図面 (/)

技術 容器に保持されることができる蓋

出願人 原田武
発明者 原田武
出願日 2012年12月21日 (5年1ヶ月経過) 出願番号 2012-289419
公開日 2014年7月3日 (3年7ヶ月経過) 公開番号 2014-122069
状態 未査定
技術分野 容器の蓋
主要キーワード
  • -

この技術の活用可能性のある市場・分野

関連する未来課題
重要な関連分野

この技術に関連する成長市場

関連メディア astavision

  • がん医療

    国立がん研究センターの統計予測は、2015年の国内全がん罹患者数を982,100人、同死亡数を370…

  • 高度運転支援・自動運転

    2015年1月、米国ラスベガスで開催された「2015 International CES (Cons…

  • 地下大空間・地下構造物

    周口店洞窟の北京原人、ラスコーやアルタミラの壁画洞窟に象徴されるように、人類は太古から地下空間を生活…

後で読みたい技術情報を見つけたら、ブックマークしておきましょう!

ページの右上にあるブックマークボタンからこのページをブックマークできます。
あなたがブックマークした技術情報は、いつでもマイページのリストから閲覧することが出来ます。

この項目の情報は公開日時点(2014年7月3日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (3)

課題

容器から外した蓋が安定して容器に保持されることにより、蓋の転落心配がなくなる。そのため蓋をはずした容器に物を差し込んだままにしておくことも容易になる。また、蓋を別途置く場所も不要になり、蓋や周囲の汚染も防ぐことができる蓋を提供する。

解決手段

蓋1に切れ込み2を設け、容器3にこの切れ込み2をはめることができる蓋を特徴とする。容器から外した蓋1に切れ込み2を設け、容器3にこの切れ込み2をはめることで、蓋が安定して容器に保持されることにより、蓋の転落の心配がなくなる。そのため蓋をはずした容器に物を差し込んだままにしておくことも容易になる。また、蓋を別途置く場所も不要になり、蓋や周囲の汚染も防ぐことができる。

概要

背景

従来、容器から外した蓋は、容器に安定して保持されることができなかった。

概要

容器から外した蓋が安定して容器に保持されることにより、蓋の転落心配がなくなる。そのため蓋をはずした容器に物を差し込んだままにしておくことも容易になる。また、蓋を別途置く場所も不要になり、蓋や周囲の汚染も防ぐことができる蓋を提供する。蓋1に切れ込み2を設け、容器3にこの切れ込み2をはめることができる蓋を特徴とする。容器から外した蓋1に切れ込み2を設け、容器3にこの切れ込み2をはめることで、蓋が安定して容器に保持されることにより、蓋の転落の心配がなくなる。そのため蓋をはずした容器に物を差し込んだままにしておくことも容易になる。また、蓋を別途置く場所も不要になり、蓋や周囲の汚染も防ぐことができる。

目的

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

切れ込み(2)を設けて、容器(3)に保持されることができるようにした蓋(1)。

技術分野

0001

この発明は、容器に保持されることができるようにした蓋に関するものである。

背景技術

0002

従来、容器から外した蓋は、容器に安定して保持されることができなかった。

先行技術

0003

発明が解決しようとする課題

0004

これは、次のような欠点があった。
従来、容器から外した蓋を、容器の上に置く場合は不安定であり、容器の上以外に置く場合にも置く場所が必要で、蓋や周囲を汚す恐れもあった。
本発明はこのような欠点をなくすためになされたものである。

課題を解決するための手段

0005

蓋(1)に切れ込み(2)を設け、この切れ込み(2)を容器(3)にはめることができるようにする。

発明の効果

0006

容器から外した蓋が安定して容器に保持されることにより、蓋の転落心配がなくなる。そのため蓋をはずした容器に物を差し込んだままにしておくことも容易になる。また、蓋を別途置く場所も不要になり、蓋や周囲の汚染も防ぐことができる。

図面の簡単な説明

0007

本発明の斜視図である。本発明の斜視図である。

実施例

0008

以下、本発明を実施するための形態について説明する。
容器の蓋(1)に切れ込み(2)を設ける。
本発明は、以上のような構造である。
これを使用するときは、切れ込み(2)を容器(3)の口部分にはめることにより、蓋(1)が安定して容器(3)に保持されるようにすることができる。

0009

1 蓋
2切れ込み
3 容器

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する未来の課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おすすめの成長市場

関連メディア astavision

  • 3Dプリンター医学応用

    3Dプリンタ、正しくは、積層造形(AM:Additive Manufacturing)技術は、今や家…

  • MEMS・マイクロマシン・組込システム

    MEMS (Micro Electro Mechanical Systems:微小電気機械システム)…

  • 画像診断・生体イメージング

    医療の診断において、非侵襲的あるいは低侵襲的な検査方法として、生体組織を可視化するin vivoイメ…

ページトップへ

新着 最近公開された関連が強い技術

  • 桑原幸雄の「包装容器」が公開されました。(2017/12/14)

    【課題】 蓋をはがすときに、容器から中身が飛び出すのを抑えた包装容器を提供する。【解決手段】 包装容器10は、開口部18を備える容器12と、開口部18の周縁に付着されている蓋14を備えている。蓋1... 詳細

  • 日本碍子株式会社の「ガスケット、密閉構造及びグラスライニング製容器」が公開されました。(2017/12/14)

    【課題】グラスライニング製容器の開口を密閉するためのガスケットであって、隙間の調整作業を不要とすることができ、更には開口の密閉性の向上に資するガスケットを提供する。【解決手段】略樽型の垂直断面形状を有... 詳細

  • 日本クロージャー株式会社の「合成樹脂製容器蓋」が公開されました。(2017/12/14)

    【課題】複数個のスリット(30)の上下方向幅を大きくことなくして、容器蓋(2)のスリット(30)を通して容器蓋(2)のスカート壁(6)と容器の口頸部(46)との間に流入する洗浄水の量が増大される合成樹... 詳細

この技術と関連性が強い法人

この技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この技術と関連する未来の課題

関連する未来の課題一覧

この技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ