図面 (/)

この項目の情報は公開日時点(2014年2月3日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (14)

課題

操作の手間を削減できるとともに、印刷物仕上がり状態と同じ画像を表示できる画像表示システムを提供する。

解決手段

この画像表示システム50は、画像形成装置100と、画像形成装置100と接続された電子黒板装置300とを含む。画像形成装置100は、ユーザによる印刷開始の指示を受付けると、原稿画像の画像データを取得して、設定された印刷条件を反映させた態様で画像データの印刷処理を実行する。それとともに、取得した当該画像データに基づいて、設定された印刷条件が反映された表示データを生成し、生成した表示データを電子黒板装置300に送信する。電子黒板装置300は、画像形成装置100から送信される表示データを受信し、受信した表示データが示す画像を表示する。

概要

背景

近年、情報機器の1種として、多くの事業所(会社、事務所等)に画像形成装置(代表的にはコピー機)が導入されている。このような画像形成装置の1つである複合機MFP(Multifunction Peripheral))のように、コピーモード、画像通信モード(代表的にはファクシミリモード)、ネットワーク対応プリントモード、及びスキャナモードのように複数のモードを有するものも多くなってきている。

後掲の特許文献1は、コピーモード及びファクシミリモードを有する画像形成装置を開示する。この画像形成装置は、同一の原稿を1回の読取操作でコピー及びファクシミリ送信を行なうことが可能であり、コピーとファクシミリ送信とを同時に行なうモードを有している。このモードが設定されていると、画像形成装置は、ファクシミリ送信用画像読取を行ない、その後、コピー用の画像読取を行なう。そのため、ユーザは、1回の操作で、コピーとファクシミリ送信とを行なうことができる。

後掲の特許文献2は、スキャナ機能コピー機能ファクシミリ送信機能及びファイル送信機能等の複数の機能を有する画像形成装置を開示する。特許文献2では、スキャナ機能によって原稿画像スキャンし、スキャンした画像データを用いて、スキャン後の処理として、コピー、ファクシミリ送信、電子メール送信、FTP(File Transfer Protocol)及びSMB(Server Message Block)プロトコルによるファイル送信のうち1つ以上の処理を実行する。

また近年、表示装置の1種である、大型の液晶ディスプレイを用いた電子黒板装置も普及しつつある。こうした電子黒板装置(表示装置)は、画像形成装置と接続されて、画像表示システムとして用いられる場合がある。電子黒板装置が画像形成装置と接続されることで、電子黒板装置に表示された画像を、画像形成装置を用いて印刷することができる。また、画像形成装置で取込んだ(スキャンした)原稿画像を画像データとして電子黒板装置に送信し、電子黒板装置に表示させることも可能である。

しかし、例えば会議等で使用する原稿を画像形成装置でコピー印刷するとともに、その原稿の画像(画像データ)を電子黒板装置に送信する場合、従来の画像表示システムでは、コピー印刷をする時にはコピーモードを起動してコピー印刷を実行し、スキャンした画像を送信する時にはスキャン送信モード(原稿画像をスキャンしてその画像を電子黒板装置に送信するモード)を起動して画像データの送信を実行する必要があった。そのため、同じ原稿を2回読取りそれぞれの処理を実行するという作業が発生し、ユーザの手間がかかっていた。

概要

操作の手間を削減できるとともに、印刷物仕上がり状態と同じ画像を表示できる画像表示システムを提供する。この画像表示システム50は、画像形成装置100と、画像形成装置100と接続された電子黒板装置300とを含む。画像形成装置100は、ユーザによる印刷開始の指示を受付けると、原稿画像の画像データを取得して、設定された印刷条件を反映させた態様で画像データの印刷処理を実行する。それとともに、取得した当該画像データに基づいて、設定された印刷条件が反映された表示データを生成し、生成した表示データを電子黒板装置300に送信する。電子黒板装置300は、画像形成装置100から送信される表示データを受信し、受信した表示データが示す画像を表示する。

目的

本発明は、上記のような課題を解決するためになされたものであり、本発明の1つの目的は、操作の手間を削減できるとともに、印刷物の仕上がり状態と同じ画像を表示できる画像表示システム及びその画像表示システムに用いる画像形成装置を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

画像形成装置と、前記画像形成装置と接続された表示装置とを含む画像表示システムであって、前記画像形成装置は、印刷出力を行なう画像データを取得するためのデータ取得手段と、画像データの印刷条件を設定するための設定手段と、ユーザによる印刷開始の指示を受付けるための印刷指示受付手段と、前記印刷指示受付手段が印刷開始の指示を受付けたことに応答して、前記設定手段によって設定された印刷条件を反映させた態様で、前記データ取得手段の取得した前記画像データの印刷処理を実行するための印刷手段と、前記印刷指示受付手段が印刷開始の指示を受付けたことに応答して、前記印刷手段による印刷処理の実行とともに実行され、前記データ取得手段の取得した前記画像データに基づいて、前記設定手段によって設定された印刷条件が反映された表示データを生成し、生成した前記表示データを前記表示装置に送信するための送信手段とを含み、前記表示装置は、前記画像形成装置から送信される前記表示データを受信するための受信手段と、前記受信手段が受信した前記表示データが示す画像を表示するための表示手段とを含む、画像表示システム。

請求項2

前記印刷条件は、画像データの画像形成条件及び画像形成後の処理条件を含み、前記設定手段は、画像データの前記画像形成条件及び画像形成後の前記処理条件を設定するための手段を含む、請求項1に記載の画像表示システム。

請求項3

前記画像データ及び前記画像データに基づいて生成された前記表示データは、複数ページ原稿画像データを含むことがあり、前記表示装置は、前記表示手段へのタッチによる操作を受付けるための操作手段をさらに含み、前記表示手段は、前記操作手段が操作を受付けたことに応答して、前記原稿画像データが示す原稿画像の表示をページ順序にしたがって切替えるためのページ切替手段を含む、請求項1又は請求項2に記載の画像表示システム。

請求項4

前記表示装置は、前記表示手段へのタッチによる描画操作を受付けて描画像を前記表示手段に表示するための描画手段と、前記表示手段に表示された画像を画像データとして記憶するための記憶手段と、前記記憶手段が記憶している画像データを前記画像形成装置に送信するための手段とをさらに含み、前記表示手段は、前記表示データが示す画像とともに描画像を表示するための手段を含み、前記記憶手段は、前記表示データが示す画像及び前記描画像を含む画像を画像データとして記憶するための手段を含み、前記画像形成装置は、前記送信するための手段が送信した前記画像データを受信して、当該画像データの印刷処理を実行するための手段をさらに含む、請求項1又は請求項2に記載の画像表示システム。

請求項5

前記データ取得手段は、原稿画像を読取るための読取手段を含み、前記印刷指示受付手段は、ユーザによるコピー印刷開始の指示を受付けるための手段を含む、請求項1〜請求項4のいずれかに記載の画像表示システム。

請求項6

外部機器としての表示装置に接続される画像形成装置であって、印刷出力を行なう画像データを取得するためのデータ取得手段と、画像データの印刷条件を設定するための設定手段と、ユーザによる印刷開始の指示を受付けるための印刷指示受付手段と、前記印刷指示受付手段が印刷開始の指示を受付けたことに応答して、前記設定手段によって設定された印刷条件を反映させた態様で、前記データ取得手段の取得した前記画像データの印刷処理を実行するための印刷手段と、前記印刷指示受付手段が印刷開始の指示を受付けたことに応答して、前記印刷手段による印刷処理の実行とともに実行され、前記データ取得手段の取得した前記画像データに基づいて、前記設定手段によって設定された印刷条件が反映された表示データを生成し、生成した前記表示データを前記表示装置に送信するための送信手段とを含む、画像形成装置。

技術分野

0001

本発明は、画像表示システム及び画像形成装置に関し、特に、表示装置を備える画像表示システム及びその画像表示システムに用いる画像形成装置に関する。

背景技術

0002

近年、情報機器の1種として、多くの事業所(会社、事務所等)に画像形成装置(代表的にはコピー機)が導入されている。このような画像形成装置の1つである複合機MFP(Multifunction Peripheral))のように、コピーモード、画像通信モード(代表的にはファクシミリモード)、ネットワーク対応プリントモード、及びスキャナモードのように複数のモードを有するものも多くなってきている。

0003

後掲の特許文献1は、コピーモード及びファクシミリモードを有する画像形成装置を開示する。この画像形成装置は、同一の原稿を1回の読取操作でコピー及びファクシミリ送信を行なうことが可能であり、コピーとファクシミリ送信とを同時に行なうモードを有している。このモードが設定されていると、画像形成装置は、ファクシミリ送信用画像読取を行ない、その後、コピー用の画像読取を行なう。そのため、ユーザは、1回の操作で、コピーとファクシミリ送信とを行なうことができる。

0004

後掲の特許文献2は、スキャナ機能コピー機能ファクシミリ送信機能及びファイル送信機能等の複数の機能を有する画像形成装置を開示する。特許文献2では、スキャナ機能によって原稿画像スキャンし、スキャンした画像データを用いて、スキャン後の処理として、コピー、ファクシミリ送信、電子メール送信、FTP(File Transfer Protocol)及びSMB(Server Message Block)プロトコルによるファイル送信のうち1つ以上の処理を実行する。

0005

また近年、表示装置の1種である、大型の液晶ディスプレイを用いた電子黒板装置も普及しつつある。こうした電子黒板装置(表示装置)は、画像形成装置と接続されて、画像表示システムとして用いられる場合がある。電子黒板装置が画像形成装置と接続されることで、電子黒板装置に表示された画像を、画像形成装置を用いて印刷することができる。また、画像形成装置で取込んだ(スキャンした)原稿画像を画像データとして電子黒板装置に送信し、電子黒板装置に表示させることも可能である。

0006

しかし、例えば会議等で使用する原稿を画像形成装置でコピー印刷するとともに、その原稿の画像(画像データ)を電子黒板装置に送信する場合、従来の画像表示システムでは、コピー印刷をする時にはコピーモードを起動してコピー印刷を実行し、スキャンした画像を送信する時にはスキャン送信モード(原稿画像をスキャンしてその画像を電子黒板装置に送信するモード)を起動して画像データの送信を実行する必要があった。そのため、同じ原稿を2回読取りそれぞれの処理を実行するという作業が発生し、ユーザの手間がかかっていた。

先行技術

0007

特開平9−36998号公報
特開2011−97200号公報

発明が解決しようとする課題

0008

特許文献1に記載の画像形成装置は、1回の操作でコピー印刷とファクシミリ送信とを行なうことができるものの、電子黒板装置等の表示装置に画像データを送信するものではないため、電子黒板装置等の表示装置に画像データを送信する必要がある場合には、ユーザの手間を削減できない。

0009

特許文献2に記載の画像形成装置は、スキャン後の処理として、コピー及びファイル送信を行なうことは可能であるが、特許文献2には、電子黒板装置に画像データを送信することについては開示されていない。

0010

さらに、従来の画像表示システムでは、スキャンによって取得した画像データを電子黒板装置に送信するため、電子黒板装置に表示される画像はスキャンによって取得した画像データが示すものとなる。

0011

ここで、会議等で配布するために原稿をコピー印刷する場合、実際にコピー印刷して配布する紙資料印刷物)は、例えば中綴じステープル綴じページ集約等の仕上がり処理を行なった印刷物となることが多い。そのような場合、電子黒板装置に表示される画像がスキャンによって取得した画像データが示すものであると、電子黒板装置に表示される画像と会議等で配布する紙資料との相互関係がわかりにくくなる。その結果、例えば、会議等において電子黒板装置を用いてプレゼンテーションを行なう場合に、配布資料(印刷物)によるスムーズな確認が難しくなるという問題が生じる。

0012

本発明は、上記のような課題を解決するためになされたものであり、本発明の1つの目的は、操作の手間を削減できるとともに、印刷物の仕上がり状態と同じ画像を表示できる画像表示システム及びその画像表示システムに用いる画像形成装置を提供することである。

課題を解決するための手段

0013

上記目的を達成するために、本発明の第1の局面に係る画像表示システムは、画像形成装置と、画像形成装置と接続された表示装置とを含む画像表示システムである。この画像表示システムにおいて、画像形成装置は、印刷出力を行なう画像データを取得するためのデータ取得手段と、画像データの印刷条件を設定するための設定手段と、ユーザによる印刷開始の指示を受付けるための印刷指示受付手段と、印刷指示受付手段が印刷開始の指示を受付けたことに応答して、設定手段によって設定された印刷条件を反映させた態様で、データ取得手段の取得した画像データの印刷処理を実行するための印刷手段と、印刷指示受付手段が印刷開始の指示を受付けたことに応答して、印刷手段による印刷処理の実行とともに実行され、データ取得手段の取得した画像データに基づいて、設定手段によって設定された印刷条件が反映された表示データを生成し、生成した表示データを表示装置に送信するための送信手段とを含む。表示装置は、画像形成装置から送信される表示データを受信するための受信手段と、受信手段が受信した表示データが示す画像を表示するための表示手段とを含む。

0014

画像形成装置は、ユーザによる印刷開始の指示を受付けると、設定された印刷条件を反映させた態様で、取得した画像データの印刷処理を実行するとともに、当該画像データに基づいて、設定された印刷条件が反映された表示データを生成し、生成した表示データを表示装置に送信する。ユーザは、1回の印刷開始の指示により、画像データの印刷と、その画像データに基づいて生成した、印刷条件が反映された表示データの表示装置への送信とを同時にできる。画像形成装置は、取得した画像データを用いて印刷処理の実行を行ない、同じ画像データに基づいて表示データを生成して表示装置に送信できるので、1回の操作で簡単に、印刷処理と表示装置へのデータの送信処理とを実行できる。したがって、ユーザによる操作の手間を削減できる。

0015

印刷手段は、設定された印刷条件を反映させた態様で画像データの印刷処理を実行する。これにより、設定された印刷条件に基づいて仕上がり処理が行なわれた印刷物が得られる。画像形成装置はさらに、印刷処理を行なう画像データに基づいて、設定された印刷条件が反映された表示データを生成し、生成した表示データを表示装置に送信する。表示装置は、画像形成装置から送信される表示データを受信し、受信した表示データが示す画像を表示する。表示データは、設定された印刷条件が反映されているため、表示装置には、印刷処理によって得られた印刷物(設定された印刷条件に基づいて仕上がり処理が行なわれた印刷物)と同じ態様で画像が表示される。すなわち、印刷物の仕上がり状態と同じ状態の画像を表示装置に表示できる。そのため、例えば、会議等において表示装置を用いてプレゼンテーションを行なう場合に、事前に配布した資料(印刷処理によって得られた印刷物)と同じ見せ方で、その資料の画像を表示装置に表示できる。したがって、表示装置に表示される画像と、会議等で配布する紙資料(印刷物)との相互関係がわかり易くなるので、会議等において表示装置を用いてプレゼンテーションを行なう場合に、配布資料(印刷物)によるスムーズな確認を容易にできる。

0016

好ましくは、印刷条件は、画像データの画像形成条件及び画像形成後の処理条件を含み、設定手段は、画像データの画像形成条件及び画像形成後の処理条件を設定するための手段を含む。これにより、画像データの画像形成条件及び画像形成後の処理条件を設定することが可能となるので、所望の仕上がり処理が行なわれた印刷物が得られる。表示装置には、その印刷物の仕上がり状態と同じ状態の画像が表示される。

0017

より好ましくは、画像データ及び画像データに基づいて生成された表示データは、複数ページ原稿画像データを含むことがあり、表示装置は、表示手段へのタッチによる操作を受付けるための操作手段をさらに含み、表示手段は、操作手段が操作を受付けたことに応答して、原稿画像データが示す原稿画像の表示をページ順序にしたがって切替えるためのページ切替手段を含む。

0018

表示装置は、タッチによる操作を受付けると、原稿画像データが示す原稿画像の表示をページ順序にしたがって切替える。そのため、例えば、会議等において表示装置を用いてプレゼンテーションを行なう場合に、配布資料(印刷物)と同じ見せ方で表示装置に画像を表示しながら、プレゼンテーションを行なうことができる。その結果、より分かりやすいプレゼンテーション方法を実現できる。

0019

さらに好ましくは、表示装置は、表示手段へのタッチによる描画操作を受付けて描画像を表示手段に表示するための描画手段と、表示手段に表示された画像を画像データとして記憶するための記憶手段と、記憶手段が記憶している画像データを画像形成装置に送信するための手段とをさらに含み、表示手段は、表示データが示す画像とともに描画像を表示するための手段を含み、記憶手段は、表示データが示す画像及び描画像を含む画像を画像データとして記憶するための手段を含み、画像形成装置は、送信するための手段が送信した画像データを受信して、当該画像データの印刷処理を実行するための手段をさらに含む。

0020

表示装置は、タッチによる描画操作を受付けて描画像を表示する。そのため、表示データが示す画像に、ユーザによる描画操作によって文字等を描画できる。さらに、表示データが示す画像に文字等が描画された画像を画像データとして記憶し、その画像データを画像形成装置に送信できる。画像形成装置は、表示装置から送信された画像データを受信すると、その画像データの印刷処理を実行する。そのため、例えば、会議等において表示装置を用いてプレゼンテーションを行なう場合に、画像データを印刷した印刷物を、その会議の出席者等に議事録として配布できる。

0021

さらに好ましくは、データ取得手段は、原稿画像を読取るための読取手段を含み、印刷指示受付手段は、ユーザによるコピー印刷開始の指示を受付けるための手段を含む。

0022

ユーザによるコピー印刷開始の指示を受付けると、画像形成装置は原稿画像を読取り、その原稿画像の画像データを取得し、設定された印刷条件を反映させた態様で、取得した画像データの印刷処理を実行する。それと同時に、当該画像データに基づいて、設定された印刷条件が反映された表示データを生成し、生成した表示データを表示装置に送信する。ユーザは、1回のコピー印刷開始の指示により、画像データのコピー印刷と、その画像データに基づいて生成した、印刷条件が反映された表示データの表示装置への送信とを同時にできる。

0023

本発明の第2の局面に係る画像形成装置は、外部機器としての表示装置に接続される画像形成装置である。この画像形成装置は、印刷出力を行なう画像データを取得するためのデータ取得手段と、画像データの印刷条件を設定するための設定手段と、ユーザによる印刷開始の指示を受付けるための印刷指示受付手段と、印刷指示受付手段が印刷開始の指示を受付けたことに応答して、設定手段によって設定された印刷条件を反映させた態様で、データ取得手段の取得した画像データの印刷処理を実行するための印刷手段と、印刷指示受付手段が印刷開始の指示を受付けたことに応答して、印刷手段による印刷処理の実行とともに実行され、データ取得手段の取得した画像データに基づいて、設定手段によって設定された印刷条件が反映された表示データを生成し、生成した表示データを表示装置に送信するための送信手段とを含む。

0024

画像形成装置は、ユーザによる印刷開始の指示を受付けると、設定された印刷条件を反映させた態様で、取得した画像データの印刷処理を実行するとともに、当該画像データに基づいて、設定された印刷条件が反映された表示データを生成し、生成した表示データを表示装置に送信する。ユーザは、1回の印刷開始の指示により、画像データの印刷と、その画像データに基づいて生成した、印刷条件が反映された表示データの表示装置への送信とを同時にできる。画像形成装置は、取得した画像データを用いて印刷処理の実行を行ない、同じ画像データに基づいて表示データを生成して表示装置に送信できるので、1回の操作で簡単に、印刷処理と表示装置へのデータの送信処理とを実行できる。したがって、ユーザによる操作の手間を削減できる。

0025

印刷手段は、設定された印刷条件を反映させた態様で画像データの印刷処理を実行する。これにより、設定された印刷条件に基づいて仕上がり処理が行なわれた印刷物が得られる。画像形成装置はさらに、印刷処理を行なう画像データに基づいて、設定された印刷条件が反映された表示データを生成し、生成した表示データを表示装置に送信する。画像形成装置と接続される表示装置は、受信した表示データが示す画像を表示する。表示データは、設定された印刷条件が反映されているため、表示装置には、印刷処理によって得られた印刷物(設定された印刷条件に基づいて仕上がり処理が行なわれた印刷物)と同じ態様で画像が表示される。すなわち、印刷物の仕上がり状態と同じ画像を表示装置に表示できる。そのため、例えば、会議等において表示装置を用いてプレゼンテーションを行なう場合に、事前に配布した資料(印刷処理によって得られた印刷物)と同じ見せ方で、その資料の画像を表示装置に表示できる。したがって、表示装置に表示される画像と、会議等で配布する紙資料(印刷物)との相互関係がわかり易くなるので、会議等において表示装置を用いてプレゼンテーションを行なう場合に、配布資料(印刷物)によるスムーズな確認を容易にできる。

発明の効果

0026

上より、本発明によれば、操作の手間を削減できるとともに、印刷物の仕上がり状態と同じ画像を表示できる画像表示システム及びその画像表示システムに用いる画像形成装置を容易に得ることができる。

図面の簡単な説明

0027

本発明の第1の実施の形態に係る画像表示システムの全体構成を示す図である。
本発明の第1の実施の形態に係る画像表示システムの全体構成を示す図である。
図1及び図2に示す電子黒板装置の表示部に表示される画面例を示す図である。
図1及び図2に示す画像形成装置の操作パネルに表示される画面例を示す図である。
図1及び図2に示す画像形成装置のハードウェア構成を示す制御ブロック図である。
図1及び図2に示す画像形成装置の表示データ生成部で生成される表示データのデータ構造の一例を示す図である。
図1及び図2に示す画像形成装置の表示データ生成部で生成される表示データのデータ構造の一例を示す図である。
図1及び図2に示す電子黒板装置のハードウェア構成を示す制御ブロック図である。
図1及び図2に示す画像形成装置で実行されるプログラム制御構造を示すフローチャートである。
図1及び図2に示す電子黒板装置で実行されるプログラムの制御構造を示すフローチャートである。
本発明の第1の実施の形態に係る画像表示システムの利用例を示す図(画像形成装置から電子黒板装置にデータを送信した後の電子黒板装置での表示及び編集を示す図)である。
本発明の第1の実施の形態に係る画像表示システムの他の利用例を示す図(画像形成装置から電子黒板装置にデータを送信した後の電子黒板装置での表示及び編集を示す図)である。
本発明の第3の実施の形態に係る電子黒板装置で実行されるプログラムの制御構造を示すフローチャートである。

実施例

0028

以下の実施の形態では、同一の部品には同一の参照番号を付してある。それらの機能及び名称も同一である。したがって、それらについての詳細な説明は繰返さない。

0029

(第1の実施の形態)
[全体システム構成
図1を参照して、本実施の形態に係る画像表示システム50の全体構成について説明する。本画像表示システム50は、画像形成装置100と、表示装置の1種である電子黒板装置300とを含む。画像形成装置100及び電子黒板装置300は、LAN(Local Area Network)回線等からなるネットワーク600を介して互いに接続され、画像データを含む各種データを相互に送受できる。

0030

画像形成装置100は、例えば、コピー機能、スキャナ機能、及び、ファクシミリ(以下「FAX」と記す場合がある。)機能等の複数の機能(モード)を備えるMFP(デジタル複合機)である。画像形成装置100において、ユーザによって、コピーモード、スキャナモード及びFAXモード等を含む各種動作モードのうちのいずれかが選択されると、選択された動作モードに対応する各種処理が実行可能になる。なお、この画像形成装置100は、レーザー光露光に利用する、所謂レーザー方式電子写真方式)の印刷機能を備える。しかし、他の形式の印刷機能を備えたものであってもよい。

0031

画像形成装置100はまた、中綴じ印刷、ページ集約印刷、両面印刷等のレイアウト変更処理を行なう機能、並びに、ブック綴じ(中綴じステープル)及びステープル綴じ等の後処理を行なう機能等を備える。さらに、画像形成装置100は、印刷出力した印刷物の縦向き/横向きの変更を行なう機能も備える。

0032

中綴じ印刷は、例えば二つ折りにすると中綴じの冊子になるように自動的にページ振分け、用紙の表裏に印刷する機能である。ページ集約機能は、複数枚の原稿を1枚におさめて出力する機能である。ページ集約には、例えば、2枚の原稿を1枚に集約して出力する「2in1」、4枚の原稿を1枚に集約して出力する「4in1」等がある。ブック綴じ及びステープル綴じは、印刷後の用紙をステープルで綴じる後処理である。

0033

画像形成装置100は、コピーモードにおいて、コピー印刷の印刷条件を設定(コピー設定)することが可能に構成されている。設定可能な印刷条件は、例えば、画像データの画像形成条件及び画像形成後の処理条件等である。画像データの画像形成条件には、上記した、中綴じ印刷、ページ集約印刷及び両面印刷等のレイアウト変更に関する処理条件が含まれる。画像形成後の処理条件には、上記した、ブック綴じ(中綴じステープル)及びステープル綴じ等の後処理条件が含まれる。このように、画像形成装置100は、コピー印刷において、所望の仕上がり処理を設定することが可能に構成されている。

0034

画像形成装置100はさらに、コピー印刷の際に読取った原稿画像のデータをコピー印刷と同時に電子黒板装置300に送信する機能(以下「同時送信機能」と記す。)を有する。この機能は、図4に示すコピー基本画面200の初期画面において、印刷と同時にデータを電子黒板装置に送信するためのキー(以下「同時送信キー」と記す。)232を操作することにより使用可能に設定できる。コピー基本画面200の初期画面は、コピーモードが選択された場合に後述する操作パネル180(図5参照)のタッチパネルディスプレイ182に表示される。なお、「コピー印刷と同時」とは、厳密な意味においてコピー印刷と同時である必要はなく、コピー印刷時にデータを電子黒板装置300に送信する構成であればよい。

0035

図4を参照して、コピー基本画面200の初期画面において、機能選択領域210には、コピーモードにおける各種機能の設定変更を行なうための各種設定キーが表示される。本実施の形態では、各種設定キーとして、カラーモードを切替えるためのキー210a、原稿のサイズ等を変更するためのキー210b、使用する記録用紙のサイズ等を変更するためのキー210c、両面コピー機能を設定するためのキー210d、コピー倍率を変更するためのキー210e、コピー濃度を変更するためのキー210f、及び、仕上げ機能を設定するためのキー210gが表示される。仕上げ機能を設定するためのキー210gが操作されると、ブック綴じ及びステープル綴じ等の後処理を設定できる。

0036

機能選択領域210において、各種設定キー210a〜210gの下方には、各種設定キー210a〜210gの表示スタイルを変更するための変更キー212,214、及び、各種設定キー210a〜210gでは設定変更不可能な他の機能の一覧を表示させるためのキー216が表示される。キー216の操作により、例えば、中綴じ印刷、ページ集約印刷、両面印刷等のレイアウトの変更処理等を設定できる。

0037

プレビュー領域220には、コピー部数を入力するための仮想テンキー250が表示される。仮想テンキー250は、0〜9までの数字キー252及びクリア(C)キー254を含む。

0038

アクションパネル領域230には、コピーモードにおけるおすすめ機能を実行するための各種実行キーが表示される。おすすめ機能とは、ユーザによって選択された機能に対して過去に組合せて選択されたことのある機能である。このアクションパネル領域230には、上記した同時送信キー232が表示されており、このキー232を操作することにより、上記した同時送信機能を設定できる。

0039

タスクトリガー領域240には、プレビューキー242、リセットキー244、モノクロスタートキー246、及び、カラースタートキー248等が表示される。

0040

電子黒板装置300は、大型の液晶ディスプレイを用いた表示入力装置(BIGPAD(登録商標))である。この電子黒板装置300は、種々のアプリケーションソフトを起動することが可能であり、起動したアプリケーションソフトに対応した機能を実現する。アプリケーションソフトは、電子黒板装置300の主要な機能である、タッチペン500(図3参照)による描画(手書き入力)を実現するペンソフトを含む。

0041

図1及び図2を参照して、本画像表示システム50では、同時送信キー232が操作されることによって同時送信機能が使用可能に設定されていると、コピー印刷の際に読取った原稿画像のデータをコピー印刷と同時に電子黒板装置300に送信する。このとき、コピー設定として、中綴じ印刷、ページ集約印刷、両面印刷等のレイアウトの変更処理、並びに、ブック綴じ(中綴じステープル)及びステープル綴じ等の後処理等のいずれかが設定されていると、画像形成装置100は、コピー印刷の際に読取った画像データに基づいて、設定されている処理が反映された表示データを生成(表示データに変換)し、生成した表示データを電子黒板装置300に送信する。

0042

図3を参照して、電子黒板装置300は、画像形成装置100から同時送信された表示データを受信し、受信した表示データが示す画像を画面に表示できる。表示データが示す画像には、画像形成装置100においてコピー設定された処理が反映されている。例えば、コピー設定として、ステープル綴じの後処理が設定されている場合には、電子黒板装置300には、ステープルで綴じられたイメージの原稿画像が表示される。すなわち、電子黒板装置300には、コピー印刷によって得られる印刷物(印刷条件が設定されている場合には、設定された印刷条件に基づいて処理が行なわれた印刷物)と同じ態様で画像が表示される。

0043

電子黒板装置300は、後述するように、タッチパネル機能を有しており、タッチジェスチャー操作(例えば、フリック操作)によって原稿画像の表示をページ順序にしたがって切替えることが可能である。すなわち、電子黒板装置300の画面を、例えば、原稿画像(ページ)を移動させたい方向に指等で軽くはじくようにタッチジェスチャー操作(フリック)すると、原稿画像(ページ)の表示が移動する。原稿画像が両面印刷されている場合、ユーザがタッチ操作を行なうと、電子黒板装置300は、表面側の原稿画像から裏面側の原稿画像に表示を切替える。

0044

[ハードウェア構成]
《画像形成装置100》
図5を参照して、画像形成装置100は、制御部110、スキャナ部120、画像処理部130、画像形成部140、表示データ生成部150、FAX通信部160、ネットワークインターフェイス(以下「ネットワークI/F」と記す。)170、操作パネル180及び後処理部190を含む。

0045

制御部110は、実質的にコンピュータであって、CPU(Central Processing Unit)112、ROM(Read Only Memory)114、RAM(Random Access Memory)116及びHDD(Hard Disk Drive)118を含む。CPU112には、BUSライン192が接続されており、このBUSライン192には、ROM114、RAM116及びHDD118が電気的に接続される。CPU112は、操作パネル180等からの指示に応じて各種コンピュータプログラムを実行することによって、画像形成装置100の各部の動作及び情報処理装置(図示せず。)等の外部機器との通信等の所望の処理を実行する。上記の各種コンピュータプログラムは、予めROM114又はHDD118に記憶されており、所望の処理の実行時において、当該ROM114又はHDD118から読出されてRAM116に転送される。CPU112は、CPU112内の図示しないプログラムカウンタと呼ばれるレジスタに格納された値によって指定される、RAM116内のアドレスからプログラムの命令読出し解釈する。CPU112はまた、読出された命令によって指定されるアドレスから演算に必要なデータを読出し、そのデータに対し命令に対応する演算を実行する。実行の結果も、RAM116、HDD118及びCPU112内のレジスタ等の、命令によって指定されるアドレスに格納される。

0046

HDD118には、画像形成装置100の一般的な動作を実現するためのコンピュータプログラムが記憶される。このコンピュータプログラムは、ネットワーク600及びネットワークI/F170を介して、情報処理装置等から提供される。なお、このコンピュータプログラムは、そのコンピュータプログラムが記録された、例えばDVD等の記憶媒体によって提供されてもよい。すなわち、コンピュータプログラムの記録媒体としてのDVDが、画像形成装置100内に内蔵されるDVDドライブ(図示せず。)に装着され、そのDVDからコンピュータプログラムが読出されてHDD118にインストールされてもよい。HDD118は、他に、画像データ等を含む各種データを記憶する。

0047

BUSライン192には、さらに、スキャナ部120、画像処理部130、画像形成部140、表示データ生成部150、FAX通信部160、ネットワークI/F170、操作パネル180及び後処理部190が電気的に接続される。

0048

スキャナ部120は、原稿検知センサ及びCCD(Charge−Coupled Device)ラインセンサ(以上いずれも図示せず。)を含む。原稿検知センサは、ユーザによって手動で、又は、自動原稿搬送装置(図示せず。)によって、原稿載置台(図示せず。)上に載置された原稿の画像表面に対し光源(図示せず。)から光りを照射することによって得られる反射光像CCDラインセンサ上に結像させる。CCDラインセンサは、結像された反射光像を順次光電変換して画像データとして画像処理部130に対して出力する。すなわち、スキャナ部120は、原稿のコピー時又はスキャン時に、原稿載置台に載置される原稿から原稿検知センサによって画像情報を読取り、読取った画像情報をCCDラインセンサによって電気信号に変換して画像データとして画像処理部130に対して出力する。

0049

画像処理部130は、MPU(Micro Processing Unit、図示せず。)を含む。画像処理部130は、スキャナ部120、又は、情報処理装置等から受信した画像データに対して、例えば、ラスタライズ処理等の所定の画像処理を含む各種処理を施して所定の階調の印刷データを作成し、画像形成部140に対して出力する。

0050

画像形成部140は、画像データによって示される画像を記録用紙に印刷するものであって、例えば、感光体ドラム帯電装置レーザースキャンユニット(LSU)、現像装置転写装置クリーニング装置定着装置、及び除電装置等を備えている。画像形成部140には、例えば、搬送路が設けられており、給紙部(図示せず。)から給紙されてきた記録用紙が搬送路に沿って搬送される。給紙部は、用紙カセット(図示せず。)に収納された記録用紙、又は手差トレイに載置された記録用紙を1枚ずつ引出して記録用紙を画像形成部140の搬送路へと送り出す。画像形成部140の搬送路に沿って記録用紙が搬送されている途中で、記録用紙が感光体ドラムと転写装置との間を通過し、さらに定着装置を通過して、記録用紙に対する印刷が行なわれる。

0051

感光体ドラムは、一方向に回転し、その表面は、クリーニング装置と除電装置によりクリーニングされた後、帯電装置により均一に帯電される。レーザースキャンユニットは、印刷対象の画像データに基づいてレーザー光を変調し、このレーザー光によって感光体ドラムの表面を主走査方向に繰返し走査して、静電潜像を感光体ドラムの表面に形成する。現像装置は、トナーを感光体ドラムの表面に供給して静電潜像を現像し、トナー像を感光体ドラムの表面に形成する。転写装置は、転写装置と感光体ドラムとの間を通過していく記録用紙に感光体ドラムの表面のトナー像を転写する。

0052

定着装置は、記録用紙を加熱するための加熱ローラと、記録用紙を加圧するための加圧ローラとを含む。記録用紙は、加熱ローラによって加熱され、かつ、加圧ローラによって加圧されることによって、記録用紙上に転写されたトナー像が記録用紙に定着される。定着装置から排出された(印刷された)記録用紙は、排紙トレイに排出される。

0053

表示データ生成部150は、上記同時送信機能が使用可能に設定されており、かつ、コピー設定によって印刷条件が設定されている場合に、コピー印刷の際に読取った画像データに基づいて、設定されている処理が反映された表示データを生成(表示データに変換)する。表示データ生成部150はまた、制御部110の制御にしたがって、生成した表示データを接続されている電子黒板装置300に送信する。上記同時送信機能が使用可能に設定されている一方、印刷条件が設定されていない場合は、コピー印刷の際に読取った画像データが電子黒板装置300に送信される。

0054

図6及び図7を参照して、表示データ生成部150が生成する表示データのデータ構造について説明する。図6には、表示データの一例として、5ページの原稿をスキャンし、取得した元画像データを両面印刷して送信する場合の表示データのデータ形成が示されている。図7には、表示データの一例として、5ページの原稿をスキャンし、取得した元画像データをページ集約印刷(2in1(2up)印刷)して送信する場合の表示データのデータ形式が示されている。

0055

図6を参照して、元画像データを両面印刷して送信する場合、表示データ生成部150は取得した元画像データに基づいてページヘッダ(ページNo.及びページ属性(表面又裏面))が付されたデータ形成の表示データを生成する。

0056

図7を参照して、元画像データをページ集約印刷して送信する場合、表示データ生成部150は取得した元画像データに基づいて1ページに元画像データの2ページ分のデータが集約されたデータ形成の表示データを生成する。この場合、表示データの3ページ目には、元画像データの5ページ目の画像データの次に白紙の画像データが挿入される。すなわち、奇数ページの元画像データを2in1(2up)印刷して送信する場合は、生成された表示データの最終ページに白紙の画像データが挿入される。

0057

再び図5を参照して、ネットワークI/F170は、ネットワーク600とのインターフェイスをとる。画像形成装置100は、このネットワークI/F170を介して、ネットワーク600上の情報処理装置等と、所定の通信プロトコルに従ったデータ通信を行なうことができる。画像形成装置100は、ネットワークI/F170を介して、情報処理装置から印刷ジョブ等の各種処理の実行を命令する命令信号を受信することができる。

0058

FAX通信部160は、公衆回線700への接続を提供する。FAX通信部160はまた、公衆回線700を介して画像データの送受信を行なう。

0059

操作パネル180は、タッチパネルディスプレイ182を含む。タッチパネルディスプレイ182は、表示パネル184と、タッチパネル186とが重ねて構成されるタッチパネル一体型液晶表示装置である。表示パネル184は、画像形成装置100の状態及び各種処理の状態に関する情報等の各種情報をユーザに提供する。このタッチパネルディスプレイ182はまた、ユーザに対して対話的操作インターフェイスを提供する。この対話的な操作インターフェイスは、タッチパネル186から画像形成装置100全体の動作に対するユーザの指示を受付け、その指示の内容を表示パネル184に表示するとともに、その指示に応じた制御信号を制御部110又は画像処理部130のMPUに対して出力する。

0060

後処理部190は、コピー印刷が終了した用紙に対して、ブック綴じ(中綴じステープル)及びステープル綴じ等の後処理を実行する。

0061

《電子黒板装置300》
図8を参照して、電子黒板装置300は、大画面のタッチパネルディスプレイ310と、コンピュータからなる制御装置350とを含む。

0062

制御装置350は、所定のプログラムを実行することにより、電子黒板装置300の全体の制御を実現するためのCPU352と、電子黒板装置300の電源投入されたときにCPU352が読出すプログラムを記憶する読出専用メモリ(ROM)354と、CPU352が作業用メモリとして使用するランダムアクセスメモリ(RAM)356と、電子黒板装置300の電源が切断されたときに記録を保持することが可能な記録部358と、タッチパネルディスプレイ310(後述する入力検知装置330)から得た情報(座標データ)をもとに、処理内容を決定する入力処理部360と、CPU352の制御にしたがってタッチパネルディスプレイ310による画像の表示を制御する表示制御部362と、タッチパネルディスプレイ310に表示させる画像を保持するビデオメモリビデオRAM)364と、電子黒板装置300に対してネットワーク600との接続を提供するネットワーク装置366と、これらを互いに接続し、相互の間のデータ及び制御信号の通信を可能にするバス368とを含む。

0063

ROM354は、電子黒板装置300の電源投入時にCPU352が実行し、電子黒板装置300が所定の動作をするように電子黒板装置300の全体を設定するためのプログラム及びデータを記憶している。電子黒板装置300の動作を実現するためのプログラムもROM354に記憶されている。記録部358は、通電遮断された場合にもデータを保持する不揮発性記憶装置であり、例えば、ハードディスクドライブ又はフラッシュメモリ等である。記録部358は電子黒板装置300に対して着脱可能でもよい。記録部358は、CPU352が実行するプログラムの一部を記憶することもできる。CPU352は、通常動作時には、バス368を介してROM354又は記録部358からプログラムをRAM356上にロードし、図示しないプログラムカウンタにより指定されるアドレスから命令を順次読出して実行する。CPU352は、ROM354及び記録部358に格納されているプログラムにしたがって電子黒板装置300を構成する各部の制御を行なう。

0064

さらに、記録部358は、CPU352の制御の下で、タッチパネルディスプレイ310に表示された画像を画像データとして記憶する。この画像データは、印刷用の画像データとして用いることができる。すなわち、記録部358に記憶されている画像データを画像形成装置100に送信することによって、送信した画像データの印刷を行なうことができる。なお、タッチパネルディスプレイ310に、表示データが示す画像とタッチペン500による描画像とが表示されている場合には、表示データが示す画像及びその描画像を含む画像を画像データとして記憶できる。

0065

ネットワーク装置366は、CPU352の制御の下で、ネットワーク600に接続された画像形成装置100等との間で画像データを送受信する。ネットワーク装置366を介して電子黒板装置300が外部から受信した画像データは、RAM356又は記録部358に記録される。画像形成装置100から受信した表示データも、RAM356又は記録部358に記録される。なお、画像形成装置100から送信されたデータ(表示データ及び画像データ等)は、RAM356又は記録部358の受付フォルダ内に登録される。

0066

タッチパネルディスプレイ310は、所定の表示面上に画像を表示する表示部322を含む表示出力装置320と、表示部322の画像の表示面のどの位置がユーザによりタッチされたかを所定時間ごとに検出し、その位置の位置座標を制御装置350に対して出力する入力検知装置330とを含む。入力検知装置330は、タッチがあったことを検出し、検出があったことを示す信号を出力する機能と、そのときのタッチ位置を示す座標データを出力する機能とを持つ。

0067

表示部322はフルカラー表示が可能な液晶表示パネル等の表示パネルであり、表示制御部362の制御の下で表示面上に、ビデオRAM364に記憶された画像を表示する。表示制御部362は、表示部322を駆動するための駆動部を備え、ビデオRAM364に記憶された画像データを所定のタイミングで読出し、表示部322に画像を表示させるための信号を表示部322に出力する。表示される画像データは、CPU352がRAM356上の情報及び記録部358に記録された情報から生成し、ビデオRAM364上の各表示画素に対応するアドレスに伝送する。

0068

入力検知装置330は、ユーザによるタッチ操作を検出する接触感知部332と、接触感知部332を制御するマイクロコンピュータ334とを含む。マイクロコンピュータ334は、CPU334aと、接触感知部332で検出した情報(座標データ)を外部(入力処理部360)に出力する外部出力部334bとを含む。

0069

電子黒板装置300は、種々のアプリケーションソフトを起動することが可能であり、起動したアプリケーションソフトに対応した機能を実現する。アプリケーションソフトは、電子黒板装置300の主要な機能である、タッチペン500による描画を実現するペンソフトを含む。

0070

ペンソフトが起動されると、表示部322には、図3に示すような画面400が表示される。タッチパネルディスプレイ310の表示面は、ユーザによる描画が可能な描画領域410と、ユーザが利用する機能を指定するための機能ボタン領域420とに区分されている。描画領域410には、ユーザがタッチ操作によって描画できる。タッチされた点のXY座標が、入力検知装置330により所定の周期ごとに検出され、制御装置350に伝送される。制御装置350(CPU352)は、受信した座標データに応じて、ビデオRAM364に対応してRAM356に設けられた領域上の、検出された位置に対応するメモリアドレス所定値書込む。ビデオRAM364上にこれら検出された画像データを記録してもよいが、ここでは、ビデオRAM364の画像データを記憶する領域とは別に、RAM356に、描画データを記憶する領域が設けられていることを想定する。

0071

機能ボタン領域420には、複数の機能ボタンが表示されている。機能ボタンに割当てられる機能は、例えば、タッチ操作による描画機能(ペンの種類を選択可能)、保存されているファイル(画像データ)を開く機能、所定領域の描画を削除する消しゴム機能、RAM356又は記録部358に記憶されている画像データ及び表示データ等を表示する機能、表示されている画像データを保存する機能、表示されている画像データを印刷する機能等である。各機能ボタンは、アイコンとして表示される。例えば、ペンボタン422〜426のいずれかを選択することにより、描画領域410に描画を行なうことが可能となる。選択しているペンボタンを再度タッチすると、描画の線の太さ及び線の色を変更するパレットが表示される。パレット内に表示される線の太さ及び色を選択することにより、描画する線の太さ及び線の色が変更される。さらに、データ取込ボタン428を選択することにより、受付フォルダ内に登録された表示データ又は画像データが取込まれて、表示データが示す画像が表示される。

0072

このように、ペンソフトでは、受信した画像データが示す画像を描画領域410に表示することが可能であり、表示された画像に描画することも可能である。

0073

ソフトウェア構成
図9を参照して、本実施の形態に係る画像表示システム50において、画像形成装置100で実行されるコンピュータプログラムの制御構造について説明する。このプログラムは、コピーモードが選択されることによって起動される。以下では、コピー印刷の印刷条件の設定例として、ページ集約及び中綴じステープルが設定可能な場合について説明する。

0074

このプログラムは、コピーモードを起動するステップS1000と、ステップS1000の後に実行され、同時送信キー232(図4参照)が操作されたことによって同時送信機能が設定されているか否かを判定し、判定結果に応じて制御の流れを分岐させるステップS1010と、ステップS1010において、同時送信機能が設定されていると判定された場合に実行され、同時送信の設定をONにするステップS1020と、ステップS1020の後に実行され、ページ集約が設定されているか否かを判定し、判定結果に応じて制御の流れを分岐させるステップS1030と、ステップS1030において、ページ集約が設定されていると判定された場合に実行され、コピー印刷時の印刷条件をページ集約レイアウトに変更するステップS1040とを含む。

0075

このプログラムはさらに、ステップS1030において、ページ集約が設定されていないと判定された場合、及び、ステップS1040の後に実行され、中綴じステープルが設定されているか否かを判定し、判定結果に応じて制御の流れを分岐させるステップS1050と、ステップS1050において、中綴じステープルが設定されていると判定された場合に実行され、コピー印刷時の印刷条件を中綴じレイアウト及びステープル綴じ有りに変更するステップS1060と、ステップS1050において、中綴じステープルが設定されていないと判定された場合、及び、ステップS1060の後に実行され、コピー印刷開始の指示(コピースタート)がされたか否かを判定し、判定結果に応じて制御の流れを分岐させるステップS1070とを含む。ステップS1070では、図4に示す、モノクロスタートキー246又はカラースタートキー248が操作されたか否かを判定する。ステップS1070において、コピー印刷開始の指示がされていないと判定された場合は、制御はステップS1010に戻る。

0076

このプログラムはさらに、ステップS1070において、コピー印刷開始の指示がされたと判定された場合に実行され、スキャナ部120(図5参照)によって原稿を読取り、それによって取得した画像データの印刷処理を実行するステップS1080と、ステップS1080の後に実行され、読取った画像データ(原稿データ)を電子黒板装置300に送信してこのプログラムを終了するステップS1090とを含む。

0077

ステップS1080において、ページ集約及び中綴じステープルの少なくとも一方が設定されている場合は、設定された印刷条件を反映させた態様で画像データの印刷処理を実行する。これにより、設定された印刷条件に基づいて仕上がり処理が行なわれた印刷物が得られる。ステップS1080において、ページ集約及び中綴じステープルのいずれも設定されていない場合は、そういった処理を行なわずに読取った画像データの印刷処理を実行する。

0078

ステップS1090において、ページ集約及び中綴じステープルの少なくとも一方が設定されている場合は、コピー印刷の際に読取った画像データに基づいて、設定されている処理が反映された表示データを生成し、生成した表示データ(原稿データ)を電子黒板装置300に送信する。ステップS1090において、ページ集約及び中綴じステープルのいずれも設定されていない場合は、コピー印刷の際に読取った画像データ(原稿データ)を電子黒板装置300に送信する。

0079

このプログラムはさらに、ステップS1010において、同時送信機能が設定されていないと判定された場合に実行され、ページ集約が設定されているか否かを判定し、判定結果に応じて制御の流れを分岐させるステップS1100と、ステップS1100において、ページ集約が設定されていると判定された場合に実行され、コピー印刷時の印刷条件をページ集約レイアウトに変更するステップS1110と、ステップS1100において、ページ集約が設定されていないと判定された場合、及び、ステップS1110の後に実行され、中綴じステープルが設定されているか否かを判定し、判定結果に応じて制御の流れを分岐させるステップS1120と、ステップS1120において、中綴じステープルが設定されていると判定された場合に実行され、コピー印刷時の印刷条件を中綴じレイアウト及びステープル綴じ有りに変更するステップS1130と、ステップS1120において、中綴じステープルが設定されていないと判定された場合、及び、ステップS1130の後に実行され、コピー印刷開始の指示(コピースタート)がされたか否かを判定し、判定結果に応じて制御の流れを分岐させるステップS1140とを含む。ステップS1140において、コピー印刷開始の指示がされていないと判定された場合は、制御はステップS1010に戻る。

0080

このプログラムはさらに、ステップS1140において、コピー印刷開始の指示がされたと判定された場合に実行され、スキャナ部120(図5参照)によって原稿を読取り、それによって取得した画像データの印刷処理を実行し、このプログラムを終了するステップS1150を含む。

0081

ステップS1150において、ページ集約及び中綴じステープルの少なくとも一方が設定されている場合は、設定された印刷条件を反映させた態様で画像データの印刷処理を実行する。これにより、設定された印刷条件に基づいて仕上がり処理が行なわれた印刷物が得られる。ステップS1150において、ページ集約及び中綴じステープルのいずれも設定されていない場合は、そういった処理を行なわずに、読取った画像データの印刷処理を実行する。

0082

図10を参照して、本実施の形態に係る画像表示システム50において、電子黒板装置300で実行されるコンピュータプログラムの制御構造について説明する。このプログラムは、ペンソフトが起動されることによって起動される。

0083

このプログラムは、画像形成装置100からのデータを受信したか否かを判定し、判定結果に応じて制御の流れを分岐させるステップS2000と、ステップS2000において、画像形成装置100からのデータを受信したと判定された場合に実行され、データ取込操作がされたか否かを判定し、判定結果に応じて制御の流れを分岐させるステップS2010と、ステップS2010において、データ取込操作がされたと判定された場合に実行され、受信したデータを取込んでタッチパネルディスプレイ310に表示し、受付フォルダ内のデータを削除するステップS2020とを含む。

0084

ステップS2000では、電子黒板装置300は、受付フォルダ内にデータが登録されているか否かを判定する。電子黒板装置300は、受付フォルダ内にデータが登録されている場合は、画像形成装置100からのデータを受信したと判定し、受付フォルダ内にデータが登録されていない場合は、画像形成装置100からのデータを受信していないと判定する。

0085

ステップS2010では、電子黒板装置300は、データ取込ボタン428(図3参照)がユーザによって選択(タッチ操作)されたか否かを判定する。電子黒板装置300は、データ取込ボタン428が選択された場合は、データ取込操作がされたと判定し、データ取込ボタン428が選択されていない場合は、データ取込操作がされていないと判定する。

0086

このプログラムはさらに、ステップS2000において、画像形成装置100からのデータを受信していないと判定された場合、ステップS2010において、データ取込操作がされていないと判定された場合、及び、ステップS2020の後に実行され、編集操作がされたか否かを判定し、判定結果に応じて制御の流れを分岐させるステップS2030と、ステップS2030において、編集操作がされたと判定された場合に実行され、当該操作に基づく編集処理を実行するステップS2040と、ステップS2030において、編集操作がされていないと判定された場合、及び、ステップS2040の後に実行され、終了操作がされたか否かを判定し、判定結果に応じて制御の流れを分岐させるステップS2050とを含む。

0087

ステップS2030では、図3に示すように、タッチペン500による描画操作、タッチジェスチャー操作によるページ移動の操作等の編集操作がされたか否かを判定する。ステップS2040では、タッチペン500による描画操作がされた場合には、当該操作にしたがって、文字、図形及び記号等が描画され、タッチジェスチャー操作によるページ移動の操作がされた場合には、当該操作にしたがって、原稿画像の表示が切替えられる。

0088

ステップS2050において、終了操作がされたと判定された場合は、このプログラムは終了し、終了操作がされていないと判定された場合は、制御はステップS2000に戻る。

0089

[動作]
図1図5及び図8図12を参照して、以上のような構造及びフローチャートに基づく、本実施の形態に係る画像表示システム50の動作について説明する。

0090

図3を参照して、画像形成装置100は、コピーモードが選択されると、操作パネル180(図5参照)のタッチパネルディスプレイ182にコピー基本画面200の初期画面を表示する。コピー基本画面200において、同時送信キー232(図4参照)が操作されると(図9に示すステップS1010においてYES)、画像形成装置100は、コピー印刷の際に読取った原稿画像のデータをコピー印刷と同時に電子黒板装置300に送信する同時送信機能をONに設定する(ステップS1020)。

0091

コピー基本画面200では、コピー印刷時のコピー設定(印刷条件の設定)として、中綴じ印刷、ページ集約印刷、両面印刷等の設定、並びに、ブック綴じ(中綴じステープル)及びステープル綴じ等の後処理の設定等を行なうことができる。

0092

画像形成装置100に原稿がセットされ、モノクロスタートキー246又はカラースタートキー248が操作されると、画像形成装置100は、セットされた原稿の画像情報を読取り、その原稿の画像データを取得する。画像形成装置100にセットされた原稿が複数枚の場合、画像形成装置100はセットされた複数枚の原稿を順に読取り、各原稿の原稿画像データを含む画像データを取得する。

0093

コピー基本画面200において印刷条件の設定がされている場合、画像形成装置100は、設定された印刷条件を反映させた態様で画像データの印刷処理を実行する。例えば、印刷条件として、両面印刷及びページ集約印刷が設定されている場合、それらの設定にしたがったレイアウトに変更して印刷処理を実行する。さらに、例えば、印刷条件の設定において、後処理設定としてステープル綴じが設定されている場合、画像形成装置100は、後処理部190によって、印刷後の用紙をステープルで綴じる後処理を実行する。

0094

図1及び図2を参照して、同時送信機能が設定されている場合、画像形成装置100は、コピー印刷の際に読取った画像データを、コピー印刷と同時に電子黒板装置300に送信する。このとき、コピー基本画面200において印刷条件の設定がされていると、コピー印刷の際に読取った画像データに基づいて、表示データ生成部150が、設定された印刷条件が反映された表示データを生成し、生成した表示データを電子黒板装置300に送信する。なお、コピー印刷の際に読取った画像データが、複数枚の原稿に対応する複数の原稿画像データを含む場合、その画像データに基づいて生成された表示データも複数の原稿画像データを含む。

0095

同時送信機能が設定されてない場合、画像形成装置100は通常のコピー印刷の処理を実行する。

0096

電子黒板装置300は、画像形成装置100からのデータを受信すると、受信したデータを受付フォルダ内に登録する。図3を参照して、電子黒板装置300は、データ取込ボタン428がユーザによって選択(タッチ操作)されると(図10に示すステップS2010においてYES)、受付フォルダ内のデータを取込んでタッチパネルディスプレイ310(図8参照)に表示し、受付フォルダ内のデータを削除する(ステップS2020)。

0097

受信したデータが表示データである場合、画像形成装置100で設定された印刷条件が反映された画像が電子黒板装置300のタッチパネルディスプレイ310に表示される。すなわち、電子黒板装置300のタッチパネルディスプレイ310には、画像形成装置100のコピー印刷処理によって得られた印刷物(設定された印刷条件に基づいて仕上がり処理が行なわれた印刷物)と同じ態様で画像が表示される。受信した画像データ及び表示データが原稿画像データを含む場合、電子黒板装置300は、原稿画像データが示す原稿画像を表示する。

0098

図11を参照して、コピー印刷の際に、例えば横向き原稿を両面コピー印刷しステープルで上綴じを行なった場合、電子黒板装置300のタッチパネルディスプレイ310には、上側の角部にステープルで綴じられた横向き原稿の画像が表示される。図12を参照して、コピー印刷の際に、例えば横向き原稿をページ集約で2in1にし中綴じステープル(ブック綴じ)印刷を行なった場合、電子黒板装置300のタッチパネルディスプレイ310には、2in1にレイアウトが変更された中綴じステープル(ブック綴じ)の状態の画像が表示される。このように、電子黒板装置300のタッチパネルディスプレイ310には、印刷物の仕上がり状態と同じ状態の画像が表示される。

0099

受信したデータが通常の画像データである場合(コピー設定がされていない場合)、画像形成装置100では印刷条件が設定されていないため、コピー印刷の際に読取った画像データがそのまま表示される。

0100

ユーザによって、画像が表示されているタッチパネルディスプレイ310の画面上で描画操作が行なわれると、電子黒板装置300はその操作にしたがって、文字、図形及び記号等の描画像を表示する。

0101

さらに、ユーザによって、タッチジェスチャー操作によるページ移動の操作がされると、電子黒板装置300は、その操作にしたがって、原稿画像の表示をページ順序にしたがって切替える。例えば、両面コピー印刷の場合、図11に示すように、フリックのタッチジェスチャー操作によって表示画像が印刷物と同様に表→裏の順番に表示が切替えられる。さらに、例えば、中綴じステープル(ブック綴じ)印刷の場合、図12に示すように、フリックのタッチジェスチャー操作によって表示画像が印刷物と同様にブック綴じの順番に表示が切替えられる。

0102

このような編集操作がされた後に、画像を取込む(保存する)操作が行なわれると、電子黒板装置300は、タッチパネルディスプレイ310に表示されている画像を画像データとして保存(記憶)する。記憶した画像データの印刷指示を受付けると、電子黒板装置300は、その画像データを画像形成装置100に送信する。画像形成装置100は、電子黒板装置300からの画像データを受信すると、その画像データの印刷処理を実行する。

0103

[本実施の形態の効果]
以上の説明から明らかなように、本実施の形態に係る画像表示システム50を利用することにより、以下に述べる効果を奏する。

0104

画像形成装置100は、ユーザによる印刷開始の指示を受付けると、設定された印刷条件を反映させた態様で、取得した画像データの印刷処理を実行するとともに、当該画像データに基づいて、設定された印刷条件が反映された表示データを生成し、生成した表示データを電子黒板装置300に送信する。ユーザは、1回のコピー印刷開始の指示により、画像データの印刷と、その画像データに基づいて生成した、印刷条件が反映された表示データの電子黒板装置300への送信とを同時にできる。画像形成装置100は、取得した画像データを用いて印刷処理の実行を行ない、同じ画像データに基づいて表示データを生成して電子黒板装置300に送信できるので、1回の操作で簡単に、印刷処理と電子黒板装置300へのデータの送信処理とを実行できる。したがって、ユーザによる操作の手間を削減できる。

0105

画像形成装置100は、設定された印刷条件を反映させた態様で画像データの印刷処理を実行する。そのため、設定された印刷条件に基づいて仕上がり処理が行なわれた印刷物が得られる。画像形成装置100はさらに、印刷処理を行なう画像データに基づいて、設定された印刷条件が反映された表示データを生成し、生成した表示データを電子黒板装置300に送信する。電子黒板装置300は、画像形成装置100から送信される表示データを受信し、受信した表示データが示す画像を表示する。表示データは、設定された印刷条件が反映されているため、電子黒板装置300には、印刷処理によって得られた印刷物(設定された印刷条件に基づいて仕上がり処理が行なわれた印刷物)と同じ態様で画像が表示される。すなわち、印刷物の仕上がり状態と同じ状態の画像を電子黒板装置300に表示できる。そのため、例えば、会議等において電子黒板装置300を用いてプレゼンテーションを行なう場合に、事前に配布した資料(印刷処理によって得られた印刷物)と同じ見せ方で、その資料の画像を電子黒板装置300に表示できる。したがって、電子黒板装置300に表示される画像と、会議等で配布する紙資料(印刷物)との相互関係がわかり易くなるので、会議等において電子黒板装置300を用いてプレゼンテーションを行なう場合に、配布資料(印刷物)によるスムーズな確認を容易にできる。

0106

電子黒板装置300は、タッチジェスチャー操作を受付けると、原稿画像の表示をページ順序にしたがって切替える。そのため、例えば、会議等において電子黒板装置300を用いてプレゼンテーションを行なう場合に、配布資料(印刷物)と同じ見せ方で電子黒板装置300に画像を表示しながら、プレゼンテーションを行なうことができる。その結果、より分かりやすいプレゼンテーション方法を実現できる。

0107

電子黒板装置300は、タッチによる描画操作を受付けて描画像を表示する。そのため、表示データが示す画像に、ユーザによる描画操作によって文字等を描画できる。さらに、表示データが示す画像に文字等が描画された画像を画像データとして記憶し、その画像データの印刷を行なうために、当該画像データを画像形成装置100に送信できる。画像形成装置100は、電子黒板装置300から送信された画像データを受信すると、その画像データの印刷処理を実行する。そのため、例えば、会議等において電子黒板装置300を用いてプレゼンテーションを行なう場合に、電子黒板装置300に表示された画像の印刷物を、その会議の出席者等に議事録として配布できる。

0108

(第2の実施の形態)
本実施の形態に係る画像表示システムは、上記第1の実施の形態に係る画像表示システム50と同様の構成を有している。ただし、本実施の形態では、電子黒板装置が、画像形成装置から送信された画像を印刷するときに、画像データ(表示データ)の送信時における当該画像形成装置でのコピー設定条件がデフォルトの印刷条件として設定される点が第1の実施の形態とは異なる。

0109

本実施の形態に係る画像表示システムは、第1の実施の形態に係る画像表示システム50とハードウェア構成は同じである。ただし、画像形成装置及び電子黒板装置に記憶されているプログラム等が第1の実施の形態とは異なる。

0110

本実施の形態では、画像形成装置は、図9に示すステップS1090においてデータ送信を行なうときに、当該コピー印刷時のコピー設定条件に関するデータを原稿データと対にして電子黒板装置に送信する。電子黒板装置は、画像形成装置から送信されたデータを受信すると、コピー設定条件に関するデータを原稿データと対で保存する。電子黒板装置から印刷を行なうときは、当該電子黒板装置は、印刷する原稿データに対応するコピー設定条件に関するデータに基づいて、そのコピー設定条件を印刷条件として例えば自機のプリンタドライバに設定する。これにより、電子黒板装置において、画像形成装置から送信された画像を印刷するときには、電子黒板装置のデフォルトの印刷条件として、画像形成装置でのコピー設定条件が設定される。

0111

上記構成を有する本実施の形態では、元原稿を画像形成装置でスキャン及びデータ送信し、例えば、電子黒板装置で編集した後のデータを再印刷するときに、改めて印刷条件を設定することなく元原稿と同じ体裁の印刷物を得ることができる。したがって、電子黒板装置から印刷を行なう場合の操作性が改善する。

0112

(第3の実施の形態)
本実施の形態に係る画像表示システムは、上記第1の実施の形態に係る画像表示システム50と同様の構成を有している。ただし、本実施の形態では、電子黒板装置が、印刷物の仕上がり状態と同じ状態の画像を表示するプレビューモードと、ページへの書込み(文字等の描画)が可能な編集モードとを備え、これらのモードが切替可能に構成されている点が第1の実施の形態とは異なる。本実施の形態に係る電子黒板装置は、ユーザによる切替操作を受付けるとこれらのモードを切替える。編集モードでは、編集をしやすくするために、タッチパネルディスプレイ310(図1参照)に1ページ分の画像が表示(1ページ1画面で表示)される。

0113

本実施の形態に係る画像表示システムは、第1の実施の形態に係る画像表示システム50とハードウェア構成は同じである。ただし、電子黒板装置に記憶されているプログラム等が第1の実施の形態とは異なる。

0114

[ソフトウェア構成]
図13を参照して、本実施の形態に係る画像表示システムにおいて、電子黒板装置で実行されるコンピュータプログラムの制御構造について説明する。このプログラムは、電子黒板装置に電源が投入されることによって起動される。

0115

このプログラムは、画像形成装置からのデータを受信したか否かを判定し、判定結果に応じて制御の流れを分岐させるステップS3000と、ステップS3000において、画像形成装置からのデータを受信したと判定された場合に実行され、データ取込操作がされたか否かを判定し、判定結果に応じて制御の流れを分岐させるステップS3010と、ステップS3010において、データ取込操作がされたと判定された場合に実行され、受信したデータを取込んでタッチパネルディスプレイ310にプレビューモードで表示し、受付フォルダ内のデータを削除するステップS3020とを含む。

0116

ステップS3000では、電子黒板装置は、受付フォルダ内にデータが登録されているか否かを判定する。電子黒板装置は、受付フォルダ内にデータが登録されている場合は、画像形成装置からのデータを受信したと判定し、受付フォルダ内にデータが登録されていない場合は、画像形成装置からのデータを受信していないと判定する。

0117

このプログラムはさらに、ステップS3000において、画像形成装置からのデータを受信していないと判定された場合、ステップS3010において、データ取込操作がされていないと判定された場合、及び、ステップS3020の後に実行され、編集モードへの切替指示があったか否かを判定し、判定結果に応じて制御の流れを分岐させるステップS3030と、ステップS3030において、編集モードへの切替指示があったと判定された場合に実行され、自機のモードを編集モードに切替えるステップS3040と、ステップS3040の後に実行され、プレビューモードへの切替指示があったか否かを判定し、判定結果に応じて制御の流れを分岐させるステップS3050と、ステップS3050において、プレビューモードへの切替指示があったと判定された場合に実行され、自機のモードをプレビューモードに切替え、制御をステップS3000に戻すステップS3060とを含む。

0118

このプログラムはさらに、ステップS3050において、プレビューモードへの切替指示がされていないと判定された場合に実行され、編集操作がされたか否かを判定し、判定結果に応じて制御の流れを分岐させるステップS3070と、ステップS3070において、編集操作がされたと判定された場合に実行され、当該操作に基づく編集処理を実行するステップS3080と、ステップS3080の後に実行され、終了操作がされたか否かを判定し、判定結果に応じて制御の流れを分岐させるステップS3090とを含む。ステップS3090において、終了操作がされたと判定された場合は、このプログラムは終了する。

0119

ステップS3070では、例えばタッチペンによる描画操作等の編集操作がされたか否かを判定する。ステップS3080では、タッチペンによる描画操作がされた場合に当該操作にしたがって、文字、図形及び記号等が描画される。

0120

このプログラムはさらに、ステップS3070において、編集操作がされていないと判定された場合、及び、ステップS3090において、終了操作がされていないと判定された場合に実行され、画像形成装置からのデータを受信したか否かを判定し、判定結果に応じて制御の流れを分岐させるステップS3100と、ステップS3100において、画像形成装置からのデータを受信したと判定された場合に実行され、データ取込操作がされたか否かを判定し、判定結果に応じて制御の流れを分岐させるステップS3110とを含む。

0121

ステップS3100において、画像形成装置からのデータを受信していないと判定された場合、及び、ステップS3110において、データ取込操作がされていないと判定された場合は、制御はステップS3050に戻る。ステップS3110において、データ取込操作がされたと判定された場合は、制御はステップS3020に戻る。

0122

このプログラムはさらに、ステップS3030において、編集モードへの切替指示がされていないと判定された場合に実行され、タッチジェスチャー操作によるページ移動の操作(ページめくり操作)等の指示があったか否かを判定し、判定結果に応じて制御の流れを分岐させるステップS3120と、ステップS3120において、ページめくり操作等の指示があったと判定された場合に実行され、当該操作にしたがって、原稿画像の表示を切替える(ページめくり処理を実行する)ステップS3130とを含む。ステップS3120において、ページめくり操作等の指示がなかったと判定された場合、及び、ステップS3130における処理が終了した場合は、制御はステップS3000に戻る。

0123

[動作]
図13を参照して、本実施の形態に係る画像表示システムの動作について説明する。画像形成装置の動作は第1の実施の形態と同様であるため、本画像表示システムの動作として電子黒板装置の動作について説明する。

0124

電子黒板装置は、画像形成装置からのデータを受信すると、受信したデータを受付フォルダ内に登録する。ユーザによってデータ取込操作が行なわれると(ステップS3010においてYES)、電子黒板装置は、受付フォルダ内のデータを取込んでタッチパネルディスプレイ310(図8参照)にプレビューモードで表示し、受付フォルダ内のデータを削除する(ステップS3020)。

0125

受信したデータが表示データである場合、画像形成装置で設定された印刷条件が反映された画像が電子黒板装置のタッチパネルディスプレイ310にプレビュー表示される。すなわち、電子黒板装置のタッチパネルディスプレイ310には、コピー印刷によって得られた印刷物と同じ態様で、原稿画像がプレビュー表示される。

0126

電子黒板装置は、ユーザによる編集モードへの切替指示を受付けると(ステップS3030においてYES)、自機のモードをプレビューモードから編集モードに切替える(ステップS3040)。編集モードにおいて、タッチパネルディスプレイ310の画面上で描画操作が行なわれると、電子黒板装置はその操作にしたがって、文字、図形及び記号等の描画像を表示する(ステップS3070及びステップS3080)。

0127

一方、編集モードへの切替指示がされていない場合(ステップS3030においてNO)は、電子黒板装置は、編集モードへの切替を行なわずに、プレビューモードの状態で原稿画像を表示し続ける。プレビューモードにおいて、ユーザによって、タッチジェスチャー操作によるページめくり操作が行なわれると(ステップS3120においてYES)、電子黒板装置は、当該操作にしたがって、原稿画像の表示を切替える(ステップS3130)。すなわち、ページめくり処理を実行する。

0128

[本実施の形態の効果]
以上の説明から明らかなように、本実施の形態に係る画像表示システムを利用することにより、以下に述べる効果を奏する。

0129

電子黒板装置は、画像形成装置から受信した表示データ(原稿データ)をタッチパネルディスプレイ310に表示した直後はプレビューモードによって当該表示データが示す画像を表示する。そのため、第1の実施の形態と同様、電子黒板装置には印刷処理によって得られた印刷物(コピー記録紙)と同じ態様(例えば両面印刷及びページ集約印刷等)で画像が表示される。すなわち、電子黒板装置には、コピー印刷を行なった原稿の画像が、コピー印刷によって得られた印刷物の原稿と対応して見やすく表示される。そのため、ユーザの視認性が向上する。一方、編集モードが選択されると、電子黒板装置は編集モードに切替えて画像を表示する。編集モードでは、1ページを1画面に表示する。そのため、ユーザによる編集操作が容易になり、操作性が向上する。このように、本実施の形態に係る電子黒板装置は、ユーザに対する視認性の向上と操作性の向上とを両立できる。

0130

(変形例)
上記実施の形態では、電子黒板装置からなる表示装置を含む画像表示システムについて示したが、本発明はそのような実施の形態には限定されない。画像表示システムを構成する表示装置は、電子黒板装置以外の装置であってもよい。

0131

上記実施の形態では、コピー印刷の際に読取った原稿画像のデータをコピー印刷と同時に電子黒板装置に送信する画像形成装置の例について示したが、本発明はそのような実施の形態には限定されない。例えば、画像形成装置を、パーソナルコンピュータ等から送信される画像データの印刷(プリント)を行なう際に、パーソナルコンピュータ等から送信された画像データを印刷と同時に電子黒板装置に送信するように構成してもよい。

0132

上記実施の形態では、画像形成装置側で、設定されている処理が反映された表示データを生成する例について示したが、本発明はそのような実施の形態には限定されない。例えば、画像形成装置が、画像データとともに設定された印刷条件の情報を電子黒板装置に送信することにより、電子黒板装置側で、設定されている処理が反映された表示データを生成するように構成してもよい。

0133

上記実施の形態では、電子黒板装置と画像形成装置とをネットワークを介して接続した例について示したが、本発明はそのような実施の形態には限定されない。電子黒板装置と画像形成装置とはネットワークを介さずに接続されていてもよい。

0134

上記で開示された技術を適宜組合せて得られる実施の形態についても、本発明の技術的範囲に含まれる。

0135

今回開示された実施の形態は単に例示であって、本発明が上記した実施の形態のみに限定されるわけではない。本発明の範囲は、発明の詳細な説明の記載を参酌した上で、特許請求の範囲の各請求項によって示され、そこに記載された文言と均等の意味及び範囲内での全ての変更を含む。

0136

50画像表示システム
100画像形成装置
110 制御部
120スキャナ部
130画像処理部
140画像形成部
150 表示データ生成部
190 後処理部
200コピー基本画面
232同時送信キー
300電子黒板装置
310タッチパネルディスプレイ
320表示出力装置
322 表示部
330入力検知装置
332接触感知部
350制御装置
358 記録部
360入力処理部
362表示制御部

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 京セラ株式会社の「 電子機器、制御方法、及びプログラム」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】操作性を向上させた電子機器、制御方法、及びプログラムを提供する。【解決手段】電子機器1は、自機器に接触されないジェスチャを検出する第1センサ(近接センサ18)と、自機器に接触されるタッチを検出... 詳細

  • クリスタルメソッド株式会社の「 推定システム、及び推定装置」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】キー入力を推定する精度の向上を図ることができる推定システム、及び推定装置を提供する。【解決手段】仮想キーボードを用いて入力された文字列を推定する推定システムであって、ユーザが前記仮想キーボード... 詳細

  • 京セラ株式会社の「 電子機器、制御方法、及びプログラム」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】移動体の運転の安全性を向上可能な電子機器、制御方法、及びプログラムを提供する。【解決手段】自動車に搭載可能な電子機器は、自機器に触れられずにジェスチャを検出する第1センサと、自機器に接触される... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ