図面 (/)

技術 津波計ワーク

出願人 森田完
発明者 森田完
出願日 2012年5月1日 (8年9ヶ月経過) 出願番号 2012-104380
公開日 2013年11月14日 (7年3ヶ月経過) 公開番号 2013-231401
状態 未査定
技術分野 波力利用等のその他の液体機械又は機関
主要キーワード 導電センサー ダイナミズム フルオートマチック 津波発生 発電情報 擬似体験 海水面 波力発電装置
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2013年11月14日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (3)

課題

北大震災の津波発生警報と原子力発電所停止処理

解決手段

マルチン・ブーバー「同じ体験を2度する事を神(情報)と認識する。」に基く速さを情報の認識としていた事から「速さと時間のトレードオフ」こそエネルギーフィールド位相制御を(津波の発生と大きさ把握)情報化に採用すべきとしたサイズモ系導電センサー振動源となる穴付きプレートに設けて波力発電装置発電情報を得る事とした津波計ワーク。

概要

背景

従来の津波計ワークの例として、情報の認識を「速さ」とした津波計ワークがあります。タービンはいつも同方向に回転する発電機として山形県由良の洋上発電「海明」がそれであります。

概要

北大震災の津波発生警報と原子力発電所停止処理マルチン・ブーバー「同じ体験を2度する事を神(情報)と認識する。」に基く速さを情報の認識としていた事から「速さと時間のトレードオフ」こそエネルギーフィールド位相制御を(津波の発生と大きさ把握)情報化に採用すべきとしたサイズモ系導電センサー振動源となる穴付きプレートに設けて波力発電装置発電情報を得る事とした津波計ワーク。

目的

機械的タービンの回転による「速さ」を情報の認識とすると、擬似体験シミュレーションまでの津波計ワークとなり、マルチン・ブーバー「神(情報)の認識は、同じ事を2度体験することにある

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

波力発電装置発電機に振動源空気穴を設けたプレート上にセットしたサイズモ系導電センサーを採用して発電情報としてエネルギーフィールド位相制御を速さと時間のトレードオフの情報の認識で物理学仕事津波情報化する津波計ワーク。

請求項2

サイズモ系導電センサーを2個以上振動源の空気穴を設けた1つのプレート上に設けた事を特徴とする上記請求項1記載の津波計ワーク。

技術分野

0001

本発明は、従来の津波計ワークの一つに属する複数のサイズモ系導電センサー振動源とする穴付きプレートに有した津波計ワークに関する。

背景技術

0002

従来の津波計ワークの例として、情報の認識を「速さ」とした津波計ワークがあります。タービンはいつも同方向に回転する発電機として山形県由良の洋上発電「海明」がそれであります。

発明が解決しようとする課題

0003

機械的タービンの回転による「速さ」を情報の認識とすると、擬似体験シミュレーションまでの津波計ワークとなり、マルチン・ブーバー「神(情報)の認識は、同じ事を2度体験することにある。」とする津波物理仕事情報化の津波計ワークとできず、東北大震災の原子力発電所の仕事停止の情報化のワークの完全が果されていないという欠点がある。

0004

本発明は、上記実情に鑑みてなされたものであり、従来の津波による海水面の穴付きプレートの変動のダイナミズムを、エネルギーフィールド位相制御を情報化するのに発電情報(速さと時間のトレードオフ)による双曲線の一本に2度体験の2点を有する情報化基準の制御フィードセンター制御と称される従来のロープ一本の振動で表わされる視覚化した情報化からふろしき1枚の振動とする線から面への変を遂げた情報化、エネルギー・フィールドの位相制御を仕事の情報化として理解できる構成である。

課題を解決するための手段

0005

上記目的を達成するため発明は、従来のマンマシンインターフェイス向上を計ったシミュレーションの津波計ワークを、マンマシン・インターオペラビリティ向上を計った仕事を情報化する振動源とする穴付きプレートに複数個のサイズモ系導電センサーを設けた発電情報を出力する津波計ワークとする構成である。

発明の効果

0006

本発明により、津波検出地近くに設けた波力発電装置(前述)の津波計ワークにより津波の発電情報化、フィードセンター制御情報化基準の制御をコンピュータアンドコミュニケーションシステムに、海底ケーブル及び海底中継器により、その有するスペクトラム波の速さ=振動数×波長他コンピュータ解析による原子力発電所の発電制御に於ける停止及び冷却そして閉じ込めへのフルオートマチックコントロールが可能で完全が果される。

図面の簡単な説明

0007

本発明の津波計ワークを設けた波力発電装置。
本発明の振動源とする穴を有した複数のサイズモ系導電センサーをプレートに設けた津波計ワーク

実施例

0008

本発明の実施の形態の一例について、図面を参照しながら説明する。
サイズモ系導電センサーを振動源の空気穴を有したプレートに有した津波計ワークは、図1図2に示すように、津波による海水面変動のダイナミズム情報化に、空気抜き振動源穴12.付きプレート1、複数のサイズモ系導電センサー2.3.4.5.6.7.8.9.10.で構成される。そして、波力発電装置11.の発電機の位置を津波計ワークが占めて運用されるものであります。

0009

1.プレート(穴付き)
2.サイズモ系導電センサー(2〜10)
11.波力発電装置
12.空気抜き振動源穴

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社IHI建材工業の「 潮流発電装置」が 公開されました。( 2020/12/17)

    【課題】効率よく発電できる上に、構造が簡単で製造コストと設置コストを低廉にする。【解決手段】潮流発電装置1は、外筒9と、外筒9の内側に配設されていて外筒より小径で長さの短い内筒10と、を備えた二重管構... 詳細

  • 株式会社IHI建材工業の「 波力発電装置」が 公開されました。( 2020/12/03)

    【課題】簡単な構成で短期間に設置できる上に製造コストを低廉にできる。【解決手段】波力発電装置1は、ケーソン4の上に設けられ、波を受ける上部コンクリート6と、上部コンクリート6の前面に設けられていて波の... 詳細

  • マリンパワーシステムズリミテッドの「 波力発電機」が 公開されました。( 2020/11/19)

    【課題・解決手段】波エネルギーを回収してより有用な形態に変換するための発電機が提供される。発電機は、波動に応答して動くことがきる少なくとも1つのエネルギー回収フロート(2)と、エネルギー回収フロートの... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ