図面 (/)

技術 丸顔動物用噛みつき防止具

出願人 鎗山幸作代
発明者 鎗山幸作代
出願日 2012年7月4日 (7年8ヶ月経過) 出願番号 2012-150178
公開日 2014年1月23日 (6年2ヶ月経過) 公開番号 2014-011966
状態 特許登録済
技術分野 家畜、動物の飼育(3)(その他の飼育)
主要キーワード 保護カラー 首部周囲 目隠し状態 美容サロン 引っ掛かり部分 硬質素材 手当て 防止具
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2014年1月23日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (9)

課題

猫用トリミング治療などで噛みつ防止具犬用口輪代用すると、前肢引っかけてすぐに取り外されてしまうという課題があり、丸顔動物用に改良した口輪もと目が合うことで威嚇されるという課題があった。

解決手段

一方を開口してなる丸顔動物頭部全体収納する収納部本体と、収納部本体の開口部に連接してなる収納調節部とを有し、収納調整部は丸顔動物の頭部の大きさに合わせて自在に変形できるカバーと、カバーを丸顔動物に固定するための固定部からなり、丸顔動物の頭部全体を覆うことで、丸顔動物は取り外すことが出来なくなり、かつ、収納部本体を被せることにより使用者と丸顔動物が目を合わさないため丸顔動物が大人しくなる。

概要

背景

従来の動物の噛みつき防止は一番種類の多いの顔の形に合わせて作られているものが多く、用途は犬の噛みつき防止として着用するものであった。いわゆる犬の口輪である。一方、の様な丸顔の形に合わせた丸顔動物用噛みつき防止具というのは一般的に使用されておらず、噛みついてくる丸顔動物、例えば猫には犬用の口輪を使うしかなかった。

近年、この丸顔動物用噛みつき防止、もしくは、口を固定するものとして犬のように顔が長い動物の口輪ではなく、丸顔の顔にあった口輪のような物が提案されている。(特許文献1参照)
また、従来の動物の口周り囲うものとして保護カラーがあり、保護カラーの大きな開口部を塞いで覆いを設けた動物用保護カラーが提案されていた。(特許文献2参照)
また、目隠し付きの口輪も提案されているが、犬のように、顔が長い動物用のために提案されているもので、丸顔動物には、装着が難しいものであった。(特許文献3参照)

概要

猫用トリミング治療などで噛みつき防止具を犬用の口輪で代用すると、前肢引っかけてすぐに取り外されてしまうという課題があり、丸顔動物用に改良した口輪も猫と目が合うことで威嚇されるという課題があった。一方を開口してなる丸顔動物の頭部全体収納する収納部本体と、収納部本体の開口部に連接してなる収納調節部とを有し、収納調整部は丸顔動物の頭部の大きさに合わせて自在に変形できるカバーと、カバーを丸顔動物に固定するための固定部からなり、丸顔動物の頭部全体を覆うことで、丸顔動物は取り外すことが出来なくなり、かつ、収納部本体を被せることにより使用者と丸顔動物が目を合わさないため丸顔動物が大人しくなる。

目的

本発明はこのような従来の問題点である、猫が前肢の爪を使って噛みつき防止具又は口輪などを取り外さないように、かつ、猫が威嚇しないで、おとなしくなるような丸顔動物用噛みつき防止具を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

一方を開口してなる丸顔動物頭部全体収納する収納部本体と、前記収納部本体の開口部に連接してなる収納調節部とを有し、前記収納調整部は丸顔動物の頭部の大きさに合わせて自在に変形できるカバーと、前記カバーを丸顔動物に固定するための固定部からなる丸顔動物用みつ防止具

請求項2

丸顔動物用噛みつき防止具本体の表面を硬質素材で構成し、前記硬質素材の表面は平滑に形成することにより丸顔動物の爪が滑るようにしてなる請求項1項記載の丸顔動物用噛みつき防止具。

請求項3

丸顔動物の頭部に、全体を収納する収納部本体を、被せた時に使用者と目を合わせられない位置に、空気孔を有した請求項1項または2項記載の丸顔動物用噛みつき防止具。

技術分野

0001

本発明は、丸顔動物の噛みつき防止のための丸顔動物用噛みつき防止具に関するものである。

背景技術

0002

従来の動物の噛みつき防止は一番種類の多いの顔の形に合わせて作られているものが多く、用途は犬の噛みつき防止として着用するものであった。いわゆる犬の口輪である。一方、の様な丸顔の形に合わせた丸顔動物用噛みつき防止具というのは一般的に使用されておらず、噛みついてくる丸顔動物、例えば猫には犬用の口輪を使うしかなかった。

0003

近年、この丸顔動物用噛みつき防止、もしくは、口を固定するものとして犬のように顔が長い動物の口輪ではなく、丸顔の顔にあった口輪のような物が提案されている。(特許文献1参照)
また、従来の動物の口周り囲うものとして保護カラーがあり、保護カラーの大きな開口部を塞いで覆いを設けた動物用保護カラーが提案されていた。(特許文献2参照)
また、目隠し付きの口輪も提案されているが、犬のように、顔が長い動物用のために提案されているもので、丸顔動物には、装着が難しいものであった。(特許文献3参照)

先行技術

0004

特開2000−60879号公報
特開2011−130684号公報
登録実用新案第3111644号公報

発明が解決しようとする課題

0005

丸顔動物(以下、猫の場合で説明する)に犬用の口輪を装着すると猫の顔の形に合わず、たとえ、猫の頭部の大きさに合わせた犬用の口輪を猫に装着しても、猫は前肢器用で爪で口輪を引っ掛けたりして、すぐに犬用の口輪を取り外してしまうという課題があった。
また、猫のトリミング動物病院などで治療する際には、猫は目の前に見えている人に対して威嚇して噛みつこうとするため、提案されている丸顔動物用の口輪では扱いは簡単ではないという課題があった。

0006

さらに、猫は前肢が器用で口輪を取り外そうとするので口輪に猫の爪が引っかかり、取れてしまうという課題があった。
一方、猫の前肢で取れないようにするためのエリザベスカラーに覆いを設けたものが提案されているが、目が使用者と合うと猫は威嚇するため、扱いは困難であった。即ち、一般的に猫は目を合わせると威嚇するタイプが多くあり、同様に装着時も威嚇などで手間がかかり、最後は防ぎきれない場合があった。

0007

本発明はこのような従来の問題点である、猫が前肢の爪を使って噛みつき防止具又は口輪などを取り外さないように、かつ、猫が威嚇しないで、おとなしくなるような丸顔動物用噛みつき防止具を提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0008

本発明は、一方を開口してなる丸顔動物(例えば猫のような動物)の頭部全体収納する収納部本体と、収納部本体の開口部に連接してなる収納調節部とを有し、収納調整部は丸顔動物の頭部の大きさに合わせて自在に変形できるカバーと、カバーを丸顔動物に固定するための固定部からなる。

0009

また、丸顔動物用噛みつき防止具本体の表面を硬質素材で構成し、硬質素材の表面は平滑に形成することにより丸顔動物の爪が滑るようにしてなる。

0010

さらに、丸顔動物の頭部全体を収納する収納部本体を被せた時に使用者と目を合わせられない位置に空気孔を有することを特徴とする。

発明の効果

0011

本発明の効果は噛みつく猫に本発明の丸顔動物用噛みつき防止具を被せることにより猫と目が合い威嚇されることなく、また、爪が引っかからない素材とすることにより、前肢の爪などで引っかけて丸顔動物用噛みつき防止具を取り外してしまうことをなくすことで、安心して丸顔動物の猫のトリミングや動物病院などでの猫の治療ができるようにする効果がある。

図面の簡単な説明

0012

本発明の実施例1における外観側面図である。
本発明の実施例1における外観正面図である。
本発明の実施例1における装着後の外観図である。
本発明の実施例1における猫に被せた外観図である。
本発明の実施例2における外観側面図である。
本発明の実施例2における猫に被せた外観図である。
本発明の実施例3における外観側面図である。
本発明の実施例3における猫に被せた外観図である。

0013

図1は、本発明の丸顔動物用噛みつき防止具の実施例1の外観側面図である。

0014

図1において1は外部を視認出来ない不透明な、もしくは、半透明で変形し難い硬質素材で形成してある猫の頭部全体を収納する収納部本体で、略球形をしている。2は頭部全体を収納する収納部本体1の空気孔、3は収納部本体1を猫(図示せず)の頭部に被せた時に猫の首部周囲に装着する収納調整部、4は収納調整部3で首の大きさや太さに応じて自在に変形できるカバー、5は収納調整部3のカバー4を猫の首の大きさに合わせて固定する固定部である。固定部5はカバー4の開口してある部分に設け、装着ひも6と装着ひも6で首の大きさに合わせた後固定する固定具7とからなる。なお、収納本体1は形を固定できる程度の硬質素材で構成してあり、本実施例1では硬質樹脂である。かつ、硬質樹脂の表面は平滑で、猫の爪が滑るように形成してある。カバー4も同様に樹脂の布製でできており、猫の爪が引っかからない滑りやすい表面処理をした表面材を使用している。なお、カバー4の一方は頭部全体の収納部本体1と周囲固定されており、他方は猫の頭に被せるために開口してある。

0015

図2は収納部本体1を上から見た外観図である。空気孔2は猫の目が外を見ることができない、かつ、目を合わせられないところに設けてある。ここでは3か所に設けてある、空気孔2は猫が呼吸をできればよいので、必須ではないが隙間から空気を取り入れるより確実性があるため、本実施例1では猫の目が外を見ることができない位置に設けてある。
上記の構成により収納部本体1は猫の大きさに比べ大きく、かつ自在に変形するカバー4により猫の頭部を覆うことができる。以下、図1図3図4にて説明する。

0016

図3は収納調整部3を猫の頭部に合わせて閉じた外観図で、図4は猫に被せた状態を表している。猫に装着するときには図1に示すように、固定具7で装着ひも6を緩め、カバー4を広げて猫の頭部に被せて、その後、図3または図4に示すように猫の首の大きさ、太さに応じてカバー4を閉じる方向に装着ひも6を巾着方式のような形で絞り、猫の首部周囲で固定具7にて固定する。

0017

頭部全体の収納部本体1は略球形がベストであるが、略円柱形、変形しない、または変形しにくい樹脂製等で作られている。また、猫の顔の形に合わせた部分的なラクビーボール型成型して形を構成してもよい。いずれも前肢で外れない形状、すなわち引っ掛かり部分を少なくして猫の前肢で取られない構成であればよい。従って、樹脂成型すれば猫の顔の形状に合わせて多少の凹凸があっても構わない。

0018

実際に被せた状態を示すと、図4でわかるように猫の首から上がすっぽりと全部被さるようになっている。頭部全体を収納する収納部本体1が略球形、そして、収納調整部3は猫の爪に引っかからないような滑らかな素材としてあるので、トリミングや動物病院での治療をいやがって、前肢で外そうとしても前肢が引っかかるところがなければ、爪がひっかかる個所もないので、外そうとしても外れないようになっている。

0019

猫は首部周囲のところで装着ひも6にて固定された頭部全体の収納部本体1を被ることにより、空気孔2があるため呼吸はできるが、頭部全体を覆っている収納部本体1のため、対応する人間と目を合わさないようになるため、おとなしくなるという効果を有する。また、トリミングの際、ドライヤー熱風が、かかるため、中の空気が熱くならないような役割もある。
なお、空気孔2は必須ではなく、装着ひもをゆるく縛ることで、取り外せないようにできれば、空気孔2が無くとも呼吸はできる。空気孔2が無いため、猫に被せる時から光が入らず、早くおとなしくなる。

0020

図5に示すように収納調整部3を、合皮ビニール製・布製などの素材のベルト式装着部8にすると、自由な配置を確保し、開閉自在に閉めることができ、猫に被せる前は、ベルト式装着部を緩めておき収納部本体1を、図6のように頭部に被せた後、猫の首の大きさ・太さに応じて、ベルトの穴で調節して閉じると、これもまた、巾着方式のような絞り口で、猫の首部周囲で固定されるが、ベルト式にすることにより一定の固定状態になるため外れる事はなくなる。なお、ベルト式装着部8は実施例1の固定部5に相当する部分である。

0021

図7に示すように、収納調整部3を、面ファスナー式装着部9にすると、自由な配置を確保し開閉自在に閉めることができ、猫に被せる前は面ファスナー装着部9の面ファスナー10を緩めて、切り込みが入っているため、広めに開口でき、収納部本体1を頭部に被せやすい特徴があり、頭部を被せた後、図8のように、猫の首の大きさ、太さに応じて面ファスナー10で調節して閉じると、これも、巾着方式のような絞り口で、猫の首部周囲で固定され、着脱もしやすい特徴もある。なお、面ファスナー式装着部9は実施例1の固定部5に相当する部分であり、面ファスナー10は実施例1の固定具7に相当する部分である。

実施例

0022

以上説明してきたように、本実施形態によれば頭部全体を覆う形の決まった収納部本体1と形を自在に変形できる収納調整部3とから構成され、収納調整部3は猫の頭部の大きさに合わせて自在に変形できるカバー4と、カバー4を猫に固定するための固定部5からなっているので、猫に被せる時に猫が使用者に対して威嚇する前に、形の決まった部分を持って一気に被せることができ、かつ、自在に大きさを変えることができるため、被せる時、固定する時、取る時も簡単に猫に負担をかけず一気に外せるという効果がある。

0023

変形し難い硬質素材の頭部全体の収納部本体により猫は目隠し状態になり、かつ、前肢で取れないことから、猫に対する美容行為、医療行為などの手当てが速やかにできることから、ペット美容サロンでの猫のトリミングや動物病院での診察などで手軽に使うことができる。

0024

1収納部本体
2空気孔
3 収納調整部
4カバー
5 固定部

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社アクトの「 洗浄装置」が 公開されました。( 2019/09/12)

    【課題】残渣が発生しにくく、衛生的な洗浄装置を提供する。【解決手段】乳頭200を収容する容器100と、容器100と乳頭200との間に洗浄液300を流入させて乳頭200を洗浄する噴射口130及び135並... 詳細

  • 西村博の「 老犬介護用尿受け具」が 公開されました。( 2019/09/12)

    【課題】老犬介護の排尿時、老犬を両手で支えながら使用できること、飛沫も含め受け損ね難いこと、使用後に手から放して置いてもこぼれ難いこと、置きっぱなしにしている尿受け具を犬や人が踏んでもこぼれ難いこと、... 詳細

  • 安藤和正の「 ペット用万能介護ベッド」が 公開されました。( 2019/09/12)

    【課題】 犬や猫(以下、ペットと略称)が体調や病状合わせて安全に乗せられることができ、もたれ掛けてもペット自身の力で歩行ができ休息もできる、またリハビリと介護の時に労力の負担を軽減でき、かつ飼い主の... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ