図面 (/)

技術 緑化壁装置

出願人 株式会社石勝エクステリア
発明者 森俊策宮城哲典餐場将文鷲山大介
出願日 2012年11月5日 (7年4ヶ月経過) 出願番号 2012-243597
公開日 2014年5月19日 (5年10ヶ月経過) 公開番号 2014-090699
状態 特許登録済
技術分野 植物の栽培 植物用支柱 栽培用器(植木鉢),播種用鉢
主要キーワード 耐腐性 外壁近傍 アイナット ヘアピン状 上下多段 アイボルト ワイヤ間 緑化壁
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2014年5月19日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (5)

課題

緑化ワイヤに沿って延びるつる性植物の根等を付かせることができ、緑化ワイヤ間を良好に緑化できる緑化壁装置を提供することにある。

解決手段

つる性植物16で緑化壁を形成すべく複数本の緑化ワイヤ2を上下方向に沿いつつ並列に配置し、その緑化ワイヤ2に沿ってつる性植物16を育成させるための緑化壁装置1において、緑化ワイヤ2に上下間隔をおいてY字状の分岐ガイド3を取り付けると共に、分岐ガイド3を支持材として保水性のある緑化誘引線4を緑化ワイヤ2に螺旋状に巻き付けたものである。

概要

背景

つきぬきにんどう、時計草、ジャスミン、あけび等のツルツタ等のつる性植物で緑化壁を形成する緑化壁装置としては、複数本緑化ワイヤを上下方向に沿いつつ並列に配置し、その緑化ワイヤに沿ってつる性植物を育成させるものが知られている。

かかる緑化壁装置によれば、つる性植物を複数本の緑化ワイヤに亘って自由に延ばすことができ、つる性植物で緑化壁を形成できる。

概要

緑化ワイヤに沿って延びるつる性植物の根等を付かせることができ、緑化ワイヤ間を良好に緑化できる緑化壁装置を提供することにある。つる性植物16で緑化壁を形成すべく複数本の緑化ワイヤ2を上下方向に沿いつつ並列に配置し、その緑化ワイヤ2に沿ってつる性植物16を育成させるための緑化壁装置1において、緑化ワイヤ2に上下間隔をおいてY字状の分岐ガイド3を取り付けると共に、分岐ガイド3を支持材として保水性のある緑化誘引線4を緑化ワイヤ2に螺旋状に巻き付けたものである。

目的

本発明の目的は、上記課題を解決し、緑化ワイヤに沿って延びるつる性植物の根等を付かせることができ、緑化ワイヤ間を良好に緑化できる緑化壁装置を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

つる性植物で緑化壁を形成すべく複数本緑化ワイヤを上下方向に沿いつつ並列に配置し、その緑化ワイヤに沿ってつる性植物を育成させるための緑化壁装置において、前記緑化ワイヤに上下間隔をおいてY字状の分岐ガイドを取り付けると共に、その分岐ガイドを支持材として保水性のある緑化誘引線を前記緑化ワイヤに螺旋状に巻き付けたことを特徴とする緑化壁装置。

請求項2

前記緑化誘引線が、複数本のカーボン繊維を撚って形成された請求項1記載の緑化壁装置。

請求項3

前記緑化誘引線が、耐腐性に優れる植物繊維を撚って形成された請求項1記載の緑化壁装置。

請求項4

前記分岐ガイドが、前記緑化ワイヤから隣接する他の緑化ワイヤに向けて斜め上方に延びる一対の誘引ニードルと、これら誘引ニードルを緑化ワイヤに留めるスリーブ状の留め具とを備えた請求項1〜3のいずれかに記載の緑化壁装置。

請求項5

前記誘引ニードルは、針金ヘアピン状に折り曲げて形成されると共に、折り曲げ部が先端となるように形成された請求項4記載の緑化壁装置。

請求項6

前記緑化ワイヤの上端にはアイボルト又はアイナットが設けられ、該アイボルト又はアイナットには、更に上方に延びる他の緑化ワイヤの下端のアイナット又はアイボルトが締結された請求項1〜5のいずれかに記載の緑化壁装置。

技術分野

0001

本発明は、つる性植物で緑化壁を形成する緑化壁装置に関するものである。

背景技術

0002

つきぬきにんどう、時計草、ジャスミン、あけび等のツルツタ等のつる性植物で緑化壁を形成する緑化壁装置としては、複数本緑化ワイヤを上下方向に沿いつつ並列に配置し、その緑化ワイヤに沿ってつる性植物を育成させるものが知られている。

0003

かかる緑化壁装置によれば、つる性植物を複数本の緑化ワイヤに亘って自由に延ばすことができ、つる性植物で緑化壁を形成できる。

先行技術

0004

特開2012−29629号公報
特開2002−272274号公報
特開2006−36号公報
特開平11−89447号公報

発明が解決しようとする課題

0005

しかしながら、つる性植物をワイヤに沿わせるものであるため、つる性植物のから延びる巻き髭、刺、吸盤、根等に水分を供給することができず、根等が付かないという課題があった。また、緑化ワイヤは上下方向に沿って直線状に延びるため、つる性植物の茎が分岐して横方向に延びようとしても分岐した茎を支持する手段がなく、緑化ワイヤの周りと比べて緑化ワイヤ間の緑化が進みにくいという課題があった。

0006

そこで、本発明の目的は、上記課題を解決し、緑化ワイヤに沿って延びるつる性植物の根等を付かせることができ、緑化ワイヤ間を良好に緑化できる緑化壁装置を提供することにある。

課題を解決するための手段

0007

上記課題を解決するために本発明は、つる性植物で緑化壁を形成すべく複数本の緑化ワイヤを上下方向に沿いつつ並列に配置し、その緑化ワイヤに沿ってつる性植物を育成させるための緑化壁装置において、前記緑化ワイヤに上下間隔をおいてY字状の分岐ガイドを取り付けると共に、その分岐ガイドを支持材として保水性のある緑化誘引線を前記緑化ワイヤに螺旋状に巻き付けたものである。

発明の効果

0008

本発明によれば、緑化ワイヤに沿って延びるつる性植物の根等を付かせることができ、緑化ワイヤ間を良好に緑化できる。

図面の簡単な説明

0009

本実施の形態に係る緑化壁装置の概略斜視図である。
(a)は緑化壁装置の上部を示す正面図であり、(b)は緑化壁装置の中間部を示す正面図である。
(a)は緑化壁装置の下部を示す正面図であり、(b)は他の形態の緑化壁装置の下部の正面図である。
緑化壁装置の要部拡大斜視図である。

実施例

0010

本発明に係る緑化壁装置を図面に基づいて説明する。

0011

図1は、建物外壁近傍に上下2段に設けられた緑化壁装置を示す。

0012

図1及び図2(a)に示すように、緑化壁装置1は、上下方向に沿いつつ並列に配置された複数本の緑化ワイヤ2と、それぞれの緑化ワイヤ2に上下間隔をおいて取り付けられた複数の分岐ガイド3と、これら分岐ガイド3を支持材として緑化ワイヤ2に設けられる保水性のある緑化誘引線4とを備える。

0013

緑化ワイヤ2は、鋼線を撚って形成されている。図2(a)、図2(b)に示すように、緑化ワイヤ2の上端には建物の梁5等に設けられたブラケット6等の固定系に締結されるアイボルト7が設けられている。また、図3(a)に示すように、緑化ワイヤ2の下端には地上の基礎8に設けられたアンカーボルト等のボルト9に締結されるアイナット10が設けられている。緑化ワイヤ2の両端は環状に形成されており、アイボルト7又はアイナット10の輪部11に接続されている。

0014

アイボルト7及びアイナット10は、互いに締結可能なものとなっており、緑化ワイヤ2同士を連結できるようになっている。具体的には、図1及び図2(b)に示すように、下段側の緑化壁装置1のそれぞれの緑化ワイヤ2のアイボルト7には、上段側の緑化壁装置1の緑化ワイヤ2のアイナット10が締結されており、緑化壁装置1が上下に連続するようになっている。なお、本実施の形態では、アイボルト7が緑化ワイヤ2の上端に位置し、アイナット10が緑化ワイヤ2の下端に位置するものとしたが、アイボルト7とアイナット10は上下の位置が逆であってもよい。また、緑化ワイヤ2を3段以上の複数段連結して緑化壁装置1を複数段配設するものとしてもよい。

0015

図4に示すように、分岐ガイド3は、正面視Y字状に形成されている。具体的には、分岐ガイド3は、緑化ワイヤ2から隣接する他の緑化ワイヤ2に向けて斜め上方に延びると共に互いに離間するように延びる一対の誘引ニードル12と、これら誘引ニードル12を緑化ワイヤ2に留める留め具13とを備える。

0016

誘引ニードル12は、針金14をヘアピン状に折り曲げて形成されると共に、折り曲げ部15が先端となるように形成されている。ここで、ヘアピン状に折り曲げてとは、針金14の長手方向の中央を180度折り曲げると共に、折り曲げ部15が円弧状となるように折り曲げ方向外側に膨らませて折り曲げ、かつ、折り曲げ部15以外は折り重なるようにすることをいう。これにより、簡易な加工で先太にできると共に、誘引ニードル12を柔軟にでき、人体などが触れても安全にできる。また、誘引ニードル12を構成する針金14は、断面半円形に形成されると共に、外周の平坦な面を内側にして折り曲げられている。これにより、誘引ニードル12は断面形状が略円形となり、人体等に対しては引っ掛かりのない安全なものになっている。

0017

留め具13は、スリーブ状に形成されており、誘引ニードル12の下端部を挿入させた状態で緑化ワイヤ2に加締められることで緑化ワイヤ2に誘引ニードル12を固定する。

0018

分岐ガイド3の上下間隔は、つる性植物16の茎17が緑化ワイヤ2を一周するピッチの1倍から4倍程度の長さに設定されており、分岐した茎18を高い確率で案内できると共に、つる性植物16の育成を邪魔しないようになっている。

0019

緑化誘引線4は、複数本のカーボン繊維(図示せず)を撚って形成されており、カーボン繊維間に水分を保持するようになっている。また、緑化誘引線4は、分岐ガイド3を支持材として緑化ワイヤ2に螺旋状に巻き付けられている。具体的には、緑化誘引線4は、分岐ガイド3の上下間隔と略同じピッチで緑化ワイヤ2の外周を一周するように緑化ワイヤ2に巻き付けられている。これにより、緑化誘引線4の巻き形状が一定に保持されるようになっている。また、緑化誘引線4の巻き方向は、つる性植物16の巻き方向と同じに設定されており、つる性植物16の根(図示せず)や茎17等が引っ掛かりやすいようになっている。

0020

次に本実施の形態の作用を述べる。

0021

緑化壁装置1の緑化ワイヤ2につる性植物16の茎17から延びる根等が巻き付き始めたとき、緑化ワイヤ2には保水性のある緑化誘引線4が巻かれているため、緑化誘引線4からつる性植物16の根等に水分を供給することができ、つる性植物16は良好に生育できると共に、緑化ワイヤ2に巻き付いて延び始める。また、緑化誘引線4はつる性植物16の根、茎17等に良好に引っ掛かるため、つる性植物16を効率よく上方に生長させることができる。

0022

また、緑化ワイヤ2に設けられた分岐ガイド3は、緑化ワイヤ2に巻かれた茎17が分岐したとき、その分岐した茎18に係合し、分岐した茎18を支持する。従来の緑化壁装置は、上下に直線状に延びる緑化ワイヤでつる性植物16の茎17を案内するものであったため、つる性植物16は分岐した茎18を自力で支えながら他の緑化ワイヤまで延びなければならず、自然環境で生長するものよりも横方向への分岐が進みにくく、エネルギーの無駄使いによりつる性植物16全体の生長も阻害される虞があった。しかし、本実施の形態に係る緑化壁装置1は、斜め上方に延びる誘引ニードル12で分岐した茎18をガイドできるため、つる性植物16を効率よく横方向に分岐、生長させることができる。また、分岐ガイド3は正面視Y字状に形成されているため、分岐した茎18が上方から垂れてきたとき、この茎18を受けることができると共に、誘引ニードル12に巻き付かせることができ、横方向に誘引することができる。

0023

このように、緑化ワイヤ2に上下間隔をおいてY字状の分岐ガイド3を取り付けると共に、その分岐ガイド3を支持材として保水性のある緑化誘引線4を緑化ワイヤ2に螺旋状に巻き付けるものとしたため、緑化ワイヤ2に沿って延びるつる性植物16に水分を供給できると共に、分岐した茎18を他の緑化ワイヤ2がある横方向に誘引でき、緑化ワイヤ2間を良好に緑化できる。そして、緑化壁を美感の高いものにでき、建物の美感を高めることができる。

0024

また、緑化誘引線4は、複数本のカーボン繊維を撚って形成されるものとしたため、経年劣化に強いものにできると共に、自然に近い環境にでき、つる性植物16を安定して育成できる。

0025

分岐ガイド3が、斜め上方に延びる一対の誘引ニードル12と、これら誘引ニードル12を緑化ワイヤ2に留めるスリーブ状の留め具13とを備えるものとしたため、分岐ガイド3を簡易で安価なものにできると共に、十分な強度にできる。

0026

誘引ニードル12は、針金14をヘアピン状に折り曲げて形成されると共に、折り曲げ部15が先端となるように形成されるものとしたため、誘引ニードル12をヘアピンのように先端が拡大された安全な形状にできると共に、簡単な加工で製作できる。また、誘引ニードル12を柔軟性の高いものにでき、人体等が引っ掛かったとき適当に撓んで逃げることができ、安全性の高いものにできる。

0027

また、緑化ワイヤ2の上端にはアイボルト7又はアイナット10が設けられ、アイボルト7又はアイナット10には、更に上方に延びる他の緑化ワイヤ2の下端のアイナット10又はアイボルト7が締結されるものとしたため、緑化壁装置1を容易に上下多段に設けることができると共に、それぞれの緑化ワイヤ2を上下に連続させることができ、様々な建物等に容易に設置できる。

0028

なお、緑化ワイヤ2は両端を固定系に締結されるものとしたが、固定系を介さずに他の緑化ワイヤ2に締結されるものとしてもよい。

0029

また、緑化誘引線4はカーボン繊維からなるものとしたが、保水性・耐腐性に優れる等の植物繊維を所定の径を有するように撚って形成してもよい。

0030

また、下段側の緑化壁装置1の緑化ワイヤ2は下端を基礎8に接続されるものとしたが、図3(b)に示すように、建物の梁5等に設けられたブラケット6に接続されるものとしてもよい。この場合、ブラケット6には上方に延びるボルト9が設けられ、このボルト9にアイナット10が締結されるとよい。

0031

1緑化壁装置
2緑化ワイヤ
3分岐ガイド
4 緑化誘引線
7アイボルト
10アイナット
12誘引ニードル
13留め具
15 折り曲げ部
16つる性植物

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社大林組の「 植物生育システム及び植物生育方法」が 公開されました。( 2019/09/12)

    【課題】植物を低コストで良好に生育させることができる植物生育システム及び植物生育方法を提供する。【解決手段】植物栽培施設10には、ワサビW1が植えられた栽培床50が配置されている。栽培床50は、内部に... 詳細

  • 西松建設株式会社の「 水耕栽培装置」が 公開されました。( 2019/09/12)

    【課題】栽培床を移動容易に培養液に浮かべて栽培し、栽培物の根が、培養液中に溶存する養分と酸素を摂取できさらに接触空気から酸素を直接摂取でき、栽培光の培養液への照射をカットし藻の繁殖を無くして栽培床の反... 詳細

  • 西松建設株式会社の「 水耕栽培装置」が 公開されました。( 2019/09/12)

    【課題】栽培床を移動容易に培養液に浮かべて栽培し、栽培物の根が、培養液中に溶存する養分と酸素を摂取できさらに接触空気から酸素を直接摂取でき、栽培光の培養液への照射をカットし藻の繁殖を無くして栽培床の反... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ