図面 (/)

技術 タッチ及びジェスチャー入力を用いた端末の制御方法及びその端末

出願人 三星電子株式会社
発明者 金鎮龍全ジン泳姜志営金大成李宝ヨン
出願日 2013年7月16日 (8年5ヶ月経過) 出願番号 2013-147767
公開日 2014年2月3日 (7年10ヶ月経過) 公開番号 2014-021983
状態 特許登録済
技術分野 デジタル計算機のユーザインターフェイス 位置入力装置 表示による位置入力 デジタル計算機のユーザインターフェイス
主要キーワード タブスイッチ 状況認知 赤外線近接センサ 電磁気センサ エネルギ変化 静電容量型近接センサ 高周波発振型近接センサ タッチシート
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2014年2月3日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (10)

課題

タッチ及びジェスチャー入力を用いた端末制御方法及びその端末において、タッチ入力のみでは処理し難い動作を、より直観的で手軽に実行できる端末の制御方法及びその端末を提供する。

解決手段

端末の制御方法は、タッチ入力を感知するステップと、前記タッチ入力に対応する少なくとも一つのオブジェクトを選択するステップと、ジェスチャー入力を感知するステップと、前記オブジェクトを前記タッチ入力に対応して固定(hold)した状態でスイッチングを行うステップと、を含む。

概要

背景

スマート電子機器発展することによって、ユーザがどの状況でも端末を便利に制御できるようにタッチスクリーンをはじめとして多様な入力手段が開発された。これにより、端末がタッチモーションジェスチャー入力などを正確に認識できるようにする研究が行われており、このような技術は、主にセンサベースにして発達してきた。

端末が多様な方法による入力を認知することが可能となるにつれて、さらに手軽な操作で端末を制御しようとするユーザのニーズは増加している。

しかし、現在の端末は、多様な入力を感知できるにも拘わらず、対応する端末の動作制御に対して、その感知能力を十分に活用できておらず、機器操作の便宜性を追求するユーザのニーズを十分に満たしていない。

概要

タッチ及びジェスチャー入力を用いた端末の制御方法及びその端末において、タッチ入力のみでは処理し難い動作を、より直観的で手軽に実行できる端末の制御方法及びその端末を提供する。端末の制御方法は、タッチ入力を感知するステップと、前記タッチ入力に対応する少なくとも一つのオブジェクトを選択するステップと、ジェスチャー入力を感知するステップと、前記オブジェクトを前記タッチ入力に対応して固定(hold)した状態でスイッチングを行うステップと、を含む。

目的

端末100は、選択されたオブジェクトをアプリケーション又は作業に追加(add)、挿入(insert)、貼り付け(paste)、添付(attach)した時、最適化したフォーマットで表示し、プレビューを提供する

効果

実績

技術文献被引用数
1件
牽制数
2件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

タッチスクリーン上でタッチ入力感知するステップと、前記タッチスクリーン上の複数のオブジェクトのうち前記タッチ入力に対応する少なくとも一つのオブジェクトの選択を感知するステップと、前記タッチスクリーン上で前記少なくとも一つのオブジェクトの前記タッチ入力が固定される間、センサによってジェスチャー入力を感知するステップと、前記少なくとも一つのオブジェクトが前記タッチ入力の位置に固定された状態で、前記ジェスチャー入力に対応して、前記複数のオブジェクトのうち前記固定された前記少なくとも一つのオブジェクトを除いた少なくとも一つのオブジェクトの表示に対してスイッチングを行うステップと、を含むことを特徴とする端末制御方法

請求項2

前記少なくとも一つのオブジェクトは、アイコンテキストイメージファイルフォルダウェブブラウザ上のコンテンツウェブアドレスウェブリンクのうち少なくとも一つを含むことを特徴とする請求項1に記載の端末の制御方法。

請求項3

前記少なくとも一つのオブジェクトの選択を感知するステップは、前記オブジェクトを活性状態、拡大又は縮小状態シェーディング状態ハイライト状態のうち少なくとも一つの形態に表示するステップをさらに含むことを特徴とする請求項1に記載の端末の制御方法。

請求項4

前記スイッチングを行うステップは、前記タッチ入力に対応する前記少なくとも一つのオブジェクトを感知するステップと、前記タッチスクリーン上に固定された前記少なくとも一つのオブジェクトを含む複数のページ間の表示をスイッチングするステップを含むことを特徴とする請求項1に記載の端末の制御方法。

請求項5

前記センサによって前記少なくとも一つのオブジェクトに対する前記タッチ入力の終了(release)を感知するステップと、制御部によって前記少なくとも一つのオブジェクトに対して、前記タッチ入力の終了に対応する動作を行うステップと、をさらに含むことを特徴とする請求項1に記載の端末の制御方法。

請求項6

前記タッチ入力の終了に対応する動作は、前記選択されたオブジェクトを前記タッチ入力に対応する位置に整列する動作、前記選択されたオブジェクトのリンクをウェブブラウザのタブ(tab)で駆動する動作、前記オブジェクトをアプリケーション又は作業画面上に貼り付ける動作のうち何れか一つであることを特徴とする請求項5に記載の端末の制御方法。

請求項7

前記選択されたオブジェクトは、文字メッセージEメールメッセージに貼り付けるか又は添付される少なくとも一つのイメージを含むことを特徴とする請求項5に記載の端末の制御方法。

請求項8

前記選択されたオブジェクトは、ソーシャルネットワークアプリケーションに貼り付けるか又は添付される少なくとも一つのイメージを含むことを特徴とする請求項5に記載の端末の制御方法。

請求項9

前記ジェスチャー入力は、手の形に対応するジェスチャーを含むことを特徴とする請求項1に記載の端末の制御方法。

請求項10

タッチ入力及びジェスチャー入力を感知する入力部と、複数のオブジェクトのうち前記タッチ入力に対応する少なくとも一つのオブジェクトの選択を感知し、前記タッチ入力の位置に前記少なくとも一つのオブジェクトが固定された状態で前記ジェスチャー入力に対応して、前記複数のオブジェクトのうち前記少なくとも一つのオブジェクトを除いた少なくとも一つのオブジェクトの表示に対するスイッチングを行う制御部と、前記制御部の制御によって画面を表示する表示部と、を含むことを特徴とする端末。

請求項11

前記スイッチングは、ページスイッチング、フォルダスイッチング、タブスイッチング、アプリケーションスイッチング、作業スイッチングのうち何れか一つであることを特徴とする請求項10に記載の端末。

請求項12

記入力部は、前記タッチ入力の終了(release)を感知し、前記制御部は、前記タッチ入力の終了に対応して前記選択されたオブジェクトを前記タッチ入力の終了位置に整列する動作、前記選択されたオブジェクトのリンクをウェブブラウザのタブで駆動する動作、前記オブジェクトをアプリケーション又は作業画面上に貼り付ける動作のうち何れか一つを行うことを特徴とする請求項10に記載の端末。

請求項13

前記選択されたオブジェクトは、文字メッセージやEメールメッセージに貼り付けるか又は添付される少なくとも一つのイメージを含むことを特徴とする請求項12に記載の端末。

請求項14

前記選択されたオブジェクトは、ソーシャルネットワークアプリケーションに貼り付けるか又は添付される少なくとも一つのイメージを含むことを特徴とする請求項12に記載の端末。

請求項15

前記ジェスチャ入力は、手の形に対応するジェスチャーを含むことを特徴とする請求項10に記載の端末。

技術分野

0001

本発明は、タッチ及びジェスチャー入力を用いた端末制御方法及びその端末に係り、特に、タッチ入力が維持される状態でジェスチャー入力が発生すれば、任意のオブジェクトに対するスイッチング動作を行うようにする端末の制御方法及びその端末に関する。

背景技術

0002

スマート電子機器発展することによって、ユーザがどの状況でも端末を便利に制御できるようにタッチスクリーンをはじめとして多様な入力手段が開発された。これにより、端末がタッチ、モーション、ジェスチャー入力などを正確に認識できるようにする研究が行われており、このような技術は、主にセンサベースにして発達してきた。

0003

端末が多様な方法による入力を認知することが可能となるにつれて、さらに手軽な操作で端末を制御しようとするユーザのニーズは増加している。

0004

しかし、現在の端末は、多様な入力を感知できるにも拘わらず、対応する端末の動作制御に対して、その感知能力を十分に活用できておらず、機器操作の便宜性を追求するユーザのニーズを十分に満たしていない。

発明が解決しようとする課題

0005

本発明の目的は、センサを用いてタッチ入力及びジェスチャー入力を感知し、タッチ入力のみでは処理し難い動作を、より直観的で手軽に実行できる端末の制御方法及びその端末の提供にある。
また、本発明の他の目的は、タッチ入力の維持状態でジェスチャー入力が発生すれば、任意のオブジェクトに対するスイッチング動作を行うようにするタッチ及びジェスチャー入力を用いた端末の制御方法及びその端末の提供にある。

課題を解決するための手段

0006

前記課題を解決するための本発明に係る端末の制御方法は、タッチ入力を感知するステップと、前記タッチ入力に対応する少なくとも一つのオブジェクトを選択するステップと、ジェスチャー入力を感知するステップと、前記オブジェクトを前記タッチ入力に対応して固定(hold)した状態でスイッチングを行うステップと、を含むことを特徴とする。

0007

また、前記オブジェクトは、アイコンテキストイメージファイルフォルダウェブブラウザ上のコンテンツウェブアドレスウェブリンクのうち少なくとも一つを含むことを特徴とする。
また、前記オブジェクトを選択するステップは、前記オブジェクトを活性状態、拡大又は縮小状態シェーディング状態のうち少なくとも一つの形態で表示するステップをさらに含むことを特徴とする。
また、前記ジェスチャー入力を感知するステップは、前記タッチ入力が維持された状態で前記ジェスチャー入力を感知するステップを含むことを特徴とする。
また、前記ジェスチャー入力は、任意の方向(certain direction)にスワイプする(swipe)ジェスチャー入力であることを特徴とする。
また、前記スイッチングは、ページスイッチング、フォルダスイッチング、タブ(tab)スイッチング、アプリケーションスイッチング、作業スイッチングのうち何れか一つであることを特徴とする。
また、前記スイッチングを行うステップは、前記選択されたオブジェクトを前記タッチ入力に対応して固定(hold)するステップと、少なくとも一つのオブジェクトを含む複数のページで構成される画面上で前記選択されたオブジェクトを除いた残りのオブジェクトに対するページスイッチングを行うステップと、を含むことを特徴とする。
また、前記スイッチングを行うステップは、前記選択されたオブジェクトを前記タッチ入力に対応して固定するステップと、前記選択されたオブジェクトのファイル経路に基づいて前記ファイル経路における上位フォルダ又は下位フォルダに、若しくは、フォルダリストの次又は前のフォルダに、移動するフォルダスイッチングを行うステップと、を含むことを特徴とする。
また、前記スイッチングを行うステップは、前記選択されたオブジェクトを前記タッチ入力に対応して固定するステップと、複数のタブで構成されるウェブブラウザのタブスイッチングを行うステップと、を含むことを特徴とする。
また、前記スイッチングを行うステップは、前記選択されたオブジェクトを前記タッチ入力に対応して固定するステップと、予め設定されたリスト又は現在駆動中のリストに基づいてアプリケーション又は作業(task)スイッチングを行うステップと、を含むことを特徴とする。
また、前記アプリケーション又は作業スイッチングを行うステップは、前記選択されたオブジェクトを前記アプリケーション又は前記作業に最適化したフォーマット整列して表示するステップを含むことを特徴とする。
また、前記タッチ入力の終了(release)を感知するステップと、前記選択されたオブジェクトに対して前記タッチ入力の終了に対応する動作を行うステップと、をさらに含むことを特徴とする。
また、前記タッチ入力の終了に対応する動作は、前記オブジェクトを前記タッチ入力に対応する位置に整列する動作、前記選択されたオブジェクトのリンクをウェブブラウザのタブで駆動する動作、前記オブジェクトをアプリケーション又は作業画面上に貼り付ける動作のうち何れか一つであることを特徴とする。

0008

また、前記課題を解決するための本発明に係る端末は、タッチ入力及びジェスチャー入力を感知する入力部と、前記タッチ入力に対応する少なくとも一つのオブジェクトを選択し、前記ジェスチャー入力に対応して前記オブジェクトを前記タッチ入力に対応して固定(hold)した状態でスイッチングを行う制御部と、前記制御部の動作による画面を表示する表示部と、を含むことを特徴とする。

0009

また、前記制御部は、前記オブジェクトを活性状態、拡大又は縮小状態、シェーディング状態のうち少なくとも一つの形態で表示するように前記表示部を制御することを特徴とする。
また、前記入力部は、前記タッチ入力が維持された状態で前記ジェスチャー入力を感知することを特徴とする。
また、前記スイッチングは、ページスイッチング、フォルダスイッチング、タブスイッチング、アプリケーションスイッチング、作業スイッチングのうち何れか一つであることを特徴とする。
また、前記制御部は、前記選択されたオブジェクトを前記タッチ入力に対応して固定(hold)し、少なくとも一つのオブジェクトを含む複数のページで構成される画面上で、前記選択されたオブジェクトを除いた残りのオブジェクトに対するページスイッチングを行うことを特徴とする。
また、前記制御部は、前記選択されたオブジェクトを前記タッチ入力に対応して固定し、前記選択されたオブジェクトのファイル経路に基づいて前記ファイル経路における上位フォルダ又は下位フォルダに、若しくは、フォルダリストの次の、又は前のフォルダに、移動するフォルダスイッチングを行うことを特徴とする。
また、前記制御部は、前記選択されたオブジェクトを前記タッチ入力に対応して固定し、複数のタブで構成されるウェブブラウザのタブスイッチングを行うことを特徴とする。
また、前記制御部は、前記選択されたオブジェクトを前記タッチ入力に対応して固定し、予め設定されたリスト又は現在駆動中のリストに基づいてアプリケーション又は作業(task)スイッチングを行うことを特徴とする。
また、前記制御部は、前記選択されたオブジェクトを前記アプリケーション又は前記作業に最適化したフォーマットに整列して表示するように前記表示部を制御することを特徴とする。
また、前記入力部は、前記タッチ入力の終了(release)を感知し、前記制御部は、前記選択されたオブジェクトに対して前記タッチ入力の終了に対応する動作を行うことを特徴とする。

発明の効果

0010

本発明に係るタッチ及びジェスチャー入力を用いた端末の制御方法及びその端末によれば、タッチ入力のみで処理し難い動作を、タッチ及びジェスチャー入力を組み合わせた新しいインターフェースを介して、より直観的で手軽に実行できる。

図面の簡単な説明

0011

本発明に係る端末の制御方法を実現する端末の構成を示したブロック図である。
カメラセンサ及び赤外線センサを備える端末の一例を示した図である。
本発明に係る端末の制御方法を示したフローチャートである。
タッチ入力の一例を示した図である。
タッチ入力及びジェスチャー入力の一例を示した図である。
ページスイッチングの一例を示した図である。
フォルダスイッチングの一例を示した図である。
タブスイッチングの一例を示した図である。
アプリケーション又は作業スイッチングの一例を示した図である。

実施例

0012

本発明は、タッチ及びジェスチャー入力を用いた端末の制御に適用可能である。
また、本発明は、タッチ及びジェスチャー入力を感知する端末であって、スマートフォン(Smart Phone)、携帯端末(Portable Terminal)、移動端末(Mobile Terminal)、個人情報端末(Personal Digital Assistant:PDA)、PMP(Portable Multimedia Player)端末、ノートパソコンノートパッド(Note Pad)、ワイブロ(Wibro)端末、タブレットPC(Tablet PC)、スマートTV、スマート冷蔵庫などの一般的な電子端末だけでなく、タッチ及びジェスチャー入力を感知する全ての装置に適用可能である。

0013

本明細書で使用される技術的用語は、単に特定の実施例を説明するために使用されており、本発明の思想を限定しないことに留意されなければならない。また、本明細書で使用される技術的用語は、本明細書で特別に他の意味に定義されない限り、本発明が属する分野で通常の知識を有する者によって一般的に理解される意味に解釈されるべきであり、過度包括的な意味に解釈されても、過度に縮小された意味に解釈されてもならない。

0014

また、本明細書で使用される単数表現は、文脈上明らかに異なるように意味しない限り、複数の表現を含む。本明細書で「構成される」又は「含む」などの用語は、明細書上に記載された様々な構成要素、又は、様々なステップを必ず全部含むものと解釈してはならない。
以下、添付された図面を参照して本発明の実施例をより具体的に説明する。

0015

図1は、本発明に係る端末の制御方法を実現する端末の構成を示したブロック図である。
図1を参照すれば、端末100は、入力部110、制御部120、格納部130、及び表示部140を含んで構成される。

0016

入力部110は、ユーザによる入力によって操作信号を生成する。入力部110は、タッチセンサ111、近接センサ112、電磁気センサ113、カメラセンサ114、及び赤外線センサ115を含んで構成される。

0017

タッチセンサ111は、ユーザのタッチ入力を感知する。タッチセンサ111は、例えば、タッチフィルムタッチシートタッチパッドなどの形態である。タッチセンサ111は、タッチ入力を感知し、感知されたタッチ信号を制御部120に伝達する。制御部120は、タッチ信号を分析してタッチ信号に対応する動作を行う。また、感知されたタッチ信号に対応する情報が表示部140上に表示される。タッチセンサ111は、多様な入力手段によってユーザのタッチ入力による操作信号の入力を受ける。タッチセンサ111は、ユーザの人体(例えば、手)や物理的な道具スタイラスペン(Stylus Pen)、及びスタイラスペンに含まれる操作ボタンなどによって操作信号の入力を受ける。実現方式によっては、タッチセンサ111は、直接タッチ入力だけでなく、一定の距離内の近接入力を感知する。

0018

近接センサ112は、入力部110の検出面で生じる物体の有無、アクセス動き、方向、速度、形態などを光、又は電磁気力を利用して機械的接触なく検出する。近接センサ112は例えば、透過型光電センサ直接反射型光電センサミラー反射型光電センサ高周波発振型近接センサ静電容量型近接センサ磁気形近接センサ、赤外線近接センサのうち何れか 一つである。

0019

電磁気センサ113は、電磁気場の強さの変化によってタッチ又は近接入力を感知し、EMR(Electro Magnetic Resonance)又はEMI(Eletro Magnetic Interferenc)方式の入力パッド形態で構成される。電磁気センサ113は、磁場を誘導するコイルを含んで構成され、電磁気センサ113で発生した磁場のエネルギ変化を起こす共振回路が含まれた物体のアクセスを感知する。電磁気センサ113は、共振回路を含む物体であって、スタイラスペン等による入力を感知することができる。電磁気センサ113は、端末100に直接接触する入力だけでなく、端末100に近接するように行われる近接入力又はホバリング(hovering)等を感知する。

0020

カメラセンサ114は、CCD(Charge Coupled Devices)又はCMOS(complementary metal oxide semiconductor)素子を利用してレンズを介して入射された映像(光)を認識してデジタル信号に変える。カメラセンサ114は、生成されたデジタル信号を格納部130に臨時又は永久的に格納する。カメラセンサ114は、認識された映像内特徴点を検出し、連続的に追跡しながらジェスチャー入力を感知できる。図2を参照すれば、カメラセンサ114は、端末100の前面及び/又は後面に位置するレンズを介して映像を認識し、素子を介して映像をデジタル信号に変換できる。

0021

赤外線センサ115は、IRセンサ又はLEDセンサとも称し、赤外線に該当する周波数の光を物体に発光する発光部と、端末100に近接した物体(例えば手)から反射された光を受信する受光部とを含んで構成される。赤外線センサ115は、発光部から発生した赤外線が物体に当たって反射された光を受光部で受光し、反射された光の変化量を感知することにより、物体の動き及び物体までの距離を感知する。図2を参照すれば、赤外線センサ115は、端末100の前面及び/又は後面に位置して、端末100の外部に赤外線を発光し、端末100の近接距離に位置するユーザの人体(例えば手)等から反射された赤外線を受光する。

0022

本発明の実施例によれば、入力部110は、センサを用いてタッチ入力及びジェスチャー入力を感知する。入力部110は、同時又は順次に発生するタッチ入力及びジェスチャー入力を感知し、タッチ入力が維持された状態でジェスチャー入力を感知する。

0023

制御部120は、端末100の全般的な動作のために各構成要素を制御する。例えば、制御部120は、入力部110を介して感知された入力によって端末100の動作又は機能を制御する。

0024

本発明の実施例によれば、制御部120は、タッチ入力及びジェスチャー入力に基づいてスイッチングを行う。スイッチングは、例えば、ページスイッチング、フォルダスイッチング、タブスイッチング、アプリケーションスイッチング、及び作業スイッチングのうち何れか一つであってもよい。
制御部120のより具体的な動作は、下記で図面を参照して詳細に説明する。

0025

格納部130は、端末100のためのプログラム又は命令を格納する。制御部120は、格納部130に格納されたプログラム又は命令を行う。
格納部130は例えば、フラッシュメモリタイプ(flash memory type)、ハードディスクタイプ(hard disk type)、マルチメディアカードマイクロタイプ(multimedia card micro type)、カードタイプメモリ(例えばSD又はXDメモリなど)、RAM(Random Access Memory)、SRAM(Static Random Access Memory)、ROM(Read−Only Memory)、EEPROM(Electrically Erasable Programmable Read−Only Memory)、PROM(Programmable Read−Only Memory)、磁気メモリ磁気ディスク光ディスクのうち少なくとも一つのタイプの格納媒体を含む。

0026

本発明の実施例によれば、格納部130は、少なくとも一つのアイコン、テキスト、イメージ、ファイル、フォルダ、又はこれらを含むコンテンツ、アプリケーション、サービスなどを格納する。また、格納部130は、ウェブブラウザを駆動するためのアプリケーション、サービスを格納できる。

0027

本発明の実施例によれば、格納部130は、入力部110を介して感知された入力に対応する動作情報を格納する。例えば、格納部130は、タッチ入力及びジェスチャー入力に対応するスイッチング動作に対する情報を格納する。

0028

表示部140は、端末100で処理される情報を表示(出力)する。例えば、表示部150は、音声感知、状況認知、及び機能制御に関連するUI(User Interface)又はGUI(Graphic User Interface)を表示する。

0029

表示部140は例えば、液晶ディスプレイ(liquid crystal display、LCD)、薄膜トランジスタ液晶ディスプレイ(thin film transistor−liquid crystal display、TFT LCD)、有機発光ダイオード(organic light−emitting diode、OLED)、フレキシブルディスプレイ(flexible display)、3次元ディスプレイ(3D display)のうち少なくとも一つを含む。

0030

表示部140は、入力部110を構成するタッチセンサと共にレイヤ構造を成してタッチスクリーンとして動作する。このとき、タッチスクリーン動作可能な表示部140は、入力装置及び出力装置の双方の機能を行う。

0031

本発明の実施例によれば、表示部140は、アイコン、テキスト、イメージ、ファイルリスト、フォルダリストを表示する。表示部140は、ウェブブラウザ及びウェブブラウザに含まれたコンテンツ、ウェブアドレス、ウェブリンクのうち少なくとも一つを表示する。

0032

本発明の実施例によれば、表示部140は、制御部120のスイッチング動作によって画面上に表示された少なくとも一つのオブジェクトを動的に表示する。例えば、表示部140は、ページスイッチングに対応して画面上に表示された少なくとも一つのオブジェクトを或る方向(certain direction)に動く形態で表示できる。

0033

図1の端末100に示された構成要素は必須ではないので、それよりも多くの構成要素を有するか又はそれよりも少ない構成要素を有する端末100が具現できる。

0034

図3は、本発明に係る端末の制御方法を示したフローチャートである。
図3を参照すれば、本発明に係る端末の制御方法は、次のような順序で行われる。

0035

まず、端末100は、タッチ入力の感知可否を判断する(S210)。
端末100は、少なくとも一つの順次的又は同時的なタッチ入力を感知する。端末100は、具現例によっては、タッチ入力の代わりに近接入力、圧力入力などを感知できる。
タッチ入力が感知されれば、端末100は、オブジェクトを選択する(S220)。

0036

端末100は、感知されたタッチ入力の発生位置を判断する。例えば、端末100は、端末100上にタッチ入力が発生した位置に対する2次元又は3次元の座標を抽出する。さらに、端末100は、タッチ入力に対する圧力、持続時間、動きの発生有無(例えば、ドラッグ、複数のタッチ入力間の距離変化、任意の形状形成などの動き)などを判断する。

0037

端末100は、タッチ入力に対応する少なくとも一つのオブジェクトを選択する。端末100は、タッチ入力が発生した位置に対応する少なくとも一つのオブジェクトを選択する。オブジェクトは例えば、アイコン、テキスト、イメージ、ファイル、フォルダ、ウェブブラウザ上のコンテンツ、ウェブアドレス、ウェブリンクのうち少なくとも一つである。端末100は、オブジェクトを選択した後、選択されたオブジェクトを活性状態、拡大又は縮小状態、シェーディング状態(shaded)のうち少なくとも一つの形態で表示する。このとき、端末100は、オブジェクトに対するタッチ入力が発生した後、予め設定された時間が経過したか否かによって、選択されたオブジェクトを活性状態、拡大又は縮小状態、シェーディング状態のうち少なくとも一つの形態で表示する。

0038

例えば、図4を参照すれば、端末100は、タッチ入力が感知されることによって、タッチ入力に対応する待機画面上のアイコンを選択する。また、端末100は、選択されたアイコンをシェーディング状態に表示する。

0039

端末100は、タッチ入力の感知後にタッチ入力の動きが発生した場合、選択されたオブジェクトをタッチ入力の動きに応じて移動して表示する。例えば、端末100は、タッチ入力の感知後、タッチ入力が或る方向に移動する動きが発生した場合、選択されたオブジェクトをタッチ入力の移動と同じ方向に移動して表示する。端末100は、選択されたオブジェクトが移動可能な状態であることを表示する。例えば、端末100は、選択されたオブジェクトに附加的なインジケータを表示するか、選択されたオブジェクトを振動、拡大又は縮小、シェーディング処理されるように表示し、オブジェクトが移動可能な状態であることを表示する。

0040

次に、端末100は、ジェスチャー入力の感知可否を判断する(S230)。
端末100は、或る方向にスワイプする(swipe)ジェスチャー、任意の形状を示すジェスチャー、任意の形状を形成するための動きジェスチャーなどを感知する。端末100は、ジェスチャー入力の方向、速度、形状、端末100からの距離などを感知する。具現例によっては、端末100は、ジェスチャー入力の代わりに近接入力、圧力入力などを感知する。

0041

端末100は、タッチ入力が維持された状態でジェスチャー入力を感知する。例えば、図5を参照すれば、端末100は、タッチ入力が感知され、感知された入力が続けて維持される状態でジェスチャー入力の発生を感知する。

0042

ジェスチャー入力が感知されれば、端末100は、スイッチングを行う(S240)。
端末100は、感知されたジェスチャー入力に対応するスイッチングを行う。端末100は、まず、ジェスチャー入力に対応するスイッチングを検索し、対応するスイッチングが存在すれば、該当スイッチングを行う。

0043

スイッチングは、ページスイッチング、フォルダスイッチング、タブスイッチング、アプリケーションスイッチング、作業スイッチングのうち何れか一つであってもよい。

0044

ページスイッチングは、選択されたオブジェクトを除いた残りのオブジェクトに対してページを移動する動作で構成される。ページスイッチングは、少なくとも一つのオブジェクトを含む複数のページで構成され、何れか一つのページに対して表示され、ユーザの要請によってページをめくるように構成される表示画面に対して行われる。例えば、ページスイッチングは、待機画面、ファイル又はフォルダリスト、選択可能なメニューリスト文書、e−book、フォンブックなどの表示画面に対して行われる。

0045

端末100は、選択されたオブジェクトをタッチ入力に対応して固定(hold)し、表示画面上で選択されたオブジェクトを除いた残りのオブジェクトに対するページスイッチングを行う。即ち、端末100は、選択されたオブジェクトがタッチ入力に対応する位置に固定された状態で、画面上に表示されたページの残りのオブジェクト(背景画面を含んでもよい)を左右又は上下に移動して他のページを表示することができる。このとき、ページスイッチングの方向及びページスイッチングの回数は、ジェスチャー入力の方向(左右又は上下)又は形状(例えば、任意の数を示す手の形)に対応して決定される。ページスイッチングによって画面には、表示されていたオブジェクトが消えて、他のページに含まれたオブジェクトが表示される。端末100は、ジェスチャー入力に対応する他のページが存在しない場合、ページスイッチングの動作を行わないか又はページが存在しないという内容のメッセージ、アイコン、イメージなどを表示する。

0046

例えば、図6を参照すれば、端末100は、タッチ入力に対応する待機画面のアイコンを選択する。このとき、端末100は、選択されたアイコンをシェーディング処理して表示する。そして、端末100は、ジェスチャー入力を感知することができる。端末100は、タッチ入力が維持される状態で、ジェスチャー入力を感知する。ジェスチャー入力はここでは、右側から左側方向にスワイプするジェスチャー入力である。端末100は、選択されたアイコンをタッチ入力に対応する位置に固定し、ページスイッチングを行う。即ち、端末100は、ジェスチャー入力に対応する方向にページを移動する。端末100は、選択されたオブジェクトを除いて画面上に表示された残りのオブジェクトを左側に移動して、右側に存在するページを画面上に表示させる。

0047

フォルダスイッチングは、選択されたオブジェクトのファイル経路に基づいて、フォルダ間を移動(navigate)する動作で構成される。フォルダスイッチングは、ファイル又はフォルダに対して行われる。例えば、フォルダスイッチングは、文書、イメージ、写真、e−book、音楽アプリケーション実行ファイル又はショートカットアイコンプログラム実行ファイル又はショートカットアイコン、提供サービス実行ファイル、又はショートカットアイコン、及びこれらを含むフォルダに対して行われる。

0048

端末100は、選択されたオブジェクトをタッチ入力に対応して固定(hold)し、選択されたオブジェクトのファイル経路を判断する。端末100は、ファイル経路に基づいて、ファイル経路における上位フォルダ又は下位フォルダに、若しくは、フォルダリストの前又は次のフォルダに、フォルダを移動する。このとき、フォルダスイッチングの上位フォルダ又は下位フォルダの決定、或いは、同一階層の前又は次のフォルダの決定は、ジェスチャー入力の方向(左右又は上下)又は形状(例えば、任意の数を示す手の形)に対応して決定される。フォルダスイッチングによって画面には、表示されていたオブジェクトが消えて、他のフォルダに含まれたオブジェクトが表示される。端末100は、ジェスチャー入力に対応する他のフォルダが存在しない場合、フォルダスイッチングの動作を行わないか又はフォルダが存在しないという内容のメッセージ、アイコン、イメージなどを表示する。

0049

例えば、図7を参照すれば、端末100は、ユーザのタッチ入力に対応するAlbum 1フォルダの写真を選択する。このとき、端末100は、選択された写真をシェーディング処理して表示する。そして、端末100は、ジェスチャー入力を感知する。端末100は、タッチ入力が維持される状態で、ジェスチャー入力を感知する。ジェスチャー入力は例えば、右側から左側方向にスワイプするジェスチャー入力である。端末100は、選択された写真をタッチ入力に対応する位置に固定し、フォルダスイッチングを行う。即ち、端末100は、ジェスチャー入力に対応する方向にフォルダを移動する。端末100は、選択されたオブジェクトを除いて画面上に表示された残りのオブジェクトを除去し、Album 1の次のフォルダであるAlbum 2に存在する写真リストを画面上に表示する。

0050

タブ(tab)スイッチングは、複数のタブで構成されるアプリケーション又はプログラムのタブを移動する動作で構成される。タブスイッチングは、複数のタブで構成されるウェブブラウザ、メニューウィンドウ、e−book、文書ビューアーなどのアプリケーション、又はプログラムに対して行われる。

0051

端末100は、選択されたオブジェクトをタッチ入力に対応して固定(hold)し、タブスイッチングを行う。即ち、端末100は、選択されたオブジェクトがタッチ入力に対応する位置に固定された状態で、現在表示されたタブ及び現在表示されたタブに含まれる少なくとも一つのオブジェクトを左右又は上下に移動して、他のタブ及び他のタブに含まれる少なくとも一つのオブジェクトを表示する。このとき、タブスイッチングの方向及び回数は、ジェスチャー入力の方向(左右又は上下)若しくは形状(例えば、任意の数を示す手の形)に対応して決定される。タブスイッチングによって画面には、表示されていたオブジェクトが消えて、他のタブに含まれるオブジェクトが表示される。端末100は、ジェスチャー入力に対応する他のタブが存在しない場合、タブスイッチングの動作を行わないか又は移動するタブが存在しないという内容のメッセージ、アイコン、イメージなどを表示できる。

0052

例えば、図8を参照すれば、端末100は、タッチ入力に対応して複数のタブで構成されるウェブブラウザのうち現在タブに表示された少なくとも一つのオブジェクトを選択する。ここでオブジェクトは例えば、ウェブページアドレス、任意のウェブページに対するリンクを含むテキスト、イメージ、アイコン、フラッシュなどの中の何れかである。このとき、端末100は、選択されたオブジェクトを色、字体、太さなどの変更、大きさ調節、シェーディング処理などによって表示する。端末100は、タッチ入力が維持される状態で、ジェスチャー入力を感知する。ジェスチャー入力は例えば、右側から左側方向にスワイプするジェスチャー入力である。端末100は、選択されたオブジェクトをタッチ入力が対応する位置に固定し、タブスイッチングを行う。即ち、端末100は、ジェスチャー入力に対応する方向にタブを移動する。端末100は、選択されたオブジェクトを除いて画面上に表示された残りのオブジェクトを消去して、別のタブに属するオブジェクトを選択されたオブジェクトと共にウェブブラウザ画面上に表示する。

0053

アプリケーション又は作業スイッチングは、選択されたオブジェクトに対してアプリケーション又は作業画面を切り替える動作を含む。アプリケーション又は作業スイッチングは、ユーザ又は端末の製造者によって予め設定されたアプリケーション又は作業間のスイッチングであるか、又は現在駆動中のアプリケーション又は作業間のスイッチングである。端末100は、アプリケーション又は作業スイッチングの際に移動するアプリケーション又は作業のリストを、ユーザ又は端末の製造者から入力として受けて、これを格納する。又は、端末100は、現在駆動中のアプリケーション又は作業を識別し、アプリケーション又は作業の選好度利用頻度、駆動された時間などに基づいてスイッチングを行う。アプリケーション又は作業は例えば、メッセージ、SNS、メール作成メモ作成、通話のうち少なくとも一つである。

0054

端末100は、タッチ入力に対応して選択されたオブジェクトを固定(hold)し、選択されたオブジェクトを除いた残りのオブジェクトに対するアプリケーション又は作業スイッチングを表示画面上で行うことができる。即ち、端末100は、選択されたオブジェクトがタッチ入力に対応する位置に固定された状態で、画面上に表示されたページの残りのオブジェクト(背景画面を含んでもよい)を左右又は上下に移動して、他のアプリケーション又は作業ウィンドウを表示する。このとき、スイッチングの方向及びスイッチングの回数は、ジェスチャー入力の方向(左右又は上下)又は形状(例えば、任意の数を示す手の模様)に対応して決定される。アプリケーション又は作業スイッチングによって画面には、表示されていたアプリケーション、作業、及びこれらを構成するオブジェクトが画面から消えて、他のアプリケーション、他の作業、及びこれらを構成するオブジェクトが表示される。端末100は、ジェスチャー入力に対応する他のアプリケーション又は作業が存在しない場合には、スイッチング動作を行わないか、アプリケーション又は作業が存在しないという内容のメッセージ、アイコン、イメージなどを表示する。

0055

例えば、図9を参照すれば、端末100は、タッチ入力に対応するイメージ(「Album1」中の1つのオブジェクト)を選択する。このとき、端末100は、選択されたイメージを拡大又は縮小、シェーディング、振動モーションなどで処理して表示できる。そして、端末100は、ジェスチャー入力を感知する。端末100は、タッチ入力が維持される状態で、ジェスチャー入力を感知できる。ジェスチャー入力は例えば、右側から左側方向にスワイプするジェスチャー入力である。端末100は、選択されたイメージをタッチ入力に対応する位置に固定し、アプリケーション又は作業スイッチングを行う。端末100は、ジェスチャー入力に対応する方向にスイッチングを行う。端末100は、選択されたイメージを除いて画面上に表示された残りのオブジェクトを左側に移動して消去し、前又は次の作業の画面を表示する。

0056

端末100は、アプリケーション又は作業スイッチングに対応して選択されたオブジェクトをアプリケーション又は作業に最適化したフォーマットに整列して表示する。端末100は、選択されたオブジェクトをアプリケーション又は作業に追加(add)、挿入(insert)、貼り付け(paste)、添付(attach)した時、最適化したフォーマットで表示し、プレビューを提供する。端末100は、オブジェクトを拡大、縮小、回転、拡張子変更、又は解像度変更して表示し、更に、オブジェクトが追加、挿入、貼り付け、添付されたことを示すテキスト、イメージ、アイコンなどを共に表示できる。

0057

例えば、図9を参照すれば、端末100は、アプリケーションが文字メッセージにスイッチングされた時、選択されたイメージをメッセージ入力ウィンドウに添付されたフォーマットで表示する。このとき、端末100は、文字メッセージにイメージが添付されたことを示すためのアイコンなどを共に表示する。また、端末100は、アプリケーションがメールにスイッチングされた時、選択されたイメージをメール入力ウィンドウに添付されたフォーマットで表示する。端末100は、メール作成のためのhtml、xmlなどのコードにイメージを添付するためのコードを追加して、イメージをメールに添付されたフォーマットで表示する。このとき、端末100は、メールにイメージファイルが添付されたことを示すためのファイル名、アイコン、ファイル添付メニューなどを共に表示する。

0058

次に、端末100は、タッチ入力終了(release)の有無を判断する(S250)。
端末100は、スイッチングが行われた後、又はジェスチャー入力が感知されない場合には、タッチ入力終了の有無を判断する。端末100は、ユーザが端末100のタッチスクリーンからタッチ入力ツール(ユーザの指先を含む)を取り外したことを検出して、タッチ入力が終了したか否かを判断する。

0059

タッチ入力が終了しなければ、端末100は、ジェスチャー入力の感知有無によってスイッチングを繰り返して行う。
逆に、タッチ入力が終了すれば、端末100は、終了動作を行う(S260)。

0060

終了動作は例えば、選択されたオブジェクトをタッチ入力に対応する位置に整列する動作、選択されたオブジェクトのリンクをウェブブラウザのタブで駆動する動作、オブジェクトをアプリケーション又は作業画面上に貼り付ける動作のうち何れか1つである。

0061

例えば、図6の実施例において、タッチ入力が終了すれば、端末100は、タッチ入力が終了した位置に選択されたアイコンを挿入して整列する。端末100は、タッチ入力に対応する位置にアイコンを挿入するために、当該ページ上でアイコンを移動、再整列する。端末100は、再整列されたページに対する情報を格納する。

0062

また、例えば、図7の実施例において、タッチ入力が終了すれば、端末100は、タッチ入力が終了した位置に選択されたイメージを挿入して整列する。端末100は、イメージを挿入するために、移動されたフォルダのイメージリストを再整列する。端末100は、該当フォルダ又は該当経路に選択されたイメージを移動して格納し、フォルダ又はイメージに対する情報を更新する。

0063

例えば、図8の実施例において、タッチ入力が終了すれば、端末100は、タッチ入力が終了したウェブブラウザのタブから選択されたオブジェクトのリンクを駆動する。端末100は、該当リンクによって駆動されたウェブページを表示し、ウェブページを構成するテキスト、イメージ、フラッシュなどを表示する。

0064

また、例えば、図9の実施例において、タッチ入力が終了すれば、端末100は、タッチ入力が終了したアプリケーション又は作業画面上に選択されたオブジェクトを追加、挿入、貼り付け、又は、添付する。端末100は、選択されたイメージを文字メッセージに添付し、文字メッセージ作成ウィンドウに挿入する。また、端末100は、選択されたイメージをSNSに掲示できるように、文作成モードを実行して文作成ウィンドウに選択されたイメージを添付する。

0065

端末100は、上述した例に限定されず、本発明が適用される範囲内でタッチ終了感知に対応して多様な動作を実行できる。

0066

本発明が属する技術分野で通常の知識を有する者であれば、本発明の本質的な特性から外れない範囲で多様な修正及び変形が可能である。従って、本発明に開示された実施例は、本発明の技術思想を限定するためのものでなく、説明するためのものであり、このような実施例によって本発明の技術思想の範囲は限定されない。本発明の保護範囲は、本願の特許請求の範囲によって解釈されるべきであり、それと同等な範囲内にある全ての技術思想は、本発明の権利範囲に含まれるものと解釈されなければならない。

0067

100端末
110 入力部
120 制御部
130 格納部
140 表示部

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ