図面 (/)

技術 新しいコンピュータ用の情報を収集するためのEEOBEの活用、及び製造工程

出願人 ソニー株式会社
発明者 コウィーロバートライオンズゲイリーロバート
出願日 2010年11月17日 (10年0ヶ月経過) 出願番号 2012-532150
公開日 2013年2月21日 (7年9ヶ月経過) 公開番号 2013-506223
状態 特許登録済
技術分野 計算機・ガイダンスオペレータ 特定用途計算機 計算機・構造
主要キーワード 電子ユーザ 技術スタッフ 操作センタ 追加ユニット アップグレードデータ 工場システム 責任部門 工場設定
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2013年2月21日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (6)

課題・解決手段

機器メーカーに新しいすなわち置き換え用の機器注文する個人電子アウトオブボックス体験(eOOBE)を向上させるためのシステム及び方法を提供する。ユーザは、コンピュータ電話、PDA、又はその他の電子機器とすることができる新しい機器を受け取る前に、eOOBE設定を完成させるためのオプションを選択することができる。メーカーからアプレットなどのアプリケーションダウンロードされ、このアプリケーションが、機器の設定及びユーザ選択、並びにファイルシステム情報収集し、これらの情報をローカル機器ファイルシステム上のファイルに記憶する。これらの収集した情報は、電子ユーザ使用許諾契約書(EULA)の承諾を含むことができ、これにより機器がユーザに出荷される前に、ユーザの同意を得てこれらのライセンス事前構成できるようになる。収集した情報は暗号化されてメーカーへ送信され、その後メーカーが、受信したデータファイルに基づいて新しい機器を製造して設定する。新しい機器がユーザに配達され、ユーザは、この新しい機器をメーカーの搬送容器から出してすぐに、十分に構成され作動するモードで操作することができる。他の実施形態は、この要約書で説明した特徴から逸脱する可能性があるので、この要約書を限定的なものであると考えるべきではない。

概要

背景

コンピュータ電話、又はその他の電子機器などの新しい電子機器をオンライン注文することは、このような新しい機器をうまく構成して使用する最初の段階に過ぎない。データ移動及び転送システムは、ユーザが古い機器から新しい機器にデータ及び時には機器の設定を容易に移動する支援となるが、通常これらの移動作業は新しい機器を受け取った後にしか発生せず、ユーザ側では時間及び注意が必要となる。

多くの場合、ユーザは、データを移動して、又は機器の設定を操作して所望のレベルの機能性及び個人化を達成する資質がほとんどない1人の人間である。メーカーは、この移動及び新しい機器の設定のための技術サポートを提供することによってこのプロセスを容易にしようと試みてきたが、ここでもまた、通常これらのプロセスは、機器が工場設定モードで製造されユーザに出荷された後にしか発生しない。多くの場合、メーカーが新しい機器を構成するために必要な設定データ及び選択データを、ユーザを工場において積極的に関与させることなく取り込んで維持できる方法は存在しないので、ユーザはやはり新しい機器の設定及び個人化に関与することを求められる。

しかも、このような個人化に必要な種類の情報は、個々のユーザにとって非常にセンシティブなものであることが多い。個々のユーザにとってデータセキュリティ最大限に重要である。この個人情報が盗まれる時代には、個人化した設定データが外部の第三者とできるだけ共有されず、送信の際にはデータが侵入及び盗難に対して安全であることを確実にしたいと全てのユーザが望んでいる。

ユーザの期待する移動及び個人化を全て実現するメーカーから新しい機器を受け取ることは、あらゆる機器メーカーにとってマーケティング上の朗報である。このような機器の受取人である個々のユーザが顧客サービスの点で非常に満足するだけではなく、機器メーカーもまた、工場から送る新しい機器をユーザが構成及び個人化するのを支援するために必要な技術スタッフにかかる時間と費用を節約することができる。

概要

機器メーカーに新しいすなわち置き換え用の機器を注文する個人電子アウトオブボックス体験(eOOBE)を向上させるためのシステム及び方法を提供する。ユーザは、コンピュータ、電話、PDA、又はその他の電子機器とすることができる新しい機器を受け取る前に、eOOBE設定を完成させるためのオプションを選択することができる。メーカーからアプレットなどのアプリケーションダウンロードされ、このアプリケーションが、機器の設定及びユーザ選択、並びにファイルシステム情報収集し、これらの情報をローカル機器ファイルシステム上のファイルに記憶する。これらの収集した情報は、電子ユーザ使用許諾契約書(EULA)の承諾を含むことができ、これにより機器がユーザに出荷される前に、ユーザの同意を得てこれらのライセンス事前構成できるようになる。収集した情報は暗号化されてメーカーへ送信され、その後メーカーが、受信したデータファイルに基づいて新しい機器を製造して設定する。新しい機器がユーザに配達され、ユーザは、この新しい機器をメーカーの搬送容器から出してすぐに、十分に構成され作動するモードで操作することができる。他の実施形態は、この要約書で説明した特徴から逸脱する可能性があるので、この要約書を限定的なものであると考えるべきではない。

目的

メーカーは、この移動及び新しい機器の設定のための技術サポートを提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

事前構成された機器発注する方法であって、ネットワーク通信チャンネルを介して機器メーカーに接続して発注作業を開始するステップと、前記メーカーが保持するサーバからユーザが操作するローカル機器アプリケーションダウンロードするステップと、機器の設定及び構成情報、ユーザが入力した好み及び選択、並びにユーザが特定した、新しい機器にインストールすべきファイルを自動的に収集する前記アプリケーションを前記ローカル機器上で起動するステップと、前記収集したデータに一意識別子を追加し、該収集した情報をローカル記憶ファイルに記憶するステップと、を含み、前記ローカル記憶ファイルが暗号化され、前記ユーザが発注した前記事前設定される機器の製造及び構成において使用するように前記機器メーカーへ送信される、ことを特徴とする方法。

請求項2

前記ダウンロードされるソフトウェアアプリケーションアプレットを含み、前記アプリケーションにより自動的に収集される前記機器の設定が、少なくともオペレーティングシステムの設定、ログイン設定電源設定ネットワーク設定ソフトウェア構成及びファイル、ファイルシステムの構造、壁紙、及びスクリーンセーバーの設定を含む、ことを特徴とする請求項1に記載の方法。

請求項3

前記アプリケーションが、少なくともユーザログオン及びパスワード、エンドユーザ使用許諾契約書(EULA)の承諾、インストールするソフトウェアアプリケーション、アップグレードの選択、及び前記機器のグラフィックユーザインターフェイスGUI)のルックアンドフィールを含むユーザ情報を収集するための問い合わせ画面を前記機器上に提示する、ことを特徴とする請求項1に記載の方法。

請求項4

前記アプリケーションにより収集される前記ファイルが、前記機器の基本ファイルステム、及び前記注文を受けた機器に移動すべき、前記ファイルシステム内に存在する全てのデータをさらに含む、ことを特徴とする請求項1に記載の方法。

請求項5

前記一意の識別子が、前記アプリケーションにより生成されて該アプリケーションが収集する前記情報に追加されるメーカー追跡番号を含む、ことを特徴とする請求項1に記載の方法。

請求項6

前記アプリケーションが保存する前記ローカル記憶ファイルが、前記機器メーカーへ送信される前に暗号化される、ことを特徴とする請求項1に記載の方法。

請求項7

前記ローカル記憶ファイルが、送信するデータ量に基づいて、各々がネットワーク通信チャンネルを介して送信するために最適化され個別に暗号化された複数のファイルに再構成される、ことを特徴とする請求項6に記載の方法。

請求項8

事前構成された機器を発注するためのコンピュータ実行可能命令を含むコンピュータ可読記憶媒体であって、ネットワーク通信チャンネルを介して機器メーカーに接続して発注作業を開始するステップと、前記メーカーが保持するサーバからユーザが操作するローカル機器にアプリケーションをダウンロードするステップと、機器の設定及び構成情報、ユーザが入力した好み及び選択、並びにユーザが特定した、新しい機器にインストールすべきファイルを自動的に収集する前記アプリケーションを前記ローカル機器上で起動するステップと、前記収集したデータに一意の識別子を追加し、該収集した情報をローカル記憶ファイルに記憶するステップと、を含み、前記ローカル記憶ファイルが暗号化され、前記ユーザが発注した前記事前構成される機器の製造及び構成において使用するように前記機器メーカーへ送信される、ことを特徴とするコンピュータ可読記憶媒体。

請求項9

前記ダウンロードされるソフトウェアアプリケーションがアプレットを含み、前記アプリケーションにより自動的に収集される前記機器の設定が、少なくともオペレーティングシステムの設定、ログイン設定、電源設定、ネットワーク設定、ソフトウェア構成及びファイル、ファイルシステムの構造、壁紙、及びスクリーンセーバーの設定を含む、ことを特徴とする請求項8に記載のコンピュータ可読媒体

請求項10

前記アプリケーションが、少なくともユーザログオン及びパスワード、エンドユーザ使用許諾契約書(EULA)の承諾、インストールするソフトウェアアプリケーション、アップグレードの選択、及び前記機器のグラフィックユーザインターフェイス(GUI)のルックアンドフィールを含むユーザ情報を収集するための問い合わせ画面を前記機器上に提示する、ことを特徴とする請求項8に記載のコンピュータ可読媒体。

請求項11

前記アプリケーションにより収集される前記ファイルが、前記機器の基本ファイルシステム、及び前記注文を受けた機器に移動すべき、前記ファイルシステム内に存在する全てのデータをさらに含む、ことを特徴とする請求項8に記載のコンピュータ可読媒体。

請求項12

前記一意の識別子が、前記アプリケーションにより生成されて該アプリケーションが収集する前記情報に追加されるメーカー追跡番号を含む、ことを特徴とする請求項8に記載のコンピュータ可読媒体。

請求項13

前記アプリケーションが保存する前記ローカル記憶ファイルが、前記機器メーカーへ送信される前に暗号化される、ことを特徴とする請求項8に記載のコンピュータ可読媒体。

請求項14

前記ローカル記憶ファイルが、送信するデータ量に基づいて、各々がネットワーク通信チャンネルを介して送信するために最適化され個別に暗号化された複数のファイルに再構成される、ことを特徴とする請求項13に記載のコンピュータ可読媒体。

請求項15

事前構成された機器を発注するためのシステムであって、ユーザが操作し、ユーザが望む設定及びパラメータの構成を含み機器メーカーと通信する機器と、前記機器から情報を収集するための命令を含み、前記機器メーカーからダウンロードされ、前記機器から機器の設定及びユーザ選択情報を自動的に収集し、全ての収集した情報をローカル機器ストレージ内のファイルに記憶するアプリケーションを含み、前記アプリケーションが、前記ローカルに記憶したファイルを暗号化し、前記ユーザが発注した前記事前構成される機器の製造及び構成において使用するように前記機器メーカーへ前記ファイルを送信する、ことを特徴とするシステム。

請求項16

前記ダウンロードされるソフトウェアアプリケーションがアプレットを含み、前記アプリケーションにより自動的に収集される前記機器の設定が、少なくともオペレーティングシステムの設定、ログイン設定、電源設定、ネットワーク設定、ソフトウェア構成及びファイル、ファイルシステムの構造、壁紙、及びスクリーンセーバーの設定を含む、ことを特徴とする請求項15に記載のシステム。

請求項17

前記アプリケーションが、少なくともユーザログオン及びパスワード、エンドユーザ使用許諾契約書(EULA)の承諾、インストールするソフトウェアアプリケーション、アップグレードの選択、及び前記機器のグラフィックユーザインターフェイス(GUI)のルックアンドフィールを含むユーザ情報を収集するための問い合わせ画面を前記機器上に提示する、ことを特徴とする請求項15に記載のシステム。

請求項18

前記アプリケーションが、前記機器の基本ファイルシステム、及び前記注文を受けた機器に移動すべき、前記ファイルシステム内に存在する全てのデータを含むファイルをさらに収集する、ことを特徴とする請求項15に記載のシステム。

請求項19

前記アプリケーションが、前記アプリケーションにより生成されて該アプリケーションが収集する前記情報に追加されるメーカー追跡番号を含む一意の識別子を前記ローカル記憶ファイルに追加する、ことを特徴とする請求項15に記載のシステム。

請求項20

前記アプリケーションが保存する前記ローカル記憶ファイルが、前記機器メーカーへ送信される前に暗号化される、ことを特徴とする請求項15に記載のシステム。

請求項21

前記ローカル記憶ファイルが、送信するデータ量に基づいて、各々がネットワーク通信チャンネルを介して送信するために最適化され個別に暗号化された複数のファイルに再構成される、ことを特徴とする請求項20に記載のシステム。

技術分野

0001

著作権及び商標表示〕
特許文書の開示の一部は、著作権保護対象内容を含む。著作権の権利所有者は、合衆国特許商標の特許ファイル又は記録内に表されるとおりに特許文書又は特許開示を複製することには異議を唱えないが、それ以外は全ての著作権を留保する。商標は、これらそれぞれの所有者所有物である。

背景技術

0002

コンピュータ電話、又はその他の電子機器などの新しい電子機器をオンライン注文することは、このような新しい機器をうまく構成して使用する最初の段階に過ぎない。データ移動及び転送システムは、ユーザが古い機器から新しい機器にデータ及び時には機器の設定を容易に移動する支援となるが、通常これらの移動作業は新しい機器を受け取った後にしか発生せず、ユーザ側では時間及び注意が必要となる。

0003

多くの場合、ユーザは、データを移動して、又は機器の設定を操作して所望のレベルの機能性及び個人化を達成する資質がほとんどない1人の人間である。メーカーは、この移動及び新しい機器の設定のための技術サポートを提供することによってこのプロセスを容易にしようと試みてきたが、ここでもまた、通常これらのプロセスは、機器が工場設定モードで製造されユーザに出荷された後にしか発生しない。多くの場合、メーカーが新しい機器を構成するために必要な設定データ及び選択データを、ユーザを工場において積極的に関与させることなく取り込んで維持できる方法は存在しないので、ユーザはやはり新しい機器の設定及び個人化に関与することを求められる。

0004

しかも、このような個人化に必要な種類の情報は、個々のユーザにとって非常にセンシティブなものであることが多い。個々のユーザにとってデータセキュリティ最大限に重要である。この個人情報が盗まれる時代には、個人化した設定データが外部の第三者とできるだけ共有されず、送信の際にはデータが侵入及び盗難に対して安全であることを確実にしたいと全てのユーザが望んでいる。

0005

ユーザの期待する移動及び個人化を全て実現するメーカーから新しい機器を受け取ることは、あらゆる機器メーカーにとってマーケティング上の朗報である。このような機器の受取人である個々のユーザが顧客サービスの点で非常に満足するだけではなく、機器メーカーもまた、工場から送る新しい機器をユーザが構成及び個人化するのを支援するために必要な技術スタッフにかかる時間と費用を節約することができる。

課題を解決するための手段

0006

添付の図面と併せて行う以下の詳細な説明を参照することにより、構成及び動作方法を示す特定の例示的な実施形態、並びに目的及び利点を最も良く理解することができる。

図面の簡単な説明

0007

本発明のいくつかの実施形態による、複数の機器の例示的な電子アウトオブボックス体験を示す図である。
本発明のいくつかの実施形態による、アウトオブボックス更新システム全体としての例示的な処理フロー図である。
本発明のいくつかの実施形態による、電子アウトオブボックスシステムを使用して新しい機器を注文する際のユーザインタラクションの例示的な処理フロー図である。
本発明のいくつかの実施形態による、複数の機器のデータを収集する例示的な処理フロー図である。
本発明のいくつかの実施形態による、eOOBE処理を元に戻す例示的な処理フロー図である。

実施例

0008

本発明は、多くの異なる形の実施形態が可能であるが、このような実施形態の開示は原理の一例として見なすべきであり、図示及び説明する特定の実施形態に本発明を限定することを意図するものではないという理解の下、図面に特定の実施形態を示し本明細書で詳細に説明する。以下の説明では、図面のいくつかの図における同様の、類似の又は一致する部分については同じ参照番号を使用して説明する。

0009

本明細書で使用する「1つの(英文不定詞)」という用語は、1又は1よりも多い、と定義される。本明細書で使用する「複数の」という用語は、2又は2よりも多い、と定義される。本明細書で使用する「別の」という用語は、少なくとも第2の又はそれ以上の、と定義される。本明細書で使用する「含む(including)」及び/又は「有する(having)」という用語は、「備える(comprising)」(すなわち包括的な用語)と定義される。本明細書で使用する「結合される」という用語は、必ずしも直接的接続、及び、必ずしも機械的接続を定義するものではないが、「接続される」と定義される。本明細書で使用する「プログラム」又は「コンピュータプログラム」という用語又は類似の用語は、コンピュータシステム上での実行を意図された一連命令であると定義される。「プログラム」又は「コンピュータプログラム」は、実行可能アプリケーションアプレットサーブレットソースコードオブジェクトコード共有ライブラリダイナミックロードライブラリ、及び/又はコンピュータシステム上で実行するように設計されたその他の一連の命令におけるサブルーチン関数、手順、オブジェクト方法、オブジェクト実装を含むことができる。

0010

本明細書を通じて、「1つの実施形態」、「いくつかの実施形態」、「ある実施形態」、又は同様の用語への言及は、実施形態に関連して説明する特定の特徴、構造又は特性が、本発明の少なくとも1つの実施形態に含まれることを意味する。従って、本明細書を通じて至るところに出現するこのような語句は、必ずしも全てが同じ実施形態について言及するものではない。さらに、上記の特定の特徴、構造又は特性を、本発明を限定することなく1又はそれ以上の実施形態にあらゆる好適な態様で組み合わせることができる。

0011

本明細書で使用する場合、「又は」という用語は包括的なものとして解釈すべきであり、すなわちいずれか1つ又はあらゆる組み合わせを意味する。従って、「A、B又はC」は、「A、B、C、AとB、AとC、BとC、AとBとC、のいずれか」を意味する。この定義に対する例外は、要素、機能、ステップ又は行為の組み合わせが何らかの点で本質的に相互に相容れない場合にのみ生じる。

0012

ソフトウェア及び/又はファームウェアの実施形態は、(例えば、ディスクストレージ読み出し専用メモリ(ROM)装置、ランダムアクセスメモリ(RAM)装置、ネットワークメモリ装置光学記憶要素磁気記憶要素磁気光学記憶要素、フラッシュメモリコアメモリ、及び/又はその他の同等の揮発性又は不揮発性記憶技術などの)いずれかの適当な電子媒体又はコンピュータ可読記憶媒体上に記憶することができる、及び/又はいずれかの適当な電子通信媒体を介して送信することができる、いくつかの例においてフロー図形式広義に上述したプログラム命令を実行する1又はそれ以上のプログラム済みプロセッサを使用して実現することができる。しかしながら、当業者であれば、本教示を検討すると、本発明の実施形態から逸脱することなく上述の処理をあらゆる数の変形形態で及び多くの適当なプログラミング言語で実施できることを理解するであろう。例えば、多くの場合、本発明のいくつかの実施形態から逸脱することなく、実施されるいくつかの動作の順序を変更することができ、さらなる動作を追加することができ、或いは動作を削除することもできる。本発明のいくつかの実施形態から逸脱することなく、エラー捕捉を追加及び/又は増強することができ、ユーザインターフェイス及び情報提示の変形例を作成することもできる。このような変形例は想定されており、同等物と見なされる。

0013

コンテンツは、いずれかの適当なフォーマットコンパクトディスク(CD)、デジタル多用途ディスク(DVD)、高画質DVD(HD−DVD)、ブルーレイディスク(BD)、テープインターネットストリーム又はダウンロードハンドヘルドプレーヤコンピュータ記憶媒体、又はいずれかの適当な再生可能モードなどのモードで再生するように作成された娯楽的、教育的芸術的、文芸的、又は実験主題を符号化できるいずれかの又は全てのオーディオビデオマルチメディア、又はインタラクティブデータとして具体化することができる。

0014

メーカーへの新しい機器の注文を処理する場合、当然ながら顧客は、新しい機器が少なくとも入れ替えようとしている機器と同程度に良好に機能することが確実であることを切望する。機能的な期待としては、機器内の既存のデータ及び個人化設定に加えてネットワーク設定、機器にインストールしたソフトウェアアプリケーションパスワード及びその他の入力コード、ソフトウェアアプリケーション自体のインストール、オペレーティングシステムの設定、及びユーザのためのセキュリティ設定、並びに顧客が長い時間にわたって集約した慣れしん動作環境及び機器の使用を実現するその他の個人化パラメータの移動が挙げられる。データ及びセキュリティ設定の移動は、動作環境全体を再生する中の単なる1段階に過ぎない。メーカーは、オペレーティングシステム、ネットワークパラメータ、及び顧客が発注したあらゆるソフトウェアスイートの工場標準設定を提供することはできるが、最適化されたソフトウェアアプリケーション設定のみならず、壁紙及びユーザインターフェイスのルックアンドフィールも含み得る機器の個人化は、機器が顧客の所在場所で受け取られる時に顧客に一任される。

0015

本開示は、メーカーに新しい機器を発注する顧客が選択を行って既存の機器から関連データを取り込み、機器が工場で構成される際にこれらの取り込んだ設定及び選択を適用できるようにする。このようにして、顧客は、例えば個人化した壁紙及びソフトウェアアプリケーションの設定を含むまで、箱から出してすぐに顧客が望むとおりに正確に動作する機器を受け取るようになる。従って、顧客が自分の機器を受け取る際には、この機器は、顧客が所望の設定を集約するのに注いだ時間及び労力を全て取り込んで、入れ替えられる機器内のパラメータを使用するようになり、顧客の場所において開梱にかかるほんのわずかな時間で動作できるようになる。

0016

これを達成するためには、顧客が機器メーカーに連絡を取り、新しい機器の注文を開始する。注文指示を受け取ると、メーカーは、起点サーバから、この起点サーバと通信する機器にアプレット(又はその他の適当なアプリケーション)がダウンロードされるようにする。起点サーバは、工場、メーカーの所在地営業所、又は調達のための注文が置かれるいずれの場所に位置してもよい。このアプレットは、既存の機器からの設定及びファイルを識別するだけでなく、ユーザが新しい機器内に組み込み済みであることを必要とする既存の機器からの設定済み構成要素の全てに関する情報を有するツールである。アプレットによって工場へ送信される情報により、工場は、新しい機器及びオペレーティングシステムが必要とする従来の構築及び設定を完成させながら、出荷前にユーザ設定及び選択が新しい機器の元から備わった部分となるように、製造工程中に既存のユーザ設定を融合できるようになる。非限定的な例では、ユーザが、新しい機械と入れ替える予定の既存の機械上に無線広域ネットワーク(WWANアカウントを有している場合、ユーザが必要なアカウントログオン情報を入力することにより、このアカウントを新しい機械に転送することができ、ユーザが新しい機器をオンした瞬間に、既存のアカウントを背景にWWANが新しい機器内で自動的に起動するようになる。

0017

また、アプリケーションが、(アプレットが取得した)設定と(アプレットとのやりとり中にユーザが行った)ユーザ選択とを組み合わせてローカル記憶装置に記憶することができる。このローカル記憶装置は、システムがクラッシュした場合でも、アプレットが収集したデータが確実に記憶されるように、ハードディスクドライブ(HDD回復パーティション、回復ディスク、又はその他のローカル記憶媒体オンラインサーバ又はその他の遠隔的にアクセス可能データ記憶装置とすることができる。これにより、記憶装置からデータを回復できるようにして、回復処理中に、ユーザがこの回復処理とやりとりして元々の電子アウトオブボックス体験(eOOBE)中に得られる結果と同じ結果を再現しなくて済むようにすることができる。

0018

eOOBEは、電子的に注文できる多くの機器に対して利用可能である。スマートフォンゲーム機器、コンピュータ、及び携帯情報端末などの情報機器は、全てウェブベースの又はその他の電子的な接続を介してこのような機器のメーカーに発注を行うことができるが、このリストは、決してこのようにして発注できる機器の完全なリストではなく、このリストに挙げた機器に処理を限定することを意図するものではない。機器を工場に発注する際には、個人的な構成要素及び機械の設定に加え、アプリケーションが、最新バージョンアップグレードする必要があると思われるソフトウェアアプリケーションのリストを工場へ送信することもできる。このようにして、ユーザに配達される機器は、ユーザが機器上で必要とする、工場で入手可能なソフトウェアアプリケーションの全ての最新バージョンを含むことができる。企業ユーザの場合、アプリケーションが、個々の個人的な設定及び選択を、企業標準施行責任があるIT部門が必要とするものと融合することができる。このような融合により、企業内の責任部門により設定された企業標準に準拠する新しい機器がユーザに提供され、個人設定と企業の義務付けとの間の不一致が解消され、企業のガイドラインに沿って十分に機能するにもかかわらず、可能であればユーザの個人的な選択及び設定を組み込んだ機器がユーザに提供されるようになる。アプリケーションは、既存の機器から、技術仕様に基づく複雑な動作能力が高く、アクセス又は制御性により優れた、又は機器の設計、ルックアンドフィールに関してより進んだ機器へのアップグレードに関する情報もユーザから収集する。このようにして、ユーザは、注文を出している既存の機器に対するアップグレードを指定することができる。

0019

電子的に発注された新しい、すなわち新たに入れ替える機器でのユーザ体験を高めるために、ユーザ選択及び設定、企業設定を収集し、これらを工場へ送って、注文を受けた機器を休止モードで、及びユーザの権限特権、設定、及び選択が全て整い、箱から出してすぐに使用可能な、動作の開始準備が整った状態で工場から配達できるようにして、ユーザに真のeOOBEを提供することができるアプリケーションが必要とされる。

0020

eOOBEプロセスは、単に1つの以前に所有していた機器から新たに構築中の第2の機器へのデータ及び設定の移動に関するものではない。このシステムは、製造工程中に全ての設定及び選択を機器のシステム内に組み込んだ機器を構築することによりユーザの顧客体験を高めることに関する。このようにして初めて、ユーザは、文字通りそのユーザのためにカスタム構築された機器と契約してこれを受け取ることができ、これにより、顧客満足の体験が最大化されるだけでなく、標準的なテンプレートで構築した後で工程の後期に顧客の設定及び選択を適用した機器では匹敵できない非常に基本的なレベルで機器がカスタマイズされる。このような機器では、選択及び設定が機器のロジック内に焼き込まれ、又は後から変更できないオペレーティングシステムカーネルバイナリコードの一部として構築されるため、これらの設定を標準的ユニットに適用することはできない。このような例示的な実施形態では、ユーザが発注した機器が有するユーザ選択及び設定を工場システムが利用できるようになり、ユーザ選択及び設定を、機器の標準設定レベルで後から適用するのではなく、機器のハードウェアシステム及びソフトウェアシステム基本テンプレート内に統合して、カスタムマイズしたレベルのユーザ選択に設定できるようにする。

0021

このカスタマイズ処理の別の例示的な実施形態では、機器を製造する工場が、ユーザが入力した所与の選択及び設定から機器の特定のサブシステムの設定を推定するために使用する知的エンジンを有することができる。非限定的な例では、ユーザがコンピュータ機器において、発注したコンピュータ機器内の表示設定に関してハイコントラストテーマを有効にするように指定する場合がある。これと同時に、ユーザが、「簡単操作センター」表示で拡大鏡設定をオンにしている場合がある。工場の知的エンジンは、これらの2つの状態を考慮して、ユーザが画面を見るのが困難であり、又はハイコントラストで高画質な画面設定好むと推定することができる。この結果、知的エンジンは、ナレーターなどの、ユーザが気付かない可能性のあるコンピュータ機器システムの他の部分を事前設定することにより、画面表示及びコンピュータ機器の使用に伴うユーザ体験を高めることができる。

0022

ここで図1を参照すると、この図は、本発明のいくつかの実施形態による1つの考えられるシステム構成の例示的な図を示している。この例示的な構成では、メーカーが、ネットワーク通信チャネルを介して工場外の世界に接続されたシステムサーバ100を稼働させることができる。このチャネルは、インターネットへの接続で構成することができ、ftpなどの接続を介してネットワークに直接接続することができ、或いはファイアウォールサーバを通じて工場外に接続するイントラネットの一部とすることができる。工場は、コンピュータ104、ゲーム機108、ハンドヘルド機器112、或いはラップトップ又はその他のパーソナルコンピュータ116、若しくは工場と通信を行うことができるプロセッサを含む他のいずれか電子機器の供給に従事することができる。この構成では、工場サーバ100が、ユーザから着信する新しい機器の注文をオンライン発注システムを通じて受注する。その後、システムは、ユーザの機器に(アプレットなどの)ソフトウェアアプリケーションをダウンロードし、個人の設定及び選択、並びに企業及び機械の設定を収集し、ユーザが必要とする設定及び選択を全て組み入れた新しい機器を構築するように注文を処理する。この結果、工場は、新しい機器を場合によっては休止モードでユーザへ送り、ユーザは箱を開けて、顧客の期待に沿うとともに市場において工場の顧客サービスの評判を高めるであろう真のeOOBEのために十分に機能する機器を取り出すことができるようになる。

0023

次に図2を参照すると、この図は、本発明のいくつかの実施形態によるeOOBE更新システムのフロー図である。eOOBEシステムのいくつかの実施形態では、200において、ユーザがネットワーク通信経路を介してメーカーに連絡を取り、新しい機器の注文を開始することによりシステムが初期化される。新しい機器は、ユーザにとって入れ替えユニットであっても又は追加ユニットであってもよいが、いずれにせよこの例示的な実施形態では、ユーザは、新しいユニットがユーザの現在所有するユニットと同じ態様及び方法で機能するように個人化され、工場の搬送容器から取り出した瞬間に望むとおりに動作することを望む。この目的のために、ユーザはまず204において、非限定的な例ではアプレットで構成することができるアプリケーションを、ネットワーク通信チャネルを介して起点サーバと連絡している機器に工場サーバからダウンロードする。204においてダウンロードするソフトウェアアプリケーションを、起動してeOOBEデータの収集処理を行うことができる他の例示的なコンパイル済みの又は解釈済みのソフトウェアコードで構成することもできる。アプリケーションは、ダウンロードされ起動すると、208において、メインプロセッサの設定、ネットワークの設定、電源の設定、ユーザログオン情報、オペレーティングシステムの設定(該当する場合)、及び通信チャネルの設定を自動で取り込むことによりeOOBEプロセスを開始する。208においては、これらの設定に加え、アプリケーションが一連のユーザインタラクション画面も起動し、これらの画面によりユーザに質問を行って、ルックアンドフィールに関するユーザ選択、グラフィックユーザインターフェイスGUI)設定の選択、ユーザのセキュリティのログオン情報及びその他のログオン情報、好きなソフトウェアアプリケーション、及び個人化したソフトウェア構成情報を収集する。好ましい実施形態では、この収集した情報が電子ユーザ使用許諾契約書(EULA)の承諾を含むことができ、これにより、機器がユーザに出荷される前にこれらのライセンスをユーザの同意の元で事前構成できるようにする。このユーザとのやりとりがアプリケーションによって取り込まれ、自動的に取り込んだ機器設定に追加され、これらが全て、後でメーカーへ送信するために用意されたローカルストレージにアプリケーションによって保存される。このアプリケーションはまた、ソフトウェアスイートの構成情報の収集時にユーザが特定したあらゆるソフトウェアアプリケーションのアップグレードの選択に関してもユーザに質問する。例示的な実施形態では、ユーザが、より最近のリリース又はバージョンをメーカーが有するソフトウェアアプリケーションをインストールすることを要求する場合、その特定のソフトウェアアプリケーションのインストールが、作動している機器上に現在インストールされているバージョンよりも最近のリリース又はバージョンのものとなるように要求することができる。より最近リリースされたソフトウェアアプリケーションに対するユーザ選択を提出することにより、あらゆる起動又は設定画面が、機器を受け取る前にユーザ選択に基づいて既に構成済みとなる利点が得られる。非限定的な例として、ユーザが、Microsoft(商標)アプリケーションソフトウェアパッケージのアップグレードの選択を指示した場合、機器は工場において、標準のMicrosoft起動構成画面が機器の出荷前に処理されるように構成され、この結果ユーザの立場からすればこれらの画面が飛ばされるので、ユーザはこれらの画面を決して目にすることはない。代替例では、慣れ親しんだソフトウェアバージョンが新しい機器内にインストールされることをユーザが好む場合もあるので、ユーザは、現時点で既存の機器上に存在するソフトウェアのバージョンのみのインストールをメーカーに要求することもできる。機器メーカーとソフトウェアメーカーとの契約義務に起因してソフトウェアアプリケーションの新しいバージョン又はリリースしかインストールできない状況の場合、この状況がユーザに通知される。ユーザは、アップグレードされた性能又は設計、ルックアンドフィールを選択し、これらの選択を、蓄積した収集データとともにアプリケーションによって記憶することもできる。その後、このアップグレード情報が、メーカーへ送ろうとするローカルストレージ内データファイルに追加される。

0024

例示的な実施形態では、全ての設定、選択、及びアップグレードデータが、自動的な及びユーザへの質問によるデータ収集プロセスを通じてアプリケーションにより取り込まれると、アプリケーションは、ローカルに記憶されたデータファイルへの情報の追加を完了して、データファイルを識別子に関連付ける。非限定的な例では、この識別子を、メーカーが使用している追跡システムに基づく作業命令番号とすることができる。次に212において、アプリケーションがデータファイルを暗号化し、この暗号化したファイルをネットワーク通信チャネルを介してメーカーへ転送する。

0025

例示的な実施形態では、メーカーが、暗号化されたデータファイルをアプリケーションから受信し、この受信したファイルを復号する。データファイルから識別子を引き出し、これを使用してメーカーの工場追跡システム内の追跡ファイルを開く。次に、ユーザから収集した設定、選択、及びアップグレードデータを含むデータの残り部分をメーカーのシステム内にダウンロードする。次に、216において、メーカーがデータを使用して、収集したユーザ機器の設定、選択、及びアップグレード情報に基づいて新しい機器を構成する。機器を工場内で製造し、アプリケーションが収集した情報に機器が準拠していることを確認するためのテストを行う。機器が完成してテストされると、メーカーはこの構成済みの新しい機器をユーザに出荷する。1つの実施構成では、220において機器を休止モードにして、これをユーザに出荷することにより出荷が行われる。

0026

この例示的な実施形態では、ユーザが、メーカーから出荷されたままの機器を受け取る。224において、ユーザが搬送容器から新しい機器を取り出して機器を起動させると、この新しい機器は、箱から出してすぐ、構成されたとおりに及びユーザの好みの設定及び選択に従って動作することができる。228において、この箱から出してすぐの動作により、ユーザが命令する動作レベル及び選択が実現され、このようにして注文した個々の新しい機器に関してメーカーから直接の満足できるeOOBEが提供される。

0027

図3を参照すると、本発明のいくつかの実施形態では、300において、ユーザが機器メーカーに注文を開始した時にeOOBEが開始し、304において、メーカーの工場内にあるサーバが、工場と通信している機器のために設計された(例示的な実施形態ではアプレットとすることができる)アプリケーションをダウンロードする。308において、アプリケーションがユーザに質問を行って、ユーザがeOOBEプロセスを使用して新しい機器を発注することを選択をするかどうかを判定する。ユーザが308においてeOOBEプロセスを選択した場合、アプリケーションは動作を継続する。ユーザが308においてeOOBEプロセスを選択しなかった場合、アプリケーションは332において終了する。アプリケーションは、312において機器の内部機械設定を自動的に取り込むとともにこれらの設定をローカル記憶ファイルに保存するように設計される。例示的な実施形態では、アプリケーションが、316においてユーザに画面を提示してユーザ選択情報を収集するようにも構成される。画面は、機器が通常使用する基本画面と同じルックアンドフィールをユーザに提示するように設計される。非限定的な例では、ユーザが発注した機器が、Microsoftオペレーティングシステムを機器にインストールする予定のコンピュータシステムであった場合、ユーザに提示される画面は、Windowsオペレーティングシステムが通常動作中にいつも提示する標準デスクトップと同じルックアンドフィールを有するようになる。これらの画面により収集すべきデータは、壁紙の選択、個人化したソフトウェア構成、EULAの承諾、ログオンパラメータ、及び新しい機器の構成を置き換え又は複製される元の機器と同じものにするその他の個人化情報などのユーザ選択に関するデータである。

0028

次に320において、例示的な実施形態では、アプリケーションが、自動収集及びデータ画面による収集の両方を通じて収集したデータをローカルデータファイルに保存することができる。また、システム又は機器が発注又はデータ収集処理中にクラッシュした場合でもデータが回復可能メモリ保存済みとなるように、設定とユーザ選択を組み合わせてハードディスクドライブ(HDD)回復パーティション、回復ディスク又は回復媒体などのローカルディスク上の場所、或いはオンラインサーバに記憶することができる。例示的な実施形態では、ユーザが、回復処理中に回復処理とやりとりして元々のeOOBE作業中に得られる結果と同じ結果を再現する必要はない。320において、アプリケーションが、メーカーにおいて認識される一意の識別子を、組み合わせた収集データに加える。

0029

例示的な実施形態では、324において、アプリケーションが、蓄積した収集データを単一のファイル又は複数のファイルに分割することができる。収集した情報が所定のデータ記録数を上回る場合にこの分割を行って、データが考えられる最も効率的な方法で送信されるとともに、より高いデータセキュリティを実現できるようにすることができる。次に324において、1又は複数のデータファイルを暗号化し、その後328においてメーカーへ送信することができる。送信が終了するとアプリケーションによる作業は終了し、332においてアプリケーションが終了する。

0030

次に図4を参照すると、別の例示的な実施形態では、機器の設定及びユーザ選択情報を、受注した新しい機器の構成のために各々が情報を提供する複数の機器から収集するために使用するアプリケーション(アプレットとすることができる)を機器メーカーからダウンロードすることができる。他の実施形態と同様に、ユーザが機器メーカーとの注文作業を開始し、機器メーカーが、ユーザの新しい機器を注文するために使用した機器上にアプリケーションをダウンロードする。400において、第1の機器内でアプリケーションが起動し、404において、妥当な場合、いずれかのオペレーティングシステムの設定、並びにログオン情報及び構成の設定を含む機器の設定を自動的に収集する。次に408において、アプリケーションが、発注を行った機器を操作するユーザにいくつかのユーザ画面を提示して、ユーザ選択及びソフトウェア選択をユーザに問い合わせる。このステップは、ユーザが新しい機器に対して要求したソフトウェアアプリケーションを設定する際に回答する必要があり得るいずれかのEULAの承諾応答の収集を含むことができる。

0031

例示的な実施形態では、アプリケーションが、機器のシステム及び構成の設定、並びにユーザが要求した全てのパラメータの自動取得を完了すると、412において、第1の機器から得た全ての情報をローカルに記憶されるファイルに記憶する。アプリケーションはまた、発注を行う機器において動作が未完全に終了することからデータを保護するために、情報をHDD回復パーティションに記憶することもできる。次に416において、アプリケーションが、受注した機器のための特定の設定が別の機器にも存在するかどうかをユーザにねることができる。非限定的な例では、420において、企業のIT部門が保持する追加の機器に保持される企業レベルの設定が存在する場合、或いは発注を行った機器とは別の第2の機器から設定及び選択を収集したいというユーザからの要望があり得る場合、上記が該当し得る。この場合、ユーザは、ネットワーク通信チャネルを介してアプリケーションを第2の機器へ転送することができ、アプリケーションは、上に挙げた404〜412までを第2の機器に実施して、第2の機器から得た設定及び選択の情報を、発注を行った機器から収集した情報と統合する。ユーザが、追加の機器から追加の設定及び選択を収集することを要求しない場合、アプリケーションは、単一の機器の設定及び選択のみを収集する。次に424において、アプリケーションが、全ての機器から集めた全ての設定及び選択の情報をローカル記憶ファイルに記憶することができる。

0032

例示的な実施形態では、次に428において、アプリケーションが、メーカーに情報を通信するための準備段階で、集めた情報を1又はそれ以上のファイルに分割する。424において、(単複の)ファイルがアプリケーションにより暗号化され、次に432において、メーカーが機器を発注したユーザに注文を受けた機器を関連付けるのを支援する一意の識別子を含む暗号化ファイルを全てメーカーへ送信し、これを使用して注文を受けた機器を構成することができる。その後436において、アプリケーションが、このファイルをロードした全ての機器の処理を終了する。

0033

次に図5を参照すると、この図は、eOOBEプロセスを元に戻すための例示的な実施形態を示している。500において、ユーザに機器が配達されると、ユーザは、搬送容器から機器を取り出して機器を作動させる。起動すると、ユーザは、eOOBEを適用してユーザが工場と通信したことに基づいて機器内にインストールされた設定及び選択を調べる。504において設定が正しかった場合、ユーザは、524においてeOOBEプロセスとのやりとりを終了し、配達されたままで機器の操作を継続する。504において設定が正しくなかった場合、ユーザは、508においてこの設定を受け入れることができるかどうかを判断する機会を有し、受け入れ可能な場合には、同様に524においてeOOBEとのやりとりを終了する。

0034

しかしながら、この例示的な実施形態において、ユーザが、発注した機器に含まれて配達された設定が正しくもなく受け入れることもできないと判断した場合、ユーザは、配達された機器内にインストールされたカスタム設定取り消して、工場のデフォルト設定をインストールする機会を得る。これを行うには、非限定的な例では、512において、機器がまず機器のカスタム設定を削除する。次に516において、機器が、2つの方法の一方により工場設定を回復させるための処理を起動する。例示的な第1の方法では、機器が、機器のための工場のデフォルト構成を含む回復パーティション又はファイルを機器内の内部メモリに記憶する。ユーザがこの処理を開始するとすぐに、516において、機器のための工場のデフォルト設定が回復パーティション又はメモリファイルから取り出され、これがインストールされて機器のデフォルト構成が行われる。例示的な第2の方法では、機器が、第1の方法のように512においてカスタム設定を削除することはなく、その代わり516において工場のデフォルト設定を回復させ、これらの設定をインストールして、機器に含まれて配達されたカスタム設定を無視する。

0035

例示的な実施形態では、ユーザが、正しくない設定がインストールされた機器を受け取り、機器を工場のデフォルト設定に戻す処理を行った場合、520において、ユーザがメーカーと連絡を取って問題を報告することができる。その後524において、ユーザは、eOOBEプロセスの体験を終了する。

0036

この事前構成された機器を発注する方法では、ユーザが、ネットワーク通信チャンネルを介して機器メーカーに接続して発注作業を開始する。この発注作業により、メーカーが保持するサーバからユーザが操作するローカル機器にアプリケーションがダウンロードされ、この機器の設定及び構成情報、ユーザが入力した好み及び選択、及びユーザが新しい機器にインストールされるように特定したファイルを自動的に収集するアプリケーションがローカル機器上で起動する。アプリケーションは、収集したデータに一意の識別子を追加し、収集した情報をローカル記憶ファイルに記憶し、このローカル記憶ファイルを暗号化し、ユーザが発注した事前構成される機器の製造及び構成において使用するように機器メーカーへ送信する。

0037

ダウンロードされるソフトウェアアプリケーションはアプレットを含み、アプリケーションが自動的に収集する機器の設定は、少なくともオペレーティングシステムの設定、ログイン設定電源設定、ネットワーク設定、ソフトウェア構成及びファイル、ファイルシステム構造、壁紙、及びスクリーンセーバーの設定を含む。アプリケーションは、少なくともユーザログオン及びパスワード、エンドユーザ使用許諾契約書(EULA)の承諾、インストールするソフトウェアアプリケーション、アップグレード選択、及び機器のグラフィックユーザインターフェイス(GUI)のルックアンドフィールを含むユーザ情報を収集するための問い合わせ画面を機器上に提示することもできる。アプリケーションが収集するファイルは、機器の基本ファイルシステム、及び注文を受けた機器に移動すべき、ファイルシステム内に存在する全てのデータをさらに含む。

0038

一意の識別子は、アプリケーションにより生成されてアプリケーションが収集する情報に追加されるメーカー追跡番号を含む。アプリケーションが保存するローカル記憶ファイルは、機器メーカーへ送信される前に暗号化され、また送信するデータ量に基づいて複数のファイルに再構成される。送信される個々のファイルは、ネットワーク通信チャンネルを介して送信するために最適化され、個別に暗号化される。

0039

ネットワーク通信チャンネルを介して機器メーカーに接続して発注作業を開始することにより、事前設定された機器を発注するためのコンピュータ実行可能命令を含むコンピュータ可読記憶媒体も存在する。発注作業は、メーカーが保持するサーバからユーザが操作するローカル機器にアプリケーションをダウンロードして、このアプリケーションをローカル機器上で起動することにより開始する。アプリケーションは、機器の設定及び構成情報、ユーザが入力した好み及び選択、及び新しい機器上にインストールすべきユーザ指定ファイルを自動的に収集する。収集したデータに一意の識別子を追加し、収集した情報をローカル記憶ファイルに記憶するための命令が含まれ、ローカル記憶ファイルは暗号化されて、ユーザが発注した事前構成される機器の製造及び構成において使用するように機器メーカーへ送信される。

0040

ダウンロードされるソフトウェアアプリケーションはアプレットを含み、このアプレットが自動的に収集する機器の設定は、少なくともオペレーティングシステムの設定、ログイン設定、電源設定、ネットワーク設定、ソフトウェア構成及びファイル、ファイルシステム構造、壁紙、及びスクリーンセーバーの設定を含む。アプリケーションは、少なくともユーザログオン及びパスワード、エンドユーザ使用許諾契約書(EULA)の承諾、インストールするソフトウェアアプリケーション、アップグレード選択、及び機器のグラフィックユーザインターフェイス(GUI)のルックアンドフィールを含むユーザ情報を収集するための問い合わせ画面を機器上に提示する。また、アプリケーションが収集するファイルは、機器の基本ファイルシステム、及び注文を受けた機器に移動すべき、ファイルシステム内に存在する全てのデータをさらに含み、一意の識別子は、アプリケーションにより生成されてアプリケーションが収集する情報に追加されるメーカー追跡番号を含む。アプリケーションが保存するローカル記憶ファイルは、機器メーカーへ送信される前に暗号化される。ローカル記憶ファイルは、送信するデータ量に基づいて、各々がネットワーク通信チャンネルを介して送信するために最適化され個別に暗号化された複数のファイルに再構成することができる。

0041

ユーザが望む設定及びパラメータの構成を有する、ユーザが操作する事前構成した機器を発注するためのシステムを提供し、機器が、機器メーカーと通信し、機器から情報を収集するための命令を含み、機器メーカーからダウンロードされるアプリケーションが、機器から機器の設定及びユーザ選択情報を自動的に収集する。アプリケーションは、全ての収集した情報をローカル機器ストレージ内のファイルに記憶し、ローカルに記憶したファイルを暗号化し、このファイルを、ユーザが発注した事前構成される機器の製造及び構成において使用するように機器メーカーへ送信する。

0042

ダウンロードされるソフトウェアアプリケーションはアプレットを含み、このアプリケーションが自動的に収集する機器の設定は、少なくともオペレーティングシステムの設定、ログイン設定、電源設定、ネットワーク設定、ソフトウェア構成及びファイル、ファイルシステム構造、壁紙、及びスクリーンセーバーの設定を含む。アプリケーションは、少なくともユーザログオン及びパスワード、エンドユーザ使用許諾契約書(EULA)の承諾、インストールするソフトウェアアプリケーション、アップグレード選択、及び機器のグラフィックユーザインターフェイス(GUI)のルックアンドフィールを含むユーザ情報も収集するための問い合わせ画面も機器上に提示する。

0043

アプリケーションは、機器の基本ファイルシステムと、注文を受けた機器に移動すべき、ファイルシステム内に存在する全てのデータとを含むファイルをさらに収集する。アプリケーションは、アプリケーションにより生成されてアプリケーションが収集する情報に追加されるメーカー追跡番号を含む一意の識別子をローカル記憶ファイルに追加する。アプリケーションが保存するローカル記憶ファイルは、機器メーカーへ送信される前に暗号化され、送信するデータ量に基づいて、各々がネットワーク通信チャンネルを介して送信するために最適化され個別に暗号化された複数のファイルに再構成される。

0044

いくつかの例示的な実施形態について説明したが、当業者には、上述の説明に照らして多くの代替例、修正置換、及び変形例が明らかになることが明白である。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • リ,スン キョンの「 冷却部を活用した電算ラック装置」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題・解決手段】構造を簡単にして製造原価を減らし、内部空気の温度が冷却部に活用されるようにする電算ラック装置を提示する。その装置は、サーバを収納するためのラックハウジングと、ラックハウジングの内部に... 詳細

  • 日本電気株式会社の「 サーバ冷却装置、サーバシステム及びサーバの冷却方法」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】省スペースで設置可能な液冷式のサーバ冷却装置等の提供を目的とする。【解決手段】サーバ冷却装置は、第1のサーバを搭載可能な第1のラックの側面と第2のサーバを搭載可能な第2のラックの側面との間の領... 詳細

  • パナソニックIPマネジメント株式会社の「 情報処理装置のカバー」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】情報処理装置が第1の筐体と第2の筐体とで着脱可能な場合に、着脱の度に情報処理装置用のカバーを取り外すのは煩わしい。【解決手段】第1の筐体は、情報を表示する略平面長方形形状の表示部と、表示部の長... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ