図面 (/)

技術 結束集積線状物の排出装置

出願人 株式会社カワカミ
発明者 川上久善
出願日 2012年8月9日 (8年3ヶ月経過) 出願番号 2012-176630
公開日 2014年2月24日 (6年8ヶ月経過) 公開番号 2014-034411
状態 特許登録済
技術分野 基本的包装技術6(結束) 制御・その他II(補助装置、細部)
主要キーワード 折返点 二ピッチ 駆動レバ アーム状部材 搬送バケット ゼネバ機構 ソフトランディング 欠歯歯車
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2014年2月24日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (11)

課題

結束ミスによって集束結束物バラけた場合、正常結束物とバラけた線状物の分離を容易にする。

解決手段

集積した線状物を結束テープ結束した被結束物7を載せて終点である垂直面内で180°折り返して上流側に間欠移動するす搬送バケット6の下方に被結束物7を受けて排出側に移動する排出ベルトコンベア30を設置する。さらに搬送バケット6と排出ベルトコンベア30の間に被結束物7を仲介する仲介板32、第一仕切板33、第二仕切板34を設ける。第二仕切板34は第一仕切板33に遅れて動作するので排出ベルトコンベア30上における被結束物7同士の間隔を拡げることができ、結束に失敗してバラけた線状物の分離が容易になる。

概要

背景

乾麺等の線状物は取扱い、保管輸送に便利なように一定量の束に結束している。この場合の結束の態様は、ある程度締めた状態で集積して中央を結束テープで巻いている場合が多い。本出願人はこの結束装置として下記特許文献1の発明を提案している。一方、結束した被結束物は箱詰め等の出荷に備えての準備を必要とする。このためには、被結束物がコンベア等に載せられて順序正しく排出されて行くことが必要である。

ところで、結束は結束装置によって行われるが、結束装置には結束ミスもある。このような場合、線状物はバラバラになるから、その後始末がたいへんである。場合によっては、長期にラインを止め、長時間復旧作業をしなければならないことがある。このようなことを起こす原因は、バラバラになった線状物が正常に結束された被結束物と混ざるからであり、このようなことが起こらないようにすることが大事である。そのためには、コンベア等に載って出てくる被結束物間の間隔が長い方が好ましい。

概要

結束ミスによって集束結束物がバラけた場合、正常結束物とバラけた線状物の分離を容易にする。集積した線状物を結束テープで結束した被結束物7を載せて終点である垂直面内で180°折り返して上流側に間欠移動するす搬送バケット6の下方に被結束物7を受けて排出側に移動する排出ベルトコンベア30を設置する。さらに搬送バケット6と排出ベルトコンベア30の間に被結束物7を仲介する仲介板32、第一仕切板33、第二仕切板34を設ける。第二仕切板34は第一仕切板33に遅れて動作するので排出ベルトコンベア30上における被結束物7同士の間隔を拡げることができ、結束に失敗してバラけた線状物の分離が容易になる。

目的

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

集積した線状物結束テープ結束した結束物を載せて終点である垂直面内で180°折り返して上流側に間欠移動するす搬送バケットと、折返点被結束物の外側を略90°に亘ってカバーするガイドと、下方に回って来た搬送バケットの被結束物を受けて排出側に移動する排出ベルトコンベアと、ガイドに続いて排出ベルトコンベアの上方に上がって下方に回って来た二つの搬送ベルトの被結束物を受け取るとともに、下方に下がって被結束物を排出ベルトコンベアに移す仲介板と、仲介板よりも下方に在って下方に回って来た上流側の搬送バケットの被結束物を仲介板が受けたときに更に下方に下がって当該被結束物を排出ベルトコンベア上に移す第一仕切板と、仲介板よりも下方に在って下方に回って来た下流側の搬送バケットの被結束物を仲介板が受けたときに第一仕切板に遅れて更に下方に下がって当該被結束物を排出ベルトコンベア上に移す第二仕切板と、からなることを特徴とする結束集積線状物の排出装置

請求項2

搬送バケットが停止した特定の位置が結束ステーションであり、結束ステーションで線状物が結束され、この被結束物が終点側に搬送される請求項1の結束集積線状物の排出装置。

技術分野

0001

本発明は、麺線鋼線線香といった線状物を一定量束状に集積して結束した被結束物をスムーズに排出する排出装置に関するものである。

背景技術

0002

乾麺等の線状物は取扱い、保管輸送に便利なように一定量の束に結束している。この場合の結束の態様は、ある程度締めた状態で集積して中央を結束テープで巻いている場合が多い。本出願人はこの結束装置として下記特許文献1の発明を提案している。一方、結束した被結束物は箱詰め等の出荷に備えての準備を必要とする。このためには、被結束物がコンベア等に載せられて順序正しく排出されて行くことが必要である。

0003

ところで、結束は結束装置によって行われるが、結束装置には結束ミスもある。このような場合、線状物はバラバラになるから、その後始末がたいへんである。場合によっては、長期にラインを止め、長時間復旧作業をしなければならないことがある。このようなことを起こす原因は、バラバラになった線状物が正常に結束された被結束物と混ざるからであり、このようなことが起こらないようにすることが大事である。そのためには、コンベア等に載って出てくる被結束物間の間隔が長い方が好ましい。

先行技術

0004

特開2009−120259号公報

発明が解決しようとする課題

0005

本発明は、排出コンベアに載せる際に工夫を施し、被結束物同士の間隔をできるだけ長くするようにして結束ミスの復旧を速やかにできるようにしたものである。

課題を解決するための手段

0006

以上の課題の本、本発明は、請求項1に記載した、
集積した線状物を結束テープで結束した結束物を載せて終点である垂直面内で180°折り返して上流側に間欠移動するす搬送バケットと、
折返点で被結束物の外側を略90°に亘ってカバーするガイドと、
下方に回って来た搬送バケットの被結束物を受けて排出側に移動する排出ベルトコンベアと、
ガイドに続いて排出ベルトコンベアの上方に上がって下方に回って来た二つの搬送ベルトの被結束物を受け取るとともに、下方に下がって被結束物を排出ベルトコンベアに移す仲介板と、
仲介板よりも下方に在って下方に回って来た上流側の搬送バケットの被結束物を仲介板が受けたときに更に下方に下がって当該被結束物を排出ベルトコンベア上に移す第一仕切板と、
仲介板よりも下方に在って下方に回って来た下流側の搬送バケットの被結束物を仲介板が受けたときに第一仕切板に遅れて更に下方に下がって当該被結束物を排出ベルトコンベア上に移す第二仕切板と、
からなることを特徴とする結束集積線状物の排出装置
を提供したものである。

発明の効果

0007

請求項1の発明によると、第一仕切板と第二仕切板は時間差をおいて作動するから、この時間差分だけ被結束物は間隔をあけ、結束ミスのときに線状物がバラバラになったときに他の結束物への影響が少ない。このため、復旧作業が速やかに行え、能率テイカ防ぐことができる。

図面の簡単な説明

0008

結束装置の結束部の要部を示す正面図である。
結束装置の結束部の要部を示す側面図である。
結束装置全体の正面図である。
結束装置の排出部の要部を示す正面図である。
結束装置の掴み部の要部を示す平面図である。
結束装置の押上げ部の要部を示す横断面図である。
結束装置の搬送部の横断面図である。
結束装置の結束工程を示す説明図である。
結束装置の結束工程を示す説明図である。
結束装置の排出工程を示す説明図である。

実施例

0009

以下、本発明の実施の形態を結束を含めて図面を参照して説明する。図1は結束装置の要部を示す正面図、図2は側面図、図3は全体の正面図であるが、この結束装置は搬送部1、押上げ部2、掴み部3、結束部4、排出部5等からなる。搬送部1はY形をしたバケット板からなる搬送バケット6を前後に二枚連ねたバケットコンベア主体としており、この搬送バケット6の上流側で計量をした被結束物(線状物)7を載せる(この載せは自動でも手動でもよい)。なお、以下では、搬送バケット6の対向方向を前後方向、搬送方向を左右方向、上下方向を上下方向とする。このバケットコンベアは間欠的に搬送されるようになっている。つまり、結束する間は停止している。

0010

搬送バケット6が停止する特定の位置を結束ステーションとし、ここに押上げ部2が設けられる。つまり、結束ステーションに搬送されて来た被結束物7を同じくY形をしたバケット板からなる押上げバケット8で結束ステーションの上方位置である結束位置まで押し上げる。なお、押上げバケット8は結束ステーションにおける搬送バケット6に沿って上下動可能に設けられるものであるが、図7の横断面図に示されるように中央からやや偏心した位置にも一枚設けられている。結束位置では掴み部3や結束部4が設けられのであるが、図5は掴み部3の要部を示す平面図、図6は横断面図である。

0011

結束位置では、面板9が間に少なくとも後記する結束テープが入る空間が確保されて左右方向に対向して回転可能に設けられており、一方の面板9にはその最上位の位置に下ピン10が突設している。面板9の表面には支持軸11を中心に回動するレバー12が設けられており、レバー12には上ピン13が下ピン10に沿って設けられている。これにより、レバー12を傍に設けられる駆動レバー14で動かせば上ピン13が上昇し、下ピン10から離れるようになっている。なお、レバー12は復帰スプリング15で正規の位置(上ピン13が下ピン10と接触している位置)に復帰するようになっており、駆動レバー14の作用が解放されると、上ピン13は即座に正規位置に復帰する。

0012

面板9が設けられる個所には二つに分割されたチャック16が開閉可能に設けられている。具体的には、チャック16のアーム17は取付軸18を中心に開閉側に回動できるようになっており、アーム17のテール17aに設けられるローラ19は面板9の後方に設けられる押板20の軸21に嵌合されたコーン形カム22に摺接している。これにより、コーン形カム22を前進させればチャック16は開き、後退させれば閉じる。そして、開いたときには被結束物7を受け入れ、閉じたときには全円に閉じて被結束物7を囲包するようにしている。なお、軸21は回転もでき、チャック16のアーム17は軸21に設けられており、軸21が回転すれば、チャック16も回転することになる。

0013

結束部4にはアーム状の部材で結束テープ23の先端を銜えて上ピン13と下ピン10とをわずかに離してその間に送り込む公知の結束テープ送出装置24が設けられている。結束テープ23が送り込まれるとレバー12を戻して(上ピン13を下降させて)上ピン13と下ピン10との間を閉じて結束テープ23を保持する。そして、面板9とともにチャック16を回転させて結束するのであるが、この結束の状況を図7図8に示す工程図で説明する。以下に説明する各部材は一サイクル中に所定のタイミングで動くものであり、それらはリレータイマーマイクロスイッチ等でシーケンスを組んであり、動力ゼネバ機構欠歯歯車、カムと言った機械的機構から流体シリンダ流体モータといった流体圧を利用するものがある。なお、符号は各部材が最初に出て来た図でのみ記載し、その他の図では記載を省略する。

0014

[1]は特定の搬送バケット6が結束ステーションに来たときであり、このとき、押上げバケット8は下がった位置から上がろうとしており、チャック16は閉まろうとしている。[2]は押上げバケット8で被結束物7を結束位置に押し上げているときであり、被結束物7がチャック16の中に入り込むとチャック16は半分閉じて被結束物7を囲包しおり、同時に、レバー12は駆動レバー14の作用で回動しており、上ピン13は下ピン10から離れている。

0015

[3]は結束テープ送出装置24で結束テープ23をアーム状部材で繰り出してを送り出しているときであり、結束テープ23の先端は上ピン13と下ピン10との間に差し込まれる。[4]はレバー12を元に戻し、上ピン13と下ピン10とで結束テープ23を完全に挟んだときであり、このとき、チャック16は円形に閉じ、押上げバケット8は下降している。[5]及び[6]は結束を始めたときであり、面板9、つまり、チャック16が被結束物7もろとも回転し始めており、押上げバケット8は邪魔にならない位置に下がっている。

0016

[7]は面板9が一回転又は二回転以上したときであり、このときも、被結束物7は結束テープ23である程度締められて結束されてチャック16の中で吊り上げられており、押上げバケット8は最下端の位置からやや上昇している状態である。なお、結束位置の上方にはテープ熱シールする同じく公知のシール装置25が上下動可能に設けられており、シール装置25には結束テープ23を切断するカッター26が付設されている。この状態のとき、シール装置25やカッター26は作動し、結束テープ23はシールされ、繰り出し側を切断されている。

0017

[8]は結束テープ23がシール装置25でシールされた後のときであり、シール装置25は上昇して離れており、駆動レバー14がレバー12にわずかに作用して上ピン13が下ピン10からやや離れている。ただ、結束テープ23は両ピン13,10で保持されたままであるから、被結束物7のチャック14内での吊り上げ姿勢は変わらない。しかし、押上げバケット8は正規の位置まで上昇しており、受け入れ態勢は整っている。

0018

[9]はチャック16が開き始め、結束された被結束物7はこれを通過して押上げバケット8に降ろされているときであるが、結束テープ23は上ピン13と下ピン10で挟まれたままであるから、押上げバケット8に移されるのは結束テープ23が上ピン13と下ピン10とから抜き取られなければならない。そこで、両ピン13、10をわずかに開いた状態で上記した押板20で被結束物7を押す押出装置27によって結束テープ23を両ピン13、10から抜き、押上げバケット8に落している。

0019

[10]はチャック16が完全に開き(被結束物7が通過できる)、押上げバケット8は下降して結束された被結束物7は搬送バケット6に再度降ろされようとしているときである。[11]は押上げバケット8が更に下がり、搬送バケット6に結束された被結束物7を移し終えているときである。[12]は搬送バケット6を一ピッチ下流側に移動させ、次の搬送バケット6を結束ステーションに送っているときである。

0020

搬送バケット6からなるバケットコンベアは垂直面内で駆動輪28と従動輪29に搬送バケット6を巻き掛けているものであり、搬送バケット6が移動すると、その終端で180°向きを変えて今度は下向きになって上流側に折り返して移動する。この部分が図4の正面図に示す排出部5であるが、このとき、被結束物7を排出する排出ベルトコンベア30にソフトランディングさせるとともに、結束ミスが生じた場合でも、バラバラになった線状物が結束された被結束物7と重ならないように工夫している。

0021

具体的には、終点の回動部で被結束物7の外側に沿って(被結束物7の外への逃げ規制するため)平板から続く半円形をしたガイド31を設けるのであるが、ガイド31の終端から同じレベルフラットな仲介板32を下流側に延ばし、仲介板32に重合させて共に下流側が高いL字形を上流側の第一仕切板33と下流側の第二仕切板34とを並べて設けるのである。この場合、仲介板31は搬送バケット6の二ピッチ分、第一仕切板33と第二仕切板34とは搬送バケット6の1ピッチ分の長さを有し、それぞれが独立して上下できるようにしている。

0022

このときの動作を図9の工程図で説明するが(符号の省略は上記と同じ)、搬送バケット6の隣り合う二つに載せられた被結束物7を単位として搬送バケットから離れる方向に移動する排出ベルトコンベア30で攫って行くのである。具体的には「5」の状態が最初であり、仲介板32が排出ベルトコンベア30より上に上がっており、この上を搬送バケット6の二つ分の被結束物7が擦るように下流側に搬送されて行く。

0023

搬送バケット6の二つの被結束物7が仲介板32の上に載ると「1」の状態になるのであるが、仲介板32と第一仕切板33とが排出ベルトコンベア30より下がる。すると、上流側の搬送バケット6に載っていた被結束物7が排出ベルトコンベア30の上に載り、排出側に運ばれて行く。次いで「2」の状態になり、第二仕切板34は排出コンベア30よりも下がる。すると、「3」の状態のように下流側の搬送バケット6に載っていた被結束物7が排出ベルトコンベア30の上に落ち、排出側に運ばれて行く。

0024

したがって、最初に排出ベルトコンベア30に載った被結束物7はこの被結束物7に対して十分に間隔をあけて排出側に運ばれて行くようになる。つまり、第一仕切板33と第二仕切板34とを時間差を保って降ろすことにより、排出されて行く被結束物7同士の間隔を開けることができるのである。こうすることで、仮に十分に結束されていないような被結束物7が排出ベルトコンベア30上にバラバラとなって落ちても、その線状物は他の被結束物7の上に被らず、後の処理が簡単になるのである。

0025

最後の被結束物7が搬送バケット6を通りすぎたなら(このとき、二つの搬送バケット6は空になっている)「4」に示す状態のように仲介板31を上に上げ、受け入れ態勢を整えておく。そして、「5」の状態になるまで待つことになる。なお、以上の被結束物7は同じ間隔を保って移出ベルトコンベア30上を流れるように搬送バケット6や排出ベルトコンベア30の速さ及び搬送バケット6のピッチ等が定められるのは当然である。ところで、以上の説明では結束ステーションは一つを想定したが、図3の正面図に示すように搬送バケット6のラインに間をおいて二つ設けるのが効率上適する。

0026

1 搬送部
2 押上げ部
3 掴み部
4結束部
5 排出部
6搬送バケット
7被結束物
8 押上げバケット
9面板
10 下ピン
11支持軸
12レバー
13 上ピン
14駆動レバー
15復帰スプリング
16チャック
17アーム
17a 〃 のテール
18取付軸
19ローラ
20押板
21 軸
22コーン形カム
23結束テープ
24 結束テープ送出装置
25シール装置
26カッター
27押出装置
28駆動輪
29従動輪
30排出ベルトコンベア
31ガイド
32仲介板
33 第一仕切板
34 第二仕切板

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 久米機電工業株式会社の「 搬送機」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】平面状体を搬送させる際に、移動と停止の繰り返しに伴う振動がある場合であっても、大きな加速・減速が加わる場合であっても、搬送子に受入れた平面状体を不揃いにさせにくい搬送機を提供する。【解決手段】... 詳細

  • インターコンチネンタルグレートブランズエルエルシーの「 基材及び可食物へのインクレス印刷」が 公開されました。( 2020/09/17)

    【課題・解決手段】パッケージ(72)にマーキングする方法は、外部刺激に応じて第1の状態から第2の状態に転換可能な添加物を含むパッケージ(72)を提供することと、販売装置(80)を介して上記パッケージを... 詳細

  • マックス株式会社の「 結束機」が 公開されました。( 2020/09/17)

    【課題】一対の送り部材の軸方向の相対位置を規制できるようにした結束機を提供する。【解決手段】鉄筋結束機1Aは、ワイヤを送るワイヤ送り部3Aを備える。ワイヤ送り部3Aは、回転動作でワイヤWを送る第1の送... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ