図面 (/)

技術 シート折り装置、画像形成装置及び画像形成システム

出願人 株式会社リコー
発明者 中田亨育古橋朋裕永迫秀也山本和也鈴木裕史渡邉賢裕鈴木道貴國枝晶後藤貴一郎
出願日 2012年12月20日 (9年1ヶ月経過) 出願番号 2012-278358
公開日 2014年7月3日 (7年7ヶ月経過) 公開番号 2014-122085
状態 未査定
技術分野 電子写真における紙送り ベルト、ローラ以外の手段による供給 薄板状材料の折畳み、特殊排送装置、その他
主要キーワード 押し込み部材 専用搬送路 正逆転モータ 押し込み位置 切り曲げ パンチ穿孔 シート厚み方向 案内位置
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2014年7月3日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (15)

課題

装置の小型化を図りつつ、折り部形成手段へのシートの折り返し部の誘導や、シート先端の向きを変えてシートの経路変更を行なうことができるシート折り装置、画像形成装置及び画像形成システムを提供する。

解決手段

第1搬送路と、シートに搬送力を付与する第1シート搬送手段と、第1シート搬送手段よりもシート搬送方向下流側に配置され、シートに搬送力を付与する第2シート搬送手段と、シートに折り部を形成する折り部形成手段と、第1搬送路から分岐した第2搬送路とを備えたシート折り装置において、シートの折り返し部分を折り部形成手段に押し込む押し込み位置と、押し込み位置から退避した退避位置との間で移動可能な押し込み部材を有しており、押し込み部材が、第1シート搬送手段から第2シート搬送手段に向かって第1搬送路を搬送されるシートの先端の向きを第2搬送路に向かうように変更する変更手段を兼ねる。

概要

背景

従来、画像形成装置により画像が形成されたシートに対して折り処理を施すシート折り装置を備えた画像形成システムが知られている。シート折り装置として、搬送路中でシートに形成した撓みを、一対のローラ部材である折りローラ対のニップに挟み込んで搬送することで、折り部を形成する折り処理を行なうものが知られている。

特許文献1に記載のシート折り装置では、シート搬送方向に沿って配設され、シートの一部を保持して当該シートに搬送力を付与する上流側ローラ対及び下流側ローラ対が設けられている。また、上流側ローラ対と下流側ローラ対との間でシートを撓ませて形成した折り返し部を挟み込むことで、シートに折り部を形成する折りローラ対が設けられている。そして、上流側ローラ対と下流側ローラ対とによりシートの一部を保持させるとともに、下流側ローラ対によってシート搬送方向上流側へ戻す搬送力をシートに付与することで、上流側ローラ対と下流側ローラ対との間のシート部分に折り返し部が形成される。このように形成された折り返し部を、折りローラ対に案内し挟み込むことでシートに折り部が形成され、シートに折り処理が施される。

概要

装置の小型化をりつつ、折り部形成手段へのシートの折り返し部の誘導や、シート先端の向きを変えてシートの経路変更を行なうことができるシート折り装置、画像形成装置及び画像形成システムを提供する。第1搬送路と、シートに搬送力を付与する第1シート搬送手段と、第1シート搬送手段よりもシート搬送方向下流側に配置され、シートに搬送力を付与する第2シート搬送手段と、シートに折り部を形成する折り部形成手段と、第1搬送路から分岐した第2搬送路とを備えたシート折り装置において、シートの折り返し部分を折り部形成手段に押し込む押し込み位置と、押し込み位置から退避した退避位置との間で移動可能な押し込み部材を有しており、押し込み部材が、第1シート搬送手段から第2シート搬送手段に向かって第1搬送路を搬送されるシートの先端の向きを第2搬送路に向かうように変更する変更手段を兼ねる。

目的

本発明は以上の問題点に鑑みなされたものであり、その目的は、装置の小型化を図りつつ、折り部形成手段へのシートの折り返し部の誘導や、シート先端の向きを変えてシートの経路変更を行なうことができるシート折り装置、そのシート折り装置を備えた画像形成装置及び画像形成システムを提供する

効果

実績

技術文献被引用数
1件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

シートが搬送される第1搬送路と、前記第1搬送路を搬送されるシートを保持して該シートに搬送力を付与する第1シート搬送手段と、前記第1シート搬送手段よりもシート搬送方向下流側に配置され、前記シートを保持して該シートに搬送力を付与する第2シート搬送手段と、該第1シート搬送手段と該第2シート搬送手段との間のシート部分に形成された折り返し部分を挟持することにより該シートに折り部を形成する折り部形成手段と、前記第1搬送路から分岐し、前記折り部形成手段により折り部が形成されたシートが搬送される第2搬送路とを備えたシート折り装置において、前記折り返し部分を押して前記折り部形成手段に押し込む押し込み位置と、該押し込み位置から退避した退避位置との間で移動可能な押し込み部材を有しており、前記押し込み部材が、前記第1シート搬送手段から前記第2シート搬送手段に向かって前記第1搬送路を搬送されるシートの先端の向きを前記第2搬送路に向かうように変更する変更手段を兼ねることを特徴とするシート折り装置。

請求項2

請求項1のシート折り装置において、上記第1シート搬送手段により上記シートの一部を保持させるとともに、上記第2シート搬送手段によりシート搬送方向上流側へ戻す搬送力を該シートに付与することによって、該第1シート搬送手段と該第2シート搬送手段との間のシート部分に折り返し部分を形成するとともに、上記退避位置に位置する上記押し込み部材を上記押し込み位置に移動させて該折り返し部を押し込み上記折り部形成手段に挟持させることによって該シートに折り部を形成することを特徴とするシート折り装置。

請求項3

請求項1または2のシート折り装置において、上記第1搬送手段から搬送されたシートの先端を、上記押し込み位置に位置する上記押し込み部材のガイド面に沿わせて、上記第1搬送路から上記第2搬送路へと案内することを特徴とするシート折り装置。

請求項4

請求項1、2または3のシート折り装置において、上記折り部形成手段によって上記シートに折り部を形成する場合に、該シートの厚みに応じて上記押し込み部材の上記退避位置から上記押し込み位置への移動の有無を変えることを特徴とするシート折り装置。

請求項5

請求項1、2または3のシート折り装置において、上記折り部形成手段によって上記シートに折り部を形成する場合に、該シートの種類に応じて上記押し込み部材の上記退避位置から上記押し込み位置への移動の有無を変えることを特徴とするシート折り装置。

請求項6

請求項1、2または3のシート折り装置において、上記折り部形成手段によって上記シートに折り部を形成する場合に、該シートの厚みに応じて上記押し込み部材の上記退避位置から上記押し込み位置への移動量を変えることを特徴とするシート折り装置。

請求項7

請求項1、2または3のシート折り装置において、上記折り部形成手段によって上記シートに折り部を形成する場合に、該シートの種類に応じて上記押し込み部材の上記退避位置から上記押し込み位置への移動量を変えることを特徴とするシート折り装置。

請求項8

シート上に画像を形成する画像形成手段と、装置本体内に設けられシートに対して折り処理を行なうシート折り手段とを備えた画像形成装置において、前記シート折り手段として、請求項1、2、3、4、5、6または7のシート折り装置を用いたことを特徴とする画像形成装置。

請求項9

シート上に画像を形成する画像形成装置と、前記画像形成装置とは別体で設けられ該画像形成装置によって画像が形成されたシートに折り処理を施すシート折り装置とを備えた画像形成システムにおいて、前記シート折り装置として、請求項1、2、3、4、5、6または7のシート折り装置を用いたことを特徴とする画像形成システム。

技術分野

0001

本発明は、シートに折り処理を行なうシート折り装置、そのシート折り装置を備えた画像形成装置及び画像形成システムに関するものである。

背景技術

0002

従来、画像形成装置により画像が形成されたシートに対して折り処理を施すシート折り装置を備えた画像形成システムが知られている。シート折り装置として、搬送路中でシートに形成した撓みを、一対のローラ部材である折りローラ対のニップに挟み込んで搬送することで、折り部を形成する折り処理を行なうものが知られている。

0003

特許文献1に記載のシート折り装置では、シート搬送方向に沿って配設され、シートの一部を保持して当該シートに搬送力を付与する上流側ローラ対及び下流側ローラ対が設けられている。また、上流側ローラ対と下流側ローラ対との間でシートを撓ませて形成した折り返し部を挟み込むことで、シートに折り部を形成する折りローラ対が設けられている。そして、上流側ローラ対と下流側ローラ対とによりシートの一部を保持させるとともに、下流側ローラ対によってシート搬送方向上流側へ戻す搬送力をシートに付与することで、上流側ローラ対と下流側ローラ対との間のシート部分に折り返し部が形成される。このように形成された折り返し部を、折りローラ対に案内し挟み込むことでシートに折り部が形成され、シートに折り処理が施される。

発明が解決しようとする課題

0004

ところが、厚紙などコシの強いシートを用いた場合などシートの厚さや種類によっては、下流側ローラ対を逆回転させることで形成したシートの折り返し部が折りローラ対のニップに入らず折り不良が発生する虞がある。

0005

特許文献2に記載のシート折り装置には、シートの折り返し部をシート厚み方向に押して折りローラ対のニップに押し込む押し込み位置と、前記押し込み位置から退避した退避位置との間で移動可能な押し込み部材が設けられている。

0006

このような押し込み部材を設けることで、退避位置から押し込み位置に移動させた押し込み部材によって、前記折り返し部を折りローラ対に押し込むことにより、前記折り返し部が確実に折りローラ対のニップに誘導され、適切な折り処理を施すことができる。

0007

一方、シート折り装置では、装置内に折り処理を行なうための専用搬送路を設けずに、シート折り装置の後段に設けられたシート後処理装置などに向けてシートを搬送するための搬送路中に折りローラ対を設けることで、装置の小型化などを図ることができる。このような構成のシート折り装置では、折りローラ対でシートに折り部を形成しない場合に、上流側ローラ対から下流側ローラ対に向かうシートの先端の向きを分岐爪などによって、上流側ローラ対から折りローラ対に向かうように切り換える。そして、上流側ローラ対から折りローラ対を通って当該折りローラ対よりも下流側にある搬送路にシート先端が向かうように、シートの経路変更を行なう必要がある。

0008

しかしながら、折りローラ対への前記折り返し部の誘導や、シートの経路変更を行なうために、前記押し込み部材と前記分岐爪とを設けると、部品数が多くなったり設置スペースが大きくなったりして装置が大型化するといった問題が生じる。

0009

本発明は以上の問題点に鑑みなされたものであり、その目的は、装置の小型化を図りつつ、折り部形成手段へのシートの折り返し部の誘導や、シート先端の向きを変えてシートの経路変更を行なうことができるシート折り装置、そのシート折り装置を備えた画像形成装置及び画像形成システムを提供することである。

課題を解決するための手段

0010

上記目的を達成するために、請求項1の発明は、シートが搬送される第1搬送路と、前記第1搬送路を搬送されるシートを保持して該シートに搬送力を付与する第1シート搬送手段と、前記第1シート搬送手段よりもシート搬送方向下流側に配置され、前記シートを保持して該シートに搬送力を付与する第2シート搬送手段と、該第1シート搬送手段と該第2シート搬送手段との間のシート部分に形成された折り返し部分を挟持することにより該シートに折り部を形成する折り部形成手段と、前記第1搬送路から分岐し、前記折り部形成手段により折り部が形成されたシートが搬送される第2搬送路とを備えたシート折り装置において、前記折り返し部分を押して前記折り部形成手段に押し込む押し込み位置と、該押し込み位置から退避した退避位置との間で移動可能な押し込み部材を有しており、前記押し込み部材が、前記第1シート搬送手段から前記第2シート搬送手段に向かって前記第1搬送路を搬送されるシートの先端の向きを前記第2搬送路に向かうように変更する変更手段を兼ねることを特徴とするものである。

0011

本発明においては、折り部形成手段によって折り部を形成する場合には、押し込み部材によってシートの折り返し部を折り部形成手段に押し込む。また、折り部形成手段によって折り部を形成しない場合には、前記第1シート搬送手段から前記第2シート搬送手段に向かって第1搬送路を搬送されるシートの先端の向きを、第2搬送路に向かうように変更してシートの経路変更を行なう。これにより、一つの押し込み部材で、シートの折り返し部を折り部形成手段へ誘導したり、シートの経路変更を行ったりすることができる。よって、それぞれの機能を別個の部材を設けて行なう場合よりも、部品数や設置スペースを減らすことができ、その分、装置の小型化を図ることができる。

発明の効果

0012

以上、本発明によれば、装置の小型化を図りつつ、折り部形成手段へのシートの折り返し部の誘導や、シート先端の向きを変えてシートの経路変更を行なうことができるという優れた効果がある。

図面の簡単な説明

0013

実施形態に係る折り処理装置1の構成について説明する図。
本実施形態に係る折り処理装置を備える画像形成システムの一例を説明する説明図。
実施形態に係る画像形成システムに備えられた画像形成装置の概略構成図。
実施形態に係る画像形成システムに備えられた折り処理装置の概略構成図。
第2シート搬送手段と折り部形成手段とを独立構成とした他の構成例を示す模式図。
第2正逆転ローラ対に代えて先端ストッパを用いた更に他例を示す模式図。
本実施形態の画像形成システムに備えられたシート後処理装置の概略構成図。
実施形態に係る折り処理装置を備える画像形成システムの他の例を説明する説明図。
案内部材シート面を折り部に案内する動作について説明する図。
(a)〜(c)は、折り処理装置による折り処理によって形成される折り部の一例をそれぞれ示す説明図。
(a)〜(h)は、折り処理装置によりZ折り処理する際の一般的な動作を説明するための説明図。
(a)〜(h)は、折り処理装置により内三つ折り処理する際の一般的な動作を説明するための説明図。
(a)〜(h)は、折り処理装置により外三つ折り処理する際の一般的な動作を説明するための説明図。
案内部材がシート先端を第1折り部形成手段へ案内する動作について説明する図。

実施例

0014

以下、本発明に係るシート搬送装置である折り処理装置を画像形成システムに適用した一実施形態について説明する。

0015

図2は、本実施形態に係る折り処理装置を備える画像形成システムの一例を説明する説明図である。

0016

この例に係る折り処理装置1は、画像形成装置2から排出されたシートに対してシートの後処理を行なうシート後処理装置の1つである。この例の画像形成システムでは、折り処理装置1で折り部が形成されたシートに対して、又は、折り処理装置1では折り部が形成されなかったシートに対して、後処理を行なうシート後処理装置3が設けられている。このシート後処理装置3としては、例えば、シートにパンチ孔を開けるパンチ穿孔装置、ステープラ等によりシート束綴じシート綴じ装置画像形成済みシートを複数の排出トレイ仕分けして排出する仕分排出装置などが挙げられる。

0017

図3は、実施形態に係る画像形成システムに備えられた画像形成装置2の概略構成図である。この画像形成装置2は、装置本体であるプリンタ部100と、給送テーブルである給送部200と、プリンタ部100上に取り付けるスキャナ部300と、スキャナ部300上に取り付ける原稿自動搬送装置(ADF)である原稿搬送部400からなっている。また、画像形成装置2内の各装置の動作を制御する図示しない制御部も備えている。

0018

プリンタ部100は、その中央に中間転写体としての中間転写ベルト10を備えている。中間転写ベルト10は、第一支持ローラ71、第二支持ローラ72及び第三支持ローラ73に掛け回され、図中時計回り表面移動可能となっている。そして、中間転写ベルト10に対向するように、表面にイエロー(Y)、マゼンタ(M)、シアン(C)、ブラック(K)のうちの1色のトナー像をそれぞれ担持する潜像担持体としての4つの感光体ドラム7Y,M,C,Kを備えている。

0019

感光体ドラム7Y,M,C,Kのまわりには、感光体ドラム7Y,M,C,Kの表面を一様に帯電する帯電手段である帯電装置4Y,M,C,Kや、トナー像を形成するための現像手段である現像装置5Y,M,C,Kを備えている。更に、一次転写後の感光体ドラム7Y,M,C,Kの表面に残留しているトナーを除去するクリーニング装置6Y,M,C,Kや、感光体ドラム表面に潤滑剤を塗布する潤滑剤塗布装置8Y,M,C,Kも備えている。

0020

そして、感光体ドラム7Y,M,C,K、現像装置5Y,M,C,K、帯電装置4Y,M,C,K、及び、クリーニング装置6Y,M,C,Kからなるトナー像形成部である作像装置19Y,M,C,Kを構成している。また、4つの作像装置19Y,M,C,Kを横に並べて配置してタンデム画像形成ユニット60が構成する。

0021

第三支持ローラ73と中間転写ベルト10を挟んで対向するように、トナー像を記録体としてのシートP上に転写した後の中間転写ベルト10上に残留する残留トナーを除去するベルトクリーニング装置27を備えている。また、プリンタ部100は、タンデム画像形成ユニット60の上方に露光装置61を備えている。

0022

中間転写ベルト10の内側で各感光体ドラム7Y,M,C,Kと中間転写ベルト10を挟んで対向する位置には、一次転写ローラ9Y,M,C,Kを備えている。一次転写ローラ9Y,M,C,Kは中間転写ベルト10を挟んで感光体ドラム7Y,M,C,Kに押し当てて設けられ、一次転写部を形成している。

0023

一方、中間転写ベルト10を挟んでタンデム画像形成ユニット60と反対の側には、二次転写装置69を備える。二次転写装置69は、二次転写ローラ62と二次転写ベルト張架ローラ63との間に、二次転写ベルト64を掛け渡して構成している。二次転写装置69は、二次転写ローラ62が支持する位置で、二次転写ベルト64が中間転写ベルト10を介して第三支持ローラ73に押し当てられている。そして、二次転写ベルト64と中間転写ベルト10との間で二次転写部としての二次転写ニップ部を形成するように配置されている。

0024

二次転写装置69の図中左側には、シートP上の転写画像定着する定着装置65を備えている。定着装置65は、無端ベルトである定着ベルト66に加圧ローラ67を押し当てて構成する。また、上述した二次転写装置には、二次転写ニップ部でトナー像の転写を受けたシートPを定着装置65へと搬送するシート搬送機能も備えてなる。なお、二次転写装置として、転写ローラや非接触の帯電チャージャを配置してもよく、そのような場合は、このシート搬送機能を併せて備えることは難しくなる。

0025

二次転写装置および定着装置65の下には、上述したタンデム画像形成ユニット60と平行に、シートPの両面に画像を記録すべくシートPを反転するシート反転装置68を備えている。これによって、シートPの片面に画像定着後に、切換爪でシートPの進路をシート反転装置側に切り換え、そこで反転させて再び二次転写ニップ部にシートPを搬送し、トナー像を転写させた後、折り処理装置1に排出させることができる。

0026

スキャナ部300は、コンタクトガラス32上に載置された原稿画像情報を読取センサ36で読み取り、読み取った画像情報をこの制御部に送る。

0027

不図示の制御部は、スキャナ部300から受け取った上記画像情報に基づき、プリンタ部100の露光装置61内に配設された図示しないレーザーLED等を制御して感光体ドラム7に向けてレーザー書き込み光Lを照射させる。この照射により、感光体ドラム7の表面には静電潜像が形成され、この潜像は所定の現像プロセスを経由してトナー像に現像される。

0028

給送部200は、ペーパーバンク43に多段に備える給送カセット44、給送カセットからシートPを繰り出す給送ローラ42、繰り出したシートPを分離して給送路46に送り出す分離ローラ45、給送路48にシートPを搬送する搬送ローラ47等を備えている。

0029

本実施形態の画像形成装置2では、給送部200以外に、手差し給送も可能となっており、手差しのための手差しトレイ51、手差しトレイ51上のシートPを手差し給送路53に向けて一枚ずつ分離する分離ローラ52も装置側面に備えている。

0030

レジストローラ49は、それぞれ給送カセット44又は手差しトレイ51に載置されているシートPを1枚だけ排出させ、中間転写体としての中間転写ベルト10と二次転写装置との間に位置する二次転写ニップ部に送る。

0031

本実施形態の画像形成装置2において、カラー画像コピーをとるときには、原稿搬送部400の原稿台30上に原稿をセットする。または、原稿搬送部400を開いてスキャナ部300のコンタクトガラス32上に原稿をセットして原稿搬送部400を閉じることで原稿を押さえる。

0032

そして、不図示のスタートスイッチを押すと、原稿搬送部400に原稿をセットしたときは原稿をコンタクトガラス32上へと搬送した後、スキャナ部300を駆動し、第一走行体33及び第二走行体34を走行する。他方、コンタクトガラス32上に原稿をセットしたときは直ちに、スキャナ部300を駆動し、第一走行体33及び第二走行体34を走行する。そして、第一走行体33で光源から光を発射するとともに原稿面からの反射光をさらに反射して第二走行体34に向け、第二走行体34のミラーで反射して結像レンズ35を通して読取センサ36に入れ、原稿の画像情報を読み取る。

0033

帯電装置4Y,M,C,Kによって感光体ドラム7Y,M,C,Kの表面が一様に帯電され、スキャナ部300で読み取られた画像情報を色分解して、露光装置61によって各色毎に感光体ドラム7Y,M,C,Kにレーザー書き込みがなされる。これにより、感光体ドラム7Y,M,C,K表面上に静電潜像を形成する。

0034

一例として、Y(イエロー)の画像形成に行いて説明する。感光体ドラム7Cの表面に形成された静電潜像は、現像装置5YによってYトナーを潜像にあわせて現像し、単色のトナー像を形成する。同様にして、順次M(マゼンタ)、C(シアン)、K(黒)の順で各作像装置19M,C,Kでも同様にして感光体ドラム7上で単色のトナ−像を形成する。このように、各感光体ドラム7上にトナー像を形成させるとともに、上記画像情報に応じたサイズのシートPを給送させるべく、4つの給送ローラのうちの1つを作動させる。

0035

また、これと同時に、不図示の駆動モータで第一支持ローラ71、第二支持ローラ72または第三支持ローラ73のうちの1つを回転駆動して他の二つの支持ローラを従動回転し、中間転写ベルト10を回転搬送する。そして、中間転写ベルト10の搬送とともに、感光体ドラム7Y,M,C,K上の単色のトナー像を順次転写して中間転写ベルト10上に合成カラー画像を形成する。

0036

一方、給送部200では給送ローラ42の1つを選択回転、給送カセット44の1つからシートPを繰り出し、分離ローラ45で1枚ずつ分離して給送路46に入れ、搬送ローラ47で給送路48に導き、このシートPをレジストローラ49に突き当てて止める。

0037

または、給送ローラ50を回転して手差しトレイ51上のシートPを繰り出し、分離ローラ52で1枚ずつ分離して手差し給送路53に入れ、同じくレジストローラ49に突き当てて止める。

0038

なお、手差しトレイ51上のシートPを用いる場合は、給送ローラ50を回転して手差しトレイ51上のシートPを繰り出し、分離ローラ52で1枚ずつ分離して手差し給送路53に入れ、同じくレジストローラ49に突き当てて止める。

0039

そして、中間転写ベルト10上の合成カラー画像にタイミングを合わせてレジストローラ49を回転し、中間転写ベルト10と二次転写ローラ62との当接部である二次転写ニップ部にシートPを送り込む。そして、二次転写ニップ部に形成されている転写用電界当接圧力などの影響により、中間転写ベルト10上から合成カラー画像をシートP上に二次転写して、シートP上にカラー画像を記録する。

0040

二次転写ニップ部でカラー画像の転写を受けた後のシートPは、二次転写装置69の二次転写ベルト64で定着装置65へと送り込まれ、定着装置65で加圧ローラ67と定着ベルトとによる加圧力と熱の付与によりカラー画像を定着される。その後、排出ローラ56で折り処理装置1に排出される。

0041

また、両面に画像形成されるシートPは、カラー画像を定着された後、切換爪55で切り換えてシート反転装置68に搬送され、そこで反転されて再び二次転写ニップ部へと導かれ、裏面にも画像を記録して後、排出ローラ56で折り処理装置1に排出される。

0042

一方、二次転写ニップ部でシートPにカラー画像を転写した後の中間転写ベルト10の表面は、残留する残留トナーがベルトクリーニング装置27によって除去され、タンデム画像形成ユニット60による再度の画像形成に備える。

0043

図4は、実施形態に係る画像形成システムに備えられた折り処理装置1の概略構成図である。

0044

本実施形態の折り処理装置1は、画像形成装置2から排出されたシートPを折り処理せずに後段のシート後処理装置3へシートPを搬送するためのスルー搬送路W1を備えている。また、スルー搬送路W1から分岐していて、画像形成装置2から排出されたシートPを折り処理して後段のシート後処理装置3へシートPを搬送するための分岐搬送路W2とを備えている。

0045

画像形成装置2から排出されたシートPを受け入れるスルー搬送路W1の入口側(図中右側)には、第1シート搬送手段としての入口ローラ対11が配置されている。この入口ローラ対11は、回転部材である押圧ローラ11aと対向部材である駆動ローラ11bとから構成されており、駆動ローラ11bは駆動源である入口モータ11mの駆動力によって回転駆動する。

0046

また、スルー搬送路W1の出口側(図中左側)には、第1折りローラ12と、第1折りローラ12に当接配置された第1正逆転ローラ13と、第1正逆転ローラ13に当接配置された押し当てローラ14とが設けられている。第1折りローラ12と第1正逆転ローラ13とのニップを通過することで、シートPはスルー搬送路W1から分岐搬送路W2へ移動することができる。また、第1正逆転ローラ13と押し当てローラ14とのニップを通過することで、スルー搬送路W1を介して後段のシート後処理装置3へシートPを搬送することができる。

0047

更に、本実施形態では、分岐搬送路W2の出口側には、第1正逆転ローラ13に当接配置された第2折りローラ15が設けられている。また、この分岐搬送路W2には、スルー搬送路W1からのシートPが進入する第1折りローラ12と第1正逆転ローラ13とのニップを挟んで、第2折りローラ15の反対側に第2正逆転ローラ対16が設けられている。この第2正逆転ローラ対16は、回転部材である押圧ローラ16aと対向部材である駆動ローラ16bとから構成されており、駆動ローラ16bは駆動源である第2正逆転モータ16mの駆動力によって回転駆動する。

0048

第1正逆転ローラ13は、正逆転可能な第1正逆転モータ13mの駆動力によって正逆転可能に回転駆動することができる。この第1正逆転ローラ13に当接配置されている第1折りローラ12、押し当てローラ14及び第2折りローラ15は、いずれも第1正逆転ローラ13の回転に伴って従動回転する従動ローラである。

0049

また、第2正逆転ローラ対16を構成する駆動ローラ16bは、正逆転可能な第2正逆転モータ16mの駆動力によって正逆転可能に回転駆動することができる。第2正逆転ローラ対16を構成する押圧ローラ16aは、駆動ローラ16bの回転に伴って従動回転する従動ローラである。

0050

本実施形態において、すべての従動ローラは、それぞれ、付勢手段としての加圧スプリング11s,12s,14s,15s,16sによってローラ軸が付勢されており、これにより対向するローラとの間にニップが形成されるようになっている。

0051

また、本実施形態には、入口ローラ対11のシート搬送方向上流側(スルー搬送路W1入口側)には、シートPの端部を検知するシート端部検知手段としての入口センサ21が設けられている。この入口センサ21は、その検知領域に画像形成装置2から搬送されてくるシートPの先端が到達したときに、その旨を示す先端検知信号を図示しない制御部へ出力する。このような入口センサ21としては、公知のセンサを広く利用することができる。

0052

また、本実施形態には、第1正逆転ローラ13と押し当てローラ14とで構成される第2シート搬送手段のシート搬送方向下流側(スルー搬送路W1の出口側)に、シートPの先端を検知するシート先端検知手段としてのシート検知センサ22が設けられている。このシート検知センサ22は、その検知領域にスルー搬送路W1を搬送されてきたシートPの先端が到達したときに、その旨を示す先端検知信号を図示しない制御部へ出力する。このようなシート検知センサ22は、上述した入口センサ21と同様、公知のセンサを広く利用することができる。

0053

また、本実施形態には、第2正逆転ローラ対16のシート搬送方向下流側(分岐搬送路W2の出口側とは反対側)に、シートPの先端を検知するシート検知センサ23が設けられている。このシート検知センサ23は、その検知領域にスルー搬送路W1から分岐搬送路W2へ送り込まれたシートPの先端が到達したときに、その旨を示す先端検知信号を図示しない制御部へ出力する。このようなシート検知センサ23は、上述した入口センサ21やシート検知センサ22と同様、公知のセンサを広く利用することができる。

0054

本実施形態においては、第1正逆転ローラ13と押し当てローラ14とで第2シート搬送手段が構成され、第1折りローラ12と第1正逆転ローラ13とで第1折り部形成手段が構成されている。また、本実施形態では、第1正逆転ローラ13と第2折りローラ15とで、第2折り部形成手段が構成されている。

0055

第2シート搬送手段としては、このようなローラ対の構成ではなく、粘着ローラ吸着ベルトの構成を採用してもよい。また、本実施形態では、第2シート搬送手段を構成する第1正逆転ローラ13と折り部形成手段を構成する第1正逆転ローラ13や第2折りローラ15とが共通のローラである。しかしながら、別々のローラを用いて第2シート搬送手段と折り部形成手段とを別個独立した構成としてもよい。

0056

図5は、第2シート搬送手段と折り部形成手段とを独立構成とした他の構成例を示す模式図である。

0057

図5に示す折り処理装置1は、図4で示した折り処理装置1で、第1正逆転ローラ13に当接配置していた第2折りローラ15を、第1折りローラ12に当接配置して、第1折りローラ12と第2折りローラ15とで折り部形成手段を構成したものである。第2折りローラ15は、正逆転可能な第3正逆転モータ15mの駆動力によって正逆転可能に回転駆動することができる。

0058

なお、図5に示す折り処理装置1においては、分岐搬送路W2の出口側は、図4で示した折り処理装置1とは逆に、スルー搬送路W1の入口側に向かう構成となる。

0059

図6は、第2正逆転ローラ対16に代えて先端ストッパ18を用いた更に他の構成例を示す模式図である。

0060

図6に示す折り処理装置1で用いられる先端ストッパ18は、2つの張架ローラに張架された無端ベルト17の外周面上に設けられている。この無端ベルト17を張架する一方の張架ローラが駆動ローラとなっており、第2正逆転モータ16mの駆動力によって正逆転可能に回転駆動することができる。これにより、無端ベルト17が正逆転可能に回転駆動することで、その無端ベルト17上に設けられた先端ストッパ18の分岐搬送路W2上のシート搬送方向位置を変更することができる。なお、図6に示す折り処理装置1よりも、図4で示した折り処理装置1の方が、小型化の面で有利である。

0061

図7は、本実施形態の画像形成システムに備えられたシート後処理装置3の概略構成図である。

0062

シート後処理装置3は、入口センサ302や入口ローラ対303や分岐爪304や排出ローラ対305や綴じ具310や搬送路340や分岐路341などを備える。

0063

入口センサ302は、折り処理装置1からシート後処理装置3に搬入されたシートPの先端と後端と有無とを検知する。

0064

入口ローラ対303は、シート後処理装置3の入口に位置し、シートPをシート後処理装置3内に搬入する機能を有する。この入口ローラ対303のローラニップを使用してシートPの突き当てスキュー補正も可能となっている。入口ローラ対303は図示しない制御可能な駆動源で駆動される。この駆動源は不図示の制御部で制御され、これにより、駆動源による入口ローラ対303の回転駆動及び停止、並びに入口ローラ対303によるシートPの搬送量が制御される。なお、制御部は、画像形成装置2に設けてもよい。

0065

搬送路340は、受け入れたシートPを搬送排出する通常の経路である。分岐路341は、シートPを重ね合わせて整合するために設けられ、シートPのスイッチバックにより後端側から搬入される搬送路である。

0066

分岐爪304は、シートPの後端を搬送路340から分岐路341へ導くために搬送路を切り換える、回動可能に設けられた爪部材である。また、分岐爪304は、分岐路341の搬送面にシートPを押圧することが可能な構成となっており、この押圧によりシートPを固定可能となっている。

0067

綴じ具310は、金属針を用いないで分岐路341で整合されたシート束を綴じる道具である。本実施形態では、表面に凹凸を有する1対の歯型でシート束を狭持することでシートPを変形させ繊維を絡める綴じ具310を用いている。また、シート束にU字型切り曲げを施し、その曲げ元近傍にスリットを同時に開け、切り曲げた先端部を前記スリットに通して解けないようにすることで、金属針を用いないでシート束を綴じる綴じ具を用いてもよい。なお、シート束を綴じる綴じ手段としては、本実施形態の綴じ具に限定されるものではなく、広く一般的に知られている綴じ具のように綴じる機能があればよい。

0068

排出ローラ対305は、シート後処理装置3の出口に位置し、綴じ具310により綴じられたシート束を、不図示の排出トレイに排出する機能を有する。また、排出ローラ対305は、図示しない制御可能な駆動源で駆動される。この駆動源は前記制御部で制御され、これにより、駆動源による排出ローラ対305の回転駆動及び停止、並びに排出ローラ対305によるシートPの搬送量が制御される。

0069

図8は、本実施形態に係る折り処理装置を備える画像形成システムの他の例を説明する説明図である。

0070

この例に係る折り処理装置1は、画像形成装置2の内部でシートPに折り部を形成するものである。この例の画像形成システムでも、折り処理装置1で折り部が形成されたシートPに対して、又は、折り処理装置1では折り部が形成されなかったシートPに対して、後処理を行なうシート後処理装置3が設けられている。

0071

図8は、折り処理装置1が胴内に配置された画像形成装置2の概略構成図である。同図において、画像形成装置2は、画像形成装置本体101、折り処理装置1、及び、画像読取装置500から構成されている。

0072

画像形成装置本体101は、間接転写方式タンデム型カラー画像形成装置である。図においてほぼ中央部に4色の作像ステーション111Y,C,M,Kが配置された作像部110を有する。また、この作像部110の下方に隣接して、光書き込み装置28が設けられている。また、光書き込み装置28の下方には、給送部120が設けられている。また、給送部120から給送されたシートPを二次転写部140及び定着装置150に搬送する給送搬送路(縦搬送路)130が設けられている。また、定着装置150で画像が定着されたシートPを折り処理装置1側に搬送する排出搬送路160や、一面に画像が形成されたシートPを反転し、他面に画像形成させるための両面搬送路170を備えている。

0073

作像部110は、作像ステーション111Y,C,M,Kの各色用の感光体ドラム20Y,C,M,Kを備えている。この感光体ドラム20Y,C,M,Kの外周に沿って、帯電装置80Y,C,M,K、現像装置70Y,C,M,K、クリーニングユニット40Y,C,M,K、及び、図示しない除電ユニットが配置されている。また、感光体ドラム20Y,C,M,Kに形成された画像を一次転写ローラ74Y,C,M,Kによって中間転写する中間転写ベルト112と、感光体ドラム20Y,C,M,Kに各色毎に画像を書き込む光書き込み装置28とを備えている。

0074

光書き込み装置28は、作像ステーション111の下方に配置され、中間転写ベルト112は作像ステーション111の上側に配置されている。また、作像部110の上方には現像装置70Y,C,M,Kに補給するためのトナーが収容されたトナー収容容器116Y,C,M,Kが交換可能に配置されている。

0075

中間転写ベルト112は、複数の支持ローラによって回転可能に支持されている。前記複数の支持ローラの1つである支持ローラ114は、二次転写部140で中間転写ベルト112を介して二次転写ローラ115と対向し、中間転写ベルト112上の画像をシートPに二次転写できるようになっている。

0076

なお、間接転写方式のタンデム型カラー画像形成装置の画像形成プロセスは公知であり、本発明の要旨とは直接関係しないので、詳細な説明は省略する。

0077

給送部120は給送トレイ121、ピックアップローラ122、給送搬送ローラ123を備え、給送トレイ121からピックアップしたシートPを給送搬送路130に沿って上方に送り出す。

0078

送り出されたシートPは二次転写部140で画像が転写され、定着装置150に送られる。定着装置150は定着ローラ150aと加圧ローラ150bを備え、シートPが両者間のニップを通過する過程で、加熱及び加圧が行われ、トナーがシートPに定着される。

0079

定着装置150の下流には、排出搬送路160と両面搬送路170が設けられ、両者は分岐爪161によって2方向に分岐し、折り処理装置1側に搬送される場合と、両面搬送路170に搬送される場合とで搬送路が選択される。

0080

なお、分岐爪161のシート搬送方向上流側の直近には分岐搬送ローラ162が設けられ、シートPへ搬送力を付与している。

0081

折り処理装置1は、画像形成装置本体101の内部に配置され、画像形成装置本体101から搬送された画像形成済みシートPに折り処理を施し、図8に示したシート後処理装置3に排出するものである。

0082

画像読取装置500は、コンタクトガラス501上にセットされた原稿を光走査して原稿面の画像を読み取る公知のものである。画像読取装置500自体の構成及び機能は公知であり、本発明の要旨とは直接関係しないので、詳細な説明は省略する。

0083

このように構成された画像形成装置本体101では、画像読取装置500から読み取られた原稿データあるいは外部のPCなどから転送された印刷データに基づいて書き込みに使用する画像データを生成する。そして、その画像データに基づいて光書き込み装置28から各感光体ドラム20Y,C,M,Kに対して光書き込みが行われる。各作像ステーション111Y,C,M,Kで各色毎に形成された画像は、順次、中間転写ベルト112に転写され、中間転写ベルト112上に4色の画像が重畳されたカラー画像が形成される。

0084

一方、給送トレイ121からは前記画像形成に応じてシートPが給送される。シートPは、二次転写部140の直前の図示しないレジストローラ位置で一旦停止し、中間転写ベルト112上の画像先端とタイミングを合わせて送り出され、二次転写部140で二次転写され、定着装置150へと送り込まれる。

0085

定着装置150で画像が定着されたシートPは、片面印刷の場合及び両面印刷の両面印刷後の場合には、分岐爪161の切り替え動作により排出搬送路160側へ搬送され、両面印刷の場合には両面搬送路170側へ搬送される。

0086

両面搬送路170に搬送されたシートPは反転後再度、二次転写部140に送り込まれて、他側の面に画像が形成された後、排出搬送路160側に返送される。

0087

排出搬送路160側に搬送されたシートPは、折り処理装置1に搬送され、折り処理装置1で折り処理を施し、あるいは、処理なしでシート後処理装置3に排出される。

0088

なお、この画像形成システムが備えるシート後処理装置3としては、図7に示すシート後処理装置3を用いており、その説明は省略する。

0089

次に、本実施形態に係る折り処理装置1の特徴部について説明する。図1は、実施形態に係る折り処理装置1の構成について説明する図である。

0090

折り処理装置1には、スルー搬送路W1におけるシート搬送方向において入口ローラ対11と第2シート搬送手段(第1正逆転ローラ13及び押し当てローラ14)との間に、案内部材90が設けられている。案内部材90は、駆動モータ92とカム91と引っ張りスプリング93などからなる駆動機構により、シートPの撓み部分(折り返し部分)を押して第1折り部形成手段のニップに押し込む押し込み位置と、押し込み位置から退避した退避位置との間で移動可能である。

0091

前記押し込み位置では、案内部材90がシートPの撓み部分(折り返し部分)を第1折り部形成手段のニップに案内することになる。また、前記押し込み位置に案内部材90を位置させることで、入口ローラ対11から第2シート搬送手段に向かってスリー搬送路W1を搬送されるシートPの先端を分岐搬送路W2に案内することができる。そのため、以後、前記押し込み位置を案内位置という。

0092

図9は、案内部材90がシートPの撓み部分(折り返し部分)を第1折り部形成手段のニップに案内する動作について説明する図である。

0093

シートPの先端が入口センサ21に検知されることで、入口ローラ対11が回転を開始する。なお、入口ローラ対11から押し当てローラ14に向かってシートPを搬送中、案内部材90は退避位置に位置しており、押し当てローラ14に向かって搬送されるシートPの進行を妨げない。

0094

シートPの先端がシート検知センサ22に検知されたところから、押し当てローラ14と第1正逆転ローラ13とのニップ位置からのシートPの先端の突出量が任意の突出量になるまで搬送を続ける。この突出量は、シート長、折り方から決定され、押し当てローラ14の回転量によって判断される。

0095

シートPの先端が突出量に達したところで、入口ローラ対11を搬送方向に回転させたまま、押し当てローラ14が搬送方向に対して逆回転を開始し、シートPに撓み(折り返し部)を形成する。また、押し当てローラ14が逆回転を開始するタイミングの前後または同時に、案内部材90を退避位置から案内位置に移動させて、シートPの撓み部分(折り返し部分)を案内部材90によって押し込む。これにより、第1折り部形成手段を構成する第1折りローラ12と第1正逆転ローラ13とのニップに前記撓み部分(折り返し部分)を進入させて、シートPに折り部を形成することができる。

0096

次に、折り処理装置1でシートPに折り部を形成する折り処理の流れや動作について説明する。

0097

図10(a)〜(c)は、本実施形態の折り処理装置1による折り処理によって形成される折り部の一例をそれぞれ示す説明図である。

0098

本実施形態の折り処理装置1は、シートPに対して2つの外折りの折り部を形成して図10(a)に示すようにZ折りにするZ折り処理を行なうことができる。また、本実施形態の折り処理装置1は、シートPを略三等分に対して2つの内折りの折り部を形成して図10(b)に示すように内三つ折りにする内三つ折り処理を行なうことができる。また、本実施形態の折り処理装置1は、シートPを略三等分に対して2つの外折りの折り部を形成して図10(c)に示すように外三つ折りにする外三つ折り処理を行なうことができる。

0099

図11(a)〜(h)は、折り処理装置1によりZ折り処理する際の一般的な動作を説明するための説明図である。

0100

画像形成装置2側の図示しない排出ローラから搬送力を付与されて搬送されてくるシートPの先端は、まず、入口センサ21に検知される。これにより、入口センサ21から出力される先端検知信号を受信した図示しない制御部は、入口モータ11mを制御して、入口ローラ対11の回転を開始させる(図11(a)、図11(b))。なお、入口ローラ対11から押し当てローラ14に向かってシートPを搬送中、案内部材90は退避位置に位置している。

0101

その後、シートPの先端が入口ローラ対11のニップに進入すると、シートPは、入口ローラ対11からも搬送力が付与されてスルー搬送路W1をその出口側に向けて搬送される。

0102

スルー搬送路W1を搬送されるシートPの先端は、第1正逆転ローラ13と押し当てローラ14とのニップに進入し、このニップを通過した後にシート検知センサ22に検知される。これを検知したシート検知センサ22からの先端検知信号を受信した制御部は、次のような制御を行なう。すなわち、第1正逆転ローラ13と押し当てローラ14とのニップ位置から、シートPの先端が予め決められた突出量だけ突出したところで(図11(c))、第1正逆転モータ13mを制御して第1正逆転ローラ13の回転を停止させる。また、これとともに、入口モータ11mを制御して入口ローラ対11の駆動ローラ11bの回転を停止させる。

0103

このときの突出量は、シートPのシート搬送方向長さや折り処理の内容(折り方等)によって適宜決定されるものである。シートPの先端の突出量は、例えば、シート検知センサ22から出力される先端検知信号の受信タイミングと、押し当てローラ14の回転量とから把握することができる。

0104

その後、第1正逆転モータ13mを制御して、シートPをスルー搬送路W1の入口側へ戻す方向に第1正逆転ローラ13の逆回転を開始させるとともに、入口ローラ対11の回転を開始させる。これにより、入口ローラ対11と第1正逆転ローラ13との間のシート部分に撓みが形成される(図11(d))。また、第1正逆転ローラ13が逆回転を開始するタイミングの前後または同時に、案内部材90を退避位置から案内位置に移動させて、シートPの撓み部分(折り返し部分)を案内部材90によって押し込む。

0105

そして、この撓み部分(折り返し部分)が第1折りローラ12と第1正逆転ローラ13との間のニップに進入することで、その折り返し部分に第1折り部が形成される。第1折りローラ12と第1正逆転ローラ13との間のニップを通過した第1折り部は、分岐搬送路W2に進入し(図11(e))、分岐搬送路W2を第2正逆転ローラ対16に向けて搬送される。

0106

そして、シートPの第1折り部は、第2正逆転ローラ対16のニップに進入し、このニップを通過した後にシート検知センサ23に検知される。これを検知したシート検知センサ23からの先端検知信号を受信した制御部は、次のような制御を行なう。すなわち、第2正逆転ローラ対16のニップ位置から、シートPの第1折り部が予め決められた突出量だけ突出したところで(図11(f))、第1正逆転モータ13mを制御して第1正逆転ローラ13の回転を停止させる。また、これとともに、第2正逆転ローラ対16及び入口ローラ対11の回転を停止させる。このときの突出量も、シートPのシート搬送方向長さや折り処理の内容(折り方等)によって適宜決定されるものである。シートPの第1折り部の突出量は、例えば、シート検知センサ23から出力される先端検知信号の受信タイミングと、第2正逆転ローラ対16の回転量とから把握することができる。

0107

その後、第2正逆転モータ16mを制御して第2正逆転モータ16mを制御して、シートPを分岐搬送路W2の出口側へ向かわせる方向に第2正逆転ローラ対16の逆回転を開始するとともに、第1正逆転ローラ13の逆回転及び入口ローラ対11の回転を再開させる。これにより、第1正逆転ローラ13と第2正逆転ローラ対16との間のシート部分に撓みが形成される(図11(g))。そして、この撓み部分(折り返し部分)が第1正逆転ローラ13と第2折りローラ15との間のニップに進入することで、その折り返し部分に第2折り部が形成される。

0108

第1正逆転ローラ13と第2折りローラ15との間のニップを通過した第2折り部は、分岐搬送路W2の出口側に向けて搬送される(図11(h))。そして、このように2つの折り部が形成されたシートPは、第1正逆転ローラ13からの搬送力を受けて、後段のシート後処理装置3へ搬送される。また、案内部材90を案内位置から退避位置に移動させて、次の折り処理に備える。

0109

図12(a)〜(h)は、折り処理装置1により内三つ折り処理する際の一般的な動作を説明するための説明図である。

0110

図13(a)〜(h)は、折り処理装置1により外三つ折り処理する際の一般的な動作を説明するための説明図である。

0111

内三つ折り処理も外三つ折り処理も、その動作の流れは上述したZ折り処理と同様であるが、上記突出量が異なる。したがって、Z折り処理、内三つ折り処理、外三つ折り処理との間では、第1正逆転ローラ13及び第2正逆転ローラ対16の逆回転を開始するタイミングがそれぞれ異なることになる。

0112

図14は、第1折り部形成手段によってシートPに折り部を形成しない場合、案内部材90によってシート先端の向きを変えてシートPの経路変更を行ない、第1折り部形成手段のニップにシート先端を案内する動作について説明する図である。

0113

シートPの先端が入口センサ21に検知されることで、入口ローラ対11が回転を開始する。そして、図14(a)に示すように、入口ローラ対11により搬送されるシートPの先端が、スルー搬送路W1において案内部材90の位置に到達する前に、案内部材90を退避位置から案内位置に移動させる。これにより、図14(b)に示すように、案内部材90のガイド面に沿ってシートPの先端を、第1折り部形成手段を構成する第1正逆転ローラ13と第1折りローラ12とのニップに案内することができる。

0114

第1折り部形成手段を構成する第1正逆転ローラ13と第1折りローラ12とのニップに先端が到達したシートPは、図14(c)に示すように、入口ローラ対11と第1折り部形成手段とによって搬送され、分岐搬送路W2に案内される。

0115

このように、本実施形態の折り処理装置1では、一つの案内部材90でシートPの撓みを、第1折り部形成手段を構成する第1正逆転ローラ13と第1折りローラ12とのニップへ誘導したり、シート先端の経路変更を行ったりすることができる。よって、折りブレードや分岐爪など、それぞれの機能を有する部材を別途で設ける場合よりも、部品数や設置スペースを減らすことができ、その分、装置の小型化を図ることができる。

0116

また、シートPの厚みや紙種によって、案内部材90の移動の有無を変えたり、案内部材90の移動量を変えたりしてもよい。これにより、必要なシートPにのみ案内部材90を駆動させたり、シートPの厚みや種類に応じた必要な移動量で案内部材90を駆動させたりするので、省エネルギー化を図ることができる。

0117

例えば、薄紙、普通紙、厚紙などシートPの厚みが異なる場合、容易に撓みを形成可能なコシの弱い薄紙では案内部材90を移動させず、撓みを形成し難いコシの強い厚紙では案内部材90を移動させる。これにより、必要なシートPにのみ案内部材90を駆動させるので、省エネルギー化を図ることができる。

0118

なお、シートPとして普通紙を用いる場合には、厚紙ほどコシが強く無いため、案内部材90を移動させなくても、シートPの撓みを第1折り部形成手段のニップに進入させることが可能である。しかしながら、適切な折り処理を確実に行なうためには、普通紙を用いた場合でも、案内部材90を移動させてシートPの撓みを第1折り部形成手段のニップに誘導させるのが好ましい。

0119

また、普通紙と厚紙とで案内部材90を移動させる場合には、案内部材90の移動量を普通紙と厚紙とで変えても良い。すなわち、コシの強い厚紙での前記移動量よりも普通紙での前記移動量を少なくする。これにより、シートPの厚さに応じてコシの強さにあった必要な移動量で案内部材90を駆動させるので、省エネルギー化を図ることができる。なお、普通紙と厚紙とで案内部材90の移動量を変える場合には、予め実験などによって前記移動量を求めておけばよい。

0120

シートPの種類としては、コート紙などのシート表面に加工が施されたものがある。このようなシートPを用いた場合には、案内部材90を移動させて、シートPの撓みを第1折り部形成手段のニップへ誘導を行なうと、案内部材90と接触したシート表面部分が傷つきコートが剥れてしまう虞がある。そのため、シートPとしてコート紙などを用いる場合には、案内部材90を移動させないことで、前述したような不具合が生じるのを抑制することができる。

0121

また、薄紙、普通紙、厚紙などのシートPの厚さによらず、シートPの材質などによってもシートPのコシの強さが異なる。そのため、容易に撓みを形成可能なコシの弱い種類のシートPを用いる場合には案内部材90を移動させず、撓みを形成し難いコシの強い種類のシートPを用いる場合には案内部材90を移動させる。これにより、必要なシートPにのみ案内部材90を駆動させるので、省エネルギー化を図ることができる。

0122

また、コシの強い種類のシートPを用いる場合には、そのコシの強さの程度によってシートPの種類ごとに案内部材90の移動量を変えてもよい。これにより、シートPの種類に応じてコシの強さにあった必要な移動量で案内部材90を駆動させるので、省エネルギー化を図ることができる。なお、シートPの種類ごとに案内部材90の移動量を変える場合には、装置で使用が想定されるシートPの種類ごとに予め実験などによって前記移動量を求めておけばよい。

0123

以上に説明したものは一例であり、本発明は、次の態様毎に特有の効果を奏する。
(態様A)
シートPなどのシートが搬送されるスルー搬送路W1などの第1搬送路と、前記第1搬送路を搬送されるシートの一部を保持してシートに搬送力を付与する入口ローラ対11などの第1シート搬送手段と、前記第1シート搬送手段よりもシート搬送方向下流側に配置され、前記シートの一部を保持してシートに搬送力を付与する第1正逆転ローラ13及び押し当てローラ14などの第2シート搬送手段と、第1シート搬送手段と第2シート搬送手段との間のシート部分に形成された折り返し部分を挟持することによりシートに折り部を形成する第1折り部形成手段などの折り部形成手段と、前記第1搬送路から分岐し、前記折り部形成手段により折り部が形成されたシートが搬送される分岐搬送路W2などの第2搬送路とを備えた折り処理装置1などのシート折り装置において、前記折り返し部分を押して前記折り部形成手段に押し込む押し込み位置と、前記押し込み位置から退避した退避位置との間で移動可能な案内部材90などの押し込み部材を有しており、前記押し込み部材が、前記第1シート搬送手段から前記第2シート搬送手段に向かって前記第1搬送路を搬送されるシートの先端の向きを前記第2搬送路に向かうように変更する変更手段を兼ねる。これよれば、上記実施形態について説明したように、装置の小型化を図りつつ、折り部形成手段へのシートの折り返し部の誘導や、シート先端の向きを変えてシートの経路変更を行なうことができる。
(態様B)
(態様A)において、上記第1シート搬送手段により上記シートの一部を保持させるとともに、上記第2シート搬送手段によりシート搬送方向上流側へ戻す搬送力をシートに付与することによって、第1シート搬送手段と第2シート搬送手段との間のシート部分に折り返し部分を形成するとともに、上記退避位置に位置する上記押し込み部材を上記押し込み位置に移動させて前記折り返し部分を押し込み、折り部形成手段に挟持させることによってシートに折り部を形成する。これによれば、上記実施形態について説明したように、厚紙などのコシの強いシートなど、前記折り返し部分を折り部形成手段へ誘導しづらいシートにも対応することができる。
(態様C)
(態様A)または(態様B)において、上記第1搬送手段から搬送されたシートの先端を、上記押し込み位置に位置する上記押し込み部材のガイド面に沿わせて、上記第1搬送路から上記第2搬送路へと案内する。これによれば、上記実施形態について説明したように、折り部形成手段でシートに折り部を形成せずに、第1搬送路から第2搬送路へシートを適切に案内することができる。
(態様D)
(態様A)、(態様B)または(態様C)において、上記折り部形成手段によって上記シートに折り部を形成する場合に、シートの厚みに応じて上記押し込み部材の上記退避位置から上記押し込み位置への移動の有無を変える。これによれば、上記実施形態について説明したように、必要なシートにのみ押し込み部材を移動させるので、省エネルギー化を図ることができる。
(態様E)
(態様A)、(態様B)または(態様C)において、上記折り部形成手段によって上記シートに折り部を形成する場合に、シートの種類に応じて上記押し込み部材の上記退避位置から上記押し込み位置への移動の有無を変える。これによれば、上記実施形態について説明したように、必要なシートにのみ押し込み部材を移動させるので、省エネルギー化を図ることができる。また、コート紙などのシート表面に加工が施されたシートを用いる場合には、押し込み部材を退避位置から押し込み位置に移動させないことで、シートの表面部分が傷つきコートが剥れてしまうのを抑制することができる。
(態様F)
(態様A)、(態様B)または(態様C)において、上記折り部形成手段によって上記シートに折り部を形成する場合に、シートの厚みに応じて上記押し込み部材の上記退避位置から上記押し込み位置への移動量を変える。これによれば、上記実施形態について説明したように、シートの厚みに応じた必要な移動量で案内部材を移動させるので、省エネルギー化を図ることができる。
(態様G)
(態様A)、(態様B)または(態様C)において、上記折り部形成手段によって上記シートに折り部を形成する場合に、シートの種類に応じて上記押し込み部材の上記退避位置から上記押し込み位置への移動量を変える。これによれば、上記実施形態について説明したように、シートの紙種に応じた必要な移動量で案内部材を移動させるので、省エネルギー化を図ることができる。
(態様H)
シート上に画像を形成する作像部110などの画像形成手段と、装置本体内に設けられシートに対して折り処理を行なう折り処理装置1などのシート折り手段とを備えた画像形成装置2などの画像形成装置において、前記シート折り手段として、(態様A)、(態様B)、(態様C)、(態様D)、(態様E)、(態様F)または(態様G)のシート折り装置を用いた。これによれば、上記実施形態について説明したように、画像が形成されたシートに対して良好な折り処理を施すことができる。
(態様I)
シート上に画像を形成する画像形成装置2などの画像形成装置と、前記画像形成装置とは別体で設けられ画像形成装置によって画像が形成されたシートに折り処理を施す折り処理装置1などのシート折り装置とを備えた画像形成システムにおいて、前記シート折り装置として、(態様A)、(態様B)、(態様C)、(態様D)、(態様E)、(態様F)または(態様G)のシート折り装置を用いた。これによれば、上記実施形態について説明したように、画像が形成されたシートに対して良好な折り処理を施すことができる。

0124

1 折り処理装置
2画像形成装置
3シート後処理装置
4帯電装置
5現像装置
6クリーニング装置
7感光体ドラム
8潤滑剤塗布装置
9一次転写ローラ
10中間転写ベルト
11入口ローラ対
11a押圧ローラ
11b駆動ローラ
11m入口モータ
11s加圧スプリング
12 第1折りローラ
12s 加圧スプリング
13 第1正逆転ローラ
13m 第1正逆転モータ
14 押し当てローラ
14s 加圧スプリング
15 第2折りローラ
15m 第3正逆転モータ
15s 加圧スプリング
16 第2正逆転ローラ対
16a 押圧ローラ
16b 駆動ローラ
16m 正逆転モータ
16s 加圧スプリング
17無端ベルト
18先端ストッパ
19作像装置
20 感光体ドラム
21入口センサ
22シート検知センサ
23 シート検知センサ
27ベルトクリーニング装置
28光書き込み装置
30原稿台
32コンタクトガラス
33 第一走行体
34 第二走行体
35結像レンズ
36 読取センサ
40クリーニングユニット
42給送ローラ
43ペーパーバンク
44 給送カセット
45分離ローラ
46 給送路
47搬送ローラ
48 給送路
49レジストローラ
50 給送ローラ
51手差しトレイ
52 分離ローラ
53 給送路
55 切換爪
56排出ローラ
60タンデム画像形成ユニット
61露光装置
62二次転写ローラ
63二次転写ベルト張架ローラ
64 二次転写ベルト
65定着装置
66定着ベルト
67加圧ローラ
68シート反転装置
69二次転写装置
70 現像装置
71 第一支持ローラ
72 第二支持ローラ
73 第三支持ローラ
74 一次転写ローラ
80 帯電装置
90案内部材
91カム
92駆動モータ
93 引っ張りスプリング
100プリンタ部
101 画像形成装置本体
110作像部
111作像ステーション
112 中間転写ベルト
114 支持ローラ
115 二次転写ローラ
116トナー収容容器
120 給送部
121 給送トレイ
122ピックアップローラ
123 給送搬送ローラ
130 給送搬送路
140二次転写部
150 定着装置
150a定着ローラ
150b 加圧ローラ
160排出搬送路
161分岐爪
162分岐搬送ローラ
170両面搬送路
200 給送部
300スキャナ部
302 入口センサ
303 入口ローラ対
304 分岐爪
305排出ローラ対
310綴じ具
340 搬送路
341分岐路
400原稿搬送部
500画像読取装置
501 コンタクトガラス

先行技術

0125

特開2007−277006号公報
特開2006−52074号公報

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ