図面 (/)

技術 カバーテープ剥離方法、および、テープフィーダ

出願人 パナソニックIPマネジメント株式会社
発明者 木谷実金井一憲城戸一夫
出願日 2012年12月25日 (8年0ヶ月経過) 出願番号 2012-281460
公開日 2014年7月7日 (6年5ヶ月経過) 公開番号 2014-127517
状態 特許登録済
技術分野 電気部品の供給・取り付け
主要キーワード 逆流制御 補助スプロケット 剥離刃 剥離済み 送りピン 移送制御 リール保持 移動平面
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2014年7月7日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (14)

課題

キャリアテープからカバーテープを自動かつ高い精度で剥離する。

解決手段

キャリアテープ300の移送方向の位置決めを行うスプロケット206を正転駆動させ、後続キャリアテープ311を順方向に移送することにより、先行キャリアテープ312の終端と後続キャリアテープ311の先端とを当接させ、先行キャリアテープ312を剥離刃210の刃先よりも順方向における下流側に押し出し、スプロケット206を逆転駆動させ、後続キャリアテープ311の先端が剥離刃210の順方向における上流側に位置するまで後続キャリアテープ311を逆方向に移送し、スプロケット206を正転駆動させて後続キャリアテープ311を順方向に再度移送して、カバーテープ307を剥離する。

概要

背景

部品基板実装する部品実装機において、部品実装機が部品を保持するピックアップ位置に部品を供給する装置の一つとしてテープフィーダが知られている。このテープフィーダは、一列に並んだ凹部のそれぞれに部品が収容された長尺帯状キャリアテープ間欠的に移送ピッチ送り)することにより、部品実装機のピックアップ位置に部品を順次供給する装置である。そして、部品実装機は、部品を真空吸着などにより保持することのできるノズル複数本備えた移載ヘッドにより、テープフィーダによって供給された部品をピックアップする。

ところで、キャリアテープは、部品を収容する凹部が一列に並べて配置される長尺帯状のベーステープと、部品が収容される前記凹部を封止する長尺帯状のカバーテープとで構成されており、テープフィーダは、キャリアテープの移送方向におけるピックアップ位置の上流側において、前記カバーテープをベーステープから剥離して部品が収容される凹部を露出させる機構を備えている。

例えば特許文献1には、ピックアップ位置近傍においてキャリアテープからカバーテープをキャリアテープの幅方向に部分的に剥離するための剥離刃を備えたテープフィーダが記載されている。

このように、先行するキャリアテープの後続としてテープフィーダに導入される後続のキャリアテープから剥離刃を用いて自動的にカバーテープを剥離できれば、先行のキャリアテープの後端に後続のキャリアテープの先端を突き合わせ状態で貼り付けるいわゆるスプライシング作業を省略することができ、キャリアテープをテープフィーダに補充する作業を行うことができる。

概要

キャリアテープからカバーテープを自動かつ高い精度で剥離する。キャリアテープ300の移送方向の位置決めを行うスプロケット206を正転駆動させ、後続キャリアテープ311を順方向に移送することにより、先行キャリアテープ312の終端と後続キャリアテープ311の先端とを当接させ、先行キャリアテープ312を剥離刃210の刃先よりも順方向における下流側に押し出し、スプロケット206を逆転駆動させ、後続キャリアテープ311の先端が剥離刃210の順方向における上流側に位置するまで後続キャリアテープ311を逆方向に移送し、スプロケット206を正転駆動させて後続キャリアテープ311を順方向に再度移送して、カバーテープ307を剥離する。

目的

本願発明は、発明者が見出した新しい前記知見に基づきなされたものであり、ベーステープからカバーテープの先端部を剥離する初期工程において、カバーテープがベーステープから剥離されない不具合の発生を抑制できるカバーテープ剥離方法、および、テープフィーダを提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
4件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

部品を収容する凹部を備えるベーステープと、前記凹部を封止するカバーテープとからなるキャリアテープ移送方向の順方向に移送し、前記ベーステープと前記カバーテープとの間に挿入される位置に設けられる剥離刃により前記ベーステープから前記カバーテープを剥離しつつ前記キャリアテープから部品が取り出される部品供給位置に向かって部品を順次供給するテープフィーダにおいて、当該テープフィーダにて、順方向に順次送られる複数の前記キャリアテープのうち、先行して送られる先行の前記キャリアテープの後に後続して部品供給位置に向かって順方向に送られる後続の前記キャリアテープを導入する際のカバーテープ剥離方法であって、前記キャリアテープを移送する移送方向の順方向において前記剥離刃よりも上流側にあり、移送方向における前記キャリアテープの前記凹部の位置決めを行うスプロケットに後続の前記キャリアテープを係合させる係合工程と、前記スプロケットを順方向に正転駆動させ、後続の前記キャリアテープを順方向に移送することにより、既に前記テープフィーダに取り付けられている先行の前記キャリアテープの終端と後続の前記キャリアテープの先端とを当接させ、先行の前記キャリアテープの終端を前記剥離刃の刃先よりも順方向における下流側に押し出す押出工程と、前記スプロケットを順方向とは逆の逆転方向に逆転駆動させ、後続の前記キャリアテープの先端が前記剥離刃の刃先よりも順方向における上流側に位置するまで後続の前記キャリアテープを逆方向に移送する逆流工程と、前記逆流工程の後、前記スプロケットを順方向に正転駆動させて後続の前記キャリアテープを順方向に再度移送して、前記剥離刃により前記カバーテープを前記ベーステープから剥離する再移送工程とを含むカバーテープ剥離方法。

請求項2

前記再移送工程終了後、後続の前記キャリアテープから部品を取り出すことができない旨を示すエラー情報を前記テープフィーダが取り付けられる部品実装機から受信した場合、再度前記逆流工程と前記再移送工程を実施する請求項1に記載のカバーテープ剥離方法。

請求項3

前記再移送工程では、前記剥離刃により前記カバーテープの幅方向全体を前記ベーステープから剥離し、さらに、剥離済みの前記カバーテープが移送される前記カバーテープの移送経路を形成する案内部材を用いて、前記カバーテープが前記ベーステープから上昇することを抑制しつつ前記カバーテープを移送方向の順方向における上流側に案内する案内工程とを含む請求項1に記載のカバーテープ剥離方法。

請求項4

前記再移送工程では、前記剥離刃により前記カバーテープの幅方向の一端部を残存させた状態で前記カバーテープの他端部を前記ベーステープから剥離し、さらに、剥離済みの前記カバーテープが移送される前記カバーテープの移送経路を形成する案内部材を用いて、前記ベーステープの前記凹部を露出させつつ前記ベーステープの移送によって前記カバーテープを移送方向の順方向における前記剥離刃よりも下流側に案内する案内工程とを含む請求項1に記載のカバーテープ剥離方法。

請求項5

部品を収容する凹部を備えるベーステープと、前記凹部を封止するカバーテープとからなるキャリアテープを移送方向の順方向に移送するとともに、前記ベーステープと前記カバーテープとの間に挿入される剥離刃を備え、前記剥離刃により前記ベーステープから前記カバーテープを剥離しつつ前記キャリアテープから部品が取り出される部品供給位置に向かって部品を順次供給し、順方向に順次送られる複数の前記キャリアテープのうち、先行して送られる先行の前記キャリアテープの後に後続して部品供給位置に向かって順方向に送られる後続の前記キャリアテープを導入するテープフィーダであって、前記キャリアテープを移送する移送方向の順方向において前記剥離刃よりも上流にあり、前記キャリアテープの移送、および、位置決めを行うスプロケットと、前記テープフィーダに導入された後続の前記キャリアテープを順方向に移送することにより、既に前記テープフィーダに取り付けられている先行の前記キャリアテープの終端と後続の前記キャリアテープの先端とを当接させ、先行の前記キャリアテープの終端を前記剥離刃の刃先よりも順方向における下流側に押し出すように前記スプロケットを制御する押出制御部と、後続の前記キャリアテープの先端が前記剥離刃の刃先よりも順方向における上流側に位置するまで後続の前記キャリアテープを逆方向に移送する逆流動作をするように前記スプロケットを制御する逆流制御部と、前記逆流動作の後、後続の前記キャリアテープを順方向に再度移送して、前記剥離刃により前記カバーテープを剥離するように前記スプロケットを制御する再移送制御部とを備えるテープフィーダ。

請求項6

さらに、前記テープフィーダが取り付けられる部品実装機から受信した後続の前記キャリアテープから部品を取り出すことができない旨を示すエラー情報に基づき、前記逆流制御部と前記再移送制御部とを機能させるリトライ部を備える請求項5に記載のテープフィーダ。

技術分野

0001

本願発明は、部品実装機ピックアップ位置部品を供給するテープフィーダによって、先行するキャリアテープの次に導入された後続のキャリアテープからカバーテープを自動的に剥離する方法、および、前記自動的な剥離を実現することができるテープフィーダに関するものである。

背景技術

0002

部品を基板実装する部品実装機において、部品実装機が部品を保持するピックアップ位置に部品を供給する装置の一つとしてテープフィーダが知られている。このテープフィーダは、一列に並んだ凹部のそれぞれに部品が収容された長尺帯状のキャリアテープを間欠的に移送ピッチ送り)することにより、部品実装機のピックアップ位置に部品を順次供給する装置である。そして、部品実装機は、部品を真空吸着などにより保持することのできるノズル複数本備えた移載ヘッドにより、テープフィーダによって供給された部品をピックアップする。

0003

ところで、キャリアテープは、部品を収容する凹部が一列に並べて配置される長尺帯状のベーステープと、部品が収容される前記凹部を封止する長尺帯状のカバーテープとで構成されており、テープフィーダは、キャリアテープの移送方向におけるピックアップ位置の上流側において、前記カバーテープをベーステープから剥離して部品が収容される凹部を露出させる機構を備えている。

0004

例えば特許文献1には、ピックアップ位置近傍においてキャリアテープからカバーテープをキャリアテープの幅方向に部分的に剥離するための剥離刃を備えたテープフィーダが記載されている。

0005

このように、先行するキャリアテープの後続としてテープフィーダに導入される後続のキャリアテープから剥離刃を用いて自動的にカバーテープを剥離できれば、先行のキャリアテープの後端に後続のキャリアテープの先端を突き合わせ状態で貼り付けるいわゆるスプライシング作業を省略することができ、キャリアテープをテープフィーダに補充する作業を行うことができる。

先行技術

0006

特開2011−211169号公報

発明が解決しようとする課題

0007

テープフィーダに後続のキャリアテープをスプライシング作業なしで導入する場合、キャリアテープの先端面に剥離刃の刃先を当接させ、貼り付いた状態のベーステープとカバーテープとの間に剥離刃を食い込ませて、テープフィーダが自律的にカバーテープの先端部を自動的にベーステープから剥離する初期工程が必要となる。ところが、当該初期工程において、カバーテープをベーステープから剥離することができない不具合が発生することがある。

0008

そこで本願発明者は、前記初期工程について実験と研究とを重ねた結果、テープフィーダに残存している先行のキャリアテープの後端部が剥離刃と干渉している場合に、カバーテープが剥離されない不具合が発生し易いことを見出すに至った。

0009

本願発明は、発明者が見出した新しい前記知見に基づきなされたものであり、ベーステープからカバーテープの先端部を剥離する初期工程において、カバーテープがベーステープから剥離されない不具合の発生を抑制できるカバーテープ剥離方法、および、テープフィーダを提供することを目的としている。

課題を解決するための手段

0010

上記目的を達成するために、本願発明にかかるカバーテープ剥離方法は、部品を収容する凹部を備えるベーステープと、前記凹部を封止するカバーテープとからなるキャリアテープを移送方向の順方向に移送し、前記ベーステープと前記カバーテープとの間に挿入される位置に設けられる剥離刃により前記ベーステープから前記カバーテープを剥離しつつ前記キャリアテープから部品が取り出される部品供給位置に向かって部品を順次供給するテープフィーダにおいて、当該テープフィーダにて、順方向に順次送られる複数の前記キャリアテープのうち、先行して送られる先行の前記キャリアテープの後に後続して部品供給位置に向かって順方向に送られる後続の前記キャリアテープを導入する際のカバーテープ剥離方法であって、前記キャリアテープを移送する移送方向の順方向において前記剥離刃よりも上流側にあり、移送方向における前記キャリアテープの前記凹部の位置決めを行うスプロケットに後続の前記キャリアテープを係合させる係合工程と、前記スプロケットを順方向に正転駆動させ、後続の前記キャリアテープを順方向に移送することにより、既に前記テープフィーダに取り付けられている先行の前記キャリアテープの終端と後続の前記キャリアテープの先端とを当接させ、先行の前記キャリアテープの終端を前記剥離刃の刃先よりも順方向における下流側に押し出す押出工程と、前記スプロケットを順方向とは逆の逆方向に逆転駆動させ、後続の前記キャリアテープの先端が前記剥離刃の刃先よりも順方向における上流側に位置するまで後続の前記キャリアテープを逆方向に移送する逆流工程と、前記逆流工程の後、前記スプロケットを順方向に正転駆動させて後続の前記キャリアテープを順方向に再度移送して、前記剥離刃により前記カバーテープを前記ベーステープから剥離する再移送工程とを含むことを特徴とする。

0011

これによれば、剥離刃よりも順方向における上流側に配置されるスプロケットの正転駆動や逆転駆動を制御するだけで、剥離刃と干渉する先行キャリアテープを剥離刃と干渉しない位置に押し出すことができる。従って、キャリアテープの先端が剥離刃よりも順方向における上流側に移送した後、キャリアテープを順方向に再移送する際に、ベーステープとカバーテープとの間に剥離刃の刃先を正確に食い込ませることができ、初期工程においてカバーテープが剥離できない不具合の発生を可及的に抑制することが可能となる。

0012

また、前記再移送工程終了後、後続の前記キャリアテープから部品を取り出すことができない旨を示すエラー情報を前記テープフィーダが取り付けられる部品実装機から受信した場合、再度前記逆流工程と前記再移送工程を実施してもかまわない。

0013

これによれば、カバーテープが剥離されない現象看過することなく、初期工程におけるカバーテープの先端の剥離操作を再度実行することができ、人手に頼ることなく部品実装機の操業を維持することが可能となる。

0014

また、上記目的を達成するために、本願発明に係るテープフィーダは、部品を収容する凹部を備えるベーステープと、前記凹部を封止するカバーテープとからなるキャリアテープを移送方向の順方向に移送するとともに、前記ベーステープと前記カバーテープとの間に挿入される剥離刃を備え、前記剥離刃により前記ベーステープから前記カバーテープを剥離しつつ前記キャリアテープから部品が取り出される部品供給位置に向かって部品を順次供給し、順方向に順次送られる複数の前記キャリアテープのうち、先行して送られる先行の前記キャリアテープの後に後続して部品供給位置に向かって順方向に送られる後続の前記キャリアテープを導入するテープフィーダであって、前記キャリアテープを移送する移送方向の順方向において前記剥離刃よりも上流にあり、前記キャリアテープの移送、および、位置決めを行うスプロケットと、前記テープフィーダに導入された後続の前記キャリアテープを順方向に移送することにより、既に前記テープフィーダに取り付けられている先行の前記キャリアテープの終端と後続の前記キャリアテープの先端とを当接させ、先行の前記キャリアテープの終端を前記剥離刃の刃先よりも順方向における下流側に押し出すように前記スプロケットを制御する押出制御部と、後続の前記キャリアテープの先端が前記剥離刃の刃先よりも順方向における上流側に位置するまで後続の前記キャリアテープを逆方向に移送する逆流動作をするように前記スプロケットを制御する逆流制御部と、前記逆流動作の後、後続の前記キャリアテープを順方向に再度移送して、前記剥離刃により前記カバーテープを剥離するように前記スプロケットを制御する再移送制御部とを備えることを特徴とする。

0015

これによれば、剥離刃よりも順方向における上流側に配置されるスプロケットの駆動をテープフィーダが自律的に制御するため、部品実装機のソフトウエア的な処理などに負担をかけることなく、剥離刃と干渉する先行キャリアテープを押し出し、後続のキャリアテープを逆方向に移送し、キャリアテープを順方向に再移送することができる。従って、初期工程においてカバーテープが剥離できない不具合の発生を可及的に抑制することが可能となる。

0016

さらに、前記テープフィーダが取り付けられる部品実装機から受信した後続の前記キャリアテープから部品を取り出すことができない旨を示すエラー情報に基づき、前記逆流制御部と前記再移送制御部とを再び機能させるリトライ部を備えてもかまわない。

0017

これによれば、部品実装機からのエラーメッセージを受信するだけで、後続のキャリアテープに保持される部品をピックアップ位置まで移送したテープフィーダがカバーテープの先端を剥離するためのリトライ動作を自律的に制御するため、カバーテープが剥離されない現象を看過することなく、人手に頼らずに部品実装機の操業を維持することが可能となる。

0018

なお、前記カバーテープ剥離方法が含む各処理をコンピュータに実行させるためのプログラムを実施することも本願発明の実施に該当する。無論、そのプログラムが記録された記録媒体を実施することも本願発明の実施に該当する。

発明の効果

0019

本願発明によれば、テープフィーダに後続のキャリアテープを挿入するだけで高い確率でカバーテープを自動的に剥離することができるため、初心者でも簡単にキャリアテープをテープフィーダに補充することができ、また、部品実装機を監視し操作する人員を削減することが可能となる。

図面の簡単な説明

0020

図1は、部品実装機を模式的に示す斜視図である。
図2は、テープフィーダを模式的に示す側面図である。
図3は、キャリアテープ、および、テープリールを示す斜視図である。
図4は、テープフィーダの剥離刃近傍を模式的に示す斜視図である。
図5は、テープフィーダの剥離刃近傍をカバーテープを省略して模式的に示す斜視図である。
図6は、テープフィーダの剥離刃近傍を模式的に切り欠いて示す側面図である。
図7は、フィーダ制御部の機能部の詳細を機構部などと共に示すブロック図である。
図8は、テープフィーダの剥離刃近傍を模式的に切り欠いて示す側面図であり、先行キャリアテープがテープフィーダに残存している状態を示している。
図9は、テープフィーダの剥離刃近傍を模式的に切り欠いて示す側面図であり、先行キャリアテープの終端が剥離刃の刃先より順方向における下流側に位置している状態を示している。
図10は、テープフィーダの剥離刃近傍を模式的に切り欠いて示す側面図であり、先行キャリアテープを押し出し、後続キャリアテープの先端が剥離刃の刃先より順方向における上流に位置している状態を示している。
図11は、テープフィーダの剥離刃近傍を模式的に切り欠いて示す側面図であり、後続キャリアテープのカバーテープが剥離刃により剥離されている状態を示している。
図12は、カバーテープ剥離方法の流れを示すフローチャートである。
図13は、別態様のテープフィーダの剥離刃近傍を模式的に切り欠いて示す側面図であり、後続キャリアテープのカバーテープが剥離刃により剥離され、案内部材により案内されている状態を示している。

実施例

0021

次に、本願発明に係るテープフィーダ、および、カバーテープ剥離方法の実施の形態について、図面を参照しつつ説明する。なお、以下の実施の形態は、本願発明に係るテープフィーダ、および、カバーテープ剥離方法の一例を示したものに過ぎない。従って本願発明は、以下の実施の形態を参考に請求の範囲の文言によって範囲が画定されるものであり、以下の実施の形態のみに限定されるものではない。

0022

図1は、部品実装機を模式的に示す斜視図である。

0023

同図に示すように部品実装機100は、基板301に半導体チップチップ抵抗に代表される電子部品などの部品302を実装する機能を有するものである。部品実装機100は、基台103を備え、基台103には、部品供給部104が配置されており、部品供給部104には複数のテープフィーダ200が並設されている。テープフィーダ200は、部品302を保持したキャリアテープ300を移送方向の順方向に間欠的に移送することにより、以下に説明する移載ヘッドのノズルによるピックアップ位置P(図2、4、5に示す白抜き矢印位置近傍)に部品302を供給する。

0024

基台103上面におけるX軸の両端部の上には2本のYビーム102がそれぞれY軸に沿って取り付けられており、それぞれのYビーム102には1本のX軸にそって延びるXビーム101がYビーム102に架設されている。また、Xビーム101には、Xビーム101に沿って往復動可能な移載ヘッド106が取り付けられている。

0025

そして、部品実装機100は、Yビーム102に沿ってXビーム101を平行に移動させ、移載ヘッド106をXビーム101に沿って移動させることで、移載ヘッド106に設けられているノズル105を移動平面(図中のXY平面)内に自在に移動させることができるものとなっている。

0026

移載ヘッド106は、複数本のノズル105を備えており、部品供給部104のピックアップ位置Pにおいて、テープフィーダ200により供給される部品302を、ノズル105で吸着により保持して取り出した後、基板301の上方まで部品302を搬送し、ノズル105を降下させて部品302を基板301に装着する一連動きを繰り返す装置である。

0027

部品供給部104は、一般的には複数のテープフィーダ200を一度に部品実装機100に装着するためのフィーダベース(図示せず)が設けられている。また、フィーダベースには、キャリアテープ300を巻回状態収納したテープリール303を保持するためのリール保持部が設けられている。リール保持部はテープリール303を回転自在に保持するための保持ローラを備えており、部品供給部104に配置されたテープリール303を回転させることにより、キャリアテープ300を引き出すことができるようになっている。

0028

図2は、テープフィーダを模式的に示す側面図である。

0029

同図に示すよう、テープフィーダ200は、本体201および本体201の下面から下方に突出状態で設けられた装着部202を備えた構成となっている。なお、装着部202にはコネクタ203が設けられ、部品実装機100の部品供給部104にテープフィーダ200を取り付けた際に、コネクタ203が部品実装機100と電気的に接続され、テープフィーダ200と部品実装機100とが通信可能な状態となる。

0030

本体201の内部には、テープリール303から引き出されて本体201内に導入されたキャリアテープ300を案内するテープ走行路204が、本体201のキャリアテープ300が挿入される後端部からピックアップ位置P側における先端部まで連続して設けられている。

0031

図3は、キャリアテープ、および、テープリールを示す斜視図である。なお、図3は、一般的なキャリアテープ300の一例を示したものであり、本実施の形態で説明するキャリアテープ300の構造と必ずしも一致するものではない。

0032

キャリアテープ300は、テープ本体を構成するベーステープ304に、部品302を収納保持する部品収納用の凹部305(部品ポケット)、および、キャリアテープ300を間欠的に移送するための移送孔306を所定ピッチで設けた構成となっている。ベーステープ304の上面には、凹部305から部品302が脱落するのを防止するために、凹部305を覆うカバーテープ307が貼着されている。

0033

テープフィーダ200の本体201には、キャリアテープ300を間欠的に移送するためのテープ移送部205が内蔵されている。テープ移送部205は、テープ走行路204の先端部に設けられたスプロケット206(図2参照)を回転駆動(正転駆動、逆転駆動含む)させる駆動源であるモータ207およびモータ207を制御するフィーダ制御部209を備えている。テープフィーダ200が部品実装機100の本体に装着された状態では、フィーダ制御部209は部品実装機100の制御装置と接続される。

0034

スプロケット206には、回転軸図2中X軸方向)に対して放射方向に多数の送りピン(図示省略)が設けられており、これらの送りピンがキャリアテープ300の移送孔306に係合した状態で、モータ207を間欠的にキャリアテープ300の移送方向の順方向に正転駆動することにより、スプロケット206を間欠回転させ、キャリアテープ300を順方向における下流側(Y軸方向正の側)へ間欠的に移送する。また、スプロケット206の回転量(回転角度)は正確に制御することができ、スプロケット206の回転によりキャリアテープ300の凹部305の移送方向(図中Y軸方向)における位置を正確に決定することができるものとなっている。

0035

スプロケット206の順方向における下流側は、ピックアップ位置P(図2中の白抜き矢印部分近傍)となっている。ピックアップ位置とは、キャリアテープ300の凹部305内の部品302を、移載ヘッド106のノズル105によって吸着して取り出す位置である。

0036

また、ピックアップ位置Pの順方向における上流側には、ベーステープ304に貼着されたカバーテープ307をめくり上げて剥離する剥離刃210がテープフィーダ200の本体201に取り付けられている。

0037

図4は、テープフィーダの剥離刃近傍を模式的に示す斜視図である。

0038

図5は、テープフィーダの剥離刃近傍をカバーテープを省略して模式的に示す斜視図である。

0039

図6は、テープフィーダの剥離刃近傍を模式的に切り欠いて示す側面図である。

0040

これらの図に示すように、剥離刃210は、スプロケット206に対して移送方向(Y軸方向)の順方向における下流側(Y軸方向正の側)から順方向における上流側(Y軸方向負の側)に向かって相対的にベーステープ304とカバーテープ307との間に差し込まれ、テープフィーダ200がキャリアテープ300を移送する力によりベーステープ304からカバーテープ307を剥離する機構部分である。剥離刃210は、テープフィーダ200の本体201にブラケット208を介して本体201に取り付けられている。剥離刃210は、本体201のテープ走行路204を滑りながら移送されるキャリアテープ300のベーステープ304とカバーテープ307との間に配置されように取り付けられており、ベーステープ304のカバーテープ307が貼り付けられる面とは反対側の面側のテープ走行路204の下面から僅かに離れた状態で配置されている。また、剥離刃210は、テープ走行路204の下面側に向かって付勢部材281により付勢されており、テープ走行路204から離れる方向には移動可能に取り付けられている。

0041

本実施の形態の場合、剥離刃210は、剥離刃210の刃先の刃先体211と、第一案内体213と、第二案内体214とを備え、カバーテープ307の幅方向(図中X軸方向)の一端部を残存させた状態でカバーテープ307の他端部をベーステープ304から剥離することができるものとなっている。また、第一案内体213と第二案内体214とは、剥離済みのカバーテープ307の移送経路を形成する案内部材として機能するものであり、ベーステープ304の移送によって、部品が収納されるベーステープ304の凹部305を露出させつつカバーテープを移送方向の順方向における剥離刃210よりも下流側に案内する部分である。

0042

図7は、フィーダ制御部の機能部の詳細を機構部などと共に示すブロック図である。

0043

同図に示すように、キャリアテープ300から部品が取り出されるピックアップ位置Pに向かって部品を順次供給し、キャリアテープ300の移送方向に順次送られる複数のキャリアテープ300のうち、先行して送られる先行キャリアテープ312の後に後続してピックアップ位置Pに向かって順方向に送られる後続キャリアテープ311を導入するテープフィーダ200において、テープフィーダ200のフィーダ制御部209は、押出制御部291と、逆流制御部292と、再移送制御部293とを備えている。また、本実施の形態の場合、フィーダ制御部209は、情報通信部294と、リトライ部295とを備えている。

0044

押出制御部291は、図8に示すように、テープフィーダ200に導入された後続のキャリアテープ300である後続キャリアテープ311を順方向(図中Y軸方向正の向き)に移送することにより、既にテープフィーダ200に取り付けられている先行のキャリアテープ300である先行キャリアテープ312の終端と後続キャリアテープ311の先端とを当接させ、図9に示すように、先行キャリアテープ312の終端を剥離刃210の刃先(刃先体211)よりも順方向における下流側(Y軸方向正の側)に押し出すようにスプロケット206の回転を制御する処理部である。

0045

具体的に押出制御部291は、テープ走行路204に配置されるセンサ220からの信号により、導入される後続キャリアテープ311の先端の位置を認識し、後続キャリアテープ311をスプロケット206まで移送する補助スプロケット261(図2参照)や、スプロケット206の回転量などから後続キャリアテープ311の先端の位置を正確に制御している。

0046

逆流制御部292は、押出制御部291が後続キャリアテープ311を所定の長さ順方向に移送したことを示す情報を取得し、後続キャリアテープ311の先端が剥離刃210の刃先よりも順方向における上流側(Y軸方向負の側)に位置するまで後続キャリアテープ311を逆方向に移送するようにスプロケット206を制御する処理部である。

0047

再移送制御部293は、逆流制御部292が後続キャリアテープ311を所定の長さ逆方向に移送したことを示す情報を取得し、図11に示すように、後続キャリアテープ311を順方向に移送して、剥離刃210によりカバーテープ307を剥離するようにスプロケット206を制御する処理部である。

0048

以上により、先行キャリアテープ312が剥離刃210に対して干渉する場合、例えば、後続キャリアテープ311の先端が先行キャリアテープ312の後端の下方に潜り込むことにより、剥離刃210が若干持ち上がるような場合や、後続キャリアテープ311により押し出される先行キャリアテープ312に発生するしわにより剥離刃210が若干持ち上がる場合などにおいて、剥離刃210の刃先が後続キャリアテープ311のベーステープ304とカバーテープ307との間に挿入されず、剥離刃210によってカバーテープ307が剥離できない不具合を回避することが可能となる。

0049

情報通信部294は、部品実装機100からの種々の情報をコネクタ203を介して送受信する処理部である。

0050

リトライ部295は、情報通信部294が後続キャリアテープ311から部品302を取り出すことができない旨を示すエラー情報を受信した場合、逆流制御部292と再移送制御部293とを機能させ、後続キャリアテープ311に保持される部品302をピックアップ位置Pまで移送した後、後続キャリアテープ311の先端を剥離刃210の刃先よりも移送方向の順方向における上流側に位置するまで(図10参照)逆方向に移送し、再度順方向に後続キャリアテープ311を移送することで、カバーテープ307を再度剥離させる処理部である。

0051

以上によれば、部品を収容する凹部305を備えるベーステープ304と、凹部305を封止するカバーテープ307とからなるキャリアテープ300を移送方向の順方向に移送するとともに、ベーステープ304とカバーテープ307との間に挿入される剥離刃210を備え、剥離刃210によりベーステープ304からカバーテープ307を剥離しつつキャリアテープ300から部品が取り出される部品供給位置Pに向かって部品を順次供給し、順方向に順次送られる複数のキャリアテープ300のうち、先行して送られる先行キャリアテープ312の後に後続して部品供給位置Pに向かって順方向に送られる後続キャリアテープ311を導入するテープフィーダ200が、キャリアテープ300を移送する移送方向の順方向において剥離刃210よりも上流にあり、キャリアテープ300の移送、および、位置決めを行うスプロケット206と、テープフィーダ200に導入された後続キャリアテープ311を順方向に移送することにより、既にテープフィーダ200に取り付けられている先行キャリアテープ312の終端と後続キャリアテープ311の先端とを当接させ、先行キャリアテープ312の終端を剥離刃210の刃先よりも順方向における下流側に押し出すようにスプロケット206を制御する押出制御部291と、後続キャリアテープ311の先端が剥離刃210の刃先よりも順方向における上流側に位置するまで後続キャリアテープ311を逆方向に移送する逆流動作をするようにスプロケット206を制御する逆流制御部292と、逆流動作の後、後続キャリアテープ311を順方向に再度移送して、剥離刃210によりカバーテープ307を剥離するようにスプロケット206を制御する再移送制御部293とを備えることにより、剥離刃210によってキャリアテープ300である後続キャリアテープ311のカバーテープ307が剥離できない不具合を可及的に抑制することが可能となる。

0052

次に、カバーテープ剥離方法について説明する。

0053

図12は、カバーテープ剥離方法の流れを示すフローチャートである。

0054

キャリアテープ300から部品が取り出されるピックアップ位置Pに向かって部品を順次供給し、キャリアテープ300の移送方向に順次送られる複数のキャリアテープ300のうち、先行して送られる先行キャリアテープ312の後に後続してピックアップ位置Pに向かって順方向に送られる後続キャリアテープ311を導入するテープフィーダ200において、まず、部品実装機100は、複数取り付けられているテープフィーダ200の内、後続キャリアテープ311の導入が必要なテープフィーダ200を特定し、その旨、および、対応する部品302の種類を保持しているキャリアテープ300を指定する情報を報知する(S101:報知工程)。

0055

前記情報を認識した作業者は、該当する後続キャリアテープ311を対応するテープフィーダ200に導入する(S102:導入工程)。具体的には、後続キャリアテープ311の移送孔306を補助スプロケット261に係合させる。

0056

後続キャリアテープ311が導入されると、テープフィーダ200は、補助スプロケット261を駆動して、ピックアップ位置Pに対してキャリアテープ300の移送方向の位置決めを行うスプロケット206に至るまで後続キャリアテープ311を移送し、後続キャリアテープ311の移送孔306にスプロケット206のピンを係合させる(S103:係合工程)。

0057

次にテープフィーダ200の押出制御部291は、スプロケット206を順方向に正転駆動させ、後続キャリアテープ311を順方向に所定の長さだけ移送する。これにより、既にテープフィーダ200に取り付けられている先行キャリアテープ312の終端と後続キャリアテープ311の先端とが当接し、先行キャリアテープ312の終端を剥離刃210の刃先よりも順方向における下流側に押し出す(S104:押出工程)。

0058

次に、逆流制御部292は、スプロケット206を順方向とは逆方向に逆転駆動させ、後続キャリアテープ311の先端が剥離刃210の刃先よりも順方向における上流側に位置するまで後続キャリアテープ311を逆方向に移送する(S105:逆流工程)。

0059

押出工程、および、逆流工程により、先行キャリアテープ312による剥離刃210への干渉を排除し、剥離刃210とテープ走行路204との距離を所定の距離に戻すことができる。

0060

逆流工程の後、再移送制御部293は、スプロケット206を順方向に正転駆動させて後続キャリアテープ311を順方向に移送し、剥離刃210によりカバーテープ307をベーステープ304から剥離する(S106:再移送工程)。

0061

以上によれば、作業者がスプライシングなどの複雑な作業をすることなく、高い精度で自動的に後続キャリアテープ311のカバーテープ307をベーステープ304から剥離することが可能となる。

0062

また、後続キャリアテープ311に保持される部品302をピックアップ位置Pに移送した後、部品実装機100からエラー情報を受信したか否かを判断し(S107:判断工程)、エラー情報を受信した場合(S107:Y)、逆流工程(S105)と、再移送工程(S106)とを繰り返してもかまわない(リトライ工程)。

0063

以上によれば、さらに高い精度で後続キャリアテープ311からカバーテープ307を自動的に剥離することが可能となる。

0064

なお、本願発明は、上記実施の形態に限定されるものではない。例えば、本明細書において記載した構成要素を任意に組み合わせて、また、構成要素のいくつかを除外して実現される別の実施の形態を本願発明の実施の形態としてもよい。また、上記実施の形態に対して本願発明の主旨、すなわち、請求の範囲に記載される文言が示す意味を逸脱しない範囲で当業者が思いつく各種変形を施して得られる変形例も本願発明に含まれる。

0065

例えば、剥離刃210は、ブラケット208により付勢部材281を介して取り付けられるものとして説明したが、当該構成に限定されるものではない。例えば剥離刃210は、弾性変形可能に本体201に固定的に取り付けられるものでもよい。

0066

また、テープフィーダ200は、剥離刃210の順方向における下流側に、ベーステープ304の上方を覆い、かつ、ピックアップ位置Pにベーステープ304の凹部305に対応する貫通孔が設けられた板状の上部部材を設けてもかまわない。当該上部部材は、テープフィーダ200の本体201に案内されるベーステープ304を上方から押さえ込む部材であり、上部部材によりベーステープ304を安定して移送することができるものとなっている。

0067

また、キャリアテープ300としてエンボスタイプのものを例示したが、キャリアテープ300は、エンボスタイプばかりでなく、紙テープタイプでも同様である。

0068

また、第一案内体213、および、第二案内体214はローラでも良く、ローラの形状は、円筒はもとより、カバーテープ307を押さえて案内できる部材であれば円柱円錐等の形状であってもかまわない。

0069

また、再移送工程においては、剥離刃210によりカバーテープ307の幅方向(図中X軸方向)の全体をベーステープ304から剥離するものでもかまわない。

0070

また、図13に示すように、剥離済みのカバーテープ307が移送されるカバーテープ307の移送経路を形成する案内部材283を設け、カバーテープ307がベーステープ304から上昇(Z軸方向正の向きに移動)することを抑制しつつカバーテープ307を移送方向の順方向における上流側(Y軸方向負の側)に案内してもかまわない(案内工程)。

0071

また、カバーテープ307を強制的に移送するためにカバーテープ307を挟持しつつ回転する移送ローラ282を設けてもかまわない。

0072

本願発明のテープフィーダ、および、カバーテープ剥離方法は、キャリアテープによって部品が供給される部品実装機に利用可能である。部品実装機とは、プリント基板フレキシブル基板セラミック基板等の基板に部品を実装する装置や、液晶パネルなどに部品を実装する装置等である。

0073

100部品実装機
101 Xビーム
102 Yビーム
103基台
104部品供給部
105ノズル
106 移載ヘッド
200テープフィーダ
201 本体
202装着部
203コネクタ
204テープ走行路
205テープ移送部
206スプロケット
207モータ
208ブラケット
209フィーダ制御部
210剥離刃
211刃先体
212剥離体
213 第一案内体
214 第二案内体
220センサ
261補助スプロケット
281付勢部材
282移送ローラ
283案内部材
291押出制御部
292逆流制御部
293 再移送制御部
294情報通信部
295リトライ部
300キャリアテープ
301基板
302部品
303テープリール
304ベーステープ
305 凹部
306移送孔
307カバーテープ
311後続キャリアテープ
312先行キャリアテープ

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社FUJIの「 トレイ排出システム及び生産ジョブ作成方法」が 公開されました。( 2018/07/05)

    【課題】トレイ型部品供給装置において、空のトレイを自動排出するための準備作業を簡略化する。【解決手段】トレイ型部品供給装置(11)から引き出されたパレット(15)上の空のトレイ(14)をその上方から吸... 詳細

  • ヤマハ発動機株式会社の「 部品実装機、基板搬送装置」が 公開されました。( 2018/06/28)

    【課題】基板の搬送方向の変更に対応可能な技術を提供する。【解決手段】基板に部品を実装する実装ヘッドと、所定方向に平行な搬送経路に沿って基板を搬送する基板搬送部と、搬送経路に突出する進出位置と搬送経路か... 詳細

  • パナソニックIPマネジメント株式会社の「 部品実装装置および部品実装方法」が 公開されました。( 2018/06/28)

    【課題】真空吸引系統、または、エアブロー系統の異常を適切に検出することができる部品実装装置および部品実装方法を提供する。【解決手段】部品実装装置1は、真空吸引する真空吸引手段(真空ポンプ19)と、正圧... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ