図面 (/)

技術 記録予約システム、録画予約システム、録画予約指示装置、録画制御装置及びテレビジョン受信機

出願人 シャープ株式会社
発明者 紺野伊知朗
出願日 2012年4月11日 (8年2ヶ月経過) 出願番号 2012-090474
公開日 2013年10月24日 (6年8ヶ月経過) 公開番号 2013-219688
状態 未査定
技術分野 TV信号の記録 記録のためのテレビジョン信号処理 双方向TV,動画像配信等
主要キーワード 積算データ 記録制御装置 録画制御装置 視聴終了時刻 次回放送 DMI CEC ジャンル分け
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2013年10月24日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (13)

課題

精度良く視聴者嗜好に合った番組記録予約を行うことができる記録予約システム録画予約システム録画予約指示装置録画制御装置及びテレビジョン受信機を提供する。

解決手段

テレビジョン受信機(記録制御装置、録画制御装置)1は、放送時に視聴された番組及び録画装置2で再生された番組の視聴時間を示す時間情報を録画予約指示装置(記録予約指示装置)3へ送信する。録画予約指示装置3は、番組をジャンル分けし、視聴時間をジャンル別に積算し、ジャンル別に積算した視聴時間に基づいて、複数のテレビジョン受信機1をグループ分類する。また、録画予約指示装置3は、グループ内の多くのテレビジョン受信機1で視聴された番組の次回放送分に相当する番組の録画予約を、グループ内のテレビジョン受信機1に指示する。視聴者の嗜好に合った番組が選別され、この番組の録画が確実に行われる。

概要

背景

現在、テレビジョン放送受像機及び録画装置が普及している。使用者は、放送された番組を放送時に受像機を用いて視聴するか、又は番組を録画装置に録画しておいて後で視聴する。通常、番組の録画を行うためには、録画すべき番組を指定する録画予約を予め行っておく必要がある。放送時に番組を視聴する際には使用者は嗜好に合った番組を選択することができるものの、録画予約の際には、番組の内容が明らかではないので、嗜好に合った番組を選択できるとは限らない。

そこで、使用者が嗜好に合った番組を視聴できるようにする技術が開発されている。特許文献1には、複数の録画装置での録画予約の内容を集計し、番組の嗜好に応じて録画装置をグループ分けし、グループ内の多数の録画装置で録画予約がなされている番組の録画予約を他の録画装置に行わせる技術が記載されている。特許文献2には、番組の放送時に複数の使用者の視聴状況を集計し、番組の嗜好に応じて使用者を分類し、同様の嗜好の使用者が視聴している番組の情報を使用者に紹介する技術が開示されている。これらの技術により、録画予約のために使用者の嗜好に合った番組を選択することが可能となる。

概要

精度良く視聴者の嗜好に合った番組の記録予約を行うことができる記録予約システム録画予約システム、録画予約指示装置録画制御装置及びテレビジョン受信機を提供する。テレビジョン受信機(記録制御装置、録画制御装置)1は、放送時に視聴された番組及び録画装置2で再生された番組の視聴時間を示す時間情報を録画予約指示装置(記録予約指示装置)3へ送信する。録画予約指示装置3は、番組をジャンル分けし、視聴時間をジャンル別に積算し、ジャンル別に積算した視聴時間に基づいて、複数のテレビジョン受信機1をグループに分類する。また、録画予約指示装置3は、グループ内の多くのテレビジョン受信機1で視聴された番組の次回放送分に相当する番組の録画予約を、グループ内のテレビジョン受信機1に指示する。視聴者の嗜好に合った番組が選別され、この番組の録画が確実に行われる。

目的

本発明は、斯かる事情に鑑みてなされたものであって、その目的とする

効果

実績

技術文献被引用数
1件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

放送された番組の記録を制御する複数の記録制御装置と、該複数の記録制御装置に記録予約を指示する記録予約指示装置とを備える記録予約システムにおいて、前記記録制御装置は、記録された番組の内で再生された番組、及び該番組が再生された時間長さを特定する手段と、該手段が特定した番組を示す番組情報、及び前記時間長さを示す時間情報を前記記録予約指示装置へ送信する手段とを備え、前記記録予約指示装置は、前記記録制御装置から受信した番組情報が示す番組を、複数のジャンルの何れかに分類する手段と、夫々の前記記録制御装置から受信した時間情報が示す時間長さを、前記番組が分類されたジャンル別に積算する手段と、該手段が夫々の前記記録制御装置について積算したジャンル別の時間長さに基づいて、前記複数の記録制御装置を複数のグループに分類する手段と、一つのグループに分類された複数の前記記録制御装置の内で所定数以上の前記記録制御装置から送信された同一の番組情報が示す番組の次回放送分に相当する番組を特定する手段と、該手段が特定した番組の記録予約を指示する記録予約指示情報を、前記一つのグループに分類された複数の前記記録制御装置へ送信する手段とを備え、前記記録制御装置は、更に、前記記録予約指示装置から受信した記録予約指示情報で記録予約を指示された番組の記録予約を行う予約手段を備えることを特徴とする記録予約システム。

請求項2

前記記録制御装置は、放送された番組を表す放送信号を受信する手段と、該手段が受信した放送信号に基づいて内容が放送時に出力された番組、及び前記内容が出力された時間長さを特定する手段と、該手段が特定した番組を示す番組情報、及び前記時間長さを示す時間情報を前記記録予約指示装置へ送信する手段とを更に備えることを特徴とする請求項1に記載の記録予約システム。

請求項3

放送された番組の録画を制御する複数の録画制御装置と、該複数の録画制御装置に録画予約を指示する録画予約指示装置とを備える録画予約システムにおいて、前記録画制御装置は、録画された番組の内で再生された番組、及び該番組が再生された時間長さを特定する手段と、該手段が特定した番組を示す番組情報、及び前記時間長さを示す時間情報を前記録画予約指示装置へ送信する手段とを備え、前記録画予約指示装置は、前記録画制御装置から受信した番組情報が示す番組を、複数のジャンルの何れかに分類する手段と、夫々の前記録画制御装置から受信した時間情報が示す時間長さを、前記番組が分類されたジャンル別に積算する手段と、該手段が夫々の前記録画制御装置について積算したジャンル別の時間長さに基づいて、前記複数の録画制御装置を複数のグループに分類する手段と、一つのグループに分類された複数の前記録画制御装置の内で所定数以上の前記録画制御装置から送信された同一の番組情報が示す番組の次回放送分に相当する番組を特定する手段と、該手段が特定した番組の録画予約を指示する録画予約指示情報を、前記一つのグループに分類された複数の前記録画制御装置へ送信する手段とを備え、前記録画制御装置は、更に、前記録画予約指示装置から受信した録画予約指示情報で録画予約を指示された番組の録画予約を行う予約手段を備えることを特徴とする録画予約システム。

請求項4

前記録画制御装置は、放送された番組を表す放送信号を受信する手段と、該手段が受信した放送信号に基づいた映像が放送時に出力された番組、及び前記映像が出力された時間長さを特定する手段と、該手段が特定した番組を示す番組情報、及び前記時間長さを示す時間情報を前記録画予約指示装置へ送信する手段とを更に備えることを特徴とする請求項3に記載の録画予約システム。

請求項5

前記録画制御装置は、放送された番組を表す放送信号を受信する手段と、該手段が受信した放送信号に基づいた映像を表示する表示手段と、該表示手段が前記映像を放送時に表示した番組、及び前記映像を前記表示手段が表示した時間長さを特定する手段と、該手段が特定した番組を示す番組情報、及び前記時間長さを示す時間情報を前記録画予約指示装置へ送信する手段とを更に備えることを特徴とする請求項3に記載の録画予約システム。

請求項6

前記録画制御装置は、外部の録画装置が接続されており、前記予約手段は、前記録画予約指示情報で録画予約を指示された番組を示す情報を記憶する手段と、前記情報が示す番組が放送されたときに、前記録画装置に前記番組を録画させる手段とを有することを特徴とする請求項5に記載の録画予約システム。

請求項7

複数の外部装置に録画予約を指示する録画予約指示装置において、放送された番組を示す番組情報、及び前記番組が視聴された時間長さを示す時間情報を、前記複数の外部装置から受信する手段と、該手段が受信した番組情報が示す番組を、複数のジャンルの何れかに分類する手段と、夫々の前記外部装置から受信した時間情報が示す時間長さを、前記番組が分類されたジャンル別に積算する手段と、該手段が夫々の前記外部装置について積算したジャンル別の時間長さに基づいて、前記複数の外部装置を複数のグループに分類する手段と、一つのグループに分類された複数の前記外部装置の内で所定数以上の前記外部装置から送信された同一の番組情報が示す番組の次回放送分に相当する番組を特定する手段と、該手段が特定した番組の録画予約を指示する録画予約指示情報を、前記一つのグループに分類された複数の前記外部装置へ送信する手段とを備えることを特徴とする録画予約指示装置。

請求項8

放送された番組の録画を制御する録画制御装置において、録画された番組の内で再生された番組、及び該番組が再生された時間長さを特定する手段と、該手段が特定した番組を示す番組情報、及び前記時間長さを示す時間情報を外部へ送信する手段と、特定の番組の録画予約を指示する録画予約指示情報を外部から受信する手段と、該手段が受信した録画予約指示情報で録画予約を指示された番組の録画予約を行う手段とを備えることを特徴とする録画制御装置。

請求項9

放送された番組を表す放送信号を受信する手段と、前記放送信号に基づいた映像を表示する表示手段と、外部の録画装置で録画された番組を再生するための再生信号を前記録画装置から受け付け、前記再生信号に基づいた映像を前記表示手段に表示させることによって、前記番組を再生する再生手段とを備えるテレビジョン受信機において、前記再生手段が再生した番組、及び該番組を前記再生手段が再生した時間長さを特定する手段と、該手段が特定した番組を示す番組情報、及び前記時間長さを示す時間情報を外部へ送信する手段と、特定の番組の録画予約を指示する録画予約指示情報を外部から受信する手段と、前記録画予約指示情報で録画予約を指示された番組を示す情報を記憶する手段と、前記情報が示す番組が放送されたときに、前記録画装置に前記番組を録画させる手段とを備えることを特徴とするテレビジョン受信機。

請求項10

放送された番組を表す放送信号を受信する手段と、前記放送信号に基づいた映像を表示する表示手段と、放送信号を受信した番組を録画する手段と、該手段が録画した番組の映像を前記表示手段に表示させることによって、前記番組を再生する再生手段とを備えるテレビジョン受信機において、前記再生手段が再生した番組、及び該番組を前記再生手段が再生した時間長さを特定する手段と、該手段が特定した番組を示す番組情報、及び前記時間長さを示す時間情報を外部へ送信する手段と、特定の番組の録画予約を指示する録画予約指示情報を外部から受信する手段と、前記録画予約指示情報で録画予約を指示された番組を示す情報を記憶する手段と、前記情報が示す番組が放送されたときに、前記録画装置に前記番組を録画させる手段とを備えることを特徴とするテレビジョン受信機。

請求項11

受信した放送信号に基づいた映像を放送時に前記表示手段で表示した番組、及び前記映像を前記表示手段で表示した時間長さを特定する手段と、該手段が特定した番組を示す番組情報、及び前記時間長さを示す時間情報を外部へ送信する手段とを更に備えることを特徴とする請求項9又は10に記載のテレビジョン受信機。

技術分野

0001

本発明は、使用者嗜好に応じて、放送される番組記録予約を行う記録予約システム、放送される番組の録画予約を行う録画予約システム、録画予約指示装置録画制御装置及びテレビジョン受信機に関する。

背景技術

0002

現在、テレビジョン放送受像機及び録画装置が普及している。使用者は、放送された番組を放送時に受像機を用いて視聴するか、又は番組を録画装置に録画しておいて後で視聴する。通常、番組の録画を行うためには、録画すべき番組を指定する録画予約を予め行っておく必要がある。放送時に番組を視聴する際には使用者は嗜好に合った番組を選択することができるものの、録画予約の際には、番組の内容が明らかではないので、嗜好に合った番組を選択できるとは限らない。

0003

そこで、使用者が嗜好に合った番組を視聴できるようにする技術が開発されている。特許文献1には、複数の録画装置での録画予約の内容を集計し、番組の嗜好に応じて録画装置をグループ分けし、グループ内の多数の録画装置で録画予約がなされている番組の録画予約を他の録画装置に行わせる技術が記載されている。特許文献2には、番組の放送時に複数の使用者の視聴状況を集計し、番組の嗜好に応じて使用者を分類し、同様の嗜好の使用者が視聴している番組の情報を使用者に紹介する技術が開示されている。これらの技術により、録画予約のために使用者の嗜好に合った番組を選択することが可能となる。

先行技術

0004

特開2004−320608号公報
特開2003−189333号公報

発明が解決しようとする課題

0005

しかしながら、特許文献1に開示された技術では、録画予約の情報が集計されてはいるものの、録画された番組が視聴されたかどうかは考慮されていない。実際には、録画されたものの使用者の嗜好に合わずにほとんど視聴されない番組も存在する。このため、録画予約された番組が使用者の嗜好に合わない可能性も高くなる。また、特許文献2に開示された技術では、番組の放送時の視聴状況のみを集計しているので、録画した番組についての嗜好が反映されない。このように、従来の技術では、録画予約のために番組の選択を使用者の嗜好に合わせる精度が悪いという問題がある。

0006

本発明は、斯かる事情に鑑みてなされたものであって、その目的とするところは、記録された番組を含む番組の視聴状況を集計することによって、精度良く使用者の嗜好に合った番組の記録予約を行うことができる記録予約システム、録画予約システム、録画予約指示装置、録画制御装置及びテレビジョン受信機を提供することにある。

課題を解決するための手段

0007

本発明に係る記録予約システムは、放送された番組の記録を制御する複数の記録制御装置と、該複数の記録制御装置に記録予約を指示する記録予約指示装置とを備える記録予約システムにおいて、前記記録制御装置は、記録された番組の内で再生された番組、及び該番組が再生された時間長さを特定する手段と、該手段が特定した番組を示す番組情報、及び前記時間長さを示す時間情報を前記記録予約指示装置へ送信する手段とを備え、前記記録予約指示装置は、前記記録制御装置から受信した番組情報が示す番組を、複数のジャンルの何れかに分類する手段と、夫々の前記記録制御装置から受信した時間情報が示す時間長さを、前記番組が分類されたジャンル別に積算する手段と、該手段が夫々の前記記録制御装置について積算したジャンル別の時間長さに基づいて、前記複数の記録制御装置を複数のグループに分類する手段と、一つのグループに分類された複数の前記記録制御装置の内で所定数以上の前記記録制御装置から送信された同一の番組情報が示す番組の次回放送分に相当する番組を特定する手段と、該手段が特定した番組の記録予約を指示する記録予約指示情報を、前記一つのグループに分類された複数の前記記録制御装置へ送信する手段とを備え、前記記録制御装置は、更に、前記記録予約指示装置から受信した記録予約指示情報で記録予約を指示された番組の記録予約を行う予約手段を備えることを特徴とする。

0008

本発明に係る記録予約システムでは、前記記録制御装置は、放送された番組を表す放送信号を受信する手段と、該手段が受信した放送信号に基づいて内容が放送時に出力された番組、及び前記内容が出力された時間長さを特定する手段と、該手段が特定した番組を示す番組情報、及び前記時間長さを示す時間情報を前記記録予約指示装置へ送信する手段とを更に備えることを特徴とする。

0009

本発明に係る録画予約システムは、放送された番組の録画を制御する複数の録画制御装置と、該複数の録画制御装置に録画予約を指示する録画予約指示装置とを備える録画予約システムにおいて、前記録画制御装置は、録画された番組の内で再生された番組、及び該番組が再生された時間長さを特定する手段と、該手段が特定した番組を示す番組情報、及び前記時間長さを示す時間情報を前記録画予約指示装置へ送信する手段とを備え、前記録画予約指示装置は、前記録画制御装置から受信した番組情報が示す番組を、複数のジャンルの何れかに分類する手段と、夫々の前記録画制御装置から受信した時間情報が示す時間長さを、前記番組が分類されたジャンル別に積算する手段と、該手段が夫々の前記録画制御装置について積算したジャンル別の時間長さに基づいて、前記複数の録画制御装置を複数のグループに分類する手段と、一つのグループに分類された複数の前記録画制御装置の内で所定数以上の前記録画制御装置から送信された同一の番組情報が示す番組の次回放送分に相当する番組を特定する手段と、該手段が特定した番組の録画予約を指示する録画予約指示情報を、前記一つのグループに分類された複数の前記録画制御装置へ送信する手段とを備え、前記録画制御装置は、更に、前記録画予約指示装置から受信した録画予約指示情報で録画予約を指示された番組の録画予約を行う予約手段を備えることを特徴とする。

0010

本発明に係る録画予約システムでは、前記録画制御装置は、放送された番組を表す放送信号を受信する手段と、該手段が受信した放送信号に基づいた映像が放送時に出力された番組、及び前記映像が出力された時間長さを特定する手段と、該手段が特定した番組を示す番組情報、及び前記時間長さを示す時間情報を前記録画予約指示装置へ送信する手段とを更に備えることを特徴とする。

0011

本発明に係る録画予約システムでは、前記録画制御装置は、放送された番組を表す放送信号を受信する手段と、該手段が受信した放送信号に基づいた映像を表示する表示手段と、該表示手段が前記映像を放送時に表示した番組、及び前記映像を前記表示手段が表示した時間長さを特定する手段と、該手段が特定した番組を示す番組情報、及び前記時間長さを示す時間情報を前記録画予約指示装置へ送信する手段とを更に備えることを特徴とする。

0012

本発明に係る録画予約システムでは、前記録画制御装置は、外部の録画装置が接続されており、前記予約手段は、前記録画予約指示情報で録画予約を指示された番組を示す情報を記憶する手段と、前記情報が示す番組が放送されたときに、前記録画装置に前記番組を録画させる手段とを有することを特徴とする。

0013

本発明に係る録画予約指示装置は、複数の外部装置に録画予約を指示する録画予約指示装置において、放送された番組を示す番組情報、及び前記番組が視聴された時間長さを示す時間情報を、前記複数の外部装置から受信する手段と、該手段が受信した番組情報が示す番組を、複数のジャンルの何れかに分類する手段と、夫々の前記外部装置から受信した時間情報が示す時間長さを、前記番組が分類されたジャンル別に積算する手段と、該手段が夫々の前記外部装置について積算したジャンル別の時間長さに基づいて、前記複数の外部装置を複数のグループに分類する手段と、一つのグループに分類された複数の前記外部装置の内で所定数以上の前記外部装置から送信された同一の番組情報が示す番組の次回放送分に相当する番組を特定する手段と、該手段が特定した番組の録画予約を指示する録画予約指示情報を、前記一つのグループに分類された複数の前記外部装置へ送信する手段とを備えることを特徴とする。

0014

本発明に係る録画制御装置は、放送された番組の録画を制御する録画制御装置において、録画された番組の内で再生された番組、及び該番組が再生された時間長さを特定する手段と、該手段が特定した番組を示す番組情報、及び前記時間長さを示す時間情報を外部へ送信する手段と、特定の番組の録画予約を指示する録画予約指示情報を外部から受信する手段と、該手段が受信した録画予約指示情報で録画予約を指示された番組の録画予約を行う手段とを備えることを特徴とする。

0015

本発明に係るテレビジョン受信機は、放送された番組を表す放送信号を受信する手段と、前記放送信号に基づいた映像を表示する表示手段と、外部の録画装置で録画された番組を再生するための再生信号を前記録画装置から受け付け、前記再生信号に基づいた映像を前記表示手段に表示させることによって、前記番組を再生する再生手段とを備えるテレビジョン受信機において、前記再生手段が再生した番組、及び該番組を前記再生手段が再生した時間長さを特定する手段と、該手段が特定した番組を示す番組情報、及び前記時間長さを示す時間情報を外部へ送信する手段と、特定の番組の録画予約を指示する録画予約指示情報を外部から受信する手段と、前記録画予約指示情報で録画予約を指示された番組を示す情報を記憶する手段と、前記情報が示す番組が放送されたときに、前記録画装置に前記番組を録画させる手段とを備えることを特徴とする。

0016

本発明に係るテレビジョン受信機は、放送された番組を表す放送信号を受信する手段と、前記放送信号に基づいた映像を表示する表示手段と、放送信号を受信した番組を録画する手段と、該手段が録画した番組の映像を前記表示手段に表示させることによって、前記番組を再生する再生手段とを備えるテレビジョン受信機において、前記再生手段が再生した番組、及び該番組を前記再生手段が再生した時間長さを特定する手段と、該手段が特定した番組を示す番組情報、及び前記時間長さを示す時間情報を外部へ送信する手段と、特定の番組の録画予約を指示する録画予約指示情報を外部から受信する手段と、前記録画予約指示情報で録画予約を指示された番組を示す情報を記憶する手段と、前記情報が示す番組が放送されたときに、前記録画装置に前記番組を録画させる手段とを備えることを特徴とする。

0017

本発明に係るテレビジョン受信機は、受信した放送信号に基づいた映像を放送時に前記表示手段で表示した番組、及び前記映像を前記表示手段で表示した時間長さを特定する手段と、該手段が特定した番組を示す番組情報、及び前記時間長さを示す時間情報を外部へ送信する手段とを更に備えることを特徴とする。

0018

本発明においては、記録制御装置は、記録後に再生された番組の視聴時間を示す時間情報を記録予約指示装置へ送信する。記録予約指示装置は、番組をジャンル分けし、時間情報が示す視聴時間をジャンル別に積算し、ジャンル別に積算した視聴時間に基づいて、複数の記録制御装置をグループに分類する。また、記録予約指示装置は、グループ内の多くの記録制御装置で視聴された番組の次回放送分に相当する番組の記録予約を、グループ内の記録制御装置に指示する。

0019

本発明においては、録画制御装置(テレビジョン受信機)は、録画後に再生された番組の視聴時間を示す時間情報を録画予約指示装置へ送信する。録画予約指示装置は、番組をジャンル分けし、時間情報が示す視聴時間をジャンル別に積算し、ジャンル別に積算した視聴時間に基づいて、複数の録画制御装置をグループに分類する。また、録画予約指示装置は、グループ内の多くの録画制御装置で視聴された番組の次回放送分に相当する番組の録画予約を、グループ内の録画制御装置に指示する。

0020

また、本発明においては、録画制御装置は、放送時に視聴された番組の視聴時間を示す時間情報を送信する。録画予約指示装置は、再生された番組の視聴時間に、放送時に視聴された番組の視聴時間をも加えて、視聴時間を番組のジャンル別に積算する。

発明の効果

0021

本発明にあっては、録画されてかつ視聴された番組の視聴時間に基づき、使用者の嗜好が精度良く反映された番組が特定される。使用者の嗜好に合った番組の録画が確実に行われる等、本発明は優れた効果を奏する。

図面の簡単な説明

0022

実施の形態1に係る録画予約システムの構成を示す概念図である。
実施の形態1に係るテレビジョン受信機及び録画装置の内部構成を示すブロック図である。
録画予約指示装置の内部構成を示すブロック図である。
番組データの内容例を示す概念図である。
積算データの内容例を示す概念図である。
放送された番組をテレビジョン受信機を用いて使用者が視聴するときにテレビジョン受信機が実行する処理の手順を示すフローチャートである。
記憶された番組情報及び時間情報の内容例を示す概念図である。
テレビジョン受信機から録画予約指示装置へ情報を送信する処理の手順を示すフローチャートである。
録画予約指示装置がテレビジョン受信機に録画予約を指示する処理の手順を示すフローチャートである。
実施の形態2に係る録画予約システムの構成を示す概念図である。
実施の形態2に係るテレビジョン受信機の内部構成を示すブロック図である。
実施の形態3に係る録画予約システムの構成を示す概念図である。

実施例

0023

以下本発明をその実施の形態を示す図面に基づき具体的に説明する。
(実施の形態1)
図1は、実施の形態1に係る録画予約システムの構成を示す概念図である。録画予約システムは、複数のテレビジョン受信機1と、通信ネットワークNを介してテレビジョン受信機1と通信が可能な録画予約指示装置3とを含んでいる。テレビジョン受信機1には、録画装置2が接続されている。テレビジョン受信機1は、本発明における録画制御装置であり、録画装置2の動作を制御する。録画予約指示装置3は、サーバ装置等の汎用コンピュータを用いて構成されており、夫々のテレビジョン受信機1に対して録画予約を指示する処理を行う。

0024

図2は、実施の形態1に係るテレビジョン受信機1及び録画装置2の内部構成を示すブロック図である。テレビジョン受信機1は、演算を行う演算部、演算に伴う情報を記憶するRAM(Random Access Memory)、演算に必要なプログラムを記憶するROM(Read Only Memory)等からなり、テレビジョン受信機1の各部の動作を制御する制御部11を備える。またテレビジョン受信機1は、HDMI(High-Definition Multimedia Interface)の規格に従ったデータを送受信するHDMI通信部13を備えている。HDMI通信部13及び制御部11には、CEC(Consumer Electronics Control)の規格に従った制御データを送受信するCEC通信部14が接続されている。

0025

また、制御部11及びHDMI通信部13には、テレビジョン受信機1に必要な映像処理及び音声処理を行う処理部12が接続されている。処理部12には、テレビジョン放送による放送信号を受信するチューナ17が接続されている。処理部12は、チューナ17が受信した放送信号をデコードし、映像信号及び音声信号を生成する処理を行う。また、処理部12には、液晶パネル又はEL(Electro Luminescence)パネル等の表示デバイスを含み、映像を表示する表示部18と、スピーカ又は音声出力端子等を含み、音声を出力する音声出力部19とが接続されている。処理部12は、映像信号に基づいた映像を表示部18に表示させ、音声信号に基づいた音声を音声出力部19に出力させる。このようにして、放送信号に基づいた映像が表示され、放送された番組の視聴が使用者によって行われる。

0026

また、制御部11には、不揮発性メモリ又はハードディスクでなる記憶部15と、時刻計測する時計部16とが接続されている。更に、制御部11には、外部の通信ネットワークNに接続され、外部と通信を行う通信部110が接続されている。制御部11は、通信ネットワークNを介して、録画予約指示装置3に対して通信部110からデータを送受信する処理を行う。テレビジョン受信機1は、その他に、使用者からの操作を受け付けるための図示しない操作部、又はリモートコントローラからの信号を受け付ける図示しない受信部を備えている。

0027

録画装置2は、演算を行う演算部、演算に伴う情報を記憶するRAM、演算に必要なプログラムを記憶するROM等からなり、録画装置2の各部の動作を制御する制御部21を備えている。また録画装置2は、映像処理及び音声処理を行う処理部22を備える。処理部22には、チューナ27と、ハードディスクを内蔵し、ハードディスクに対してデータを読み書きするハードディスクドライブ(HDD)28と、光ディスクに対してデータを読み書きする光ディスクドライブ29とが接続されている。処理部22は、チューナ27が受信した放送信号をデコードし、映像信号及び音声信号を生成する処理を行う。また、処理部22は、光ディスクドライブ29及びHDD28が読み出したデータをデコードして映像信号及び音声信号を生成する処理、並びに映像信号及び音声信号をエンコードして光ディスクドライブ29及びHDD28に記録させるためのデータを生成する処理を行う。チューナ27が受信した放送信号からチューナ27が生成した映像信号及び音声信号をエンコードしたデータを光ディスクドライブ29又はHDD28が記録することにより、放送された番組の録画が行われる。また、制御部21には、不揮発性のメモリでなる記憶部25と、時刻を計測する時計部26とが接続されている。なお、録画装置2は、HDD28及び光ディスクドライブ29の内の何れか一方のみを備えた形態であってもよく、その他の記憶デバイスを備えた形態であってもよい。

0028

また、制御部21及び処理部22にはHDMI通信部23が接続されており、HDMI通信部23及び制御部21にはCEC通信部24が接続されている。HDMI通信部23は、テレビジョン受信機1のHDMI通信部13と接続端子及び通信ケーブルを介して互いに接続されている。HDMI通信部23は、処理部22が生成した映像信号及び音声信号をテレビジョン受信機1へ送信する。HDMI通信部13は映像信号及び音声信号を受信し、処理部12へ入力する。処理部12は、映像信号に基づいた映像を表示部18に表示させ、音声信号に基づいた音声を音声出力部19に出力させる。このようにして、録画装置2に録画された番組の再生が行われる。

0029

また、制御部11は、CECの規格に従った制御データを送受信することにより、録画装置2の動作を制御する処理を実行する。HDMI通信部13及びHDMI通信部23は、HDMIのデータとCECに対応した制御データとを互いに分離して送受信する構成となっている。制御部11は、CEC通信部14に、CECに対応した制御データを、HDMI通信部13から録画装置2へ送信させる。HDMI通信部23は、受信したデータの内、CECに対応した制御データをCEC通信部24へ入力する。CEC通信部24は制御データを制御部21へ入力し、制御部21は、入力された制御データに従って、録画装置2の動作を制御する。

0030

図3は、録画予約指示装置3の内部構成を示すブロック図である。録画予約指示装置3は、演算を行うCPU31と、演算に伴って発生する一時的な情報を記憶するRAM32と、光ディスク等の記録媒体4から情報を読み取るCD−ROMドライブ等のドライブ部33と、ハードディスク等の記憶部34とを備えている。CPU31は、記録媒体4に記録されたプログラム41を記録媒体4からドライブ部33に読み取らせ、読み取ったプログラム41を記憶部34に記憶させる。プログラム41は必要に応じて記憶部34からRAM32へロードされ、ロードされたプログラム41に基づいてCPU31は録画予約指示装置3に必要な処理を実行する。また、録画予約指示装置3は、通信ネットワークNを介した通信を行う通信部35と、時刻を計測する時計部36とを備えている。なお、プログラム41は、通信ネットワークNに接続された図示しない他のサーバ装置から録画予約指示装置3へダウンロードされて記憶部34に記憶される形態であってもよい。

0031

記憶部34は、過去に放送された番組及び将来放送される予定の番組に関する情報を記録した番組データを記憶している。図4は、番組データの内容例を示す概念図である。個々の番組を区別するための番組IDに、番組を特定するための情報である放送開始時刻及びチャンネルが関連付けられて記録されている。番組IDには、番組を特定するための他の情報が関連付けられていてもよい。また、番組IDに、番組のジャンルが関連付けられて記録されている。番組データには、少なくとも過去の一週間及び将来の一週間を含む所定期間の間に放送された番組及び放送予定の番組に関する情報が記録されている。

0032

また、記憶部34は、夫々のテレビジョン受信機1で視聴された番組の視聴時間をジャンル別に積算した時間長さを記録した積算データを記憶している。図5は、積算データの内容例を示す概念図である。各ジャンルの番組がテレビジョン受信機1で視聴された時間長さを積算した積算視聴時間と、各ジャンルに分類された番組の番組IDとが、各ジャンルに関連付けられて記録されている。積算データは、夫々のテレビジョン受信機1別に記憶されている。なお、録画予約指示装置3は、複数のコンピュータで構成されていてもよい。

0033

次に、録画予約システムの動作を説明する。図6は、放送された番組をテレビジョン受信機1を用いて使用者が視聴するときにテレビジョン受信機1が実行する処理の手順を示すフローチャートである。制御部11は、随時、使用者による番組の視聴の開始を待ち受ける(S11)。チューナ17で放送信号を受信し、放送中に、受信した放送信号に基づいた映像を表示部18で表示する場合に、制御部11は、放送中の番組の視聴が行われていると判定する。HDMI通信部13で映像信号を受信し、受信した映像信号に基づいた映像を表示部18で表示する場合には、制御部11は、録画装置2で再生された番組の視聴が行われていると判定する。このとき、録画装置2では、光ディスクドライブ29又はHDD28が録画してある番組のデータを読み出し、処理部22が読み出されたデータから映像信号を生成し、HDMI通信部23が映像信号を送信することにより、録画された番組の再生が行われる。このように、制御部11は、放送中の番組のリアルタイムでの視聴、及び録画装置2で再生された番組の視聴を検出する。番組の視聴が開始されない場合は(S11:NO)、制御部11は待ち受けを続行する。

0034

番組の視聴が開始された場合は(S11:YES)、制御部11は、番組を特定する(S12)。放送中の番組が視聴されている場合は、処理部12は放送信号から番組を特定できる情報を抽出し、抽出した情報を制御部11へ入力する。制御部11は、番組を特定できる情報を処理部12から入力されることによって、番組を特定する。番組を特定できる情報は、例えば、番組の放送開始時刻及び放送されたチャンネルを示す情報である。番組を特定できる情報はその他の情報であってもよい。録画装置2で再生された番組が視聴されている場合は、処理部22は、光ディスクドライブ29又はHDD28が読み出したデータから番組を特定できる情報を抽出し、HDMI通信部23は、番組を特定できる情報を送信する。HDMI通信部13は、番組を特定できる情報を受信し、制御部11へ入力する。制御部11は、番組を特定できる情報をHDMI通信部13から入力されることによって、番組を特定する。また、制御部11は、番組の視聴が開始されたときに、時計部16が計測した視聴開始時刻を記憶する。なお、制御部11は、時計部16に視聴時間の計測を開始させる処理を行ってもよい。

0035

制御部11は、次に、視聴されている番組が変更されたか否かを判定する(S13)。放送信号のチャンネルの変更によって視聴中の番組が変更された場合、番組の放送が終了して他の番組の放送が開始された場合、又は番組の再生が終了して他の番組の再生が開始された場合に、制御部11は、視聴されている番組が変更されたと判定する。また、放送中の番組の視聴が中止されて番組の再生が開始された場合、又は番組の再生が中止されて放送中の番組の視聴が開始された場合にも、制御部11は、視聴されている番組が変更されたと判定する。視聴されている番組が変更された場合は(S13:YES)、制御部11は、視聴が終了した番組の視聴時間を特定する(S14)。ステップS14では、制御部11は、番組が変更されたときに時計部17が計測した視聴終了時刻を取得し、視聴開始時刻から視聴終了時刻までの経過時間を計算することにより、視聴時間を特定する。なお、制御部11は、番組が変更されたときに、時計部16が計測した視聴時間を取得し、時計部16に視聴時間の計測をリセットさせる処理を行ってもよい。視聴時間は、番組を表す放送信号に基づいた映像が放送時に出力された時間長さ、又は番組が再生された時間長さに対応する。

0036

制御部11は、次に、ステップS12で特定した番組を示す番組情報、及びステップS14で特定した視聴時間を示す時間情報を互いに関連付けて記憶部15に記憶する(S15)。図7は、記憶された番組情報及び時間情報の内容例を示す概念図である。番組情報として、番組の放送開始時刻及び放送されたチャンネルを示す情報が記憶され、これに関連付けて視聴時間を示す情報が記憶されている。また、放送時に視聴された番組であるか又は再生されて視聴された番組であるかの違いを示す情報が記憶されている。番組情報及び時間情報は、視聴された番組の夫々について記憶されている。ステップS15が終了した後は、制御部11は、処理をステップS12へ戻し、視聴中の番組を特定する。

0037

ステップS13で番組の変更がない場合は(S13:NO)、制御部11は、番組の視聴が終了したか否かを判定する(S16)。例えば、テレビジョン受信機1の図示しない電源スイッチがオフされた場合、又はHDMI通信部13での映像信号の受信が中断して他の番組の視聴が開始されない場合に、制御部11は、番組の視聴が終了したと判定する。番組の視聴が終了していない場合は(S16:NO)、制御部11は、処理をステップS13へ戻す。番組の視聴が終了した場合は(S16:YES)、制御部11は、視聴が終了した番組の視聴時間を特定する(S17)。制御部11は、次に、ステップS12で特定した番組を示す番組情報、及びステップS17で特定した視聴時間を示す時間情報を互いに関連付けて記憶部15に記憶し(S18)、処理を終了する。テレビジョン受信機1は、ステップS11〜S18の処理を随時繰り返す。

0038

図8は、テレビジョン受信機1から録画予約指示装置3へ情報を送信する処理の手順を示すフローチャートである。テレビジョン受信機1の制御部11は、ステップS11〜S18の処理と並行して、時計部16が計測する時刻に基づいて、所定の時刻になることを待ち受ける処理を行う(S21)。所定の時刻ではない場合は(S21:NO)、制御部11は待ち受けを続行する。所定の時刻になった場合(S21:YES)、制御部11は、記憶部16に記憶している番組情報及び時間情報を録画予約指示装置3へ送信する処理を行う(S22)。ステップS22では、制御部11は、通信部110に、番組情報及び時間情報を、通信ネットワークNを介して録画予約指示装置3へ送信させる。制御部11は、送信した番組情報及び時間情報を記憶部15から消去する。なお、テレビジョン受信機1は、所定の時刻になる都度ステップS22の処理を実行するのではなく、所定の時間が経過する都度ステップS22の処理を実行してもよい。また、テレビジョン受信機1は、ステップS21〜S22の処理を毎日実行してもよく、二日以上の期間毎に実行してもよい。また、テレビジョン受信機1は、番組情報及び時間情報を生成する都度、ステップS22の処理を実行してもよい。

0039

録画予約指示装置3は、通信ネットワークNを介して複数のテレビジョン受信機1から送信された番組情報及び時間情報を、通信部35で受信する(S23)。CPU31は、記憶部34に記憶している番組データを参照し、番組情報が示す番組を複数のジャンルの内の何れかのジャンルに分類する(S24)。例えば、CPU31は、時間情報に含まれる放送開始時刻及びチャンネルと同一の放送開始時刻及びチャンネルが関連付けられている番組IDを番組データから検索し、検索された番組IDに関連付けられているジャンルを番組データから読み出すことにより、番組情報が示す番組のジャンルを決定する。テレビジョン受信機1から複数の番組情報が送信されている場合は、夫々の番組情報について番組が分類される。CPU31は、次に、番組情報の送信元のテレビジョン受信機1について記憶部34に記憶している積算データを参照し、ジャンル別の積算視聴時間に時間情報が示す視聴時間を加算して積算視聴時間を更新し(S25)、処理を終了する。ステップS25では、CPU31は、番組情報が示す番組のジャンルに積算データ中で関連付けられた積算視聴時間に、番組情報関連付けられた時間情報が示す視聴時間を加算し、加算後の値を積算データに記録する処理を行う。更に、ステップS25では、CPU31は、番組情報が示す番組の番組IDを、ジャンルに関連付けて積算データに記録する。

0040

図9は、録画予約指示装置3がテレビジョン受信機1に録画予約を指示する処理の手順を示すフローチャートである。CPU31は、時計部36が計測する時刻に基づいて、所定の時刻になることを待ちうける処理を行う(S31)。所定の時刻ではない場合は(S31:NO)、CPU31は待ち受けを続行する。所定の時刻になった場合(S31:YES)、CPU31は、夫々のテレビジョン受信機1について記憶部34に記憶している積算データに記録されたジャンル別の積算視聴時間に基づいて、複数のテレビジョン受信機1を複数のグループに分類する(S32)。ステップS32では、例えば、CPU31は、積算視聴時間が最も長いジャンル別に複数のテレビジョン受信機1を分類する。また例えば、CPU31は、積算視聴時間が長い順にジャンルを並べた順番の違いに応じて、複数のテレビジョン受信機1を分類する。また例えば、CPU31は、積算視聴時間が所定時間以上になったジャンルの組み合わせの違いに応じて、複数のテレビジョン受信機1を分類する。録画予約指示装置3は、分類の基準を示す情報を記憶部34に記憶していてもよい。

0041

CPU31は、次に、複数のテレビジョン受信機1を分類した複数のグループの中から、一つのグループを選択する(S33)。CPU31は、選択したグループに含まれるテレビジョン受信機1について記憶部34に記憶している積算データを参照し、所定数以上のテレビジョン受信機1で視聴された番組を特定する(S34)。例えば、CPU31は、グループ内の複数のテレビジョン受信機1の内、予め定められた所定割合数以上のテレビジョン受信機1の積算データに記録された同一の番組IDを抽出することによって、番組を特定する。また、例えば、CPU31は、予め定められた所定数個のテレビジョン受信機1の積算データに記録された同一の番組IDを抽出する。CPU31は、次に、記憶部34に記憶している番組データを参照し、特定した番組の次回放送分に相当する番組を特定する(S35)。

0042

CPU31は、次に、特定した番組の録画予約を行うことを指示する録画予約指示情報を生成し、生成した録画予約指示情報をグループ内の複数のテレビジョン受信機1へ送信する処理を行う(S36)。録画予約指示情報には、番組の放送開始時刻及びチャンネル等の録画予約をすべき番組を示す情報が含まれている。ステップS36では、CPU31は、通信部35に、録画予約指示情報を、通信ネットワークNを介してグループ内の複数のテレビジョン受信機1へ送信させる。CPU31は、次に、ステップS33〜S36の処理を行っていない他のグループがあるか否かを判定する(S37)。他のグループがある場合は(S37:YES)、CPU31は、処理をステップS33へ戻して他のグループを選択する。他のグループが無い場合は(S37:NO)、CPU31は、処理を終了する。なお、録画予約指示装置3は、ステップS32〜S37の処理を、所定の時刻になる都度実行するのではなく、所定の時間が経過する都度実行してもよい。また、録画予約指示装置3は、ステップS31〜S37の処理を毎日実行してもよく、二日以上の期間毎に実行してもよい。また、録画予約指示装置3は、ステップS32の処理を、ステップS25の直後に実行し、グループ別に分類した積算データを記憶部34に記憶する処理を実行してもよい。また、録画予約指示装置3は、ステップS23で受信した情報を記憶部34に一旦記憶しておき、ステップS24及びS25の処理をステップS31とS32との間に実行してもよい。

0043

テレビジョン受信機1は、通信ネットワークNを介して録画予約指示装置3から送信された録画予約指示情報を、通信部110で受信する(S38)。制御部11は、録画すべき番組として、録画予約指示情報で録画予約を指示されている番組を録画すべき番組として指定した情報を記録した予約データを記憶部15に記憶し(S39)、処理を終了する。予約データには、番組の放送開始時刻及びチャンネル等、録画予約指示情報で録画予約を指示されている番組を示す情報が記録されている。なお、制御部11は、ステップS39で、CEC通信部14にHDMI通信部13を介して録画装置2へ予約データを送信させる処理を行ってもよい。このとき、録画装置2では、CEC通信部24はHDMI通信部23を介して予約データを受信し、制御部21は記憶部25に予約データを記憶する。録画予約システムは、ステップS21〜S25の処理、及びステップS31〜S39の処理を随時繰り返す。

0044

予約データで指定された番組の放送開始時刻になった場合、制御部11は、番組の録画を指示する録画指示情報を、CEC通信部14にHDMI通信部13を介して録画装置2へ送信させる。録画指示情報には、番組のチャンネルを示す情報が含まれる。録画装置2では、CEC通信部24はHDMI通信部23を介して録画指示情報を受信し、チューナ27は、録画指示情報で録画を指示された番組を表す放送信号を受信し、処理部22はHDD28又は光ディスクドライブ29に番組のデータを記録させる処理を行う。なお、テレビジョン受信機1は、チューナ17で放送信号を受信し、番組の映像信号及び音声信号を録画装置2へ送信し、録画装置2は、受信した映像信号及び音声信号をエンコードしたデータを記録してもよい。また、録画装置2で予約データを記憶する形態では、制御部21は、時計部26が計測する時刻を参照し、予約データで指定された番組の放送開始時刻になった場合に、チューナ27に放送信号を受信させ、処理部22にデータ記録のための処理を実行させる。このようにして、録画予約指示装置3に録画予約を指示された番組が録画装置2で録画される。

0045

以上詳述した如く、本実施の形態においては、テレビジョン受信機1は、放送時に視聴された番組の視聴時間を示す時間情報、及び録画装置2で再生された番組の視聴時間を示す時間情報を録画予約指示装置3へ送信する。録画予約指示装置3は、番組をジャンル分けし、時間情報が示す視聴時間をジャンル別に積算し、ジャンル別に積算した視聴時間に基づいて、複数のテレビジョン受信機1をグループに分類する。また、録画予約指示装置3は、グループ内の多くのテレビジョン受信機1で視聴された番組の次回放送分に相当する番組の録画予約を、グループ内のテレビジョン受信機1に指示する。番組のジャンル別に積算した視聴時間に応じてテレビジョン受信機1が分類されるので、使用者の嗜好に応じたテレビジョン受信機1の分類が行われる。放送時に視聴された番組に加えて、録画されてかつ視聴された番組の視聴時間に基づいた分類が行われるので、使用者の嗜好が精度良く反映されたテレビジョン受信機1の分類が行われる。同じグループ内に分類された多くのテレビジョン受信機1で視聴された番組の次回放送分に相当する番組は、使用者の嗜好に合った番組である可能性が高い。このため、使用者の嗜好に合った番組が選別される。この番組の録画予約が行われることにより、使用者の嗜好に合った番組の録画が確実に行われる。

0046

なお、本実施の形態においては、テレビジョン受信機1が通信ネットワークNに接続されている形態を示したが、録画装置2が通信ネットワークNに接続されており、テレビジョン受信機1は、録画装置2を経由して情報を通信ネットワークNへ送信する形態であってもよい。

0047

(実施の形態2)
図10は、実施の形態2に係る録画予約システムの構成を示す概念図である。本実施の形態においては、録画制御装置として、録画機能を有するテレビジョン受信機5が通信ネットワークNに接続されている。図11は、実施の形態2に係るテレビジョン受信機5の内部構成を示すブロック図である。テレビジョン受信機5は、HDD51及び光ディスクドライブ52を備え、HDD51及び光ディスクドライブ52は処理部12に接続されている。テレビジョン受信機5内のその他の構成は、実施の形態1と同様であり、対応する部分に同符号を付してある。なお、テレビジョン受信機5は、HDD51及び光ディスクドライブ52の内の何れか一方のみを備えた形態であってもよく、その他の記憶デバイスを備えた形態であってもよい。

0048

本実施の形態においては、テレビジョン受信機5は、実施の形態1におけるテレビジョン受信機1及び録画装置2を合わせた処理を実行する。即ち、テレビジョン受信機5は、放送時に視聴された番組及び再生された番組の視聴時間を示す時間情報を録画予約指示装置3へ送信し、録画予約指示装置3に録画予約を指示された番組の録画予約を行う。本実施の形態においても、使用者の嗜好に合った番組の録画予約が行われ、使用者の嗜好に合った番組の録画が確実に行われる。

0049

(実施の形態3)
図12は、実施の形態3に係る録画予約システムの構成を示す概念図である。本実施の形態においては、録画制御装置はセットトップボックス6である。セットトップボックス6にはテレビジョン受信機1及び録画装置2が接続されており、またセットトップボックス6は通信ネットワークNに接続されている。セットトップボックス6は、テレビジョン放送、有線放送又はインターネット放送等の方法で放送された放送信号を受信し、放送信号に基づいた映像をテレビジョン受信機1に表示させ、放送信号が表す番組を録画装置2に録画させる。

0050

また、セットトップボックス6は、録画制御装置としての処理を実行する。即ち、セットトップボックス6は、放送時にテレビジョン受信機1で映像が表示された番組及び録画装置2で再生された番組の視聴時間を示す時間情報を録画予約指示装置3へ送信し、録画予約指示装置3に録画予約を指示された番組を録画装置2に録画させる処理を行う。本実施の形態においても、使用者の嗜好に合った番組の録画予約が行われ、使用者の嗜好に合った番組の録画が確実に行われる。なお、セットトップボックス6は、録画装置2の機能を備えた形態であってもよい。この形態では、セットトップボックス6は、放送時にテレビジョン受信機1で映像が表示された番組及び自身で再生した番組の視聴時間を示す時間情報を録画予約指示装置3へ送信し、録画予約指示装置3に録画予約を指示された番組の録画予約を行う。この形態でも、使用者の嗜好に合った番組の録画予約が行われる。

0051

なお、本発明の録画予約システムは、複数種類の録画制御装置を含む形態であってもよい。例えば、録画予約システムは、実施の形態1で説明したテレビジョン受信機1と、実施の形態2で説明したテレビジョン受信機5と、実施の形態3で説明したセットトップボックス6とが通信ネットワークNに接続された形態であってもよい。

0052

以上の実施の形態1〜3においては、映像を含む番組を録画する録画予約システムを示したが、本発明は、映像を含まない音声放送の番組を記録する記録予約システムであってもよい。記録予約システムは、録画予約指示装置3と同様の記録予約指示装置と、セットトップボックス6と同様の記録制御装置とを含んでいる。記録制御装置には、音声出力装置と、音声放送の番組を記録する記録装置とが接続されている。記録制御装置は、音声出力装置又は記録装置の機能を備えていてもよい。記録制御装置は、録画制御装置と同様に、記録装置で再生された番組を示す番組情報、及び番組が再生された時間長さを示す時間情報を記録予約指示装置へ送信する。記録予約指示装置は、録画予約指示装置と同様の処理を行うことにより、記録制御装置に特定の番組の記録予約を指示する。この形態においても、使用者の嗜好に合った番組の記録予約が行われ、使用者の嗜好に合った番組の記録が確実に行われる。

0053

1、5テレビジョン受信機(録画制御装置)
11 制御部
12 処理部
15 記憶部
16時計部
17チューナ
18 表示部
110通信部
2録画装置
3録画予約指示装置
31 CPU
34 記憶部
35 通信部
4記録媒体
6セットトップボックス(録画制御装置)

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ