図面 (/)

この項目の情報は公開日時点(2013年8月1日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (0)

図面はありません

課題・解決手段

本発明は、以下を含む医薬組成物を対象とする:(a)ベンダムスチン、(b)第1の荷電シクロポリサッカライド、および(c)第1の荷電シクロポリサッカライドの電荷とは反対の電荷を有する第2の荷電シクロポリサッカライドである安定化剤。前記組成物は、血漿といった反応性の環境において、予想外に望ましい抗がん活性に加えて、予想外に望ましい安定性を示す。当該組成物は、ベンダムスチンを用いた治療を必要とする患者への注射または点滴に適している。

概要

背景

発明の背景
ベンダムスチン、4−[5−[ビス(2−クロロエチルアミノ]−1−メチルベンゾイミダゾール−2−イルブタン酸(butanoic acid)は、白血病および特定のリンパ腫治療において用いられる。しかしながら、当該化合物血漿中において限られた化学的定性しか有しておらず、したがって、治療効果を得るために、高用量または反復投与を要する。それ故に、より向上した安定性を示す上記薬剤の製剤への要求がある。

高分子材料とベンダムスチンを会合させることにより、ベンダムスチンの安定性を向上させる試みが行われている。しかしながら、かような試みはわずかな成功しか得られていない。したがって、Penchevaらは、ベンダムスチンとポリリン酸エステルとを会合させることにより、ベンダムスチンの安定性を向上させる試みを行った;"HPLCstudy on the stability of bendamustine hydrochloride immobilized onto polyphosphoesters"; J. Pharma. Biomed. Anal; (2008)。しかしながら、当該論文の図2は、最も安定な会合体ですら、pH7の条件下、約45分間で一桁減少したことを示している。

Evjenは、二重(dual)非対称遠心分離を用いて、ベンダムスチンをリポソームに組み込んだ;"Development of Improved Bendamustin-Liposomes"; Masters Thesis; University of Tromso (2007)。表18(79頁)によれば、これらの設計により、フリーなベンダムスチンと比較して、わずかに安定性が増加しただけにすぎない(細胞培地中に分散されたときの、フリーなベンダムスチンが14分の半減期であったのに対し、20分の半減期)。

2010年2月24日に出願された“ベンダムスチンシクロポリサッカライド組成物”と題する米国特許出願第12/711,979号は、以下を含む、特定のベンダムスチン組成物を開示している:(a)ベンダムスチン、(b)荷電シクロポリサッカライド、および(c)シクロポリサッカライドの電荷とは反対の電荷を有する安定化剤。かような組成物は、予想外に望ましい抗がん活性に加えて、予想外に望ましい安定性を示し、このような利益は、ベンダムスチンが反応性の環境による影響から保護される構造を形成することにより得られていると考えられる。

本発明の組成物は、血漿といった反応性の環境において、予想外に望ましい抗がん活性に加えて、予想外に望ましい安定性を示す。当該組成物は、ベンダムスチンを用いた治療を必要とする患者への注射または点滴に適している。

概要

本発明は、以下を含む医薬組成物を対象とする:(a)ベンダムスチン、(b)第1の荷電シクロポリサッカライド、および(c)第1の荷電シクロポリサッカライドの電荷とは反対の電荷を有する第2の荷電シクロポリサッカライドである安定化剤。前記組成物は、血漿といった反応性の環境において、予想外に望ましい抗がん活性に加えて、予想外に望ましい安定性を示す。当該組成物は、ベンダムスチンを用いた治療を必要とする患者への注射または点滴に適している。なし

目的

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

(a)ベンダムスチン(bendamustine);(b)少なくとも一つの荷電基(charged group)を含む第1の荷電シクロポリサッカライド(cyclpolysaccharide);および(c)少なくとも一つの荷電基を有し、前記第1の荷電シクロポリサッカライドの電荷とは反対の電荷を有する第2の荷電シクロポリサッカライドである安定化剤:を含む、組成物

請求項2

前記第1の荷電シクロポリサッカライドは、シクロデキストリンである、請求項1に記載の組成物。

請求項3

前記第1の荷電シクロポリサッカライド上の前記少なくとも一つの荷電基は、アニオン性基である、請求項2に記載の組成物。

請求項4

前記アニオン性基は、硫酸基(sulphate)、スルホニル基(sulphonyl)、およびカルボニル基(carbonyl)からなる群から選択される、請求項3に記載の組成物。

請求項5

構成要素(b)は、スルホブチルエーテルβ−シクロデキストリン、カルボキシメチル化(carboxymethylated)−β−シクロデキストリンナトリウム、O−リン酸化(O-phosphated)−β−シクロデキストリンナトリウム、スクシニル(succinyl)−(2−ヒドロキシプロピル−β−シクロデキストリン、スルホプロピル化(sulfopropylated)−β−シクロデキストリンナトリウム、およびO−硫酸化(O-sulfated)−β−シクロデキストリンナトリウムからなる群から選択される、請求項4に記載の組成物。

請求項6

構成要素(b)は、スルホブチルエーテルβ−シクロデキストリンである、請求項5に記載の組成物。

請求項7

前記安定化剤の前記少なくとも一つの荷電基は、アミングアニジンおよび四級アンモニウム(quarternary ammonium)からなる群から選択される、請求項3に記載の組成物。

請求項8

構成要素(b)は、ヘキサキス(6−アミノ−6−デオキシ)α−シクロデキストリン、ヘプタキス(6−アミノ−6−デオキシ)β−シクロデキストリン、オクタキス(6−アミノ−6−デオキシ)γ−シクロデキストリン、ヘプタキス(6−グアニジノ−6−デオキシ)β−シクロデキストリン、オクタキス(6−グアニジノ−6−デオキシ)−γ−シクロデキストリン、2−ヒドロキシ−N,N,N−トリメチルプロパンアンモニウム−シクロデキストリンおよび6−デオキシ−6−(3−ヒドロキシ)プロピルアミノβ−シクロデキストリンからなる群から選択される、請求項7に記載の組成物。

請求項9

構成要素(b)は、ヘプタキス(6−アミノ−6−デオキシ)β−シクロデキストリンである、請求項8に記載の組成物。

請求項10

前記第1の荷電シクロポリサッカライド上の前記少なくとも一つの荷電基は、カチオン性基である、請求項2に記載の組成物。

請求項11

前記カチオン性基は、アミン、グアニジンおよび四級アンモニウムからなる群から選択される、請求項10に記載の組成物。

請求項12

構成要素(c)は、ヘキサキス(6−アミノ−6−デオキシ)α−シクロデキストリン、ヘプタキス(6−アミノ−6−デオキシ)β−シクロデキストリン、オクタキス(6−アミノ−6−デオキシ)γ−シクロデキストリン、ヘプタキス(6−グアニジノ−6−デオキシ)β−シクロデキストリン、オクタキス(6−グアニジノ−6−デオキシ)−γ−シクロデキストリン、2−ヒドロキシ−N,N,N−トリメチルプロパンアンモニウム−シクロデキストリンおよび6−デオキシ−6−(3−ヒドロキシ)プロピルアミノβ−シクロデキストリンからなる群から選択される、請求項10に記載の組成物。

請求項13

構成要素(c)は、ヘプタキス(6−アミノ−6−デオキシ)β−シクロデキストリンである、請求項12に記載の組成物。

請求項14

前記安定化剤の前記少なくとも一つの荷電基は、硫酸基(sulphate)、スルホニル基(sulphonyl)、およびカルボニル基(carbonyl)からなる群から選択される、請求項12に記載の組成物。

請求項15

構成要素(c)は、スルホブチルエーテルβ−シクロデキストリン、カルボキシメチル化−β−シクロデキストリンナトリウム、O−リン酸化−β−シクロデキストリンナトリウム、スクシニル−(2−ヒドロキシ)プロピル−β−シクロデキストリン、スルホプロピル化−β−シクロデキストリンナトリウム、およびO−硫酸化−β−シクロデキストリンナトリウムからなる群から選択される、請求項14に記載の組成物。

請求項16

構成要素(c)は、スルホブチルエーテルβ−シクロデキストリンである、請求項15に記載の組成物。

請求項17

前記ベンダムスチンは、ベンダムスチン塩酸塩の形態である、請求項1に記載の組成物。

請求項18

(a)ベンダムスチン(bendamustine);(b)第1の荷電シクロポリサッカライド、ここで、該第1の荷電シクロポリサッカライドは、スルホブチルエーテルβ−シクロデキストリンである;および(c)前記第1の荷電シクロポリサッカライドの電荷とは反対の電荷を有する第2の荷電シクロポリサッカライドである安定化剤、ここで、該安定化剤は、ヘプタキス(6−アミノ−6−デオキシ)β−シクロデキストリンである:を含む、組成物。

請求項19

前記ベンダムスチンは、ベンダムスチン塩酸塩の形態である、請求項18に記載の組成物。

技術分野

0001

関連出願の相互参照
本出願は、2010年7月19日に提出された米国仮特許出願第61/399,855号の利益を主張するものであり、当該出願の全体は、参照により本出願に組み込まれる。

0002

発明の分野
本発明は、以下を含む組成物を対象とする:
(a)ベンダムスチン(bendamustine);
(b)少なくとも一つの荷電基(charged group)を含む第1の荷電シクロポリサッカライド(cyclpolysaccharide);および
(c)前記第1の荷電シクロポリサッカライドの電荷とは反対の電荷を有する少なくとも一つの荷電基を有する第2の荷電シクロポリサッカライドである安定化剤

背景技術

0003

発明の背景
ベンダムスチン、4−[5−[ビス(2−クロロエチルアミノ]−1−メチルベンゾイミダゾール−2−イルブタン酸(butanoic acid)は、白血病および特定のリンパ腫治療において用いられる。しかしながら、当該化合物血漿中において限られた化学的定性しか有しておらず、したがって、治療効果を得るために、高用量または反復投与を要する。それ故に、より向上した安定性を示す上記薬剤の製剤への要求がある。

0004

高分子材料とベンダムスチンを会合させることにより、ベンダムスチンの安定性を向上させる試みが行われている。しかしながら、かような試みはわずかな成功しか得られていない。したがって、Penchevaらは、ベンダムスチンとポリリン酸エステルとを会合させることにより、ベンダムスチンの安定性を向上させる試みを行った;"HPLCstudy on the stability of bendamustine hydrochloride immobilized onto polyphosphoesters"; J. Pharma. Biomed. Anal; (2008)。しかしながら、当該論文の図2は、最も安定な会合体ですら、pH7の条件下、約45分間で一桁減少したことを示している。

0005

Evjenは、二重(dual)非対称遠心分離を用いて、ベンダムスチンをリポソームに組み込んだ;"Development of Improved Bendamustin-Liposomes"; Masters Thesis; University of Tromso (2007)。表18(79頁)によれば、これらの設計により、フリーなベンダムスチンと比較して、わずかに安定性が増加しただけにすぎない(細胞培地中に分散されたときの、フリーなベンダムスチンが14分の半減期であったのに対し、20分の半減期)。

0006

2010年2月24日に出願された“ベンダムスチンシクロポリサッカライド組成物”と題する米国特許出願第12/711,979号は、以下を含む、特定のベンダムスチン組成物を開示している:(a)ベンダムスチン、(b)荷電シクロポリサッカライド、および(c)シクロポリサッカライドの電荷とは反対の電荷を有する安定化剤。かような組成物は、予想外に望ましい抗がん活性に加えて、予想外に望ましい安定性を示し、このような利益は、ベンダムスチンが反応性の環境による影響から保護される構造を形成することにより得られていると考えられる。

0007

本発明の組成物は、血漿といった反応性の環境において、予想外に望ましい抗がん活性に加えて、予想外に望ましい安定性を示す。当該組成物は、ベンダムスチンを用いた治療を必要とする患者への注射または点滴に適している。

0008

発明の要約
本発明は、以下を含む組成物を対象とする:
(a)ベンダムスチン(bendamustine);
(b)少なくとも一つの荷電基(charged group)を含む第1の荷電シクロポリサッカライド(cyclpolysaccharide);および
(c)第1の荷電シクロポリサッカライドの電荷とは反対の電荷を有する少なくとも一つの荷電基を有する第2の荷電シクロポリサッカライドである安定化剤。

0009

米国特許出願第12/711,979(“’979出願”)において開示された構造は、ベンダムスチン分子が、当該分子の突起部を分離するための“蓋”として機能する安定化剤を伴ってシクロポリサッカライドの穴に挿入された樽型構造(barrel-like structure)の形成を含むと考えられている。’979出願には、有用である様々な安定化剤が開示されているが、安定化剤として荷電シクロポリサッカライドを使用することは開示されていない。かような分子のドーナツ形状を考えると、当該分子が、第1の荷電シクロポリサッカライドによって作られる“樽”のための効果的な“蓋”として効果的に機能しうることは予想外である。

0010

第1の荷電シクロポリサッカライドと効果的に機能しうる安定化剤を供給する必要がある。

0011

発明の詳細な説明
本発明は、以下を含む組成物を対象とする:
(a)ベンダムスチン(bendamustine);
(b)少なくとも一つの荷電基(charged group)を含む第1の荷電シクロポリサッカライド(cyclpolysaccharide);および
(c)第1の荷電シクロポリサッカライドの電荷とは反対の電荷を有する少なくとも一つの荷電基を有する第2の荷電シクロポリサッカライドである安定化剤。

0012

明細書中において使用される、“ベンダムスチン”の語は、4−[5−[ビス(2−クロロエチル)アミノ]−1−メチルベンゾイミダゾール−2−イル]ブタン酸化合物を示し、薬学的に許容されるこれらの塩もまた含み、たとえば、ベンダムスチン塩酸塩が挙げられる。

0013

好ましくは、ベンダムスチンと第1の荷電シクロポリサッカライドの比率は、重量比で約1:5000から約1:5であり;より好ましくは約1:1000から約1:8であり;更に好ましくは約1:500から約1:10であり、特に好ましくは約1:100から約1:10である。

0014

安定化剤は、通常、第1の荷電シクロポリサッカライドに対して重量比で、約5:1から約1:1000であり;好ましくは約1:4から約1:100である。

0015

シクロポリサッカライド
本発明の実施において用いられるシクロポリサッカライドとしては、シクロデキストリン、シクロマンニン、シクロアルトリン、シクロフルクタン等が挙げられる。一般に、6から8の糖単位を含むシクロポリサッカライドが好ましい。

0016

シクロポリサッカライドの中でも、シクロデキストリンが好ましい。シクロデキストリンは、少なくとも6つの糖単位を含む環状オリゴ−1−4−α−D−グルコピラノース(glucopiranose)である。最も広く知られているのは、6,7、または8の糖単位を含むシクロデキストリンである。6つの糖単位を含むシクロデキストリンは、α−シクロデキストリンとして知られており、7つの糖単位を含むシクロデキストリンは、β−シクロデキストリンとして知られており、8つの糖単位を含むシクロデキストリンは、γ−シクロデキストリンとして知られている。特に好ましいシクロポリサッカライドは、β−シクロデキストリンである。

0017

本発明の実施において用いられるシクロポリサッカライドは、第1のシクロポリサッカライド、または安定化剤としてのいずれで用いられても、荷電シクロポリサッカライドである。“荷電シクロポリサッカライド”の語は、荷電部分で置換された一以上のヒドロキシ基を有するシクロポリサッカライドを示すものである。かような荷電部分は、それ自身が荷電基であってもよいし、また、一以上の荷電部分で置換された有機部分(たとえば、C1−C6アルキルまたはC1−C6アルキルエーテル部分)を含んでいてもよい。

0018

第1の荷電シクロポリサッカライドがアニオン性基で置換されている場合、安定化剤はカチオン性のシクロポリサッカライドである。反対に、第1の荷電シクロポリサッカライドがカチオン性基で置換されている場合、安定化剤はアニオン性のシクロポリサッカライドである。

0019

アニオン性シクロポリサッカライドは、一以上のアニオン性基を含んでいればよいが、アニオン性シクロポリサッカライドは、カルボキシル基(carboxyl group)、スルホニル基(sulfonyl group)または硫酸基(sulphate group)を含んでいると好ましい。好ましいアニオン性シクロポリサッカライドとしては、スルホブチルエーテルβ−シクロデキストリン、カルボキシメチル化(carboxymethylated)−β−シクロデキストリンナトリウム、O−リン酸化(O-phosphated)−β−シクロデキストリンナトリウム、スクシニル(succinyl)−(2−ヒドロキシ)プロピル−β−シクロデキストリン、スルホプロピル化(sulfopropylated)−β−シクロデキストリンナトリウム、およびO−硫酸化(O-sulfated)−β−シクロデキストリンナトリウムが挙げられる。スルホブチルエーテルβ−シクロデキストリンが特に好ましい。

0020

カチオン性シクロポリサッカライドは、一以上のカチオン性基を含んでいればよいが、カチオン性シクロポリサッカライドは、アミノ基(amino group)、グアニジン基(guanidine group)または四級アンモニウム基(quarternary group)を含んでいると好ましい。用いられうる適当なアミノ−シクロデキストリンは、アミノ−α−シクロデキストリン、アミノ−β−シクロデキストリン、およびアミノ−γ−シクロデキストリンであり、置換度(substitution level)が約4から約10であると好ましい。この形式の好ましいアミノ−シクロデキストリンとしては、ヘキサキス(6−アミノ−6−デオキシ)α−シクロデキストリン、ヘプタキス(6−アミノ−6−デオキシ)β−シクロデキストリン、オクタキス(6−アミノ−6−デオキシ)γ−シクロデキストリンが挙げられる。他に用いられうるカチオン性シクロポリサッカライドとしては、ヘプタキス(6−グアニジノ−6−デオキシ)β−シクロデキストリンのように、好ましくは置換度が約4から約10であるグアニジノ−シクロデキストリン;6−デオキシ−6−(3−ヒドロキシ)プロピルアミノβ−シクロデキストリンのように、好ましくは置換度が約4から約10であるアルキルアミノ−シクロデキストリン:および、2−ヒドロキシ−N,N,N−トリメチルプロパンアンモニウム−シクロデキストリンのように、好ましくは置換度が4から9であるアルキルアンモニウム−シクロデキストリンが挙げられる。

0021

特に好ましいカチオン性ポリサッカライドとしては、ヘキサキス(6−アミノ−6−デオキシ)α−シクロデキストリン、ヘプタキス(6−アミノ−6−デオキシ)β−シクロデキストリン、オクタキス(6−アミノ−6−デオキシ)γ−シクロデキストリン、ヘプタキス(6−グアニジノ−6−デオキシ)β−シクロデキストリン、オクタキス(6−グアニジノ−6−デオキシ)−γ−シクロデキストリン、2−ヒドロキシ−N,N,N−トリメチルプロパンアンモニウム−シクロデキストリンおよび6−デオキシ−6−(3−ヒドロキシ)プロピルアミノβ−シクロデキストリンが挙げられる。

0022

本発明のある特定の好ましい実施形態において、第1の荷電シクロポリサッカライドは、スルホブチルエーテルβ−シクロデキストリン、および、ヘプタキス(6−アミノ−6−デオキシ)β−シクロデキストリンを含む安定化剤を含む。

0023

賦形剤
本発明の組成物は、糖、ポリアルコール可溶性ポリマー、塩および脂質等の薬学的に許容される賦形剤をさらに含んでいてもよい。

0024

用いられうる糖およびポリアルコールとしては、ラクトーススクロースマンニトールソルビトールなどが挙げられるが、これらに制限されない。

0025

用いられうる可溶性ポリマーの実例としては、ポリオキシエチレンポロキサマー(poloxamers)、ポリビニルピロリドン、およびテキストランが挙げられる。

0026

有用な塩としては、塩化ナトリウム塩化マグネシウム塩化カルシウムが挙げられるが、これらに限定されない。

0027

用いられうる脂質としては、脂肪酸エステル糖脂質リン脂質が挙げられるが、これらに限定されない。

0028

製造
本発明の組成物は、固体のベンダムスチンを第1の荷電シクロポリサッカライドの水溶液中に溶解させることにより、または、第1の荷電シクロポリサッカライドの水溶液をベンダムスチンの水性貯蔵液(an aqueous stock solution)と混合することによって製造されうる。このようにして得られた混合物は、均質平衡化された水溶液を得るため、混合され、任意で超音波の作用にさらされる。シクロポリサッカライドがシクロデキストリンである場合、組成物の製造に用いられるシクロデキストリン水溶液は、少なくとも4%のシクロデキストリンを含んでいると好ましく、前記溶液は、少なくとも10%のシクロデキストリンを含んでいるとより好ましい。

0029

安定化剤および賦形剤(含まれる場合)は、予め調製され、均質で平衡化されたベンダムスチンと第1の荷電シクロポリサッカライドの水溶液にこれらを添加することにより、前記組成物に好適に導入される。かような物質は固体として添加されてもよいし、水溶液として添加されてもよい。

0030

好ましくは、最終組成物は、注射に用いる前に濾過される。

0031

組成物を任意でフリーズドライし、その使用前に注射剤中に溶解させるために適した固形物としてもよい。安定化剤としてのアミンを含む組成物は、かような安定化剤の添加前にフリーズドライし、使用する直前注射液を調製した後の組成物に上記安定化剤を導入すると好ましい。

0032

ある実施形態において、本発明の組成物は、上記構成要素を混合し、加熱すること(incubation)により製造される。

0033

他の実施形態において、本発明の組成物は、上記構成要素を混合し、混合物に超音波をかけることによって製造される。

0034

他の実施形態において、本発明の組成物は、上記構成要素を混合し、加熱し、さらに生成物をフリーズドライすることによって製造される。

0035

他の実施形態において、本発明の組成物は、上記構成要素を混合し、混合物に超音波をかけ、さらに生成物をフリーズドライすることによって製造される。

0036

本発明の組成物は、インビトロ(in vitro)およびイン・ビボ(in vivo)の両方の条件下において、血漿中に導入された際の安定性が改善されたことが明らかとなった。したがって、かような製剤は、製剤化されていない(non-formulated)ベンダムスチンの半減期と比較して、少なくとも約10%、約25%、約50%あるいは約100%以上で半減期を延ばすことができ、血漿中において長い半減期を示すであろう。

0037

加えて、本発明の組成物は、ベンダムスチンおよびシクロポリサッカライドを含む組成物や、ベンダムスチン単独と比較して、予想外に腫瘍に対する活性が改善された。

0038

本発明は、さらに、以下の実施例によって説明され、これらの実施例は、単に説明のために包括されるものであって、別に明確な示唆がない限り本発明の範囲を制限するものではないと理解されるべきである。本明細書中の詳細な説明、実施例および特許請求の範囲に記載されている全ての割合、比率および部分は他に定義がない場合、重量によるものであり、近似である。

0039

実施例
実施例1
スルホブチルエーテルβ-シクロデキストリンナトリウム(SBECD)およびヘプタキス(6−アミノ−6−デオキシ)−β−シクロデキストリン塩酸塩(H6A)を含むベンダムスチン組成物の製造
2.5mg/gのベンダムスチンHCl、20%のSBECDおよび1%のH6Aを含む組成物
すべての操作は、室温で行われた。3917mgの水を1000mgのスルホブチルエーテルβ−シクロデキストリンナトリウムに添加し、当該混合物を固体が完全に溶解するまで撹拌した。この溶液に、12.5mgのベンダムスチン塩酸塩および21mgのマンニトールを加え、2時間撹拌した。この溶液に、50mgのH6Aを加え、15分間撹拌した。この生成物の溶液を0.2マイクロメーターナイロンフィルターでろ過した。

0040

2.5mg/gのベンダムスチンHCl、20%SBECDおよび2%H6Aを含む組成物
すべての操作は、室温で行われた。3867mgの水を1000mgのスルホブチルエーテルβ−シクロデキストリンナトリウムに添加し、当該混合物を固体が完全に溶解するまで撹拌した。この溶液に、12.5mgのベンダムスチン塩酸塩および21mgのマンニトールを加え、2時間撹拌した。この溶液に、100mgのH6Aを加え、15分間撹拌した。この生成物の溶液を0.2マイクロメーターのナイロンフィルターでろ過した。

0041

13mg/gのベンダムスチンHCl、20%SBECDおよび1%H6Aを含む組成物
すべての操作は、室温で行われた。400mgの水を200mgのスルホブチルエーテルβ−シクロデキストリンナトリウムに添加し、当該混合物を固体が完全に溶解するまで撹拌した。この溶液に、13mgのベンダムスチン塩酸塩および22.1mgのマンニトールを加え、2時間撹拌した。10mgのH6Aを355mgの水に溶解させ、当該H6A溶液を予め調製したSBECD溶液に加え、ベンダムスチンおよびマンニトールを15分間撹拌した。この生成物の溶液を0.2マイクロメーターのナイロンフィルターでろ過した。

0042

実施例2
ラット投与されたスルホブチルエーテルβ-シクロデキストリンナトリウムおよびヘプタキス(6−アミノ−6−デオキシ-β-シクロデキストリン)を含む組成物中におけるベンダムスチンの薬物動態
試験された組成物:
コントロール:2.5mg/gベンダムスチン塩酸塩、4.25mg/gマンニトールの0.9%NaCl液(in 0.9%NaCl);投与量10mg/kg
組成物1:2.5mg/gベンダムスチン塩酸塩、20%w/wスルホブチルエーテルβ−シクロデキストリンナトリウム、1%ヘプタキス(6−アミノ−6−デオキシ−β−シクロデキストリン)、4.3mg/gマンニトール液(in water)(実施例1に記載の方法に従って調製した);投与量10mg/kg
組成物2:2.5mg/gのベンダムスチン塩酸塩、20%w/wスルホブチルエーテルβ−シクロデキストリンナトリウム、2%ヘプタキス(6−アミノ−6−デオキシ−β−シクロデキストリン)、4.3mg/gマンニトール液(in water)(実施例1に記載の方法に従って調製した);投与量10mg/kg
組成物A:5mg/mLベンダムスチン塩酸塩、20%w/wスルホブチルエーテルβ−シクロデキストリンナトリウム、10.2mg/gマンニトール液(in water);投与量10mg/kg。

0043

動物
メススプラーグ−ドーリーラット(Sprague-Dawley rats)(250〜350g)。当該動物は、一つのケージあたり3体が管理され、当該ケージは、エアーフィルターカバーを備えており、光(12hの明暗サイクル、6時(06h00)に光点灯)の下に置かれ、22℃±1℃の温度に制御された。動物に対するすべての操作は、滅菌層状フードの下で行った。動物は、ピュリナ(Purina)マウス飼料および水を自由に摂取することができる環境とした。薬剤を投与する前、動物には一晩絶食させ、麻酔をかけた。

0044

投与およびサンプリング
ベンダムスチン組成物およびコントロールを、ラットの尾静脈静脈内注射した。注射を行った後、5、15、30、45分、1、1.5、2、3および4時間の間隔をあけて血液サンプル採取した。ラットは、一般的なイソフルラン吸入により麻酔した。血液サンプルは、ヘパリン化されたチューブを用いて頸静脈から採取し、上で保存した。血液を直ちに遠心分離し、血漿を分離した。血漿サンプルを速やかに抽出した。

0045

サンプル抽出および分析
上記血漿サンプル0.100mLをプラスチックチューブへ移した。当該サンプルを、30秒間激しく振動させて0.400mLの100mM HClアセトニトリル溶液で抽出した。このサンプルを10000RPMで5分間遠心分離して、上澄みを分離した。このサンプルをドライアイス中で凍結させ、HPLC分析を行うまで−80℃で保管した。分析のため、20マイクロリットルのサンプルをHPLCに注入した。

0046

HPLC条件
C18逆相カラム50x4.6mm、Symmetry/Shield 3.5マイクロメーター
カラム温度30℃
流速1.5mL/分
注入体積 20マイクロリットル
蛍光検出波長励起327nm、発光420nm
移動相緩衝液A:5%アセトニトリル0.1%TFA
緩衝液B:90%アセトニトリル0.1%TFA
実行時間:10分
コントロールと比較して、試験した組成物において、ベンダムスチンの薬物動態特性が改善されたことが以下の表1により示されている。

0047

0048

上記データは、本発明の組成物において、薬剤が対象に投与された場合であっても、ベンダムスチンの薬物動態(pharmacokinetics)を非常に長くすることができることを示している。上記データは、さらに、H6Aを添加することにより、薬物動態が増進することもまた示している。

0049

実施例3
スルホブチルエーテルβ−シクロデキストリンナトリウムおよびヘプタキス(6−アミノ−6−デオキシ−β−シクロデキストリン)を含む組成物中のベンダムスチンがBalb/cマウスにおいてヒト乳がんMDA−MB−231細胞の皮下固形腫瘍成長に与える影響
動物:
生後5〜6週間のBalb/cマウスをCharles River Canada Inc.から購入した。当該動物は、一つのケージあたり5体が管理され、当該ケージは、エアーフィルターカバーを備えており、光(12hの明暗サイクル、6時(06h00)に光点灯)の下、22℃±1℃の温度に制御された環境下におかれた。動物に対するすべての操作は、滅菌層状フードの下で行った。動物は、ピュリナ(Purina)マウス飼料(Pro Lab PMH4018, Agway, Syracuse, New Yorkの商標)および水を自由に摂取することができる環境とした。これらの動物に関する研究は、“実験動物の管理と使用に関する指針”("Guidelines for Care and Use of Experimental Animals")に従って行った。

0050

腫瘍細胞の培養:
ヒト乳がん細胞MDA−MB 231を適切な培地で培養した。当該細胞を、腫瘍の生着を準備するため、対数増殖期に採取した。

0051

腫瘍細胞の生着:
30%マトリゲル培地中のMDA−MB−231細胞を、それぞれの動物の脇腹の2側面に皮下接種した(一注射あたり5.0x105細胞)。移植してから9〜10日後、腫瘍の大きさが直径で0.5から0.8cmに達した時点で、これらの動物を一つのグループあたり5体とし、無作為で2つのグループに分けた。1、2、13および14日目に静脈注射による処置を行った。コントロールグループ等張食塩水で処置した。参照グループは、投与量を35mg/kgとしたベンダムスチンHCl液(in water)(7mg/mL)で処置した。試験グループは投与量を60mg/kgとした(参照グループの処置と等毒性の(equitoxic))本発明の組成物で処置した。当該組成物は、13mg/gベンダムスチンHCl、20%SBECDおよび1%H6A、ならびにマンニトールを含み、実施例1で記載された方法に従って調製された。

0052

効性評価:
皮下固形腫瘍の計測は、最初に注射した日、その後は3〜4日ごとに行った。各腫瘍について、直交する最も大きい二つの直径を、キャリパー(calipers)を用いて測定し、腫瘍の大きさを以下の式を用いて推定した。

0053

TV=L×W×/2 ここで、TV:腫瘍体積;L:長さ;W:幅
動物の体重も記録した。

0054

結果を、以下の表2に示す。

0055

0056

この結果によれば、等毒性の(equitoxic)投与量とした、調剤されていないベンダムスチンと比較して、SBECDおよびH6Aを含む本発明の組成物の優れた有効性が示されている。

実施例

0057

上述の実施形態は、発明の原理の適用を表わす、多くの可能性のある特定の実施形態のうちの一部の例示にすぎないことが理解されるべきである。本発明の精神および範囲から逸脱することなく、数多くの、変更を加えられた他の配列は、これらの原理に従って、当業者により、容易に考案されることが可能である。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 国立大学法人金沢大学の「 ヌクレオチド除去修復阻害剤、それを含有する腫瘍治療の増強剤及び抗腫瘍剤」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】大量に入手し易く、簡素な化学構造であって、損傷を受けたヌクレオチドの除去修復を阻害する活性が強くて、毒性が低く安全性が高いヌクレオチド除去修復阻害剤、それを含有し原発巣の癌細胞のような腫瘍細胞... 詳細

  • 株式会社マンダムの「 口臭抑制剤」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】安全性が高く、経口摂取することが可能な口臭抑制剤を提供する。【解決手段】 ジュンサイ抽出物を含むことを特徴とする口臭抑制剤を提供する。前記の口臭抑制剤は、さらに、ルイボス抽出物及びリンゴンベ... 詳細

  • 伊那食品工業株式会社の「 錠剤用基材及びその製造方法」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】従来より優れた崩壊性と十分な硬度とを錠剤に付与できる錠剤用基材、及びその製造方法を提供する。【解決手段】本発明に係る錠剤用基材は、単一粒子の平均繊維長が20〜1000μmの繊維状ファイバー10... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ