図面 (/)

技術 部品供給装置

出願人 株式会社FUJI
発明者 清水利律山崎敏彦大橋広康村井正樹
出願日 2012年7月9日 (8年5ヶ月経過) 出願番号 2012-154158
公開日 2014年1月30日 (6年11ヶ月経過) 公開番号 2014-017385
状態 特許登録済
技術分野 電気部品の供給・取り付け
主要キーワード 集塵ダクト内 画像処理エラー 部品実装空間 集塵孔 湾曲形 集塵ノズル 稼働期間 移動エリア
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2014年1月30日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (5)

課題

部品実装機テープフィーダ改造を必要とせずに、テープフィーダにセットした部品供給テープカバーテープ剥離時に発生する塵の問題を解決できるようにする。

解決手段

部品実装機12に着脱可能にセットされる部品供給装置11のフィーダセット台14上に多数のテープフィーダ15が搭載される。部品供給装置11には、各テープフィーダ15にセットした部品供給テープのトップテープ剥離時に発生する塵を部品供給テープの排出方向に沿って吸引して集塵する集塵装置22が設けられている。テープフィーダ15から部品供給テープを排出するテープ排出ダクト18の入口が集塵装置22の吸入口として利用され、テープ排出ダクト18の入口から該テープ排出ダクト18内に吸入した空気を、該テープ排出ダクト18の上面部の集塵孔23から集塵ダクト24内に吸入して集塵フィルタ26で濾過して排気ダクト28を通して外部に排出する。

概要

背景

複数のテープフィーダを搭載した部品供給装置は、部品実装機にセットされ、各テープフィーダに保持したテープリールから引き出した部品供給テープピッチ送りして、該部品供給テープ上面のトップテープカバーテープ)を部品吸着位置の手前で剥離して該部品供給テープ内の部品露出させ、該部品吸着位置で、部品実装機の吸着ノズル下降させて該部品供給テープ内の部品を吸着して回路基板実装するようにしている。部品供給テープからトップテープを剥離する際に微小な塵が発生するため、部品実装機の稼働期間が長くなると、この塵が装置内の様々な場所に堆積して装置内部を汚すだけでなく、その塵が空気中を浮遊して吸着ノズルや部品に付着して、部品吸着不良や実装不良が発生したり、カメラ撮像した部品画像に塵が写り込んで画像処理エラー誤認識が発生する原因にもなる。

そこで、特許文献1(特開2005−277212号公報)に記載されているように、部品実装機の部品実装空間をほぼ閉鎖空間に構成して、該部品実装空間内外気を導入して該部品実装空間内の気圧大気圧よりも高めることで、該部品実装空間の外部でカバーテープ剥離時に発生した塵が部品実装空間内に侵入しないようにしたものがある。

或は、特許文献2(特開2010−109109号公報)に記載されているように、各テープフィーダの部品供給テープの通路又はその近傍に、カバーテープ剥離時に発生した塵を吸入する集塵ノズルを設けたものがある。

概要

部品実装機やテープフィーダの改造を必要とせずに、テープフィーダにセットした部品供給テープのカバーテープ剥離時に発生する塵の問題を解決できるようにする。部品実装機12に着脱可能にセットされる部品供給装置11のフィーダセット台14上に多数のテープフィーダ15が搭載される。部品供給装置11には、各テープフィーダ15にセットした部品供給テープのトップテープ剥離時に発生する塵を部品供給テープの排出方向に沿って吸引して集塵する集塵装置22が設けられている。テープフィーダ15から部品供給テープを排出するテープ排出ダクト18の入口が集塵装置22の吸入口として利用され、テープ排出ダクト18の入口から該テープ排出ダクト18内に吸入した空気を、該テープ排出ダクト18の上面部の集塵孔23から集塵ダクト24内に吸入して集塵フィルタ26で濾過して排気ダクト28を通して外部に排出する。

目的

本発明が解決しようとする課題は、部品実装機やテープフィーダの改造を必要とせず、既存の部品実装機や既存のテープフィーダを使用しながら、カバーテープ剥離時に発生する塵の問題を解決できる部品供給装置を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

複数のテープフィーダを搭載し、各テープフィーダにセットした部品供給テープトップテープ剥離して該部品供給テープ内の部品部品実装機に供給する部品供給装置において、前記複数のテープフィーダにセットした部品供給テープのトップテープの剥離時に発生する塵を吸引して集塵する集塵装置を備えていることを特徴とする部品供給装置。

請求項2

前記集塵装置は、前記トップテープの剥離時に発生する塵を該部品供給テープの排出方向に沿って吸引して集塵するように構成されていることを特徴とする請求項1に記載の部品供給装置。

請求項3

前記複数のテープフィーダから排出される部品供給テープを下方へ湾曲させるようにガイドするテープ排出ダクトを備え、前記テープ排出ダクトの上面部のうちの前記テープフィーダに近い方の部分に集塵孔が形成され、前記集塵装置は、前記部品供給テープのトップテープの剥離時に発生する塵を前記テープ排出ダクトの集塵孔を通して該テープ排出ダクトの外側に吸引することを特徴とする請求項1又は2に記載の部品供給装置。

請求項4

前記集塵装置は、吸引する空気をガイドする集塵ダクトと、この集塵ダクトの排気側に装着された集塵フィルタと、前記集塵ダクト内の空気を前記集塵フィルタを通して吸引するファンとを備えていることを特徴とする請求項1乃至3のいずれかに記載の部品供給装置。

技術分野

0001

本発明は、複数のテープフィーダを搭載した部品供給装置に関する発明である。

背景技術

0002

複数のテープフィーダを搭載した部品供給装置は、部品実装機にセットされ、各テープフィーダに保持したテープリールから引き出した部品供給テープピッチ送りして、該部品供給テープ上面のトップテープカバーテープ)を部品吸着位置の手前で剥離して該部品供給テープ内の部品露出させ、該部品吸着位置で、部品実装機の吸着ノズル下降させて該部品供給テープ内の部品を吸着して回路基板実装するようにしている。部品供給テープからトップテープを剥離する際に微小な塵が発生するため、部品実装機の稼働期間が長くなると、この塵が装置内の様々な場所に堆積して装置内部を汚すだけでなく、その塵が空気中を浮遊して吸着ノズルや部品に付着して、部品吸着不良や実装不良が発生したり、カメラ撮像した部品画像に塵が写り込んで画像処理エラー誤認識が発生する原因にもなる。

0003

そこで、特許文献1(特開2005−277212号公報)に記載されているように、部品実装機の部品実装空間をほぼ閉鎖空間に構成して、該部品実装空間内外気を導入して該部品実装空間内の気圧大気圧よりも高めることで、該部品実装空間の外部でカバーテープ剥離時に発生した塵が部品実装空間内に侵入しないようにしたものがある。

0004

或は、特許文献2(特開2010−109109号公報)に記載されているように、各テープフィーダの部品供給テープの通路又はその近傍に、カバーテープ剥離時に発生した塵を吸入する集塵ノズルを設けたものがある。

先行技術

0005

特開2005−277212号公報
特開2010−109109号公報

発明が解決しようとする課題

0006

しかし、特許文献1の構成では、カバーテープ剥離時に発生した塵が部品実装機の部品実装空間内に侵入しないように構成しているため、これを実現する装置の構成が全体的に大型化してしまい、部品実装機の大型化やコストアップを招くという欠点がある。

0007

また、特許文献2の構成では、各テープフィーダにそれぞれ集塵ノズルを設ける構成であるため、テープフィーダを改造する必要があり、集塵ノズルが設けられていない既存のテープフィーダを用いると、集塵効果が全く得られない。

0008

そこで、本発明が解決しようとする課題は、部品実装機やテープフィーダの改造を必要とせず、既存の部品実装機や既存のテープフィーダを使用しながら、カバーテープ剥離時に発生する塵の問題を解決できる部品供給装置を提供することである。

課題を解決するための手段

0009

上記課題を解決するために、請求項1に係る発明は、複数のテープフィーダを搭載し、各テープフィーダにセットした部品供給テープのトップテープを剥離して該部品供給テープ内の部品を部品実装機に供給する部品供給装置において、前記複数のテープフィーダにセットした部品供給テープのトップテープの剥離時に発生する塵を吸引して集塵する集塵装置を設けた構成としたものである。この構成では、トップテープの剥離時に発生する塵を吸引して集塵する集塵装置を部品供給装置に設けているため、部品実装機やテープフィーダの改造を必要とせず、既存の部品実装機や既存のテープフィーダを使用しながら、カバーテープ剥離時に発生する塵の問題(部品吸着不良、実装不良、画像処理エラー、誤認識等)を解決できると共に、部品実装機やテープフィーダの大型化・コストアップ等の問題も解決できる。

0010

ところで、トップテープの剥離時に発生する塵を吸引する方向が部品供給テープの排出方向に沿っていないと、テープフィーダから排出される部品供給テープが集塵装置の吸引力の作用方向に曲げられて、部品供給テープの排出が妨げられる可能性がある。このため、集塵装置の吸引力を弱くしなければならず、集塵能力が制限されてしまう。

0011

そこで、請求項2のように、トップテープの剥離時に発生する塵を該部品供給テープの排出方向に沿って吸引して集塵するように集塵装置を構成すると良い。このようにすれば、部品供給テープに作用する集塵装置の吸引力の方向が部品供給テープの排出方向に沿った方向となるため、集塵装置の吸引力を強くしても、部品供給テープの排出が集塵装置の吸引力で妨げられることがなく、スムーズに部品供給テープを排出することができる。これにより、部品供給テープの排出性と集塵能力(吸引力)の増大とを両立させることができる。

0012

本発明は、請求項3のように、部品供給装置に、複数のテープフィーダから排出される部品供給テープを下方へ湾曲させるようにガイドするテープ排出ダクトを設け、このテープ排出ダクトの上面部のうちのテープフィーダに近い方の部分に集塵孔を形成し、集塵装置は、部品供給テープのトップテープの剥離時に発生する塵を前記テープ排出ダクトの集塵孔を通して該テープ排出ダクトの外側に吸引するように構成しても良い。この構成では、部品供給テープの排出方向にテープ排出ダクトの入口が位置し、該テープ排出ダクトの上面部が下方に湾曲するため、該テープ排出ダクトの上面部のうちのテープフィーダに近い方の部分に集塵孔を形成すれば、部品供給テープの排出方向にテープ排出ダクトの上面部の集塵孔が位置した形態となる。これにより、テープ排出ダクトの入口を集塵装置の吸入口として利用して、トップテープ剥離位置周辺の空気を効率良く部品供給テープの排出方向に沿って吸引することが可能となり、集塵能力を高めることができる。

0013

更に、請求項4のように、集塵装置は、吸引する空気をガイドする集塵ダクトと、この集塵ダクトの排気側に装着された集塵フィルタと、前記集塵ダクト内の空気を前記集塵フィルタを通して吸引するファンとを備えた構成とすると良い。集塵ダクトを設けることで、空気を効率良く吸引して集塵フィルタで吸入空気中の塵を効率良く捕集することができ、塵を含んだ空気が外部に排出されることを防止できる。

図面の簡単な説明

0014

図1は本発明の一実施例を示す部品供給装置の縦断面図である。
図2は部品供給装置の斜視図である。
図3は集塵ダクトを取り外して示す集塵装置とその周辺部分の斜視図である。
図4は集塵装置部分を破断して示す斜視図である。

実施例

0015

以下、本発明を実施するための形態を具体化した一実施例を説明する。
部品供給装置11は、部品実装機12に着脱可能にセットされる。部品供給装置11の脚部にはキャスタ13が設けられ、作業者が部品供給装置11を押して移動できるようになっている。部品供給装置11の上部には、フィーダセット台14が設けられ、該フィーダセット台14上に、多数のテープフィーダ15が着脱可能に搭載される。

0016

各テープフィーダ15には、それぞれ部品供給テープが巻回されたテープリール16が装着され、該テープリール16から引き出した部品供給テープを部品吸着位置へピッチ送りして、該部品供給テープ上面のトップテープ(カバーテープ)を部品吸着位置の手前で剥離して該部品供給テープ内の部品を露出させ、該部品吸着位置において、部品実装機12の吸着ノズル(図示せず)で該部品供給テープ内の部品を吸着して回路基板に実装するようにしている。

0017

部品供給装置11の上部の奥側(部品供給テープの排出方向側)には、フィーダセット台14上の各テープフィーダ15から排出される部品供給テープ(キャリアテープ)を下方へ湾曲させるようにガイドするテープ排出ダクト18が設けられ、該テープフィーダ15の部品供給テープの排出方向にテープ排出ダクト18の入口が位置している。テープ排出ダクト18の入口は、フィーダセット台14上の各テープフィーダ15のテープ排出部と対向するように横長に形成されている。テープ排出ダクト18の出口下端開口)には、テープカッタ19が設けられ、該テープカッタ19で部品供給テープが切断され、切断された部品供給テープが部品供給装置11の下部のテープ回収ボックス21内に回収される。

0018

部品供給装置11の奥側には、フィーダセット台14上の各テープフィーダ15にセットした部品供給テープのトップテープ剥離時に発生する塵を該部品供給テープの排出方向に沿って吸引して集塵する集塵装置22が設けられている。以下、この集塵装置22の構成を説明する。

0019

テープ排出ダクト18の上面部のうちのフィーダセット台14上の各テープフィーダ15のテープ排出部に近い方の部分に、多数の集塵孔23(図3参照)が各テープフィーダ15のテープ排出方向に位置するように形成されている。部品供給テープが集塵孔23に吸い込まれるのを防止するために、各集塵孔23の孔径は部品供給テープの幅より小さく設定されている。集塵装置22の集塵ダクト24は、テープ排出ダクト18の上面部に沿って下方に湾曲するように形成され、その吸入側開口端部がテープ排出ダクト18の上面部に連結され、その吸入側の開口端部の内側に全ての集塵孔23が位置している。

0020

テープ排出ダクト18の入口が集塵装置22の吸入口としても利用され、テープ排出ダクト18の入口から該テープ排出ダクト18内に吸入した空気が、該テープ排出ダクト18の上面部の集塵孔23から集塵ダクト24内に吸入され、該集塵ダクト24の湾曲形状に沿って下方へガイドされるようになっている。

0021

集塵ダクト24の排気側には、空気中の塵を捕集する集塵フィルタ26が着脱可能に装着され、テープ排出ダクト18内に吸入した空気を集塵フィルタ26で濾過して排出するようになっている。この集塵フィルタ26の下方(排気側)には、集塵ダクト24内の空気を集塵フィルタ26を通して吸引するファン27が1台又は複数台設けられている。ファン27の排気側(下側)には、排気ダクト28が下方に延びるように設けられ、ファン27から吹き出された空気が排気ダクト28内を下方にガイドされ、該排気ダクト28の下端の排気口から外部に排出されるようになっている。

0022

以上説明した本実施例によれば、部品供給装置11のフィーダセット台14上の各テープフィーダ15にセットした部品供給テープのトップテープの剥離時に発生する塵を吸引して集塵する集塵装置22を部品供給装置11に設けているため、部品実装機12やテープフィーダ15の改造を必要とせず、既存の部品実装機12や既存のテープフィーダ15を使用しながら、カバーテープ剥離時に発生する塵の問題(部品吸着不良、実装不良、画像処理エラー、誤認識等)を解決できると共に、部品実装機12やテープフィーダ15の大型化・コストアップ等の問題も解決できる。

0023

ところで、トップテープの剥離時に発生する塵を吸引する方向が部品供給テープの排出方向に沿っていないと、テープフィーダから排出される部品供給テープが集塵装置の吸引力の作用方向に曲げられて、部品供給テープの排出が妨げられる可能性がある。このため、集塵装置の吸引力を弱くしなければならず、集塵能力が制限されてしまう。

0024

この対策として、本実施例では、フィーダセット台14上の各テープフィーダ15にセットした部品供給テープのトップテープの剥離時に発生する塵を該部品供給テープの排出方向に沿って吸引して集塵するように構成しているため、集塵装置22の吸引方向がフィーダセット台14上の各テープフィーダ15の部品供給テープの排出方向に沿った方向となり、部品供給テープの排出が集塵装置22の吸引力で妨げられることがなく、スムーズに部品供給テープを排出することができる。これにより、部品供給テープの排出性と集塵能力(吸引力)の増大とを両立させることができる。

0025

ところで、フィーダセット台14上の各テープフィーダ15の上方のスペースは、部品実装機12の吸着ノズルの移動スペースとして使用されるため、テープフィーダ15の上方に集塵装置22の吸入口を設けるスペース的な余裕がない。特に、部品実装機12の部品吸着・実装速度を高速化した高速実装機では、吸着ノズルの昇降量を必要最小限に設定しているため、テープフィーダ15の上方に集塵装置22の吸入口を設けるのがスペース的に困難である。

0026

この点を考慮して、本実施例では、フィーダセット台14上の各テープフィーダ15の部品供給テープの排出方向にテープ排出ダクト18が設けられていることに着目して、このテープ排出ダクト18の上面部のうちのテープフィーダ15に近い方の部分に集塵孔23を形成しているため、フィーダセット台14上の各テープフィーダ15の部品供給テープの排出方向にテープ排出ダクト18の上面部の集塵孔23が位置した形態となる。これにより、テープ排出ダクト18の入口を集塵装置22の吸入口として利用して、トップテープ剥離位置の周辺の空気を効率良く部品供給テープの排出方向に吸引することができ、集塵能力を高めることができる。

0027

尚、テープ排出ダクト18の下面側にスペース的な余裕がある場合は、テープ排出ダクト18の下面部に、部品供給テープの幅より孔径が小さい多数の集塵孔を形成し、テープ排出ダクト18の下面側に、集塵ダクト、集塵フィルタ、ファン、排気ダクトを設けた構成としても良い。

0028

その他、本発明は、上記実施例に限定されず、例えば、部品実装機12の吸着ノズルの移動エリア干渉しない範囲内で集塵ダクトの吸入口を配置して、該吸入口からトップテープ剥離位置の周辺の空気を集塵ダクト内に吸入するようにしても良い等、要旨を逸脱しない範囲内で種々変更して実施できることは言うまでもない。

0029

11…部品供給装置、12…部品実装機、14…フィーダセット台、15…テープフィーダ、16…テープリール、18…テープ排出ダクト、19…テープカッタ、21…テープ回収ボックス、22…集塵装置、23…集塵孔、24…集塵ダクト、26…集塵フィルタ、27…ファン、28…排気ダクト

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社FUJIの「 トレイ排出システム及び生産ジョブ作成方法」が 公開されました。( 2018/07/05)

    【課題】トレイ型部品供給装置において、空のトレイを自動排出するための準備作業を簡略化する。【解決手段】トレイ型部品供給装置(11)から引き出されたパレット(15)上の空のトレイ(14)をその上方から吸... 詳細

  • ヤマハ発動機株式会社の「 部品実装機、基板搬送装置」が 公開されました。( 2018/06/28)

    【課題】基板の搬送方向の変更に対応可能な技術を提供する。【解決手段】基板に部品を実装する実装ヘッドと、所定方向に平行な搬送経路に沿って基板を搬送する基板搬送部と、搬送経路に突出する進出位置と搬送経路か... 詳細

  • パナソニックIPマネジメント株式会社の「 部品実装装置および部品実装方法」が 公開されました。( 2018/06/28)

    【課題】真空吸引系統、または、エアブロー系統の異常を適切に検出することができる部品実装装置および部品実装方法を提供する。【解決手段】部品実装装置1は、真空吸引する真空吸引手段(真空ポンプ19)と、正圧... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ