図面 (/)

技術 装身具用連結具

出願人 株式会社セベル・ピコ
発明者 二宮朝保
出願日 2013年1月21日 (7年5ヶ月経過) 出願番号 2013-008651
公開日 2014年7月31日 (5年11ヶ月経過) 公開番号 2014-138663
状態 特許登録済
技術分野 装身具
主要キーワード 一カバー 連結環 接触音 最小外径 装身具 使用者自身 ネックレス 接触抵抗
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2014年7月31日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (19)

課題

装身具用連結具における雄連結具を雌連結具に確実に挿入できるようにする。

解決手段

雄連結具100は棒状体110からなり、棒状体110には溝111が形成されている。棒状体110の溝111より前方の領域においては、先端側から太い部分110A、細い部分110B、太い部分110Cがこの順番に形成されている。先端側の太い部分110Aを雌連結具520に挿入する際に、接触抵抗が生じるため、例えば、使用者が首の後側で雄連結具100を雌連結具520に嵌め込む際に、使用者は雄連結具100が確実に雌連結具520に挿入されつつあることを確認することができる。

概要

背景

図15は従来の装身具用連結具の第一の例の分解図である。

図15に示す従来の装身具用連結具500は、雄連結具510と、雌連結具520と、からなる。

後述するように、雌連結具520は、雄連結具510を内部に挿入した状態にロックすることが可能であるとともに、雌連結具520に対する使用者による所定の動作に応じて、雄連結具510に対するロックを解除し、雄連結具510を抜き取ることを可能にするものである。

図15に示すように、雄連結具510にはライン状の装身具(例えば、ネックレス)の一端531が連結され、雌連結具520には他端532が連結される。雄連結具510を雌連結具520の内部に連結することにより、ライン状装身具はリング状になり、例えば、使用者の首の回りに掛けられる。雄連結具510を雌連結具520から外すことにより、ライン状装身具は一本のラインになる。

図15に示すように、雄連結具510は、棒状体511と、棒状体511の一端に取り付けられた連結環512と、からなる。

棒状体511の一端の近くにはリング状の溝511Cが形成されている。棒状体511は、外径が一定である第一部分511Aと、先端に近づくにつれて外径が徐々に小さくなる第二部分511Bと、からなる。

ライン状装身具の一端531は連結環512に連結される。

例えば、特開平9−182609号公報の図1に記載されている係止具3は雄連結具510と同一の構造を有している。

雌連結具520は、第一カバー部材521と、第二カバー部材522と、コイルバネ523と、から構成されている。

第一カバー部材521は下方に開口しており、側壁522Cの上端には切り欠き521Aが形成され、他端には連結環524が取り付けられている。ライン状装身具の他端532は連結環524に連結される。

第二カバー部材522は上方に開口しており、一端には切り欠き522Aが形成されている。第一カバー部材521の切り欠き521Aと第二カバー部材522の切り欠き522Aとが上下方向に整列し、雄連結具510が雌連結具520の内部に挿入される際の開口部を形成している。

第一カバー部材521と第二カバー部材522とは、中心軸525を介して、相互に回動可能に連結されている。

第二カバー部材522は第一カバー部材521より小さく形成されており、第二カバー部材522の一端522Bは第一カバー部材521と干渉することなく回動可能な位置にある。

コイルバネ523は、相互に回動可能に連結された第一カバー部材521及び第二カバー部材522の内部に収納されており、第一カバー部材521及び第二カバー部材522が相互に閉じるように、すなわち、第一カバー部材521は中心軸525を中心として時計方向に、第二カバー部材522は中心軸525を中心として反時計方向に第一カバー部材521及び第二カバー部材522をそれぞれ付勢している。このため、常態においては、図15に示すように、第一カバー部材521と第二カバー部材522とは相互に閉じた状態にある。

従来の装身具用連結具500は以下のようにして使用される。

図16は雄連結具510を雌連結具520の内部に挿入した状態における縦断面図である。

雄連結具510を第一カバー部材521の切り欠き521Aと第二カバー部材522の切り欠き522Aとからなる開口部に挿入して行くと、雄連結具510の第二部分511Bの外径が徐々に大きくなることに応じて、開口部が上下方向に徐々に広げられる。すなわち、第一カバー部材521は中心軸525を中心として反時計方向に回動し、第二カバー部材522は中心軸525を中心として時計方向に回動する。

雄連結具510をさらに雌連結具520の内部に押し込むと、雄連結具510の溝511Cが第二カバー部材522の側壁522Cと整列する位置まで到達する。雄連結具510がこの位置まで到達すると、それまで棒状体511の第一部分511Aにより時計方向に回動させられていた第二カバー部材522は、棒状体511の第一部分511Aによる押圧力がなくなるため、コイルバネ523の弾性力を受けて、時計方向に回動する。すなわち、第二カバー部材522の側壁522Cが図15の上方に向って移動し、溝511Cに下方から嵌合する。

図16は、第二カバー部材522の側壁522Cが雄連結具510の溝511Aに嵌合した状態を示している。この状態においては、第二カバー部材522の側壁522Cが雄連結具510の溝511Aに嵌合しているため、雄連結具510は雌連結具520の内部にロックされた状態にある。さらに、図16に示すように、第一カバー部材521の内壁521Bが棒状体511を上方から、第二カバー部材522の内壁522Dが棒状体511を下方から支持した状態にある。

雄連結具510を雌連結具520から抜き取るためには、中心軸525に関して切り欠き521A及び522Aとは反対側の第二カバー部材522の領域(図16においては、中心軸525より左側の領域)を、矢印Yに示すように、上方に押し込む。すなわち、第二カバー部材522を中心軸525を中心として時計方向に回動させる。

なお、第二カバー部材522を押し上げる箇所を示すため、第二カバー部材522には凹部522Eが形成されている。

第二カバー部材522を、矢印Yに示すように、上方に押し込むと、第二カバー部材522は中心軸525を中心として時計方向に回動し、その結果、第二カバー部材522の側壁522Cは下方に回動し、第二カバー部材522の側壁522Cと雄連結具510の溝511Cとの係合が解除される。

これにより、雄連結具510と雌連結具520との間のロックが解除され、雄連結具510を雌連結具520から抜き取ることが可能になる。

雄連結具510を雌連結具520から抜き取った後、第二カバー部材522を上方に押し込むことを停止すれば(すなわち、第二カバー部材522から指を離せば)、コイルバネ523の弾性力により、第二カバー部材522は元の位置に復帰する。すなわち、第一カバー部材521及び第二カバー部材522は図15に示す状態に戻る。

図17は従来の装身具用連結具の第二の例の分解図である。

図17に示す従来の装身具用連結具600は、雄連結具610と、雌連結具520と、からなり、図15及び図16に示した従来の装身具用連結具500と比較して、雄連結具610の形状のみが相違している。

図18は雄連結具610を雌連結具520の内部に挿入した状態における縦断面図である。

図17に示すように、装身具用連結具600における雄連結具610は、棒状体611と、棒状体611の一端に取り付けられた連結環612と、からなる。

棒状体611の一端の近くにはリング状の溝611Dが形成されている。棒状体611は、外径が一定である第一部分611Aと、先端に近づくにつれて外径が徐々に小さくなる第二部分511Bと、第一部分611Aの外径より小さく、かつ、一定の外径を有し、先端が半球形状になっている第三部分611Cと、からなる。

装身具用連結具600の使用方法は装身具用連結具500の使用方法と同一である。

概要

装身具用連結具における雄連結具を雌連結具に確実に挿入できるようにする。雄連結具100は棒状体110からなり、棒状体110には溝111が形成されている。棒状体110の溝111より前方の領域においては、先端側から太い部分110A、細い部分110B、太い部分110Cがこの順番に形成されている。先端側の太い部分110Aを雌連結具520に挿入する際に、接触抵抗が生じるため、例えば、使用者が首の後側で雄連結具100を雌連結具520に嵌め込む際に、使用者は雄連結具100が確実に雌連結具520に挿入されつつあることを確認することができる。

目的

本発明はこのような従来の装身具用連結具における問題点に鑑みてなされたものであり、使用者が自分の目で確認できない箇所(例えば、首の後側)において雄連結具を雌連結具に連結するような場合であっても、雄連結具が確実に雌連結具に連結されたことを確認することが可能な雄連結具あるいは装身具用連結具を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
1件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

ライン状の装身具の一端を連結可能な雄連結具と、前記装身具の他端を連結可能な雌連結具と、からなる装身具用連結具であって、前記雌連結具は、前記雄連結具を内部に挿入した状態にロックすることが可能であるとともに、前記雌連結具に対する使用者による所定の動作に応じて、前記雄連結具に対するロックを解除し、前記雄連結具を抜き取ることを可能にする装身具用連結具における前記雄連結具であって、前記雄連結具は棒状体からなり、前記棒状体には前記雌連結具が係合する溝が形成されており、前記棒状体の前記溝より前方の部分は、その先端から、最大外径として第一の外径を有する第一部分と、前記第一の外径よりも小さい最大外径を有する第二部分と、をこの順番に備えており、前記第一の外径は前記雄連結具が前記雌連結具の開口部を通過する際に前記雄連結具と前記雌連結具の開口部との間に接触抵抗を生じさせる大きさであることを特徴とする雄連結具。

請求項2

前記第一の外径は前記雌連結具の前記開口部に挿入可能な範囲内において最大の外径であることを特徴とする請求項1に記載の雄連結具。

請求項3

前記第一部分は外側に凸の曲線状をなし、前記第二部分は内側に凸の曲線状をなしていることを特徴とする請求項1または2に記載の雄連結具。

請求項4

前記第二部分と連続し、前記第二部分の最大外径よりも大きい最大外径を有する第三部分をさらに備えることを特徴とする請求項1乃至3の何れか一項に記載の雄連結具。

請求項5

前記第一部分と前記第二部分との境界には段差が形成されていることを特徴とする請求項1乃至4の何れか一項に記載の雄連結具。

請求項6

請求項1乃至5の何れか一項に記載の雄連結具と、前記装身具の他端を連結可能な雌連結具と、からなる装身具用連結具であって、前記雌連結具は、前記雄連結具を内部に挿入した状態にロックすることが可能であるとともに、前記雌連結具に対する使用者による所定の動作に応じて、前記雄連結具に対するロックを解除し、前記雄連結具を抜き取ることを可能にする装身具用連結具。

技術分野

0001

本発明は、雄連結具と雌連結具とからなる装身具用連結具における雄連結具に関する。

背景技術

0002

図15は従来の装身具用連結具の第一の例の分解図である。

0003

図15に示す従来の装身具用連結具500は、雄連結具510と、雌連結具520と、からなる。

0004

後述するように、雌連結具520は、雄連結具510を内部に挿入した状態にロックすることが可能であるとともに、雌連結具520に対する使用者による所定の動作に応じて、雄連結具510に対するロックを解除し、雄連結具510を抜き取ることを可能にするものである。

0005

図15に示すように、雄連結具510にはライン状の装身具(例えば、ネックレス)の一端531が連結され、雌連結具520には他端532が連結される。雄連結具510を雌連結具520の内部に連結することにより、ライン状装身具はリング状になり、例えば、使用者の首の回りに掛けられる。雄連結具510を雌連結具520から外すことにより、ライン状装身具は一本のラインになる。

0006

図15に示すように、雄連結具510は、棒状体511と、棒状体511の一端に取り付けられた連結環512と、からなる。

0007

棒状体511の一端の近くにはリング状の溝511Cが形成されている。棒状体511は、外径が一定である第一部分511Aと、先端に近づくにつれて外径が徐々に小さくなる第二部分511Bと、からなる。

0008

ライン状装身具の一端531は連結環512に連結される。

0009

例えば、特開平9−182609号公報の図1に記載されている係止具3は雄連結具510と同一の構造を有している。

0010

雌連結具520は、第一カバー部材521と、第二カバー部材522と、コイルバネ523と、から構成されている。

0011

第一カバー部材521は下方に開口しており、側壁522Cの上端には切り欠き521Aが形成され、他端には連結環524が取り付けられている。ライン状装身具の他端532は連結環524に連結される。

0012

第二カバー部材522は上方に開口しており、一端には切り欠き522Aが形成されている。第一カバー部材521の切り欠き521Aと第二カバー部材522の切り欠き522Aとが上下方向に整列し、雄連結具510が雌連結具520の内部に挿入される際の開口部を形成している。

0013

第一カバー部材521と第二カバー部材522とは、中心軸525を介して、相互に回動可能に連結されている。

0014

第二カバー部材522は第一カバー部材521より小さく形成されており、第二カバー部材522の一端522Bは第一カバー部材521と干渉することなく回動可能な位置にある。

0015

コイルバネ523は、相互に回動可能に連結された第一カバー部材521及び第二カバー部材522の内部に収納されており、第一カバー部材521及び第二カバー部材522が相互に閉じるように、すなわち、第一カバー部材521は中心軸525を中心として時計方向に、第二カバー部材522は中心軸525を中心として反時計方向に第一カバー部材521及び第二カバー部材522をそれぞれ付勢している。このため、常態においては、図15に示すように、第一カバー部材521と第二カバー部材522とは相互に閉じた状態にある。

0016

従来の装身具用連結具500は以下のようにして使用される。

0017

図16は雄連結具510を雌連結具520の内部に挿入した状態における縦断面図である。

0018

雄連結具510を第一カバー部材521の切り欠き521Aと第二カバー部材522の切り欠き522Aとからなる開口部に挿入して行くと、雄連結具510の第二部分511Bの外径が徐々に大きくなることに応じて、開口部が上下方向に徐々に広げられる。すなわち、第一カバー部材521は中心軸525を中心として反時計方向に回動し、第二カバー部材522は中心軸525を中心として時計方向に回動する。

0019

雄連結具510をさらに雌連結具520の内部に押し込むと、雄連結具510の溝511Cが第二カバー部材522の側壁522Cと整列する位置まで到達する。雄連結具510がこの位置まで到達すると、それまで棒状体511の第一部分511Aにより時計方向に回動させられていた第二カバー部材522は、棒状体511の第一部分511Aによる押圧力がなくなるため、コイルバネ523の弾性力を受けて、時計方向に回動する。すなわち、第二カバー部材522の側壁522Cが図15の上方に向って移動し、溝511Cに下方から嵌合する。

0020

図16は、第二カバー部材522の側壁522Cが雄連結具510の溝511Aに嵌合した状態を示している。この状態においては、第二カバー部材522の側壁522Cが雄連結具510の溝511Aに嵌合しているため、雄連結具510は雌連結具520の内部にロックされた状態にある。さらに、図16に示すように、第一カバー部材521の内壁521Bが棒状体511を上方から、第二カバー部材522の内壁522Dが棒状体511を下方から支持した状態にある。

0021

雄連結具510を雌連結具520から抜き取るためには、中心軸525に関して切り欠き521A及び522Aとは反対側の第二カバー部材522の領域(図16においては、中心軸525より左側の領域)を、矢印Yに示すように、上方に押し込む。すなわち、第二カバー部材522を中心軸525を中心として時計方向に回動させる。

0022

なお、第二カバー部材522を押し上げる箇所を示すため、第二カバー部材522には凹部522Eが形成されている。

0023

第二カバー部材522を、矢印Yに示すように、上方に押し込むと、第二カバー部材522は中心軸525を中心として時計方向に回動し、その結果、第二カバー部材522の側壁522Cは下方に回動し、第二カバー部材522の側壁522Cと雄連結具510の溝511Cとの係合が解除される。

0024

これにより、雄連結具510と雌連結具520との間のロックが解除され、雄連結具510を雌連結具520から抜き取ることが可能になる。

0025

雄連結具510を雌連結具520から抜き取った後、第二カバー部材522を上方に押し込むことを停止すれば(すなわち、第二カバー部材522から指を離せば)、コイルバネ523の弾性力により、第二カバー部材522は元の位置に復帰する。すなわち、第一カバー部材521及び第二カバー部材522は図15に示す状態に戻る。

0026

図17は従来の装身具用連結具の第二の例の分解図である。

0027

図17に示す従来の装身具用連結具600は、雄連結具610と、雌連結具520と、からなり、図15及び図16に示した従来の装身具用連結具500と比較して、雄連結具610の形状のみが相違している。

0028

図18は雄連結具610を雌連結具520の内部に挿入した状態における縦断面図である。

0029

図17に示すように、装身具用連結具600における雄連結具610は、棒状体611と、棒状体611の一端に取り付けられた連結環612と、からなる。

0030

棒状体611の一端の近くにはリング状の溝611Dが形成されている。棒状体611は、外径が一定である第一部分611Aと、先端に近づくにつれて外径が徐々に小さくなる第二部分511Bと、第一部分611Aの外径より小さく、かつ、一定の外径を有し、先端が半球形状になっている第三部分611Cと、からなる。

0031

装身具用連結具600の使用方法は装身具用連結具500の使用方法と同一である。

先行技術

0032

特開平9−182609号公報

発明が解決しようとする課題

0033

上記のように、従来の装身具用連結具500、600における雄連結具510、610を構成する棒状体511、611は、雌連結具520が係合する溝511C、611Dより先の部分においては、外径が一定である部分511A、611Aと、先端が細くなっている部分511B、611Cとから構成されている。

0034

雄連結具510、610を雌連結具520の内部に挿入する際には、雄連結具510、610を滑らかに挿入できることが要求されるため、棒状体511、611の外径を一定にするか、あるいは、先端を細くすることは必須である。

0035

棒状体511、611の外径を一定にするか、あるいは、先端を細くすれば、雄連結具510、610を雌連結具520の内部に滑らかに挿入できるようになるが、その反面、次のような欠点が生じる。

0036

雄連結具510、610を雌連結具520の内部に挿入する際、ライン状の装身具を首の回りに掛けて、首の後側で両手を使って雄連結具510、610を雌連結具520に嵌め込むことになることが多い。このような場合、使用者は目視で確認することはできないため、両手の感触のみに依存して、雄連結具510、610を雌連結具520の内部に挿入することになる。

0037

しかしながら、雄連結具510、610を雌連結具520の内部に滑らかに挿入できると、雄連結具510、610を雌連結具520の内部に挿入したときの感触と、雄連結具510、610が雌連結具520の内部に挿入されない状態のまま雄連結具510、610を押すときの感触とが同じであるため、逆に、使用者にとっては、雄連結具510、610が雌連結具520に確実に挿入されているか否かの判断が難しくなる。このため、使用者自身は雄連結具510、610を雌連結具520の内部に挿入したものと判断しても、実際には、雄連結具510、610が雌連結具520に挿入されておらず、使用者が雄連結具510、610及び雌連結具520から両手を離すと、装身具が落下してしまうということがあった。

0038

本発明はこのような従来の装身具用連結具における問題点に鑑みてなされたものであり、使用者が自分の目で確認できない箇所(例えば、首の後側)において雄連結具を雌連結具に連結するような場合であっても、雄連結具が確実に雌連結具に連結されたことを確認することが可能な雄連結具あるいは装身具用連結具を提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0039

上記の目的を達成するため、本発明は、ライン状の装身具の一端を連結可能な雄連結具と、前記装身具の他端を連結可能な雌連結具と、からなる装身具用連結具であって、前記雌連結具は、前記雄連結具を内部に挿入した状態にロックすることが可能であるとともに、前記雌連結具に対する使用者による所定の動作に応じて、前記雄連結具に対するロックを解除し、前記雄連結具を抜き取ることを可能にする装身具用連結具における前記雄連結具であって、前記雄連結具は棒状体からなり、前記棒状体には前記雌連結具が係合する溝が形成されており、前記棒状体の前記溝より前方の部分は、その先端から、最大外径として第一の外径を有する第一部分と、前記第一の外径よりも小さい最大外径を有する第二部分と、をこの順番に備えており、前記第一の外径は前記雄連結具が前記雌連結具の開口部を通過する際に前記雄連結具と前記雌連結具の開口部との間に接触抵抗を生じさせる大きさであることを特徴とする雄連結具を提供する。

0040

前記第一の外径は前記雌連結具の前記開口部に挿入可能な範囲内において最大の外径であることが好ましい。

0041

前記第一部分は外側に凸の曲線状をなし、前記第二部分は内側に凸の曲線状をなしていることが好ましい。

0042

本発明に係る雄連結具は、前記第二部分と連続し、前記第二部分の最大外径よりも大きい最大外径を有する第三部分をさらに備えることが好ましい。

0043

前記第一部分と前記第二部分との境界には段差が形成されていることが好ましい。

0044

本発明は、さらに、上記の雄連結具と、前記装身具の他端を連結可能な雌連結具と、からなる装身具用連結具であって、前記雌連結具は、前記雄連結具を内部に挿入した状態にロックすることが可能であるとともに、前記雌連結具に対する使用者による所定の動作に応じて、前記雄連結具に対するロックを解除し、前記雄連結具を抜き取ることを可能にする装身具用連結具を提供する。

発明の効果

0045

従来の装身具用連結具500、600における雄連結具510、610の先端部分は外径が一定、あるいは、外径が徐々に小さくなるように設定されているのに対して、本発明に係る雄連結具においては、従来の装身具用連結具500、600とは逆に、先端部分が太く設定されている。このため、雄連結具の第一部分を雌連結具の開口部に通すときに、大きな接触抵抗が生まれる。このように、装身具用連結具の使用者にとっては、雄連結具の第一部分を雌連結具の開口部に通すときに大きな接触抵抗を感じることになり、雄連結具を確実に雌連結具の内部に挿入しつつあることを実感することが可能である。

0046

さらに、雄連結具を雌連結具から抜き取る際にも、雄連結具の第一部分が雌連結具の開口部を通過する際に接触抵抗を生じることから、使用者としては、雄連結具が雌連結具から抜き取られつつあることを確実に実感することが可能である。

0047

以上のように、本発明に係る雄連結具を用いることにより、雄連結具を雌連結具の内部に挿入する際に、雄連結具の第一部分が雌連結具の開口部を通過するときに生じる接触抵抗によって、使用者は雄連結具を雌連結具の内部に挿入しつつあることを実感することが可能であるため、確実に雄連結具を雌連結具に対してロックさせることができる。従来の装身具用連結具500、600とは異なり、雄連結具100を雌連結具520の内部に確実に挿入することができているか否かを判断できないということはなくなる。

0048

従来の装身具用連結具500、600においては、雄連結具510、610を雌連結具520の内部にスムーズに挿入することが重視されていたため、雄連結具510、610の先端を基端側よりも太くするという発想は生じ得なかった。これに対して、本発明に係る雄連結具はそのような発想を覆すことにより、上記のような使用者に有益な効果を奏するに至ったものである。

図面の簡単な説明

0049

本発明の第一の実施形態に係る雄連結具を用いた装身具用連結具の分解図である。
本発明の第一の実施形態に係る雄連結具の平面図である。
本発明の第一の実施形態に係る雄連結具の斜視図である。
本発明の第一の実施形態に係る雄連結具を雌連結具の内部に挿入する途中の状態における縦断面図である。
本発明の第一の実施形態に係る雄連結具を雌連結具の内部に挿入する途中の状態における縦断面図である。
本発明の第一の実施形態に係る雄連結具を雌連結具の内部に挿入し終わった状態における縦断面図である。
本発明の第二の実施形態に係る雄連結具の平面図である。
本発明の第三の実施形態に係る雄連結具の平面図である。
発明の第三の実施形態に係る雄連結具を雌連結具の内部に挿入する際の縦断面図である。
発明の第三の実施形態に係る雄連結具を雌連結具の内部に挿入する際の縦断面図である。
発明の第三の実施形態に係る雄連結具を雌連結具の内部に挿入する際の縦断面図である。
発明の第三の実施形態に係る雄連結具を雌連結具の内部に挿入する際の縦断面図である。
本発明の第四の実施形態に係る雄連結具の平面図である。
本発明の第四の実施形態に係る雄連結具の斜視図である。
従来の装身具用連結具の第一の例の分解図である。
図15に示した従来の装身具用連結具の縦断面図である。
従来の装身具用連結具の第二の例の分解図である。
図17に示した従来の装身具用連結具の縦断面図である。

発明を実施するための最良の形態

0050

(第一の実施形態)
図1は、本発明の第一の実施形態に係る雄連結具100を用いた装身具用連結具150の分解図である。

0051

本実施形態に係る雄連結具100は雌連結具520とともに装身具用連結具150を構成する。

0052

図2は本実施形態に係る雄連結具100の平面図、図3は本実施形態に係る雄連結具100の斜視図である。

0053

図1乃至図3に示すように、雄連結具100は、棒状体110と、棒状体110の一端に取り付けられた連結環120と、からなる。

0054

ライン状装身具の一端531は連結環120に連結される。

0055

棒状体110の一端の近くにはリング状の溝111が形成されている。

0056

棒状体110の溝111より前方の部分は、その先端から、最大外径として第一の外径D1を有する第一部分110Aと、第一部分110Aと連続し、最大外径として第一の外径D1よりも小さい第二の外径D2と最小外径として第二の外径D2よりも小さい外径D2Aとを有する第二部分110Bと、第二部分110Bと連続し、最大外径として第二の外径D2よりも大きい第三の外径D3を有する第三部分110Cと、をこの順番に備えている。

0057

第三部分110Cの第三の外径D3は第一部分110Aの第一の外径D1よりやや大きく設定されている。

0058

また、図1乃至図3に示すように、第一部分110Aは第一の外径D1を頂点とする外側に凸の曲線状をなし、第二部分110Bは第二の外径D2を頂点とし、外径D2Aを底とする内側に凸の曲線状をなしており、第一部分110Aと第二部分110Bとは滑らかに曲線状に連続している。同様に、第三部分110Cは第二部分110Bとは滑らかに曲線状に連続している。

0059

以上のように、概略的には、本実施形態に係る雄連結具100は、先端付近が太く、溝111に近づくにつれて、細くなり、次いで、再度太くなるような構造を備えている。

0060

なお、溝111と連結環120との間の部分である鍔112の外径は第一の外径D1及び第三の外径D3よりも大きく設定されている。これは、雄連結具100を雌連結具520の内部に必要以上に押し込むことを防止するためである。

0061

本実施形態に係る雄連結具100を有する装身具用連結具150の使用方法は図15及び図16に示した従来の装身具用連結具500と同様であるが、本実施形態に係る雄連結具100を用いることにより、装身具用連結具150は以下のような効果を発揮する。

0062

図4及び図5は雄連結具100を雌連結具520の内部に挿入する途中の状態における縦断面図であり、図6は雄連結具100を雌連結具520の内部に挿入し終わった状態における縦断面図である。

0063

従来の装身具用連結具500においては、雄連結具510の溝511Cに近い基端側の第一部分511Aは外径が大きく、第二部分511Bは外径が徐々に小さくなっている。これを本実施形態に係る雄連結具100と比較すると、雄連結具510の第一部分511Aの外径は雄連結具100の第三部分110Cの第三の外径D3に等しく、雄連結具510の第二部分511Bの外径は雄連結具100の第三部分110Cの第三の外径D3以下である(雄連結具510の第二部分511Bの何れかの直径が雄連結具100の第二部分110Bの第二の外径D2に等しい)。

0064

また、従来の装身具用連結具600においては、雄連結具610の溝611Dに近い基端側の第一部分611Aの外径が大きく、第三部分611Cの外径は小さい。これを本実施形態に係る雄連結具100と比較すると、雄連結具610の第一部分611Aの外径が雄連結具100の第三部分110Cの第三の外径D3に等しく、雄連結具610の第三部分611Cの外径が雄連結具100の第二部分110Bの第二の外径D2に等しい。

0065

すなわち、従来の装身具用連結具500、600における雄連結具510、610の先端部分は外径が一定、あるいは、外径が徐々に小さくなるように設定されているのに対して、本実施形態に係る雄連結具100においては、逆に、先端部分が太く設定されている。

0066

このため、図4に示すように、雄連結具100の第一部分110Aを雌連結具520の開口部に通すときに、雄連結具100の第一部分110Aと雌連結具520との間に大きな接触抵抗が生まれる。雄連結具100をさらに雌連結具520の内部に押し込み、第一部分110Aが雌連結具520の開口部を完全に通過し、図5に示すように、第二部分110Bが雌連結具520の開口部に到達した時点においては、第一部分110Aを通過させるときの接触抵抗はなくなっている。

0067

このように、装身具用連結具150の使用者にとっては、雄連結具100の第一部分110Aを雌連結具520の開口部に通すときに大きな接触抵抗を感じることになり、雄連結具100を確実に雌連結具520の内部に挿入しつつあることを実感することが可能である。

0068

雄連結具100をさらに押し進めると、第三部分110Cが雌連結具520の開口部に当たる。第三部分110Cの外径D3は第一部分110Aの外径D1よりもやや大きく設定されているため、第三部分110Cを雌連結具520の開口部に通すときに、第一部分110Aを雌連結具520の開口部に通すときよりもさらに大きな接触抵抗が生じる。

0069

このため、装身具用連結具150の使用者にとっては、第一部分110Aを雌連結具520の開口部に通すときに感じた接触抵抗に続いて、二度目の接触抵抗を感じることになり、雄連結具100を確実に雌連結具520の内部に挿入しつつあることを実感することが可能である。

0070

雄連結具100をさらに押し進めると、図6に示すように、第二カバー部材522の側壁522Cが溝111に係合するため、雄連結具100が雌連結具520の内部に確実にロックされたことを確認することが可能である。

0071

さらに、第二カバー部材522の側壁522Cが溝111に係合する際、小さな接触音が発生するため、装身具用連結具150の使用者にとっては、この音によって、雄連結具100が雌連結具520の内部に確実にロックされたことを確認することができる。

0072

さらに、雄連結具100を雌連結具520から抜き取る際にも、雄連結具100の第三部分110Cが雌連結具520の開口部を通過するときと、雄連結具100の第一部分110Aが雌連結具520の開口部を通過するときに、計二回の接触抵抗を生じることから、使用者としては、雄連結具100が雌連結具520から抜き取られつつあることを確実に実感することが可能である。

0073

以上のように、本実施形態に係る雄連結具100を用いることにより、雄連結具100を雌連結具520の内部に挿入する際に、雄連結具100の第一部分110A及び第三部分110Cが雌連結具520の開口部を通過するときにそれぞれ生じる接触抵抗によって、使用者は雄連結具100を雌連結具520の内部に挿入しつつあることを実感することが可能であるため、確実に雄連結具100を雌連結具520に対してロックさせることができる。従来の装身具用連結具500、600とは異なり、雄連結具100を雌連結具520の内部に確実に挿入することができているか否かを判断できないことを防止することができる。

0074

従来の装身具用連結具500、600においては、雄連結具510、610を雌連結具520の内部にスムーズに挿入することが重視されていたため、雄連結具510、610の先端を太くするという発想は生じ得なかった。これに対して、本実施形態に係る雄連結具100はこれまでの発想を転換することにより、上記のような使用者に有益な効果を奏するに至ったものである。

0075

本実施形態に係る雄連結具100は上記の構造に限定されるものではなく、種々の変形を施すことが可能である。

0076

例えば、本実施形態に係る雄連結具100においては、第一部分110Aの第一の外径D1は第二部分110Bの最大外径である第二の外径D2よりも大きい外径を有し、かつ、雌連結具520の開口部を通過する際に雄連結具100の第一部分110Aと雌連結具520との間に接触抵抗を生じさせる程度の外径である限りにおいて、任意の外径を設定することが可能である。すなわち、第一部分110Aの第一の外径D1は雌連結具520の開口部に挿入可能な範囲内において最大の外径から、雌連結具520の開口部を通過する際に雄連結具100の第一部分110Aと雌連結具520との間に接触抵抗を生じさせる範囲内において最小の外径までの間の任意の外径を設定することが可能である。

0077

また、本実施形態に係る雄連結具100はリング状の連結環120を有するものとして形成されているが、連結環120の形状は任意である。

0078

また、本実施形態に係る雄連結具100においては、第一部分110Aの第一の外径D1と第三部分110Cの第三の外径D3とは相互に等しく設定されているが、第三の外径D3を第一の外径D1より小さく、あるいは、大きく設定することも可能である。ただし、第三の外径D3を第一の外径D1より小さく設定した場合には、第三部分110Cが雌連結具520の開口部を通過するときに接触抵抗が生じないこともある。

0079

(第二の実施形態)
図7は本発明の第二の実施形態に係る雄連結具200の平面図である。

0080

本実施形態に係る雄連結具200は、第一の実施形態に係る雄連結具100と比較して、第三部分110Cを有していない点において相違している。

0081

図7に示すように、本実施形態に係る雄連結具200の棒状体115の溝111より前方の部分は、その先端から、最大外径として第一の外径D1を有する第一部分110Aと、第一部分110Aと連続し、最大外径として第一の外径D1よりも小さい第二の外径D2を有する第二部分110Bと、をこの順番に備えている。

0082

すなわち、本実施形態に係る雄連結具200においては、第一の実施形態に係る雄連結具100の第三部分110Cに対応する部分は第二部分110Bの一部となっている。

0083

本実施形態に係る雄連結具200によっても第一の実施形態に係る雄連結具100と同様の効果を奏することができる。

0084

なお、図7に示すように、棒状体115の先端は破線113で示すような先細の形状にすることも可能である。

0085

(第三の実施形態)
図8は本発明の第三の実施形態に係る雄連結具300の平面図である。

0086

第一の実施形態に係る雄連結具100においては、棒状体110の第一部分110A、第二部分110B及び第三部分110Cは外側または内側の凸の曲線状に形成されているのに対して、本実施形態に係る雄連結具300の棒状体116の第一部分110A、第二部分110B及び第三部分110Cは単純な円筒形として形成されている。

0087

具体的には、本実施形態に係る雄連結具300の棒状体116の第一部分110Aは外径D1を有する円筒形、第二部分110Bは外径D2を有する円筒形、第三部分110Cは外径D3を有する円筒形からなっている。

0088

外径D1は外径D2より大きく(D1>D2)、かつ、外径D3は外径D2より大きい(D3>D2)。

0089

図9乃至図12は雄連結具300を雌連結具520の内部に挿入する際の縦断面図である。

0090

図9に示すように、雄連結具300の第一部分110Aを雌連結具520の開口部に通すときに、雄連結具300の第一部分110Aと雌連結具520との間に大きな接触抵抗が生まれる。

0091

雄連結具300をさらに雌連結具520の内部に押し込み、第一部分110Aが雌連結具520の開口部を完全に通過し、図10に示すように、第二部分110Bが雌連結具520の開口部に到達した時点においては、第一部分110Aを通過させるときの接触抵抗はなくなっている。

0092

このように、装身具用連結具150の使用者にとっては、雄連結具300の第一部分110Aを雌連結具520の開口部に通すときに大きな接触抵抗を感じることになり、雄連結具300を確実に雌連結具520の内部に挿入しつつあることを実感することが可能である。

0093

雄連結具300をさらに押し進めると、図11に示すように、第三部分110Cが雌連結具520の開口部に当たる。例えば、第三部分110Cの外径D3を第一部分110Aの外径D1と等しく、あるいは、第一部分110Aの外径D1より大きく設定しておくと、第三部分110Cを雌連結具520の開口部に通すときに、第一部分110Aを雌連結具520の開口部に通すときと同様に、雄連結具300の第三部分110Cと雌連結具520との間に大きな接触抵抗が生じる。

0094

このため、装身具用連結具150の使用者にとっては、第一部分110Aを雌連結具520の開口部に通すときに感じた接触抵抗に続いて、二度目の接触抵抗を感じることになり、雄連結具300を確実に雌連結具520の内部に挿入しつつあることを実感することが可能である。

0095

雄連結具300をさらに押し進めると、図12に示すように、第二カバー部材522の側壁522Cが溝111に係合するため、雄連結具300が雌連結具520の内部に確実にロックされたことを確認することが可能である。

0096

さらに、雄連結具300を雌連結具520から抜き取る際にも、雄連結具300の第三部分110Cが雌連結具520の開口部を通過するときと、雄連結具300の第一部分110Aが雌連結具520の開口部を通過するときに、計二回の接触抵抗を生じることから、使用者としては、雄連結具300が雌連結具520から抜き取られつつあることを確実に実感することが可能である。

0097

本実施形態に係る雄連結具300は、第一の実施形態に係る雄連結具100による効果に加えて、次のような追加的な効果を奏する。

0098

本実施形態に係る雄連結具300を雌連結具520の開口部に通す際、使用者は棒状体116の第一部分110Aに起因する接触抵抗を感じるとともに、第一部分110Aと第二部分110Bとの境界の段差が雌連結具520の開口部を通過するときに、外径差に起因して発生する音を聞くことができる。このため、装身具用連結具150の使用者は棒状体116の第一部分110Aに起因する接触抵抗を指で感じることができるとともに、段差に起因する音を聞くことができるため、より確実に、雄連結具300が雌連結具520の内部に挿入されつつあることを確認することが可能になる。

0099

さらに、雄連結具300は第二部分110Bにおいて一時的に係止された状態になる。すなわち、雄連結具300は第二部分110Bにおいて仮に係止され、溝111において固定的に係止されることになるため、雄連結具300を備えた装身具の全長を2段階に調節することが可能である。

0100

なお、図8に示すように、第一部分110Aの先端は破線114で示すような先細の形状にすることも可能である。

0101

(第四の実施形態)
図13は本発明の第二の実施形態に係る雄連結具400の平面図、図14は雄連結具400の斜視図である。

0102

本実施形態に係る雄連結具400においては、第一の実施形態に係る雄連結具100と比較して、棒状体110の第一部分110Aと第二部分110Bとの境界に段差210が形成されている点が構造的に異なっている。

0103

すなわち、第一の実施形態に係る雄連結具100においては、第一部分110Aと第二部分110Bとの間においては棒状体110の外径は連続的に曲線的に変化しているのに対して、本実施形態に係る雄連結具400においては、棒状体110の第一部分110Aと第二部分110Bとの境界においては、外径が非連続的に変化している。

0104

本実施形態に係る雄連結具400は、第一の実施形態に係る雄連結具100による効果に加えて、次のような追加的な効果を奏する。

0105

本実施形態に係る雄連結具400を雌連結具520の開口部に通す際、使用者は棒状体110の第一部分110Aに起因する接触抵抗を感じるとともに、第一部分110Aと第二部分110Bとの境界の段差210が雌連結具520の開口部を通過するときに、外径差に起因して発生する音を聞くことができる。このため、装身具用連結具150の使用者は、棒状体110の第一部分110Aに起因する接触抵抗を指で感じることができるとともに、段差210に起因する音を聞くことができるため、より確実に、雄連結具200が雌連結具520の内部に挿入されつつあることを確認することが可能になる。

0106

さらに、雄連結具400は段差210において一時的に係止された状態になる。すなわち、雄連結具400は段差210において仮に係止され、溝111において固定的に係止されることになるため、雄連結具400を備えた装身具150の全長を2段階に調節することが可能である。

0107

100 第一の実施形態に係る雄連結具
110棒状体
111 溝
120連結環
150装身具用連結具
200 第二の実施形態に係る雄連結具
115 棒状体
300 第三の実施形態に係る雄連結具
116 棒状体
400 第四の実施形態に係る雄連結具
210 段差

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社J−CRAFTの「 装身具用連結具」が 公開されました。( 2020/04/30)

    【課題】従来よりも衣服等への引っ掛かりを軽減した装身具用連結具を提供する。【解決手段】環状をなす装身具の両端側を連結する装身具用連結具1において、本体の延在方向一端に配置される環状部2の一部をなす開閉... 詳細

  • 詫間 康二の「 貴石類と金属類との接合方法」が 公開されました。( 2020/04/30)

    【課題】貴石類と金属類とを簡便な構造や手段で接合することにより、装飾部材の要求を満たす高強度の接合を可能とした貴石類と金属類との接合方法を提供する。【解決手段】宝石を含む貴石類の端部に段差を設けるとと... 詳細

  • 宝神株式会社の「 芯線及び装身具」が 公開されました。( 2020/04/30)

    【課題】十分な伸びを確保でき、内側芯線及び外側芯線の伸び動作に一体感を付与することができ、部品点数を少なくでき、組み付けが容易な芯線を提供する。【解決手段】波形状に形成されると共に波形状に復元可能な弾... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ