図面 (/)

技術 皮膚異常改善外用剤

出願人 増田ミサエ
発明者 増田ミサエ
出願日 2013年4月24日 (6年10ヶ月経過) 出願番号 2013-091021
公開日 2014年11月17日 (5年4ヶ月経過) 公開番号 2014-214102
状態 特許登録済
技術分野 医薬品製剤 化粧料 植物物質含有医薬 化合物または医薬の治療活性
主要キーワード 乾燥唐辛子 青唐辛子 飲用アルコール 生姜エキス 超臨界二酸化炭素抽出法 アルコール液 赤唐辛子 ホワイトリカー
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2014年11月17日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (2)

課題

皮膚異常を改善することができる外用剤を提供する。

解決手段

唐辛子成分と生姜成分とを含有する。好ましくはアルコール抽出液とする。

概要

背景

従来から、唐辛子生姜食用に供されるほか、その含有成分を薬効成分としても利用されている。例えば、唐辛子はカプサイシンによる温間作用、血行促進作用などが代表的である。一方生姜は、発汗作用、健作用、鎮吐作用、興奮作用強壮作用などがあるとされている。

唐辛子や生姜の薬効効果を利用する場合、これらを直接食すことにより利用する場合もあるが、これらの含有成分をアルコール等により抽出したエキスとして利用することもある。このような技術として、例えば特許文献1や特許文献2がある。特許文献1は、唐辛子や生姜の抽出エキス等を利用した皮膚外用剤である。特許文献2は、生姜エキス粉末唐辛子とを利用した体温調節剤内服剤)である。

特許文献1や特許文献2では、その血行促進効果などにより、肩こり腰痛痛、解熱鼻詰まりき止め、リウマチなどに対して有効とされている。

概要

皮膚異常を改善することができる外用剤を提供する。唐辛子成分と生姜成分とを含有する。好ましくはアルコール抽出液とする。なし

目的

本発明は従来とは異なる効能を利用した新たな用途を提供するものであって、唐辛子成分と生姜成分とを利用した皮膚異常改善外用剤を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

唐辛子成分と生姜成分とを含有する、皮膚異常改善外用剤

請求項2

唐辛子成分と生姜成分とを含有するアルコール液である、請求項1に記載の皮膚異常改善外用剤。

技術分野

0001

本発明は、唐辛子薬効成分と生姜の薬効成分とを利用した、肌荒れなどの皮膚異常を改善するための外用剤に関する。

背景技術

0002

従来から、唐辛子や生姜は食用に供されるほか、その含有成分を薬効成分としても利用されている。例えば、唐辛子はカプサイシンによる温間作用、血行促進作用などが代表的である。一方生姜は、発汗作用、健作用、鎮吐作用、興奮作用強壮作用などがあるとされている。

0003

唐辛子や生姜の薬効効果を利用する場合、これらを直接食すことにより利用する場合もあるが、これらの含有成分をアルコール等により抽出したエキスとして利用することもある。このような技術として、例えば特許文献1や特許文献2がある。特許文献1は、唐辛子や生姜の抽出エキス等を利用した皮膚外用剤である。特許文献2は、生姜エキス粉末唐辛子とを利用した体温調節剤内服剤)である。

0004

特許文献1や特許文献2では、その血行促進効果などにより、肩こり腰痛痛、解熱鼻詰まりき止め、リウマチなどに対して有効とされている。

先行技術

0005

特開平3−106818号公報
特開2007−145774号公報

発明が解決しようとする課題

0006

しかしながら、特許文献1では神経痛やリウマチなど身体内部の異常に対して効果があるとされているのみであり、皮膚そのものの異常に対しては着目していない。また、特許文献2は内服剤であり、そもそも皮膚の異常に対する効果は期待できない。

0007

これに対し、本発明者は唐辛子や生姜の薬効成分が皮膚異常にも効果があることを知見し、本発明を完成するに至った。すなわち、本発明は従来とは異なる効能を利用した新たな用途を提供するものであって、唐辛子成分と生姜成分とを利用した皮膚異常改善外用剤を提供するものである。

課題を解決するための手段

0008

そのための手段として、本発明の皮膚異常改善外用剤は、唐辛子成分と生姜成分とを含有することを特徴とする。特に、唐辛子成分と生姜成分とを含有するアルコール液とすることが好ましい。

発明の効果

0009

本発明によれば、唐辛子成分と生姜成分の新たな効能を利用しており、皮膚の異常部位(患部)に塗布することで、肌荒れなどの皮膚異常(肌トラブル)を改善することができる。これにより、完治するまでの時間を短縮することができる。

図面の簡単な説明

0010

塗布前の状態を示す写真である。
塗布後の状態を示す写真である。

0011

以下に、本発明の代表的な実施態様について説明する。本発明の皮膚異常改善外用剤(以下、単に外用剤と称すことがある)は、唐辛子成分と生姜成分とを含有する。唐辛子由来抽出成分(薬効成分)としては、具体的にはカプサイシンが挙げられる。生姜由来の抽出成分(薬効成分)としては、具体的にはジンゲロンジンゲロールショウガオールが挙げられる。

0012

これらの薬効成分は、唐辛子及び生姜から抽出して得られる。その抽出方法としては、水蒸気蒸留法溶剤抽出法超臨界二酸化炭素抽出法などが利用できるが、中でも溶剤抽出法であれば安価で簡便に行えるため好ましい。抽出溶剤としては特に限定されないが、例えばエタノールプロピルアルコールイソプロピルアルコールブタノール等の低級アルコール又は含水低級アルコール、或いは1,3−ブチレングリコール等の多価アルコール又は含水多価アルコール、或いはアセトン酢酸エチルヘキサン等の各種有機溶剤による抽出が可能である。これらの溶剤は、1種のみを用いても良く、2種以上を混合して使用することもできる。また、焼酎日本酒等の飲用アルコールにより抽出することも好ましい。飲用アルコール抽出であれば、飲用アルコールに含まれるミネラルや栄養成分との相乗効果も期待できるからである。

0013

焼酎等の飲用アルコールも含めて、溶剤抽出する場合、唐辛子及び生姜の浸漬量は特に限定されないが、溶剤100重量部に対して、唐辛子及び生姜を合計で10〜200重量部程度とすればよい。唐辛子及び生姜の浸漬量が10重量部未満では、薬効成分量が少なくて改善効果が得難くなるからである。一方、唐辛子及び生姜の浸漬量が100重量部を超えても、改善効果に大差はなく、材料コストが嵩んでしまう。

0014

溶剤抽出する際の浸漬時間も、ある程度の薬効成分が抽出できている限り特に限定されないが、少なくとも1日以上は浸漬することが好ましい。十分量の薬効成分を抽出するには、10日以上浸漬することが好ましく、より好ましくは20日以上、さらに好ましくは1ヶ月以上浸漬する。

0015

唐辛子成分や生姜成分を抽出する際、唐辛子や生姜をそのまま用いることもできるが、適宜裁断ないし粉砕しておくことが好ましい。また、適宜乾燥したうえで使用することが好ましい。これらの前処理を行うことで、抽出効率が向上する。使用する唐辛子としては、カプサイシンを含む限り特に限定されず、赤唐辛子でも青唐辛子でもよい。生姜としても、根生姜、葉生姜、矢生姜いずれも使用できる。

0016

本発明の外用剤は、上記抽出成分を食用油脂等により製剤化するなど、適宜加工して用いることもできるが、単に抽出成分を含有する抽出液、好ましくはアルコール液とすることが望ましい。加工の手間を省くことができ簡便だからである。抽出液とする場合は、適宜溶剤を揮発させた濃縮液とすることも好ましい。濃縮液としていれば、薬効効率が向上するからである。なお、抽出液とする場合は、抽出するために漬け込んだ唐辛子や生姜を溶剤(抽出液)から取り出して使用することが好ましいが、漬け込んだ唐辛子や生姜を取り出さずそのまま使用することもできる。

0017

本発明の外用剤は、唐辛子成分及び生姜成分を含有することで、肌荒れ、ただれ、かぶれなどの皮膚異常を改善することができる。当該外用剤は、皮膚異常が生じている患部に直接塗布噴霧すればよい。または、ガーゼティッシュコットン布帛、不織布などに含浸させてこれらを患部に貼り付けておくことも好ましい。

0018

以下、実施例に基づき本発明を具体的に説明するが、これに限られることは無く、本発明の要旨を逸脱しない範囲で変更が可能である。

0019

オーブンにて100℃で30分熱乾燥した生生姜1kgと、半分に切断した乾燥唐辛子タカツメ)80gとを、アルコール分35%の焼酎(ホワイトリカー)2斤(約1.2kg)に3ヶ月以上漬け込んで、外用剤としてのアルコール液を作成した。

実施例

0020

当該外用剤を、数年間足裏の皮膚異常(図1参照)に悩んでいた患者の患部に、1日1回、毎日適量塗布した。すると、目に見えて皮膚異常が改善していき、3ヵ月後には、図2に示すように皮膚異常がほぼ完治した。これにより、唐辛子成分と生姜成分とを含有する外用剤は皮膚異常の改善効果があることが確認された。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い法人

関連性が強い法人一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ