図面 (/)

この項目の情報は公開日時点(2014年7月10日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (20)

課題

ガス中油滴を除去するガス状流体清浄の為の遠心分離機の提供。

解決手段

遠心分離機2´は、内部空間を規定しているハウジング4´および、内部空間中に配置されていてハウジング4´に対し中心線64´の回りに回転可能で、分離される物質の混合物回転動作を付与する為の回転組立体78´,84´,86´を備え、回転組立体78´,84´,86´は、物質の混合物を受け入れる為の入口600,使用中に物質が排出される出口604,そして、入口600と出口604との間の流体連通を提供する為の流路602を備えており、出口604は入口600よりも回転中心線64´からより半径方向外方に位置されていることを特徴とする遠心分離機2´。

概要

背景

異なった密度を有している流体の混合物遠心分離機の使用を介して互いに分離されることが出来ることは良く知られている。このような分離機の1つの特別な使用は、内燃機関クランクケースから排出されるガスからの油の分離においてである。

分離機のこの特別な使用に関しては、内燃機関の燃焼室中にみられる高圧ガスが対応しているピストンリングを通過し機関のクランクケース中に漏れ出る傾向があることが良く理解されている。クランクケース中へのガスのこの連続した漏れは、ケース内の圧力の望ましくない上昇を導くことが出来、そして、結果として、前記ケースからガスを排出する必要性を導くことになる。多くの民間用車両においては、排出されたガスは一般に機関の吸気多岐管中に再導入されている。しかしながら、クランクケースから排出されたガスは典型的には、クランクケース中に保持されている油の溜りから引き揚げられた大量の(小滴又は微細な霧の如き)機関油を保持している。より詳細には、機関シリンダと対応しているピストンとの間を流れているガスはシリンダ壁上に位置している潤滑油引き上げる傾向にある。また、機関のシリンダブロック冷却システムによる油蒸気凝縮はクランクケース中に油霧を生じさせる。

望ましくない油の導入(特に、かしめ油の存在により圧縮器の効率が有利に作用することが出来るターボチャージャーシステム中への)無しで入口システム中に排出されたガスを導入することを許容する為には、入口システム中にガスが導入される以前に排出されたガスを清浄にする(即ち、ガスにより保持されている油を取り除く)ことが必要である。この清浄工程は、クランクハウジング上に又はクランクハウジングに隣接して設けられていて、そして清浄化されたガスを導入システムに向けるとともに分離された油をクランクケースに戻す遠心分離機により行われることが出来る。

大きな商業的な成功を伴い上述した仕事を達成した遠心分離機は、出願人のALFDEX(登録商標)分離機である。この従来の分離機は、続いて記載されるこの発明の改良を明確に説明する為に、添付の図面を参照しながら以下に詳細に記載される。

従来のALFDEX(登録商標)分離機に対応した多くの問題がある。これらの問題は、3つの広い区分に考えることが出来る。

第1には、分離機を介した流体通路が分離機の流量に不都合に影響する圧力損失を生じさせ、そして、結果として、分離機とともに使用することが出来る機関の寸法に不都合に影響する。従来のALFDEX(登録商標)分離機に関係している問題の第1の区分は、従って、流体流通路中における圧力損失に関係している。

第2には、従来の分離機の構造が、或る状況の下では、清浄化されたガスが分離機を去る以前に汚染されてしまうことが出来ることである。従って、従来の分離機に関係している問題の第2区分は、清浄化されたガスの望ましくない油汚染に関係している。

第3には、従来の分離機に関係している或る製造技術及び構造特徴が、組立ての困難さ及び/又は信頼性の問題を導くことが出来ることである。このように、従来の分離機に関係している問題の第3区分は、分離機の製造及び信頼性に関係している。

これらの区分の夫々は以下により詳細に議論される。

概要

ガス中油滴を除去するガス状流体の清浄の為の遠心分離機の提供。遠心分離機2´は、内部空間を規定しているハウジング4´および、内部空間中に配置されていてハウジング4´に対し中心線64´の回りに回転可能で、分離される物質の混合物に回転動作を付与する為の回転組立体78´,84´,86´を備え、回転組立体78´,84´,86´は、物質の混合物を受け入れる為の入口600,使用中に物質が排出される出口604,そして、入口600と出口604との間の流体連通を提供する為の流路602を備えており、出口604は入口600よりも回転中心線64´からより半径方向外方に位置されていることを特徴とする遠心分離機2´。

目的

この発明の第2概念は、ガス及び液体の如き異なった密度の物質の流動可能な混合物を分離する為のガス清浄分離機(2´)を提供し、分離機(2´)は:
内部空間を規定しているハウジング(4´)と;
物質の前記混合物上に回転運動を付与する為に前記内部空間中に配置されハウジング(4´)に対し中心線(64´)の周りに回転可能であり、物質の前記混合物を受け入れる為の入口(600),使用中にそこから前記物質が排出される出口(604),そして入口(600)と出口(604)との間の流体連通を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

ガス及び液体の如き異なった密度物質流動可能な混合物を分離する為のガス清浄分離機(2´)であって:内部空間を規定しているハウジング(4´)と;そして前記内部空間中に配置されているとともに、分離される物質の混合物上に動きを付与するよう中心線(64´)の周りに回転可能である少なくとも1つの羽根要素(116´)と;を備えており、羽根要素(116´)の前縁(310)部分が、使用時において、前記前縁(310)部分に向かい流れている物質の混合物が羽根要素(116´)と直線状に向かい案内されるようにする案内表面を備えている、ことを特徴としている分離機。

請求項2

前記中心線(64´)の周りに等間隔に離れている複数の前記羽根要素(116´)を備えている、請求項1において請求されている如き分離機。

請求項3

前記中心線(64´)の周りに位置している12の前記羽根要素(116´)を備えている、請求項1又は2において請求されている如き分離機。

請求項4

前記案内表面が湾曲された部分を備えている、請求項1乃至3の何れか1項において請求されている如き分離機。

請求項5

前記案内表面が、前記前縁(310)部分から延出している案内翼(314)により提供されている、請求項1乃至4の何れか1項において請求されている如き分離機。

請求項6

羽根要素(116´)の案内翼(314)が、前記中心線(64´)の周りの前記羽根要素(116´)の所定の回転速度の為及び前記混合物の所定の流れ速度の為に、案内翼(314)が混合物の流れと実質的に直線状にされるよう、前記羽根要素(116´)に対しある角度(322)で配置されている、請求項5において請求されている如き分離機。

請求項7

前記中心線(64´)の周りに回転可能であるとともに、羽根要素(116´)からの前記物質を受けるよう前記空間中に配置されている少なくとも1つの分離円板(82´)をさらに備えている、請求項1乃至6の何れか1項において請求されている如き分離機。

請求項8

積層(84´)されて配置され、同じ中心線(64´)の周りに回転可能であり、そして羽根要素(116´)からの前記物質を受けるよう前記空間中に配置されている複数の分離円板(82´)を備えている、請求項1乃至7の何れか1項において請求されている如き分離機。

請求項9

分離円板(82´)の前記中心線(64´)が羽根要素(116´)の前記中心線(64´)と一致されている、請求項7又は8において請求されている如き分離機。

請求項10

ガス及び液体の如き異なった密度の物質の流動可能な混合物を分離する為のガス清浄分離機(2´)であって:内部空間を規定しているハウジング(4´)と;物質の前記混合物上に回転運動を付与する為に前記内部空間中に配置されハウジング(4´)に対し中心線(64´)の周りに回転可能であり、物質の前記混合物を受け入れる為の入口(600),使用中にそこから前記物質が排出される出口(604),そして入口(600)と出口(604)との間の流体連通を提供する為の流路(602)を備えていて、出口(604)が入口(600)よりも前記中心線(64´)からより半径方向の外方に位置されている、回転組立体(78´,84´,86´)と;そして回転組立体(78´,84´,86´)から排出された流体を受け入れるとともに前記流体をハウジング(4´,70´)の第1出口穴(10´)に向かわせる領域(606)を規定しているハウジング部材(72´)と;を備えていて、前記領域(606)に対する入口(610)が、前記入口(610)の他の長手方向部分よりもより大きな深さ(613)の少なくとも1つの1つの長手方向部分(612)を備えている、ことを特徴としている分離機。

請求項11

前記ハウジング部材(72´)は回転組立体(78´,84´,86´)の端部材(86´)に隣接して配置されていて、前記領域(606)は端部材(86´)とハウジング部材(72´)との間に規定されている、請求項10において請求されている如き分離機。

請求項12

前記領域(606)に対する前記入口(610)は、端部材(86´)及びハウジング部材(72´)の周縁(274)により規定されている、請求項11において請求されている如き分離機。

請求項13

前記周縁(274)は円形状であり、前記領域入口(610)の長手方向部分が前記縁(274)に沿い周方向に延出する、請求項12において請求されている如き分離機。

請求項14

より大きな深さ(613)の長手方向部分(612)は、前記縁(274)と前記他の長手方向部分に沿った端部分(86´)との間よりも大きな前記縁(274)と前記長手方向部分(612)に沿った端部分(86´)との間の距離を提供する、前記周縁(274)中の凹所により提供されている、請求項13において請求されている如き分離機。

請求項15

ハウジング部材(72´)の円形状周縁(274)は前記中心線(64´)と同心的である、請求項13又は14おいて請求されている如き分離機。

請求項16

より大きな深さ(613)の長手方向部分(612)は、45°と110°との間、好ましくは80°、の円弧(280)を介して延びている部分的な円形状を有している、請求項13乃至15の何れか1項において請求されている如き分離機。

請求項17

前記他の長手方向部分は前記少なくとも1つの長手方向部分(612)の深さの1/10と1/2との間の深さを有しており、そして好ましくは前記少なくとも1つの長手方向部分(612)の深さの1/3の深さを有している、請求項10乃至16の何れか1項において請求されている如き分離機。

請求項18

前記少なくとも1つの長手方向部分(612)は、ハウジング(4´,70´)の前記第1出口穴(10´)に対するハウジング部材(72´)の反対側に配置されている、請求項10乃至17の何れか1項において請求されている如き分離機。

請求項19

前記少なくとも1つの長手方向部分(612)は、ハウジング(4´,70´)の前記第1出口穴(10´)へと流体を向かわせる為にハウジング部材(72´)により規定された経路(272)中に開口している、請求項10乃至18の何れか1項において請求されている如き分離機。

請求項20

前記少なくとも1つの長手方向部分(612)は前記経路(272)に対する入口(282)であり、前記経路(272)は前記経路入口(282)に、使用時において、前記経路入口(282)中へと流れている流体の方向と直線状にされる要素(276,278)を備えている、請求項19において請求されている如き分離機。

請求項21

前記要素(276,278)は前記経路入口(282)で湾曲されており、そしてハウジング(4´,70´)の前記第1出口穴(10´)へと向かう下流方向において徐々に真っ直ぐにされている、請求項20において請求されている如き分離機。

請求項22

前記要素(276,278)は、前記経路(272)を規定している正反対の側の壁を備えている、請求項20又は21において請求されている如き分離機。

請求項23

ハウジング部材(72´)は回転組立体(78´,84´,86´)の端部材(86´)に隣接して配置されていて、前記領域(606)及び経路(272)は端部材(86´)とハウジング部材(72´)との間に規定されている、請求項19乃至22の何れか1項において請求されている如き分離機。

請求項24

ハウジング部材(72´)と回転組立体(78´,84´,86´)の前記端部材(86´)との間の距離は前記領域(606)の1部分においてその他の部分におけるよりも大きく、それによって前記1部分はハウジング部材(72´)中に前記経路(272)を規定している、請求項23において請求されている如き分離機。

請求項25

前記経路(272)は管状部分(270)を備えている、請求項19乃至24の何れか1項において請求されている如き分離機。

請求項26

ガス及び液体の如き異なった密度の物質の流動可能な混合物を分離する為のガス清浄分離機(2´)であって:内部空間を規定しているハウジング(4´,70´)と;物質の前記混合物上に回転運動を付与する為に前記内部空間中に配置されハウジング(4´,70´)に対し中心線(64´)の周りに回転可能であり、物質の前記混合物を受け入れる為の入口(600),使用中にそこから前記物質が排出される出口(604),そして入口(600)と出口(604)との間の流体連通を提供する為の流路(602)を備えていて、出口(604)が入口(600)よりも前記中心線(64´)からより半径方向の外方に位置されている、回転組立体(78´,84´)と;そして回転組立体(78´,84´)から排出された流体を受け入れるとともに前記流体をハウジング(4´,70´)の第1出口穴(10´)に対し向かわせる領域(606)を規定しているハウジング部材(72´)と;を備えていて、ハウジング部材(72´)には、使用時において、前記領域(606)に対する入口を通過して流れた後に前記入口に向かい再循環して戻る流体から前記領域(606)に対する入口を隔離する為の手段(264)が設けられている、ことを特徴としている分離機。

請求項27

前記隔離手段(264)は壁を備えている、請求項26において請求されている如き分離機。

請求項28

前記壁は、使用時において、前記領域(606)入口を通過した流体の前記流れに関する下流方向に、前記領域(606)入口の下流側から延出している、請求項27において請求されている如き分離機。

請求項29

前記壁は前記ハウジング(4´)から離れている、請求項27又は28において請求されている如き分離機。

請求項30

前記壁は自由端(608)を備えている、請求項28乃至29の何れか1項において請求されている如き分離機。

請求項31

前記自由端(608)は、中心線方向において2mmと200mmとの間の中心線距離だけ、そして好ましくは14mmの距離だけ、前記ハウジング(4´,70´)から離れている(456)、請求項30において請求されている如き分離機。

請求項32

前記自由端(608)は、前記中心線方向に対し直交する方向において前記中心線距離よりも小さな距離だけ前記ハウジング(4´,70´)から離れている、請求項31において請求されている如き分離機。

請求項33

前記壁は閉じられている輪を規定する、請求項27乃至32の何れか1項において請求されている如き分離機。

請求項34

前記壁は裁頭円錐台形状を規定している、請求項27乃至33の何れか1項において請求されている如き分離機。

請求項35

前記裁頭円錐台形状は回転の前記中心線(64´)と一致している長手方向中心線を有している、請求項34において請求されている如き分離機。

請求項36

前記裁頭円錐台形状は、使用時において、前記領域(606)入口を通過した流体の前記流れに関する下流方向に、発散している、請求項34又は35において請求されている如き分離機。

請求項37

ハウジング部材(72´)はハウジング(4´,70´)に対してハウジング部材(72´)を支持する為の手段(266)を備えていて、支持手段(266)は、使用時において、前記領域(606)入口を通過した流体の前記流れに関する前記隔離手段(264)の下流に配置されている、請求項26乃至36の何れか1項において請求されている如き分離機。

請求項38

前記支持手段(266)は閉じられた輪を規定している壁である、請求項37において請求されている如き分離機。

請求項39

前記壁は円筒形状を有している、請求項38において請求されている如き分離機。

請求項40

前記壁は回転の前記中心線(64´)と一致している長手方向中心線を有している、請求項38乃至39のいずれか1項において請求されている如き分離機。

請求項41

少なくとも1つの穴(454)が、前記壁とハウジング(4´,70´)との間の交差部位において前記壁中に設けられている、請求項38乃至40のいずれか1項において請求されている如き分離機。

請求項42

ハウジング(4´,70´)の第2出口穴をさらに備えていて、ここにおいては前記支持手段(266)が第2出口穴と前記隔離手段(264)との間の流体流路中に配置されている、請求項37乃至41のいずれか1項において請求されている如き分離機。

請求項43

第2出口穴が回転の前記中心線(64´)と同心的に配置されている、請求項42において請求されている如き分離機。

請求項44

前記隔離手段(264)が、使用時において、前記領域(606)入口を通過して流れている流体が前記隔離手段(264)の一方の側を流れ、そして再循環する前記流体が前記隔離手段(264)のもう一方の側を流れるよう、ハウジング(4´,70´)中に配置されている、請求項26乃至43のいずれか1項において請求されている如き分離機。

請求項45

前記領域(606)からハウジング(4´,70´)の外部へと前記出口穴(10´)を介し流体を運ぶ為にハウジング部材(72´)とハウジング(4´,70´)との間を出口導管(211)が延出していて、流体が前記出口導管(211)の全外周について流れることが自由であるよう、前記出口導管(211)の外部がハウジング(4´,70´)から離れている、請求項26乃至44のいずれか1項において請求されている如き分離機。

請求項46

前記出口導管(211)がハウジング部材(72´)及びハウジング(4´,70´)とは別である、請求項45において請求されている如き分離機。

請求項47

ガス及び液体の如き異なった密度の物質の流動可能な混合物を分離する為のガス清浄分離機(2´)であって:内部空間を規定しているハウジング(4´)と;前記ハウジング(4´)の外部と前記内部空間との間の流路に沿う流体の流れを許容する為の穴と;そしてハウジング(4´)から立ち上がっていて前記穴を取り囲んでいる肩(6´)と;を備えていて、肩(6´)が穴中に内方に延出している湾曲した表面(221)を備えている、ことを特徴とする分離機。

請求項48

前記湾曲した表面(221)が穴の周りに閉じられている輪を形成しているとともに、前記ハウジング(4´)の外部から前記内部空間へと前記穴を介し移動した時に穴の面積が減少するよう穴中に内方に延出している、請求項47において請求されている如き分離機。

請求項49

前記湾曲した表面(221)が、前記穴を通る長手方向中心線(64´)と一致した平面を通って得られた断面において見た時に部分的な円形状の線を描く、請求項48において請求されている如き分離機。

請求項50

肩(6´)が略円筒形状の壁(217)を備えていて、その自由端には湾曲した表面(221)を形成する円周リップ(219)が設けられている、請求項47乃至49の何れか1項において請求されている如き分離機。

請求項51

肩(6´)に連結可能なニップル(22´)をさらに備えていて、ニップル(22´)の内表面(216)は肩(6´)の湾曲した表面(221)と組み合って流路に湾曲した表面を提供する、請求項47乃至50の何れか1項において請求されている如き分離機。

請求項52

内部ニップル表面(216)は肩(6´)の縁(229)で湾曲した表面(221)と出会い、そして、この出会い点で、湾曲した表面(221)に対し接線として向けられている、請求項51において請求されている如き分離機。

請求項53

ニップル(22´)が、肩(6´)の湾曲した表面(221)と当接するよう構成されている湾曲した壁(235)をさらに備えている、請求項51又は52において請求されている如き分離機。

請求項54

ニップル(22´)が如何なる回転向きにおいても肩(6´)に連結可能である、請求項51乃至53の何れか1項において請求されている如き分離機。

請求項55

ニップル(22´)が回転溶接により肩(6´)に対し連結可能である、請求項54において請求されている如き分離機。

請求項56

請求項51乃至55の何れか1項において請求されている如き分離機であるガス清浄分離器(2´)を組み立てる方法であって、ニップル(22´)を肩(6´)に対し回転溶接により連結する工程を備えている、ガス清浄分離器(2´)を組み立てる方法。

請求項57

ガス及び液体の如き異なった密度の物質の流動可能な混合物を分離する為のガス清浄分離機(2´)であって:内部空間を規定しているハウジング(4´)と;物質の前記混合物上に回転運動を付与する為に前記内部空間中に配置されハウジング(4´)に対し中心線(64´)の周りに回転可能であり、物質の前記混合物を受け入れる為の第1入口(600),使用中にそこから前記物質が排出される第1出口(604),そして第1入口(600)と第1出口(604)との間の流体連通を提供する為の第1流路(602)を備えていて、第1出口(604)が第1入口(600)よりも前記中心線(64´)からより半径方向の外方に位置されている、回転組立体(78´,84´)と;そして回転組立体(78´,84´)に隣接して配置されているハウジング部材(72´)と;を備えており、ハウジング部材及び回転組立体はハウジング部材(72´)の第1側上でそれらの間に回転組立体(78´,84´)から排出された流体の為の第1の流体流れルートを規定している第1領域(606)を提供しており、ハウジング部材(72´)はまたハウジング(4´)から離れてハウジング部材(72´)の第2側上でそれらの間に回転組立体(78´,84´)から排出された流体の為の第2の流体流れルートを規定している第2領域(614)を提供しており、回転組立体(78´,84´)は、ハウジング部材(72´)の前記第2側上の前記第2領域(614)中に開口した第2入口(618),第2入口(618)よりも前記中心線(64´)からより半径方向の外方に位置している第2出口(620),そして第2入口(618)と第2出口(620)との間の流体連通を提供する為の第2流路(616)を備えている、ことを特徴とする分離機。

請求項58

前記第2出口(620)は、前記第1出口(604)と前記第1及び第2領域(606,614)との間の流体連通を提供している流体導管中に開口している、請求項57において請求されている如き分離機。

請求項59

前記第2出口(620)は、使用中に前記第1出口(604)から排出された前記物質の流れに関して、前記第1出口(604)の下流であるとともに前記第1及び第2領域(606,614)の上流である位置に開いている、請求項57又は58において請求されている如き分離機。

請求項60

第2流路(616)は、それぞれが円板形状部分を備えていて前記中心線(64´)上に中心を置かれている回転組立体の第1及び第2部材(86´,240)間の空間を備えている、請求項57乃至59の何れか1項において請求されている如き分離機。

請求項61

前記部材(86´,240)の円板形状部分の夫々が実質的に円形状の半径方向外方縁を有していて、2つの部材(86´,240)は互いに同心的に位置されている、請求項60において請求されている如き分離機。

請求項62

使用時において、回転組立体が前記中心線(64´)の周りに回転された時、前記空間中に位置している流体を前記中心線(64´)に関する外方に移動させるよう、前記第1及び第2部材(86´,240)間で前記空間中に少なくとも1つの細長い要素(298)が配置されている、請求項60又は61において請求されている如き分離機。

請求項63

細長い要素(298)は第2流路(616)に沿い半径方向に延出している、請求項62において請求されている如き分離機。

請求項64

細長い要素(298)は第1及び第2部材(86´,240)の一方で設けられており、そして第1及び第2部材(86´,240)の他方に当接している、請求項62又は63において請求されている如き分離機。

請求項65

個々の部材(86´,240)の前記円板形状部分は裁頭円錐台形状である、請求項61乃至64の何れか1項において請求されている如き分離機。

請求項66

前記第2流路(616)は裁頭円錐台形状を備えている、請求項57乃至65の何れか1項において請求されている如き分離機。

請求項67

前記第1流路(602)は裁頭円錐台形状を備えている、請求項57乃至66の何れか1項において請求されている如き分離機。

請求項68

前記第2流路(616)の第2入口(618)は前記中心線(64´)上に中心が置かれている環形状を備えている、請求項57乃至67の何れか1項において請求されている如き分離機。

請求項69

第2流路(616)はハウジング部材(72´)の前記第1及び第2側の間でハウジング部材(72´)中の穴を介し延出している、請求項57乃至68の何れか1項において請求されている如き分離機。

請求項70

前記第2流路(616)の第2入口(618)は略円筒形状の壁(300)により規定されている、請求項69において請求されている如き分離機。

請求項71

その中に前記穴を規定しているハウジング部材(72´)の部位と前記第2流路(616)の少なくとも一部位を規定している回転組立体の第1部分(300)との間に空間が設けられていて、そして、回転組立体のさらなる部分(304)が前記空間を覆うよう前記第1部分(300)から延出している、請求項69又は70において請求されている如き分離機。

請求項72

前記さらなる部分(304)がハウジング部材(72´)の前記第2側上に配置されている、請求項71において請求されている如き分離機。

請求項73

前記さらなる部分(304)が第2入口(618)から延出している、請求項71又は72において請求されている如き分離機。

請求項74

前記さらなる部分(304)が環形状を有している、請求項71乃至73の何れか1項において請求されている如き分離機。

請求項75

前記さらなる部分(304)が、ハウジング部材(72´)中の前記穴の直径よりも大きな直径の外方円形状周縁を有している、請求項71乃至74の何れか1項において請求されている如き分離機。

請求項76

前記さらなる部分(304)が平坦であって、それに対し前記中心線(74´)が直交している平面内に向けられている、請求項71乃至75の何れか1項において請求されている如き分離機。

請求項77

第2流路(616)を規定しているとともに第2入口(618)から延出している表面が、前記2流路(616)に沿い前記第2入口(618)から前記第2出口(620)に向かい動いている時に前記中心線(64´)に集中する、前記中心線(64´)に対し半径方向で最も外側の部位(302)を有している、請求項57乃至76の何れか1項において請求されている如き分離機。

請求項78

前記第2流路表面の前記半径方向で最も外側の部位(302)は裁頭円錐台形状を有している、請求項77において請求されている如き分離機。

請求項79

前記半径方向で最も外側の部位(302)の前記裁頭円錐台形状は、回転の前記中心線(64´)と一致している中央長手方向中心線を有している、請求項78において請求されている如き分離機。

請求項80

ガス及び液体の如き異なった密度の物質の流動可能な混合物を分離する為のガス清浄分離機(2´)であって:内部空間を規定しているハウジング(4´,70´)と;物質の前記混合物上に回転運動を付与する為に前記内部空間中に配置されハウジング(4´,70´)に対し中心線(64´)の周りに回転可能であり、物質の前記混合物を受け入れる為の入口(600),使用中にそこから前記物質が排出される出口(604),そして入口(600)と出口(604)との間の流体連通を提供する為の流路(602)を備えていて、出口(604)が入口(600)よりも前記中心線(64´)からより半径方向の外方に位置されている、回転組立体(78´,84´)と;を備えており、回転組立体(78´,84´)は前記中心線(64´)と一致しているとともに前記ハウジング(4´,70´)に設けられている回転軸(78´)をさらに備えていて、ここにおいては回転軸(78´)の第1端部分が前記ハウジング(4´,70´)を通過して前記ハウジング(4´,70´)の外の位置へと延出していて、そして、流体通路(92´)が回転軸(78´)を軸方向に通過して延出していて前記ハウジング(4´,70´)の外部に位置している開口を有しており、回転組立体(78´,84´)は前記ハウジング(4´,70´)の外部から前記軸流体通路(92´)に対し入る流体を制御する為の流れ制御手段(364,366)をさらに備えていて、ここにおいては流れ制御手段(364,366)が、前記通路(92´)に入る流体上に、軸流体通路(92´)から半径方向の外方へと通路に沿う回転運動を付与する為の手段を備えている、ことを特徴とする分離機。

請求項81

前記回転運動は回転組立体(78´,84´)の回転の前記中心線(64´)上に中心が置かれている、請求項80において請求されている如き分離機。

請求項82

前記通路(92´)は回転組立体(78´,84´)の回転の前記中心線(64´)と一致している、請求項80又は81において請求されている如き分離機。

請求項83

流体上に回転運動を付与する為の前記手段は、回転組立体(78´,84´)の回転の前記中心線(64´)から半径方向の外方に位置されている少なくとも1つの流体通路(366)を備えている、請求項80乃至82の何れか1項において請求されている如き分離機。

請求項84

流体上に回転運動を付与する為の前記手段は軸流体通路(92´)の前記開口から離れた部材(364)を備えていて、ここにおいては少なくとも1つの流体通路(366)が前記部材(364)を通って延出している穴である、請求項83において請求されている如き分離機。

請求項85

4つの前記流体通路(366)が前記中心線(64´)上に中心が置かれている円の周辺に沿い等間隔で位置されている、請求項83又は84において請求されている如き分離機。

請求項86

前記部材(364)が平坦であるとともに前記中心線(64´)がそれに対し直交しているよう向けられている、請求項84又は85において請求されている如き分離機。

請求項87

流れ制御手段は、流体通路(366)よりも前記中心線(64´)からより半径方向の外方に位置されている少なくとも1つの排出穴(368)をさらに備えている、請求項83乃至86の何れか1項において請求されている如き分離機。

請求項88

流れ制御手段(364,366)及び回転組立体(78´,84´)の回転を駆動する為のタービン(88´)の少なくとも一部位が単一な構成要素である、請求項80乃至87の何れか1項において請求されている如き分離機。

請求項89

第1端部分に対し遠い回転軸(78´)の第2端部分がハウジング(4´,70´)に対し設けられている、請求項80乃至88の何れか1項において請求されている如き分離機。

請求項90

流体通路(92´)が回転軸(78´)の第1及び第2端部分間を延出しハウジング(4´,70´)の外部及び内部間にそこを通る流体連通を提供する、請求項89において請求されている如き分離機。

請求項91

流体通路(92´)が、それによって回転軸(78´)の前記第2端部分がハウジング(4´,70´)に対し設けられている軸受(50´)と流体連通している、請求項90において請求されている如き分離機。

請求項92

流体通路(92´)が回転組立体の前記入口(600)と流体連通している、請求項80乃至91の何れか1項において請求されている如き分離機。

請求項93

ガス及び液体の如き異なった密度の物質の流動可能な混合物を分離する為のガス清浄分離機(2´)を組み立てる方法であって:分離機(2´)は、内部空間を規定しているハウジング(4´,12´)と、前記内部空間と前記ハウジング(4´,12´)の外部との間の流体連通を提供する為にハウジング(4´,70´)がその中に有している穴(8´)と、前記穴(8´)に関し密封されている流体流れ導管(22´)と、を備えていて、流体流れ導管(22´)は、前記内部空間と前記ハウジング(4´,12´)の外部との間で前記導管(22´)及び穴(8´)を介して流体を運搬する為に前記穴(8´)と流体連結を行い、前記分離機(2´)を組み立てる方法が、ハウジング(4´,12´)及び流体流れ導管(22´)の当接表面交点により形成され閉じられている輪に沿いハウジング(4´,12´)と流体流れ導管(22´)の材料をともに接合する工程を備えている、ことを特徴とする方法。

請求項94

前記閉じられている輪は円形状である、請求項93において請求されている如き方法。

請求項95

前記接合工程は、それらの前記表面が互いに当接している間にハウジング(4´,12´)及び流体流れ導管(22´)を相対的に回転させることを備えている、請求項93又は94において請求されている如き方法。

請求項96

ハウジング(4´,12´)及び流体流れ導管(22´)の前記相対的な回転は、ハウジング(4´,12´)及び流れ導管(22´)が、前記当接表面が互いに接合することを許容する互いに相対的な所望の位置に配置されることで停止される、請求項95において請求されている如き方法。

請求項97

前記接合工程は前記当接表面を互いに回転溶接することを備えている、請求項93乃至96の何れか1項において請求されている如き方法。

請求項98

前記接合工程は前記当接表面の少なくとも1つに対し接着剤を適用することを備えている、請求項93乃至96の何れか1項において請求されている如き方法。

請求項99

前記接合工程は前記当接表面を互いに超音波溶接又は振動溶接することを備えている、請求項93乃至96の何れか1項において請求されている如き方法。

請求項100

流体流れ導管(22´)は、ホースの如き更なる流体流れ導管との更なる連結の為の開口端を前記当接表面から遠くに備えているニップルである、請求項93乃至98の何れか1項において請求されている如き方法。

請求項101

ガス及び液体の如き異なった密度の物質の流動可能な混合物を分離する為のガス清浄分離機(2´)であって:内部空間を規定しているハウジング(4´,12´)と、前記内部空間と前記ハウジング(4´,12´)の外部との間の流体連通を提供する為にハウジング(4´,70´)がその中に有している穴(8´)と、前記穴(8´)に関し密封されている流体流れ導管(22´)と、を備えていて、流体流れ導管(22´)は、前記内部空間と前記ハウジング(4´,12´)の外部との間で前記導管(22´)及び穴(8´)を介して流体を運搬する為に前記穴(8´)と流体連結を行い、ハウジング(4´,12´)及び流体流れ導管(22´)の材料が、ハウジング(4´,12´)及び流体流れ導管(22´)の当接表面の交点により形成され閉じられている輪に沿いともに接合されている、ことを特徴とする分離機。

請求項102

前記閉じられている輪は円形状である、請求項101において請求されている如き分離機。

請求項103

前記接合は、それらの前記表面が互いに当接している間にハウジング(4´,12´)及び流体流れ導管(22´)を相対的に回転させることにより行われている、請求項101又は102において請求されている如き分離機。

請求項104

ハウジング(4´,12´)及び流体流れ導管(22´)の前記相対的な回転は、ハウジング(4´,12´)及び流れ導管(22´)が、前記当接表面が互いに接合することを許容する互いに相対的な所望の位置に配置されることで停止される、請求項103において請求されている如き分離機。

請求項105

前記接合は前記当接表面を互いに回転溶接することにより行われている、請求項101乃至104の何れか1項において請求されている如き分離機。

請求項106

前記接合は前記当接表面の少なくとも1つに対し接着剤を適用することにより行われている、請求項101乃至104の何れか1項において請求されている如き分離機。

請求項107

前記接合は前記当接表面を互いに超音波溶接又は振動溶接することにより行われている、請求項101乃至104の何れか1項において請求されている如き分離機。

請求項108

流体流れ導管(22´)は、ホースの如き更なる流体流れ導管との更なる連結の為の開口端を前記当接表面から遠くに備えているニップルである、請求項101乃至104の何れか1項において請求されている如き分離機。

請求項109

ガス及び液体の如き異なった密度の物質の流動可能な混合物を分離する為のガス清浄分離機(2´)を組み立てる方法であって:分離機(2´)は、第1及び第2個別部位(4´,70´)を備えているハウジング(4´,70´)と、第1ハウジング部位(4´)が有している位置合わせ表面(632)と、第2ハウジング部位(70´)が有しており、位置合わせ表面(632)に対し位置合わせしてハウジング(4´,12´)の内部空間を規定する基準表面(630)と、前記内部空間中に配置されていて、前記ハウジング(4´,70´)に対し第1ハウジング部位(4´)の中心線(64´)の周りに回転可能な回転組立体(78´,84´)と、回転組立体(78´,84´)が備えていて、軸受ユニット(50´)により第1ハウジング部位(4´)対し回転可能に設けられていると共に第2ハウジング部位(70´)に対し回転可能に設けられている回転軸(78’)と、を備えており、前記分離機(2´)を組み立てる方法が、第2ハウジング部位(70´)の基準表面(630)が第1ハウジング部位(4´)の前記位置合わせ表面(632)に位置合わせされた時に前記中心線(64´)と一致する前記基準表面(630)に対する所定の位置において第2ハウジング部位(70´)に対し回転軸(78´)を回転可能に設ける工程と、第1ハウジング部位(4´)の位置合わせ表面(632)に位置合わせする為の基準表面(634)と、そして、基準表面(634)に対する或る位置に前記軸受ユニット(50´)を受け入れる為の手段(512)と、を備える治具(500)上に軸受ユニット(50´)を配置し、治具(500)の基準表面(634)が第1ハウジング部位(4´)の前記位置合わせ表面(632)に位置合わせされた時に前記中心線(64´)と一致する治具(500)の基準表面(634)に対する或る位置に軸受ユニット(50´)が治具(500)により受け入れられるようにする工程と、治具(500)の基準表面(634)を第1ハウジング部位(4´)の前記位置合わせ表面(632)に位置合わせさせるよう配置する工程と、そして、軸受ユニット(50´)を第1ハウジング部位(4´)に固定する工程と、を備えていることを特徴とする方法。

請求項110

軸受ユニット(50´)を固定する工程が、治具(500)の基準表面(634)が第1ハウジング部位(4´)の前記位置合わせ表面(632)に位置合わせされている間に、治具(500)の受け入れ手段(512)を第1ハウジング部位(4´)に関し前記中心線(64´)に沿い中心線方向に移動させることを備えていて、軸受ユニット(50´)はこれにより第1ハウジング部位(4´)と当接するようになる、請求項109において請求されている如き方法。

請求項111

受け入れ手段(512)が治具(500)の基準表面(634)に関し前記中心線方向に移動されて軸受ユニット(50´)を第1ハウジング部位(4´)に対し押圧する、請求項110において請求されている如き方法。

請求項112

治具(500)が、治具(500)の基準表面(634)に関する、前記中心線(64´)に沿った中心方向における受け入れ手段(512)の移動を許容する為の手段を備えている、請求項109乃至111の何れか1項において請求されている如き方法。

請求項113

軸受ユニット(50´)を固定する工程が、治具(500)の基準表面(634)が第1ハウジング部位(4´)の前記位置合わせ表面(632)に位置合わせされている間に、治具(500)の受け入れ手段(512)を第1ハウジング部位(4´)に関し前記中心線(64´)の周りに回転させることを備えている、請求項109乃至112の何れか1項において請求されている如き方法。

請求項114

軸受ユニット(50´)を固定する工程が、第1ハウジング部位(4´)に対し軸受ユニット(50´)を回転溶接することを備えている、請求項113において請求されている如き方法。

請求項115

治具(500)が、治具(500)の基準表面(634)に対する受け入れ手段(512)の回転を許容する為の手段を備えている、請求項113又は114において請求されている如き方法。

請求項116

ガス及び液体の如き異なった密度の物質の流動可能な混合物を分離する為のガス清浄分離機(2´)であって:ここにおいては分離機(2´)が請求項109乃至115の何れか1項において請求されている如く組み立てられている、分離機。

請求項117

ガス及び液体の如き異なった密度の物質の流動可能な混合物を分離する為のガス清浄分離機(2´)であって:内部空間を規定しているハウジング(4´,70´)と、前記内部空間中に配置されていてハウジングに対し中心線(64´)の回りを回転可能な回転組立体と、そしてハウジング(4´,70´)に設けられているハウジング部材(72´)と、を備えており、ハウジング部材(72´)はハウジング部材(72´)の何れの側への流体の流れを許容し、前記部材(72´)の一方の側で流れている流体は前記部材により前記ハウジング(4´,70´)中の第1出口穴(10´)を介して前記ハウジング(4´,70´)の外部に向かい向けられていて、前記流体は前記ハウジング部材(72´)に連結している出口導管(211)を介しハウジングの外部に向けられていて、出口導管(211)はハウジング部材(72´)及びハウジング(4´,70´)の少なくとも1つに対し出口導管(211)に関し設けられている密封要素により密封されている、ことを特徴としている分離機。

請求項118

前記出口導管(211)は前記ハウジング(4´,70´)から離されている、請求項117において請求されている如き分離機。

請求項119

前記出口導管(211)はハウジング部材(72´)とは別であるとともに、それに対し密封要素(215)により密封されている、請求項117又は118において請求されている如き分離機。

請求項120

前記出口導管(211)はハウジング(4´,70´)とは別であるとともに、それに対し密封要素(213)により密封されている、請求項117乃至119の何れか1項において請求されている如き分離機。

請求項121

前記出口導管(211)を密封する為の密封要素は請求項117乃至119の何れか1項において請求されている如き分離機。、前記導管の外部表面上に前記表面により規定されている肩との当接により設けられている、請求項119又は120において請求されている如き分離機。

請求項122

前記出口導管(211)は、ハウジング(4´,70´)からの流体の流れを制御する為にハウジング(4´,70´)の外部に配置されている弁ユニット(14´)と一体である、請求項117乃至121の何れか1項において請求されている如き分離機。

請求項123

密封要素はO−リング密封部材である、請求項117乃至122の何れか1項において請求されている如き分離機。

請求項124

前記出口導管(211)は前記ハウジング(4´,70´)から離されていて、ハウジング部材(72´)と前記ハウジング(4´,70´)との間に位置している流体がその全外周の回りを流れることを許容する、請求項117乃至123の何れか1項において請求されている如き分離機。

請求項125

ガス及び液体の如き異なった密度の物質の流動可能な混合物を分離する為のガス清浄分離機(2´)であって:内部空間を規定しているハウジング(4´)と;物質の前記混合物上に回転運動を付与する為に前記内部空間中に配置されハウジング(4´)に対し中心線(64´)の周りに回転可能であり、物質の前記混合物を受け入れる為の入口(600),使用中にそこから前記物質が排出される出口(604),そして入口(600)と出口(604)との間の流体連通を提供する為の流路(602)を備えていて、回転軸(78´)をさらに備えている、回転組立体(78´,84´)と;を備えており、前記回転軸(78´)には、前記分離機(2´)の少なくとも1つの構成要素を摺動可能に受け入れている前記回転軸(78´)の長さに沿いプラスチック材料被覆が設けられている、ことを特徴とする分離機。

請求項126

前記構成要素の少なくとも1つは金属材料のものである、請求項125において請求されている如き分離機。

請求項127

前記構成要素の少なくとも1つは螺旋ばねである、請求項125又は126において請求されている如き分離機。

請求項128

前記構成要素の少なくとも1つは軸受ユニット(50´)である、請求項125乃至127の何れか1項において請求されている如き分離機。

請求項129

前記回転軸(78´)は前記回転軸(78´)の正反対の端部分上に前記構成要素の2つを受け入れ、ここにおいて個々の構成要素は螺旋ばね(130´,96´)である、請求項125又は126において請求されている如き分離機。

請求項130

個々の螺旋ばね(130´,96´)は、回転組立体(78´,84´)と回転軸(78´)をハウジング(4´)へと連結している2つの軸受ユニット(50´,90´)の異なった一方との間で圧縮されている、請求項129において請求されている如き分離機。

請求項131

個々の螺旋ばね(130´,96´)は金属材料のものである、請求項130において請求されている如き分離機。

請求項132

前記回転軸(78´)は硬化されていない材料のものである、請求項125乃至131の何れか1項において請求されている如き分離機。

請求項133

前記材料は、硬化されていない金属、好ましくは硬化されていない鋼である、請求項132において請求されている如き分離機。

請求項134

回転組立体(78´,84´)は、前記回転軸(78´)から延出している少なくとも1つの要素(114´,116´,254)を備えていて、ここにおいて前記要素(114´,116´,254)は前記被覆と同じ材料のものであるとともにそれと一体に形成されている、請求項125乃至133の何れか1項において請求されている如き分離機。

請求項135

前記被覆及び前記少なくとも1つの要素(114´,116´,254)は前記回転軸(78´)上に射出成型されていて、そしてそれによって互いに同時に形成されている、請求項134において請求されている如き分離機。

請求項136

ガス及び液体の如き異なった密度の物質の流動可能な混合物を分離する為のガス清浄分離機(2´)であって:内部空間を規定しているハウジング(4´)と;物質の前記混合物上に回転運動を付与する為に前記内部空間中に配置されハウジング(4´)に対し中心線(64´)の周りに回転可能であり、物質の前記混合物を受け入れる為の入口(600),使用中にそこから前記物質が排出される出口(604),そして入口(600)と出口(604)との間の流体連通を提供する為の流路(602)を備えている回転組立体(78´´,84´)と;を備えており、前記回転組立体(78´´,84´)を回転させる為の電気モータ(380)、そして、使用中に、物質の前記混合物から分離された物質を受け取る為に電気モータ(380)を通過した流体通路、をさらに備えている、ことを特徴とする分離機。

請求項137

電気モータ(380)を通過した前記流体通路は、少なくとも部分的に、電気モータ(380)の回転子(382)及び固定子(400)により規定されている、請求項136において請求されている如き分離機。

請求項138

前記流体通路は、電気モータ(380)の回転子(382)と固定子(400)との間の空間を備えている、請求項137において請求されている如き分離機。

請求項139

前記回転子(382)は回転組立体(78´´,84´)に連結されている、請求項137又は138において請求されている如き分離機。

請求項140

前記流体通路中に配置されている電線絶縁材料で密封されている、請求項137乃至139の何れか1項において請求されている如き分離機。

請求項141

前記絶縁材料は前記固定子(400)の電線を覆っている層として設けられている、請求項140において請求されている如き分離機。

請求項142

前記絶縁材料はエポキシラッカーを備えている、請求項140又は141において請求されている如き分離機。

請求項143

電気モータは電気モータ(380)を通過している前記流体通路から密封されている1つ又はそれ以上のエレクトロニクスの構成要素を備えている、請求項136乃至142の何れか1項において請求されている如き分離機。

請求項144

その中に電気モータ(380)が配置されているハウジング(384)を備えている、請求項136乃至143の何れか1項において請求されている如き分離機。

請求項145

前記電気モータハウジング(384)は、その中に回転組立体(78´´,84´)が配置されているハウジング(4´)に連結されているとともにハウジング(4´)から分離可能である、請求項144において請求されている如き分離機。

請求項146

電気モータハウジング(384)は、前記流体通路から密封されているとともにその中に電気モータ(380)のエレクトロニクスの構成要素(408)が配置されている仕切った部分を備えている、請求項144又は145において請求されている如き分離機。

請求項147

前記仕切った部分は、組み立てられている分離機(2´)において、前記回転組立体(78´´,84´)と同心的である略環形状又は部分環形状を有している、請求項146において請求されている如き分離機。

請求項148

前記仕切った部分は、前記電気モータハウジング(384)により、そして前記ハウジング(384)とは別でありそれに対し密封されている部材(394)により、取り込まれている、請求項147において請求されている如き分離機。

請求項149

前記部材(394)は略環形状又は裁頭円錐台形状である、請求項148において請求されている如き分離機。

請求項150

前記部材(394)は前記回転組立体(78´´,84´)と同心的に配置されている、請求項148又は149において請求されている如き分離機。

請求項151

前記部材(394)の半径方向内方部分は閉じられている輪に沿い前記電気モータハウジング(384)に対し密封されていて、前記部材(394)の半径方向外方部分は更なる閉じられている輪に沿い前記電気モータハウジング(384)に対し密封されている、請求項149又は150において請求されている如き分離機。

請求項152

前記部材(394)の前記半径方向内方部分は前記電気モータハウジング(384)の略円筒形状部分(392)に対し密封されていて、略円筒形状部分(392)中には、組み立てられている分離機において、前記回転組立体(78´´,84´)が延出している、請求項151において請求されている如き分離機。

請求項153

前記部材(394)の前記半径方向内方部分は、電気モータ(380)の固定子(400)の最も内方の直径よりも小さいか又は実質的に等しい直径を有している穴を規定している、請求項151又は152において請求されている如き分離機。

請求項154

前記部材(394)には、それを通って電線が延出しているとともに、それに対し前記電線が密封されている、少なくとも1つの穴が設けられている、請求項148又は153のいずれか1項において請求されている如き分離機。

請求項155

前記1つ又はそれ以上のエレクトロニクスの構成要素は、電気モータ(380)の動作を制御する為の1つ又はそれ以上の構成要素を備えている、請求項143乃至154のいずれか1項において請求されている如き分離機。

請求項156

前記流体通路は前記電気モータハウジング(384)中において出口孔(402)と流体連通している、請求項136乃至155のいずれか1項において請求されている如き分離機。

請求項157

電力及び/又は制御信号を電気モータ(380)に対し提供する電線を受け入れる為の電気コネクタ(412)をさらに備えている、請求項136乃至156のいずれか1項において請求されている如き分離機。

請求項158

電気コネクタ(412)は1つ又はそれ以上の電気構成要素(408)により電気モータ(380)に電気的に連結されている、請求項157において請求されている如き分離機。

請求項159

電気コネクタ(412)は、分離機(2´)のハウジング(384)の一部分を通過して延出している穴中に配置されている、請求項157又は158において請求されている如き分離機。

技術分野

0001

この発明は分離機に関係しており、そしてより詳細には、しかし特定するのではないが、ガス状流体清浄の為の遠心分離機に関係している。

背景技術

0002

異なった密度を有している流体の混合物は遠心分離機の使用を介して互いに分離されることが出来ることは良く知られている。このような分離機の1つの特別な使用は、内燃機関クランクケースから排出されるガスからの油の分離においてである。

0003

分離機のこの特別な使用に関しては、内燃機関の燃焼室中にみられる高圧ガスが対応しているピストンリングを通過し機関のクランクケース中に漏れ出る傾向があることが良く理解されている。クランクケース中へのガスのこの連続した漏れは、ケース内の圧力の望ましくない上昇を導くことが出来、そして、結果として、前記ケースからガスを排出する必要性を導くことになる。多くの民間用車両においては、排出されたガスは一般に機関の吸気多岐管中に再導入されている。しかしながら、クランクケースから排出されたガスは典型的には、クランクケース中に保持されている油の溜りから引き揚げられた大量の(小滴又は微細な霧の如き)機関油を保持している。より詳細には、機関シリンダと対応しているピストンとの間を流れているガスはシリンダ壁上に位置している潤滑油引き上げる傾向にある。また、機関のシリンダブロック冷却システムによる油蒸気凝縮はクランクケース中に油霧を生じさせる。

0004

望ましくない油の導入(特に、かしめ油の存在により圧縮器の効率が有利に作用することが出来るターボチャージャーシステム中への)無しで入口システム中に排出されたガスを導入することを許容する為には、入口システム中にガスが導入される以前に排出されたガスを清浄にする(即ち、ガスにより保持されている油を取り除く)ことが必要である。この清浄工程は、クランクハウジング上に又はクランクハウジングに隣接して設けられていて、そして清浄化されたガスを導入システムに向けるとともに分離された油をクランクケースに戻す遠心分離機により行われることが出来る。

0005

大きな商業的な成功を伴い上述した仕事を達成した遠心分離機は、出願人のALFDEX(登録商標)分離機である。この従来の分離機は、続いて記載されるこの発明の改良を明確に説明する為に、添付の図面を参照しながら以下に詳細に記載される。

0006

従来のALFDEX(登録商標)分離機に対応した多くの問題がある。これらの問題は、3つの広い区分に考えることが出来る。

0007

第1には、分離機を介した流体通路が分離機の流量に不都合に影響する圧力損失を生じさせ、そして、結果として、分離機とともに使用することが出来る機関の寸法に不都合に影響する。従来のALFDEX(登録商標)分離機に関係している問題の第1の区分は、従って、流体流通路中における圧力損失に関係している。

0008

第2には、従来の分離機の構造が、或る状況の下では、清浄化されたガスが分離機を去る以前に汚染されてしまうことが出来ることである。従って、従来の分離機に関係している問題の第2区分は、清浄化されたガスの望ましくない油汚染に関係している。

0009

第3には、従来の分離機に関係している或る製造技術及び構造特徴が、組立ての困難さ及び/又は信頼性の問題を導くことが出来ることである。このように、従来の分離機に関係している問題の第3区分は、分離機の製造及び信頼性に関係している。

0010

これらの区分の夫々は以下により詳細に議論される。

0011

この発明の第1概念は、ガス及び液体の如き異なった密度の物質流動可能な混合物を分離する為のガス清浄分離機(2´)を提供し、分離機(2´)は:
内部空間を規定しているハウジング(4´)と;そして
前記内部空間中に配置されているとともに、分離される物質の混合物上に動きを付与するよう中心線(64´)の周りに回転可能である少なくとも1つの羽根要素(116´)と;
を備えており、
羽根要素(116´)の前縁(310)部分が、使用時において、前記前縁(310)部分に向かい流れている物質の混合物が羽根要素(116´)と直線状に向かい案内されるようにする案内表面を備えている、ことを特徴としている。

0012

この発明のさらなる特徴は、以下に引用される如き分離機において提供される。

0013

この発明の第1概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、前記中心線(64´)の周りに等間隔に離れている複数の前記羽根要素(116´)を備えている。

0014

この発明の第1概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、前記中心線(64´)の周りに位置している12の前記羽根要素(116´)を備えている。

0015

この発明の第1概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、前記案内表面が湾曲された部分を備えている。

0016

この発明の第1概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、前記案内表面が、前記前縁(310)部分から延出している案内翼(314)により提供されている。

0017

この発明の第1概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、羽根要素(116´)の案内翼(314)が、前記中心線(64´)の周りの前記羽根要素(116´)の所定の回転速度の為及び前記混合物の所定の流れ速度の為に、案内翼(314)が混合物の流れと実質的に直線状にされるよう、前記羽根要素(116´)に対しある角度(322)で配置されている。

0018

この発明の第1概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、前記中心線(64´)の周りに回転可能であるとともに、羽根要素(116´)からの前記物質を受けるよう前記空間中に配置されている少なくとも1つの分離円板(82´)をさらに備えている。

0019

この発明の第1概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、積層(84´)されて配置され、同じ中心線(64´)の周りに回転可能であり、そして羽根要素(116´)からの前記物質を受けるよう前記空間中に配置されている複数の分離円板(82´)を備えている。

0020

この発明の第1概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、分離円板(82´)の前記中心線(64´)が羽根要素(116´)の前記中心線(64´)と一致されている。

0021

この発明の第2概念は、ガス及び液体の如き異なった密度の物質の流動可能な混合物を分離する為のガス清浄分離機(2´)を提供し、分離機(2´)は:
内部空間を規定しているハウジング(4´)と;
物質の前記混合物上に回転運動を付与する為に前記内部空間中に配置されハウジング(4´)に対し中心線(64´)の周りに回転可能であり、物質の前記混合物を受け入れる為の入口(600),使用中にそこから前記物質が排出される出口(604),そして入口(600)と出口(604)との間の流体連通を提供する為の流路(602)を備えていて、出口(604)が入口(600)よりも前記中心線(64´)からより半径方向の外方に位置されている、回転組立体(78´,84´,86´)と;そして
回転組立体(78´,84´,86´)から排出された流体を受け入れるとともに前記流体をハウジング(4´,70´)の第1出口穴(10´)に向かわせる領域(606)を規定しているハウジング部材(72´)と;
を備えていて、
前記領域(606)に対する入口(610)が、前記入口(610)の他の長手方向部分よりもより大きな深さ(613)の少なくとも1つの1つの長手方向部分(612)を備えている、ことを特徴としている。

0022

この発明のさらなる特徴は、以下に引用されている如き分離機において提供されている。

0023

この発明の第2概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、前記ハウジング部材(72´)が回転組立体(78´,84´,86´)の端部材(86´)に隣接して配置されていて、前記領域(606)は端部材(86´)とハウジング部材(72´)との間に規定されている。

0024

この発明の第2概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、前記領域(606)に対する前記入口(610)が、端部材(86´)及びハウジング部材(72´)の周縁(274)により規定されている。

0025

この発明の第2概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、前記周縁(274)が円形状であり、前記領域入口(610)の長手方向部分が前記縁(274)に沿い周方向に延出する。

0026

この発明の第2概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、より大きな深さ(613)の長手方向部分(612)が、前記縁(274)と前記他の長手方向部分に沿った端部分(86´)との間よりも大きな前記縁(274)と前記長手方向部分(612)に沿った端部分(86´)との間の距離を提供する、前記周縁(274)中の凹所により提供されている。

0027

この発明の第2概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、ハウジング部材(72´)の円形状周縁(274)が前記中心線(64´)と同心的である。

0028

この発明の第2概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、より大きな深さ(613)の長手方向部分(612)が、45°と110°との間、好ましくは80°、の円弧(280)を介して延びている部分的な円形状を有している。

0029

この発明の第2概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、前記他の長手方向部分が前記少なくとも1つの長手方向部分(612)の深さの1/10と1/2との間の深さを有しており、そして好ましくは前記少なくとも1つの長手方向部分(612)の深さの1/3の深さを有している。

0030

この発明の第2概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、前記少なくとも1つの長手方向部分(612)が、ハウジング(4´,70´)の前記第1出口穴(10´)に対するハウジング部材(72´)の反対側に配置されている。

0031

この発明の第2概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、前記少なくとも1つの長手方向部分(612)が、ハウジング(4´,70´)の前記第1出口穴(10´)へと流体を向かわせる為にハウジング部材(72´)により規定された経路(272)中に開口している。

0032

この発明の第2概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、前記少なくとも1つの長手方向部分(612)が前記経路(272)に対する入口(282)であり、前記経路(272)は前記経路入口(282)に、使用時において、前記経路入口(282)中へと流れている流体の方向と直線状にされる要素(276,278)を備えている。

0033

この発明の第2概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、前記要素(276,278)が前記経路入口(282)で湾曲されており、そしてハウジング(4´,70´)の前記第1出口穴(10´)へと向かう下流方向において徐々に真っ直ぐにされている。

0034

この発明の第2概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、前記要素(276,278)が、前記経路(272)を規定している正反対の側の壁を備えている。

0035

この発明の第2概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、ハウジング部材(72´)が回転組立体(78´,84´,86´)の端部材(86´)に隣接して配置されていて、前記領域(606)及び経路(272)が端部材(86´)とハウジング部材(72´)との間に規定されている。

0036

この発明の第2概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、ハウジング部材(72´)と回転組立体(78´,84´,86´)の前記端部材(86´)との間の距離が前記領域(606)の1部分においてその他の部分におけるよりも大きく、それによって前記1部分はハウジング部材(72´)中に前記経路(272)を規定している。

0037

この発明の第2概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、前記経路(272)が管状部分(270)を備えている。

0038

この発明の第3概念は、ガス及び液体の如き異なった密度の物質の流動可能な混合物を分離する為のガス清浄分離機(2´)を提供し、分離機(2´)は:
内部空間を規定しているハウジング(4´)と;
物質の前記混合物上に回転運動を付与する為に前記内部空間中に配置されハウジング(4´)に対し中心線(64´)の周りに回転可能であり、物質の前記混合物を受け入れる為の入口(600),使用中にそこから前記物質が排出される出口(604),そして入口(600)と出口(604)との間の流体連通を提供する為の流路(602)を備えていて、出口(604)が入口(600)よりも前記中心線(64´)からより半径方向の外方に位置されている、回転組立体(78´,84´)と;そして
回転組立体(78´,84´)から排出された流体を受け入れるとともに前記流体をハウジング(4´,70´)の第1出口穴(10´)に向かい向かわせる領域(606)を規定しているハウジング部材(72´)と;
を備えていて、
前記領域(606)が、ハウジング部材(72´)の周縁(274)の一部分から延出している径路(272)を備えており、前記部分が前記経路(272)に対する入口(282)を規定している、ことを特徴としている。

0039

この発明のさらなる特徴は、以下に引用された如き分離機において提供されている。

0040

この発明の第3概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、前記径路(272)が、前記経路入口(282)に、使用時において、前記経路入口(282)中へと流れている流体の方向と直線状にされる要素(276,278)を備えている。

0041

この発明の第3概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、前記要素(276,278)が前記経路入口(282)で湾曲されており、そしてハウジング(4´,70´)の前記第1出口穴(10´)へと向かう下流方向において徐々に真っ直ぐにされている。

0042

この発明の第3概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、前記要素(276,278)が前記経路(272)を規定している正反対の側の壁を備えている。

0043

この発明の第3概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、前記経路入口(282)がハウジング(4´,70´)の前記第1出口穴(10´)に対するハウジング部材(72´)の反対側に配置されている。

0044

この発明の第3概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、経路入口(282)を規定している前記周部分が45°と110°との間、好ましくは80°、の円弧(280)を介して延びている部分的な円形状を有している。

0045

この発明の第3概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、ハウジング部材(72´)が回転組立体(78´,84´,86´)の端部材(86´)に隣接して配置されていて、前記領域(606)及び経路(272)は端部材(86´)とハウジング部材(72´)との間に規定されている。

0046

この発明の第3概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、ハウジング部材(72´)と回転組立体(78´,84´,86´)の前記端部材(86´)との間の距離が前記領域(606)の1部分においてその他の部分におけるよりも大きく、それによって前記1部分はハウジング部材(72´)中に前記経路(272)を規定している。

0047

この発明の第3概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、前記経路(272)が管状部分(270)を備えている。

0048

この発明の第4概念は、ガス及び液体の如き異なった密度の物質の流動可能な混合物を分離する為のガス清浄分離機(2´)を提供し、分離機(2´)は:
内部空間を規定しているハウジング(4´)と;
物質の前記混合物上に回転運動を付与する為に前記内部空間中に配置されハウジング(4´)に対し中心線(64´)の周りに回転可能であり、物質の前記混合物を受け入れる為の入口(600),使用中にそこから前記物質が排出される出口(604),そして入口(600)と出口(604)との間の流体連通を提供する為の流路(602)を備えていて、出口(604)が入口(600)よりも前記中心線(64´)からより半径方向の外方に位置されている、回転組立体(78´,84´)と;そして
回転組立体(78´,84´)から排出された流体を受け入れるとともに前記流体をハウジング(4´,70´)の第1出口穴(10´)に向かい向かわせる領域(606)を規定しているハウジング部材(72´)と;
を備えていて、
前記領域(606)が経路(272)を備えていて、前記経路(272)は前記経路(272)に対する入口(282)に、使用時において、前記経路入口(282)中へと流れている流体の方向と直線状にされる要素(276,278)を有している、ことを特徴としている。

0049

この発明のさらなる特徴は、以下に引用された如き分離機において提供されている。

0050

この発明の第4概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、前記経路(272)がハウジング部材(72´)の周縁(274)の一部分から延出していて、前記部分が前記経路(272)に対する入口(282)を規定している。

0051

この発明の第4概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、前記要素(276,278)が前記経路入口(282)で湾曲されており、そしてハウジング(4´,70´)の前記第1出口穴(10´)へと向かう下流方向において徐々に真っ直ぐにされている。

0052

この発明の第4概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、前記要素(276,278)が、前記経路(272)を規定している正反対の側の壁を備えている。

0053

この発明の第4概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、前記経路入口(282)がハウジング(4´,70´)の前記第1出口穴(10´)に対するハウジング部材(72´)の反対側に配置されている。

0054

この発明の第4概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、経路入口(282)を規定している前記周部分が45°と110°との間、好ましくは80°、の円弧(280)を介して延びている部分的な円形状を有している。

0055

この発明の第4概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、ハウジング部材(72´)が回転組立体(78´,84´,86´)の端部材(86´)に隣接して配置されていて、前記領域(606)及び経路(272)は端部材(86´)とハウジング部材(72´)との間に規定されている。

0056

この発明の第4概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、ハウジング部材(72´)と回転組立体(78´,84´,86´)の前記端部材(86´)との間の距離が前記領域(606)の1部分においてその他の部分におけるよりも大きく、それによって前記1部分はハウジング部材(72´)中に前記経路(272)を規定している。

0057

この発明の第4概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、前記経路(272)が管状部分(270)を備えている。

0058

この発明の第5概念は、ガス及び液体の如き異なった密度の物質の流動可能な混合物を分離する為のガス清浄分離機(2´)を提供し、分離機(2´)は:
内部空間を規定しているハウジング(4´,70´)と;
物質の前記混合物上に回転運動を付与する為に前記内部空間中に配置されハウジング(4´,70´)に対し中心線(64´)の周りに回転可能であり、物質の前記混合物を受け入れる為の入口(600),使用中にそこから前記物質が排出される出口(604),そして入口(600)と出口(604)との間の流体連通を提供する為の流路(602)を備えていて、出口(604)が入口(600)よりも前記中心線(64´)からより半径方向の外方に位置されている、回転組立体(78´,84´)と;そして
回転組立体(78´,84´)から排出された流体を受け入れるとともに前記流体をハウジング(4´,70´)の第1出口穴(10´)に対し向かわせる領域(606)を規定しているハウジング部材(72´)と;
を備えていて、
ハウジング部材(72´)には、使用時において、前記領域(606)に対する入口を通過して流れた後に前記入口に向かい再循環して戻る流体から前記領域(606)に対する入口を隔離する為の手段(264)が設けられている、ことを特徴としている。

0059

この発明のさらなる特徴は、以下に引用されている如き分離機において提供されている。

0060

この発明の第5概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、前記隔離手段(264)が壁を備えている。

0061

この発明の第5概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、前記壁が、使用時において、前記領域(606)入口を通過した流体の前記流れに関する下流方向に、前記領域(606)入口の下流側から延出している。

0062

この発明の第5概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、前記壁が前記ハウジング(4´)から離れている。

0063

この発明の第5概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、前記壁が自由端(608)を備えている。

0064

この発明の第5概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、前記自由端(608)が、中心線方向において2mmと200mmとの間の中心線距離だけ、そして好ましくは14mmの距離だけ、前記ハウジング(4´,70´)から離れている(456)。

0065

この発明の第5概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、前記自由端(608)が、前記中心線方向に対し直交する方向において前記中心線距離よりも小さな距離だけ前記ハウジング(4´,70´)から離れている。

0066

この発明の第5概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、前記壁が閉じられている輪を規定する。

0067

この発明の第5概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、前記壁が裁頭円錐台形状を規定している。

0068

この発明の第5概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、前記裁頭円錐台形状が回転の前記中心線(64´)と一致している長手方向中心線を有している。

0069

この発明の第5概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、前記裁頭円錐台形状が、使用時において、前記領域(606)入口を通過した流体の前記流れに関する下流方向に、発散している。

0070

この発明の第5概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、ハウジング部材(72´)がハウジング(4´,70´)に対してハウジング部材(72´)を支持する為の手段(266)を備えていて、支持手段(266)は、使用時において、前記領域(606)入口を通過した流体の前記流れに関する前記隔離手段(264)の下流に配置されている。

0071

この発明の第5概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、前記支持手段(266)が閉じられた輪を規定している壁である。

0072

この発明の第5概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、前記壁が円筒形状を有している。

0073

この発明の第5概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、前記壁が回転の前記中心線(64´)と一致している長手方向中心線を有している。

0074

この発明の第5概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、少なくとも1つの穴(454)が、前記壁とハウジング(4´,70´)との間の交差部位において前記壁中に設けられている。

0075

この発明の第5概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、ハウジング(4´,70´)の第2出口穴をさらに備えていて、ここにおいては前記支持手段(266)が第2出口穴と前記隔離手段(264)との間の流体流路中に配置されている。

0076

この発明の第5概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、第2出口穴が回転の前記中心線(64´)と同心的に配置されている。

0077

この発明の第5概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、前記隔離手段(264)が、使用時において、前記領域(606)入口を通過して流れている流体が前記隔離手段(264)の一方の側を流れ、そして再循環する前記流体が前記隔離手段(264)のもう一方の側を流れるよう、ハウジング(4´,70´)中に配置されている。

0078

この発明の第5概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、前記領域(606)からハウジング(4´,70´)の外部へと前記出口穴(10´)を介し流体を運ぶ為にハウジング部材(72´)とハウジング(4´,70´)との間を出口導管(211)が延出していて、流体が前記出口導管(211)の全外周について流れることが自由であるよう、前記出口導管(211)の外部がハウジング(4´,70´)から離れている。

0079

この発明の第5概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、前記出口導管(211)がハウジング部材(72´)及びハウジング(4´,70´)とは別である。

0080

この発明の第6概念は、ガス及び液体の如き異なった密度の物質の流動可能な混合物を分離する為のガス清浄分離機(2´)を提供し、分離機(2´)は:
内部空間を規定しているハウジング(4´)と;
前記ハウジング(4´)の外部と前記内部空間との間の流路に沿う流体の流れを許容する為の穴と;そして
ハウジング(4´)から立ち上がっていて前記穴を取り囲んでいる肩(6´)と;
を備えていて、
肩(6´)が穴中に内方に延出している湾曲した表面(221)を備えている、ことを特徴としている。

0081

この発明のさらなる特徴は、以下に引用されている如き分離機において提供されている。

0082

この発明の第6概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、前記湾曲した表面(221)が穴の周りに閉じられている輪を形成しているとともに、前記ハウジング(4´)の外部から前記内部空間へと前記穴を介し移動した時に穴の面積が減少するよう穴の中に内方に延出している。

0083

この発明の第6概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、前記湾曲した表面(221)が、前記穴を通る長手方向中心線(64´)と一致した平面を通って得られた断面において見た時に部分的な円形状の線を描く。

0084

この発明の第6概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、肩(6´)が略円筒形状の壁(217)を備えていて、その自由端には湾曲した表面(221)を形成する円周リップ(219)が設けられている。

0085

この発明の第6概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、肩(6´)に連結可能なニップル(22´)をさらに備えていて、ニップル(22´)の内表面(216)は肩(6´)の湾曲した表面(221)と組み合って流路に湾曲した表面を提供する。

0086

この発明の第6概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、内部ニップル表面(216)が肩(6´)の縁(229)で湾曲した表面(221)と出会い、そして、この出会い点で、湾曲した表面(221)に対し接線として向けられている。

0087

この発明の第6概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、ニップル(22´)が、肩(6´)の湾曲した表面(221)と当接するよう構成されている湾曲した壁(235)をさらに備えている。

0088

この発明の第6概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、ニップル(22´)が如何なる回転向きにおいても肩(6´)に連結可能である。

0089

この発明の第6概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、ニップル(22´)が回転溶接により肩(6´)に対し連結可能である。

0090

この発明の第7概念はガス清浄分離器(2´)を組み立てる方法を提供し、この方法はニップル(22´)を肩(6´)に対し回転溶接により連結する工程を備えていて、分離機はこの発明の第6概念に関する限りで上述されている如きものである。

0091

この発明の第8概念は、ガス及び液体の如き異なった密度の物質の流動可能な混合物を分離する為のガス清浄分離機(2´)を提供し、分離機(2´)は:
内部空間を規定しているハウジング(4´)と;
物質の前記混合物上に回転運動を付与する為に前記内部空間中に配置されハウジング(4´)に対し中心線(64´)の周りに回転可能であり、物質の前記混合物を受け入れる為の入口(600),使用中にそこから前記物質が排出される出口(604),そして入口(600)と出口(604)との間の流体連通を提供する為の流路(602)を備えていて、出口(604)が入口(600)よりも前記中心線(64´)からより半径方向の外方に位置されている、回転組立体(78´,84´)と;
回転組立体(78´,84´)から排出された流体を受け入れるとともに前記流体をハウジング(4´,70´)の第1出口穴(10´)に対し向かわせる領域(606)を規定しているハウジング部材(72´)と;
を備えていて、
前記領域(606)からハウジング(4´,70´)の外部へと前記出口穴(10´)を介し流体を運ぶ為にハウジング部材(72´)とハウジング(4´,70´)との間を出口導管(211)が延出していて、ここにおいては流体が前記出口導管(211)の全外周について流れることが自由であるよう、前記出口導管(211)の外部がハウジング(4´,70´)から離れている、ことを特徴としている。

0092

この発明のさらなる特徴は、以下に引用されている如き分離機において提供されている。

0093

この発明の第8概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、ハウジング部材(72´)に、使用時において、前記領域(606)に対する入口を通過して流れた後に前記入口に向かい再循環して戻る流体から前記領域(606)に対する入口を隔離する為の手段(264)が設けられているとともに、前記出口導管(211)が前記隔離手段(264)から延出している。

0094

この発明の第8概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、前記隔離手段(264)が壁を備えていて、前記壁は好ましくは自由端(608)を備えているとともに前記ハウジング(4´,70´)から離れている。

0095

この発明の第8概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、前記出口導管(211)がハウジング部材(72´)及びハウジング(4´,70´)とは別である。

0096

この発明の第9概念は、ガス及び液体の如き異なった密度の物質の流動可能な混合物を分離する為のガス清浄分離機(2´)を提供し、分離機(2´)は:
内部空間を規定しているハウジング(4´)と;
物質の前記混合物上に回転運動を付与する為に前記内部空間中に配置されハウジング(4´)に対し中心線(64´)の周りに回転可能であり、物質の前記混合物を受け入れる為の第1入口(600),使用中にそこから前記物質が排出される第1出口(604),そして第1入口(600)と第1出口(604)との間の流体連通を提供する為の第1流路(602)を備えていて、第1出口(604)が第1入口(600)よりも前記中心線(64´)からより半径方向の外方に位置されている、回転組立体(78´,84´)と;そして
回転組立体(78´,84´)に隣接して配置されているハウジング部材(72´)と;
を備えており、
ハウジング部材及び回転組立体はハウジング部材(72´)の第1側上でそれらの間に回転組立体(78´,84´)から排出された流体の為の第1の流体流れルートを規定している第1領域(606)を提供しており、ハウジング部材(72´)はまたハウジング(4´)から離れてハウジング部材(72´)の第2側上でそれらの間に回転組立体(78´,84´)から排出された流体の為の第2の流体流れルートを規定している第2領域(614)を提供しており、
回転組立体(78´,84´)は、ハウジング部材(72´)の前記第2側上の前記第2領域(614)中に開口した第2入口(618),第2入口(618)よりも前記中心線(64´)からより半径方向の外方に位置している第2出口(620),そして第2入口(618)と第2出口(620)との間の流体連通を提供する為の第2流路(616)を備えている、ことを特徴としている。

0097

この発明のさらなる特徴は、以下に引用されている如き分離機において提供されている。

0098

この発明の第9概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、前記第2出口(620)が、前記第1出口(604)と前記第1及び第2領域(606,614)との間の流体連通を提供している流体導管中に開口している。

0099

この発明の第9概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、前記第2出口(620)が、使用中に前記第1出口(604)から排出された前記物質の流れに関して、前記第1出口(604)の下流であるとともに前記第1及び第2領域(606,614)の上流である位置に開いている。

0100

この発明の第9概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、第2流路(616)が、それぞれが円板形状部分を備えていて前記中心線(64´)上に中心を置かれている回転組立体の第1及び第2部材(86´,240)間の空間を備えている。

0101

この発明の第9概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、前記部材(86´,240)の円板形状部分の夫々が実質的に円形状の半径方向外方縁を有していて、2つの部材(86´,240)は互いに同心的に位置されている。

0102

この発明の第9概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、使用時において、回転組立体が前記中心線(64´)の周りに回転された時、前記空間中に位置している流体を前記中心線(64´)に関する外方に移動させるよう、前記第1及び第2部材(86´,240)間で前記空間中に少なくとも1つの細長い要素(298)が配置されている。

0103

この発明の第9概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、細長い要素(298)が第2流路(616)に沿い半径方向に延出している。

0104

この発明の第9概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、細長い要素(298)が第1及び第2部材(86´,240)の一方で設けられており、そして第1及び第2部材(86´,240)の他方に当接している。

0105

この発明の第9概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、個々の部材(86´,240)の前記円板形状部分が裁頭円錐台形状である。

0106

この発明の第9概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、前記第2流路(616)が裁頭円錐台形状を備えている。

0107

この発明の第9概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、前記第1流路(602)が裁頭円錐台形状を備えている。

0108

この発明の第9概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、前記第2流路(616)の第2入口(618)が前記中心線(64´)上に中心が置かれている環形状を備えている。

0109

この発明の第9概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、第2流路(616)がハウジング部材(72´)の前記第1及び第2側の間でハウジング部材(72´)中の穴を介し延出している。

0110

この発明の第9概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、前記第2流路(616)の第2入口(618)は略円筒形状の壁(300)により規定されている。

0111

この発明の第9概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、その中に前記穴を規定しているハウジング部材(72´)の部位と前記第2流路(616)の少なくとも一部位を規定している回転組立体の第1部分(300)との間に空間が設けられていて、そして、回転組立体のさらなる部分(304)が前記空間を覆うよう前記第1部分(300)から延出している。

0112

この発明の第9概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、前記さらなる部分(304)がハウジング部材(72´)の前記第2側上に配置されている。

0113

この発明の第9概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、前記さらなる部分(304)が第2入口(618)から延出している。

0114

この発明の第9概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、前記さらなる部分(304)が環形状を有している。

0115

この発明の第9概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、前記さらなる部分(304)が、ハウジング部材(72´)中の前記穴の直径よりも大きな直径の外方円形状周縁を有している。

0116

この発明の第9概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、前記さらなる部分(304)が平坦であって、それに対し前記中心線(74´)が直交している平面内に向けられている。

0117

この発明の第9概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、第2流路(616)を規定しているとともに第2入口(618)から延出している表面が、前記2流路(616)に沿い前記第2入口(618)から前記第2出口(620)に向かい動いている時に前記中心線(64´)に集中する、前記中心線(64´)に対し半径方向で最も外側の部位(302)を有している。

0118

この発明の第9概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、前記第2流路表面の前記半径方向で最も外側の部位(302)が裁頭円錐台形状を有している。

0119

この発明の第9概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、前記半径方向で最も外側の部位(302)の前記裁頭円錐台形状が、回転の前記中心線(64´)と一致している中央長手方向中心線を有している。

0120

この発明の第10概念は、ガス及び液体の如き異なった密度の物質の流動可能な混合物を分離する為のガス清浄分離機(2´)を提供し、分離機(2´)は:
内部空間を規定しているハウジング(4´,70´)と;
物質の前記混合物上に回転運動を付与する為に前記内部空間中に配置されハウジング(4´,70´)に対し中心線(64´)の周りに回転可能であり、物質の前記混合物を受け入れる為の入口(600),使用中にそこから前記物質が排出される出口(604),そして入口(600)と出口(604)との間の流体連通を提供する為の流路(602)を備えていて、出口(604)が入口(600)よりも前記中心線(64´)からより半径方向の外方に位置されている、回転組立体(78´,84´)と;
を備えており、
回転組立体(78´,84´)は前記中心線(64´)と一致しているとともに前記ハウジング(4´,70´)に設けられている回転軸(78´)をさらに備えていて、ここにおいては回転軸(78´)の第1端部分が前記ハウジング(4´,70´)を通過して前記ハウジング(4´,70´)の外の位置へと延出していて、そして、流体通路(92´)が回転軸(78´)を軸方向に通過して延出していて前記ハウジング(4´,70´)の外部に位置している開口を有しており、
回転組立体(78´,84´)が前記ハウジング(4´,70´)の外部から前記軸流体通路(92´)に対し入る流体を制御する為の流れ制御手段(364,366)をさらに備えていて、ここにおいては流れ制御手段(364,366)が、前記通路(92´)に入る流体上に、軸流体通路(92´)から半径方向の外方へと通路に沿う回転運動を付与する為の手段を備えている、ことを特徴としている。

0121

この発明のさらなる特徴は、以下に引用されている如き分離機において提供されている。

0122

この発明の第10概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、前記回転運動が回転組立体(78´,84´)の回転の前記中心線(64´)上に中心が置かれている。

0123

この発明の第10概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、前記通路(92´)が回転組立体(78´,84´)の回転の前記中心線(64´)と一致している。

0124

この発明の第10概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、流体上に回転運動を付与する為の前記手段が、回転組立体(78´,84´)の回転の前記中心線(64´)から半径方向の外方に位置されている少なくとも1つの流体通路(366)を備えている。

0125

この発明の第10概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、流体上に回転運動を付与する為の前記手段が軸流体通路(92´)の前記開口から離れた部材(364)を備えていて、ここにおいては少なくとも1つの流体通路(366)が前記部材(364)を通って延出している穴である。

0126

この発明の第10概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、4つの前記流体通路(366)が前記中心線(64´)上に中心が置かれている円の周辺に沿い等間隔で位置されている。

0127

この発明の第10概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、前記部材(364)が平坦であるとともに前記中心線(64´)がそれに対し直交しているよう向けられている。

0128

この発明の第10概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、流れ制御手段が、流体通路(366)よりも前記中心線(64´)からより半径方向の外方に位置されている少なくとも1つの排出穴(368)をさらに備えている。

0129

この発明の第10概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、流れ制御手段(364,366)及び回転組立体(78´,84´)の回転を駆動する為のタービン(88´)の少なくとも一部位が単一な構成要素である。

0130

この発明の第10概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、第1端部分に対し遠い回転軸(78´)の第2端部分がハウジング(4´,70´)に対し設けられている。

0131

この発明の第10概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、流体通路(92´)が回転軸(78´)の第1及び第2端部分間を延出しハウジング(4´,70´)の外部及び内部間にそこを通る流体連通を提供する。

0132

この発明の第10概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、流体通路(92´)が、それによって回転軸(78´)の前記第2端部分がハウジング(4´,70´)に対し設けられている軸受(50´)と流体連通している。

0133

この発明の第10概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、流体通路(92´)が回転組立体の前記入口(600)と流体連通している。

0134

この発明の第11概念は、ガス及び液体の如き異なった密度の物質の流動可能な混合物を分離する為のガス清浄分離機(2´)を組み立てる方法を提供し、分離機(2´)は、
内部空間を規定しているハウジング(4´,12´)と、
前記内部空間と前記ハウジング(4´,12´)の外部との間の流体連通を提供する為にハウジング(4´,70´)がその中に有している穴(8´)と、
前記穴(8´)に関し密封されている流体流れ導管(22´)と、
を備えていて、
流体流れ導管(22´)は、前記内部空間と前記ハウジング(4´,12´)の外部との間で前記導管(22´)及び穴(8´)を介して流体を運搬する為に前記穴(8´)と流体連結を行い、
前記分離機(2´)を組み立てる方法が、
ハウジング(4´,12´)及び流体流れ導管(22´)の当接表面交点により形成され閉じられている輪に沿いハウジング(4´,12´)と流体流れ導管(22´)の材料をともに接合する工程を備えている、ことを特徴としている。

0135

この発明のさらなる特徴は、以下に引用されている如き方法において提供されている。

0136

この発明の第11概念に関する限りでは上述した如き方法は、前記閉じられている輪が円形状である。

0137

この発明の第11概念に関する限りでは上述した如き方法は、前記接合工程が、それらの前記表面が互いに当接している間にハウジング(4´,12´)及び流体流れ導管(22´)を相対的に回転させることを備えている。

0138

この発明の第11概念に関する限りでは上述した如き方法は、ハウジング(4´,12´)及び流体流れ導管(22´)の前記相対的な回転が、ハウジング(4´,12´)及び流れ導管(22´)が、前記当接表面が互いに接合することを許容する互いに相対的な所望の位置に配置されることで停止される。

0139

この発明の第11概念に関する限りでは上述した如き方法は、前記接合工程が前記当接表面を互いに回転溶接することを備えている。

0140

この発明の第11概念に関する限りでは上述した如き方法は、前記接合工程が前記当接表面の少なくとも1つに対し接着剤を適用することを備えている。

0141

この発明の第11概念に関する限りでは上述した如き方法は、前記接合工程が前記当接表面を互いに超音波溶接又は振動溶接することを備えている。

0142

この発明の第11概念に関する限りでは上述した如き方法は、流体流れ導管(22´)が、ホースの如き更なる流体流れ導管との更なる連結の為の開口端を前記当接表面から遠くに備えているニップルである。

0143

この発明の第12概念は、ガス及び液体の如き異なった密度の物質の流動可能な混合物を分離する為のガス清浄分離機(2´)を提供し、分離機(2´)は:
内部空間を規定しているハウジング(4´,12´)と、
前記内部空間と前記ハウジング(4´,12´)の外部との間の流体連通を提供する為にハウジング(4´,70´)がその中に有している穴(8´)と、
前記穴(8´)に関し密封されている流体流れ導管(22´)と、
を備えていて、
流体流れ導管(22´)は、前記内部空間と前記ハウジング(4´,12´)の外部との間で前記導管(22´)及び穴(8´)を介して流体を運搬する為に前記穴(8´)と流体連結を行い、
ハウジング(4´,12´)及び流体流れ導管(22´)の材料が、ハウジング(4´,12´)及び流体流れ導管(22´)の当接表面の交点により形成され閉じられている輪に沿いともに接合されている、ことを特徴としている。

0144

この発明のさらなる特徴は、以下に引用されている如き分離機において提供されている。

0145

この発明の第12概念に関する限りでは上述した如き分離機は、前記閉じられている輪が円形状である。

0146

この発明の第12概念に関する限りでは上述した如き分離機は、前記接合が、それらの前記表面が互いに当接している間にハウジング(4´,12´)及び流体流れ導管(22´)を相対的に回転させることにより行われている。

0147

この発明の第12概念に関する限りでは上述した如き分離機は、ハウジング(4´,12´)及び流体流れ導管(22´)の前記相対的な回転が、ハウジング(4´,12´)及び流れ導管(22´)が、前記当接表面が互いに接合することを許容する互いに相対的な所望の位置に配置されることで停止される。

0148

この発明の第12概念に関する限りでは上述した如き分離機は、前記接合が前記当接表面を互いに回転溶接することにより行われている。

0149

この発明の第12概念に関する限りでは上述した如き分離機は、前記接合が前記当接表面の少なくとも1つに対し接着剤を適用することにより行われている。

0150

この発明の第12概念に関する限りでは上述した如き分離機は、前記接合が前記当接表面を互いに超音波溶接又は振動溶接することにより行われている。

0151

この発明の第12概念に関する限りでは上述した如き分離機は、流体流れ導管(22´)が、ホースの如き更なる流体流れ導管との更なる連結の為の開口端を前記当接表面から遠くに備えているニップルである。

0152

この発明の第13概念は、ガス及び液体の如き異なった密度の物質の流動可能な混合物を分離する為のガス清浄分離機(2´)を組み立てる方法を提供し、分離機(2´)は、
第1及び第2個別部位(4´,70´)を備えているハウジング(4´,70´)と、
第1ハウジング部位(4´)が有している位置合わせ表面(632)と、
第2ハウジング部位(70´)が有しており、位置合わせ表面(632)に対し位置合わせしてハウジング(4´,12´)の内部空間を規定する基準表面(630)と、
前記内部空間中に配置されていて、前記ハウジング(4´,70´)に対し第1ハウジング部位(4´)の中心線(64´)の周りに回転可能な回転組立体(78´,84´)と、
回転組立体(78´,84´)が備えていて、軸受ユニット(50´)により第1ハウジング部位(4´)対し回転可能に設けられていると共に第2ハウジング部位(70´)に対し回転可能に設けられている回転軸(78’)と、
を備えており、
前記分離機(2´)を組み立てる方法が、
第2ハウジング部位(70´)の基準表面(630)が第1ハウジング部位(4´)の前記位置合わせ表面(632)に位置合わせされた時に前記中心線(64´)と一致する前記基準表面(630)に対する所定の位置において第2ハウジング部位(70´)に対し回転軸(78´)を回転可能に設ける工程と、
第1ハウジング部位(4´)の位置合わせ表面(632)に位置合わせする為の基準表面(634)と、そして、基準表面(634)に対する或る位置に前記軸受ユニット(50´)を受け入れる為の手段(512)と、を備える治具(500)上に軸受ユニット(50´)を配置し、治具(500)の基準表面(634)が第1ハウジング部位(4´)の前記位置合わせ表面(632)に位置合わせされた時に前記中心線(64´)と一致する治具(500)の基準表面(634)に対する或る位置に軸受ユニット(50´)が治具(500)により受け入れられるようにする工程と、
治具(500)の基準表面(634)を第1ハウジング部位(4´)の前記位置合わせ表面(632)に位置合わせさせるよう配置する工程と、そして、
軸受ユニット(50´)を第1ハウジング部位(4´)に固定する工程と、
を備えていることを特徴としている。

0153

この発明のさらなる特徴は、以下に引用されている如き方法において提供されている。

0154

この発明の第13概念に関する限りでは上述した如き方法は、軸受ユニット(50´)を固定する工程が、治具(500)の基準表面(634)が第1ハウジング部位(4´)の前記位置合わせ表面(632)に位置合わせされている間に、治具(500)の受け入れ手段(512)を第1ハウジング部位(4´)に関し前記中心線(64´)に沿い中心線方向に移動させることを備えていて、軸受ユニット(50´)がこれにより第1ハウジング部位(4´)と当接するようになる。

0155

この発明の第13概念に関する限りでは上述した如き方法は、受け入れ手段(512)が治具(500)の基準表面(634)に関し前記中心線方向に移動されて軸受ユニット(50´)を第1ハウジング部位(4´)に対し押圧する。

0156

この発明の第13概念に関する限りでは上述した如き方法は、治具(500)が、治具(500)の基準表面(634)に関する、前記中心線(64´)に沿った中心方向における受け入れ手段(512)の移動を許容する為の手段を備えている。

0157

この発明の第13概念に関する限りでは上述した如き方法は、軸受ユニット(50´)を固定する工程が、治具(500)の基準表面(634)が第1ハウジング部位(4´)の前記位置合わせ表面(632)に位置合わせされている間に、治具(500)の受け入れ手段(512)を第1ハウジング部位(4´)に関し前記中心線(64´)の周りに回転させることを備えている。

0158

この発明の第13概念に関する限りでは上述した如き方法は、軸受ユニット(50´)を固定する工程が、第1ハウジング部位(4´)に対し軸受ユニット(50´)を回転溶接することを備えている。

0159

この発明の第13概念に関する限りでは上述した如き方法は、治具(500)が、治具(500)の基準表面(634)に対する受け入れ手段(512)の回転を許容する為の手段を備えている。

0160

この発明の第14概念は、ガス及び液体の如き異なった密度の物質の流動可能な混合物を分離する為のガス清浄分離機(2´)を提供し、ここにおいては分離機(2´)がこの発明の第13概念に関する限りで上述した如く組み立てられている。

0161

この発明の第15概念は、ガス及び液体の如き異なった密度の物質の流動可能な混合物を分離する為のガス清浄分離機(2´)を備えているシステムを組み立てる方法を提供し、ここにおいてこの方法は、第1種類の構成要素(4´)の複数の異なった型から第1種類の構成要素(4´)の特定の型を選択する工程と、前記第1種類の構成要素(4´)の前記特定の型を第2種類の構成要素(12´)と連結する工程と、を備えており、
前記第1種類の構成要素(4´)の前記複数の異なった型が、前記第2種類の構成要素(12´)と連結する為の共通の特徴(207,211)を備えている、ことを特徴としている。

0162

この発明のさらなる特徴は、以下に引用されている如き方法において提供されている。

0163

この発明の第15概念に関する限りでは上述した如き方法は、前記第2種類の構成要素(12´)の複数の異なった型から前記第2種類の構成要素(12´)の特定の型を選択する工程をさらに備えている。

0164

この発明の第15概念に関する限りでは上述した如き方法は、第1及び第2種類の構成要素(4´,12´)の間に第3種類の構成要素を配置させる工程をさらに備えている。

0165

この発明の第15概念に関する限りでは上述した如き方法は、前記第3種類の構成要素の複数の異なった型から前記第3種類の構成要素を選択する工程をさらに備えており、ここにおいては、前記第3種類の構成要素の前記複数の異なった型が前記第1及び第2種類の構成要素(4´,12´)と連結する為の共通の特徴を備えている。

0166

この発明の第15概念に関する限りでは上述した如き方法は、前記第1種類の構成要素が回転体ハウジング(4´)を備えていて、前記第2種類の構成要素が弁ユニットハウジング(12´)を備えていて、そして前記第3種類の構成要素が遮熱材を備えている。

0167

この発明の第15概念に関する限りでは上述した如き方法は、前記構成要素が前記分離機(2´)のものである。

0168

この発明の第15概念に関する限りでは上述した如き方法は、前記1種類の構成要素(4´)の前記複数の異なった型が、第4種類の構成要素(22´)と連結する為のさらなる共通の特徴(6´)を備えている。

0169

この発明の第15概念に関する限りでは上述した如き方法は、前記第4種類の構成要素(22´)がニップル(22´)である。

0170

この発明の第16概念は、ガス及び液体の如き異なった密度の物質の流動可能な混合物を分離する為のガス清浄分離機(2´)へと組み立てる為の部品キットを提供し、ここにおいて部品の前記キットは、前記分離機(2´)の第2種類の構成要素(12´)と連結する為の前記分離機(2´)の第1種類の構成要素(4´)の複数の異なった型と、前記第2種類の構成要素(12´)の少なくとも1つの型と、を備えていて、前記第1種類の構成要素(4´)の前記複数の異なった型が前記第2種類の構成要素(12´)と連結する為の共通の特徴(207,211)を備えている、ことを特徴としている。理想的には、前記第1種類の構成要素(4´)の前記複数の異なった型が第3種類の構成要素(22´)と連結する為のさらなる共通の特徴(6´)を備えている。

0171

この発明の第17概念は、ガス及び液体の如き異なった密度の物質の流動可能な混合物を分離する為のガス清浄分離機(2´)を提供し、ここにおいて分離機(2´)は:
内部空間を規定しているハウジング(4´)と;
物質の前記混合物上に回転運動を付与する為に前記内部空間中に配置されハウジング(4´)に対し中心線(64´)の周りに回転可能である回転組立体(78´,84´)と;そして
弁ユニットハウジング(12´)により規定された内部空間中に配置された弁構造を備えていて、前記ハウジング(4´)の出口(10´)からの、物質の前記混合物から分離された物質の流れを制御する為の弁ユニット(14´)と、
を備えていて、
弁ユニットハウジング(12´)が回転組立体ハウジング(4´)とは別である、ことを特徴としている。

0172

この発明の第18概念は、ガス及び液体の如き異なった密度の物質の流動可能な混合物を分離する為のガス清浄分離機(2´)を提供し、分離機(2´)が:
内部空間を規定しているハウジング(4´,70´)と、
前記内部空間中に配置されていてハウジングに対し中心線(64´)の回りを回転可能な回転組立体と、そして
ハウジング(4´,70´)に設けられているハウジング部材(72´)と、
を備えており、
ハウジング部材(72´)はハウジング部材(72´)の何れの側への流体の流れを許容し、前記部材(72´)の一方の側で流れている流体は前記部材により前記ハウジング(4´,70´)中の第1出口穴(10´)を介して前記ハウジング(4´,70´)の外部に向かい向けられていて、
前記流体が前記ハウジング部材(72´)に連結している出口導管(211)を介しハウジングの外部に向けられていて、出口導管(211)はハウジング部材(72´)及びハウジング(4´,70´)の少なくとも1つに対し出口導管(211)に関し設けられている密封要素により密封されている、ことを特徴としている。

0173

この発明のさらなる特徴は、以下に引用されている如き分離機において提供されている。

0174

この発明の第18概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、前記出口導管(211)が前記ハウジング(4´,70´)から離されている。

0175

この発明の第18概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、前記出口導管(211)がハウジング部材(72´)とは別であるとともに、それに対し密封要素(215)により密封されている。

0176

この発明の第18概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、前記出口導管(211)がハウジング(4´,70´)とは別であるとともに、それに対し密封要素(213)により密封されている。

0177

この発明の第18概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、前記出口導管(211)を密封する為の密封要素が、前記導管の外部表面上に前記表面により規定されている肩との当接により設けられている。

0178

この発明の第18概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、前記出口導管(211)が、ハウジング(4´,70´)からの流体の流れを制御する為にハウジング(4´,70´)の外部に配置されている弁ユニット(14´)と一体である。

0179

この発明の第18概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、密封要素がO−リング密封部材である。

0180

この発明の第18概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、前記出口導管(211)が前記ハウジング(4´,70´)から離されていて、ハウジング部材(72´)と前記ハウジング(4´,70´)との間に位置している流体がその全外周の回りを流れることを許容する。

0181

この発明の第19概念は、ガス及び液体の如き異なった密度の物質の流動可能な混合物を分離する為のガス清浄分離機(2´)を提供し、分離機(2´)は:
内部空間を規定しているハウジング(4´)と;
物質の前記混合物上に回転運動を付与する為に前記内部空間中に配置されハウジング(4´)に対し中心線(64´)の周りに回転可能であり、回転の前記中心線(64´)と一致している長手方向中心線を有している回転軸(78´),穴(252)が設けられていて穴(252)により回転軸(78´)に設けられている分離機円板(82´),物質の前記混合物を受け入れる為の入口(600),使用中にそこから前記物質が排出される出口(604),そして入口(600)と出口(604)との間の流体連通を提供する為の流路(602)を備えていて、出口(604)が入口(600)よりも前記中心線(64´)からより半径方向の外方に位置されている、回転組立体(78´,84´)と;
を備えており、
回転軸(78´)が少なくとも1つのスプライン(254)を備えているとともに、分離機円板(82´)における穴(252)が、回転軸(78´)及び少なくとも1つのスプライン(254)を貫通し中心線(64´)に対し直交して取られた断面に対応している形状を有している、ことを特徴としている。

0182

この発明のさらなる特徴は、以下に引用されている如き分離機において提供されている。

0183

この発明の第19概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、少なくとも1つのスプライン(254)が回転軸(78´)に結合されている中央ハブ(114´)上に設けられている。

0184

この発明の第19概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、3個のスプライン(254)が設けられている。

0185

この発明の第19概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、少なくとも1つのスプライン(254)が、スプライン(254)に対し自由端を提供している先端部分(352)及び半径方向で先端部分(352)の内方の根本部分(350)を備えていて、根本部分(350)が先端部分(352)よりも大きな周方向寸法を有している。

0186

この発明の第19概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、根本部分(350)と先端部分(352)の異なった周方向寸法が、根本部分(350)と先端部分(352)との間の交差点で少なくとも1つのスプライン(254)の何れかの側上に段差(354)を提供する。

0187

この発明の第19概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、根本部分(350)の周方向寸法が少なくとも1つのスプライン(254)の中心線長さに沿い変化する。

0188

この発明の第19概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、分離機円板(82´)が裁頭円錐台形状を有している。

0189

この発明の第19概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、スプラインが回転軸(78´)の長さに沿い中心線方向に延出している。

0190

この発明の第20概念は、ガス及び液体の如き異なった密度の物質の流動可能な混合物を分離する為のガス清浄分離機(2´)を提供し、分離機(2´)は:
内部空間を規定しているハウジング(4´)と;
物質の前記混合物上に回転運動を付与する為に前記内部空間中に配置されハウジング(4´)に対し中心線(64´)の周りに回転可能であり、物質の前記混合物を受け入れる為の入口(600),使用中にそこから前記物質が排出される出口(604),そして入口(600)と出口(604)との間の流体連通を提供する為の流路(602)を備えていて、回転軸(78´)をさらに備えている、回転組立体(78´,84´)と;
を備えており、
前記回転軸(78´)に、前記分離機(2´)の少なくとも1つの構成要素を摺動可能に受け入れている前記回転軸(78´)の長さに沿いプラスチック材料被覆が設けられている、ことを特徴としている。

0191

この発明の第20概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、前記構成要素の少なくとも1つが金属材料のものである。

0192

この発明の第20概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、前記構成要素の少なくとも1つが螺旋ばねである。

0193

この発明の第20概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、前記構成要素の少なくとも1つが軸受ユニット(50´)である。

0194

この発明の第20概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、前記回転軸(78´)が前記回転軸(78´)の正反対の端部分上に前記構成要素の2つを受け入れ、ここにおいて個々の構成要素は螺旋ばね(130´,96´)である。

0195

この発明の第20概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、個々の螺旋ばね(130´,96´)が、回転組立体(78´,84´)と回転軸(78´)をハウジング(4´)へと連結している2つの軸受ユニット(50´,90´)の異なった一方との間で圧縮されている。

0196

この発明の第20概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、個々の螺旋ばね(130´,96´)が金属材料のものである。

0197

この発明の第20概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、前記回転軸(78´)が硬化されていない材料のものである。

0198

この発明の第20概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、前記材料が硬化されていない金属、そして好ましくは硬化されていない鋼である。

0199

この発明の第20概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、回転組立体(78´,84´)が前記回転軸(78´)から延出している少なくとも1つの要素(114´,116´,254)を備えていて、ここにおいて前記要素(114´,116´,254)は前記被覆と同じ材料のものであるとともにそれと一体に形成されている。

0200

この発明の第20概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、前記被覆及び前記少なくとも1つの要素(114´,116´,254)が前記回転軸(78´)上に射出成型されていて、そしてそれによって互いに同時に形成されている。

0201

この発明の第21概念は、ガス及び液体の如き異なった密度の物質の流動可能な混合物を分離する為のガス清浄分離機(2´)を提供し、分離機(2´)は:
内部空間を規定しているハウジング(4´)と;
物質の前記混合物上に回転運動を付与する為に前記内部空間中に配置されハウジング(4´)に対し中心線(64´)の周りに回転可能であり、物質の前記混合物を受け入れる為の入口(600),使用中にそこから前記物質が排出される出口(604),そして入口(600)と出口(604)との間の流体連通を提供する為の流路(602)を備えている回転組立体(78´´,84´)と;
を備えており、
分離機(2´)が、前記回転組立体(78´´,84´)を回転させる為の電気モータ(380)、そして、使用中に、物質の前記混合物から分離された物質を受け取る為に電気モータ(380)を通過した流体通路、をさらに備えている、ことを特徴としている。

0202

この発明のさらなる特徴は、以下に引用されている如き分離機において提供されている。

0203

この発明の第21概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、電気モータ(380)を通過した前記流体通路が、少なくとも部分的に、電気モータ(380)の回転子(382)及び固定子(400)により規定されている。

0204

この発明の第21概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、前記流体通路が、電気モータ(380)の回転子(382)と固定子(400)との間の空間を備えている。

0205

この発明の第21概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、前記回転子(382)が回転組立体(78´´,84´)に連結されている。

0206

この発明の第21概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、前記流体通路中に配置されている電線絶縁材料で密封されている。

0207

この発明の第21概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、前記絶縁材料が前記固定子(400)の電線を覆っている層として設けられている。

0208

この発明の第21概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、前記絶縁材料がエポキシラッカーを備えている。

0209

この発明の第21概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、電気モータが電気モータ(380)を通過している前記流体通路から密封されている1つ又はそれ以上のエレクトロニクスの構成要素を備えている。

0210

この発明の第21概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、その中に電気モータ(380)が配置されているハウジング(384)を備えている。

0211

この発明の第21概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、前記電気モータハウジング(384)が、その中に回転組立体(78´´,84´)が配置されているハウジング(4´)に連結されているとともにハウジング(4´)から分離可能である。

0212

この発明の第21概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、電気モータハウジング(384)が、前記流体通路から密封されているとともにその中に電気モータ(380)のエレクトロニクスの構成要素(408)が配置されている仕切った部分を備えている。

0213

この発明の第21概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、前記仕切った部分が、組み立てられている分離機(2´)において、前記回転組立体(78´´,84´)と同心的である略環形状又は部分環形状を有している。

0214

この発明の第21概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、前記仕切った部分が、前記電気モータハウジング(384)により、そして前記ハウジング(384)とは別でありそれに対し密封されている部材(394)により、取り囲まれている。

0215

この発明の第21概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、前記部材(394)が略環形状又は裁頭円錐台形状である。

0216

この発明の第21概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、前記部材(394)が前記回転組立体(78´´,84´)と同心的に配置されている。

0217

この発明の第21概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、前記部材(394)の半径方向内方部分が閉じられている輪に沿い前記電気モータハウジング(384)に対し密封されていて、前記部材(394)の半径方向外方部分が更なる閉じられている輪に沿い前記電気モータハウジング(384)に対し密封されている。

0218

この発明の第21概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、前記部材(394)の前記半径方向内方部分が前記電気モータハウジング(384)の略円筒形状部分(392)に対し密封されていて、略円筒形状部分(392)中には、組み立てられている分離機において、前記回転組立体(78´´,84´)が延出している。

0219

この発明の第21概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、前記部材(394)の前記半径方向内方部分が、電気モータ(380)の固定子(400)の最も内方の直径よりも小さいか又は実質的に等しい直径を有している穴を規定している。

0220

この発明の第21概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、前記部材(394)に、それを通って電線が延出しているとともに、それに対し前記電線が密封されている、少なくとも1つの穴が設けられている。

0221

この発明の第21概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、前記1つ又はそれ以上のエレクトロニクスの構成要素が、電気モータ(380)の動作を制御する為の1つ又はそれ以上の構成要素を備えている。

0222

この発明の第21概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、前記流体通路が前記電気モータハウジング(384)中において出口孔(402)と流体連通している。

0223

この発明の第21概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、電力及び/又は制御信号を電気モータ(380)に対し提供する電線を受け入れる為の電気コネクタ(412)をさらに備えている。

0224

この発明の第21概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、電気コネクタ(412)が1つ又はそれ以上の電気構成要素(408)により電気モータ(380)に電気的に連結されている。

0225

この発明の第21概念に関する限りでは上述した如き分離機(2´)は、電気コネクタ(412)が、分離機(2´)のハウジング(384)の一部分を通過して延出している穴中に配置されている。

0226

従来のALFDEX(登録商標)遠心分離機が、この発明の実施形態とともに、添付の図面を参照しながらこれから記載される。

図面の簡単な説明

0227

図1は、従来のALFDEX(登録商標)遠心分離機の斜視断面図である。
図2は、タービン容器との組み合わせにおける図1中に示されている分離機の側方断面図である。
図3は、図1中に示されている分離機とともに使用する為の入口/出口ニップルの斜視断面図である。
図4は、図3中に示されている入口/出口ニップルの為の鋳型の側方断面図である。
図5は、図1中に示されている分離機の回転体の斜視図である。
図6は、図5中に示されている回転体の斜視断面図である。
図7は、図5中に示されている回転体の斜視端面図であって、ここにおいては、上方回転円板が前記回転体の回転軸から取り外されて示されていて回転軸が断面で示されている。
図8は、図1中に示されている分離機の側方断面図であり、ここにおいては分離されたガス及び油の流路が図示されている。
図9は、図1中に示されている分離機の側方断面図であり、ここにおいては、油の好ましい流路が図示されている。
図10は、図1中に示されている分離機の側方断面図であり、ここにおいては、油の好ましくない流路が図示されている。
図11は、図1中に示されている分離機のハウジング挿入体の斜視上面図である。
図12は、図11中に示されているハウジング挿入体の側方斜視図であり、ここにおいては、ハウジング挿入体の外方スカートの一部分が取り除かれていて分離された油滴の好ましくない流路をより明確に示している。
図13は、この発明に従っている第1分離機の側方斜視図であり、ここにおいては、分離機のハウジングが断面で示されていて前記ハウジング内に配置された回転組立体及びハウジング挿入体を図示している。
図14は、図13中に示されている線Aにより取り囲まれている領域の拡大図である。
図15は、図13中に示されている如きこの発明の第1実施形態の側方斜視断面図である。
図16は、第1実施形態中の入口に連結されている入口ニップルの側方断面図である。
図17は、互いに分離されている図16の入口ニップル及び入口の斜視図である。
図18は、図13の第1実施形態の上方斜視断面図であり、ここにおいて断面は第1実施形態の軸受板と平行であって図15中に示されている線18−18を通過している平面で取られている。
図19は、第2実施形態の側方斜視断面図であり、ここにおいて第2実施形態は、プラスチック材料の覆いが回転組立体の上端上に設けられていることが第1実施形態から異なっている。
図20は、図13中に示されている第1実施形態の側方斜視断面図である。
図21は、図13中に示されている第1実施形態の上方回転円板及び回転軸の上方斜視図である。
図22は、図21中に示されている上方回転円板上に設けられている案内表面に対する入口流体の速度を示している速度流れ図である。
図23は、図21中に示されている上方回転円板及び回転軸の下方斜視図である。
図24は、図21及び図23中に示されている回転軸上に摺動可能に配置される為の複数の分離機円板の1つの下方斜視図である。
図25は、図21及び図23中に示されている回転軸上に摺動可能に配置されている図24中に示されている分離機円板の下方斜視図である。
図26は、図13中に示されている第1実施形態の軸受板上に配置されているハウジング挿入体上に配置された送風円板及び対応している端板の斜視図である。
図27は、図21及び図23の回転軸上に配置されている複数の分離機円板の側方斜視図であり、ここにおいては前記円板及び回転軸は図26中に示されている構成要素とともに組み立てられている。
図28は、図13中に示されている第1実施形態のハウジング挿入体の上方斜視図であり、ここにおいてハウジング挿入体は前記挿入体の下に位置している油跳ね防護体を除く他の構成要素から分離して示されている。
図29は、図13中に示されている第1実施形態の部分下方斜視図であり、詳細には前記実施形態のタービン車組立体を示している。
図30は、図29中に示されているタービン車組立体の部分側方断面斜視図である。
図31は、図29及び図30中に示されているタービン車組立体の代わりのタービン車組立体の部分側方断面斜視図である。
図32は、図31中に示されているタービン車組立体の下方斜視図である。
図33は、図13中に示されている第1実施形態の側方断面図である。
図34は、図13中に示されている第1実施形態の拡大された側方断面図である。
図35は、前述した図中に示されていた電気モータ駆動装置の側方断面図であり、ここにおいて電気モータ駆動構造図1の従来の分離機とともに使用されて示されている。
図36は、図13中に示されている分離機システムモジュールの種類を示している概略図である。
図37は、回転溶接治具に設けられている第1実施形態の上方軸受ユニットの図である。
図38は、回転溶接治具に設けられている第1実施形態の上方軸受ユニットの図である。
図39は、図37及び図38の回転溶接治具に設けられている上方軸受ユニットの側方斜視図である。
図40は、前記ハウジングの内部に対する上方軸受ユニットの回転溶接の以前に第1実施形態の回転体ハウジングの内部に配置されている図39中に示されている組立体の斜視図である。
図41は、回転溶接作業により図40中に示されているハウジングの内部表面に対し取り付けられている上方軸受ユニットの斜視図である。

実施例

0228

添付されている図面の図1乃至図12を参照しながら、この発明により改良された従来の分離機の概念に委ねられている特定の主願点とともに、従来のALFDEX(登録商標)分離機が今から記載される。

0229

組み立てられている従来のALFDEX(登録商標)分離機2の多数の図が、添付の図面の図1,2,8,9そして10中に示されている。この技術分野において習熟している人々によっては、従来の分離機2が多数の内部構成要素を受け入れる為の略円筒形状にされている回転体ハウジング4を備えていて、多数の内部構成要素が前記回転体ハウジング4中に向けられている排出ガスから油を分離するよう機能する、ことが理解されている。

0230

円筒形状のハウジング4の一端には、分離機2に対する流体入口8を規定する、立ち上がっている環状肩6が設けられている。従って、クランクケースから排気され、そこからの油の分離が要求されているガスが、流体入口8を介し分離機2に入ることが理解される。

0231

回転体ハウジング4の円筒形状壁中の穴10は、回転体ハウジング4の内部から弁ユニット14(図1参照)に対応しているさらなるハウジング12中へと清浄化されたガスが通過する為の出口を提供している。弁ユニット14は、分離機2からの清浄化されたガスの流れを制御する為の弁構成を備えている。弁ユニット14の動作の詳細は、ここにおいては記載されない。しかしながら、図1から明らかになるように、回転体ハウジング4の外形は、弁ユニット14のハウジング12と合致し、その結果として2つのハウジング4、12は弁ユニット14の内部構成要素受け入れるのに適したハウジング4,12間の内部空間を規定するよう組み合わされるよう特に設計されている。2つのハウジング4、12は、従来のねじ螺合固定部材により互いに固定されている。従って、特別な弁ユニットハウジング12を、必要な合致構造を有している特別な回転体ハウジング4のみとともに使用することが出来ることが、歓迎される。

0232

図1を参照すると、弁ユニット14のハウジング12には、分離機2から清浄化されたガスがそこを通過する流体出口を規定する、立ち上がっている環状の肩18が設けられていることを見れる。弁ユニットハウジング12上に設けられている環状の肩18は、回転体ハウジング4上に設けられている環状の肩6と実質的に同じである。それらの同一性のお蔭で、入口及び出口肩6,18は、同じ境界輪郭を有している入口/出口ニップルを交換可能に受け入れることが出来る。90°の曲がりを有している1つのこのようなニップル22が、図3中に、横断面として、示されている。ニップル22の一端には、環状凹所26を規定している環状カラー24が設けられている。環状凹所26は、四角縁の輪郭及びそれが当接した(また四角縁を有している)ハウジング環状肩6,18受け入れることをそれが許容する直径を有している。入口ニップル28を伴っている回転体ハウジング4の肩6の境界面を、添付の図面の図2を参照して見ることが出来る。図2中に示されているニップル28は、図3のニップル22とは異なった曲がり角度を有している。

0233

入口/出口ニップルはそれらの対応するハウジング4,12に対し、ねじ螺合固定部材32が2つの螺合穴34と螺合された時にニップル22,28の肩24上に押し下げる、環状ワッシャー30を使用してハウジング肩6、18上にそれらを挟持することにより、固定されている。2つのボス34が関係しているハウジング4,12から立ち上がっていて、環状肩6,18のいずれの側上に配置されている。O−リング密封部材36が凹所26とハウジング肩6,18との間に配置され、捕らわれ、そして圧縮されていて、入口/出口ニップルと個々のハウジング(入口ニップルに関しては図2を参照)との間の境界面からの流体の望ましくない漏れを阻止する。

0234

図3及び2中に夫々示されているニップル22,28をさらに参照すると、(境界面輪郭が設けられている端に対し遠い)ニップルの第2端には、使用時にニップル第2端上に配置されているホースを把持する為に、その外部表面上に歯又は鋸歯状突起38が設けられている。

0235

2つのニップル22,28により設けられている流体流路の夫々は、半径を実質的に欠いている内部曲がり角40を有している曲がりを備えている。従来技術の分離機2中においては、角度付けされているニップルは(プラスチック製ニップルの為には)射出成型技術を、そして(アルミニウム製ニップルの為には)ダイキャスト技術を使用して製造されている。(ニップル22の型成形を示している)図4から容易に理解されるように、第1及び第2矢印46,48により指摘されている方向における第1及び第2内部成形型部分42,44の除去を許容するよう、成形型部分42,44には内部曲がり角40に半径を提供することが出来ない。

0236

回転体ハウジング4により格納されている前述された内部構成要素は、図8を特に参照してより詳細にこれから記載される。

0237

第1に、頂部軸受ユニット50が、流体入口8の直後の下流で回転体ハウジング4の内表面に固定されている。頂部軸受ユニット50は、上方鋼キャップ部材54とプラスチック材料の下方軸受着座部材56との間に捕らわれている型軸受(caged bearing)52を備えている。軸受ユニット50は、それらの間に籠型軸受(caged bearing)52を保持して上方鋼キャップ部材54の周りに下方軸受着座部材56を成型することにより製造されている。頂部軸受ユニット50の構成は図8中に最も明確に示されているが、しかしながらそれは従来の分離機2の状況において図2及び9中にも示されている。

0238

軸受着座部材56は円形状を有しているとともに、分離機2が組み立てられた状況において、回転体ハウジング4の円筒形状壁60に対し側方から当接する(キャップ部材54の下方部位包みこんでいる)下方突出円筒形状壁58を有している。円筒形状壁60との当接は、回転体ハウジング4に対する頂部軸受ユニット50の正確な側方位置決めを確実にする手助けをする。回転体ハウジング4の第2円筒形状壁62が第1円筒形状壁60の半径方向における内方に位置されていて、回転体ハウジング4に対する頂部軸受ユニット50の正確な軸方向位置決めを確実にしている。頂部軸受ユニット50は、3つの螺合固定部材(図示されていない)により回転体ハウジング4に固定されている。分離機2の構成では、頂部軸受ユニット50の回転中心線が回転体ハウジング4の中心線64と同心である。

0239

3つの部分的な円形状の細長孔66(図8中には2つのみが示されている)が、頂部軸受ユニット50中に設けられていて、(矢印68により示されている如く)そこを通過する入口流体の流れを許容する。しかしながら当該技術分野において習熟した人々により理解される如く、上方キャップ部材54は籠型軸受(caged bearing)52から入口流体をそらし、キャップ部材54の最上方部位の下側もまた(籠型軸受(caged bearing)52中に)、使用中に回転軸を上方に通過して頂部軸受ユニット50中へと移動する潤滑油霧そらす

0240

分離機2の残りの内部構成要素は回転体ハウジング4に対して別に組み立てられており、そして従って一体的な組立体としてハウジング4内に配置されている。一体的な組立体は、分離機2の使用中に、回転体ハウジング4に対し静止したままである構成要素の第1グループと、分離機2の使用中に、回転体ハウジング4(及び弁ユニットハウジング12)及び構成要素の第1グループの両方に対し中心線64の回りに回転する構成要素の第2グループと、を備えている。

0241

構成要素の第1グループは、環形状軸受板70及び、ハウジング挿入体として知られている、皿形状部材72を備えている。ハウジング挿入体72は、軸受板70との組み合わせにおいて、分離された油及び清浄化されたガスが回転体ハウジング4から排出する以前に清浄化されたガスから分離された油を隔離するよう機能する。軸受板70は鋼で形成されていて、そしてハウジング挿入体72はプラスチック材料で形成されている。軸受板70及びハウジング挿入体72は、ハウジング挿入体72の下側から下方に突出しているボス76と螺合する3つのねじ螺合固定部材74(1つのみが添付図面の図1中に示されている)により互いに固定されている。構成要素のこの第1グループはこの記載中で後により詳細に議論される。

0242

構成要素の第2グループは回転組立体を形成していて、そして回転軸78,上方回転円板80,分離円板82の積層84を共に形成する複数の個々の分離円板82、端板86,そして組み合わされたファン及びタービンユニット88を備えている。この第2グループの構成要素は、互いの相対的なそれらの回転を阻止するよう互いに固定されている。構成要素の第2グループは、しかしながら、底軸受ユニット90(特に図10見よ)により構成要素の第1グループに回転可能に設けられている。

0243

構成要素の第2グループにより形成された回転組立体はこれからより詳細に記載される。

0244

回転軸87は金属材料で形成されていて、その全長さに沿い長手方向に延出している流体流路92を提供するよう環状の横断面を有している。分離機2の使用中には、この流路92は油霧が回転軸を介して上方にタービン容器から頂部軸受ユニット50中へと移動して上記ユニット50の軸受を潤滑することを許容する。(その半径方向外周縁から立ち上がっている円筒形状壁を伴っている)環状円板の形状である抑制要素93が、回転軸78の上端で前記流体流路の上方を向いている内部肩上に配置されている。抑制要素93は、回転軸78から頂部軸受ユニット50中への出口における回転軸78を通る流路面積を減少させる(それによってノズルを提供する)よう機能する。

0245

回転軸78の外部には、残りの構成要素が回転軸78上の正しい軸位置にあることを手助けするスナップリング(circlip)を受け入れる為の多数の凹所及び肩が設けられている。1つのこのようなスナップリング(circlip)94が、それに対してワッシャー95が当接する上方を向いた肩を提供しているとして図6中に明確に示されている。スナップリング(circlip)94がその中に配置された周方向凹所は、スナップリング(circlip)94が(凹所内で)回転軸78に沿い軸方向に移動することを許容する十分な幅(即ち、軸方向における凹所の寸法)を有する。これはばね96が、底軸受ユニット90に対し軸方向力負荷することを許容する。

0246

前記軸78上に構成要素を配置するとともに維持する為に、他の凹所が回転軸78の外表面上に設けられている。上方回転円板80,分離円板82,そして端板86の夫々は、そこから半径方向内方に、使用時に、回転軸78の回りに配置されているハブ要素へと延出している複数のスポーク部材を伴った(上方裁頭円錐台表面102を規定している)裁頭円錐台部位を有している。

0247

上方回転円板80及び分離円板82のスポーク部材はそれらの間に回転軸78に沿って軸方向にそれを通過する流体の流れを許容する開放空間を有しており、端板86のスポーク部材はそれらの下表面で互いに結合されて端板86を上方に通過する又は端板86を下方に通過するいずれの、回転軸78に沿った流体の軸方向流れをも阻止する。

0248

上方回転円板80及び端板86の裁頭円錐台形状は、分離円板82のそれと実質的に同じであり、上方回転円板80及び端板86が分離円板82と積層されることを許容し、ここにおいては上方回転円板80が分離円板積層84の頂に配置されていて、そして端板86が分離円板積層84の底に配置されている。更には、分離円板82は、比較的短い積層84中に多数の円板が設けられることを許容するよう比較的薄いことが当業者により理解され、上方回転円板80及び端板86は円板積層84のいずれの端にも剛性を提供し、それにより上方円板80及び端板86により分離円板の裁頭円錐台部位に圧縮軸方向力が均等に適用されることを許容するよう、分離円板82よりも十分により厚い。圧縮力は、より詳細には、端板86のハブ98の下側を上方に押す螺旋圧縮ばね96により発生されている。

0249

上方回転円板80と端板86との間での円板積層84の圧縮に関しては、積層84内での隣接している分離円板82が、分離機2を流れる流体の流れを許容するよう、相互間に空間を残さなければならないことが、当業者により理解される。分離円板82のこの空間は、個々の分離円板82の裁頭円錐台部位の上面上に設けられている(コーキング材(caulk)として知られている)複数のリブ100により設けられている。個々のコーキング材(caulk)100は前記上方表面102の半径方向内方縁104から前記表面の半径方向外方縁106まで延出している。コーキング材(caulk)100は前記上表面102に立ち上がり、そして、分離円板82の組み立てられた積層84中において、前記隣接した円板の下面に当接する。当該技術分野において習熟した人々により理解される如く、個々の分離円板82は回転軸78に対するたった6つの可能性のある角度位置の1つにおいて回転軸78上に配置可能であり、そして、前記上表面102上でのコーキング材(caulk)100の位置決めは、円板82がこれら6つの位置の何れかに配置されたときに互いに整列されなければならないということである。結果として、端板86により円板積層84に対し負荷された圧縮力は分離円板82間の空間を閉じることなく、整列されているコーキング材(caulk)100により積層84を通して伝達されている。

0250

分離円板積層84に対し負荷された圧縮力に関してはさらに、この力が螺旋圧縮ばね96により発生され、そして端板ハブ98に対し負荷されることが、当業者により理解される。端板86の剛性のお蔭により、圧縮力はハブ98から、端板86の複数の半径方向に延出しているスポーク110を介し端板86の裁頭円錐台部位108へと伝達される。圧縮力は次に裁頭円錐台部位108を介して円板積層84へと伝達され、そして、積層84を通って(コーキング材(caulk)100を介して)上方に向かい上方回転円板80の裁頭円錐台部位112へと伝達される。圧縮力は上方回転円板80のハブ114の裁頭円錐台部位112から6つの半径方向に延出しているスポーク116を介して上方回転円板80のハブ114へと伝達される。圧縮力は、上方回転円板80の剛性のお蔭で裁頭円錐台部位112からハブ114へと伝達される。圧縮力に対する反作用による回転軸78に沿った上方への上方回転円板80の軸方向移動は、回転軸78の外部表面における周方向凹所118中の上方回転円板ハブ114の配置(特に図6を見よ)により阻止されている。ハブ114と回転軸78の外表面との間の摩擦力は、それらの間の相対的な回転を阻止する。

0251

上方回転円板80のハブ114が回転軸78に沿い軸方向下方へと端板ハブ98の直上の地点まで延出していることが、特に図6及び8から見れる。より詳細には、ハブ114は分離円板積層84の全深さに沿い延出し、そしてそれにより個々の分離円板82のハブ120を回転軸78から離している(図7を見よ)。個々の分離円板82のハブ120は、そこを通って回転軸78及び上方回転円板ハブ114が延出している六角形状の穴を規定している六角形状を有している。上方回転円板ハブ114に対する(そして、従って、回転軸78に対する)分離円板ハブ120の回転運動は、上方回転円板ハブ114の長さに沿った軸方向に設けられていて分離円板ハブ120により規定されている六角形状の穴の6個の隅中へと半径方向に延出している6つのスプライン122により阻止されている。スプライン122のこの配置は、回転軸78に対する分離円板ハブ120の側方及び回転移動を阻止する。

0252

個々の分離円板82の分離円板ハブ120は、12個の半径方向に延出しているスポーク126により個々の分離円板82の裁頭円錐台部位124に連結されている。スポーク126(そして実際には、対応している分離円板82の残り)は、比較的薄くそして弾性的に曲げが可能なプラスチック材料で形成されている。しかしながら、スポーク126は、にも拘わらず、それ等は変形することなくそれ等がさらされる側方力及び回転力抵抗することが出来る。螺旋ばね96により発生された圧縮力は、分離円板スポーク126によるよりも、コーキング材(caulk)100を介して分離円板積層84を通り伝達されることは、当業者により理解される。

0253

個々の分離円板82の六角形状ハブ120及びスプライン122の相対的な配置は、上述した如く、個々の分離円板82が6個のみの角位置の1つで回転軸78上に配置されることが可能であることを確実にしている。しかしながら、分離円板82のコーキング材(caulk)100の極(polar)又は角位置は、6個の角位置の使用されたものとは無関係に同じであり、そして従って、分離円板積層84が、隣接した分離円板82のコーキング材(caulk)100が誤って整列された状態で回転軸78上で組み立てられる可能性が無い。

0254

明確さの目的の為に、添付の図面中のある図は減少された数の分離円板の存在を伴った円板積層を示している。従来技術の分離機2に特に関係して、図1,2,8,9そして10がこのようにして簡略化されている。

0255

図5中に示されている如く、第2周方向凹所128が、第1凹所118の上の位置において回転軸78の上端に設けられている。第2周方向凹所128は第2螺旋ばね130を受け入れる。第2凹所の位置は、組み立てられた従来の分離機2に於いては、第2ばね130の下端が上方回転円板80のハブ114から離れていて(図6を見よ)、そして第2凹所128により形成された上方に面した肩により回転軸78に沿う下方軸方向移動が阻止されている、ようである。さらには、組み立てられている分離機2においては、(回転軸78の上端が頂部軸受ユニット50のキャップ部材54から離れているのを維持している状態で−特に図8を参照)籠型軸受(caged bearing)52の籠が第2ばね130に当接し下方に圧縮する。第2ばね130は頂部軸受ユニット50に負荷を適用し、そしてそれによって、頂部軸受ユニット50での振動及び対応した摩耗を減少させる。

0256

内部構成要素の第2グル—プの組み合わされているファン及びタービン88のほとんどが、添付図面の図6中で組み立てられて示されている。ファン/タービンユニット88が回転軸78の下端に設けられる以前に、軸78の下端は、内部構成要素の第1グループの軸受板70及びハウジング挿入体72の夫々に設けられている中央円形状穴を通って配置されている。そのようにすることにより、回転軸78の下端はまた、軸受板70の中央穴に固定されている底軸受ユニット90を通過して延出されている(特に、図8及び10を見よ)。

0257

組み合わされているファン及びタービン88は、軸受板70の下側から下方に突出した回転軸78の下端に固定されている。ファン/タービンユニット88は、(軸78中の第3周方向凹所中に保持されている)第2スナップリング(circlip)132及び第2スナップリング(circlip)132の上方に面した表面に当接している第2ワッシャー133により、回転軸78の下端上の所定位置に保持されている。回転軸88上のファン/タービンユニット88の軸方向位置決めが、第2スナップリング(circlip)132により決定されることにより、ユニット88の上表面がそらせワッシャー(deflector washer)139に当接するよう押される結果となり、そらせワッシャー(deflector washer)139は次に底軸受ユニット90と当接するよう押される。組み立てられた分離機2においては、底軸受ユニット90の内側レースが第1スナップリング(circlip)94に当接し、そしてこのスナップリング(circlip)94を第1圧縮ばね96の付勢に抗して上方に押す。第2スナップリング(circlip)132に対する、内側レース,そらせワッシャー(deflector washer)139,そしてファン/タービンユニット88の押圧は、これらの構成要素を回転軸78に対する固定された回転位置に保持する。

0258

分離機2の回転組立体は液圧衝動タービンにより矢印134(図1を見よ)により指摘されている方向に回転される。ファン/タービンユニット88は、その周方向に沿って均等に離れている複数のバケット(bucket)138を有しているペルトン車(Pelton wheel)136を備えている。分離機2の使用時には、油の噴射がタービン容器178内のノズル(示されていない)からペルトン車(Pelton wheel)136の周辺に向かい向けられている。より詳細には、噴射は複数のバケット(bucket)138を通って通過する円に対する接線に沿い向けられていて、その結果として噴射はその表面と整列されているバケット(bucket)に入る。噴射はバケット(bucket)の内部輪郭に従っている前記表面に沿い流れ、そしてその後、さらなる表面に沿い流れるよう前記輪郭により反転され、そしてその後にバケット(bucket)から排出される。この結果、噴射が車136を回転させる。

0259

複数の140を有しているファンがまた、車136と一体的に形成されている。翼140は、軸受板70の下側にきわめて接近して車136上に配置されている。複数の翼140はまた、回転軸78に沿い底軸受ユニット90と略同じ軸方向位置にある。ファン翼140は、底軸受ユニット90の近くから半径方向外方に延出する。タービン車136が回転した時にファン翼140が中心線64の回りを回転することは、当該技術分野において習熟した人々により理解される。そのように動くことにより、ファン翼140は効率的に流体を車136と軸受板70の下側との間の領域から投げ、それによって、底軸受90の領域中の流体圧力を減少させ、そして軸受板70の上の位置から、分離されている油を底軸受ユニットを介し下方に向かい軸受板70の下のタービン容器178中へと抜き出す

0260

製造の容易の為に、車136は上方及び下方部位142,144で形成されていて、添付の図面の図8中に示されている如く線146で互いに当接するよう押されている。

0261

内部構成要素の第1グループに関しては、軸受板70は鋼で形成されていて、回転体ハウジング4の直径と実質的に等しい直径を伴った円形状を有している。この相対的な配置は、回転体ハウジング4の下端の下方に面した肩148上に軸受板70を配置することを許容する。このようにして、回転体ハウジング4の下方開口端は軸受板70により閉じられている。軸受板70にはまた、組み立てられている分離機2において回転体ハウジング4と同心である中央円形状穴が設けられている。言い換えれば、組み立てられている分離機2においては、軸受板70の円形状中央穴が、回転体ハウジング4の中心線64上に中心が置かれる。さらには、添付図面の図1から特に明らかになる如く、底軸受ユニット90は、軸受板70の中央穴中に受け入れられている。底軸受ユニット90の半径方向における最も外方の部位は、軸受板70に対し固定されている。底軸受ユニット90の半径方向における最も内方の部位は、回転軸78に隣接して配置されているが、それに固定されてはいない。上述した如く、内部構成要素の第1グループはまた、軸受板70に対し固定されているハウジング挿入体72を備えている。ハウジング挿入体72は、そこから分離されている油から清浄なガスを隔離するとともに清浄なガスの為の出口150を提供するよう機能し、出口150は回転体ハウジング4の出口穴10と連結している(特に図1を見よ)。ハウジング挿入体72は、プラスチック材料の一体成型として設けられている。しかしながら、以下のハウジング挿入体72の記載においては、挿入体は、外方円筒形状壁/スカート部分152,溝部分154,裁頭円錐台部分156,そして前記挿入体出口150を規定している出口部分158の4つの部分を備えているとして考える。

0262

ハウジング挿入体72の円筒形状のスカート部分152は、それでスカート部分152と当接する回転体ハウジング4の内部壁部分の直径と実質的に等しい最も外側の外直径を有している。周方向凹所159(図12を見よ)が、O−リング密封体160を受け入れる為に、スカート部分152の外部表面中に設けられていて、O−リング密封体160は、組み立てられている分離機2において、ハウジング挿入体72と回転体ハウジング4との間の流体密封を確実にする。

0263

円筒形状のスカート部分152の下端は軸受板70の上側に当接し、そして、第2O−リング密封体164を受け入れる為の周方向凹所162(図12を見よ)が設けられている。第2O−リング密封体164がハウジング挿入体72と軸受板70との間の流体密封を確実にすることが理解される。

0264

外方スカート部分152の半径方向内方に位置しており、そしてそれと同心的に配置されている第2円筒形状壁はその下端で外方スカート部分152に連結されて溝部分154を形成している。溝部分154は、外方スカート部分152とともに、回転体ハウジング4の内部円筒形状壁に沿い延出している環状溝(又は凹み)166を形成する。溝166はU形状横断面を有していて、そして、分離機2の使用中に、分離円板82から投げられた分離された油滴を収集し、そして重力の作用の下(及び、ここにより詳細に述べられている如く、下方に向かう螺旋状のガス流れの作用の下)で回転体ハウジング4の内部上を下方に送る。溝部分154には、分離機2の使用の間にハウジング挿入体72の下側及び軸受板70の上側により閉じ囲まれている領域中へと溝166中に収集された油がそこを通って流れることが出来る4つの排出孔168(特に図11を見よ)が設けられている。

0265

ハウジング挿入体72の第3部分156は裁頭円錐台形状を有していて、そして、溝部分154から吊り下げられている。裁頭円錐台部分156には、組み立てられている分離機2において、回転体ハウジング4の中心線64と同心的な中心線を有する中央円形状穴が設けられている。細長い凹所170(図11を見よ)が、裁頭円錐台部分156の上表面中に設けられている。この凹所170は、ハウジング挿入体72の出口部分158と結合された、清浄なガスの為の流体通路を規定する。凹所170により設けられた流路は、その上流端で裁頭円錐台部分156の上表面から下方に向かう段差172を伴って始まる。凹所170の側壁174,176は、流体通路がハウジング挿入体72の中央から外側に向かい進むのにともない下流方向に高さを増大させる。図11により提供されているハウジング挿入体72の上面から明らかなように、凹所170は、ハウジング挿入体72の直径の半分に略等しい長さを有している真っ直ぐな流体通路を提供している。

0266

ハウジング挿入体72の出口部分158は、外方スカート部分152中の穴と溝部分154との間の溝166を横切って延びる略円筒形状の管の形状で提供されている。

0267

タービン容器178に固定されている分離機2の図が、図2中に示されている。分離機2は、夫々が回転体ハウジング4の下端と一体の3つのボスの1つを通過する3つの螺合固定部材180により、タービン容器178に固定されている。たった1つの固定部材180及びボス182が、図2の横断側面図中に示されている。軸受板70(そして、従って、第1及び第2グループの構成要素の全て)が、回転体ハウジング4とタービン容器178とが互いに固定された時にタービン容器178が軸受板70を押して下方に面した肩148に当接させることにより、回転体ハウジング4に対する所望の位置に保持されるということを、当該技術分野において習熟している人々には図2から理解される。軸受板70は、螺合固定部材180により、回転体ハウジング4とタービン容器178との間に本質的に挟持されている。螺合固定部材180がきつくされるとともに軸受板70が結果として肩148に当接されることにより、第2螺旋圧縮ばね130は頂部軸受ユニット50により圧縮される。

0268

分離機2の動作中には、タービン容器178中のノズル(示されていない)が油の噴射をタービン車136上に向けて、タービン車を、図1に関して以前に記載された如く、矢印134により指摘されている方向に回転させる。タービン車のこの回転は、回転体ハウジング4の中心線64の回りの矢印134の方向における回転組立体の全体の回転を駆動する。言い換えると、回転軸78,上方回転円板80,分離円板82の積層84,端板86,そして組み合わされているファン及びタービンユニット88(即ち、回転組立体としてここでは集合的に引用されている)が、回転体ハウジング4内で前記ハウジング4及び軸受板70,ハウジング挿入体72,そしてタービン容器178に対し、一体的な組立体としてともに回転する。

0269

機関のクランクケースから排出され、そして分離機2による処理を要求しているガスは、回転体ハウジング4の頂部に配置されている流体入口8を介して分離機2中に導入される。図8において矢印68により指摘されている如く、導入されたガスは中心線64に沿いそれと平行な方向で回転体ハウジング4に入り、そして、上方回転円板80の6個のスポーク116を通過して流れる以前に頂部軸受ユニット50中の3つの細長孔66を介して流れる。6個のスポークの回転移動はまた前記スポーク間に位置している流体の側方への移動の結果となり、ここにおいては前記流体はスポーク116の円形状通路から接線方向に移動し、そして、回転体ハウジング4の円筒形状壁に向かい外方に効率的に投げられる。本質的には、6個のスポーク116は流入ガス上に円筒形状の動きを付与する。

0270

流入ガスが上方回転円板80及び分離円板82のスポーク116,126を介して下方に向かい流れる時に、ガスは、図8中に矢印184により示されている如く、隣接した分離円板82間の空間を介し回転体ハウジング4の円筒形状壁に向かい側方に移動される。コーキング材(caulk)100は、分離円板82により適用された摩擦力とともに、円板積層84中に配置されている流体上に側方移動を付与し、そして、前記流体が回転体ハウジング4の円筒形状壁に向かい外方へ移動するという結果になる。円板積層84の回転により生じられた流体のこの移動は、それによって流体が分離機2中に引き込まれるという第1機構である。

0271

油滴186が互いに集められて円板積層84の周辺においてより大きな滴を形成することになることは、当該技術分野において習熟している人々により理解される。これに関しては、小さな油滴上に作用している(隣接している分離円板82間の小さな空間のお蔭による)毛細管力が、小滴が円板積層84から投げられることを阻止する。しかしながら、多くの油が分離円板を横切って移動することにより、小滴は周辺で互いに集められ、そして、毛細管力に打ち勝つ十分な質量(そして対応している「遠心」力)を有しているより大きな滴を形成する。油は次に、回転体ハウジング4の円筒形状壁上に投げ出される。一旦、前記円筒形状壁により受けられると、油滴186は重力の作用の下で下方に移動し、そして、分離機2を介したガスの流れは環状溝166中に入る。分離機の積層84の最も外側の周方向縁は、油滴が分離円板82により邪魔をされることなく前記溝166中へと下方に向かい移動することを許容するよう、回転体ハウジング4の円筒形状壁から十分内方に離れている。O−リング密封部材160は、油滴が、(図1を参照することにより最も良く理解できるように)ハウジング挿入体72の出口150を通して流れる清浄なガスを汚染するという可能性のある結果を伴うハウジング挿入体72と回転体ハウジング4との間よりもむしろ、溝166中に流れることを確実にしている。

0272

溝166中に集められた油滴186は、そこから4つの排出孔168を介し排出される。この排出動作は、回転体ハウジング4及びタービン容器178内の流体圧力勾配により補助されている。より詳細には、回転組立体の回転運動の故に、回転体ハウジング4内の流体圧力が、ハウジング挿入体72の下側と軸受板70の上側との間の領域におけるよりも、分離円板積層84の周縁においての方が大きいことは、当該技術分野において習熟している人々には理解される。結果として、排出孔168を通った下方への清浄にされたガスの流れとなる。この流体流れは、分離された油滴が、環状溝166に沿い下の軸受板70上へと排出孔168を下方に通過するようにする。このガス流体流れは矢印188(特に図8を見よ)により指摘されている。ガス流体流れは、軸受板70の上表面を横切りハウジング挿入体72における中央円形状穴に向かい半径方向内方に移動する。軸受板70を横切るこの流れは、分離された油滴を、軸受板70を横切って、そこを通って前記油滴が通過する、底軸受ユニット90へと向かわせる。組み合わされているファン及びタービンユニット88の回転しているファン翼140は、底軸受ユニット90の領域におけるタービン容器178中の静圧を低くする。次には、これは、底軸受ユニット90を介して油滴を吸引することを手助けする。しかしながら、例えもしもタービンハウジング内の圧力が回転体ハウジング内の圧力よりも大きくても、使用時に、軸受板70に対しタービンユニットとともに回転するそらせワッシャー139により、それによって油滴が底軸受ユニット90を介して引かれる基礎的な手段が設けられ、回転体ハウジング4から油を汲み上げる。ファン翼140は次に前記滴をタービン容器178中へと外方に投げ、そこからそれらは機関クランクケースへと戻されることが出来る。この間には、軸受板70を横切って流れているガス化された流体は挿入体ハウジング72の中央穴を介して上方に引かれ、そして、ハウジング挿入体出口150及び回転体ハウジング出口10により回転体ハウジング4を出る。

0273

排出孔168を通過して流れるのと同様に、清浄化されたガスの幾分かが、(溝166中に流れることなく)端板86と溝部分154の上方部位との間の代わりの経路を介して出口150,10へと流れることもまた、添付の図面を参照すると好ましい。この代わりの経路は矢印190により指摘されている。

0274

底軸受ユニット90を介した油の流れは、軸受ユニット上に有効な潤滑効果を有する。頂部軸受ユニット50は、タービン容器178中に自然に生じ、回転軸78を通って延出している長手方向流路92を通って頂部軸受ユニット50へと上方に向かい移動する油霧により同様に潤滑される。

0275

従来の分離機2が効果的に動作することは証明されているが、以下に記載された改良された分離機中に見られる改良により対処されている分離機に対応している多数の問題がある。これらの問題は、3つの広い区分に考えられることが出来る。

0276

第1には、分離機2を通過する流体通路が分離機の流量に、そして、結果として、分離機を使用できる機関の寸法に、不都合に影響する圧力損失を起こす。従来のALFDEX(商標)分離機に対応している問題の第1区分は、従って、流体流れ通路中の圧力損失に関係しているとして考えられることが出来る。

0277

第2には、従来の分離機の構造が、或る状況下では、清浄化されたガスが分離機を離れる以前に汚染されるようになることが出来るということである。従って、従来の分離機に対応している問題の第2区分は、清浄化されたガスの好ましくない油汚染に関係しているとして考えられることが出来る。

0278

第3には、従来の分離機に関係している或る製造技術及び構造の特徴が、組み立ての困難さ及び/又は信頼性の問題を導くことが出来る。このように、従来の分離機に関係している問題の第3区分は、分離機の製造及び信頼性に関係しているとして考えられることが出来る。

0279

これらの区分の夫々は、これからより詳細に議論される。

0280

分離機2を通過する流体流れ通路に関しては、比較的高い圧力損失に遭遇している多くの場所がある。第1は、入口/出口ニップル22,28中の曲がりの内部曲がり角40が、前記内部曲がり角40の直後の下流の領域でニップルの内部表面からの流体の剥離を生じさせるように鋭いことである。この剥離は再循環流体流れ(又は渦)として明らかであり、ひいてはエネルギー/圧力損失という結果になる。しかしながら、添付図面中の図4に関係して上に記載されていた如く、内部曲がり角上に大きな半径を提供することは、射出成型又はダイキャスト技術で入口/出口ニップルを製造する時に疑問の余地がある。結果として、従来の分離機2は、回転体ハウジング4への流体の流入及び弁ユニットハウジング12からの排出の両方でニップルにおいて圧力損失を体験する。

0281

発明者はまた、望ましくない圧力損失を更に生じさせるものとして、上方回転円板80の6個のスポーク116を特定している。特に、スポーク116の夫々が四角形状の横断面を有していて、上方回転円板80が矢印134(図5を見よ)の方向に回転している時に、排出されたガスの流入して来る軸方向流れに対し鋭い上方後縁を提供することが、特に図5及び6から見れる。スポーク116の形状、特にここのスポークの鋭い後縁192が、流体剥離及び望ましくない圧力損失を生じさせていることが分かっている。

0282

発明者はまた、ハウジング挿入体72の特別な構成が望ましくない圧力損失を生じさせていることを発見した。特に、分離機2の使用の間に、清浄化されているガスは、図12中で矢印194により指摘されている如き中心線64の回りの回転運動を伴いハウジング挿入体72の裁頭円錐台部分156上で下方に流れる。清浄化されているガスのこの流れは、裁頭円錐台部分156上を流れ、その後に回転体ハウジング4の円筒形状側壁の内表面に沿って螺旋状の様式で下方に流れる。従って、清浄化されているガスがハウジング挿入体72の周方向周辺に沿った全ての地点から裁頭円錐台部分156と上の端板86との間の領域に(1つの特定の位置で上記領域に入ることよりもむしろ)入る、ことが理解される。裁頭円錐台部分156を横切る流路は従って、望ましくない圧力/エネルギー損失を生じさせることが出来る渦巻き様式を有する。さらには、裁頭円錐台部分156中に設けられている凹所170の段差172及び壁174,176が流体分離の更なる面積及び対応している望ましくない圧力損失を生じさせる。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ