図面 (/)

技術 油性化粧料

出願人 花王株式会社
発明者 田村英子
出願日 2012年12月14日 (7年6ヶ月経過) 出願番号 2012-273357
公開日 2014年6月30日 (6年0ヶ月経過) 公開番号 2014-118371
状態 特許登録済
技術分野 化粧料
主要キーワード 非固形状 法線応力 法線応力差 針保持具 触り心地 撥油化処理 B型粘度計 直鎖ポリスチレン
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2014年6月30日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (0)

図面はありません

課題

塗布時にのばしやすく、塗布直後の仕上がりむらがなく、肌への密着性に優れた油性化粧料を提供する。

解決手段

次の成分(A)、(B)、(C)及び(D):(A)スチレンイソプレン、スチレン−エチレンプロピレン、スチレン−ブタジエン、スチレン−エチレンブチレン、スチレン−プロピレンブチレン及びスチレン−ブチレンから選ばれる1種又は2種以上のジブロックコポリマー0.01〜15質量%、(B)多価アルコールの一部又は全部がエステル化された油剤0.5〜30質量%、(C)平均粒径30〜500μmの薄片状の光輝性粉体0.1〜20質量%、(D)25℃で固形ワックス4〜30質量%を含有する油性化粧料。

概要

背景

従来、油性化粧料においては、なめらか感触を得るために、種々のポリマーが配合されている。例えば、特許文献1には、特定の分子量のスチレンイソプレン共重合体、スチレン−エチレンプロピレンジブロック共重合体を含有する口唇化粧料が、糸曳きがなく、滑らかな感触が持続することが記載されている。また、特許文献2には、エチレンプロピレンブチレンイソプレンブタジエン及びスチレンから選ばれるブロックポリマーを含有する油性化粧料が、触り心地の良い柔らかな使用感触を有し、安定性に優れ、塗布時には滑らかなのび、化粧効果持続性に優れることが記載されている。
一方、油性化粧料のうちでも、メイクアップ化粧料には、パール感艶感質感等の外観を美しく見せるため、光輝性粉体が配合されている。

概要

塗布時にのばしやすく、塗布直後の仕上がりむらがなく、肌への密着性に優れた油性化粧料を提供する。次の成分(A)、(B)、(C)及び(D):(A)スチレン−イソプレン、スチレン−エチレンプロピレン、スチレン−ブタジエン、スチレン−エチレンブチレン、スチレン−プロピレンブチレン及びスチレン−ブチレンから選ばれる1種又は2種以上のジブロックコポリマー0.01〜15質量%、(B)多価アルコールの一部又は全部がエステル化された油剤0.5〜30質量%、(C)平均粒径30〜500μmの薄片状の光輝性粉体0.1〜20質量%、(D)25℃で固形ワックス4〜30質量%を含有する油性化粧料。なし

目的

本発明は、次の成分(A)、(B)、(C)及び(D):
(A)スチレン−イソプレン、スチレン−エチレンプロピレン、スチレン−ブタジエン、スチレン−エチレンブチレン、スチレン−プロピレンブチレン及びスチレン−ブチレンから選ばれる1種又は2種以上のジブロックコポリマー0.01〜15質量%、
(B)多価アルコールの一部又は全部がエステル化された油剤0.5〜30質量%、
(C)平均粒径30〜500μmの薄片状の光輝性粉体0.1〜20質量%、
(D)25℃で固形のワックス4〜30質量%
を含有する油性化粧料を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

次の成分(A)、(B)、(C)及び(D):(A)スチレンイソプレン、スチレン−エチレンプロピレン、スチレン−ブタジエン、スチレン−エチレンブチレン、スチレン−プロピレンブチレン及びスチレン−ブチレンから選ばれる1種又は2種以上のジブロックコポリマー0.01〜15質量%、(B)多価アルコールの一部又は全部がエステル化された油剤0.5〜30質量%、(C)平均粒径30〜500μmの薄片状の光輝性粉体0.1〜20質量%、(D)25℃で固形ワックス4〜30質量%を含有する油性化粧料

請求項2

成分(B)が、ジペンタエリスリトール又はジグリセリンの一部又は全部がエステル化された油剤である請求項1記載の油性化粧料。

請求項3

成分(A)及び(D)の質量割合(A)/(D)が、0.01〜3.7である請求項1又は2記載の油性化粧料。

請求項4

成分(A)及び(C)の質量割合(A)/(C)が、0.01〜30である請求項1〜3のいずれか1項記載の油性化粧料。

請求項5

成分(B)及び(C)の質量割合(B)/(C)が、0.05〜50である請求項1〜4のいずれか1項記載の油性化粧料。

請求項6

成分(B)が、トリイソステアリン酸ジグリセリルテトライソステアリン酸ジグリセリル、テトラオクタン酸ペンタエリスリチル、テトライソステアリン酸ジペンタエリスリチル及びヘキサヒドロキシステアリン酸ジペンタエリスリチルから選ばれる1種又は2種以上の油剤である請求項1〜5のいずれか1項記載の油性化粧料。

請求項7

口唇化粧料である請求項1〜6のいずれか1項記載の油性化粧料。

技術分野

0001

本発明は、油性化粧料に関する。

背景技術

0002

従来、油性化粧料においては、なめらか感触を得るために、種々のポリマーが配合されている。例えば、特許文献1には、特定の分子量のスチレンイソプレン共重合体、スチレン−エチレンプロピレンジブロック共重合体を含有する口唇化粧料が、糸曳きがなく、滑らかな感触が持続することが記載されている。また、特許文献2には、エチレンプロピレンブチレンイソプレンブタジエン及びスチレンから選ばれるブロックポリマーを含有する油性化粧料が、触り心地の良い柔らかな使用感触を有し、安定性に優れ、塗布時には滑らかなのび、化粧効果持続性に優れることが記載されている。
一方、油性化粧料のうちでも、メイクアップ化粧料には、パール感艶感質感等の外観を美しく見せるため、光輝性粉体が配合されている。

先行技術

0003

特開2009−155285号公報
特開2007−277115号公報

発明が解決しようとする課題

0004

しかしながら、光輝性粉体は、凝集しやすい性質があり、ワックスを含有する油性化粧料においては著しく、や肌に塗布したときに、皮溝小じわ落ち込み、すじ状のむらになるという課題があった。また、肌への密着性の点でも課題があることを見出した。

課題を解決するための手段

0005

本発明者らは、ワックス、光輝性粉体を含有する油性化粧料に、特定のジブロックコポリマーと特定のエステル油を併用することで、光輝性粉体の分散性が改善し、均一に塗布することができ、塗布直後の仕上がりのむらを防ぎ、肌への密着性に優れ、さらに、時間が経過しても、パールむらを抑制できることを見出した。

0006

本発明は、次の成分(A)、(B)、(C)及び(D):
(A)スチレン−イソプレン、スチレン−エチレンプロピレン、スチレン−ブタジエン、スチレン−エチレンブチレン、スチレン−プロピレンブチレン及びスチレン−ブチレンから選ばれる1種又は2種以上のジブロックコポリマー0.01〜15質量%、
(B)多価アルコールの一部又は全部がエステル化された油剤0.5〜30質量%、
(C)平均粒径30〜500μmの薄片状の光輝性粉体0.1〜20質量%、
(D)25℃で固形のワックス4〜30質量%
を含有する油性化粧料を提供するものである。

発明の効果

0007

本発明の油性化粧料は、塗布時にのばしやすく、塗布直後の仕上がりのむらを防ぎ、肌への密着性に優れるものである。また、塗布後、長時間経過しても、パールむらを抑制できる。

0008

本発明で用いる成分(A)のジブロックコポリマーは、スチレン−イソプレン、スチレン−エチレンプロピレン、スチレン−ブタジエン、スチレン−エチレンブチレン、スチレン−プロピレンブチレン及びスチレン−ブチレンから選ばれるものである。中でも、滑らかさ、パールむらを抑制できる点から、スチレン−エチレンプロピレン、スチレン−エチレンブチレンのジブロックコポリマーが好ましく、唇への密着性、長時間経過しても、パールむらを抑制できる点から、スチレン−エチレンブチレンのジブロックコポリマーがより好ましい。
これらのジブロックコポリマーは、数平均分子量10万〜300万であるのが好ましく、15万〜150万がより好ましい。数平均分子量(Mn)は、ゲルパーミエーション液体クロマトグラフィー(THF溶媒直鎖ポリスチレン標準として定められた較正曲線屈折率検出器)によって求められる。この範囲内のものを用いることにより、糸曳きを生じず、滑らかな感触が持続する。
また、スチレンと、イソプレン、エチレンプロピレン、ブタジエン、エチレンブチレン、プロピレンブチレン又はブチレンとの質量割合は、滑らかな感触の点から、10/90〜50/50が好ましく、20/80〜40/60がより好ましい。

0009

ジブロックコポリマーは、スクワランと混合して5質量%溶液になるように調整し、80℃に加熱したときに、均一溶解するものであり、塗布時の伸びの良好さ点で好ましい。また、同条件で、リンゴ酸ジイソステアリルにも均一溶解し、塗布時の伸びの良好さ点で好ましい。
また、ジブロックコポリマーは、滑らかな感触(伸びの良さ)の点から、スクワラン5質量%溶液の25℃における粘度が500〜50,000mPa・sであるのが好ましく、1,000〜35,000mPa・sがより好ましい。なお、粘度は、B型粘度計回転数6rpmとローターNo.4)により測定するものである。また、トリブロックコポリマーは、油剤に溶け難くゴム状になるので、化粧料中に含有しないことが好ましい。

0010

このようなジブロックコポリマーとしては、例えば、KratonG1701、KratonG1702(クレイトン社製)、Viscup P(Arch社製)、油剤に分散されたVersagel ME1600(Penreco社製)等の市販品を用いることができる。

0011

成分(A)は、1種又は2種以上を用いることができ、含有量は、塗布時にのばしやすく、塗布直後の仕上がりのむらを防ぎ、肌への密着性に優れ、塗布後、長時間時間経過しても、パールむらを抑制する点から、全組成中に0.01質量%以上であり、0.1質量%以上が好ましく、1質量%以上がより好ましい。そして、塗布直後の仕上がりのむらを防ぎ、肌への密着性に優れ、塗布後、長時間時間経過しても、パールむらを抑制する点から、15質量%以下であり、13質量%以下が好ましく、12質量%以下がより好ましく、10質量%以下がさらに好ましい。また、成分(A)の含有量は、全組成中に0.01〜15質量%であり、0.1〜13質量%が好ましく、1〜12質量%がより好ましく、1〜10質量%がさらに好ましい。

0012

成分(B)の油剤は、多価アルコールの一部又は全部がエステル化されたものである。
成分(B)としては、グリセリンポリグリセリンペンタエリスリトールジペンタエリスリトール等の2〜6価の多価アルコールの一部又は全部がエステル化された油剤が好ましく、なかでも、ジグリセリン、ペンタエリスリトール、ジペンタエリスリトール等の多価アルコールの一部又は全部がエステル化された油剤がより好ましく、ジペンタエリスリトール又はジグリセリンの一部又は全部がエステル化された油剤が更に好ましい。
多価アルコールをエステル化する脂肪酸は、炭素数6〜24の脂肪酸が好ましく、炭素数8〜20の脂肪酸がより好ましい。脂肪酸は、直鎖や分岐でも良く、ヒドロキシ基を含んでも良く、25℃で液状の油剤であることが好ましい。
成分(B)としては、トリイソステアリン酸ジグリセリルテトライソステアリン酸ジグリセリル、テトラオクタン酸ペンタエリスリチル、テトライソステアリン酸ジペンタエリスリチルヘキサヒドロキシステアリン酸ジペンタエリスリチル等が好ましく、ヘキサヒドロキシステアリン酸ジペンタエリスリチルがより好ましい。

0013

成分(B)は、1種又は2種以上を用いることができ、含有量は、塗布時にのばしやすく、塗布直後の仕上がりのむらを防ぎ、肌への密着性に優れ、塗布後、長時間経過しても、パールむらを抑制する点から、全組成中に0.5質量%以上であり、1質量%以上が好ましく、2質量%以上がより好ましい。そして、塗布直後の仕上がりのむらを抑制し、肌への密着性に優れ、塗布後、長時間経過しても、パールむらを抑制する点から、30質量%以下であり、20質量%以下が好ましく、15質量%以下がより好ましい。また、成分(B)の含有量は、全組成中に0.5〜30質量%であり、1〜20質量%が好ましく、2〜15質量%がより好ましい。

0014

本発明においては、成分(B)以外のエステル油を含有することもできる。
かかるエステル油としては、例えば、イソノナン酸イソノニルイソノナン酸イソトリデシルミリスチン酸イソプロピル、イソステアリン酸イソプロピルジカプリン酸ネオペンチルグリコール、リンゴ酸ジイソステアリル等が挙げられる。
この場合において、肌への密着性に優れる点から、成分(B)を含む全エステル油中の成分(B)の割合は、8〜100質量%であるのが好ましく、15〜90質量%がより好ましく、30〜70質量%がさらに好ましい。

0015

成分(C)の光輝性粉体は、平均粒径30〜500μmの薄片状の光輝性粉体であり、光輝感、発色の点から、平均粒径40〜400μmの薄片状の光輝性粉体が好ましい。
また、アスペクト比(長辺/厚み)は、光輝感、発色、使用感の点から、5以上が好ましく、10以上がより好ましく、500以下が好ましく、200以下がより好ましい。成分(A)のアスペクト比は、5〜500が好ましく、10〜200がより好ましい。
かかる光輝性粉体としては、雲母合成金雲母ガラスシリカアルミナ等の板状粉体の表面を、酸化チタン酸化鉄酸化ケイ素紺青酸化クロム水酸化クロム、金、銀、カルミン有機顔料等の着色剤の1種又は2種以上で被覆したものなどのほか、ポリエチレンテレフタレートポリメチルメタクリレート積層末、ポリエチレンテレフタレート・アルミ蒸着末、ポリエチレンテレフタレート・金蒸着積層末などの、フィルム原反任意形状断裁したものなどを用いることができる。
これらの粉体は、通常の方法により、撥水処理、撥水・撥油化処理等の各種表面処理を施したものを用いることもできる。

0016

成分(C)は、1種又は2種以上を用いることができ、含有量は、光輝感に優れる点から、全組成中に0.1質量%以上であり、1質量%以上が好ましく、2質量%以上がより好ましい。そして、光輝感・使用性の点から、20質量%以下であり、15質量%以下が好ましく、8質量%以下がより好ましい。また、成分(A)の含有量は、全組成中に0.1〜20質量%であり、1〜15質量%が好ましく、2〜8質量%がより好ましい。

0017

本発明において、成分(A)及び(C)の質量割合(A)/(C)は、塗布直後の仕上がりのむらを防ぎ、肌への密着性に優れる点から、0.01以上が好ましく、0.1以上がより好ましく、0.2以上が更に好ましい。そして、塗布直後の仕上がりのむらを防ぎ、肌への密着性に優れる点から、30以下が好ましく、10以下がより好ましく、3以下が更に好ましい。また、成分(A)及び(C)の質量割合(A)/(C)は、0.01〜30が好ましく、0.1〜10がより好ましく、0.2〜3が更に好ましい。

0018

また、本発明において、成分(B)及び(C)の質量割合(B)/(C)は、塗布直後の仕上がりのむらを防ぎ、肌への密着性に優れる点から、0.05以上が好ましく、0.1以上がより好ましく、0.5以上が更に好ましい。そして、塗布直後の仕上がりのむらを防ぎ、肌への密着性に優れる点から、50以下が好ましく、20以下がより好ましく、4以下が更に好ましい。また、成分(B)及び(C)の質量割合(B)/(C)は、0.05〜50が好ましく、0.1〜20がより好ましく、0.5〜4が更に好ましい。

0019

成分(D)のワックスは、25℃で固形のものである。
かかるワックスとしては、通常の化粧料に用いられるものであれば制限されず、例えば、オゾケライトセレシン等の鉱物系ワックスパラフィンマイクロクリスタリンワックスペトロラタム等の石油系ワックスフィッシャートロプシュワックスポリエチレンワックス等の合成炭化水素カルナウバロウキャンデリラロウライスワックス、木ロウサンフラワーワックス等の植物系ワックスミツロウ、鯨ロウ等の動物性ワックスシリコーンワックス、合成ミツロウ等の合成ワックス;脂肪酸、高級アルコール及びこれらの誘導体が挙げられる。なかでも、セレシン、パラフィン、マイクロクリスタリンワックスが好ましい。

0020

成分(D)は、スティック等の形成、油の染み出し抑制、潤いの付与、塗布膜の持続性向上などの点から、融点50℃以上、140℃以下のものが好ましく、60℃以上、110℃以下がより好ましい。

0021

本発明で用いる成分(D)のワックスは、25℃で固形のワックスであり、唇への密着性、使用感の滑らかさ、潤い性能が高い点から、25℃での針入度が0.1以上、110以下の25℃で固形の油性成分を含むことが好ましい。
ここで、針入度は、25±0.1℃に保ったワックスの試料に、規定の針(針の質量2.5±0.02g、針保持具の質量47.5±0.02g、おもりの質量50±0.05g)が、5秒間に針入する長さを測定し、その針入距離(mm)を10倍した値を針入度とするものであり、JIS K−2235−5.4(1991年)に準じて測定した値である。

0022

成分(D)は、1種又は2種以上を用いることができ、塗布後の持続性、使用感、潤い性、塗布直後の仕上がりのむらを防ぎ、肌への密着性に優れ、塗布後、長時間経過しても、パールむらを抑制する点から、含有量は、全組成中に4質量%以上であり、5質量%以上が好ましく、6質量%以上がより好ましい。そして、塗布直後の仕上がりのむらを防ぎ、肌への密着性に優れ、塗布後、長時間経過しても、パールむらを抑制する点から、30質量%以下であり、20質量%以下が好ましく、15質量%以下がより好ましい。また、成分(D)の含有量は、4〜30質量%であり、5〜20質量%が好ましく、6〜15質量%がより好ましい。

0023

本発明において、成分(A)及び(D)の質量割合(A)/(D)は、塗布直後の仕上がりのむらを防ぎ、肌への密着性に優れ、塗布後、長時間経過しても、パールむらを抑制する点から、0.01以上が好ましく、0.05以上がより好ましく、0.1以上が更に好ましい。そして、塗布直後の仕上がりのむらを防ぎ、肌への密着性に優れ、塗布後、長時間経過しても、パールむらを抑制する点から、3.7以下が好ましく、2以下がより好ましく、1.2以下が更に好ましい。また、成分(A)及び(D)の質量割合(A)/(D)は、0.01〜3.7が好ましく、0.05〜2がより好ましく、0.1〜1.2が更に好ましい。

0024

本発明の油性化粧料は、更に、通常の化粧料に用いられる成分、例えば、前記以外の油性成分、前記以外の粉体、界面活性剤低級アルコール、多価アルコール、高分子化合物紫外線吸収剤酸化防止剤香料防汚剤保湿剤、水等を含有することができる。

0025

本発明の油性化粧料は、通常の方法により、製造することができ、固形状、非固形状のいずれのものにもすることができる。例えば、口紅リップクリームリップグロスリップライナー等の口唇化粧料として好適である。

0026

また、本発明の油性化粧料は、粘弾性測定において、法線応力を示すものである。法線応力とは、材料にせん断を与えた際に、せん断面垂直方向に発生する面を押し広げるように働く応力である。具体的には、化粧料をガラスシャーレ中でスパチュラを用いて押しつぶし、ダマがなくなるまで、練りまぜた後、回転式粘弾性測定装置(例えば、アントンパール社製、MCR−301)を用い、直径25mmコーンプレート(CP25-2)、30℃にて、ずり速度0.001s-1から1000s-1までの間を、対数軸で等分して19点を低ずり速度側から測定するとき、ずり速度1000s-1までに10Pa以上の第1法線応力差N1を示す。第1法線応力差N1の範囲は1000s-1において、100Pa以上が好ましく、200Pa以上がより好ましく、500Pa以上がさらに好ましく、15000Pa以下が好ましく、10000Pa以下がより好ましく、4000Pa以下がさらに好ましい。方線応力の範囲は1000s-1において、100〜15000Paが好ましく、200〜10000Paがより好ましく、500〜4000Paが更に好ましい。
上述した実施形態に関し、本発明は、更に以下の組成物を開示する。

0027

<1>次の成分(A)、(B)、(C)及び(D):
(A)スチレン−イソプレン、スチレン−エチレンプロピレン、スチレン−ブタジエン、スチレン−エチレンブチレン、スチレン−プロピレンブチレン及びスチレン−ブチレンから選ばれる1種又は2種以上のジブロックコポリマー0.01〜15質量%、
(B)多価アルコールの一部又は全部がエステル化された油剤0.5〜30質量%、
(C)平均粒径30〜500μmの薄片状の光輝性粉体0.1〜20質量%、
(D)25℃で固形のワックス4〜30質量%
を含有する油性化粧料。

0028

<2>成分(A)の含有量が、全組成中に、0.01質量%以上であり、0.1量%以上が好ましく、1質量%以上がより好ましく、15質量%以下であり、13質量%以下が好ましく、12質量%以下がより好ましく、10質量%以下がさらに好ましい前記<1>記載の油性化粧料。
<3>成分(B)の含有量が、全組成中に0.5質量%以上であり、1質量%以上が好ましく、2質量%以上がより好ましく、30質量%以下であり、20質量%以下が好ましく、15質量%以下がより好ましい前記<1>又は<2>記載の油性化粧料。
<4>成分(C)の含有量が、全組成中に0.1質量%以上であり、1質量%以上が好ましく、2質量%以上がより好ましく、20質量%以下であり、15質量%以下が好ましく、8質量%以下がより好ましい前記<1>〜<3>のいずれか1記載の油性化粧料。

0029

<5>成分(D)の含有量が、全組成中に4質量%以上であり、5質量%以上が好ましく、6質量%以上がより好ましく、30質量%以下であり、20質量%以下が好ましく、15質量%以下がより好ましい前記<1>〜<4>のいずれか1記載の油性化粧料。
<6>成分(B)が、グリセリン、ポリグリセリン、ペンタエリスリトール及びジペンタエリスリトールから選ばれる2〜6価の多価アルコールの一部又は全部がエステル化された油剤が好ましく、ジグリセリン、ペンタエリスリトール及びジペンタエリスリトールから選ばれる多価アルコールの一部又は全部がエステル化された油剤がより好ましく、ジペンタエリスリトール又はジグリセリンの一部又は全部がエステル化された油剤が更に好ましい前記<1>〜<5>のいずれか1記載の油性化粧料。

0030

<7>成分(A)及び(D)の質量割合(A)/(D)が、0.01以上が好ましく、0.05以上がより好ましく、0.1以上が更に好ましく、3.7以下が好ましく、2以下がより好ましく、1.2以下が更に好ましい。前記<1>〜<6>のいずれか1記載の油性化粧料。
<8>成分(A)及び(C)の質量割合(A)/(C)が、0.01以上が好ましく、0.1以上がより好ましく、0.2以上が更に好ましく、30以下が好ましく、10以下がより好ましく、3以下が更に好ましい前記<1>〜<7>のいずれか1記載の油性化粧料。

0031

<9>成分(B)及び(C)の質量割合(B)/(C)が、0.05以上が好ましく、0.1以上がより好ましく、0.5以上が更に好ましく、50以下が好ましく、20以下がより好ましく、4以下が更に好ましい前記<1>〜<8>のいずれか1記載の油性化粧料。
<10>成分(B)が、トリイソステアリン酸ジグリセリル、テトライソステアリン酸ジグリセリル、テトラオクタン酸ペンタエリスリチル、テトライソステアリン酸ジペンタエリスリチル及びヘキサヒドロキシステアリン酸ジペンタエリスリチルから選ばれる1種又は2種以上の油剤が好ましい前記<1>〜<9>のいずれか1記載の油性化粧料。
<11>口唇化粧料である前記<1>〜<10>のいずれか1記載の油性化粧料。

0032

実施例1〜12及び比較例1〜5
表1及び表2に示す組成の油性化粧料(口紅)を製造し、第1法線応力差N1を測定するとともに、塗布時ののばしやすさ、塗布直後の仕上がりのムラのなさ、唇塗布3時間経過後の唇への密着性の良さ及びパールムラのなさを評価した。結果を表1及び表2に併せて示す。

0033

(製造方法)
色材以外の基剤原料加熱溶解して均一に混合した。これに色材原料を加え、加熱状態ディスパーザーにて均一に分散させ、脱泡した後、型に流し込んで成型して、口紅を得た。

0034

評価方法
(1)第1法線応力差N1の測定:
化粧料をガラスシャーレ中でスパチュラを用いて押しつぶし、ダマがなくなるまで、練りまぜた後、回転式粘弾性測定装置(例えば、アントンパール社製、MCR−301)を用い、直径25mmコーンプレート(CP25-2)、30℃にて、ずり速度0.001s-1から1000s-1までの間を、対数軸で等分して19点を低ずり速度側から測定するとき、ずり速度1000s-1までに10Pa以上の第1法線応力差N1を測定する。

0035

(2)塗布時ののばしやすさ:
専門パネラー10名により、各油性化粧料を肌へ塗布したときののばしやすさを官能評価した。結果を、良好であると評価したパネラーの人数で示した。

0036

(3)塗布直後の仕上がりのムラのなさ:
専門パネラー10名により、各油性化粧料を肌へ塗布したとき、塗布直後の仕上がりのムラのなさを官能評価した。結果を、良好であると評価したパネラーの人数で示した。

0037

(4)唇塗布3時間経過後の密着性の良さ:
専門パネラー10名により、各油性化粧料を唇に塗布して3時間経過後、唇への密着性の良さを官能評価した。結果を、良好であると評価したパネラーの人数で示した。

0038

(5)唇塗布3時間経過後のパールムラのなさ:
専門パネラー10名により、各油性化粧料を唇に塗布して3時間経過後、パールムラのなさを官能評価した。結果を、良好であると評価したパネラーの人数で示した。

0039

0040

0041

実施例13〜16
表3に示す組成の油性化粧料(液状口紅)を製造し、実施例1〜12と同様にして、第1法線応力差N1を測定するとともに、塗布時ののばしやすさ、塗布直後の仕上がりのムラのなさ、唇への密着性の良さ及び唇塗布3時間経過後のパールムラのなさを評価した。結果を表3に併せて示す。

0042

(製造方法)
色材以外の基剤原料を加熱溶解して均一に混合した。これに色材原料を加え、加熱状態でディスパーザーにて均一に分散させ、脱泡した後、チップ付きボトルに流し込み、液状口紅を得た。

実施例

0043

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 丸善製薬株式会社の「 皮膚化粧料、頭髪化粧料および飲食品」が 公開されました。( 2020/04/09)

    【課題】天然物由来の化合物の中から抗肥満作用、サイクリックAMPホスホジエステラーゼ活性阻害作用、ジペプチジルペプチダーゼIV活性阻害作用、抗老化作用、育毛作用、抗男性ホルモン作用、美白作用、または抗... 詳細

  • ユニ・チャーム株式会社の「 化粧用シート」が 公開されました。( 2020/04/09)

    【課題】肌触りの向上と、吸液性及び液戻りの向上と、を両立できる化粧用シートを提供する。【解決手段】化粧用シート(1)は、一方側の面に配置されたスパンレース不織布(20)と、スパンレース不織布(20)に... 詳細

  • 株式会社マンダムの「 整髪剤組成物」が 公開されました。( 2020/04/09)

    【課題】アレンジ力に優れながらも、毛髪に硬さを付与し、整髪後は乾いた仕上がりとなる整髪剤組成物を提供する。【解決手段】下記成分(A)、下記成分(B)、下記成分(C)、及び下記成分(D)を含有し、前記成... 詳細

この 技術と関連性が強い法人

関連性が強い法人一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ