図面 (/)

技術 防食用錆転換剤

出願人 株式会社プラザ・オブ・レガシー住友化学株式会社
発明者 刀根如人
出願日 2013年3月4日 (7年11ヶ月経過) 出願番号 2013-042387
公開日 2014年9月18日 (6年4ヶ月経過) 公開番号 2014-169486
状態 特許登録済
技術分野 金属の化成処理
主要キーワード 表面修飾物 ジンクリッチペイント 浮き錆 ケレン 試験用基板 KBM 気化性 シリカ粉体
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2014年9月18日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (0)

図面はありません

課題

人体、環境、建造物構造部分である鉄骨部分への影響が少なく、化学反応が早く赤錆を黒錆に転換する機能が十分であり、長期の防食機能が期待でき、コスト面等が有利な防食錆転換剤の提供。

解決手段

フェノ−ル性水酸基を有する化合物0.5質量%〜10.0質量%と、フッ素化合物(ただし、前記フェノ−ル性水酸基を有する化合物である物を除く。)0.2質量%〜5.0質量%と、カルボキシル基含有化合物(ただし、前記フェノ−ル性水酸基を有する化合物又は前記フッ素化合物である物を除く。)0.5質量%〜10.0質量%と、多価アルコール及び水を含む水溶性溶媒とを含有することを特徴とする防食用錆転換剤である。

概要

背景

建造物鉄骨部分は、その建造物の構造部分として、特に強度面が重要である。近年、鉄骨部分の老朽化が進んでおり、メンテナンスの時期を迎えている。前記鉄骨部分の老朽化は、鉄部に赤錆が発生することにより、強度等の低下が起こる。
従来、前記赤錆を除去する方法として、機械的方法としては、サンドブラストショットブラスト等を行っていが、騒音、環境、コスト面等で問題となっている。
また、騒音、環境、コスト面等の問題を解決するために、前記赤錆を除去する方法として、化学的方法が用いられている。前記化学的方法としては、塩酸硫酸、佛酸等の強酸を用い、赤錆を溶かし、除去する方法が一般的に行われている。

しかし、塩酸、硫酸、佛酸等の強酸で赤錆を溶かして除去する前記化学的方法は、人体、環境、建造物の構造部分である鉄骨部分への影響が問題となっている。
また、それ以外の化学的方法としては、特許文献1には、硝酸マグネシウム水和物に酸性フッ化アンモニウムを溶解し、界面活性剤としてポリエチレングリコールを添加した赤錆の除去剤提唱されているが、広範囲において、赤錆が除去されているかは、十分に開示されていない。
また、特許文献2には、ボイラ−等の容器腐食防止を目的にボイラ−水の中にアルカリ側でグルコン酸、キシリト−ル等を混ぜることにより防食防止が開示されているが、気化性錆止め剤一種であり、長期の防食機能ではない。
また、特許文献3には、マグネタイト磁性をもつことから磁石により赤錆を黒錆化することが提案されている。しかし、黒錆化するのに長時間必要であることや設備が必要なことから現場等の一般的な施工はできない。
また、特許文献4には、現場施工の手法として水性コ−ティングが開示されているが、リン酸系の防食用錆転換剤であるため、反応が遅く、かつ浸透力に乏しいため長期の防食は期待できない。
一方、特許文献5には、タンニン酸を用いた赤錆を黒錆に転換する防食用錆転換剤が提唱されているが、タンニン酸の含有量が多いため、コスト面が不利な上に防食用錆転換剤にて処理した後に遊離したタンニン酸が塗布する塗料との密着を低下させる問題がある。

概要

人体、環境、建造物の構造部分である鉄骨部分への影響が少なく、化学反応が早く赤錆を黒錆に転換する機能が十分であり、長期の防食機能が期待でき、コスト面等が有利な防食用錆転換剤の提供。フェノ−ル性水酸基を有する化合物0.5質量%〜10.0質量%と、フッ素化合物(ただし、前記フェノ−ル性水酸基を有する化合物である物を除く。)0.2質量%〜5.0質量%と、カルボキシル基含有化合物(ただし、前記フェノ−ル性水酸基を有する化合物又は前記フッ素化合物である物を除く。)0.5質量%〜10.0質量%と、多価アルコール及び水を含む水溶性溶媒とを含有することを特徴とする防食用錆転換剤である。なし

目的

本発明は上記事情に鑑みられたものであって、人体、環境、建造物の構造部分である鉄骨部分への影響が少なく、化学反応が早く赤錆を黒錆に転換する機能が十分であり、長期の防食機能が期待でき、コスト面等が有利な防食用錆転換剤を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
1件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

フェノ−ル性水酸基を有する化合物0.5質量%〜10.0質量%と、フッ素化合物(ただし、前記フェノ−ル性水酸基を有する化合物である物を除く。)0.2質量%〜5.0質量%と、カルボキシル基含有化合物(ただし、前記フェノ−ル性水酸基を有する化合物又は前記フッ素化合物である物を除く。)0.5質量%〜10.0質量%と、多価アルコール及び水を含む水溶性溶媒とを含有することを特徴とする防食錆転換剤

請求項2

前記フェノ−ル性水酸基を有する化合物の少なくとも1つのベンゼン環にフェノ−ル性水酸基を2個以上有することを特徴とする請求項1に記載の防食用錆転換剤。

請求項3

前記フェノ−ル性水酸基を有する化合物がタンニン酸没食子酸またはピロガロ−ルであることを特徴とする請求項1又は2に記載の防食用錆転換剤。

請求項4

前記フッ素化合物がフッ酸、フッ化アンモニウム酸性フッ化アンモニウム、フッ素カリウム、またはフッ化ナトリウムであることを特徴とする請求項1〜3のいずれか一項に記載の防食用錆転換剤。

請求項5

前記カルボキシル基含有化合物がクエン酸酒石酸グリコ−ル酸及びその誘導体またはEDTA及びその誘導体であることを特徴とする請求項1〜4のいずれか1項に記載の防食用錆転換剤。

請求項6

シリカ成分を含有し、前記シリカ成分は、アルコキシシラン化合物及びその加水分解物、シリケ−ト化合物及びその加水分解物、コロイダルシリカシリカ粉体及びその表面修飾物からなる群から選択される少なくとも一つを含有することを特徴とする請求項1〜5のいずれか1項に記載の防食用錆転換剤。

請求項7

前記水溶性溶媒のpHは、6.0以下であることを特徴とする請求項1〜6のいずれか1項に記載の防食用錆転換剤。

請求項8

前記水溶性溶媒における、水以外の成分に対する水の割合が10:1〜1:10であることを特徴とする請求項1〜7のいずれか1項に記載の防食用錆転換剤。

技術分野

0001

本発明は防食錆転換剤に関する。

背景技術

0002

建造物鉄骨部分は、その建造物の構造部分として、特に強度面が重要である。近年、鉄骨部分の老朽化が進んでおり、メンテナンスの時期を迎えている。前記鉄骨部分の老朽化は、鉄部に赤錆が発生することにより、強度等の低下が起こる。
従来、前記赤錆を除去する方法として、機械的方法としては、サンドブラストショットブラスト等を行っていが、騒音、環境、コスト面等で問題となっている。
また、騒音、環境、コスト面等の問題を解決するために、前記赤錆を除去する方法として、化学的方法が用いられている。前記化学的方法としては、塩酸硫酸、佛酸等の強酸を用い、赤錆を溶かし、除去する方法が一般的に行われている。

0003

しかし、塩酸、硫酸、佛酸等の強酸で赤錆を溶かして除去する前記化学的方法は、人体、環境、建造物の構造部分である鉄骨部分への影響が問題となっている。
また、それ以外の化学的方法としては、特許文献1には、硝酸マグネシウム水和物に酸性フッ化アンモニウムを溶解し、界面活性剤としてポリエチレングリコールを添加した赤錆の除去剤提唱されているが、広範囲において、赤錆が除去されているかは、十分に開示されていない。
また、特許文献2には、ボイラ−等の容器腐食防止を目的にボイラ−水の中にアルカリ側でグルコン酸、キシリト−ル等を混ぜることにより防食防止が開示されているが、気化性錆止め剤一種であり、長期の防食機能ではない。
また、特許文献3には、マグネタイト磁性をもつことから磁石により赤錆を黒錆化することが提案されている。しかし、黒錆化するのに長時間必要であることや設備が必要なことから現場等の一般的な施工はできない。
また、特許文献4には、現場施工の手法として水性コ−ティングが開示されているが、リン酸系の防食用錆転換剤であるため、反応が遅く、かつ浸透力に乏しいため長期の防食は期待できない。
一方、特許文献5には、タンニン酸を用いた赤錆を黒錆に転換する防食用錆転換剤が提唱されているが、タンニン酸の含有量が多いため、コスト面が不利な上に防食用錆転換剤にて処理した後に遊離したタンニン酸が塗布する塗料との密着を低下させる問題がある。

先行技術

0004

特開2006−249488号公報
特開2012−224930号公報
特開2011−98393号公報
特開2008−157522号公報
特開平5−320936号公報

発明が解決しようとする課題

0005

特許文献1〜5には、赤錆を除去する赤錆の除去剤または赤錆を黒錆に転換する防食用錆転換剤を用いた化学的方法が開示されている。しかし、特許文献1〜4に開示の赤錆除去剤または防食用錆転換剤は、赤錆の除去が十分は無く、長期の防食機能が期待できないといった問題がある。また、特許文献5に開示されている防食用錆転換剤は、タンニン酸の含有量が多いため、コスト面が不利な上に防食用錆転換剤にて処理した後に遊離したタンニン酸が塗布する塗料との密着を低下させる問題がある。
本発明は上記事情に鑑みられたものであって、人体、環境、建造物の構造部分である鉄骨部分への影響が少なく、化学反応が早く赤錆を黒錆に転換する機能が十分であり、長期の防食機能が期待でき、コスト面等が有利な防食用錆転換剤を提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0006

本発明者は、上記課題に鑑み、鋭意研究をした結果、フェノ−ル性水酸基を有する化合物と、フッ素化合物と、カルボキシル基含有化合物と、多価アルコール及び水を含む水溶性溶媒とを含む防食用錆転換剤を用いることにより、該防食用錆転換剤が人体、環境、建造物の構造部分である鉄骨部分への影響が少なく、化学反応が早く赤錆を黒錆に転換する機能が十分であり、長期の防食機能が期待でき、コスト面等が有利な防食用錆転換剤を提供できることを見出し、本発明に至った。

0007

即ち、本発明は、フェノ−ル性水酸基を有する化合物0.5質量%〜10.0質量%と、フッ素化合物(ただし、前記フェノ−ル性水酸基を有する化合物である物を除く。)0.2質量%〜5.0質量%と、カルボキシル基含有化合物(ただし、前記特徴フェノ−ル性水酸基を有する化合物又は前記フッ素化合物である物を除く。)0.5質量%〜10.0質量%と、多価アルコール及び水を含む水溶性溶媒とを含有することをとする防食用錆転換剤である。
前記フェノ−ル性水酸基を有する化合物の少なくとも1つのベンゼン環にフェノ−ル性水酸基を2個以上有することが好ましい。
前記フェノ−ル性水酸基を有する化合物がタンニン酸、没食子酸またはピロガロ−ルであることが好ましい。
前記フッ素化合物がフッ酸、フッ化アンモニウム、酸性フッ化アンモニウム、フッ素カリウム、またはフッ化ナトリウムであることが好ましい。
前記カルボキシル基含有化合物がクエン酸酒石酸グリコ−ル酸及びその誘導体
またはEDTA及びその誘導体であることが好ましい。
前記水溶性溶媒のpHは、6.0以下であることが好ましい。
前記水溶性溶媒中において、前記水溶性溶媒における全量に対する水の割合が10:1〜1:10であることが好ましい。

発明の効果

0008

本発明によれば、人体、環境、建造物の構造部分である鉄骨部分への影響が少なく、化学反応が早く赤錆を黒錆に転換する機能が十分であり、長期の防食機能が期待でき、コスト面等が有利な防食用錆転換剤を提供することができる。

0009

以下、本発明の防食用錆転換剤について詳細に説明する。

0010

本発明の防食用錆転換剤は、フェノ−ル性水酸基を有する化合物0.5質量%〜10.0質量%と、フッ素化合物(ただし、前記フェノ−ル性水酸基を有する化合物である物を除く。)0.2質量%〜5.0質量%と、カルボキシル基含有化合物(ただし、前記フェノ−ル性水酸基を有する化合物又は前記フッ素化合物である物を除く。)0.5質量%〜10.0質量%と、多価アルコール及び水を含む水溶性溶媒とを含むことを特徴とする。

0011

前記フェノ−ル性化合物として、前記フェノ−ル性水酸基を有する化合物の少なくとも1つのベンゼン環にフェノ−ル性水酸基を2個以上有することが好ましく、タンニン酸、没食子酸またはピロガロ−ルであることが最も好ましい。

0012

本発明の防食用錆転換剤において、前記フェノ−ル性水酸基を有する化合物は、防食用錆転換剤全質量に対して0.5質量%〜10.0質量%であり、0.5質量%〜5.0質量%であることがより好ましく、1.0質量%〜3.0質量%であることが最も好ましい。

0013

前記フッ素化合物がフッ酸、フッ化アンモニウム、酸性フッ化アンモニウム、フッ素カリウム、またはフッ化ナトリウムであることが好ましい。

0014

本発明の防食用錆転換剤において、前記フッ素化合物は、防食用錆転換剤全質量に対して0.2質量%〜5.0質量%であり、0.2質量%〜3.0質量%であることがより好ましく、0.2質量%〜2.0質量%であることが最も好ましい。

0015

前記カルボキシル基含有化合物がクエン酸、酒石酸、グリコ−ル酸及びその化合物またはEDTA及びその化合物であることが好ましい。

0016

本発明の防食用錆転換剤において、前記カルボキシル基含有化合物は、防食用錆転換剤全質量に対して0.5質量%〜10.0質量%であり、0.5質量%〜5.0質量%であることがより好ましく、1.0質量%〜4.0質量%であることが最も好ましい。

0017

前記多価アルコールとしては、特に限定されることはないが、エチレングリコールグリセリンが挙げられ、グリセリンが最も好ましい。

0018

前記多価アルコール及び水を含む水溶性溶媒としては、前記多価アルコールが含まれていれば特に限定されることはないが、前記多価アルコールと共にメタノールイソプロピルアルコール(以下、「IPA」と略称する。)、ブタノ−ル、N-メチル-2-ピロリドン(NMP)、ジメチルスルホキシドDMSO)、二塩基酸エステル(DBE)などの溶媒を含むことが好ましい。

0019

また、本発明の防食用錆転換剤において、シリカ成分を含有していても良く、前記シリカ成分は、アルコキシシラン化合物及びその加水分解物、シリケ−ト化合物及びその加水分解物、コロイダルシリカシリカ粉体及びその表面修飾物からなる群から選択される少なくとも一つである。

0020

前記シリカ成分を含有する場合には、防食用錆転換剤全質量に対して0.1質量%〜10.0質量%が好ましく、0.5質量%〜5.0質量%であることが最も好ましい。

0021

また、本発明の防食用錆転換剤は、界面活性剤や湿潤剤を併用していても良い。界面活性剤や湿潤剤は特に限定されることはなく、公知のものであればよいが、例えば、界面活性剤としてはイオン性ノニオンアニオン)であるものや、非イオン性HLB;15以上)が挙げられる。

0022

前記水溶性溶媒のpHは、6.0以下であることが好ましく、3.0〜5.0であることが最も好ましい。

0023

前記水溶性溶媒中において、前記水溶性溶媒における、水以外の成分に対する水の割合が10:1〜1:10であることが好ましく、10:5〜5:10がより好ましく、10:8〜8:10であることが最も好ましい。

0024

以下、実施例により本発明をより具体的に説明するが、本発明は以下の実施例に限定されるものではない。

0025

試験用基板は、鋼板SUS340の黒皮を除去し、2年以上自然放置し、錆が鋼板全面に発生している鋼板の浮き錆を3種ケレンで処理し、キシレン洗浄し、錆板を作製した。

0026

実施例において、使用した防食用錆転換剤の使用材料化学薬品)を以下に示す。
・没食子酸:関東化学(株)製1級
・クエン酸:昭和化工(株)製
・EDTA;キレスト(株)製
・ピロガロ−ル:純正化学(株)製特級
・酸性フッ化アンモニウム:ステラケミファ(株)製
中性フッ化アンモニウム:純正化学(株)製特級
・フッ化ナトリウム:純正化学(株)製特級
フッ化カリウム:純正化学(株)製特級
・フッ酸:森田化学(株)製 55%溶液
・リン酸:ラサ工業(株) 75%溶液
メタノ−ル:ニッコウケミカル(株)製
・IPA:デルタ(株)製
・グリセリン:純正化学(株)製1級
テトラエトキシシラン(TEOS);信越シリコ−ン(株)製;KBE−04
シランカップリング;信越シリコ−ン(株)製;KBM−403;エポキシ基含有シラン(3−グリシドキシプロピルトリエトキシシラン

0027

以下の表1〜4に示す配合にて、防食用錆転換剤を塗布し、さび板に塗布し、塗布後1時間放置した後80℃、10分間の乾燥を行ったものを評価基板とし、外観観察目視により防評価を行った。試験1〜3、5〜6、8〜11、12〜13、15〜20は実施例であり、試験4、7、14は比較例である。
・変化なし:黒色しない(赤錆のまま)。
・やや黒色:若干黒色になる(やや赤錆が黒錆に転換された)。
・黒色:全面黒色になる(完全に赤錆が黒錆に転換された)。

0028

0029

0030

0031

0032

表1〜4の結果から、本発明の防食用錆転換剤用いることにより、赤錆が黒錆に転換された。また、試験1〜2においては、赤錆が黒錆に転換されたものの、フェノ−ル性水酸基を有する化合物である没食子酸の量が多いため、白色の粉末が残存した。

0033

試験18及び20の配合を塗布量10m2/kgでさび板に塗布し、塗布後1時間放置した後80℃、10分の乾燥し、下塗剤溶剤ジンクリッチペイント中塗剤;溶剤系エポキシ樹脂上塗剤;水性アクリルウレタン樹脂を全塗膜約100μmで塗布後、1日放置した後80℃、10分の乾燥し、その後3日放置した試料塩水噴霧JISZ2371で防食性評価を行った。その結果を以下表5に示す。

0034

実施例

0035

表5の結果より、未処理(赤さびの状態)に比べて極端に防食能が向上していることが判る。

0036

本発明の防食用錆転換剤は、老朽化した橋、船舶プラント、建造物の構造部分である鉄骨部分等の鉄を使用しているあらゆるものの構造部分に対して有用である。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ