図面 (/)

技術 調剤装置のシート押し出し機構

出願人 株式会社タカゾノ
発明者 岩崎伸治長村佳則
出願日 2014年5月27日 (6年5ヶ月経過) 出願番号 2014-109555
公開日 2014年10月9日 (6年1ヶ月経過) 公開番号 2014-193384
状態 特許登録済
技術分野 制御その他IV(荷解) 医療品保存・内服装置
主要キーワード 左右両端間 取り出し枚数 取り出しユニット 上り斜面 上り傾斜面 表裏逆向き 左右両壁 押下部材
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2014年10月9日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (9)

課題

シート枚数が多量である処方が施されたときにも、シート払出作業を効率よく行うことができる調剤装置のシート押し出し機構を提供する。

解決手段

この押出機構は、一面側に錠剤入りポケットを配列した錠剤シートを基準面に重ねて収納可能な錠剤カセットと、この錠剤カセットに収納された錠剤シートを前記基準面に最も近いものから順に外部に押し出す押出部材とを備え、この押出部材により、錠剤カセットから錠剤シートを払い出すように構成され、前記錠剤カセットは、前記錠剤シートの一面側同士を互いのポケット同士が重ならない状態で対向配置することにより、該錠剤シートを2枚ずつのセットにして基準面に重ねて収納することが可能であり、前記押出部材は、前記基準面に最も近い錠剤シートを押し出すことにより、この錠剤シートとセットになる次の錠剤シートも同時に押し出すように構成される。

概要

背景

従来、病院等の薬局における調剤作業薬剤師医師処方箋に従って行っているが、特に診療分野が広い総合病院等にあっては、常時取り出し可能にしておく錠剤の種類が多くなり、保管場所を必要とするばかりか、処方箋に基づいて調剤する作業は非常に精神的、肉体的に負担を強いられるものであった。

そこで、予め設定したプログラムに基づいて所定の錠剤の所定個数分を、PTP錠剤シート端数分を含めて自動的に払い出す調剤装置が開発された(例えば特許文献1,2参照)。なお、PTP錠剤シートとは、錠剤側を押圧することで底のアルミシート部分を破ることにより錠剤を取り出すようにした包装形式であり、一般には錠剤の10個以上を1枚のシート状にして供給されるものである。

従来の調剤装置では、複数枚のPTP錠剤シートを上下方向に重ねて錠剤カセット内に収納しておき、最下位置のPTP錠剤シートを1枚ずつ払い出すように構成されていた。

概要

シート枚数が多量である処方が施されたときにも、シートの払出作業を効率よく行うことができる調剤装置のシート押し出し機構を提供する。この押出機構は、一面側に錠剤入りポケットを配列した錠剤シートを基準面に重ねて収納可能な錠剤カセットと、この錠剤カセットに収納された錠剤シートを前記基準面に最も近いものから順に外部に押し出す押出部材とを備え、この押出部材により、錠剤カセットから錠剤シートを払い出すように構成され、前記錠剤カセットは、前記錠剤シートの一面側同士を互いのポケット同士が重ならない状態で対向配置することにより、該錠剤シートを2枚ずつのセットにして基準面に重ねて収納することが可能であり、前記押出部材は、前記基準面に最も近い錠剤シートを押し出すことにより、この錠剤シートとセットになる次の錠剤シートも同時に押し出すように構成される。

目的

本発明は、このような事情に鑑みてなされたもので、シートの充填作業性がよく、しかもシート枚数が多量である処方が施されたときにも、シートの払出作業を効率よく行うことができる調剤装置のシート押し出し機構を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

一面側に錠剤入りポケットを配列した錠剤シートを基準面に重ねて収納可能な錠剤カセットと、この錠剤カセットに収納された錠剤シートを前記基準面に最も近いものから順に外部に押し出す押出部材とを備え、この押出部材により、錠剤カセットから錠剤シートを払い出すように構成され、前記錠剤カセットは、前記錠剤シートの一面側同士を互いのポケット同士が重ならない状態で対向配置することにより、該錠剤シートを2枚ずつのセットにして基準面に重ねて収納することが可能であり、前記押出部材は、前記基準面に最も近い錠剤シートを押し出すことにより、この錠剤シートとセットになる次の錠剤シートも同時に押し出すように構成されることを特徴とする調剤装置シート押し出し機構

請求項2

一面側に錠剤入りのポケットを配列した錠剤シートを積載して収納可能な錠剤カセットと、この錠剤カセットに積載された錠剤シートを、最下位置にあるものから順に外部に押し出す押出部材とを備え、この押出部材により、錠剤カセットから錠剤シートを払い出すように構成され、前記錠剤カセットは、前記錠剤シートの一面側同士を互いのポケット同士が重ならない状態で対向配置することにより、該錠剤シートを2枚ずつのセットにして積載して収納することが可能であり、前記押出部材は、最下位置にある錠剤シートを押し出すことにより、この錠剤シートとセットになる次の錠剤シートも同時に押し出すように構成されることを特徴とする調剤装置のシート押し出し機構。

技術分野

0001

本発明は、調剤装置シート押し出し機構に関し、特にPTPプレススルーパッケージ錠剤シートと呼ばれる包装形式錠剤を、錠剤カセットに入れて自動的に払い出す調剤装置の該錠剤カセットに備えられるシート押し出し機構に関するものである。

背景技術

0002

従来、病院等の薬局における調剤作業薬剤師医師処方箋に従って行っているが、特に診療分野が広い総合病院等にあっては、常時取り出し可能にしておく錠剤の種類が多くなり、保管場所を必要とするばかりか、処方箋に基づいて調剤する作業は非常に精神的、肉体的に負担を強いられるものであった。

0003

そこで、予め設定したプログラムに基づいて所定の錠剤の所定個数分を、PTP錠剤シート端数分を含めて自動的に払い出す調剤装置が開発された(例えば特許文献1,2参照)。なお、PTP錠剤シートとは、錠剤側を押圧することで底のアルミシート部分を破ることにより錠剤を取り出すようにした包装形式であり、一般には錠剤の10個以上を1枚のシート状にして供給されるものである。

0004

従来の調剤装置では、複数枚のPTP錠剤シートを上下方向に重ねて錠剤カセット内に収納しておき、最下位置のPTP錠剤シートを1枚ずつ払い出すように構成されていた。

発明が解決しようとする課題

0005

図8はPTP錠剤シート900の一般的な構成を示す図であって、(a)は平面図、(b)は側面図である。

0006

図8(a)(b)に示すように、PTP錠剤シート900の表面910には、それぞれ錠剤を封入したポケット920が形成されており、前記錠剤カセット内には、このポケット920が上を向くようにして、各PTP錠剤シート900が収納されるようになっており、その長手方向の一端側には、チャッキング装置チャッキングするための部930が設けられているのが通常であった。

0007

そして、PTP錠剤シート900は、製造元などで箱に収納されて販売されており、この箱から取り出されて錠剤カセットに充填される。箱には、ポケット形成面が向かい合うようにして、PTP錠剤シート900が収納されている。このため、従来の調剤装置では、PTP錠剤シート900を箱から錠剤カセットに移すときに、PTP錠剤シート900の向きを揃える作業が必要になり、手間がかかるといった問題があった。

0008

また、従来の調剤装置では、すべてのPTP錠剤シート900をそのポケット920が上向きとなるように揃えているので、錠剤カセット内での収納枚数が少ない。このため、PTP錠剤シート900の錠剤カセットへの充填を頻繁に行う必要があり、シート枚数が多量である処方が施されたときには、このPTP錠剤シート900の錠剤カセットへの充填のために払出作業中断することになりかねないといった問題があった。

0009

さらに、従来の調剤装置では、錠剤カセットから、PTP錠剤シート900を1枚ずつ払い出しているので、PTP錠剤シート900の払出速度が遅い。このため、シート枚数が多量である処方が施されたときには、払出作業に時間がかかるといった問題もあった。しかしながら、単純にPTP錠剤シート900の払出速度を速くしたのでは、押し出そうとするPTP錠剤シート900が押出部材に載り上がってきて、その押出部材に当接しなくなることがあり、この場合には却って払出作業を阻害してしまうといった新たな問題が発生する。

0010

本発明は、このような事情に鑑みてなされたもので、シートの充填作業性がよく、しかもシート枚数が多量である処方が施されたときにも、シートの払出作業を効率よく行うことができる調剤装置のシート押し出し機構を提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0011

本発明は、一面側に錠剤入りのポケットを配列した錠剤シートを基準面に重ねて収納可能な錠剤カセットと、この錠剤カセットに収納された錠剤シートを前記基準面に最も近いものから順に外部に押し出す押出部材とを備え、この押出部材により、錠剤カセットから錠剤シートを払い出すように構成され、前記錠剤カセットは、前記錠剤シートの一面側同士を互いのポケット同士が重ならない状態で対向配置することにより、該錠剤シートを2枚ずつのセットにして基準面に重ねて収納することが可能であり、前記押出部材は、前記基準面に最も近い錠剤シートを押し出すことにより、この錠剤シートとセットになる次の錠剤シートも同時に押し出すように構成されることを特徴とする調剤装置のシート押し出し機構に係るものである。

0012

本発明によれば、前記錠剤カセットは、前記錠剤シートの一面側同士を互いのポケット同士が重ならない状態で対向配置することにより、該錠剤シートを2枚ずつのセットにして基準面に重ねて収納することが可能であるので、錠剤シートを箱から錠剤カセットに移すときに、錠剤シートの向きを揃える作業が不要であり、シートの充填作業性がよい。

0013

また、前記セットを構成する錠剤シート間の隙間が小さくなるので、その分だけ錠剤カセット内での錠剤シートの収納枚数が多くなる。したがって、錠剤シートの錠剤カセットへの充填を頻繁に行う必要がなくなり、シート枚数が多量である処方が施されたときにも、この錠剤シートの錠剤カセットへの充填のために払出作業を中断することが少なくなる。

0014

さらに、前記押出部材は、前記基準面に最も近い錠剤シートを押し出すことにより、この錠剤シートとセットになる次の錠剤シートも同時に押し出すように構成されるので、錠剤シートの錠剤カセットからの払出速度を速くして、シート枚数が多量である処方が施されたときにも、払出作業にかかる時間を大幅に短縮することができるようになる。

0015

請求項2記載の発明は、一面側に錠剤入りのポケットを配列した錠剤シートを積載して収納可能な錠剤カセットと、この錠剤カセットに積載された錠剤シートを、最下位置にあるものから順に外部に押し出す押出部材とを備え、この押出部材により、錠剤カセットから錠剤シートを払い出すように構成され、前記錠剤カセットは、前記錠剤シートの一面側同士を互いのポケット同士が重ならない状態で対向配置することにより、該錠剤シートを2枚ずつのセットにして積載して収納することが可能であり、前記押出部材は、最下位置にある錠剤シートを押し出すことにより、この錠剤シートとセットになる次の錠剤シートも同時に押し出すように構成されることを特徴とする調剤装置のシート押し出し機構に係るものである。

0016

請求項2記載の発明によれば、前記錠剤カセットは、前記錠剤シートの一面側同士を互いのポケット同士が重ならない状態で対向配置することにより、該錠剤シートを2枚ずつのセットにして積載して収納することが可能であるので、錠剤シートを箱から錠剤カセットに移すときに、錠剤シートの向きを揃える作業が不要であり、シートの充填作業性がよい。

0017

また、前記セットを構成する錠剤シート間の隙間が小さくなるので、その分だけ錠剤カセット内での錠剤シートの収納枚数が多くなる。したがって、錠剤シートの錠剤カセットへの充填を頻繁に行う必要がなくなり、シート枚数が多量である処方が施されたときにも、この錠剤シートの錠剤カセットへの充填のために払出作業を中断することが少なくなる。

0018

さらに、前記押出部材は、最下位置にある錠剤シートを押し出すことにより、この錠剤シートとセットになる次の錠剤シートも同時に押し出すように構成されるので、錠剤シートの錠剤カセットからの払出速度を速くして、シート枚数が多量である処方が施されたときにも、払出作業にかかる時間を大幅に短縮することができるようになる。

発明の効果

0019

本発明によれば、前記錠剤カセットは、前記錠剤シートの一面側同士を互いのポケット同士が重ならない状態で対向配置することにより、該錠剤シートを2枚ずつのセットにして基準面に重ねて収納することが可能であるので、錠剤シートを箱から錠剤カセットに移すときに、錠剤シートの向きを揃える作業が不要であり、シートの充填作業性がよい。

0020

また、前記セットを構成する錠剤シート間の隙間が小さくなるので、その分だけ錠剤カセット内での錠剤シートの収納枚数が多くなる。したがって、錠剤シートの錠剤カセットへの充填を頻繁に行う必要がなくなり、シート枚数が多量である処方が施されたときにも、この錠剤シートの錠剤カセットへの充填のために払出作業を中断することが少なくなる。

0021

さらに、前記押出部材は、前記基準面に最も近い錠剤シートを押し出すことにより、この錠剤シートとセットになる次の錠剤シートも同時に押し出すように構成されるので、錠剤シートの錠剤カセットからの払出速度を速くして、シート枚数が多量である処方が施されたときにも、払出作業にかかる時間を大幅に短縮することができるようになる。

図面の簡単な説明

0022

本発明の一実施形態に係る調剤装置の主たる構成要素を示す分解斜視図である。
錠剤カセットの構成を示す正面図である。
錠剤カセットの構成を示す側面図である。
錠剤カセットの本体下部の構成を示す模式図である。
錠剤カセットの本体下部の構成を示す図であって、(a)は押出部材の押出開始状態待機状態とを示す側断面図、(b)は押出部材のシート押出終了状態を示す側断面図である。
取り出しユニットの構成を示す平面図である。
錠剤カセット内に積載されたPTP錠剤シートを模式的に示す側断面図である。
PTP錠剤シートの構成を示す図であって、(a)は平面図、(b)は側面図である。

実施例

0023

図1は本発明の一実施形態に係る調剤装置1の主たる構成要素を示す分解斜視図である。

0024

図1に示すように、この調剤装置1は、箱状の装置本体100の奥側左右に2台設けられたYキャリッジ200,200と、これらのYキャリッジ200,200にそれぞれ支持されたXキャリッジ300,300と、これらのXキャリッジ300,300にそれぞれ支持された取り出しユニット400,400と、前記装置本体100の手前側左右に2台設けられ、複数の錠剤カセット500,500,・・・を左右方向に並べて搭載可能なカセット棚600,600と、左右のカセット棚600,600の下方に、両カセット棚600,600の左右両端間に亘って配置された1台の搬送コンベアユニット800とを備えている。

0025

以下、複数存在する構成要素については、その代表的なものについて説明する。Yキャリッジ200は、サーボモータ210と、このサーボモータ210で駆動される縦軸方向(図1中のY方向)のボールネジ220と、ボールネジ220の左右にそれぞれ配置された縦ガイド230,230と、ボールネジ220の回転により上下動するナット240とを備えており、Xキャリッジ300は、縦ガイド230,230に案内されつつ、ボールネジ220の回転によりナット240とともに上下動するキャリッジ本体310と、このキャリッジ本体310上に、サーボモータ410と、このサーボモータ410で駆動される横軸方向(図1中のX方向)のボールネジ415と、図示しないナットとを備えている。

0026

図2は錠剤カセット500の構成を示す正面図、図3図2の側面図、図4は錠剤カセット500の本体下部540の構成を示す模式図、図5は錠剤カセット500の本体下部540の構成を示す詳細図であって、(a)は押出部材5515のシート押出開始状態と待機状態とを示す側断面図、(b)は押出部材5515のシート押出終了状態を示す側断面図である。なお、各図中では、特にことわらない限り、錠剤カセット500の取り出しユニット400に対向する正面側を前側、その背面側を後側といい、左側と右側とは前側から後側を見たときのものを示している。図2では、錠剤カセット500におけるカセット棚600の棚板602への取り付け部分の表示を省略している。

0027

本実施形態における錠剤カセット500は、積載される各種PTP錠剤シート(錠剤シートに相当する。)900よりも若干幅広に形成されている。したがって、錠剤カセット500としては、各種PTP錠剤シート900の有する幅に応じて、幅寸法のみが異なるものが複数用意される。それらの具体的な構成は、いずれも図2及び図3に示すように、断面凹状をなす長尺カセット基部510と、このカセット基部510の長手方向から着脱自在に嵌合されるカセット本体520とからなっている。

0028

カセット基部510の底板511の裏面側には、図3に示すように、側面視L字状の突起512,512が前後(及び左右)にそれぞれ形成され、その底板511の後端は上方に屈曲されて弾性を有する舌片513が形成されている。そして、この突起512,512がカセット棚600の棚板602の前側と後側とでそれぞれ係合され、かつ、舌片513が棚板602の後端に備えたクランプ604で押圧されることで、錠剤カセット500がカセット棚600の棚板602上に着脱自在に固定されるようになっている。これにより、幅寸法の異なる錠剤カセット500であっても、その幅方向で任意の位置に配置することができるようになる。

0029

カセット本体520は、さらに複数のPTP錠剤シート900,900,・・・を横向きにして積載可能な本体上部530と、この本体上部530の下部にあって、前記カセット基部510内に取り付けられた本体下部540とからなっている。

0030

本体下部540は、カセット本体520のカセット基部510への組み立て状態で、該カセット基部510の左右下部側壁516,517内に埋没して配置されるものであるが、その単体で見ると、図2及び図3に示すように、断面凹状の長尺形状をなした筐体内に前記本体上部530の一番下とその直ぐ上にセットで積載されたPTP錠剤シート900,900を順次に取り出すための押出機構(シート押し出し機構に相当する。)550を備えている。

0031

この押出機構550は、図3,図4及び図5(a)(b)に示すように、前記本体下部540の右壁541の上段部分において前後方向に向けてスライド自在に取り付けられた第一スライド部材5501と、左壁542の下段部分において前後方向に向けて固定された固定部材5502と、左右両壁541,542間において前後方向に向けてスライド自在に設けられた第二スライド部材5503と、第二スライド部材5503の右側に固定され第二スライド部材5503とともにスライドする第三スライド部材5504とが備えらえており、第一スライド部材5501の下面に形成されたラック5505に噛合される第一ピニオン5506と、第三スライド部材5504の上面に形成されたラック5507に噛合される第二ピニオン5508とが同軸に固定されている。なお、第三スライド部材5504は、第一バネ5504aを介して本体下部540に係止されている。

0032

そして、第一スライド部材5501が後向き(図4中のA方向)に押圧されると、そのラック5505に噛合される第一ピニオン5506が横軸回り図4中のB方向)に回転されるとともに、第二ピニオン5508が同方向に回転され、この第二ピニオン5508に噛合されるラック5507を有する第三スライド部材5504が第一バネ5504aによる弾性付勢力に抗して前向き図4中のC方向)にスライドされるようになっている。このときのスライド速度は、第一、第二ピニオン5506,5508間の歯数比増速される。

0033

また、第二スライド部材5503の前後には、それぞれ外歯が形成された前ローラ5509と後ローラ5510とがともに縦軸回りに回転自在に取り付けられている。両ローラ5509,5510間には、内歯が形成されたゴムベルト5511が無限軌道状に巻き掛けられており、両ローラ5509,5510にそれぞれ噛合した状態となっている。ゴムベルト5511の中間部分には、縦向きの中間部材5512の下端部分が当接してゴムベルト5511とともに前後方向に移動されるようになっている。後ローラ5510と同軸に第三ピニオン5513が取り付けられており、第三ピニオン5513が固定部材5502の側面に形成されたラック5514に噛合されている。

0034

そして、第二スライド部材5503が前記C方向にスライドされると、固定部材5502のラック5514に噛合される第三ピニオン5513が縦軸回り(図4中のD方向)に回転されるとともに、後ローラ5510が同方向に回転され、さらにゴムベルト5511を介して前ローラ5509が同方向に回転されると、ゴムベルト5511に固定された中間部材5512が前向き(図4中のE方向)にスライドされるようになっている。

0035

また、中間部材5512の上端部分には、前記一番下に積載されたPTP錠剤シート900を押し出すための押出部材5515が第二バネ5516により弾性付勢されて前後方向に起伏可能に立設されており、前記中間部材5512とともに前記E方向にスライドされるようになっている。このときのスライド速度は、第三ピニオン5513と後ローラ5510との歯数比でもって、さらに増速される。

0036

その結果、前記取り出しユニット400のプッシャ440で第一スライド部材5501が本体下部540内に押し込まれると、その押し込み速度の2〜3倍の速度でもって移動する押出部材5515でPTP錠剤シート900が本体下部540の前端付近にまで押し出されるようになっている。

0037

さらに詳述すると、押出部材5515は、中間部材5512の上端側に形成された第四スライド部材5512aの前端付近の横軸5512b回りに起伏自在に軸支されており、この第四スライド部材5512aが第二スライド部材5503の上側の前後方向に形成された溝部5503aにスライド自在に嵌め込まれている。押出部材5515の下部は前記横軸5512bよりもやや下方に延設されており、この押出部材5515の下部と第二スライド部材5503との間に第二バネ5516が緊張状態で係止されている。

0038

この第二バネ5516の弾性付勢力により、押出部材5515は起立状態を維持しながら最後部(図5(a)を参照。)から最前部(図5(b)を参照。)へと移動するようになり、これにより、押出部材5515はPTP錠剤シート900,900を錠剤カセット500の本体上部530から前方に押し出すようになっている。押出部材5515の上端前側には上り斜面上り傾斜面、傾斜面に相当する。)5515aを有しており、その上端後側には下り斜面5515bを有している(図7を参照)。このうちの上り斜面5515aにより、錠剤カセット500内の最下位置から数えて奇数番目の設定位置(ここでは、1枚目)にあるPTP錠剤シート900を下方に押圧した状態で、その直ぐ上にあるPTP錠剤シート900とともに押し出すようになっている。

0039

そして、取り出しユニット400の払出板430,430がプッシャ440,440とともにこの押し出されたPTP錠剤シート900,900を受けて元の位置に復帰する。これに伴い、第三スライド部材5504の第一バネ5504aの存在により第二スライド部材5503は弾性復帰し、押出部材5515も元の最後部へと復帰する。この復帰時には、押出部材5515はその下り斜面5515bで案内されることにより、次のPTP錠剤シート900,900のセットの下方を通って引き戻されて待機状態となる。このときには、前記押出部材5515は、本体下部540の後端に設けられた押下部材5518に案内されて倒伏状態となる。

0040

本体上部530は、図2及び図3に示すように、カセット本体520のカセット基部510への組み立て状態で、中間部から前部にかけてカセット基部510の左右下部側壁516,517の上方に突出して配置される側面視L字状をなしており、当該突出させた左右両側壁5311,5312が前端で互いに内側に屈曲されることにより、所定の間隙を介して対向配置されることで、前壁531を形成している。左右両側壁5311,5312の上端同士補強板532で互いに連結されている。

0041

前壁531には、上下方向の位置調整が可能な仕切部材5313を備えており、この仕切部材5313の位置調整により、本体上部530の底板(基準面に相当する。)5301上に積載されたPTP錠剤シート900,900,・・・の外部への取り出し枚数を、例えば2枚ずつのセットごとに規制することができるようになっている。

0042

左右両側壁5311,5312の後端から前方に向けては、それぞれが先上がりとなるように部分的に切り欠いており、ここでは左側壁5311を右側壁5312より大きく切り欠いている。このため、錠剤カセット500の前後方向に本体上部530をスライドさせて後方に引き出した上、この本体上部530の左側壁5311の切り欠かれた部分からPTP錠剤シート900を搬入して左側壁5311で案内することで、そのPTP錠剤シート900を錠剤カセット500の本体上部530に充填等しやすくなっている。

0043

また、錠剤カセット500の本体上部530をスライドさせて前方の位置に戻したときに、その左右両側壁5311,5312の切り欠かかれた部分を覆うように、前記カセット基部510の左右下部側壁516,517が上方に延設されて左右上部側壁516a,517aが形成されている。これにより、PTP錠剤シート900を錠剤カセット500の本体上部530に充填した後に、その本体上部530をスライドさせて前方に戻したときに、左右上部側壁516a,517aでPTP錠剤シート900の姿勢を揃えるようになっている。なお、前記本体上部530をスライドさせて前方の位置に戻ったことは、側面視がへの字状のバネ片5517を、本体上部530の底板5301の所定位置に設けられた係合穴5302に嵌め込まれることで確認できる。

0044

本体上部530の後部には、棒状部材533が起伏可能に立設されており、PTP錠剤シート900,900,・・・の充填時に倒伏させて、前記前壁531間にPTP錠剤シート900,900,・・・を挟み込んだ状態で、この棒状部材533を起立させることで、各PTP錠剤シート900,900,・・・を整列させるようになっている。このときの状態は、前記図3に示したとおりである。

0045

図6は取り出しユニット400の構成を示す平面図である。

0046

取り出しユニット400は、図1及び図6に示すように、キャリッジ本体310から前方(図1中のZ方向)に延びるZキャリッジ411,411(図1中では手前側を図示省略している。)と、Zキャリッジ411,411間で進退自在かつ開閉自在に配置された払出板430,430と、払出板430,430の前記錠剤カセット500に対向する側に配置されたプッシャ440,440とを備えている。

0047

そして、払出板430,430の進退動作は、サーボモータ420で図略のボールネジを回転駆動することにより行い、その開閉動作は、ステッピングモータ434で歯車列435を介して、回転軸437,437を互いに内向きに回転駆動することにより行うような構成となっている。払出板430,430の下部には、一次バケット450が設けられており、この一次バケット450の下方には、さらにシャッター470付きの二次バケット480が設けられている。

0048

以下、本調剤装置1による錠剤カセット500からのPTP錠剤シート900,900,・・・の払出動作を概略説明する。図7は錠剤カセット500内に積載されたPTP錠剤シート900,900を模式的に示す側断面図である。

0049

いま、図7に示すように、錠剤カセット500内に各PTP錠剤シート900,900,・・・を、ポケット920,920,・・・が交互に上下となるように2枚ずつセット(市販の箱から取り出したままの状態であり、その上下のPTP錠剤シート900,900間で、耳部930,930が前後逆向きで、かつ、表裏逆向きとなっている。)にして積載しておき、押出部材5515は、起立して、この最下位置のPTP錠剤シート900の後端に当接するようになっているものとする。

0050

このとき、取り出しユニット400は、錠剤カセット500の正面側に対向する位置にあって、その払出板430,430は、プッシャ440,440とともに水平姿勢となっているものとする。

0051

まず、取り出しユニット400のサーボモータ420を駆動させることにより、払出板430,430を錠剤カセット500の正面側に向かって移動させる。やがて払出板430,430のプッシャ440,440の一方が、直接に錠剤カセット500の第一スライド部材5501を押圧するようになる。すると、前記押出機構550の働きでもって、押出部材5515が前向きに移動する。

0052

すなわち、第一スライド部材5501が後向きに押圧されると、そのラック5505に噛合される第一ピニオン5506が横軸回りに回転されるとともに、第二ピニオン5508が同方向に回転され、この第二ピニオン5508に噛合されるラック5507を有する第三スライド部材5504が第一バネ5504aによる弾性付勢力に抗して前向きにスライドされる。

0053

そして、第三スライド部材5504に固定された、第二スライド部材5503も前向きにスライドされる。固定部材5502のラック5514に噛合される第三ピニオン5513が縦軸回りに回転されるとともに、後ローラ5510が同方向に回転され、さらにゴムベルト5511を介して前ローラ5509が同方向に回転される。すると、ゴムベルト5511に固定された中間部材5512が前向きにスライドされる。

0054

押出部材5515は、第二バネ5516により弾性付勢されて前後方向に起伏可能に立設された状態で、前記中間部材5512とともに前向きにスライドされ、この起立状態を維持しながら最後部(図5(a)を参照。)から最前部(図5(b)を参照。)へと移動する。このとき、錠剤カセット500内の最下位置にあるPTP錠剤シート900は、押出部材5515の上り斜面5515aに案内されて、その下方に押し付けられる。これにより、従来例とは異なり、その払出速度を速くしたとしても、錠剤カセット500内の最下位置にあるPTP錠剤シート900が押出部材5515に載り上がってきて、押出部材5515に当接しなくなることはない。したがって、この場合には、押出部材5515は、その上り斜面5515aにより錠剤カセット500内の最下位置にあるPTP錠剤シート900を下方に押圧した状態で、該錠剤カセット500の本体上部530から前方に押し出すところ、錠剤カセット500内の最下位置にあるPTP錠剤シート900と、その直ぐ上にあるPTP錠剤シート900とが、両シート900,900間でポケット920,920同士が当接しているため、該両シート900,900を同時に押し出す。

0055

すると、取り出しユニット400の払出板430,430がプッシャ440,440とともにこの押し出されたPTP錠剤シート900,900を受けて元の位置に復帰するが、これに伴い、第三スライド部材5504の第一バネ5504aの存在により第二スライド部材5503は弾性復帰し、押出部材5515も元の最後部へと復帰する。この復帰時には、押出部材5515は、その下り斜面5515bで案内されることにより、次のPTP錠剤シート900,900のセットの下方を通って引き戻されて前記待機状態となる。

0056

そして、押出部材5515で押し出された2枚のPTP錠剤シート900,900は、取り出しユニット400の払出板430,430上に重力落下することになる。このようにして、取り出しユニット400でこのPTP錠剤シート900,900を払い出して、錠剤カセット500から取り出すことができる。

0057

ついで、ステッピングモータ434を駆動することにより、払出板430,430を回転軸437,437回りに互いに逆向きに回転させて下方に開くと、前記錠剤カセット500から取り出されたPTP錠剤シート900,900を一次バケット450内に落下させることができる。Xキャリッジ300と、Yキャリッジ200とを用いてこの一次バケット450を二次バケット480上に移動させる。

0058

そして、一次バケット450の図示しない底部シャッターを開口して、PTP錠剤シート900,900を二次バケット480内に落下させる。ついで、二次バケット480の底部シャッター470を開口して、PTP錠剤シート900,900を搬送コンベアユニット800上に落下させる。

0059

搬送コンベアユニット800は、ローラ群等801と、このローラ群等801で前後・左右方向に移動される錠剤取出バケット802,802とを備えている。そして、前記二次バケット480からシャッター470を介して落下したPTP錠剤シート900,900は、ローラ群等801で前後・左右方向に移動され、錠剤取出バケット802,802のいずれかに落下されるようになっている。

0060

錠剤取出バケット802,802のいずれかに落下したPTP錠剤シート900,900は、この錠剤取出バケット802,802内に収納された状態でさらに所定の部位に移動され、そこから外部に払い出されるようになっている。

0061

以上説明したように、本実施形態によれば、錠剤カセット500の本体上部530の底板5301上に、PTP錠剤シート900,900の一面側同士を互いのポケット920,920同士が重ならない状態で対向配置することにより、該PTP錠剤シート900,900を2枚ずつのセットにして積載しておくので、PTP錠剤シート900,900,・・・を箱から錠剤カセット500に移すときに、PTP錠剤シート900,900,・・・の向きを揃える作業が不要であり、シートの充填作業性がよい。

0062

また、前記セットを構成するPTP錠剤シート900,900間の隙間が小さくなるので、その分だけ錠剤カセット500内での錠剤シートの収納枚数が多くなる。したがって、PTP錠剤シート900,900,・・・の錠剤カセット500への充填を頻繁に行う必要がなくなり、シート枚数が多量である処方が施されたときにも、このPTP錠剤シート900,900,・・・の錠剤カセット500への充填のために払出作業を中断することが少なくなる。

0063

さらに、この2枚ずつのセットにして積載したPTP錠剤シート900,900のうちの前記錠剤カセット500の本体上部530の底板5301上の最下位置から数えて奇数番目の設定位置(ここでは、1枚目である。)にあるPTP錠剤シート900を、下方に向けて押圧した状態で押し出す押出部材5515を、前記錠剤カセット500に備えたので、その押し出そうとするPTP錠剤シート900が、押出部材5515に確実に当接するようになる。したがって、PTP錠剤シート900,900,・・・の錠剤カセット500からの払出速度を速くして、シート枚数が多量である処方が施されたときにも、払出作業にかかる時間を大幅に短縮することができるようになる。

0064

なお、上記実施形態では、左右に2台のカセット棚600,600を配置しているが、前後に配置することとしてもよいし、1台、或いは3台以上のカセット棚を配置することとしてもよい。その場合には、各キャリッジ、取り出しユニット等の台数もこれに対応したものとするのが作業効率の点から好ましい。

0065

また、2台以上のカセット棚を配置する場合には、その一部を従来の調剤装置のように、PTP錠剤シートを1枚ずつ錠剤カセットからチャックで取り出すように構成してもよい。その場合には、PTP錠剤シートをカッティングユニットで所定の錠剤数にカットして調剤する、いわゆる端数処理を行うようにしてもよい。

0066

また、上記実施形態では、複数の錠剤カセット500に、1台の取り出しユニット400を移動させて、当該錠剤カセット500からPTP錠剤シートを払い出すようにしているが、各錠剤カセットと取り出しユニットとを1対1で対応させて設けてもよい。その場合は、取り出しユニットの構成が簡単化できる。

0067

また、上記実施形態では、錠剤カセット500から各PTP錠剤シート900,900,・・・を2枚ずつのセット単位で払い出しているが、このセットの倍数単位で払い出してもよい。このためには、最下位置から奇数番目にあるPTP錠剤シート900の設定位置を、3番目以上とすればよい。これにより、錠剤カセット500から、より多量のPTP錠剤シート900を払い出すことができるようになる。

0068

また、上記実施形態では、押出機構550にラック&ピニオン方式に加えてゴムベルト&ローラ方式を使用しているが、ラック&ピニオン方式のみを用いて同様の機能を持たせることとしてもよい。その場合には、より簡単で安価な構成とすることができる。

0069

また、上記実施形態では、錠剤カセット500に、横向き姿勢のPTP錠剤シート900,900,・・・を2枚ずつのセットにして、上下方向に重ねて収納したものを例示しているが、本発明の適用範囲はこれに限定されず、錠剤カセットに、縦向き姿勢のPTP錠剤シート900,900,・・・を2枚ずつのセットにして前後方向に重ねて収納したものであってもよい。

0070

また、上記実施形態では、PTP錠剤シート900,900,・・・は、それぞれが耳部930を備えた、いわゆる耳付きシートとしたが、その一部又は全部が耳部930の無い、いわゆる耳なしシートであってもよい。その場合でも、耳付きシートの場合とほぼ同様に、錠剤カセット500内にPTP錠剤シート900,900,・・・をほぼ隙間のなく詰め込むことができるから、錠剤カセット500の小型化を図ることができるとともに、取り出しユニット400でのPTP錠剤シート900,900,・・・のセット毎の取り出し時間がほぼ一定となるから、その取り出し作業が容易となり、PTP錠剤シート900,900,・・・の払出速度が速くなる。

0071

また、上記実施形態では、各PTP錠剤カセット500,500,・・・は、カセット棚600の棚板602上に、該各PTP錠剤カセット500,500,・・・の幅方向に列設されているが、この棚板は静止した平板状のものに限定されず、例えば所定の軸心まわりに回転する円筒形状のものであってもよい。その場合には、取り出しユニット400を、この回転する棚板上に搭載された各PTP錠剤カセット500,500,・・・に対して相対移動させることで足りる。

0072

1調剤装置
100 装置本体
400取り出しユニット
430払出板
440プッシャ
500錠剤カセット
530 本体上部
5301底板(基準面に相当する。)
540本体下部
550押出機構(シート押し出し機構に相当する。)
5501 第一スライド部材
5515押出部材
5515a上り斜面(上り傾斜面、傾斜面に相当する。)
5515b下り斜面
800搬送コンベアユニット
900PTP錠剤シート(錠剤シートに相当する。)
920ポケット
930耳部

先行技術

0073

特開平4−269960号公報
実開平5−054223号公報

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • プロテウスデジタルヘルス,インコーポレイテッドの「 摂取可能な医療用電子デバイス」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題・解決手段】薬物および剤形に対する消費者である患者のアドヒアランスを追跡するシステムは、追跡デバイスと、コンピュータシステムと、データベースと、を含む。各IEMデバイスがIEM識別子コードを格納... 詳細

  • 株式会社リコーの「 服薬支援装置」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】薬剤一包化パックを提供する服薬支援装置において、薬剤一包化パックの確実な搬送を行うことを目的とする。【解決手段】複数の薬剤一包化パック2が帯状に連なったパック連続体1を格納する複数の格納部6と... 詳細

  • オムロンヘルスケア株式会社の「 服薬支援情報生成装置、方法およびプログラム」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】ユーザの服薬の状況に応じたより適切な服薬支援を可能にする。【解決手段】服薬支援情報生成装置2において、ユーザに処方された薬剤の処方に関する情報を取得し、前記ユーザの現在の服薬の状況を表す情報を... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ