図面 (/)

技術 シフト装置

出願人 株式会社東海理化電機製作所
発明者 仲野洋平丹羽剛裕
出願日 2012年9月11日 (8年3ヶ月経過) 出願番号 2012-199493
公開日 2014年3月27日 (6年8ヶ月経過) 公開番号 2014-054872
状態 特許登録済
技術分野 変速制御装置の配置,取付け
主要キーワード ICセンサ 設置体 長尺矩形 移動接点 対向接点 ステーショナリ タクタイルスイッチ 運転レンジ
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2014年3月27日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (5)

課題

駐車操作部と中立操作部とを的確に操作する。

解決手段

シフト装置10では、レバー12が前後方向へ変位されて、自動変速機シフトレンジが「R」レンジ及び「D」レンジに変更される。さらに、「P」スイッチ26及び「N」スイッチ32が操作されて、それぞれ自動変速機のシフトレンジが「P」レンジ及び「N」レンジに変更される。また、インジケータ20の「R」表示22R、「H」表示22H及び「D」表示22DがLED24R、24H、24Dによって照明表示される。ここで、「P」スイッチ26と「N」スイッチ32との間にインジケータ20及びLED24R、24H、24Dが配置されている。このため、「P」スイッチ26と「N」スイッチ32とをインジケータ20及びLED24R、24H、24Dによって効果的に分離でき、「P」スイッチ26と「N」スイッチ32とを的確に操作できる。

概要

背景

下記特許文献1に記載のシフト操作装置では、シフトレバーが操作されて変位されることで、自動変速機がRレンジ及びDレンジ等に変更される。さらに、P操作ボタンが操作されることで、自動変速機がPレンジに変更されると共に、N操作ボタンが操作されることで、自動変速機がNレンジに変更される。

ここで、このようなシフト操作装置では、P操作ボタンとN操作ボタンとを効果的に分離できて、P操作ボタンとN操作ボタンとを的確に操作できるのが好ましい。

概要

駐車操作部と中立操作部とを的確に操作する。シフト装置10では、レバー12が前後方向へ変位されて、自動変速機のシフトレンジが「R」レンジ及び「D」レンジに変更される。さらに、「P」スイッチ26及び「N」スイッチ32が操作されて、それぞれ自動変速機のシフトレンジが「P」レンジ及び「N」レンジに変更される。また、インジケータ20の「R」表示22R、「H」表示22H及び「D」表示22DがLED24R、24H、24Dによって照明表示される。ここで、「P」スイッチ26と「N」スイッチ32との間にインジケータ20及びLED24R、24H、24Dが配置されている。このため、「P」スイッチ26と「N」スイッチ32とをインジケータ20及びLED24R、24H、24Dによって効果的に分離でき、「P」スイッチ26と「N」スイッチ32とを的確に操作できる。

目的

本発明は、上記事実を考慮し、駐車操作部と中立操作部とを的確に操作できるシフト装置を得ることが目的である

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

操作されて変位されることでシフトレンジが変更されるシフト部材と、前記シフト部材により変更されるシフトレンジを照明表示する表示手段と、操作されることでシフトレンジが駐車レンジに変更される駐車操作部と、前記シフト部材の変位方向において前記駐車操作部との間に前記表示手段が配置され、操作されることでシフトレンジが中立レンジに変更される中立操作部と、を備えたシフト装置

請求項2

前記表示手段に設けられ、発光することで前記表示手段が前記シフト部材により変更されるシフトレンジを照明表示する発光手段と、前記駐車操作部に設けられ、前記駐車操作部が操作されたことを検知する駐車検知手段と、前記中立操作部に設けられ、前記中立操作部が操作されたことを検知する中立検知手段と、前記発光手段、前記駐車検知手段及び前記中立検知手段が設置された設置体と、を備えた請求項1記載のシフト装置。

請求項3

前記設置体に設置され、前記シフト部材の位置を検知するシフト検知手段を備えた請求項2記載のシフト装置。

請求項4

前記駐車操作部に設けられ、前記駐車操作部が操作されたことを検知する駐車検知手段と、前記中立操作部に設けられ、前記中立操作部が操作されたことを検知する中立検知手段と、を備え、前記駐車検知手段及び前記中立検知手段の少なくとも一方が前記シフト部材の位置を検知する請求項1〜請求項3の何れか1項記載のシフト装置。

請求項5

前記駐車操作部、前記シフト部材における後退位置、前記中立操作部及び前記シフト部材における運転位置を前記シフト部材の変位方向において順番に配置した請求項1〜請求項4の何れか1項記載のシフト装置。

技術分野

0001

本発明は、シフトレンジが変更されるシフト装置に関する。

背景技術

0002

下記特許文献1に記載のシフト操作装置では、シフトレバーが操作されて変位されることで、自動変速機がRレンジ及びDレンジ等に変更される。さらに、P操作ボタンが操作されることで、自動変速機がPレンジに変更されると共に、N操作ボタンが操作されることで、自動変速機がNレンジに変更される。

0003

ここで、このようなシフト操作装置では、P操作ボタンとN操作ボタンとを効果的に分離できて、P操作ボタンとN操作ボタンとを的確に操作できるのが好ましい。

先行技術

0004

特開2007−253912号公報

発明が解決しようとする課題

0005

本発明は、上記事実を考慮し、駐車操作部と中立操作部とを的確に操作できるシフト装置を得ることが目的である。

課題を解決するための手段

0006

請求項1に記載のシフト装置は、操作されて変位されることでシフトレンジが変更されるシフト部材と、前記シフト部材により変更されるシフトレンジを照明表示する表示手段と、操作されることでシフトレンジが駐車レンジに変更される駐車操作部と、前記シフト部材の変位方向において前記駐車操作部との間に前記表示手段が配置され、操作されることでシフトレンジが中立レンジに変更される中立操作部と、を備えている。

0007

請求項2に記載のシフト装置は、請求項1に記載のシフト装置において、前記表示手段に設けられ、発光することで前記表示手段が前記シフト部材により変更されるシフトレンジを照明表示する発光手段と、前記駐車操作部に設けられ、前記駐車操作部が操作されたことを検知する駐車検知手段と、前記中立操作部に設けられ、前記中立操作部が操作されたことを検知する中立検知手段と、前記発光手段、前記駐車検知手段及び前記中立検知手段が設置された設置体と、を備えている。

0008

請求項3に記載のシフト装置は、請求項2に記載のシフト装置において、前記設置体に設置され、前記シフト部材の位置を検知するシフト検知手段を備えている。

0009

請求項4に記載のシフト装置は、請求項1〜請求項3の何れか1項に記載のシフト装置において、前記駐車操作部に設けられ、前記駐車操作部が操作されたことを検知する駐車検知手段と、前記中立操作部に設けられ、前記中立操作部が操作されたことを検知する中立検知手段と、を備え、前記駐車検知手段及び前記中立検知手段の少なくとも一方が前記シフト部材の位置を検知する。

0010

請求項5に記載のシフト装置は、請求項1〜請求項4の何れか1項に記載のシフト装置において、前記駐車操作部、前記シフト部材における後退位置、前記中立操作部及び前記シフト部材における運転位置を前記シフト部材の変位方向において順番に配置している。

発明の効果

0011

請求項1に記載のシフト装置では、シフト部材が操作されて変位されることで、シフトレンジが変更される。さらに、表示手段がシフト部材により変更されるシフトレンジを照明表示する。また、駐車操作部が操作されることで、シフトレンジが駐車レンジに変更されると共に、中立操作部が操作されることで、シフトレンジが中立レンジに変更される。

0012

ここで、シフト部材の変位方向において駐車操作部と中立操作部との間に表示手段が配置されている。このため、駐車操作部と中立操作部とを表示手段によって効果的に分離でき、駐車操作部と中立操作部とを的確に操作できる。

0013

請求項2に記載のシフト装置では、表示手段に設けられた発光手段が発光することで、表示手段がシフト部材により変更されるシフトレンジを照明表示する。また、駐車操作部に駐車検知手段が設けられており、駐車操作部が操作されたことを駐車検知手段が検知する。さらに、中立操作部に中立検知手段が設けられており、中立操作部が操作されたことを中立検知手段が検知する。

0014

ここで、発光手段、駐車検知手段及び中立検知手段が設置体に設置されている。このため、発光手段、駐車検知手段及び中立検知手段を容易に組付けることができる。

0015

請求項3に記載のシフト装置では、シフト検知手段がシフト部材の位置を検知する。

0016

ここで、シフト検知手段が設置体に設置されている。このため、シフト検知手段を容易に組付けることができる。

0017

請求項4に記載のシフト装置では、駐車操作部に駐車検知手段が設けられており、駐車操作部が操作されたことを駐車検知手段が検知する。さらに、中立操作部に中立検知手段が設けられており、中立操作部が操作されたことを中立検知手段が検知する。

0018

ここで、駐車検知手段及び中立検知手段の少なくとも一方がシフト部材の位置を検知する。このため、シフト部材の位置を検知する構成を簡単にできる。

0019

請求項5に記載のシフト装置では、駐車操作部、シフト部材における後退位置、中立操作部及びシフト部材における運転位置をシフト部材の変位方向において順番に配置している。このため、一般的に採用されている順番で駐車操作部及び中立操作部が配置されるため、駐車操作部と中立操作部とを的確に操作できる。

図面の簡単な説明

0020

本発明の第1の実施の形態に係るシフト装置を示す後斜め右方から見た分解斜視図である。
本発明の第2の実施の形態に係るシフト装置を示す後斜め右方から見た分解斜視図である。
(A)は、本発明の第3の実施の形態に係るシフト装置を示す上方から見た平面図であり、(B)は、本発明の第4の実施の形態に係るシフト装置を示す上方から見た平面図である。
(A)は、本発明の第5の実施の形態に係るシフト装置を示す上方から見た平面図であり、(B)は、本発明の第6の実施の形態に係るシフト装置を示す上方から見た平面図である。

実施例

0021

[第1の実施の形態]
図1には、本発明の第1の実施の形態に係るシフト装置10が後斜め右方から見た分解斜視図にて示されている。なお、図面では、シフト装置10の前方を矢印FRで示し、シフト装置10の右方を矢印RHで示し、シフト装置10の上方を矢印UPで示す。

0022

本実施の形態に係るシフト装置10は、所謂シフト・バイワイヤ方式かつ所謂モメンタリ方式のものにされている。

0023

シフト装置10は、車両(自動車)における車室の車両前側かつ車幅方向中央の床部(フロア)上に設置されており、シフト装置10の前方、右方及び上方は、それぞれ車両の前方、右方及び上方に向けられている。

0024

図1に示す如く、シフト装置10は、シフト部材としての略長尺棒状のレバー12を備えており、レバー12は、下端基端)において、前後方向(縦方向シフト方向)へ回動可能に支持されている。レバー12の上端側(先端側)は、車室内延出されており、レバー12の上端は、車両の乗員(運転手)によって把持可能にされている。このため、レバー12は、乗員によって、前後方向へ回動操作可能にされて、所定範囲で前後方向へ変位可能にされており、レバー12のシフト位置は、前側(縦方向一側、シフト方向一側)から後側(縦方向他側、シフト方向他側)へ順番に、「R」位置(リバース位置、後退位置)、「H」位置(ホーム位置基準位置)及び「D」位置(ドライブ位置、運転位置)に変更可能にされている。レバー12には、「H」位置側への付勢力が作用されており、レバー12に操作力が作用されない際には、レバー12が付勢力によって「H」位置に配置される。

0025

レバー12の右側(横方向一側、セレクト方向一側)には、検知部材としてのマグネット14が配置されており、マグネット14は、上側と下側とに磁極を有して、磁力を発生する。マグネット14は、前後方向へスライド可能に設置されると共に、レバー12に機械的に連絡されており、マグネット14は、レバー12の前後方向への回動操作に伴い、前後方向へスライドされる。

0026

マグネット14の上側(表側)には、設置体としての長尺矩形板状の基板16(回路基板)が設置されており、基板16は、上下方向に垂直かつ前後方向に長尺に配置されている。基板16は、車両の自動変速機(図示省略)に制御装置(ECU、図示省略)を介して電気的に接続されている。

0027

基板16の下面(裏側面)には、シフト検知手段としてのシフト検知IC18が複数(本実施の形態では2個)固定されており、複数のシフト検知IC18は、前後方向において互いに離間されている。複数のシフト検知IC18は、マグネット14が発生する磁力を検知することで、マグネット14の前後方向位置を検知して、レバー12の前後方向位置を検知する。このため、複数のシフト検知IC18は、レバー12のシフト位置を検知可能にされており、レバー12のシフト位置が「R」位置及び「D」位置に変更された際(レバー12のシフト位置が「R」位置及び「D」位置に変更されたことを複数のシフト検知IC18が検知した際)には、それぞれ制御装置の制御により自動変速機のシフトレンジが「R」レンジ(リバースレンジ後退レンジ)及び「D」レンジ(ドライブレンジ運転レンジ)に変更される。

0028

基板16の上面には、表示手段を構成する表示部材としての直方体形箱状のインジケータ20が固定されており、インジケータ20の上面は車室内に露出されると共に、インジケータ20の下面は開放されている。インジケータ20の上壁には、前側から後側へ順番に、シフト表示部としての文字による「R」表示22R、「H」表示22H及び「D」表示22Dが設けられており、「R」表示22R、「H」表示22H及び「D」表示22Dは、それぞれ透光性を有している。「R」表示22R、「H」表示22H及び「D」表示22Dは、それぞれレバー12の「R」位置、「H」位置及び「D」位置を表示しており、レバー12が「R」表示22R、「H」表示22H及び「D」表示22Dの左側(横方向他側、セレクト方向他側)に配置されることで、それぞれレバー12のシフト位置が「R」位置、「H」位置及び「D」位置に変更される。

0029

基板16の上面には、表示手段を構成する発光手段としてのLED24R、24H、24Dが固定(設置)されており、LED24R、24H、24Dは、インジケータ20内において、それぞれ「R」表示22R、「H」表示22H及び「D」表示22Dの下側に配置されている。LED24R、24H、24Dは、制御装置の制御により上面において発光可能にされており、LED24R、24H、24Dが発した光がそれぞれ「R」表示22R、「H」表示22H及び「D」表示22Dを透過することで、特に夜間において「R」表示22R、「H」表示22H及び「D」表示22Dが照明表示される。

0030

基板16の上面には、インジケータ20の前側において、駐車操作部としての「P」スイッチ26が設置(実装)されている。「P」スイッチ26には、駐車検知手段としての「P」センサ28が設けられており、「P」センサ28は、基板16の上面に固定されている。「P」スイッチ26には、「P」センサ28の上側において、駐車操作部材としての直方体形箱状の「P」ボタン30が設けられており、「P」ボタン30の上面は車室内に露出されると共に、「P」ボタン30の下面は開放されている。「P」ボタン30は、乗員によって下側へ押圧操作可能にされており、「P」ボタン30が下側へ押圧操作されて「P」スイッチ26が操作されると共に、「P」スイッチ26が操作されたこと(「P」ボタン30が下側へ押圧操作されたこと)を「P」センサ28が検知可能にされている。

0031

「P」スイッチ26は、所謂タクタイルスイッチにされて、「P」センサ28と「P」ボタン30とがタクタイルスイッチを構成しており、「P」スイッチ26が操作された際(「P」スイッチ26が操作されたことを「P」センサ28が検知した際)には、制御装置の制御により自動変速機のシフトレンジが「P」レンジ(パーキングレンジ、駐車レンジ)に変更される。

0032

基板16の上面には、インジケータ20の後側において、中立操作部としての「N」スイッチ32が設置(実装)されている。「N」スイッチ32には、中立検知手段としての「N」センサ34が設けられており、「N」センサ34は、基板16の上面に固定されている。「N」スイッチ32には、「N」センサ34の上側において、中立操作部材としての直方体形箱状の「N」ボタン34が設けられており、「N」ボタン34の上面は車室内に露出されると共に、「N」ボタン34の下面は開放されている。「N」ボタン34は、乗員によって下側へ押圧操作可能にされており、「N」ボタン34が下側へ押圧操作されて「N」スイッチ32が操作されると共に、「N」スイッチ32が操作されたこと(「N」ボタン34が下側へ押圧操作されたこと)を「N」センサ34が検知可能にされている。

0033

「N」スイッチ32は、所謂タクタイルスイッチにされて、「N」センサ34と「N」ボタン34とがタクタイルスイッチを構成しており、「N」スイッチ32が操作された際(「N」スイッチ32が操作されたことを「N」センサ34が検知した際)には、制御装置の制御により自動変速機のシフトレンジが「N」レンジ(ニュートラルレンジ、中立レンジ)に変更される。

0034

「P」ボタン30の上壁には、駐車表示部としての文字による「P」表示38Pが設けられると共に、「N」ボタン34の上壁には、中立表示部としての文字による「N」表示38Nが設けられており、「P」表示38P及び「N」表示38Nは、それぞれ透光性を有している。基板16の上面には、「P」センサ28及び「N」センサ34の近傍において、それぞれ照明手段としてのLED40P、40Nが固定(設置)されており、LED40P、40Nは、それぞれ「P」表示38P及び「N」表示38Nの下側に配置されている。LED40P、40Nは、制御装置の制御により上面において発光可能にされており、LED40P、40Nが発した光がそれぞれ「P」表示38P及び「N」表示38Nを透過することで、特に夜間において「P」表示38P及び「N」表示38Nが照明表示される。

0035

自動変速機は、車両のエンジン(図示省略)に連絡されると共に、自動変速機には、出力軸が設けられており、自動変速機は、エンジンの動力を出力軸から車両の駆動輪(図示省略)に伝達可能にされている。

0036

自動変速機のシフトレンジが「R」レンジに変更された際には、エンジンから駆動輪へ車両を後退させる動力が伝達される。自動変速機のシフトレンジが「D」レンジに変更された際には、エンジンから駆動輪へ車両を前進させる動力が伝達される。自動変速機のシフトレンジが「P」レンジに変更された際には、エンジンから駆動輪への動力伝達遮断されると共に、自動変速機の出力軸がロックされる。自動変速機のシフトレンジが「N」レンジに変更された際には、エンジンから駆動輪への動力伝達が遮断される。

0037

次に、本実施の形態の作用を説明する。

0038

以上の構成のシフト装置10では、レバー12が回動操作されて前後方向へ変位されることで、レバー12の前後方向位置が複数のシフト検知IC18及びマグネット14によって検知されて、自動変速機のシフトレンジが「R」レンジ及び「D」レンジに変更される。さらに、「P」スイッチ26が操作される(「P」ボタン30が下側へ押圧操作される)ことで、「P」スイッチ26が操作されたことが「P」センサ28によって検知されて、自動変速機のシフトレンジが「P」レンジに変更される。しかも、「N」スイッチ32が操作される(「N」ボタン34が下側へ押圧操作される)ことで、「N」スイッチ32が操作されたことが「N」センサ34によって検知されて、自動変速機のシフトレンジが「N」レンジに変更される。

0039

また、インジケータ20の「R」表示22R、「H」表示22H及び「D」表示22DがそれぞれLED24R、24H、24Dの発光によって照明表示されると共に、「P」ボタン30の「P」表示38P及び「N」ボタン34の「N」表示38NがそれぞれLED40P、40Nの発光によって照明表示される。

0040

ここで、レバー12の前後方向への変位方向において「P」スイッチ26と「N」スイッチ32との間にインジケータ20及びLED24R、24H、24Dが配置されている。このため、「P」スイッチ26と「N」スイッチ32とをインジケータ20及びLED24R、24H、24Dによって効果的に分離でき、特に夜間であっても「P」スイッチ26の「P」ボタン30と「N」スイッチ32の「N」ボタン34とを誤操作を抑制しつつ的確に操作できる。

0041

しかも、上述の如く「P」ボタン30の「P」表示38P及び「N」ボタン34の「N」表示38NがそれぞれLED40P、40Nの発光によって照明表示される。このため、特に夜間であっても「P」ボタン30と「N」ボタン34とを一層誤操作を抑制しつつ的確に操作できる。

0042

また、LED24R、24H、24D、「P」スイッチ26及び「N」スイッチ32が、基板16に設置されて、基板16によって一体化モジュール化)されている。このため、部品点数を低減できると共に、小型化を図ることができる。さらに、LED24R、24H、24D、「P」スイッチ26及び「N」スイッチ32を同時に車両に組付けることができると共に、LED24R、24H、24D、「P」スイッチ26及び「N」スイッチ32に別々にハーネスを取回す必要をなくすことができて、LED24R、24H、24D、「P」スイッチ26及び「N」スイッチ32を車両に容易に組付けることができる。これにより、コスト(組付けコストを含む)を低減できると共に、LED24R、24H、24D、「P」スイッチ26及び「N」スイッチ32の搭載スペースを削減できる。

0043

さらに、LED24R、24H、24D、「P」スイッチ26及び「N」スイッチ32のみならず、複数のシフト検知IC18及びLED40P、40Nも、基板16に設置されて、基板16によって一体化(モジュール化)されている。このため、部品点数を一層低減できると共に、一層小型化を図ることができる。さらに、複数のシフト検知IC18及びLED40P、40Nをも同時に車両に組付けることができると共に、複数のシフト検知IC18及びLED40P、40Nにも別々にハーネスを取回す必要をなくすことができて、複数のシフト検知IC18及びLED40P、40Nをも車両に容易に組付けることができる。これにより、一層コスト(組付けコストを含む)を低減できると共に、複数のシフト検知IC18及びLED40P、40Nの搭載スペースをも削減できる。

0044

また、基板16の上面にインジケータ20(LED24R、24H、24Dを含む)、「P」スイッチ26(LED40Pを含む)及び「N」スイッチ32(LED40Nを含む)が前後方向へ配列されると共に、基板16の下面に当該配列の裏側において複数のシフト検知IC18が前後方向へ配列されている。このため、基板16を単純な形状にできて小型化でき、基板16、インジケータ20(LED24R、24H、24Dを含む)、「P」スイッチ26(LED40Pを含む)、「N」スイッチ32(LED40Nを含む)及び複数のシフト検知IC18の搭載スペースを削減できる。

0045

[第2の実施の形態]
図2には、本発明の第2の実施の形態に係るシフト装置50が後斜め右方から見た分解斜視図にて示されている。

0046

本実施の形態に係るシフト装置50は、上記第1の実施の形態と、ほぼ同様の構成であるが、以下の点で異なる。

0047

図2に示す如く、本実施の形態に係るシフト装置50では、レバー12の左側に、マグネット14が配置されており、マグネット14は、右側と左側とに磁極を有して、磁力を発生する。マグネット14は、前後方向へスライド可能に設置されると共に、レバー12に機械的に連絡されており、マグネット14は、レバー12の前後方向への回動操作に伴い、前後方向へスライドされる。

0048

マグネット14の左側には、基板16が設置されており、基板16は、左右方向に垂直かつ前後方向に長尺に配置されている。

0049

基板16の右面には、上下方向中間部において、複数(本実施の形態では2個)のシフト検知IC18が固定されており、複数のシフト検知IC18は、前後方向において互いに離間されている。複数のシフト検知IC18は、マグネット14が発生する磁力を検知することで、マグネット14の前後方向位置を検知して、レバー12の前後方向位置を検知する。

0050

基板16の上側には、インジケータ20が固定されており、レバー12がインジケータ20の「R」表示22R、「H」表示22H及び「D」表示22Dの右側に配置されることで、それぞれレバー12のシフト位置がレバー12の「R」位置、「H」位置及び「D」位置に変更される。

0051

基板16の右面には、上端において、LED24R、24H、24Dが固定(設置)されており、LED24R、24H、24Dは、それぞれ「R」表示22R、「H」表示22H及び「D」表示22Dの下側に配置されている。このため、LED24R、24H、24Dの上面(側面)が発した光がそれぞれ「R」表示22R、「H」表示22H及び「D」表示22Dを透過することで、特に夜間において「R」表示22R、「H」表示22H及び「D」表示22Dが照明表示される。

0052

基板16の上側には、インジケータ20の前側において、「P」スイッチ26が設置されており、「P」スイッチ26の「P」センサ28は、基板16の左面の上部に固定されている。「P」スイッチ26は、所謂摺動接点式スイッチにされており、「P」センサ28には、一対の固定接点52が設けられると共に、「P」ボタン30には、一対の移動接点54が設けられている。一対の固定接点52は、基板16から上側に延出されると共に、一対の移動接点54は、「P」ボタン30から下側に延出されており、一対の移動接点54は、一対の固定接点52にそれぞれ接触されている。このため、「P」ボタン30が下側へ押圧操作されて「P」スイッチ26が操作された際には、一対の移動接点54が下側へ移動されて一対の固定接点52をそれぞれ摺動することで、「P」スイッチ26が操作されたこと(「P」ボタン30が下側へ押圧操作されたこと)を「P」センサ28が検知可能にされている。

0053

基板16の上側には、インジケータ20の後側において、「N」スイッチ32が設置されており、「N」スイッチ32の「N」センサ34は、基板16の左面の上部に固定されている。「N」スイッチ32は、「P」スイッチ26と同様に、所謂摺動接点式スイッチにされており、「N」センサ34には、一対の固定接点52が設けられると共に、「N」ボタン34には、一対の移動接点54が設けられている。このため、「N」ボタン34が下側へ押圧操作されて「N」スイッチ32が操作された際には、一対の移動接点54が下側へ移動されて一対の固定接点52をそれぞれ摺動することで、「N」スイッチ32が操作されたこと(「N」ボタン34が下側へ押圧操作されたこと)を「N」センサ34が検知可能にされている。

0054

基板16の左面の上端には、「P」センサ28及び「N」センサ34の近傍において、それぞれLED40P、40Nが固定(設置)されており、LED40P、40Nは、それぞれ「P」ボタン30の「P」表示38P及び「N」ボタン34の「N」表示38Nの下側に配置されている。このため、LED40P、40Nの上面(側面)が発した光がそれぞれ「P」表示38P及び「N」表示38Nを透過することで、特に夜間において「P」表示38P及び「N」表示38Nが照明表示される。

0055

ここで、本実施の形態でも、上記第1の実施の形態と同様の作用及び効果を奏することができる。

0056

特に、インジケータ20(LED24R、24H、24Dを含む)、「P」スイッチ26(LED40Pを含む)及び「N」スイッチ32(LED40Nを含む)が前後方向へ配列されると共に、当該配列の裏側(下側)において基板16が左右方向に垂直に配置されている。このため、基板16を単純な形状にできて小型化でき、基板16、インジケータ20(LED24R、24H、24Dを含む)、「P」スイッチ26(LED40Pを含む)、「N」スイッチ32(LED40Nを含む)及び複数のシフト検知IC18の搭載スペースを削減できる。

0057

[第3の実施の形態]
図3(A)には、本発明の第3の実施の形態に係るシフト装置60が上方から見た平面図にて示されている。

0058

本実施の形態に係るシフト装置60は、上記第1の実施の形態と、ほぼ同様の構成であるが、以下の点で異なる。

0059

図3(A)に示す如く、本実施の形態に係るシフト装置60では、レバー12が、下端(基端)において、前後方向及び左右方向へ回動可能に支持されている。レバー12は、所定形状の案内溝(図示省略)に貫通されており、レバー12は、案内溝に沿った案内経路62に沿って、回動操作可能にされて、変位可能にされている。このため、レバー12のシフト位置は、レバー12が「H」位置から左側及び前側へこの順番で変位されて「R」位置に変更されると共に、レバー12が「H」位置から後側へ変位されて「D」位置に変更される。

0060

マグネット14(図1参照)は、前後方向へスライド可能に設置されると共に、レバー12に機械的に連絡されており、マグネット14は、レバー12の前後方向への回動操作に伴い前後方向へスライド可能にされると共に、レバー12の左右方向への回動操作に拘らず左右方向へはスライドされない。

0061

マグネット14の上側における基板16は、案内溝(案内経路62)の前側から右側に渡って配置されている。

0062

基板16の上面のインジケータ20は、「R」表示22Rの部分と「H」表示22H及び「D」表示22Dの部分とに分割されており、レバー12が「R」表示22R、「H」表示22H及び「D」表示22Dの左側に配置されることで、それぞれレバー12のシフト位置が「R」位置、「H」位置及び「D」位置に変更される。

0063

基板16の上面には、案内溝(案内経路62)の前側端及びインジケータ20の「R」表示22R部分の前側において、「P」スイッチ26が設置(実装)されている。さらに、基板16の上面には、インジケータ20の「H」表示22H部分の右側において、「N」スイッチ32が設置(実装)されている。

0064

ここで、本実施の形態でも、インジケータ20(LED24R、24H、24Dを含む)、「P」スイッチ26(LED40Pを含む)及び「N」スイッチ32(LED40Nを含む)が前後方向へ配列されることによる作用及び効果を除き、上記第1の実施の形態と同様の作用及び効果を奏することができる。

0065

特に、レバー12の前後方向への変位方向において「P」スイッチ26と「N」スイッチ32との間にインジケータ20の「R」表示22R部分及びLED24Rが配置されると共に、レバー12の左右方向への変位方向において「P」スイッチ26と「N」スイッチ32との間にインジケータ20の「H」表示22H及び「D」表示22DとLED24H、24Dとが配置されている。このため、「P」スイッチ26と「N」スイッチ32とをインジケータ20及びLED24R、24H、24Dによって効果的に分離でき、特に夜間であっても「P」スイッチ26の「P」ボタン30と「N」スイッチ32の「N」ボタン34とを誤操作を抑制しつつ的確に操作できる。

0066

[第4の実施の形態]
図3(B)には、本発明の第4の実施の形態に係るシフト装置70が上方から見た平面図にて示されている。

0067

本実施の形態に係るシフト装置70は、上記第3の実施の形態と、ほぼ同様の構成であるが、以下の点で異なる。

0068

図3(B)に示す如く、本実施の形態に係るシフト装置70では、レバー12の「H」位置が上記第3の実施の形態の左側に配置されており、レバー12のシフト位置は、レバー12が「H」位置から前側へ変位されて「R」位置に変更されると共に、レバー12が「H」位置から右側及び後側へこの順番で変位されて「D」位置に変更される。

0069

ここで、本実施の形態でも、上記第3の実施の形態と同様の作用及び効果を奏することができる。

0070

[第5の実施の形態]
図4(A)には、本発明の第5の実施の形態に係るシフト装置80が上方から見た平面図にて示されている。

0071

本実施の形態に係るシフト装置80は、上記第3の実施の形態と、ほぼ同様の構成であるが、以下の点で異なる。

0072

図4(A)に示す如く、本実施の形態に係るシフト装置80では、上記第3の実施の形態から案内溝(案内経路62)の形状が変更されており、レバー12のシフト位置は、レバー12が「H」位置から前側及び左側へこの順番で変位されて「R」位置に変更されると共に、レバー12が「H」位置から後側へ変位されて「D」位置に変更される。

0073

基板16は、案内溝(案内経路62)の前側から右側に渡って配置されると共に、案内溝(案内経路62)の前部の左側にも配置されている。

0074

基板16には、セレクト検知手段(図示省略)が固定されており、セレクト検知手段は、レバー12の左右方向位置を検知する。これにより、レバー12のシフト位置が「R」位置に変更されたことをセレクト検知手段及び複数のシフト検知IC18が検知する。

0075

インジケータ20の「R」表示22R部分は、案内溝(案内経路62)の前側かつ左側の端部の左側に配置されており、レバー12が「R」表示22Rの右側に配置されることで、レバー12のシフト位置が「R」位置に変更される。

0076

ここで、本実施の形態でも、上記第3の実施の形態と同様の作用及び効果を奏することができる。

0077

[第6の実施の形態]
図4(B)には、本発明の第6の実施の形態に係るシフト装置90が上方から見た平面図にて示されている。

0078

本実施の形態に係るシフト装置90は、上記第3の実施の形態と、ほぼ同様の構成であるが、以下の点で異なる。

0079

図4(B)に示す如く、本実施の形態に係るシフト装置90では、上記第3の実施の形態から案内溝(案内経路62)の形状が変更されており、レバー12のシフト位置は、レバー12が「H」位置から前側及び左側へこの順番で変位されて「R」位置に変更されると共に、レバー12が「H」位置から後側及び左側へこの順番で変位されて「D」位置に変更される。

0080

基板16は、案内溝(案内経路62)の前側から左側に渡って配置されると共に、案内溝(案内経路62)の前側部分の右側に配置されている。

0081

基板16には、セレクト検知手段(図示省略)が固定されており、セレクト検知手段は、レバー12の左右方向位置を検知する。これにより、レバー12のシフト位置が「R」位置及び「D」位置に変更されたことをセレクト検知手段及び複数のシフト検知IC18が検知する。

0082

インジケータ20は、「R」表示22Rの部分と「H」表示22Hの部分と「D」表示22Dの部分とに分割されており、インジケータ20の「R」表示22R部分は、案内溝(案内経路62)の前側かつ左側の端部の左側に配置されると共に、インジケータ20の「D」表示22D部分は、案内溝(案内経路62)の後側かつ左側の端部の左側に配置されている。このため、レバー12が「R」表示22R及び「D」表示22Dの右側に配置されることで、それぞれレバー12のシフト位置が「R」位置及び「D」位置に変更される。

0083

ここで、本実施の形態でも、上記第3の実施の形態と同様の作用及び効果を奏することができる。

0084

特に、レバー12の前後方向への変位方向において「P」スイッチ26と「N」スイッチ32との間にインジケータ20の「R」表示22R部分及びLED24Rが配置されると共に、レバー12の左右方向への変位方向において「P」スイッチ26と「N」スイッチ32との間にインジケータ20の「H」表示22H及びLED24Hが配置されている。このため、「P」スイッチ26と「N」スイッチ32とをインジケータ20の「R」表示22R部分及び「H」表示22H部分とLED24R、24Hによって効果的に分離でき、特に夜間であっても「P」スイッチ26の「P」ボタン30と「N」スイッチ32の「N」ボタン34とを誤操作を抑制しつつ的確に操作できる。

0085

なお、上記第3の実施の形態〜第6の実施の形態では、インジケータ20を分割した。しかしながら、インジケータ20を分割せずに配置してもよい。

0086

また、上記第1の実施の形態〜第6の実施の形態では、インジケータ20の「H」表示22H及びLED24Hを設けた。しかしながら、インジケータ20の「H」表示22H及びLED24Hを省略してもよい。

0087

さらに、上記第1の実施の形態〜第6の実施の形態では、シフト装置10、50、60、70、80、90をモメンタリ方式のものにして、レバー12のシフト位置に「H」位置が存在する構成にした。

0088

しかしながら、シフト装置10、50、60、70、80、90を所謂ステーショナリ方式のものにして、レバー12のシフト位置に「H」位置が存在しない構成にしてもよい。この場合、レバー12が「R」位置及び「D」位置に配置された際に、レバー12に操作力が作用されない場合でも、レバー12の「R」位置及び「D」位置への配置が維持される。

0089

さらに、特にこの場合には、インジケータ20の「H」表示22H及びLED24Hの位置に「N」スイッチ32(LED40Nを含んでもよい)を設けてもよい。これにより、レバー12の前後方向への変位方向において前側から後側へ順番に「P」スイッチ26、インジケータ20の「R」表示22R部分、「N」スイッチ32及びインジケータ20の「D」表示22D部分が配置される。このため、一般的に車両に採用されている順番で「P」スイッチ26及び「N」スイッチ32が配置されるため、「P」スイッチ26の「P」ボタン30と「N」スイッチ32の「N」ボタン34とを誤操作を抑制しつつ的確に操作できる。

0090

また、上記第1の実施の形態〜第6の実施の形態では、「P」スイッチ26及び「N」スイッチ32をタクタイルスイッチ又は摺動接点式スイッチにした。

0091

しかしながら、「P」スイッチ26及び「N」スイッチ32の少なくとも一方を所謂対向接点式スイッチにしてもよい。この場合、「P」ボタン30又は「N」ボタン34の移動接点が「P」センサ28又は「N」センサ34の固定接点に対し対向かつ離間されており、「P」ボタン30又は「N」ボタン34が下側へ押圧操作されて「P」スイッチ26又は「N」スイッチ32が操作された際には、移動接点が下側へ移動されて固定接点に接触することで、「P」スイッチ26又は「N」スイッチ32が操作されたこと(「P」ボタン30又は「N」ボタン34が下側へ押圧操作されたこと)を「P」センサ28又は「N」センサ34が検知する。

0092

しかも、「P」スイッチ26及び「N」スイッチ32の少なくとも一方を所謂非接触センサ式スイッチにしてもよい。この場合、例えば、「P」ボタン30又は「N」ボタン34の磁石ICセンサである「P」センサ28又は「N」センサ34に対し離間されており、「P」ボタン30又は「N」ボタン34が下側へ押圧操作されて「P」スイッチ26又は「N」スイッチ32が操作された際には、磁石が発生する磁力を「P」センサ28又は「N」センサ34が検知することで、「P」スイッチ26又は「N」スイッチ32が操作されたこと(「P」ボタン30又は「N」ボタン34が下側へ押圧操作されたこと)を「P」センサ28又は「N」センサ34が検知する。

0093

さらに、この場合には、マグネット14が発生する磁力をICセンサである「P」センサ28又は「N」センサ34が検知することで、マグネット14の前後方向位置を検知して、レバー12のシフト位置を検知してもよい。これにより、シフト検知IC18を不要にでき、レバー12のシフト位置を検知する構成を簡単にできる。

0094

また、上記第1の実施の形態〜第6の実施の形態では、「P」スイッチ26(「P」ボタン30及び「P」センサ28)及び「N」スイッチ32(「N」ボタン34及び「N」センサ34)を基板16に設置した。しかしながら、「P」スイッチ26の「P」センサ28のみを基板16に設置してもよく、また、「N」スイッチ32の「N」センサ34のみを基板16に設置してもよい。

0095

さらに、上記第1の実施の形態〜第6の実施の形態では、インジケータ20の「R」表示22R、「H」表示22H及び「D」表示22D、「P」ボタン30の「P」表示38P、「N」ボタン34の「N」表示38Nが同時に(常に)照明表示される。しかしながら、自動変速機のシフトレンジが「R」レンジ、「D」レンジ、「P」レンジ、「N」レンジに変更された際に、それぞれ「R」表示22Rのみ、「D」表示22Dのみ、「P」表示38Pのみ、「N」表示38Nのみが照明表示されてもよい。特にこの場合には、例えば「R」表示22Rを赤色で表示すると共に「D」表示22Dを緑色で表示する等のように、「R」表示22R、「D」表示22D、「P」表示38P及び「N」表示38Nの色を互いに変えて表示することで、自動変速機のシフトレンジ(レバー12のシフト位置、「P」ボタン30及び「N」ボタン34でもよい)を色で認識できるようにすると更によい。

0096

また、上記第1の実施の形態〜第6の実施の形態では、シフト装置10、50、60、70、80、90を車室の床部に設置した。しかしながら、シフト装置10、50、60、70、80、90を車両のインストルメントパネル又はステアリングコラムに設置してもよい。

0097

10シフト装置
12レバー(シフト部材)
16基板(設置体)
18シフト検知IC(シフト検知手段)
20インジケータ(表示手段)
24RLED(表示手段、発光手段)
24H LED(表示手段、発光手段)
24D LED(表示手段、発光手段)
26 「P」スイッチ(駐車操作部)
28 「P」センサ(駐車検知手段)
32 「N」スイッチ(中立操作部)
34 「N」センサ(中立検知手段)
50 シフト装置
60 シフト装置
70 シフト装置
80 シフト装置
90 シフト装置

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社クボタの「 操作装置及び作業車」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】操作性を向上させることができる操作装置を提供する。【解決手段】トラクタ1の変速装置7を切り替え操作可能な操作装置100であって、複数の操作位置に移動可能な操作レバー130と、前記複数の操作位置... 詳細

  • マツダ株式会社の「 変速操作装置の組立方法及び変速操作装置」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】車室内空間を大きくすることが可能でかつ車体のフロアトンネル部2aの強度及び剛性の低下を抑制可能な、変速操作装置1の組立方法及び変速操作装置1を提供する。【解決手段】変速操作装置1は、コントロー... 詳細

  • 株式会社東海理化電機製作所の「 シフト装置」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】簡単な構成でシフト体の回転径方向へのガタツキを抑制する。【解決手段】シフト装置10では、ノブ20の節度山26の付勢面26Aがノブ20の径方向内方へ向かうに従い下方へ向かう方向に傾斜されている。... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ