図面 (/)

技術 電子装置及びそのデータ処理方法

出願人 三星電子株式会社
発明者 余在永許文箕
出願日 2013年12月2日 (7年0ヶ月経過) 出願番号 2013-249108
公開日 2014年10月27日 (6年1ヶ月経過) 公開番号 2014-203454
状態 特許登録済
技術分野 機械翻訳 計算機間の情報転送
主要キーワード 開始語 翻訳文字 通信連結 入出力周辺装置 GUI動作 無線ラン 物理的領域 国語情報
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2014年10月27日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (19)

課題

ユーザが慣れた第2言語を使ってデータ処理できるようにして円滑なコミュニケーションを提供する。

解決手段

他の言語で構成された文字メッセージ電子装置のOSで設定された言語、又はユーザによって設定された言語に変える方法及び装置に関わり、電子装置が、文字メッセージに対応する第1テキストデータを受信する段階と、受信した第1テキストデータに対応する第1言語を決定する段階と、第1言語の決定に対応して、第1テキストデータに対応する予め設定した第2言語による第2テキストデータを出力する段階と、を含む。

概要

背景

最近は、第1国から購入した電子装置を第2国で使用することが数多く起こる。例えば、韓国で購入した電子装置をアメリカで使用し得る。この場合、アメリカの移動通信サービスを利用してもよく、韓国の移動通信サービスをローミング(roaming)して使用してもよい。このように、第1国の言語を使用するユーザが第2国で電子装置100を使用する場合、第2国の言語でテキスト(Text)メッセージを受信することがある。第2国の言語に慣れてないユーザはオンライン、又はオフライン通訳プログラム、又は他人援助を受けて第2国の言語で構成された文字メッセージをそのユーザが使用する第1国の言語に翻訳する必要がある。

概要

ユーザが慣れた第2言語を使ってデータ処理できるようにして円滑なコミュニケーションを提供する。他の言語で構成された文字メッセージを電子装置のOSで設定された言語、又はユーザによって設定された言語に変える方法及び装置に関わり、電子装置が、文字メッセージに対応する第1テキストデータを受信する段階と、受信した第1テキストデータに対応する第1言語を決定する段階と、第1言語の決定に対応して、第1テキストデータに対応する予め設定した第2言語による第2テキストデータを出力する段階と、を含む。

目的

さらに、電子装置は、音声通信の機能のみならず、カメラデータ通信放送動画再生オーディオの再生並びにメッセンジャー日程管理アラーム機能などの多様なサービスを提供する

効果

実績

技術文献被引用数
2件
牽制数
1件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

電子装置のデ−タ処理方法において、前記電子装置が、第1テキストデ−タを受信する段階と、前記電子装置が、受信した前記第1テキストデ−タに対応する第1言語を決定する段階と、前記電子装置が、前記第1言語の決定に対応して、前記第1テキストデ−タに対応する予め定めた第2言語で構成された第2テキストデ−タを出力する段階と、を含むことを特徴とする方法。

請求項2

前記第2テキストデ−タは、前記第1テキストデ−タを前記第2言語に変換したデ−タであることを特徴とする請求項1に記載の方法。

請求項3

前記第2テキストデ−タは、前記電子装置に保存する言語テーブルから前記第1テキストデ−タに対応する前記第2言語に変換したデ−タであることを特徴とする請求項1に記載の方法。

請求項4

前記第1言語は、受信した前記第1テキストデ−タの標準文字エンコード文字セットに含まれるコード、及び前記第1テキストデ−タが含む言語の識別コードの何れかに基づき決定されることを特徴とする請求項1に記載の方法。

請求項5

前記電子装置が、前記第1テキストデ−タの前記第1言語と、前記第2テキストデ−タの前記第2言語と、を比較する段階をさらに含み、前記第1言語又は第2言語は、前記第1テキストデータ又は前記第2テキストデータの、標準文字エンコード、文字セットに含まれるコード、前記第1テキストデータ、及び前記第2テキストデータが含む言語識別コードの何れかに基づき区分されることを特徴とする請求項1に記載の方法。

請求項6

予め定めた前記第2言語は、前記電子装置のOS(OperatingSystem)で使用する言語、前記電子装置の発売国コードに対応する国の言語のうちから少なくとも一つに定められることを特徴とする請求項1に記載の方法。

請求項7

予め定めた前記第2言語は、前記電子装置が、複数の言語メニュを表示し、前記電子装置のユーザが、前記複数の言語のうちから前記第2言語を選択する過程をさらに含むことを特徴とする請求項1に記載の方法。

請求項8

前記電子装置が、前記第1言語で構成された前記第1テキストデータ、又は前記第2言語で構成された前記第2テキストデータを表示する段階をさらに含むことを特徴とする請求項1に記載の方法。

請求項9

電子装置のデータ処理方法において、前記電子装置が、第1言語で構成された第1テキストデータを受信する段階と、前記電子装置のユーザが、前記第1テキストデータに対する返事として前記第1言語と異なる第2言語で構成された第2テキストデータを入力する段階と、前記電子装置が、前記入力された第2テキストデータに対応して、前記第2テキストデータに対応する前記第1言語で構成された第3テキストデータを送信する段階と、を含むことを特徴とする方法。

請求項10

前記電子装置が、前記第1テキストデータに対応する前記第2言語で構成された第4テキストデータ、又は、前記第1テキストデータ及び前記第4テキストデータを表示する段階をさらに含むことを特徴とする請求項9に記載の方法。

請求項11

前記電子装置が、前記第2テキストデータ、又は、前記第2テキストデータ及び前記第3テキストデータを表示する段階をさらに含むことを特徴とする請求項9に記載の方法。

請求項12

電子装置において、少なくとも一つのプロセッサと、別途の第2電子装置と通信する少なくとも一つの通信システムと、少なくとも一つのメモリと、前記メモリに保存され前記少なくとも一つのプロセッサによって実行される少なくとも一つのプログラムと、を含み、前記プログラムは、第1テキストデータを受信するよう処理し、受信された前記第1テキストデータに対応する第1言語を決定するよう処理し、前記決定した第1言語に対応して、前記第1テキストデータに対応する予め定めた第2言語で構成された第2テキストデータを出力するように処理する命令語を含むことを特徴とする装置。

請求項13

前記プログラムは、前記第1テキストデータを前記第2言語に変換するよう処理する命令語を含むことを特徴とする請求項12に記載の装置。

請求項14

前記プログラムは、前記第1テキストメッセージに対応する前記第2言語を、前記電子装置に保存する言語テーブルから獲得して変換するよう処理する命令語を含むことを特徴とする請求項12に記載の装置。

請求項15

前記プログラムは、受信された前記第1テキストデータの標準文字エンコード、文字セットに含まれるコード、及び前記第1テキストデータが含む言語識別コードの何れかに基づき前記第1言語を決定することを特徴とする請求項12に記載の装置。

請求項16

前記プログラムは、前記第1テキストデータの前記第1言語と、前記第2テキストデータの前記第2言語を比較するよう処理する命令語を含み、前記第1言語又は第2言語は、前記第1テキストデータ、前記第2テキストデータの標準文字エンコード、文字セットに含まれるコード、前記第1テキストデータ、及び前記第2テキストデータが含む言語識別コードの何れかに基づき区分されることを特徴とする請求項12に記載の装置。

請求項17

前記プログラムは、前記電子装置のOS(OperatingSystem)で使用する言語、前記電子装置の発売国コードに対応する国の言語のうちから少なくとも一つを第2言語と定めることを特徴とする請求項12に記載の装置。

請求項18

前記プログラムは、複数の言語メニュを表示し、前記電子装置のユーザが、前記表示された複数の言語の中から前記第2言語を選択するよう処理する命令語を含むことを特徴とする請求項12に記載の装置。

請求項19

前記プログラムは、前記第1言語で構成された前記第1テキストデータ、又は前記第2言語で構成された前記第2テキストデータを表示するよう処理する命令語を含むことを特徴とする請求項12に記載の装置。

請求項20

電子装置において、少なくとも一つのプロセッサと、別途の第2電子装置と通信する少なくとも一つの通信システムと、少なくとも一つのメモリと、前記メモリに保存され前記少なくとも一つのプロセッサにより実行される少なくとも一つのプログラムと、を含み、前記プログラムは、第1言語で構成された第1テキストデータを受信するよう処理し、前記第1テキストデータに対する返事として前記電子装置のユーザが入力した、前記第1言語と異なる第2言語で構成された第2テキストデータを処理し、前記入力された第2テキストデータに対応する前記第1言語で構成された第3テキストデータを送信するよう処理する命令語を含むことを特徴とする装置。

請求項21

前記プログラムは、前記第1テキストデータに対応する前記第2言語で構成された第4テキストデータ、又は、前記第1テキストデータ及び前記第4テキストデータを表示するよう処理する命令語を含むことを特徴とする請求項20に記載の装置。

請求項22

前記プログラムは、前記第2テキストデータ、又は、前記第2テキストデータ及び前記第3テキストデータを表示するよう処理する命令語を含むことを特徴とする請求項20に記載の装置。

請求項23

電子装置のデータ処理方法において、前記電子装置が、第1テキストデータを受信する段階と、前記電子装置が、受信した前記第1テキストデータに対応する第1言語を決定する段階と、前記電子装置が、前記第1言語の決定に対応して、前記第1テキストデータに対応する予め定めた第2言語で構成された第2テキストデータを出力する段階と、前記電子装置のユーザが、前記第1テキストデータに対する返事として前記第2言語で構成された第3テキストデータを入力する段階と、前記電子装置が、前記入力された第3テキストデータに対応して、前記第3テキストデータに対応する前記第1言語で構成された第4テキストデータを送信する段階と、を含むことを特徴とする方法。

技術分野

0001

移動通信技術の発展に伴い、移動通信可能な携帯型電子装置(以下、単に電子装置という)は個人に必須の通信装置として使用されるに至っている。さらに、電子装置は、音声通信の機能のみならず、カメラデータ通信放送動画再生オーディオの再生並びにメッセンジャー日程管理アラーム機能などの多様なサービスを提供するマルチメディア装置へ発展している。

背景技術

0002

最近は、第1国から購入した電子装置を第2国で使用することが数多く起こる。例えば、韓国で購入した電子装置をアメリカで使用し得る。この場合、アメリカの移動通信サービスを利用してもよく、韓国の移動通信サービスをローミング(roaming)して使用してもよい。このように、第1国の言語を使用するユーザが第2国で電子装置100を使用する場合、第2国の言語でテキスト(Text)メッセージを受信することがある。第2国の言語に慣れてないユーザはオンライン、又はオフライン通訳プログラム、又は他人援助を受けて第2国の言語で構成された文字メッセージをそのユーザが使用する第1国の言語に翻訳する必要がある。

先行技術

0003

韓国公開特許公報10−2006−0009056

発明が解決しようとする課題

0004

よって、本発明の実施例による電子装置の目的は、受信した文字メッセージの言語を決定し、電子装置のOS(Operating System)において設定された言語、又は電子装置のユーザが翻訳するように設定した言語に翻訳して出力することによって円滑なコミュニケーションを提供することにある。
本発明のほかの実施例による電子装置の目的は、文字メッセージの返事として電子装置のユーザが入力した文字メッセージの言語が受信した文字メッセージの言語と一致するか否かを決め、返事として入力された文字メッセージを受信した文字メッセージの言語に翻訳して送信することで円滑なコミュニケーションを提供することにある。

課題を解決するための手段

0005

本発明の第1見地によると、電子装置のデータ処理方法において、前記電子装置が第1テキストデータを受信する段階と、前記電子装置が受信した第1テキストデータに対応する第1言語を決定する段階と、前記電子装置が第1言語の決定に対応して、第1テキストデータに対応する予め定めた第2言語による第2テキストデータを出力する段階と、を含む。

0006

本発明の第2見地によると、電子装置のデータ処理方法において、前記電子装置のユーザが第1テキストデータに対する返事を入力する段階と、前記電子装置が第1テキストデータに対応する第1言語と、返事データに対応する第2言語とが同じ言語ではないことを決定する段階と、該決定に対応して前記電子装置が、返事データに対応する前記第1言語による第2テキストデータを送信する段階と、を含む。

0007

本発明の第3見地によると、電子装置は少なくとも一つのプロセッサと、少なくとも一つの通信ステムと、少なくとも一つのメモリと、前記メモリに保存されて前記少なくとも一つのプロセッサにより実行される少なくとも一つのプログラムと、を含む。前記プログラムは第1テキストデータを受信し、受信した第1テキストデータに対応する第1言語を決定し、決定した第1言語に対応して、第1テキストデータに対応する予め定めた第2言語による第2テキストデータを出力する、よう処理する命令語を含む。

0008

本発明の第4見地によると、電子装置は少なくとも一つのプロセッサと、少なくとも一つの通信システムと、少なくとも一つのメモリと、前記メモリに保存されて前記少なくとも一つのプロセッサにより実行される少なくとも一つのプログラムと、を含む。前記プログラムは、前記電子装置のユーザにより第1テキストデータの返事が入力されると、第1テキストデータに対応する第1言語と、返事データに対応する第2言語とが同じ言語ではないことを決定し、該決定に対応して、返事データに対応する前記第1言語による第2テキストデータを送信するよう処理する命令語を含む。

発明の効果

0009

本発明による電子装置のデータ処理方法は、受信した第1言語による第1テキストデータに対応する、第2言語による第2テキストデータを出力するので、ユーザは慣れていない第1言語ではなく慣れた第2言語を使ってデータ処理でき、円滑なコミュニケーションを提供する。

図面の簡単な説明

0010

本発明の第1実施例による電子装置の構成を示すブロック図である。
本発明の第2実施例による電子装置において、プロセッサの動作の処理構成を示す図である。
本発明の第3実施例による電子装置において、データ処理によるUI動作の構成を示す図である。
本発明の第4実施例による電子装置において、データ処理よりによるUI動作の構成を示す図である。
本発明の第5実施例による電子装置において、データ処理によるUI動作の構成を示す図である。
本発明の第6実施例による電子装置において、データ処理によるUI動作の構成を示す図である。
本発明の第7実施例による電子装置において、データ処理によるUI動作の構成を示す図である。
本発明の第8実施例による電子装置において、データ処理によるUI動作の構成を示す図である。
本発明の第9実施例による電子装置において、データ処理によるUI動作の構成を示す図である。
本発明の第10実施例による電子装置において、データ処理によるUI動作の構成を示す図である。
本発明の第11実施例による電子装置において、データ処理によるUI動作の構成を示す図である。
本発明の第12実施例による電子装置において、データ処理によるUI動作の構成を示す図である。
本発明の第13実施例による電子装置において、データ処理によるUI動作の構成を示す図である。
本発明の第14実施例による電子装置において、データ処理によるUI動作の構成を示す図である。
本発明の第14実施例による電子装置において、データ処理によるUI動作の構成を示す図である。
本発明の第14実施例による電子装置において、データ処理によるUI動作の構成を示す図である。
本発明の第15実施例による電子装置において、プログラム動作を示す図である。
本発明の第16実施例による電子装置において、プログラム動作を示す図である。

実施例

0011

以下、本発明の好ましい実施例を添付の図面を参照して説明する。その際、公知の機能或は構成に関する具体的な説明が本発明の要旨を却って不明にする恐れがあると判断される場合、その詳しい説明は省略される。また、後述される用語は本発明における機能を考慮して定められた用語であって、その意味はユーザ、操作者の意図または慣例などに応じて異なり得る。従ってその定義は本願全般に関わる内容を基に定められなければならない。

0012

以下、本発明の実施例の説明において、電子装置100は、移動通信端末機、PDA、PC、ラップトップスマートフォンスマートTV、ネットブック携帯インターネット装置(MID)、ウルトラモバイルPC(UMPC)、タブレットPC、移動パッドメディアプレーヤーハンドヘルドコンピュータナビゲーションMPEG−1 Audio Layer−3 Player(MP3P)、及びサーバなどの何れかである。

0013

以下、本発明の実施例の説明において、電子装置としては、入力装置を介した入力過程と、表示部を介した表示過程とを一つの画面で行えるタッチスクリーン(Touch Screen)を含む装置を使用して説明する。よって、本発明の装置構成において、表示部と入力装置が別に提示される場合、表示部が入力装置を含む場合、又は、入力装置が表示部を含む場合がある。

0014

勿論、本発明は、タッチスクリーンを含む電子装置だけに限られず、表示部と入力装置が物理的に分離、区分されているか、又は表示部と入力装置のうちの一つだけを含む、などの多様な電子装置に適用できる。従って以下の実施例において、タッチスクリーンで表示される装置は、タッチ入力装置と表示部を含むタッチスクリーン、タッチ入力装置を含まない表示部、入力装置を含まない表示部などの何れかである。

0015

以下の本発明の説明において、何れか一の構成要素が他の構成要素に連結されているか、又は接続されていると言及されたときには、その、他の構成要素に直接に連結、又は接続されていることもあるが、中間に他の要素が存在することもあり得えると理解されなければならない。一方、何れか一の構成要素が他の構成要素に直接連結されているか、又は接続されていると言及されたときには、中間に他の構成要素が存在しないと理解されなければならない。

0016

図1は、本発明の第1実施例による電子装置のブロック構成を示している。
図1に示すように、電子装置100はメモリ110、プロセッサユニット(Processor Unit)120を含み、周辺装置としては入出力処理部130、表示部131とタッチ入力装置132とからなるタッチスクリーン133、オーディオ処理部140、通信システム150及び他の周辺装置を含む。
以下、各々の構成要素に関して説明する。

0017

メモリ110は、電子装置100の動作を制御するためのプログラムを保存するプログラム保存部111、及びプログラムを行う際に生じるデータを保存するデータ保存部112を含み、プロセッサ122の動作によってプログラムから生成されたデータなどを保存する。

0018

例えば、データ保存部112には、別途の第2電子装置(図示せず)から受信した文字メッセージデータを保存し、翻訳した文字メッセージを保存し、電子装置100に入力した文字メッセージを保存する。

0019

また、翻訳処理プログラム114が、第2国語で構成された文字メッセージデータを電子装置100のメイン言語、又は目標言語のデータに変換できる言語データ変換テーブル、又は翻訳プログラムなどのデータベースを含む場合、データ保存部112は、該言語データ変換テーブル、又は該データベースを保存する。

0020

プログラム保存部111は、少なくとも一つの応用プログラム113及びユーザインタフェース(UI)プログラム116、通信制御プログラム118、入出力制御プログラム117を含み得る。ここで、プログラム保存部111に含まれるプログラムは命令語の集合で構成されて命令語セットとして表現されることもある。

0021

翻訳処理プログラム114は、電子装置100が文字メッセージを受信すると受信した文字メッセージデータの標準文字エンコード、又は文字セットなどのコードが含まれる範囲の言語を決定する。若しくは、翻訳処理プログラム114は電子装置100のOSなどのシステム言語、または電子装置100の発売国コード、又は設定メニュにおける設定の何れかを介して電子装置100のメイン言語、又は目標言語を決定でき、電子装置100が受信した文字メッセージの言語と電子装置100のメイン言語、又は目標言語の言語とを比較し、電子装置100が受信した文字メッセージデータを電子装置100のメイン言語、又は目標言語に対応するデータに変換する。
翻訳処理プログラム114は、第1国語に該当する標準文字エンコード、又は文字セットなどの文字データを第2国語に該当する標準文字エンコード、又は文字セットなどの文字データに変換できるデータベース、又は翻訳プログラムを含むことができ、インターネット特定サーバのデータベース、又は翻訳プログラムを介して前記データの変換を実行する。該変換、又は翻訳において、変換は第1国語の文字メッセージデータを第2国語の文字メッセージデータに引き換えることで、翻訳は第1国語を第2国語に引き換えることであって、実は同じ動作であり得る。

0022

ここで文字メッセージは、Short Message Service(SMS)、Long Message Service(LMS)、Multimedia Message Service(MMS)、Concatenated SMS(CSMS)などの、文字(Text)を含めて構成するメッセージであり得る。

0023

サービス状態確認プログラム115は、電子装置100のプログラム又は構成装置が提供するサービスの状態を確認するための少なくとも一つのソフトウェアの構成要素である。

0024

ユーザインタフェース(UI)プログラム116は、電子装置100においてユーザインタフェース(UI)を提供するための少なくとも一つの命令語、ソフトウェアの構成要素を含む。
例えば、ユーザインタフェースプログラム116は、電子装置100で使用する標準文字エンコード、又は文字セットなどのコードを対応する文字、又は音に変換して電子装置100のタッチスクリーン133、又はスピーカ141などに出力する。

0025

入出力制御プログラム117は電子装置100の動作を表示部131に表示し、入力装置132を介して電子装置100の動作命令の入力を受ける。
通信制御プログラム118は図示されていないが、通信システム150を利用した少なくとも一つの第2電子装置との通信を制御するための少なくとも一つのソフトウェアの構成要素を含む。

0026

例えば、通信制御プログラム118は通信を連結するための第2電子装置を検索する。通信連結のための第2電子装置が検索された場合、通信制御プログラム118は第2電子装置と通信のための連結を設定する。以後、通信制御プログラム118は連結された第2電子装置との性能の検索及びセッション成立手続を行って通信システム150を介して第2電子装置とアラーム情報などのデータを送受信するよう制御する。

0027

応用プログラム113は電子装置100のメモリ110に設置された少なくとも一つの応用プログラムに対するソフトウエアの構成要素を含む。
電子装置100に含まれるメモリ110は一個以上、複数個から構成され得る。また、用途に応じてプログラム保存部111のみの機能、データ保存部112のみの機能、又は両方の機能の何れかを持ち、装置の特徴上メモリ110内部の物理的領域の区分は明確でない場合もある。

0028

プロセッサユニット120は、メモリインタフェース121、少なくとも一つのプロセッサ122及び周辺装置インタフェース123を含む。ここで、プロセッサユニット120に含まれるメモリインタフェース121、少なくとも一つのプロセッサ122及び周辺装置のインタフェース123は少なくとも一つの回路集積化されるか、又は、別個の構成要素で具現される。

0029

メモリインタフェース121は、プロセッサ122又は周辺装置インタフェース123のような構成要素からのメモリ110へのアクセスを制御する。
周辺装置インタフェース123は、電子装置100の入出力周辺装置(オーディオ処理部140など)とプロセッサ122及びメモリインタフェース121の連結を制御する。

0030

プロセッサ122は、少なくとも一つのソフトウェアプログラムを使用して電子装置100が多様なマルチメディア、通信などのサービスを提供するように制御し、入出力処理部130を介して表示部131で電子装置のUI動作を確認できるよう表示し、入力装置(図示せず)、又はタッチ入力装置132が電子装置100の外部からの命令を受けるサービスを提供するよう制御する。その際、プロセッサ122はメモリ110に保存されている少なくとも一つのプログラムを実行して該当プログラムに対応するサービスを提供するよう制御する。

0031

オーディオ処理部140は、スピーカ141及びマイクロフォン142を介してユーザと電子装置100との間のオーディオインタフェースを提供する。
通信システム150は通信機能を行う。例えば、通信システム150は基地局を介するなどの移動通信、赤外線無線通信(IrDA)、ブルートゥース(Bluetooth(登録商標))、Wireless Fidelity(Wi−Fi、WiFi)などの近距離無線通信、及び無線ラン(LAN)通信、有線ラン通信のうち少なくとも何れか一つを利用して第2電子装置との通信を行う。

0032

入出力処理部130は表示部131及びタッチ入力装置132などの入出力装置と周辺装置インタフェース123との間にインタフェースを提供する。
タッチ入力装置132は、ユーザの選択により発生する入力データを、入出力処理部130を介してプロセッサユニット120に提供する。

0033

例えば、タッチ入力装置132は、実際にはタッチ式の入力装置ではなく、電子装置100の外部から制御のためのデータの提供を受けるための制御ボタンだけで構成されてもよく、キーパッドで構成されてもよい。
他に例えば、タッチ入力装置132はタッチスクリーン133のように表示部132に含めて提供される。この際、タッチスクリーン133の入力装置132は、静電容量方式抵抗膜圧力感知)方式、赤外線方式電子誘導方式超音波方式などの何れかを使用できる。

0034

表示部131は、電子装置100の状態情報、外部から入力する文字、動画又は静止画(動画又は静止画、以下イメージ)などをプロセッサユニット120から提供されて、UI動作を構成して入出力処理部130を介して表示する。

0035

タッチスクリーン133は、物理的に表示部131上にタッチ入力装置132を結合した装置であって、電子装置100の動作において表示部131に表示している画面構成をタッチして命令を入力できる。

0036

よって、タッチスクリーン133は、電子装置100のUI動作を表示する表示部131と、外部の命令を電子装置100に入力する入力装置132の役割をすべて遂行できるので、以下の説明では、タッチスクリーン133の表示部131と、タッチスクリーン133の入力装置132をタッチスクリーン133で一括表示する。

0037

本発明の実施例の説明において、電子装置100の表示又は出力は、電子装置100のタッチスクリーン133又は第2表示部に、動画、静止画、又はGUI動作などで表示するか、若しくはスピーカ141に信号音、又は音声などのオーディオで出力する。以下の説明において表示又は出力を同じ意味として使用する。

0038

図2は、本発明の第2実施例による電子装置において、プロセッサ動作の処理構成を示している。
図2に示すように、プロセッサ122は翻訳処理部214、サービス状態確認部215、UI制御部216、入出力制御部217を含む。

0039

翻訳処理部214は、翻訳処理プログラム114を介して電子装置100が受信する文字メッセージを処理する。
例えば、電子装置100が文字メッセージを受信すると、翻訳処理部214は文字メッセージが第2国語で構成されているか否かを確認するよう制御する。

0040

次に例えば、電子装置100が受信した文字メッセージが第2国語で構成されていると決定すると、翻訳処理部214は文字メッセージを定められた第1国語に翻訳するよう制御する。
また他に例えば、電子装置100で文字メッセージを送信する場合、第1国語の文字メッセージを作成し、直前に受信した第2国語に自動的に、又は簡単な動作で文字メッセージを翻訳して送信するよう制御する。

0041

サービス状態確認部215は、サービス状態確認プログラム115を実行して電子装置100内部のプログラムと装置の有機的関係及び提供するサービスの状態を確認するよう制御する。
サービス状態確認部215は、例えば、サービス状態確認プログラム115を介して、翻訳処理部214が翻訳処理プログラム114を用いて電子装置100が受信した文字メッセージデータを翻訳し、又は受信した文字メッセージに対する返事を入力して送信する、などのサービス状態を確認するよう制御する。

0042

サービス状態確認部215は、他に例えば、サービス状態確認プログラム115を介してUI制御部216がUIプログラム116を用いて翻訳処理部214で翻訳した文字メッセージデータでUI動作を構成するか、入出力制御部217を用いてUI動作を出力するようにするか、又は入出力制御部217から入力した返事メッセージを処理する、などのサービス状態を確認するよう制御する。

0043

サービス状態確認部215は、また他に例えば、サービス状態確認プログラム115を介して入出力制御部217が入出力制御プログラム117にとってUI制御部で構成した翻訳した文字メッセージUI動作を出力するか、返事の文字メッセージを入力するなどのサービス状態を確認するよう制御する。

0044

ユーザインタフェース(UI)制御部216は、ユーザインタフェース(UI)プログラムと連動して、電子装置100のタッチスクリーン133などの表示部に表示する必要がある視覚情報を構成するよう制御する。

0045

入出力制御部217は、入出力制御プログラム117と連動して、UI制御部216が視覚情報で構成した電子装置100の動作を、タッチスクリーン133などの表示部に表示するか、又は、タッチスクリーン133などの入力装置からの命令を入力するよう制御する。

0046

図3は、本発明の第3実施例による電子装置において、データ処理によるUI動作の構成を示している。
図3を参照すると、電子装置100において、第1国語(システム上で使用するメイン言語)として韓国語を使用し、受信したメッセージは第2国語(第2国からテキストなどで受信したメッセージの言語)として英語を使用する場合を示す。

0047

例えば、電子装置は韓国で発売した製品であり、そのシステム(OS)で使用する言語は韓国語である。その場合、翻訳プログラム114は電子装置100の発売国コードを獲得するか、電子装置100のシステムで使用する言語をメイン言語として定めるか、若しくは、翻訳プログラム114を最初に開始するとき又は設定によりメイン言語を決める。

0048

電子装置100は、韓国で韓国の移動通信サービスを利用しても、アメリカでアメリカの移動通信サービスを利用しても、中国で中国の移動通信サービスを利用してもよく、又は第2国で韓国の移動通信サービスをローミングして利用してもよい。

0049

上述の方法で、アメリカで使用する電子装置100が韓国で発売した、又はシステムで使用するメイン言語が韓国語であるとき、英語で構成された文字メッセージ301を受信することがある。ユーザが英語に慣れてない場合、ユーザはメッセージの意味をわかるために翻訳プログラムを使用して英語で構成された文字メッセージ301を韓国語に翻訳するか、又は人を介してメッセージの意味を理解しなければならない。

0050

通常の場合、英語を構成された文字メッセージ301を韓国語に翻訳するためには翻訳プログラムを実行して翻訳対象の言語を選択して文字メッセージを直接入力するか、クリップボードに文字メッセージをコピーして翻訳プログラムにペーストするなどの方法で入力し、翻訳しようとする目的言語を選択するなどの過程を行う必要があった。

0051

本発明の実施例では、電子装置100は、受信した文字メッセージを構成する文字の言語を決定し、決定された言語が電子装置100のメイン言語、又は翻訳すべき言語と異なる場合に、自動的に、又は簡単な動作で該文字メッセージをメイン言語に翻訳できる方法及び装置に関して説明する。

0052

図4は、本発明の第4実施例による電子装置において、データ処理によるUI動作の構成を示している。
図4を参照すると、電子装置100は、第1国語(システム上で使用するメイン言語)として韓国語を使用し、受信したメッセージの言語が第2国語としての英語である場合に、電子装置100は受信した文字メッセージが英語であることを感知し、電子装置100のメイン言語である韓国語に翻訳して出力する。

0053

例えば、電子装置100は文字メッセージを受信すると、該文字メッセージの言語を決定し、そのまま文字メッセージ301として出力する。電子装置100は、文字メッセージの文字に対応する言語が電子装置100のメイン言語と一致しない場合、翻訳プログラム114、又はオンライン翻訳プログラムを介して文字メッセージをメイン言語に翻訳して翻訳した文字メッセージ303として出力する。

0054

図4の電子装置100は韓国を第1国とするとき、第2国で使用でき、その場合、電子装置100は、そのメモリ110又はシステムで韓国語を感知してメイン言語として使用する。
例えば、電子装置100のメモリ110には、発売国における電波周波数帯域など)の使用条件を定める電波使用範囲データ、電子装置100が利用する電波を使用できる第2国を定める電子装置100の使用可国データなどのデータに加えて発売国を確認できる識別コードなどのデータを含む。また、電子装置100のシステムで使用する言語に関する情報を含む。

0055

電子装置100は上述した識別コードを獲得して識別コードに該当する国で使用する言語をメイン言語として定めてもよく、又は電子装置100のシステムで使用する言語をメイン言語として定めてもよい。

0056

電子装置100が韓国語をメイン言語として使用する場合、英語で構成された文字メッセージ301が受信されると、受信した文字メッセージ301の言語を英語と決定し、受信した文字メッセージ301をそのままUI動作を構成して出力する。

0057

電子装置100は、受信した文字メッセージ301の言語として決定された英語が電子装置100であるメイン言語の韓国語と一致しないことを決定し、韓国語に翻訳して文字メッセージ301と同じ画面に翻訳した韓国語メッセージ303を出力する。

0058

図5は、本発明の第5実施例による電子装置において、データ処理によるUI動作の構成を示している。
電子装置100は、発売国コード、システムで使用する言語情報などを獲得して電子装置のメイン言語を自動的に定めてもよく、別途の設定を介してメイン言語を定めてもよい。即ち、例えば韓国語をメイン言語として使用する電子装置100が第2国語で構成された文字メッセージを受信する場合、メイン言語である韓国語に翻訳して出力するのではなく、別途設定した(実施例では目標言語に表示する)第3国語に翻訳して出力する。

0059

例えば、電子装置100は発売国コードなどの識別コード情報、又はシステムで使用する言語などの情報から獲得した韓国語をメイン言語として使用し、電子装置100の別途の設定を介して受信した文字メッセージをメイン言語である韓国語ではない英語と比較するよう定めることができる。即ち、電子装置100は韓国語をメイン言語として使用するが、文字メッセージを比較し、文字メッセージを翻訳する対象言語は英語を使用するよう定めることができる。

0060

ここで言語を比較、又は識別するときには言語を識別する識別コード、又は既定プロトコルを利用する。
図5では、電子装置100は、電子装置100の発売国コードなどの情報、システムで使用する言語などの情報から韓国語情報を獲得するか、電子装置100の別途の設定により、韓国語をメイン言語として使用する。また、電子装置100は、受信した文字メッセージの文字に対応する言語をメイン言語と比較することなく別途設定した目標言語と比較し、文字メッセージの言語が目標言語と一致しない場合、文字メッセージを目標言語に翻訳して出力する。

0061

図5では、韓国語をメイン言語として使用し、英語を目標言語として使用する電子装置100において、中国語で構成された文字メッセージが受信されると、文字メッセージの言語を中国語と決定し、受信した文字メッセージ401をそのままUI動作を構成して出力する。

0062

図6は、本発明の第6実施例による電子装置において、データ処理によるUI動作の構成を示している。
図6を参照すると、電子装置100はメイン言語として第1国語を使用し、第2国語で構成された文字メッセージ401を受信した場合、メイン言語である第1国語に翻訳せずに、電子装置100の別途の設定で定めた目標言語である第3国語に翻訳して文字メッセージ403を出力する。

0063

例えば、電子装置100は図5の場合と同様にメイン言語として韓国語を使用し、中国語で構成されたメッセージを受信した場合、メイン言語である韓国語に翻訳せずに、電子装置100の別途の設定メニュで定めた目標言語である英語に翻訳して出力する。

0064

図5の電子装置100において、中国語で構成された文字メッセージ401を受信した場合、電子装置100は受信した文字メッセージ401の言語を中国語と決定し、文字メッセージ401を中国語そのままUI動作を構成して出力した。

0065

図6において、電子装置100は、中国語をメイン言語である韓国語ではない電子装置100の別途の設定メニュで定めた英語と比較して一致しない場合、中国語で構成された文字メッセージ401を英語に翻訳して文字メッセージ403を出力する。

0066

図6を参照すると、電子装置100は図5において受信した文字メッセージ401を、インターネット、特定サーバなどのオンラインで翻訳プログラムなどを使用して翻訳し、図4の場合のように同じ画面に翻訳した文字メッセージ403を出力するのではなく、翻訳した文字メッセージ403だけを出力する。

0067

図7は、本発明の第7実施例による電子装置において、データ処理によるUI動作の構成を示している。
図7を参照すると、電子装置100は韓国語をメイン言語として使用し、メイン言語と異なる言語で構成された文字メッセージが受信された場合、自動的にメイン言語に翻訳して出力するが、その外にも、電子装置100の別途の設定により命令入力、又はジェスチャーなどの方法で翻訳を行うようにできる。

0068

例えば、図5ないし図6の場合、中国語で構成された文字メッセージが受信された場合、文字メッセージの言語を中国語と決定し、メイン言語と一致しないと自動的に翻訳して出力する。図7では自動的に翻訳せずに、タッチ、又はジェスチャーなどの入力を電子装置100に行って文字メッセージを翻訳するようにできる。

0069

図7を参照すると、電子装置100は韓国語をメイン言語として使用し、中国語で構成された文字メッセージ401を受信された場合、自動的にメイン言語である韓国語に翻訳するのではなく、タッチ動作を介して翻訳を行うようにできる。即ち、タッチスクリーン133に出力している中国語文字メッセージ401にユーザがタッチ動作501を行うことで、電子装置100はユーザがタッチで選択した中国語文字メッセージ401を翻訳して翻訳された内容を出力する。

0070

ここで、選択した文字メッセージとは、図10を参照したとき、401、513、515などの送受信された文字メッセージの何れか1件を意味し、タッチスクリーン133上で、タッチ動作、又はタッチアンドドラッグタッチ解除リリース)動作などの何れかにより、文字メッセージを出力しているタッチスクリーン133上の複数件の文字メッセージのうちからユーザが選択した一定領域に含まれる文字である。また複数件の文字メッセージとは、タッチスクリーン133上に会話形式で出力された一連の文字メッセージであり得る。

0071

図8は、本発明の第8実施例による電子装置において、データ処理によるUI動作の構成を示している。
図8を参照すると、電子装置100は、タッチスクリーン133に表示している第2国語で構成された文字メッセージをユーザが選択すると、翻訳プログラムを実行し、第2国語で構成された文字メッセージを電子装置100のメイン言語、又は目標言語に翻訳してタッチスクリーン133に出力する。

0072

例えば、図7において中国語で構成された文字メッセージ401をユーザがタッチ動作501により選択する場合、電子装置100は図8と同様に翻訳プログラム114を実行し、文字メッセージの言語を中国語と決定した後、電子装置100のメイン言語、又は目標言語に翻訳し、電子装置100が選択した開始語(翻訳しようとする対象言語)502と、開始語502で入力された文字メッセージ503と、翻訳語(電子装置100のメイン言語、又は目標言語)504と、翻訳された文字メッセージ505などを同様に出力する。また、電子装置100は、開始語(中国語)、メイン言語(韓国語)のほかに第3国語を選択できるメニュ509を提供でき、図示したように翻訳を求める第3国語としてユーザが英語を選択した場合、電子装置は開始語502、これに対応する開始語文字メッセージ503、翻訳語504、これに対応するメイン言語文字メッセージ505と並んで、英語に翻訳した文字メッセージ507を同様に出力する。電子装置100は翻訳を求める第3国語選択メニュ509として英語の他にも多様な国の言語を提供できる。

0073

図9は、本発明の第9実施例による電子装置において、データ処理によるUI動作の構成を示している。
図9を参照すると、電子装置100は、第2国語で構成された文字メッセージ、電子装置100のメイン言語に翻訳した文字メッセージ、又は目標言語に翻訳した文字メッセージを表示すると共に、翻訳プログラムを表示して、ユーザが該翻訳プログラムを使って返事を入力して文字メッセージを送信する。

0074

例えば、図9を参照すると、電子装置100は、開始語(中国語)で構成された文字メッセージ503をユーザが選択して翻訳プログラム114を実行し、翻訳語(メイン言語、又は目標言語)504による文字メッセージ505を図8の場合と同様に出力した後、翻訳プログラムを介して確認した文字メッセージに対する返事を入力するメニュ508を提供する。例えばユーザが韓国語で返事を入力する場合、電子装置100は入力された文字メッセージ507の言語(韓国語)が開始語(中国語)502と同じ言語であるか否かを比較する。電子装置100は、入力された文字メッセージ507の言語と開始語502の言語が同じでない場合、翻訳プログラムを介して翻訳して送信する。同じである場合にはそのまま送信する。また、入力された文字メッセージ507の言語と開始語502の言語を比較する動作は、以下の実施例で説明する、受信した文字メッセージに対する返事として文字メッセージをユーザが入力する動作にも適用できる。

0075

電子装置100が受信した中国語で構成された文字メッセージに対して、ユーザが返事として入力した韓国語文字メッセージを中国語に翻訳して送信した文字メッセージは、次に示す図10返信文字メッセージ513のように表示される。

0076

図10は、本発明の第10実施例による電子装置において、データ処理によるUI動作の構成を示している。
図10を参照すると、電子装置100は、第2国語で構成された文字メッセージを受信すると、ユーザが慣れているメイン言語又は目標言語に翻訳し、第2国語で構成された文字メッセージに対する返事をユーザがメイン言語、又は目標言語で作成すると、第2国語に翻訳して送信する。

0077

例えば、電子装置100は開始語(中国語)で構成された文字メッセージを受信した場合、本発明の上記の実施例において説明した方法によって、開始語による文字メッセージ401を、メイン言語、又は目標言語に翻訳する。
その際、電子装置100は、特に、図4、又は図12に示すように、電子装置100のメイン言語である韓国語に翻訳する動作、図8に示すように電子装置100で目標言語として設定した英語に翻訳する動作、図9、又は図11に示すように、翻訳しようとする中国語で構成された文字メッセージを選択してメイン言語である韓国語、又は目標言語(例えば、英語)に翻訳する動作、図14に示すように、文字メッセージが2言語以上によるメッセージを含む場合にこれを翻訳する動作、などを使用できる。

0078

電子装置100は、受信した開始語(中国語)で構成された文字メッセージに対するユーザの返事が、図12、又は図14に示すように受信された文字メッセージ画面などに入力されると、図9に示すように翻訳プログラム114、図11に示すようにインターネット、又は特定サーバなどのようなオンライン翻訳プログラムを利用して、受信した文字メッセージ言語である中国語に翻訳して送信する。

0079

他に例えば、電子装置100は受信した第2国語で構成された文字メッセージの言語を英語と決定すると、ユーザが返事を電子装置100に韓国語で入力する場合、英語に翻訳して電子装置100に表示した後、送信する。

0080

また、電子装置100が受信した第2国語が英語であって、電子装置100のメイン言語が韓国語である場合、電子装置100は受信した英語文字メッセージを韓国語に翻訳して表示し、ユーザが返事を電子装置100のメイン言語である韓国語ではない第3国語(例えば、中国語)で入力する場合にも、電子装置100は中国語を英語に翻訳して送信する。

0081

図10において、電子装置100は、中国語で構成された文字メッセージ401を受信すると、タッチスクリーン133上に表示する。次に電子装置100は、図4に示した方法で翻訳した文字メッセージを受信したメッセージ画面に表示するか、図8図9図11に示した方法で翻訳プログラムに表示するか、又は、図6に示した方法で新しい文字メッセージで表示するか、何れかの方法で電子装置100のタッチスクリーン133上に出力する。

0082

電子装置100は中国語で構成された文字メッセージを受信すると共に、該中国語文字メッセージを電子装置100のメイン言語、又は目標言語に翻訳し、タッチスクリーン133上に出力することもできる。
次に電子装置100は、受信した中国語文字メッセージに対するユーザの返事を、電子装置100のメイン言語、目標言語、又は第3国語などの言語の何れかで入力を受付け、入力された文字メッセージ(513の下段)を中国語に翻訳して(513の上段)送信し、送信した文字メッセージを電子装置100のタッチスクリーン133上に出力する。

0083

さらに電子装置100は、中国語で構成された文字メッセージを受信し、受信された中国語で構成された文字メッセージ全文を自動的に翻訳して受信された文字メッセージ画面に出力するのではなく、受信された文字メッセージの一部515だけをタッチ動作選択517によりユーザが選択し、選択された文字メッセージを電子装置100のメイン言語、又は目標言語に翻訳して出力することもできる。

0084

図11は、本発明の第11実施例による電子装置において、データ処理によるUI動作の構成を示している。
図11を参照すると、電子装置100は、図10に示したと同様に、中国語で構成された文字メッセージを受信し、ユーザが受信された文字メッセージの一部を選択でき、その際、電子装置100は、選択された文字メッセージ、又は選択されたメッセージを含む会話全体、又は会話の一部を翻訳し、翻訳した文字メッセージ521を電子装置100のタッチスクリーン133上に出力することもできる。

0085

その際、電子装置100は、例えばインターネット、又は特定サーバなどのオンラインネットワークサービスのオンライン翻訳プログラムの何れかを使用して電子装置100が受信した開始語(中国語)で構成された文字メッセージを翻訳する。電子装置100は選択された中国語で構成された文字メッセージを翻訳プログラム114、又はオンライン翻訳プログラムを使用して、開始語として中国語に選択し(502)、選択された中国語文字メッセージ519(ユーザが図10の中、401、513、515を選択した場合)を入力し、翻訳語として電子装置100のメイン言語、又は目標言語である韓国語を選択して(504)翻訳を実行し、翻訳した文字メッセージ521をタッチスクリーン133上に出力する。

0086

さらに、以下の図12図13に示すように、電子装置100が、そのメモリ110に保存している翻訳プログラム114などを介してではなく、インターネット、又はオンライン上の翻訳プログラムを介して、受信した第2国語で構成された文字メッセージを翻訳した場合にも、図9の文字メッセージ507と同様にユーザが返事を入力し(図12の文字メッセージ605、図13の文字メッセージ606)、ユーザが入力した返事を受信された文字メッセージで使われている第2国語に翻訳して送信するメニュも提供できる。

0087

図12は、本発明の第12実施例による電子装置において、データ処理によるUI動作の構成を示している。
図12を参照すると、電子装置100はメイン言語を韓国語に定め、第2国語で構成された文字メッセージを受信し、受信された文字メッセージの第2国語を決定し、第2国語で構成された文字メッセージをメイン言語に翻訳し、電子装置100タッチスクリーン133上に表示する。

0088

また、電子装置100は、第2国語で構成された文字メッセージに対する返事をユーザがメイン言語で入力する場合に、メイン言語で構成された文字メッセージを受信された文字メッセージと同じ第2国語に翻訳できる。
例えば、電子装置100は英語で構成された文字メッセージ601を受信し、英語で構成された文字メッセージ601の言語が英語であると決定する。次に電子装置100は翻訳プログラム、又はオンライン翻訳プログラムなどを介して英語で構成された文字メッセージ601を韓国語で構成された文字メッセージ603に翻訳し、受信した英語で構成されたメッセージ601を出力している画面に、韓国語で構成された文字メッセージ603を出力する。

0089

その場合、電子装置100は、受信した英語で構成された文字メッセージ601を出力しているタッチスクリーン133上の画面において、ユーザによる韓国語の返事入力文字メッセージ605を受付け、入力された韓国語で構成された文字メッセージ605を翻訳プログラム又はオンライン翻訳プログラムなどを介して受信した文字メッセージ601の言語である英語に翻訳する。

0090

図13は、本発明の第13実施例による電子装置において、データ処理によるUI動作の構成を示している。
電子装置100は、第2国語で構成された文字メッセージの返事として電子装置100のメイン言語、又は第3国語で構成された文字メッセージの入力を受付け、入力された文字メッセージを受信した第2国語で構成された文字メッセージで翻訳し、翻訳した第2国語で構成された文字メッセージを送信し、送信した文字メッセージを電子装置100のタッチスクリーン133上に出力する。

0091

例えば、電子装置100は図13において、受信した英語で構成された文字メッセージ601の返事として韓国語で構成された文字メッセージ606の入力を受付け、入力された韓国語で構成された文字メッセージ606の言語が受信した英語で構成された文字メッセージ601の言語と一致しない場合、韓国語で構成された文字メッセージ606を英語で構成された文字メッセージ607に変換する。次に電子装置100は翻訳した英語で構成された文字メッセージ607を送信し、電子装置100のタッチスクリーン133上に文字メッセージ606に並べて表示する。

0092

他に例えば、電子装置100は受信した第1国語で構成された第1文字メッセージ、及び前記第1国語を第2国語に変換した第1文字メッセージを出力でき、又は返事として入力された第2国語で構成された第2文字メッセージ、及びこれを第1国語に変換した第2文字メッセージを出力できる。

0093

例えば、図13を参照すると、電子装置100は受信した英語で構成された文字メッセージ601と、受信した英語で構成された文字メッセージ601を韓国語に変換した韓国語で構成された文字メッセージ603を出力できる。

0094

また、受信された文字メッセージに対する返事を送信する場合、電子装置100は入力された韓国語で構成された文字メッセージ606と、入力された韓国語で構成された文字メッセージ606を英語に変換した英語で構成された文字メッセージ607を出力できる。

0095

即ち、電子装置100は受信した文字メッセージ601、611とそれに対応する翻訳した文字メッセージ(601に対応する603、611に対応する613)、及び、発信した文字メッセージ606とそれに対応する翻訳した文字メッセージ607を、会話形式に区分して出力できる。

0096

図14は、本発明の第14実施例による電子装置において、データ処理によるUI動作の構成を示している。
電子装置100は、第2国語で構成された文字メッセージが第3国語で構成された文字メッセージを含む文字メッセージを受信する。その場合、電子装置100は予め定めた基準条件に従い第2国語で構成された文字メッセージを翻訳し、第3国語で構成された文字メッセージは翻訳することなく出力する。

0097

例えば、図14を参照すると、電子装置100はメイン言語が韓国語であり、受信した第2国語で構成された文字メッセージ701の言語は大部分中国語であるが、第3国語で構成された文字メッセージ702を含む。電子装置100は英語で構成された文字メッセージ702と、英語文字メッセージ702を含む中国語で構成された文字メッセージ701を構成する文字を予め定めた基準条件と比較し、その結果に応じて、中国語部分だけ翻訳し、英語部分を残した文字メッセージ703を出力することもできる。

0098

ここで基準条件は、中国語で構成された文字メッセージ701と該文字メッセージ701が含む英語で構成された文字メッセージ702に対して、中国語で構成された文字メッセージ701の最初と最後の文字の言語が中国語である場合、英語で構成された文字メッセージ702が主語、又は動詞を含まない場合、中国語の文字(又は単語)の数が、英語の文字(又は単語)の数より多い場合、などの多様な条件のうちから少なくとも一つ以上の条件を使用して定められる。またこの基準条件を定める際に、通常的に使用する少なくとも二つ以上の言語を比較する方法を使用することもできる。

0099

例えば、中国語で構成された文字メッセージ701と文字メッセージ701が含む英語で構成された文字メッセージ702が前記条件(中国語で構成された文字メッセージ701の最初と最後の文字の言語が中国語である場合、英語で構成された文字702が主語、又は動詞を含まない場合、中国語の文字(又は単語)の数が、英語の文字(又は単語)の数より多い場合)をすべて満足する場合に、電子装置100は、図14の703に示すように、中国語で構成された文字メッセージ部分を翻訳し、英語で構成された文字メッセージ704を翻訳しない。

0100

勿論、電子装置100は、英語で構成された文字メッセージ702と、中国語で構成された文字メッセージ701全体を翻訳して電子装置100に出力することもできる。
例えば、電子装置100は受信した文字メッセージ(例えば701)が中国語で構成された文字と、英語で構成された文字メッセージ702を含むと決定する。次に電子装置100は翻訳プログラム114、又はオンライン上の翻訳プログラム(図示せず)を使用して中国語で構成された文字メッセージ701から英語で構成された文字702を除いた部分を韓国語に翻訳し、英語で構成された文字メッセージ702も韓国語に翻訳し、翻訳した結果を電子装置100のタッチスクリーン133上に出力する。

0101

電子装置100は、第3国語で構成された文字を含む第2国語で構成された文字メッセージを受信し、第3国語で構成された文字を含むメイン言語、又は第4国語で構成された文字メッセージを返事入力として受け付けできる。

0102

例えば、電子装置100は受信した、英語で構成された文字メッセージ702を含む中国語で構成された文字メッセージ701に対する返事入力を受け付ける。即ち、ユーザが返事を入力するべきタッチスクリーン133の所定の領域に英語で構成された文字706を含む韓国語で構成された文字メッセージ705の入力を受け付ける。

0103

図15は、本発明の第14実施例による電子装置において、データ処理によるUI動作の構成を示している。
電子装置100は、ユーザが返事として入力した文字メッセージを、受信した第3国語で構成された文字を含む第2国語で構成された文字メッセージに翻訳して送信できる。

0104

例えば、電子装置100はメイン言語として韓国語を使用し、中国語と英語で構成された文字メッセージ701を受信する場合、図14にて説明した実施例と同様の方法で翻訳するか、又は、受信した中国語と英語で構成された文字メッセージ701を出力するタッチスクリーン133上の画面に、韓国語と英語で構成された翻訳したメッセージ703を出力する。

0105

電子装置100は、図14に示したと同様に韓国語と英語で構成された文字メッセージ705をユーザの返事入力として受け付けるか、又は、図15に示したように、中国語と英語で構成された文字メッセージ707に翻訳して送信し、出力する。

0106

電子装置100は、入力された文字メッセージの言語を受信した文字メッセージの言語に翻訳するか、又は比較して翻訳する。
比較して翻訳する場合には、例えば、電子装置100は、入力された文字メッセージ(図14の705)を構成する文字の言語(韓国語、英語)を、受信した文字メッセージ701を構成する文字の言語(中国語、英語)と比較する。電子装置100は入力された文字メッセージ(図14の705)と、受信した文字メッセージ701を構成する文字とが共通に含む言語である英語メッセージ(図14の706)は翻訳しなくてもよい。

0107

また、図14の706と同様に一単語で構成するか、または連続する二単語以上の同じ言語で構成する文字メッセージが主語と動詞を構成しない場合も、翻訳しなくてもよい。
また比較して翻訳する場合には、例えば、上述した中国語で構成された文字メッセージ701のように、最初と最後の文字の言語が中国語である場合、英語で構成された文字メッセージ702が主語、又は動詞を含まない場合、中国語の文字(又は単語)の数が、英語の文字(又は単語)の数より多い場合、などの多様な条件のうちから少なくとも一つ以上の条件を使用するか、又は通常的に使用する少なくとも二つ以上の言語を比較する方法の何れかを基準条件と定め、該基準条件に応じて翻訳するか否かを決定できる。

0108

上述したように比較して翻訳する場合には、電子装置100は、ユーザが返事として入力した二つ以上の言語で構成された文字メッセージを翻訳し、送信できる。
例えば、入力された韓国語と英語で構成された文字メッセージ(図14の706)を受信した中国語と英語で構成された文字メッセージ701と比較して共通に含まれる言語である英語で構成された文字メッセージ706を翻訳しないように定めることができる。

0109

他に例えば、電子装置100は、受信した文字メッセージ701と、韓国語及び英語で構成された文字メッセージ(図14の705)とが共通に含む言語である英語で構成された文字メッセージ706が二単語以上の名詞と動詞からなる構造ではなく、二単語以上の名詞、又は形容詞と名詞から構成される場合に翻訳しないよう定めることができる。
よって、電子装置100は、入力された文字メッセージ(図14の705)の言語である韓国語を受信した文字メッセージ701の言語である中国語に翻訳し、英語で構成された文字(図14の706)は翻訳しない。即ち、入力された文字メッセージ(図14の705)及び英語で構成された文字(図14の706)は、中国語で構成された文字メッセージ707と英語で構成された文字708に翻訳される。

0110

図16は、本発明の第14実施例による電子装置において、データ処理によるUI動作の構成を示している。
図16を参照すると、電子装置100は、メイン言語が韓国語であり、受信した第2国語で構成された文字メッセージの言語の大部分が英語であるが、英語部分を韓国語文字メッセージに翻訳して出力することもできる。

0111

図17は、本発明の第15実施例による電子装置において、プログラム動作を示している。
図17を参照すると、電子装置100は、受信した文字メッセージを構成している文字の言語を決定(確認)し、電子装置100のメイン言語又は目標言語と一致するか否かを決定し、受信した文字メッセージを電子装置100のメイン言語又は目標言語に翻訳し、翻訳した文字メッセージを電子装置100のタッチスクリーン上に出力(表示)する。

0112

図17に示す各段階を以下に詳しく説明するが、その際、例えば図3の文字メッセージ301で示すように、受信した第2国語で構成された文字メッセージをそのままUI動作として構成して電子装置100のタッチスクリーン上に表示する段階の記述は省略する。電子装置100が、受信した第2国語で構成された文字メッセージをそのまま表示する段階の順序は、図17の最初の段階S801の前であるか、又は、図17の段階S801からS807までのうちの何れかに行なう。

0113

段階S801において、電子装置100は受信した文字メッセージを構成する文字の言語を決定する。電子装置100は受信した文字メッセージを構成する文字の言語を決定するために標準文字エンコードなどの文字標準を利用する。

0114

例えば、電子装置100は電気信号のON、OFF、つまり、2進法の0と1に対応する電気信号を用いて全ての任意の情報に該当するデータを処理し、保存し、入出力できる。電子装置100は別途の第2電子装置から受信したデータを処理し、電子装置100の動作の遂行を確認するために、言語、数字特殊文字記号などを表示できるアスキーコード(American Standard Code for Information Interchange Code、ASCIICode)、ユニコード(Uni Code)などの既定の標準文字エンコードを使用する。
電子装置100はアスキーコード(ASCII Code)、ユニコード(Uni Code)などの標準文字エンコードなどを使用する既定の文字、記号、数式、又は数字などにより表現されたデータを処理し、標準文字エンコードを使用して例えば図4の文字メッセージ301により表わされるのと同様のUI動作を構成し、電子装置100のタッチスクリーン133に出力し、電子装置100に入力された言語、数字、特殊文字、記号などを標準文字エンコードなどのエンコード方式を用いてメモリ110に保存し、処理する。

0115

電子装置100は通信システムを介して文字メッセージを受信し、ユニコードなどの標準文字エンコードを用いて文字の言語を決定する。
例えば、ユニコード2.0に規定された3組方式の韓国語字母文字コード範囲(240個)は、
分類0×1100〜0×1112(19個)
現代初声0×1113〜0×1159(71個)
古代初声 0×115F
初声文字詰め0×1161〜0×1175(21個)
現代中声0×1176〜0×11A2(45個)
中声文字詰め 0×1160
現代終声0×11A8〜0×11C2(27個)
古代終声 0×11C3〜0×11F9(55個)
のように既定の範囲を定め、この範囲に含まれるコードが表現する文字又は数詞などを指定して文字セットを定める。また、文字セットは文字、数字、特殊文字などの文字コードのみならず印刷と通信を制御するための制御文字も含む。

0116

よって、電子装置100は、受信した文字メッセージを構成する文字の標準文字エンコードにより該文字メッセージの言語の種類を決定する。言語の種類を表現するほかの方法として、文字を表現するデータ、又は文字メッセージデータに言語の種類を示す識別子を含めるか、若しくは、文字を表現するデータ、又は文字メッセージデータに言語、又は言語を使用する国を決定する国家コード、又は言語コードなどを含める。

0117

例えば、電子装置100は、文字標準としてヘキサコードで構成されたユニコードを用いる。ユニコードは英語を表示できるアルファベットに対応するコード値を有し、韓国語を表示できる子音、又は母音に対応するコード値を有する。よって、別途の第2電子装置(図示せず)の入力装置を介して、例えば英語の「Hello」を文字メッセージとして入力すると、ヘキサコードは「<%−U+0048−%><%−U+0065−%><%−U+006C−%><%−U+006C−%><%−U+006F−%>」となり、別途の第2電子装置(図示せず)は電子装置100に文字メッセージを送信する。電子装置100は文字メッセージを受信すると、文字メッセージデータが含んでいるヘキサコード「<%−U+0048−%><%−U+0065−%><%−U+006C−%><%−U+006C−%><%−U+006F−%>」に対応する文字に変換し、電子装置100のタッチスクリーン133に出力する。また、電子装置100は受信した文字メッセージデータが含んでいるヘキサコード値が英語のアルファベット(標準文字エンコード)又は文字セット(単語)などに対応するヘキサコードの範囲に含まれると受信した文字メッセージの言語を英語と決定する。

0118

電子装置は、文字メッセージを構成する文字の言語を決定する際に、標準文字エンコード、又は文字セットなどを直接比較して言語を決定するか、若しくは、文字エンコードのコードの範囲を確認して言語を決定するか、などの何れかの方法を使用する。

0119

上記の図17の段階S803において、電子装置100は受信した文字メッセージを構成する文字の言語が、電子装置100のメイン言語、又は目標言語と一致するか否かを決定する。
そのためには例えば、電子装置100は受信された文字メッセージを構成する文字の標準文字エンコードが、電子装置100のメイン言語、又は目標言語の文字が該当する言語の標準文字エンコードの範囲に含まれているか否かを決定する。

0120

電子装置100は、受信された文字メッセージを構成する文字の言語を決定する際に、文字メッセージを構成する文字全体のデータを確認するか、又は、文字メッセージを構成する文字の一部を確認する。

0121

電子装置100は、受信された文字メッセージを構成する文字の言語が、電子装置100のメイン言語、又は目標言語と同じ言語であることを決定すると、図18の動作を終了する。

0122

電子装置100は、受信された文字メッセージを構成する文字の言語が、電子装置100のメイン言語、又は目標言語と同じ言語でないと決定すると、段階S805を行う。
段階S805において、電子装置100は受信した文字メッセージを、電子装置100のメイン言語、又は目標言語において対応する文字メッセージに翻訳する。

0123

例えば、図4中の文字メッセージ301である「Hello」を参照して説明すると、電子装置100は標準文字エンコード中からユニコードを処理し、受信した文字メッセージはユニコードを含めて構成される。電子装置100は受信した文字メッセージ301から「Hello」に対応する標準文字エンコード、又は文字セットを確認し、英語「Hello」に対応するユニコードは英語に対応するユニコード規則によって「00480065006C006C006F」であるので、ユニコード「00480065006C006C006F」に対応する韓国語ユニコード「WuC548WuB155WuD558WuC138WuC694」



を確認する。
電子装置100は「00480065006C006C006F」を「WuC548WuB155WuD558WuC138WuC694」に変換する。変換した「WuC548WuB155WuD558WuC138WuC694」は韓国語



上述した変換は、電子装置100が英語「Hello」を韓国語



に翻訳する動作である。

0124

上述した例は16進数を使用して説明した。16進数の使用は実施例を説明するためであって、電子装置100で16進数だけを使用することを意味しない。また、説明したユニコードなどの標準文字エンコードは規則に応じて異なる表現が可能である。

0125

電子装置100の動作を説明すると、電子装置100は受信した文字メッセージ(図4の301)から「Hello」を確認して、「Hello」に対応するユニコードを確認しないこともある。電子装置100は既定のプログラム言語、又はプロトコル(Protocol)などの定められた規則に従って受信された文字メッセージ301が含むデータを処理する。電子装置100は受信した文字メッセージデータから「00480065006C006C006F」をタッチスクリーン133などに出力するためにUI動作を構成する動作を介して「Hello」を確認できるであろう。上述した、「電子装置100が受信した文字メッセージ301から「Hello」に対応する標準文字エンコード、又は文字セットを確認する、」という説明は理解を助けるための説明であって、「「Hello」を先に確認し、対応する標準文字エンコードを後で確認する、」という手順を限定する説明ではない。

0126

さらに、図3ないし図15において、上述の、電子装置100が受信した文字メッセージを構成する文字の言語を説明する部分、又は、電子装置100が受信した文字メッセージを構成する文字の言語を比較する部分などは、理解を助けるための説明であって、電子装置100が受信した文字メッセージを電子装置100のメイン言語、又は目標言語に翻訳する動作は、上述の、電子装置100が受信した文字メッセージの言語を感知し翻訳する手順に限定されず、電子装置100が受信した文字メッセージ、又は翻訳した文字メッセージを電子装置100のタッチスクリーン133上に出力することによって初めて確認できる場合もある。
電子装置100は、受信した文字メッセージのデータに対して、予め定められたデータ値の範囲、又は規則、又はプロトコルなどによってデータ処理動作を行う場合もある。

0127

即ち、電子装置100が受信する第2国語で構成された文字メッセージを電子装置100のメイン言語、又は目標言語に翻訳する動作は、第2国語で構成された文字メッセージのデータを、プログラムされた命令語などに従って他のデータに変換する動作であり得る。

0128

この方法によれば、例えば、図4中の文字メッセージ301において、「this is test message」を参照すると、電子装置100は受信した文字メッセージ301のデータを構成する文字セットなどから該文字セットが英語標準文字エンコードであると決定し、英語標準文字エンコードに対応する韓国語標準文字エンコードを確認し、英語標準文字エンコードを韓国語標準文字エンコードに変換し、韓国語標準文字エンコード、又は標準文字エンコードなどが組み合わせた文字セットをUI動作で構成することによって、



と確認する。

0129

電子装置100は、受信した文字メッセージの英語ユニコードを、韓国語で表示するために綴字法文章形式に応じて変換した識別コード、又は文字セットなどのデータを援用して補正することもできる。

0130

電子装置100が第2国語で構成された文字メッセージを受信した場合、図17の段階S805において、電子装置100は受信した文字メッセージの標準文字エンコードを電子装置100のメイン言語、又は目標言語に該当する識別コードに変換する動作において、上述した変換方法の他にも通常的な方法を使用できる。

0131

図17の段階S807において、電子装置100は電子装置100のメイン言語、又は目標言語に変換した文字メッセージデータの標準文字エンコード、又は文字セットなどでUI動作を構成し、電子装置100のタッチスクリーン133上に出力できる。

0132

例えば、図4中の文字メッセージ301の標準文字エンコード、又は文字セットを韓国語標準文字エンコード、又は文字セットに変換すると、「WuC548WuB155WuD558WuC138WuC694.W20WuC774WuAC83WuC740W20WuD14CWuC2A4WuD2B8W20WuBA54WuC138WuC9C0WuC785WuB2C8WuB2E4」となり、電子装置100は対応する文字でUI動作を構成して、図4中の文字メッセージ302



を出力する。

0133

電子装置100は、翻訳した文字メッセージの内容を、上述の図3ないし図15において説明したように受信したメッセージと同じ画面に出力するか、新たな文字メッセージ画面に出力するか、翻訳プログラム又はオンライン翻訳プログラムを介して出力するか、若しくは、スピーカ141を介して、音、信号、又は音声出力などの方法で表示できる。

0134

図18は、本発明の第16実施例による電子装置において、プログラム動作を示している。
図18を参照すると、電子装置100は受信した文字メッセージに対するユーザの返事メッセージの入力を受け付け、入力された返事メッセージを受信した文字メッセージを構成する文字の言語と一致するか否かを決定し、一致しない場合には入力された返事メッセージを受信した文字メッセージを構成する文字の言語に翻訳し、翻訳した返事メッセージを送信する。

0135

詳しく説明すると、段階S811において、電子装置100は受信した第2国語で構成された文字メッセージに対するユーザの返事入力を受け付ける。
例えば、電子装置100は受信した文字メッセージを、翻訳プログラム114を介して電子装置100のメイン言語、又は目標言語に翻訳して出力し、受信した第2国語で構成された文字メッセージに対するユーザの返事を入力を受け付ける。

0136

図9を参照すると、電子装置100は、受信した中国語で構成された文字メッセージを、翻訳プログラム114において開始語として中国語を選択(502)して入力文字メッセージ503とし、電子装置100のメイン言語、又は目標言語である韓国語を翻訳語として選択(504)して翻訳した文字メッセージ505を出力する。さらに、電子装置100は、翻訳プログラム114を使用して、受信した中国語で構成された文字メッセージに対するユーザの返事を入力できるメニュ508を提供し、受信した文字メッセージ503に対するユーザの返事入力である文字メッセージ507を受け付ける。

0137

他に例えば、電子装置100は受信した文字メッセージを、翻訳プログラム114を介して電子装置100のメイン言語、又は目標言語に翻訳して出力し、受信した中国語で構成された文字メッセージと同じ画面に出力し、受信した文字メッセージ、又はこれを翻訳した文字メッセージを出力する画面と同じ画面でユーザの返事入力を受け付ける。

0138

図12を参照すると、電子装置100は、受信した英語で構成された文字メッセージを、翻訳プログラム114を使用して電子装置100のメイン言語、又は目標言語である韓国語に翻訳し、受信した英語で構成された文字メッセージ601を出力したのと同じ画面に韓国語に翻訳した文字メッセージ603を出力し、英語で構成された文字メッセージ601、又はこれを韓国語に翻訳した文字メッセージ603を出力するのと同じ画面に、ユーザからの返事を文字メッセージ605として出力する。

0139

段階S813において、電子装置100は受信した第2国語で構成された文字メッセージに対する返事としてユーザが入力した文字メッセージデータが含む標準文字エンコード、又は文字セットなどの文字を表すコードが、受信した第2国語で構成された文字メッセージの言語と一致するか否かを決定する。

0140

例えば、図12を参照すると、電子装置100は、受信した第2国語で構成された文字メッセージのデータヘキサコードで構成されたユニコードを文字標準として使用し、例えば、電子装置100のタッチスクリーン133に出力されている文字メッセージ601の内容「Hahaha, That was great」は、受信した文字メッセージデータが含むヘキサコード「<%−U+0048−%><%−U+0061−%><%−U+0068−%><%−U+0061−%><%−U+0068−%><%−U+0061−%><%−U+002C−%> <%−U+0054−%><%−U+0068−%><%−U+0061−%><%−U+0074−%> <%−U+0077−%><%−U+0061−%><%−U+0073−%> <%−U+0067−%><%−U+0072−%><%−U+0065−%><%−U+0061−%><%−U+0074−%>」を対応する文字に変換して出力した結果物である。
電子装置100は前記受信した文字メッセージデータのヘキサコードが英語の標準文字エンコード(アルファベット)、文字セット(単語)などに対応するヘキサコードの範囲に含まれることを確認し、受信した文字メッセージの言語を、この場合、英語と決定する。

0141

さらに電子装置100は、受信した文字メッセージ601又はその翻訳文字メッセージ602に対するユーザの返事入力を文字メッセージ605として受け付ける。電子装置100は例えば、文字メッセージ605



を受け付け、入力された文字メッセージを、対応するヘキサコード「<%−U+B2E4−%><%−U+C74C−%> <%−U+C5EC−%><%−U+D589−%><%−U+C740−%> <%−U+BA87−%> <%−U+C2DC−%><%−U+C5D0−%><%−U+C694−%><%−U+003F−%>」に変換する。
電子装置100は前記入力された文字メッセージデータのヘキサコードが韓国語の標準文字エンコード(子音、又は母音)、文字セット(単語)などに対応するヘキサコードの範囲に含まれることを確認し、ユーザが入力した文字メッセージの言語を韓国語と決定する。

0142

電子装置100は、受信した文字メッセージデータが含むヘキサコードの範囲と、ユーザが入力した文字メッセージデータが含むヘキサコードの範囲を比較して文字メッセージの言語が一致するか否かを決定するか、ヘキサコードで言語を決定した上に比較するか、又は、電子装置100のメイン言語と受信した文字メッセージの言語を比較する。

0143

電子装置100は、上記何れかの方法により言語を比較し、言語が同じであれば図18フローを終了し、入力された文字メッセージを送信する。電子装置100は言語が同じでなければ段階815を行う。
段階815において、電子装置100はユーザが入力した文字メッセージを、返事を返すべき対象(即ち、受信した文字メッセージ)の言語に翻訳する。

0144

例えば、図12を参照すると、電子装置100は、受信した文字メッセージの言語が英語であることを確認し、翻訳プログラム114、又はオンライン翻訳プログラムを介して、ユーザが返事として入力した文字メッセージ605、



に対応するヘキサコード「<%−U+B2E4−%><%−U+C74C−%> <%−U+C5EC−%><%−U+D589−%><%−U+C740−%> <%−U+BA87−%> <%−U+C2DC−%><%−U+C5D0−%><%−U+C694−%><%−U+003F−%>」の構成成分(標準文字エンコード、又は文字セットなどのコード)を、翻訳すべき言語である英語の該当する構成成分(標準文字エンコード、又は文字セットなどのコード)「<%−U+0057−%><%−U+0068−%><%−U+0061−%><%−U+0074−%> <%−U+0074−%><%−U+0069−%><%−U+006D−%><%−U+0065−%> <%−U+0069−%><%−U+0073−%> <%−U+0074−%><%−U+0068−%><%−U+0065−%> <%−U+006E−%><%−U+0065−%><%−U+0078−%><%−U+0074−%> <%−U+0074−%><%−U+006F−%><%−U+0075−%><%−U+0072−%><%−U+003F−%>」に変換する。
前記英語に対応するヘキサコードを文字に変換すると、韓国語で入力した文字メッセージ



を翻訳した英語文字メッセージ「What time is the next tour?」になる。

0145

段階S817において、電子装置100は翻訳した英語文字メッセージ「What time is the next tour?」に対応するヘキサコードを含む文字メッセージのデータを送信し、送信した文字メッセージのヘキサコードを文字に転換して文字メッセージ(図13中の607)として韓国語入力メッセージ図13中の606)と同一画面に出力する。また、設定メニュから返事として入力した文字メッセージを表示するよう定めたときには、送信した文字メッセージ607を表示した画面にユーザが入力した文字メッセージ605を出力することもできる。

0146

電子装置は、段階817を行うと図18のフローを終了する。

0147

本発明の請求項又は明細書に記載された実施例は、ハードウェア、ソフトウェア、又はハードウェアとソフトウェアの組み合わせの形態で具現される。

0148

ソフトウェアで具現する場合、一つ以上のプログラム(ソフトウェアモジュール)を記憶するコンピュータ読み取り可能な記憶媒体が提供される。コンピュータ読み取り可能な記憶媒体に記憶される一つ以上の該プログラムは、電子装置100内の一つ以上のプロセッサにより実行可能であるよう構成される。一つ以上の該プログラムは、電子装置100にとって、本発明の請求項又は明細書に記載された実施例による方法を具現する命令語を含む。

0149

このようなプログラム(ソフトウェアモジュール、ソフトウェア)は、ランダムアクセスメモリフラッシュメモリを含む不揮発性メモリロム(ROM)、電気的消去可能プログラマブルロム(EEPROM)、磁気ディスク記憶装置コンパクトディスクロム(CD−ROM)、デジタル多目的ディスク(DVDs)又は他の形態の光学記憶装置磁気カセットに保存される。また、これらの一部、又は全部の組み合わせで構成されたメモリに記憶される。ここで、各々の構成メモリは複数個からなり得る。

0150

また、このようなプログラムは、インターネット、イントラネット、LAN、WLAN、又はSANなどのような通信ネットワーク、又はこの組み合わせで構成された通信ネットワークを介して電子装置100がアクセスできる付着可能な記憶装置に記憶される。このような記憶装置は、外部ポートを介して電子装置100に接続される。
また、通信ネットワーク上の別の記憶装置が携帯用の電子装置100に接続されることもある。

0151

以上、本発明を具体的な実施例に関して説明したが、本発明の範囲から外れない限度内で多様な変形が可能であろう。従って、本発明の範囲は説明された実施例に限られず、後述の特許請求の範囲のみならずこの特許請求の範囲と均等な範囲によって定められなければならない。

0152

100電子装置
110メモリ
111プログラム保存部
112データ保存部
113応用プログラム
114翻訳処理プログラム
115サービス状態確認プログラム
116ユーザインタフェース(UI)プログラム
117入出力制御プログラム
118通信制御プログラム
120プロセッサユニット
121メモリインタフェース
122プロセッサ
123周辺装置インタフェース
130入出力処理部
131 表示部
132タッチ入力装置
133タッチスクリーン
140オーディオ処理部
141スピーカ
142マイクロフォン
150通信システム
214翻訳処理部
215 サービス状態確認部
216 UI制御部
217 入出力制御部

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 菱洋エレクトロ株式会社の「 情報共有のためのシステム、ボット、及び方法」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】迅速性と実効性を担保したコミュニケーション方法を提供すること。【解決手段】 システムを利用した情報共有の方法であって、 前記システムは、通信端末と、ボットとを備え、 前記通信端末は、前記... 詳細

  • 株式会社BSAの「 検索管理装置」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】ユーザが情報を検索するために必要な負荷を低減できる検索管理装置を提供する。【解決手段】検索管理装置10は、Webサーバ30にインターネットを介して接続され、クラウド上で提供されるサービスを利用... 詳細

  • 日本電信電話株式会社の「 発話ペア獲得装置、発話ペア獲得方法、およびプログラム」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】入力発話に対して適切な出力発話を出力するために必要な拡張用の発話ペアを獲得することができる。【解決手段】発話ペア獲得装置は、入力発話および入力発話に対する出力発話からなる拡張元発話ペアの集合で... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ