図面 (/)

技術 サンドブラストとエッチング加工により金属面に画像をローレリーフする転写方法

出願人 山田雄司
発明者 山田雄司
出願日 2013年3月27日 (7年9ヶ月経過) 出願番号 2013-083344
公開日 2014年10月6日 (6年2ヶ月経過) 公開番号 2014-189904
状態 特許登録済
技術分野 装飾技術 砥粒による吹付け加工の細部 エッチングと化学研磨(つや出し)
主要キーワード アート性 予備圧力 粗磨き 圧力調整機 エアコンプレッサー 噴射ユニット エアーコンプレッサー エアーホース
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2014年10月6日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (4)

課題

画像を金属面にローレリーフ(浅浮き出し彫刻)する画像転写方法において、画像が目立ち、高精細装飾性アート性にすぐれた金属面への画像転写方法を提供する。

解決手段

サンドブラスト露光フィルムを用い、サンドブラストにより金属面に画像を浮き出させ、サンドブラストで浮き出た画像形成部分だけをエッチング液などで腐食させることにより、ブラストされていない金属面と腐食により黒くなった金属面9がはっきり区別され装飾性とアート性を大幅に向上させる。

概要

背景

従来のレリーフ銅板は銅板に画像を手作業転写して、その画像の輪郭線ヘラなどで1線ずつ浮き出させて、その後エッチング液銅版全体を腐食させ、その表面を粗磨きすることにより画像と金属面との濃淡をつける方法である。

この方法では画像の転写及び輪郭線の再現作業者の手作業に依存しているため高精度の再現性は出来ない。またこの問題を解決するためサンドブラスト用の露光フィルムを用い高精度の再現性はできるようになってきたが、ブラストによる画像の形成部分と金属面の色に大きな差異がないため画像の強調ができず、再現性はあるが装飾性アート性にかかわる高品質のものではない。

概要

画像を金属面にローレリーフ(浅浮き出し彫刻)する画像転写方法において、画像が目立ち、高精細で装飾性とアート性にすぐれた金属面への画像転写方法を提供する。サンドブラスト用露光フィルムを用い、サンドブラストにより金属面に画像を浮き出させ、サンドブラストで浮き出た画像形成部分だけをエッチング液などで腐食させることにより、ブラストされていない金属面と腐食により黒くなった金属面9がはっきり区別され装飾性とアート性を大幅に向上させる。

目的

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

サンドブラストにより金属面に浮き出された画像形成部分エッチングにより腐食させる金属面への画像転写方法

請求項2

上記方法により製作された製造物または作品

技術分野

0001

この発明は画像を金属面にローレリーフ(浅浮き出し彫刻)にすることにより装飾性アート性を高めた金属面への画像転写方法に関する。

背景技術

0002

従来のレリーフ銅板は銅板に画像を手作業転写して、その画像の輪郭線ヘラなどで1線ずつ浮き出させて、その後エッチング液銅版全体を腐食させ、その表面を粗磨きすることにより画像と金属面との濃淡をつける方法である。

0003

この方法では画像の転写及び輪郭線の再現作業者の手作業に依存しているため高精度の再現性は出来ない。またこの問題を解決するためサンドブラスト用の露光フィルムを用い高精度の再現性はできるようになってきたが、ブラストによる画像の形成部分と金属面の色に大きな差異がないため画像の強調ができず、再現性はあるが装飾性、アート性にかかわる高品質のものではない。

先行技術

0004

なお、本願発明に関連する公知技術として次の特許文献1及び実用新案2をあげることができる。
出願番号:特許出願2007−300064公開番号:特許公開2009−125824出願番号:実用新案2002−2499 公開番号:登録実用新案第3088855号

サンドブラスト用露光フィルムを用い、金属面に画像をブラスト後、浮き出てきた画像形成部分だけを腐食する金属面への画像転写方法。

発明が解決しようとする課題

0005

サンドブラスト用露光フィルムを用いた、金属面への画像のブラストにより浮き出てきた画像形成部分をエッチング液などで腐食することにより、画像部分を強調したローレリーフという新しい表現方法も提供できる。

課題を解決するための手段

0006

従来のサンドブラスト用露光フィルム用いて画像を転写したフィルムを金属面に貼付けた後ブラストし、浮き出た画像形成部分だけをエッチング液で腐食させた後フィルムを剥離して高品質の金属面への画像転写を特徴とする。

発明の効果

0007

以上説明したように画像とくにお子様の絵などを金属面に高精度、高品質に転写でき、かつローレリーフという絵が浮きあがって見える画像に仕上げることができ、従来にない装飾性とアート性にすぐれた今までない特徴をもった作品を提供できる。

図面の簡単な説明

0008

一般的なサンドブラストのシステム図である。本発明の実施形態に関わる断面図である。本発明の実施形態に関わる断面図である。

実施例

0009

以下、この発明の実施形態を図面に基づき詳細に説明する。
図1は一般的なサンドブラストのシステム図である。
エアーコンプレッサーおよび6予備用エアコンプレッサーから空気を4エアーホースを通して5圧力調整器および5予備圧力調整器送り込み、その先の3噴射ユニットを経由して2ノズルから研磨材を画像を転写した7ブラスト用露光フィルムを貼付した金属板に吹き付ける。図2サンドブラスト加工後の画像の断面図である。従来の方法ではブラスト後、8金属板に貼付した7ブラスト用露光フィルムはすぐに剥離するが本発明では剥離せずに画像形成部分にエッチング液で腐食させた後、図3のように7ブラスト用露光フィルムを剥離すると9黒く腐食した金属面がローレリーフ画像として金属面に形成される。

0010

1.サンドブラストボックス
2.ノズル
3.噴射ユニット
4.エアーホース
5.圧力調整機
6.エアーコンプレッサー
7.サンドブラスト用露光フィルム
8.金属板
9・腐食した金属面

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 烟台渭海文具有限公司の「 絵筆クリーニング装置」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】本発明は絵筆クリーニング装置を開示した。【解決手段】筆筒を含み、前記筆筒の頂部の中にはクリーニング空間が設置され、前記クリーニング空間の左側にある前期筆筒の中にはサムホイール空間が設置され、前... 詳細

  • 佛山市飛瑜文具有限公司の「 絵の具を格納し、絵の具パレットを洗浄する絵の具ケース」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】使用者が絵の具パレットを洗う面倒がない絵の具ケースを提供する【解決手段】絵の具ケースは、ケース主体12を含み、前記ケース主体の頂部端面にはカバー板44がスライドできるように装着され、前記ケース... 詳細

  • DGSHAPE株式会社の「 加工方法及び加工機」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】従来よりもプレビュー時に加工位置を確認しやすい加工方法を提供する。【解決手段】本発明に係る加工方法は、被加工物を用意する工程(ステップS1A);前記被加工物を載置する載置部と、前記被加工物を加... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ