図面 (/)

技術 庫内撮影装置および冷蔵庫

出願人 シャープ株式会社
発明者 木村崇
出願日 2012年9月28日 (8年4ヶ月経過) 出願番号 2012-216925
公開日 2014年4月21日 (6年9ヶ月経過) 公開番号 2014-070796
状態 未査定
技術分野 冷蔵庫の冷気循環及び細部構成 冷蔵庫の一般的構造
主要キーワード 貯蔵箱 画像処理範囲 箱体内部 マスクROM タブレットデバイス 片開き式 ドア開状態 テープ類
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2014年4月21日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (18)

課題

構成を簡略化できコストダウンできるようにする。

解決手段

庫内撮影装置は、片開き式ドア(21)の開状態において冷凍室貯蔵箱(13)を撮影でき、かつ片開き式ドア(21)の開状態を示す映像を撮影できるように、冷蔵庫(1)に配置されるカメラ(31)と、片開き式ドア(21)の開状態を示す映像から、片開き式ドア(21)の開状態を検出するドア開状態検出部とを備える。

概要

背景

例えば、冷蔵庫貯蔵室内における食材の状態を記録することを目的として、従来から貯蔵室内の状態をカメラにて撮影する装置が種々提案されている。例えば、特許文献1に記載されている装置は、冷蔵庫の扉に備えられたカメラモジュールにより、カメラモジュールの下方に設置されている引出し式貯蔵室の内部撮影するようになっている。

具体的には、上記装置では、引出し式の貯蔵室を開閉する引出し式ドアに、ドアの開放状態を検出するドアスイッチを設け、引出し式ドアの開放状態がドアスイッチにて検出された場合に、カメラモジュールにより庫内の撮影を実施するようになっている。

概要

構成を簡略化できコストダウンできるようにする。庫内撮影装置は、片開き式ドア(21)の開状態において冷凍室貯蔵箱(13)を撮影でき、かつ片開き式ドア(21)の開状態を示す映像を撮影できるように、冷蔵庫(1)に配置されるカメラ(31)と、片開き式ドア(21)の開状態を示す映像から、片開き式ドア(21)の開状態を検出するドア開状態検出部とを備える。

目的

効果

実績

技術文献被引用数
1件
牽制数
3件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

冷蔵庫ドア開状態において冷蔵庫の貯蔵部を撮影でき、かつ前記ドアの開状態を示す映像を撮影できるように、冷蔵庫に配置される撮像部と、前記撮像部から出力される前記ドアの開状態を示す映像から、前記ドアの開状態を検出するドア開状態検出部とを備えていることを特徴とする庫内撮影装置

請求項2

前記ドア開状態検出部にて前記ドアの開状態が検出されたときに、前記撮像部から前記冷蔵庫の前記貯蔵部の映像を取得する制御部を備えていることを特徴とする請求項1に記載の庫内撮影装置。

請求項3

前記ドアの開状態を示す映像を取得するために、前記冷蔵庫には位置情報指示部が設定され、前記位置情報指示部は前記冷蔵庫に設けられる位置情報検出マーカーであることを特徴とする請求項1または2に記載の庫内撮影装置。

請求項4

前記ドアの開状態を示す映像を取得するために、前記冷蔵庫には位置情報指示部が設定され、前記位置情報指示部は前記冷蔵庫の構造的特徴部であることを特徴とする請求項1または2に記載の庫内撮影装置。

請求項5

請求項1から4のいずれか1項に記載の庫内撮影装置を備えていることを特徴とする冷蔵庫。

技術分野

0001

本発明は、冷蔵庫貯蔵部を撮影する庫内撮影装置およびそれを備えた冷蔵庫に関するものである。

背景技術

0002

例えば、冷蔵庫の貯蔵室内における食材の状態を記録することを目的として、従来から貯蔵室内の状態をカメラにて撮影する装置が種々提案されている。例えば、特許文献1に記載されている装置は、冷蔵庫の扉に備えられたカメラモジュールにより、カメラモジュールの下方に設置されている引出し式貯蔵室の内部撮影するようになっている。

0003

具体的には、上記装置では、引出し式の貯蔵室を開閉する引出し式ドアに、ドアの開放状態を検出するドアスイッチを設け、引出し式ドアの開放状態がドアスイッチにて検出された場合に、カメラモジュールにより庫内の撮影を実施するようになっている。

先行技術

0004

特開2002−267337号公報(2002年9月18日公開

発明が解決しようとする課題

0005

しかしながら、一般的な冷蔵庫では、一つのドアに対して、ドアの閉じ状態を検出するドアスイッチが1個設けられているのみである。これに対して、上記従来の構成では、一つのドアに対して、ドアの閉じ状態を検出するドアスイッチに加えて、ドアの開放状態を検出するドアスイッチが必要である。このため、冷蔵庫には、一つのドアに対して複数のドアスイッチが必要となり、これに加えて、それぞれのスイッチへの配線が必要となる。

0006

この結果、部品点数が増加するとともに、配線が複雑となり、構成が複雑かつ高価なものになるという問題点を有している。また、冷蔵庫の製造時における工程の難易度が上昇することになり、これに起因する歩留まりの悪化や作業工数の増加によるコストアップも招来する。

0007

さらに、一般的な冷蔵庫では、冷蔵室以外の冷凍室野菜室あるいはチルド室などの他の部屋には、元々ドアスイッチが設けられておらず、それら貯蔵室についても同様にして撮影する場合には、上記の問題点が一層顕著になる。

0008

したがって、本発明は、構成を簡略化できコストダウンを行うことができる庫内撮影装置およびそれを備えた冷蔵庫の提供を目的としている。

課題を解決するための手段

0009

上記の課題を解決するために、本発明の一態様に係る庫内撮影装置は、冷蔵庫のドアの開状態において冷蔵庫の貯蔵部を撮影でき、かつ前記ドアの開状態を示す映像を撮影できるように、冷蔵庫に配置される撮像部と、前記撮像部から出力される前記ドアの開状態を示す映像から、前記ドアの開状態を検出するドア開状態検出部とを備えていることを特徴としている。

発明の効果

0010

上記の構成によれば、冷蔵庫の貯蔵部を撮影するように設けられる撮像部の出力映像を利用して、冷蔵庫のドアの開状態を検出することができるので、冷蔵庫のドアの開状態を検出するためのスイッチやスイッチに対する配線等が不要となる。これにより、構成を簡略化できコストダウンを行うことができる。

図面の簡単な説明

0011

本発明の実施の形態における冷蔵庫の、全てのドアが閉じられた状態を示す斜視図である。
図1に示した冷蔵庫において引出し式ドアが開放された状態を示す斜視図である。
図1に示した引出し式ドアを閉じた状態における、画像処理範囲に入る領域を示す平面図である。
図1に示した引出し式ドアを途中まで開放した状態における、画像処理範囲に入る領域を示す平面図である。
図1に示した引出し式ドアを完全にあるいは略完全に開放した状態における、画像処理範囲に入る領域を示す平面図である。
図1に示した冷蔵庫が備える庫内撮影装置の構成を示すブロック図である。
図6に示した庫内撮影装置による冷凍室貯蔵箱内の撮影動作を示すフローチャートである。
図1に示した例とは異なる例の冷蔵庫における、全てのドアが閉じられた状態を示す斜視図である。
図8に示した冷蔵庫において片開き式ドアが開放された状態を示す斜視図である。
本発明の他の実施の形態の冷蔵庫の引出し式ドアを閉じた状態における画像処理範囲に入る領域を示す平面図である。
図10に示した引出し式ドアを途中まで開放した状態における画像処理範囲に入る領域を示す平面図である。
図10に示した引出し式ドアを完全にあるいは略完全に開放した状態における画像処理範囲に入る領域を示す平面図である。
図10に示した冷蔵庫が備える庫内撮影装置による冷凍室貯蔵箱内の撮影動作を示すフローチャートである。
本発明のさらに他の実施の形態の冷蔵庫の引出し式ドアを閉じた状態における庫外背景の状態を示す平面図である。
図14に示した引出し式ドアを途中まで開放した状態における庫外背景の状態を示す平面図である。
図14に示した引出し式ドアを完全にあるいは略完全に開放した状態における庫外背景の状態を示す平面図である。
図10に示した冷蔵庫が備える庫内撮影装置による冷凍室貯蔵箱内の撮影動作を示すフローチャートである。

実施例

0012

〔実施形態1〕
本発明の実施の形態を図面に基づいて以下に説明する。
図1は、本発明の実施の形態における冷蔵庫1の、全てのドアが閉じられた状態を示す斜視図、図2は、図1に示した冷蔵庫1において引出し式ドア22が開放された状態を示す斜視図である。

0013

図1に示すように、冷蔵庫1は、上部に冷蔵室(貯蔵部)11を有し、下部に冷凍室12を有している。冷蔵室11は、片側がヒンジにて支持された片開き式ドア21によって開閉される。一方、冷凍室12は、引出し式ドア22によって開閉される。具体的には、引出し式ドア22には、冷凍室12に対して出し入れされる冷凍室貯蔵箱(貯蔵部)13がつながっており、引出し式ドア22を引くことにより、冷凍室貯蔵箱13が冷蔵庫1すなわち冷凍室12の内部から引き出されるようになっている。

0014

片開き式ドア21の内部には、片開き式ドア21の下面からレンズ露出するように、撮影用のカメラ(撮像部)31が設けられている。カメラ31は、下方にカメラ視野32が設定されている。

0015

また、図2に示すように、引出し式ドア22につながっている冷凍室貯蔵箱13の二つの側壁のうち、一方の側壁33の上面には、例えば2次元バーコードにて作成された位置情報検出マーカー位置情報指示部)34が設けられている。本実施の形態において、位置情報検出マーカー34は、第1位置情報検出マーカー34aおよび第2位置情報検出マーカー34bからなり、第1位置情報検出マーカー34aは、冷凍室貯蔵箱13が途中まで引き出された態においてカメラ視野32に入る位置に設けられ、第2位置情報検出マーカー34bは、冷凍室貯蔵箱13が完全にあるいは略完全に引き出された状態において、第1位置情報検出マーカー34aと共に、カメラ視野32に入る位置に設けられている。

0016

カメラ31のカメラ視野32の中には、図3から図5に示すように、画像処理範囲35が設定されている。画像処理範囲35は、カメラ31にて撮影されるカメラ視野32の領域のうちから画像処理が行われる範囲を示している。図3は、図1に示した引出し式ドア22を閉じた状態における、画像処理範囲35に入る領域を示す平面図である。図4は、図1に示した引出し式ドア22を途中まで開放した状態における、画像処理範囲35に入る領域を示す平面図である。図5は、図1に示した引出し式ドア22を完全にあるいは略完全に開放した状態における、画像処理範囲35に入る領域を示す平面図である。

0017

引出し式ドア22を閉じた状態では、図3に示すように、画像処理範囲35に位置情報検出マーカー34が入らない。引出し式ドア22を途中まで開放した状態では、図4に示すように、画像処理範囲35に第1位置情報検出マーカー34aのみが入る。引出し式ドア22を完全にあるいは略完全に開放した状態では、図5に示すように、画像処理範囲35に第1および第2位置情報検出マーカー34a,34bが入る。

0018

次に、冷蔵庫1が備える庫内撮影装置の構成について説明する。図6は庫内撮影装置51の構成を示すブロック図である。図6に示すように、庫内撮影装置51は、カメラ31、制御部61、画像処理部画像処理部(ドア開状態検出部)62、記憶装置63および表示装置64を備えている。なお、庫内撮影装置51を構成する制御部61、画像処理部(ドア開状態検出部)62および記憶装置63については、いずれもケーブル接続、WiFiなど種々の通信手段を使用して冷蔵庫外に設置してもよい。

0019

制御部61は、カメラ31の動作を制御し、カメラ31が取得した映像に対する処理を画像処理部62に対して指示し、処理結果を画像処理部62から取得する。また、カメラ31が取得した映像を記憶装置63に記憶させる。さらに、必要に応じて表示装置64に表示させる。

0020

画像処理部62は、カメラ31が取得した映像の画像処理範囲35から、第1および第2位置情報検出マーカー34a,34bを検出する。また、例えばカメラ31が取得したカメラ視野32の映像から、冷凍室貯蔵箱13に貯蔵されている食材を特定する。

0021

制御部61は、画像処理部62において、画像処理範囲35から第1位置情報検出マーカー34aと第2位置情報検出マーカー34bとが検出された場合に、カメラ31により冷凍室貯蔵箱13内を撮影させる。例えばカメラ31が取得したカメラ視野32の映像を記憶装置63に記憶させるとともに、カメラ視野32の最新の映像をカメラ31から得た場合に、記憶装置63に記憶されているカメラ視野32の映像を最新の映像に更新する。

0022

この場合、制御部61は、第1および第2位置情報検出マーカー34a,34bが検出されている状態において、カメラ31が短時間毎に、冷凍室貯蔵箱13を連続撮影するようにカメラ31を制御し、第2位置情報検出マーカー34bが検出されなくなる寸前の画像を判定してもよい。このような構成とすれば、ユーザーが冷凍室貯蔵箱13への食材の出し入れを完了して、引出し式ドア22を閉じる直前の冷凍室貯蔵箱13の内部の映像を取得し、記憶装置63に記憶させることができる。

0023

また、例えば画像処理部62により、カメラ視野32の映像から冷凍室貯蔵箱13に貯蔵されている食材が特定された場合に、その情報を記憶装置63に記憶させる。さらに、記憶装置63に記憶されている、カメラ視野32の映像や、冷凍室貯蔵箱13に貯蔵されている食材の情報を適宜必要に応じて表示装置64に表示させる。

0024

表示装置64は、例えば、液晶表示装置やその他の周知の表示装置からなり、冷蔵庫1の片開き式ドアの前面に配置され、制御部61の制御により、画像や映像の他、各種情報を適宜表示してもよい。また、表示装置64は、冷蔵庫とは別途設けられ冷蔵庫本体となんらかの通信手段で接続されたタブレットデバイス等であってもよい。

0025

次に、庫内撮影装置51による冷凍室貯蔵箱13内の撮影動作について説明する。図7は、庫内撮影装置51による冷凍室貯蔵箱13内の撮影動作を示すフローチャートである。

0026

図7に示すように、制御部61および画像処理部62は、カメラ31により撮影されたカメラ視野32の映像のうちの画像処理範囲35の映像を監視する(S11)。

0027

その後、冷蔵庫1のユーザーにより、引出し式ドア22が操作されて冷凍室貯蔵箱13が引き出され、画像処理部62により第1および第2位置情報検出マーカー34a,34bが検出されると(S12)、カメラ31により冷凍室貯蔵箱13の内部(カメラ視野32に相当)が撮影される(S13)。

0028

これにより、制御部61は、カメラ31から冷凍室貯蔵箱13の内部の映像を取得する(S14)。カメラ31から取得した映像については、上記のように、適宜処理される。

0029

上記のように、本実施の形態の庫内撮影装置51では、カメラ31から取得した画像処理範囲35の映像に基づいて、画像処理範囲35における第1および第2位置情報検出マーカー34a,34bの有無を監視し、第1位置情報検出マーカー34aと第2位置情報検出マーカー34bとを検出した場合に、引出し式ドア22が全開あるいは略全開となった(冷凍室貯蔵箱13が完全にあるいは略完全に引き出された)と判定する。したがって、引出し式ドア22の開放状態および閉じ状態を検出する複数のスイッチ、並びにスイッチに対する配線が不要となる。これにより、構成を簡略化できコストダウンを行うことができる。

0030

なお、本実施の形態において、引出し式ドア22によって引き出される貯蔵室は、冷凍室貯蔵箱13である場合について説明したが、冷凍室貯蔵箱13に代えて冷蔵室貯蔵箱であってもよい。この点は、以下の他の実施の形態においても同様である。

0031

また、上記の実施の形態では、庫内撮影装置51は、片開き式ドア21にカメラ31を設け、冷凍室12の冷凍室貯蔵箱13の内部をカメラ31にて撮影する例について説明したが、庫内撮影装置51は、これに代えて、あるいはこれに加えて、次のような構成であってもよい。

0032

図8は、図1に示した例とは異なる例の冷蔵庫1における、全てのドアが閉じられた状態を示す斜視図、図9は、図8に示した冷蔵庫1において片開き式ドア21が開放された状態を示す斜視図である。

0033

図8および図9の例では、カメラ31は、片開き式ドア21および引出し式ドア22以外の冷蔵庫1の本体に配置され、カメラ視野32は、片開き式ドア21が開放された状態の片開き式ドア21の内面に設定されている。位置情報検出マーカー34は、片開き式ドア21の内面、例えば片開き式ドア21の内面におけるヒンジ側とは反対側の端縁部の上部に設けられている。したがって、片開き式ドア21が開放された場合には、カメラ31から取得した映像によって位置情報検出マーカー34が検出され、片開き式ドア21の内面に貯蔵された食材(図示せず)の映像を取得することができる。

0034

また、本実施の形態では、片開き式ドア21にカメラ31を配置し、引出し式ドア22が開放された場合に、カメラ31の画像処理範囲35の映像から第1および第2位置情報検出マーカー34a,34bを検出して、冷凍室貯蔵箱13の内部をカメラ31にて撮影する構成としている。しかしながら、これに代えて、片開き式ドア21の内側にカメラ31のレンズが露出するように、片開き式ドア21にカメラ31を配置し、位置情報検出マーカー34(例えば第1位置情報検出マーカー34a)を冷蔵庫1における片開き式ドア21と対向する側の位置に配置し、片開き式ドア21を開放した場合に、画像処理範囲35が位置情報検出マーカー34を含む位置となり、かつカメラ視野32が冷蔵室11の内部となるように設定し、片開き式ドア21が開放された場合に、カメラ31の画像処理範囲35の映像から位置情報検出マーカー34を検出して、冷蔵室11の内部をカメラ31にて撮影する構成としてもよい。

0035

〔実施形態2〕
本発明の他の実施の形態を図面に基づいて以下に説明する。
本実施の形態の庫内撮影装置71(図6参照)は、図2に示した第1および第2位置情報検出マーカー34a,34bに代えて、引出し式ドア22の構造的特徴部72(例えば2個の部品接合部に現れる陰影による構造的特徴部72)を検出するようになっている。本実施の形態において、構造的特徴部(位置情報指示部)72は、引出し式ドア22と、この引出し式ドア22につながっている冷凍室貯蔵箱13の各側壁33との接続部分の陰影により現れる形状としている。

0036

本実施の形態では、カメラ31のカメラ視野32の中に、図10から図12に示すように、画像処理範囲35が設定されている。図10は、本発明の実施の形態における冷蔵庫1の引出し式ドア22を閉じた状態における、画像処理範囲35に入る領域を示す平面図である。図11は、図10に示した引出し式ドア22を途中まで開放した状態における、画像処理範囲35に入る領域を示す平面図である。図12は、図10に示した引出し式ドア22を完全にあるいは略完全に開放した状態における、画像処理範囲35に入る領域を示す平面図である。

0037

引出し式ドア22を閉じた状態(図10)、および引出し式ドア22を途中まで開放した状態(図11)では、画像処理範囲35に構造的特徴部72が入らない。引出し式ドア22を完全にあるいは略完全に開放した状態(図12)では、画像処理範囲35に構造的特徴部72が入る。

0038

次に、庫内撮影装置71による冷凍室貯蔵箱13内の撮影動作について説明する。図13は、庫内撮影装置71による冷凍室貯蔵箱13内の撮影動作を示すフローチャートである。

0039

図13に示すように、制御部61および画像処理部62は、カメラ31により撮影されたカメラ視野32の映像のうちの画像処理範囲35の映像を常時監視する(S21)。

0040

その後、冷蔵庫1のユーザーにより、引出し式ドア22が操作されて冷凍室貯蔵箱13が引き出され、画像処理部62により構造的特徴部72が検出されると(S22)、カメラ31により冷凍室貯蔵箱13の内部(カメラ視野32に相当)が撮影される(S23)。

0041

これにより、制御部61は、カメラ31から冷凍室貯蔵箱13の内部の映像を取得する(S24)。カメラ31から取得した映像については、前述のように、適宜処理される。

0042

上記のように、本実施の形態の庫内撮影装置71では、庫内撮影装置51の場合と同様、カメラ31から取得した画像処理範囲35の映像に基づいて、画像処理範囲35における構造的特徴部72の有無を監視し、構造的特徴部72を検出した場合に、引出し式ドア22が全開あるいは略全開となった(冷凍室貯蔵箱13が完全にあるいは略完全に引き出された)と判定する。したがって、引出し式ドア22の開放状態および閉じ状態を検出する複数のスイッチ、並びにスイッチに対する配線が不要となる。これにより、構成を簡略化できコストダウンを行うことができる。

0043

なお、本実施の形態においも、前述したように、片開き式ドア21の内側にカメラ31のレンズが露出するように、片開き式ドア21にカメラ31を配置し、構造的特徴部72を冷蔵庫1における片開き式ドア21と対向する側の位置に設定し、片開き式ドア21を開放した場合に、画像処理範囲35が構造的特徴部72を含む位置となり、かつカメラ視野32が冷蔵室11の内部となるように設定し、片開き式ドア21が開放された場合に、カメラ31の画像処理範囲35の映像から位置情報検出マーカー34を検出して、冷蔵室11の内部をカメラ31にて撮影する構成としてもよい。

0044

〔実施形態3〕
本発明のさらに他の実施の形態を図面に基づいて以下に説明する。
本実施の形態の庫内撮影装置73(図6参照)は、図2に示した第1および第2位置情報検出マーカー34a,34bに代えて、引出し式ドア22を開放することによって変化する庫外背景74(図14参照)の面積を検出するようになっている。本実施の形態において、庫外背景74は、引出し式ドア22を開放した場合に冷凍室貯蔵箱13が存在する領域に設定されている。

0045

本実施の形態では、カメラ31のカメラ視野32の中に、図14から図16に示すように、庫外背景74が設定されている。図14は、本発明のさらに他の実施の形態の冷蔵庫の引出し式ドア22を閉じた状態における庫外背景74の状態を示す平面図である。図15は、図14に示した引出し式ドア22を途中まで開放した状態における庫外背景74の状態を示す平面図である。図16は、図14に示した引出し式ドア22を完全にあるいは略完全に開放した状態における庫外背景74の状態を示す平面図である。

0046

図14に示すように、引出し式ドア22を閉じた状態では、庫外背景74の面積は最大となる。図15に示すように、引出し式ドア22を途中まで開放した状態では、庫外背景74の面積は図14の状態から減少する。図16に示すように、引出し式ドア22を完全にあるいは略完全に開放した状態では、庫外背景74の面積は消失する。

0047

次に、庫内撮影装置73による冷凍室貯蔵箱13内の撮影動作について説明する。図17は、庫内撮影装置73による冷凍室貯蔵箱13内の撮影動作を示すフローチャートである。

0048

図17に示すように、制御部61および画像処理部62は、カメラ31により撮影されたカメラ視野32の映像から庫外背景74の面積を常時監視する(S31)。

0049

その後、冷蔵庫1のユーザーにより、引出し式ドア22が操作されて冷凍室貯蔵箱13が引き出され、画像処理部62により庫外背景74の消失が検出されると(S32)、カメラ31により冷凍室貯蔵箱13の内部(カメラ視野32に相当)が撮影される(S33)。

0050

これにより、制御部61は、カメラ31から冷凍室貯蔵箱13の内部の映像を取得する(S34)。カメラ31から取得した映像については、前述のように、適宜処理される。

0051

上記のように、本実施の形態の庫内撮影装置73では、カメラ31から取得した庫外背景74の映像に基づいて庫外背景74の消失の有無を監視し、庫外背景74の消失(庫外背景74の面積がゼロもしくは略ゼロの状態)を検出した場合に、引出し式ドア22が全開あるいは略全開となった(冷凍室貯蔵箱13が完全にあるいは略完全に引き出された)と判定する。したがって、引出し式ドア22の開放状態および閉じ状態を検出する複数のスイッチ、並びにスイッチに対する配線が不要となる。これにより、構成を簡略化できコストダウンを行うことができる。

0052

なお、本実施の形態においも、前述したように、片開き式ドア21の内側にカメラ31のレンズが露出するように、片開き式ドア21にカメラ31を配置し、庫外背景74に相当する領域を冷蔵庫1における片開き式ドア21と対向する側の位置に設定し、片開き式ドア21を開放した場合に、庫外背景74に相当する領域が消失し、かつカメラ視野32が冷蔵室11の内部となるように設定し、片開き式ドア21が開放された場合に、カメラ31の映像から庫外背景74に相当する領域の消失を検出して、冷蔵室11の内部をカメラ31にて撮影する構成としてもよい。

0053

ソフトウェアによる実現例〕
庫内撮影装置51(71,73)の各ブロック、特に制御部61および画像処理部62は、集積回路ICチップ)上に形成された論理回路によってハードウェア的に実現してもよいし、CPU(Central Processing Unit)を用いてソフトウェア的に実現してもよい。

0054

後者の場合、庫内撮影装置51(71,73)は、各機能を実現するプログラム命令を実行するCPU、上記プログラムを格納したROM(Read Only Memory)、上記プログラムを展開するRAM(Random Access Memory)、上記プログラムおよび各種データを格納するメモリ等の記憶装置(記録媒体)などを備えている。そして、本発明の目的は、上述した機能を実現するソフトウェアである庫内撮影装置51(71,73)の制御プログラムプログラムコード実行形式プログラム中間コードプログラムソースプログラム)をコンピュータ読み取り可能に記録した記録媒体を、上記庫内撮影装置51(71,73)に供給し、そのコンピュータ(またはCPUやMPU)が記録媒体に記録されているプログラムコードを読み出し実行することによっても、達成可能である。

0055

上記記録媒体としては、一時的でない有形媒体(non-transitory tangible medium)、例えば、磁気テープカセットテープ等のテープ類フロッピー登録商標ディスクハードディスク等の磁気ディスクCD−ROM/MO/MD/DVD/CD−R等の光ディスクを含むディスク類、ICカードメモリカードを含む)/光カード等のカード類マスクROMEPROM/EEPROM(登録商標)/フラッシュROM等の半導体メモリ類、あるいはPLD(Programmable logic device)やFPGA(Field Programmable Gate Array)等の論理回路類などを用いることができる。

0056

また、庫内撮影装置51(71,73)を通信ネットワーク接続可能に構成し、上記プログラムコードを通信ネットワークを介して供給してもよい。この通信ネットワークは、プログラムコードを伝送可能であればよく、特に限定されない。例えば、インターネットイントラネットエキストラネット、LAN、ISDN、VAN、CATV通信網仮想専用網(Virtual Private Network)、電話回線網移動体通信網衛星通信網等が利用可能である。また、この通信ネットワークを構成する伝送媒体も、プログラムコードを伝送可能な媒体であればよく、特定の構成または種類のものに限定されない。例えば、IEEE1394、USB、電力線搬送ケーブルTV回線電話線、ADSL(Asymmetric Digital Subscriber Line)回線等の有線でも、IrDAやリモコンのような赤外線、Bluetooth(登録商標)、IEEE802.11無線HDR(High Data Rate)、NFC(Near Field Communication)、DLNA(Digital Living Network Alliance)、携帯電話網衛星回線地上波デジタル網等の無線でも利用可能である。なお、本発明は、上記プログラムコードが電子的な伝送で具現化された、搬送波に埋め込まれたコンピュータデータ信号の形態でも実現され得る。

0057

〔まとめ〕
本発明の一態様に係る庫内撮影装置は、冷蔵庫のドアの開状態において冷蔵庫の貯蔵部を撮影でき、かつ前記ドアの開状態を示す映像を撮影できるように、冷蔵庫に配置される撮像部と、前記撮像部から出力される前記ドアの開状態を示す映像から、前記ドアの開状態を検出するドア開状態検出部とを備えている。

0058

上記の構成によれば、撮像部は、冷蔵庫のドアの開状態において冷蔵庫の貯蔵部を撮影でき、かつ前記ドアの開状態を示す映像を撮影できるように、冷蔵庫に配置される。ドア開状態検出部は、撮像部から出力される前記ドアの開状態を示す映像から、前記ドアの開状態を検出する。

0059

したがって、冷蔵庫の貯蔵部を撮影するように設けられる撮像部の出力映像を利用して、冷蔵庫のドアの開状態を検出することができるので、冷蔵庫のドアの開状態を検出するためのスイッチやスイッチに対する配線等が不要となる。これにより、構成を簡略化できコストダウンを行うことができる。

0060

さらに、本発明の一態様に係る庫内撮影装置は、上記の庫内撮影装置において、前記ドア開状態検出部にて前記ドアの開状態が検出されているときに、前記撮像部から前記冷蔵庫の前記貯蔵部の映像を取得する制御部を備えている構成としてもよい。

0061

上記の構成によれば、制御部は、ドア開状態検出部にて前記ドアの開状態が検出されているときに、撮像部から冷蔵庫の貯蔵部の映像を取得する。

0062

したがって、ドア開状態検出部にて冷蔵庫のドアの開状態が検出されているときに、例えば、冷蔵庫の貯蔵部を連続撮影するといった処理により、冷蔵庫のドアを閉じる直前における貯蔵部の内部の映像を取得し、冷蔵庫の貯蔵部における最新の状態を知ることができる。

0063

さらに、本発明の一態様に係る庫内撮影装置は、上記の庫内撮影装置において、前記ドアの開状態を示す映像を取得するために、前記冷蔵庫には位置情報指示部が設定され、前記位置情報指示部は前記冷蔵庫に設けられる位置情報検出マーカーである構成としてもよい。

0064

上記の構成によれば、冷蔵庫のドアの開状態を示す映像を取得するために、冷蔵庫には位置情報指示部として位置情報検出マーカーが設けられるので、ドア開状態検出部は、位置情報検出マーカーについての撮像部の映像から、冷蔵庫のドアの開状態を容易に検出することができる。

0065

さらに、本発明の一態様に係る庫内撮影装置は、上記の庫内撮影装置において、前記ドアの開状態を示す映像を取得するために、前記冷蔵庫には位置情報指示部が設定され、前記位置情報指示部は前記冷蔵庫の構造的特徴部である構成としてもよい。

0066

上記の構成によれば、冷蔵庫のドアの開状態を示す映像を取得するために、冷蔵庫には位置情報指示部として冷蔵庫の構造的特徴部が設定されるので、ドア開状態検出部は、冷蔵庫の構造的特徴部についての撮像部の映像から、冷蔵庫のドアの開状態を容易に検出することができる。

0067

また、冷蔵庫の構造的特徴部を位置情報指示部として設定しているので、冷蔵庫のデザイン制約を受けることがない。

0068

なお、冷蔵庫の構造的特徴部としては、冷蔵庫における引出しや扉の角部、突出部、取手部、あるいはライナー等を適宜設定することができる。

0069

本発明の一態様に係る冷蔵庫は、上記いずれかの庫内撮影装置を備えている構成である。したがって、冷蔵庫の貯蔵部を撮影するように設けられる撮像部の出力映像を利用して、冷蔵庫のドアの開状態を検出することができるので、冷蔵庫のドアの開状態を検出するためのスイッチやスイッチに対する配線等が不要となる。これにより、構成を簡略化できコストダウンを行うことができる。

0070

さらに、本発明の一態様に係る庫内撮影装置は、上記の庫内撮影装置において、前記ドアの開状態を示す映像を取得するために、前記ドアの開状態によって面積が変化する、冷蔵庫の領域以外の背景領域が設定されている構成としてもよい。

0071

上記の構成によれば、冷蔵庫のドアの開状態を示す映像を取得するために、冷蔵庫のドアの開状態によって面積が変化する、冷蔵庫の領域以外の背景領域が設定されているので、ドア開状態検出部は、背景領域の面積の変化から、冷蔵庫のドアの開状態を容易に検出することができる。

0072

また、ドア開状態検出部は、背景領域の面積の変化によって冷蔵庫のドアの開状態を検出するので、冷蔵庫のデザインに制約を受けることがない。

0073

本発明は上述した各実施形態に限定されるものではなく、請求項に示した範囲で種々の変更が可能であり、異なる実施形態にそれぞれ開示された技術的手段を適宜組み合わせて得られる実施形態についても本発明の技術的範囲に含まれる。

0074

本発明は、ドアを有する冷蔵庫等の箱体において、ドアが開放されたときに、箱体内部(庫内)の収容物貯蔵物)の状態を撮影し、箱体内部(庫内)の収容物(貯蔵物)を管理する装置として利用可能である。

0075

1冷蔵庫
11冷蔵室(貯蔵部)
12冷凍室
13 冷凍室貯蔵箱(貯蔵部)
21片開き式ドア
22引出し式ドア
31カメラ(撮像部)
32カメラ視野
33側壁
34位置情報検出マーカー(位置情報指示部)
51,71,73 庫内撮影装置
61 制御部
62画像処理部(ドア開状態検出部)
63記憶装置
64表示装置
72構造的特徴部(位置情報指示部)
74庫外背景

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 三菱電機株式会社の「 冷蔵庫」が 公開されました。( 2020/12/17)

    【課題・解決手段】冷蔵庫は、引き出し式の容器と、扉と、仕切り部と、を備え、上下の仕切り部のうちどちらか一方の仕切り部の前側部分と扉に設けられたガスケットと冷蔵庫の奥側に向かって突出した凸部とによって形... 詳細

  • 三菱電機株式会社の「 冷蔵庫」が 公開されました。( 2020/12/17)

    【課題・解決手段】冷蔵室と、冷蔵室よりも下側に設けられた冷凍室と、冷蔵室と冷凍室との間に設けられ、冷凍室よりも高い温度帯に設定される貯蔵室と、を含む本体部を備えた冷蔵庫。冷蔵庫は、貯蔵室の背面側の貯蔵... 詳細

  • 三星電子株式会社の「 送風装置及び冷蔵庫」が 公開されました。( 2020/12/17)

    【課題】冷蔵庫の各収容室へ適切な風量の冷気が分配される送風装置を得る。【解決手段】冷蔵庫の庫内の冷気を循環させるものであり、ケーシング41と羽根車50と支持部材と主板を備える送風装置であって、ケーシン... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ