図面 (/)

技術 ターボ機械アライメントピン

出願人 ゼネラル・エレクトリック・カンパニイ
発明者 プラシャント・プラバカール・サンコリスティーブン・セバスティアン・バージック
出願日 2013年6月11日 (5年2ヶ月経過) 出願番号 2013-122306
公開日 2013年12月26日 (4年7ヶ月経過) 公開番号 2013-257040
状態 特許登録済
技術分野 挿入ピン・リベット タービンの細部・装置
主要キーワード 心出しピン アライメント部材 材料要素 中空ヘッド ダイアフラム組立体 分割図 内側スロット 内部スロット

後で読みたい技術情報を見つけたら、ブックマークしておきましょう!

ページの右上にあるブックマークボタンからこのページをブックマークできます。
あなたがブックマークした技術情報は、いつでもマイページのリストから閲覧することが出来ます。

この項目の情報は公開日時点(2013年12月26日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (5)

課題

ターボ機械アライメントピンを提供すること。

解決手段

種々の実施形態は、ターボ機械用のアライメントピンを含む。一部の実施形態において、アライメントピンは、ターボ機械においてダイアフラムスロット係合する中空ヘッドセクションを含む。これらの実施形態において、アライメントピンは更に、中空ヘッドに接続され、ターボ機械においてケーシングスロットを係合する拡張可能スリーブセクションを含む。

概要

背景

蒸気タービン設計は、ロータに接続された回転バケット蒸気のような作動流体の流れを配向する固定ノズル組立体を含む。蒸気タービンにおいて、ノズル翼形部)構成は通常、「ダイアフラム」又は「ノズル組立体」段と呼ばれる。タービンダイアフラムは、ロータの周りで2つの半部分で組み立てられ、これらの2つの半部分間に水平継手を生成する。ダイアフラム心出しピンは、設置中にダイアフラムを横断方向に位置付けるのに使用される。これらの心出しピンはまた、ダイアフラムによって生成されるトルク負荷を受けるよう設計される。

心出しピンは、従来、小さな締まり嵌めでダイアフラム組立体区域に設置される。従来、心出しピンは、収縮してこの小さなクリアランス区域に収まるポイントまで冷却(例えば、冷凍)される。このことは、設置中(例えば、現場にて)にドライアイス又は別の厳しい冷却機構の使用を必要とすることが多い。しかしながら、これらの厳しい冷却機構の不便さ及び比較的高コストであることは、望ましくない場合がある。加えて、心出しピンの凍結及び解凍によって、タービンダイアフラムの位置ずれが生じる可能性がある。

概要

ターボ機械アライメントピンを提供すること。種々の実施形態は、ターボ機械用のアライメントピンを含む。一部の実施形態において、アライメントピンは、ターボ機械においてダイアフラムスロット係合する中空ヘッドセクションを含む。これらの実施形態において、アライメントピンは更に、中空ヘッドに接続され、ターボ機械においてケーシングスロットを係合する拡張可能スリーブセクションを含む。

目的

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

ターボ機械用アライメントピンであって、前記ターボ機械においてダイアフラムスロット係合する中空ヘッドセクションと、前記中空ヘッドに接続され、前記ターボ機械においてケーシングスロットを係合する拡張可能スリーブセクションとを備える、アライメントピン。

請求項2

前記中空ヘッドセクションが、前記ターボ機械の表面を係合するリップを含む、請求項1記載のアライメントピン。

請求項3

前記中空ヘッドセクション及び前記拡張可能スリーブセクションが実質的に一体構造である、請求項1記載のアライメントピン。

請求項4

前記中空ヘッドセクションが、貫通して延びる実質的に滑らかなスロットを含む、請求項1記載のアライメントピン。

請求項5

前記拡張可能スリーブセクションが、ネジ付き表面を有する内側アパーチャを含む、請求項4記載のアライメントピン。

請求項6

前記拡張可能スリーブセクションの内側アパーチャと前記中空ヘッドセクションの実質的に滑らかなスロットとが流体的に接続される、請求項5記載のアライメントピン。

請求項7

前記拡張可能スリーブセクションが、外側表面と、該外側表面に沿った1以上のギャップとを含み、該1以上のギャップが、前記拡張可能スリーブセクションの拡張用に設けられている、請求項5記載のアライメントピン。

請求項8

ターボ機械用の位置合わせ装置であって、前記ターボ機械においてダイアフラムスロットを係合する中空ヘッドと、前記中空ヘッドに接続され且つ内側スロットを有して、前記ターボ機械においてケーシングスロットを係合する拡張可能スリーブ部材と、前記内側スロットの内部にあり、前記ケーシングスロット内で前記拡張可能スリーブ部材の外径を変更する拡張部材とを備える、位置合わせ装置。

請求項9

前記拡張可能スリーブ部材が内側スロットを含む、請求項9記載の位置合わせ装置。

請求項10

前記中空ヘッド及び前記拡張可能スリーブが、前記内側スロットに対して前記拡張部材の位置に基づいて変更可能な外径を有する、請求項9記載の位置合わせ装置。

請求項11

前記中空ヘッド及び前記拡張可能スリーブが、実質的に単一構造部材を形成する、請求項8記載の位置合わせ装置。

請求項12

前記拡張可能スリーブが、前記中空ヘッドの中空部分と流体接続されたテーパ付きスロットを含む、請求項8記載の位置合わせ装置。

請求項13

前記拡張部材が、前記テーパ付きスロット及び前記中空ヘッドの中空部分を係合するようなサイズにされたテーパ付き拡張部材を含む、請求項12記載の位置合わせ装置。

請求項14

前記テーパ付き拡張部材がネジ付きスクリュー部材を含み、前記中空ヘッドの中空部分が、前記ネジ付きスクリュー部材と嵌合するネジ付き表面を含む、請求項13記載の位置合わせ装置。

請求項15

ターボ機械であって、タービンダイアフラムセグメントと、前記タービンダイアフラムセグメントを実質的に収容するタービンダイアフラムセグメントと、前記タービンダイアフラムセグメントを前記タービンケーシングセグメントと位置合わせするアライメントピンとを備え、前記アライメントピンが、前記タービンダイアフラムセグメントにおいてスロットを係合する中空ヘッドセクションと、前記中空ヘッドと接続され、前記タービンケーシングセグメントにおいてスロットを係合する拡張可能スリーブセクションとを含む、ターボ機械。

請求項16

前記中空ヘッドセクションが、前記タービンダイアフラムセグメントの表面を係合するリップを含む、請求項15記載のターボ機械。

請求項17

前記中空ヘッドセクション及び前記拡張可能スリーブセクションが実質的に単一構造である、請求項15記載のターボ機械。

請求項18

前記中空ヘッドセクションが、貫通して延びる実質的に滑らかなスロットを含む、請求項15記載のターボ機械。

請求項19

前記拡張可能スリーブセクションが、ネジ付き表面を有する内側アパーチャを含む、請求項18記載のターボ機械。

請求項20

前記拡張可能スリーブセクションが、外側表面と、該外側表面に沿った1以上のギャップとを含み、該1以上のギャップが、前記拡張可能スリーブセクションの拡張用に設けられている、請求項15記載のアライメントピン。

技術分野

0001

本明細書で開示される主題は、ターボ機械に関する。より詳細には、本発明の態様は、蒸気タービンにおける段のようなターボ機械段の位置合わせ機構を含む。

背景技術

0002

蒸気タービン設計は、ロータに接続された回転バケット蒸気のような作動流体の流れを配向する固定ノズル組立体を含む。蒸気タービンにおいて、ノズル翼形部)構成は通常、「ダイアフラム」又は「ノズル組立体」段と呼ばれる。タービンダイアフラムは、ロータの周りで2つの半部分で組み立てられ、これらの2つの半部分間に水平継手を生成する。ダイアフラム心出しピンは、設置中にダイアフラムを横断方向に位置付けるのに使用される。これらの心出しピンはまた、ダイアフラムによって生成されるトルク負荷を受けるよう設計される。

0003

心出しピンは、従来、小さな締まり嵌めでダイアフラム組立体区域に設置される。従来、心出しピンは、収縮してこの小さなクリアランス区域に収まるポイントまで冷却(例えば、冷凍)される。このことは、設置中(例えば、現場にて)にドライアイス又は別の厳しい冷却機構の使用を必要とすることが多い。しかしながら、これらの厳しい冷却機構の不便さ及び比較的高コストであることは、望ましくない場合がある。加えて、心出しピンの凍結及び解凍によって、タービンダイアフラムの位置ずれが生じる可能性がある。

先行技術

0004

米国特許第4818163号明細書

0005

種々の実施形態は、ターボ機械用アライメントピンを含む。一部の実施形態において、アライメントピンは、ターボ機械においてダイアフラムスロット係合する中空ヘッドセクションを含む。これらの実施形態において、アライメントピンは更に、中空ヘッドに接続され、ターボ機械においてケーシングスロットを係合する拡張可能スリーブセクションを含む。

0006

本発明の第1の態様は、ターボ機械用のアライメントピンを含み、該アライメントピンは、ターボ機械においてダイアフラムスロットを係合する中空ヘッドセクションと、中空ヘッドに接続され、ターボ機械においてケーシングスロットを係合する拡張可能スリーブセクションとを含む。

0007

本発明の第2の態様は、ターボ機械用の位置合わせ装置を含み、該位置合わせ装置は、ターボ機械においてダイアフラムスロットを係合する中空ヘッドと、中空ヘッドに接続され且つ内側スロットを有して、ターボ機械においてケーシングスロットを係合する拡張可能スリーブ部材と、内側スロットの内部にあり、ケーシングスロット内で前記拡張可能スリーブ部材の外径を変更する拡張部材とを含む。

0008

本発明の第3の態様は、タービンダイアフラムセグメントと、タービンダイアフラムセグメントを実質的に収容するタービンダイアフラムセグメントと、タービンダイアフラムセグメントをタービンケーシングセグメントと位置合わせするアライメントピンとを備え、アライメントピンが、タービンダイアフラムセグメントにおいてスロットを係合する中空ヘッドセクションと、中空ヘッドと接続され、タービンケーシングセグメントにおいてスロットを係合する拡張可能スリーブセクションとを有する。

0009

本発明のこれら及び他の特徴は、本発明の種々の実施形態を示した添付図面を参照しながら、本発明の種々の態様に関する以下の詳細な説明から容易に理解されるであろう。

図面の簡単な説明

0010

本発明の種々の実施形態によるアライメントピンの3次元斜視図。
本発明の種々の実施形態によるタービンの一部の断面図。
本発明の種々の実施形態によるアライメント部材の断面図。
本発明の種々の実施形態によるアライメント部材の代替の実施形態の断面図。

実施例

0011

本発明の図面は縮尺通りではない点に留意されたい。当該図面は、本発明の典型的な態様のみを描くことを意図しており、従って、本発明の範囲を限定するものとみなすべきではない。図面では、同じ参照符号は、複数の図面にわたり同じ要素を示している。

0012

上述のように、本明細書で開示される主題は、ターボ機械に関する。より詳細には、本発明の態様は、蒸気タービンにおける段のようなターボ機械段の位置合わせ機構を含む。

0013

本明細書で記載されるように、従来のターボ機械の心出しピンは、小さなクリアランスでダイアフラム組立体の区域に設置されていた。心出しピンは従来、収縮してこの小さなクリアランス区域に収まるポイントまで冷却(例えば、冷凍)される。このことは、設置中(例えば、現場にて)にドライアイス又は別の厳しい冷却機構の使用を必要とすることが多い。しかしながら、これらの厳しい冷却機構の不便さ及び比較的高コストであることは、望ましくない場合がある。

0014

従来の状況では、心出しピンは、ケーシングスロット内に僅かな(例えば、0.0005〜0.002インチ、又は0.0127〜0.0508ミリメートル)締まり嵌めで設置される。この小レベルの締まり嵌めに対応するために、心出しピンは、例えば、−140°Fほどのゼロ華氏(F)を下回る温度まで冷却される。本明細書で記載されるように、特に心出しピンが現場で設置されている間にこのような温度まで心出しピンを冷却することは困難とすることができる。加えて、心出しピンの凍結及び解凍によって、タービンダイアフラムの位置ずれが生じる可能性がある。

0015

従来の心出しピン及び関連する装置とは対照的に、本発明の種々の実施形態は、ダイアフラムスロットに挿入するのに冷却を必要としない、ターボ機械用心出しピン装置を含む。様々な特定の実施形態において、心出しピン装置は、少なくとも部分的に貫通して延びる内部アパーチャネジ付き内部アパーチャなど)を有するスリーブを含む。スリーブの内部アパーチャは、スリーブの一部を拡張してダイアフラムスロットを充填する拡張部材を受けるように設計される。

0016

用語「スリーブ」及び「リテーナ」は、本明細書では、ダイアフラムスロット内で嵌合し、場合によっては当該ダイアフラムスロットを少なくとも部分的に充填するよう拡張する心出しピン装置の一部を指すのに用いることができる点は理解される。

0017

本発明の種々の実施形態において、心出しピン装置は、拡張して拡張部材を受けるための1以上の拡張スロットを含む。拡張スロットにより、ケーシングスロットを少なくとも部分的に充填しながら、本装置が拡張して拡張部材を受けることが可能になる。

0018

本発明の種々の実施形態において、心出しピン装置は、テーパ付き拡張スロットを有するスリーブと、ヘッドと、テーパ付き拡張スロットを実質的に補完することができるテーパ付き拡張部材とを含む。テーパ付き拡張スロットを有するスリーブは、第1の内径と、該第1の内径よりも大きい第2の内径とを有することができる。これらの実施形態における心出しピン装置は、第1の内径がダイアフラムに近接して位置付けられるように設計されている。

0019

種々の特定の実施形態において、ターボ機械用のアライメントピンが開示される。これらの実施形態において、アライメントピンは、ターボ機械においてダイアフラムスロットを係合する中空ヘッドセクションと、中空ヘッドに接続され且つターボ機械においてケーシングスロットを係合する拡張可能スリーブセクションとを含むことができる。

0020

本発明の種々の代替の実施形態において、ターボ機械用の位置合わせ装置が開示される。これらの実施形態において、位置合わせ装置は、ターボ機械においてダイアフラムスロットを係合する中空ヘッドと、中空ヘッドに接続され且つ内側スロットを有して、ターボ機械においてケーシングスロットを係合するための拡張可能スリーブ部材と、内側スロットの一部内にあり且つケーシングスロット内の拡張可能スリーブ部材の外径を修正する拡張部材とを含むことができる。

0021

本発明の更に別の実施形態において、蒸気タービンなどのターボ機械が開示される。これらの実施形態において、ターボ機械は、タービンダイアフラムセグメントと、タービンダイアフラムセグメントを実質的に収容するタービンケーシングセグメントと、タービンダイアフラムセグメントをタービンケーシングセグメントと位置合わせするためのアライメントピンとを含むことができ、該アライメントピンは、タービンダイアフラムセグメントにおいてスロットを係合する中空ヘッドセクションと、中空ヘッドに接続され、タービンケーシングセグメントにおいてスロットを係合する拡張可能スリーブセクションとを含む。

0022

図1を参照すると、本発明の種々の実施形態による、ターボ機械(例えば、図2に示す蒸気タービン)用のアライメントピン2の3次元斜視図が示される。これらの実施形態において、アライメントピン2は、ターボ機械においてダイアフラムスロットを係合する中空ヘッドセクション4を含むことができる。中空ヘッドセクション4は、図示され且つ本明細書において更に説明される調整部材を受けるための内部スロット6を含むことができる。場合によっては、内部スロット6は、ネジ付けされた内側表面8を有するが、他の場合には、実質的に滑らかな内側表面8を有することができる。図示のように、種々の実施形態において、中空ヘッドセクション4は、ターボ機械(図2)においてケーシング壁の表面を係合するリップ10を含むことができる。

0023

図1に示すように、アライメントピン2は、中空ヘッドセクション4と接続された拡張可能スリーブセクション12を含むことができる。一部の実施形態において、図1に示すように、拡張可能スリーブセクション12は、中空ヘッドセクション4と一体構造であり、すなわち、拡張可能スリーブセクション12及び中空ヘッドセクション4は、実質的に連続した材料要素(例えば、鋼鉄のような金属)から形成される。他の実施形態では、中空ヘッドセクション4は、拡張可能スリーブセクション12に溶接することもできる。拡張可能スリーブセクション12は、ターボ機械ケーシング(図示せず)においてケーシングスロットを係合するようなサイズにされる。

0024

図示のように、拡張可能スリーブセクション12は、複数のプレート14を含むことができ、各々が1以上のギャップ16(図示の複数のギャップ16)によって分離される。プレート14は、拡張可能スリーブセクション12の残りの金属のような金属から形成することができる。プレート14に隣接するギャップ16は、拡張可能スリーブセクション12の周りに円周方向に滑動し、これにより拡張可能スリーブセクション12の直径を拡大させることができる。これにより、拡張可能スリーブセクション12が拡張してターボ機械ケーシングにおけるケーシングスロットを充填(実質的に充填)することが可能になる。

0025

拡張可能スリーブセクション12は、内側アパーチャ(本図からは遮られている)を含むことができ、該内側アパーチャは、ネジ付き表面、ノッチ付き表面、又は実質的に滑らかな表面を含むことができる。拡張可能スリーブセクション12の内側アパーチャは、中空ヘッドセクション4の内部スロット6と流体接続することができ、すなわち、内部スロット6及び内側アパーチャ(図示せず)は、アライメントピン2の少なくとも一部を貫通する実質的に連続したアパーチャ(又は経路)を形成することができる。

0026

本明細書で更に説明するように、本発明の種々の実施形態において、拡張部材を調整ピン2に挿入することができ、場合によっては、ネジ留め又は他の方法で締結し、内部スロット6及び調整ピン2の内側アパーチャ内に収めることができる。拡張部材が調整ピン内に挿入されると、拡張可能スリーブセクション12の拡張(増分的に又は漸次的に)をもたらすことができる。

0027

図2に移ると、本発明の種々の実施形態による、ターボ機械(例えば、蒸気タービン)20の一部の側断面図が示される。図示のように、ターボ機械20の一部は、ダイアフラムセグメント22と、該ダイアフラムセグメント22を少なくとも部分的に収容するケーシングセグメント24とを含むことができる。ターボ機械20はまた、アライメントピン26を含むことができ、該アライメントピンは、中空ヘッドセクション28と、拡張可能スリーブセクション30とを含むことができ、これらは、図1を参照して説明した実施形態において同じ名称の要素と同様の特徴要素を幾つか含むことができる。図示のように、アライメントピン26はまた、これらの実施形態において中空ヘッドセクション28と拡張可能スリーブセクション30との間にわたってアライメントピン26の本体内に挿入される調整部材32を含むことができる。中空ヘッドセクション28は、ダイアフラムセグメント22のスロット34内に収まる(及び実質的に充填する)ようなサイズにすることができ、拡張可能スリーブセクション30は、ケーシングセグメント24のスロット36内に収まる(及び実質的に充填する)ようなサイズにすることができる。

0028

図3は、拡張可能スリーブセクション30から分離された中空ヘッドセクション28を含む、図2のアライメントピン26の分割図を示す。図3はまた、拡張可能スリーブセクション30から分離された調整部材32を示す。更に図示するように、拡張可能スリーブセクション30は、1以上のギャップ38を含み、該ギャップにより、拡張可能スリーブセクション30のプレート40が互いにシフトし、これにより拡張可能スリーブセクションの外径を拡張することができるようになる。場合によっては、図3の実施形態に示すように、調整部材32は、第2の直径D2よりも小さい第1の直径D1を有するテーパ付きセクション37を含む。場合によっては、拡張可能スリーブセクション30の内側アパーチャ44は、調整部材32のテーパ付きセクションを受けるように同様にテーパが付けられる。種々の実施形態において、図3に示すように、中空ヘッドセクション28は、拡張可能スリーブセクション30とは別個の要素(例えば、物理的に結合されていない)である。

0029

図4は、図3と同様の分離図を示すが、但し、図4は、拡張可能スリーブセクション30及び中空ヘッド28が実質的に単一構造であり、例えば、共に結合されているか、又は金属などの共通の材料要素から形成されているアライメントピン50の代替の実施形態を示している。

0030

図3〜4の調整部材32はテーパ付きセクションを含めるように示されているが、調整部材32(及び本明細書で記載される他の調整部材)は、実質的に均一な輪郭(例えば、非テーパ付き輪郭)を含むことができる点は理解される。一部の場合では、調整部材32は、ネジ付き、ノッチ付き、或いは、他の粗面処理特性を有することができるが、場合によっては、実質的に滑らかであってもよい。種々の実施形態において、調整部材32は、中空ヘッド28内に収まるようなサイズにされた上側領域52にのみネジ付き(又は、ノッチ付き、もしくは他の粗面処理)にされる。すなわち、この上側領域52は、中空ヘッドのネジ付き内側表面と相互連結して、本明細書で記載されるアライメントピン50(又は、他のアライメントピン2及び/又はアライメントピン26)の本体内に調整部材32を保持するようなサイズにすることができる。

0031

何れの場合においても、図示され本明細書で記載されるアライメントピン(及び関連する位置合わせ装置)は、従来のピン(及び装置)の様々な欠点に対処しながら、ターボ機械ケーシング及びダイアフラムの位置合わせを可能にする。本発明の種々の実施形態によるアライメントピン(及び関連する位置合わせ装置)は、ターボ機械装置を制御された漸次的な方法で位置合わせする技術的効果を有する。

0032

本明細書で使用される用語は、特定の実施形態を説明するためのものに過ぎず、本発明を限定するものではない。本明細書で使用される単数形態は、前後関係から明らかに別の意味を示さない限り複数形態も含む。更に、本明細書内で使用する場合に、用語「備える」及び/又は「備えている」という用語は、そこに述べた特徴部、完全体、ステップ、動作、要素及び/又は構成部品の存在を明示しているが、1つ又はそれ以上の他の特徴部、完全体、ステップ、動作、要素、構成部品及び/又はそれらの群の存在又は付加を排除するものではないことは理解されるであろう。用語「前方」及び「後方」は限定を意図するものではなく、適切な場合には置き換え可能であることは更に理解される。

0033

本明細書は、最良の形態を含む実施例を用いて本発明を開示し、更に、あらゆる当業者があらゆるデバイス又はシステムを実施及び利用すること並びにあらゆる包含の方法を実施することを含む本発明を実施することを可能にする。本発明の特許保護される範囲は、請求項によって定義され、当業者であれば想起される他の実施例を含むことができる。このような他の実施例は、請求項の文言と差違のない構造要素を有する場合、或いは、請求項の文言と僅かな差違を有する均等な構造要素を含む場合には、本発明の範囲内にあるものとする。

0034

2アライメントピン
4中空ヘッドセクション
6内部スロット
8 内側表面
10リップ
12拡張可能スリーブセクション
14プレート
16ギャップ
20ターボ機械
22ダイアフラムセグメント
24ケーシングセグメント
26 アライメントピン
28 中空ヘッドセクション
30 拡張可能スリーブセクション
32調整部材
36スロット
37テーパ付きセクション
38 ギャップ
44 内側アパーチャ
50 アライメントピン
52 上側領域

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

新着 最近公開された関連が強い技術

  • 日本発條株式会社の「締結部材および締結部材用棒状部材」が公開されました。(2018/06/14)

    【課題・解決手段】本発明に係る締結部材は、亜鉛を0.005wt%以上6.5wt%以下含むとともに、マグネシウムを0.6wt%以上2.0wt%以下含むアルミニウム合金からなり、複数の部材の少なくともいず... 詳細

  • 矢崎総業株式会社の「導電材の配索構造」が公開されました。(2018/06/14)

    【課題】導電材をパネルへ容易に固定して配索することが可能な導電材の配索構造を提供すること。【解決手段】棒状の導電材10が複数のクリップ20によってパネル2に配索された導電材10の配索構造であって、クリ... 詳細

  • NTN株式会社の「フォイル軸受」が公開されました。(2018/06/14)

    【課題】低コストな手法で、軸との摺動に対する耐久性を高める。【解決手段】フォイル軸受1は、軸受面Xを有する樹脂製のトップフォイル部(樹脂フォイル21)と、トップフォイル部を背後から弾性的に支持する金属... 詳細

この技術と関連性が強い技術

関連性が強い技術一覧

この技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この技術と関連する挑戦したい社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ