図面 (/)

技術 タッチスクリーン付き情報機器のゲーム式ロック解除方法

出願人 アールサポート株式会社
発明者 ソヒョンス
出願日 2013年10月2日 (5年9ヶ月経過) 出願番号 2013-206945
公開日 2014年5月1日 (5年2ヶ月経過) 公開番号 2014-078940
状態 特許登録済
技術分野 電話機の機能 電子ゲーム機 デジタル計算機のユーザインターフェイス デジタル計算機のユーザインターフェイス
主要キーワード スライド式ロック タッチスクリーン画面 ブレイクアウト ビリヤードゲーム 移動線 組合体 単位オブジェクト ゴールポスト
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2014年5月1日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (14)

課題

情報機器ロック解除過程でユーザの興味を誘発し、美感を満たすことができるとともに、当該情報機器に対する無断使用防止機能を有するようにする。

解決手段

情報機器のロック解除方法において、タッチスクリーン11の暗転状態解除され、ゲームプログラム起動されるステップと、ゲームプログラムが、タッチスクリーン11画面上に可動オブジェクト21を出力し、目標オブジェクト22を設定するステップと、ゲームプログラムが、ジェスチャとして情報機器に入力された操作信号に基づいて可動オブジェクト21を移動させるステップと、可動オブジェクト21が目標オブジェクト22に達すると、当該情報機器のロック状態が解除されるステップと、を有する。ロック解除の過程でユーザの興味を誘発し、かつ、美感を満たすことができる。

概要

背景

従来、タッチスクリーン11が入出力手段として適用されたスマートフォン又はタブレットPC等の情報機器は、待ち状態での不要な入力誤りを制限するためのロック状態解除することができるように、種々の方式のタッチスクリーン11ロック解除手段を備えている。

通常のタッチスクリーン11付き情報機器においては、タッチスクリーン11が待ち状態、すなわち、暗転状態に保たれ、接触が感知されても一切の入力が行われない状態で、ユーザがホームボタン電源タン等の当該情報機器の物理的な操作ボタンを押して暗転状態を解除すると、タッチスクリーン11にロック解除画面が出力され、ユーザがロック解除画面の出力されたタッチスクリーン11にパスワードを入力したり、特定のジェスチャを行ったりすると、ロックが解除されてタッチスクリーン11の接触操作による入力が行われるようになる。

パスワードの入力によるタッチスクリーン11付き情報機器のロック解除は、具体的な遂行方式に応じて、数字列文字列等の定型化されたパスワードを入力する単純な方式と、ロック解除画面上に質問が出力され、ユーザが当該質問に返答する問答型方式等とに分けられるが、これらは、いずれもあらかじめ設定された条件に合う情報をユーザが入力することによってロック解除が行われる方式であり、情報機器の作動及び情報通信の全般にわたって伝統的に活用されていたパスワードの入力によるユーザ認証又は無断使用防止技術と同じ方式であるといえる。

パスワード入力方式の情報機器のロック解除は、他人による無断使用を防ぐというセキュリティの側面においてメリットがあるが、ロック解除の操作を行うたびに数字列又は文字列のパスワードを逐一入力しなければならないという不便さがあり、このような不便さは、比較的にロック解除操作が頻繁に行われるスマートフォン等の携帯型情報機器において一層深刻になるという問題点がある。

そこで、ユーザがロック解除画面の出力されたタッチスクリーン11上において特定のジェスチャを行うことによってロックが解除され、より直観的で迅速なロック解除が行えるようにしたジェスチャ方式のロック解除方法が提供されている。その代表的な方法としては、ロック解除を行うときに接点を左右にスライドさせるようにする、スライド式ロック解除と呼ばれる方法が挙げられる(例えば、特許文献1参照。)。

下記の特許文献1に記載のジェスチャ方式は、図1に示されるように、ロック解除画面上に出力されたユーザインタフェースオブジェクトへの接触が感知され、かつ、接触が保たれている状態で、あらかじめ設定された経路に沿って接点が移動するドラッグジェスチャが感知されると、ロックが解除される方式である。

この種のスライド式ロック解除方式のロック解除方法は、要求されるジェスチャが直観的であり、しかも、単純であるため、たとえ情報機器の使用に慣れていないユーザであっても簡単、かつ、速やかに操作することができるというメリットがあるが、ロック解除に際して求められるジェスチャが非常に単純であるため、ユーザの無意識的な接触によっても簡単にロック解除が行われてしまうだけではなく、ロック解除画面だけでロック解除ジェスチャを容易に把握することができ、他人による無断使用を防止することができないという問題点があった。

そこで、パターンロック解除と呼ばれる方式であり、ロック解除画面上において一連の接点が構成する形状、接点の移動線形等が、あらかじめ設定された条件に合う場合に、ロックが解除されるというロック解除方法が提供されている(例えば、特許文献2及び3参照。)。なお、これらの方式は、図2及び図3にそれぞれ示されている。

この種のパターンロック解除方式のロック解除方法においては、上述したスライド式ロック解除方式に比べて、ロック解除機能を行う際に一層複雑なジェスチャが要求されるだけでなく、ロック解除画面だけでは要求されるジェスチャを把握することができないため、ユーザの無意識的な接触による不要なロック解除だけでなく、他人による無断使用を確実に遮断することができる。

このように、タッチスクリーン11付き情報機器のロック解除に関し、ユーザの使い勝手及びセキュリティの確保を目指す種々の技術が開発されて活用されているが、スライド式ロック解除をはじめとして、パターンロック解除に至る従来のロック解除方法は、その具体的な遂行方式を問わず、ロック解除の機能的な側面にのみ主眼点をおいて開発された技術であり、ユーザに画一的、かつ、無味乾燥な操作環境を提供するだけではなく、ユーザの興味を誘発する娯楽的な要素、ユーザの個性表出しうる美感的な要素等を全く期待することができないという問題点がある。

概要

情報機器のロック解除の過程でユーザの興味を誘発し、美感を満たすことができるとともに、当該情報機器に対する無断使用の防止機能を有するようにする。情報機器のロック解除方法において、タッチスクリーン11の暗転状態が解除され、ゲームプログラム起動されるステップと、ゲームプログラムが、タッチスクリーン11画面上に可動オブジェクト21を出力し、目標オブジェクト22を設定するステップと、ゲームプログラムが、ジェスチャとして情報機器に入力された操作信号に基づいて可動オブジェクト21を移動させるステップと、可動オブジェクト21が目標オブジェクト22に達すると、当該情報機器のロック状態が解除されるステップと、を有する。ロック解除の過程でユーザの興味を誘発し、かつ、美感を満たすことができる。

目的

このように、タッチスクリーン11付き情報機器のロック解除に関し、ユーザの使い勝手及びセキュリティの確保を目指す種々の技術が開発されて活用されているが、スライド式ロック解除をはじめとして、パターンロック解除に至る従来のロック解除方法は、その具体的な遂行方式を問わず、ロック解除の機能的な側面にのみ主眼点をおいて開発された技術であり、ユーザに画一的、かつ、無味乾燥な操作環境を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
3件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

タッチスクリーン(11)が入出力手段として適用された情報機器ロック解除方法において、タッチスクリーン(11)の暗転状態解除され、ゲームプログラム起動されるステップと、ゲームプログラムが、タッチスクリーン(11)画面上に可動オブジェクト(21)を出力し、目標オブジェクト(22)を設定するステップと、ゲームプログラムが、タッチスクリーン(11)画面上において行われたジェスチャによって情報機器に入力された操作信号に基づいて、可動オブジェクト(21)を移動させるステップと、前記入力された操作信号に基づいて移動させられる可動オブジェクト(21)が目標オブジェクト(22)に達すると、当該情報機器のロック状態が解除されるステップと、を有することを特徴とするタッチスクリーン(11)付き情報機器のゲーム式ロック解除方法。

請求項2

タッチスクリーン(11)が入出力手段として適用された情報機器のロック解除方法において、タッチスクリーン(11)の暗転状態が解除され、ゲームプログラムが起動されるステップと、ゲームプログラムが、タッチスクリーン(11)画面上に可動オブジェクト(21)及び駆動オブジェクト(25)を出力し、目標オブジェクト(22)を設定するステップと、ゲームプログラムが、タッチスクリーン(11)画面上において行われたジェスチャによって情報機器に入力された操作信号に基づいて、駆動オブジェクト(25)を変化させ、可動オブジェクト(21)を移動させるステップと、駆動オブジェクト(25)の操作に応じて、可動オブジェクト(21)が移動させられて目標オブジェクト(22)に達すると、当該情報機器のロック状態が解除されるステップと、を有する請求項1に記載のタッチスクリーン(11)付き情報機器のゲーム式ロック解除方法。

請求項3

タッチスクリーン(11)が入出力手段として適用された情報機器のロック解除方法において、タッチスクリーン(11)の暗転状態が解除され、ゲームプログラムが起動されるステップと、ゲームプログラムがタッチスクリーン(11)画面上に単位オブジェクト(23)を出力するステップと、ゲームプログラムが、タッチスクリーン(11)画面上において行われたジェスチャによって情報機器に入力された操作信号に基づいて、単位オブジェクト(23)を移動、回転又は反転させるステップと、前記入力された操作信号に基づいて移動、回転又は反転させられる単位オブジェクト(23)の組合体目標状態を満たすと、当該情報機器のロック状態が解除されるステップと、を有することを特徴とするタッチスクリーン(11)付き情報機器のゲーム式ロック解除方法。

請求項4

ゲームプログラムがタッチスクリーン(11)画面上に撹乱オブジェクト(27)を出力する請求項1又は2に記載のタッチスクリーン(11)付き情報機器のゲーム式ロック解除方法。

技術分野

0001

本発明は、タッチスクリーン11が入出力手段として適用されたスマートフォン等の情報機器ロック解除方法係りロック解除画面のタッチスクリーン11上において、ジェスチャ等によって行われるゲームが実行され、ゲームが行われるにつれて、当該情報機器のロック状態解除されるタッチスクリーン付き情報機器のゲーム式ロック解除方法に関するものである。

背景技術

0002

従来、タッチスクリーン11が入出力手段として適用されたスマートフォン又はタブレットPC等の情報機器は、待ち状態での不要な入力誤りを制限するためのロック状態を解除することができるように、種々の方式のタッチスクリーン11ロック解除手段を備えている。

0003

通常のタッチスクリーン11付き情報機器においては、タッチスクリーン11が待ち状態、すなわち、暗転状態に保たれ、接触が感知されても一切の入力が行われない状態で、ユーザがホームボタン電源タン等の当該情報機器の物理的な操作ボタンを押して暗転状態を解除すると、タッチスクリーン11にロック解除画面が出力され、ユーザがロック解除画面の出力されたタッチスクリーン11にパスワードを入力したり、特定のジェスチャを行ったりすると、ロックが解除されてタッチスクリーン11の接触操作による入力が行われるようになる。

0004

パスワードの入力によるタッチスクリーン11付き情報機器のロック解除は、具体的な遂行方式に応じて、数字列文字列等の定型化されたパスワードを入力する単純な方式と、ロック解除画面上に質問が出力され、ユーザが当該質問に返答する問答型方式等とに分けられるが、これらは、いずれもあらかじめ設定された条件に合う情報をユーザが入力することによってロック解除が行われる方式であり、情報機器の作動及び情報通信の全般にわたって伝統的に活用されていたパスワードの入力によるユーザ認証又は無断使用防止技術と同じ方式であるといえる。

0005

パスワード入力方式の情報機器のロック解除は、他人による無断使用を防ぐというセキュリティの側面においてメリットがあるが、ロック解除の操作を行うたびに数字列又は文字列のパスワードを逐一入力しなければならないという不便さがあり、このような不便さは、比較的にロック解除操作が頻繁に行われるスマートフォン等の携帯型情報機器において一層深刻になるという問題点がある。

0006

そこで、ユーザがロック解除画面の出力されたタッチスクリーン11上において特定のジェスチャを行うことによってロックが解除され、より直観的で迅速なロック解除が行えるようにしたジェスチャ方式のロック解除方法が提供されている。その代表的な方法としては、ロック解除を行うときに接点を左右にスライドさせるようにする、スライド式ロック解除と呼ばれる方法が挙げられる(例えば、特許文献1参照。)。

0007

下記の特許文献1に記載のジェスチャ方式は、図1に示されるように、ロック解除画面上に出力されたユーザインタフェースオブジェクトへの接触が感知され、かつ、接触が保たれている状態で、あらかじめ設定された経路に沿って接点が移動するドラッグジェスチャが感知されると、ロックが解除される方式である。

0008

この種のスライド式ロック解除方式のロック解除方法は、要求されるジェスチャが直観的であり、しかも、単純であるため、たとえ情報機器の使用に慣れていないユーザであっても簡単、かつ、速やかに操作することができるというメリットがあるが、ロック解除に際して求められるジェスチャが非常に単純であるため、ユーザの無意識的な接触によっても簡単にロック解除が行われてしまうだけではなく、ロック解除画面だけでロック解除ジェスチャを容易に把握することができ、他人による無断使用を防止することができないという問題点があった。

0009

そこで、パターンロック解除と呼ばれる方式であり、ロック解除画面上において一連の接点が構成する形状、接点の移動線形等が、あらかじめ設定された条件に合う場合に、ロックが解除されるというロック解除方法が提供されている(例えば、特許文献2及び3参照。)。なお、これらの方式は、図2及び図3にそれぞれ示されている。

0010

この種のパターンロック解除方式のロック解除方法においては、上述したスライド式ロック解除方式に比べて、ロック解除機能を行う際に一層複雑なジェスチャが要求されるだけでなく、ロック解除画面だけでは要求されるジェスチャを把握することができないため、ユーザの無意識的な接触による不要なロック解除だけでなく、他人による無断使用を確実に遮断することができる。

0011

このように、タッチスクリーン11付き情報機器のロック解除に関し、ユーザの使い勝手及びセキュリティの確保を目指す種々の技術が開発されて活用されているが、スライド式ロック解除をはじめとして、パターンロック解除に至る従来のロック解除方法は、その具体的な遂行方式を問わず、ロック解除の機能的な側面にのみ主眼点をおいて開発された技術であり、ユーザに画一的、かつ、無味乾燥な操作環境を提供するだけではなく、ユーザの興味を誘発する娯楽的な要素、ユーザの個性表出しうる美感的な要素等を全く期待することができないという問題点がある。

先行技術

0012

米国特許第7,657,849号明細書
大韓民国特許出願公開特許第2009−58875号明細書
大韓民国特許出願公開特許第2012−20662号明細書

発明が解決しようとする課題

0013

本発明は上述した問題点を解決するために案出されたものであり、タッチスクリーン11付き情報機器のロック解除の過程でユーザの興味を誘発し、美感を満たすことができるとともに、当該情報機器に対する無断使用の遮断機能を有するタッチスクリーン付き情報機器のゲーム式ロック解除方法を提供することを目的としている。

0014

また、タッチスクリーン11付き情報機器の使用中に頻繁に行われるロック解除を通じてタッチスクリーン11付き情報機器の操作に必要なジェスチャリングにユーザが拒否感を持たずに熟達することのできるタッチスクリーン付き情報機器のゲーム式ロック解除方法を提供することを別の目的としている。

課題を解決するための手段

0015

上記の目的を達成するために、本発明に係るタッチスクリーン11付き情報機器のゲーム式ロック解除方法は、タッチスクリーン11が入出力手段として適用された情報機器のロック解除方法において、タッチスクリーン11の暗転状態が解除され、ゲームプログラム起動されるステップと、ゲームプログラムが、タッチスクリーン11画面上に可動オブジェクト21を出力し、目標オブジェクト22を設定するステップと、ゲームプログラムが、タッチスクリーン11画面上において行われたジェスチャによって情報機器に入力された操作信号に基づいて、可動オブジェクト21を移動させるステップと、前記入力された操作信号に基づいて移動させられる可動オブジェクト21が目標オブジェクト22に達すると、当該情報機器のロック状態が解除されるステップと、を有することを特徴とするタッチスクリーン11付き情報機器のゲーム式ロック解除方法であり、かつ、タッチスクリーン11の暗転状態が解除され、ゲームプログラムが起動されるステップと、ゲームプログラムが、タッチスクリーン11画面上に可動オブジェクト21及び駆動オブジェクト25を出力し、目標オブジェクト22を設定するステップと、ゲームプログラムが、タッチスクリーン11画面上において行われたジェスチャによって情報機器に入力された操作信号に基づいて、駆動オブジェクト25を変化させ、可動オブジェクト21を移動させるステップと、駆動オブジェクト25の操作に応じて、可動オブジェクト21が移動させられて目標オブジェクト22に達すると、当該情報機器のロック状態が解除されるステップと、を有することを特徴とするタッチスクリーン11付き情報機器のゲーム式ロック解除方法である。

0016

また、上記の目的を達成するために、本発明に係るタッチスクリーン11付き情報機器のゲーム式ロック解除方法は、タッチスクリーン11が入出力手段として適用された情報機器のロック解除方法において、タッチスクリーン11の暗転状態が解除され、ゲームプログラムが起動されるステップと、ゲームプログラムがタッチスクリーン11画面上に単位オブジェクト23を出力するステップと、ゲームプログラムが、タッチスクリーン11画面上において行われたジェスチャによって情報機器に入力された操作信号に基づいて、単位オブジェクト23を移動、回転又は反転させるステップと、前記入力された操作信号に基づいて移動、回転又は反転させられる単位オブジェクト23の組合体目標状態を満たすと、当該情報機器のロック状態が解除されるステップと、を有することを特徴とするタッチスクリーン11付き情報機器のゲーム式ロック解除方法である。

0017

前記タッチスクリーン11上にはホットキー26を設定することができる。その場合、本発明に係るタッチスクリーン11付き情報機器のゲーム式ロック解除方法は、ホットキー26の接触が感知されると、ゲームプログラムが可動オブジェクト21を目標オブジェクト22に無条件的に移動させたり、ホットキー26の接触が感知されると、ゲームプログラムが単位オブジェクト23を目標状態に無条件的に組み合わせたりするタッチスクリーン11付き情報機器のゲーム式ロック解除方法であり、かつ、前記ゲームプログラムがタッチスクリーン11画面上に撹乱オブジェクト27を出力するタッチスクリーン11付き情報機器のゲーム式ロック解除方法である。

発明の効果

0018

本発明によれば、機能的要素に偏っていた一律的な従来のタッチスクリーン11付き情報機器ロック解除方式から脱皮して、ロック解除の過程でユーザの興味を誘発し、かつ、美感を満たすことができる。

0019

また、ユーザにタッチスクリーン11付き情報機器の使用中に頻繁に行われるロック解除の過程で、相対的に速やかなジェスチャリングが求められるゲームを行わせることによって、タッチスクリーン11付き情報機器の操作に必要なジェスチャリングにユーザが拒否感を持たずに熟達することができ、ロック解除用ゲームの具体的な形態及び進行方式を多様化させることによって、他人による無断使用を防止することができるという効果も得られる。

図面の簡単な説明

0020

従来のタッチスクリーン付き情報機器のロック解除方法を説明するための第1の図である。
従来のタッチスクリーン付き情報機器のロック解除方法を説明するための第2の図である。
従来のタッチスクリーン付き情報機器のロック解除方法を説明するための第3の図である。
可動オブジェクトが適用された本発明の実施の形態におけるタッチスクリーン付き情報機器のロック解除方法を説明するための図である。
可動オブジェクトが適用された様々なゲーム類型の本発明の実施の形態におけるタッチスクリーン画面の例を示す第1の図である。
可動オブジェクトが適用された様々なゲーム類型の本発明の実施の形態におけるタッチスクリーン画面の例を示す第2の図である。
可動オブジェクトが適用された様々なゲーム類型の本発明の実施の形態におけるタッチスクリーン画面の例を示す第3の図である。
可動オブジェクトが適用された様々なゲーム類型の本発明の実施の形態におけるタッチスクリーン画面の例を示す第4の図である。
単位オブジェクトが適用された本発明の実施の形態におけるタッチスクリーン付き情報機器のロック解除方法を説明するための図である。
ホットキーが適用された本発明の実施の形態におけるタッチスクリーン付き情報機器のロック解除方法を説明するための第1の図である。
ホットキーが適用された本発明の実施の形態におけるタッチスクリーン付き情報機器のロック解除方法を説明するための第2の図である。
撹乱オブジェクトが適用された本発明の実施の形態におけるタッチスクリーン画面の例を示す第1の図である。
撹乱オブジェクトが適用された本発明の実施の形態におけるタッチスクリーン画面の例を示す第2の図である。

実施例

0021

以下、添付図面に基づき、本発明のタッチスクリーン付き情報機器のゲーム式ロック解除方法の詳細な過程について詳述する。

0022

図4は、可動オブジェクト21が適用された本発明の実施の形態におけるタッチスクリーン付き情報機器のロック解除方法を説明するための図である。同図に示されるタッチスクリーン付き情報機器のゲーム式ロック解除方法は、タッチスクリーン11上においてサッカーゲームが実行され、サッカーボール及びゴールポストがそれぞれ可動オブジェクト21及び目標オブジェクト22として設定される。

0023

図4に示されるように、本発明によるタッチスクリーン11付き情報機器のロック解除方法においては、タッチスクリーン11の暗転状態が解除され、ゲームプログラムが起動されてゲーム画面が出力されることによって、ロック解除が開始される。

0024

すなわち、ユーザがホームボタン、電源ボタン等の当該情報機器の物理的な操作ボタンを押すと、情報機器のオペレーティングシステムがタッチスクリーン11の暗転状態を解除し、当該オペレーティングシステムのモジュール又はアプリケーションプログラムの形で情報機器にインストールされたゲームプログラムが起動される。

0025

ゲームプログラムが起動されると、図4に示されるように、ゲームプログラムがタッチスクリーン11画面上に可動オブジェクト21を出力し、目標オブジェクト22を設定する。なお、同図に示される実施の形態においては、可動オブジェクト21及び目標オブジェクト22が同じ画面上に出力されるようになっているが、実行されるゲームの種類に応じて、目標オブジェクト22が可動オブジェクト21と共に出力されることなく、ゲームの進行中に順次に出力されるようにしてもよい。

0026

ゲームプログラムによってタッチスクリーン11画面上に可動オブジェクト21が出力された後、ユーザが当該情報機器の入力手段を操作すると、ゲームプログラムが情報機器に入力された操作信号に基づいて可動オブジェクト21を移動させるが、図4に示されるように、ユーザが可動オブジェクト21の出力されたタッチスクリーン11画面上において特定のジェスチャを行うことにより可動オブジェクト21を移動させることができる。

0027

図4に示される実施の形態においては、フリック(flick)と呼ばれる、接点を速やかに、かつ、短時間で移動させるジェスチャを可動オブジェクト21の出力個所で行うことによって、まるで可動オブジェクト21としてのサッカーボールを打撃するかのような直観的な操作を行うことができる。ユーザは、フリックジェスチャの方向及び速度を調節することによって、可動オブジェクト21の移動経路を調整することができる。

0028

入力された操作信号に基づいて移動させられる可動オブジェクト21が目標オブジェクト22に達すると、すなわち、図4に示される実施の形態においてサッカーボールがゴールインとなると、当該情報機器のロック状態が解除され、その結果、当該情報機器が実質的に使用可能になる。

0029

このように、タッチスクリーン11付き情報機器のロック解除過程における機能中心の画一的な従来のロック解除方式から脱皮して、ユーザがゲームを楽しみ、その結果としてロック解除が行われることによって、ユーザの興味を誘発し、かつ、美感を満たすことができる。

0030

図5〜8は、本発明によるタッチスクリーン付き情報機器のゲーム式ロック解除方法を行う過程で実行可能な、様々な可動オブジェクト21が適用されたゲーム類型の例を示す図であり、各ゲーム類型においてユーザがタッチスクリーン11上において特定のジェスチャを行ったり、当該情報機器に取り付けられている加速度センサ等の入力手段を用いたりすることによって、可動オブジェクト21の移動が制御される。

0031

図5は、本発明によるタッチスクリーン付き情報機器のゲーム式ロック解除方法を行う過程で、ゴルフゲームが実行される状況を示す図であり、この場合、可動オブジェクト21及び目標オブジェクト22として、ゴルフボール及びホールを設定することができる。

0032

可動オブジェクトとしてのゴルフボールを移動させるための最も単純な操作方式としては、上述した図4のサッカーゲームのように、ゴルフボールそのものをフリックジェスチャで打撃する方式が考えられるが、この場合、現実感が低下してユーザの興味を誘発することができない。そこで、図5に示されるように、ゴルフクラブ又はゴルファーを駆動オブジェクト25としてタッチスクリーン11画面上に出力し、ユーザが駆動オブジェクト25を操作したときに、駆動オブジェクト25が可動オブジェクト21を打撃するようにすることが好ましい。

0033

このために、ゲームプログラムは、タッチスクリーン11画面上に可動オブジェクト21及び駆動オブジェクト25を出力し、目標オブジェクト22を設定するステップを行った後、ユーザがタッチスクリーン11画面の駆動オブジェクト25上においてジェスチャを行うなどして駆動オブジェクト25を操作すると、入力された操作信号に基づいて駆動オブジェクト25が変化させられ、可動オブジェクト21が移動させられる。

0034

すなわち、ユーザが、タッチスクリーン11上において可動オブジェクト21を自ら操作することなく、駆動オブジェクト25を操作し、駆動オブジェクト25の操作結果として、可動オブジェクト21が移動させられて目標オブジェクト22に達すると、当該情報機器のロック状態が解除される。

0035

図5のゴルフゲームが適用された実施の形態においては、駆動オブジェクト25としてのゴルフクラブを打撃方向とは逆方向に弧状にドラッグした後に、速やかに接触状態を解除するジェスチャを行うと、駆動オブジェクト25がゴルフボールを打撃する動作が出力されるとともにゴルフボールが移動させられ、ドラッグの長さ及び方向に応じてゴルフボールの飛行方向が調節される方式によってゲームが実行される。

0036

このように、駆動オブジェクト25を逆方向にドラッグした後に速やかに接触状態を解除することによって可動オブジェクト21を打撃又は発射する方式は、図5に例示されるゴルフ等のスポーツゲームだけではなく、可動オブジェクトとして砲弾、矢等の発射物が適用されるシューティングゲームにも活用することができる。

0037

また、駆動オブジェクト25の他の例として、図6に示されるブレイクアウトゲーム等の反射型ゲームにおける可動オブジェクト21を反射させる反射体図7に示される飛行シューティングゲームにおいて可動オブジェクト21を発射する飛行体等が挙げられ、これらの駆動オブジェクト25は、ユーザのドラッグジェスチャによって移動させられながら可動オブジェクト21を反射又は発射する。

0038

図8は、可動オブジェクト21を操縦する入力手段としてタッチスクリーン11を用いることなく、情報機器に取り付けられる加速度センサを用いる場合の例を示す図であり、この場合、ユーザは、当該情報機器を傾けたり揺らしたりするなどの動作を行うことによって可動オブジェクト21を操縦することができる。図8に示されるようなレースゲームのほかに、飛行シミュレーションゲーム等に適用することができる。

0039

レースゲーム又は飛行シミュレーションゲームが本発明に適用される場合に、レースゴールを表す決勝線、着陸地点等が目標オブジェクト22として設定可能であり、この場合、ゲームプログラムの起動初期において目標オブジェクト22がタッチスクリーン11に出力されずにゲームが実行され、可動オブジェクト21が目標オブジェクト22に近づくと目標オブジェクト22が出現させられる。

0040

このように、図4〜8に示されるような、可動オブジェクト21が適用される本発明の実施の形態においては、サッカーバスケットボールボーリング、ゴルフ、ベースボールテニスピンポン等の球技種目をはじめとするスポーツゲームだけでなく、シューティングゲーム、レースゲーム等の種々の形式のゲームを実行することができる。

0041

また、図9は、単位オブジェクト23が適用された本発明の実施の形態におけるタッチスクリーン付き情報機器のゲーム式ロック解除方法を説明するための図であり、同図に示される実施の形態においては、タッチスクリーン11上においてパズルゲームが実行され、ジグソーパズル(jigsaw puzzle)の欠片ピース)が単位オブジェクト23として設定される。

0042

図9に示されるように、ユーザがホームボタン、電源ボタン等を操作することによってタッチスクリーン11の暗転状態が解除され、当該情報機器にインストールされたゲームプログラムが起動されると、ゲームプログラムによってタッチスクリーン11画面上に多数の単位オブジェクト23が出力される。

0043

続いて、ゲームプログラムが情報機器に入力された操作信号に基づいて単位オブジェクト23を移動、回転又は反転させることによって、単位オブジェクト23の組合体が構成され、単位オブジェクト23の組合体が目標状態を満たすと、すなわち、パズルが完成されると、情報機器のロック状態が解除され、その結果、当該情報機器が実質的に使用可能になる。

0044

タッチスクリーン11画面上の単位オブジェクト23の移動、回転又は反転動作は、ドラッグ、タップ、フリック等のジェスチャを単独で又は組み合わせて行うことによってできるが、例えば、ドラッグジェスチャを行うことによって単位オブジェクト23を単純に移動させ、単位オブジェクト23を軽くタッチするタップジェスチャを1回行うたびに当該単位オブジェクト23を時計回り方向又は反時計回り方向に90〔°〕回転させ、フリックジェスチャを行うことによって、当該単位オブジェクト23を反転させる方式にすることもできる。

0045

このような単位オブジェクト23が適用されたゲームは、図9に示されるジグソーパズル等の典型的なパズルゲームの他に、テトリス等の変形パズルゲームだけでなく、一人で遊ぶカードゲームであるソリティア(solitaire)形式のゲームにも適用することができる。

0046

本発明によるタッチスクリーン付き情報機器のゲーム式ロック解除方法が行われる過程で、テトリス形式のゲームが実行される場合、テトリス形式のゲームの基本要素としての多数の正方形が組み合わせられてなる多角形であるテトロミノ(tetromino)又はペントミノ(pentomino)が単位オブジェクト23として設定され、上述されたように、タッチスクリーン11上のジェスチャによる単位オブジェクト23の移動、回転又は反転が行われることによってゲームが実行される。

0047

また、ソリティア形式のゲームにおいては、それぞれのカードが単位オブジェクト23として設定され、ジェスチャの入力に伴い、単位オブジェクト23としてのカードが、あらかじめ設定された条件に応じて配列されると、目標状態の単位オブジェクト23の組合体が完成されて、情報機器のロック状態が解除される。

0048

このように、タッチスクリーン11上においてジェスチャによって操作される可動オブジェクト21、目標オブジェクト22、駆動オブジェクト25及び単位オブジェクト23の有機的な作用によって実行されるゲームを通じて情報機器のロック解除を行うことにより、ロック解除の過程でユーザの興味を誘発し、美感を満たすだけでなく、タッチスクリーン11付き情報機器の使用中に頻繁に行われるロック解除過程で、ユーザに速やかなジェスチャリングが求められるゲームを行わせることによって、ユーザが様々なジェスチャリングに熟達するなどの効果が得られるが、単純で、しかも、直観的なジェスチャだけで行われる従来のロック解除方式に比べて相対的に長時間の操作が必要になる。

0049

そこで、図10及び図11に示されるように、ゲームが実行されるタッチスクリーン11画面上にホットキー26を設定し、ユーザが本発明によるタッチスクリーン付き情報機器のゲーム式ロック解除方法を行う過程でいつでもホットキー26をタッチすることによって、当該情報機器のロック状態が直ちに解除されるようにすることができる。

0050

すなわち、図10に示される、可動オブジェクト21が適用される実施の形態においては、ホットキー26の接触が感知されると、ゲームプログラムが可動オブジェクト21を目標オブジェクト22に無条件的に移動させ、図11に示される、単位オブジェクト23が適用される実施の形態においては、ホットキー26の接触が感知されると、ゲームプログラムが単位オブジェクト23を目標状態に無条件的に組み合わせることによって、即時にロック解除が行われるようにすることができる。

0051

図10及び図11に示される実施の形態においては、ホットキー26がタッチスクリーン11上に別途に出力されるアイコン状又はボタン状に形成されているが、ゲームプログラムの起動に伴い、タッチスクリーン11上に出力される可動オブジェクト21、駆動オブジェクト25、目標オブジェクト22又は単位オブジェクト23そのものをホットキー26として設定して、ユーザが当該オブジェクト上においていかなるジェスチャを行っても速やかにロック状態が解除されるようにすることができる。

0052

また、ホットキー26をアイコン、ボタン、上述したオブジェクト等の見かけ上で明確に区別可能な形で出力するのではなく、当該情報機器の真のユーザだけが認識しているタッチスクリーン11内の特定の領域として設定することによって、他人による無断使用を防止するようにしてセキュリティ機能を持たせることができる。

0053

また、図12及び図13は、撹乱オブジェクト27が適用された実施の形態を示す図であり、この場合、可動オブジェクト21若しくは目標オブジェクト22と同様又は類似の撹乱オブジェクト27をタッチスクリーン11画面上に可動オブジェクト21と共に出力することによって、タッチスクリーン11付き情報機器に対する他人の無断使用を防ぐようにしている。

0054

すなわち、図12は、可動オブジェクト21と同じ形態の撹乱オブジェクト27がタッチスクリーン11に出力された状態を示す図であり、この場合、撹乱オブジェクト27を目標オブジェクト22に移動させても当該情報機器のロック状態は解除されず、可動オブジェクト21を目標オブジェクト22に移動させてはじめてロック状態が解除されるようになっている。

0055

また、図13は、本発明によるタッチスクリーン付き情報機器のゲーム式ロック解除方法を行う過程で、ビリヤードゲームが実行される実施の形態を示す図であり、ビリヤードテーブルポケットの一部が目標オブジェクト22として設定され、残りのポケットは撹乱オブジェクト27として設定される。この場合、可動オブジェクト21としてのビリヤードボールが目標オブジェクト22としてのポケットに入ると、当該情報機器のロック状態が解除され、ビリヤードボールが撹乱オブジェクト27としてのポケットに入っても、ロック状態が維持されるようになっている。

0056

このような撹乱オブジェクト27は、ユーザがあらかじめ設定することができ、これにより、可動オブジェクト21と目標オブジェクト22とを識別できない他人による情報機器の無断使用を防止することができる。

0057

以上の本発明を通じて、タッチスクリーン11付き情報機器のロック解除過程でユーザの興味を誘発し、美感を満たすことができるとともに、一層強化されたセキュリティ性が得られ、しかも、タッチスクリーン11付き情報機器の操作に必要な様々なジェスチャリングにユーザが拒否感を持たずに熟達するという効果も得られる。

0058

11タッチスクリーン
21可動オブジェクト
22目標オブジェクト
23単位オブジェクト
25駆動オブジェクト
26ホットキー
27撹乱オブジェクト

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ