図面 (/)

技術 ワイパアーム部材、及び車両

出願人 アスモ株式会社
発明者 中野博之
出願日 2012年5月8日 (8年7ヶ月経過) 出願番号 2012-106929
公開日 2013年11月21日 (7年1ヶ月経過) 公開番号 2013-233846
状態 特許登録済
技術分野 ワイパー、車両の清掃
主要キーワード 往復回動駆動 メッキ塗装 回動軸線方向 リアウィンド リアワイパ トーナメント状 ワンポイント ミラータイプ
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2013年11月21日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (3)

課題

デザイン性を向上させることができるワイパアーム部材及び車両を提供すること。

解決手段

ワイパアーム部材4は、リアウィンド3の払拭面3aを払拭するためのブレードラバー5と共にリアワイパ6の一部を構成し、バックドア2に回動可能に軸支され、バックドア2の後方から見てバックドア2からリアウィンド3に亘って延びる長尺状とされる。ワイパアーム部材4は、停止位置にある状態でバックドア2の後方から見てバックドア2とリアウィンド3との境目外表面が色分けされ、その境目よりもバックドア2側の外表面がバックドア2と同系色とされる。

概要

背景

従来、車両には、リアウィンド払拭するリアワイパが設けられたものがある。そして、ブレードラバーと共にリアワイパを構成するワイパアーム部材としては、車両ボディバックドア)に回動可能に軸支され、車両ボディの後方から見て車両ボディからリアウィンドに亘って延びるものがある(例えば、特許文献1参照)。

概要

デザイン性を向上させることができるワイパアーム部材及び車両を提供すること。ワイパアーム部材4は、リアウィンド3の払拭面3aを払拭するためのブレードラバー5と共にリアワイパ6の一部を構成し、バックドア2に回動可能に軸支され、バックドア2の後方から見てバックドア2からリアウィンド3に亘って延びる長尺状とされる。ワイパアーム部材4は、停止位置にある状態でバックドア2の後方から見てバックドア2とリアウィンド3との境目外表面が色分けされ、その境目よりもバックドア2側の外表面がバックドア2と同系色とされる。

目的

本発明は上記問題点を解消するためになされたものであって、その目的は、デザイン性を向上させることができるワイパアーム部材及び車両を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

リアウィンド払拭面払拭するためのブレードラバーと共にリアワイパの一部を構成し、車両ボディ回動可能に軸支され、前記車両ボディの後方から見て前記車両ボディから前記リアウィンドに亘って延びる長尺状のワイパアーム部材であって、停止位置にある状態で前記車両ボディの後方から見て前記車両ボディと前記リアウィンドとの境目外表面が色分けされたことを特徴とするワイパアーム部材。

請求項2

請求項1に記載のワイパアーム部材において、前記車両ボディと前記リアウィンドとの境目よりも前記車両ボディ側の外表面が、前記車両ボディと同系色とされたことを特徴とするワイパアーム部材。

請求項3

請求項1又は2に記載のワイパアーム部材において、前記車両ボディと前記リアウィンドとの境目よりも前記リアウィンド側の外表面が、前記リアウィンドと同系色とされたことを特徴とするワイパアーム部材。

請求項4

請求項1乃至3のいずれか1項に記載のワイパアーム部材が前記車両ボディに回動可能に軸支されたことを特徴とする車両。

技術分野

0001

本発明は、リアワイパを構成するワイパアーム部材、及びワイパアーム部材を備えた車両に関するものである。

背景技術

0002

従来、車両には、リアウィンド払拭するリアワイパが設けられたものがある。そして、ブレードラバーと共にリアワイパを構成するワイパアーム部材としては、車両ボディバックドア)に回動可能に軸支され、車両ボディの後方から見て車両ボディからリアウィンドに亘って延びるものがある(例えば、特許文献1参照)。

先行技術

0003

特開2005−14765号公報

発明が解決しようとする課題

0004

しかしながら、上記のようなワイパアーム部材は、一般的に全体が(黒色)一色であり、その色が車両ボディ(バックドア)とリアウィンドとの境目を横切ってしまうため、車両のデザイン性を低下させる原因となっていた。具体的には、例えば、図2に示すように、車両ボディの一部である例えば黄色のバックドア21に、該バックドア21からリアウィンド22に亘って延びる長尺状のワイパアーム部材23が回動可能に軸支された構成では、例えば黒色一色のワイパアーム部材23が前記境目を横切ることでバックドア21のデザイン性を大きく低下させることになる。尚、図2では、色の違いを点々の密度に差をつけることで簡易的に表現している。

0005

本発明は上記問題点を解消するためになされたものであって、その目的は、デザイン性を向上させることができるワイパアーム部材及び車両を提供することにある。

課題を解決するための手段

0006

請求項1に記載の発明は、リアウィンドの払拭面を払拭するためのブレードラバーと共にリアワイパの一部を構成し、車両ボディに回動可能に軸支され、前記車両ボディの後方から見て前記車両ボディから前記リアウィンドに亘って延びる長尺状のワイパアーム部材であって、停止位置にある状態で前記車両ボディの後方から見て前記車両ボディと前記リアウィンドとの境目で外表面が色分けされたことを要旨とする。

0007

同構成によれば、ワイパアーム部材は、停止位置にある状態で車両ボディの後方から見て車両ボディとリアウィンドとの境目で外表面が色分けされるため、例えば、全体が一色とされてその色が前記境目を横切ってしまうものに比べて、装着された車両のデザイン性を向上させることができる。

0008

請求項2に記載の発明は、請求項1に記載のワイパアーム部材において、前記車両ボディと前記リアウィンドとの境目よりも前記車両ボディ側の外表面が、前記車両ボディと同系色とされたことを要旨とする。

0009

同構成によれば、ワイパアーム部材は、車両ボディとリアウィンドとの境目よりも車両ボディ側の外表面が、車両ボディと同系色とされるため、車両ボディ側で目立たなくなり、装着された車両のデザイン性を向上させることができる。

0010

請求項3に記載の発明は、請求項1又は2に記載のワイパアーム部材において、前記車両ボディと前記リアウィンドとの境目よりも前記リアウィンド側の外表面が、前記リアウィンドと同系色とされたことを要旨とする。

0011

同構成によれば、ワイパアーム部材は、車両ボディとリアウィンドとの境目よりもリアウィンド側の外表面が、リアウィンド(例えば、リアウィンドに貼付された自動車窓ガラスフィルム)と同系色とされるため、リアウィンド側で目立たなくなり、装着された車両のデザイン性を向上させることができる。

0012

請求項4に記載の発明は、請求項1乃至3のいずれか1項に記載のワイパアーム部材が前記車両ボディに回動可能に軸支された車両を要旨とする。
同構成によれば、請求項1乃至3のいずれか1項に記載の発明の効果により、車両のデザイン性を向上させることができる。

発明の効果

0013

本発明によれば、デザイン性を向上させることができるワイパアーム部材及び車両を提供することができる。

図面の簡単な説明

0014

一実施形態のバックドアを後方から見た模式図。
従来のバックドアを後方から見た模式図。

実施例

0015

以下、本発明を具体化した一実施形態を図1に従って説明する。
図1に示すように、車両において車両ボディの一部を構成するバックドア2の上方側には、リアウィンド3が設けられている。本実施形態のバックドア2は、黄色に塗装されている。又、本実施形態のリアウィンド3には、黒色系の自動車窓ガラス用フィルムが貼付されている。尚、図1では、色の違いを点々の密度に差をつけることで簡易的に表現している。

0016

又、バックドア2には、ワイパアーム部材4が回動可能に軸支されている。ワイパアーム部材4は、リアウィンド3の外表面である払拭面3aを払拭すべくワイパアーム部材4のリアウィンド3側に保持されたブレードラバー5と共にリアワイパ6を構成している。ワイパアーム部材4は、バックドア2の後方から見て(本実施形態ではワイパアーム部材4の回動軸線方向から見て)バックドア2からリアウィンド3に亘って延びる長尺状に形成されている。そして、リアワイパ6(ワイパアーム部材4及びブレードラバー5)は、図示しないワイパモータ駆動力によって図1に示す停止位置から往復回動駆動され、ブレードラバー5によってリアウィンド3の払拭面3aを払拭する。

0017

ここで、ワイパアーム部材4は、前記停止位置にある状態でバックドア2の後方から見て(本実施形態ではワイパアーム部材4の回動軸線方向から見て)バックドア2とリアウィンド3との境目で外表面が色分けされている。詳しくは、ワイパアーム部材4は、バックドア2とリアウィンド3との境目よりもバックドア2側の外表面が、バックドア2と同系色であって、より具体的には、本実施形態ではバックドア2と同じ色(品番が同じ黄色)とされている。

0018

又、ワイパアーム部材4は、前記境目よりもリアウィンド3側の外表面が、リアウィンド3と同系色、詳しくは、貼付された前記黒色系の自動車窓ガラス用フィルムと同系色である黒色とされている。

0019

次に、上記実施の形態の特徴的な効果を以下に記載する。
(1)ワイパアーム部材4は、停止位置にある状態でバックドア2の後方から見てバックドア2とリアウィンド3との境目で外表面が色分けされるため、例えば、全体が一色とされてその色が前記境目を横切ってしまうものに比べて、車両のデザイン性を向上させることができる。

0020

(2)ワイパアーム部材4は、バックドア2とリアウィンド3との境目よりもバックドア2側の外表面が、バックドア2と同系色とされるため、バックドア2側で目立たなくなり、車両のデザイン性を向上させることができる。又、本実施形態では、同系色であるとともに、更に同じ色(品番が同じ黄色)とされるため、バックドア2側で更に目立たなくなり、車両のデザイン性をより向上させることができる。

0021

(3)ワイパアーム部材4は、バックドア2とリアウィンド3との境目よりもリアウィンド3側の外表面が、リアウィンド3(詳しくは貼付された黒色系の自動車窓ガラス用フィルム)と同系色(本実施形態では黒色)とされるため、リアウィンド3側で目立たなくなり、車両のデザイン性を向上させることができる。

0022

上記実施形態は、以下のように変更してもよい。
・上記実施形態では、特に言及していないが、ワイパアーム部材4は、例えば、バックドア2に軸支されるアームヘッド、該アームヘッドに連結されるワイパアーム、該ワイパアームに連結されてブレードラバー5を保持するトーナメント状レバーアッセンブリ等からなるものとしてもよい。即ち、ワイパアーム部材4は、外部に露出して外観を構成しつつバックドア2からリアウィンド3に亘って延びる長尺状のものであれば、その部品構成はどのようなものであってもよい。

0023

・上記実施形態では、バックドア2(車両ボディ)の色が黄色であるとしたが、これに限定されず、例えば、白色や赤色等の他の色のものとしてもよい。尚、この場合も、バックドア2とリアウィンド3との境目よりもバックドア2側のワイパアーム部材4の外表面を、バックドア2と同系色(同じ色)とすれば、上記実施形態の効果(2)と同様の効果を得ることができる。

0024

・上記実施形態では、ワイパアーム部材4は、バックドア2とリアウィンド3との境目よりもバックドア2側の外表面が、バックドア2と同系色とされるとしたが、これに限定されず、同系色ではなく車両のデザイン性を向上させる他の色であって、例えば、ワンポイントとしてデザイン性を向上させるシルバーゴールド等の色としてもよい。

0025

・上記実施形態では、リアウィンド3の色、詳しくは貼付された自動車窓ガラス用フィルムの色が黒色系であるとしたが、これに限定されず、リアウィンド3自体の色や、自動車窓ガラス用フィルムの色を、他の色のものとしてもよい。

0026

例えば、貼付された自動車窓ガラス用フィルムの色が色系やシルバー系(所謂ミラータイプのフィルム)であってもよい。尚、この場合も、バックドア2とリアウィンド3との境目よりもリアウィンド3側のワイパアーム部材4の外表面を、リアウィンド3と同系色とすれば、上記実施形態の効果(3)と同様の効果を得ることができる。例えば、自動車窓ガラス用フィルムがシルバー系の所謂ミラータイプのフィルムである場合、前記境目よりもリアウィンド3側のワイパアーム部材4の外表面をシルバーメッキ塗装すれば、ワイパアーム部材4がリアウィンド3側で目立たなくなり、車両のデザイン性を向上させることができる。又、リアウィンド3の色に関わらず、例えば、無色透明のリアウィンド3としても、前記境目よりもリアウィンド3側のワイパアーム部材4の外表面を黒色等の濃色系とすれば、一般的に車内側が暗いことにより目立たなくなり、車両のデザイン性を向上させることができる。

0027

・上記実施形態では、ワイパアーム部材4は、前記停止位置にある状態でワイパアーム部材4の回動軸線方向から見てバックドア2とリアウィンド3との境目で外表面が色分けされるとしたが、車両ボディ(バックドア2)の後方から見て前記境目で外表面が色分けされているように見えればよい。例えば、車両ボディ(バックドア2)に軸支されたワイパアーム部材4の回動軸線が水平から傾斜しているような場合では、車両ボディ(バックドア2)の水平方向の後方から見て前記境目で外表面が色分けされているようにしてもよい。

0028

・上記実施形態では、ワイパアーム部材4はバックドア2に軸支されるものとしたが、バックドア2以外の他の車両ボディに軸支されるものであってもよく、例えばセダンタイプの車両の場合、トランクドアに軸支されるものとしてもよい。尚、この場合は、勿論、ワイパアーム部材は、トランクドアとリアウィンドとの境目で外表面が色分された構成とする。

0029

・上記実施形態では、特に言及していないが、ワイパアーム部材4の色分けは、例えば、塗装や印刷等により実現してもよいし、ワイパアーム部材4の素材自体(例えば溶融樹脂)を着色して実現してもよいし、粘着シールを貼ることで実現してもよい。

0030

上記実施の形態及び別例から把握できる技術的思想について、以下にその効果とともに記載する。
(イ)請求項2に記載のワイパアーム部材において、前記車両ボディと前記リアウィンドとの境目よりも前記車両ボディの外表面が、前記車両ボディと同じ色とされたことを特徴とするワイパアーム部材。

0031

同構成によれば、ワイパアーム部材は、車両ボディとリアウィンドとの境目よりも車両ボディ側の外表面が、車両ボディと同じ色とされるため、車両ボディ側で更に目立たなくなり、装置された車両のデザイン性をより向上させることができる。

0032

2…バックドア(車両ボディ)、3…リアウィンド、3a…払拭面、4…ワイパアーム部材、5…ブレードラバー、6…リアワイパ。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 杭州悦山科技有限公司の「 自動車用ナンバープレートのクリーニング装置」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】本発明は自動車用ナンバープレートのクリーニング装置を開示した。【解決手段】自動車後尾及び前記自動車後尾に設置されているナンバープレートを含み、前記自動車後尾の中には空きチャンバが設置され、前記... 詳細

  • 株式会社デンソーの「 ワイパ装置」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】搭載上の制約を大幅に低減する。【解決手段】ワイパ装置10では、ワイパブレード22及びワイパアーム28を有するワイパ部材20は、車両に設けられた支持軸18にワイパアーム28の基端部が支持され、車... 詳細

  • AGC株式会社の「 合わせガラス」が 公開されました。( 2020/10/22)

    【課題・解決手段】本合わせガラスは、互いに対向する1対のガラス板と、前記1対のガラス板の間に位置し、前記1対のガラス板にそれぞれ接する1対の中間接着層と、前記1対の中間接着層の間に位置する配線と、前記... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ