催される競技に関して表示していた表示装置4bにX場ではなくZ場で開催される競技に関して表示するようにすることも可能である。

0035

最後に、開催場であるZ場での最終レースの払い戻し金額が確定すると、公営競技ホストコンピュータ2は、Y場及びZ場での最終レースの払い戻し金額の確定を表すイベントCを表示制御装置5に通知する。

0036

表示制御装置5では、イベント取得部5cが公営競技ホストコンピュータ2から通知されたイベントCを取得する。切替表示処理部5dは、表示切替情報保持部5aを参照して、取得したイベントCに基づき、表示装置4a,4b,4cに表示させる表示チャンネルのCH1,1,1の表示要求を画像制御装置3に出力する。

0037

画像制御装置3は、公営競技ホストコンピュータ2から通知された情報に基づき表示チャンネルのCH1の画像を生成し、切替表示処理部5dからの表示要求に基づき、表示装置4a,4b,4cに表示チャンネルのCH1,1,1の画像を表示させる。

0038

続けて、割り当て表示処理部5eは、割り当て情報保持部5bを参照して、イベント取得部5cが取得したイベントCに対応付けられたX,X,X場と、表示装置4a,4b,4cの配置とを表示装置6に表示させる。

0039

この場合、表示装置6は、図2(C)に示されるように、投票所に配置された3つの「表示装置(表示装置4a,4b,4c)」の配置と共に、表示装置4a,4b,4cが表示する競技が開催されるX,X,X場とを表示する。

0040

上記の表示制御装置5は、公営競技の投票所内に配置された、競技に関する情報を表示している複数の表示装置4a,4b,4cの配置を表示装置6に表示するものである。また、表示制御装置5は、競技に関するイベントが対応付けられ、複数の表示装置4a,4b,4cに対して割り当てられた複数の表示装置4a,4b,4cが表示する競技が開催される開催場に関する情報を保持する割り当て情報保持部5bを備える。表示制御装置5では、割り当て表示処理部5eが、開催場で開催されている競技でイベントが発生すると、割り当て情報保持部5bを参照して、発生したイベントに対応付けられた開催場と、複数の表示装置4a,4b,4cの配置とを表示装置6に表示させる。

0041

このように表示することで、投票所内の投票者は、表示装置6の表示を視認すると、投票したい開催場の競技を表示する表示装置4a,4b,4cの配置が分かり、迷うことなく所望の表示装置4a〜4cに向かうことが可能となる。したがって、表示制御装置5は、投票者が投票したい競技を表示する表示装置4a,4b,4cに投票者を誘導させることができ、当該投票者による投票の機会を増やすことができるようになる。

0042

[第2の実施の形態]
次に、第2の実施の形態では、第1の実施の形態の表示システムについてより具体的に説明する。

0043

第2の実施の形態の表示システムについて図3を用いて説明する。
図3は、第2の実施の形態に係る表示システムの一例を示す図である。
表示システム100は、ホストコンピュータ200と、画像生成装置300、画像切替装置400、表示制御装置500を備える。

0044

ホストコンピュータ200は、競馬に関するレースの全開催場、全レースの出走内容(騎手、競走馬、レーススタイル等)、発走時刻、競技結果、オッズ、配当金等の管理、算出等を行う。また、ホストコンピュータ200は、ネットワーク700を介して、レースに関する情報(出走内容、単勝、三連単等の投票方法の種類(式別)等)を画像生成装置300に通知し、レースに関するイベントが発生すると、当該イベントを表示制御装置500に通知する。

0045

画像生成装置300は、ホストコンピュータ200とネットワーク700を介して通信可能に接続されており、ホストコンピュータ200から競馬が開催される各開催場でのレースに関する情報を受信する。画像生成装置300は、受信した競馬のレースに関する情報に基づいて、開催場ごとのレースの出走内容、単勝、三連単等の投票方法の種類を表示するための画像、投票の受け付けが終了したことを案内する画像、投票数レース結果等に応じた支払金額を案内するための画像等を生成する。画像生成装置300は、生成した画像を画像切替装置400に通知する。

0046

画像切替装置400は、モニタ1〜9がそれぞれ接続されており、画像生成装置300から通知されたレースに関する情報の画像をモニタ1〜9に表示させる。また、画像切替装置400は、画像生成装置300から画像が通知されるごとに、モニタ1〜9に表示させる画像を通知された画像に切り替える。

0047

表示制御装置500は、ホストコンピュータ200とネットワーク700を介して通信可能に接続されていると共に、画像切替装置400並びに開催場案内モニタ600と接続されている。表示制御装置500は、ホストコンピュータ200から受信したイベント、並びに開催場と開催場で開催されるレースとに関する情報に基づいて、画像切替装置400のモニタ1〜9に対する表示の切り替え制御を行う。また、表示制御装置500は、同様にホストコンピュータ200から受信したイベント並びに情報に基づいて、開催場案内モニタ600に発生したイベントに対応付けられた開催場と、複数のモニタ1〜9の配置とを表示させる。

0048

また、このような表示システム100において、少なくとも、画像切替装置400に接続されているモニタ1〜9と、表示制御装置500に接続されている開催場案内モニタ600とは投票所1000内に設置されている。具体的には、図3に示すように、モニタ1〜3はゾーンaに、モニタ4〜6はゾーンbに、モニタ7〜9はゾーンcにそれぞれ配置されている。また、開催場案内モニタ600は、例えば、投票所1000の入場口付近に設置されている。

0049

次に、このような表示システム100を構成する表示制御装置500が備えるハードウェア構成例について図4を用いて説明する。
図4は、第2の実施の形態に係る表示制御装置が備えるハードウェア構成例を示す図である。

0050

表示制御装置500は、表示制御装置500で実行される処理の制御を行う制御ユニット560と、表示制御装置500に対する係員からの操作入力を受け付ける入力ユニット570とを有する。

0051

制御ユニット560は、CPU560aと、RAM(Random Access Memory)560b、HDD(Hard Disk Drive)560c、通信処理部560d、グラフィック処理部560e、入出力インタフェース560gを備えており、これらの各部はバス560hで相互に接続されている。

0052

CPU560aは、HDD560cに記憶された各種プログラムを実行することにより、表示制御装置500全体を統括的に制御する。
RAM560bには、CPU560aに実行させるOS並びにプログラムの少なくとも一部が一時的に格納される。また、RAM560bには、CPU560aによる処理に必要な各種データが格納される。

0053

HDD560cには、表示制御装置500上のOS、アプリケーション等のプログラムが格納される。また、HDD560cには、表示制御装置500に対する設定情報並びにCPU560aによる処理に必要な各種情報が格納される。

0054

通信処理部560dは、ホストコンピュータ200とネットワーク700を介して通信可能に接続されており、ホストコンピュータ200と信号の送受信を行う。
グラフィック処理部560eには、開催場案内モニタ600が接続されている。グラフィック処理部560eは、CPU560aからの命令に従って所定の画面を開催場案内モニタ600に表示させる。

0055

入出力インタフェース560gには、入力ユニット570と、画像切替装置400が接続されている。また、入出力インタフェース560gは、可搬型記憶媒体580への情報の書き込み、及び可搬型記憶媒体580への情報の読み出しが可能な可搬型記憶媒体インタフェース接続可能になっている。入出力インタフェース560gは、バス560hを介してCPU560aに対して制御信号を入力ユニット570から受け付ける。また、入出力インタフェース560gは、バス560hを介してCPU560aからの制御信号を画像切替装置400に通知する。

0056

入力ユニット570は、係員からの操作入力を受け付ける、マウスキーボード等であって、表示制御装置500に対する設定、情報の入力等を行う。
なお、ホストコンピュータ200と、画像生成装置300、画像切替装置400も表示制御装置500と同様に、CPUと、RAM、HDD、通信制御部、グラフィック処理部、入出力インタフェースをそれぞれ備えている。

0057

次に、表示制御装置500が備える機能について図5並びに図6及び図7を用いて説明する。
図5は、第2の実施の形態に係る表示制御装置が備える機能を示す機能ブロック図である。

0058

また、図6は、第2の実施の形態に係る表示制御装置が備えるイベント情報保持部が保持するイベント情報の一例を示す図、図7は、第2の実施の形態に係る表示制御装置が備える表示パターン情報保持部が保持する表示パターン情報の一例を示す図である。

0059

表示制御装置500は、イベント情報保持部501と、表示パターン情報保持部502とを有する。
イベント情報保持部501は、発生したレースに関するイベントに、ゾーンa〜cごとのモニタ1〜9に対する表示パターンが対応付けられたイベント情報を保持する。このようなイベント情報は、例えば、図6に示すように、投票所の営業開始に伴い表示システム100が起動したことを表す「表示システム起動」のイベントには、モニタ1〜9における表示切替として「表示パターン1」が対応付けられている。

0060

表示パターン情報保持部502は、投票所1000のゾーンa〜cに配置されたモニタ1〜9に表示させる表示チャンネル(表示CH)のパターンを表す表示パターン情報を保持する。例えば、図7に示すように、このような表示パターン情報の1つである「表示パターン1」は、ゾーンaに配置されたモニタ1〜3に対して開催場のA場で開催されるレースの単勝、馬連単、三連単をそれぞれ表示する表示チャンネルのCH1〜3がそれぞれ対応付けられている。ゾーンbに配置されたモニタ4〜6に対して開催場のB場で開催されるレースの単勝、馬連単、三連単をそれぞれ表示する表示チャンネルのCH4〜6がそれぞれ対応付けられている。そして、ゾーンcに配置されたモニタ7〜9に対して開催場のC場で開催されるレースの単勝、馬連単、三連単をそれぞれ表示する表示チャンネルのCH7〜9がそれぞれ対応付けられている。

0061

なお、イベント情報保持部501及び表示パターン情報保持部502が保持する情報は、係員により表示制御装置500に対して予め入力されるものである。
また、表示制御装置500は、図5に示すように、受信処理部503と、開催場情報取得部504、開催場情報保持部505、イベント取得部506、イベント判定部507を有する。さらに、表示制御装置500は、表示切替情報生成部508と、表示切替情報保持部509、表示切替制御部510、割り当て情報生成部511、割り当て情報保持部512、割り当て表示処理部513、最終レース判定部514を有する。

0062

受信処理部503は、通信処理部560dを介してホストコンピュータ200から通知された情報を受信する。
開催場情報取得部504は、受信処理部503が受信した情報から開催場情報を取得して、取得した開催場情報を開催場情報保持部505に保持させる。開催場情報保持部505は、開催場情報取得部504が取得した開催場情報を保持する。なお、開催場情報は、ホストコンピュータ200がシステム上で割り当てて用いる開催場である。また、開催場情報は、ホストコンピュータ200からネットワーク700を介して画像生成装置300にも送信されて、画像生成装置300でも利用される。開催場情報については後に具体的に説明する。

0063

イベント取得部506は、受信処理部503が受信した情報からイベントを取得する。イベント判定部507は、イベント取得部506が取得したイベントがイベント情報保持部501内に含まれているか否かを判定する。なお、イベント判定部507は、取得したイベントがイベント情報保持部501内に含まれている場合には、当該イベントにフラグをセットする。

0064

表示切替情報生成部508は、イベント判定部507がイベント情報保持部501に取得したイベントが含まれていることを判定した場合に、当該イベントに対応付けられた表示パターンを特定する。表示切替情報生成部508は、特定した表示パターンに基づいて表示パターン情報保持部502からモニタ1〜9に表示させる表示チャンネルを表す表示切替情報を生成して、表示切替情報保持部509に保持させる。表示切替情報保持部509は、表示切替情報生成部508が生成した表示切替情報を保持する。なお、表示切替情報生成部508による表示切替情報の生成並びに表示切替情報については後に具体的に説明する。

0065

表示切替制御部510は、表示切替情報保持部509が保持する表示切替情報に基づき、入出力インタフェース560gから画像切替装置400にモニタ1〜9に表示させる表示チャンネルの表示要求を通知する。

0066

割り当て情報生成部511は、表示切替情報生成部508の生成処理後に、イベント情報保持部501に含まれるイベント判定部507が判定したイベントに対応付けられた表示パターンを特定する。割り当て情報生成部511は、特定した表示パターンに基づき表示パターン情報保持部502からゾーンに割り当てる開催場を特定する。割り当て情報生成部511は、開催場情報保持部505を参照して、ゾーンに対する割り当てを特定した開催場に、開催場の場名を対応付けて、割り当て情報を生成する。割り当て情報生成部511は、生成した割り当て情報を割り当て情報保持部512に保持させる。なお、割り当て情報生成部511による割り当て情報の生成並びに割り当て情報については後に具体的に説明する。

0067

割り当て表示処理部513は、割り当て情報保持部512に基づき、グラフィック処理部560eから開催場案内モニタ600に、ゾーンごとのモニタの配置と、ゾーンごとに割り当てた、モニタが表示するレースが開催される開催場とを表示させる。

0068

最終レース判定部514は、イベント情報保持部501内にセットされたフラグの状況から、最終レースが未実施の開催場の有無を判定する。
次に、このような機能を有する表示制御装置500による表示制御処理について図8並びに図9図11及び図12を用いて説明する。

0069

図8は、第2の実施の形態における表示制御装置で実行される表示制御処理を示すフローチャートである。
図9は、第2の実施の形態に係る表示制御装置が備える開催場情報保持部が保持する開催場情報の一例を示す図、図10は、第2の実施の形態に係る表示制御装置が生成する表示切替情報保持部が保持する表示切替情報の一例を示す図、図11は、第2の実施の形態に係る表示制御装置が表示させる割り当て情報保持部が保持する割り当て情報の一例を示す図である。

0070

また、図12は、第2の実施の形態における表示制御装置が表示させる開催場案内モニタの表示例を示す図である。なお、図12(A)は、表示システム起動の、図12(B)は、C場最終レース払い戻し金額の確定の、図12(C)は、B場及びC場最終レース払い戻し金額の確定のイベントが発生した際の開催場案内モニタ600の表示例をそれぞれ示している。

0071

なお、図9図11及び図12の場名は仮称としている。
投票所の営業開始に伴って表示システム100が起動すると、表示制御装置500は、ホストコンピュータ200と通信を行って以下の処理を実行する。

0072

[ステップS11]受信処理部503は、通信処理部560dを介してホストコンピュータ200から通知された情報を受信する。
開催場情報取得部504は、受信処理部503が受信した情報から開催場情報を取得して、取得した開催場情報を開催場情報保持部505に保持させる。

0073

開催場情報は、ホストコンピュータ200がホストコンピュータ200上において、例えば、図9に示すように、開催場のA,B,C,D場に対して「埼玉」、「千葉」、「群馬」、「」という順に割り当てて登録したものである。ホストコンピュータ200は、このような順で登録された開催場をセットにして、表示制御装置500に送信する。

0074

[ステップS12]イベント取得部506は、受信処理部503を介してイベントの受信を待ち受ける。
受信処理部503がホストコンピュータ200からイベントを受信して、イベント取得部506が当該イベントを取得すると、次のステップS13の処理が実行される。

0075

例えば、イベント取得部506がホストコンピュータ200から表示システム100の起動を表す「表示システム起動」のイベントを取得すると、次のステップS13が実行される。

0076

[ステップS13]イベント判定部507は、イベント取得部506がステップS12で取得したイベントがイベント情報保持部501内に含まれているか否かを判定する。
次の処理は、ステップS12で取得したイベントがイベント情報保持部501に含まれている場合には、ステップS14が実行され、含まれていない場合には、ステップS12が再び実行される。

0077

なお、イベント判定部507は、取得したイベントがイベント情報保持部501内に含まれている場合には、当該イベントにフラグをセットする。
上記の例では、イベント判定部507が、イベント情報保持部501(図6)に「表示システム起動」のイベントが含まれていることを判定すると、次のステップS14が実行される。

0078

[ステップS14]表示切替情報生成部508は、イベント情報保持部501を参照して、ステップS12で取得したイベントに対応付けられた表示パターンを特定する。
表示切替情報生成部508は、特定した表示パターンに基づいて表示パターン情報保持部502からモニタ1〜9に表示させる表示チャンネルを表す表示切替情報を生成して、表示切替情報保持部509に保持させる。

0079

上記の例では、表示切替情報生成部508は、イベント情報保持部501(図6)を参照して、ステップS12で取得した「表示システム起動」のイベントに対応付けられた「表示パターン1」を特定する。さらに、表示切替情報生成部508は、図10(A)に示すように、表示パターン情報保持部502(図7)の「表示パターン1」からモニタ1〜9にそれぞれ表示させる表示チャンネルとして「表示CH1〜9」をそれぞれ対応させた表示切替情報を生成して、表示切替情報保持部509に保持させる。

0080

別の例としては、表示切替情報生成部508は、ステップS12で「C場最終レース払い戻し金額の確定」または「B場及びC場最終レース払い戻し金額の確定」のイベントを取得した場合には、同様にして、図10(B),(C)に示すような表示切替情報を生成して、表示切替情報保持部509に保持させる。

0081

[ステップS15]表示切替制御部510は、表示切替情報保持部509が保持する表示切替情報に基づき、入出力インタフェース560gから画像切替装置400にモニタ1〜9に表示させる表示チャンネルの表示要求を通知する。

0082

これにより、画像切替装置400は、通知された表示要求に基づいた表示チャンネルをモニタ1〜9に表示させる。
上記の例では、表示切替制御部510は、表示切替情報保持部509が保持する図10(A)の表示切替情報に基づく表示要求を画像切替装置400に通知して、画像切替装置400は、モニタ1〜9に表示チャンネルとして表示CH1〜9をそれぞれ表示する。

0083

別の例としては、表示切替制御部510は、同様にして、図10(B)または図10(C)の表示切替情報に基づく表示要求を画像切替装置400に通知して、画像切替装置400は、モニタ1〜9に表示チャンネルとして表示CH1〜6,10〜12または表示CH1〜3,1〜3,10〜12をそれぞれ表示する。

0084

[ステップS16]割り当て情報生成部511は、イベント情報保持部501を参照して、ステップS12で取得したイベントに対応付けられた表示パターンを特定する。
割り当て情報生成部511は、特定した表示パターンに基づいて表示パターン情報保持部502からゾーンに割り当てる開催場を特定する。さらに、割り当て情報生成部511は、開催場情報保持部505を参照して、特定した開催場に対して開催場の場名を対応付けて割り当て情報を生成して、割り当て情報保持部512に保持させる。

0085

上記の例では、割り当て情報生成部511は、イベント情報保持部501(図6)を参照して、ステップS12で取得した「表示システム起動」のイベントに対応付けられた「表示パターン1」を特定し、表示パターン情報保持部502(図7)の「表示パターン1」からゾーンa〜cにそれぞれ開催場としてA場、B場、C場を割り当てる。さらに、割り当て情報生成部511は、開催場情報保持部505(図9)を参照して、図11(A)に示すように、ゾーンa〜cにそれぞれ割り当てた「A場」、「B場」、「C場」に「埼玉」、「千葉」、「群馬」を対応付けて割り当て情報を生成して、割り当て情報保持部512に保持させる。

0086

別の例としては、割り当て情報生成部511は、ステップS12で「C場最終レース払い戻し金額の確定」または「B場及びC場最終レース払い戻し金額の確定」のイベントを取得した場合には、同様にして、図11(B),(C)に示すような割り当て情報を生成して、割り当て情報保持部512に保持させる。

0087

[ステップS17]割り当て表示処理部513は、割り当て情報保持部512に基づき、グラフィック処理部560eから開催場案内モニタ600に、ゾーンごとのモニタの配置と、ゾーンごとにモニタが表示するレースが開催される開催場とを表示させる。

0088

上記の例では、割り当て表示処理部513は、割り当て情報保持部512(図11(A))に基づき、開催場案内モニタ600に、図12(A)に示すように、モニタ1〜3(ゾーンa)に対して「埼玉競馬場」が、モニタ4〜6(ゾーンb)に対して「千葉競馬場」が、モニタ7〜9(ゾーンc)に対して「群馬競馬場」がそれぞれ割り当てられた画像を表示させる。

0089

他の例としては、割り当て表示処理部513は、ステップS12で「C場最終レース払い戻し金額の確定」または「B場及びC場最終レース払い戻し金額の確定」のイベントを取得した場合には、同様にして、図12(B),(C)に示すような画像を開催場案内モニタ600に表示させる。

0090

このような表示により、投票所内に入場した投票者は、図12に示すような開催場案内モニタ600による表示を視認することで、所望の開催場のレースを表示するモニタ1〜9に迷わずに向かうことができるようになる。

0091

[ステップS18] 最終レース判定部514は、イベント情報保持部501内にセットされたフラグの状況から、最終レースが未実施の開催場の有無を判定する。
次の処理は、最終レースが未実施の開催場があれば、ステップS12が再び実行される。最終レースが未実施の開催場がなければ、表示制御処理が終了する。

0092

上記の表示制御装置500は、公営競技の投票所1000内に配置された、競技に関する情報を表示している複数のモニタ1〜9の配置を開催場案内モニタ600に表示するものである。

0093

また、表示制御装置500は、競技に関するイベントが対応付けられ、複数のモニタ1〜9に表示させる表示チャンネルに関する情報を保持する表示切替情報保持部509を備える。表示制御装置500では、開催場で開催されている競技でイベントが発生すると、表示切替情報保持部509を参照して、複数のモニタ1〜9に、発生したイベントに対応付けられた表示チャンネルを表示させる。これにより、モニタ1〜9に表示チャンネルを自動的に表示させることができるようになる。

0094

また、表示制御装置500は、競技に関するイベントが対応付けられ、複数のモニタ1〜9に対して割り当てられた複数のモニタ1〜9が表示する競技が開催される開催場に関する情報を保持する割り当て情報保持部512を備える。表示制御装置500では、開催場で開催されている競技でイベントが発生すると、割り当て情報保持部512を参照して、発生したイベントに対応付けられた開催場と、複数のモニタ1〜9の配置とを開催場案内モニタ600に表示させる。

0095

このように表示することで、投票所1000内の投票者は、開催場案内モニタ600の表示を視認すると、投票したい開催場の競技を表示するモニタ1〜9の配置が分かり、迷うことなく所望のモニタ1〜9に向かうことが可能となる。したがって、表示制御装置500は、投票者が投票したい競技を表示するモニタ1〜9に投票者を誘導させることができ、当該投票者による投票の機会を増やすことができるようになる。

0096

なお、上記の処理機能は、コンピュータによって実現することができる。その場合、コンピュータが有すべき機能の処理内容記述したプログラムが提供される。そのプログラムをコンピュータで実行することにより、上記処理機能がコンピュータ上で実現される。

0097

処理内容を記述したプログラムは、コンピュータで読み取り可能な記憶媒体に記憶しておくことができる。コンピュータで読み取り可能な記憶媒体には、磁気記憶装置光ディスク光磁気記憶媒体半導体メモリなどがある。磁気記憶装置には、HDD、フレキシブルディスクFD)、磁気テープMT)などがある。光ディスクには、DVD(Digital Versatile Disc)、DVD−RAM、CD−ROM(Compact Disc - Read Only Memory)、CD−R(Recordable)/RW(ReWritable)などがある。光磁気記憶媒体には、MO(Magneto - Optical disk)などがある。半導体メモリには、USB(Universal Serial Bus)メモリなどのフラッシュメモリがある。

0098

上記プログラムを流通させる場合には、例えば、そのプログラムが記憶されたDVD、CD−ROMなどの可搬型記憶媒体が販売される。また、プログラムをサーバコンピュータに格納しておき、ネットワークを介して、サーバコンピュータから他のコンピュータにそのプログラムを転送することもできる。

0099

上記プログラムを実行するコンピュータは、例えば、可搬型記憶媒体に記憶されたプログラム若しくはサーバコンピュータから転送されたプログラムを、自己記憶装置に格納する。そして、コンピュータは、自己の記憶装置からプログラムを読み取り、プログラムに従った処理を実行する。なお、コンピュータは、可搬型記憶媒体から直接プログラムを読み取り、そのプログラムに従った処理を実行することもできる。また、コンピュータは、サーバコンピュータからプログラムが転送される毎に、逐次、受け取ったプログラムに従った処理を実行することもできる。

0100

また、プログラムで記述された処理の一部または全てを、電子回路に置き換えることが可能である。例えば、上記の処理機能の少なくとも一部を、DSP(Digital Signal Processor)、ASIC(Application Specific IntegratedCircuit)、PLD(Programmable Logic Device)などの電子回路で実現してもよい。

0101

なお、上述の実施の形態は、実施の形態の要旨を逸脱しない範囲内において種々の変更を加えることができる。
さらに、上述の実施の形態は、多数の変形、変更が当業者にとって可能であり、説明した正確な構成および応用例に限定されるものではない。

0102

1 表示システム
2公営競技ホストコンピュータ
3画像制御装置
4a〜4c,6表示装置
5表示制御装置
5a表示切替情報保持部
5b割り当て情報保持部
5cイベント取得部
5d切替表示処理部
5e割り当て表示処理部

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 横浜信用金庫の「 情報提供システム、情報提供方法、プログラム」が 公開されました。( 2019/09/19)

    【課題】精度がより高いビジネスマッチングを実現することである。【解決手段】情報提供システム1は、従業員が属する企業の企業情報及び経営者が経営する企業の企業情報の少なくとも何れかを記憶する記憶部120と... 詳細

  • 株式会社ドワンゴの「 サーバおよびプログラム」が 公開されました。( 2019/09/19)

    【課題】ゲームのリアルタイムプレイ動画の観客による当該ゲームの進行へ介入が短期間に集中することによる双方向的なゲーム体験の破綻を回避する。【解決手段】本発明の一態様に係るサーバは、算出部と、決定部と、... 詳細

  • ほしふる株式会社の「 通信システム及びプログラム」が 公開されました。( 2019/09/12)

    【課題】ユーザーの利便性を高める。【解決手段】携帯通信端末3は、他の携帯通信端末3に対応するワンタッチボタン43及びテキスト入出力部50をタッチパネル34に表示する。発信側の携帯通信端末3は、発信前に... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ