図面 (/)

技術 通信システム

出願人 株式会社日立国際電気
発明者 吉澤正祥
出願日 2013年3月28日 (7年9ヶ月経過) 出願番号 2013-069117
公開日 2014年10月6日 (6年2ヶ月経過) 公開番号 2014-192845
状態 特許登録済
技術分野 移動無線通信システム 電話通信サービス
主要キーワード トランペット型 集会所 エリア管理テーブル 親局設備 子局設備 自動プログラム 地域コミュニティ 災害関連情報
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2014年10月6日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (6)

課題

本発明は、デジタル同報通信システム地区放送ステムを接続して、デジタル同報通信システムの親局から報知情報を地区放送システムの親局に転送することを目的とする。

解決手段

本発明の通信システムは、音声データを無線により送信する親局と、親局から送信された音声データを受信する子局とを有する通信システムであって、親局は送信する音声データに子局で報知する音声データと、他システムへ転送する音声データとを識別する識別情報を付加し、子局は親局から送信された音声データに付加された識別情報を基に受信した音声データを識別し、識別情報が他システムへ転送する音声データの場合に音声データを他システムに転送することを特徴とする。

概要

背景

近年、各地区自治会が、その地区内の住民に種々の情報を伝達するために、各家庭戸別受信機を設置しておき、地区放送親局から無線により送信される放送音声を戸別受信機で受信してスピーカ出力する地区放送(地域振興)システム構築されている。

なお、従来から市区における防災に関する複数の同報系システム統合部により統合した通信システムに関し、統合部から各同報系システムへの一斉通報を効率的に行う通信システムなども提案されている(特許文献1参照)。

また、市町村などにおける同報無線システムとして、社団法人電波産業会が策定したARISTD−T86(非特許文献1)にて定められた市町村デジタル同報通信システムがある。

概要

本発明は、デジタル同報通信システムと地区放送システムを接続して、デジタル同報通信システムの親局から報知情報を地区放送システムの親局に転送することを目的とする。本発明の通信システムは、音声データを無線により送信する親局と、親局から送信された音声データを受信する子局とを有する通信システムであって、親局は送信する音声データに子局で報知する音声データと、他システムへ転送する音声データとを識別する識別情報を付加し、子局は親局から送信された音声データに付加された識別情報を基に受信した音声データを識別し、識別情報が他システムへ転送する音声データの場合に音声データを他システムに転送することを特徴とする。

目的

本発明は、デジタル同報通信システムと地区放送システムを接続して、デジタル同報通信システムの親局から報知情報を地区放送システムの親局に転送することを目的とする

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

音声データを無線により送信する親局と、該親局から送信された音声データを受信する子局とを有する通信ステムにおいて、前記親局は、送信する音声データに前記子局で報知する音声データと、他システム転送する音声データとを識別する識別情報を付加し、前記子局は、前記親局から送信された音声データに付加された識別情報を基に受信した音声データを識別し、識別情報が他システムへ転送する音声データの場合に音声データを他システムに転送することを特徴とする通信システム。

請求項2

請求項1に記載の通信システムにおいて、前記他システムは、第2の親局と、端末局を備え、前記親局は、前記音声データに放送時刻情報を付加して送信し、前記第2の親局は、前記子局から転送された音声データを記憶する記憶部を有し、前記第2の親局は、前記放送時刻情報に基づいて前記記憶部に記憶した音声データを前記端末局に送信することを特徴とする通信システム。

請求項3

音声データを無線により送信する親局と、該親局から送信された音声データを受信する自システムの子局と、該子局で中継された音声データを受信する他システムの端末局とを有する通信システムにおいて、前記子局は、前記親局から送信された音声データを前記端末局が属する他システムに中継することを特徴とする通信システム。

技術分野

0001

本発明は、通信ステムに関し、特に市町村デジタル同報通信システム地区放送(地域振興)システムを接続した通信システムに関するものである。

背景技術

0002

近年、各地区の自治会が、その地区内の住民に種々の情報を伝達するために、各家庭戸別受信機を設置しておき、地区放送の親局から無線により送信される放送音声を戸別受信機で受信してスピーカ出力する地区放送(地域振興)システムが構築されている。

0003

なお、従来から市区における防災に関する複数の同報系システム統合部により統合した通信システムに関し、統合部から各同報系システムへの一斉通報を効率的に行う通信システムなども提案されている(特許文献1参照)。

0004

また、市町村などにおける同報無線システムとして、社団法人電波産業会が策定したARISTD−T86(非特許文献1)にて定められた市町村デジタル同報通信システムがある。

0005

特開2006−339712号公報

先行技術

0006

市町村デジタル同報通信システム、ARIBSTD−T86、社団法人電波産業会

発明が解決しようとする課題

0007

本発明は、デジタル同報通信システムと地区放送システムを接続して、デジタル同報通信システムの親局から報知情報を地区放送システムの親局に転送することを目的とする。

課題を解決するための手段

0008

本発明の通信システムは、音声データを無線により送信する親局と、親局から送信された音声データを受信する子局とを有する通信システムであって、親局は送信する音声データに子局で報知する音声データと、他システムへ転送する音声データとを識別する識別情報を付加し、子局は親局から送信された音声データに付加された識別情報を基に受信した音声データを識別し、識別情報が他システムへ転送する音声データの場合に音声データを他システムに転送することを特徴とする。

0009

また、本発明の通信システムは、上述の通信システムであって、他システムは第2の親局と端末局を備え、親局は音声データに放送時刻情報を付加して送信し、第2の親局は子局から転送された音声データを記憶する記憶部を有し、第2の親局は放送時刻情報に基づいて記憶部に記憶した音声データを端末局に送信することを特徴とする。

0010

さらに、本発明の通信システムは、音声データを無線により送信する親局と、親局から送信された音声データを受信する自システムの子局と、子局で中継された音声データを受信する他システムの端末局とを有する通信システムであって、子局は親局から送信された音声データを端末局が属する他システムに中継することを特徴とする。

発明の効果

0011

本発明によれば、デジタル同報通信システムと地区放送システムを接続して、デジタル同報通信システムの親局から報知情報を地区放送システムの親局に転送することにより、同時刻通報においても、地区放送システムの親局から各端末局装置に異なる報知情報の通報を行うことが可能となる。

図面の簡単な説明

0012

本発明の一実施例に係る通信システムのブロック図である。
本発明の一実施例に係るデジタル同報通信システムの親局と地区放送システムの親局を説明するためのブロック図である。
本発明の一実施例である通信システムの動作を説明するためのシーケンス図である。
本発明の一実施例である地区放送システムの親局から複数の端末局装置に異なる報知情報を同時刻に送信するための動作を説明するためのシーケンス図である。
本発明の他の一実施例である報知情報をデジタル同報通信システムの親局から子局を中継して地区放送システムに転送するための動作を説明するためのシーケンス図である。

実施例

0013

以下、本発明の一実施形態について図面を参照して説明する。
図1は本発明の一実施例に係る通信システムのブロック図である。
図1は市区町村などの防災に関する無線通信システムである市町村デジタル同報通信システム(以下、同報系と称する)と、地区放送システム(以下、地区放送系と称する)を接続した通信システムを説明するためのブロック図である。

0014

図1において、同報系システムは、例えば、災害時に行政機関から住民に対して災害関連情報を報知する等の用途として用いられ、センター局装置101から同報無線で送信した報知情報を所定の場所に設置された複数の屋外子局12などで受信してトランペット型スピーカ等から音声出力する。具体例として、60MHz帯(54〜70MHz)における市町村デジタル防災無線通信方式であるTDMATDD方式による防災行政用のデジタル同報無線システムにおいて、同報無線回線を利用してセンター局装置101と屋外子局12などとの間で音声情報や他の符号情報等による通報を行う機能を備える。

0015

本発明の一実施例に係るデジタル同報系システムでは、例えば、災害が発生した時などに、行政機関から住民に対して災害関連の情報を一斉通報により報知することが行われる。具体的には、センター局装置101に設置された操作卓10や同報系親局装置11により、各地域における屋外一般家庭集会所や学校などに設置された図示していない端末局装置などに対して、災害に関する情報や、緊急指令の情報や、避難勧告の情報などを、通話による音声情報或いは文字情報等による非音声情報として送信して、住民へ情報を伝達する。

0016

また、通信システムとしては、例えば、端末局装置が固定的に設置されるような固定系の通信システムに適用されてもよく、或いは、端末局装置が携帯電話のように移動可能な通信システムに適用されてもよい。なお、本一実施例では、子局設備102−1〜102−nはそれぞれの地域の場所に設置されており、各戸受信機26は例えば子局設備102−1〜102−nに接続された地区放送系システム104−1〜104−nの戸別受信機26として、市町村内の住居戸別毎(世帯毎)に設置されている或いはそれぞれの人(所有者)により携帯されている。

0017

また、一般に、基地局装置(本一実施例では、センター局装置101)から子局設備102−1〜102−nなどへの通信の方向を下りと言い、子局設備102−1〜102−nなどから基地局装置(本実施例では、センター局装置101)への通信の方向を上りと言う。

0018

図1において、同報系システムでは、センター局装置101と、複数であるn個の子局設備102−1〜102−nを設けてある。なお、子局設備102−1〜102−nの数nとしては、それぞれ、種々な数が用いられてもよい。
図1は、センター局装置101と子局設備102−1との間の無線回線C1や、センター局装置101と子局設備102−nとの間の無線回線Cnを示してある。

0019

本一実施例では、主に、センター局装置101と戸別受信機26との間で通信する場合について説明するが、例えば、子局設備102−1〜102−nと同様な構成や動作を戸別受信機26に適用することも可能である。
センター局装置101は、扱者1により操作されて各種の指令などを受け付ける操作卓10と、制御部や無線部やアンテナを有して無線通信を行う同報系親局11が備えられている。

0020

子局設備102−1〜102−nは、制御部や無線部やアンテナを有して無線通信を行う屋外子局12と、人に対して音声を出力するトランペット型スピーカが備えられている。

0021

地区放送親局設備の地区放送親局装置21は、扱者103−1〜103−nより操作されて各種の指令などを受け付ける放送卓22と、人により遠隔地電話端末31から公衆回線網等のネットワーク105を介し操作されて、各種の指令などを受け付ける遠隔操作装置23と、制御部や無線部やアンテナを有して無線通信を行う無線装置24が備えられている。
戸別受信機26は、人に対して音声を出力するスピーカと、文字情報等の画像を表示する表示部が備えられている。

0022

本発明の一実施例では、各地区放送親局装置21に対して、中継装置25を介して、戸別受信機26が無線回線E1〜Enを介して接続されるシステム構成を示すが、例えば、中継装置25を介さないで、地区放送親局装置21と戸別受信機26が直接的に無線回線E1〜Enを介して接続されるようなシステム構成が用いられても良い。
子局設備102−1〜102−nは、地区放送親局装置21を外部から制御する他システム連動部が備えられており、接続されている。
また、地区放送親局装置21は、外部から制御を受け付ける被他システム連動部が備えられている。
なお、扱者106は、電話端末31の送話者および操作者である。

0023

図2は本発明の一実施例に係るデジタル同報通信システムの親局と地区放送システムの親局を説明するためのブロック図である。
図2には、同報系親局装置11と地区放送親局装置21の機能ブロックの例を示してある。
本発明の一実施例の同報系親局装置11は、屋外子局12を通じて各地区の地区放送親局装置21と通信する通信部111、各地区の地区放送親局装置21から収集した地区放送音声の送信時刻無音予約録音放送を行う時刻)を管理する時刻情報管理テーブル112、各地区の地区放送親局装置21による地区放送音声のサービスエリアを管理するエリア管理テーブル113、各地区の地区放送親局装置21による地区放送音声の送信時刻(無音予約録音放送を行う時刻)を調整する送信時刻調整部114、等を有する。

0024

また、本発明の一実施例の地区放送親局装置21は、屋外子局12を通じて同報系親局装置11と通信する通信部221、扱者(人)103からの操作を受け付ける操作受付部232、地区放送音声の送信時刻(無音予約録音放送を行う時刻)を管理する時刻情報管理部231、入力された地区放送音声を録音(記憶)する地区放送記憶部233、地区放送音声を戸別受信機26へ配信(送信)する地区放送配信部222、無線装置24等を有する。

0025

各地区の地区放送親局装置21は、扱者103によって直接又は遠隔的に放送卓22を操作して入力された地区放送音声を操作受付部232により受け付けると、当該地区放送音声を地区放送記憶部233に記憶する。そして、時刻情報管理部231に設定されている地区放送音声の送信時刻(無音予約録音放送を行う時刻)の到来契機に、地区放送記憶部233に記憶されている地区放送音声を地区放送配信部222により無線装置24を介して戸別受信機26へ配信(送信)する。

0026

扱者1は、センター装置101の同報系親局装置11から子局設備102−1〜102−nを介して地区放送親局装置21の地区放送記憶部233に記憶する報知情報を送信する。
送信する報知情報は、音声データと、送信先である地区放送親局装置21の識別情報と、通報時刻情報、等である。
送信先である地区放送親局装置21の識別情報は、同報系親局装置11のエリア管理テーブル113に記憶している。また、通報時刻情報は、扱者1が操作卓10からの直接入力または同報系親局装置11の時刻情報管理テーブル112に記憶している情報を読出し付加する。

0027

識別情報で送信先に該当する地区放送親局装置21は、同報系親局装置11から子局設備102を介して送信された報知情報を音声データと通報時刻情報に分離する。
地区放送親局装置21は、分離した音声データを地区放送記憶部233に記憶し、分離した通報時刻情報を時刻情報管理部231で管理する。
そして、時刻情報管理部231は、通報時刻になった場合、通報時刻に該当する音声データを地区放送記憶部233から読出し、地区放送配信部222から無線装置24、中継装置25を介して戸別受信機26に配信する。

0028

次に本発明の一実施例の基本的な動作について図3を用いて説明する。
図3は、扱者1がセンター局装置101の操作卓10の通報操作により、地区放送(地域振興)設備104−1〜104−nの戸別受信機26に対して選択呼出操作を実施した際の、各装置間でやり取りされるシーケンス図を示している。
図3の説明は、センター局装置101、子局設備102−1、地区放送(地域振興)設備104−1が通信した場合である。

0029

扱者1が通報を行うに際し、センター局装置101の操作卓10に対して通報種別選択入力(301)し呼出起動(302)を行うと、通報対象となる地区放送(地域振興)設備104−1〜104−nの戸別受信機26に至るまでの無線回線を新たに開設しないで、遠隔操作装置23に至るまでの無線回線C1〜Cnを使用する。

0030

センター局装置101は屋外子局12に対して呼出起動を行う(303)。屋外子局12は放送卓22に対して録音(記憶)起動を行う(304)。放送卓22は遠隔操作装置23に対して自動プログラムで録音(記憶)開始(自プロ録音開始)の指示を出す(305)。

0031

その後、扱者1の肉声による報知情報を音声送話、または予め作成してある報知情報を送話する(306)。音声送話による報知情報は、リアルタイムで戸別受信機26に拡声出力することなく、一旦、遠隔操作装置23に内蔵する地区放送記憶部233に音声データを録音(記憶)する(307)。
扱者1は終話すると、センター局装置101に対して終話指示を出す(308)。センター局装置101は屋外子局12に対して終話指示を出す(309)。屋外子局12は放送卓22に対して録音(記憶)終話を出す(310)。放送卓22は遠隔操作装置23に対して自動プログラムで録音(記憶)終了(自プロ録音終了)の指示を出す(311)。

0032

その後、通報時刻(312)に達した際、遠隔操作装置23の時刻情報管理部231が、放送卓22に対して自動起動を行う(313)。放送卓22は、自動起動の選択呼出操作に応じて、通報対象となる戸別受信機26に対して起動信号送出後(314)、遠隔操作装置23から前記音声録音した報知情報を音声再生する(315)と、受信起動した戸別受信機26にてリアルタイムにスピーカ(拡声)出力する(316)。
遠隔操作装置23は、音声再生が終話すると、放送卓22に対して終話指示を出す(317)。放送卓22は戸別受信機26に終話信号を出力する(318)。戸別受信機26は終話信号を受信するとスピーカ出力を終了する。
なお、無線装置24と中継装置25は、放送卓24から戸別受信機26への送信信号電波回線E1で中継する。

0033

次に本発明の一実施例の詳細な動作について図4を用いて説明する。
図4は、図3の一実施例を元に、異なる地域コミュニティ無線用地区放送(地域振興)設備104−1〜104−nの戸別受信機26に対して、同時刻に異なる報知情報を通報する際、各装置間でやり取りされるシーケンス図を示している。

0034

扱者1が地区放送(地域振興)設備104−1に通報を行うに際し、センター局装置101の操作卓10に対して通報種別を選択入力(401)し、呼出起動(402)を行う。
センター局装置101は子局設備102−1の屋外子局12に対して呼出起動を行う(403)。子局設備102−1の屋外子局12は地区放送(地域振興)設備104−1の放送卓22に対して録音(記憶)起動を行う(404)。地区放送(地域振興)設備104−1の放送卓22は遠隔操作装置23に対して自動プログラムで録音(記憶)開始(自プロ録音開始)の指示を出す(405)。

0035

その後、扱者1の肉声による報知情報を音声送話、または予め作成してある報知情報を送話する(406)。音声送話による報知情報は、リアルタイムで戸別受信機26に拡声出力することなく、一旦、遠隔操作装置23に内蔵する地区放送記憶部233に音声データを録音(記憶)する(407)。
扱者1は地区放送(地域振興)設備104−1に対して終話すると、センター局装置101に対して終話指示を出す(408)。センター局装置101は子局設備102−1の屋外子局12に対して終話指示を出す(409)。屋外子局12は放送卓22に対して録音(記憶)終話を出す(410)。放送卓22は遠隔操作装置23に対して自動プログラムで録音(記憶)終了(自プロ録音終了)の指示を出す(411)。

0036

扱者1が地区放送(地域振興)設備104−2に通報を行うに際し、センター局装置101の操作卓10に対して通報種別を選択入力(421)し、呼出起動(422)を行う。
センター局装置101は子局設備102−2の屋外子局12に対して呼出起動を行う(423)。子局設備102−2の屋外子局12は地区放送(地域振興)設備104−2の放送卓22に対して録音(記憶)起動を行う(424)。地区放送(地域振興)設備104−2の放送卓22は遠隔操作装置23に対して自動プログラムで録音(記憶)開始(自プロ録音開始)の指示を出す(425)。

0037

その後、扱者1の肉声による報知情報を音声送話、または予め作成してある報知情報を送話する(426)。音声送話による報知情報は、リアルタイムで戸別受信機26に拡声出力することなく、一旦、遠隔操作装置23に内蔵する地区放送記憶部233に音声データを録音(記憶)する(427)。
扱者1は地区放送(地域振興)設備104−2に対して終話すると、センター局装置101に対して終話指示を出す(428)。センター局装置101は子局設備102−2の屋外子局12に対して終話指示を出す(429)。屋外子局12は放送卓22に対して録音(記憶)終話を出す(430)。放送卓22は遠隔操作装置23に対して自動プログラムで録音(記憶)終了(自プロ録音終了)の指示を出す(431)。

0038

地区放送(地域振興)設備104−1の遠隔操作装置23は、通報時刻(451)に達した際、地区放送(地域振興)設備104−1の遠隔操作装置23の時刻情報管理部231が、放送卓22に対して自動起動を行う(452)。放送卓22は、自動起動の選択呼出操作に応じて、通報対象となる戸別受信機26に対して起動信号を送出後(453)、遠隔操作装置23から前記音声録音した報知情報を音声再生する(454)と、受信起動した戸別受信機26にてリアルタイムにスピーカ(拡声)出力する(455)。
遠隔操作装置23は、音声再生が終話すると、放送卓22に対して終話指示を出す(456)。放送卓22は戸別受信機26に終話信号を出力する(457)。戸別受信機26は終話信号を受信するとスピーカ出力を終了する。

0039

地区放送(地域振興)設備104−2の遠隔操作装置23は、通報時刻(471)に達した際、地区放送(地域振興)設備104−2の遠隔操作装置23の時刻情報管理部231が、放送卓22に対して自動起動を行う(472)。放送卓22は、自動起動の選択呼出操作に応じて、通報対象となる戸別受信機26に対して起動信号を送出後(473)、遠隔操作装置23から前記音声録音した報知情報を音声再生する(474)と、受信起動した戸別受信機26にてリアルタイムにスピーカ(拡声)出力する(475)。
遠隔操作装置23は、音声再生が終話すると、放送卓22に対して終話指示を出す(476)。放送卓22は戸別受信機26に終話信号を出力する(477)。戸別受信機26は終話信号を受信するとスピーカ出力を終了する。

0040

上述の通報時刻(451)と通報時刻(471)は同時刻の場合であるが、地区放送(地域振興)設備104−1の戸別受信機26のスピーカ(拡声)出力する(455)と、地区放送(地域振興)設備104−2の戸別受信機26のスピーカ(拡声)出力する(475)は異なった内容である。
なお、地区放送(地域振興)設備104−1の無線装置24と中継装置25は、放送卓24から戸別受信機26への送信信号を電波回線E1で中継する。地区放送(地域振興)設備104−2の無線装置24と中継装置25は、放送卓24から戸別受信機26への送信信号を電波回線E2で中継する。

0041

さらに本発明の他の一実施例の動作について図5を用いて説明する。
図5は本発明の他の一実施例である報知情報をデジタル同報通信システムの親局から子局を中継して地区放送システムに転送するための動作を説明するためのシーケンス図である。

0042

扱者1が通報を行うに際し、センター局装置101の操作卓10に対して通報種別を選択入力(501)し、呼出起動(502)を行う。
センター局装置101は通報対象となる屋外子局12に対して通報起動を行う(503)。屋外子局12は放送卓22に対して外部起動を行う(504)。
放送卓22は、通報対象となる戸別受信機26に対して起動信号を送出(514)する。
扱者1の肉声による報知情報を音声送話、または予め作成してある報知情報を通報対象の戸別受信機26に送話する(506)と、戸別受信機26にてリアルタイムにスピーカ(拡声)出力する(516)。

0043

扱者1は終話すると、センター局装置101に対して終話指示を出す(508)。センター局装置101は通報対象の屋外子局12に対して終話指示を出す(509)。屋外子局12は放送卓22に対して終話の外部起動を出す(513)。放送卓22は通報対象の戸別受信機26に終話信号を出力する(518)。戸別受信機26は終話信号を受信するとスピーカ出力を終了する。
なお、無線装置24と中継装置25は、放送卓24から戸別受信機26への送信信号を電波回線E1〜Enの何れかで中継する。

0044

上述で記載の音声データはアナログ音声信号でも良い。

0045

本発明によれば、デジタル同報通信システムと地区放送システムを接続して、デジタル同報通信システムの親局から報知情報を地区放送システムの親局に転送することにより、同時刻の通報においても、地区放送システムの親局から各端末局装置に異なる報知情報の通報を行うことが可能となる。

0046

以上本発明について詳細に説明したが、本発明は、ここに記載された通信システムに限定されるものではなく、上記以外の通信システムに広く適用することができることは言うまでもない。

0047

10:操作卓、11:同報系親局装置、12:屋外子局、21:地区放送系親局装置、22:放送卓、23:遠隔操作装置、24:無線装置、25:中継装置、26:地区放送系戸別受信機、31:電話端末、101:センター装置、102−1〜102−n:同報系子局設備、1,103−1〜103−n,106:扱者、104−1〜104−n:地区放送(地域振興)設備、105:ネットワーク、C1〜Cn,E1〜En:電波回線。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社NTTドコモの「 ユーザ端末及び無線通信方法」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題・解決手段】ビーム回復手順の実施が想定される場合に、RLMを適切に制御すること。本発明の一態様に係るユーザ端末は、仮想の下り制御チャネルに関する情報を受信する受信部と、前記情報に基づいて、下り制... 詳細

  • 株式会社NTTドコモの「 ユーザ端末及び無線通信方法」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題・解決手段】同期信号ブロックを利用する無線通信システムにおいて制御チャネルの設定領域の情報を適切に通知するために、本発明のユーザ端末の一態様は、制御リソースセットの構成を示す所定ビット情報を含む... 詳細

  • 株式会社NTTドコモの「 端末、無線通信方法及び基地局」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題・解決手段】マルチキャリア波形を有するUL信号を適切に送信するために、ユーザ端末は、連続する周波数リソースにわたるマルチキャリア波形を有する上り信号を、上り共有チャネルを用いて送信する送信部と、... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ