図面 (/)

技術 地震計ワーク

出願人 森田完
発明者 森田完
出願日 2012年4月10日 (8年10ヶ月経過) 出願番号 2012-088985
公開日 2013年10月24日 (7年3ヶ月経過) 公開番号 2013-217782
状態 未査定
技術分野 地球物理、対象物の検知
主要キーワード 導電センサー ダイナミズム 海底地震 発電情報 海底中継器 震源地 地震計 双曲線
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2013年10月24日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (2)

課題

解決手段

マルチン・ブーバー「同じ体験を2度する事を神(情報)と認識する。」に基く速さを情報の認識としていた事から「速さと時間のトレードオフ」こそエネルギーフィールド位相制御を(地震プレート変動)情報化に採用すべきとしたサイズモ系導電センサーをプレートに設けて発電情報を得る事とした地震計ワーク。

概要

背景

従来の地震計ワークの例として、情報の認識を「速さ」とした地震計ワークがあります。

概要

北大震災の原子力発電所地震発生による停止処理マルチン・ブーバー「同じ体験を2度する事を神(情報)と認識する。」に基く速さを情報の認識としていた事から「速さと時間のトレードオフ」こそエネルギーフィールド位相制御を(地震プレート変動)情報化に採用すべきとしたサイズモ系導電センサーをプレートに設けて発電情報を得る事とした地震計ワーク。

目的

機械的振動による「速さ」を情報の認識とすると、疑似体験シュミレーションまでの地震計ワークとなり、マルチン・ブーバー「神(情報)の認識は同じ事を2度体験することにある

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

地層の変動ダイナミズム地中に埋め込んだプレート上に設けたサイズモ系導電センサー発電情報としてエネルギーフィールド位相制御を速さと時間のドレーオフの情報の認識で地学仕事地震情報化する地震計ワーク。

請求項2

サイズモ系導電センサーを2個以上1つのプレート上に設けた事を特徴とする上記請求項1記載の地震計ワーク。

技術分野

0001

本発明は、従来の地震計ワークの一つに属する複数のサイズモ系導電センサーを1枚のプレートに有した地震計ワークに関する。

背景技術

0002

従来の地震計ワークの例として、情報の認識を「速さ」とした地震計ワークがあります。

発明が解決しようとする課題

0003

機械的振動による「速さ」を情報の認識とすると、疑似体験シュミレーションまでの地震計ワークとなり、マルチン・ブーバー「神(情報)の認識は同じ事を2度体験することにある。」とする地震地学仕事情報化の地震計ワークとできず、東北大震災の原子力発電所の仕事停止の情報化のワークの完全が果たされていないという欠点がある。

0004

本発明は、上記実情に鑑みてなされたものであり、従来の海底地震のプレートの変動のダイナミズムを、エネルギーフィールド位相制御を情報化するのに発電情報(速さと時間のトレードオフ)による双曲線1本に2度体験の2点を有する、情報化基準の制御フィールドセンター制御と称される従来のロープ1本の振動で表せる視覚化した情報化から、ふろしき1枚の振動とする線から面への変を遂げた情報化、エネルギー・フィールドの位相制御を仕事の情報化として理解できる構成である。

0005

上記目的を達成するため発明は、従来のマンマシンインターフェイス向上を計ったシュミレーションの地震計ワークを、マン・マシン・インターオペラビリティ向上を計った仕事を情報化するプレートに複数個のサイズモ系導電センサーを設けた発電情報を出力する地震計ワークとする構成である。

発明の効果

0006

本発明により、海底震源地近くに埋め込んだ地震計ワークにより海底プレートの分離・結合・すべり基くフィード・センター制御情報化基準の制御をコンピュータアンドコミュニケーションシステム海底ケーブル及び海底中継器他により、原子力発電所の発電制御に於ける停止及び冷却へのフル・オートマチック・コントロールへの情報化へのワークの完全が果たされる。

図面の簡単な説明

0007

本発明の複数のサイズモ系導電センサーをプレートに設けた地震計ワーク。

実施例

0008

本発明の実施の形態の一例について図面を参照しながら説明する。
サイズモ系導電センサーを有した地震計ワークは、図1に示すように地層変動のダイナミズムの情報化プレート1,複数のサイズモ系導電センサー2,3,4,5,6,7,8,9,10で構成される。

0009

1プレート
2.3.4.5.6.7.8.9.10サイズモ系導電センサー

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ