図面 (/)

技術 画像比較機能を備えた顧客管理システム、画像比較機能を備えた顧客管理システムを利用したゴルフレッスン支援システム

出願人 株式会社オカダ電子
発明者 岡田洋介
出願日 2013年10月8日 (7年4ヶ月経過) 出願番号 2013-211445
公開日 2014年6月26日 (6年7ヶ月経過) 公開番号 2014-115984
状態 特許登録済
技術分野 画像処理 特定用途計算機 スタジオ装置 訓練用具 イメージ分析
主要キーワード 特定範囲外 改善具 反転比 右合わせ スイング角度 タブレット型コンピューター 比較エリア 有料アプリ
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2014年6月26日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (18)

課題

従来の顧客管理では、顧客のデータは顧客集客のためのダイレクトメールを送る住所管理などには使えたが、目の前にいる顧客本人美容医療やその他サービス又は処置を施したときの状態を見せるような用途には使うことができなかった。

解決手段

タブレット型コンピューターを用いて行う顧客管理システムにおいて、タブレット型コンピューターには顧客の画像を入力する画像入力手段2と、顧客管理情報及び画像のデータを蓄積できる記憶部4と、画像入力手段2で撮像した画像を加工する加工手段7と、加工手段7で加工した画像を表示する表示手段3と、表示手段3で表示した表示部分に操作を行うためのタッチパネル6を有し、画像入力手段2で撮像した又は加工手段7で加工した複数の画像を顧客管理情報に関連付けてタブレット型コンピューターに表示できることを特徴とする。

概要

背景

従来顧客管理には様々なニーズがあり、それに対応する仕組みが提案・実施されてきた。もっとも基本的なものは顧客の住所・氏名・電話番号などをコンピューターに記憶させておき、顧客が増えるたびに顧客のそれらのデータを積み上げ、次の拡販のためのダイレクトメールを送るなどの用途に使われていた。近年ではこのような顧客データを集めるだけではなく、積極的に顧客の移動体端末からのアクセス受け入れ利用状況などを把握するようにして顧客のニーズにあった商品を提供できるように、かつ他店差別化ができるような顧客管理システムが提案されてきた。(特許文献1参照)

また、目の前にいる顧客に対して、接客として画像(静止画又は動画)を用いることは行われていた。即ち、例えば化粧品販売に際して美容処置後に肌の細かな部分を調べるためにカメラを使用して映像装置に映すことで、美容処置の出来具合を客に示し、販売促進を行うというものである。また、例えばゴルフ教室に際してスイング補正後にスイング軌道の細かな部分を調べるためにカメラを使用して映像装置に映すことで、スイング軌道の改善具合を客に示し、生徒リピート促進を行うというものである。

一方、画像(静止画又は動画)を比較して表示する装置としては、複数の画像(静止画又は動画)を単一の画像(静止画又は動画)比較エリアに重ねて表示する画像(静止画又は動画)表示装置において、上位画像(静止画又は動画)に対して特定範囲を指定する範囲指定手段と、上位画像(静止画又は動画)に対して特定範囲又は特定範囲外透過処理して透過範囲を作成する透過処理手段と、透過範囲を通して下位画像の一部を上位画像に混合して表示する表示制御手段とを備えた画像(静止画又は動画)表示装置というものが提案されている。(特許文献2参照)

概要

従来の顧客管理では、顧客のデータは顧客集客のためのダイレクトメールを送る住所管理などには使えたが、目の前にいる顧客本人美容医療やその他サービス又は処置を施したときの状態を見せるような用途には使うことができなかった。タブレット型コンピューターを用いて行う顧客管理システムにおいて、タブレット型コンピューターには顧客の画像を入力する画像入力手段2と、顧客管理情報及び画像のデータを蓄積できる記憶部4と、画像入力手段2で撮像した画像を加工する加工手段7と、加工手段7で加工した画像を表示する表示手段3と、表示手段3で表示した表示部分に操作を行うためのタッチパネル6を有し、画像入力手段2で撮像した又は加工手段7で加工した複数の画像を顧客管理情報に関連付けてタブレット型コンピューターに表示できることを特徴とする。

目的

本発明はこのような従来の問題点である顧客管理と来店した客の画像(静止画又は動画)比較による状態を見るために、タブレット型コンピューターにより、顧客の過去の状態と現在の画像(静止画又は動画)の表示により、今いる客が直接的に状況を把握できるようにすることを目的とする

効果

実績

技術文献被引用数
2件
牽制数
2件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

タブレット型コンピューターを用いて行う顧客管理システムにおいて、前記タブレット型コンピューターには顧客の画像を入力する画像入力手段と、顧客管理情報及び画像のデータを蓄積できる記憶部と、前記画像入力手段で撮像した画像を加工する加工手段と、前記加工手段で加工した画像を表示する表示手段と、前記表示手段で表示した表示部分に操作を行うためのタッチパネルを有し、前記画像入力手段で撮像した又は前記加工手段で加工した複数の画像を顧客管理情報に関連付けて前記タブレット型コンピューターに表示できることを特徴とする画像比較機能を備えた顧客管理システム。

請求項2

前記画像入力手段で撮像した現在の撮像画像を表示手段で表示し、また、既存の画像を加工手段で透過画像として加工し、前記透過画像を前記表示手段で表示して、現在撮像しようとしている画像と前記表示手段上に重ねて画像を取り込むようにした請求項1に記載の画像比較機能を備えた顧客管理システム。

請求項3

前記画像入力手段はタブレット型コンピューターの表示手段の反対側にある画像入力手段とした請求項2に記載の画像比較機能を備えた顧客管理システム。

請求項4

前記画像入力手段はタブレット型コンピューター以外の外部の画像入力手段とした請求項2に記載の画像比較機能を備えた顧客管理システム。

請求項5

前記タッチパネルで行うピンチアウトピンチイン操作により大きさを合わせるように調整した画像を取り込むようにした請求項2に記載の画像比較機能を備えた顧客管理システム。

請求項6

請求項1乃至請求項3のいずれか1項に記載の画像比較機能を備えた顧客管理システムにおいて、同一対象物の現在または過去の画像を記憶部に記憶し、一方の画像を反転させて表示手段に表示するとともに、他方の画像を背面に重ね合わせ、それぞれの画像をずらせて表示することにより、現在または過去の画像を一方又は他方の画像とすることで、過去と現在の比較を見せるようにした画像比較機能を備えた顧客管理システム。

請求項7

請求項1乃至請求項6のいずれか1項に記載の画像比較機能を備えた顧客管理システムにおいて、顧客の画像と顧客自身以外の画像との画像比較テップを有することを特徴とする画像比較機能を備えた顧客管理システム。

請求項8

請求項1乃至請求項7のいずれか1項に記載の画像比較機能を備えた顧客管理システムにおいて、画像に引かれた2本の線の交差角度を自動的に計算し数値を表示する角度自動計測ステップを有することを特徴とする画像比較機能を備えた顧客管理システム。

請求項9

前記画像が動画であって、動画の起点・速度・時間を合わせる動画再生調整ステップを有することを特徴とする請求項1乃至請求項8のいずれか1項に記載の画像比較機能を備えた顧客管理システム。

請求項10

請求項9に記載の画像比較機能を備えた顧客管理システムを利用したゴルフレッスン支援システムであって、一般ゴルファーであるユーザーが使用するユーザー端末と、ティーチングプロ所属するコーチグループが使用するコーチグループ端末と、管理サーバーとを通信回線を介して接続し、前記ユーザー端末でスイング動画撮影して前記管理サーバーを経由して前記コーチグループ端末に送信するステップ、初回利用の場合は前記管理サーバーに登録されているコーチ情報データベースの中からユーザーの地域情報に基づいて選定されたコーチ又は継続利用の場合は専任コーチがスイング診断を行ってアドバイススクール情報をユーザー端末に返信するステップを有することを特徴とする画像比較機能を備えた顧客管理システムを利用したゴルフレッスン支援システム。

請求項11

前記ユーザー端末でアドバイス・スクール情報をチェックしたユーザーが有料アプリ契約した場合、継続的に専任コーチによるスイング診断を受けられることを特徴とする請求項10に記載の画像比較機能を備えた顧客管理システムを利用したゴルフレッスン支援システム。

請求項12

前記ユーザー端末でアドバイス・スクール情報をチェックしたユーザーがスクールに入校した場合、スクールにてコーチングを受けられることを特徴とする請求項10に記載の画像比較機能を備えた顧客管理システムを利用したゴルフレッスン支援システム。

請求項13

請求項9に記載の画像比較機能を備えた顧客管理システムを利用したゴルフレッスン支援システムであって、一般ゴルファーであるユーザーが使用するユーザー端末と、ティーチングプロのコーチが使用するコーチ端末と、管理サーバーとを通信回線を介して接続し、前記ユーザー端末でスイング動画を撮影して前記管理サーバーを経由して前記コーチ端末に送信するステップ、初回利用の場合は前記管理サーバーに登録されているコーチ情報データベースの中から任意に選定されたコーチがスイング診断を行ってアドバイス情報をユーザー端末に返信するステップを有し、前記ユーザー端末でアドバイス情報をチェックしたユーザーが継続利用を希望する場合、オンラインチケット購入した後にユーザー自身がコーチ選択を行って継続的にスイング診断を受けられることを特徴とする画像比較機能を備えた顧客管理システムを利用したゴルフレッスン支援システム。

技術分野

0001

本発明は、顧客管理と顧客の画像(静止画又は動画)管理を同時に行い、客がいるその場で客に施した処置等を見せ、比較することができる顧客管理と画像(静止画又は動画)比較システムを一体に活用できるものである。

背景技術

0002

従来顧客管理には様々なニーズがあり、それに対応する仕組みが提案・実施されてきた。もっとも基本的なものは顧客の住所・氏名・電話番号などをコンピューターに記憶させておき、顧客が増えるたびに顧客のそれらのデータを積み上げ、次の拡販のためのダイレクトメールを送るなどの用途に使われていた。近年ではこのような顧客データを集めるだけではなく、積極的に顧客の移動体端末からのアクセス受け入れ利用状況などを把握するようにして顧客のニーズにあった商品を提供できるように、かつ他店差別化ができるような顧客管理システムが提案されてきた。(特許文献1参照)

0003

また、目の前にいる顧客に対して、接客として画像(静止画又は動画)を用いることは行われていた。即ち、例えば化粧品販売に際して美容処置後に肌の細かな部分を調べるためにカメラを使用して映像装置に映すことで、美容処置の出来具合を客に示し、販売促進を行うというものである。また、例えばゴルフ教室に際してスイング補正後にスイング軌道の細かな部分を調べるためにカメラを使用して映像装置に映すことで、スイング軌道の改善具合を客に示し、生徒リピート促進を行うというものである。

0004

一方、画像(静止画又は動画)を比較して表示する装置としては、複数の画像(静止画又は動画)を単一の画像(静止画又は動画)比較エリアに重ねて表示する画像(静止画又は動画)表示装置において、上位画像(静止画又は動画)に対して特定範囲を指定する範囲指定手段と、上位画像(静止画又は動画)に対して特定範囲又は特定範囲外透過処理して透過範囲を作成する透過処理手段と、透過範囲を通して下位画像の一部を上位画像に混合して表示する表示制御手段とを備えた画像(静止画又は動画)表示装置というものが提案されている。(特許文献2参照)

先行技術

0005

特開2003−36476号公報
特開2012−63834号公報

発明が解決しようとする課題

0006

従来の顧客管理では、顧客のデータは顧客集客のためのダイレクトメールを送る住所管理などには使えたが、目の前にいる顧客本人美容医療トレーニングリハビリやその他処置を施したときの状態を見せるような用途には使うことはしていなかった。
一方、美容などの販売に際して画像を用いることはあり、カメラを使用して映像装置に映すことは行われていたが、例えば肌の見えにくい部分を拡大して見せる用途に使用されるだけであった。目の前の客の美容処置前と美容処置後の状態を同時に見せるようなことはできなかった。また、ゴルフなどの教室に際して動画を用いることはあり、カメラを使用して映像装置に映すことは行われていたが、トレーニング結果を見せる用途に使用されるだけであった。目の前の客のトレーニング前とトレーニング後の状態を同時に見せるようなことはできなかった。

0007

画像(静止画又は動画)表示の仕組みは進歩していて画像(静止画又は動画)の拡大縮小反転、透過などの手法は確立してきており、それらの加工した画像を表示手段で表示することはできていたが、それを顧客管理と結び付けて、かつ、客に施した処置、例えば美容やゴルフ練習事前事後を同時に表示して接客の仕組みは確立していなかった。
即ち、従来の顧客管理は顧客の住所等のデータ管理であり、画像(静止画又は動画)と組み合わせたものではなく、かつ、そのデータを客が直接見て、利用するものではなかった。従って、美容やゴルフ練習などにおいて接客することによって客のレベルアップしていることを同時比較して見ることができないという課題を有していた。

0008

本発明はこのような従来の問題点である顧客管理と来店した客の画像(静止画又は動画)比較による状態を見るために、タブレット型コンピューターにより、顧客の過去の状態と現在の画像(静止画又は動画)の表示により、今いる客が直接的に状況を把握できるようにすることを目的とする。
また、本発明にかかる画像比較機能を備えた顧客管理システムをビジネスの仕組みに具体的に取り入れゴルフレッスン支援システムを提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0009

上記課題を解決するため、請求項1にかかる発明は、タブレット型コンピューターを用いて行う顧客管理システムにおいて、前記タブレット型コンピューターには顧客の画像を入力する画像入力手段と、顧客管理情報及び画像のデータを蓄積できる記憶部と、前記画像入力手段で撮像した画像を加工する加工手段と、前記加工手段で加工した画像を表示する表示手段と、前記表示手段で表示した表示部分に操作を行うためのタッチパネルを有し、前記画像入力手段で撮像した又は前記加工手段で加工した複数の画像を顧客管理情報に関連付けて前記タブレット型コンピューターに表示できることを特徴とする。

0010

また、請求項2にかかる発明は、請求項1に記載の前記画像入力手段で撮像した現在の撮像画像を表示手段で表示し、また、既存の画像を加工手段で透過画像として加工し、前記透過画像を前記表示手段で表示して、現在撮像しようとしている画像と前記表示手段上に重ねて画像を取り込むようにしたものである。

0011

また、請求項3にかかる発明は、請求項2に記載の前記画像入力手段はタブレット型コンピューターの表示手段の反対側にある画像入力手段としたものである。

0012

また、請求項4にかかる発明は、請求項2に記載の前記画像入力手段はタブレット型コンピューター以外の外部の画像入力手段としたものである。

0013

また、請求項5にかかる発明は、請求項2に記載の前記タッチパネルで行うピンチアウトピンチイン操作により大きさを合わせるように調整した画像を取り込むようにしたものである。

0014

また、請求項6にかかる発明は、請求項1乃至請求項3に記載の画像比較機能を備えた顧客管理システムにおいて、同一対象物の現在または過去の画像を記憶部に記憶し、一方の画像を反転させて表示手段に表示するとともに、他方の画像を背面に重ね合わせ、それぞれの画像をずらせて表示することにより、現在または過去の画像を一方又は他方の画像とすることで、過去と現在の比較を見せるようにしたものである。

0015

さらに、請求項7にかかる発明は、請求項1乃至請求項6に記載の画像比較機能を備えた顧客管理システムにおいて、顧客の画像と顧客自身以外の画像との画像比較テップを有することを特徴とする。

0016

また、請求項8にかかる発明は、請求項1乃至請求項7に記載の画像比較機能を備えた顧客管理システムにおいて、画像に引かれた2本の線の交差角度を自動的に計算し数値を表示する角度自動計測ステップを有することを特徴とする。

0017

また、請求項9にかかる発明は、請求項1乃至請求項8に記載の画像比較機能を備えた顧客管理システムにおいて、前記画像が動画であって、動画の起点・速度・時間を合わせる動画再生調整ステップを有することを特徴とする。

0018

加えて、請求項10にかかる発明は、請求項9に記載の画像比較機能を備えた顧客管理システムを利用したゴルフレッスン支援システムであって、一般ゴルファーであるユーザーが使用するユーザー端末と、ティーチングプロ所属するコーチグループが使用するコーチグループ端末と、管理サーバーとを通信回線を介して接続し、前記ユーザー端末でスイング動画撮影して前記管理サーバーを経由して前記コーチグループ端末に送信するステップ、初回利用の場合は前記管理サーバーに登録されているコーチ情報データベースの中からユーザーの地域情報に基づいて選定されたコーチ又は継続利用の場合は専任コーチがスイング診断を行ってアドバイススクール情報をユーザー端末に返信するステップを有することを特徴とする。

0019

また、請求項11にかかる発明は、請求項10に記載の前記ユーザー端末でアドバイス・スクール情報をチェックしたユーザーが有料アプリ契約した場合、継続的に専任コーチによるスイング診断を受けられることを特徴とする。

0020

また、請求項12にかかる発明は、請求項10に記載の前記ユーザー端末でアドバイス・スクール情報をチェックしたユーザーがスクールに入校した場合、スクールにてコーチングを受けられることを特徴とする。

0021

さらに、請求項13にかかる発明は、請求項9に記載の画像比較機能を備えた顧客管理システムを利用したゴルフレッスン支援システムであって、一般ゴルファーであるユーザーが使用するユーザー端末と、ティーチングプロのコーチが使用するコーチ端末と、管理サーバーとを通信回線を介して接続し、前記ユーザー端末でスイング動画を撮影して前記管理サーバーを経由して前記コーチ端末に送信するステップ、初回利用の場合は前記管理サーバーに登録されているコーチ情報データベースの中から任意に選定されたコーチがスイング診断を行ってアドバイス情報をユーザー端末に返信するステップを有し、前記ユーザー端末でアドバイス情報をチェックしたユーザーが継続利用を希望する場合、オンラインチケット購入した後にユーザー自身がコーチ選択を行って継続的にスイング診断を受けられることを特徴とする。

発明の効果

0022

本発明の効果は、タブレット型コンピューターを用い、顧客管理に接客時の事前事後の差を同時に表示することで、客に処置の効果を目の前で見せることができるという効果がある。また、過去に撮像した画像(静止画又は動画)を透過画像(静止画又は動画)に加工し、透過画像(静止画又は動画)の大きさに合わせるように現在撮像しようとしている画像(静止画又は動画)を重ねあわせることで、大きさの違いを違えることなく過去と現在の比較を簡単に行うことができる。この場合タブレット型コンピューターの表示手段の反対側にある画像入力手段を用いれば、表示手段で見える過去の透過画像(静止画又は動画)と現在撮像しようとしている画像(静止画又は動画)は同じ方向で見ることができて撮像が簡単に行うことができる。

0023

同様に、タブレット型コンピューターにある画像入力手段では入らないような場合外部の画像入力手段を用いることにより、特殊な撮像も行うことができる。

0024

さらに、過去と現在の画像(静止画又は動画)のどちらか一方を反転させることにより、例えば、右半分の顔同士を比較して色白になった顔の比較や痩せた状態の違いを見せるということが容易に行えるという効果も有する。結果的に、接客時に手軽なカウンセリングを行えることにより、再来訪としての顧客を獲得することに繋がる効果も有する。

0025

また、本発明にかかる画像比較機能を備えた顧客管理システムを利用したゴルフレッスン支援システムによれば、協会、ユーザー(一般ゴルファー)、コーチグループ(練習場・ティーチングプロ)に対して以下のような効果を期待することができる。

0026

ユーザー(一般ゴルファー)にとっては、スイング動画の比較によって自分に合った的確なアドバイスを受けられる、自分のスタイルで活用することでいつでもどこでもフォームチェック・アドバイスを活用できる又スクールに入校することで直接指導をうけられることによりゴルフ技術向上の効果を期待することができる。

0027

また、コーチグループ(練習場・ティーチングプロ)は、新規ユーザーの獲得(スクール加入)、レッスン料金による売上UP、コミッションアプリ月額利用料金に対する手数料)による経済的な効果を期待することができる。
また、協会はコミッション(アプリ契約時の手数料、アプリ月額利用料金に対する手数料)による経済的な効果を期待することができる。

図面の簡単な説明

0028

本発明の第一実施例における全体図
本発明の第一実施例のブロック構成
本発明の第一実施例のフローチャート
本発明の第一実施例の画像の合成比較図
本発明の第一実施例の画像の反転を示す説明図
本発明の第一実施例の書き込みを示す説明図
本発明の第一実施例の画像の拡大縮小の説明図
本発明の第一実施例の透過画像の比較図説明図
本発明の第一実施例の外部の画像入力手段を用いた説明図
本発明の第二実施例のブロック構成図
本発明の第二実施例のフローチャート
本発明の第三実施例のビジネスモデルの全体図
本発明の第三実施例のフローチャート
本発明の第三実施例のスイング動画送信画面の一例を示す説明図
本発明の第三実施例のスイング診断画面(初回ユーザー診断)の一例を示す説明図
本発明の第三実施例のスイング診断画面(継続利用ユーザー診断)の一例を示す説明図
本発明の第三実施例の他の運用例を示すフローチャート

実施例

0029

(第一実施例、静止画を対象とした画像比較機能を備えた顧客管理システム)
本発明の実施例を図1図9を用いて説明する。図1及び図2において1はタブレット型コンピューター、2はタブレット型コンピューター1の表及び裏側に設けてある画像入力手段(表の画像入力手段を2a、裏の画像入力手段を2bとする。また、外部の画像入力手段は2cとする。)、3はタブレット型コンピューター1の表示手段、4はタブレット型コンピューター1の中に設けてある記憶部、5はタブレット型コンピューター1において画像入力手段2と記憶部4のデータを用いて演算等を行う中央演算装置である。表示手段3の表面には手の操作により表示手段3で表示した画像または操作部分を操作するためのタッチパネル6が設けてある。

0030

図2ブロック図において、画像入力手段2で撮像された画像は記憶部4に記憶される。記憶部4で記憶された画像は中央演算装置5内に設けた画像を加工する加工手段7で加工される。加工手段7で加工された画像は記憶部4に記憶され、記憶部4の保存された画像は表示手段3に表示される。

0031

タッチパネル6で操作した指示に基づき中央演算装置5内で画像の大きさを調整した画像も中央演算装置5を通じて記憶部4に記憶され、タブレット型コンピューター1の表示手段3に表示される。

0032

図3は本発明の動作を示すフローチャートである、
顧客管理を行うにはステップ100番台で顧客管理の情報を登録することと、ステップ200番台の画像の撮像のステップ、300番台で画像を管理する画像管理のステップ、400番台で画像の各種加工を行う画像加工のステップ、500番台では加工した画像または画像入力手段2で撮像したままの画像を表示する表示ステップ、600番台では表示した画像をもとにカウンセリングなどに役立てることができるようにしてある。

0033

以降、順次ステップごとの詳細を説明する。はじめにステップ101で新規の顧客の登録を行う。ここには住所や名前など顧客のデータが登録されており、後に説明する画像データも登録してある。新規の客の場合はステップ101で顧客登録を行う。新規でない客の場合はすでに登録してある顧客データを呼び出してくるが、ここでは省略してある。

0034

ステップ200番台で取り込んだ画像とともにステップ301の画像データとして登録される。これにより、顧客の住所などのデータと顧客の顔や全体像など必要な画像データを同時に管理するようにしてある。なお、以下の画像データなどの画像を取り込んだ後は記憶部4に保管され、記憶部4から取り出した画像などを加工した後は再び記憶部4に格納される。以降の説明では記憶部4への説明は省略する。

0035

ステップ201では顧客の画像を画像入力手段2で撮像する。ステップ202はタブレット型コンピューター1内部の画像入力手段2a、2bを、ステップ203では外部の画像入力手段2cを選択するようにしてある(選択する手段は省略してある)。以下、特に断りのない場合はタブレット型コンピューター1の表示手段3とは反対側に設けた内部の画像入力手段2bで説明する。ステップ202で撮像した画像はステップ301へ進み、画像を顧客管理で管理するようにしてある。

0036

ステップ400番台は画像の加工や特殊な処理を行うステップである。ステップ401は画像の合成比較、ステップ402は画像の反転比較、ステップ403は画像への書き込み、ステップ404は画像の拡大縮小、ステップ405は画像の透過比較、ステップ406は撮像時に透過させる機能を扱う。

0037

ステップ407は外部の画像入力手段2cを用いる場合である。この時はそれぞれの用途に応じて外部の画像入力手段を用いる。例えば、美容の場合、肌を拡大して映す画像入力手段や、医療の場合の胃カメラなどが相当する。このときの画像の取り扱いのステップである。

0038

これらの400番台のステップは使用者が任意に選択できるようにしてある。従って、組み合わせにより各種の加工を客に提供できるようにしてある。
以下、ステップ400番台の動作について図4から図9を用いて説明する。

0039

図4は画像の合成比較を表す図でステップ401の説明である。図4(A)の左側はある時点で撮像した人10の顔を表している。図4(A)の右側は他の時点で撮像した同じ人11の画像を示している。図4(B)に示すようにこの両方の画像を半分ずつ重ね合わせことにより、ある時点と他の時点の画像から、例えば顔の色の違いなどがわかる。ここでは重なり合う部分の画像を非表示にしてある。図4(B)では人10の左側の顔と人11の右側の顔を横並びにして合成してある(左側及び右側の表記仕方は図の画面に向かって見て、右及び左として示している、以下同様である。)。人10と人11は同じ人の美容処置前と美容処置後として実行すれば、美容行為による左右の違いがわかるため、客は目の前で違いを確認できる。

0040

次に、ステップ402の説明を行う。図5は画像の反転合成比較を表す図で、図5(A)で人の顔を表している。同じ人物の顔の左側半分20と右側半分21とに別けて反転合成の説明を行う。顔の右側半分21を抽出して画像を反転させて、その後。図5(B)の顔の左側22部分に貼り合わせる。これにより顔の左側半分22は顔の右側半分21の反転した画像を表し、貼りあわせた画像は同じ人物の顔の右側の顔のみの画像として再構成される。

0041

上記の説明は同一人物の1枚の画像での反転処理の説明を行ったが、図5(A)を現在の画像、図5(B)には過去に撮像した同じ人の画像を当てはめれば、図5(B)の顔の左側半分22は現在の顔の右側半分を表し、図5(B)の顔の右側半分は過去の同一人物の右側半分23となり、この両方の画像を半分ずつ重ね合わせことにより、現在の画像と過去の画像から顔の同じ側の違いを同時に見ることができる。このような二つの画像を横並びにすると現在と過去の違いがわかる。

0042

次にステップ403について図6を用いて説明する。ステップ403は画像への書き込みを行うステップである。表示された、あるいは加工された画像などに部分を指したり、領域を示したり、メモを書き込んだりすることができる。例えば今いる客に対して、画像のある領域30の部分について情報を与えるため、丸を書いたりしてわかりやすく接客ができる。31のように文字を書くこともできる。

0043

次にステップ404について図7を用いて説明する。このステップは画像の拡大縮小を行うところである。タッチパネル6に対していわゆる指2本でピンチアウト・ピンチインを行うことにより、その指示により画像を拡大縮小する。今回、縦横比率は一定として拡大縮小を行うようにしてある。

0044

即ち、従来ある顔画像と比較する顔画像を左右並べるとか重ねる場合に、比較するには大きさを合わせる必要があり、かつ、縦横比率を変えないようにして合わせることで、従来ある顔画像と比較する顔画像の大きさを合わせるようにする。ピンチアウト・ピンチインで行う操作のため、見た目で概略合わすことを目的としており、結果をその場で客に示すことを目的としている。

0045

図7(A)はある対象人物を左側40と右側41に別けて、右側41を拡大した図を表している。これを図7(B)のように右側半分41を43のところに貼り付ける。その後、人物の右側半分43を縮小して人物の右側半分44のように左側の人物の大きさに合わせ、左右合わせひとつの人物として表示する。

0046

拡大縮小の画像加工を行う理由は人物を撮像するときに常に同じ大きさで撮像できるものではないので、過去と現在を比較したり、同じ時間であっても動いたりするため、人物全体や顔を同じ大きさにすることは難しい。従って、比較するためには調整が必要になるからである。

0047

次にステップ405の透過画像のステップについて図8で説明する。図8(A)はある時期の人物50の横側面を撮像した画像である。図8(B)は図8(A)とは違う時期の人物51の横側面を撮像した画像である。両方とも撮像済みの画像である。図8(C)は図8(B)の画像の上に図8(A)の画像を重ねて表した図である。ここで図8(A)の画像を半透明にしてから図8(B)に重ねることにしてある。ここで、人物52は人物50と同一、人物53は人物51と同一である。

0048

図8(B)は以前、おなかが出ていた当時の画像で、図8(A)はダイエットを行った後の画像とすれば、その比較を一目でわかるようにしたものである。なお、図8は人を重ね合わせた形で記載しているが、実際にはどちらか一方は透過画像にしてある。

0049

透過画像を使う理由は、図8の説明図のように重ね合わせたときに人物51が人物50よりすべての部分で大きいということは珍しく、通常は重ね合わせると見えたり見えなかったりするので、わかりやすく表示するにはどちらか一方を透過画像にして両方の人の状態を見せる必要があるからである。

0050

次にステップ406について説明する。ステップ405と異なるところは撮像するときに撮像済みの画像を透過状態にして新たに撮像を行う場合に用いる。すなわち、以前に撮像した画像と現在の人物や顔の大きさを同じ大きさで撮像したい場合、過去の画像を表示手段3で表示させ、その後表示させた画像を半透明にする。その状態で現在撮像しようと考えている対象物を画像入力手段2で撮像し、ちょうど同じ大きさに重なったときの画像を記憶部4に保存する。このようにすれば、後の比較のときに大きさをあわせることなく。比較処理ができる。

0051

このステップ406の透過撮影するステップとステップ405の透過比較する場合の違いを詳述すると、ステップ406の場合は以前の画像を表示手段3で表示し、半透明にして、その大きさにあうように現在の対象物を写す距離を変えて大きさをあわせる。一方、ステップ405ではすでに保存されている二つの画像を比較するため、大きさが違う場合はステップ404で大きさをあわせてから、一方を透過画像にして、他方と重ねて両方を表示する方法である。従って、接客中に行う作業として、拡大縮小の画像加工をしなくて済む。

0052

ステップ407は外部の画像入力手段2cを用いる場合である。図9に示すように外部の画像入力手段2cはタブレット型コンピューター1とは無線で接続されている(有線で接続しても構わない。)。顧客の管理には過去と現在の比較だけではなく、現在の顔とその肌を保存・管理する場合がある。この場合タブレット型コンピューターの内部画像入力手段2では映す事ができない特殊な画像入力手段2が必要となる場合がある。この場合、このステップ407にて画像を取り込む。

0053

以上、各ステップでの画像の加工について説明してきたが、実際にはこれらの組み合わせも使われる。ステップ401、ステップ402、ステップ405で大きさをあわせる必要が生じたときは、ステップ404の拡大縮小の画像加工を行う。

0054

ステップ405で透過画像の比較を行う場合、ステップ401の画像の合成比較のステップを利用する。ステップ403の画像への書き込みは画像加工の400番台の各ステップのときにも利用できる。

0055

客様化粧前の顔と化粧をしたあとの顔を右同士比較する場合、ステップ402、ステップ401、ステップ404を使って客に見せる。その後、ステップ403で丸や線を描いて、その描いた部分を指し示して「良くなったでしょう!」というようなアドバイスを行う。また、コメントを入れたものを印刷して客に渡すことにより、客の満足度の向上を図ることができる。

0056

今までは内部画像入力手段2を用いて説明してきたが、外部の画像入力手段2を用いても同様のことができる。通常はタブレット型コンピューター1に固定されている画像入力手段2a、2bを用いるが、例えば、肌の細かな部分を撮像する場合、あるいは医療で胃カメラなどのタブレット型コンピューターに取り付けられた画像入力手段2a、2bでは扱えない場合に、外部の画像入力手段2cを用いることもできる。

0057

以上説明してきたように、タブレット型コンピューターを用い、顧客管理及び写真を撮影し、この写真の比較を行う為、施術前の写真と比較しやすくするため、透過機能を利用し同様のサイズ及び方向の施術後写真を撮影することが出来る。これにより、顧客の手元施術効果を顧客が実感する事が出来る。これにより、再来訪の促進ができる。

0058

更に、システム利用者は、顧客管理と画像管理が同時に行えるため、大きな手間をかけずに管理やカウンセリングができる。

0059

また、美容関連顧客サービスとして、化粧前・化粧後の画像などを撮影し、顧客の手元で化粧品などの効果を実感することができる。また、左右反転機能を用い、右半分もしくは左半分の顔同士での比較を行うことが出来、更に効果を実感する事が出来る。

0060

(第二実施例、動画を対象とした画像比較機能を備えた顧客管理システム)
本発明の実施例について図面を用いて説明する。上述した静止画を対象としたシステムと全体図(図1)とブロック構成図(図2)の基本内容は共通するため説明を省略し、以下フローチャートを中心に説明する。ただし、図10に示すように、ブロック構成図については、本実施例では動画を対象とした画像比較を行うために、中央演算装置5内には記憶部4に記憶された動画の起点・速度・時間を合わせる動画再生の調整手段8が設けられており、加工手段7で加工された動画は記憶部4に記憶され、記憶部4の保存された動画は表示手段3に表示される。

0061

図11は本発明の動作を示すフローチャートである。
上述した静止画を対象としたシステムと同様に、顧客管理を行うにはステップ100番台で顧客管理の情報を登録することと、ステップ200番台の動画の撮影のステップ、300番台で動画を管理する動画管理のステップ、400番台で動画の各種加工及び調整を行う動画加工・調整のステップ、500番台では加工及び調整した動画または動画入力手段2で撮影したままの動画を表示する表示ステップ、600番台では表示した動画をもとにカウンセリングなどに役立てることができるようにしてある。

0062

以降、順次ステップごとの詳細を説明する。はじめにステップ101で新規の顧客の登録を行う。ここには住所や名前など顧客のデータが登録されており、後に説明する動画データも登録してある。新規の客の場合はステップ101で顧客登録を行う。新規でない客の場合はすでに登録してある顧客データを呼び出してくるが、ここでは省略してある。

0063

ステップ200番台で取り込んだ動画とともにステップ301の動画データとして登録される。これにより、顧客の住所などのデータと顧客の顔や全体像など必要な動画データを同時に管理するようにしてある。なお、以下の動画データなどの動画を取り込んだ後は記憶部4に保管され、記憶部4から取り出した動画などを加工及び調整した後は再び記憶部4に格納される。以降の説明では記憶部4への説明は省略する。

0064

ステップ201では顧客の動画を動画入力手段2で撮影する。ステップ202はタブレット型コンピューター1内部の動画入力手段2a、2bを、ステップ203では外部の動画入力手段2cを選択するようにしてある(選択する手段は省略してある)。以下、特に断りのない場合はタブレット型コンピューター1の表示手段3とは反対側に設けた内部の動画入力手段2bで説明する。ステップ202で撮影した動画はステップ301へ進み、動画を顧客管理で管理するようにしてある。

0065

ステップ400番台は動画の加工及び調整や特殊な処理を行うステップである。ステップ401は動画の合成比較、ステップ402は動画の反転比較、ステップ403は動画への書き込み、ステップ404は動画の拡大縮小、ステップ405は動画の透過比較、ステップ406は撮影時に透過させる機能を扱う。

0066

ステップ407は外部の動画入力手段2cを用いる場合である。この時はそれぞれの用途に応じて外部の動画入力手段を用いる。例えば、美容の場合、肌を拡大して映す動画入力手段や、医療の場合の胃カメラなどが相当する。このときの動画の取り扱いのステップである。

0067

これらの400番台のステップは使用者が任意に選択できるようにしてある。従って、組み合わせにより各種の加工及び調整を客に提供できるようにしてある。
以下、ステップ400番台の動作について図4から図9を用いて説明する。ここで、図面に表された「顔」の図形については全て「体」の図形に置き換えて説明する。

0068

図4は動画の合成比較を表す図でステップ401の説明である。図4(A)の左側はある時点で撮影した人10の体を表している。図4(A)の右側は他の時点で撮影した同じ人11の動画を示している。図4(B)に示すようにこの両方の動画を半分ずつ重ね合わせことにより、ある時点と他の時点の動画から、例えば左右の体の動きの違いなどがわかる。ここでは重なり合う部分の動画を非表示にしてある。図4(B)では人10の左側の体と人11の右側の体を横並びにして合成してある(左側及び右側の表記の仕方は図の画面に向かって見て、右及び左として示している、以下同様である。)。人10と人11は同じ人のトレーニング前とトレーニング後として実行すれば、トレーニング行為による左右の違いがわかるため、客は目の前で違いを確認できる。

0069

次に、ステップ402の説明を行う。図5は動画の反転合成比較を表す図で、図5(A)で人の体を表している。同じ人物の体の左側半分20と右側半分21とに別けて反転合成の説明を行う。体の右側半分21を抽出して動画を反転させて、その後。図5(B)の体の左側22部分に貼り合わせる。これにより体の左側半分22は体の右側半分21の反転した動画を表し、貼りあわせた動画は同じ人物の体の右側の体のみの動画として再構成される。

0070

上記の説明は同一人物の1個の動画での反転処理の説明を行ったが、図5(A)を現在の動画、図5(B)には過去に撮影した同じ人の動画を当てはめれば、図5(B)の体の左側半分22は現在の体の右側半分を表し、図5(B)の体の右側半分は過去の同一人物の右側半分23となり、この両方の動画を半分ずつ重ね合わせことにより、現在の動画と過去の動画から体の同じ側の違いを同時に見ることができる。このような二つの動画を横並びにすると現在と過去の違いがわかる。

0071

次にステップ403について図6を用いて説明する。ステップ403は動画への書き込みを行うステップである。表示された、あるいは加工された動画などに部分を指したり、領域を示したり、メモを書き込んだりすることができる。例えば今いる客に対して、動画のある領域30の部分について情報を与えるため、丸を書いたりしてわかりやすく接客ができる。31のように文字を書くこともできる。

0072

次にステップ404について図7を用いて説明する。このステップは動画の拡大縮小を行うところである。タッチパネル6に対していわゆる指2本でピンチアウト・ピンチインを行うことにより、その指示により動画を拡大縮小する。今回、縦横比率は一定として拡大縮小を行うようにしてある。

0073

即ち、従来ある体の動画と比較する体の動画を左右並べるとか重ねる場合に、比較するには大きさを合わせる必要があり、かつ、縦横比率を変えないようにして合わせることで、従来ある体の動画と比較する体の動画の大きさを合わせるようにする。ピンチアウト・ピンチインで行う操作のため、見た目で概略合わすことを目的としており、結果をその場で客に示すことを目的としている。

0074

図7(A)はある対象人物を左側40と右側41に別けて、右側41を拡大した図を表している。これを図7(B)のように右側半分41を43のところに貼り付ける。その後、人物の右側半分43を縮小して人物の右側半分44のように左側の人物の大きさに合わせ、左右合わせてひとつの人物として表示する。

0075

拡大縮小の動画加工を行う理由は人物を撮影するときに常に同じ大きさで撮影できるものではないので、過去と現在を比較したり、同じ時間であっても動いたりするため、人物全体や顔を同じ大きさにすることは難しい。従って、比較するためには調整が必要になるからである。

0076

次にステップ405の透過動画のステップについて図8で説明する。図8(A)はある時期の人物50の正面を撮影した動画である。図8(B)は図8(A)とは違う時期の人物51の正面を撮影した動画である。両方とも撮影済みの動画である。図8(C)は図8(B)の動画の上に図8(A)の動画を重ねて表した図である。ここで図8(A)の動画を半透明にしてから図8(B)に重ねることにしてある。ここで、人物52は人物50と同一、人物53は人物51と同一である。なお、図8は人を重ね合わせた形で記載しているが、実際にはどちらか一方は透過動画にしてある。

0077

ステップ405の透過動画のステップを利用することにより、例えば、ゴルフで以前の正確でないスイングの動画と、トレーニングを行った後の動画との比較を一目でわかるように表示することができる。

0078

透過動画を使う理由は、図8の説明図のように重ね合わせたときに人物51が人物50よりすべての部分で大きいということは珍しく、通常は重ね合わせると見えたり見えなかったりするので、わかりやすく表示するにはどちらか一方を透過動画にして両方の人の状態を見せる必要があるからである。

0079

次にステップ406について説明する。ステップ405と異なるところは撮影するときに撮影済みの動画を透過状態にして新たに撮影を行う場合に用いる。すなわち、以前に撮影した動画と現在の人物や顔の大きさを同じ大きさで撮影したい場合、過去の動画を表示手段3で表示させ、その後表示させた動画を半透明にする。その状態で現在撮影しようと考えている対象物を動画入力手段2で撮影し、ちょうど同じ大きさに重なったときの動画を記憶部4に保存する。このようにすれば、後の比較のときに大きさをあわせることなく、比較処理ができる。

0080

このステップ406の透過撮影するステップとステップ405の透過比較する場合の違いを詳述すると、ステップ406の場合は以前の動画を表示手段3で表示し、半透明にして、その大きさにあうように現在の対象物を写す距離を変えて大きさをあわせる。一方、ステップ405ではすでに保存されている二つの動画を比較するため、大きさが違う場合はステップ404で大きさをあわせてから、一方を透過動画にして、他方と重ねて両方を表示する方法である。従って、接客中に行う作業として、拡大縮小の動画加工をしなくて済む。

0081

ステップ407は外部の動画入力手段2cを用いる場合である。図9に示すように外部の動画入力手段2cはタブレット型コンピューター1とは無線で接続されている(有線で接続しても構わない。)。顧客の管理には過去と現在の比較だけではなく、現在の体の動きや姿勢を保存・管理する場合がある。この場合タブレット型コンピューターの内部動画入力手段2では映す事ができない特殊な動画入力手段2が必要となる場合がある。この場合、このステップ407にて動画を取り込む。

0082

次に、ステップ408について説明する。ステップ408は動画再生の調整(起点・速度・時間)を行うステップである。従来ある体の動画と比較する体の動画を左右並べるとか重ねる場合に、比較するには起点を合わせる必要があり、かつ、大きさ及び縦横比率を変えないようにして合わせることで、従来ある体の動画と比較する体の動画を比較できるようにする。また、動画再生の速度を調整して、スロー再生や巻き戻し再生して動画を比較できるようにする。さらに、撮影時間にバラつきがある場合、時間尺に合うように時間調整して動画を比較できるようにする。例えば、ゴルフスイングを撮影した動画では、スイングの流れが「アドレス」「始動バックスイング」「トップダウンスイング」「インパクト」「フォローフィニッシュ」の5段階に分類されるが、2つの動画を再生して比較するためには、起点(始動、トップ、インパクトなど)を一致させることにより、スイングの違いを明確に認識することが可能になる。

0083

次に、ステップ409について説明する。ステップ409は音声入出力を行うステップである。画像情報と合わせて音声情報を入力・保存・再生できるようにすることにより、音声によるアドバイス等が受けられるため、画像比較による両者の違いを容易に理解できるようになる。なお、ステップ409は、動画に限定されるものではなく、静止画についても採用することができる。

0084

次に、ステップ410について説明する。ステップ410は自身以外との画像比較を行うステップである。例えば、ゴルフスイングを撮影した動画では、自身のスイング動画とティーチングプロ等のモデルのスイング動画とを比較できるようにする。なお、ステップ410は、動画に限定されるものではなく、静止画についても採用することができる。

0085

次に、ステップ411について説明する。ステップ411は角度自動計測を行うステップである。画像に引かれた2本の線の交差角度を自動的に計算し数値を表示することにより、姿勢やフォームなどを客観的に認識することが可能になる。例えば、ゴルフスイングでは、アドレス時にクラブシャフトとその延長線でできるシャフトプレーンのチェックが重要であるが、シャフトプレーンのラインを表示してそのラインと水平位置の基準線との角度を数値化することにより、スイングのチェックを客観的に確認することが可能になる。なお、ステップ411は、動画に限定されるものではなく、静止画についても採用することができる。

0086

以上、各ステップでの動画の加工及び調整について説明してきたが、実際にはこれらの組み合わせも使われる。ステップ401、ステップ402、ステップ405、ステップ410で大きさをあわせる必要が生じたときは、ステップ404の拡大縮小の動画加工を行う。

0087

ステップ405で透過動画の比較を行う場合、ステップ408の動画再生の調整(起点・速度・時間)を適宜行った上でステップ401の動画の合成比較のステップを利用する。ステップ403の動画への書き込みは動画加工の400番台の各ステップのときにも利用できる。

0088

お客様のトレーニング前の体とトレーニングをした後の体を右同士比較する場合、ステップ408の動画再生の調整(起点・速度・時間)を適宜行った上でステップ402、ステップ401、ステップ404を使って客に見せる。その後、ステップ403で丸や線を描いて、その描いた部分を指し示して「良くなったでしょう!」というようなアドバイスを行う。また、コメントを入れたものをデータ保存して客に渡すことにより、客の満足度の向上を図ることができる。

0089

今までは内部動画入力手段2を用いて説明してきたが、外部の動画入力手段2を用いても同様のことができる。通常はタブレット型コンピューター1に固定されている動画入力手段2a、2bを用いるが、例えば、肌の細かな部分を撮影する場合、あるいは医療で胃カメラなどのタブレット型コンピューターに取り付けられた動画入力手段2a、2bでは扱えない場合に、外部の動画入力手段2cを用いることもできる。

0090

以上説明してきたように、タブレット型コンピューターを用い、顧客管理及び動画を撮影し、この動画の比較を行う為、施術前の動画と比較しやすくするため、透過機能を利用し同様のサイズ及び方向の施術後動画を撮影することが出来る。これにより、顧客の手元で施術効果を顧客が実感する事が出来る。これにより、再来訪の促進ができる。

0091

更に、システム利用者は、顧客管理と動画管理が同時に行えるため、大きな手間をかけずに管理やカウンセリングができる。

0092

また、スポーツトレーニング関連顧客サービスとして、トレーニング前・トレーニング後の動画などを撮影し、顧客の手元でトレーニング効果を実感することができる。また、左右反転機能を用い、右半分もしくは左半分の体同士での比較を行うことが出来、更に効果を実感する事が出来る。

0093

(第三実施例、ゴルフレッスン支援システム)
図12は、本発明にかかる画像比較機能を備えた顧客管理システムを利用したゴルフレッスン支援システムのビジネスモデルの全体図である。

0094

図12に示すように、協会はゴルフ人口及びゴルフスクール生の増加を目的として、画像比較機能を備えた顧客管理システムのアプリケーションをユーザー(一般ゴルファー)並びにコーチグループ(練習場・ティーチングプロ)に対して、インターネットチラシ配布などにより宣伝して普及活動を行う。そして、ユーザー(一般ゴルファー)とコーチグループ(練習場・ティーチングプロ)との間で本発明にかかるシステムを利用することにより、ユーザー(一般ゴルファー)にとっては、自分に合った的確なアドバイスを受けられる、自分のスタイルで活用することでいつでもどこでもフォームチェック・アドバイスを活用できる又スクールに入校することで直接指導をうけられる等のメリットを有する。また、コーチグループ(練習場・ティーチングプロ)は、新規ユーザーの獲得(スクール加入)、レッスン料金による売上UP、コミッション(アプリ月額利用料金に対する手数料)による収益等のメリットを有する。また、協会はコミッション(アプリ契約時の手数料、アプリ月額利用料金に対する手数料)による収益等のメリットを有する。

0095

本発明にかかるシステムを利用するためには、一般ゴルファーであるユーザーが使用するユーザー端末と、ティーチングプロが所属するコーチグループが使用するコーチグループ端末とを備えており、それらの端末がインターネットを介して管理サーバーに接続されている。各端末については、タブレット型コンピューターを用いるのが好ましいが、これに限定されるものではなく、画像比較機能を備えた顧客管理システムのアプリケーションを利用でき且つ画像を添付して送受信できる機能を備えていれば良い。

0096

本発明にかかるシステムは、ユーザー端末でスイング動画を撮影して管理サーバーを経由してコーチグループ端末に送信するステップ、初回利用の場合は管理サーバーに登録されているコーチ情報データベースの中からユーザーの地域情報に基づいて選定されたコーチ又は継続利用の場合は専任コーチがスイング診断を行ってアドバイス・スクール情報をユーザー端末に返信するステップを有することを特徴とする。

0097

図13は、本発明にかかるゴルフレッスン支援システムにおいて、ユーザー、コーチグループの間の処理手順を示すフローチャートである。以降、順次ステップごとの詳細を説明する。

0098

先ず、協会からアプリの宣伝・普及活動を受けたユーザーが、無料又は有料アプリケーションダウンロードする(ステップ700、701)。無料アプリケーションは、所謂お試し版であって、スイング動画を1回送信して、コーチからアドバイスを1回受けることができる。一方、有料アプリケーションは、専任コーチがスイング診断を行った上でアドバイスを継続的に受けることができる。また、ユーザーが有料アプリ契約した場合、ユーザーがスクールに入校してスクールでコーチの指導の下で撮影したスイング動画を管理サーバー(図示省略)からダウンロードして場所や時間的な制約なしに閲覧することが可能になる。

0099

次に、ユーザーがスイング動画を撮影する(ステップ710)。新規の場合は、はじめに顧客管理情報(住所や名前など)の登録を行う必要があり、この顧客管理情報とスイング動画のデータが同時に管理される。ここで、顧客管理情報としては、管理サーバーに登録されているコーチ情報データベースの中から地域的に近いスクールのコーチを選定するため、ユーザーの地域情報が少なくとも必要になる。なお、GPS機能を使用する場合、ユーザーの位置情報に基づいて地域的に近いスクールのコーチを自動的に選定することもできる。

0100

次に、ユーザーがスイング動画を送信する(ステップ720)。図14は、本発明の第三実施例のスイング動画送信画面の一例を示す説明図である。顧客管理情報として、例えば、ユーザー情報(「性別」、「お住まい/GPS機能を使用する場合の選択ボタン」、「年代」、「経験年数」)が入力され、このユーザーがスイング診断を受けたいスイング動画のデータが添付される。また、コメント記入欄に「自身の課題・問題点、その他コーチングして欲しい事など」をフリーコメントで記入できる。また、音声コメント録音して送信することにより、ユーザーの希望を的確に伝えることもできる。

0101

次に、スイング動画送信が初回の場合は、管理サーバーに登録されているコーチ情報データベースの中から地域的に近いスクールのコーチを選定する(ステップ730、ステップ731)。管理サーバーのコーチ情報の登録については、コーチ側の要望を登録できるようになっており、例えば、受け入れられる人数の制限などを予め登録しておくことができる。一方、継続利用の場合は、既にアドバイスを行った1回目のコーチが専任コーチに選ばれる(ステップ740、ステップ741)。ただし、ユーザーが別のコーチのアドバイスを受けたいと希望する場合は、ユーザー側の要望を登録できるようになっており、これに従ってコーチを変更することができる。

0102

次に、コーチはスイング動画を再生してユーザーのスイング動作を見ながらスイング診断を行う(ステップ750)。例えば、ユーザーのスイングについて、「アドレス」「始動〜バックスイング」「トップ〜ダウンスイング」「インパクト」「フォロー〜フィニッシュ」の項目に分けてチェックする。また、スイング角度について、上述した第二実施例のフローチャートの角度自動計測ステップ(シャフトプレーンのラインを表示してそのラインと水平位置の基準線との角度を数値化する)を用いてチェックする。

0103

図15は本発明の第三実施例のスイング診断画面(初回ユーザー診断)の一例を示す説明図である。顧客管理情報として登録されているユーザー情報(「性別」、「お住まい」、「年代」、「経験年数」)と、スイング診断を行った担当コーチ情報(「所属スクール店舗」、「所在地」、「連絡先」、「コーチ名」など)が表示される。ユーザーのスイング動画にはシャフトプレーンのラインが書き込まれ、そのラインと水平位置の基準線との角度が表示される。また、コメント記入欄に「ユーザーからの送信動画に対してのアドバイスポイント解説、ユーザーの課題・問題点に対してのアドバイス、その他コーチングなど」をフリーコメントで記入できる。また、音声コメントを録音して送信することにより、コーチの指導内容を的確に伝えることもできる。さらに、付加される情報としては、「スクール入会案内」、「イベント情報」、「その他ユーザーに対して有益な情報」などをユーザーに送信することができる。

0104

図16は本発明の第三実施例のスイング診断画面(継続利用ユーザー診断)の一例を示す説明図である。上述した初回ユーザー診断との違いは、継続利用ユーザー診断の場合は、過去のユーザー動画とのビフォアフター比較や見本動画(プロ・コーチ)との自身以外の動画を比較しながらアドバイスを受けることができる。

0105

次に、コーチがアドバイス・スクール情報などを送信し(ステップ760)、ユーザーがアドバイス・スクール情報をチェックする(ステップ770)。ユーザーがスクールに入校した場合、スクールにてコーチングを受けることができる(ステップ780、ステップ790)。これにより、ユーザーにとっては、スクールに入校することで直接指導を受けられることによりゴルフ技術向上の効果を期待することができる。

0106

次に、ユーザーが有料アプリ契約する(ステップ800)。これにより、継続して動画比較によるスイング診断とアドバイスを受けることができる。また、ユーザーがスクールに入校した場合はスクールでコーチの指導の下で撮影したスイング動画を管理サーバーからダウンロードして、場所や時間的な制約なしに閲覧することが可能になる。

0107

以上の通り、本発明にかかるゴルフレッスン支援システムにおけるフローチャートについて説明したが、上記フローチャートはユーザーがスクールに入校する又はユーザーが有料アプリ契約することを前提としたシステムの運用例であるため、これらを前提としない他の運用例について以下に説明する。

0108

図17は、本発明の第三実施例の他の運用例を示すフローチャートである。
以降、順次ステップごとの詳細を説明する。

0109

先ず、アプリの宣伝・普及活動を受けたユーザーが、無料アプリケーションをダウンロードする(ステップ900)。この無料アプリケーションを使用して、初回お試しユーザーは、スイング動画を撮影し(ステップ910、ステップ920)、スイング動画を1回送信して、任意のコーチからアドバイスを1回受けることができる。なお、初回の場合は、はじめに顧客管理情報(住所や名前など)の登録を行う必要があり、この顧客管理情報とスイング動画のデータが同時に管理される。

0110

次に、ユーザーがスイング動画を送信する(ステップ930)。スイング動画送信画面の一例については、図14に示す内容と同様であり、顧客管理情報として、例えば、ユーザー情報(「性別」、「お住まい/GPS機能を使用する場合の選択ボタン」、「年代」、「経験年数」)が入力され、このユーザーがスイング診断を受けたいスイング動画のデータが添付される。また、コメント記入欄に「自身の課題・問題点、その他コーチングして欲しい事など」をフリーコメントで記入できる。また、音声コメントを録音して送信することにより、ユーザーの希望を的確に伝えることもできる。

0111

次に、スイング動画送信が初回の場合は、管理サーバーに登録されているコーチ情報データベースの中から任意に選定されたコーチがスイング診断を行う(ステップ940)。例えば、ユーザーのスイングについて、「アドレス」「始動〜バックスイング」「トップ〜ダウンスイング」「インパクト」「フォロー〜フィニッシュ」の項目に分けてチェックする。また、スイング角度について、上述した第二実施例のフローチャートの角度自動計測ステップ(シャフトプレーンのラインを表示してそのラインと水平位置の基準線との角度を数値化する)を用いてチェックする。

0112

スイング診断画面(初回ユーザー診断)の一例については、図15に示す内容と同様であり、顧客管理情報として登録されているユーザー情報(「性別」、「お住まい」、「年代」、「経験年数」)と、スイング診断を行った担当コーチ情報(「所属スクール店舗」、「所在地」、「連絡先」、「コーチ名」など)が表示される。ユーザーのスイング動画にはシャフトプレーンのラインが書き込まれ、そのラインと水平位置の基準線との角度が表示される。また、コメント記入欄に「ユーザーからの送信動画に対してのアドバイスポイントの解説、ユーザーの課題・問題点に対してのアドバイス、その他コーチングなど」をフリーコメントで記入できる。また、音声コメントを録音して送信することにより、コーチの指導内容を的確に伝えることもできる。

0113

次に、コーチがアドバイス・コメント情報などを送信し(ステップ950)、ユーザーがアドバイス・コメント情報をチェックする(ステップ960)。

0114

次に、前記ユーザー端末でアドバイス・コメント情報をチェックしたユーザーが継続利用を希望する場合、オンラインチケットを購入する(ステップ970)。このチケットを購入した後にユーザー自身がコーチ選択を行い(ステップ922)、そのコーチに対してスイング動画を送信する(ステップ930)。これにより、ユーザーは自ら選択したコーチにより継続的にスイング診断を受けられ、ユーザーはスクールに入校しなくてもコーチの指導を受けられることによりゴルフ技術向上の効果を期待することができる。

0115

スイング診断画面(継続利用ユーザー診断)の一例については、図16に示す内容と同様であり、上述した初回ユーザー診断との違いは、継続利用ユーザー診断の場合は、過去のユーザー動画とのビフォーアフター比較や見本動画(プロ・コーチ)との自身以外の動画を比較しながらアドバイスを受けることができる。

0116

このようにタブレット型コンピューターにおける画像(静止画又は動画)を用いた顧客管理は従来の顧客管理の概念から離れ、接客そのものに使用でき、目の前ですぐに回答を出すことができる。そして、画像(静止画又は動画)を使い、色々な比較方法によりカウンセリングすることにより、明確にビフォーアフターの違いを認識でき、継続した来訪を促進することができるという産業上の大きな利用価値がある。

0117

1タブレット型コンピューター
2画像入力手段
3 表示手段
4 記憶部
5中央演算装置
6タッチパネル
7 加工手段
8 調整手段
10 顔(体)
11 顔(体)
20 顔(体)左側半分
21 顔(体)右側半分
22 顔(体)21の反転画像
23 顔(体)右側半分
30 丸
31文字
40人物の左側半分
41 人物の右側半分の拡大した顔(体)
42 人物の左側半分
43 人物の右側半分の拡大した顔(体)
44 43を縮小した人物
50 人物
51 人物
52 人物50と同じ
53 人物51と同じ

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ