図面 (/)

技術 仕切板取付装置

出願人 株式会社オカムラ
発明者 山本崇之
出願日 2012年6月25日 (8年8ヶ月経過) 出願番号 2012-142100
公開日 2014年1月16日 (7年1ヶ月経過) 公開番号 2014-004145
状態 特許登録済
技術分野 テーブル、机、サービス用ワゴン 家具の細部 書棚、ライティング・ビューロー、本立等
主要キーワード 通常規格 机上用 間隙保持 ブックエンド 略台形形状 挟持板 デスクマット 学習机
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2014年1月16日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (8)

課題

天板上にデスクマットを載置した状態で仕切板を取り付けた場合でも、仕切板が邪魔になることなく、好適に天板上にデスクマットを載置することができる仕切板取付装置を提供する。

解決手段

天板3の上面3aの空間を仕切る仕切板4を天板3に立設して取り付ける仕切板取付装置1、11であって、仕切板4の一方及び他方の側面部4aを挟持することにより天板3の上面3aに仕切板4を立設させる一対の挟持部13と、一対の挟持部13の基端部32a、32b同士を連結して天板3の上面3aと仕切板4の下端部4bとの間に所定の間隙Sを形成して仕切板4を保持する間隙保持部14と、を備える。

概要

背景

従来から、学習机等には、天板上に上棚を載置、天板の後部又は側部等にを併設することにより、辞書や参考書等の書籍、及び、ノートファイル等の文房具を収容するスペースを確保して天板上の空間の利用度を高めている。

このように、学習机等に載置又は併設等される棚には、載置板棚板の上面にブックエンド仕切板)が立設しており、この仕切板によって書籍等の収容物転倒や不測の移動を防止している(例えば、特許文献1参照)。

そして、このような仕切板を載置板や棚板に対してスライド可能に取り付け、書籍等の収容物の大きさ等に応じて任意の位置でスライドを停止することにより、仕切板が立設する位置を変更可能な仕切板取付装置が提案されている(例えば、特許文献2参照)。

概要

天板上にデスクマットを載置した状態で仕切板を取り付けた場合でも、仕切板が邪魔になることなく、好適に天板上にデスクマットを載置することができる仕切板取付装置を提供する。 天板3の上面3aの空間を仕切る仕切板4を天板3に立設して取り付ける仕切板取付装置1、11であって、仕切板4の一方及び他方の側面部4aを挟持することにより天板3の上面3aに仕切板4を立設させる一対の挟持部13と、一対の挟持部13の基端部32a、32b同士を連結して天板3の上面3aと仕切板4の下端部4bとの間に所定の間隙Sを形成して仕切板4を保持する間隙保持部14と、を備える。

目的

本発明はこのような従来の課題を解決するためになされたものであり、その目的とする

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

天板の上面の空間を仕切仕切板を前記天板に立設して取り付ける仕切板取付装置であって、前記仕切板の一方及び他方の側面部を挟持することにより前記天板の上面に前記仕切板を立設させる一対の挟持部と、前記一対の挟持部の基端部同士を連結して前記天板の上面と前記仕切板の下端部との間に所定の間隙を形成して前記仕切板を保持する間隙保持部と、を備えることを特徴とする仕切板取付装置。

請求項2

前記天板の縁部に嵌合して前記仕切板を取り付ける嵌合部を更に有し、前記嵌合部は、前記天板の縁部に嵌合すると前記天板の下面に位置する取付基部と、前記天板の上面に位置する前記間隙保持部とから構成されていることを特徴とする請求項1に記載の仕切板取付装置。

請求項3

前記間隙保持部は、前記天板の上面と前記仕切板の下端部との間に所定の間隙を形成しながら前記仕切板の下端部に沿って延設する延設部を更に有することを特徴とする請求項1又は請求項2に記載の仕切板取付装置。

請求項4

前記間隙保持部には、前記天板の上面との干渉を抑制する緩衝部材が設けられていることを特徴とする請求項1から請求項3のいずれかに記載の仕切板取付装置。

技術分野

0001

本発明は、学習机等の天板上に仕切板を取り付ける仕切板取付装置に関する。

背景技術

0002

従来から、学習机等には、天板上に上棚を載置、天板の後部又は側部等にを併設することにより、辞書や参考書等の書籍、及び、ノートファイル等の文房具を収容するスペースを確保して天板上の空間の利用度を高めている。

0003

このように、学習机等に載置又は併設等される棚には、載置板棚板の上面にブックエンド(仕切板)が立設しており、この仕切板によって書籍等の収容物転倒や不測の移動を防止している(例えば、特許文献1参照)。

0004

そして、このような仕切板を載置板や棚板に対してスライド可能に取り付け、書籍等の収容物の大きさ等に応じて任意の位置でスライドを停止することにより、仕切板が立設する位置を変更可能な仕切板取付装置が提案されている(例えば、特許文献2参照)。

先行技術

0005

特開2004−16477号公報
特開2009−22633号公報

発明が解決しようとする課題

0006

ところで、上述した従来の仕切板取付装置では、学習机等の上面に書籍を立てた状態を保つために天板上に仕切板を取り付けると、天板の上面と仕切板の下端部とが当接するため、天板の上面にデスクマットを載置する際に天板の上面と仕切板との間にデスクマットを挿入することができず、仕切板を避けた位置にデスクマットを載置しなければならない。

0007

このため、仕切板を避けて天板の上面にデスクマットを載置すると、の天板の縁辺部からデスクマットの縁辺部がはみ出てしまう場合があり、結果として取り付けた仕切板が邪魔になるおそれがあり、仕切板が邪魔になるのを抑制したいという要望があった。

0008

そこで、本発明はこのような従来の課題を解決するためになされたものであり、その目的とするところは、天板上にデスクマットを載置した状態で仕切板を取り付けた場合でも、仕切板が邪魔になることなく、好適に天板上にデスクマットを載置することができる仕切板取付装置を提供することにある。

課題を解決するための手段

0009

上記目的を達成するため、本願請求項1に記載した本発明の仕切板取付装置は、天板の上面の空間を仕切る仕切板を前記天板に立設して取り付ける仕切板取付装置であって、前記仕切板の一方及び他方の側面部を挟持することにより前記天板の上面に前記仕切板を立設させる一対の挟持部と、前記一対の挟持部の基端部同士を連結して前記天板の上面と前記仕切板の下端部との間に所定の間隙を形成して前記仕切板を保持する間隙保持部と、を備えることを特徴とする仕切板取付装置。

0010

請求項2に記載した本発明の仕切板取付装置は、前記天板の縁部に嵌合して前記仕切板を取り付ける嵌合部を更に有し、前記嵌合部は、前記天板の縁部に嵌合すると前記天板の下面に位置する取付基部と、前記天板の上面に位置する前記間隙保持部とから構成されていることを特徴とする請求項1に記載の仕切板取付装置。

0011

請求項3に記載した本発明の仕切板取付装置は、前記間隙保持部は、前記天板の上面と前記仕切板の下端部との間に所定の間隙を形成しながら前記仕切板の下端部に沿って延設する延設部を更に有することを特徴とする請求項1又は請求項2に記載の仕切板取付装置。

0012

請求項4に記載した本発明の仕切板取付装置は、前記間隙保持部には、前記天板の上面との干渉を抑制する緩衝部材が設けられていることを特徴とする請求項1から請求項3のいずれかに記載の仕切板取付装置。

0013

請求項1に記載した本発明の仕切板取付装置によれば、仕切板の側面部を挟持する一対の挟持部の基端部同士を連結した間隙保持部により天板の上面と仕切板の下端部との間に所定の間隙を形成して仕切板を保持する。このため、形成された間隙へデスクマットの一部を挿入して天板にデスクマットを載置することができる。

0014

また、形成された間隙にデスクマットの一部を挿入して天板にデスクマットを載置することにより、天板の縁部からデスクマットがはみ出ることがない。従って、机上の天板に仕切板を取り付けた場合でも仕切板が邪魔になることを抑制する仕切板取付装置を提供することができる。

0015

さらに、仕切板の一方及び他方の側面部を挟持することにより天板の上面に仕切板を天板に立設させるため、既存の机上用の仕切板のみならず、既存の棚用の仕切板を挟持して天板に取り付けて使用することにより仕切板取付装置の汎用性を高めることができる。

0016

請求項2に記載した本発明の仕切板取付装置によれば、天板の下面に位置する取付基部と天板の上面に位置する間隙保持部とにより天板の縁部に嵌合するため、別途、天板と嵌合する部分を形成する必要がなく、仕切板を取り付けるための構成部品点数を減らすことにより、構成部品を管理する工程を低減して、製造コストを低くすることができる。

0017

請求項3に記載した本発明の仕切板取付装置によれば、間隙保持部は、仕切板の下端部との間に所定の間隙を形成しながら仕切板の下端部に沿って延設する延設部を有しているため、所定の間隙を形成しつつ仕切板を安定して保持することができる。

0018

請求項4に記載した本発明の仕切板取付装置によれば、間隙保持部には、天板の上面との干渉を抑制する緩衝部材が設けられているため、デスクマットを天板に載置せずに使用して、仕切板の下端部が天板に対して傾くことにより天板と接した場合でも、天板の上面に傷がつくことを抑制することができる。

0019

また、天板の上面との干渉を抑制する緩衝部材が設けられているため、デスクマットを天板に載置せずに使用して、仕切板を天板の上面をスライドさせて移動した場合でも、天板の上面や縁部に傷がつくことを抑制することができる。

発明の効果

0020

本発明によれば、天板上にデスクマットを載置した状態で仕切板を取り付けた場合でも、仕切板が邪魔になることなく、好適に天板上にデスクマットを載置することができる仕切板取付装置を提供することができる。

図面の簡単な説明

0021

本発明の第1実施形態に係る仕切板取付装置により仕切板を天板に取り付けた場合を示す斜視図である。
本発明の第1実施形態に係る仕切板取付装置を示す正面図(a)、側面図(b)と斜視図(c)である。
本発明の第1実施形態に係る仕切板取付装置が形成する間隙を示す平面図(a)、(b)である。
本発明の第2実施形態に係る仕切板取付装置により仕切板を天板に取り付けた場合を示す斜視図である。
本発明の第2実施形態に係る仕切板取付装置を示す正面図(a)、側面図(b)と斜視図(c)である。
本発明の第2実施形態に係る仕切板取付装置が形成する間隙を示す平面図(a)、(b)である。
本発明の第3実施形態に係る仕切板取付装置の緩衝部材を示す側面図(a)、(b)である。

実施例

0022

以下、本発明の実施形態について図面を参照して説明する。はじめに、図1から図3を参照して本発明の実施形態に係る仕切板取付装置について説明する。まず、図1及び図2を参照して、本発明の第1実施形態に係る仕切板取付装置の構成について説明する。

0023

図1は、本発明の第1実施形態に係る仕切板取付装置により仕切板を天板に取り付けた場合を示す斜視図である。図2(a)は、本発明の第1実施形態に係る仕切板取付装置の正面図である。図2(b)は、本発明の第1実施形態に係る仕切板取付装置の側面図である。図2(c)は、本発明の第1実施形態に係る仕切板取付装置の斜視図である。

0024

本発明の第1実施形態に係る仕切板取付装置1は、図1に示すように、学習机2の天板3の上面3aの空間を仕切る仕切板4を、天板3に対して立設して取り付ける取付装置である。この仕切板取付装置1により天板3に仕切板4を取り付けると、仕切板4が天板3にスライド可能に立設する。

0025

図2(a)から図2(c)に示すように、仕切板取付装置1は、板状に形成された本体部12と、天板3の上面3aに仕切板4を立設させる挟持部13と、仕切板4を保持する間隙保持部14と、天板3の縁部3b(後述する図3(a)及び図3(b)参照)に嵌合する嵌合部15とから略構成されている。

0026

本体部12は、ネジ(図示省略)が螺入するネジ孔20が形成されており、挟持部13が突設する本体部表面12aと、机2の側板2a及び背板2b(図1参照)と当接可能な本体部裏面12bとを有している。挟持部13により仕切板4(図1参照)が挟持されると、ネジ孔20にネジを螺合することにより仕切板4を本体部表面21aへ固定する。

0027

挟持部13は、仕切板4の一方及び他方の側面部4a(図1参照)を挟持することにより天板3の上面3a(図1参照)に仕切板4を立設させる一対の挟持板31a、31bを有している。この一対の挟持板31a及び31bの基端部32a、32b同士を連結することにより間隙保持部14が形成されている。

0028

間隙保持部14は、挟持部13と一体形成されており、一対の挟持板31a及び31bにより仕切板4(図1参照)が挟持されると仕切板4の下端部4b(後述する図3(a)及び図3(b)参照)を保持する。間隙保持部14により仕切板4が保持されると、天板3の上面3a(図1参照)と仕切板4の下端部4bとの間に所定の間隙が形成される。間隙の詳細については後述する。

0029

嵌合部15は、天板3の縁部3b(後述する図3(a)及び図3(b)参照)に嵌合すると、天板3の上面3aに位置する間隙保持部14と、天板3の下面3c(後述する図3(a)及び図3(b)参照)に位置する取付基部51とから構成されている。

0030

また、嵌合部15は、天板3と嵌合した際に縁部3bが当接可能な当接部52を更に有し、間隙保持部14と取付基部51と当接部52とにより、側面視した場合にコ字状に形成されている。このように形成された嵌合部15は、天板3の縁部3b(後述する図3(a)及び図3(b)参照)に対してスライド可能な隙間を有して嵌合し、嵌合後は天板3の縁部3b(後述する図3(a)及び図3(b)参照)から取り外し可能に形成されている。このため、天板3の上面3a(図1参照)の空間を自由に仕切ることができる。

0031

さらに、嵌合部15は、天板3の縁部3b(後述する図3(a)及び図3(b)参照)の厚さに応じて嵌合部15を成形することができる材質で構成されている。このため、異なる天板の厚さに対応することができるため、簡単な構成で多様な厚さの天板に仕切板4(図1参照)を取り付けることができる。

0032

また、嵌合部15は、天板3の縁部3b(後述する図3(a)及び図3(b)参照)に嵌合すると、天板3の上面3aに位置する間隙保持部14と、天板3の下面3c(後述する図3(a)及び図3(b)参照)に位置する取付基部51とから構成されている。このため、別途、天板3と嵌合する部分を形成する必要がなく、仕切板4を取り付けるための構成部品点数を減らすことにより、構成部品を管理する工程を低減して、製造コストを低くすることができる。

0033

次に、図3(a)及び図3(b)を参照して、本発明の第1実施形態に係る仕切板取付装置が形成する間隙について詳細に説明する。図3(a)は、本発明の第1実施形態に係る仕切板取付装置が形成する間隙を示す平面図である。図3(b)は、本発明の第1実施形態に係る仕切板取付装置が形成する間隙にデスクマットの一部を挿入した場合を示す平面図である。

0034

図3(a)に示すように、仕切板4の側面部4aを挟持部13により挟持し、天板3の縁部3bに嵌合部15を嵌めて仕切板4を天板3に対して立設して取り付けると、間隙保持部14(図2(c)参照)により天板3の上面3aと仕切板4の下端部4bとの間に所定の間隙Sが形成される。

0035

所定の間隙Sの幅は、デスクマット5の厚さ等に応じて変更することが可能である。例えば、所定の間隙Sの幅を間隙保持部14の位置を変更することにより異なる幅に調整、又は、間隙保持部14を構成する部材の厚さT(図2(a)参照)を変更することにより異なる幅に調整することが可能である。

0036

そして、図3(b)に示すように、天板3の上面3aと仕切板4の下端部4bとの間に形成された間隙Sにデスクマット5の一部を挿入することが可能となる。また、間隙Sが嵌合部15近傍まで形成されているので、仕切板4の下端部4b全体にわたってデスクマット5の一部を挿入することができる。

0037

特に、最近の学習机2(図1参照)の天板3は、従来の天板と比較して天板3の奥行き(仕切板と取り付け方向)が狭く構成されている傾向があり、天板3に通常規格のデスクマット5を載置した場合、天板の縁辺部の近傍にデスクマット5の縁辺部が位置する。このため、従来の仕切板取付装置により仕切板4を取り付けた場合には、仕切板4を避けてデスクマット5を載置しなければならず、天板3の縁辺部からデスクマット5がはみ出てしまう。

0038

しかしながら、本発明の第1実施形態に係る仕切板取付装置1は、図3(b)に示すように、天板3の上面3aと仕切板4の下端部4bとの間に形成された間隙Sにデスクマット5の一部を挿入することが可能であるため、仕切板4を避けてデスクマット5を載置する必要がなく、天板3の縁辺部からデスクマット5がはみ出ることがない。

0039

このように、仕切板4の側面部4aを挟持する一対の挟持部13(挟持板31a、31b)の基端部32a、32b同士を連結した間隙保持部14により天板3の上面3aと仕切板4の下端部4bとの間に所定の間隙Sを形成して仕切板4を保持する。このため、形成された間隙Sへデスクマット5の一部を挿入して天板4にデスクマット5を載置することができる。

0040

また、形成された間隙Sへデスクマット5の一部を挿入して天板3に載置することにより、天板3の縁辺部からデスクマット5がはみ出ることがない。従って、天板3の上面3aにデスクマット5を載置した状態で仕切板4を取り付けた場合でも、仕切板4が邪魔になることなく、好適に天板3の上面3aにデスクマットを載置することができる。

0041

さらに、仕切板4の一方及び他方の側面部4aを挟持することにより天板3の上面3aに仕切板4を天板3に立設させるため、既存の机上用の仕切板のみならず、既存の棚用の仕切板を挟持して天板3に取り付けて使用することにより仕切板取付装置の汎用性を高めることができる。

0042

次に、図4から図6を参照して、本発明の第2実施形態に係る仕切板取付装置について説明する。まず、図4及び図5を参照して、本発明の第2実施形態に係る仕切板取付装置の構成について説明する。本発明の第2実施形態に係る仕切板取付装置は、上述した間隙保持部14に、更に仕切板4の下端部4bに沿って延設する延設部を設けている。

0043

図4は、本発明の第2実施形態に係る仕切板取付装置により仕切板を天板に取り付けた場合を示す斜視図である。また、図5(a)は、本発明の第2実施形態に係る仕切板取付装置の正面図である。図5(b)は、本発明の第2実施形態に係る仕切板取付装置の側面図である。図5(c)は、本発明の第2実施形態に係る仕切板取付装置の斜視図である。

0044

なお、本発明の第2実施形態に係る仕切板取付装置は、本発明の第1実施形態に係る仕切板取付装置と略同様の構成等を有するため、同様の構成に関しては、説明を省略するものとする。また、第1実施形態に係る仕切板取付装置と同様の構成要素には同一の符号を付して説明する。

0045

本発明の第2実施形態に係る仕切板取付装置11は、上述した第1実施形態に係る仕切板取付装置1と同様に、図4に示すように、学習机2の天板3の上面3aの空間を仕切る仕切板4を、天板3に対して立設して取り付ける取付装置である。この仕切板取付装置11により天板3に仕切板4を取り付けると、仕切板4が天板3にスライド可能に立設する。

0046

図5(a)から図5(c)に示すように、仕切板取付装置11は、板状に形成された本体部12と、天板3の上面3aに仕切板4を立設させる挟持部13と、仕切板4を保持する間隙保持部14と、天板3の縁部3b(後述する図6(a)及び図6(b)参照)に嵌合する嵌合部15とから略構成されている。

0047

そして、本発明の第2実施形態に係る仕切板取付装置11の間隙保持部14は、図5(b)及び図5(c)に示すように、仕切板4の下端部4bに沿って延設する延設部41と、この延設部41に形成された切り欠き部42とを有している。

0048

延設部41は、挟持部13及び間隙保持部14と一体形成されており、切り欠き部42によって、天板3の上面3a(後述する図6(a)及び図6(b)参照)と仕切板4の下端部4b(後述する図6(a)及び図6(b)参照)との間に所定の間隙を形成しながら仕切板4の下端部4bに沿って挟持部13から延設している。間隙の詳細については後述する。

0049

このように、間隙保持部14は、仕切板4の下端部4bとの間に所定の間隙を形成しながら仕切板4の下端部4bに沿って延設する延設部41を有しているため、所定の間隙を形成しつつ仕切板4を安定して天板に立設させて保持することができる。

0050

また、延設部41は、挟持部13及び間隙保持部14と一体形成することにより、別途、仕切板4を安定して天板に立設させる部分を形成する必要がなく、仕切板4を安定して立設させるための構成部品点数を減らすことにより、構成部品を管理する工程を低減して、製造コストを低くすることができる。

0051

次に、図6(a)及び図6(b)を参照して、本発明の第2実施形態に係る仕切板取付装置が形成する間隙について詳細に説明する。図6(a)は、本発明の第2実施形態に係る仕切板取付装置が形成する間隙を示す平面図である。図6(b)は、本発明の第2実施形態に係る仕切板取付装置が形成する間隙にデスクマットの一部を挿入した場合を示す平面図である。

0052

図6(a)に示すように、仕切板4の側面部4aを挟持部13により挟持し、天板3の縁部3bに嵌合部15を嵌めて仕切板4を天板3に対して立設して取り付けると、間隙保持部14(図5(c)参照)により天板3の上面3aと仕切板4の下端部4bとの間に所定の間隙Sが形成される。

0053

所定の間隙Sの幅は、デスクマット5の厚さ等に応じて変更することが可能である。例えば、所定の間隙Sの幅を間隙保持部14の位置を変更することにより異なる幅に調整、又は、間隙保持部14を構成する部材の厚さT(図5(a)参照)を変更することにより異なる幅に調整することが可能である。

0054

そして、図6(b)に示すように、天板3の上面3aと仕切板4の下端部4bとの間に形成された間隙Sにデスクマット5の一部を挿入することが可能となる。また、間隙Sが嵌合部15近傍まで形成されているので、仕切板4の下端部4b全体にわたってデスクマット5の一部を挿入することができる。

0055

特に、本発明の第2実施形態に係る仕切板取付装置11は、図6(a)及び図6(b)に示すように、切り欠き部42により延設部41が仕切板4の下端部4bとの間に所定の間隙Sを形成しながら仕切板4の下端部4bに沿って延設している。このため、デスクマット5に一部を挿入するための間隙Sを形成しつつ、仕切板4の下端部4bが傾くのを抑制して、仕切板4を安定して保持することができる。

0056

このように、本発明の第2実施形態に係る仕切板取付装置11も第1実施形態に係る仕切板取付装置1と同様に、天板3の上面3aにデスクマット5を載置した状態で仕切板4を取り付けた場合でも、仕切板4が邪魔になることなく、好適に天板3の上面3aにデスクマット5を載置することができる。

0057

次に、図7を参照して、本発明の第3実施形態に係る仕切板取付装置について説明する。図7(a)及び図7(b)は、本発明の第3実施形態に係る仕切板取付装置の側面図である。本発明の第3実施形態に係る仕切板取付装置は、上述した第1実施形態及び第2実施形態に係る仕切板取付装置に天板の上面との干渉を抑制する緩衝部材が設けられている。

0058

なお、本発明の第3実施形態に係る仕切板取付装置は、上述した第1実施形態及び第2実施形態に係る仕切板取付装置と略同様の構成等を有するため、同様の構成に関しては、説明を省略するものとする。また、第1実施形態及び第2実施形態に係る仕切板取付装置と同様の構成要素には同一の符号を付して説明する。

0059

本発明の第3実施形態に係る仕切板取付装置1、11は、上述した本発明の第1実施形態に係る仕切板取付装置1により天板3の上面3aに立設される仕切板4、及び本発明の第2実施形態に係る仕切板取付装置11の間隙保持部14に緩衝部材を設けている。

0060

図7(a)に示すように、本発明の第1実施形態に係る仕切板取付装置1は、仕切板4の側面部4aを挟持部13により挟持し、天板3の縁部3bに嵌合部15を嵌めて仕切板4を天板3に対して立設して取り付けると、間隙保持部14により天板3の上面3aと仕切板4の下端部4bとの間に所定の間隙Sが形成される(図3(a)及び図3(b)参照)。

0061

このように、所定の間隙Sが形成されているため、仕切板4の下端部4bにフェルト6a(緩衝部材)を設けることにより、形成された間隙Sにデスクマット5を挿入しないで天板3を使用した際に仕切板4の下端部4bが天板3の上面3aと干渉した場合、天板3の上面3aに傷がつくことを抑制することができる。

0062

特に、天板3の上面3aと仕切板4の下端部4bとの間に形成された所定の間隙Sの高さ(図3(a)及び図3(b)参照)と略同一の高さのフェルト6aを仕切板4の下端部4bに設けることにより、仕切板4が傾くことなく安定して天板3に立設することができる。

0063

なお、図7(a)を参照して説明した仕切板取付装置1は、仕切板4の下端部4bにフェルト6aを設けた場合について説明したが、これに限定されない。例えば、間隙保持部14や嵌合部15にフェルト6aを設けてもよい(図示省略)。この場合、仕切板4を天板3の上面3aをスライドさせた場合でも、天板3の上面3aや縁部4bに傷がつくことをより一層抑制することができる。

0064

また、図7(b)に示すように、本発明の第2実施形態に係る仕切板取付装置11は、仕切板4の下端部4bに沿って延設する延設部41に切り欠き部42が設けられているため、間隙保持部14にフェルト6b(緩衝部材)を設けることにより、天板3の上面3aに傷がつくことを抑制することができる。

0065

特に、切り欠き部42の高さ(天板3の上面3aから延設部41までの長さ)と略同一の高さのフェルト6bを仕切板4の下端部4bに設けることにより、仕切板4が傾くことなく安定して天板3に立設することができる。

0066

なお、図7(b)を参照して説明した仕切板取付装置11は、間隙保持部14にフェルト6bを設けた場合について説明したが、これに限定されない。例えば、嵌合部15にフェルト6bを設けてもよい(図示省略)。この場合、仕切板4を天板3の上面3aをスライドさせた場合でも、天板3の上面3aや縁部4bに傷がつくことをより一層抑制することができる。

0067

なお、上述した第3実施形態に係る仕切板取付装置11では、先端にフェルト6bを設けた延設部41を図示して説明したが、これに限定されず、天板3の上面3aに傷がつくことを抑制することができる位置であればフェルト6bを設ける位置は適宜変更が可能である。

0068

また、上述した第3実施形態では、天板3の上面3aと仕切板4の下端部4bとの間に形成された所定の間隙Sの高さと略同一の高さのフェルト6a、6bにより、天板3の上面3aとの干渉を抑制する場合について説明したが、これに限定されない。例えば、所定の間隙Sにデスクマット5の一部を挿入する場合には、デスクマット5の高さとフェルト6a、6bの高さとをあわせて間隙Sの高さと略同一になるように構成してもよい。

0069

このようにして、本発明の実施形態に係る仕切板取付装置1、11は、天板3の上面3aの空間を仕切る仕切板4を天板3に立設して取り付ける仕切板取付装置1、11であって、仕切板4の一方及び他方の側面部4aを挟持することにより天板3の上面3aに仕切板4を立設させる一対の挟持部13(挟持板31a、31b)と、一対の挟持部13の基端部32a、32b同士を連結して天板3の上面3aと仕切板4の下端部4bとの間に所定の間隙Sを形成して仕切板4を保持する間隙保持部14と、を備える。

0070

また、本発明の実施形態に係る仕切板取付装置1、11は、天板3の縁部3bに嵌合して仕切板4を取り付ける嵌合部15を更に有し、嵌合部15は、天板3の縁部3bに嵌合すると天板3の下面3cに位置する取付基部51と、天板3の上面3aに位置する間隙保持部14とから構成されている。

0071

さらに、本発明の実施形態に係る仕切板取付装置11は、間隙保持部14が、天板3の上面3aと仕切板4の下端部4bとの間に所定の間隙Sを形成しながら仕切板4の下端部4bに沿って延設する延設部41を更に有する。

0072

また、本発明の実施形態に係る仕切板取付装置11は、間隙保持部14には、天板3の上面3aとの干渉を抑制する緩衝部材(フェルト6b)が設けられている。

0073

そして、本発明の実施形態に係る仕切板取付装置1、11によれば、仕切板4の側面部4aを挟持する一対の挟持部13(挟持板31a、31b)の基端部32a、32b同士を連結した連結保持部14により天板3の上面3aと仕切板4の下端部4bとの間に所定の間隙Sを形成して仕切板4を保持する。このため、形成された間隙Sへデスクマット5の一部を挿入して天板4にデスクマット5を載置することができる。

0074

また、形成された間隙Sにデスクマット5の一部を挿入して天板3にデスクマット5を載置することにより、天板3の縁からデスクマット5がはみ出ることがない。従って、天板3の上面3aにデスクマット5を載置した状態で仕切板4を取り付けた場合でも、仕切板4が邪魔になることなく、好適に天板3の上面3aにデスクマットを載置することができる仕切板取付装置1、11を提供することができる。

0075

さらに、仕切板4の一方及び他方の側面部4aを挟持することにより天板3の上面3aに仕切板4を天板3に立設させるため、既存の机上用の仕切板のみならず、既存の棚用の仕切板を挟持して天板3に取り付けて使用することにより仕切板取付装置1、11の汎用性を高めることができる。

0076

また、本発明の仕切板取付装置1、11によれば、天板3の縁部3bに嵌合して仕切板4を取り付ける嵌合部15は、仕切板4を天板3から取り外し自在であるため、天板上の空間を仕切る態様の自由度が増す。

0077

さらに、天板3の縁部3bの厚さTに応じて嵌合部15を形成することにより、異なる天板の厚さに対応することができるため、簡単な構成で多様な厚さの天板に仕切板4を取り付けることができる。

0078

また、天板3の下面3cに位置する取付基部51と天板3の上面3aに位置する間隙保持部14とにより天板3の縁部3bに嵌合するため、別途、天板3と嵌合する部分を形成する必要がなく、仕切板3を取り付けるための構成部品点数を減らすことにより、構成部品を管理する工程を低減して、製造コストを低くすることができる。

0079

さらに、本発明の仕切板取付装置11によれば、間隙保持部14は、仕切板4の下端4b部との間に所定の間隙Sを形成しながら仕切板4の下端部4bに沿って延設する延設部41を有しているため、所定の間隙Sを形成しつつ仕切板4を安定して保持することができる。

0080

また、延設部41を挟持部13及び間隙保持部14と一体形成することにより、別途、仕切板4を安定して天板に立設させる部分を形成する必要がなく、仕切板4を安定して立設させるための構成部品点数を減らすことにより、構成部品を管理する工程を低減して、製造コストを低くすることができる。

0081

さらに、本発明の仕切板取付装置11によれば、間隙保持部14には、天板3の上面3aとの干渉を抑制する緩衝部材6b(フェルト)が設けられているため、デスクマット5を天板3に載置せずに使用して、仕切板4の下端部4bが天板3に対して傾くことにより天板3と接した場合でも、天板3の上面3aに傷がつくことを抑制することができる。

0082

また、天板3の上面3aとの干渉を抑制する緩衝部材6b(フェルト)が設けられているため、デスクマット5を天板3に載置せずに使用して、仕切板4を天板3の上面3aをスライドさせて移動した場合でも、天板3の上面3aや縁部4bに傷がつくことを抑制することができる。

0083

以上、本発明の仕切板取付装置を図示の実施形態に基づいて説明したが、本発明はこれに限定されるものではなく、各部の構成は、同様の機能を有する任意の構成のものに置き換えることができる。

0084

例えば、上述した実施形態では、略台形形状を有する本体部12を図示して説明したが、天板3の上面3aに仕切板4を立設させる(図1参照)際、天板3に取り付け易い形態であれば適宜変更が可能である。

0085

また、例えば、上述した実施形態では、天板3の上面3aとの干渉を抑制する緩衝部材としてフェルト6a、6bを用いて説明したがこれに限定されず、天板3の上面3aとの干渉を抑制する部材であれば適宜変更が可能である。

0086

1仕切板取付装置(第1実施形態)
2学習机
3天板
4仕切板
5デスクマット
6フェルト
11 仕切板取付装置(第2実施形態)
12 本体部
13 挟持部
14間隙保持部
15 嵌合部
20ネジ孔
21a 本体部表面
21b 本体部裏面
31a挟持板
31b 挟持板
32a基端部
32b 基端部
41 延設部
42切り欠き部
51取付基部
52 当接部

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 堀田學の「 家具類の支持具」が 公開されました。( 2021/01/07)

    【課題】柔軟な構造によって、地震時における家具類の揺れを減衰させることができる家具類の支持具を提供する。【解決手段】家具類Fの天板と天井面C間に配置される地震時における家具類の転倒、移動を防止するもの... 詳細

  • 積水ハウス株式会社の「 キッチンカウンタ及びダイニングワーキングスペース」が 公開されました。( 2021/01/07)

    【課題】 ダイニングでWeb会議を行う場合に、利便性が高いキッチンカウンタ、及び、Web会議の際の機能性を高めつつプライバシーにも配慮したダイニングワーキングスペースを提供する。【解決手段】キッチン... 詳細

  • ホシザキ株式会社の「 冷温蔵装置」が 公開されました。( 2021/01/07)

    【課題】2種類のトレイを使い分けることが可能な冷温蔵装置を提供する。【解決手段】仕切り付きトレイ25と、貯蔵室16内に配され、貯蔵室16内を冷蔵室17と温蔵室18とに仕切る仕切壁30と、を備え、仕切壁... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ