図面 (/)

技術 旅行プラン提供装置

出願人 株式会社ニコン
発明者 井上英也中村正永
出願日 2013年1月23日 (7年3ヶ月経過) 出願番号 2013-010402
公開日 2014年8月7日 (5年8ヶ月経過) 公開番号 2014-142784
状態 未査定
技術分野 特定用途計算機
主要キーワード 制限地域 ツアー参加者 オプション料金 予約票 提携者 多機能携帯電話機 ユーザー好み ユーザー側端末
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2014年8月7日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (6)

課題

旅行に出かけるユーザーワクワクさせる旅行計画を提供すること。

解決手段

旅行プラン提供装置12は、旅行の出発日帰着日、旅行の予算、および旅行の目的を示す情報を入力する情報入力部と、移動するための交通手段発着時刻情報、移動に要する所要時間情報、移動に要する金額情報検索する移動検索部と、滞在するための宿泊施設の情報、および滞在に要する金額情報を検索する滞在検索部と、旅行の目的に合致する施設を検索する施設検索部と、情報入力部から入力された情報に基づいて、出発日に出発し、旅行の目的に合致する施設へ移動し、帰着日に帰着する旅行計画であって、当該旅行の費用が予算内に収まる旅行計画を作成する旅行計画作成部と、旅行計画作成部が作成した旅行計画のうち、出発日、集合時刻、帰着日、解散時刻、および旅行費用の情報を出力する情報出力部と、を備える。

概要

背景

インターネットを通じて旅行情報を提供する旅行情報提供装置が知られている(特許文献1参照)。人間によるガイドに代わって、電子機器ユーザー好み経路目的地誘導する。

概要

旅行に出かけるユーザーワクワクさせる旅行計画を提供すること。旅行プラン提供装置12は、旅行の出発日帰着日、旅行の予算、および旅行の目的を示す情報を入力する情報入力部と、移動するための交通手段発着時刻情報、移動に要する所要時間情報、移動に要する金額情報検索する移動検索部と、滞在するための宿泊施設の情報、および滞在に要する金額情報を検索する滞在検索部と、旅行の目的に合致する施設を検索する施設検索部と、情報入力部から入力された情報に基づいて、出発日に出発し、旅行の目的に合致する施設へ移動し、帰着日に帰着する旅行計画であって、当該旅行の費用が予算内に収まる旅行計画を作成する旅行計画作成部と、旅行計画作成部が作成した旅行計画のうち、出発日、集合時刻、帰着日、解散時刻、および旅行費用の情報を出力する情報出力部と、を備える。

目的

本発明の一実施の形態による旅行プラン提供装置(サーバー12)を含む旅行プラン提供システム10は、いわゆるミステリーツアーのように、旅行者にあらかじめ目的地等の内容を知らせない旅行プランを提供する

効果

実績

技術文献被引用数
1件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

旅行出発日帰着日、前記旅行の予算、および前記旅行の目的を示す情報を入力する情報入力部と、移動するための交通手段発着時刻情報、前記移動に要する所要時間情報、前記移動に要する金額情報検索する移動検索部と、滞在するための宿泊施設の情報、および前記滞在に要する金額情報を検索する滞在検索部と、前記旅行の目的に合致する施設を検索する施設検索部と、前記情報入力部から入力された情報に基づいて、前記出発日に出発し、前記旅行の目的に合致する施設へ移動し、前記帰着日に帰着する旅行計画であって、当該旅行の費用が前記予算内に収まる旅行計画を作成する旅行計画作成部と、前記旅行計画作成部が作成した旅行計画のうち、前記出発日、集合時刻、前記帰着日、解散時刻、および前記旅行費用の情報を出力する情報出力部と、を備えることを特徴とする旅行プラン提供装置

請求項2

請求項1に記載の旅行プラン提供装置において、前記施設検索部は、所定の地域以外の地域で前記旅行の目的に合致する施設を検索し、前記旅行計画作成部は、前記出発日に出発し、前記所定の地域以外の地域で前記旅行の目的に合致する施設へ移動し、前記帰着日に帰着する旅行計画であって、当該旅行の費用が前記予算内に収まる旅行計画を作成することを特徴とする旅行プラン提供装置。

請求項3

請求項1または2に記載の旅行プラン提供装置において、前記情報入力部は、前記旅行計画に対する希望を示すキーワード情報をさらに入力し、前記旅行計画作成部は、前記キーワード情報を反映した旅行計画を作成することを特徴とする旅行プラン提供装置。

請求項4

請求項1〜3のいずれか一項に記載の旅行プラン提供装置において、前記情報入力部は、前記旅行計画に対する参加者比率を揃える希望を示す情報をさらに入力し、前記旅行計画作成部は、前記入力情報を反映した旅行計画を作成することを特徴とする旅行プラン提供装置。

請求項5

請求項1〜4のいずれか一項に記載の旅行プラン提供装置において、前記情報入力部は、前記旅行計画に対する参加者の年齢を揃える希望を示す情報をさらに入力し、前記旅行計画作成部は、前記入力情報を反映した旅行計画を作成することを特徴とする旅行プラン提供装置。

技術分野

0001

本発明は、旅行プラン提供装置に関する。

背景技術

0002

インターネットを通じて旅行情報を提供する旅行情報提供装置が知られている(特許文献1参照)。人間によるガイドに代わって、電子機器ユーザー好み経路目的地誘導する。

先行技術

0003

特許第4731930号公報

発明が解決しようとする課題

0004

従来の技術によれば、ユーザーが旅先で誘導される際、次にどこへ向かうか等旅行プランの全てが既知であるため、ワクワク感が得られにくいという問題がある。

課題を解決するための手段

0005

本発明による旅行プラン提供装置は、旅行出発日帰着日、旅行の予算、および旅行の目的を示す情報を入力する情報入力部と、移動するための交通手段発着時刻情報、移動に要する所要時間情報、移動に要する金額情報検索する移動検索部と、滞在するための宿泊施設の情報、および滞在に要する金額情報を検索する滞在検索部と、旅行の目的に合致する施設を検索する施設検索部と、情報入力部から入力された情報に基づいて、出発日に出発し、旅行の目的に合致する施設へ移動し、帰着日に帰着する旅行計画であって、当該旅行の費用が予算内に収まる旅行計画を作成する旅行計画作成部と、旅行計画作成部が作成した旅行計画のうち、出発日、集合時刻、帰着日、解散時刻、および旅行費用の情報を出力する情報出力部と、を備えることを特徴とする。

発明の効果

0006

本発明によれば、旅行に出かけるユーザーをワクワクさせる旅行プランを提供できる。

図面の簡単な説明

0007

旅行プラン提供システムの全体構成を例示する図である。
顧客データを保存するための顧客マスタを例示する図である。
提携者情報を保存するための提携者マスタを例示す図である。
旅行プラン提供システムによる全体の処理手順を説明する図である。
ユーザー側端末の表示部に表示された申込み画面を例示する図である。

実施例

0008

以下、図面を参照して本発明を実施するための形態について説明する。図1は、旅行プラン提供システム10の全体構成を例示する図である。本発明の一実施の形態による旅行プラン提供装置(サーバー12)を含む旅行プラン提供システム10は、いわゆるミステリーツアーのように、旅行者にあらかじめ目的地等の内容を知らせない旅行プランを提供する。旅行プランの提供を受けるユーザーは、スマートフォン等の多機能携帯電話機20またはPC(パーソナルコンピュータ)14を介して、サーバー12にアクセスする。

0009

図1において、サーバー12と、PC14と、無線LAN(Local Area Network)のアクセスポイント18とがネットワーク16に接続されている。サーバー12は、旅行プランを提供する事業者(以下、提供者と呼ぶ)により、データセンター等に設置される。

0010

アクセスポイント18は、商業施設等に設置されており、ホットスポット等と呼ばれる。ユーザーは、自宅オフィスからPC14を介してサーバー12へアクセスしたり、スマートフォン20やタブレットコンピュータ等の無線LAN機能を用いてアクセスポイント18経由でサーバー12へアクセスしたりする。なお、スマートフォン20から図示しない携帯電話回線網を経由してネットワーク16上のサーバー12へアクセスしても構わない。

0011

サーバー12は、記憶装置データ処理装置、およびネットワーク16との間の通信制御装置等によって構成され、旅行プランの提供に必要なデータ等を管理する。本実施形態では、あらかじめ登録された顧客であるユーザーに対して旅行プランを提供するため、顧客データおよび提供者と提携する事業者(以下、提携者と呼ぶ)のデータ等によってサーバー12の基本データが構成される。

0012

サーバー12が管理するデータは、例えば地名(地域名称)ごとに分類され、いわば電子図書のように独立して扱えるように、検索可能に記憶される。一例をあげると「東京」、「ソウル」、「京」、あるいは「台北」等のようにまとめられる。旅行データの内容には、地図情報のほかに、提供者と提携者の情報が含まれる。提携者の情報には、地図情報に関連付けられた提携者の所在地情報のほか、提携者のサービス内容(例えば、旅館業、飲食業、運輸業等)や、提携者のサービスと関連する情報、提携者が旅行プラン提供システム10を通して受けた予約情報やサービス代金決済等の情報が存在する。

0013

図2は、顧客データを保存するための顧客マスタ32を例示する図である。顧客マスタ32は、ユーザー1人ごとに作成され、氏名、性別生年月日eメールアドレス住所等の他、顧客識別番号である顧客ID34が記される。顧客IDは、すべてのデータが最終的にこれに関連付けられる検索キーの機能を有している。顧客であるユーザーは、PC14の使用者もしくはスマートフォン20の使用者、または、PC14およびスマートフォン20の使用者であるので、これらの使用者情報等も、顧客マスタ32と関連付けて記憶される。

0014

図3は、提携者情報を保存するための提携者マスタ40を例示す図である。提携者マスタ40は、提携者ごとに作成され、サービス内容等の提携者情報42と、その提携者の所在地を示す提携者地図情報44とがセットになっている。提携者情報42には、宿泊施設名、商品販売またはサービスを提供する店舗名、劇場名、空港および駅名等、様々な拠点名称を含むことが出来る。

0015

図3によれば、代理店名46と、提携店名47と、その情報48と、予約成立したことを示す予約内容49とが提携者情報42に含まれる。提携者が公営の場合は、代理店名46の欄に管轄自治体等の名称が入り、提携店名47の欄には施設の名称(例えば、△△博物館)が入る。情報48の欄には、当該提携者の具体的なサービス内容(上述した旅館業、飲食業、…)に加えて、提携者のサービス内容と関連性のあるキーワードが入る。キーワードは、例えば、「観光」、「歴史」、「食事」、「自然」、「スポーツ」、「美術」、「音楽」、「芸能」である。施設名称が「♯♯公園」の場合、関連するキーワードとして「観光」および「自然」が記録される。

0016

代理店名46および提携店名47は、それぞれコード化されている。提携者地図情報44は、緯度経度の位置データとともに、旅行プラン提供システム10において標準化された地図上の位置データで表される。

0017

本実施形態では、ユーザーは、PC14またはスマートフォン20によるユーザー側端末から必要な情報(日程および予算等)をサーバー12へ送り、旅行プラン作成を申し込む。サーバー12は、ユーザー側端末から送信された日程および予算に合致した旅行プランを作成し、ユーザー側端末へ提示(送信)する。ここで、ユーザーへ伝えられる旅行プランの内容は、日程(出発日と時刻、帰着日と時刻、集合場所、および解散場所)と費用(ツアー購入代金)のみである。

0018

ユーザーは、サーバー12から送信された旅行プランの内容で購入意思がある場合は、その旅行プランのツアー購入手続きを行う。サーバー12は、提示した旅行プランの内容に基づいて、航空券乗車券等の手配ホテルの予約、レストランの予約、劇場のチケット購入等を提携者へ発注する。ユーザーは、出発日にあらかじめ指定された集合場所へ行き、航空券や乗車券、および予約票等を提供者から受け取って、旅行へ出発する。予約票は、旅先で提携者等からサービスを受けるための必要証となる。

0019

上述した旅行プラン提供システム10による全体の処理手順について、図4を参照して説明する。図4において、左側にサーバー12(すなわち旅行プラン提供装置)による処理の流れを示し、右側にユーザー側端末(PC14またはスマートフォン20)による処理の流れを示す。

0020

テップS21において、ユーザー側端末は提供者へ登録申込みをする。例えば、ユーザー側端末からサーバー12へ登録申込み情報を送信する。サーバー12は、ステップS11において申込みを受け付け、登録申込み情報に基づいて上記顧客マスタ32に登録を行う。

0021

登録ユーザーのユーザー側端末は、ステップS22において、サーバー12へログイン情報を送信する。サーバー12は、ステップS12において登録ユーザーのユーザー側端末からのログインを受け付け、ユーザー側端末へ旅行プランの申込み画面の情報を送信する。図5は、ユーザー側端末の表示部に表示された申込み画面を例示する図である。

0022

図5において、ユーザー側端末の申込み画面には、必須項目41と、オプション項目42とが表示される。必須項目41は、ユーザーへあらかじめ内容を知らせない旅行プランを提供する上で、必要最小限の項目である。例えば、1.旅行日程と、2.予算と、3.参加人数と、4.旅行の目的とを含む。ユーザーは、希望する出発日および帰着日、予算、参加人数、および旅行目的をユーザー側端末において入力する。

0023

帰りの場合は、出発日および帰着日が同日である。予算は、参加者全員の旅行費用である。旅行目的は、観光地を訪ねたいとか、史跡を巡りたいとか、食事を楽しみたいとか、アウトドアを満喫したいとか、運動したいとか、絵画鑑賞したいとか、コンサートに行きたいとか、ミュージカルを観たいという、ユーザー側端末からサーバー12へ旅の希望を伝えるためのチェック項目である。上記希望にそれぞれ対応させて「観光」、「歴史」、「食事」、「自然」、「スポーツ」、「美術」、「音楽」、「芸能」の8つのキーワードが例示され、選択可能にチェック欄が設けられる。旅行目的を表す8つのキーワードは、上述した提携者マスタ40に記録されている提携者のサービス内容と関連性のあるキーワードと揃えられている。サーバー12は、8つのキーワードのいずれもチェックされない場合は、「観光」がチェックされたものとして扱う。

0024

オプション項目42は、上述した旅行目的以外に、ユーザー側の希望や好みをサーバー12へ伝えるための項目である。例えば、1.除外地域と、2.比調整と、3.年代調整と、4.キーワード入力と、5.留守宅通知とを含む。ユーザーは、サーバー12へ伝えたい項目をユーザー側端末において入力する。

0025

除外地域は、ユーザーが旅行の目的地から外したい地域が存在する場合に、これをサーバー12へ伝えるための項目である。除外地域ありをチェックするユーザーは、国名や県名等をユーザー側端末の申込み画面の空欄に入力する。国名や県名等の地域の名称を入力する代わりに、「北半球」や「南半球」と入力してもよい。

0026

男女比調整は、ユーザーがツアーに参加する男女比を揃えて欲しい(概ね1:1)と希望する場合に、これをサーバー12へ伝えるための項目である。サーバー12は、1つのツアー参加者所定人数を超えると、ツアー参加者を分けて、2つのツアーを同時催行するように旅行プランを作成する。サーバー12は、このように複数のツアーを設ける場合において、一方のツアーの男女比を調整し、他方のツアーについては調整代として男女比の調整を希望しない参加者を配した旅行プランとする。

0027

年代調整は、ユーザーが同じツアーに参加する年代を揃えて欲しい(例えば最年長と最年少の差が概ね10以下)と希望する場合に、これをサーバー12へ伝えるための項目である。サーバー12は、上述したように複数のツアーを設ける場合において、一方のツアーの参加者の年代を調整し、他方のツアーについては調整代として年代の調整を希望しない参加者を配した旅行プランとする。

0028

キーワード入力は、ユーザーのさらなる希望や好みをサーバー12へ伝えるための項目である。必須項目41の4.目的でチェックした項目よりも具体的な嗜好情報をユーザー側端末の申込み画面の空欄に入力する。例えば、特定の史跡を巡りたい場合に史跡名称を入力したり、食事を楽しみたい場合にジャンル(例えば、「中華街_四川料理」)をキーワードとして入力する。複数のキーワードが存在する場合は、スペースをあけて複数入力する。

0029

留守宅通知は、参加者(ユーザー)には旅行プランの内容を事前に知らせないものの、留守宅に旅行プランの内容を知らせて欲しいと希望するユーザーが、その旨をサーバー12へ伝えるための項目である。ユーザーは、例えば、送付先住所や、旅行プランの内容を閲覧できるサイトのURLを記載したeメールの送付先アドレスを、ユーザー側端末の申込み画面の空欄に入力する。

0030

本実施形態では、上述したオプション項目42において、「あり」、「希望する」、「する」をチェックする場合、「なし」、「希望しない」、「しない」をチェックする場合に比べて、提供者の手数料が高くなるようにオプション料金課金される。ユーザー側の希望や好みを旅行プランに反映することへの対価とするからである。

0031

登録ユーザーのユーザー側端末は、図5の申込み画面の「送信する」ボタン43がタッチ操作されると、図4のステップS23において、サーバー12へ入力情報を送信する。サーバー12は、ステップS13においてユーザー側端末から送信された必須項目41およびオプション項目42の情報に基づいて旅行プランを作成する。

0032

サーバー12は、顧客マスタ32および提携者マスタ40を参照し、ユーザー側端末から送信された情報に合致する旅行プランを作成する。出発日と帰着日とが異なる旅行で最も安価なプランは、目的地と宿泊先のみを決めて、後は自由行動とするプランである。サーバー12は、予算が上がるにつれて、必須項目41の4.目的としてチェックされている項目や、オプション項目42で入力されている内容に応じて、イベントや食事等を加えて組合せる。提携者を選ぶ際は、旅行目的を表す8つのキーワードがキーとなる。また、より遠方の目的地を選んだり、交通手段や宿泊先のグレードを高くしたり、滞在地でガイド(解説者)をつけたり、送迎用のクルマをつけたりして、予算内に収まる旅行プランを調整する。交通手段の決定には、発着時刻や所要時間、運賃や料金などの情報を提供する公知の乗り換え交通情報提供サイトからの情報を用いることができる。

0033

なお、サーバー12は、ユーザー側端末から送信された情報にかかわらず、国内外時事ニュースの情報や外務省から提供される渡航情報に基づいて、危険と判断する基準を満たす地域を目的地から除外する。

0034

図4のステップS14において、サーバー12は、作成した旅行プランを紹介する画面の情報をユーザー側端末へ送信する。なお、紹介画面で示される情報は、旅行日程と、ツアー購入代金(提供者の手数料および旅行プランに含まれる費用の総計)と、参加人数と、旅行プランの作成に反映した項目と、集合および解散時刻、集合および解散場所のみである。旅行プランの作成に反映した項目とは、ユーザーが必須項目41の4.目的において複数のキーワードにチェックを入れた場合でも、予算等の制約からチェックされたキーワードの全てを反映できない場合があるので、実際に旅行プランに反映させたキーワードを示す。

0035

サーバー12は、ユーザー側端末から送信された必須項目41およびオプション項目42の情報に基づいて旅行プランを作成できなかった場合(例えば、至近の目的地と最安値の宿泊先を組合せても、予算内に収まらない)は、「ご紹介できるプランがありませんでした。」というメッセージ画面の情報をユーザー側端末へ送信する。

0036

ステップS24において、ユーザー側端末は、ツアー購入手続きを行う。ユーザー側端末は、例えば、旅行プランの紹介画面において図示しない「購入する」ボタンがタッチ操作されると、決済受付画面を表示部に表示させる。ユーザー側端末はさらに、入力されたクレジットカードの番号等の情報をサーバー12へ送信する。

0037

ステップS15において、サーバー12は、受信したクレジットカード情報に基づいて所定の与信処理を行い、パスした場合に受付番号の情報をユーザー側端末へ送信する。ユーザー側端末は、ステップS25において、サーバー12へログアウト情報を送信する。サーバー12は、ユーザー側端末からのログアウトを受け付け、ユーザー側端末との間の通信を終了する。なお、上述した図5の申込み画面において、「終了する」ボタン44がタッチ操作された場合にも、ユーザー側端末はログアウト情報をサーバー12へ送信するように構成されている。

0038

ステップS16において、サーバー12は、旅行プランに基づいて、航空券や乗車券等の手配、ホテルの予約、レストランの予約、劇場のチケット購入、ガイドや添乗員の手配等、必要なタスクを生成する。サーバー12は、生成したタスクに基づいて、必要な提携者へ発注する。なお、タスクの一部または全部を提供者が実行してもよいのはいうまでもない。

0039

以上説明した実施形態によれば、次の作用効果が得られる。
(1)旅行プラン提供装置は、旅行の出発日と帰着日、旅行の予算、および旅行の目的を示す情報を入力するサーバー12と、移動するための交通手段の発着時刻情報、移動に要する所要時間情報、移動に要する金額情報を検索するサーバー12と、滞在するための宿泊施設の情報、および滞在に要する金額情報を検索するサーバー12と、旅行の目的に合致する施設を検索するサーバー12と、入力された情報に基づいて、出発日に出発し、旅行の目的に合致する施設へ移動し、帰着日に帰着する旅行計画であって、当該旅行の費用が予算内に収まる旅行計画を作成するサーバー12と、作成した旅行計画のうち、出発日、集合時刻、帰着日、解散時刻、および旅行費用の情報を出力するサーバー12と、を備える。これにより、旅行者にあらかじめ目的地等の内容を知らせないので、ワクワク感を与えることができる。

0040

(2)上記(1)の旅行プラン提供装置において、サーバー12は、所定の地域以外の地域で旅行の目的に合致する施設を検索し、さらに、出発日に出発し、所定の地域以外の地域で旅行の目的に合致する施設へ移動し、帰着日に帰着する旅行計画であって、当該旅行の費用が予算内に収まる旅行計画を作成するようにした。これにより、例えば渡航制限地域へ移動する旅行計画をたてることがないので、ワクワク感が得られ、かつ安全な旅行計画を提供できる。

0041

(3)上記(1)または(2)の旅行プラン提供装置において、サーバー12は、旅行計画に対する希望を示すキーワード情報をさらに入力し、入力されたキーワード情報を反映した旅行計画を作成するようにしたので、ある程度参加者の希望に沿った旅行計画を提供できる。

0042

(4)上記旅行プラン提供装置において、サーバー12は、旅行計画に対する参加者の男女比率を揃える希望を示す情報をさらに入力し、入力情報を反映した旅行計画を作成するようにしたので、参加者の希望に沿った旅行計画を提供できる。

0043

(5)上記旅行プラン提供装置において、サーバー12は、旅行計画に対する参加者の年齢を揃える希望を示す情報をさらに入力し、入力情報を反映した旅行計画を作成するようにしたので、参加者の希望に沿った旅行計画を提供できる。

0044

(変形例)
上述した説明では、ユーザー側端末においてユーザーがタッチ操作する場合を例に説明したが、ユーザーが発した音声を認識し、この音声認識内容に基づいてユーザー側端末からサーバー12へ情報を送信するように構成してもよい。

0045

以上の説明はあくまで一例であり、上記の実施形態の構成に何ら限定されるものではない。

0046

10…旅行プラン提供システム
12…サーバー
14…PC
16…ネットワーク
18…アクセスポイント
20…スマートフォン
32…顧客マスタ
40…提携者マスタ

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ