図面 (/)

技術 乳化剤含有油脂組成物及び乳化剤含有油脂組成物の製造方法

出願人 日清オイリオグループ株式会社
発明者 岡田孝宏生稲淳一
出願日 2013年7月9日 (6年8ヶ月経過) 出願番号 2013-143323
公開日 2014年5月1日 (5年10ヶ月経過) 公開番号 2014-077118
状態 特許登録済
技術分野 食用油脂 脂肪類、香料
主要キーワード 調合直後 耐冷性 デカグリセリンオレイン酸エステル 離型油 スプレー油 結晶調整剤 親水部分 石鹸分
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2014年5月1日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (0)

図面はありません

課題

調合乳化剤と油脂の添加・混合等)、乳化剤含油組成物の保存、輸送時等における乳化剤成分沈殿が改善された乳化剤含有油脂組成物及び該乳化剤含有油脂組成物の製造方法を提供する。

解決手段

ショ糖脂肪酸エステルポリグリセリン脂肪酸エステルソルビタン脂肪酸エステルから選ばれる1種以上の乳化剤を含有する乳化剤含有油脂組成物の製造方法において、酸処理工程を行い、乳化剤含有油脂組成物中の石鹸分を5ppm以下に低下させることにより乳化剤含有油脂組成物を製造する。乳化剤への酸処理工程は、乳化剤と油脂の混合前でも、混合時でも、混合後でも良い。

概要

背景

炒め油、フライ油スプレー油など、水相を含まない油脂組成物において、耐冷性向上、調理適性改善、離型性向上抗菌性などの用途で様々な乳化剤が用いられている。特にショ糖脂肪酸エステルポリグリセリン脂肪酸エステルソルビタン脂肪酸エステルは、風味も良好で広く用いられている(特許文献1〜3)。しかし、乳化剤を含む油脂は吸湿しやすく、油脂中の水分が増加し、水分とともに乳化剤が沈殿することがある。例えば、ショ糖脂肪酸エステルは、油脂中において親水性ショ糖モノ脂肪酸エステル、ショ糖ジ脂肪酸エステル等の親水性の高い成分が沈殿しやすい。さらに、水分が増加しない場合でも、製品を長期に保管する場合に、油脂の界面に一部の親水性成分集まり、沈殿するなどの問題が発生することがあった。また、油脂と乳化剤を混合時に窒素等を長期に吹き込むなどの場合において、沈殿が発生することがあり、沈殿物を除去することで対応する必要があった。これらの現象は、ポリグリセリン脂肪酸エステル、ソルビタン脂肪酸エステルでも同様に発生することがあった。

ショ糖脂肪酸エステル、ポリグリセリン脂肪酸エステル、ソルビタン脂肪酸エステルは、製造過程で、アルカリ触媒とし、エステルを合成する(特許文献4参照)。これらのアルカリ触媒は、原料脂肪酸もしくは脂肪酸アルキルエステルと反応し、脂肪酸石鹸となる。これら脂肪酸石鹸は、乳化剤ともなるため乳化作用に対しては影響を及ぼすことが予想されるが、乳化剤の沈殿現象に影響を及ぼすとの知見はなかった。

概要

調合(乳化剤と油脂の添加・混合等)、乳化剤含油組成物の保存、輸送時等における乳化剤成分の沈殿が改善された乳化剤含有油脂組成物及び該乳化剤含有油脂組成物の製造方法を提供する。ショ糖脂肪酸エステル、ポリグリセリン脂肪酸エステル、ソルビタン脂肪酸エステルから選ばれる1種以上の乳化剤を含有する乳化剤含有油脂組成物の製造方法において、酸処理工程を行い、乳化剤含有油脂組成物中の石鹸分を5ppm以下に低下させることにより乳化剤含有油脂組成物を製造する。乳化剤への酸処理工程は、乳化剤と油脂の混合前でも、混合時でも、混合後でも良い。なし

目的

本発明は、調合(乳化剤と油脂の添加・混合等)、乳化剤含油脂組成物の保存、輸送時等における一部の乳化剤成分の沈殿が改善された乳化剤含有油脂組成物の提供及び該乳化剤含有油脂組成物の製造方法を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
1件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

ショ糖脂肪酸エステルポリグリセリン脂肪酸エステルソルビタン脂肪酸エステルから選ばれる1種以上の乳化剤を含有する乳化剤含有油脂組成物の製造方法において、酸処理工程を行い、乳化剤含有油脂組成物中の石鹸分を5ppm以下に低下させることを特徴とする乳化剤含有油脂組成物の製造方法。

請求項2

前記乳化剤含有油脂組成物が、前記乳化剤を0.1〜10.0質量%含有することを特徴とする請求項1に記載の製造方法。

請求項3

前記乳化剤のHLB値が0〜9であることを特徴とする請求項1又は2に記載の製造方法。

請求項4

前記酸処理工程がクエン酸リンゴ酸酢酸乳酸アスコルビン酸リン酸から選ばれる酸を用いることを特徴とする請求項1〜3のいずれか1項に記載の製造方法。

請求項5

前記酸処理工程が陽イオン交換樹脂活性白土酸性白土から選ばれる吸着剤を用いることを特徴とする請求項1〜3のいずれか1項に記載の製造方法。

請求項6

前記酸処理工程が、乳化剤と油脂の混合以後の工程であることを特徴とする請求項1〜5のいずれか1項に記載の製造方法。

請求項7

前記酸処理工程が、乳化剤と油脂の混合前の工程であることを特徴とする請求項1〜5のいずれか1項に記載の製造方法。

請求項8

請求項1〜7のいずれか1項に記載の製造方法で得られ、石鹸分が5ppm以下であることを特徴とする乳化剤含有油脂組成物。

技術分野

0001

本発明は、乳化剤含有油脂組成物及び乳化剤含有油脂組成物の製造方法に関するものである。具体的には、本発明は、石鹸分を含む乳化剤を用いて乳化剤含有油脂組成物を製造するにあたり、石鹸分を低減することで調合(乳化剤と油脂の添加・混合等)、保存、輸送時等における一部の乳化剤成分沈殿を改善できる乳化剤含有油脂組成物及び乳化剤含有油脂組成物の製造方法に関する。

背景技術

0002

炒め油、フライ油スプレー油など、水相を含まない油脂組成物において、耐冷性向上、調理適性改善、離型性向上抗菌性などの用途で様々な乳化剤が用いられている。特にショ糖脂肪酸エステルポリグリセリン脂肪酸エステルソルビタン脂肪酸エステルは、風味も良好で広く用いられている(特許文献1〜3)。しかし、乳化剤を含む油脂は吸湿しやすく、油脂中の水分が増加し、水分とともに乳化剤が沈殿することがある。例えば、ショ糖脂肪酸エステルは、油脂中において親水性ショ糖モノ脂肪酸エステル、ショ糖ジ脂肪酸エステル等の親水性の高い成分が沈殿しやすい。さらに、水分が増加しない場合でも、製品を長期に保管する場合に、油脂の界面に一部の親水性成分集まり、沈殿するなどの問題が発生することがあった。また、油脂と乳化剤を混合時に窒素等を長期に吹き込むなどの場合において、沈殿が発生することがあり、沈殿物を除去することで対応する必要があった。これらの現象は、ポリグリセリン脂肪酸エステル、ソルビタン脂肪酸エステルでも同様に発生することがあった。

0003

ショ糖脂肪酸エステル、ポリグリセリン脂肪酸エステル、ソルビタン脂肪酸エステルは、製造過程で、アルカリ触媒とし、エステルを合成する(特許文献4参照)。これらのアルカリ触媒は、原料脂肪酸もしくは脂肪酸アルキルエステルと反応し、脂肪酸石鹸となる。これら脂肪酸石鹸は、乳化剤ともなるため乳化作用に対しては影響を及ぼすことが予想されるが、乳化剤の沈殿現象に影響を及ぼすとの知見はなかった。

先行技術

0004

特開2000−290683号公報
特開2000−290684号公報
特開2002−524027号公報
特開平10−17588号公報

発明が解決しようとする課題

0005

本発明は、調合(乳化剤と油脂の添加・混合等)、乳化剤含油組成物の保存、輸送時等における一部の乳化剤成分の沈殿が改善された乳化剤含有油脂組成物の提供及び該乳化剤含有油脂組成物の製造方法を提供することである。

課題を解決するための手段

0006

本発明者らは、上記課題を達成するため、乳化剤含有油脂組成物中の石鹸分を低減することにより上記課題が解決できることを見出し、本発明を完成するに至った。具体的には、以下のものを提供する。

0007

(1)ショ糖脂肪酸エステル、ポリグリセリン脂肪酸エステル、ソルビタン脂肪酸エステルから選ばれる1種以上の乳化剤を含有する乳化剤含有油脂組成物の製造方法において、酸処理工程を行い、乳化剤含有油脂組成物中の石鹸分を5ppm以下に低下させることを特徴とする乳化剤含有油脂組成物の製造方法。
(2)前記乳化剤含有油脂組成物が、前記乳化剤を0.1〜10.0質量%含有することを特徴とする(1)に記載の製造方法。
(3)前記乳化剤のHLB値が0〜9であることを特徴とする(1)又は(2)に記載の製造方法。
(4)前記酸処理工程がクエン酸リンゴ酸酢酸乳酸アスコルビン酸リン酸から選ばれる酸を用いることを特徴とする(1)〜(3)のいずれかに記載の製造方法。
(5)前記酸処理工程が陽イオン交換樹脂活性白土酸性白土から選ばれる吸着剤を用いることを特徴とする(1)〜(3)のいずれかに記載の製造方法。
(6)前記酸処理工程が、乳化剤と油脂の混合以後の工程であることを特徴とする(1)〜(5)のいずれかに記載の製造方法。
(7)前記酸処理工程が、乳化剤と油脂の混合前の工程であることを特徴とする(1)〜(5)のいずれかに記載の製造方法。
(8)(1)〜(7)のいずれかに記載の製造方法で得られ、石鹸分が5ppm以下であることを特徴とする乳化剤含有油脂組成物。

発明の効果

0008

本発明によれば、ショ糖脂肪酸エステル、ポリグリセリン脂肪酸エステル、ソルビタン脂肪酸エステルから選ばれる1種以上の乳化剤を含有する乳化剤含有油脂組成物の製造方法において、酸処理工程を行い、乳化剤含有油脂組成物中の石鹸分を5ppm以下に低下させることで、親水性成分の沈殿を抑えることができる。さらに、乳化剤を油脂に添加・混合するときなどの調合時、乳化剤含有油脂組成物の保管時、輸送時等における乳化剤含有油脂組成物製品中の沈殿物の除去等が不要になる。

0009

以下、本発明を詳しく説明する。本発明の乳化剤含有油脂組成物は、ショ糖脂肪酸エステル、ポリグリセリン脂肪酸エステル、ソルビタン脂肪酸エステルから選ばれる1種以上の乳化剤を含有する乳化剤含有油脂組成物の製造方法において、酸処理工程を行い、乳化剤含有油脂組成物中の石鹸分を5ppm以下に低下させることを特徴とする。一般的に乳化剤を溶解させた油脂において、保存、輸送時に析出する乳化剤成分は、乳化剤中の一部の親水性成分であり、少量である。この時、乳化剤含有油脂組成物中に存在する石鹸分が存在すると乳化剤の沈殿を促進するので、石鹸分を低下させる必要がある。

0010

本発明では、ショ糖脂肪酸エステル、ポリグリセリン脂肪酸エステル、ソルビタン脂肪酸エステルから選ばれる1種以上の乳化剤を用いることができ、これらは、市販品を用いることができるが、市販品と同様にショ糖、ポリグリセリンソルビタンを脂肪酸あるいは脂肪酸アルキルエステルとアルカリ触媒で反応させたものを用いることができる。合成で用いたアルカリ触媒は、脂肪酸等と反応し、脂肪酸石鹸として約1000〜20000ppm残存する。

0011

なお、本発明における石鹸分は、「日本油化学会制定 基準油脂分析試験法(2.6.2−1996セッケン)」で測定した値であり、乳化剤含有油脂組成物中に存在するナトリウム石鹸カリウム石鹸等をオレイン酸ナトリウムとして表したものである。

0012

なお、本発明で用いるショ糖脂肪酸エステル、ポリグリセリン脂肪酸エステル、ソルビタン脂肪酸エステルから選ばれる1種以上の乳化剤は合計0.1〜10質量%含有することが好ましい。一般的に乳化剤を溶解させた油脂において、調合、保存、輸送時に析出する乳化剤成分は、乳化剤に対して少量(例えば添加乳化剤量に対して0.1〜7質量%以下)である。乳化剤量が乳化剤含有油脂に対して0.1質量%未満では、沈殿は発生しないか問題にならない量であり、10質量%以上では、石鹸分低減の効果が劣る。好ましくは、乳化剤量は乳化剤含有油脂組成物中に0.1〜5.0質量%であり、より好ましくは0.3〜1.5質量%であり、最も好ましくは0.5〜1.2質量%である。

0013

本発明では、ショ糖脂肪酸エステル、ポリグリセリン脂肪酸エステル、ソルビタン脂肪酸エステルを用いるが、これ以外の乳化剤、例えばモノグリセリン脂肪酸エステル有機酸モノグリセリドポリソルベートプロピレングリコール脂肪酸エステルレシチン等を配合することができる。その量は、ショ糖脂肪酸エステル、ポリグリセリン脂肪酸エステル、ソルビタン脂肪酸エステルから選ばれる1種以上の乳化剤も含めて、乳化剤合計で0.1〜10質量%含有することが好ましい。

0014

なお、本発明で用いる乳化剤は、HLB値が0〜9であることが油脂への溶解性の点で好ましい。HLB値(本発明においてはGriffinの算出法を用いる。グリフィン式:HLB=20×{(親水部分分子量)/(全分子量)})は、小さい程、親油性が強いことを示す。本発明において、乳化剤のHLB値は、7以下であることが油脂への溶解性の点でより好ましい。最も好ましいHLB値は0〜3である。なお、乳化剤のHLB値は加成性が成り立つため、HLB値が9以上のものを含んでもよいが、添加される乳化剤の平均HLB値は9以下であることが好ましい。HLB値が9以上の乳化剤を添加しないことが好ましい。

0015

本発明で用いる乳化剤は、その構成脂肪酸中飽和脂肪酸が多いと結晶化しやすくなるため、不飽和脂肪酸が多いことが乳化剤の結晶化を防止するうえで好ましく、オレイン酸リノール酸リノレン酸エルカ酸等の不飽和脂肪酸であることが好ましい。また、不飽和脂肪酸は、乳化剤の構成脂肪酸中50質量%以上であることが好ましく、乳化剤の構成脂肪酸中70質量%以上がより好ましい。

0016

本発明で用いる油脂は、特に限定するものではなく、動植物油脂および、その分別油、混合油水素添加油等を用いることができる。動植物油脂としては、例えば、大豆油なたね油ハイオレイックなたね油、ひまわり油ハイオレイックひまわり油オリーブ油サフラワー油ハイオレイックサフラワー油コーン油綿実油米油牛脂乳脂魚油ヤシ油パーム油パーム核油などが挙げられる。20℃で固形化するものは、使用時に加熱により溶解させる必要があるので、20℃で液状である液状油の使用が好ましい。また、乳化剤との混合は精製工程の後に行うことが好ましいので、精製油脂を用いることが好ましい。

0017

本発明で用いる油脂は、乳化剤含有油脂組成物中に90質量%以上含むことが好ましく、より好ましくは95.0〜99.9質量%である。98.5〜99.7質量%がさらに好ましく、98.8〜99.5質量%が最も好ましい。

0018

乳化剤含有油脂組成物は、前述の乳化剤と油脂以外に必要に応じて、他の一般的な食用油脂に用いられる成分(食品添加物など)を含有させることができる。これらの成分としては、例えば、酸化劣化防止剤結晶調整剤等が挙げられる。酸化・劣化防止剤としては、例えば、トコフェロール類フラボン誘導体コウジ酸没食子酸誘導体カテキンおよびそのエステル、フキ酸、ゴシポールセサモールテルペン類シリコーン等が挙げられる。また、香辛料や着色成分等も添加することができる。香辛料としては、例えば、カプサイシンアネトールオイゲノールシネオールジンゲロン等が挙げられる。着色成分としては、例えば、カロテンアスタキサンチン等が挙げられる。

0019

上記成分は、油脂に予め添加含有させておくのが好ましいが、乳化剤と同時又はその前後に油脂に加えてもよい。

0020

乳化剤と油脂を混合し、乳化剤含有油脂組成物を得るが、乳化剤が均一に溶解することが重要であり、混合方法は特に限定するものではない。例えば、混合方法として、乳化剤を油脂で希釈して希釈液を得た後、当該希釈液を油脂に添加する方法が好ましい。なお、一般に乳化剤はペースト状もしくは粘度が高いため、必要に応じて50〜120℃に加温することが好ましい。油脂に乳化剤を添加する場合、プロペラを有するタンクにおいて油脂に乳化剤を添加しながら混合する方法、タンクの上下または左右等にポンプを有する配管で結合し、油脂を循環しながら乳化剤を添加・混合する方法などがある。混合は乳化剤の添加と同時に行ってもよく、添加後に混合してもよい。さらに、酸化防止もしくは、撹拌の効率化のために窒素を混合液中に吹き込んでもよい。なお、ここで気泡が多量に発生すると、沈殿を生じることがあるので、酸処理工程を事前に行わない場合は、窒素の吹込み等を制限することが好ましい。

0021

<酸処理工程>
本発明では、ショ糖脂肪酸エステル、ポリグリセリン脂肪酸エステル、ソルビタン脂肪酸エステルの合成反応により残存する石鹸の量を酸処理工程で低下することができる。酸としては、クエン酸、リンゴ酸、酢酸、乳酸、アスコルビン酸、リン酸から選ばれる酸の他、表面が酸性である吸着剤を用いることができる。クエン酸、リンゴ酸、乳酸、アスコルビン酸等は、水和物や水溶液で添加してもよいが、油脂の水分量が著しく上昇する場合には、減圧で水分を除去しながら行うことが好ましい。また、固体のまま添加してもよい。添加後、必要に応じて、沈殿する酸および塩をろ過する。また、クエン酸、リンゴ酸、乳酸、アスコルビン酸等を水溶液にせず、直接用いる場合、酸をカラム充填し、乳化剤あるいは乳化剤含有油脂組成物を通液させることができる。

0022

なお、表面が酸性である吸着剤としては、例えば、陽イオン交換樹脂、活性白土、酸性白土等が好ましい。

0023

酸処理工程は、乳化剤に対して酸処理工程を行い、その後、乳化剤と油脂を混合して、乳化剤含有油脂組成物を得る。または、乳化剤と油脂を混合する際に同時に酸処理工程を行い、乳化剤含有油脂組成物を得る。または、乳化剤と油脂を混合した後に酸処理工程を行ってもよい。なお、乳化剤は粘度が高いため50〜120℃で加温して酸処理を行うことが好ましい。

0024

本発明で得られた乳化剤含有油脂組成物は、乳化剤含有油脂組成物中の石鹸分が5ppm以下に低下したものであることが乳化剤の沈殿を抑制する点で好ましい。酸処理工程で用いる酸の量は、適宜、乳化剤中の石鹸量に応じて調整すればよく、好ましくは、石鹸分のモル等量上用いることが好ましい。ショ糖脂肪酸エステル、ポリグリセリン脂肪酸エステル、ソルビタン脂肪酸エステルに抗酸化作用を高めるため、トコフェロール等と微量のリン酸を添加する場合があるが、抗酸化作用を高める目的で添加するリン酸の量では、乳化剤中の石鹸分低減にあまり寄与せず、乳化剤含有油脂組成物中の石鹸分が5ppm以上になることはない。また、同様に油脂の精製工程の最後にクエン酸を数十ppm添加することもあるが、クエン酸が油脂に溶解することなく除去されるものが多く、石鹸分を低下させる効果はほとんどない。乳化時含有油脂組成物中の石鹸分は、より好ましくは3ppm以下であり、さらに好ましくは2ppm以下である。最も好ましくは、「日本油化学会制定 基準油脂分析試験法(2.6.2−1996セッケン)」で検出できないことである。

0025

本発明で得られた乳化剤含有油脂組成物は、広範な用途で使用される。例えば、炒め物(焼きそば野菜炒め等)、揚げ物天ぷらコロッケトンカツ等)、生食マヨネーズドレッシング等)、スプレー用途(油を食材スプレーしてオーブン電子レンジで加熱する)、食用離型油等に用いることができる。

0026

次に、実施例及び比較例を挙げ、本発明を更に詳しく説明するが、本発明はこれらに何ら制限されるものではない。

0027

<比較例1>
HLB値1のショ糖オレイン酸エステルリョートーシュガーエステルO−170:オレイン酸純度約80% 三菱化学フーズ株式会社製)160gを60℃で加温し、窒素雰囲気下で密閉された40℃の精製菜種油(日清キャノーラ油:日清オイリグループ株式会社製)19840gにプロペラで撹拌しながら添加した。添加時間は2分間であったが、さらに、プロペラで30分間撹拌を行い、乳化剤含有油脂組成物を得た。

0028

<比較例2>
HLB値1のショ糖オレイン酸エステル(リョートーシュガーエステルO−170:オレイン酸純度約80% 三菱化学フーズ株式会社製)160gを60℃で加温し、窒素雰囲気下で密閉された40℃の精製菜種油(日清キャノーラ油:日清オイリオグループ株式会社製)19840gにプロペラで撹拌しながら添加した。添加時間は2分間であったが、さらに、プロペラで30分間撹拌を行った。プロペラ撹拌時に窒素の吹込み(3L/min)を行ったところ微量の沈殿物が浮遊していた(沈殿物は約3g)。

0029

<実施例1>
比較例1の乳化剤含有油脂組成物にクエン酸・一水和物を乳化剤含有油脂組成物に対して0.1質量%添加し、100℃、減圧(約3000Pa)で1時間処理を行い、ろ過した。

0030

<実施例2>
HLB値1のショ糖オレイン酸エステル(リョートーシュガーエステルO−170:オレイン酸純度約80% 三菱化学フーズ株式会社製)200gにクエン酸・一水和物を16g添加し、100℃で減圧(約3000Pa)で1時間処理し、ろ過した。クエン酸処理したショ糖オレイン酸エステル160gを窒素雰囲気下で密閉された40℃の精製菜種油(日清キャノーラ油:日清オイリオグループ株式会社製)19840gにプロペラで撹拌しながら添加した。添加時間は2分間であったが、さらに、プロペラで30分間撹拌を行った。プロペラ撹拌時に窒素の吹込み(3L/min)を行った。

0031

<比較例3〜4>
表2の配合になるように、HLB値2のショ糖エルカ酸エステル(リョートーシュガーエステルER290:エルカ酸純度約90% 三菱化学フーズ株式会社製)、又はHLB値1のショ糖オレイン酸エステル(リョートーシュガーエステルO−170:オレイン酸純度約80% 三菱化学フーズ株式会社製)を60℃で加温し、窒素雰囲気下で密閉された40℃の精製菜種油(日清キャノーラ油:日清オイリオグループ株式会社製)にプロペラで撹拌しながら添加した。添加時間は約5秒であったが、さらに、プロペラで24時間撹拌を行い、乳化剤含有油脂組成物を得た。

0032

<実施例3>
比較例3の乳化剤含有油脂組成物にクエン酸・一水和物を乳化剤含有油脂組成物に対して0.1質量%添加し、ろ過し、乳化剤含有油脂組成物を得た。

0033

<実施例4>
比較例4の乳化剤含有油脂組成物にリン酸を乳化剤含有油脂組成物に対して0.005質量%添加し、ろ過し、乳化剤含有油脂組成物を得た。

0034

<比較例5>
表3の配合になるように、HLB値5.1のモノオレイン酸ソルビタンサンソフトNo.81S:太陽化学株式会社製)、HLB約7のデカグリセリンオレイン酸エステルを60℃で加温混合し、乳化剤混合液を得た。窒素雰囲気下で密閉された40℃の精製菜種油(日清キャノーラ油:日清オイリオグループ株式会社製)にプロペラで撹拌しながら乳化剤混合液を添加した。プロペラで24時間撹拌を行い、乳化剤含有油脂組成物を得た。

0035

<実施例5>
比較例5の乳化剤組成物に、活性白土(ガレオアース:水澤化学工業株式会社製)を0.5%添加し、減圧しながら100℃で15分間撹拌した。その後、ろ過を行い、乳化剤含有油脂組成物を得た。

0036

[石鹸分]
石鹸分は、「日本油化学会制定 基準油脂分析試験法(2.6.2−1996セッケン)」で測定し、乳化剤含有油脂組成物中に存在するナトリウム石鹸、カリウム石鹸等をオレイン酸ナトリウムとしてppm(質量割合)で表した。

0037

保存試験
比較例1〜5、及び実施例1〜5の乳化剤含有組成物の状態を確認し(調合直後の状態)、1000gPET容器に充填し、3か月間保管した。なお、保存前の状態で沈殿物がある場合は、ろ過を行った。3か月保存後の状態(沈殿物の有無)を確認した。結果を表1〜3に示す。

0038

フライ適性]
乳化剤含有組成物600gを用いて、トンカツ5枚を3回揚げて、泡立ちを日清キャノーラ油と比較した。なお、トンカツは、もも肉(約35g/1切)を小麦粉パン粉の順につけ、180℃で4分揚げた。

0039

0040

0041

実施例

0042

表1の結果によると実施例1〜2の乳化剤含有油脂組成物は、比較例1〜2と比べて、フライ適性を損なうこともなく、沈殿の発生が抑制されていることがわかった。また、表2〜3から、実施例3〜5も比較例3〜5と比べて、沈殿の発生が抑制されていることがわかった。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 三栄源エフ・エフ・アイ株式会社の「 香料組成物」が 公開されました。( 2019/09/12)

    【課題】固形物層の分離が抑制され、細孔を通過する際に根詰まり又は目詰まりが抑えられるような香料組成物を提供する。【解決手段】香料、シクロデキストリン及び増粘性多糖類を含有させ、特に、噴霧乾燥時の噴霧効... 詳細

  • 昭和産業株式会社の「 炒め調理用の油脂組成物」が 公開されました。( 2019/09/12)

    【課題】本発明の課題は、澱粉系食材を好適に炒め調理する技術を提供することである。【解決手段】HLBが4.7〜8の乳化剤と食用油脂を含有する油脂組成物を炒め調理に用いることによって、澱粉系食材を好適に炒... 詳細

  • クラシエホームプロダクツ株式会社の「 悪臭化合物を低減するための組成物」が 公開されました。( 2019/09/12)

    【課題】一つ消臭成分の臭いを使用者が強く感じることによる嗜好性の低下を抑えた悪臭を低減するための組成物を提供する。【解決手段】本発明の一態様に係るインドール骨格を有する悪臭化合物を低減するための組成物... 詳細

この 技術と関連性が強い法人

関連性が強い法人一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ