図面 (/)

技術 伝達要素を押圧するための装置

出願人 ローベルトボッシュオートモーティブステアリングゲゼルシャフトミットベシュレンクテルハフツング
発明者 ヘルムート、バライス
出願日 2010年7月28日 (10年10ヶ月経過) 出願番号 2012-524180
公開日 2013年1月17日 (8年4ヶ月経過) 公開番号 2013-501670
状態 特許登録済
技術分野 パワーステアリング装置 パワーステアリング機構 減速機1
主要キーワード 周回形状 ハウジング領域 ギアラック 傾斜面部分 調整ディスク ピース数 打ち抜き部材 回転バネ
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2013年1月17日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (5)

解決手段

本発明は、第一伝達要素(23)と係合する第二伝達要素(25)に対して第一伝達要素(23)を押しつける、とりわけモータ乗物ステアリングシステムのための装置(13)であって、第一伝達要素(23)の方向に荷重付与可能となり、ハウジング(302)内で移動可能で案内される圧力ピース(21)を有する装置(13)に関する。従来技術から知られる装置は、運転操作の間、望ましくないノイズを引き起こしうる。本発明によれば、装置が、第一伝達要素(23)と第二伝達要素(25)との間に生じている遊びを最小化するための調整装置(30)を備える。

概要

背景

一般的な装置がDE 102 30 600 B4に記載されている。この装置は、バネ装置を有し、このバネ装置は圧力ピースウォームに向かって押圧する。この態様では、ウォームが、適切に、ウォームギアに向かって押圧され、その結果、ウォームとウォームギアとの間の遊びが可能な限り小さくなり、摩耗が可能な限り小さくなる。しかしながら、モータ乗物運転する際にも、ウォームは常に圧力ピースに対して押圧され、その結果、バネ装置がハウジングを叩き、好ましくないノイズが生じうる。

概要

本発明は、第一伝達要素(23)と係合する第二伝達要素(25)に対して第一伝達要素(23)を押しつける、とりわけモータ乗物のステアリングシステムのための装置(13)であって、第一伝達要素(23)の方向に荷重付与可能となり、ハウジング(302)内で移動可能で案内される圧力ピース(21)を有する装置(13)に関する。従来技術から知られる装置は、運転操作の間、望ましくないノイズを引き起こしうる。本発明によれば、装置が、第一伝達要素(23)と第二伝達要素(25)との間に生じている遊びを最小化するための調整装置(30)を備える。

目的

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

第一伝達要素(23)に押圧力を与て、該第一伝達要素(23)に第二伝達要素(25)を嵌合させるための、とりわけモータ乗物ステアリングシステムのための装置(13)であって、第一伝達要素(23)の方向に荷重付与可能となり、ハウジング(302)内でスライド可能に案内される圧力ピース(21)を有し、第一伝達要素(23)と第二伝達要素(25)との間に生じている遊びを最小化するための調整装置(30)を有する、ことを特徴とする装置(13)。

請求項2

調整装置(30)は、二つの互いに相対的に旋回可能となり、接触面で互いに当接する調整ディスク(31,32)を有し、接触面は、少なくとも二つの傾斜面部分(40)を有する、ことを特徴とする請求項1に記載の装置(13)。

請求項3

二つの互いに相対的に旋回可能な調整ディスク(31,32)の間に、回転バネ(33)が配置されうる、ことを特徴とする請求項1又は2のいずれかに記載の装置(13)。

請求項4

調整装置(30)と圧力ピース(21)との間に、バネディスク(34)が配置される、ことを特徴とする請求項1乃至3のいずれか1項に記載の装置(13)。

請求項5

バネディスク(34)の領域で、調整装置(30)が肩部(300)を有して、圧力ピース(21)が凹部(39)を有する、又は、圧力ピース(21)が肩部を有して、調整装置(30)が凹部を有する、ことを特徴とする請求項4に記載の装置(13)。

請求項6

肩部(300)は、第一伝達要素(23)と第二伝達要素(25)との間の許されうる遊びよりもわずかに大きい、ことを特徴とする請求項5に記載の装置(13)。

請求項7

圧力ピース(21)とバネディスク(34)との間の圧力面(35)、及び/又は、調整装置(30)とバネディスク(34)との間の圧力面(36)は、可能な限り大きい、ことを特徴とする請求項4乃至6のいずれか1項に記載の装置(13)。

請求項8

圧力ピース(21)は、バネディスク(34)を受けるための追加の凹部(37)を有する、ことを特徴とする請求項4乃至7のいずれか1項に記載の装置(13)。

請求項9

追加の凹部(37)は、周回形状に突出し密封可能な端部(38)を有する、ことを特徴とする請求項8に記載の装置(13)。

請求項10

調整装置(30)は、圧力ピース(21)に対向する側であって端部領域に、凹部(303)を有する、ことを特徴とする請求項1乃至9のいずれか1項に記載の装置(13)。

請求項11

バネディスク(34)は、その内部領域において、少なくとも一つの凹部を有する、ことを特徴とする請求項4乃至10のいずれか1項に記載の装置(13)。

請求項12

バネディスク(34)は、0.2ミリメートルと0.4ミリメートルとの間の厚みを有する、ことを特徴とする請求項4乃至11のいずれか1項に記載の装置(13)。

請求項13

バネディスク(34)は、打ち抜き部材である、ことを特徴とする請求項4乃至12のいずれか1項に記載の装置(13)。

請求項14

取り外し可能なネジ(305)を有する二つの調整ディスク(31,32)は、互いに押圧可能になっている、ことを特徴とする請求項2乃至13のいずれか1項に記載の装置(13)。

請求項15

変速機ハウジング(20)に固定可能となっている、ことを特徴とする請求項1乃至14のいずれか1項に記載の装置(13)。

請求項16

請求項1乃至15のいずれか1項に記載の装置(13)を有する、ことを特徴とするステアリングシステム、とりわけモータ乗物の電気ステアリングシステム。

技術分野

0001

本発明は、第一伝達要素押圧力を与て、第一伝達要素に第二伝達要素を嵌合させるための、とりわけモータ乗物ステアリングシステムのための装置であって、第一伝達要素の方向に荷重付与可能となり、ハウジング内でスライド可能に案内される圧力ピースを有する装置に関する。

背景技術

0002

一般的な装置がDE 102 30 600 B4に記載されている。この装置は、バネ装置を有し、このバネ装置は圧力ピースをウォームに向かって押圧する。この態様では、ウォームが、適切に、ウォームギアに向かって押圧され、その結果、ウォームとウォームギアとの間の遊びが可能な限り小さくなり、摩耗が可能な限り小さくなる。しかしながら、モータ乗物を運転する際にも、ウォームは常に圧力ピースに対して押圧され、その結果、バネ装置がハウジングを叩き、好ましくないノイズが生じうる。

発明が解決しようとする課題

0003

このため、本発明は、好ましくないノイズを格段に減らすという、導入部で記載されたタイプの装置の課題を改善するという目的を有する。

課題を解決するための手段

0004

本発明は、導入部で記載されたタイプの装置が持つ上記課題を、本発明による、第一伝達要素と第二伝達要素との間に生じている遊びを最小化するための調整装置を設けることによって、解決する。この態様によれば、第一伝達要素と第二伝達要素との間の空隙を許容されうる最小限まで減らすことができる。この結果、好ましくないノイズが格段に減らされる。しかしながら、最小限の遊びは、伝達要素の操作において影響を及ぼしうる、場合によっては起こりうる伝達要素の不規則性や起こりうる熱膨張を補うことができるためには、意味がある。第一伝達要素は、好ましくはウォームからなり、第二伝達要素は、好ましくは、ウォームギアからなる。しかしながら、基本的には、ギア段の異なるタイプの二つの伝達要素によって、扱うことができる。

0005

調整装置は、二つの互いに相対的に旋回可能となり、接触面で互いに当接する調整ディスクを有することができ、接触面は、少なくとも二つの傾斜面部分を有することができる。二つの調整ディスクが互いに相対的に旋回することで、傾斜面の部分によって、調整ディスクの全体的な厚みを変えることができ、二つの伝達要素の間の大きくなった遊びを小さくすることができる。通常、この目的のために、調整ディスクの共通の全体的な厚みは大きくされる。傾斜面の部分は、好ましくは、可能な限り小さな傾斜角度を有することから、大きな遊びのために調整ディスクの逆回転は全くありえない。

0006

二つの互いに相対的に旋回可能な調整ディスクを、遊びの増加によって自動的に旋回するために、二つの調整ディスクの間に、回転バネを配置しうる。

0007

圧力ピースと調整装置との間のバネディスクは、許容されうる最小の遊びの大きさに対応して、圧力ピースを往復運動させる。

0008

バネディスクの領域で、調整装置が肩部を有して、圧力ピースが凹部を有する、又は、圧力ピースが肩部を有して、調整装置が凹部を有するときには、肩部に、いわゆる不規則性や熱膨張を補うために必要とされる遊びを生じさせる。このため、二つの伝達要素の間の遊びは、肩部と凹部の構造上の配置のみによって保証される。遊びは、ネジや他の手段によって調整される必要がない。凹部は、圧力ピースの往復運動のために必要とされるバネディスクの移動を可能とする。

0009

調整装置、とりわけ回転バネを有する二つの調整ディスクを有する調整装置が、バネディスクの小さな移動を生成するので、肩部は、二つの伝達要素の間の許されうる遊びよりもわずかに大きくなっているべきである。このため、このほとんど避けることのできない移動は、肩部が許容されうる遊びよりもわずかに大きな肩部によって、補われる。

0010

圧力ピースとバネディスクとの間の圧力面、及び/又は、調整装置とバネディスクとの間の圧力面は、可能な限り大きされるべきである。その結果、可能な限り小さな面圧力で高い力が伝達されることができる。可能な限り小さな面圧力は、調整ディスクがプラスチックから形成されるときには、特に重要となる。

0011

圧力ピースは、目的にかなった態様で、バネディスクを受けるための追加の凹部を有することができる。追加の凹部は、バネディスクが圧力ピースから外れないようバネディスクを中心に持ってくるために、周回形状に突出し密封可能な端部を有することができる。

0012

調整装置は、圧力ピースに対向する側であって端部領域に、凹部を有することができる。調整装置が二つの調整ディスクを有するとき、圧力ピースに対向する調整ディスクが、凹部を有する端部領域内に設けられる。目的にかなった態様では、凹部は、密封可能な端部に対向して配置される。圧力ピースが調整装置に向かって移動したときに、調整装置が圧力ピースに対して衝突することを防止するために、凹部は自由空間を形成する。

0013

バネディスクを保持する力が非常に小さいので、バネディスクは、その内部領域において、少なくとも一つの凹部を有することができる。凹部は、穴部スロット部等からなりうる。凹部に基づき、バネディスクは、わずかに厚い材料から作られうる。わずかに厚いバネディスクは、とても薄いバネディスクよりも、平坦性及び耐久性の観点から作るのによい。

0014

本発明による装置は、バネディスクが、0.2ミリメートルと0.4ミリメートルとの間の厚みを有するとき、特に良い結果を与える。

0015

バネディスクは打ち抜き部材からなることができ、特にピース数が多く低コストで作られうる。

0016

本発明による装置を簡単に取り付けるために、二つの調整ディスクが、この目的のために、例えば、取り外し可能なネジで互いに押圧可能になりうる。ネジの代わりに、別の連結要素又は道具が、装置として用いられうる。

0017

取り付けが完了した後、装置は例えば、密封、粘着物質等によって、変速機ハウジングに固定されうる。

0018

本発明は、請求項1乃至15のいずれか1項に記載の本発明による装置を有するステアリングシステム、とりわけモータ乗物の電気ステアリングシステムにも関連している。

0019

以下、本発明による装置の実施の形態が、添付された図面に基づいて、詳細に再び記載される。

図面の簡単な説明

0020

図1は、モータ乗物の電気ステアリングシステムの全体図である。
図2は、装置及び変速機の断面図である。
図3は、装置の断面図である。
調整ディスクの斜視図である。

実施例

0021

図1は、ハウジング領域11を有する電気ステアリングシステム10を示し、その後ろには、ギアラック、ハウジング領域12が設けられ、その後ろには電気モータが設けられ、ここでは図示されていない伝達要素を押圧するための装置13が設けられる。

0022

装置13は変速機ハウジング20内にねじ込まれる(図2参照)。装置13内に設けられる圧力ピース21がベアリング22に押圧力を与、ウォームとして設計される伝達要素23は一端部に配置される。伝達要素23において、他端部にベアリング24が設けられ、伝達要素23を旋回運動可能にするように設計されている。結果として、ベアリング22は、垂直方向で小さな運動をすることができる。

0023

ウォームとして設計された伝達要素23は、ウォームギアとして形成された伝達要素25と係合する。このため、装置13は、伝達要素23を伝達要素25に対して押して、これらは好適に互い係合することができる。

0024

装置13は調整装置30を備えている(図3参照)。調整装置30は、二つの調整ディスク31,32を有する。調整ディスク31,32には、傾斜面部分40が設けられ(図4参照)、互いに当接するその接触面がある。調整ディスク31,32の間には、回転バネ33が設けられ(図3参照)、二つの調整ディスク31,32は相対的に互いに旋回可能となっている。

0025

調整装置30と圧力ピース21との間、むしろ第一ディスク32と圧力ピース21との間に、バネディスク34が配置されている。バネディスクは、その一方側に、圧力ピース21に接するリング形状の圧力面35を有する。バネディスクは、他方側で、第一ディスク32に接するリング形状の圧力面36を有する。できるだけ小さな面圧力でできるだけ大きな力を伝達できるよう、圧力面35,36はできるだけ大きくなるべきである。バネディスク34は、密封可能な端部38が周りを回る凹部37内に挿入される。端部38に対して、周回形状の凹部303が設けられる。それは、圧力ピース21が調整装置30に向かって移動したときに、調整装置30が圧力ピース21に衝突することを防止する。

0026

圧力ピース21は、バネディスク34の領域で、別の凹部39を有し、調整ディスク32は肩部300を有する。

0027

肩部300と圧力面36との間にギャップSが形成され、むしろ、肩部300は、二つの伝達要素23,25の間で最小限の許されうる遊びを要求する。

0028

モータ乗物を操作する際、伝達要素23,25の不規則によって、圧力ピース21が調整装置30に対して押圧力を与え、バネディスク34は、凹部39内の肩部300で、変形される。

0029

時間の経過によって生じる摩耗や他の変化により、二つの伝達要素23,25の間の遊びが大きくなりうる。そして、回転バネ33が二つの調整ディスク31,32を相対的に旋回させ、共通の全体的な厚みが増加し、ギャップSが生じる最小の許されうる値で遊びが減らされる。傾斜した面部分40が可能な限り小さな傾斜角度を有するので、圧力ピース21は二つの調整ディスク31,32を逆回転させず、共通の全体的な厚みを減らし、伝達要素23,25の間の遊びが再び増加する。

0030

圧力ピース21は、案内要素301とハウジング302によって、軸方向にスライド可能に案内される。

0031

取り付けの際、装置13はネジ山304によって変速機ハウジング20(図2参照)内にねじ込まれる。この目的のために、ハウジング302内には、ネジ山304のために設けられた図示されていない六角ドライバ備え付けられている(図3参照)。ここで、装置13が変速機ハウジング20内にとても強くねじ込まれ、その結果、バネディスクが圧力面36に当接する。続いて、装置13が、所定の角度で反対方向に回転される。この角度は軸方向におけるある距離に対応し、少なくとも最小の許される遊びにとって十分である。軸方向の距離が、最小の許されうる遊びよりも大きいときには、二つの調整ディスク31,32が、調整装置30の活動の後で、ゆがみを補うことができる。装置13がその端部位置に到達した後、例えば密封、粘着物質等によって、固定されうる。最終的には、ネジ305が取り外され、調整装置20が作動される。

0032

プラグ26(図2参照)が、ネジ305が設けられたいた開口を閉じる。

0033

10電気ステアリングシステム
11ギアラックのハウジング領域
12電気モータのハウジング領域
13 装置
20変速機ハウジング
21圧力ピース
22ベアリング
23伝達要素
24 ベアリング
25 伝達要素
26プラグ
30調整装置
31調整ディスク
32 調整ディスク
33回転バネ
34バネディスク
35圧力面
36 圧力面
37 凹部
38 端部
39 凹部
40 面部分
300肩部
301案内要素
302ハウジング
303 凹部
304ネジ山
305ネジ
S ギャップ

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 日本電産エレシス株式会社の「 電源コイルの温度推定方法」が 公開されました。( 2021/04/01)

    【課題】電子制御ユニット等の電源コイルの温度を高精度に推定する。【解決手段】コイル温度推定部25において、電源コイル24の熱特性確認結果等にもとづいて、発熱パラメータにより電源電流(モータ電流)から求... 詳細

  • 株式会社ジェイテクトの「 転舵装置」が 公開されました。( 2021/04/01)

    【課題】逆入力に対する独立転舵装置の保護。【解決手段】転舵輪200を独立して転舵する駆動力を発生させるモータ110と、前記モータ110の回転軸体111に接続される減速機120と、モータ110と減速機1... 詳細

  • 日本精工株式会社の「 車両用操舵装置」が 公開されました。( 2021/04/01)

    【課題】簡素な構造で操舵反力を付与することができる車両用操向装置を提供すること。【解決手段】車両用操舵装置100は、円環状の把持部201と、把持部201にN極及びS極の磁極対が並ぶリング状の磁気トラッ... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ